2022/03/29 更新

写真a

カトウ ダイスケ
加藤 大輔
KATO Daisuke
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 機能形態学 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
講師

学位 1

  1. 医学(博士) ( 2013年3月   名古屋市立大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 2光子顕微鏡

  2. オリゴデンドロサイト

  3. グリア細胞

  4. ミクログリア

  5. 神経・グリア連関

  6. 神経変性疾患

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 神経内科学

  2. ライフサイエンス / 神経科学一般

経歴 5

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科 分子細胞学   講師

    2021年9月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学大学院医学系研究科 分子細胞学   助教

    2019年10月 - 2021年8月

  3. 神戸大学大学院医学研究科 システム生理学   特命助教

    2019年7月 - 2019年9月

  4. マウントサイナイ医科大学   博士研究員

    2017年7月 - 2019年9月

  5. 名古屋市立大学   助教

    2014年8月 - 2017年3月

 

論文 38

  1. A Piezo1/KLF15/IL-6 axis mediates immobilization-induced muscle atrophy 招待有り 査読有り

    Yu Hirata, Kazuhiro Nomura, Daisuke Kato, Yoshihisa Tachibana, Takahiro Niikura, Kana Uchiyama, Tetsuya Hosooka, Tomoaki Fukui, Keisuke Oe, Ryosuke Kuroda, Yuji Hara, Takahiro Adachi, Koji Shibasaki, Hiroaki Wake, Wataru Ogawa

    Journal of Clinical Investigation     2022年3月

  2. Holographic microscope and its biological application 招待有り 査読有り

        2021年11月

  3. Pain induces stable, active microcircuits in the somatosensory cortex that provide a therapeutic target.

    Okada T, Kato D, Nomura Y, Obata N, Quan X, Morinaga A, Yano H, Guo Z, Aoyama Y, Tachibana Y, Moorhouse AJ, Matoba O, Takiguchi T, Mizobuchi S, Wake H

    Science advances   7 巻 ( 12 )   2021年3月

     詳細を見る

  4. Possible correlated variation of GABA(A) receptor alpha 3 expression with hippocampal cholinergic neurostimulating peptide precursor protein in the hippocampus 国際誌

    Adachi Kenichi, Kato Daisuke, Kahyo Tomoaki, Konishi Tomokazu, Sato Toyohiro, Madokoro Yuta, Mizuno Masayuki, Akatsu Hiroyasu, Setou Mitsutoshi, Matsukawa Noriyuki

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   542 巻   頁: 80 - 86   2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2021.01.010

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Post-error recruitment of frontal sensory cortical projections promotes attention in mice. 国際誌

    Norman KJ, Riceberg JS, Koike H, Bateh J, McCraney SE, Caro K, Kato D, Liang A, Yamamuro K, Flanigan ME, Kam K, Falk EN, Brady DM, Cho C, Sadahiro M, Yoshitake K, Maccario P, Demars MP, Waltrip L, Varga AW, Russo SJ, Baxter MG, Shapiro ML, Rudebeck PH, Morishita H

    Neuron     2021年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuron.2021.02.001

    PubMed

  6. Myelin plasticity modulates neural circuitry required for learning and behavior. 国際誌

    Kato D, Wake H

    Neuroscience research     2021年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuroscience Research  

    DOI: 10.1016/j.neures.2020.12.005

    Scopus

    PubMed

  7. Maternal immune activation induces sustained changes in fetal microglia motility 国際誌

    Ozaki Kana, Kato Daisuke, Ikegami Ako, Hashimoto Akari, Sugio Shouta, Guo Zhongtian, Shibushita Midori, Tatematsu Tsuyako, Haruwaka Koichiro, Moorhouse Andrew J., Yamada Hideto, Wake Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 ) 頁: 21378 - 21378   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-78294-2

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. A prefrontal-paraventricular thalamus circuit requires juvenile social experience to regulate adult sociability in mice. 国際誌

    Yamamuro K, Bicks LK, Leventhal MB, Kato D, Im S, Flanigan ME, Garkun Y, Norman KJ, Caro K, Sadahiro M, Kullander K, Akbarian S, Russo SJ, Morishita H

    Nature neuroscience   23 巻 ( 10 ) 頁: 1240 - 1252   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41593-020-0695-6

