2022/11/01 更新

写真a

コヤ ヨシヒロ
小屋 美博
KOYA Yoshihiro
所属
大学院医学系研究科 ベルリサーチセンター産婦人科産学協同研究講座 特任講師
職名
特任講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 東京医科歯科大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 腫瘍学

  2. 腫瘍免疫学

  3. 婦人科腫瘍学

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

  2. ライフサイエンス / 免疫学

  3. ライフサイエンス / ウイルス学

 

論文 48

  1. Microphthalmia-Associated Transcription Factor-Dependent Melanoma Cell Adhesion Molecule Activation Promotes Peritoneal Metastasis of Ovarian Cancer 国際誌

    Kitami Kazuhisa, Yoshihara Masato, Koya Yoshihiro, Sugiyama Mai, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Tano Sho, Fujimoto Hiroki, Nawa Akihiro, Kikkawa Fumitaka, Kajiyama Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   21 巻 ( 24 ) 頁: 1 - 15   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms21249776

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Folate-appended cyclodextrin carrier targets ovarian cancer cells expressing the proton-coupled folate transporter 査読有り 国際誌

    Saito Shinichi, Koya Yoshihiro, Kajiyama Hiroaki, Yamashita Mamoru, Kikkawa Fumitaka, Nawa Akihiro

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 5 ) 頁: 1794 - 1804   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14379

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Hematopoietic lineage cell-specific protein 1 (HS1), a hidden player in migration, invasion, and tumor formation, is over-expressed in ovarian carcinoma cells. 査読有り

    Koya Y, Liu W, Yamakita Y, Senga T, Shibata K, Yamashita M, Nawa A, Kikkawa F, Kajiyama H

    Oncotarget   9 巻 ( 66 ) 頁: 32609 - 32623   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncotarget  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25975

    Scopus

    PubMed

  4. Molecular hydrogen has a positive impact on pregnancy maintenance through enhancement of mitochondrial function and immunomodulatory effects on T cells

    Aoki Chieko, Imai Kenji, Mizutani Teruyuki, Sugiyama Daisuke, Miki Rika, Koya Yoshihiro, Kobayashi Tomoko, Ushida Takafumi, Iitani Yukako, Nakamura Noriyuki, Owaki Taro, Nishikawa Hiroyoshi, Toyokuni Shinya, Kajiyama Hiroaki, Kotani Tomomi

    LIFE SCIENCES   308 巻   頁: 120955   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Life Sciences  

    Aims: Molecular hydrogen (H2) has attracted growing interest because of its implications in various diseases. However, the molecular mechanisms underlying the remarkable effect of a small amount of H2 remain elusive. No knowledge has been available on the role of H2 in the etiology of pregnancy disorders or its direct influence on human immune cells. Since maternal immunity, T cells in particular, plays a critical role in pregnancy maintenance. We investigated the effects of H2 on T cells and its relation to preterm birth (PTB). Main methods: Exhaled H2 concentrations in pregnant women were measured and correlated with cytokine concentrations in maternal and umbilical cord blood. H2 was added to T cells collected from healthy donors, and differentiation and proliferation were examined. Energy metabolism was also examined. H2 was administered to mice and cytokine expression was compared. Key findings: Our prospective observational study revealed that maternal production of H2 is significantly lower in pregnant women with PTB, suggesting its potential as a biomarker for predicting PTB. We found that H2 has clear associations with several maternal cytokines, and acts as an immunomodulator by exerting mitochondrial function in human T cells. Moreover, in vivo administration of H2 to pregnant mice regulated inflammatory responses and reduced PTB caused by T cell activation, which further supports the notion that H2 may contribute to prolonged gestation through its immunomodulatory effect. Significance: Measuring maternal H2-production could be a potential clinical tool in the management of PTB, and H2 may have positive impact on pregnancy maintenance.

    DOI: 10.1016/j.lfs.2022.120955

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Regulation of Mesothelial Cell Fate during Development and Human Diseases

    Taniguchi Toshiaki, Tomita Hiroyuki, Kanayama Tomohiro, Mogi Kazumasa, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Yoshihara Masato, Kajiyama Hiroaki, Hara Akira

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   23 巻 ( 19 )   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    Mesothelial cells (MCs) play a classic role in maintaining homeostasis in pleural, peritoneal, and pericardial cavities. MCs work as lubricants to reduce friction between organs, as regulators of fluid transport, and as regulators of defense mechanisms in inflammation. MCs can differentiate into various cells, exhibiting epithelial and mesenchymal characteristics. MCs have a high potential for differentiation during the embryonic period when tissue development is active, and this potential decreases through adulthood. The expression of the Wilms’ tumor suppressor gene (Wt1), one of the MC markers, decreased uniformly and significantly from the embryonic period to adulthood, suggesting that it plays a major role in the differentiation potential of MCs. Wt1 deletion from the embryonic period results in embryonic lethality in mice, and even Wt1 knockout in adulthood leads to death with rapid organ atrophy. These findings suggest that MCs expressing Wt1 have high differentiation potential and contribute to the formation and maintenance of various tissues from the embryonic period to adulthood. Because of these properties, MCs dynamically transform their characteristics in the tumor microenvironment as cancer-associated MCs. This review focuses on the relationship between the differentiation potential of MCs and Wt1, including recent reports using lineage tracing using the Cre-loxP system.

