2023/10/16 更新

写真a

シマダ タイスケ
嶋田 泰佑
SHIMADA Taisuke
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2019年3月   名古屋大学 ) 

委員歴 3

  1. Analytical Sciences   Associate Editors  

    2023年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 化学とマイクロ・ナノシステム学会   編集委員  

    2023年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 第34回生体機能関連化学部会若手の会 サマースクール   世話人  

    2023年1月 - 2023年7月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 6

  1. 中部分析化学奨励賞

    2022年8月   日本分析化学会中部支部  

    嶋田泰佑

  2. 名古屋大学岡本若手奨励賞

    2020年10月   名古屋大学   エクスポソーム解析にむけた濃縮捕集・単一粒子検出による環境中微粒子分析

  3. Analytical Sciences Best-Paper Award for Analytical Sciences-2018

    2019年6月   PM2.5 detection in a microfluidic device by using ionic current sensing

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  4. 愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業 第13回わかしゃち奨励賞 優秀賞

    2019年1月   愛知県   健康被害防止のための大気中浮遊微粒子分析デバイスの創製

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  5. 学生講演賞

    2018年3月   日本化学会 第98春季年会   Air-floating PM2.5 collection and detection device for monitoring

    嶋田 泰佑

  6. RSC Tokyo International Conference 2016 Analyst Poster Prize

    2016年9月  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 30

  1. Identifying high-grade serous ovarian carcinoma-specific extracellular vesicles by polyketone-coated nanowires. 国際誌

    Akira Yokoi, Mayu Ukai, Takao Yasui, Yasuhide Inokuma, Kim Hyeon-Deuk, Juntaro Matsuzaki, Kosuke Yoshida, Masami Kitagawa, Kunanon Chattrairat, Mikiko Iida, Taisuke Shimada, Yumehiro Manabe, I-Ya Chang, Eri Asano-Inami, Yoshihiro Koya, Akihiro Nawa, Kae Nakamura, Tohru Kiyono, Tomoyasu Kato, Akihiko Hirakawa, Yusuke Yoshioka, Takahiro Ochiya, Takeshi Hasegawa, Yoshinobu Baba, Yusuke Yamamoto, Hiroaki Kajiyama

    Science advances   9 巻 ( 27 ) 頁: eade6958   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cancer cell-derived extracellular vesicles (EVs) have unique protein profiles, making them promising targets as disease biomarkers. High-grade serous ovarian carcinoma (HGSOC) is the deadly subtype of epithelial ovarian cancer, and we aimed to identify HGSOC-specific membrane proteins. Small EVs (sEVs) and medium/large EVs (m/lEVs) from cell lines or patient serum and ascites were analyzed by LC-MS/MS, revealing that both EV subtypes had unique proteomic characteristics. Multivalidation steps identified FRα, Claudin-3, and TACSTD2 as HGSOC-specific sEV proteins, but m/lEV-associated candidates were not identified. In addition, for using a simple-to-use microfluidic device for EV isolation, polyketone-coated nanowires (pNWs) were developed, which efficiently purify sEVs from biofluids. Multiplexed array assays of sEVs isolated by pNW showed specific detectability in cancer patients and predicted clinical status. In summary, the HGSOC-specific marker detection by pNW are a promising platform as clinical biomarkers, and these insights provide detailed proteomic aspects of diverse EVs in HGSOC patients.

    DOI: 10.1126/sciadv.ade6958

    PubMed

  2. Mutation detection of urinary cell-free DNA via catch-and-release isolation on nanowires for liquid biopsy

    Hiromi Takahashi, Takao Yasui, Masaki Hirano, Keiko Shinjo, Yusuke Miyazaki, Wataru Shinoda, Takeshi Hasegawa, Atsushi Natsume, Yotaro Kitano, Mikiko Ida, Min Zhang, Taisuke Shimada, Piyawan Paisrisarn, Zetao Zhu, Fumiharu Ohka, Kosuke Aoki, Sakon Rahong, Kazuki Nagashima, Takeshi Yanagida, Yoshinobu Baba

    Biosensors and Bioelectronics     頁: 115318 - 115318   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.bios.2023.115318

  3. PMMA製ナノワイヤデバイスによる体液中細胞外小胞由来microRNA抽出 査読有り

    嶋田 泰佑, 竹下 大貴, 伊藤 聡, 安井 隆雄, 馬場 嘉信

    分析化学   72 巻 ( 3 ) 頁: 105 - 110   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2116/bunsekikagaku.72.105

  4. All-in-One Nanowire Assay System for Capture and Analysis of Extracellular Vesicles from an ex Vivo Brain Tumor Model. 国際誌

    Kunanon Chattrairat, Takao Yasui, Shunsuke Suzuki, Atsushi Natsume, Kazuki Nagashima, Mikiko Iida, Min Zhang, Taisuke Shimada, Akira Kato, Kosuke Aoki, Fumiharu Ohka, Shintaro Yamazaki, Takeshi Yanagida, Yoshinobu Baba

    ACS nano   17 巻 ( 3 ) 頁: 2235 - 2244   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Extracellular vesicles (EVs) have promising potential as biomarkers for early cancer diagnosis. The EVs have been widely studied as biological cargo containing essential biological information not only from inside vesicles such as nucleic acids and proteins but also from outside vesicles such as membrane proteins and glycolipids. Although various methods have been developed to isolate EVs with high yields such as captures based on density, size, and immunoaffinity, different measurement systems are needed to analyze EVs after isolation, and a platform that enables all-in-one analysis of EVs from capture to detection in multiple samples is desired. Since a nanowire-based approach has shown an effective capability for capturing EVs via surface charge interaction compared to other conventional methods, here, we upgraded the conventional well plate assay to an all-in-one nanowire-integrated well plate assay system (i.e., a nanowire assay system) that enables charge-based EV capture and EV analysis of membrane proteins. We applied the nanowire assay system to analyze EVs from brain tumor organoids in which tumor environments, including vascular formations, were reconstructed, and we found that the membrane protein expression ratio of CD31/CD63 was 1.42-fold higher in the tumor organoid-derived EVs with a p-value less than 0.05. Furthermore, this ratio for urine samples from glioblastoma patients was 2.25-fold higher than that from noncancer subjects with a p-value less than 0.05 as well. Our results demonstrated that the conventional well plate method integrated with the nanowire-based EV capture approach allows users not only to capture EVs effectively but also to analyze them in one assay system. We anticipate that the all-in-one nanowire assay system will be a powerful tool for elucidating EV-mediated tumor-microenvironment crosstalk.

