2021/03/24 更新

写真a

ウエムラ リュウ
植村 立
UEMURA Ryu
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 気候科学 准教授
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2005年3月   東京工業大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 古気候学

  2. 地球化学

  3. 鍾乳石

  4. 安定同位体

  5. 分析化学

  6. アイスコア

研究分野 2

  1. 環境・農学 / 環境動態解析

  2. 自然科学一般 / 大気水圏科学

経歴 5

  1. 国立大学法人 名古屋大学   環境学研究科   准教授

    2019年4月 - 現在

  2. 国立大学法人 琉球大学   理学部 海洋自然科学科   准教授

    2013年4月 - 2019年3月

  3. 琉球大学   理学部 海洋自然科学科   助教

    2010年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. Laboratoire des Sciences du Climat et de l'Environnement (LSCE), CEA-CNRS

    2008年 - 2010年

      詳細を見る

    国名:フランス共和国

  5. 国立極地研究所

    2005年 - 2008年

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会 5

  1. 日本地球惑星科学連合

    2011年 - 現在

  2. 日本雪氷学会

  3. American Geophysical Union

  4. 日本第四紀学会

  5. 日本地球化学会

委員歴 4

  1. 情報・システム研究機構 国立極地研究所   Polar Data Journal 編集分科会委員(Editorial board)  

    2019年4月 - 現在   

  2. 国立極地研究所, 南極観測審議委員会 重点研究観測専門部会   極観測審議委員会 重点研究観測専門部会 委員  

    2018年4月 - 2020年3月   

  3. 日本雪氷学会   「雪氷」編集委員会 委員  

    2017年6月 - 現在   

  4. 情報・システム研究機構 国立極地研究所   ドームふじアイスコアコンソーシアム 運営委員  

    2013年4月 - 現在   

 

論文 45

  1. Evaluation of geochemical records as a paleoenvironmental proxy in the hypercalcified demosponge Astrosclera willeyana 査読有り

    Asami Ryuji, Kinjo Akira, Ohshiro Daiki, Naruse Tohru, Mizuyama Masaru, Uemura Ryu, Shinjo Ryuichi, Ise Yuji, Fujita Yoshihisa, Sakamaki Takashi

    PROGRESS IN EARTH AND PLANETARY SCIENCE   7 巻 ( 1 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40645-020-00329-z

    Web of Science

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s40645-020-00329-z/fulltext.html

  2. Experimental evaluation of oxygen isotopic exchange between inclusion water and host calcite in speleothems 査読有り

    Uemura Ryu, Kina Yudai, Shen Chuan-Chou, Omine Kanako

    CLIMATE OF THE PAST   16 巻 ( 1 ) 頁: 17 - 27   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Copernicus {GmbH}  

    DOI: 10.5194/cp-16-17-2020

    DOI: 10.5194/cp-2019-79

    Web of Science

  3. Reduced marine phytoplankton sulphur emissions in the Southern Ocean during the past seven glacials 査読有り

    Goto-Azuma K., Hirabayashi M., Motoyama H., Miyake T., Kuramoto T., Uemura R., Igarashi M., Iizuka Y., Sakurai T., Horikawa S., Suzuki K., Suzuki T., Fujita K., Kondo Y., Hattori S., Fujii Y.

    NATURE COMMUNICATIONS   10 巻   頁: 3247   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-019-11128-6

    Web of Science

  4. Dominant influence of the humidity in the moisture source region on the 17O-excess in precipitation on a subtropical island 査読有り

    Yuina Uechi, Ryu Uemura

    Earth and Planetary Science Letters   513 巻   頁: 20-28   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.epsl.2019.02.012

  5. Abrupt ice-age shifts in southern westerly winds and Antarctic climate forced from the north

    Christo Buizert, Michael Sigl, Mirko Severi, Bradley R. Markle, Justin J, We, stein, Joseph, R. McConnell, Joel B. Pedro, Harald Sodemann, Kumiko Goto-Azuma, Kenji Kawamura, Shuji Fujita, Hideaki Motoyama, Motohiro Hirabayashi, Ryu Uemura, Barbara Stenni, Frédéric Parrenin, Feng He, T. J. Fudge, Eric J. Steig

    Nature   563 巻 ( 7733 ) 頁: 681 - 685   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2018, Springer Nature Limited. The mid-latitude westerly winds of the Southern Hemisphere play a central role in the global climate system via Southern Ocean upwelling 1 , carbon exchange with the deep ocean 2 , Agulhas leakage (transport of Indian Ocean waters into the Atlantic) 3 and possibly Antarctic ice-sheet stability 4 . Meridional shifts of the Southern Hemisphere westerly winds have been hypothesized to occur 5,6 in parallel with the well-documented shifts of the intertropical convergence zone 7 in response to Dansgaard–Oeschger (DO) events— abrupt North Atlantic climate change events of the last ice age. Shifting moisture pathways to West Antarctica 8 are consistent with this view but may represent a Pacific teleconnection pattern forced from the tropics 9 . The full response of the Southern Hemisphere atmospheric circulation to the DO cycle and its impact on Antarctic temperature remain unclear 10 . Here we use five ice cores synchronized via volcanic markers to show that the Antarctic temperature response to the DO cycle can be understood as the superposition of two modes: a spatially homogeneous oceanic ‘bipolar seesaw’ mode that lags behind Northern Hemisphere climate by about 200 years, and a spatially heterogeneous atmospheric mode that is synchronous with abrupt events in the Northern Hemisphere. Temperature anomalies of the atmospheric mode are similar to those associated with present-day Southern Annular Mode variability, rather than the Pacific–South American pattern. Moreover, deuterium-excess records suggest a zonally coherent migration of the Southern Hemisphere westerly winds over all ocean basins in phase with Northern Hemisphere climate. Our work provides a simple conceptual framework for understanding circum-Antarctic temperature variations forced by abrupt Northern Hemisphere climate change. We provide observational evidence of abrupt shifts in the Southern Hemisphere westerly winds, which have previously documented 1–3 ramifications for global ocean circulation and atmospheric carbon dioxide. These coupled changes highlight the necessity of a global, rather than a purely North Atlantic, perspective on the DO cycle.

