2021/05/06 更新

写真a

ヨゴ ナオユキ
與語 直之
YOGO Naoyuki
所属
未来社会創造機構 産学協同研究部門 バイオデバイス加工研究部門(旭硝子) 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2021年3月   名古屋大学 ) 

研究分野 3

  1. ナノテク・材料 / ナノバイオサイエンス

  2. ライフサイエンス / 腫瘍診断、治療学

  3. ライフサイエンス / 呼吸器内科学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. イムノウォールデバイス開発

経歴 4

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構   特任助教

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学 未来社会創造機構 ナノライフシステム研究所   ナノバイオデバイス・ライフサイエンス・ELSI/EHS研究部門

    2019年12月 - 2020年3月

  3. 名古屋大学医学部附属病院   呼吸器内科   病院助教

    2019年4月 - 2020年3月

  4. 名古屋大学大学院工学研究科   生命分子工学専攻 分子生命化学講座 ナノバイオ計測化学   研究員

    2017年4月 - 2019年3月

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   総合医学専攻

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    1999年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本内科学会   会員

  2. 日本呼吸器学会   会員

  3. 日本呼吸器内視鏡学会   会員

  4. 日本アレルギー学会   会員

  5. 日本肺癌学会   会員

  6. 日本感染症学会   会員

  7. 日本医師会

▼全件表示

 

論文 26

  1. Comparing incidences of infusion site reactions between brand-name and generic vinorelbine in patients with non-small cell lung cancer 査読有り 国際誌

    Ozawa Naoya, Hase Tetsunari, Hatta Takahiro, Sagara Atsunobu, Ichikawa Kazuya, Miyazaki Masayuki, Yogo Naoyuki, Ando Masahiko, Hashimoto Naozumi, Yamada Kiyofumi, Hasegawa Yoshinori

    BRITISH JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY   87 巻 ( 3 ) 頁: 1318 - 1326   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:British Journal of Clinical Pharmacology  

    DOI: 10.1111/bcp.14516

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Development of an immuno-wall device for the rapid and sensitive detection of EGFR mutations in tumor tissues resected from lung cancer patients 国際誌

    Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Kasama Toshihiro, Nishiyama Keine, Ozawa Naoya, Hatta Takahiro, Shibata Hirofumi, Sato Mitsuo, Komeda Kazuki, Kawabe Nozomi, Matsuoka Kohei, Chen-Yoshikawa Toyofumi Fengshi, Kaji Noritada, Tokeshi Manabu, Baba Yoshinobu, Hasegawa Yoshinori

    PLOS ONE   15 巻 ( 11 ) 頁: e0241422   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0241422

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Short hydration with 20 mEq of magnesium supplementation for lung cancer patients receiving cisplatin-based chemotherapy: a prospective study 査読有り

    Hase Tetsunari, Miyazaki Masayuki, Ichikawa Kazuya, Yogo Naoyuki, Ozawa Naoya, Hatta Takahiro, Ando Masahiko, Sato Mitsuo, Kondo Masashi, Yamada Kiyofumi, Hasegawa Yoshinori

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   25 巻 ( 11 ) 頁: 1928 - 1935   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01755-1

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Exosomal Analysis of ALK Rearrangements by Spin Column with Porous Glass Filter

    Hatta T., Hase T., Ozawa N., Yogo N., Yukawa H., Tanaka H., Onoshima D., Sato M., Hori M., Baba Y., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   14 巻 ( 10 ) 頁: S676 - S676   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  5. The Subunit eIF2 ss of Translation- Initiation Factor EIF2 Is a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer

    Sato Mitsuo, Tanaka Ichidai, Goto Daiki, Kato Toshio, Kakumu Tomohiko, Miyazawa Ayako, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sekido Yoshitaka, Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1181-1181   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  6. The Subunit eIF2 ss of Translation- Initiation Factor EIF2 Is a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer 査読有り

    Sato Mitsuo, Tanaka Ichidai, Goto Daiki, Kato Toshio, Kakumu Tomohiko, Miyazawa Ayako, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sekido Yoshitaka, Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1181   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  7. Development of the immuno-wall device for rapid detection of ALK and ROS1 fusions in lung cancer

    Yogo N., Hase T., Kasama T., Hatta T., Ozawa N., Sato M., Kaji N., Tokeshi M., Baba Y., Hasegawa Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   頁: .   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  8. Development of the immuno-wall device for rapid detection of ALK and ROS1 fusions in lung cancer

