2021/04/01 更新

写真a

ハヤシ ゴウスケ
林 剛介
HAYASHI Gosuke
所属
大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学 准教授
職名
准教授
連絡先
メールアドレス

研究キーワード 3

  1. ペプチド化学

  2. タンパク質化学合成

  3. エピジェネティクス

研究分野 2

  1. ナノテク・材料 / 生体化学

  2. ナノテク・材料 / 生物分子化学

経歴 13

  1. 名古屋大学   工学研究科 生命分子工学専攻   准教授

    2019年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   工学研究科 生命分子工学専攻   准教授

    2019年3月 - 現在

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学   准教授

    2019年3月 - 現在

  4. 東京大学   工学系研究科 化学生命工学専攻   助教授

    2013年2月 - 2019年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京大学   工学系研究科 化学生命工学専攻   助教

    2013年2月 - 2019年2月

  6. 東京大学   先端科学技術研究センター   助教授

    2012年6月 - 2013年1月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 東京大学   先端科学技術研究センター   特任助教

    2012年6月 - 2013年1月

  8. ボストン大学   バイオメディカル工学専攻   博士研究員(日本学術振興会 特別研究員PDおよび海外特別研究員)

    2011年2月 - 2012年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. ボストン大学   バイオメディカル工学専攻   博士研究員(日本学術振興会 特別研究員PDおよび海外特別研究員)

    2011年2月 - 2012年5月

  10. 東京大学   先端科学技術研究センター   博士研究員(日本学術振興会 特別研究員PD)

    2009年4月 - 2011年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 東京大学   先端科学技術研究センター   博士研究員(日本学術振興会 特別研究員PD)

    2009年4月 - 2011年2月

  12. 大阪大学   理学研究科 化学専攻   日本学術振興会 特別研究員DC1

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 大阪大学   理学研究科 化学専攻   日本学術振興会 特別研究員DC1

    2006年4月 - 2009年3月

▼全件表示

学歴 6

  1. 大阪大学   理学研究科   化学専攻

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 大阪大学   理学研究科   化学専攻

    2006年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   工学研究科   合成・生物化学専攻

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  4. 京都大学   工学研究科   合成・生物化学専攻

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  5. 京都大学   工学部   工業化学科

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  6. 京都大学   工学部   工業化学科

    2000年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

▼全件表示

所属学協会 10

  1. 日本化学会

  2. 日本生化学会

  3. 日本分子生物学会

  4. 日本ケミカルバイオロジー学会

  5. 日本エピジェネティクス研究会

  6. 日本ケミカルバイオロジー学会

  7. 日本エピジェネティクス研究会

  8. 日本分子生物学会

  9. 日本生化学会

  10. 日本化学会

▼全件表示

受賞 14

  1. 若い世代の特別講演賞

    2020年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 若い世代の特別講演賞

    2020年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 日本ペプチド学会 奨励賞

    2019年11月   日本ペプチド学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 日本ペプチド学会 奨励賞

    2019年11月   日本ペプチド学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 日本エピジェネティクス研究会 奨励賞

    2018年3月   日本エピジェネティクス研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. 日本エピジェネティクス研究会 奨励賞

    2018年3月   日本エピジェネティクス研究会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  7. バイオ関連化学シンポジウム 講演賞

    2017年9月   日本化学会  生体機能関連化学部会、バイオテクノロジー部会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  8. バイオ関連化学シンポジウム 講演賞

    2017年9月   日本化学会 生体機能関連化学部会、バイオテクノロジー部会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  9. 日本化学会優秀講演賞(学術)

    2017年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. 日本化学会優秀講演賞(学術)

    2017年3月   日本化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  11. Outstanding Young Researcher Poster Presentation Award

    2010年12月   PACIFICHEM2010  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  12. Outstanding Young Researcher Poster Presentation Award

    2010年12月   PACIFICHEM2010  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  13. Poster Award in 4th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry

    2005年9月   日本核酸化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  14. Poster Award in 4th International Symposium on Nucleic Acids Chemistry

    2005年9月   日本核酸化学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 48

  1. cDNA TRAP display for rapid and stable in vitro selection of antibody-like proteins.

    Kondo T, Eguchi M, Kito S, Fujino T, Hayashi G, Murakami H

    Chemical communications (Cambridge, England)   57 巻 ( 19 ) 頁: 2416 - 2419   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Communications  

    DOI: 10.1039/d0cc07541h

    Scopus

    PubMed

  2. Acetylation-modulated communication between the H3 N-terminal tail domain and the intrinsically disordered H1 C-terminal domain

    Hao Fanfan, Murphy Kevin J., Kujirai Tomoya, Kamo Naoki, Kato Junko, Koyama Masako, Okamato Akimitsu, Hayashi Gosuke, Kurumizaka Hitoshi, Hayes Jeffrey J.

