2021/04/19 更新

写真a

タケウチ ケンジ
竹内 研時
TAKEUCHI Kenji
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 社会生命科学 准教授
大学院医学系研究科
医学部 医学科
職名
准教授
外部リンク

学位 2

  1. 博士(歯学) ( 2013年3月   東北大学 ) 

  2. 学士(歯学) ( 2009年3月   東北大学 ) 

研究キーワード 12

  1. 疫学

  2. 予防医学

  3. 社会疫学

  4. 公衆衛生学

  5. 笑い

  6. 介護保険

  7. ソーシャルキャピタル

  8. 口腔ケア

  9. 高齢者

  10. COPD

  11. 認知症

  12. 歯周病

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学

  2. ライフサイエンス / 社会系歯学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 口腔の健康から目指す健康寿命の延伸

  2. 労働・就業環境が歯科疾患にもたらす影響の男女差

  3. 社会経済状況による加熱式タバコの受動喫煙格差

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科 予防医学分野   准教授

    2019年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 九州大学   歯学研究科(研究院) 口腔予防医学分野   共同研究員

    2019年3月 - 現在

  3. 九州大学   歯学研究科(研究院) OBT研究センター   PI (兼任)

    2018年4月 - 2019年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 九州大学   歯学研究科(研究院) 口腔予防医学分野   助教

    2013年4月 - 2019年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東北大学   大学院歯学研究科   国際歯科保健学分野

    2009年4月 - 2013年3月

  2. 東北大学   歯学部   歯学科

    2003年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本疫学会

  2. 国際歯科研究学会

  3. 日本歯科衛生学会

  4. 日本公衆衛生学会

  5. 日本口腔衛生学会

委員歴 11

  1. 日本疫学会   Journal of Epidemiology 編集委員  

    2021年1月 - 現在   

  2. ヘルスサイエンス・ヘルスケア   編集委員  

    2020年7月 - 現在   

  3. 愛知県   歯科衛生士人材育成検討会議 委員  

    2020年5月 - 現在   

  4. 日本口腔衛生学会   新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策検討・作業部会 委員  

    2020年5月 - 現在   

  5. 日本疫学会   代議員  

    2019年6月 - 現在   

  6. 日本口腔衛生学会   フッ化物応用委員会 委員  

    2019年5月 - 現在   

  7. 日本口腔衛生学会   学術委員会 委員  

    2019年5月 - 現在   

  8. 日本歯科衛生教育学会   研究倫理審査委員会 外部委員  

    2019年4月 - 現在   

  9. 日本口腔衛生学会   地域口腔保健委員会 委員  

    2017年6月 - 現在   

  10. 日本口腔衛生学会   査読委員  

    2013年5月 - 現在   

  11. 福岡市   口腔機能向上検討会 委員  

    2013年4月 - 2019年3月   

▼全件表示

受賞 3

  1. 日本口腔衛生学会学術賞 LION AWARD

    2019年5月  

    竹内 研時

  2. The 94th IADR General Session & Exhibition. The J. Morita Post-doctoral Award for Junior Investigators for Geriatric Oral Research (First Prize)

    2016年6月  

    竹内 研時

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  3. 第36回九州口腔衛生学会総会. 優秀発表賞

    2014年7月  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

 

論文 76

  1. Association of self-reported moderate vegetable juice intake with small decline in kidney function in a five-year prospective study. 国際誌

    Fujii R, Kondo T, Tsukamoto M, Kawai S, Sasakabe T, Naito M, Kubo Y, Okada R, Tamura T, Hishida A, Ueyama J, Hayashi Y, Ohnishi J, Hamajima N, Takeuchi K, Wakai K

    Nutrition (Burbank, Los Angeles County, Calif.)   84 巻   頁: 111114 - 111114   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nutrition  

    DOI: 10.1016/j.nut.2020.111114

    Scopus

    PubMed

  2. Differential Effect of Polymorphisms on Body Mass Index Across the Life Course of Japanese: The Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. 査読有り

    Iwase M, Matsuo K, Nakatochi M, Oze I, Ito H, Koyanagi Y, Ugai T, Kasugai Y, Hishida A, Takeuchi K, Okada R, Kubo Y, Shimanoe C, Tanaka K, Ikezaki H, Murata M, Takezaki T, Nishimoto D, Kuriyama N, Ozaki E, Suzuki S, Watanabe M, Mikami H, Nakamura Y, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Kuriki K, Kita Y, Takashima N, Nagino M, Momozawa Y, Kubo M, Wakai K