    Yogo N, Hase T, Kasama T, Hatta T, Ozawa N, Sato M, Kaji N, Tokeshi M, Baba Y, Hasegawa Y

    ANNALS OF ONCOLOGY   29 巻   頁: .   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Short Hydration Regimen with a Modified Dose of Magnesium Supplementation for Lung Cancer Patients Receiving Cisplatin-Based Chemotherapy

    Hase T., Miyazaki M., Ichikawa K., Yogo N., Ozawa N., Ando M., Morise M., Sato M., Kondo M., Yamada K., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   13 巻 ( 10 ) 頁: S880-S880   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  10. eIF2 beta, a subunit of translation-initiation factor EIF2, is a potential therapeutic target for non-small cell lung cancer 査読有り

    Tanaka Ichidai, Sato Mitsuo, Kato Toshio, Goto Daiki, Kakumu Tomohiko, Miyazawa Ayako, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sekido Yoshitaka, Girard Luc, Minna John D., Byers Lauren A., Heymach John V., Coombes Kevin R., Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 6 ) 頁: 1843 - 1852   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.13602

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Development of the immuno-wall device for rapid, low-cost detection of EGFR mutations in tumor samples from patients with lung cancer

    Yogo N., Hase T., Kasama T., Ozawa N., Sato M., Kaji N., Tokeshi M., Baba Y., Hasegawa Y.

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   頁: .   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. Identification of Proteosomal Catalytic Subunit PSMA6 as a Therapeutic Target for Lung Cancer through a Pooled shRNA Screen

    Sato M., Kakumu T., Goto D., Kato T., Yogo N., Hase T., Morise M., Fukui T., Yokoi K., Sekido Y., Girard L., Minna J., Byers L., Heymach J., Coombes K., Kondo M., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   12 巻 ( 11 ) 頁: S2277-S2278   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  13. Development of the immuno-wall device for rapid, low-cost detection of EGFR mutations in tumor samples from patients with lung cancer 査読有り

    Yogo N, Hase T, Kasama T, Ozawa N, Sato M, Kaji N, Tokeshi M, Baba Y, Hasegawa Y

    ANNALS OF ONCOLOGY   28 巻   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  14. Identification of proteasomal catalytic subunit PSMA6 as a therapeutic target for lung cancer.

    Kakumu T, Sato M, Goto D, Kato T, Yogo N, Hase T, Morise M, Fukui T, Yokoi K, Sekido Y, Girard L, Minna JD, Byers LA, Heymach JV, Coombes KR, Kondo M, Hasegawa Y

    Cancer science   108 巻 ( 4 ) 頁: 732 - 743   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.13185

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Cytochrome c oxidase subunit 5a (COX5A) is identified as a potential therapeutic target for lung cancer with high therapeutic index through a pooled shRNA screen 査読有り

    Toshio Kato, Mitsuo Sato, Masashi Kondo, Tomohiko Kakumu, Naoyuki Yogo, Tetsunari Hase, Masahiro Morise, Yoshionori Hasegawa, John D. Minnna, Luc Girard

    CANCER RESEARCH   76 巻   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER ASSOC CANCER RESEARCH  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2016-206

    Web of Science

  16. Cyclin-Dependent kinase11 (CDK11) Is Crucial for Growth of Lung Cancer Cells

    Kakumu Tomohiko, Sato Mitsuo, Kato Toshio, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kondo Masashi, Sekido Yoshitaka, Hasegawa Yoshinori

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 巻 ( 9 ) 頁: S472-S472   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  17. Cyclin-Dependent kinase11 (CDK11) Is Crucial for Growth of Lung Cancer Cells 査読有り

    Tomohiko Kakumu, Mitsuo Sato, Toshio Kato, Naoyuki Yogo, Tetsunari Hase, Masahiro Morise, Masashi Kondo, Yoshitaka Sekido, Yoshinori Hasegawa

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 巻 ( 9 ) 頁: S472 - S472   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

  18. Development of Microfluidic Devices for Rapid, Low-Cost Detection of EGFR Mutations in Cytological Samples from Patients with Lung Cancer

    Hase Tetsunari, Kasama Toshihiro, Nishiwaki Nanako, Yogo Naoyuki, Sato Mitsuo, Kaji Noritada, Kondo Masashi, Tokeshi Manabu, Baba Yoshinobu, Hasegawa Yoshinori

