2021/09/17 更新

写真a

イイダ アツオ
飯田 敦夫
IIDA Atsuo
所属
大学院生命農学研究科 動物科学専攻 動物科学 助教
大学院生命農学研究科
農学部 資源生物科学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2006年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 胎生魚

  2. 小型魚類

  3. コウモリ

  4. デンキウナギ

研究分野 4

  1. ライフサイエンス / 形態、構造

  2. ライフサイエンス / 水圏生命科学

  3. ライフサイエンス / 発生生物学

  4. ライフサイエンス / ウイルス学

経歴 9

  1. 東京農工大学   農学部   客員准教授(兼任)

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院生命農学研究科   助教

    2019年9月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 京都大学   ウイルス・再生医科学研究所   助教

    2016年10月 - 2019年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 京都大学   再生医科学研究所   助教

    2012年5月 - 2016年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 京都大学   再生医科学研究所   研究員

    2011年4月 - 2012年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 京都大学   大学院医学研究科   研究員

    2008年12月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 京都大学   再生医科学研究所   研究員

    2008年4月 - 2008年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 京都大学   大学院医学研究科   研究員

    2006年11月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 京都大学   再生医科学研究所   研究員

    2006年4月 - 2006年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. 名古屋大学   理学研究科   生命理学専攻

    2003年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学研究科   生命理学専攻

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   理学部   生命理学科

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本動物学会

  2. 日本獣医学会

  3. 日本発生生物学会

  4. 日本分子生物学会

  5. ユニーク会(ユニークな少数派実験動物を扱う若手が最先端アプローチを勉強する会)   総帥(財務兼任)

委員歴 1

  1. Development, Growth & Differentiation   Editorial Board  

    2020年 - 現在   

受賞 5

  1. 血管生物医学若手優秀賞

    2017年   血管生物医学会若手研究会  

  2. ガクモンからエンタメ☆優秀賞

    2015年   博物ふぇすてぃばる!  

  3. 優秀発表賞

    2013年   京都大学再生医科学研究所  

  4. 若手優秀発表賞

    2011年   日本細胞生物学会  

  5. 若手奨励賞

    2010年   日本病態プロテアーゼ学会  

 

論文 29

  1. Cubam receptor-mediated endocytosis in hindgut-derived pseudoplacenta of a viviparous teleost Xenotoca eiseni 査読有り

    Iida A, Sano K, Inokuchi M, Nomura J, Suzuki T, Kuriki M, Sogabe M, Susaki D, Tonosaki K, Kinoshita T, Hondo E

    Journal of Experimental Biology   224 巻 ( 13 ) 頁: jeb242613   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: :10.1242/jeb.242613

  2. Dispersal history of Miniopterus fuliginosus bats and their associated viruses in east Asia. 査読有り 国際共著

    Kimprasit T, Nunome M, Iida K, Murakami Y, Wong ML, Wu CH, Kobayashi R, Hengjan Y, Takemae H, Yonemitsu K, Kuwata R, Shimoda H, Si L, Sohn JH, Asakawa S, Ichiyanagi K, Maeda K, Oh HS, Mizutani T, Kimura J, Iida A, Hondo E

    PLOS ONE   16 巻 ( 1 ) 頁: e0244006   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Histological observation of the reproductive system in a viviparous teleost Xenotoca eiseni Rutter 1896 (Cyprinodontiformes: Goodeidae) 査読有り

    Iida A, Nomura J, Hondo E.

    Anatomia, Histologia, Embryologia   50 巻   頁: 161 - 168   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Sharply angled lateral curvature modification in anal fin of a viviparous fish, Xenotoca variata (Cyprinodontiformes: Goodeidae) 査読有り

    Iida A, Nakai R, Nomura J, Tanaka R, Mizuno N, Kurobe M, Hondo E

    Zoological Science   38 巻   頁: 67 - 71   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Viral-derived DNA invasion and variation in Indonesian population of large flying fox Pteropus vampyrus. 査読有り 国際共著

