2021/12/06 更新

写真a

タナカ ノブタケ
田中 伸孟
TANAKA Nobutake
所属
医学部附属病院 消化器外科二 病院助教
職名
病院助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2019年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 肝細胞癌

 

論文 32

  1. Impact of molecular surgical margin analysis on the prediction of pancreatic cancer recurrences after pancreaticoduodenectomy

    Sunagawa Yuki, Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Tanabe Hiroshi, Kurimoto Keisuke, Tanaka Nobutake, Sonohara Fuminori, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    CLINICAL EPIGENETICS   13 巻 ( 1 ) 頁: 172   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Clinical Epigenetics  

    Background: Pancreatic cancer is one of the lethal cancers among solid malignancies. Pathological diagnosis of surgical margins is sometimes unreliable due to tissue shrinkage, invisible field cancerization and skipped lesions like tumor budding. As a result, tumor recurrences sometimes occur even from the pathologically negative surgical margins. Methods: We applied molecular surgical margin (MSM) analysis by tissue imprinting procedure to improve the detection sensitivity of tiny cancerous cells on the surgical specimen surface after pancreatoduodenectomy. Surgical specimens were collected from 45 pancreatic cancer cases who received subtotal stomach preserving pancreatoduodenectomy at Nagoya University Hospital during 2017–2019. Quantitative methylation-specific PCR (QMSP) of the original methylation marker panel (CD1D, KCNK12, PAX5) were performed and analyzed with postoperative survival outcomes. Results: Among 45 tumors, 26 cases (58%) were QMSP-positive for CD1D, 25 (56%) for KCNK12 and 27 (60%) for PAX5. Among the 38 tumors in which at least one of the three markers was positive, CD1D-positive cancer cells, KCNK12-positive cancer cells, and PAX5-positive cancer cells were detected at the surgical margin in 8 cases, 7 cases and 10 cases, respectively. Consequently, a total of 17 patients had at least one marker detected at the surgical margin by QMSP, and these patients were defined as MSM-positive. They were associated with significantly poor recurrence-free survival (p = 0.002) and overall survival (p = 0.005) than MSM-negative patients. Multivariable analysis showed that MSM-positive was the only significant independent factor for worse recurrence-free survival (hazard ratio: 3.522, 95% confidence interval: 1.352–9.179, p = 0.010). On the other hand, a significant proportion of MSM-negative cases were found to have received neoadjuvant chemotherapy (p = 0.019). Conclusion: Pancreatic cancer-specific methylation marker panel was established to perform MSM analysis. MSM-positive status might represent microscopically undetectable cancer cells on the surgical margin and might influence the postoperative long-term outcomes.

    DOI: 10.1186/s13148-021-01165-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. BRA膵癌に対する治療戦略 BR-A膵癌に対する集学的治療の術後成績

    猪川 祥邦, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: O34 - 5   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  3. 膵癌に対する術前AGRと臨床病理学的因子や予後に関する検討

    小林 大悟, 林 真路, 加藤 吉康, 栗本 景介, 田中 伸孟, 砂川 祐輝, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: P129 - 4   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  4. 膵癌におけるEat me signalの関与

    林 真路, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 園原 史訓, 田中 伸孟, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: P186 - 1   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  5. 後期高齢者肝細胞癌における肝切除術の安全性と妥当性に関する検討

    田中 伸孟, 林 真路, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: P163 - 7   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  6. 右側肝円索に合併した胆嚢癌の1例

    鈴木 雄之典, 猪川 祥邦, 栗本 景介, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 林 真路, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: P126 - 6   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  7. UR膵癌に対するConversion surgeryの適応 局所進行切除不能膵癌に対するConversion手術における術前放射線治療併施の有用性の検討 二施設共同研究

    星野 由維, 山田 豪, 吉岡 伊作, 室谷 健太, 高見 秀樹, 渋谷 和人, 田中 伸孟, 松井 恒志, 小寺 泰弘, 藤井 努

    日本消化器外科学会総会   76回 巻   頁: PD6 - 3   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  8. UR-M膵癌に対するconversion surgeryの課題

    加藤 吉康, 山田 豪, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 林 真路, 服部 憲史, 清水 大, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 6   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  9. 転移性肝腫瘍に対する至適治療戦略 術前化学療法の可否につき考える

    林 真路, 山田 豪, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 園原 史訓, 田中 伸孟, 栗本 景介, 砂川 祐輝, 加藤 吉康, 中川 暢彦, 鈴木 雄之典, 山中 雅也, 清水 大, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 5   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  10. 膵癌における術前治療中の腫瘍マーカーの比較・検討

    砂川 祐輝, 山田 豪, 田中 伸孟, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 服部 憲史, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  11. 肝胆膵領域癌におけるサルコペニアの臨床的意義と当教室の周術期対策

    猪川 祥邦, 山田 豪, 横山 幸浩, 薮崎 紀充, 二宮 豪, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 3   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  12. 片側肝動脈合併切除を伴う膵頭十二指腸切除後の肝動脈血流の評価と早期合併症に関する検討

    鈴木 雄之典, 山田 豪, 猪川 祥邦, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: PS - 1   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  13. 当教室における膵頭十二指腸切除術後出血に対する対策と治療効果の検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 4   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  14. 切除可能境界膵癌に対する至適術前治療確立をめざして 当教室の治療成績とランダム化比較試験によるエビデンスの構築

    山田 豪, 園原 史訓, 田中 伸孟, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 林 真路, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤井 努, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SF - 6   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  15. パンデミック下における外科卒前教育の工夫

    高見 秀樹, 小池 聖彦, 鈴木 雄之典, 栗本 景介, 田中 伸孟, 柴田 雅央, 園原 史訓, 武内 大, 猪川 祥邦, 服部 憲史, 林 真路, 神田 光郎, 田中 知恵, 山田 豪, 中山 吾郎, 菊森 豊根, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   121回 巻   頁: SP - 7   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  16. Genome-wide identification and characterization of circular RNA in resected hepatocellular carcinoma and background liver tissue 国際誌

