2024/03/18 更新

写真a

アダチ タクジ
足立 拓史
ADACHI Takuji
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 予防・リハビリテーション科学 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部(保健学科)
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 3

  1. 博士(リハビリテーション療法学) ( 2019年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(リハビリテーション療法学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

  3. 学士(保健学) ( 2011年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 心臓リハビリテーション

  2. 臨床疫学

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / リハビリテーション科学

  2. ライフサイエンス / 栄養学、健康科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 心血管疾患の重症化予防と心臓リハビリテーション

  2. フレイル/サルコペニアに関する臨床疫学研究

  3. 慢性疾患を有する対象者の筋力発揮特性に関する研究

経歴 1

  1. 公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院   リハビリテーションセンター   理学療法士

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   医学系研究科   リハビリテーション療法学専攻

    2016年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学系研究科   リハビリテーション療法学専攻

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   医学部   保健学科

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本理学療法士協会

  2. 日本心臓リハビリテーション学会

  3. 日本循環器病予防学会

  4. 日本循環器学会

  5. 日本心不全学会

  6. European Society of Cardiology

▼全件表示

委員歴 3

  1. 日本循環器理学療法学会   日本循環器理学療法 診療ガイドライン第3版 ガイドライン作成班班員  

    2022年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本循環器学会   心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン作成班、協力員  

    2019年4月 - 2021年3月   

  3. 厚生労働省平成26年度老人保健健康増進等事業   自立度状態悪化(重症化)リスク因子の継続的調査による同定と、自立支援(重症化予防)のための訪問介護等のあり方についての研究事業、委員  

    2014年4月 - 2015年3月   

受賞 4

  1. Nursing and Allied Professions Investigators Award

    2021年9月   European Society of Cardiology  

  2. 第24回日本臨床生理学会優秀論文賞

    2019年10月   日本臨床生理学会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  3. 第9回日本循環器学会コメディカル賞 最優秀賞

    2019年3月   日本循環器学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. International session award

    2017年7月   日本心臓リハビリテーション学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 43

  1. Questionnaire-Based Scoring System for Screening Moderate-to-Vigorous Physical Activity in Middle-Aged Japanese Workers 査読有り

    Adachi T, Ashikawa H, Funaki K, Kondo T, Yamada S

    Journal of Occupational Health     2024年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  2. Changes in walking speed 6 months after discharge may be more sensitive to subsequent prognosis than handgrip strength in patients hospitalized for heart failure 査読有り

    Hanada S, Adachi T, Iwatsu K, Kamisaka K, Kamiya K, Yamada S

    International Journal of Cardiology     2024年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Prognostic impact of nutrition measures in patients with heart failure varies with coexisting physical frailty 査読有り

    Iida Y, Kamiya K, Adachi T, Iwatsu K, Kamisaka K, Iritani N, Imoto S, Yamada S; FLAGSHIP collaborators

    ESC Heart Failure   10 巻 ( 6 ) 頁: 3364 - 3372   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Cognitive decline assessed using a brief screening test and cardiovascular and non-cardiovascular events in older patients with heart failure 査読有り

    Adachi T, Tsunekawa Y, Tanimura D

    Aging Clinical and Experimental Research     2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Reasons for non-participation in outpatient cardiac rehabilitation among older patients with heart failure: a report of the FLAGSHIP study 査読有り

    Iritani N, Adachi T, Iwatsu K, Kamiya K, Kamisaka K, Yamada S

    Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention   43 巻 ( 4 ) 頁: 303 - 305   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Physical frailty and use of guideline-recommended drugs in patients with heart failure and reduced ejection fraction 査読有り 国際共著

    Kondo T, Adachi T, Kobayashi K, Okumura T, Izawa H, Murohara T, McMurray JVV, Yamada S

    Journal of American Heart Association   12 巻 ( 12 ) 頁: e026844   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  7. Association between outpatient cardiac rehabilitation and all-cause mortality after cardiovascular surgery: a propensity score-matched analysis 査読有り