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   48 巻 ( 20 ) 頁: 11510 - 11520   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nucleic Acids Research  

    DOI: 10.1093/nar/gkaa949

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. l-DNA-tagged fluorescencein situhybridization for highly sensitive imaging of RNAs in single cells

    Ogata Motoyuki, Hayashi Gosuke, Ichiu Anri, Okamoto Akimitsu

    ORGANIC & BIOMOLECULAR CHEMISTRY   18 巻 ( 40 ) 頁: 8084 - 8088   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Organic and Biomolecular Chemistry  

    DOI: 10.1039/d0ob01635g

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Toolbox for chemically synthesized histone proteins

    Nakatsu Koki, Hayashi Gosuke, Okamoto Akimitsu

    CURRENT OPINION IN CHEMICAL BIOLOGY   58 巻   頁: 10 - 19   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Current Opinion in Chemical Biology  

    DOI: 10.1016/j.cbpa.2020.04.016

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Antibody-like proteins that capture and neutralize SARS-CoV-2

    Kondo T., Iwatani Y., Matsuoka K., Fujino T., Umemoto S., Yokomaku Y., Ishizaki K., Kito S., Sezaki T., Hayashi G., Murakami H.

    SCIENCE ADVANCES   6 巻 ( 42 )   2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Science Advances  

    DOI: 10.1126/sciadv.abd3916

    Web of Science

    Scopus

  6. Fmoc-Compatible and C-terminal-Sequence-Independent Peptide Alkyl Thioester Formation Using Cysteinylprolyl Imide

    Nakatsu Koki, Yanase Masafumi, Hayashi Gosuke, Okamoto Akimitsu

    ORGANIC LETTERS   22 巻 ( 12 ) 頁: 4670 - 4674   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Organic Letters  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c01450

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Novel Strategies of Peptide Ligation for Accelerating Chemical Protein Synthesis

    Hayashi Gosuke, Okamoto Akimitsu

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   78 巻 ( 2 ) 頁: 130 - 139   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  8. Novel Strategies of Peptide Ligation for Accelerating Chemical Protein Synthesis

    Hayashi Gosuke, Okamoto Akimitsu

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   78 巻 ( 2 ) 頁: 130-139   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. タンパク質化学合成を活用した翻訳後修飾研究

    林 剛介

    ファルマシア   56 巻 ( 1 ) 頁: 46-50 - 50   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬学会  

    タンパク質化学合成法の発展により、多様な翻訳後修飾を持つタンパク質の作製が可能なってきた。本稿では、タンパク質化学合成法について解説するとともに、化学合成タンパク質を用いた翻訳後修飾研究について紹介する。特に、エピジェネティクス研究で中心的役割を果たすヒストンタンパク質の翻訳後修飾研究、また本特集のテーマであるユビキチン鎖やユビキチン化タンパク質を化学的に合成し、応用した研究例について紹介する。

    DOI: 10.14894/faruawpsj.56.1_46

    CiNii Article

  10. Novel strategies of peptide ligation for accelerating chemical protein synthesis

    Hayashi G.

    Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry   78 巻 ( 2 ) 頁: 130 - 139   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Yuki Gosei Kagaku Kyokaishi/Journal of Synthetic Organic Chemistry  

    <p>Chemical protein synthesis (CPS) that consists of solid-phase peptide synthesis and peptide ligation generates not only naturally-occurring proteins with/without posttranslational modifications (PTMs), but also a variety of artificial proteins including unnatural amino-acids such as ᴅ-amino acids and fluorophore-labeled amino acids. This unique property offers new analytical methods for protein structure and interaction in terms of PTMs. In fact, we have chemically synthesized histone proteins with PTMs, which play an important role in regulation of gene expression in eukaryotic cells, and analyzed the effects of PTMs such as methylation, acetylation, and phosphorylation. However, current CPS is still in developing process and includes several issues to be solved such as difficult handling in hydrophobic protein synthesis and time-consuming multistep process for large protein synthesis. We have approached these issues by creating new strategies for peptide ligation. One-pot ligation of five peptide segments was demonstrated for the first time by utilizing multifunctionality of thiophenol compound in deprotection of allyloxycarbonyl group by palladium complex. New thioester precursors for native chemical ligation, which have potential to offer a novel two-way one-pot ligation, have also been developed recently. Furthermore, we have been developing a new strategy for simultaneous ligation of multiple peptides on DNA scaffold, which can connect peptides in highly diluted condition. This article also describes the background and current situation of CPS with our future perspectives.</p>

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.78.130

    Scopus

    CiNii Article

  11. Chemical Synthesis of Cys-Containing Protein via Chemoselective Deprotection with Different Palladium Complexes

    Kamo Naoki, Hayashi Gosuke, Okamoto Akimitsu

    ORGANIC LETTERS   21 巻 ( 20 ) 頁: 8378 - 8382   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Organic Letters  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b03152

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Cysteinylprolyl imide (CPI) peptide: a highly reactive and easily accessible crypto-thioester for chemical protein synthesis

    Yanase Masafumi, Nakatsu Koki, Cardos Charlane Joy, Konda Yoshiki, Hayashi Gosuke, Okamoto Akimitsu

    CHEMICAL SCIENCE   10 巻 ( 23 ) 頁: 5967 - 5975   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Science  

    DOI: 10.1039/c9sc00646j

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Reaction design for highly efficient chemical protein synthesis

    Hayashi Gosuke, Okamoto Akimitsu

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   257 巻   頁: .   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Simultaneous and Traceless Ligation of Peptide Fragments on DNA Scaffold.