    Iida A, Takemae H, Tarigan R, Kobayashi R, Kato H, Shimoda H, Omatsu T, Supratikno, Basri C, Mayasari NLPI, Agungpriyono S, Maeda K, Mizutani T, Hondo E

    Journal of Veterinary Medical Science   83 巻 ( 7 ) 頁: 1068 - 1074   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.21-0115

  6. Distinct interferon response in bat and other mammalian cell lines infected with pteropine orthoreovirus 査読有り

    Tarigan R, Katta T, Takemae H, Shimoda H, Maeda K, Iida A, Hondo E

    Virus Genes   in press 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. The medaka fish Tol2 transposable element is in an early stage of decay: identification of a nonautonomous copy 査読有り

    Hayashi S, Tsukiyama T, Iida A, Kinoshita M, Koga A

    Genome     頁: in press   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1139/gen-2021-0010.

    DOI: 10.1139/gen-2021-0010.

  8. ATeam technology for detecting early signs of viral cytopathic effect. 査読有り

    Doysabas KCC, Oba M, Ishibashi T, Shibata H, Takemae H, Shimoda H, Mizutani T, Iida A, Hondo E

    The Journal of Veterinary Medical Science   82 巻   頁: 387-393   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.20-0021

  9. Generation and evaluation of a transgenic zebrafish for tissue-specific expression of a dominant-negative Rho-associated protein kinase-2. 査読有り

    Iida A, Wang Z, Hondo E, Sehara-Fujisawa AIida A, Wang Z, Hondo E, Sehara-Fujisawa A

    Biochemical and Biophysical Research Communications   525 巻   頁: 8-13   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.02.055

  10. Innervation of the wing membrane in the bent-winged bat Miniopterus fuliginosus. 査読有り

    Aoyama A, Doysabas KCC, Iida A, Hondo E*.

    Anatomia, Histologia, Embryologia     頁: in press   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ahe.12560

  11. Role of Pattern Recognition Receptors and Interferon-beta in protecting bat cell lines from Encephalomyocarditis virus and Japanese encephalitis virus infection 査読有り

    Tarigan R, Shimoda H, Doysabas KCC, Maeda K, Iida A, Hondo E*

    Biochemical and Biophysical Research Communications   525 巻   頁: 1-7   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2020.04.060

  12. In silico analysis-based identification of the target residue of integrin α6 for metastasis inhibition of basal-like breast cancer. 査読有り

    Tanaka S, Senda N, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Ishii T, Sato F, Toi M, Itou J*

    Genes to Cells   24 巻 ( 9 ) 頁: 596-607.   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Mother-to-embryo vitellogenin transport in a viviparous teleost Xenotoca eiseni. 査読有り

    Iida A, Arai HN, Someya Y, Inokuchi M, Onuma TA, Yokoi H, Suzuki T, Hondo E, Sano K

    Proc Natl Acad Sci U S A   116 巻   頁: 22359-22365   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1913012116

  14. Focal adhesions are essential to drive zebrafish heart valve morphogenesis 査読有り 国際共著

    Gunawan F, Gentile A, Fukuda R, Tsedeke AT, Jimenez-Amilburu V, Ramadass R, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Stainier D

    Journal of Cell Biology   218 巻   頁: 1039 - 1054   2019年

  15. A disruption of integrin α4 in zebrafish that leads to cephalic hemorrhage during development 査読有り

    Iida A, Wang Z, Sehara-Fujisawa A

    Genes & Genetic Systems   94 巻   頁: 117 - 119   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  16. Rap1b Promotes Notch Signal-Mediated Hematopoietic Stem Cell Development by Enhancing Integrin-Mediated Cell Adhesion 査読有り

    Rho SS, Kobayashi I, Oguri-Nakamura E, Ando K, Fujiwara M, Kamimura N, Hirata H, Iida A, Iwai Y, Mochizuki M, Fukuhara S

    Developmental Cell   49 巻   頁: 1 - 16   2019年

  17. Male-specific asymmetric curvature of anal fin in a viviparous teleost, Xenotoca eiseni 査読有り

    Iida A

    Zoology   134 巻   頁: 1 - 7   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  18. Integrin β1 activity is required for cardiovascular formation in zebrafish. 査読有り