    PubMed

  9. Iron leakage owing to blood-brain barrier disruption in small vessel disease CADASIL. 国際誌

    Uchida Y, Kan H, Sakurai K, Arai N, Inui S, Kobayashi S, Kato D, Ueki Y, Matsukawa N

    Neurology   95 巻 ( 9 ) 頁: e1188 - e1198   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neurology  

    DOI: 10.1212/WNL.0000000000010148

    Scopus

    PubMed

  10. Selection of treatment for ictal asystole patients based on EEG and ECG with temporary cardiac pacing. 国際誌

    Madokoro Y, Kato D, Terada K, Mizuno M, Matsukawa N

    Neurological sciences : official journal of the Italian Neurological Society and of the Italian Society of Clinical Neurophysiology   41 巻 ( 7 ) 頁: 1973 - 1975   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neurological Sciences  

    DOI: 10.1007/s10072-020-04282-z

    Scopus

    PubMed

  11. Prefrontal parvalbumin interneurons require juvenile social experience to establish adult social behavior. 国際誌

    Bicks LK, Yamamuro K, Flanigan ME, Kim JM, Kato D, Lucas EK, Koike H, Peng MS, Brady DM, Chandrasekaran S, Norman KJ, Smith MR, Clem RL, Russo SJ, Akbarian S, Morishita H

    Nature communications   11 巻 ( 1 ) 頁: 1003 - 1003   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-020-14740-z

    PubMed

  12. Motor learning requires myelination to reduce asynchrony and spontaneity in neural activity. 国際誌

    Kato D, Wake H, Lee PR, Tachibana Y, Ono R, Sugio S, Tsuji Y, Tanaka YH, Tanaka YR, Masamizu Y, Hira R, Moorhouse AJ, Tamamaki N, Ikenaka K, Matsukawa N, Fields RD, Nabekura J, Matsuzaki M

    Glia   68 巻 ( 1 ) 頁: 193 - 210   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:GLIA  

    DOI: 10.1002/glia.23713

    Scopus

    PubMed

  13. Implications for White Matter Vulnerability to Anti-interleukin-6 Receptor Antibody Treatment

    Kato Daisuke

    INTERNAL MEDICINE   59 巻 ( 22 ) 頁: 2809 - 2810   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Internal Medicine  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.5765-20

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Dual microglia effects on blood brain barrier permeability induced by systemic inflammation 国際誌

    Haruwaka Koichiro, Ikegami Ako, Tachibana Yoshihisa, Ohno Nobuhiko, Konishi Hiroyuki, Hashimoto Akari, Matsumoto Mami, Kato Daisuke, Ono Riho, Kiyama Hiroshi, Moorhouse Andrew J., Nabekura Junichi, Wake Hiroaki

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻 ( 1 ) 頁: 5816 - 5816   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Communications  

    DOI: 10.1038/s41467-019-13812-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Reduced Cholinergic Activity in the Hippocampus of Hippocampal Cholinergic Neurostimulating Peptide Precursor Protein Knockout Mice. 国際誌

    Madokoro Y, Yoshino Y, Kato D, Sato T, Mizuno M, Kanamori T, Shimazawa M, Hida H, Hara H, Yoshida M, Borlongan CV, Ojika K, Matsukawa N

    International journal of molecular sciences   20 巻 ( 21 )   2019年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms20215367

    Scopus

    PubMed

  16. Voxel-based quantitative susceptibility mapping in Parkinson's disease with mild cognitive impairment. 国際誌

    Uchida Y, Kan H, Sakurai K, Arai N, Kato D, Kawashima S, Ueki Y, Matsukawa N

    Movement disorders : official journal of the Movement Disorder Society   34 巻 ( 8 ) 頁: 1164 - 1173   2019年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Movement Disorders  

    DOI: 10.1002/mds.27717

    Scopus

    PubMed

  17. Anatomical Links between White Matter Hyperintensity and Medial Temporal Atrophy Reveal Impairment of Executive Functions. 国際誌

    Yamanaka T, Uchida Y, Sakurai K, Kato D, Mizuno M, Sato T, Madokoro Y, Kondo Y, Suzuki A, Ueki Y, Ishii F, Borlongan CV, Matsukawa N

    Aging and disease   10 巻 ( 4 ) 頁: 711 - 718   2019年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Aging and Disease  