    Hayashi G, Yanase M, Nakatsuka Y, Okamoto A

    Biomacromolecules   20 巻 ( 3 ) 頁: 1246 - 1253   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.biomac.8b01655

    PubMed

  15. Triple Function of 4-Mercaptophenylacetic Acid Promotes One-Pot Multiple Peptide Ligation.

    Kamo N, Hayashi G, Okamoto A

    Angewandte Chemie (International ed. in English)   57 巻 ( 50 ) 頁: 16533 - 16537   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201809765

    PubMed

  16. Chemistry-Driven Epigenetic Investigation of Histone and DNA Modifications.

    Sueoka T, Koyama K, Hayashi G, Okamoto A

    Chemical record (New York, N.Y.)   18 巻 ( 12 ) 頁: 1727 - 1744   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tcr.201800040

    PubMed

  17. Efficient peptide ligation between allyl-protected Asp and Cys followed by palladium-mediated deprotection.

    Kamo N, Hayashi G, Okamoto A

    Chemical communications (Cambridge, England)   54 巻 ( 34 ) 頁: 4337 - 4340   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc01965g

    PubMed

  18. Hybridization-sensitive Fluorescent Oligonucleotide Probe Conjugated with Cell-penetrating Peptides for Enhanced Cellular Uptake

    Hayashi Gosuke, Tamai Makoto, Okamoto Akimitsu

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 12 ) 頁: 1803-1806   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.170813

  19. Regulation of the Stability of the Histone H2A-H2B Dimer by H2A Tyr57 Phosphorylation.

    Sueoka T, Hayashi G, Okamoto A

    Biochemistry   56 巻 ( 36 ) 頁: 4767 - 4772   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.biochem.7b00504

    PubMed

  20. Chemical synthesis of dual labeled proteins via differently protected alkynes enables intramolecular FRET analysis.

    Hayashi G, Kamo N, Okamoto A

    Chemical communications (Cambridge, England)   53 巻 ( 43 ) 頁: 5918 - 5921   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cc02612a

    PubMed

  21. Chemically-activatable alkyne-tagged probe for imaging microdomains in lipid bilayer membranes.

    Yamaguchi S, Matsushita T, Izuta S, Katada S, Ura M, Ikeda T, Hayashi G, Suzuki Y, Kobayashi K, Tokunaga K, Ozeki Y, Okamoto A

    Scientific reports   7 巻   頁: 41007   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep41007

    PubMed

  22. Base-Resolution Analysis of 5-Hydroxymethylcytosine by One-Pot Bisulfite-Free Chemical Conversion with Peroxotungstate.

    Hayashi G, Koyama K, Shiota H, Kamio A, Umeda T, Nagae G, Aburatani H, Okamoto A

    Journal of the American Chemical Society   138 巻 ( 43 ) 頁: 14178 - 14181   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b06428

    PubMed

  23. In vitro and in cell analysis of chemically synthesized histone H2A with multiple modifications.

    Hayashi G, Sueoka T, Okamoto A

    Chemical communications (Cambridge, England)   52 巻 ( 28 ) 頁: 4999 - 5002   2016年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c5cc10555b

    PubMed

  24. Diazirine photocrosslinking recruits activated FTO demethylase complexes for specific N(6)-methyladenosine recognition. 査読有り

    Jeong HS, Hayashi G, Okamoto A

    ACS chemical biology   10 巻 ( 6 ) 頁: 1450 - 5   2015年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cb5010096

    Web of Science

    PubMed

  25. 2-Oxazoline formation for selective chemical labeling of 5-hydroxylysine.

    Hayashi G, Sakamoto R, Okamoto A

    Chemistry, an Asian journal   10 巻 ( 5 ) 頁: 1138 - 41   2015年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.201500172

    PubMed

  26. Hybridization-sensitive fluorescent oligonucleotide probe conjugated with a bulky module for compartment-specific mRNA monitoring in a living cell.

    Hayashi G, Yanase M, Takeda K, Sakakibara D, Sakamoto R, Wang DO, Okamoto A

    Bioconjugate chemistry   26 巻 ( 3 ) 頁: 412 - 7   2015年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.bioconjchem.5b00090

    PubMed

  27. Middle-Down and Chemical Proteomic Approaches to Reveal Histone H4 Modification Dynamics in Cell Cycle: Label-Free Semi-Quantification of Histone Tail Peptide Modifications Including Phosphorylation and Highly Sensitive Capture of Histone PTM Binding Proteins Using Photo-Reactive Crosslinkers.

    Yamamoto K, Chikaoka Y, Hayashi G, Sakamoto R, Yamamoto R, Sugiyama A, Kodama T, Okamoto A, Kawamura T

    Mass spectrometry (Tokyo, Japan)   4 巻 ( 1 ) 頁: A0039   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5702/massspectrometry.A0039

    PubMed

  28. An orthogonal ribosome-tRNA pair via engineering of the peptidyl transferase center.

    Terasaka N, Hayashi G, Katoh T, Suga H

    Nature chemical biology   10 巻 ( 7 ) 頁: 555 - 7   2014年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchembio.1549

    PubMed

  29. Development of photoswitchable RNA aptamer-ligand complexes.

    Hayashi G, Nakatani K

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   1111 巻   頁: 29 - 40   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-1-62703-755-6_3

    PubMed

  30. Probe design for the effective fluorescence imaging of intracellular RNA.

    Hayashi G, Okamoto A

    Chemical record (New York, N.Y.)   13 巻 ( 2 ) 頁: 209 - 17   2013年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tcr.201200026

    PubMed

  31. A nucleic acid probe labeled with desmethyl thiazole orange: a new type of hybridization-sensitive fluorescent oligonucleotide for live-cell RNA imaging.