    DOI: 10.1038/s41586-018-0727-5

    Scopus

    PubMed

  6. A 180-year-long isotopic record of tree-ring cellulose on Okinawa Island, Japan 査読有り

    Ryu Uemura, Miki Uemura, Masaki Sano, Takeshi Nakatsuka

    Geochemical Journal   52 巻 ( 6 ) 頁: e21 - e27   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0543

  7. Asynchrony between Antarctic temperature and CO2 associated with obliquity over the past 720,000 years 査読有り

    Uemura Ryu, Motoyama Hideaki, Masson-Delmotte Valerie, Jouzel Jean, Kawamura Kenji, Goto-Azuma Kumiko, Fujita Shuji, Kuramoto Takayuki, Hirabayashi Motohiro, Miyake Takayuki, Ohno Hiroshi, Fujita Koji, Abe-Ouchi Ayako, Iizuka Yoshinori, Horikawa Shinichiro, Igarashi Makoto, Suzuki Keisuke, Suzuki Toshitaka, Fujii Yoshiyuki

    Nature Communications   9 巻   2018年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-03328-3

    Web of Science

  8. Spatial variation of isotopic compositions of snowpack nitrate related to post-depositional processes in eastern Dronning Maud Land, East Antarctica 査読有り

    Noro Kazushi, Hattori Shohei, Uemura Ryu, Fukui Kotaro, Hirabayashi Motohiro, Kawamura Kenji, Motoyama Hideaki, Takenaka Norimichi, Yoshida Naohiro

    GEOCHEMICAL JOURNAL   52 巻 ( 2 ) 頁: E7-E14   2018年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2343/geochemj.2.0519

    Web of Science

  9. A 60Year Record of Atmospheric Aerosol Depositions Preserved in a High-Accumulation Dome Ice Core, Southeast Greenland 査読有り

    Iizuka Yoshinori, Uemura Ryu, Fujita Koji, Hattori Shohei, Seki Osamu, Miyamoto Chihiro, Suzuki Toshitaka, Yoshida Naohiro, Motoyama Hideaki, Matoba Sumito

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   123 巻 ( 1 ) 頁: 574 - 589   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley-Blackwell  

    DOI: 10.1002/2017JD026733

    Web of Science

    Scopus

  10. Seasonal-Scale Dating of a Shallow Ice Core From Greenland Using Oxygen Isotope Matching Between Data and Simulation 査読有り

    Furukawa Ryoto, Uemura Ryu, Fujita Koji, Sjolte Jesper, Yoshimura Kei, Matoba Sumito, Iizuka Yoshinori

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES   122 巻 ( 20 ) 頁: 10873 - 10887   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2017JD026716

    Web of Science

  11. A global multiproxy database for temperature reconstructions of the Common Era 査読有り

    Julien Emile-Geay, Nicholas P. McKay, Darrell S. Kaufman, Lucien von Gunten, Jianghao Wang, Kevin J. Anchukaitis, Nerilie J. Abram, Jason A. Addison, Mark A.J. Curran, Michael N. Evans, Benjamin J. Henley, Zhixin Hao, Belen Martrat, Helen V. McGregor, Raphael Neukom, Gregory T. Pederson, Barbara Stenni, Kaustubh Thirumalai, Johannes P. Werner, Chenxi Xu, Dmitry V. Divine, Bronwyn C. Dixon, Joelle Gergis, Ignacio A. Mundo, Takeshi Nakatsuka, Steven J. Phipps, Cody C. Routson, Eric J. Steig, Jessica E. Tierney, Jonathan J. Tyler, Kathryn J. Allen, Nancy A.N. Bertler, Jesper Björklund, Brian M. Chase, Min-Te Chen, Ed Cook, Rixt de Jong, Kristine L. DeLong, Daniel A. Dixon, Alexey A. Ekaykin, Vasile Ersek, Helena L. Filipsson, Pierre Francus, Mandy B. Freund, Massimo Frezzotti, Narayan P. Gaire, Konrad Gajewski, Quansheng Ge, Hugues Goosse, Anastasia Gornostaeva, Martin Grosjean, Kazuho Horiuchi, Anne Hormes, Katrine Husum, Elisabeth Isaksson, Selvaraj Kandasamy, Kenji Kawamura, K. Halimeda Kilbourne, Nalan Ko{\c{c}}, Guillaume Leduc, Hans W. Linderholm, Andrew M. Lorrey, Vladimir Mikhalenko, P. Graham Mortyn, Hideaki Motoyama, Andrew D. Moy, Robert Mulvaney, Philipp M. Munz, David J. Nash, Hans Oerter, Thomas Opel, Anais J. Orsi, Dmitriy V. Ovchinnikov, Trevor J. Porter, Heidi A. Roop, Casey Saenger, Masaki Sano, David Sauchyn, Krystyna M. Saunders, Marit-Solveig Seidenkrantz, Mirko Severi, Xuemei Shao, Marie-Alexandrine Sicre, Michael Sigl, Kate Sinclair, Scott St. George, Jeannine-Marie St. Jacques, Meloth Thamban, Udya Kuwar Thapa, Elizabeth R. Thomas, Chris Turney, Ryu Uemura, Andre E. Viau, Diana O. Vladimirova, Eugene R. Wahl, James W.C. White, Zicheng Yu, Jens Zinke

    Scientific Data   4 巻   頁: 170088   2017年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sdata.2017.88

    Web of Science

  12. State dependence of climatic instability over the past 720,000 years from Antarctic ice cores and climate modeling 査読有り

    and Kenji Kawamura, Ayako Abe-Ouchi, Hideaki Motoyama, Yutaka Ageta, Shuji Aoki, Nobuhiko Azuma, Yoshiyuki Fujii, Koji Fujita, Shuji Fujita, Kotaro Fukui, Teruo Furukawa, Atsushi Furusaki, Kumiko Goto-Azuma, Ralf Greve, Motohiro Hirabayashi, Takeo Hondoh, Akira Hori, Shinichiro Horikawa, Kazuho Horiuchi, Makoto Igarashi, Yoshinori Iizuka, Takao Kameda, Hiroshi Kanda, Mika Kohno, Takayuki Kuramoto, Yuki Matsushi, Morihiro Miyahara, Takayuki Miyake, Atsushi Miyamoto, Yasuo Nagashima, Yoshiki Nakayama, Takakiyo Nakazawa, Fumio Nakazawa, Fumihiko Nishio, Ichio Obinata, Rumi Ohgaito, Akira Oka, Jun'ichi Okuno, Junichi Okuyama, Ikumi Oyabu, Fr{\'{e}}d{\'{e}}ric Parrenin, Frank Pattyn, Fuyuki Saito, Takashi Saito, Takeshi Saito, Toshimitsu Sakurai, Kimikazu Sasa, Hakime Seddik, Yasuyuki Shibata, Kunio Shinbori, Keisuke Suzuki, Toshitaka Suzuki, Akiyoshi Takahashi, Kunio Takahashi, Shuhei Takahashi, Morimasa Takata, Yoichi Tanaka, Ryu Uemura, Genta Watanabe, Okitsugu Watanabe, Tetsuhide Yamasaki, Kotaro Yokoyama, Masakazu Yoshimori, Takayasu Yoshimoto

    Science Advances   3 巻 ( 2 ) 頁: e1600446   2017年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.1600446

    Web of Science

  13. Climate dependent contrast in surface mass balance in East Antarctica over the past 216 ka 査読有り

    F. PARRENIN, S. FUJITA, A. ABE-OUCHI, K. KAWAMURA, V. MASSON-DELMOTTE, H. MOTOYAMA, F. SAITO, M. SEVERI, B. STENNI, R. UEMURA, E. W. WOLFF