    DOI: 10.14336/AD.2018.0929

    Scopus

    PubMed

  18. Physiological Implications of Microglia-Synapse Interactions. 国際誌

    Wake H, Horiuchi H, Kato D, Moorhouse AJ, Nabekura J

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2034 巻   頁: 69 - 80   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-9658-2_6

    PubMed

  19. In Vivo Two-Photon Imaging of Microglial Synapse Contacts. 国際誌

    Kato D, Ikegami A, Horiuchi H, Moorhouse AJ, Nabekura J, Wake H

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   2034 巻   頁: 281 - 286   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-9658-2_20

    PubMed

  20. Activity-Dependent Myelination. 国際誌

    Kato D, Wake H

    Advances in experimental medicine and biology   1190 巻   頁: 43 - 51   2019年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-981-32-9636-7_4

    PubMed

  21. Microglia Enhance Synapse Activity to Promote Local Network Synchronization.

    Akiyoshi R, Wake H, Kato D, Horiuchi H, Ono R, Ikegami A, Haruwaka K, Omori T, Tachibana Y, Moorhouse AJ, Nabekura J

    eNeuro   5 巻 ( 5 ) 頁: ENEURO.0088 - 18.2018   2018年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1523/ENEURO.0088-18.2018

    PubMed

  22. Activity-dependent functions of non-electrical glial cells. 国際誌

    Kato D, Eto K, Nabekura J, Wake H

    Journal of biochemistry   163 巻 ( 6 ) 頁: 457 - 464   2018年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biochemistry  

    DOI: 10.1093/jb/mvy023

    Scopus

    PubMed

  23. Stiripentol for the treatment of super-refractory status epilepticus with cross-sensitivity

    Uchida Y.

    Acta Neurologica Scandinavica   137 巻 ( 4 ) 頁: 432 - 437   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Acta Neurologica Scandinavica  

    DOI: 10.1111/ane.12888

    Scopus

  24. Failure to improve after ovarian resection could be a marker of recurrent ovarian teratoma in anti-NMDAR encephalitis: a case report. 招待有り 査読有り

    Uchida Y, Kato D, Yamashita Y, Ozaki Y, Matsukawa N.

    Neuropsychiatr Dis Treat     2018年1月

  25. Passively acquired thyroid autoantibodies from intravenous immunoglobulin in autoimmune encephalitis: Two case reports. 国際誌

    Uchida Y, Kato D, Adachi K, Toyoda T, Matsukawa N

    Journal of the neurological sciences   383 巻   頁: 116 - 117   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of the Neurological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.11.002

    Scopus

    PubMed

  26. Utility of T1- and T2-Weighted High-Resolution Vessel Wall Imaging for the Diagnosis and Follow Up of Isolated Posterior Inferior Cerebellar Artery Dissection with Ischemic Stroke: Report of 4 Cases and Review of the Literature. 国際誌

    Madokoro Y, Sakurai K, Kato D, Kondo Y, Oomura M, Matsukawa N

    Journal of stroke and cerebrovascular diseases : the official journal of National Stroke Association   26 巻 ( 11 ) 頁: 2645 - 2651   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases  

    DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2017.06.038

    Scopus

    PubMed

  27. Hippocampal Cholinergic Neurostimulating Peptide as a Possible Modulating Factor against Glutamatergic Neuronal Disability by Amyloid Oligomers. 国際誌

    Sato T, Ohi Y, Kato D, Mizuno M, Takase H, Kanamori T, Borlongan CV, Haji A, Matsukawa N

    Cell transplantation   26 巻 ( 9 ) 頁: 1542 - 1550   2017年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell Transplantation  

    DOI: 10.1177/0963689717721232

    Scopus

    PubMed

  28. Paranodal dissection in chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy with anti-neurofascin-155 and anti-contactin-1 antibodies 国際誌

    Koike Haruki, Kadoya Masato, Kaida Ken-ichi, Ikeda Shohei, Kawagashira Yuichi, Iijima Masahiro, Kato Daisuke, Ogata Hidenori, Yamasaki Ryo, Matsukawa Noriyuki, Kira Jun-ichi, Katsuno Masahisa, Sobue Gen

    JOURNAL OF NEUROLOGY NEUROSURGERY AND PSYCHIATRY   88 巻 ( 6 ) 頁: 465 - 473   2017年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neurology, Neurosurgery and Psychiatry  