    DOI: 10.1021/acsnano.2c08526

    PubMed

  5. Water-Selective Nanostructured Dehumidifiers for Molecular Sensing Spaces. 国際誌

    Jiangyang Liu, Kazuki Nagashima, Takuro Hosomi, Wenjin Lei, Guozhu Zhang, Tsunaki Takahashi, Xixi Zhao, Yosuke Hanai, Atsuo Nakao, Masaya Nakatani, Wataru Tanaka, Hikaru Saito, Masaki Kanai, Taisuke Shimada, Takao Yasui, Yoshinobu Baba, Takeshi Yanagida

    ACS sensors   7 巻 ( 2 ) 頁: 534 - 544   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Humidity and moisture effects, frequently called water poisoning, in surroundings are inevitable for various molecular sensing devices, strongly affecting their sensing characteristics. Here, we demonstrate a water-selective nanostructured dehumidifier composed of ZnO/TiO2/CaCl2 core-shell heterostructured nanowires for molecular sensing spaces. The fabricated nanostructured dehumidifier is highly water-selective without detrimental adsorptions of various volatile organic compound molecules and can be repeatedly operated. The thermally controllable and reversible dehydration process of CaCl2·nH2O thin nanolayers on hydrophilic ZnO/TiO2 nanowire surfaces plays a vital role in such water-selective and repeatable dehumidifying operations. Furthermore, the limitation of detection for sensing acetone and nonanal molecules in the presence of moisture (relative humidity ∼ 90%) was improved more than 20 times using nanocomposite sensors by operating the developed nanostructured dehumidifier. Thus, the proposed water-selective nanostructured dehumidifier offers a rational strategy and platform to overcome water poisoning issues for various molecular and gas sensors.

    DOI: 10.1021/acssensors.1c02378

    PubMed

  6. Molecular profiling of extracellular vesicles via charge-based capture using oxide nanowire microfluidics. 国際誌

    Takao Yasui, Piyawan Paisrisarn, Takeshi Yanagida, Yuki Konakade, Yuta Nakamura, Kazuki Nagashima, Marina Musa, Ivan Adiyasa Thiodorus, Hiromi Takahashi, Tsuyoshi Naganawa, Taisuke Shimada, Noritada Kaji, Takahiro Ochiya, Tomoji Kawai, Yoshinobu Baba

    Biosensors & bioelectronics   194 巻   頁: 113589 - 113589   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Extracellular vesicles (EVs) have shown promising features as biomarkers for early cancer diagnoses. The outer layer of cancer cell-derived EVs consists of organotropic metastasis-induced membrane proteins and specifically enriched proteoglycans, and these molecular compositions determine EV surface charge. Although many efforts have been devoted to investigating the correlation between EV subsets obtained through density-, size-, and immunoaffinity-based captures and expressed membrane proteins, understanding the correlation between EV subsets obtained through surface charge-based capture and expressed membrane proteins is lacking. Here, we propose a methodology to profile membrane proteins of EV subsets obtained through surface charge-based capture. Nanowire-induced charge-based capture of EVs and in-situ profiling of EV membrane proteins are the two key methodology points. The oxide nanowires allowed EVs to be obtained through surface charge-based capture due to the diverse isoelectric points of the oxides and the large surface-to-volume ratios of the nanowire structures. And, with the ZnO nanowire device, whose use does not require any purification and concentration processes, we demonstrated the correlation between negatively-charged EV subsets and expressed membrane proteins derived from each cell. Furthermore, we determined that a colon cancer related membrane protein was overexpressed on negatively charged surface EVs derived from colon cancer cells.

    DOI: 10.1016/j.bios.2021.113589

    PubMed

  7. Analyzing particulate matters via surfactant-assisted microfluidic ionic current sensing with machine learning-driven identification 査読有り

    Keiko Fujino, Taisuke Shimada, Takao Yasui, Kazuki Nagashima, Takashi Yanagida, Noritada Kaji, Yoshinobu Baba

    MicroTAS 2021   1 巻   頁: 1481 - 1482   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  8. Electrical discriminations of drug-resistant bacteria via antibiotic stimulation-assisted micropore sensing 査読有り

    Taisuke Shimada, Aomi Yoshikawa, Takao Yasui, Seiji Yamasaki, Kazuki Nagashima, Kunihiko Nishino, Takeshi Yanagida, Yoshinobu Baba

    MicroTAS 2021   1 巻   頁: 767 - 768   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  9. Fabrication of a Robust In2O3 Nanolines FET Device as a Biosensor Platform. 国際誌

    Zetao Zhu, Takao Yasui, Quanli Liu, Kazuki Nagashima, Tsunaki Takahashi, Taisuke Shimada, Takeshi Yanagida, Yoshinobu Baba

    Micromachines   12 巻 ( 6 )   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Field-effect transistors (FETs) are attractive biosensor platforms for rapid and accurate detection of various analytes through surface immobilization of specific bio-receptors. Since it is difficult to maintain the electrical stability of semiconductors of sensing channel under physiological conditions for long periods, passivation by a stable metal oxide dielectric layer, such as Al2O3 or HfO2, is currently used as a common method to prevent damage. However, protecting the sensing channel by passivation has the disadvantage that the distance between the target and the conductive channel increases, and the sensing signal will be degraded by Debye shielding. Even though many efforts use semiconductor materials directly as channels for biosensors, the electrical stability of semiconductors in the physiological environments has rarely been studied. In this work, an In2O3 nanolines FET device with high robustness in artificial physiological solution of phosphate buffered saline (PBS) was fabricated and used as a platform for biosensors without employing passivation on the sensing channel. The FET device demonstrated reproducibility with an average threshold voltage (VTH) of 5.235 V and a standard deviation (SD) of 0.382 V. We tested the robustness of the In2O3 nanolines FET device in PBS solution and found that the device had a long-term electrical stability in PBS with more than 9 days' exposure. Finally, we demonstrated its applicability as a biosensor platform by testing the biosensing performance towards miR-21 targets after immobilizing the phosphonic acid terminated DNA probes. Since the surface immobilization of multiple bioreceptors is feasible, we demonstrate that the robust In2O3 FET device can be an excellent biosensor platform for biosensors.