    Okamoto A, Sugizaki K, Yuki M, Yanagisawa H, Ikeda S, Sueoka T, Hayashi G, Wang DO

    Organic & biomolecular chemistry   11 巻 ( 2 ) 頁: 362 - 71   2013年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2ob26707a

    PubMed

  32. Activation of prokaryotic translation by antisense oligonucleotides binding to coding region of mRNA.

    Hayashi G, Hong C, Hagihara M, Nakatani K

    Biochemical and biophysical research communications   429 巻 ( 1-2 ) 頁: 105 - 10   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.10.072

    PubMed

  33. The RNA origin of transfer RNA aminoacylation and beyond.

    Suga H, Hayashi G, Terasaka N

    Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   366 巻 ( 1580 ) 頁: 2959 - 64   2011年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1098/rstb.2011.0137

    PubMed

  34. [Ribosomal synthesis of nonstandard cyclic peptides and its application to drug discovery].

    Hayashi G, Ohshiro Y, Suga H

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   82 巻 ( 6 ) 頁: 505-14   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  35. [Ribosomal synthesis of nonstandard cyclic peptides and its application to drug discovery].

    Hayashi G, Ohshiro Y, Suga H

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   82 巻 ( 6 ) 頁: 505 - 14   2010年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  36. Ribosome evolution for two artificial amino acids in E. coli.

    Hayashi G, Goto Y, Suga H

    Chemistry & biology   17 巻 ( 4 ) 頁: 320 - 1   2010年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2010.04.005

    PubMed

  37. RNA aptamers that reversibly bind photoresponsive azobenzene-containing peptides.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   15 巻 ( 2 ) 頁: 424 - 32   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.200800936

    PubMed

  38. Genotyping by allele-specific L-DNA-tagged PCR.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K

    Journal of biotechnology   135 巻 ( 2 ) 頁: 157 - 60   2008年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2008.03.011

    PubMed

  39. RNA aptamers that reversibly bind to photoresponsive peptide.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 52 ) 頁: 703 - 4   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrn355

    PubMed

  40. Photoregulation of a peptide-RNA interaction on a gold surface.

    Hayashi G, Hagihara M, Dohno C, Nakatani K

    Journal of the American Chemical Society   129 巻 ( 28 ) 頁: 8678 - 9   2007年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja071298x

    PubMed

  41. Detection of L-DNA-tagged PCR products by surface plasmon resonance imaging.

    Hayashi G, Hagihara M, Kobori A, Nakatani K

    Chembiochem : a European journal of chemical biology   8 巻 ( 2 ) 頁: 169 - 71   2007年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cbic.200600477

    PubMed

  42. Reversible regulation of binding between a photoresponsive peptide and its RNA aptamer.

    Hayashi G, Hagihara M, Dohno C, Nakatani K

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 51 ) 頁: 93 - 4   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/nrm047

    PubMed

  43. N,N'-Bis(3-aminopropyl)-2,7-diamino-1,8-naphthyridine stabilized a single pyrimidine bulge in duplex DNA.

    Suda H, Kobori A, Zhang J, Hayashi G, Nakatani K

    Bioorganic & medicinal chemistry   13 巻 ( 14 ) 頁: 4507 - 12   2005年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2005.04.035

    PubMed

  44. Small-molecule ligand induces nucleotide flipping in (CAG)n trinucleotide repeats.

    Nakatani K, Hagihara S, Goto Y, Kobori A, Hagihara M, Hayashi G, Kyo M, Nomura M, Mishima M, Kojima C

    Nature chemical biology   1 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 43   2005年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchembio708

    PubMed

  45. Application of L-DNA as a molecular tag.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 49 ) 頁: 261 - 2   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/49.1.261

    PubMed

  46. Solution structure of a small-molecular ligand complexed with CAG trinucleotide repeat DNA.

    Nakatani K, Hagihara S, Goto Y, Kobori A, Hagihara M, Hayashi G, Kyo M, Nomura M, Mishima M, Kojima C

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 49 ) 頁: 49 - 50   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/49.1.49

    PubMed

  47. Detection of guanine-adenine mismatches by surface plasmon resonance sensor carrying naphthyridine-azaquinolone hybrid on the surface.

    Hagihara S, Kumasawa H, Goto Y, Hayashi G, Kobori A, Saito I, Nakatani K

    Nucleic acids research   32 巻 ( 1 ) 頁: 278 - 86   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkh171

    PubMed

  48. SPR fingerprinting of mismatched base pair.

    Kobori A, Peng T, Hayashi G, Nakatani K

    Nucleic acids symposium series (2004)   ( 48 ) 頁: 129 - 30   2004年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nass/48.1.129

    PubMed

▼全件表示

MISC 28

  1. Reaction design for highly efficient chemical protein synthesis

    Hayashi Gosuke, Okamoto Akimitsu  

    ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY257 巻   頁: .   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  2. Hybridization-sensitive Fluorescent Oligonucleotide Probe Conjugated with Cell-penetrating Peptides for Enhanced Cellular Uptake

    Hayashi Gosuke, Tamai Makoto, Okamoto Akimitsu  

    CHEMISTRY LETTERS46 巻 ( 12 ) 頁: 1803-1806   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1246/cl.170813

    Web of Science

  3. Base-Resolution Analysis of 5-Hydroxymethylcytosine by One-Pot Bisulfite-Free Chemical Conversion with Peroxotungstate.