    DOI: 10.1136/jnnp-2016-314895

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Fatal remote cerebral hemorrhage at a site of a microbleed immediately after intravenous thrombolysis 招待有り 査読有り

    Oomura M, Fujioka T, Uchida Y, Kato D, Nishikawa Y, Matsukawa N

        2017年4月

  30. Combination of ketogenic diet and stiripentol for super-refractory status epilepticus: A case report. 国際誌

    Uchida Y, Kato D, Toyoda T, Oomura M, Ueki Y, Ohkita K, Matsukawa N

    Journal of the neurological sciences   373 巻   頁: 35 - 37   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of the Neurological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jns.2016.12.020

    Scopus

    PubMed

  31. Retropharyngeal calcific tendinitis presenting with neck pain and severe dysphagia: A case report. 招待有り 査読有り

    Madokoro Y, Mizuno M, Kato D, Toyoda T, Ohkita K, Matsukawa N

    Neurology and Clinical Neuroscience     2016年12月

  32. Enhancement of long-term potentiation via muscarinic modulation in the hippocampus of HCNP precursor transgenic mice 招待有り 査読有り

    Neurosci Lett.     2015年4月

  33. Phosphorylation of collapsin response mediator protein-2 regulates its localization and association with hippocampal cholinergic neurostimulating peptide precursor in the hippocampus 招待有り 査読有り

    Mizuno M, Kato D, Kanamori T, Toyoda T, Suzuki T, Ojika K, Matsukawa N

    Neurosci Lett.     2013年2月

  34. Co-localization of hippocampal cholinergic neurostimulating peptide precursor with collapsin response mediator protein-2 at presynaptic terminals in hippocampus 招待有り 査読有り

    Kato D, Mitake S, Mizuno M, Kanamori T, Suzuki T, Ojika K, Matsukawa N

    Neurosci Lett.     2012年5月

  35. Suppression of astrocyte lineage in adult hippocampal progenitor cells expressing hippocampal cholinergic neurostimulating peptide precursor in an in vivo ischemic model 招待有り 査読有り

    Toyoda T, Matsukawa N, Sagisaka T, Uematsu N, Kanamori T, Kato D, Mizuno M, Wake H, Hida H, Borlongan CV, Ojika K

    Cell Transplant.     2012年

  36. Utility of the fluid-attenuated inversion recovery sequence in detecting a hyperintense putaminal rim in multiple system atrophy-parkinsonism: a preliminary study 招待有り 査読有り

    Sakurai K, Yamawaki T, Okita K, Kato D, Matsukawa N, Kawaguchi T, Kobayashi S, Nagai K, Muto M, Hosono A, Shibamoto Y

    Eur Neurol.     2011年

  37. Utility of the fluid-attenuated inversion recovery sequence in detecting a hyperintense putaminal rim in multiple system atrophy-parkinsonism: a preliminary study. 国際誌

    Sakurai K, Yamawaki T, Okita K, Kato D, Matsukawa N, Kawaguchi T, Kobayashi S, Nagai K, Muto M, Hosono A, Shibamoto Y

    European neurology   66 巻 ( 1 ) 頁: 42 - 6   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Neurology  

    Objective: To investigate the utility of fluid-attenuated inversion recovery (FLAIR) imaging for diagnosing multiple system atrophy-parkinsonism (MSA-P). Methods: We retrospectively evaluated 49 subjects (19 with MSA-P including 11 with early-stage disease, 15 with Parkinson's disease and 15 matched controls) in order to compare the diagnostic value of FLAIR imaging to detect a hyperintense putaminal rim (HPR) with that of T 2-weighted (T2W) imaging. Results: Compared with T2W imaging, FLAIR imaging detected HPR more conspicuously in the 19 MSA-P patients (p = 0.01); this trend was also observed in 11 early-stage MSA-P patients (p = 0.01). Furthermore, FLAIR imaging tended to increase sensitivity of detecting HPR compared with T2W imaging (all patients: 89 vs. 58%, p = 0.07; early-stage patients: 100 vs. 55%, p = 0.06). Conclusions: FLAIR imaging might be more useful for detecting HPR in MSA-P patients, even though they are at an early stage. Copyright © 2011 S. Karger AG, Basel.