    Sunagawa Yuki, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Kurimoto Keisuke, Tanaka Nobutake, Suzuki Yunosuke, Inokawa Yoshikuni, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   11 巻 ( 1 ) 頁: 6016 - 6016   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Circular RNA (circRNA) is a type of non-coding RNA known to affect cancer-related micro RNAs and various transcription factors. circRNA has promise as a cancer-related biomarker because its circular structure affords high stability. We found using high-throughput sequencing that seven candidate circRNAs (hsa_circ_0041150, hsa_circ_0025624, hsa_circ_0001020, hsa_circ_0028129, hsa_circ_0008558, hsa_circ_0036683, hsa_circ_0058087) were downregulated in HCC. The expression of these circRNAs was examined by quantitative PCR in 233 sets of HCC and matched background normal liver tissues, and correlations between candidate circRNA expression and prognosis were evaluated. The results of quantitative PCR showed that expression of hsa_circ_0041150, hsa_circ_0001020 and hsa_circ_0008558 was significantly lower in HCC than in background normal liver tissues. Kaplan–Meier analysis revealed that low expression of hsa_circ_0001020, hsa_circ_0036683, and hsa_circ_0058087 was associated with poor recurrence-free (RFS) and overall survival (OS) in HCC. Additionally, multivariate analysis revealed that low hsa_circ_0036683 expression was a significant prognostic factor, independent from other clinicopathological features, for inferior RFS and OS. There was no significant association between the expression of these circRNAs and hepatitis B/C status or cirrhosis. This study therefore identified circRNAs as potential prognostic markers for patients who undergo curative surgery for HCC and highlighted hsa_circ_0036683 as the most useful biomarker.

    DOI: 10.1038/s41598-021-85237-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Different Characteristics of Serum Alfa Fetoprotein and Serum Des-gamma-carboxy Prothrombin in Resected Hepatocellular Carcinoma

    Hayashi Masamichi, Yamada Suguru, Takano Nao, Okamura Yukiyasu, Takami Hideki, Inokawa Yoshikuni, Sonohara Fuminori, Tanaka Nobutake, Shimizu Dai, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Kodera Yasuhiro

    IN VIVO   35 巻 ( 3 ) 頁: 1749 - 1760   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:In Vivo  

    Background/Aim: Hepatocellular carcinoma (HCC) mainly develops in the damaged liver from hepatitis C virus (HCV) or hepatitis B virus (HBV) infection in Japan. On the other hand, the occurrence of HCCs derived from the liver without viral infection has recently been increasing. Our aim was to identify characteristics specific to HCCs with virus-infected liver (HCC-BC) or those with non-B- and non-C-infected liver (HCC-NBNC), Patients and Methods: We collected preoperative serum α-fetoprotein (AFP) and Des-Gamma-Carboxy Prothrombin (DCP), also known as PIVKA-II values from surgically resected HCC cases during 1994-2017 in our department. Results: Preoperative serum AFP values of HCC-BC cases (n=284) were higher compared to HCC-NBNC cases (n=88) (p=0.016), whereas serum DCP values of HCC-NBNC cases were higher compared to HCC-BC cases (p<0.001). Multivariable analyses indicated that abnormal serum AFP [hazard ratio (HR)=1.46, 95% conficdence interval (CI)=1.03-2.07, p=0.035) was one of the significant recurrence-free survival predictors of HCC-BC cases, while abnormal serum DCP (HR=4.99, 95%CI=1.91-13.01, p=0.001) was one of the significant recurrence-free survival predictors of HCC-NBNC cases. Conclusion: HCC-NBNC cases have a different tumor marker profile from HCC-BC cases. Elevated DCP could be both a diagnostic and prognostic marker of HCC-NBNC patients.

    DOI: 10.21873/invivo.12434

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. 当科におけるUnresectable/Borderline resectable膵癌に対する集学的治療の検討

    加藤 吉康, 山田 豪, 田中 伸孟, 園原 史訓, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 林 真路, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   75回 巻   頁: P290 - 3   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  19. 膵神経内分泌腫瘍における再発予測因子と再発患者に対する治療戦略

    田中 伸孟, 山田 豪, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 小池 聖彦, 藤井 努, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会総会   75回 巻   頁: RS17 - 3   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  20. 膵臓 化学療法

    砂川 祐輝, 山田 豪, 山中 雅也, 鈴木 雄之典, 中川 暢彦, 加藤 吉康, 田中 伸孟, 栗本 景介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本消化器外科学会雑誌   53 巻 ( Suppl.2 ) 頁: 311 - 311   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  21. An outcome analysis of predictive factors for portal or splenic vein thrombosis after distal pancreatectomy

    Tanaka Nobutake, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    SURGERY TODAY   50 巻 ( 10 ) 頁: 1282 - 1289   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surgery Today  

    Purposes: The aim of this study was to explore predictive factors for portal or splenic vein thrombosis (VT) that might cause serious problems after distal pancreatectomy (DP). Methods: A total of 230 patients who underwent DP between 2008 and 2017 were retrospectively reviewed to identify predictive factors for portal or splenic VT. Results: Ultimately, 164 patients were analyzed. Portal or splenic VT was significantly correlated with age ' 65 years old, benign tumor, laparoscopic surgery, preservation of the inferior mesenteric vein (IMV) and left gastric vein (LGV), preservation of the IMV only, no drainage vein, length of the residual splenic vein (RSV) ≥ 26 mm, vessel dissection with a linear stapler, and intra-abdominal abscess (all P ' 0.05). Furthermore, a multivariate analysis indicated that the length of the RSV (odds ratio [OR]: 9.15, P = 0.03) was an independent predictive factor for portal VT and that the length of the RSV (OR: 37.9, P ' 0.01), vessel dissection with a linear stapler (OR: 6.49, P = 0.03), and intra-abdominal abscess (OR: 23.0, P = 0.02) were independent predictive factors for splenic VT. Conclusion: As the length of the RSV was significantly associated with portal or splenic VT, a follow-up imaging diagnosis might be recommended for such cases.