    Journal of Glaciology   62 巻 ( 236 ) 頁: 1037   2016年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/jog.2016.85

  14. Physicochemical properties of bottom ice from Dome Fuji, inland East Antarctica 査読有り

    Ohno Hiroshi, Iizuka Yoshinori, Hori Akira, Miyamoto Atsushi, Hirabayashi Motohiro, Miyake Takayuki, Kuramoto Takayuki, Fujita Shuji, Segawa Takahiro, Uemura Ryu, Sakurai Toshimitsu, Suzuki Toshitaka, Motoyama Hideaki

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-EARTH SURFACE   121 巻 ( 7 ) 頁: 1230-1250   2016年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2015JF003777

    Web of Science

  15. Spatial distributions of soluble salts in surface snow of East Antarctica 査読有り

    Yoshinori Iizuka, Hiroshi Ohno, Ryu Uemura, Toshitaka Suzuki, Ikumi Oyabu, Yu Hoshina, Kotaro Fukui, Motohiro Hirabayashi, Hideaki Motoyama

    Tellus B   68 巻 ( 0 )   2016年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3402/tellusb.v68.29285

  16. Sulfur isotopic composition of surface snow along a latitudinal transect in East Antarctica 査読有り

    Ryu Uemura, Kosuke Masaka, Kotaro Fukui, Yoshinori Iizuka, Motohiro Hirabayashi, Hideaki Motoyama

    Geophys. Res. Lett.   43 巻 ( 11 ) 頁: 5878   2016年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2016gl069482

  17. Acquisition of isotopic composition for surface snow in East Antarctica and the links to climatic parameters 査読有り

    Alexandra Touzeau, Amaëlle Landais, Barbara Stenni, Ryu Uemura, Kotaro Fukui, Shuji Fujita, Sarah Guilbaud, Alexey Ekaykin, Mathieu Casado, Eugeni Barkan, Boaz Luz, Olivier Magand, Gr{\'{e}}gory Teste, Emmanuel Le~Meur, M{\'{e}}lanie Baroni, Joël Savarino, Ilann Bourgeois, Camille Risi

    The Cryosphere   10 巻 ( 2 ) 頁: 837   2016年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/tc-10-837-2016

  18. Precise oxygen and hydrogen isotope determination in nanoliter quantities of speleothem inclusion water by cavity ring-down spectroscopic techniques 査読有り

    Ryu Uemura, Masashi Nakamoto, Ryuji Asami, Satoru Mishima, Masakazu Gibo, Kosuke Masaka, Chen Jin-Ping, Chung Che Wu, Yu Wei Chang, Chuan Chou Shen

    Geochimica et Cosmochimica Acta   172 巻   頁: 159-176   2016年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gca.2015.09.017

    Scopus

  19. Late Holocene coral reef environment recorded in Tridacnidae shells from archaeological sites in Okinawa-jima, subtropical southwestern Japan 査読有り

    Asami R, Konishi M, Tanaka K, Uemura R, Furukawa M, Shinjo R

    Island Arc   24 巻 ( 1 ) 頁: 61-72   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/iar.12076

  20. Chemical compositions of sulfate and chloride salts over the last termination reconstructed from the Dome Fuji ice core, inland Antarctica 査読有り

    Oyabu I, Iizuka Y, Uemura R, Miyake T, Hirabayashi M, Motoyama H, Sakurai T, Suzuki T, Hondoh T

    Journal of Geophysical Research Atmospheres   119 巻 ( 24 ) 頁: 14045-14058   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/2014JD022030

  21. 日本-スウェーデン共同南極トラバース2007/2008実施報告(1)企画立案・事前準備と科学研究成果の概要 査読有り

    藤田秀二, 福井幸太郎, 中澤文男, 榎本浩之, 杉山慎, 藤井理行, 藤田耕史, 古川晶雄, 原圭一郎, 保科優, 五十嵐誠, 飯塚芳徳, 伊村智, 本山秀明, スーディクスィルヴィアン, 植村立

    南極資料   58 巻 ( 3 ) 頁: 352 - 392   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: http://dx.doi.org/doi/10.15094/00010711

  22. Direct linking of Greenland and Antarctic ice cores at the Toba eruption (74 ka BP) 査読有り

    A. Svensson, M. Bigler, T. Blunier, H. B. Clausen, D. Dahl-Jensen, H. Fischer, S. Fujita, K. Goto-Azuma, S. J. Johnsen, K. Kawamura, S. Kipfstuhl, M. Kohno, F. Parrenin, T. Popp, S. O. Rasmussen, J. Schwander, I. Seierstad, M. Severi, J. P. Steffensen, R. Udisti, R. Uemura, P. Vallelonga, B. M. Vinther, A. Wegner, F. Wilhelms, and M. Winstrup

    Climate of the Past   9 巻 ( 2 ) 頁: 749-766   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/cp-9-749-2013

  23. Ranges of moisture-source temperature estimated from Antarctic ice cores stable isotope records over glacial-interglacial cycles 査読有り

    Ryu Uemura, Valérie Masson-Delmotte, Jean Jouzel, Amaelle Landais, Hideaki Motoyama, Barbara Stenni

    Climate of the Past   8 巻   頁: 1109-1125   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.5194/cp-8-1109-2012

  24. Factors controlling isotopic composition of precipitation on Okinawa Island, Japan: Implications for paleoclimate reconstruction in the East Asian Monsoon region 査読有り

    Ryu Uemura, Nao Yonezawa, Kei Yoshimura, Ryuji Asami, Hisashi Kadena, Keita Yamada, Naohiro Yoshida

    Journal of Hydrology   475 巻   頁: 314–322   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhydrol.2012.10.014

  25. Process-evaluation of tropospheric humidity simulated by general circulation models using water vapor isotopologues: 1. Comparison between models and observations 査読有り

    Camille Risi, David Noone , John Worden , Christian Frankenberg , Gabriele Stiller , Michael Kiefer , Bernd Funke , Kaley A. Walker , Peter Bernath , Matthias Schneider , Debra Wunch , Vanessa Sherlock , Nicholas Deutscher , David Griffith , Paul Wennberg , Sandrine Bony , Jeonghoon Lee , Derek Brown , Ryu Uemura , Christophe Sturm

    Journal of Geophysical Research   117 巻 ( 117 ) 頁: D05303, 26 PP   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2011JD016621

  26. Sulphate-climate coupling over the past 300,000 years in inland Antarctica 査読有り

    Yoshinori Iizuka, Ryu Uemura, Hideaki Motoyama, Toshitaka Suzuki, Takayuki Miyake, Motohiro Hirabayashi, and Takeo Hondoh

    Nature   490 巻 ( 7418 ) 頁: 81-84   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature11359

  27. A comparison of the present and last interglacial periods in six Antarctic ice cores 査読有り

    V. Masson-Delmotte, D. Buiron, A. Ekaykin, M. Frezzotti, H. Gallée, J. Jouzel, G. Krinner, A. Landais, H. Motoyama, H. Oerter, K. Pol, D. Pollard, C. Ritz, E. Schlosser, L. C. Sime, H. Sodemann, B. Stenni, R. Uemura, and F. Vimeux