    Journal of epidemiology   31 巻 ( 3 ) 頁: 172 - 179   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Epidemiology  

    <p><b>Background:</b> Obesity is a reported risk factor for various health problems. Genome-wide association studies (GWASs) have identified numerous independent loci associated with body mass index (BMI). However, most of these have been focused on Europeans, and little evidence is available on the genetic effects across the life course of other ethnicities.</p><p><b>Methods:</b> We conducted a cross-sectional study to examine the associations of 282 GWAS-identified single nucleotide polymorphisms with three BMI-related traits, current BMI, BMI at 20 years old (BMI at 20), and change in BMI (BMI change), among 11,586 Japanese individuals enrolled in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort study. Associations were examined using multivariable linear regression models.</p><p><b>Results:</b> We found a significant association (<i>P</i> < 0.05/282 = 1.77 × 10<sup>−4</sup>) between BMI and 11 polymorphisms in or near <i>FTO</i>, <i>BDNF</i>, <i>TMEM18</i>, <i>HS6ST3</i>, and <i>BORCS7</i>. The trend was similar between current BMI and BMI change, but differed from that of the BMI at 20. Among the significant variants, those on <i>FTO</i> were associated with all BMI traits, whereas those on <i>TMEM18</i> and <i>HS6SR3</i> were only associated with BMI at 20. The association of <i>FTO</i> loci with BMI remained, even after additional adjustment for dietary energy intake.</p><p><b>Conclusions:</b> Previously reported BMI-associated loci discovered in Europeans were also identified in the Japanese population. Additionally, our results suggest that the effects of each loci on BMI may vary across the life course and that this variation may be caused by the differential effects of individual genes on BMI via different pathways.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20190296

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  3. A genome-wide association study on fish consumption in a Japanese population-the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort study. 査読有り 国際誌

    Suzuki T, Nakamura Y, Matsuo K, Oze I, Doi Y, Narita A, Shimizu A, Imaeda N, Goto C, Matsui K, Nakatochi M, Miura K, Takashima N, Kuriki K, Shimanoe C, Tanaka K, Ikezaki H, Murata M, Ibusuki R, Takezaki T, Koyanagi Y, Ito H, Matsui D, Koyama T, Mikami H, Nakamura Y, Suzuki S, Nishiyama T, Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Takeuchi K, Tamura T, Okada R, Kubo Y, Momozawa Y, Kubo M, Kita Y, Wakai K, J-MICC Research Group.

    European journal of clinical nutrition   75 巻 ( 3 ) 頁: 480 - 488   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Clinical Nutrition  

    DOI: 10.1038/s41430-020-00702-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Association between periodontitis and fibrotic progression of non-alcoholic fatty liver among Japanese adults. 国際誌

    Kuroe K, Furuta M, Takeuchi K, Takeshita T, Suma S, Shinagawa T, Shimazaki Y, Yamashita Y

    Journal of clinical periodontology   48 巻 ( 3 ) 頁: 368 - 377   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Periodontology  

    DOI: 10.1111/jcpe.13415

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. A genome-wide association study on confection consumption in a Japanese population: the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. 国際誌

    Suzuki T, Nakamura Y, Doi Y, Narita A, Shimizu A, Imaeda N, Goto C, Matsui K, Kadota A, Miura K, Nakatochi M, Tanaka K, Hara M, Ikezaki H, Murata M, Takezaki T, Nishimoto D, Matsuo K, Oze I, Kuriyama N, Ozaki E, Mikami H, Nakamura Y, Watanabe M, Suzuki S, Katsuura-Kamano S, Arisawa K, Kuriki K, Momozawa Y, Kubo M, Takeuchi K, Kita Y, Wakai K, J-MICC Research Group.

    The British journal of nutrition     頁: 1 - 9   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:British Journal of Nutrition  

    DOI: 10.1017/S0007114521000684

    Scopus

    PubMed

  6. Assessing the relationship between high-sensitivity C-reactive protein and kidney function employing mendelian randomization in a Japanese community based J-MICC Study.

