2021/07/21 更新

写真a

タマダ ヒロミ
玉田 宏美
TAMADA Hiromi
所属
大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(人間科学) ( 2012年3月   早稲田大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 消化管

  2. 腸管神経系

  3. 電子顕微鏡

  4. 神経再生

  5. オルガネラ

  6. 細胞組織学

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 消化器外科学

  2. ライフサイエンス / 消化器内科学

  3. ライフサイエンス / 解剖学

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科   助教

    2019年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門   助教

    2019年4月 - 現在

  3. スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)   研究員

    2017年12月 - 2018年11月

  4. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2016年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学   大学院医学系研究科   博士研究員

    2013年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 日本学術振興会特別研究員(PD)

    2012年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 日本学術振興会特別研究員(DC2)

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 早稲田大学   人間科学研究科

    - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本解剖学会

  2. 日本自律神経学会

  3. 日本平滑筋学会

受賞 1

  1. JSMR優秀論文賞

    2015年   日本平滑筋学会   Existence of c-Kit negative cells with ultrastructural features of interstitial cells of Cajal in the subserosal layer of the W/Wv mutant mouse colon

 

論文 15

  1. Ultrastructural comparison of dendritic spine morphology preserved with cryo and chemical fixation 査読有り 国際共著 国際誌

    Tamada Hiromi, Blanc Jerome, Korogod Natalya, Petersen Carl Ch, Knott Graham W.

    ELIFE   9 巻   頁: 1 - 15   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:eLife  

    DOI: 10.7554/eLife.56384

    Web of Science

    Scopus

  2. Axonal injury alters the extracellular glial environment of the axon initial segment and allows substantial mitochondrial influx into axon initial segment.

    Tamada H, Kiryu-Seo S, Sawada S, Kiyama H

    The Journal of comparative neurology     2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cne.25212

    PubMed

  3. Morphology, localization, and postnatal development of dural macrophages 査読有り 国際誌

    Sato Takehito, Konishi Hiroyuki, Tamada Hiromi, Nishiwaki Kimitoshi, Kiyama Hiroshi

    CELL AND TISSUE RESEARCH     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Cell and Tissue Research  

    DOI: 10.1007/s00441-020-03346-y

    Web of Science

    Scopus

  4. Astrocytic phagocytosis is a compensatory mechanism for microglial dysfunction 査読有り

    Hiroyuki Konishi, Takayuki Okamoto, Yuichiro Hara, Okiru Komine, Hiromi Tamada, Mitsuyo Maeda, Fumika Osako, Masaaki Kobayashi , Akira Nishiyama, Yosky Kataoka, Toshiyuki Takai, Nobuyuki Udagawa, Steffen Jung, Keiko Ozato, Tomohiko Tamura, Makoto Tsuda, Koji Yamanaka , Tomoo Ogi, Katsuaki Sato, Hiroshi Kiyama

    EMBO J   39 巻 ( 22 ) 頁: e104464   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Collapse of mitochondria-associated membrane as common pathomechanism for amyotrophic lateral sclerosis 査読有り 国際共著 国際誌

    Watanabe S., Ilieva H., Tamada H., Nomura H., Komine O., Endo F., Jin S., Mancias P., Kiyama H., Yamanaka K.

    JOURNAL OF THE NEUROLOGICAL SCIENCES   381 巻   頁: 104 - 104   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jns.2017.08.334

    Web of Science

  6. Three-dimensional analysis of somatic mitochondrial dynamics in fission-deficient injured motor neurons using FIB/SEM 査読有り 国際誌

    Tamada Hiromi, Kiryu-Seo Sumiko, Hosokawa Hiroki, Ohta Keisuke, Ishihara Naotada, Nomura Masatoshi, Mihara Katsuyoshi, Nakamura Kei-ichiro, Kiyama Hiroshi

    JOURNAL OF COMPARATIVE NEUROLOGY   525 巻 ( 11 ) 頁: 2535 - 2548   2017年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Comparative Neurology  

    DOI: 10.1002/cne.24213

    Web of Science

    Scopus

  7. Three-dimensional analysis of somatic mitochondrial dynamics in fission-deficient injured motor neurons using FIB/SEM 査読有り

    Tamada H, Kiryu-Seo S, Hosokawa H, Ohta K, Ishihara N, Nomura M, Mihara K, Nakamura KI, Kiyama H

    J Comp Neurol   525 巻 ( 11 ) 頁: 2535-2548   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Suppression of c-Kit signaling induces adult neurogenesis in the mouse intestine after myenteric plexus ablation with benzalkonium chloride. 査読有り

    Tamada H, Kiyama H

    Sci Rep   6 巻   頁: 32100   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. ECEL1 mutation implicates impaired axonal arborization of motor nerves in the pathogenesis of distal arthrogryposis. 査読有り

    Nagata K, Kiryu-Seo S, Tamada H, Okuyama-Uchimura F, Kiyama H, Saido TC

    Acta Neuropathol   132 巻 ( 1 ) 頁: 111-126   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Mitochondrial fission is an acute and adaptive response in injured motor neurons. 査読有り