    DOI: 10.3390/ijms231911960

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Peritoneal restoration by repurposing vitamin D inhibits ovarian cancer dissemination via blockade of the TGF-beta 1/thrombospondin-1 axis 国際誌

    Kitami Kazuhisa, Yoshihara Masato, Tamauchi Satoshi, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Fujimoto Hiroki, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Ikeda Yoshiki, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nishino Kimihiro, Niimi Kaoru, Nawa Akihiro, Enomoto Atsushi, Kajiyama Hiroaki

    MATRIX BIOLOGY   109 巻   頁: 70 - 90   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Matrix Biology  

    Ovarian cancer (OvCa), a lethal gynecological malignancy, disseminates to the peritoneum. Mesothelial cells (MCs) act as barriers in the abdominal cavity, preventing the adhesion of cancer cells. However, in patients with OvCa, they are transformed into cancer-associated mesothelial cells (CAMs) via mesenchymal transition and form a favorable microenvironment for tumors to promote metastasis. However, attempts for restoring CAMs to their original state have been limited. Here, we investigated whether inhibition of mesenchymal transition and restoration of MCs by vitamin D suppressed the OvCa dissemination in vitro and in vivo. The effect of vitamin D on the mutual association of MCs and OvCa cells was evaluated using in vitro coculture models and in vivo using a xenograft model. Vitamin D restored the CAMs, and thrombospondin-1 (component of the extracellular matrix that is clinically associated with poor prognosis and is highly expressed in peritoneally metastasized OvCa) was found to promote OvCa cell adhesion and proliferation. Mechanistically, TGF-β1 secreted from OvCa cells enhanced thrombospondin-1 expression in CAMs via Smad-dependent TGF-β signaling. Vitamin D inhibited mesenchymal transition in MCs and suppressed thrombospondin-1 expression via vitamin D receptor/Smad3 competition, contributing to the marked reduction in peritoneal dissemination in vivo. Importantly, vitamin D restored CAMs from a stabilized mesenchymal state to the epithelial state and normalized thrombospondin-1 expression in preclinical models that mimic cancerous peritonitis in vivo. MCs are key players in OvCa dissemination and peritoneal restoration and normalization of thrombospondin-1 expression by vitamin D may be a novel strategy for preventing OvCa dissemination.

    DOI: 10.1016/j.matbio.2022.03.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Metastatic Voyage of Ovarian Cancer Cells in Ascites with the Assistance of Various Cellular Components 国際誌

    Uno Kaname, Iyoshi Shohei, Yoshihara Masato, Kitami Kazuhisa, Mogi Kazumasa, Fujimoto Hiroki, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Nawa Akihiro, Kanayama Tomohiro, Tomita Hiroyuki, Enomoto Atsushi, Kajiyama Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   23 巻 ( 8 )   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    Epithelial ovarian cancer (EOC) is the most lethal gynecologic malignancy and has a unique metastatic route using ascites, known as the transcoelomic root. However, studies on ascites and contained cellular components have not yet been sufficiently clarified. In this review, we focus on the significance of accumulating ascites, contained EOC cells in the form of spheroids, and interaction with non-malignant host cells. To become resistant against anoikis, EOC cells form spheroids in ascites, where epithelial-to-mesenchymal transition stimulated by transforming growth factor-β can be a key pathway. As spheroids form, EOC cells are also gaining the ability to attach and invade the peritoneum to induce intraperitoneal metastasis, as well as resistance to conventional chemotherapy. Recently, accumulating evidence suggests that EOC spheroids in ascites are composed of not only cancer cells, but also non-malignant cells existing with higher abundance than EOC cells in ascites, including macrophages, mesothelial cells, and lymphocytes. Moreover, hetero-cellular spheroids are demonstrated to form more aggregated spheroids and have higher adhesion ability for the mesothelial layer. To improve the poor prognosis, we need to elucidate the mechanisms of spheroid formation and interactions with non-malignant cells in ascites that are a unique tumor microenvironment for EOC.

    DOI: 10.3390/ijms23084383

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Significance of platinum distribution to predict platinum resistance in ovarian cancer after platinum treatment in neoadjuvant chemotherapy 国際誌

    Uno Kaname, Yoshikawa Nobuhisa, Tazaki Akira, Ohnuma Shoko, Kitami Kazuhisa, Iyoshi Shohei, Mogi Kazumasa, Yoshihara Masato, Koya Yoshihiro, Sugiyama Mai, Tamauchi Satoshi, Ikeda Yoshiki, Yokoi Akira, Kikkawa Fumitaka, Kato Masashi, Kajiyama Hiroaki

    SCIENTIFIC REPORTS   12 巻 ( 1 ) 頁: 4513 - 4513   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Most patients with ovarian cancer experience recurrence and develop resistance to platinum-based agents. The diagnosis of platinum resistance based on the platinum-free interval is not always accurate and timely in clinical settings. Herein, we used laser ablation inductively coupled plasma mass spectrometry to visualize the platinum distribution in the ovarian cancer tissues at the time of interval debulking surgery after neoadjuvant chemotherapy in 27patients with advanced high-grade serous ovarian cancer. Two distinct patterns of platinum distribution were observed. Type A (n = 16): platinum accumulation at the adjacent stroma but little in the tumor; type B (n = 11): even distribution of platinum throughout the tumor and adjacent stroma. The type A patients treated post-surgery with platinum-based adjuvant chemotherapy showed significantly shorter periods of recurrence after the last platinum-based chemotherapy session (p = 0.020) and were diagnosed with “platinum-resistant recurrence”. Moreover, type A was significantly correlated with worse prognosis (p = 0.031). Post-surgery treatment with non-platinum-based chemotherapy could be effective for the patients classified as type A. Our findings indicate that the platinum resistance can be predicted prior to recurrence, based on the platinum distribution; this could contribute to the selection of more appropriate adjuvant chemotherapy, which may lead to improves prognoses.