    DOI: 10.1007/s00595-020-02004-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. 大腸癌初回肝転移手術後の早期再発予測因子の検討

    林 真路, 山田 豪, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 園原 史訓, 砂川 祐輝, 田中 伸孟, 栗本 景介, 加藤 吉康, 中川 暢彦, 鈴木 雄之典, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: DP - 4   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  23. 膵頸部癌における臨床病理学的特徴

    栗本 景介, 山田 豪, 鈴木 雄之典, 中川 暢彦, 加藤 吉康, 田中 伸孟, 砂川 祐輝, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  24. 膵頭部癌における周術期輸血の長期予後に対する影響

    田中 伸孟, 山田 豪, 栗本 景介, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 高見 秀樹, 林 真路, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 3   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  25. 膵癌に対する膵頭十二指腸切除術の分子生物学的なsurgical marginの評価

    砂川 祐輝, 山田 豪, 林 真路, 高見 秀樹, 猪川 祥邦, 園原 史訓, 栗本 景介, 田中 伸孟, 加藤 吉康, 中川 暢彦, 鈴木 雄之典, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘

    日本外科学会定期学術集会抄録集   120回 巻   頁: SF - 2   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  26. 膵癌のconversion surgery:課題と展望 当教室におけるConversion Surgeryの現状 再発予測因子からみた至適手術適応の検討

    山田 豪, 高見 秀樹, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 林 真路, 田中 伸孟, 藤井 努, 小寺 泰弘

    膵臓   35 巻 ( 3 ) 頁: A240 - A240   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

  27. 進行膵癌におけるオリゴメタスタシス症例の検討

    林 真路, 山田 豪, 高見 秀樹, 園原 史訓, 猪川 祥邦, 田中 伸孟, 加藤 吉康, 中川 暢彦, 栗本 景介, 鈴木 雄之典, 山中 雅也, 小寺 泰弘

    膵臓   35 巻 ( 3 ) 頁: A304 - A304   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

  28. Comparison of non-invasive liver reserve and fibrosis models: Implications for surgery and prognosis for hepatocellular carcinoma 査読有り

    Sonohara Fuminori, Yamada Suguru, Tanaka Nobutake, Tashiro Mitsuru, Sunagawa Yuki, Morimoto Daishi, Tanaka Haruyoshi, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    HEPATOLOGY RESEARCH   49 巻 ( 11 ) 頁: 1305 - 1315   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Hepatology Research  

    Aim: This study aimed to assess the clinical utility of preoperative evaluation of liver fibrosis using platelet–albumin–bilirubin (PALBI) grade, Fibrosis-4 index (FIB-4), and aspartate transaminase-to-platelet ratio index (APRI) for hepatocellular carcinoma (HCC) patients and explore the clinical impact of these models with regard to perioperative risks and HCC prognosis. Methods: Between January 2003 and December 2018, 305 consecutive patients who underwent hepatectomy for HCC were enrolled. Results: The APRI showed the most robust diagnostic performance through each fibrosis stage among three models (PALBI, FIB-4, and APRI): fibrosis stage 3 (f3), area under the curve [AUC] = 0.55, 0.72, and 0.76; and f4, AUC = 0.51, 0.71, and 0.76, respectively). In addition, survival analysis revealed that all three models were significantly associated with HCC prognosis. PALBI (grade 1 vs. 2, 3): recurrence-free survival (RFS): median survival time (MST), 34 vs. 17 months, 0.007; overall survival (OS): MST, 115 vs. 68, 0.02. FIB-4 (grade 1, 2 vs. 3): RFS: MST, 34 vs. 22, 0.004, OS: MST, 120 vs. 63, 0.0001. APRI (grade 1, 2 vs. 3), RFS: MST, 30 vs. 20, 0.0005; OS: MST, 107 vs. 55, 0.0003. Among three scoring systems, only PALBI grade was significantly associated with both operative time (median, 303 vs. 340 min, 0.01) and intraoperative blood loss (median, 581 vs. 859 mL, 0.03). Conclusions: This study showed robust performances of selected liver reserve and fibrosis models to predict HCC prognosis. Of them, PALBI might be used for assessing perioperative risks for hepatectomy for HCC.

    DOI: 10.1111/hepr.13400

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Randomized clinical trial of extensive intraoperative peritoneal lavage versus standard treatment for resectable advanced gastric cancer (CCOG 1102 trial)

    Misawa K., Mochizuki Y., Sakai M., Teramoto H., Morimoto D., Nakayama H., Tanaka N., Matsui T., Ito Y., Ito S., Tanaka K., Uemura K., Morita S., Kodera Y.