    Shibata K, Kameshima M, Adachi T, Araya K, Shimada A, Tamaki M, Kitamura H

    JTCVS Open   15 巻   頁: 313 - 323   2023年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  8. Physical frailty may predict 2-year prognosis in elderly patients with acute myocardial infarction: A report from the FLAGSHIP study 査読有り

    Ashikawa H, Adachi T, Iwatsu K, Kamisaka K, Kamiya K, Uchiyama Y, Yamada S

    Circulation Journal   87 巻 ( 4 ) 頁: 490 - 497   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Prognostic effects of cardiac rehabilitation in heart failure patients classified according to physical frailty: A propensity score–matched analysis of a nationwide prospective cohort study 査読有り

    Adachi T, Iritani N, Kamiya K, Iwatsu K, Kamisaka K, Iida Y, Yamada S

    International Journal of Cardiology Cardiovascular Risk and Prevention   17 巻   頁: 200177   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Association between the Big Five personality traits and medication adherence in patients with cardiovascular disease: a cross-sectional study 査読有り

    Adachi T, Tsunekawa Y, Tanimura D

    PLOS ONE   17 巻 ( 12 ) 頁: e0278534   2022年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Reply to the comments on “Association among mild cognitive impairment, social frailty, and clinical events in elderly patients with cardiovascular disease” 査読有り

    Adachi T, Tsunekawa Y, Tanimura D

    Heart & Lung   56 巻   頁: 191 - 192   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Association between Rapid Dementia Screening Test score and clinical events in elderly patients with cardiovascular disease: a retrospective cohort study 査読有り

    Adachi T, Tsunekawa Y, Matsuoka A, Tanimura D

    European Journal of Cardiovascular Nursing   21 巻 ( 8 ) 頁: 840 - 847   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Association among mild cognitive impairment, social frailty, and clinical events in elderly patients with cardiovascular disease 査読有り

    Adachi T, Tsunekawa Y, Tanimura D

    Heart & Lung   55 巻   頁: 82 - 88   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Clinical benefit of combined assessment of physical and psychological frailty in patients with heart failure 査読有り

    Iwatsu K, Adachi T, Kamisaka K, Kuniyasu K, Iida Y, Yamada S

    Journal of American Geriatrics Society   70 巻 ( 7 ) 頁: 2070 - 2079   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  15. Prognostic Effects of Cardiac Rehabilitation in Patients with Heart Failure (From a Multicenter Prospective Cohort Study) 査読有り

    Adachi T, Iritani N, Kamiya K, Iwatsu K, Kamisaka K, Iida Y, Yamada S

    American Journal of Cardiology   164 巻   頁: 79 - 85   2022年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  16. Prognostic score based on physical frailty in patients with heart failure: a multicenter prospective cohort study (FLAGSHIP) 査読有り

    Yamada S, Adachi T, Izawa H, Murohara T, Kondo T

    Journal of Cachexia, Sarcopenia and Muscle   12 巻 ( 6 ) 頁: 1995 - 2006   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/jcsm.12803

  17. Association Between Big Five Personality Traits and Participation in Cardiac Rehabilitation in Japanese Patients with Cardiovascular Disease: A Retrospective Cohort Study 査読有り

    Adachi T, Tsunekawa Y, Matsuoka A, Tanimura D

    International Journal of Environmental Research and Public Health   18 巻 ( 16 ) 頁: 8589   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  18. Association between a pre-admission limitation in walking ability and post-discharge adverse outcomes among hospitalized patients with heart failure: Report from a multicenter prospective cohort study 査読有り

    Kamiya K, Adachi T, Iwatsu K, Kamisaka K, Iida Y, Iritani N, Yamada S

    International Journal of Cardiology   337 巻   頁: 105 - 112   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  19. Usefulness of the Japanese version of Rapid Dementia Screening Test for mild cognitive impairment in older patients with cardiovascular disease: a cross-sectional study 査読有り

    Adachi T, Tsunekawa Y, Matsuoka A, Tanimura D

    Journal of Geriatric Cardiology   18 巻 ( 4 ) 頁: 245 - 251   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  20. Preferences for health information in middle-aged Japanese workers based on health literacy levels: a descriptive study 査読有り

    Adachi T, Hori M, Ishimaru Y, Fujii N, Kondo T, Yamada S

    Public Health   174 巻   頁: 18 - 21   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.puhe.2019.05.036