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 巻 ( 9 ) 頁: S585 - S585   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  19. Development of Microfluidic Devices for Rapid, Low-Cost Detection of EGFR Mutations in Cytological Samples from Patients with Lung Cancer 査読有り

    Tetsunari Hase, Toshihiro Kasama, Nanako Nishiwaki, Naoyuki Yogo, Mitsuo Sato, Noritada Kaji, Masashi Kondo, Manabu Tokeshi, Yoshinobu Baba, Yoshinori Hasegawa

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   10 巻 ( 9 ) 頁: S585 - S585   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE INC  

    Web of Science

  20. Growth inhibitory effects of miR-221 and miR-222 in non-small cell lung cancer cells 査読有り

    Yamashita Ryo, Sato Mitsuo, Kakumu Tomohiko, Hase Tetsunari, Yogo Naoyuki, Maruyama Eiichi, Sekido Yoshitaka, Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER MEDICINE   4 巻 ( 4 ) 頁: 551 - 564   2015年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Medicine  

    DOI: 10.1002/cam4.412

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. P2-9-7 気管支閉鎖症の2例(気道狭窄,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    近藤 千晶, 鈴木 嘉洋, 鈴木 妙子, 岡地 祥太郎, 今井 直幸, 長谷 哲成, 麻生 裕紀, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 渡辺 尚宏, 長谷川 好規, 與語 直之, 宮崎 晋一, 加藤 俊夫, 織田 恒幸, 大舘 満, 松下 明弘, 中平 健一

    気管支学   36 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.Special_S282_4

    CiNii Article

  22. P1-9-6 キシロカインアレルギー症例に対してテトラカインを用いて気管支鏡を施行した2例(安全対策,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    鈴木 嘉洋, 織田 恒幸, 中平 健一, 鈴木 妙子, 岡地 祥太郎, 麻生 裕紀, 長谷 哲成, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今井 直幸, 長谷川 好規, 松下 明弘, 宮崎 晋一, 與語 直之, 大舘 満, 加藤 俊夫, 近藤 千晶, 渡辺 尚宏

    気管支学   36 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.Special_S248_3

    CiNii Article

  23. P1-8-1 経気管支肺生検にて確定診断がついたIntravascular large B-cell lymphomaの一例(びまん性疾患/BAL 2,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    織田 恒幸, 與語 直之, 渡辺 尚宏, 鈴木 嘉洋, 中平 健一, 麻生 裕紀, 長谷 哲成, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今井 直幸, 長谷川 好規, 岡地 祥太郎, 鈴木 妙子, 近藤 千晶, 松下 明弘, 大舘 満, 加藤 俊夫, 宮崎 晋一

    気管支学   36 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.Special_S245_1

    CiNii Article

  24. P1-12-2 当院にて経験したEWSを用いた気管支充填術9症例の検討(EWS 1,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    中平 健一, 渡辺 尚宏, 鈴木 嘉洋, 鈴木 妙子, 岡地 群太郎, 麻生 裕紀, 長谷 哲成, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今井 直幸, 長谷川 好規, 松下 明弘, 大舘 満, 織田 恒幸, 加藤 俊夫, 近藤 千晶, 宮崎 晋一, 與語 直之

    気管支学   36 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.Special_S253_2

    CiNii Article

  25. CBDCA plus PEMETREXED plus BEVACIZUMAB AND ITS MAINTENANCE CHEMOTHERAPY AS A SECOND LINE IN A CASE OF SOLE BREAST METASTASIS FROM LUNG ADENOCARCINOMA AFTER COMPLETE RESPONSE BY GEFITINIB AS A FIRST-LINE CHEMOTHERAPY 査読有り

    K. Sato, M. Yoshihara, Y. Takeyama, N. Yogo, M. Ohdate, Y. Fukui, H. Gonda, R. Suzuki

    ANNALS OF ONCOLOGY   23 巻   頁: 146 - 146   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    Web of Science

  26. P12-3 当院における超音波気管支内視鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)自験例56例の検討(EBUS3,ポスター12,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    佐藤 和秀, 竹山 佳宏, 梶川 茂久, 與語 直之, 大舘 満, 福井 保太, 権田 秀雄, 鈴木 隆二郎