    BRITISH JOURNAL OF SURGERY   106 巻 ( 12 ) 頁: 1602 - 1610   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:British Journal of Surgery  

    Background: A survival benefit of extensive intraoperative peritoneal lavage (EIPL) has been reported in patients with gastric cancer with positive peritoneal cytology. The hypothesis of this study was that EIPL may reduce peritoneal recurrence in patients with advanced gastric cancer who undergo surgery with curative intent. Methods: This was an open-label, multi-institutional, randomized, phase 3 trial to assess the effects of EIPL versus standard treatment after curative gastrectomy for resectable gastric cancer of T3 status or above. The primary endpoint was disease-free survival (DFS); secondary endpoints were overall survival, peritoneal recurrence-free survival and incidence of adverse events. Results: Between July 2011 and January 2014, 314 patients were enrolled from 15 institutions and 295 patients were analysed (145 and 150 in the EIPL and no-EIPL groups respectively). The 3-year DFS rate was 63·9 (95 per cent c.i. 55·5 to 71·2) per cent in the EIPL group and 59·7 (51·3 to 67·1) per cent in the control group (hazard ratio (HR) 0·81, 95 per cent c.i. 0·57 to 1·16; P = 0·249). The 3-year overall survival rate was 75·0 (67·1 to 81·3) per cent in the EIPL group and 73·7 (65·9 to 80·1) per cent in the control group (HR 0·91, 0·60 to 1·37; P = 0·634). Peritoneal recurrence-free survival was not significantly different between the two groups (HR 0·92, 0·62 to 1·36; P = 0·676). No intraoperative complications related to EIPL were observed. Conclusion: EIPL did not improve survival or peritoneal recurrence in patients who underwent gastrectomy for advanced gastric cancer. Registration number: 000005907 (http://www.umin.ac.jp/ctr/index.htm).

    DOI: 10.1002/bjs.11303

    Web of Science

    Scopus

  30. Perioperative and prognostic implication of albumin-bilirubin-TNM score in Child-Pugh class A hepatocellular carcinoma 査読有り

    Sonohara Fuminori, Yamada Suguru, Tanaka Nobutake, Suenaga Masaya, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Niwa Yukiko, Sugimoto Hiroyuki, Hattori Norifumi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF GASTROENTEROLOGICAL SURGERY   3 巻 ( 1 ) 頁: 65 - 74   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Annals of Gastroenterological Surgery  

    Background and Aim: A reliable classification for predicting postoperative prognosis and perioperative risk of hepatocellular carcinoma (HCC) patients is required to make a precise decision for HCC treatment. In the present study, we assessed the perioperative and prognostic importance of indocyanine green (ICG) testing, tumor-node-metastasis (TNM) stage, albumin-bilirubin (ALBI) grade, and ALBI-TNM (ALBI-T) score using consecutive resected HCC cases. Methods: Between 1998 and 2011, 273 consecutive patients who underwent primary and curative hepatectomy for HCC were identified. Among these 273 cases, 235 Child-Pugh class A patients were enrolled in the present study. Results: Correlation analysis showed that the value of linear predictor for ALBI grade was significantly correlated with ICG 15-minute retention rates (r = 0.51, P < 0.0001). Survival analysis for both recurrence-free survival (RFS) and overall survival (OS) showed there were significant differences between the two groups stratified by stage or ALBI-T score (stage, RFS: P = 0.01, OS: P = 0.003; ALBI-T, RFS: P < 0.0001, OS: P < 0.0001). In addition, Cox proportional hazard model identified ALBI-T score was a significant predictor for both RFS and OS (RFS, P = 0.001; OS, P = 0.004). Furthermore, ALBI-T score could predict perioperative risk in hepatectomy such as longer operation time and excessive intraoperative blood loss. Conclusions: This study showed a robust association of ALBI-T score with postoperative HCC patient survival and perioperative risk in hepatectomy. ALBI-T score can be used as a simple and powerful tool for assessing HCC patients with further study.

    DOI: 10.1002/ags3.12212

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  31. Clinical Implications of Lysyl Oxidase-Like Protein 2 Expression in Pancreatic Cancer 査読有り

    Tanaka Nobutake, Yamada Suguru, Sonohara Fuminori, Suenaga Masaya, Hayashi Masamichi, Takami Hideki, Niwa Yukiko, Hattori Norifumi, Iwata Naoki, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 9846   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Lysyl oxidase (LOX) family genes, particularly lysyl oxidase-like protein 2 (LOXL2), have been implicated in carcinogenesis, metastasis, and the epithelial-to-mesenchymal transition (EMT) in various cancers. This study aimed to explore the clinical implications of LOXL2 expression in pancreatic cancer (PC) in the context of EMT status. LOX family mRNA expression was measured in PC cell lines, and LOXL2 protein levels were examined in surgical specimens resected from 170 patients with PC. Higher LOXL2 expression was observed in cell lines from mesenchymal type PC than in those from epithelial type PC. A significant correlation between LOXL2 expression and the EMT status defined based on the expression of E-cadherin and vimentin was observed in surgical specimens (P < 0.01). The disease-free survival and overall survival rates among patients with low LOXL2 expression were significantly better than those among patients with high LOXL2 expression (P < 0.001). According to the multivariate analysis, high LOXL2 expression (P = 0.03) was a significant independent prognostic factor for patients with PC. Additionally, LOX inhibition significantly decreased PC cell proliferation, migration, and invasion in vitro. In conclusion, LOXL2 expression is potentially associated with PC progression, and LOXL2 expression represents a biomarker for predicting the prognosis of patients with PC who have undergone complete resection.

    DOI: 10.1038/s41598-018-28253-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Clinical implication of inflammation-based prognostic score and perioperative nutrition control in pancreatic cancer.