    Hayashi G, Koyama K, Shiota H, Kamio A, Umeda T, Nagae G, Aburatani H, Okamoto A  

    Journal of the American Chemical Society138 巻 ( 43 ) 頁: 14178-14181   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/jacs.6b06428

    PubMed

  4. In vitro and in cell analysis of chemically synthesized histone H2A with multiple modifications.

    Hayashi G, Sueoka T, Okamoto A  

    Chemical communications (Cambridge, England)52 巻 ( 28 ) 頁: 4999-5002   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1039/c5cc10555b

    PubMed

  5. Diazirine photocrosslinking recruits activated FTO demethylase complexes for specific N(6)-methyladenosine recognition.

    Jeong HS, Hayashi G, Okamoto A  

    ACS chemical biology10 巻 ( 6 ) 頁: 1450-5   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/cb5010096

    PubMed

  6. 2-Oxazoline formation for selective chemical labeling of 5-hydroxylysine.

    Hayashi G, Sakamoto R, Okamoto A  

    Chemistry, an Asian journal10 巻 ( 5 ) 頁: 1138-41   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/asia.201500172

    PubMed

  7. Hybridization-sensitive fluorescent oligonucleotide probe conjugated with a bulky module for compartment-specific mRNA monitoring in a living cell.

    Hayashi G, Yanase M, Takeda K, Sakakibara D, Sakamoto R, Wang DO, Okamoto A  

    Bioconjugate chemistry26 巻 ( 3 ) 頁: 412-7   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/acs.bioconjchem.5b00090

    PubMed

  8. Middle-Down and Chemical Proteomic Approaches to Reveal Histone H4 Modification Dynamics in Cell Cycle: Label-Free Semi-Quantification of Histone Tail Peptide Modifications Including Phosphorylation and Highly Sensitive Capture of Histone PTM Binding Proteins Using Photo-Reactive Crosslinkers.

    Yamamoto K, Chikaoka Y, Hayashi G, Sakamoto R, Yamamoto R, Sugiyama A, Kodama T, Okamoto A, Kawamura T  

    Mass spectrometry (Tokyo, Japan)4 巻 ( 1 ) 頁: A0039   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.5702/massspectrometry.A0039

    PubMed

  9. An orthogonal ribosome-tRNA pair via engineering of the peptidyl transferase center.

    Terasaka N, Hayashi G, Katoh T, Suga H  

    Nature chemical biology10 巻 ( 7 ) 頁: 555-7   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/nchembio.1549

    PubMed

  10. Development of photoswitchable RNA aptamer-ligand complexes.

    Hayashi G, Nakatani K  

    Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)1111 巻   頁: 29-40   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-1-62703-755-6_3

    PubMed

  11. Probe design for the effective fluorescence imaging of intracellular RNA.

    Hayashi G, Okamoto A  

    Chemical record (New York, N.Y.)13 巻 ( 2 ) 頁: 209-17   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/tcr.201200026

    PubMed

  12. A nucleic acid probe labeled with desmethyl thiazole orange: a new type of hybridization-sensitive fluorescent oligonucleotide for live-cell RNA imaging.

    Okamoto A, Sugizaki K, Yuki M, Yanagisawa H, Ikeda S, Sueoka T, Hayashi G, Wang DO  

    Organic & biomolecular chemistry11 巻 ( 2 ) 頁: 362-71   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1039/c2ob26707a

    PubMed

  13. Activation of prokaryotic translation by antisense oligonucleotides binding to coding region of mRNA.

    Hayashi G, Hong C, Hagihara M, Nakatani K  

    Biochemical and biophysical research communications429 巻 ( 1-2 ) 頁: 105-10   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2012.10.072

    PubMed

  14. The RNA origin of transfer RNA aminoacylation and beyond.

    Suga H, Hayashi G, Terasaka N  

    Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences366 巻 ( 1580 ) 頁: 2959-64   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1098/rstb.2011.0137

    PubMed

  15. [Ribosomal synthesis of nonstandard cyclic peptides and its application to drug discovery].