    Climate of the Past   7 巻 ( 7 ) 頁: 397-423   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/cp-7-397-2011

  28. Spatial and temporal variability of snow accumulation rate on the East Antarctic ice divide between Dome Fuji and EPICA DML 査読有り

    S. Fujita, P. Holmlund, I. Andersson, I. Brown, H. Enomoto, Y. Fujii1, K. Fujita, K. Fukui, T. Furukawa, M. Hansson, K. Hara, Y. Hoshina, M. Igarashi, Y. Iizuka, S. Imura, S. Ingvander, T. Karlin, H. Motoyama1, F. Nakazawa, H. Oerter, L. E. Sjöberg, S. Sugiyama, S. Surdyk, J. Ström, R. Uemura, and F. Wilhelms

    The Cryosphere,   5 巻 ( 5 ) 頁: 1057-1081   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/tc-5-1057-2011

  29. Triple isotope composition of oxygen in atmospheric water vapor 査読有り

    Ryu Uemura, Eugeni Barkan, Osamu Abe, Boaz Luz

    Geophysical Research Letters   37 巻 ( 37 ) 頁: L04402   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2009GL041960

  30. Determining the 17O/16O ratio of water using a water-CO2 equilibration method: application to glacial-interglacial changes in 17O-excess from the Dome Fuji ice core, Antarctica 査読有り

    Ryu Uemura, Osamu Abe, Hideaki Motoyama

    Geochimica et Cosmochimica Acta   74 巻 ( 17 ) 頁: 4919-4936   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gca.2010.05.007

  31. 極域氷床深層コアの化学成分分析用試料の汚染除去前処理方法の検討 査読有り

    三宅隆之, 平林幹啓, 植村立, 東久美子, 本山秀明

    南極資料   53 巻 ( 3 ) 頁: 259 - 282   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  32. A study of the decontamination procedures used for chemical analysis of polar deep ice cores 査読有り

    Miyake T, Hirabayashi M, Uemura R, Goto-Azuma K, Motoyama H.

    Antarctic Record   53 巻 ( 3 ) 頁: 259-282   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Evidence of Deuterium excess in Water Vapor as an Indicator of Ocean Surface Conditions 査読有り

    R. Uemura, Y. Matsui, K. Yoshimura, H. Motoyama, and N. Yoshida

    Journal of Geophysical Research   113 巻 ( 113 ) 頁: D19114   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2008JD010209

  34. A review of Antarctic surface snow isotopic composition: observations, atmospheric circulation and isotopic modelling 査読有り

    V. Masson-Delmotte, S. Hou, A. Ekaykin, J. Jouzel, A. Aristarain, R. T. Bernardo, D. Bromwich, O. Cattani, M. Delmotte, S. Falourd, M. Frezzotti, H. Gallée, L. Genoni, E. Isaksson, A. Landais, M.M. Helsen, G. Hoffmann, J. Lopez, V. Morgan, H. Motoyama, D. Noone, H. Oerter, J.R. Petit, A. Royer, R. Uemura, G.A. Schmidt, E. Schlosser, J.C. Simões, E. Steig, B. Stenni, M. Stievenard, M.R. van den Broeke, R.S.W. van de Wal, W.J. van de Berg, F. Vimeux, J.W.C. White

    Journal of Climate   21 巻 ( 13 ) 頁: 3359–3387-3387   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1175/2007JCLI2139.1

  35. Estimation of net accumulation rate at a Patagonian glacier by ice core analyses using snow algae 査読有り

    Koshima, S., Takeuchi, N., Uetake,J. ,Shiraiwa, T., Uemura, R., Yoshida, N., Matoba, S. and Godoi, M.A.

    Global and Planetary Change   59 巻 ( 59 ) 頁: 236-244   2007年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.gloplacha.2006.11.014

    Web of Science

  36. Northern Hemisphere forcing of climatic cycles in Antarctica over the past 360,000 years 査読有り

    K. Kawamura, F. Parrenin, L. Lisiecki, R. Uemura, F. Vimeux, J. P. Severinghaus, M. A. Hutterli, T. Nakazawa, S. Aoki, J. Jouzel, M. E. Raymo, K. Matsumoto, H. Nakata, H. Motoyama, S. Fujita, K. Goto-Azuma, Y. Fujii and O. Watanabe

    Nature   448 巻 ( 7156 ) 頁: 912-916   2007年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature06015

    Web of Science

  37. Deuterium and oxygen-18 determination of microliter quantities of a water sample using an automated equilibrator 査読有り

    Uemura Ryu, Matsui Yohei, Motoyama Hideaki, Yoshida Naohiro

    RAPID COMMUNICATIONS IN MASS SPECTROMETRY   21 巻 ( 11 ) 頁: 1783-1790   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcm.3022

    Web of Science

  38. 水の安定同位体比による古気温推定の研究―極域氷床コアからの数千年スケールの気候変動の復元― 査読有り

    植村 立

    第四紀研究   46 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 164   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4116/jaqua.46.147

  39. 1-D Ice flow modeling at EPICA Dome C and Dome Fuji, East Antarctica 査読有り

    F. Parrenin, G. Dreyfus, G. Durand, S. Fujita, O. Gagliardini, F. Gillet, J. Jouzel, K. Kawamura, N. Lhomme, V. Masson-Delmotte, C. Ritz, J. Schwander, H. Shoji, R. Uemura, O. Watanabe, N. Yoshida

    Climate of the Past   3 巻 ( 2 ) 頁: 243-259   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5194/cp-3-243-2007

  40. Deuterium and Oxygen-18 Determination of Microliter Quantities of a Water Sample Using an Automated Equilibrator 査読有り

    R. Uemura, Y. Matsui, H. Motoyama, N.Yoshida

    Rapid communications in Mass Spectrometry   ( 21 ) 頁: 1783-1790   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/rcm3022

  41. Isotopic fractionation of water during snow formation: Experimental evidence of kinetic effect 査読有り

    R. Uemura, Y. Matsui, N.Yoshida, O. Abe, S. Mochizuki

    Polar Meteorology and Glaciology   ( 19 ) 頁: 1-14   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  42. Botanical and geographical origin identification of industrial ethanol by stable isotope analyses of C, H, O

    K. Ishida-Fujii, S. Goto, R. Uemura, K. Yamada, M. Sato and N. Yoshida

    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry   69 巻 ( 11 ) 頁: 2193-2199   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.69.2193

  43. An observation-based method for reconstructing ocean surface changes using a 340,000-year deuterium excess record from the Dome Fuji ice core, Antarctica 査読有り

    R. Uemura, N.Yoshida, N. Kurita, M. Nakawo, O. Watanabe

    Geophysical Research Letters   31 巻 ( 13 ) 頁: L13216   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1029/2004GL019954