    Takano Nao, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Tashiro Mitsuru, Tanaka Nobutake, Morimoto Daishi, Ninomiya Go, Niwa Yukiko, Takami Hideki, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 4 )   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

▼全件表示

MISC 39

  1. HCC切除例におけるM2BPGiを含む血液線維化マーカーの臨床的意義

    園原 史訓, 山田 豪, 田中 伸孟, 砂川 祐輝, 高見 秀樹, 林 真路, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会74回 巻   頁: P181 - 3   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  2. 消化器外科手術における輸血の功罪 切除可能性分類から見た膵癌における周術期輸血の功罪

    田中 伸孟, 山田 豪, 園原 史訓, 高見 秀樹, 林 真路, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 小寺 康弘  

    日本消化器外科学会総会74回 巻   頁: WS21 - 9   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  3. 切除不能局所進行膵癌:化学療法と化学放射線療法 局所進行切除不能膵癌に対するGemcitabine+nab-Paclitaxel併用放射線療法

    高見 秀樹, 山田 豪, 高野 奈緒, 砂川 祐輝, 田中 伸孟, 多代 充, 森本 大士, 田中 晴祥, 園原 史訓, 林 真路, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    膵臓34 巻 ( 3 ) 頁: A126 - A127   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  4. 後期高齢者膵癌における膵頭十二指腸切除術の安全性と妥当性に関する検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 園原 史訓, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: SF - 033   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  5. 術前門脈塞栓術後の予定残肝容積の増大を予測する因子についての検討

    林 真路, 山田 豪, 高見 秀樹, 末永 雅也, 園原 史訓, 砂川 祐輝, 森本 大士, 多代 充, 田中 伸孟, 中川 暢彦, 服部 憲史, 神田 光郎, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集119回 巻   頁: PS - 089   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  6. 【DP(尾側膵切除術)を極める!】 当教室におけるmesenteric approachからの膵体尾部切除術(RAMPS-DP)

    佐伯 しおり, 田中 伸孟, 吉岡 伊作, 渋谷 和人, 平野 勝久, 奥村 知之, 藤井 努  

    胆と膵39 巻 ( 11 ) 頁: 1223 - 1227   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    膵体尾部癌の予後は極めて不良であり、診断時には遠隔転移や膵外への浸潤を伴っていることは珍しくない。そのため、外科的切除に対しては組織学的に癌遺残のないR0手術を行うことが望まれており、リンパ節郭清においては主病巣リンパ流の下流から開始してen blocに切除し、手術操作中に癌細胞を散逸させないことが必要である。膵体尾部を左方に脱転しながら後腹膜組織を一括切除する&quot;radical antegrade modular pancreatosplenectomy(RAMPS)&quot;は、リンパ流に沿った合理的郭清法であると報告されており、標準術式として広まりつつある。さらに、non-touch isolationを行うために、腸間膜の処理からSMA周囲郭清を先行する&quot;mesenteric approach&quot;は、過不足のないリンパ節郭清、そして神経叢を含む膵周囲組織の一括郭清が可能と報告されている。本稿では、われわれが通常行っているmesenteric approachを併用したRAMPSによるisolated distal pancreatectomy(DP)の手術手技について概説する。(著者抄録)

  7. 門脈合併切除併施膵頭十二指腸切除術における脾静脈再建の経験

    東松 由羽子, 吉岡 伊作, 田中 伸孟, 渋谷 和人, 関根 慎一, 平野 勝久, 馬場 逸人, 荒井 美栄, 佐伯 しおり, 森山 亮仁, 橋本 伊佐也, 北條 荘三, 奥村 知之, 長田 拓哉, 藤井 努  

    日本臨床外科学会雑誌79 巻 ( 増刊 ) 頁: 865 - 865   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  8. 食道亜全摘胃管再建におけるCircularStapelを用いた吻合手技

    奥村 知之, 森山 亮仁, 東海 竜太郎, 荒井 美栄, 馬場 逸人, 河合 俊輔, 田中 伸孟, 平野 勝久, 関根 慎一, 橋本 伊佐也, 渋谷 和人, 北條 荘三, 吉岡 伊作, 長田 拓哉, 藤井 努  

    日本臨床外科学会雑誌79 巻 ( 増刊 ) 頁: 436 - 436   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  9. 【徹底解説! 膵尾側切除を極める】総論 膵癌に対する膵体尾部切除術の適応

    河合 俊輔, 藤井 努, 吉岡 伊作, 渋谷 和人, 関根 慎一, 田中 伸孟, 奥村 知之, 長田 拓哉  

    臨床外科73 巻 ( 8 ) 頁: 918 - 922   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆膵癌に対する根治的切除の基本は,組織学的な癌遺残のないR0手術を行うことである.◆膵癌取扱い規約第7版において,標準的手術によりR0手術が可能かという基準で切除可能性分類が導入された.◆同規約にてTNM分類,Stage分類が改訂され,Stage分類と治療方針との間のひもづけが容易となり,切除可能性分類の導入とあわせ,詳細な治療方針が選択される.

  10. 【徹底解説! 膵尾側切除を極める】膵断端処理法 空腸漿膜パッチ法

    田中 伸孟, 山田 豪, 小寺 泰弘  

    臨床外科73 巻 ( 8 ) 頁: 948 - 952   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>ポイント ◆膵体尾部切除術における空腸漿膜パッチ法は,主膵管を連続縫合した後,Blumgart変法に準じて空腸漿膜を膵断端に被覆する.◆空腸漿膜パッチ法は,膵断端を密着・被覆することにより,膵液の漏出を軽減し,瘻孔化を促進する.◆空腸漿膜パッチ法の手術手技は,習熟すれば簡便かつ安全に施行可能である.

  11. 膵体尾部切除術後における門脈・脾静脈血栓症リスク因子の臨床病理学的検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 高見 秀樹, 末永 雅也, 丹羽 由紀子, 林 真路, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会73回 巻   頁: 178 - 178   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  12. デジタルPCRによる遺伝子変異検出を用いた膵癌手術患者の高感度腹腔洗浄液診断法

    末永 雅也, 山田 豪, 林 真路, 高見 秀樹, 丹羽 由紀子, 園原 史訓, 浅野 智成, 多代 充, 加藤 吉康, 田中 晴祥, 田中 伸孟, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    膵臓33 巻 ( 3 ) 頁: 503 - 503   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  13. 膵癌におけるLysyl Oxidase-like protein 2発現に関する臨床病理学的意義の検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 加藤 吉康, 多代 充, 田中 晴祥, 浅野 智成, 園原 史訓, 高見 秀樹, 末永 雅也, 丹羽 由紀子, 林 真路, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    膵臓33 巻 ( 3 ) 頁: 466 - 466   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  14. 膵癌におけるLysyl Oxidase-like protein 2発現に関する臨床病理学的意義の検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 加藤 吉康, 多代 充, 田中 晴祥, 浅野 智成, 園原 史訓, 高見 秀樹, 末永 雅也, 丹羽 由紀子, 林 真路, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    膵臓33 巻 ( 3 ) 頁: 466 - 466   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  15. 腹腔動脈狭窄症例に対する膵頭十二指腸切除術時の術中血管造影による血流評価の有用性