    DOI: 10.1038/s41598-022-08503-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Adipose-mesothelial crosstalk regulates peritoneal tumor microenvironment and accelerates metastasis of ovarian cancer

    Mogi Kazumasa, Yoshihara Masato, Uno Kaname, Iyoshi Shohei, Kitami Kazuhisa, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 735 - 735   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  10. NGFR contributes the malignancy of ovarian carcinoma cells

    Koya Yoshihiro, Sugiyama Mai, Yoshihara Masato, Kitami Kazuhisa, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Iyoshi Shohei, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 1033 - 1033   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  11. Vitamin D inhibits mesothelial-mesenchymal-transition accelerating peritoneal dissemination in ovarian cancer via THBS1

    Kitami Kazuhisa, Yoshihara Masato, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nishino Kimihiro, Niimi Kaoru, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 729 - 729   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  12. Notch-dependent intra-tumoral heterogeneity mediates cell-fate dynamics and development of peritoneal dissemination

    Yoshihara Masato, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Iyoshi Shohei, Kitami Kazuhisa, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 1405 - 1405   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  13. Notch signaling contributes to drug resistance acquisition through metabolic alteration in advanced ovarian cancer

    Sugiyama Mai, Yoshihara Masato, Koya Yoshihiro, Kitami Kazuhisa, Uno Kaname, Iyoshi Shohei, Mogi Kazumasa, Yokoi Akira, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   113 巻   頁: 1280 - 1280   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  14. Pro-tumoral behavior of omental adipocyte-derived fibroblasts in tumor microenvironment at the metastatic site of ovarian cancer 査読有り 国際誌

    Iyoshi Shohei, Yoshihara Masato, Nakamura Kae, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Kitami Kazuhisa, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Tano Sho, Tomita Hiroyuki, Kajiwara Keiji, Taki Masayasu, Yamaguchi Shigehiro, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   149 巻 ( 11 ) 頁: 1961 - 1972   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Cancer  

    Adipocyte-rich omentum offers “good soil” for disseminating ovarian cancer (OvCa), contributing to therapeutic difficulty. However, little is understood about the association between adipocytes and tumor growth at peritoneal dissemination site. Herein, we report the induction of adipocyte dedifferentiation by OvCa cells and pro-tumorigenic effects of resulted adipocyte-derived fibroblasts. We confirmed that malignant ascites promoted the dedifferentiation of the primary human adipocytes obtained from surgical omental specimen into omental adipocyte-derived fibroblast (O-ADF) that possess both mesenchymal stem cell and myofibroblast-like features. This promotion of dedifferentiation by malignant ascites was blocked by addition of Wnt signaling inhibitor. The effects of dedifferentiated adipocytes in proliferation and migration of OvCa cells were analyzed with in vitro coculturing experimental models and in vivo mice model, and we demonstrated that OvCa cell lines showed enhanced proliferative characteristics, as well as increased migratory abilities upon coculturing with O-ADF. Additionally, exogenous transforming growth factor-β1 augmented desmoplastic morphological change of O-ADF, leading to higher proliferative ability. Our results suggest that OvCa cells promote dedifferentiation of peritoneal adipocytes by activating Wnt/β-catenin signaling, and generated O-ADFs exhibit pro-tumoral hallmarks.

    DOI: 10.1002/ijc.33770

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. ビタミンDによる卵巣癌腹膜播種を亢進する腹膜中皮細胞のEMTを標的とした治療

    北見 和久, 吉原 雅人, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 山北 由彦, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 茂木 一将, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 西野 公博, 新美 薫, 那波 明宏, 梶山 広明

    日本癌学会総会記事   80回 巻   頁: [E14 - 4]   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  16. 卵巣癌腹膜播種においてNotchシグナルは代謝変容を通して薬剤抵抗性獲得に寄与する

    杉山 麻衣, 吉原 雅人, 小屋 美博, 北見 和久, 宇野 枢, 伊吉 祥平, 茂木 一将, 横井 暁, 那波 明宏, 梶山 広明

    日本癌学会総会記事   80回 巻   頁: [J5 - 4]   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  17. 脂肪-中皮細胞により制御される卵巣がん微小環境と腹膜播種

    茂木 一将, 吉原 雅人, 宇野 枢, 伊吉 祥平, 北見 和久, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 那波 明宏, 梶山 広明

    日本癌学会総会記事   80回 巻   頁: [E10 - 4]   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  18. Primate-specific POTE-actin gene could play a role in human folliculogenesis by controlling the proliferation of granulosa cells 査読有り 国際誌

    Kasahara Yukiyo, Osuka Satoko, Takasaki Nobuyoshi, Bayasula, Koya Yoshihiro, Nakanishi Natsuki, Murase Tomohiko, Nakamura Tomoko, Goto Maki, Iwase Akira, Kajiyama Hiroaki

    CELL DEATH DISCOVERY   7 巻 ( 1 ) 頁: 186   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell Death Discovery  

    Patients with primary ovarian insufficiency (POI) often have a high prevalence of autoimmune disorders. To identify antigenic molecules associated with ovarian autoimmunity, we performed immunoprecipitation (IP) screening using serum from patients with POI and the established human granulosa cell line (HGrC1). POTE ankyrin domain family member E (POTEE) and POTE ankyrin domain family member F (POTEF), proteins specific to primates, were identified as candidate antigens. Using immunohistochemistry (IHC) with human ovarian tissue, POTEE or POTEF was weakly seen in the granulosa cells (GCs) of primordial follicles and primary follicles, and strongly in large antral follicles and luteal cells. Interestingly, no signals were detected in growing GCs in secondary, preantral, and small antral follicles. Thus, to explore the function of POTEE and POTEF in human folliculogenesis, we established HGrC1 cell lines with drug-inducible expression of POTEF. Expression of POTEF significantly suppressed cell proliferation in HGrC1 cells. Furthermore, chaperonin containing TCP-1 complex (CCT) components, which affect folding proteins required for cell proliferation, was bound to the actin domain of POTEF protein. Although CCT is normally localized only around the Golgi apparatus, TCP-1α, a component of CCT, co-migrated closer to the cell membrane when POTEF expression was induced. These data suggest that the interaction between POTEF and CCT components impairs the usual function of CCT during cell growth. In addition, over-accumulation of POTEF in HGrC1 cells leads to autophagic failure. It was recently reported that knockout of an autophagic gene in mice leads to a phenotype similar to human POI. These results suggested that a proper amount of POTEF is required for the maintenance of GCs in follicle pools, whereas POTEF overaccumulation might be involved in follicle atresia and the development of POI. We also showed the possibility that POTEF could be an antigen involved in ovarian autoimmunity.