    気管支学   34 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.Special_S218_3

    CiNii Article

▼全件表示

MISC 30

  1. 肺癌における迅速なEGFR・ALK・ROS1遺伝子検査を目的としたマイクロ免疫診断チップ開発

    與語 直之, 長谷 哲成, 笠間 敏博, 八田 貴広, 小沢 直也, 佐藤 光夫, 馬場 嘉信, 長谷川 好規  

    日本内科学会雑誌108 巻 ( Suppl. ) 頁: 283 - 283   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    J-GLOBAL

  2. eIF2b is a Potential Therapeutic Target for Non-small Cell Lung Cancer(和訳中)

    田中 一大, 佐藤 光夫, 加藤 俊夫, 後藤 大輝, 各務 智彦, 宮沢 亜矢子, 與語 直之, 長谷 哲成, 森瀬 昌宏, 関戸 好孝, 近藤 征史, 長谷川 好規  

    肺癌58 巻 ( 6 ) 頁: 669 - 669   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  3. 非小細胞肺癌に対する新規治療標的としての転写開始因子EIF2サブユニットEIF2β(The Subunit eIF2β of Translation-Initiation Factor EIF2 Is a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer)

    佐藤 光夫, 田中 一大, 後藤 大輝, 加藤 俊夫, 各務 智彦, 宮沢 亜矢子, 與語 直之, 長谷 哲成, 森瀬 昌弘, 関戸 好孝, 近藤 征史, 長谷川 好規  

    日本癌学会総会記事77回 巻   頁: 1819 - 1819   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  4. 肺癌体細胞変異の免疫学的診断システムの開発 組織検体におけるEGFR遺伝子変異の検出

    與語 直之, 長谷 哲成, 小沢 直也, 佐藤 光夫, 長谷川 好規  

    気管支学40 巻 ( Suppl. ) 頁: S224 - S224   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

  5. イムノウォールデバイスの開発と遺伝子変異たんぱく質の検出

    中股征哉, 笠間敏博, 笠間敏博, 長谷哲成, 與語直之, 與語直之, 小沢直也, 真栄城正寿, 石田晃彦, 佐藤光夫, 加地範匡, 谷博文, 長谷川好規, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 渡慶次学  

    化学系学協会北海道支部冬季研究発表会(Web)2018 巻   頁: ROMBUNNO.2C18 (WEB ONLY)   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  6. 胸水細胞ライセート中の肺癌関連タンパク検出デバイスの開発

    石川広弥, 笠間敏博, 與語直之, 長谷哲成, 小野島大介, 湯川博, 近藤征史, 加地範匡, 長谷川好規, 馬場嘉信, 馬場嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集36th 巻   頁: 68   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  7. スプライシング因子EFTUD2のノックダウンは非小細胞肺癌細胞株の増殖を抑制する

    加藤 俊夫, 佐藤 光夫, 長谷 哲成, 森瀬 昌宏, 與語 直之, 後藤 大輝, 宮沢 亜矢子, 近藤 征史, 長谷川 好規  

    肺癌57 巻 ( 5 ) 頁: 443 - 443   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  8. 胸水細胞溶解液中の肺癌関連タンパク検出デバイスの開発

    石川広弥, 笠間敏博, 與語直之, 長谷哲成, 近藤征史, 加地範匡, 長谷川好規, 馬場嘉信  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)97th 巻   頁: ROMBUNNO.2A1‐18   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  9. 翻訳開始因子Eurokaryotic initiation factor 2 subunit 2(EIF2S2)は非小細胞肺癌細胞株の増殖を抑制する

    加藤 俊夫, 佐藤 光夫, 與語 直之, 長谷 哲成, 森瀬 昌宏, 後藤 大輝, 宮沢 亜矢子, 近藤 征史, 長谷川 好規  

    肺癌56 巻 ( 6 ) 頁: 685 - 685   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  10. 肺がん患者に対するシスプラチン併用化学療法に関する、short hydration法の安全性評価

    與語 直之, 長谷 哲成, 後藤 大輝, 宮沢 亜矢子, 加藤 俊夫, 森瀬 昌宏, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 荒木 理沙, 市川 和哉, 宮崎 雅之, 長谷川 好規  

    肺癌56 巻 ( 6 ) 頁: 717 - 717   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  11. 肺癌治療標的としてのプロテアソームサブユニット遺伝子PSMA6

    佐藤 光夫, 各務 智彦, 加藤 俊夫, 與語 直之, 長谷 哲成, 森瀬 昌宏, 福井 高幸, 横井 香平, Girard Luc, Minna John, 近藤 征史, 長谷川 好規  