    Scopus

  21. Combined effects of obesity and objectively-measured daily physical activity on the risk of hypertension in middle-aged Japanese men: A 4-year prospective cohort study 査読有り

    Adachi T, Kamiya K, Takagi D, Ashikawa H, Hori M, Kondo T, Yamada S

    Obesity Research & Clinical Practice   13 巻 ( 4 ) 頁: 365 - 370   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.orcp.2019.04.002

    Scopus

    PubMed

  22. Estimation of reduced walking speed using simple measurements of physical and psychophysiological function in community-dwelling elderly people: a cross-sectional and longitudinal study 査読有り

    Adachi T, Kamiya K, Kono Y, Iwatsu K, Shimizu Y, Honda I, Yamada S

    Aging Clinical Experimental Research   31 巻 ( 1 ) 頁: 59 - 66   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s40520-018-0938-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Predicting the Future Need of Walking Device or Assistance by Moderate to Vigorous Physical Activity: A 2-Year Prospective Study of Women Aged 75 Years and Above 査読有り

    Adachi T, Kamiya K, Kono Y, Iwatsu K, Shimizu Y, Honda I, Yamada S

    BioMed Research International   2018 巻   頁: 1340479   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2018/1340479

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Duration of moderate to vigorous daily activity is negatively associated with slow walking speed independently from step counts in elderly women aged 75 years or over: A cross-sectional study 査読有り

    Adachi T, Kono Y, Iwatsu K, Shimizu Y, Yamada S

    Archives of Gerontology and Geriatrics   74 巻   頁: 94 - 99   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. Salt sensitivity may be increased by high body mass index and low level of physical activity 査読有り

    Adachi T, Kamiya K, Takagi D, Ashikawa H, Yamada S

    Journal of Clinical Physiology   48 巻   頁: 155 - 162   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Research Report from the Overseas Training Program 2 in Thailand in 2016 査読有り

    Adachi T, Jayaratne W, Kenmochi A, Mccallum DG, Kulpawaropas P, Sucharitakul B, Shinkai N, Svetamra A, Thaiprasert N

    Forum of International Development Studies   47 巻   頁: s-1   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  27. Association of Nutritional Risk with Gait Function and Activities of Daily Living in Elderly Patients with Hip Fractures 査読有り

    Ishikawa Y, Adachi T, Uchiyama Y

    Annals of Rehabilitation Medicine     2024年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  28. Factors associated with postsurgical muscle weakness in patients who undergo thoracic aortic surgery: a retrospective cohort study 査読有り

    Shimizu M, Adachi T, Kobayashi K, Mutsuga M, Oshima H, Usui A, Yamada S

    Physiotherapy Theory and Practice   39 巻 ( 10 ) 頁: 2180 - 2188   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  29. Association Between the Redox State of Human Serum Albumin and Exercise Capacity in Patients With Cardiac Disease 査読有り

    Ishimaru Y, Adachi T, Ashikawa H, Hori M, Shimozato T, Ohtake H, Shimizu S, Ueyama J, Yamada S

    American Journal of Cardiology   189 巻   頁: 56 - 60   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  30. Factors associated with changes in objectively measured moderate-to-vigorous physical activity in patients after percutaneous coronary intervention: A prospective cohort study 査読有り

    Funaki K, Adachi T, Kameshima M, Fujiyama H, Iritani N, Tanaka C, Sakui D, Hara Y, Sugiura H, Yamada S

    Journal of Physical Activity and Health   20 巻 ( 4 ) 頁: 279 - 291   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. National survey on the secondary preventive measures for coronary artery disease among interventional cardiologists: a report from the Japanese Association of Cardiovascular Intervention and Therapeutics 査読有り

    Yamada S, Adachi T, Ashikawa H, Funaki K, Kohsaka S, Ikari Y, Amano T

    Cardiovascular Intervention and Therapeutics   38 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 54   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  32. 高齢心不全患者における入院中の介護保険サービス調整と退院後のイベント発生との関連 査読有り