    Fujii R, Hishida A, Nishiyama T, Nakatochi M, Matsuo K, Ito H, Nishida Y, Shimanoe C, Nakamura Y, Turin TC, Suzuki S, Watanabe M, Ibusuki R, Takezaki T, Mikami H, Nakamura Y, Ikezaki H, Murata M, Kuriki K, Kuriyama N, Matsui D, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Tsukamoto M, Tamura T, Kubo Y, Kondo T, Momozawa Y, Kubo M, Takeuchi K, Wakai K

    Journal of epidemiology     2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本疫学会  

    <p><b>Background:</b> Inflammation is thought to be a risk factor for kidney disease. However, discussion is controversial whether inflammatory status is either a cause or an outcome of chronic kidney disease. We aimed to investigate the causal relationship between high-sensitivity C-reactive protein (hs-CRP) and estimated glomerular filtration rate (eGFR) using mendelian randomization (MR) approaches.</p><p><b>Methods:</b> A total of 10,521 participants of the Japan Multi-institutional Collaborative Cohort Study was analyzed in this study. We used two-sample MR approaches (the inverse-variance weighted (IVW), the weighted median (WM), and the MR-Egger method) to estimate the effect of genetically determined hs-CRP on kidney function. We selected four and three hs-CRP associated single nucleotide polymorphisms (SNPs) as two instrumental variables (IV): IV<sub>CRP</sub> and IV<sub>Asian</sub>, based on SNPs previously identified in European and Asian populations. IV<sub>CRP</sub> and IV<sub>Asian</sub> explained 3.4% and 3.9% of the variation in hs-CRP, respectively.</p><p><b>Results:</b> Using the IV<sub>CRP</sub>, genetically determined hs-CRP was not significantly associated with eGFR in the IVW and the WM methods (estimate per 1 unit increase in ln(hs-CRP), 95%CI: 0.000, –0.019 to 0.020 and –0.003, –0.019 to 0.014). For IV<sub>Asian</sub>, we found similar results using the IVW and the WM methods (estimate, 95% CI: –0.005, –0.020 to 0.010 and –0.004, –0.020 to 0.012). The MR-Egger method also showed no causal relationships between hs-CRP and eGFR (IV<sub>CRP</sub>: –0.008, –0.058 to 0.042; IV<sub>Asian</sub>: 0.001, –0.036 to 0.036).</p><p><b>Conclusions:</b> Our two-sample MR analyses with different IVs did not support a causal effect of hs-CRP on eGFR.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20200540

    PubMed

    CiNii Article

  7. Genome-wide association study of serum prostate-specific antigen levels based on 1000 Genomes imputed data in Japanese: the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study.

    Hishida A, Nakatochi M, Tamura T, Nagayoshi M, Okada R, Kubo Y, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Suzuki S, Nishiyama T, Kuriyama N, Watanabe I, Takezaki T, Nishimoto D, Kuriki K, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Mikami H, Kusakabe M, Oze I, Koyanagi YN, Nakamura Y, Kadota A, Shimanoe C, Tanaka K, Ikezaki H, Murata M, Kubo M, Momozawa Y, Takeuchi K, Wakai K, for the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group.

    Nagoya journal of medical science   83 巻 ( 1 ) 頁: 183 - 194   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    DOI: 10.18999/nagjms.83.1.183

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Body mass index and colorectal cancer risk: A Mendelian randomization study. 国際誌

    Suzuki S, Goto A, Nakatochi M, Narita A, Yamaji T, Sawada N, Katagiri R, Iwagami M, Hanyuda A, Hachiya T, Sutoh Y, Oze I, Koyanagi YN, Kasugai Y, Taniyama Y, Ito H, Ikezaki H, Nishida Y, Tamura T, Mikami H, Takezaki T, Suzuki S, Ozaki E, Kuriki K, Takashima N, Arisawa K, Takeuchi K, Tanno K, Shimizu A, Tamiya G, Hozawa A, Kinoshita K, Wakai K, Sasaki M, Yamamoto M, Matsuo K, Tsugane S, Iwasaki M

    Cancer science   112 巻 ( 4 ) 頁: 1579 - 1588   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14824

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Association between frequency of laughter and oral health among community-dwelling older adults: a population-based cross-sectional study in Japan. 国際誌

    Hirosaki M, Ohira T, Shirai K, Kondo N, Aida J, Yamamoto T, Takeuchi K, Kondo K

    Quality of life research : an international journal of quality of life aspects of treatment, care and rehabilitation     2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Quality of Life Research  

    DOI: 10.1007/s11136-020-02752-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Number of teeth, denture wearing, and cognitive function in relation to nutritional status in residents of nursing homes. 招待有り 査読有り

    Suma S*, Furuta M* (*co-first authorship), Takeuchi K, Tomioka M, Iwasa Y, Yamashita Y.