    Hayashi G, Ohshiro Y, Suga H  

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society82 巻 ( 6 ) 頁: 505-14   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    PubMed

  16. Ribosome evolution for two artificial amino acids in E. coli.

    Hayashi G, Goto Y, Suga H  

    Chemistry & biology17 巻 ( 4 ) 頁: 320-1   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.chembiol.2010.04.005

    PubMed

  17. RNA aptamers that reversibly bind photoresponsive azobenzene-containing peptides.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K  

    Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)15 巻 ( 2 ) 頁: 424-32   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/chem.200800936

    PubMed

  18. Genotyping by allele-specific L-DNA-tagged PCR.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K  

    Journal of biotechnology135 巻 ( 2 ) 頁: 157-60   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jbiotec.2008.03.011

    PubMed

  19. RNA aptamers that reversibly bind to photoresponsive peptide.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K  

    Nucleic acids symposium series (2004) ( 52 ) 頁: 703-4   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/nass/nrn355

    PubMed

  20. Photoregulation of a peptide-RNA interaction on a gold surface.

    Hayashi G, Hagihara M, Dohno C, Nakatani K  

    Journal of the American Chemical Society129 巻 ( 28 ) 頁: 8678-9   2007年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1021/ja071298x

    PubMed

  21. Detection of L-DNA-tagged PCR products by surface plasmon resonance imaging.

    Hayashi G, Hagihara M, Kobori A, Nakatani K  

    Chembiochem : a European journal of chemical biology8 巻 ( 2 ) 頁: 169-71   2007年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cbic.200600477

    PubMed

  22. Reversible regulation of binding between a photoresponsive peptide and its RNA aptamer.

    Hayashi G, Hagihara M, Dohno C, Nakatani K  

    Nucleic acids symposium series (2004) ( 51 ) 頁: 93-4   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/nass/nrm047

    PubMed

  23. N,N'-Bis(3-aminopropyl)-2,7-diamino-1,8-naphthyridine stabilized a single pyrimidine bulge in duplex DNA.

    Suda H, Kobori A, Zhang J, Hayashi G, Nakatani K  

    Bioorganic & medicinal chemistry13 巻 ( 14 ) 頁: 4507-12   2005年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.bmc.2005.04.035

    PubMed

  24. Small-molecule ligand induces nucleotide flipping in (CAG)n trinucleotide repeats.

    Nakatani K, Hagihara S, Goto Y, Kobori A, Hagihara M, Hayashi G, Kyo M, Nomura M, Mishima M, Kojima C  

    Nature chemical biology1 巻 ( 1 ) 頁: 39-43   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/nchembio708

    PubMed

  25. Application of L-DNA as a molecular tag.

    Hayashi G, Hagihara M, Nakatani K  

    Nucleic acids symposium series (2004) ( 49 ) 頁: 261-2   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/nass/49.1.261

    PubMed

  26. Solution structure of a small-molecular ligand complexed with CAG trinucleotide repeat DNA.

    Nakatani K, Hagihara S, Goto Y, Kobori A, Hagihara M, Hayashi G, Kyo M, Nomura M, Mishima M, Kojima C  

    Nucleic acids symposium series (2004) ( 49 ) 頁: 49-50   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/nass/49.1.49

    PubMed

  27. SPR fingerprinting of mismatched base pair.

    Kobori A, Peng T, Hayashi G, Nakatani K  

    Nucleic acids symposium series (2004) ( 48 ) 頁: 129-30   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/nass/48.1.129

    PubMed

  28. Detection of guanine-adenine mismatches by surface plasmon resonance sensor carrying naphthyridine-azaquinolone hybrid on the surface.

    Hagihara S, Kumasawa H, Goto Y, Hayashi G, Kobori A, Saito I, Nakatani K  

    Nucleic acids research32 巻 ( 1 ) 頁: 278-86   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/nar/gkh171

    PubMed

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. Sタンパク質結合人工抗体を用いたコロナウィルス濃縮および抗原検査法の開発

    2020年07月 - 2021年06月

    出資金による受託研究 

  2. 有機化学を基盤としたエピゲノム修飾ヌク レオソーム再構成技術の確立

    2019年10月 - 2023年03月

    特色ある大学教育支援プログラム 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 15

  1. Sタンパク質結合人工抗体を用いたコロナウィルス濃縮および抗原検査法の開発

    2020年07月 - 2021年06月

    出資金による受託研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 生体分子夾雑系で機能するD体人工抗体の開発

    2020年04月 - 2022年03月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 生体分子夾雑系で機能するD体人工抗体の開発

    2020年04月 - 2022年03月

    科学研究費助成事業  新学術領域研究(研究領域提案型)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 生体分子夾雑系で機能するD体人工抗体の開発

    研究課題/研究課題番号:20H04704  2020年04月 - 2022年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    林 剛介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    本研究では、タンパク質化学合成法と進化分子工学を用いた人工抗体取得技術を組み合わせることで、生体内や細胞内などの分子夾雑系において機能する鏡像異性体(D体)人工抗体を開発する。具体的には、標的とするタンパク質の鏡像異性体をタンパク質化学合成法によって作製し、得られたD体タンパク質を基質としてTRAP提示法(mRNA提示法の改良法)による人工抗体の選択を行う。得られた人工抗体配列をD体アミノ酸を用いて化学合成することで、目的のD体人工抗体を得る。その後、合成したD体人工抗体の結合性や免疫原性などの特性をL体人工抗体と比較することで評価する。

  5. 有機化学を基盤としたエピゲノム修飾ヌク レオソーム再構成技術の確立

    2019年10月 - 2023年03月

    文部科学省  戦略的創造研究推進事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. ポリユビキチン鎖およびユビキチン化タンパク質の高効率化学合成