  44. General tendencies of stable isotopes and major chemical constituents of the Dome Fuji Deep ice core 査読有り

    O. Watanabe, K. Kamiyama, H. Motoyama, Y. Fujii, M. Igarashi, T. Furukawa, K Goto-Azuma, T. Saito, S.Kanamori, N. Kanamori, N. Yoshida, and R. Uemura

    Memoirs of National Institute of Polar Research Special Issue   ( 57 ) 頁: 1-24   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  45. High net accumulation rates at Campo de Hielo Patagonico Sur, South America, revealed by analysis of a 45.97 m long ice core 査読有り

    T. Shiraiwa, S. Kohshima, R. Uemura, N. Yoshida, S. Matoba, J. Uetake, M. A. Godoi

    Annals of Glaciology   ( 35 ) 頁: 84-90   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 5

  1. 低温環境の科学事典

    植村 立( 担当: 共著)

    朝倉書店  2016年 

  2. 琉球列島の自然講座 サンゴ礁・島の生き物たち・自然環境

    琉球大学理学部「琉球列島の自然講座」編集委員会( 担当: 共著 ,  範囲: 3-4 「鍾乳石の内側」)

    ボーダーインク  2015年  ( ISBN:978-4-89982-272-1

  3. 新版 雪氷辞典

    公益社団法人日本雪氷学会編( 担当: 共著)

    古今書院  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  4. 極地研ライブラリー「アイスコア 地球環境のタイムカプセル」

    藤井理行 本山秀明編著( 担当: 共著)

    成山堂書店  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  5. デジタルブック最新第四紀学

    日本第四紀学会50周年電子出版編集委員会編( 担当: 共著)

    日本第四紀学会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

MISC 2

  1. 南極アイスコアの安定同位体比解析による周辺海域の温度復元 招待有り

    植村 立  

    Isotope News762 巻   頁: 18-21   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  2. 鍾乳石から気候変動を読み解く

    植村 立  

    化学と教育64 巻 ( 8 ) 頁: 388 - 389   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

    DOI: 10.20665/kakyoshi.64.8_388

講演・口頭発表等 18

  1. A stalagmite-inferred hydroclimate record over the past 1200 years in a western Pacific island 国際会議

    Ryu UEMURA, Ryuji ASAM, Mahjoor Ahmad LONE, Yu-Chen CHOU, Chuan-Chou SHEN

    American Geophysical Union Fall meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月1日 - 2020年12月17日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  2. 最終氷期GI-21における南大東島の鍾乳石の酸素同位体比変動

    植村 立, 浅海 竜司, 阿部 理, Shufang YUAN, Xianfeng WANG

    日本地球化学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月19日 - 2020年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  3. プロキシとしての水の酸素水素同位体比の基礎と展望 招待有り

    植村 立

    日本地球化学会 年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月19日 - 2020年11月21日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  4. ArCS II Cryosphere research–3 "Water and material circulations between snow-and-ice and atmosphere in seasonal sea ice regions and their impact on environment in the Arctic

    Sumito Matoba, Yoshinori Iizuka, Yuzo Miyazaki, Toshitaka Suzuki, Shohei Hattori, Ryu Uemura, Keiichiro Hara, Naga Ohshima, Tetsuhide Yamasaki and Teruo Aoki

    The 11th Symposium on Polar Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年12月18日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:online   国名:日本国  

  5. ArCS II 雪氷サブ課題3「季節海氷域における雪氷−大気間の物質・水循環解明とその気候への影響評価」の紹介

    的場 澄人, 青木 輝夫, 飯塚 芳徳, 宮崎 雄三, 鈴木 利孝, 服部 祥平, 植村 立, 原 圭一郎, 大島 長, 山崎 哲秀

    雪氷研究大会講演要旨集 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    <p></p>

    CiNii Article

  6. グリーンランド南東ドームアイスコアによる1970年代の硫酸エアロゾル組成とフラックス

    飯塚 芳徳, 植村 立, 松井 仁志, 大島 長, 的場 澄人

    雪氷研究大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月16日 - 2020年11月18日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    <p></p>

    CiNii Article

  7. A combination of fossil shell- and stalagmite-based paleoclimate reconstructions from an archaeological site of Okinawa Island, Japan 国際会議

    Ryuji Asami, Rikuto Hondoh, Ryu Uemura, Ryuichi Shinjo, Chuan-Chou Shen, Akihiro Kano, Masaki Fujita, Shinji Yamasaki, Hideko Takayanagi, Yasufumi Iryu

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月21日 - 2020年6月26日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. Speleothem as Archive of Past Volcanism: Impact of Kikai Volcano Eruption (7.3 ka) on a Remote Oceanic Island 国際会議

    Tanaka K, Miki T, Takahata N, Uemura R, Asami R, Yu T-L, Shen C-C, Shirai K, Murakami-Sugihara N, Toyama K, Sano Y

    Goldschmidt Conference 2020 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月21日 - 2020年6月26日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. The 60 years history of atmospheric sulfate formation pathways based on triple oxygen isotopic composition preserved in the SE-Dome ice core 国際会議

    Shohei Hattori, Yoshinori Iizuka, Koji Fujita, Ryu Uemura, Sakiko Ishino, Naga Oshima, Sumito Matoba, Nozomi Suzuki, Asuka Tsuruta, Joel P Savarino and Naohiro Yoshida

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月9日 - 2019年12月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. 沖縄県南大東島の石筍の高解像度微量元素分析によるイベント記録解析

    三木 翼, 高畑 直人, 杉原 奈央子, 白井 厚太朗, 植村 立, Chuan-Chou Shen, 佐野 有司

    日本地球化学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月17日 - 2019年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 沖縄県南大東島の過去1400年間の石筍の同位体比変動

    植村 立, 浅海 竜司, Mahjoor Ahmad LONE, Yu―Chen CHOU, Chuan―Chou SHEN

    日本地球化学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月17日 - 2019年9月19日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. A stalagmite-inferred hydroclimate record over the past 1400 years in Okinawa, Japan 国際会議

    Ryu UEMURA, Ryuji ASAMI, Mahjoor Ahmad LONE, Yu-Chen CHOU, Chuan-Chou SHEN

    16 th Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) annual meeting  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月28日 - 2019年8月2日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:シンガポール共和国  

  13. Stalagmite-inferred hydroclimate dynamics in East Timor over the last deglaciation 国際会議

    Chuan-Chou SHEN, Chia-Hao Hsu, Jin-Ping Hsu, Horng-Sheng Mii, Akihiro Kano, Uemura Ryu, Yue-Gau Chen, Li Lo, Tsai-Luen Yu

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月25日 - 2019年7月31日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アイルランド  

  14. SE-Domeアイスコアの硫酸三酸素同位体組成から復元される過去60年における大気硫酸生成反応の変遷

    服部 祥平、飯塚 芳徳、藤田 耕史、植村 立、石野 咲子、大島 長、鈴木 希実、的場 澄人、鶴田 明日香、Savarino Joel、吉田 尚弘

    日本地球惑星科学連合 連合大会2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月26日 - 2019年5月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. 沖縄の降水の17O-excess値を用いた水蒸気起源における相対湿度の定量的な復元