    Iida A, Wang Z, Hirata H, Sehara-Fujisawa A

    Genes to Cells   23 巻   頁: 938 - 951   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  19. The Sal-like 4 - integrin α6β1 network promotes cell migration for metastasis via activation of focal adhesion dynamics in basal-like breast cancer cells. 査読有り

    Itou J, Tanaka S, Li W, Iida A, Sehara-Fujisawa A, Sato F, Toi M

    BBA Molecular Cell Research   1864 巻   頁: 76 - 88   2017年

  20. ADAM12-deficient zebrafish exhibit retardation in body growth at the juvenile stage without developmental defects 査読有り

    Tokumasu Y†, Iida A†, Wang Z, Ansai S, Kinoshita M, Sehara-Fujisawa A

    Development, Growth & Differentiation   58 巻   頁: 409-421   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12286

  21. Generation of a transgenic medaka (Oryzias latipes) strain for visualization of nuclear dynamics in early developmental stages 査読有り

    Inoue T†, Iida A†, Maegawa S, Sehara-Fujisawa A, Kinoshita M

    Development, Growth & Differentiation   58 巻   頁: 679-687   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/dgd.12324

  22. Prenatal regression of the trophotaenial placenta in a viviparous fish, Xenotoca eiseni 査読有り

    Iida A, Nishimaki T, Sehara-Fujisawa A

    Scientific Reports   5 巻   頁: 7855   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  23. Metalloprotease-Dependent Onset of Blood Circulation in Zebrafish. 査読有り

    Iida A, Sakaguchi K, Sato K, Sakurai H, Nishimura D, Iwaki A, Takeuchi M, Kobayashi M, Misaki K, Yonemura S, Kawahara A, Sehara-Fujisawa A

    Current Biology   20 巻   頁: 1110 - 1116   2010年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  24. Vertebrate DNA Transposon as a Natural Mutator: The Medaka Fish Tol2 Element Contributes to Genetic Variation without Recognizable Traces. 査読有り

    Koga A, Iida A, Hori H, Shimada A, Shima A

    Molecular biology and evolution   23 巻   頁: 1414 - 1419   2006年

  25. Targeted reduction of the DNA methylation level with 5-azacytidine promotes excision of the medaka fish Tol2 査読有り

    Iida A, Shimada A, Shima A, Takamatsu N, Hori H, Takeuchi K, Koga A

    Genetical Research   87 巻   頁: 187 - 193   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  26. Reversion mutation of i b oculocutaneous albinism to wild-type pigmentation in medaka fish. 査読有り

    Iida A, Takamatsu N, Hori H, Wakamatsu Y, Shimada A, Shima A, Koga A

    Pigment Cell Research   18 巻   頁: 382 - 384   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  27. Low transposition frequency of the medaka fish Tol2 transposable element may be due to extranuclear localization of its transposase. 査読有り

    Iida A, Tachibana A, Hamada S, Hori H and Koga A

    Genes & Genetics Systems   79 巻   頁: 119 - 124   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  28. The tyrosinase gene of the i b albino mutant of the medaka fish carries a transposable element insertion in the promoter region. 査読有り

    Iida A, Inagaki H, Suzuki M, Wakamatsu Y, Hori H, Koga A

    Pigment Cell Research   17 巻   頁: 158 - 164   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  29. The medaka fish Tol2 transposable element can undergo excision in human and mouse cells. 査読有り

    Koga A, Iida A, Kamiya M, Hayashi R, Hori H, Ishikawa Y, Tachibana A

    Journal of Human Genetics   48 巻   頁: 231 - 235   2003年

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. ゼブラフィッシュ実験ガイド

    平田普三, 酒井則良, 飯田敦夫, 亀井宏泰, 伊藤素行, 武藤彩, 宮坂信彦, 川上浩一, 川原敦雄, 東島眞一, 木村有希子, 浅川和秀, 鑪迫典久, 松田大樹, 横井勇人, 岡本仁, 石岡亜季子, 日比正彦, 清水貴史, 橋本寿史, 井原邦夫( 担当: 単著 ,  範囲: 第3章 飼 育)

