2021/07/13 更新

写真a

ナカイ ヤスヒロ
中井 康博
NAKAI Yasuhiro
所属
医学部附属病院 先端医療開発部 先端医療・臨床研究支援センター 特任教授
職名
特任教授

学位 1

  1. 博士(薬学) ( 2008年3月   名古屋市立大学 ) 

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 医療技術評価学

経歴 2

  1. 名古屋大学   医学部附属病院 先端医療開発部   特任教授

    2019年 - 現在

  2. 大正製薬   医薬開発本部   副本部長

    2007年 - 2018年

 

論文 8

  1. Pharmacokinetics and safety after once and twice a day doses of meclizine hydrochloride administered to children with achondroplasia.

    Kitoh H, Matsushita M, Mishima K, Nagata T, Kamiya Y, Ueda K, Kuwatsuka Y, Morikawa H, Nakai Y, Ishiguro N

    PloS one   15 巻 ( 4 ) 頁: e0229639   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0229639

    PubMed

  2. Metabolite profiling and enzyme reaction phenotyping of luseogliflozin, a sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor, in humans. 国際誌

    Miyata A, Hasegawa M, Hachiuma K, Mori H, Horiuchi N, Mizuno-Yasuhira A, Chino Y, Jingu S, Sakai S, Samukawa Y, Nakai Y, Yamaguchi JI

    Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   47 巻 ( 4 ) 頁: 332 - 345   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00498254.2016.1193263

    Web of Science

    PubMed

  3. In vitro evaluation of potential drug interactions mediated by cytochrome P450 and transporters for luseogliflozin, an SGLT2 inhibitor. 国際誌

    Chino Y, Hasegawa M, Fukasawa Y, Mano Y, Bando K, Miyata A, Nakai Y, Endo H, Yamaguchi JI

    Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   47 巻 ( 4 ) 頁: 314 - 323   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00498254.2016.1193913

    Web of Science

    PubMed

  4. Preclinical metabolism and disposition of luseogliflozin, a novel antihyperglycemic agent. 国際誌

    Hasegawa M, Chino Y, Horiuchi N, Hachiuma K, Ishida M, Fukasawa Y, Nakai Y, Yamaguchi J

    Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   45 巻 ( 12 ) 頁: 1105 - 15   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/00498254.2015.1042947

    Web of Science

    PubMed

  5. SGLT2 inhibitor lowers serum uric acid through alteration of uric acid transport activity in renal tubule by increased glycosuria. 国際誌

    Chino Y, Samukawa Y, Sakai S, Nakai Y, Yamaguchi J, Nakanishi T, Tamai I

    Biopharmaceutics & drug disposition   35 巻 ( 7 ) 頁: 391 - 404   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/bdd.1909

    Web of Science

    PubMed

  6. A Strategy for assessing potential drug-drug interactions of a concomitant agent against a drug absorbed via an intestinal transporter in humans. 国際誌

    Mizuno-Yasuhira A, Nakai Y, Gunji E, Uchida S, Takahashi T, Kinoshita K, Jingu S, Sakai S, Samukawa Y, Yamaguchi J

    Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   42 巻 ( 9 ) 頁: 1456 - 65   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/dmd.114.058305

    Web of Science

    PubMed

  7. Luseogliflozin (TS-071) a Novel, Potent and Selective SGLT2 Inhibitor, Did not Affect the PK of Several Oral Diabetic Agents in Clinical 査読有り 国際誌

    Yasuhiro Nakai, Masaru Mutoh

    DIABETES   61 巻   頁: A607 - A607   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER DIABETES ASSOC  

    Web of Science

  8. Association of multidrug resistance-associated protein 2 single nucleotide polymorphism rs12762549 with the basal plasma levels of phase II metabolites of isoflavonoids in healthy Japanese individuals. 国際誌

    Kato K, Kusuhara H, Kumagai Y, Ieiri I, Mori H, Ito S, Nakai Y, Maeda K, Sugiyama Y

    Pharmacogenetics and genomics   22 巻 ( 5 ) 頁: 344 - 54   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/FPC.0b013e3283517012

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

MISC 8

  1. SGLT2阻害剤ルセオグリフロジンの代謝経路及び代謝酵素 国際誌

    地野 之浩, 宮田 敦徳, 長谷川 雅俊, 八馬 賢次, 森 治之, 堀内 伸子, 安平 明公, 神宮 茂司, 坂井 壮一, 寒川 能成, 中井 康博, 山口 順一, 佐々木 敬, 清野 裕  

    糖尿病58 巻 ( Suppl.1 ) 頁: S - 174   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本糖尿病学会  

    J-GLOBAL

  2. 選択的SGLT2阻害剤ルセオグリフロジンのヒト薬物トランスポーターを介した薬物間相互作用の評価 国際誌

    深沢 芳樹, 長谷川 雅俊, 間野 陽子, 地野 之浩, 坂東 香久美, 宮田 敦徳, 中井 康博, 山口 順一  

    日本薬学会年会要旨集134年会 巻 ( 4 ) 頁: 128 - 128   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

    J-GLOBAL

  3. 早期探索臨床試験への企業からの期待 国際誌

    中井康博  

    HAB研究機構学術年会プログラム・要旨集19th 巻   頁: 72 - 74   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  4. 新規選択的SGLT2阻害剤TS-071薬物相互作用の検討 国際誌

    武藤 賢, 水井 信夫, 中井 康博, 寒川 能成, 坂井 荘一, 渡辺 隆  

    臨床薬理42 巻 ( Suppl. ) 頁: S345 - S345   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床薬理学会  

    J-GLOBAL

  5. 新規非選択的P450阻害剤MDPPの特徴 国際誌

    飯田 泉, 稲谷 祥子, 宮田 敦徳, 金丸 明子, 土岐 英統, 神夏磯 俊介, 中井 康博  

    日本薬物動態学会年会講演要旨集25 巻 ( 0 ) 頁: 297 - 297   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本薬物動態学会  

    CiNii Article

  6. In vtro ヒトP-gp基質認識性と in vivo ラット中枢移行性の比較によるP-gp種差の検討 国際誌

    大竹 克昌, 飯田 泉, 土岐 英統, 佐々木 花, 河北 泰紀, 大道 満里, 中井 康博, 浦野 英俊  

    日本薬物動態学会年会講演要旨集25 巻 ( 0 ) 頁: 161 - 161   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本薬物動態学会  

    CiNii Article

  7. メタボノミクスによるラットMrp2内因性基質の同定 国際誌

    加藤 幸司, 楠原 洋之, 森 治之, 中井 康博, 杉山 雄一  

    日本薬物動態学会年会講演要旨集25 巻 ( 0 ) 頁: 147 - 147   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本薬物動態学会  

    CiNii Article

  8. 代謝依存的阻害における各CYP分子種の影響力 国際誌

    稲谷 祥子, 奥村 浩敏, 中井 康博, 浦野 英俊  

    日本薬物動態学会年会講演要旨集25 巻 ( 0 ) 頁: 211 - 211   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本薬物動態学会  

    CiNii Article

▼全件表示