    上地 佑衣菜、植村 立

    日本地球惑星科学連合 連合大会2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月26日 - 2019年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 硬骨海綿の骨格化学組成の古海洋プロキシとしての有用性

    浅海 竜司、成瀬 貫、水山 克、植村 立、新城 竜一、伊勢 優史、藤田 喜久、坂巻 隆史

    日本地球惑星科学連合 連合大会2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月26日 - 2019年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  17. アイスコアによる過去の大気エアロゾルの復元とその変動要因 招待有り

    飯塚 芳徳、植村 立、藤田 耕史、服部 祥平、関 宰、大島 長、大野 浩、的場 澄人

    日本地球惑星科学連合 連合大会2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月26日 - 2019年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  18. 沖縄島洞穴遺跡産の淡水棲貝化石および鍾乳石による更新世後期の古気温復元

    浅海 竜司、本堂 陸斗、植村 立、新城 竜一、狩野 彰宏、藤田 祐樹、山崎 真治、高柳 栄子、井龍 康文

    日本地球惑星科学連合 連合大会2019年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月26日 - 2019年5月30日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

▼全件表示

科研費 9

  1. 洞窟内での鍾乳石コア掘削による最終氷期以降の日本の気候変動の解明

    研究課題/研究課題番号:20H00628  2020年04月 - 2024年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    植村 立

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:45370000円 ( 直接経費:34900000円 、 間接経費:10470000円 )

    長期間の気候変動データは、日射量等の変化に対する気候システムの応答を理解することに加え、気候シミュレーションの予測精度の向上のためにも必須といえる。近年、洞窟の鍾乳石の一種である石筍を用いた気候復元の研究が急速に拡大している。しかし、日本においては、大型の石筍が少なく、連続的なデータを得ることが困難であった。そこで、本計画では、洞窟内において、フローストーンと呼ばれる鍾乳石を掘削することで、連続かつ高時間分解能な気候変動データの取得を目指す。掘削したコアの安定同位体比や流体包有物の分析によって、過去の日本地域における気候変動の実態とその変動メカニズムを解明する。

  2. 世界一の確度をもつ過去200年間の沈着エアロゾルのデータベース創成と変遷解明

    研究課題/研究課題番号:18H05292  2018年06月 - 2023年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(S)

    飯塚 芳徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は1)高涵養量のためエアロゾルが変質を受けない特別な地域でアイスコアを掘削し、世界で最も確度の高い過去200年間のエアロゾルのデータベースを公開すること、2)アイスコアの最新の分析技術を駆使し、過去200年間のエアロゾルの変遷をもたらした大気化学プロセスを解明することである。これらの成果は確度の高いデータベースの提供することで環境変動予測の高度化に寄与し、その結果としてIPCCなどグローバルな環境政策に貢献する。
    2018年度は7月の採択後、計画の通りに2020年春の掘削に向けたロジスティクスの準備をした。2019年度内にベースキャンプとなるグリーンランドタシーラクへの輸送を完了させるため、ロジスティクス会社の選定・交渉をした。その結果、タシーラクから現地へのヘリコプターオペレーションを含む、2019年度・2020年度のロジスティクスプランを構築した。掘削に必要な物資の調達を始めており、これは2019年度も引き続き続けていく。あわせて、掘削に必要な掘削機の手配を始めた。
    2018年11月に共同研究者(分担者及び連携研究者)を集めて、研究集会を開催した。濃密な議論を行い、計画書では250mとしていたアイスコア掘削を300mと目標設定を高めることとなった。かなりチャレンジングな目標設定ではあるが、これは共同研究者らがこのアイスコア掘削プロジェクトに対する期待の大きさの裏付けともいえる。2019年度、期待に沿えるよう全力を尽くし、掘削準備を続けていく。
    2015年に採取した90mのアイスコアを用いた成果公開を続けた。2018年度は有機エアロゾルであるレボグルコ酸が森林火災の指標になることなどの成果を国際紙で公開した。
    計画書(申請書の年次計画)のとおりに掘削準備が順調に進んでいるため。
    300m掘削機の購入をすすめる。あわせて、航空機チャーターなどのグリーンランド南東ドームへのロジスティクスをすすめる。特に、2019年度中に日本からグリーンランドへの物資の輸送を完了させ、2020年春の掘削に備える。グリーンランドでの掘削シーズンは春である。申請者らは南東ドーム周辺をよく熟知し、300m掘削に必要な物資とその輸送・アプローチのノウハウとその困難さを十分理解しており、2019年度は掘削機手配・輸送とロジスティクスの準備期間にあてる。2020年春の掘削には、現有の100m掘削機も合わせて持参し、100m、300mの2本のアイスコアを取得をめざす。現行プロジェクトで採取した90mアイスコアと合わせて、過去60年間は3本のアイスコアを保持することができる。複数のアイスコアを用いることで、アイスコア研究の弱点となるプロキシ記録の代表性の統計的信頼性を高める。申請者らはグリーンランドからのアイスコアの輸送方法にもよく熟知しており、そのノウハウを生かしてアイスコアを日本に輸入する。
    他方で、現有の過去60年間の古環境情報を有するアイスコアの分析・解釈を進め、成果の公開を進める。特に近赤外線反射率、ダスト濃度、 金属濃度、エアロゾルの同位体比、再解析データを用いたエアロゾルと雲核に関する研究を進めていき、これらの研究の中から順次、学術論文 として成果を発信していく。また、全有機炭素分析の開発およびモデル分野への連携を深め、アイスコアが採取されてから迅速に成果を創出できる体制を構築する。

  3. 近代化以前の気候天候変動の復元に向けた革新的データ同化手法の構築

    研究課題/研究課題番号:18H03794  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    芳村 圭