    日本癌学会総会記事75回 巻   頁: E - 1085   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  12. 胸水細胞溶解液中の遺伝子変異型上皮成長因子受容体検出デバイスの開発

    石川広弥, 笠間敏博, 與語直之, 長谷哲成, 近藤征史, 加地範匡, 長谷川好規, 馬場嘉信  

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)96th 巻   頁: ROMBUNNO.1PB‐048   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  13. 肺癌体細胞遺伝子変異の免疫学的診断デバイスの開発

    笠間敏博, 笠間敏博, 長谷哲成, 石川広弥, 石川広弥, 與語直之, 近藤征史, 加地範匡, 加地範匡, 加地範匡, 渡慶次学, 渡慶次学, 渡慶次学, 長谷川好規, 長谷川好規, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信, 馬場嘉信  

    化学とマイクロ・ナノシステム学会研究会講演要旨集32nd 巻   頁: 111   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  14. 肺がん治療標的としてのCDK11の可能性

    各務 智彦, 佐藤 光夫, 加藤 俊夫, 與語 直之, 長谷 哲成, 森瀬 昌宏, 近藤 政史, 関戸 好孝, 長谷川 好規  

    日本癌学会総会記事74回 巻   頁: P - 2212   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本癌学会  

  15. Development of Microfluidic Devices for Rapid, Low-Cost Detection of EGFR Mutations in Cytological Samples from Patients with Lung Cancer 査読有り

    Hase Tetsunari, Kasama Toshihiro, Nishiwaki Nanako, Yogo Naoyuki, Sato Mitsuo, Kaji Noritada, Kondo Masashi, Tokeshi Manabu, Baba Yoshinobu, Hasegawa Yoshinori  

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY10 巻 ( 9 ) 頁: S585-S585   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  16. 気管支鏡で直視所見を有する症例に対するガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)併用気管支内生検の有用性と安全性の検討

    伊藤 亮太, 今井 直幸, 高嶋 浩司, 與語 直之, 岡地 祥太郎, 青山 大輔, 犬飼 朗博, 安藤 昌彦, 今泉 和良, 長谷川 好規  

    気管支学37 巻 ( 4 ) 頁: 375 - 381   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    背景. 直視所見を有する病変には直視下で生検、擦過、洗浄などを施行し、診断を試みることが多いが、出血により十分な検査が施行できない場合がある。目的. ガイドシース挿入可能な直視所見を有する病変に対してEBUS-GS法を行い、その有効性と安全性について検討した。方法. 2009年4月7日から2014年1月21日までに、名古屋大学附属病院で直視所見を有する病変に対してEBUS-GS併用気管支内生検を行った15症例(GS群)を対象とし、その診断率と安全性を検討した。また直視下で生検を行った27症例を直視生検群とし、比較検討を行った。結果. 全15症例中、14例(93.3%)で診断可能であり、重篤な合併症は認められなかった。GS群の病変部位は区域支が主であり(14例/15例[93.3%])、またGS群における診断率は直視生検群と比較し、93.3%と85.2%で有意差は認めなかった。なお病変が粘膜下病変であるもしくは壊死組織に覆われている場合に、生検による病理組織診断が得られにくい傾向を認めた。生検回数はGS群、直視生検群でそれぞれ中央値9回(6〜12回)と7回(5〜9回)であり、GS群で有意に多かった(P=0.012)。またGS/直視生検併用群6例を除いたGS群9例と直視生検群27例では、両群ともに止血剤の使用割合はほぼ同等であったが、検査後の発熱や低酸素血症などの合併症の割合は11.1%、29.6%とGS群で少ない傾向にあり、また平均検査時間は43.9±15.8分、57.6±14.9分と有意にGS群で短かった(P=0.024)。結論. ガイドシースを挿入可能な直視所見を有する病変に対してEBUS-GS法は安全かつ十分な回数の生検が可能で、有用な方法であると考えられた。(著者抄録)

    DOI: 10.18907/jjsre.37.4_375

    CiNii Article

  17. Growth inhibitory effects of miR-221 and miR-222 in non-small cell lung cancer cells 査読有り

    Yamashita Ryo, Sato Mitsuo, Kakumu Tomohiko, Hase Tetsunari, Yogo Naoyuki, Maruyama Eiichi, Sekido Yoshitaka, Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori  