    DOI: 10.3390/mi12060642

    PubMed

  10. Microheater-integrated zinc oxide nanowire microfluidic device for hybridization-based detection of target single-stranded DNA. 査読有り 国際誌

    Hiromi Takahashi, Takao Yasui, Hiromu Kashida, Koki Makino, Keiko Shinjo, Quanli Liu, Taisuke Shimada, Sakon Rahong, Noritada Kaji, Hiroyuki Asanuma, Yoshinobu Baba

    Nanotechnology     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Detection of cell-free DNA (cfDNA) has an impact on DNA analysis in liquid biopsies. However, current strategies to detect cfDNA have limitations that should be overcome, such as having low sensitivity, and requiring much time and a specialized instrument. Thus, non-invasive and rapid detection tools are needed for disease prevention and early-stage treatment. Here we developed a device having a microheater integrated with zinc oxide nanowires (microheater-ZnO-NWs) to detect target single-stranded DNAs (ssDNAs) based on DNA probe hybridization. We confirmed experimentally that our device realized in-situ annealed DNA probes by which we subsequently detected target ssDNAs. We envision that this device can be utilized for fundamental studies related to nanobiodevice-based DNA detection.

    DOI: 10.1088/1361-6528/abef2c

    PubMed

  11. Microfluidic-based capture and release of cancer-derived exosomes via peptide-nanowire hybrid interface. 査読有り 国際誌

    Thanawat Suwatthanarak, Ivan Adiyasa Thiodorus, Masayoshi Tanaka, Taisuke Shimada, Daiki Takeshita, Takao Yasui, Yoshinobu Baba, Mina Okochi

    Lab on a chip   21 巻 ( 3 ) 頁: 597 - 607   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Cancer-derived circulating exosomes or nanoscale extracellular vesicles are emerging biomarkers for disease detection and treatment because of their cell-specific constituents and unique intercellular pathways. For efficient exosome isolation from bio-fluids, the design of high-affinity nanointerfaces is of great importance in the development of miniaturized systems for the collection of exosomes. Herein, we report peptide-functionalized nanowires as a biorecognition interface for the capture and release of cancer-derived exosomes within a microfluidic channel. Based on the amino-acid sequence of EWI-2 protein, a partial peptide that bound to the CD9 exosome marker and thus targeted cancer exosomes was screened. Linkage of the exosome-targeting peptide with a ZnO-binding sequence allowed one-step and reagent-free peptide modification of the ZnO nanowire array. As a result of peptide functionalization, the exosome-capturing ability of ZnO nanowires was significantly improved. Furthermore, the captured exosomes could be subsequently released from the nanowires under a neutral salt condition for downstream applications. This engineered surface that enhances the nanowires' efficiency in selective and controllable collection of cancer-derived exosomes provides an alternative foundation for developing microfluidic platforms for exosome-based diagnostics and therapeutics.

    DOI: 10.1039/d0lc00899k

    PubMed

  12. ZnO/SiO2 core/shell nanowires for capturing CpG rich single-stranded DNAs. 査読有り 国際誌

    Marina Musa, Takao Yasui, Kazuki Nagashima, Masafumi Horiuchi, Zetao Zhu, Quanli Liu, Taisuke Shimada, Akihide Arima, Takeshi Yanagida, Yoshinobu Baba

    Analytical methods   13 巻 ( 3 ) 頁: 337 - 344   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Atomic layer deposition (ALD) is capable of providing an ultrathin layer on high-aspect ratio structures with good conformality and tunable film properties. In this research, we modified the surface of ZnO nanowires through ALD for the fabrication of a ZnO/SiO2 (core/shell) nanowire microfluidic device which we utilized for the capture of CpG-rich single-stranded DNAs (ssDNA). Structural changes of the nanowires while varying the number of ALD cycles were evaluated by statistical analysis and their relationship with the capture efficiency was investigated. We hypothesized that finding the optimum number of ALD cycles would be crucial to ensure adequate coating for successful tuning to the desired surface properties, besides promoting a sufficient trapping region with optimal spacing size for capturing the ssDNAs as the biomolecules traverse through the dispersed nanowires. Using the optimal condition, we achieved high capture efficiency of ssDNAs (86.7%) which showed good potential to be further extended for the analysis of CpG sites in cancer-related genes. This finding is beneficial to the future design of core/shell nanowires for capturing ssDNAs in biomedical applications.

    DOI: 10.1039/d0ay02138e

    PubMed

  13. Oxide Nanowire Microfluidic Devices for Capturing Single-stranded DNAs. 査読有り

    Marina Musa, Takao Yasui, Zetao Zhu, Kazuki Nagashima, Miki Ono, Quanli Liu, Hiromi Takahashi, Taisuke Shimada, Akihide Arima, Takeshi Yanagida, Yoshinobu Baba

    Analytical sciences     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2116/analsci.20P421

    PubMed

  14. Analysis of ion components derived from particulate matter using ion selective electrodes 査読有り

    MicroTAS 2020   1 巻   頁: 490 - 491   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  15. 超薄層クロマトグラフィー用の水平式ミニチュアTLC展開槽の試作と評価 査読有り

    今崎 龍之介, 近藤 啓太, 谷 夏海, 青木 元秀, 熊田 英峰, 内田 達也, 長縄 豪, 嶋田 泰佑, 田口 嘉彦, 佐藤 浩明, 安井 隆雄, 梅村 知也

        2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Metal oxide nanowires microfluidic devices as potential tool for DNA methylation mapping 査読有り

    Marina Musa, Takao Yasui, Taisuke Shimada, Akihide Arima, Yoshinobu Baba

    MicroTAS 2020   1 巻   頁: 1093 - 1094   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  17. Analysis of particulate matters via surfactant-assisted ionic current sensing 査読有り

    Keiko Fujino, Taisuke Shimada, Takao Yasui, Kazuki Nagashima, Takashi Yanagida, Noritada Kaji, Yoshinobu Baba