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    直接の気象観測がない時代にも存在する古文書に書かれた天気情報を用いた気候復元をめざし、日記に書かれた天気から雲量や日射量に換算してデータ同化を行ったところ、大気場が拘束されているのが確認できた。しかし雲量情報は、アンサンブルカルマンフィルタを用いたデータ同化理論で仮定されている正規分布には則っていないのが通常である。従って本研究では、正規分布していない変数を正規化(ガウス変換;GT)することにより、データ同化性能がどれくらい変わるのかを調べた。データ同化する変数である雲量のみを正規化した場合、データ同化を行った日本近辺で雲量のRMSEが1%程度下がったほか、別の予報変数にも好ましい影響が見られた。しかし、診断変数である降水量や短波放射量には負の影響があった。そこで雲量に加えて、降水量も正規化してデータ同化したところ、降水量の解析値の誤差が正規化しなかった場合と比べて25%程度減少した。
    また、過去2000年を対象として気候変動を表すプロキシデータを世界中の多数地点で収集し、それらの同期性を調べることでプロキシデータの時空間的影響範囲を調べたうえで、穀物価格などの社会変動イベントとの関連性を分析する研究も開始した。プロキシデータの空間代表性を定量的に定める「空間代表距離」を相互相関関数によって求めた。また短時間フーリエ変化によって「気候リスク」の高まりを定義し、ある年と地点における「気候リスク」の高まり度合いを空間代表距離を用いることで求め、「気候影響因子」として指標化をした。そうして求められた気候影響因子は小麦価格と相関関係を示し、採用する立場を裏付ける結果となった。またその関係を用いて、パリで起きた飢饉についてモデルからメカニズム解明を行った。このように気候が社会に与えた影響について、適切なプロキシデータの利用に基づき、定量的かつ順を追った分析手法を提案することに成功した。
    34件の学会発表、6件の査読付き論文の掲載から示されるように、十分な成果が得られたため。
    <同位体地球システムモデル開発及び観測-モデル融合(芳村)> 開発した同位体プロキシシステムモデル群を用いて、天気データ同化及びプロキシデータ同化を両面から進め、近年のよく観測された時代の大気状態での手法検証を行う。
    <データ同化スキーム構築(三好)> 時空間平均的な観測データをデータ同化し、シミュレーションにフィードバックするオンラインデータ同化手法の開発を継続する。時空間積算 観測量を同化する新たなデータ同化手法について、低解像度の全球大気海洋結合モデルSPEEDY-NEMOを使って、手法の確立に向けた研究を進め る。
    <同位体プロキシ分析及び古気候解析(植村)> 同位体地球システムモデルの結果を用いて、収集したアイスコアや鍾乳石の同位体比データを過去1000年間の同位体データの解釈を中心に進める。
    <古文書収集及び古天気解析(平野)> 引き続き古天気情報を収集し、アナログ情報である天気データをデータ同化システムに投入しやすい形式に変換する。さらに、20世紀再解析をはじめとする既存の長期再解析データと日記天候記録を比較し、天候記録にもとづく天気分布復元結果と日本周辺の大気場との整合性について 検討する。
    <古天気データ整備(市野)> 古天気データをデータ同化システムへ投入するためのデータ整備を行う。本年度は、昨年度構築した古天気資料の情報共有システム「れきすけ 」新バージョンへのデータ投入と、収集された古天気情報のデータ構造化に向けて、歴史天候データベースなど既存のデータベースとの統合に向けた天気情報の解析を行う。

  4. 鍾乳石の高解像度同位体分析による完新世における東アジアの気候変動の解明

    研究課題/研究課題番号:17KK0012  2018年 - 2020年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    植村 立

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:13390000円 ( 直接経費:10300000円 、 間接経費:3090000円 )

    自然要因による気候変動が人類の文明活動にどのような影響を与えてきたのかを理解するためには長期の気候データが重要である。また、そのような気候データは、気候変動のメカニズムを理解するためにも必要である。しかし、精確な年代をもつ長期間の気候変動データは日本周辺には少ない。本課題では、人類の文明活動と関連が強い完新世における沖縄地域の気候変動を高時間分解能で明らかにすることを目的として、沖縄本島および周辺離島で得た完新世をカバーする石筍試料を用いて研究を行う。特に、高解像度の年代モデルを構築するために、国際共同研究を通じて多くのウラン・トリウム年代測定を実施することで高解像度の気候変動を明らかにすることを主な目的としている。また、本研究を通して、今後の国際的連携推進の基盤となるネットワークを構築する。
    本研究では、精確な長期間の気候変動データを得るために年代軸(X軸)と気温や降水量等の気候指標(Y軸) の両方の分析を並行して進める。今年度は、ウラン・トリウム年代測定を国立台湾大学および南洋理工大学(シンガポール)に滞在して実施した。特に、昨年度にスクリーニングで発見した過去2千年を含む試料について重点的に分析を進めた。また、新しい試料のスクリーニング分析も行った。これらの試料の気温等の指標として石筍の安定同位体比分析を実施した。また、シンガポール滞在時に開催された国際会議で研究成果の報告を行った。
    南陽理工大(シンガポール)・台湾大学でのウラン・トリウム年代測定の実施などはおおむね計画通りに進捗した。しかし、分析装置の故障と修理、移設作業等で同位体比分析は当初計画よりも時間を要した。年度後半の出張計画も遅れた。
    必要なデータはそろいつつあるので、データ解析に重点を移しながら国際共同研究として進める。昨年度末から深刻化した新型コロナウィルスの対策による入国・出国制限があり、今年度の訪問計画は流動的である。分析と解析の方針はすでに合意済みであり、試料はそれぞれの機関に輸送済みなので、訪問できなくても共同研究に必要なU-Th分析の実施は可能ではある。

  5. 南極氷床と気候の変動及び相互作用

    研究課題/研究課題番号:17H06320  2017年06月 - 2022年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

    川村 賢二

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    <氷床コア関連>ドームふじ氷床コアの各分析やデータ解析により環境復元や変動メカニズム解析を進めるとともに、同コアと他のアイスコアや海底コアとの年代統合や環境復元に関するデータをさらに蓄積した。特に、約12万年前や約40万年前の間氷期について、ドームふじコアの気体分析や取得済みデータの解析を進め、精密年代統合に寄与するデータを得た。最終間氷期前の氷期最寒期を対象に、ドームふじコアのメタン濃度及びO2同位体比の詳細データから、間氷期に至る退氷の始まりを示す可能性のある変化を見出した。ダストやエアロゾルに関する各種分析・解析の結果は複数の論文として出版した。CO2濃度復元を目的とした切削法抽出装置を組み上げ、テスト分析が可能になった。ドームふじコアの年代軸の刷新に向けた年代モデルにかかる共同研究も進めた。フィルン空気や積雪の分析なども引き続き進め、氷床コアへの環境情報記録プロセスの研究も進めた。
    <広域雪氷観測>東南極ドロンニングモードランド(DML)地域の表面質量収支の時空間変動を明らかにするため、1990年代から取得されてきた雪尺等の観測データの解析(データの代表性や不確実性検討、モデル班や公募班との連携)を進めた。昨シーズンの国際共同観測(日本、米国、ノルウェー)を含む内陸の雪氷観測データについて、基盤地形の精緻化や氷床流動、表面質量収支に着目して解析を進めた。
    <氷河・海洋観測>ラングホブデ氷河に初年度に観測した棚氷下の海洋データと、棚氷下に設置した係留系から通年で得られたデータを解析し、季節・経年変化を含めた底面融解の理解を進めた。人工衛星データや気象データの解析、他班との意見交換を通じ、海洋変化と氷床変動の関係や、氷床融解が海洋環境にもたらす影響の検討を進めた。棚氷下で採取した海水や海底堆積物の分析を実施した。
    おおむね計画通りに進捗しているため。
    主に令和2年度について記載する。
    <氷床コア関連>:手法の改良と氷床コア分析をさらに進める。特に約12万年前や約40万年前の間氷期について、ドームふじコアの気体分析や取得済みデータの解析を進め、精密年代統合に寄与するデータを得る。連続融解法によるメタンや化学成分の分析も継続する。また、南極氷床への空気取り込み過程や氷と空気の年代差の理解のため、NDFN地点で採取したフィルン空気の分析と解析を進める。南極沿岸における海氷由来物質の動態を調べるため、昭和基地において採取した冬期を含む積雪試料の分析を行う。
    <広域雪氷観測>氷床モデリングやアイスコアシグナル解釈の基礎となる基盤地形や氷床流動、堆積環境、雪の化学組成などに関する知見を得るため、南極沿岸から内陸にかけての現場観測により広域で得られてきた雪尺データや雪試料データの解析を進める。2018年度の南極内陸での国際共同雪氷観測(日本、米国、ノルウェー)で取得したデータについては、基盤地形の精緻化や氷床流動、内陸での表面質量収支に着目して解析を進める。
    <氷床縁辺部の観測>ラングホブデ氷河の変動と海洋との相互作用に着目し、接地線より内陸側における現場観測と無人観測装置の設置を行う。また、接地線より海側に設置した無人観測装置で取得したデータを解析し、棚氷下の海洋環境と氷河流動、棚氷底面融解速度の研究を進める。棚氷下で採取した海水や海底堆積物の分析も継続し、棚氷下における物質循環や生態系に関わる知見の蓄積もさらに進める。