    Kiryu-Seo S, Tamada H, Kato Y, Yasuda K, Ishihara N, Nomura M, Mihara K, Kiyama H

    Sci Rep   6 巻   頁: 28331   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Mitochondria-associated membrane collapse is a common pathomechanism in SIGMAR1- and SOD1-linked ALS. 査読有り

    Watanabe S, Ilieva H, Tamada H, Nomura H, Komine O, Endo F, Jin S, Mancias P, Kiyama H, Yamanaka K

    EMBO Mol Med   8 巻 ( 12 ) 頁: 1421-1437   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Existence of c-Kit negative cells with ultrastructural features of interstitial cells of Cajal in the subserosal layer of the W/Wv mutant mouse colon. 査読有り

    Tamada H, Kiyama H

    J Smooth Muscle Res   51 巻   頁: 1-9   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Calcium responses in subserosal interstitial cells of the guinea-pig proximal colon. 査読有り

    Tamada H, Hashitani H

    Neurogastroenterol Motil   26 巻 ( 1 ) 頁: 115-123   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Ultrastructural characterization of interstitial cells of Cajal associated with the submucosal plexus in the proximal colon. 査読有り

    Tamada H, Komuro T.

    Cell Tissue Res   347 巻 ( 2 ) 頁: 319-326   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. Three-dimensional demonstration of the interstitial cells of Cajal associated with the submucosal plexus in the guinea-pig caecum. 査読有り

    Tamada H, Komuro T

    Cell Tissue Res   344 巻 ( 1 ) 頁: 183-188   2011年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 3

  1. 損傷運動神経細胞軸索初節部におけるミトコンドリア局在とミクログリア活性化の相関

    玉田 宏美、木山 博資

    第126回日本解剖学会全国学術集会・第98回日本生理学会大会合同大会  2021年3月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  2. 小腸腸間膜内マクロファージの急性損傷への応答

    玉田 宏美、木山 博資

    第73回日本自律神経学会総会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  3. マウス小腸腸間膜内マクロファージの分布および損傷応答の形態学的解析

    玉田 宏美、木山 博資

    第62回日本平滑筋学会総会  2020年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    会議種別:ポスター発表  

共同研究・競争的資金等の研究課題 4

  1. 損傷運動ニューロンの軸索起始部-ミトコンドリア-ミクログリアのインタラクションの解明、堀科学芸術振興財団

    2020年4月 - 2021年3月

    学内共同研究 

  2. c-kit mutant mouse における腸管神経再生促進メカニズム, 武田科学振興財団医学系研究助成

    2019年8月 - 2022年5月

    学内共同研究 

  3. 最先端電子顕微鏡3 次元再構築技術による損傷神経の形態学的解析, 住友財団基礎科学研究助成

    2015年11月 - 2017年3月

    学内共同研究 

  4. FIB/SEM によるDrp1 KO マウスの損傷運動ニューロン肥大化ミトコンドリアの三次元解析, 名古屋大学日比野基金(医学研究助成)

    2015年4月 - 2016年3月

    学内共同研究 

科研費 6

  1. 迷走神経遠心性神経による消化管SIP Syncytium制御機構の解析

    研究課題/研究課題番号:20K08355  2020年4月 - 2023年3月

    基盤研究(C)

    玉田 宏美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    本研究では、平滑筋細胞やペースメーカー細胞として知られるカハールの介在細胞などが構成する複雑な消化管運動制御機構(SIP Syncytium)の調節に、中枢神経系(CNS)がどのように関与しているかを、最先端電子顕微鏡技術と電気生理学的手法を用い、形と働きの両面から明らかにする。これまでの研究では、中枢神経系からの交感・副交感神経支配による消化管機能の亢進・抑制に注目したもの、あるいは、消化管を体内から取り出し、中枢神経支配を受けない環境下での研究がほとんどであった。本研究により、新たな中枢性の腸管運動制御の仕組み(CNS/SIP経路)が明らかになることが期待される。

  2. Cryo-fixationによる腸管グリア細胞の3D微細構造解析 国際共著

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    玉田宏美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5980000円 ( 直接経費:4600000円 、 間接経費:1380000円 )

  3. 次世代3D電顕を用いた腸管グリア細胞の神経制御および運動制御機構の形態学的解析

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    玉田宏美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  4. ICCおよびc-Kitに着目した腸管神経修復機構の解明

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    玉田宏美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. c-Kit変異マウスを用いた損傷腸管神経再生メカニズムの解析

    2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    玉田宏美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  6. 漿膜下カハールの介在細胞の構造および機能の解析

    2011年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    玉田宏美

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 人体器官の構造(肉眼解剖学)

    2020

  2. 基礎医科学実習 透過型電子顕微鏡法(バイオイメージングコース)

    2020

  3. 基礎医学セミナー

    2020

  4. 人体器官の構造(組織学)

    2020