    Gerodontology     2021年

  11. Effect of Underlying Cardiometabolic Diseases on the Association Between Sedentary Time and All-cause Mortality in a Large Japanese Population: A Cohort Analysis Based on the J-MICC Study. 招待有り 査読有り

    Koyama T, Ozaki E, Kuriyama N, Tomida S, Yoshida T, Uehara R, Tanaka K, Hara M, Hishida A, Okada R, Kubo Y, Oze I, Koyanagi Y, Mikami H, Nakamura Y, Shimoshikiryo I, Takezaki T, Suzuki S, Otani T, Kuriki K, Takashima N, Kadota A, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Ikezaki H, Murata M, Takeuchi K, Wakai K.

    Journal of the American Heart Association     2021年

  12. Substantial anti-gout effect conferred by common and rare variants of URAT1/SLC22A12. 招待有り 査読有り

    Toyoda Y, Kawamura Y, Nakayama A, Nakaoka H, Higashino T,Shimizu S, Ooyama H, Morimoto K, Uchida N, Shigesawa R, Takeuchi K, Inoue I, Ichida K, Suzuki H, Shinomiya N, Takada T, Matsuo H.

    Rheumatology     2021年

  13. Dental pain and worsened socioeconomic conditions due to COVID-19 pandemic. 招待有り 査読有り

    Matsuyama Y, Aida J, Takeuchi K, Koyama S, Tabuchi T.

    Journal of Dental Research     2021年

  14. Airflow limitation and tongue microbiota in community-dwelling elderly individuals. 招待有り 査読有り

    Takeshita T, Matsumoto K, Furuta M, Fukuyama S, Takeuchi K, Ogata H, Asakawa M, Kageyama S, Hata J, Ninomiya T, Inoue H, Yamashita Y.

    ERJ Open Research     2021年

  15. Associations between peroxisome proliferator-activated receptor γ (PPAR-γ) polymorphisms and serum lipids: Two cross-sectional studies of community-dwelling adults. 査読有り 国際誌

    Matsunaga T, Naito M, Yin G, Hishida A, Okada R, Kawai S, Sasakabe T, Kadomatsu Y, Tsukamoto M, Kubo Y, Tamura T, Takeuchi K, Mori A, Hamajima N, Wakai K

    Gene   762 巻   頁: 145019 - 145019   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gene  

    DOI: 10.1016/j.gene.2020.145019

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. A genome-wide association study in Japanese identified one variant associated with a preference for a Japanese dietary pattern. 国際誌

    Suzuki H, Nakamura Y, Matsuo K, Imaeda N, Goto C, Narita A, Shimizu A, Takashima N, Matsui K, Miura K, Nakatochi M, Hishida A, Tamura T, Kadomatsu Y, Okada R, Nishida Y, Shimanoe C, Nishimoto D, Takezaki T, Oze I, Ito H, Ikezaki H, Murata M, Matsui D, Ozaki E, Mikami H, Nakamura Y, Suzuki S, Watanabe M, Arisawa K, Uemura H, Kuriki K, Momozawa Y, Kubo M, Kita Y, Takeuchi K, Wakai K

    European journal of clinical nutrition     2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Clinical Nutrition  

    DOI: 10.1038/s41430-020-00823-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Longitudinal Associations of Toothbrushing With Obesity and Hyperglycemia.