    DOI: 10.1038/s41420-021-00566-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. 活性型ビタミンDによる中皮間葉系移行の抑制 卵巣癌の腹膜播種を加速させる(Active Vitamin D Inhibits Mesothelial-mesenchymal-transition: Accelerating Peritoneal Dissemination in Ovarian Cancer)

    北見 和久, 吉原 雅人, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 茂木 一将, 玉内 学志, 池田 芳紀, 横井 暁, 芳川 修久, 西野 公博, 新美 薫, 那波 明宏, 梶山 広明

    日本婦人科腫瘍学会学術講演会プログラム・抄録集   63回 巻   頁: 231 - 231   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

  20. Ovarian Cancer-Associated Mesothelial Cells: Transdifferentiation to Minions of Cancer and Orchestrate Developing Peritoneal Dissemination

    Mogi Kazumasa, Yoshihara Masato, Iyoshi Shohei, Kitami Kazuhisa, Uno Kaname, Tano Sho, Koya Yoshihiro, Sugiyama Mai, Yamakita Yoshihiko, Nawa Akihiro, Tomita Hiroyuki, Kajiyama Hiroaki

    CANCERS   13 巻 ( 6 ) 頁: 1 - 13   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers13061352

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. 卵巣癌腹膜播種においてNotchシグナルは腫瘍内不均一性の形成と細胞増殖亢進に寄与する

    杉山 麻衣, 吉原 雅人, 小屋 美博, 北見 和久, 横井 暁, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 山下 守, 吉川 史隆, 那波 明宏, 梶山 広明

    日本産科婦人科学会雑誌   73 巻 ( 臨増 ) 頁: S - 485   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

  22. Active vitamin D inhibits mesothelial-mesenchymal-transition accelerating peritoneal dissemination in ovarian cancer

    Kitami Kazuhisa, Yoshihara Masato, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 351 - 351   2021年2月

     詳細を見る

  23. Visualization of platinum resistance through mapping trace elements

    Uno Kaname, Yoshikawa Nobuhisa, Yoshihara Masato, Tazaki Kei, Kato Masashi, Kitami Kazuhisa, Iyoshi Shohei, Tamauchi Satoshi, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 906 - 906   2021年2月

     詳細を見る

  24. Intra-tumoral polarity induced by Notch signaling can be a novel therapeutic target for advanced ovarian cancer

    Yoshihara Masato, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Iyoshi Shohei, Kitami Kazuhisa, Uno Kaname, Mogi Kazumasa, Tano Sho, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 363 - 363   2021年2月

     詳細を見る

  25. How do peritoneal mesothelial cells on adipose tissue attract ovarian cancer cells?

    Mogi Kazumasa, Yoshihara Masato, Kitami Kazuhisa, Iyoshi Shohei, Uno Kaname, Tano Sho, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Tamauchi Satoshi, Yokoi Akira, Yoshikawa Nobuhisa, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 341 - 341   2021年2月

     詳細を見る

  26. Anti-tumor effect of 9-oxo-10,12-ODA on human cervical cancer cells

    Koya Yoshihiro, Sugiyama Mai, Yoshihara Masato, Shibata Kiyosumi, Nawa Akihiro, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 826 - 826   2021年2月

     詳細を見る

  27. Macrophage-derived extracellular vesicles regulate concanavalin A-induced hepatitis by suppressing macrophage cytokine production 査読有り 国際誌

    Kawata Reo, Oda Shingo, Koya Yoshihiro, Kajiyama Hiroaki, Yokoi Tsuyoshi

    TOXICOLOGY   443 巻   頁: 152544 - 152544   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Toxicology  

    DOI: 10.1016/j.tox.2020.152544

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. 卵巣癌の腹膜播種における腹膜中皮と脂肪組織の影響

    茂木 一将, 吉原 雅人, 北見 和久, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 田野 翔, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 那波 明宏, 梶山 広明

    日本癌学会総会記事   79回 巻   頁: OE10 - 2   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  29. 進行卵巣癌におけるNotchシグナルを介した腫瘍内細胞極性の解明と標的化

    吉原 雅人, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 伊吉 祥平, 北見 和久, 宇野 枢, 茂木 一将, 田野 翔, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 那波 明宏, 梶山 広明

    日本癌学会総会記事   79回 巻   頁: OE11 - 2   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  30. 活性型ビタミンDは腹膜の中皮間葉転換を阻害し、卵巣癌腹膜播種を抑制する

    北見 和久, 吉原 雅人, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 茂木 一将, 玉内 学志, 横井 暁, 芳川 修久, 那波 明宏, 梶山 広明

    日本癌学会総会記事   79回 巻   頁: OE10 - 1   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:(一社)日本癌学会  

  31. Filopodia play an important role in the trans-mesothelial migration of ovarian cancer cells 査読有り 国際誌

    Yoshihara Masato, Yamakita Yoshihiko, Kajiyama Hiroaki, Senga Takeshi, Koya Yoshihiro, Yamashita Mamoru, Nawa Akihiro, Kikkawa Fumitaka

    EXPERIMENTAL CELL RESEARCH   392 巻 ( 2 ) 頁: 112011 - 112011   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Experimental Cell Research  

    DOI: 10.1016/j.yexcr.2020.112011

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Exploration of small RNA biomarkers for testicular injury in the serum exosomes of rats 査読有り 国際誌

    Kawata Reo, Kagawa Takumi, Koya Yoshihiro, Kajiyama Hiroaki, Oda Shingo, Yokoi Tsuyoshi

    TOXICOLOGY   440 巻   頁: 152490 - 152490   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Toxicology  