    研究課題/研究課題番号:19H05287  2019年04月 - 2021年03月

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    林 剛介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    本研究では、タンパク質を化学的に作成する「タンパク質化学合成」の技術を用いてこれまで作れなかった複雑なポリユビキチン鎖およびユビキチン化タンパク質の化学合成を可能にする新手法を開発します。また、化学合成されたユビキチン鎖に特異的に結合する分子を進化分子工学の方法を用いて創製することにより、未だに明らかになっていない多様なユビキチン鎖が生命機能に与える影響の全容解明に寄与します。
    2019年度は、(A)Sortaseを用いたユビキチン化サイト含有ペプチドラベル化技術の開発、および(B)ユビキチンに結合する人工抗体の開発、の2テーマについて研究を推進した。
    テーマ(A)について
    ユビキチン化タンパク質をプロテオミクス解析の技術を用いて網羅的に解析するためには、ユビキチン化されたタンパク質を濃縮することが重要である。細胞から抽出したタンパク質画分をトリプシン等のプロテアーゼで処理した場合、ユビキチン化サイトであるリシン残基にはGly-Gly配列が残存するが、従来法ではこのGly-Gly含有ペプチドを抗体を用いて濃縮していた。しかし、この方法ではペプチドに対する親和性が弱くまた、抗体を使用するためロット差やコストの問題があるため信頼度の高いデータを得るのは困難であった。そこで我々は、末端Gly選択的に修飾を施すことのできるSortaseに注目した。今年度の研究の結果、Sortaseを用いることでGly-Gly含有ペプチドに高効率でビオチン化できること、またSortaseの逆反応を用いてペプチドを結合させたビーズ上から回収できることを示した。
    テーマ(B)について
    ユビキチンに結合する抗体、あるいは抗体様タンパク質は、ポリユビキチン化の細胞内制御やユビキチン分子の検出・濃縮に有用である。我々は、mRNAディスプレイ法の変法であるTRAPディスプレイ法を用いてユビキチンモノマーに結合する人工抗体の取得に成功した。人工抗体骨格としては、フィブロネクチン骨格を有する「モノボディ」を使用した。得られたモノボディは、ユビキチンにnM前後の結合定数で結合することが示された。また、K48およびK63鎖のポリユビキチン化反応を阻害することも示された。
    テーマ(A)については、モデルペプチドおよびビオチン化の合成、活性が向上した変異体Sortaseの作製、Sortase反応条件の最適化、Sortaseを用いた切断反応(逆反応)の提案と実証、細胞抽出液を用いたSortase反応の確認、など目的とするプロテオミクス解析の一歩手前まで1年足らずで到達したため。
    テーマ(B)については、ユビキチンに結合する人工抗体の取得だけでなく、人工抗体の発現・精製、親和性の評価、ポリユビキチン化実験の実施、などの成果を3ヶ月程度で得られたため。
    今後は、開発したSortaseを用いたGly-Gly含有ペプチドラベル化法を、佐伯領域代表および大竹先生のグループと共同して実際のプロテオミクス解析へと発展させることで、従来法(抗体を用いた濃縮法)と比較してユビキチン化サイトの同定率がどのように変化するかについて解析する。また、SerやThr残基へのユビキチン化についても同様の方法でラベル化可能かどうか、合成ペプチドを用いて評価することも行う予定である。また、昨年度取得したユビキチンモノマーに結合する人工抗体を用いてポリユビキチン化阻害実験や人工抗体の結合特性(結合選択性)の評価、細胞内発現実験を佐伯領域代表のグループと共同して行う予定である。
    2020年度から新たに、1)プロテアソーム関連因子RPN10に結合する人工抗体の開発と応用、2)ユビキチン化リボソームに結合する人工抗体の取得と応用、3)ユビキチン化タンパク質の化学合成と構造解析への応用研究、という3つのテーマをそれぞれ、佐伯領域代表グループ、稲田先生グループ、有田先生・西山先生グループ、との共同研究としてスタートする。1)に関しては、我々の研究グループの独自技術であるTRAP提示法を用いてRPN10の3つの異なるドメイン(UIM1、UIM2、RAZUL)に対して選択的に阻害することが可能な人工抗体の取得を目指して研究を実施する。2)に関しては、ペプチド合成およびペプチドライゲーション技術を駆使し、ユビキチン化されたリボソームタンパク質の部分ペプチドをまず化学的に合成した後、TRAP提示法を用いて人工抗体の取得を試みる。3)に関しては、エピジェネティクス分野で重要な「維持メチル化」機構に深く関わるジユビキチン化されたPAF15タンパク質の化学合成を行い、その後構造解析や生化学解析に応用することで新たな生物学的発見につながるような研究を実施する。

  7. DNAを足場としたペプチド断片の同時連結反応によるタンパク質の効率的化学合成

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. DNAを足場としたペプチド断片の同時連結反応によるタンパク質の効率的化学合成