    森本 大士, 藤井 努, 山田 豪, 鈴木 耕次郎, 加藤 吉康, 多代 充, 田中 伸孟, 田中 晴祥, 園原 史訓, 高見 秀樹, 末永 雅也, 丹羽 由紀子, 林 真路, 小寺 泰弘  

    膵臓33 巻 ( 3 ) 頁: 644 - 644   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  16. 腹腔動脈狭窄症例に対する膵頭十二指腸切除術時の術中血管造影による血流評価の有用性

    森本 大士, 藤井 努, 山田 豪, 鈴木 耕次郎, 加藤 吉康, 多代 充, 田中 伸孟, 田中 晴祥, 園原 史訓, 高見 秀樹, 末永 雅也, 丹羽 由紀子, 林 真路, 小寺 泰弘  

    膵臓33 巻 ( 3 ) 頁: 644 - 644   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  17. デジタルPCRによる遺伝子変異検出を用いた膵癌手術患者の高感度腹腔洗浄液診断法

    末永 雅也, 山田 豪, 林 真路, 高見 秀樹, 丹羽 由紀子, 園原 史訓, 浅野 智成, 多代 充, 加藤 吉康, 田中 晴祥, 田中 伸孟, 神田 光郎, 田中 千恵, 中山 吾郎, 藤原 道隆, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    膵臓33 巻 ( 3 ) 頁: 503 - 503   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  18. 【機能温存と機能再建をめざした消化器外科手術-術後QOL向上のために】 膵縮小手術としての膵頭十二指腸第II部切除術

    田中 伸孟, 山田 豪, 小寺 泰弘  

    臨床外科73 巻 ( 4 ) 頁: 470 - 475   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>【ポイント】◆膵頭部を主座とする良性から低悪性度病変に対して,機能温存を考慮した膵縮小手術としての膵頭十二指腸第II部切除術(PHRSD)は有用である.◆PHRSDでは胃十二指腸動脈と前下膵十二指腸動脈を温存し,十二指腸の血流を維持することが重要である.◆PHRSDの手術手技は,習熟すれば簡便であり,術後合併症も少ない.

    DOI: 10.11477/mf.1407212004

  19. 門脈大循環シャントを伴う肝性脳症に対し緊急シャント閉鎖術を行った脾破裂の一例

    山中 雅也, 杉本 博行, 岸田 貴喜, 笹原 正寛, 田中 伸孟, 間下 優子, 横山 裕之, 望月 能成, 谷口 健次  

    超音波医学45 巻 ( Suppl. ) 頁: S685 - S685   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本超音波医学会  

  20. 膵体尾部切除術後の門脈・脾静脈血栓症に対するリスク因子の臨床病理学的検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 高見 秀樹, 末永 雅也, 林 真路, 丹羽 由紀子, 神田 光郎, 岩田 直樹, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 杉本 博行, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 2052 - 2052   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  21. 膵体尾部切除術後の門脈・脾静脈血栓症に対するリスク因子の臨床病理学的検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 高見 秀樹, 末永 雅也, 林 真路, 丹羽 由紀子, 神田 光郎, 岩田 直樹, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 杉本 博行, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集118回 巻   頁: 2052 - 2052   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  22. 胃全摘術後に血球減少、筋力低下をきたした銅欠乏の1例

    笹原 正寛, 望月 能成, 山崎 豪孔, 成田 正雄, 小池 翠, 田中 健士郎, 岸田 貴喜, 山中 雅也, 田中 伸孟, 間下 優子, 横山 裕之, 谷口 健次  

    日本胃癌学会総会記事90回 巻   頁: 289 - 289   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  23. 胃全摘術後に血球減少、筋力低下をきたした銅欠乏の1例

    笹原 正寛, 望月 能成, 山崎 豪孔, 成田 正雄, 小池 翠, 田中 健士郎, 岸田 貴喜, 山中 雅也, 田中 伸孟, 間下 優子, 横山 裕之, 谷口 健次  

    日本胃癌学会総会記事90回 巻   頁: 289 - 289   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胃癌学会  

  24. 腹腔動脈狭窄症例に対する膵頭十二指腸切除術にハイブリッド手術室での術中血管造影が有用であった2例の経験

    森本 大士, 藤井 努, 山田 豪, 鈴木 耕次郎, 高見 秀樹, 多代 充, 田中 伸孟, 林 真路, 杉本 博行, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会雑誌50 巻 ( 12 ) 頁: 956 - 964   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例1は77歳の男性で,黄疸の精査にて遠位胆管癌と診断された.症例2は57歳の男性で,貧血の精査にて内視鏡的切除が困難な十二指腸腫瘍と診断された.2例とも腹部ダイナミックCTにて腹腔動脈(celiac artery;以下,CAと略記)起始部の狭窄が指摘された.血管造影検査でも特に吸気時でCA狭窄が強く認められ,肝動脈血流は,上腸間膜動脈からの膵頭部アーケードを経由して得られていた.いずれも正中弓状靱帯による圧迫が狭窄の原因と考えられ,手術では靱帯切離,狭窄解除を行った.術中大動脈造影にてCAの血流の正常化が確認できたため,血行再建を行わずに膵頭十二指腸切除を施行した.一般的には,正中弓状靱帯切離前後の血流評価は触診や超音波ドプラ法によって行われることが多い.今回,我々はハイブリッド手術室にて術中血管造影を行うことでCA血流の改善を従来の方法と比べて視覚的に評価することができた.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.2016.0192

