2021/04/08 更新

写真a

アダチ タクジ
足立 拓史
ADACHI Takuji
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 予防・リハビリテーション科学 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 3

  1. 博士(リハビリテーション療法学) ( 2019年3月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(リハビリテーション療法学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

  3. 学士(保健学) ( 2011年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 心臓リハビリテーション

  2. 臨床疫学

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / リハビリテーション科学

経歴 1

  1. 公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院   リハビリテーションセンター   理学療法士

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 名古屋大学   医学系研究科   リハビリテーション療法学専攻

    2016年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学系研究科   リハビリテーション療法学専攻

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 名古屋大学   医学部   保健学科

    2007年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本理学療法士協会

  2. 日本心臓リハビリテーション学会

  3. 日本循環器病予防学会

  4. 日本循環器学会

  5. 日本心不全学会

  6. European Society of Cardiology

▼全件表示

委員歴 2

  1. 日本循環器学会   心血管疾患におけるリハビリテーションに関するガイドライン作成班、協力員  

    2019年4月 - 2021年3月   

  2. 厚生労働省平成26年度老人保健健康増進等事業   自立度状態悪化(重症化)リスク因子の継続的調査による同定と、自立支援(重症化予防)のための訪問介護等のあり方についての研究事業、委員  

    2014年4月 - 2015年3月   

受賞 3

  1. 第24回日本臨床生理学会優秀論文賞

    2019年10月   日本臨床生理学会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  2. 第9回日本循環器学会コメディカル賞 最優秀賞

    2019年3月   日本循環器学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. International session award

    2017年7月   日本心臓リハビリテーション学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 26

  1. Usefulness of the Japanese version of Rapid Dementia Screening Test for mild cognitive impairment in older patients with cardiovascular disease: a cross-sectional study 査読有り

    Adachi T, Tsunekawa Y, Matsuoka A, Tanimura D

    Journal of Geriatric Cardiology     2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  2. Association between Redox State of Human Serum Albumin and Exercise Capacity in Elderly Women: A Cross-Sectional Study 査読有り

    Ashikawa T, Adachi T, Ueyama J, Yamada S

    Geriatr Gerontol Int   20 巻   頁: 256-260   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.13849

  3. 心不全におけるフレイル発生機序 招待有り

    山田純生,足立拓史

    日本臨床生理学会雑誌   49 巻   頁: 125-129   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.34363/jocp.49.3_125

  4. 心不全におけるサルコペニア・フレイル 招待有り

    足立拓史,山田純生

    JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION   28 巻   頁: 1080-1087   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  5. Preferences for health information in middle-aged Japanese workers based on health literacy levels: a descriptive study

    Adachi T, Hori M, Ishimaru Y, Fujii N, Kondo T, Yamada S

    Public Health   174 巻   頁: 18-21   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.puhe.2019.05.036

    Scopus

  6. The 6-Minute Walk Test DIFFERENCE IN EXPLANATORY VARIABLES FOR PERFORMANCE BY COMMUNITY-DWELLING OLDER ADULTS AND PATIENTS HOSPITALIZED FOR CARDIAC DISEASE

    Kamiya Kuniyasu, Adachi Takuji, Kono Yuji, Shibata Kenichi, Kitamura Hideki, Izawa Hideo, Yamada Sumio

    JOURNAL OF CARDIOPULMONARY REHABILITATION AND PREVENTION   39 巻 ( 5 ) 頁: E8-E13   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/HCR.0000000000000417

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Combined effects of obesity and objectively-measured daily physical activity on the risk of hypertension in middle-aged Japanese men: A 4-year prospective cohort study.

    Adachi T, Kamiya K, Takagi D, Ashikawa H, Hori M, Kondo T, Yamada S

    Obesity research & clinical practice     2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.orcp.2019.04.002

    Scopus

    PubMed

  8. 心不全フレイルの理解と介入のコツ 招待有り

    山田純生,足立拓史

    心臓リハビリテーション   25 巻   頁: 83-85   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  9. 心不全におけるフレイル発生機序 招待有り

    山田純生,足立拓史

    メディカルビューポイント     頁: in press   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  10. Maximal calf circumference reflects calf muscle mass measured using magnetic resonance imaging.

    Asai C, Akao K, Adachi T, Iwatsu K, Fukuyama A, Ikeda M, Yamada S

    Archives of gerontology and geriatrics   83 巻   頁: 175-178   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.archger.2019.04.012

    Scopus

    PubMed

  11. Development of a Self-Efficacy Questionnaire for Walking in Patients with Mild Ischemic Stroke

    Kawajiri Hiroyuki, Adachi Takuji, Kono Yuji, Yamada Sumio

    JOURNAL OF STROKE & CEREBROVASCULAR DISEASES   28 巻 ( 2 ) 頁: 317-324   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jstrokecerebrovasdis.2018.09.055

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Estimation of reduced walking speed using simple measurements of physical and psychophysiological function in community-dwelling elderly people: a cross-sectional and longitudinal study

    Adachi Takuji, Kamiya Kuniyasu, Kono Yuji, Iwatsu Kotaro, Shimizu Yuko, Honda Ikumi, Yamada Sumio

    AGING CLINICAL AND EXPERIMENTAL RESEARCH   31 巻 ( 1 ) 頁: 59-66   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s40520-018-0938-5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Effect of Perioperative Neuromuscular Electrical Stimulation in Patients Undergoing Cardiovascular Surgery: A Pilot Randomized Controlled Trial.