    MicroTAS 2020   1 巻   頁: 498 - 499   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  18. Ammonia-Induced Seed Layer Transformations in a Hydrothermal Growth Process of Zinc Oxide Nanowires 査読有り

    Quanli Liu, Takao Yasui, Kazuki Nagashima, Takeshi Yanagida, Mitsuo Hara, Masafumi Horiuchi, Zetao Zhu, Hiromi Takahashi, Taisuke Shimada, Akihide Arima, Yoshinobu Baba

    The Journal of Physical Chemistry C   124 巻 ( 37 ) 頁: 20563 - 20568   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acs.jpcc.0c05490

  19. Mechanical Rupture-Based Antibacterial and Cell-Compatible ZnO/SiO2 Nanowire Structures Formed by Bottom-Up Approaches. 査読有り 国際誌

    Taisuke Shimada, Takao Yasui, Akihiro Yonese, Takeshi Yanagida, Noritada Kaji, Masaki Kanai, Kazuki Nagashima, Tomoji Kawai, Yoshinobu Baba

    Micromachines   11 巻 ( 6 )   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    There are growing interests in mechanical rupture-based antibacterial surfaces with nanostructures that have little toxicity to cells around the surfaces; however, current surfaces are fabricated via top-down nanotechnologies, which presents difficulties to apply for bio-surfaces with hierarchal three-dimensional structures. Herein, we developed ZnO/SiO2 nanowire structures by using bottom-up approaches and demonstrated to show mechanical rupture-based antibacterial activity and compatibility with human cells. When Escherichia coli were cultured on the surface for 24 h, over 99% of the bacteria were inactivated, while more than 80% of HeLa cells that were cultured on the surface for 24 h were still alive. This is the first demonstration of mechanical rupture-based bacterial rupture via the hydrothermally synthesized nanowire structures with antibacterial activity and cell compatibility.

    DOI: 10.3390/mi11060610

    PubMed

  20. Photolithographically Constructed Single ZnO Nanowire Device and Its Ultraviolet Photoresponse.

    Liu Q, Yasui T, Nagashima K, Yanagida T, Horiuchi M, Zhu Z, Takahashi H, Shimada T, Arima A, Baba Y

    Analytical sciences : the international journal of the Japan Society for Analytical Chemistry     2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2116/analsci.20N002

    PubMed

  21. Preparation of horizontal miniature tlc developing chamber for ultra-thin layer chromatography

    Ryunosuke Imazaki, Keita Kondoh, Natsumi Tani, Motohide Aoki, Hidetoshi Kumata, Tatsuya Uchida, Tsuyoshi Naganawa, Taisuke Shimada, Yoshihiko Taguchi, Hiroaki Sato, Takao Yasui, Tomonari Umemura

    Bunseki Kagaku   69 巻 ( 10.11 ) 頁: 553 - 558   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    This paper describes a horizontal miniature developing chamber suitable for ultrathin layer chromatography (UTLC) and TLC-MS. The miniature developing chamber was designed by a CAD system and cut out from a PTFE block with a milling machine. The basic performance of the laboratory-made chambers was evaluated through TLC separations of lipids extracted from cyanobacteria on a commercially available silica gel 60-coated glass plate. The present miniature TLC chamber showed good performance comparable to a commercially available normal-size twin-trough vertical TLC chamber. In the present paper, ultra-thin layer plate was also prepared by decorating ZnO nanowires on a glass slide, and was applied to UTLC separation of synthetic pigments. The ZnO nanowire-array plate showed unique retention characteristics which allowed us to separate nile red and neutral red in the miniature TLC chamber.

    DOI: 10.2116/bunsekikagaku.69.553

    Scopus

  22. Micro- and Nanopillar Chips for Continuous Separation of Extracellular Vesicles

    Hattori Yuya, Shimada Taisuke, Yasui Takao, Kaji Noritada, Baba Yoshinobu

    Analytical Chemistry   91 巻 ( 10 ) 頁: 6514-6521   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.analchem.8b05538

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Engineering Nanowire-Mediated Cell Lysis for Microbial Cell Identification

    Yasui Takao, Yanagida Takeshi, Shimada Taisuke, Otsuka Kohei, Takeuchi Masaki, Nagashima Kazuki, Rahong Sakon, Naito Toyohiro, Takeshita Daiki, Yonese Akihiro, Magofuku Ryo, Zhu Zetao, Kaji Noritada, Kanai Masaki, Kawai Tomoji, Baba Yoshinobu

    ACS NANO   13 巻 ( 2 ) 頁: 2262-2273   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acsnano.8b08959

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. PM2.5 Particle Detection in a Microfluidic Device by Using Ionic Current Sensing

    Shimada Taisuke, Yasaki Hirotoshi, Yasui Takao, Yanagida Takeshi, Kaji Noritada, Kanai Masaki, Nagashima Kazuki, Kawai Tomoji, Baba Yoshinobu

    Analytical sciences   34 巻 ( 12 ) 頁: 1347-1349   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  25. Biomolecular recognition on nanowire surfaces modified by the self-assembled monolayer

    Shimada Taisuke, Yasui Takao, Yokoyama Asami, Goda Tatsuro, Hara Mitsuo, Yanagida Takeshi, Kaji Noritada, Kanai Masaki, Nagashima Kazuki, Miyahara Yuji, Kawai Tomoji, Baba Yoshinobu

    Lab on a Chip   18 巻 ( 21 ) 頁: 3225-3229   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8lc00438b

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Robust Ionic Current Sensor for Bacterial Cell Size Detection

    Yasaki Hirotoshi, Shimada Taisuke, Yasui Takao, Yanagida Takeshi, Kaji Noritada, Kanai Masaki, Nagashima Kazuki, Kawai Tomoji, Baba Yoshinobu

    ACS Sensors   3 巻 ( 3 ) 頁: 574-579   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acssensors.8b00045

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  27. Collection and Sensing of PM2.5 in Microfluidic Devices

    Shimada Taisuke, Yasaki Hirotoshi, Yasui Takao, Kaji Noritada, Baba Yoshinobu

    2018 IEEE 12TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NANO/MOLECULAR MEDICINE AND ENGINEERING (IEEE - NANOMED)     頁: 240-243   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  28. PM2.5 analysis in liquid phase via water film-based collection and microfluidics-based electrical detection 査読有り 国際誌