    Scopus

  25. 膵癌との鑑別が困難であった慢性膵炎経過中に発生した腫瘤形成性自己免疫性膵炎の1例

    田中 伸孟, 藤井 努, 山田 豪, 高見 秀樹, 林 真路, 森本 大士, 多代 充, 杉本 博行, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会雑誌50 巻 ( 11 ) 頁: 888 - 896   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は67歳の男性で,2010年からアルコール性慢性膵炎にて入退院を繰り返していた.血清IgG4は正常であった.2015年に腹痛増悪の精査で膵体尾部に膵石と主膵管多発狭窄を認め,後腹膜から縦隔に及ぶ膵液瘻を認めた.膵管ステント留置にて膵液瘻は軽快したが,超音波内視鏡検査で膵尾部に腫瘤を認め,擦過細胞診で疑陽性であったことから慢性膵炎に発生した膵癌を疑い膵体尾部切除術を施行した.病理所見では膵実質組織にリンパ球,形質細胞の浸潤と線維化を認め,免疫染色検査ではIgG4陽性細胞を認めたため,自己免疫性膵炎と診断された.自己免疫性膵炎はしばしば膵癌との鑑別に苦慮する疾患であり,また炎症が慢性化することはよく知られているが,慢性膵炎の経過中に自己免疫性膵炎が発生することは非常にまれである.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.2016.0230

    Scopus

  26. 肝再生研究の進歩 肝切除後の肝再生に残肝静脈が与える影響についての検討

    田中 伸孟, 杉本 博行, 園原 史訓  

    肝臓58 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A524 - A524   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  27. 術中動脈塞栓術を施行した腹腔動脈起始部狭窄をともなう脾動脈起始部近傍動脈瘤・脾過誤腫の1例

    多代 充, 藤井 努, 山田 豪, 鈴木 耕次郎, 森本 大士, 田中 伸孟, 高見 秀樹, 林 真路, 杉本 博行, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会雑誌50 巻 ( 9 ) 頁: 728 - 735   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

    症例は35歳の男性で,検診異常で近医を受診し,精査の結果脾腫瘍および脾動脈瘤と診断された.脾動脈瘤をinterventional radiologyでコイル塞栓した後に腹腔鏡下脾臓摘出術を施行する方針としたが,血管造影で正中弓状靱帯圧迫による腹腔動脈の狭窄を認めコイル塞栓を行えなかった.開腹手術を施行し,正中弓状靱帯を切開し腹腔動脈起始部の狭窄を解除後,術中に脾動脈瘤をコイル塞栓し,また脾臓を摘出した.今回,ハイブリッド手術室で手術を施行したことで,術中に脾動脈瘤の塞栓を安全に施行することができた.また,脾臓摘出術を行った際に脾動脈塞栓術を併施したが,太く発達した背側膵動脈を温存できたことで膵体尾部の虚血を認めなかった.本症例は複雑な病態に対して安全に治療しえた症例であり,今後の臨床において非常に有意義と考える.(著者抄録)

    DOI: 10.5833/jjgs.2016.0208

    Scopus

  28. 肝細胞癌肝切除症例におけるalbumin-bilirubin(ALBI) gradeおよびJIS score変法の検討

    浅野 智成, 園原 史訓, 田中 伸孟, 杉本 博行, 高見 秀樹, 丹羽 由紀子, 林 真路, 山田 豪, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    肝臓58 巻 ( Suppl.2 ) 頁: A640 - A640   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本肝臓学会  

  29. 肝再生研究の進歩 肝切除後の肝再生に残肝静脈が与える影響についての検討

    田中 伸孟, 杉本 博行, 園原 史訓  

    日本消化器病学会雑誌114 巻 ( 臨増大会 ) 頁: A524 - A524   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

  30. 膵体尾部切除術後における門脈/脾静脈血栓症の臨床病理学的検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 藤田 努, 多代 充, 森本 大士, 高見 秀樹, 林 真路, 杉本 博行, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会72回 巻   頁: PK11 - 5   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  31. 膵頭十二指腸切除術における周術期栄養介入 忍容性と有効性の検討

    多代 充, 藤井 努, 山田 豪, 高見 秀樹, 林 真路, 森本 大士, 田中 伸孟, 杉本 博行, 小寺 泰弘  

    日本消化器外科学会総会72回 巻   頁: PK13 - 3   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本消化器外科学会  

  32. 膵癌との鑑別が困難であった慢性膵炎経過中に発生した腫瘤形成性自己免疫性膵炎の1例

    田中 伸孟, 藤井 努, 山田 豪, 高見 秀樹, 林 真路, 丹羽 由紀子, 岩田 直樹, 神田 光郎, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 杉本 博行, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本臨床外科学会雑誌78 巻 ( 7 ) 頁: 1668 - 1668   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本臨床外科学会  

  33. IPMNの手術適応と術式を再考する IPMNにおける至適リンパ節郭清範囲の検討 IPMNガイドライン2012リスク因子の解析より

    丹羽 由紀子, 山田 豪, 高見 秀樹, 林 真路, 森本 大士, 田中 伸孟, 多代 充, 高野 奈緒, 二宮 豪, 杉本 博行, 藤井 努, 小寺 泰弘  

    膵臓32 巻 ( 3 ) 頁: 392 - 392   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  34. 膵癌に対する術前治療が周術期管理に与える影響についての検討

    高見 秀樹, 山田 豪, 藤井 努, 多代 充, 田中 伸孟, 森本 大士, 丹羽 由紀子, 林 真路, 杉本 博行, 小寺 泰弘  

    膵臓32 巻 ( 3 ) 頁: 553 - 553   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本膵臓学会  