    CANCER MEDICINE4 巻 ( 4 ) 頁: 551-564   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cam4.412

    Web of Science

  18. Immuno-wall lab-on-chip companion diagnostic devices for rapid and low-cost detection of mutant epidermal growth factor receptors (EGFR) from cytological samples in lung cancer patients

    T. Kasama, T. Hase, N. Nishiwaki, N. Yogo, M. Sato, M. Kondo, N. Kaji, M. Tokeshi, Y. Hasegawa, Y. Baba  

    MicroTAS 2015 - 19th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences   頁: 925 - 927   2015年

     詳細を見る

    © 15CBMS-0001. In the present study, we propose immuno-wall lab-on-a-chip companion diagnostic devices for epidermal growth factor receptor (EGFR) tyrosine kinase inhibitors (TKI) such as erlotinib and gefitinib. The lysates of cytological samples including pleural effusion in lung cancer patients were successfully analyzed within 20 minutes. This is the first experiment demonstrating the detection of mutated EGFRs in the pleural effusion by microdevices. Our devices have a great potential to become the next generation companion diagnostic devices which overcome the problems of currently available methods.

    Scopus

  19. マイクロRNA miR-221とmiR-222は非小細胞肺癌に二峰性に作用する

    山下 良, 佐藤 光夫, 長谷 哲成, 丸山 英一, 各務 智彦, 加藤 俊夫, 與語 直之, 近藤 征史, 長谷川 好規  

    肺癌54 巻 ( 5 ) 頁: 362 - 362   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本肺癌学会  

  20. 当院にて経験したEWSを用いた気管支充填術9症例の検討

    中平 健一, 今井 直幸, 松下 明弘, 大舘 満, 織田 恒幸, 加藤 俊夫, 近藤 千晶, 宮崎 晋一, 與語 直之, 渡辺 尚宏, 鈴木 嘉洋, 鈴木 妙子, 岡地 祥太郎, 麻生 裕紀, 長谷 哲成, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 長谷川 好規  

    気管支学36 巻 ( Suppl. ) 頁: S253 - S253   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

    DOI: 10.18907/jjsre.36.Special_S253_2

    CiNii Article

  21. 気管支閉鎖症の2例

    近藤 千晶, 渡辺 尚宏, 與語 直之, 宮崎 晋一, 加藤 俊夫, 織田 恒幸, 大舘 満, 松下 明弘, 中平 健一, 鈴木 嘉洋, 鈴木 妙子, 岡地 祥太郎, 今井 直幸, 長谷 哲成, 麻生 裕紀, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 長谷川 好規  

    気管支学36 巻 ( Suppl. ) 頁: S282 - S282   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本呼吸器内視鏡学会  

  22. 当院における超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS‐TBNA)施行症例の検討

    竹山佳宏, 鈴木隆二郎, 権田秀雄, 大舘満, 與語直之, 佐藤和秀, 福井保太  

    気管支学34 巻   頁: S218   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.18907/jjsre.34.Special_S218_1

    J-GLOBAL

  23. 結核性髄膜炎・脊椎カリエスを併発した若年発症の粟粒結核の1例

    大舘満, 鈴木隆二郎, 権田秀雄, 梶川茂久, 與語直之, 福井保太, 倉橋祐子  

    結核85 巻 ( 10 ) 頁: 761   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  24. 慢性咳嗽を主訴に来院したアレルギー性気管支肺真菌症の一例

    坂まりえ, 鈴木隆二郎, 権田秀雄, 伸健浩, 山下良, 與語直之, 大舘満, 福井保太, 倉橋祐子  

    東三医学会誌 ( 32 ) 頁: 7 - 10   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  25. 治療に難渋した比較的稀な気腫性肺嚢胞合併アスペルギルス症の2例

    大原啓示, 角三和子, 中山雅人, 石川寛, 加藤毅人, 近藤弘史, 成田久仁夫, 與語直之, 近藤千紘, 鈴木隆二郎  

    日本気胸・嚢胞性肺疾患学会雑誌9 巻 ( 1 ) 頁: 102   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  26. 当科における気管支鏡検査による非結核性抗酸菌MACの検出状況

    権田秀雄, 鈴木隆二郎, 菅沼伸一, 伸健浩, 山下良, 大館満, 與語直之, 山本景三  

    気管支学31 巻   頁: S11   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.18907/jjsre.31.Special_S111_2