    恒川裕気, 足立拓史, 松岡昭仁, 谷村大輔

    心臓   54 巻 ( 3 ) 頁: 367 - 376   2022年3月

  33. Relationship between spleen size and exercise tolerance in advanced heart failure patients with a left ventricular assist device 査読有り

    Hiraiwa H, Okumura T, Sawamura A, Araki T, Mizutani T, Kazama S, Kimura Yuki, Shibata N, Ohishi H, Kuwayama T, Kondo T, Furusawa K, Morimoto R, Adachi T, Yamada S, Mutsuga M, Usui A, Murohara T

    BMC Research Notes   15 巻 ( 1 ) 頁: 40   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  34. Impact of weight loss in patients with heart failure with preserved ejection fraction: results from the FLAGSHIP study 査読有り

    Kamisaka K, Kamiya K, Iwatsu K, Iritani N, Imoto S, Adachi T, Iida Y, Yamada S

    ESC Heart Failure   8 巻 ( 6 ) 頁: 5293 - 5303   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/ehf2.13619

  35. Association between Redox State of Human Serum Albumin and Exercise Capacity in Elderly Women: A Cross-Sectional Study 査読有り

    Ashikawa T, Adachi T, Ueyama J, Yamada S

    Geriatrics & Gerontology International   20 巻   頁: 256 - 260   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13849

  36. Effect of Perioperative Neuromuscular Electrical Stimulation in Patients Undergoing Cardiovascular Surgery: A Pilot Randomized Controlled Trial 査読有り

    Kitamura H, Yamada S, Adachi T, Shibata K, Tamaki M, Okawa Y, Usui A

    Seminars in Thoracic and Cardiovascular Surgery   31 巻 ( 3 ) 頁: 361 - 367   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.semtcvs.2018.10.019

    PubMed

  37. The 6-Minute Walk Test Difference in Explanatory Variables for Performance by Community-Dwelling Older Adults and Patients Hospitalized for Cardiac Disease 査読有り

    Kamiya K, Adachi T, Kono Y, Shibata K, Kitamura H, Izawa H, Yamada S

    Journal of Cardiopulmonary Rehabilitation and Prevention   39 巻 ( 5 ) 頁: E8 - E13   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/HCR.0000000000000417

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  38. Maximal calf circumference reflects calf muscle mass measured using magnetic resonance imaging 査読有り

    Asai C, Akao K, Adachi T, Iwatsu K, Fukuyama A, Ikeda M, Yamada S

    Archives of Gerontology and Geriatrics   83 巻   頁: 175 - 178   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.archger.2019.04.012

    Scopus

    PubMed

  39. Development of a Self-Efficacy Questionnaire for Walking in Patients with Mild Ischemic Stroke 査読有り

    Kawajiri H, Adachi T, Kono Y, Yamada S

    Journal of Stroke & Cerebrovascular Diseases   28 巻 ( 2 ) 頁: 317 - 324   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.09.055

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  40. A multicenter prospective cohort study to develop frailty-based prognostic criteria in heart failure patients (FLAGSHIP): rationale and design 査読有り

    Yamada S, Adachi T, Izawa H, Murohara T, Kondo T

    BMC Cardiovascular Disorders   18 巻 ( 1 ) 頁: 159   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12872-018-0897-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  41. 在宅心不全地域連携システム構築に向けた基礎調査 査読有り

    土川洋平,足立拓史,芦川博信,浦野勝太,山田純生

    心臓リハビリテーション   24 巻   頁: 112-121   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Risk factors for disability progression among Japanese long-term care service users: A 3-year prospective cohort study 査読有り

    Kamiya K, Adachi T, Sasou K, Suzuki T, Yamada S

    Geriatrics & Gerontology International   17 巻 ( 4 ) 頁: 568 - 574   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12756

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  43. Mechanical ventilatory assist may reduce dyspnea during walking especially in patients with impaired cardiopulmonary function early after cardiovascular surgery 査読有り

    Kamisaka K, Sakui D, Hagiwara Y, Kamiya K, Adachi T, Iida J, Morishima M, Ueyama K, Yamada S

    Journal of Cardiology   67 巻   頁: 560 - 566   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Handbook of the Behavior and Psychology of Disease 査読有り 国際共著