    Furuta M, Takeuchi K, Takeshita T, Tanaka A, Suma S, Shinagawa T, Shimazaki Y, Yamashita Y

    Journal of epidemiology   30 巻 ( 12 ) 頁: 556 - 565   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Epidemiology  

    <p><b>Background:</b> Toothbrushing is a health-related lifestyle habit and has been reported to contribute not only to oral health but also to some parameters of general health; however, little research has been conducted to understand the association of the frequency and timing of toothbrushing with the development of comprehensive metabolic abnormalities, with consideration of oral health condition. In this study, using longitudinal data, we examined this association in Japanese adults, adjusting for periodontal condition.</p><p><b>Methods:</b> A 5-year longitudinal study was performed with 4,537 participants between 35 and 64 years old who underwent an annual dental examination in both 2003 and 2008. Data about toothbrushing habits and metabolic abnormalities, such as obesity, hyperglycemia, diabetes, hypertension, hypertriglyceridemia, and low levels of high-density lipoprotein-cholesterol, were analyzed using Poisson regression analysis.</p><p><b>Results:</b> The percentage of participants with a toothbrushing frequency ≤1 time/day was 29.4%, and that for those not brushing their teeth at night was 21.4%. The incidences of obesity and hyperglycemia after 5 years were 5.5% and 28.4%, respectively. A toothbrushing frequency ≤1 time/day was associated with development of obesity (prevalence rate ratio [PRR] 1.77; 95% confidence interval [CI], 1.12–2.80), after adjusting for periodontal condition and potential risk factors. A significant association between not brushing teeth at night and hyperglycemia (PRR 1.30; 95% CI, 1.02–1.66) was observed in participants with toothbrushing frequency of 1 time/day. No association was found between toothbrushing habits and other metabolic abnormalities.</p><p><b>Conclusions:</b> This study suggests that toothbrushing habits are associated with the development of obesity and hyperglycemia.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20190165

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  18. Association between plasma levels of homocysteine, folate, and vitamin B<sub>12</sub>, and dietary folate intake and hypertension in a cross-sectional study. 国際誌

    Tamura T, Kuriyama N, Koyama T, Ozaki E, Matsui D, Kadomatsu Y, Tsukamoto M, Kubo Y, Okada R, Hishida A, Sasakabe T, Kawai S, Naito M, Takashima N, Kadota A, Tanaka K, Hara M, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Takezaki T, Shimoshikiryo I, Ikezaki H, Murata M, Oze I, Ito H, Mikami H, Nakamura Y, Kuriki K, Arisawa K, Uemura H, Takeuchi K, Wakai K

    Scientific reports   10 巻 ( 1 ) 頁: 18499 - 18499   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-75267-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. Sedentary Time is Associated with Cardiometabolic Diseases in A Large Japanese Population: A Cross-Sectional Study. 査読有り

    Koyama T, Kuriyama N, Ozaki E, Tomida S, Uehara R, Nishida Y, Shimanoe C, Hishida A, Tamura T, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Oze I, Matsuo K, Mikami H, Nakamura Y, Ibusuki R, Takezaki T, Suzuki S, Nishiyama T, Kuriki K, Takashima N, Kadota A, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Ikezaki H, Murata M, Takeuchi K, Wakai K, Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study Group.

    Journal of atherosclerosis and thrombosis   27 巻 ( 10 ) 頁: 1097 - 1107   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  

    <p><b>Aim: </b>Accumulating evidence reveals that sedentary behavior is associated with mortality and cardiometabolic disease; however, there are potential age and sex differences in sedentary behavior and health outcomes that have not been adequately addressed. This study aimed to determine the association of sedentary behavior with cardiometabolic diseases such as hypertension, dyslipidemia, diabetes mellitus, and its risk factors in a large Japanese population according to age and sex.<b> </b></p><p><b>Methods: </b>Using data from the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study obtained from baseline surveys, data of 62,754 participants (27,930 males, 34,824 females) were analyzed. This study uses a cross-sectional design and self-administered questionnaires to evaluate sedentary time and anamnesis. For the logistic regression analysis, sedentary time <5 h/day was used as the reference and then adjusted for age, research areas, leisure-time metabolic equivalents, and alcohol and smoking status. From the analysis of anthropometric and blood examinations, 35,973 participants (17,109 males, 18,864 females) were analyzed.<b> </b></p><p><b>Results: </b>For hypertension and diabetes, sedentary time was associated with a significantly higher proportion of male participants. Both sexes were associated with a significantly higher proportion of participants with dyslipidemia. Participants who had longer sedentary time tended to have increased levels of blood pressure, triglycerides, and non-high-density lipoprotein cholesterol (HDL-C), and decreased levels of HDL-C, especially in the 60–69 years group.<b> </b></p><p><b>Conclusions: </b>Independent of leisure-time physical activity, sedentary time was associated with cardiometabolic diseases in a large Japanese population classified by age and sex. Our findings indicate that regularly interrupting and replacing sedentary time may contribute to better physical health-related quality of life.</p>