    J-GLOBAL

  27. 70歳代 女性 長期の経過をたどった心弁膜症

    與語直之, 木田直樹, 前多松喜  

    豊橋市民病院臨床病理検討会(CPC)記録集3 巻   頁: 193 - 199   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  28. 70歳代 男性 動注療法を施行した急性膵炎の症例

    與語直之, 石川英樹, 前多松喜, 河崎秀陽  

    豊橋市民病院臨床病理検討会(CPC)記録集3 巻   頁: 163 - 170   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  29. 肺大細胞癌小腸転移の1例

    大倉俊昭, 鈴木隆二郎, 菅沼伸一, 伸健浩, 山下良, 與語直之, 大舘満, 牧野壮壱, 権田秀雄, 金田成康  

    東三医学会誌 ( 31 ) 頁: 49   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  30. 右頚部の腫瘤で発症し,剖検にてはじめて肺癌原発巣が明らかになった右肺尖部肺大細胞癌の一例

    権田秀雄, 鈴木隆二郎, 山下良, 伸健浩, 大館満, 與語直之, 福井保太, 山本景三, 近藤雅幸, 安藤豪, 松影昭一, 前多松喜  

    日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会プログラム・予稿集61st 巻   頁: 95   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等 7

  1. Immuno-wall lab-on-chip companion diagnostic devices for rapid and low-cost detection of mutant epidermal growth factor receptors (EGFR) from cytological samples in lung cancer patients

    Kasama T.

    MicroTAS 2015 - 19th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  2. P2-9-7 気管支閉鎖症の2例(気道狭窄,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    近藤 千晶, 鈴木 嘉洋, 鈴木 妙子, 岡地 祥太郎, 今井 直幸, 長谷 哲成, 麻生 裕紀, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 渡辺 尚宏, 長谷川 好規, 與語 直之, 宮崎 晋一, 加藤 俊夫, 織田 恒幸, 大舘 満, 松下 明弘, 中平 健一

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  3. P1-8-1 経気管支肺生検にて確定診断がついたIntravascular large B-cell lymphomaの一例(びまん性疾患/BAL 2,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    織田 恒幸, 與語 直之, 渡辺 尚宏, 鈴木 嘉洋, 中平 健一, 麻生 裕紀, 長谷 哲成, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今井 直幸, 長谷川 好規, 岡地 祥太郎, 鈴木 妙子, 近藤 千晶, 松下 明弘, 大舘 満, 加藤 俊夫, 宮崎 晋一

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  4. P1-9-6 キシロカインアレルギー症例に対してテトラカインを用いて気管支鏡を施行した2例(安全対策,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    鈴木 嘉洋, 織田 恒幸, 中平 健一, 鈴木 妙子, 岡地 祥太郎, 麻生 裕紀, 長谷 哲成, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今井 直幸, 長谷川 好規, 松下 明弘, 宮崎 晋一, 與語 直之, 大舘 満, 加藤 俊夫, 近藤 千晶, 渡辺 尚宏

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  5. P1-12-2 当院にて経験したEWSを用いた気管支充填術9症例の検討(EWS 1,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    中平 健一, 渡辺 尚宏, 鈴木 嘉洋, 鈴木 妙子, 岡地 群太郎, 麻生 裕紀, 長谷 哲成, 若原 恵子, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今井 直幸, 長谷川 好規, 松下 明弘, 大舘 満, 織田 恒幸, 加藤 俊夫, 近藤 千晶, 宮崎 晋一, 與語 直之

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  6. P12-3 当院における超音波気管支内視鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)自験例56例の検討(EBUS3,ポスター12,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    佐藤 和秀, 竹山 佳宏, 梶川 茂久, 與語 直之, 大舘 満, 福井 保太, 権田 秀雄, 鈴木 隆二郎

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  7. P12-1 当院における超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)施行症例の検討(EBUS3,ポスター12,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)