    朝倉書店  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 遺伝子から解き明かす魚の不思議な世界

    神田真司,高木亙,矢野十織,二階堂雅人,安齋賢,渡邊壮一,石川麻乃,小橋常彦,池永隆徳,佐野香織,飯田敦夫,竹花佑介,荻野由紀子,野津了,小林靖尚( 担当: 共著)

    一色出版  2019年8月 

  3. Zebrafish, Medaka, and Other Small Fishes ; New Model Animals in Biology, Medicine, and Beyond

    飯田敦夫(平田普三&飯田敦夫 編)( 担当: 単著 ,  範囲: Chapter 14: Xenotoca eiseni, a viviparous teleost, possesses a trophotaenial placenta for maternal nutrient intake.)

    Springer  2018年11月 

  4. 実験医学『連載「私の実験動物、やっぱり個性派です!」』

    飯田敦夫( 担当: 単著)

    羊土社  2018年2月 

  5. 実験医学『連載「私の実験動物、個性派です!」』

    飯田敦夫( 担当: 単著 ,  範囲: 妊娠する魚の研究-グーデア科胎生魚を用いた実験生物学の試み-)

    羊土社  2016年2月 

  6. New Principles in Developmental Processes

    飯田敦夫(近藤寿人&黒岩厚 編)( 担当: 単著 ,  範囲: Chapter 14: Primitive erythroblast cell autonomously regulates the timing of blood circulation onset via a control of adherence to endothelium.)

    Springer  2014年3月 

  7. ADAM8プロテアーゼによる血液循環開始の制御

    飯田敦夫, 瀬原淳子( 担当: 単著)

    日本臨床増刊号 冠動脈疾患(上)-診断と治療の進歩-  2011年9月 

▼全件表示

MISC 2

  1. グーデア科胎生魚における胎仔の栄養供給機構 招待有り

    飯田敦夫  

    比較内分泌学44 巻 ( 164 ) 頁: 82   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  2. ADAM8による血液循環開始の制御 招待有り

    飯田 敦夫  

    生化学82 巻 ( 10 ) 頁: 921-930   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 22

  1. 赤ちゃんを産む魚

    飯田敦夫

    豊橋市自然史博物館「名古屋大学出前授業」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. グーデア科胎生魚の研究:独身時代のノリと勢いで始めたテーマが結婚後も看板になってるとは夢にも思わなかった話 招待有り

    飯田 敦夫

    第44回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム,男女共同参画ランチョンセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉大学   国名:日本国  

  3. 妊娠時の母仔間栄養分から探るグーデア科胎生魚の繁殖機構 招待有り

    飯田 敦夫

    日本動物学会 第 90回 大阪大会 シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  4. 赤ちゃんを産む魚「グーデア科胎生魚」の話

    飯田敦夫

    城西大学コロキウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 自分の研究にユニーク生物を採用し、同志を募って研究会を作った話

    飯田敦夫

    第42回日本比較内分泌学会大会及びシンポジウム(若手企画シンポジウム) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. グーデア科胎生魚の研究を1人で0から始めてみた話

    飯田敦夫

    北里大学『特別講義Ⅱ』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 小型魚類ゼブラフィッシュを使った発生機構の研究

    飯田敦夫

    第2回次世代生命科学の研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. ゼブラフィッシュを用いた血管・血球分化の研究

    飯田敦夫

    第3回血管生物若手研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. Analysis of non-mammalian viviparous vertebrate using a livebearer fish Xenotoca eiseni

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. クラウドファンディングってなんだろう?

    飯田敦夫

    早稲田大学理工学術院総合研究所 アーリーバードプログラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. Prenatal regression of trophotaenial placenta is regulated by apoptosis in a livebearer fish, Xenotoca eiseni.