    DOI: 10.1159/000328674

    Scopus

    PubMed

  38. Suppressed phosphorylation of collapsin response mediator protein-2 in the hippocampus of HCNP precursor transgenic mice 招待有り 査読有り

    Kanamori T, Matsukawa N, Kobayashi H, Uematsu N, Sagisaka T, Toyoda T, Kato D, Oikawa S, Ojika K

    Brain Res.     2010年10月

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. 脳の半分を占めるグリア細胞 神経活動依存的な髄鞘化の障害がもたらす神経回路変容

    加藤大輔、和氣弘明

    実験医学 羊土社  2019年11月 

  2. 臓器連環による生体恒常性の破綻と疾患/グリア細胞が担う脳神経回路の動的恒常性

    和氣弘明、加藤大輔( 担当: 共著)

    実験医学  2019年4月 

  3. アルツハイマー病発症メカニズムと新規診断法創薬治療開発 第2節ミクログリア異常によるアルツハイマー病発症メカニズム

    和氣弘明、加藤大輔

    エヌ・ティー・エス  2018年8月 

  4. 脳神経回路と高次脳機能 スクラップ&ビルドによる心の発達と脳疾患の謎を解く/グリア細胞による神経回路のスクラップアンドビルド

    和氣弘明、加藤大輔

    実験医学 羊土社  2018年7月 

  5. 特集:骨の生体イメージング/最前線 神経・グリア細胞の生体イメージング

    和氣弘明、加藤大輔

    CLINICALCALCIUM 医薬ジャーナル社  2015年6月 

  6. 増大特集 大脳皮質 vs. 大脳白質 白質と脳機能 BRAIN and NERVE-神経研究の進歩

    和氣弘明、加藤大輔

    医学書院  2015年4月 

  7. グリア細胞が心を動かす/神経活動に依存した髄鞘化

    和氣弘明、加藤大輔、R. Douglas Fields

    実験医学 羊土社  2013年7月 

▼全件表示

講演・口頭発表等 1

  1. 神経精神疾患の病態解明へ向けた臨床的特徴を抽出し、基礎研究へつなげるための融合研究とその育成

    加藤大輔

    第127回日本解剖学会総会・全国学術集会  2022年3月27日  日本解剖学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 新規光刺激技術を用いた脳領域間における神経細胞活動の可視化と操作法の開発

    2022年2月 - 2024年1月

  2. 幻覚発症メカニズムに焦点を当てたレビー小体型認知症の病態解明

    2021年4月 - 2022年3月

  3. 脳内の可塑的な脂質変化に焦点を当てたアルツハイマー型認知症に対する新規治療法の開発に関する研究

    2021年3月 - 2022年3月

  4. 髄鞘化の光制御による認知症病態解明

    2020年8月 - 2022年8月

科研費 7

  1. 髄鞘がもつ多面的機能の理解に基づく神経精神疾患の病態解明

    研究課題/研究課題番号:21466081  2022年4月 - 2026年3月

    科学技術振興機構(JST)  創発的研究支援事業 

      詳細を見る

    配分額:20000000円

  2. 脳領域間の神経細胞活動から発せられる揺らぎによる高次脳機能の透視

    研究課題/研究課題番号:21H05587  2021年10月 - 2023年3月

    学術変革領域研究(A) 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:9730000円 ( 直接経費:8500000円 、 間接経費:1230000円 )

  3. 血液脳関門の破綻に着目した術後神経認知機能障害の発症機序解明

    研究課題/研究課題番号:21H03025  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    祖父江 和哉, 志田 恭子, 加藤 大輔, 小山内 実, 大澤 匡弘, 中西 俊之, 仙頭 佳起, 打田 佑人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    麻酔・手術後の神経認知機能障害(neurocognitive disorder: NCD)を、発症機序まで突き止めた研究はない。本研究では、マウスの術後NCDモデルで、中枢神経機能を維持する血液脳関門(BBB)の破綻を確認し、神経活動の障害との関連を明らかにする。また、脳内炎症等に関与するミクログリアに着目し、BBBの破綻の発生機序を検討する。さらに、申請者らが開発したヒトのMRIによるBBB機能評価法を用いて、術後NCD患者のBBBの破綻を確認する。
    以上より、術後NCDの発症機序を明らかにし、周術期管理のリスク因子を検討して、高齢化で問題性が高まる術後NCDの予防や治療法の開発に貢献する。