    DOI: 10.1016/j.tox.2020.152490

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  33. Ovarian cancer-associated mesothelial cells induce acquired platinum-resistance in peritoneal metastasis via the FN1/Akt signaling pathway

    Yoshihara Masato, Kajiyama Hiroaki, Yokoi Akira, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Liu Wenting, Nakamura Kae, Moriyama Yoshinori, Yasui Hiroaki, Suzuki Shiro, Yamamoto Yusuke, Ricciardelli Carmela, Nawa Akihiro, Shibata Kiyosumi, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   146 巻 ( 8 ) 頁: 2268-2280   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.32854

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  34. Interleukin-33 expression in ovarian cancer and its possible suppression of peritoneal carcinomatosis 査読有り

    Sekiya Atsushi, Suzuki Shiro, Tanaka Ayako, Hattori Satomi, Shimizu Yusuke, Yoshikawa Nobuhisa, Koya Yoshihiro, Kajiyama Hiroaki, Kikkawa Fumitaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   55 巻 ( 3 ) 頁: 755 - 765   2019年9月

  35. MITF contributes to cell migration/invasion in ovarian carcinoma cells

    Koya Yoshihiro, Ryu Buntei, Sugiyama Mai, Yoshihara Masato, Senga Takeshi, Nawa Akihiro, Kikkawa Fumitaka, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 503-503   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  36. Notch signaling enhances the mutual association with epithelial ovarian cancer and mesothelial cells

    Sugiyama Mai, Yoshihara Masato, Koya Yoshihiro, Yokoi Akira, Ryu Buntei, Kikkawa Fumitaka, Kajiyama Hiroaki

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 864-864   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  37. Cancer-associated mesothelial cells as a potential therapeutic target in epithelial ovarian cancer 査読有り

    Masato Yoshihara, Hiroaki Kajiyama, Mai Sugiyama, Yoshihiro Koya, Buntei Ryu, Akira Yokoi, Yusuke Yamamoto, Fumitaka Kikkawa

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 247 - 247   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  38. Mesothelial cells create invasion frontier in peritoneal metastasis of epithelial ovarian cancer

    Iyoshi Shohei, Kajiyama Hiroaki, Yoshihara Masato, Yamakita Yoshihiko, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Ryu Buntei, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 282 - 282   2018年12月

     詳細を見る

  39. Cancer-associated mesothelial cells as a potential therapeutic target in epithelial ovarian cancer

    Yoshihara Masato, Kajiyama Hiroaki, Sugiyama Mai, Koya Yoshihiro, Ryu Buntei, Yokoi Akira, Yamamoto Yusuke, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 247 - 247   2018年12月

     詳細を見る

  40. CANCER-ASSOCIATED MESOTHELIAL CELLS IN PERITONEAL METASTASIS OF EPITHELIAL OVARIAN CANCER AS A NOVEL THERAPEUTIC TARGET: 3D CO-CULTURE MODELS AND MULTI-OMICS ANALYSIS

    Masato Y., Kajiyama H., Yoshihiko Y., Mai S., Koya Y., Ryu B., Akira Y., Shiro S., Kikkawa F.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER   28 巻   頁: 187 - 188   2018年9月

     詳細を見る

  41. Hematopoietic lineage cell-specific protein 1 immunoreactivity indicates an increased risk of poor overall survival in patients with ovarian carcinoma 査読有り 国際誌

    Liu Wenting, Kajiyama Hiroaki, Shibata Kiyosumi, Koya Yoshihiro, Senga Takeshi, Kikkawa Fumitaka

    ONCOLOGY LETTERS   15 巻 ( 6 ) 頁: 9406 - 9412   2018年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncology Letters  

    DOI: 10.3892/ol.2018.8493

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  42. Notch signaling enhances the mutual association with epithelial ovarian cancer and mesothelial cells

    Sugiyama Mai, Kajiyama Hiroaki, Yoshihara Masato, Yasui Hiroaki, Ryu Buntei, Koya Yoshihiro, Ymakita Yoshihiko, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1043-1043   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  43. Carcinoma-associated mesothelial cells promote dissemination and platinum resistance in epithelial ovarian cancer. 査読有り

    Masato Yoshihara, Hiroaki Kajiyama, Mai Sugiyama, Hiroaki Yasui, Yoshihiro Koya, Yoshihiko Yamakita, Buntei Ryu, Akira Yokoi, Yusuke Yamamoto, Fumitaka Kikkawa

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 118 - 118   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  44. HS1 immunoreactivity indicates increased risk of poor overall survival in ovarian carcinoma

    Liu Wenting, Kajiyama Hiroaki, Shibata Kiyosumi, Koya Yoshihiro, Senga Takeshi, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 307 - 307   2018年1月

     詳細を見る

  45. HS1 immunoreactivity indicates increased risk of poor overall survival in ovarian carcinoma 査読有り

    Wenting Liu, Hiroaki Kajiyama, Kiyosumi Shibata, Yoshihiro Koya, Takeshi Senga, Fumitaka Kikkawa

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 307 - 307   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  46. HS1 contributes cell migration/invasion and tumor formation in ovarian carcinoma

    Koya Yoshihiro, Liu Wenting, Yamakita Yoshihiko, Kajiyama Hiroaki, Senga Takeshi, Shibata Kiyosumi, Nawa Akihiro, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 308 - 308   2018年1月

     詳細を見る

  47. HS1 contributes cell migration/invasion and tumor formation in ovarian carcinoma 査読有り

    Yoshihiro Koya, Wenting Liu, Yoshihiko Yamakita, Hiroaki Kajiyama, Takeshi Senga, Kiyosumi Shibata, Akihiro Nawa, Fumitaka Kikkawa

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 308 - 308   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  48. Carcinoma-associated mesothelial cells promote dissemination and platinum resistance in epithelial ovarian cancer.