    BMB2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniを用いて非哺乳類で獲得された胎生形質を探る

    飯田敦夫

    第2回脳科学セミナー(青山学院大学) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniを用いて、非哺乳類で獲得された胎生形質を探る

    飯田敦夫

    IGERセミナー/アドバンス生命理学特論 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. グーデア科胎生魚で見られた栄養リボンのアポトーシス

    飯田敦夫

    日本動物学会近畿支部会 研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. グーデア科胎生魚Xenotoca eiseniの胎仔が持つ『へその緒ではない』構造物の話

    飯田敦夫

    甲南大学統合ニューロバイオロジー研究所セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. 真胎生魚ハイランドカープの胎仔発生

    飯田敦夫

    日本動物学会 第85回仙台大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. 胎生魚Xenotoca eiseniの初期発生と交尾事情

    飯田敦夫

    大阪大学大学院理学研究科セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. 透明の魚でピカピカ光る細胞を視る!

    飯田敦夫

    武蔵野美術大学『自然科学』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. メダカのトランスポゾンTol2の内在性転移について

    飯田敦夫

    奈良先端科学技術大学院大学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  20. 遺伝子組換えゼブラフィッシュを使って体の構造を生きたまま観察する

    飯田敦夫

    武蔵野美術大学『自然科学IA/IB』 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. 膜型プロテアーゼADAM8による血液循環開始の制御

    飯田敦夫

    IGERセミナー/アドバンス生命理学特論 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. 小型魚類をモデルとした血液循環開始のライブイメージング

    飯田敦夫

    京都大学・ライカマイクロシステムズイメージングセンター開設記念セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 16

  1. サカナ(胎生発生真骨魚類)にゲノムインプリンティングは存在するか?

    研究課題番号:21K19237   2021年7月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 高輝度パルス電子線を用いた高速オペランドイメージング法の開拓

    2021年 - 2025年

    科学研究費助成事業  基盤研究A

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 胎生魚類で見出された抗菌ペプチドの量と質の変化に関する研究

    2021年

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  4. グーデア科胎生魚の母仔間栄養供給に関わる分子機構の解明

    2020年 - 2021年

    自然科学系学術研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円

  5. グーデア科胎生魚胎仔の栄養吸収組織における高分子取り込み経路をライブイメージングにより解析する

    2019年 - 2020年

    研究費助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  6. ゲノム組成の変化を伴ってヨザルで実現した暗環境への適応:霊長類全般での再現性

    2019年 - 2020年

    科学研究費助成事業  基盤研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  7. 細胞接着を基盤とした赤芽球の血管内侵入機構の解析

    2016年 - 2018年

    科学研究費助成事業  若手研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. 骨格筋の発達・維持・萎縮における負荷依存性の分子基盤の理解

    2015年

    科学研究費助成事業  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  9. 形態形成および疾患における膜型プロテアーゼADAMの機能を小型魚類ゼブラフィッシュを用いて解析する

    2015年

    少壮研究者奨励金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:200000円

  10. お腹の中で子育てする魚「ハイランドカープ」の謎に迫る!

    2015年

    学術系クラウドファンディングサイト「academist(アカデミスト)」 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:693120円

  11. 真胎生魚をモデルとして一次造血機構の意義と進化を探る

    2012年 - 2013年

    科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  12. 赤血球ー血管内皮細胞の相互作用に基づいた血液循環の成立機構を解明する

    2011年 - 2013年

    科学研究費助成事業  新学術領域研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  13. 赤血球を起源とする新規の血管新生制御機構

    2011年

    研究奨励金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円

  14. 発生における血液循環が始まる仕組みの解明

    2010年

    成茂動物科学振興基金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

  15. 初期発生で血液循環が始まるまでの血管・血球の相互作用の解明

    2010年

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  16. 外部刺激に応答した魚類の感覚器の形成・維持機構の解明

    2008年 - 2009年

    科学研究費助成事業  若手研究B

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 動物解剖生理学特論

    2020

  2. 資源生物科学科実験実習

    2020

  3. 農学セミナー2

    2020

  4. 動物解剖生理学特論

    2019

  5. 資源生物科学科実験実習

    2019