  35. 切除肝細胞癌におけるFrizzled2発現の臨床的意義に関する検討

    浅野 智成, 山田 豪, 高見 秀樹, 林 真路, 森本 大士, 田中 伸孟, 多代 充, 丹羽 由紀子, 神田 光郎, 岩田 直樹, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 杉本 博行, 小池 聖彦, 藤井 努, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: PS - 076   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  36. 膵癌細胞におけるPlasma activated Ringer's solutionの有効性に関する検討

    佐藤 雄介, 山田 豪, 田中 宏昌, 藤井 努, 高見 秀樹, 林 真路, 森本 大士, 田中 伸孟, 多代 充, 丹羽 由紀子, 神田 光郎, 岩田 直樹, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 杉本 博行, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 水野 正明, 堀 勝, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: PS - 161   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  37. 膵癌におけるLysyl Oxidase-like protein 2発現に関する臨床病理学的意義の検討

    田中 伸孟, 山田 豪, 藤井 努, 高見 秀樹, 林 真路, 森本 大士, 多代 充, 丹羽 由紀子, 神田 光郎, 岩田 直樹, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 杉本 博行, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: PS - 222   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  38. 栄養障害を有する症例に対する外科手術成績の向上にむけて 栄養障害を有する膵癌患者に対する外科手術成績の向上にむけて 膵癌における術前栄養指標の検討

    多代 充, 藤井 努, 山田 豪, 高見 秀樹, 林 真路, 森本 大士, 田中 伸孟, 丹羽 由紀子, 神田 光郎, 岩田 直樹, 田中 千恵, 小林 大介, 中山 吾郎, 杉本 博行, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: WS - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

  39. 安全性と残膵機能の両立を目指した膵消化管吻合 膵空腸吻合におけるBlumgart変法縫合(Nagoya method)の短期および長期成績

    藤井 努, 山田 豪, 杉本 博行, 高見 秀樹, 林 真路, 神田 光郎, 二宮 豪, 高野 奈緒, 森本 大士, 多代 充, 田中 伸孟, 岩田 直樹, 丹羽 由紀子, 小林 大介, 田中 千恵, 中山 吾郎, 粕谷 英樹, 小池 聖彦, 藤原 道隆, 小寺 泰弘  

    日本外科学会定期学術集会抄録集117回 巻   頁: SY - 4   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本外科学会  

▼全件表示

科研費 1

  1. 膵癌治療標的になり得るaxon guidance geneの機能解明への試み

    研究課題/研究課題番号:19K18080  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    田中 伸孟

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    膵癌は組織学的に豊富な間質(stroma)増生を伴うことが特徴であるが、この間質増生と膵癌の臨床的悪性度の関係は非常に複雑である。また、膵癌の局所進展様式として膵内・膵外の神経周囲浸潤が特徴的であるが、これを裏付けるように、近年のgenome-wideな遺伝子解析により、axon guidance gene (AGG)と呼ばれる神経軸索成長に関わる遺伝子群の変異・発現異常が膵癌に特徴的であることが判明してきた。膵癌の間質とAGGの詳細な関係を明らかにすることは膵癌に必要なコンパニオン診断や新たな治療ターゲットの創出という観点からも重要と考えられ、本研究を立案した。
    軸索誘導(axon guidance)は発生の段階で神経回路形成が適切に行われるための重要なプロセスである。軸索誘導に関わる遺伝子群は各種癌の発生・進展にも関わるとされ、さらに膵癌は神経周囲浸潤が特徴的であるため、軸索誘導関連遺伝子として代表的な遺伝子ファミリーについて公共データベースThe Cancer Genome Atlasの遺伝子情報を用いて解析を行った。軸索誘導に関連するSlit/Robo signaling pathwayに関連するROBOは膜貫通型受容体の一つであり、SLITはこのシグナル伝達機構におけるリガンドである。このROBOファミリーおよびSLITファミリーは軸索誘導に関連するだけでなく、細胞接着・細胞極性・細胞骨格等の現象にも関連するとされており、膵癌における発癌・進展に重要な役割を果たす可能性がある。SLIT/ROBOファミリーにはROBO1~4、SLIT1~3の分子が存在する。これらについてThe Cancer Genome AtlasのRNA-seqデータにおける膵癌腫瘍部・非腫瘍部の発現を解析するとROBO4の発現が腫瘍部で有意に低い結果であった。さらに腫瘍部でのROBO4低発現は予後不良な経過と関連していたため、膵におけるROBO4低下が発癌及び腫瘍学的悪性度の進展に重要であると確認した。術前治療(化学療法及び化学放射線療法)を施行していない膵癌症例168例について有望な分子について免疫組織学的染色を行い、再発・予後等を含めた臨床病理学的情報の結果を収集し、関連を解析中である。
    軸索誘導に関連する遺伝子の候補を抽出したが、該当遺伝子がコードするタンパク質の免疫染色に用いる抗体の準備・条件設定、および術前治療を施行していない膵癌症例について臨床情報・切除標本の状態確認を行った上でのFFPEの薄切等に時間を要したため、当初の計画よりもやや遅れが生じている。
    ①該当分子の免疫染色の結果をスコア化し、臨床病理学的所見や予後等の臨床情報との関連を調査する。
    ②有望な遺伝子については細胞株を用いた機能解析等を検討する。該当遺伝子の過剰発現および発現消失系を作成し、癌の増殖・浸潤・遊走能の変化等を検証する。また過剰発現や発現消失によって起こる細胞分子学的変化をRNA-seq等の網羅的解析技術をもちいて検証することを検討する。
    ③当科で保有する膵癌組織検体から抽出したRNAライブラリーを用い、定量PCRの手法を用いてmRNAレベルでの発現状況を調査する。
    ④得られた成果は論文作成・学会発表と通して社会に発信する。