    Yoshihara Masato, Kajiyama Hiroaki, Sugiyama Mai, Yasui Hiroaki, Koya Yoshihiro, Yamakita Yoshihiko, Ryu Buntei, Yokoi Akira, Yamamoto Yusuke, Kikkawa Fumitaka

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 118 - 118   2018年1月

     詳細を見る

▼全件表示

MISC 8

  1. 9-oxo-10,12-ODAのヒト子宮頸癌細胞に対する抗腫瘍効果の解析

    小屋 美博, 梶山 広明, 吉原 雅人, 杉山 麻衣, 三木 梨可, 友田 豊, 山下 守, 柴田 清住, 那波 明宏, 吉川 史隆  

    日本産科婦人科学会雑誌72 巻 ( 臨増 ) 頁: S - 299   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

  2. 9-oxo-10,12-ODAのヒト子宮頸癌細胞に対する抗腫瘍効果の解析(Anti-tumor effect of 9-oxo-10,12-ODA on human cervical cancer cells)

    小屋 美博, 杉山 麻衣, 吉原 雅人, 柴田 清住, 千賀 威, 那波 明宏, 吉川 史隆, 梶山 広明  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: P - 1147   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  3. 上皮性卵巣癌におけるMITFの機能的役割(Function analysis of MITF in epithelial ovarian cancer)

    北見 和久, 小屋 美博, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 吉原 雅人, 那波 明宏, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: P - 1061   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  4. がん研究における女性研究者(第6回) 腹膜中皮細胞はNotchシグナルを介して卵巣がん細胞の増殖を亢進する(Women scientists in cancer research Mesothelial cells promote ovarian cancer proliferation through Notch signaling pathway)

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 那波 明宏, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事78回 巻   頁: SS - 1   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本癌学会  

  5. MITFは卵巣癌細胞において浸潤に寄与している(MITF contributes to cell migration/invasion in ovarian carcinoma cells)

    小屋 美博, 劉 文亭, 杉山 麻衣, 吉原 雅人, 千賀 威, 那波 明宏, 吉川 史隆, 梶山 広明  

    日本癌学会総会記事77回 巻   頁: 750 - 750   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  6. 上皮性卵巣癌における治療標的としての癌関連腹膜中皮細胞(Cancer-associated mesothelial cells as a potential therapeutic target in epithelial ovarian cancer)

    吉原 雅人, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 劉 文亭, 横井 暁, 山本 雄介, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事77回 巻   頁: 271 - 271   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本癌学会  

  7. Notch経路を介したS1PレセプターのスイッチがEVTの浸潤を制御する

    三木 梨可, 小谷 友美, 澤田 雅子, 小屋 美博, 山下 守, 伊藤 由美子, 牛田 貴文, 今井 健史, 中野 知子, 炭竈 誠二, 吉川 史隆, 那波 明宏  

    日本産科婦人科学会雑誌70 巻 ( 2 ) 頁: 881 - 881   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

  8. HS1卵巣がんにおける生存不良のリスクが高いことを示す

    劉 文亭, 梶山 広明, 柴田 清住, 小屋 美博, 千賀 威, 吉川 史隆  

    日本癌学会総会記事76回 巻   頁: P - 1278   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等 42

  1. 9-oxo-10,12-ODAのヒト子宮頸癌細胞に対する抗腫瘍効果の解析

    小屋 美博, 梶山 広明, 吉原 雅人, 杉山 麻衣, 三木 梨可, 友田 豊, 山下 守, 柴田 清住, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  2. 隣接細胞間コミュニケーションによる卵巣癌腹膜播種微小環境の形成

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 山下 守, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  3. 接着関連因子TJP1はEVTの浸潤を抑制する

    三木 梨可, 小谷 友美, 澤田 雅子, 小屋 美博, 山下 守, 森山 佳則, 牛田 貴文, 今井 健史, 小林 知子, 炭竈 誠二, 吉川 史隆, 那波 明宏

    日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  4. 9-oxo-10,12-ODAのヒト子宮頸癌細胞に対する抗腫瘍効果の解析(Anti-tumor effect of 9-oxo-10,12-ODA on human cervical cancer cells)

    小屋 美博, 杉山 麻衣, 吉原 雅人, 柴田 清住, 千賀 威, 那波 明宏, 吉川 史隆, 梶山 広明

    日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語  

  5. 婦人科がんの発生・病態・治療に関する最新の知見 癌関連中皮細胞の卵巣癌腹膜播種進展における役割(Recent advances in generation, biology, and treatment of gynecologic cancer Carcinoma-associated mesothelial cells as a novel therapeutic target in epithelial ovarian cancer)

    吉原 雅人, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 横井 暁, 伊吉 祥平, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語  

  6. 大網脂肪細胞由来線維芽細胞の卵巣癌腹膜播種微小環境における役割(The roles of omental adipocyte-derived fibroblast in tumor microenvironment at metastatic sites of ovarian cancer)

    伊吉 祥平, 梶山 広明, 吉原 雅人, 中村 香江, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 宇野 枢, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語  

  7. 卵巣癌においてCSPG4は細胞浸潤に大きく寄与している(CSPG4 highly contributes to cell invasion in ovarian carcinoma cells)

    宇野 枢, 小屋 美博, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 伊吉 祥平, 北見 和久, 吉原 雅人, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語  

  8. 上皮性卵巣癌におけるMITFの機能的役割(Function analysis of MITF in epithelial ovarian cancer)

    北見 和久, 小屋 美博, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 伊吉 祥平, 宇野 枢, 吉原 雅人, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語  

  9. がん研究における女性研究者(第6回) 腹膜中皮細胞はNotchシグナルを介して卵巣がん細胞の増殖を亢進する(Women scientists in cancer research Mesothelial cells promote ovarian cancer proliferation through Notch signaling pathway)

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語  

  10. 卵巣がん腹膜播種形成時における腹膜の変化と役割

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 山下 守, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