    Adachi T( 担当: 共著 ,  範囲: Older adults with cardiovascular disease: linking in cognitive impairment)

    Springer Nature  2024年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. 包括的心臓リハビリテーション(後藤葉一編)

    足立拓史,山田純生( 担当: 共著 ,  範囲: 心臓リハビリテーションにおける重要な概念)

    南江堂  2022年 

  3. フレイルのみかた(荒井秀典編)

    足立拓史,山田純生( 担当: 共著 ,  範囲: フレイルとカヘキシア)

    中外医学社  2018年  ( ISBN:9784498059160

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

MISC 10

  1. 心血管疾患とフレイル:最新のエビデンスと臨床実践

    足立拓史  

    リハビリテーション医学60 巻 ( 10 )   2023年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

  2. 心不全重症化予防におけるフレイルの位置づけと留意点

    山田純生,足立拓史,神谷訓康,上坂建太,岩津弘太郎,近藤徹,入谷直樹  

    循環器内科93 巻 ( 4 ) 頁: 420 - 428   2023年4月

  3. 心不全におけるフレイル発生機序

    山田純生,足立拓史  

    日本臨床生理学会雑誌49 巻 ( 125 ) 頁: 129   2019年12月

  4. 心不全におけるサルコペニア・フレイル

    足立拓史,山田純生  

      28 巻   頁: 1080 - 1087   2019年10月

  5. 心不全フレイルの理解と介入のコツ

    山田純生,足立拓史  

    心臓リハビリテーション25 巻   頁: 83 - 85   2019年5月

  6. さあ、始めよう!臨床研究のすすめ方

    山田純生,足立拓史  

    心臓リハビリテーション24 巻   頁: 146 - 148   2018年

  7. 心臓リハビリテーションにおけるフレイル/サルコペニア

    足立拓史, 山田純生  

    循環器ナーシング7 巻   頁: 44 - 52   2017年

  8. データヘルス事業による新しい心臓リハビリテーション普及促進

    山田純生,萩原悠太,清水優子,河野裕治,神谷訓康,足立拓史  

    心臓リハビリテーション20 巻   頁: 319 - 322   2016年

  9. 心不全リハビリテーションにおけるフレイルを考える

    山田純生,神谷訓康,足立拓史  

    心臓リハビリテーション22 巻   頁: 4 - 7   2016年

  10. 心臓リハビリテーションのトピックス:心不全フレイル

    山田純生,足立拓史  

    理学療法学43 巻 ( Suppl 3 ) 頁: 75 - 76   2016年

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. フレイルを有する高齢心不全患者の筋力発揮特性の解明と運動療法への応用に向けた研究

    2023年4月 - 2025年3月

    中冨健康科学振興財団 研究助成金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 心臓外科手術後患者における筋力発揮率は心臓リハビリテーションの新たな指標となるか?

    2023年4月 - 2024年3月

    堀科学芸術振興財団 研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 身体活動強度の日内変動パターンが心血管因子のリスク因子発症に与える影響:前向きコホート研究

    2020年9月 - 2022年3月

    公益信託日本動脈硬化予防研究基金 研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 心不全における血清アルブミン分画は運動耐容能の新たなバイオマーカーとなるか

    2017年1月 - 2018年12月

    鈴木謙三記念医科学応用研究財団 調査研究助成事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 3

  1. 遠隔ライフスタイル指導における個別化プロセスの改善に向けた大規模データ分析

    2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 冠動脈疾患患者における血糖変動パターンの正常化を促す運動介入プログラムの開発

    2021年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  若手研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 冠動脈疾患の再発予防に向けた至適身体活動量の探索:多施設前向きコホート研究

    2019年8月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 9

  1. 理学療法研究方法論

    2023

  2. 臨床実習Ⅳ

    2023

  3. 臨床疫学方法論

    2023

  4. 地域理学療法学・同実習

    2019

  5. 物理療法学・同実習

    2019

  6. 理学療法イントロダクション(実習)

    2019

  7. 理学療法コミュニケーション(実習)

    2019

  8. 理学療法治療学・同実習

    2019

  9. 運動機能評価学実習

    2019

▼全件表示