    Taisuke Shimada, Hirotoshi Yasaki, Takao Yasui, Akihide Hibara, Takeshi Yanagida, Noritada Kaji, Masaki Kanai, Kazuki Nagashima, Tomoji Kawai, Yoshinobu Baba

    MicroTAS 2018   1 巻   頁: 270 - 271   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Copyright© (2018) by Chemical and Biological Microsystems Society.All rights reserved. Toward evaluation of health risk of particulate matter with size less than or equal to 2.5 µm (PM2.5), we propose a methodology for realizing the PM2.5 analysis in liquid phase via water film-based collection and microfluidics-based electrical detection. A hydrophilic nanowire surface was utilized in the collection for forming a water film, which enabled continuous collection of air-floating PM2.5 into liquid phase and followed-by detection. The collected PM2.5 was electrically detected and analyzed via ionic current sensing with a micropore. We believe proposed PM2.5 analysis methodology in liquid phase would allow to realize health risk evaluation and reduce health damage.

    Scopus

  29. Unveiling massive numbers of cancer-related urinary-microRNA candidates via nanowires

    Yasui Takao, Yanagida Takeshi, Ito Satoru, Konakade Yuki, Takeshita Daiki, Naganawa Tsuyoshi, Nagashima Kazuki, Shimada Taisuke, Kaji Noritada, Nakamura Yuta, Thiodorus Ivan Adiyasa, He Yong, Rahong Sakon, Kanai Masaki, Yukawa Hiroshi, Ochiya Takahiro, Kawai Tomoji, Baba Yoshinobu

    SCIENCE ADVANCES   3 巻 ( 12 ) 頁: e1701133   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.1701133

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  30. PM2.5 collection into aqueous solution via hydrophilic oxide nanowire surface 査読有り 国際誌

    Shimada Taisuke, Yasui Takao, Hibara Akihide, Hirotoshi Yasaki, Yanagida Takeshi, Mitsuo Hara, Kaji Noritada, Kanai Masaki, Nagashima Kazuki, Kawai Tomoji, Baba Yoshinobu

    Micro Total Analysis Systems 2017   1 巻   頁: 1433 - 1434   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. ナノ量子センサーイメージング技術と医学応用

    揚妻正和, 西村勇姿, 竹丸ひかり, 嶋田泰佑, 岩竹真弓, 湯川 博( 担当: 共著 ,  範囲: 光学 特集:細胞集団の状態や機能の可視化解析)

    日本光学会誌  2023年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:338-345   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 単一細菌センシングによる迅速な菌種・耐性識別法の創出

    井上 健太郎, 嶋田 泰佑, 安井 隆雄, 山崎 聖司, 西野 邦彦, 馬場 嘉信( 担当: 共著)

    化学とマイクロ・ナノシステム  2023年3月 

     詳細を見る

    担当ページ:50-51   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. バイオエアロゾルの捕集と検出技術

    嶋田泰佑, 馬場嘉信( 担当: 単著)

    空気清浄 60巻4号  2022年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:3-10   記述言語:日本語

  4. センサ技術を用いた細菌の検出・同定

    嶋田 泰佑( 担当: 単著)

    化学とマイクロ・ナノシステム 第21巻第2号  2022年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. AI・ナノ・量子による超高感度・迅速バイオセンシング ―超早期パンデミック検査・超早期診断・POCTから健康長寿社会へ―

    ( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第Ⅲ編・第8章 マイクロポアによる迅速細菌検査)

    シーエムシー  2021年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 22

  1. 単一細菌計測による薬剤耐性機能の解析

    井上健太郎、嶋田泰佑、安井隆雄、山崎聖司、西野邦彦、馬場嘉信  

    第34回生体機能関連化学部会若手の会 サマースクール 講演要旨集   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  2. マイクロデバイスを用いた迅速な菌種・耐性識別

    井上健太郎,嶋田泰佑,安井隆雄,山崎聖司,西野邦彦,馬場嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第47回研究会 講演要旨集   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  3. 単一細菌センシングと抗菌薬刺激による耐性菌の迅速識別

    井上健太郎、嶋田泰佑、安井隆雄、山崎聖司、西野邦彦、馬場嘉信  

    日本化学会 第103春季年会 講演要旨集   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  4. 糸球体における細胞外小胞の尿への排出機構解明

    三津屋里奈、安井隆雄、夏目敦至、小嶋良輔、嶋田泰佑、佐藤記一、馬場嘉信  

    日本化学会 第103春季年会 講演要旨集   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  5. セルロースナノファイバー紙の乾燥収縮を利用した単一細胞外小胞解析

    川口彰太、安井隆雄、嶋田泰佑、神谷由紀子、浅沼浩之、真栄城正寿、渡慶次学、古賀大尚、村上正晃、馬場嘉信  

    日本化学会 第103春季年会 講演要旨集   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  6. 細胞外小胞の尿への排出機構解析に向けたプラットフォーム開発

    三津屋里奈, 安井隆雄, 夏目敦至, 小嶋良輔, 嶋田泰佑, 佐藤記一, 馬場嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第46回研究会 講演要旨集   頁: 181 - 181   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  7. 糸球体デバイスを用いた細胞外小胞の排出機構解析

    三津屋里奈, 安井隆雄, 夏目敦至, 小嶋良輔, 嶋田泰佑, 佐藤記一, 馬場嘉信  

    第53 回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 講演予稿集   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  8. 単一細菌計測と薬剤刺激による菌種・耐性識別

    井上健太郎, 嶋田泰佑, 安井隆雄, 山崎聖司, 西野邦彦, 馬場嘉信  

    第53 回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 講演予稿集   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  9. PEG 化PDMS を用いたポアセンサ保管と単一細菌計測への応用

    嶋田泰佑, 藤野慶子, 安井隆雄, 加地範匡, 馬場嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第46回研究会 講演要旨集   頁: 49 - 49   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  10. セルロースナノファイバーの乾燥収縮による膜融合反応を利用した単一EV 解析