    竹山 佳宏, 鈴木 隆二郎, 権田 秀雄, 大舘 満, 與語 直之, 佐藤 和秀, 福井 保太

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

    CiNii Article

▼全件表示

科研費 2

  1. 肺癌バイオマーカーの多項目分析のためのマイクロ免疫診断チップ開発

    研究課題/研究課題番号:19K16796  2019年04月 - 現在

    平成31年度科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)   若手研究

    與語 直之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    一般病院において一般臨床検査として実施可能な、肺癌治療選択に直結する複数のバイオマーカーを微量検体からでも迅速・低コストに検出できるマイクロ免疫診断システムを開発する。
    そのため、肺癌細胞株由来の検体を用いて各バイオマーカーに対する市販抗体・試薬等の最適化及び検査工程の標準化をそれぞれ行った上で、既に開始している臨床研究で収集した臨床検体及び名古屋大学医学部附属病院が保有するバイオバンク検体を用いて性能評価を行う計画である。
    準備段階において、既に開発したマイクロ免疫診断チップを用いて肺癌細胞株由来検体及び既存の肺癌患者由来臨床検体における上皮成長因子受容体(EGFR)common mutation(Exon19 E746_A750del及びExon21 L858R)・野生型の検討は行っている。しかし、他にEGFR uncommon mutationとして、exon18 G719X、exon20 insertion、exon20 S768I、exon21 L861Q等があり、それぞれにおいて第一世代(ゲフィチニブ・エルロチニブ)、第二世代(アファチニブ)、第三世代(オシメルチニブ)EGFRチロシンキナーゼ阻害薬に対する奏効割合が異なるという報告がなされている。そこで、既存臨床検体におけるEGFR uncommon mutation検出に関する検討を追加し、EGFR common mutation検出に関する結果と合わせて論文投稿を行った。現在査読中である。
    また、臨床試験を継続し、引き続き順調に肺癌患者より臨床検体の収集を行っている(名古屋大学医学部生命倫理委員会承認番号:2014-0171)。
    感度向上については、Enzyme linked immuno sorbent assay(ELISA)で用いられている酵素・基質反応の応用を検討した結果、高いバックグラウンドが生じる原因として洗浄工程に問題があると考えられたため、洗浄液に用いる界面活性剤の種類・濃度を検証し最適化することで、従来の蛍光標識抗体を用いるアッセイ法の検出限界からおよそ100万倍の感度向上を達成することが可能となり、特許出願するに至った(特願2019-134763)。
    EGFR mutationについては、更に深く(uncommon mutationまで)検討することができた。
    また、性能評価で用いるべく臨床検体の収集も順調に進んでいる。
    感度向上についても、酵素・基質反応の応用によるおよそ100万倍の向上を達成することができ、より低濃度のタンパク質を標的とすることが可能となった。
    既に治療薬が臨床応用されている、EGFR以外の遺伝子(ALK・ROS1・BRAF)及びPD-L1の検出法を確立すべく、まずは各肺癌細胞株由来の検体を用いて抗体・試薬等検査工程の最適化・標準化をそれぞれ行う。
    また、感度向上については更に量子ドット等新たな検出技術の導入も検討し、最終的には血液中の超微量な標的タンパク質検出(Liquid Biopsy)を目指したい。

  2. アノイキス抵抗性に基づいた網羅的な肺癌ドライバー遺伝子特定の研究

    研究課題/研究課題番号:26293197  2014年04月 - 2017年03月

    佐藤 光夫

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    肺癌の新規治療標的発見を目的とした。まず(1)正常ヒト気管支上皮細胞発癌モデル(HBEC)を用い、癌細胞の代表的な悪性形質であるであるアノイキス(アポトーシスの一種)への抵抗性に基づいたプールshRNAライブラリーによる網羅的な腫瘍抑制遺伝子の特定を行った。HBECのアノイキス抵抗性に寄与する遺伝子としてRNF146を特定したが、その結果は肺癌細胞株では再現されなかった。次に、(2)肺癌細胞株H460を用いて、プールshRNAライブラリーによる網羅的ノックダウンと遺伝子発現およびコピー数解析の統合解析を実施した。肺癌の新規治療標的としてプロテアソームサブユニット遺伝子PSMA6を同定した。
    肺癌は難治癌の代表であり、新しい有効な治療方法の開発は社会的に重要な課題である。本研究は肺癌の新規治療標的の発見を目的とした。肺癌細胞株を用いて、プールshRNAライブラリーによる網羅的ノックダウン手法を用いた機能的なスクリーニングと肺癌における遺伝子発現量およびコピー数の統合解析を実施した。その結果、肺癌の新規治療標的としてプロテアソームサブユニット遺伝子PSMA6を同定し、結果を論文発表した。

産業財産権 1

  1. 分析デバイス

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-134763  出願日:2019年7月22日