2021/04/20 更新

写真a

ツボタ ショウマ
坪田 庄真
TSUBOTA Shoma
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 生物化学 助教
職名
助教

学位 2

  1. 博士(医学) ( 2017年10月   名古屋大学 ) 

  2. 修士(医科学) ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 神経芽腫

  2. 腫瘍生物学

  3. 分子生物学

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 腫瘍生物学

経歴 1

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 総合医学専攻 生物化学   助教

    2019年4月 - 現在

 

論文 10

  1. Combination of tumor necrosis factor-alpha and epidermal growth factor induces the adrenergic-to-mesenchymal transdifferentiation in SH-SY5Y neuroblastoma cells

    Huang Yue, Tsubota Shoma, Nishio Nobuhiro, Takahashi Yoshiyuki, Kadomatsu Kenji

    CANCER SCIENCE   112 巻 ( 2 ) 頁: 715 - 724   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14760

    Web of Science

    Scopus

  2. Thymidylate synthase inhibitor raltitrexed can induce high levels of DNA damage inMYCN-amplified neuroblastoma cells 査読有り 国際誌

    Yamashita Ken, Kiyonari Shinichi, Tsubota Shoma, Kishida Satoshi, Sakai Ryuichi, Kadomatsu Kenji

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 7 ) 頁: 2431 - 2439   2020年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14485

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. 新規tagmentation-assisted PCR法を用いたCD19キメラ抗原受容体遺伝子導入T細胞の遺伝子挿入部位解析(Integration mapping of CD19 chimeric antigen receptor T cells by novel tagmentation-assisted PCR) 査読有り 国際誌

    濱田 太立, 奥野 友介, 西尾 信博, 鈴木 哲, 川島 希, 村松 秀城, 坪田 庄真, Wilson Matthew H., 盛田 大介, 片岡 伸介, 市川 大輔, 村上 典寛, 谷口 理恵子, 鈴木 喬悟, 小島 大英, 関屋 由子, 西川 英里, 成田 敦, 濱 麻人, 小島 勢二, 中沢 洋三, 高橋 義行

    臨床血液   59 巻 ( 9 ) 頁: 1586 - 1586   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本血液学会-東京事務局  

  4. Integration Mapping of piggyBac-Mediated CD19 Chimeric Antigen Receptor T Cells Analyzed by Novel Tagmentation-Assisted PCR 査読有り 国際誌

    Hamada Motoharu, Nishio Nobuhiro, Okuno Yusuke, Suzuki Satoshi, Kawashima Nozomu, Muramatsu Hideki, Tsubota Shoma, Wilson Matthew H., Morita Daisuke, Kataoka Shinsuke, Ichikawa Daisuke, Murakami Norihiro, Taniguchi Rieko, Suzuki Kyogo, Kojima Daiei, Sekiya Yuko, Nishikawa Eri, Narita Atsushi, Hama Asahito, Kojima Seiji, Nakazawa Yozo, Takahashi Yoshiyuki

    EBIOMEDICINE   34 巻   頁: 18 - 26   2018年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EBioMedicine  

    DOI: 10.1016/j.ebiom.2018.07.008

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Origin and initiation mechanisms of neuroblastoma 査読有り 国際誌

    Tsubota Shoma, Kadomatsu Kenji

    CELL AND TISSUE RESEARCH   372 巻 ( 2 ) 頁: 211 - 221   2018年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell and Tissue Research  

    DOI: 10.1007/s00441-018-2796-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Development of the sympathoadrenal lineage from neural crest and neuroblastoma 査読有り 国際誌

    Tsubota Shoma, Kadomatsu Kenji

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 22 - 22   2018年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  7. Neurocan, an extracellular chondroitin sulfate proteoglycan, stimulates neuroblastoma cells to promote malignant phenotypes 査読有り 国際誌

    Su Zhendong, Kishida Satoshi, Tsubota Shoma, Sakamoto Kazuma, Cao Dongliang, Kiyonari Shinichi, Ohira Miki, Kamijo Takehiko, Narita Atsushi, Xu Yinyan, Takahashi Yoshiyuki, Kadomatsu Kenji

    ONCOTARGET   8 巻 ( 63 ) 頁: 106296 - 106310   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncotarget  

    DOI: 10.18632/oncotarget.22435

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. PRC2-Mediated Transcriptomic Alterations at the Embryonic Stage Govern Tumorigenesis and Clinical Outcome in MYCN-Driven Neuroblastoma 査読有り 国際誌

    Tsubota Shoma, Kishida Satoshi, Shimamura Teppei, Ohira Miki, Yamashita Satoshi, Cao Dongliang, Kiyonari Shinichi, Ushijima Toshikazu, Kadomatsu Kenji

    CANCER RESEARCH   77 巻 ( 19 ) 頁: 5259 - 5271   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Research  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-16-3144

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Neuroblastoma stem cells and CFC1 査読有り 国際誌

    Tsubota Shoma, Kadomatsu Kenji

    ONCOTARGET   8 巻 ( 28 ) 頁: 45032 - 45033   2017年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.18464

    Web of Science

    PubMed

  10. Origin and mechanism of neuroblastoma 査読有り 国際誌

    Tsubota S.

    Oncoscience   4 巻 ( 7-8 ) 頁: 70 - 72   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncoscience  

    DOI: 10.18632/oncoscience.360

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

科研費 2

  1. MYCNとEZH2が引き起こすエピゲノム異常による神経芽腫発生機構の解明

    研究課題/研究課題番号:20K16355  2020年04月 - 2022年03月

    若手研究

    坪田 庄真

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では、神経芽腫のがん遺伝子として知られるMYCNによる発がんにおいて、MYCNとエピゲノム制御複合体PRC2の責任分子であるEZH2が物理的に結合する意義・その機構を解明する。具体的に、MYCNとEZH2の結合様式を明らかにし、EZH2と結合しないMYCN変異体を用いて神経芽腫の発生を検証する。また、それぞれのゲノム上での局在やエピゲノム修飾、遺伝子発現を網羅的に解析する。

  2. MYCN-PRC2を基軸にしたエピゲノム異常による神経芽腫発生機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18K15208  2018年04月 - 2020年03月

    若手研究

    坪田 庄真

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    小児がんの1つである神経芽腫は、がん遺伝子として知られるMYCNにより引き起こされる。これまで研究代表者は、MYCNによる神経芽腫の発生に、EZH2と言うエピゲノム制御因子が重要であり、MYCNと結合すること、EZH2機能を阻害することで神経芽腫の増殖を抑えられることを報告した。本研究課題では、MYCNとEZH2が結合することが神経芽腫の発生に必須であるかどうかを検討したが、そもそもMYCNの一部がEZH2との結合に必要であるという既報を再現できず、研究期間内に目的の達成には至らなかった。
    MYCNの過剰発現は神経芽腫を引き起こす原因の1つであるが、その構造的特性から特異的な阻害剤の開発は困難である。そのため、MYCNによるがん化の詳細な機構を解明することで、MYCNそのものではなくMYCNにより引き起こされる異常を標的とした治療薬の開発が可能となる。本研究はその基盤となるMYCNとEZH2の結合が、MYCNによる神経芽腫の発生に必須であるということを調査するものであり、これが達成されればこの結合阻害が新たな治療標的になりうる。