    Kitamura H, Yamada S, Adachi T, Shibata K, Tamaki M, Okawa Y, Usui A

    Seminars in thoracic and cardiovascular surgery     2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.semtcvs.2018.10.019

    PubMed

  14. Salt sensitivity may be increased by high body mass index and low level of physical activity 査読有り

    Adachi T, Kamiya K, Takagi D, Ashikawa H, Yamada S

    Journal of Clinical Physiology   48 巻   頁: 155-162   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. A multicenter prospective cohort study to develop frailty-based prognostic criteria in heart failure patients (FLAGSHIP): rationale and design

    Yamada Sumio, Adachi Takuji, Izawa Hideo, Murohara Toyoaki, Kondo Takaaki

    BMC CARDIOVASCULAR DISORDERS   18 巻 ( 1 ) 頁: 159   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12872-018-0897-y

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Duration of moderate to vigorous daily activity is negatively associated with slow walking speed independently from step counts in elderly women aged 75 years or over: A cross-sectional study

    Adachi Takuji, Kono Yuji, Iwatsu Kotaro, Shimizu Yuko, Yamada Sumio

    ARCHIVES OF GERONTOLOGY AND GERIATRICS   74 巻   頁: 94-99   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.archger.2017.10.003

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. さあ、始めよう!臨床研究のすすめ方 招待有り

    山田純生,足立拓史

    心臓リハビリテーション   24 巻   頁: 146-148   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  18. 在宅心不全地域連携システム構築に向けた基礎調査 査読有り

    土川洋平,足立拓史,芦川博信,浦野勝太,山田純生

    心臓リハビリテーション   24 巻   頁: 112-121   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Predicting the Future Need of Walking Device or Assistance by Moderate to Vigorous Physical Activity: A 2-Year Prospective Study of Women Aged 75 Years and Above

    Adachi Takuji, Kamiya Kuniyasu, Kono Yuji, Iwatsu Kotaro, Shimizu Yuko, Honda Ikumi, Yamada Sumio

    BIOMED RESEARCH INTERNATIONAL   2018 巻   頁: 1340479   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2018/1340479

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Risk factors for disability progression among Japanese long-term care service users: A 3-year prospective cohort study

    Kamiya Kuniyasu, Adachi Takuji, Sasou Kenji, Suzuki Tadashi, Yamada Sumio

    GERIATRICS & GERONTOLOGY INTERNATIONAL   17 巻 ( 4 ) 頁: 568-574   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ggi.12756

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. Research Report from the Overseas Training Program 2 in Thailand in 2016 査読有り

    Adachi T, Jayaratne W, Kenmochi A, Mccallum DG, Kulpawaropas P, Sucharitakul B, Shinkai N, Svetamra A, Thaiprasert N

    Forum of International Development Studies   47 巻   頁: s-1   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  22. 心臓リハビリテーションにおけるフレイル/サルコペニア 招待有り

    足立拓史, 山田純生

    循環器ナーシング   7 巻   頁: 44-52   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  23. 心臓リハビリテーションのトピックス:心不全フレイル 招待有り

    山田純生,足立拓史

    理学療法学   43 巻 ( suppl 3 ) 頁: 75-76   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  24. 心不全リハビリテーションにおけるフレイルを考える 招待有り

    山田純生,神谷訓康,足立拓史

    心臓リハビリテーション   22 巻   頁: 4-7   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  25. データヘルス事業による新しい心臓リハビリテーション普及促進 招待有り 査読有り

    山田純生,萩原悠太,清水優子,河野裕治,神谷訓康,足立拓史

    心臓リハビリテーション   20 巻   頁: 319-322   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. Mechanical ventilatory assist may reduce dyspnea during walking especially in patients with impaired cardiopulmonary function early after cardiovascular surgery 査読有り

    Journal of Cardiology   67 巻   頁: 560-566   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. フレイルのみかた

    荒井 秀典( 担当: 単著)

    中外医学社  2018年  ( ISBN:9784498059160

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 身体活動強度の日内変動パターンが心血管因子のリスク因子発症に与える影響:前向きコホート研究

    2020年09月 - 2022年03月

    日本動脈硬化予防研究基金研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 心不全における血清アルブミン分画は運動耐容能の新たなバイオマーカーとなるか

    2017年01月 - 2018年12月

    調査研究助成事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 2

  1. 冠動脈疾患患者における血糖変動パターンの正常化を促す運動介入プログラムの開発

    2021年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  若手研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 冠動脈疾患の再発予防に向けた至適身体活動量の探索:多施設前向きコホート研究

    2019年08月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 6

  1. 運動機能評価学実習

    2019

  2. 理学療法治療学・同実習

    2019

  3. 地域理学療法学・同実習

    2019

  4. 物理療法学・同実習

    2019

  5. 理学療法イントロダクション(実習)

    2019

  6. 理学療法コミュニケーション(実習)

    2019

▼全件表示