    川口彰太, 安井隆雄, 嶋田泰佑, 神谷由紀子, 浅沼浩之, 古賀大尚, 村上正晃, 馬場嘉信  

    第53 回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 講演予稿集   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  11. セルロースナノファイバーの乾燥収縮を介した膜融合反応による単一EV 統合解析

    川口彰太, 安井隆雄, 嶋田泰佑, 神谷由紀子, 浅沼浩之, 真栄城正寿, 渡慶次学, 古賀大尚, 村上正晃, 馬場嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第46回研究会 講演要旨集   頁: 168 - 168   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  12. ナノワイヤアレイを用いた網羅的な単一細胞外小胞計測

    鈴木駿介, 安井隆雄, 金秀炫, 小嶋良輔, 嶋田 泰佑, 馬場 嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第46回研究会 講演要旨集   頁: 147 - 147   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  13. 単一細菌センシングによる迅速な菌種・耐性識別

    井上健太郎, 嶋田泰佑, 安井隆雄, 山崎聖司, 西野邦彦, 馬場嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第46回研究会 講演要旨集   頁: 172 - 172   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  14. ナノバイオデバイスを用いた生体内外の粒子・微粒子解析法の開発 招待有り

    嶋田泰佑  

    第39回分析化学中部夏季セミナー 講演要旨集   頁: 3 - 4   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  15. マイクロポアを用いた抗菌薬刺激応答の解析と耐性識別

    井上健太郎, 嶋田泰佑, 安井隆雄, 山崎聖司, 西野邦彦, 馬場嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第45回研究会   頁: 046 - 046   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  16. 糸球体デバイスを用いた尿中細胞外小胞の動態解明

    三津屋里奈, 安井隆雄, 嶋田泰佑, 佐藤記一, 馬場嘉信  

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)102nd 巻   2022年

     詳細を見る

  17. 単一細胞外小胞計測に向けたナノワイヤデバイス構築

    鈴木駿介, 安井隆雄, KIM Soo Hyeon, 嶋田泰佑, 有馬彰秀, 有馬彰秀, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信  

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)102nd 巻   2022年

     詳細を見る

  18. 慢性炎症に由来する細胞外小胞の検出

    川口彰太, 安井隆雄, 嶋田泰佑, 内田萌奈, 村上正晃, 馬場嘉信  

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)102nd 巻   2022年

     詳細を見る

  19. ナノワイヤを用いた脳腫瘍オルガノイド由来細胞外小胞の計測

    鈴木駿介, 安井隆雄, 夏目敦至, 大岡史治, 山崎慎太郎, 青木恒介, 北野詳太郎, 有馬彰秀, 嶋田泰佑, 長島一樹, 柳田剛, 馬場嘉信  

    日本化学会春季年会講演予稿集(Web)101st 巻   2021年

     詳細を見る

  20. オルガノイド由来細胞外小胞の捕捉と膜タンパク質計測

    鈴木駿介, 安井隆雄, 夏目敦至, 大岡史治, 山崎慎太郎, 青木恒介, 北野詳太郎, 有馬彰秀, 嶋田泰佑, 長島一樹, 柳田剛, 馬場嘉信  

    中部化学関係学協会支部連合秋季大会講演予稿集52nd (CD-ROM) 巻   2021年

     詳細を見る

  21. 九州大学伊都キャンパスにおけるPM₂.₅の生物学的観点からの分析と実態調査

    三浦 夏琳, 井手 幸子, 内藤 豊裕, 嶋田 泰佑, 安井 隆雄, 馬場 嘉信, 加地 範匡  

    分析化学 / 日本分析化学会 編69 巻 ( 12 ) 頁: 741 - 746   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  22. ピクセル化メタ表面を用いた近赤外光イメージングに基づいた分子指紋検出法の創出

    嶋田泰佑  

    ぶんせき ( 2 ) 頁: 62 - 63   2020年2月

     詳細を見る

    掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 25

  1. ナノバイオデバイスを用いた生体内外の分子・微粒子解析法の開発 招待有り

    嶋田泰佑

    第39回 分析化学中部夏季セミナー  2022年8月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  2. マイクロポアによる薬剤刺激応答の解析と耐性識別

    井上健太郎、嶋田泰佑、安井隆雄、山崎聖司、西野邦彦、馬場嘉信

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  3. 単一細胞外小胞計測に向けたナノワイヤデバイス構築

    鈴木駿介、安井隆雄、金秀炫、嶋田泰佑、有馬彰秀、馬場嘉信1,3,4

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. 糸球体デバイスを用いた尿中細胞外小胞の動態解明

    三津屋里奈、安井隆雄、嶋田泰佑、佐藤記一、馬場嘉信

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  5. 慢性炎症に由来する細胞外小胞の検出

    川口彰太、安井隆雄、嶋田泰佑、内田萌奈、村上正晃、馬場嘉信

    日本化学会第102春季年会(2022)  2022年3月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  6. マイクロポアによる生物/非生物粒子の網羅的センシングと粒子識別

    藤野慶子、嶋田泰佑、安井隆雄、長島一樹、柳田剛、加地範匡、馬場嘉信

    第41 回キャピラリー電気泳動シンポジウム (SCE2021)  2021年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学西新プラザ  

  7. マイクロポアによる単一細菌センシングと薬剤耐性の識別

    嶋田泰佑、安井隆雄、井上健太郎、吉川碧海、山崎聖司、西野邦彦、馬場嘉信

    第41 回キャピラリー電気泳動シンポジウム (SCE2021)  2021年12月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学西新プラザ  

  8. Analyzing particulate matters via surfactant-assisted microfluidic ionic current sensing with machine learning-driven identification 国際会議

    Keiko Fujino, Taisuke Shimada, Takao Yasui, Kazuki Nagashima, Takashi Yanagida, Noritada Kaji, Yoshinobu Baba

    MicroTAS 2021  2021年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. Electrical discriminations of drug-resistant bacteria via antibiotic stimulation-assisted micropore sensing 国際会議

    Taisuke Shimada; Aomi Yoshikawa; Takao Yasui; Seiji Yamasaki; Kazuki Nagashima; Kunihiko Nishino; Takeshi Yanagida; Yoshinobu Baba

    MicroTAS 2021  2021年10月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  10. 抗菌薬刺激細菌の単一センシングによる電気的耐性識別