  11. 転写因子E2F8のEVTにおける役割

    三木 梨可, 小谷 友美, 澤田 雅子, 小屋 美博, 山下 守, 森山 佳則, 牛田 貴文, 今井 健史, 中野 知子, 炭竈 誠二, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

  12. 葉酸修飾シクロデキストリンによるFOLR1陽性卵巣癌細胞の標的化

    斉藤 伸一, 小屋 美博, 梶山 広明, 山下 守, 吉川 史隆, 那波 明宏

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

  13. 卵巣癌においてMITFはCD146を介して細胞浸潤に寄与している

    小屋 美博, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 吉原 雅人, 山下 守, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

  14. MITFは卵巣癌細胞において浸潤に寄与している(MITF contributes to cell migration/invasion in ovarian carcinoma cells)

    小屋 美博, 劉 文亭, 杉山 麻衣, 吉原 雅人, 千賀 威, 那波 明宏, 吉川 史隆, 梶山 広明

    日本癌学会総会記事  2018年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語  

  15. 卵巣癌腹膜播種における腹膜中皮細胞による浸潤フロンティアの形成(Mesothelial cells create invasion frontier in peritoneal metastasis of epithelial ovarian cancer)

    伊吉 祥平, 梶山 広明, 吉原 雅人, 山北 由彦, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 劉 文亭, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2018年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語  

  16. 上皮性卵巣癌における治療標的としての癌関連腹膜中皮細胞(Cancer-associated mesothelial cells as a potential therapeutic target in epithelial ovarian cancer)

    吉原 雅人, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 小屋 美博, 劉 文亭, 横井 暁, 山本 雄介, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2018年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語  

  17. Notch経路を介したS1PレセプターのスイッチがEVTの浸潤を制御する

    三木 梨可, 小谷 友美, 澤田 雅子, 小屋 美博, 山下 守, 伊藤 由美子, 牛田 貴文, 今井 健史, 中野 知子, 炭竈 誠二, 吉川 史隆, 那波 明宏

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  18. 表層上皮性卵巣癌におけるNotchシグナルを介した腹膜中皮細胞の役割

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 小屋 美博, 横井 暁, 山下 守, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  19. 卵巣癌においてCSPG4は細胞浸潤に大きく寄与している

    小屋 美博, 吉原 雅人, 梶山 広明, 山下 守, 吉川 史隆, 那波 明宏

    日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語  

  20. HS1卵巣がんにおける生存不良のリスクが高いことを示す

    劉 文亭, 梶山 広明, 柴田 清住, 小屋 美博, 千賀 威, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2017年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語  

  21. 表層上皮性卵巣癌における癌関連中皮細胞と腫瘍進展およびプラチナ耐性獲得機構

    吉原 雅人, 梶山 広明, 杉山 麻衣, 安井 啓晃, 小屋 美博, 山北 由彦, 劉 文亭, 横井 暁, 山本 雄介, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2017年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語  

  22. 表層上皮性卵巣癌におけるNocthシグナルが及ぼす腹膜中皮細胞との微小環境形成への影響

    杉山 麻衣, 梶山 広明, 吉原 雅人, 安井 啓晃, 劉 文亭, 小屋 美博, 山北 由彦, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2017年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語  

  23. 卵巣癌細胞におけるHS1の浸潤および腫瘍形成への寄与

    小屋 美博, 劉 文亭, 山北 由彦, 梶山 広明, 千賀 威, 柴田 清住, 那波 明宏, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2017年9月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語  

  24. マウス卵巣がんにおけるGlypican 3の影響(Effect of Glypican 3 overexpression on mouse ovarian cancer)

    駱 晨虹, 柴田 清住, 梶山 広明, 千賀 威, 小屋 美博, 吉川 史隆

    日本癌学会総会記事  2012年8月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語  

  25. MOLT-4細胞との共培養後のJ22-HL-60細胞におけるHIV-1導入の機序(Mechanism of HIV-1 induction in J22-HL-60 cells after co-culture with MOLT-4 cells)

    斉 曉華, 小屋 美博, 斉藤 達哉, 清水 佐紀, 斉藤 愛記, 大庭 賢二, 山岡 昇司, 山本 直樹

    日本エイズ学会誌  2005年11月  (一社)日本エイズ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

  26. HIV-1慢性感染細胞株J22HL-60とT細胞株MOLT-4の共培養時におけるHIV-1複製の増強機構

    斉 暁華, 小屋 美博, 清水 佐紀, 和田 学, 大庭 賢二, 山本 直樹

    日本エイズ学会誌  2004年11月  (一社)日本エイズ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

  27. プロテアソーム阻害剤Bortezomib(VELCADE TM)のATL細胞への効果

    佐藤 賢文, 野坂 生郷, 小屋 美博, 安永 純一郎, 松岡 雅雄

    臨床血液  2003年8月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:日本語  

  28. Bortezomib (Velcade (TM)), formerly known as PS-341, inhibits the growth of adult T-cell leukemia cells in vitro and in vivo.

    Y Satou, K Nosaka, Y Koya, J Yasunaga, M Matsuoka

    AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES  2003年  MARY ANN LIEBERT INC PUBL

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:英語  

  29. In vivo effect of humanized anti-Fas antibody against adult T-cell leukemia (ATL).

    M Matsuoka, Y Koya, J Ohsumi, S Yonehara

    AIDS RESEARCH AND HUMAN RETROVIRUSES  2003年  MARY ANN LIEBERT INC PUBL

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年

    記述言語:英語  

  30. In vivo effect of humanized agonistic anti-fas antibody against adult T-cell leukemia (ATL).

    Y Koya, M Maeda, S Takeda, P Miyazato, J Ohsumi, S Yonehara, M Matsuoka

    BLOOD  2002年11月  AMER SOC HEMATOLOGY

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語  

  31. ヒト型抗Fas抗体のATL細胞に対するin vivo抗腫瘍効果

    小屋 美博, 前田 道之, 武田 哲, 大隅 潤, 米原 伸, 松岡 雅雄

    日本癌学会総会記事  2002年10月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

  32. ラットHTLV-I腫瘍モデルにおける抗腫瘍免疫の認識抗原解析

    花渕 志野, 大橋 貴, 小屋 美博, 神奈木 真理

    日本免疫学会総会・学術集会記録  2000年11月  (NPO)日本免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語  