  6. 新規同位体分析法を駆使した石筍古気候記録の定量的解読

    研究課題/研究課題番号:16H02235  2016年04月 - 2020年03月

    狩野 彰宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    新規同位体(炭酸凝集同位体と流体包有物同位体)を適用することで,日本国内から採集した石筍とトゥファを用いて定量的古気候解析を行った。国内での適用が遅れていた炭酸凝集同位体については分析システムを九州大学で構築し,国内で初めてΔ47ー温度換算式を提示することができた。炭酸凝集同位体と流体包有物同位体は広島県・三重県・沖縄県で採集された石筍に対して適用され,酸素同位体比が持つ温度成分と降水量成分を分離するなどの成果を得た。これにより,石筍に記録された気温情報は中期完新世は現在より温暖であることもわかった。また,中国での先行研究で示された酸素同位体比と降水量の相関は日本の試料では確認されなかった。
    本研究の目的の1つに,現在より温暖な時期を特定し,その期間の気候情報を復元することで,温暖化地球での自然災害の規模を頻度の予測につなげることにある。広島県や三重県の分析結果からは8~5千年前の中期完新世の気温が産業革命時よりも3℃ほど高かったことを示す。この時期の降水量については定量性に乏しいものの現在よりやや多いと考えられ,温暖化地球での水害の規模と頻度も増加すると予測される。また,本研究では炭酸凝集同位体や赤外線レーザー分光法などの技術的な革新も生まれ,国内の古気候研究の発展に寄与する成果も生まれた。

  7. 鍾乳石の流体包有物同位体分析による第四紀古気候学の新展開

    研究課題/研究課題番号:15H01729  2015年04月 - 2019年03月

    植村 立

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:45760000円 ( 直接経費:35200000円 、 間接経費:10560000円 )

    分析手法は、乾燥・破砕・データ処理プロセスの自動化と改良等により簡略化することができた。また、予期していなかった前処理時の加熱による同位体再平衡の問題を発見し、この効果を定量的に見積もることで、今後の解析に重要な基礎的知見を得た。洞窟観測と石筍採取は、ほぼ計画通りに実施できた。気候復元に向けた分析は分析計の故障により遅れたものの、期待していた最終退氷期における連続的な流体包有物の同位体比データは取得することができた。また、降水の酸素17に関する新しい知見も得られた。沖縄の鍾乳石からは、最終氷期最盛期からベーリングアレレード温暖期にかけての温暖化を示す定量的な気温データを初めて得ることができた。
    気候変動のメカニズムを理解するためには、長期間のデータが必要である。陸域の気候変動の記録媒体として鍾乳石は重要だが、定量的な気候復元は困難であった。本研究では、鍾乳石に閉じ込められた流体包有物の同位体比に注目して、過去の気温変動の定量的な復元を目指した研究を実施した。分析手法の地道な改良と検証実験により流体包有物の同位体比がほとんど変質を受けずに過去の降水の情報を保存していることが分かった。この結果は今後の鍾乳石の流体包有物研究の基礎的な知見として意義がある。また、沖縄の鍾乳石からは、最終氷期最盛期から現在の間氷期にかけての温暖化が開始する際の定量的な気温データを初めて得ることができた。

  8. グリーンランド氷床コアに含まれる水溶性エアロゾルを用いた人為的気温変動の解読

    研究課題/研究課題番号:26257201  2014年04月 - 2019年03月

    飯塚 芳徳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    グリーンランド内陸の寒冷な地域を選定し、深さ100mの氷コアを掘削した。掘削した新しいアイスコアを用いて、エアロゾルの組成分析、同位体比などこれまでアイスコアでは行われてこなかった水溶性エアロゾルに関する新しい環境指標を抽出し、新しい環境指標を含むアイスコアの総合的な分析から人為起源水溶性エアロゾルの変遷を再評価した。その結果、過去60年間の硫酸イオンや硝酸イオンフラックスを復元し、人為起源排出量と対比したところ、アイスコア中の硝酸フラックスは21世紀以降、下げ止まりをしていることが分かった。
    エアロゾルの寒冷化メカニズムを評価する一つの有力な取り組みとして、近年の人為起源水溶性エアロゾルの変遷を解読し、 過去から現在のエアロゾル変遷と気温変動の関係をふまえて将来予測をしていく方法がある。北極グリーンランド氷床コアは産業革命を起こした欧州や北米に近く、低温のためエアロゾルが良く保存されており、人為起源エアロゾルの変遷を評価するにあたり、最適の古環境媒体である。本研究は21世紀に入ってからの欧州や北米の硝酸エアロゾルの排出抑制よりも実際に大気中に存在している硝酸エアロゾルは高い値を維持していることを明らかにした。

  9. 南極アイスコアの硫黄同位体比を用いた気候フィードバック機構の解明

    研究課題/研究課題番号:26550013  2014年04月 - 2018年03月

    植村 立

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    硫酸エアロゾルは、直接・間接効果を通して気候変動に影響を与える物質である。これまでの研究では、氷期サイクルにおける硫酸エアロゾルの変動は小さいことが示されている。しかし、硫酸エアロゾルには複数の起源があるために、起源ごとの変動は未解明である。本研究では、南極の硫酸エアロゾルの起源推定を行うために、南極氷床の表面雪とアイスコアの硫黄安定同位体比の分析を行った。現在の表面雪の分析結果から、輸送過程による同位体効果は小さく、海洋生物起源活動が主な起源であることが明らかになった。アイスコアの分析では、硫黄同位体比は、最終氷期から完新世にかけての温暖化に対応して、高くなる傾向を示した。

▼全件表示