    吉川碧海; 嶋田泰佑; 安井隆雄; 長島一樹; 山崎聖司; 西野邦彦; 柳田剛; 馬場嘉信

    日本分析化学会第70年会  2021年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  11. 抗菌薬刺激と単一細菌検出による薬剤耐性の識別

    吉川碧海; 嶋田泰佑; 安井隆雄; 長島一樹; 山崎聖司; 西野邦彦; 柳田剛; 馬場嘉信

    令和3年度E部門総合研究会  2021年7月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  12. 界面活性とマイクロポアを利用した微粒子センシング

    藤野慶子; 嶋田泰佑; 安井隆雄; 長島一樹; 柳田剛; 加地範匡; 馬場嘉信

    第81回分析化学討論会  2021年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  13. 微小粒子状物質分析に向けたイオン電流信号解析による単一粒子識別

    藤野慶子; 嶋田泰佑; 安井隆雄; 長島一樹; 柳田剛; 加地範匡; 馬場嘉信

    日本化学会 第101春季年会  2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  14. ナノワイヤを用いた脳腫瘍オルガノイド由来細胞外小胞の計測

    鈴木駿介; 安井隆雄; 夏目敦至; 大岡史治; 山﨑慎太郎; 青木恒介; 北野詳太郎; 有馬彰秀; 嶋田泰佑; 長島一樹; 柳田剛; 馬場嘉信

    日本化学会 第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  15. 粒子間ナノギャップを利用した重金属イオンセンシング

    山内晴加; 嶋田泰佑; 安井隆雄; 馬場嘉信

    量子生命科学会 第2回大会  2020年12月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  16. イオン選択的電極を用いた微小粒子状物質由来イオン成分の分析

    山内晴加; 嶋田泰佑; 安井隆雄; 合田達郎; 加地範匡; 宮原裕二; 馬場嘉信

    化学とマイクロ・ナノシステム学会第42回研究会  2020年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  17. 界面活性剤を利用したイオン電流計測による微小粒子状物質の単一粒子分析

    藤野慶子; 嶋田泰佑; 安井隆雄; 長島一樹; 柳田剛; 加地範匡; 馬場嘉信

    化学とマイクロ・ナノシステム学会第42回研究会  2020年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  18. Analysis of particulate matters via surfactant-assisted ionic current sensing 国際会議

    The 24th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences  2020年10月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  19. ANALYSIS OF COMPONENTS DERIVED FROM PARTICULATE MATTER USING ION SELECTIVE ELECTRODES 国際会議

    Haruka Yamauchi; Taisuke Shimada; Takao Yasui; Tatsuro Goda; Noritada Kaji; Yuji Miyahara; Yoshinobu Baba

    The 24th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences  2020年10月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  20. Metal oxide nanowires microfluidic devices as potential tool for DNA methylation mapping 国際会議

    Marina Musa, Takao Yasui, Taisuke Shimada, Akihide Arima and Yoshinobu Baba

    The 24th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences  2020年10月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  21. イオン選択的電極を用いた微小粒子状物質由来水溶性成分の分析

    山内 晴加,嶋田 泰佑,安井 隆雄,合田 達郎,加地 範匡,宮原 裕二,馬場 嘉信

    日本化学会 第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. 界面活性剤による分散性向上を利用した微小粒子状物質の単一粒子分析

    藤野 慶子,嶋田 泰佑,安井 隆雄,長島 一樹,柳田 剛,加地 範匡,馬場 嘉信

    日本化学会 第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. 界面機能を利用した水溶性・非水溶性粒子状物質の分析 招待有り

    嶋田 泰佑

    2019年度第3回応用分析化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. 生体外微粒子分析のための捕集・検出法の創成

    嶋田 泰佑,矢崎 啓寿,安井 隆雄,有馬 彰秀,火原 彰秀,柳田 剛,加地 範匡,金井 真樹,長島 一樹,鷲尾 隆,川合 知二,馬場 嘉信

    化学とマイクロ・ナノシステム学会 第 39 回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 機能化ナノワイヤによる生体外微粒子及び生体分子分析法の創成 招待有り

    嶋田 泰佑

    2019年度第1回応用分析化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 電気的な単⼀細菌計測を基盤とする耐性菌解析システムの創出

    2023年4月 - 2024年3月

    中谷医工計測技術振興財団  2022年度 奨励研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2000000円 ( 直接経費:2000000円 )

  2. 薬剤刺激を利用した単一真菌センシングとAI解析による耐性識別

    2021年7月 - 2022年7月

    特別研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3000000円 ( 直接経費:3000000円 )

  3. 細菌捕捉・検出機構の融合マイクロ空間を用いた多項目薬剤の同時有効性評価

    2020年6月 - 現在

    2020年度研究助成 

    嶋田泰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

  4. エクスポソーム解析に向けた分離・検出機構統合による環境中微粒子分析法の創出

    2020年6月 - 2021年2月

    2020年度生命科学研究助成 

    嶋田泰佑

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:500000円

科研費 3

  1. 学習型AIセンサシステムによる迅速・網羅的細菌検出と同定

    研究課題/研究課題番号:22K14581  2022年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    嶋田 泰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    細菌感染症は薬剤耐性化によりその脅威が加速しつつあり、種々の領域において迅速な細菌検出と同定が強く求められる。センサ技術はその要求を満たす候補であるが、多種多様な標的細菌をカバーするためには対応するレセプターを多数必要とする技術的な課題がある。本研究では、レセプターを必要としない学習型AIセンサシステムにより、迅速で網羅的な細菌検出とデータ駆動型の同定法を創出する。そのために、単一細菌のセンシングから機械学習によるビッグデータ解析・超高精度推定、ソーティングによる推定用データの蓄積までの一気通貫した革新的システムを創製し、多種多様な細菌をカバーできる迅速検出と同定を実現する。