  33. Induction of HTLV-I-infected T-lymphoproliferative disease in animal models and its immunological aspects

    Kannagi M, Ohashi T, Hanabuchi S, Kato H, Koya Y, Yoshiki T

    Leukemia  2000年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年

  34. ラットのATLモデル系を用いたHTLV-I Taxに対するDNAワクチンの有効性の解析

    大橋 貴, 竹村 富美代, 花渕 志野, 加藤 大智, 小屋 美博, 塚原 智典, 神奈木 真理

    日本免疫学会総会・学術集会記録  1999年10月  (NPO)日本免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語  

  35. 組換えワクシニアウイルスを用いた抗HTLV-I腫瘍免疫の検討

    小屋 美博, 大橋 貴, 加藤 大智, 花渕 志野, 竹村 富美代, 鷲山 美樹, 神奈木 真理

    日本免疫学会総会・学術集会記録  1999年10月  (NPO)日本免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語  

  36. 抗CD80/86抗体を用いたラットATL様疾患誘導

    花渕 志野, 大橋 貴, 小屋 美博, 竹村 富美代, 広川 勝いく, 吉木 敬, 八木田 秀雄, 奥村 康, 神奈木 真理

    日本免疫学会総会・学術集会記録  1999年10月  (NPO)日本免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年10月

    記述言語:日本語  

  37. ラットモデルにおけるヒトT細胞白血病ウイルスI型(HTLV-I)感染細胞の腫瘍形成と宿主免疫

    神奈木 真理, 大橋 貴, 花渕 志野, 加藤 大智, 小屋 美博, 廣川 勝いく, 松岡 雅雄, 吉木 敬

    日本癌学会総会記事  1999年8月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年8月

    記述言語:日本語  

  38. HTLV-I経口感染ラットにおいて認められる持続感染と免疫不応答

    加藤 大智, 小屋 美博, 大橋 貴, 花渕 志野, 神奈木 真理

    日本臨床免疫学会会誌  1998年10月  日本臨床免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語  

  39. 同系ラット生体内における移入HTLV-I感染細胞の長期生存

    小屋 美博, 大橋 貴, 加藤 大智, 花渕 志野, 塚原 智典, 江藤 健一郎, 松岡 雅雄, 神奈木 真理

    日本臨床免疫学会会誌  1998年10月  日本臨床免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語  

  40. 同系ラット生体内における移入HTL V‐I感染細胞の長期生存

    小屋美博, 大橋貴, 加藤大智, 花淵志野, 塚原智典, 江藤健一郎, 松岡雅雄, 神奈木真理

    日本免疫学会総会・学術集会記録  1998年10月  日本臨床免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語  

  41. ヌードラットを用いた成人T細胞白血病(ATL)モデルの作出

    大橋 貴, 花渕 志野, 加藤 大智, 小屋 美博, 広川 勝いく, 吉木 敬, 神奈木 真理

    日本臨床免疫学会会誌  1998年10月  日本臨床免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語  

  42. 【接着分子の全て】細胞機能と接着分子 T細胞の活性化と接着分子

    塚原 智典, 小屋 美博, 久保 誠, 花渕 志野

    臨床免疫  1998年10月  (有)科学評論社

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年10月

    記述言語:日本語  

▼全件表示

科研費 3

  1. 腹水中ペプチド・デグラドミクスに注目した進行卵巣癌に対する腹腔内環境戦略の創生

    研究課題/研究課題番号:21KK0157  2021年10月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    梶山 広明, 吉原 雅人, 佐藤 綾人, 横井 暁, 小屋 美博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    悪性腹水中のジペプチジルペプチダーゼ酵素群を主としたペプチドバランスを、新規の質量分析手法であるTMT-TAILS法を用いたデグラドミクス解析によって明らかにする。また、腹腔内環境を構成する宿主細胞が、腫瘍の「味方」に至る腫瘍側誘導メカニズムに焦点をあて、腹膜中皮、脂肪細胞、および腫瘍随伴マクロファージといった免疫細胞などにおける包括的な機能解析を、「卵巣癌-腹膜間の細胞コミュニケーション」の観点から行う。さらに、アミノペプチダーゼ阻害剤による卵巣癌進行抑制効果を、実験動物モデルを用いて検証し、治療応用への可能性を模索する。

  2. 卵巣癌細胞を貪食した腹膜中皮細胞による抗腫瘍免疫抑制の機序解明と再賦活化法の検討

    研究課題/研究課題番号:21K09492  2021年4月 - 2024年3月

    小屋 美博

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  3. 進行卵巣癌に対する新しい戦略的腫瘍溶解性ウイルス療法の開発

    研究課題/研究課題番号:16K15705  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    那波 明宏, 小屋 美博, 山北 良彦, 武藤 義文

      詳細を見る

    シクロデキストリンは食品分野にも応用されている易溶性の環状オリゴ糖で、その内部空洞において疎水性化合物と結合して可溶化する性質から、抗癌剤の新たなキャリアとして期待されている。他方、上皮性卵巣癌の80%以上で葉酸受容体FOLR1が高発現していることから、癌標的化リガンドとして葉酸が注目されている。本研究では、卵巣癌由来細胞株を対象として、葉酸付加したシクロデキストリン化合物(FA-CyD)によるFOLR1標的化の可否について検討を行った。その結果、FA-CyDはFOLR1を発現している細胞だけでなく、プロトン依存性葉酸トランスポーターPCFTのみを発現している細胞も標的化することが示唆された。