    研究課題/研究課題番号:18K05313  2018年04月 - 2021年03月

    林 剛介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    2019年度は、2018年度に開発したDNA scaffold上でのペプチド連結反応を改良することで、より一般的にタンパク質化学合成を行うことのできる方法の開発を行った。
    これまでカルボン酸活性化剤を用いて行ってきた連結反応を活性化剤を使用しない方法へと変更した。具体的には、システインとチオエステル間で反応してネイティブなアミド結合を生じるNCLを用いる系の開発を行った。NCL反応には、チオエステル前駆体の合成が必要不可欠となるため新たなチオエステル前駆体の開発に着手した。システイン-プロリン-脱離基の配列を持つペプチドがS-Nアシルシフトを経て高効率にチオエステル前駆体に変換されることに着目し、固相合成上で合成可能な新たな脱離基を探索した。その結果、セリンやトレオニン側鎖の水酸基を主鎖アミド基と環化させてえられる環状イミド構造(オキサゾリジノン構造)が脱離基として優れていることを見出した。具体的には、Fmoc固相合成でC末端側にCPS(orT)-Tle (tert-Leucine)構造を持つペプチドを合成し、その後Ser or Thrの保護基を選択的に脱保護、CDIを用いた環化反応を行うことで目的のCPI(cysteinyl-prolyl-imide)構造を定量的に合成できることを示した。CPI構造のチオエステル前駆体としての機能を評価したところ、S-Nアシルシフト型チオエステル前駆体としては、最も高速・高効率で反応することを明らかにした。CPI構造を用いてヒストンタンパク質の合成に成功しており、本チオエステル前駆体の実用性を示すことが出来た。本研究は、Chemical Science誌へ論文発表しており、複数の国内、国際学会でも報告した。
    2019年度は2種類のペプチドをDNA足場上のペプチド連結反応に用いる新たなチオエステル前駆体の開発を行ったが、当初の予定以上に研究が進展し、既存のチオエステル前駆体の機能を上回る構造体の開発ができたため。
    開発したCPI構造を持つチオエステル前駆体の機能をより向上させるため、イミド構造にチアゾリジノン構造を有するものを試す。また、DNAを足場としたペプチド断片の連結反応の最適化も行う。

  9. DNAを足場としたペプチド断片の同時連結反応によるタンパク質の効率的化学合成

    2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 分解反応の遷移状態構造に立脚した新型核酸医薬を志向した核酸酵素の創製

    2015年07月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. 分解反応の遷移状態構造に立脚した新型核酸医薬を志向した核酸酵素の創製

    2015年07月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 分解反応の遷移状態構造に立脚した新型核酸医薬を志向した核酸酵素の創製

    研究課題/研究課題番号:15KT0057  2015年07月 - 2018年03月

    岡本 晃充

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    菌の増殖は、食物発酵や環境衛生に関連する分野では、モニターすべき最も基本的な情報である。今までは、採取した菌を培養しそれを顕微鏡で観察しており、さらにより詳しい情報を得るためには菌から核酸を抽出し増幅することによって元の菌の量を定量していた。菌を扱うには、簡便かつ即時的な分析が必要であるが、これまでの方法では困難だった。われわれは、その場で菌の増殖を蛍光で検出できる化学システムを構築した。増殖の元になるリボソームの存在量に合わせて蛍光を出す人工RNAを開発し、これを混ぜるだけで菌の増殖を目で見えるようにした。この新技術は、発酵や衛生など菌の増殖を取り扱う分野での菌増殖の簡単分析に有効である。

  13. ヒストンコード研究の基盤となる多様な修飾を有するヌクレオソーム構築法の開発と応用

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. ヒストンコード研究の基盤となる多様な修飾を有するヌクレオソーム構築法の開発と応用

    2013年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  若手研究(B)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. ヒストンコード研究の基盤となる多様な修飾を有するヌクレオソーム構築法の開発と応用

    研究課題/研究課題番号:25870186  2013年04月 - 2015年03月

    林 剛介

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    本研究では、エピジェネティクス研究における重要な研究対象である「ヒストンコード仮説」にアプローチするための化学的研究基盤の作製を行った。具体的には、クロマチン構造の重要構成単位である、コアヒストンH2AおよびH2B、またリンカーヒストンH1の完全化学合成をペプチド固相合成法とNative Chemical Ligation(NCL)法を組合せることで達成した。また、化学合成ヒストンがヌクレオソームおよびクロマトソーム形成能を持つことを確認し、さらには核内に局在することを明らかにした。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 12

  1. 分析化学2

    2020

  2. 化学生命工学実験1

    2020

  3. 生体分子応用化学

    2020

  4. 分析化学3

    2020

  5. 化学生命工学実験3

    2020

  6. 分子生命化学基礎論

    2020

  7. 化学実験

    2020

  8. 化学生命工学実験3

    2019

  9. 分析化学3

    2019

  10. 化学生命工学実験1

    2019

  11. 分析化学2

    2019

  12. G30 Core-Biochemistry

    2019

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 13

  1. G30 Core-Biochemistry

    Nagoya University)

  2. 生体分子応用化学

    名古屋大学)

  3. 化学生命工学実験3

    名古屋大学)

  4. 化学生命工学実験3

    名古屋大学)

  5. 化学生命工学実験1

    名古屋大学)

  6. 化学生命工学実験1

    名古屋大学)

  7. 化学実験

    名古屋大学)

  8. 分析化学3

    名古屋大学)

  9. 分析化学3

    名古屋大学)

  10. 分析化学2

    名古屋大学)

  11. 分析化学2

    名古屋大学)

  12. 分子生命化学基礎論

    名古屋大学)

  13. G30 Core-Biochemistry

    名古屋大学)

▼全件表示