  2. 網羅的環境中微粒子分析法の創出とエクスポソーム解析への展開

    研究課題/研究課題番号:19K23587  2019年8月 - 2021年3月

    嶋田 泰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    人間を取り巻く周辺環境中には、様々な特性(組成、サイズ、粒子構成など)の微粒子が存在する。それら微粒子への暴露(エクスポソーム)は人間の健康に密接に関わるため、微粒子の特性を個人レベルで分析する必要がある。本研究課題では、濃縮捕集法・イオン成分分析法・単一微粒子分析法を融合した、環境中微粒子の特性を網羅的に分析可能な手法を創出する。さらに、本手法を用いて、個人を取り巻く環境中微粒子の時間的・空間的変化を追跡し、そのエクスポソームを解析することを目的とする。
    本年度では、イオン選択性電極を用いた電位測定と界面活性剤を添加した導電性溶液内でのイオン電流計測による、水溶性・非水溶性粒子状物質分析法を創出した。
    水溶性粒子状物質成分は溶液中で水和してイオンとなるため、これらイオンの検出のために、マイクロ流路内にイオン選択性電極を組み込んだデバイスを開発した。本年度では、硝酸イオン・アンモニウムイオン・ナトリウムイオンに対して選択的な分子を含む高分子膜(感応膜)を電極上に塗布し、イオン選択性電極を作製した。また、高分子膜のみを電極上に塗布することで、イオン非応答性の参照電極も作製し、これらの電極をマイクロ流路内に組み込み、電位測定に基づいた複数種イオンの同時検出を実現した。さらに、本手法を用いて、粒子状物質の実試料(都市大気粉塵、国立環境研究所)から抽出したイオン成分を分析したところ、既存技術(イオンクロマトグラフィー)と同等の結果が得られることを確認した。
    非水溶性粒子状物質では、界面活性剤を利用したイオン電流計測により、疎水性微粒子モデルのカーボン微粒子を分析した。これまでに、研究代表者は、微細孔を用いたイオン電流計測による微粒子分析技術を開発してきたが、粒子状物質に含まれる分散性の低い疎水性微粒子の計測が困難であった。そこで本研究課題では、界面活性剤による分散性向上を利用したイオン電流計測法を開発し、疎水性微粒子のサイズ・濃度を分析した。界面活性剤としてドデシル硫酸ナトリウムを用いており、その最適化濃度にてモデルのカーボン微粒子(サイズ:1-2 μm)を分散させることで検出した。本手法による微粒子のサイズ・濃度分析が既存技術(サイズ:電子顕微鏡観察、濃度:光学顕微鏡観察)の結果と相関することを実証しており、疎水性微小粒子状物質分析法の開発に成功した。
    令和元年度では、当初の計画通り、(1)水溶性成分分析のためのイオン選択性電極の作製とアレイ化による複数種イオンの同時分析、および、(2)界面活性剤を添加した導電性溶液内でのイオン電流計測による非水溶性粒子状物質分析を達成した。
    (1)の課題に関しては、イオン選択性電極・参照電極の開発とそれらをマイクロ流路内に作製したデバイスを開発し、複数種イオンの同時分析に成功した。高分子膜のみとイオン感応膜を電極上へ塗布することで、それぞれ参照電極とイオン選択性電極を作製した。エレクトロメータを用いた電位測定に基づいて、参照電極に対するイオンイオン選択性電極の電位応答を評価することで、感度を最適化した。粒子状物質の含有成分である硝酸イオンとアンモニウムイオン、ナトリウムイオンに対する各イオン選択性電極を並列化して作製し、複数種の水溶性微粒子由来イオン成分を同時分析した。さらに、令和二年度にて実施予定であった、本手法を用いた実試料由来の水溶性成分分析を達成した。粒子状物質の実試料(都市大気粉塵、国立環境研究所)から抽出したイオン成分を分析し、既存技術と相関する結果が得られた。
    非水溶性粒子状物質では、界面活性剤を利用した疎水性微粒子の分散とイオン電流計測による分散微粒子の分析を達成した。界面活性剤としてドデシル硫酸ナトリウム(SDS)を選定し、イオン電流計測のための導電性溶液に添加した。添加SDS濃度は、モデル粒子状物質のカーボン微粒子(サイズ:1-2 μm)の検出粒子数に基づいて、最適化し、本手法による微粒子のサイズ・濃度分析が既存技術と相関する結果が得られた。
    以上の理由より、「(1) 当初の計画以上に進展している」に該当すると考えた。
    本年度で実施した、界面活性剤を利用したイオン電流計測では、疎水性微粒子の分析も可能であることが示されたが、環境中微粒子サイズは多岐にわたるため、網羅的分析に向けては、ワイドレンジの微粒子検出が必要になる。しかし、微細孔を用いたイオン電流計測では、細孔サイズによる制限のために、ワイドレンジでの微粒子検出は困難である。そこで、令和二年度では、分離機構を組み込み、その下流に分離粒子サイズに適した複数の微細孔を作製することで、ワイドレンジの微粒子分析を実現する。具体的な分離機構としては誘電泳動を採用し、櫛形状の電極を作製して交流電圧を印加することで、サイズに基づいた微粒子を分離する。櫛形電極の形状と印加交流電圧を最適化し、狙ったサイズを閾値として、微粒子を分離する。下流の複数微細孔では、細孔サイズ・形状の設計に基づいて、分離微粒子が通過した微細孔を追跡できるようにする。以上により、ワイドレンジでの微粒子検出を実現する。
    さらに、これらの機構と濃縮捕集、および、イオン成分分析機構を融合することで、超高感度での環境中微粒子センサを創出する。その際、各要素技術間における分析法としてのギャップ(流量、分析用溶液)を最適化する。さらに、本センサをエクスポソーム解析へと展開し、個人を取り巻く微粒子の時間的・空間的変化を追跡する。

  3. 1次元・2次元ハイブリッドナノ材料による大気中水分の無動力捕集デバイスの創製

    2017年4月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 

    嶋田 泰佑

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

産業財産権 1

  1. (PCT)サンプル捕集デバイス、サンプル捕集デバイスを含む分析装置、及びサンプル捕集デバイスの製造方法

    安井隆雄, 加地範匡, 馬場嘉信, 嶋田泰佑, 火原彰秀

     詳細を見る

    出願番号:PCT/JP2017/009293  出願日:2017年3月

 

担当経験のある科目 (本学) 5

  1. 化学生命工学実験1

    2023

  2. 化学生命工学実験3

    2023

  3. 化学生命工学実験1

    2021

  4. 化学生命工学実験3

    2020

  5. 化学生命工学実験1

    2020