  4. 神経回路基盤の網羅的解析による神経・精神疾患に対する創薬技術向上を目指した評価系の構築

    研究課題/研究課題番号:20ak0101150h0001  2020年12月 - 2023年3月

    国立研究開発法人日本医療研究開発機構  創薬基盤推進研究事業 

    加藤大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 感覚モダリティ理解のためのミクログリア・シナプス接触の多角的解析

    研究課題/研究課題番号:20KK0170  2020年10月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    和氣 弘明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本国際研究では中枢神経系唯一の免疫細胞であるミクログリアに着目し、ミクログリアがシナプスの構造的・機能的可塑性を修飾する背景を踏まえ、多角的階層的な技術を相互補完することによって、ミクログリアのシナプスに対する時間的(発達・成熟)および空間(脳領域)特異的な生理機能を明らかにする。さらにこれを異種感覚の可塑的変化のメカニズムに繋げ、そこから精神病態を考察する。

  6. 白質機能制御に焦点を当てたアルツハイマー型認知症に対する治療法開発

    研究課題/研究課題番号:20K16574  2020年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    加藤 大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    近年、頭部MRIで描出される白質病変がアルツハイマー型認知症(AD)では、認知症発症前から出現し、認知機能低下を促進させることが判明した。しかしながらその詳細な機序は不明である。白質は髄鞘化された軸索で構成され、これまで研究代表者はこの髄鞘に着目し、神経活動依存的な髄鞘化が障害された際の学習障害とその背景にある神経回路基盤を解明してきた。そこで本研究では、髄鞘を形成するオリゴデンドロサイトとその前駆細胞が示す機能応答の生理学的特性を解明することでADでの変化を抽出後、この機能応答の障害が白質機能低下及び学習障害を引き起こすか検証し、さらに機能応答に関わる分子機構を同定することを目的とする。

  7. 髄鞘恒常性の破綻による精神症状発症機序の解明

    研究課題/研究課題番号:26710004  2014年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(A)  若手研究(A)

    和氣 弘明, 加藤 大輔, 穐吉 亮平

      詳細を見る

    情動・認知といった高次脳機能に障害を呈する精神・神経疾患の病態解明・治療法の開発が現代社会で早急に求められている。そのグリア細胞の中でもオリゴデンドロサイトは髄鞘を形成し神経伝導速度を制御し、約50倍程度まで速めることができる。この機能によって活動電位の到達時間を制御し、シナプスの発火タイミングを調節することが可能になり、情報伝達を効率化する役割を持っていると考えられる。本研究では神経活動依存性髄鞘化の神経回路活動に対する寄与を、これが損なわれているマウスを用いて、2光子顕微鏡下で運動学習を行わせその神経細胞集団活動の解析を行うことで明らかにした。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 肉眼解剖学

    2021

     詳細を見る

    授業と実習

  2. 基礎医学実習

    2021

     詳細を見る

    授業と実習

  3. 神経解剖学

    2021

     詳細を見る

    授業と実習

  4. 基礎医学実習

    2020

     詳細を見る

    研究室での基礎配属学生への指導

  5. 肉眼解剖学

    2020

     詳細を見る

    肉眼解剖学・骨学の実習

  6. 神経解剖学

    2020

     詳細を見る

    神経解剖学授業と実習

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 神経内科講義

    2021年4月 名古屋市立大学)

  2. 神経内科講義

    2020年4月 名古屋市立大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

 

メディア報道 4

  1. 母体の免疫活性が胎児ミクログリアの動態に持続的な変化を引き起こすことを発見  ― 発達障害や統合失調症への関連を示唆 ―

    神戸大学  2020年12月

  2. 痛みを感じた時の脳内の神経回路変化をホログラフィック顕微鏡によって解明

    AMED 名古屋大学  2020年3月

  3. 精神・神経変性疾患の治療に朗報! ~脳内の免疫細胞であるミクログリアが血液脳関門の機能を制御することを発見~

    名古屋大学 神戸大学  2019年12月

  4. 学習障害を引き起こす髄鞘機能障害の神経回路活動を解明

    神戸大学 生理学研究所  2019年9月

学術貢献活動 2

  1. 極みプロジェクト会議

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    2021年3月

  2. 極みプロジェクト会議

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    和氣弘明  2020年9月