    DOI: 10.5551/jat.54320

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  20. Study profile of the Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study. 査読有り

    Takeuchi K, Naito M, Kawai S, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Kubo Y, Okada R, Nagayoshi M, Tamura T, Hishida A, Nakatochi M, Sasakabe T, Hashimoto S, Eguchi H, Momozawa Y, Ikezaki H, Murata M, Furusyo N, Tanaka K, Hara M, Nishida Y, Matsuo K, Ito H, Oze I, Mikami H, Nakamura Y, Kusakabe M, Takezaki T, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Suzuki S, Nishiyama T, Watanabe M, Koyama T, Ozaki E, Watanabe I, Kuriki K, Kita Y, Ueshima H, Matsui K, Arisawa K, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Nakamura S, Narimatsu H, Hamajima N, Tanaka H, Wakai K

    Journal of epidemiology     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本疫学会  

    <p><b>Background:</b> The Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) study was launched in 2005 to examine gene–environment interactions in lifestyle-related diseases, including cancers, among the Japanese. This report describes the study design and baseline profile of the study participants.</p><p><b>Methods:</b> The participants of the J-MICC Study were individuals aged 35 to 69 years enrolled from respondents to study announcements in specified regions, inhabitants attending health checkup examinations provided by local governments, visitors at health checkup centers, and first-visit patients at a cancer hospital in Japan. At the time of the baseline survey, from 2005 to 2014, we obtained comprehensive information regarding demographics, education, alcohol consumption, smoking, sleeping, exercise, food intake frequency, medication and supplement use, personal and family disease history, psychological stress, and female reproductive history and collected peripheral blood samples.</p><p><b>Results:</b> The baseline survey included 92,610 adults (mean age: 55.2 [standard deviation, 9.4] years, 44.1% men) from 14 study regions in 12 prefectures. The participation rate was 33.5%, with participation ranging from 19.7% to 69.8% in different study regions. The largest number of participants was in the age groups of 65–69 years for men and 60–64 years for women. There were differences in body mass index, educational attainment, alcohol consumption, smoking, and sleep duration between men and women.</p><p><b>Conclusions:</b> The J-MICC Study collected lifestyle and clinical data and biospecimens from over 90,000 participants. This cohort is expected to be a valuable resource for the national and international scientific community in providing evidence to support longer healthy lives.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20200147

    PubMed

    CiNii Article

  21. Body mass index and colorectal cancer risk in Japanese populations: a Mendelian randomization study

    Suzuki Shiori, Goto Atsushi, Nakatochi Masahiro, Narita Akira, Yamaji Taiki, Sawada Norie, Katagiri Ryoko, Hachiya Tsuyoshi, Sutoh Yoichi, Oze Isao, Koyanagi Yuriko, Kasugai Yumiko, Ito Hidemi, Ikezaki Hiroaki, Tanaka Keitaro, Tamura Takashi, Mikami Haruo, Takezaki Toshiro, Suzuki Sadao, Kuriyama Nagato, Kuriki Kiyonori, Kita Yoshikuni, Arisawa Kokichi, Takeuchi Kenji, Tanno Kozo, Shimizu Atsushi, Tamiya Gen, Hozawa Atsushi, Kinoshita Kengo, Wakai Kenji, Sasaki Makoto, Yamamoto Masayuki, Matsuo Keitaro, Tsugane Shoichiro, Iwasaki Motoki

    Cancer Science   80 巻 ( 16 )   2020年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1538-7445.AM2020-3486

    Web of Science

  22. 成人における主観的な口腔健康状態と自殺を考えた経験との関連 招待有り 査読有り

    野口有紀, 藤田美枝子, 竹内研時

    日本歯科衛生学会雑誌   15 巻 ( 1 ) 頁: 33 - 44   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  23. Association of Dietary Acid Load with the Prevalence of Metabolic Syndrome among Participants in Baseline Survey of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. 査読有り 国際誌

    Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Uemura H, Tien NV, Hishida A, Tamura T, Kubo Y, Tsukamoto M, Tanaka K, Hara M, Takezaki T, Nishimoto D, Koyama T, Ozaki E, Suzuki S, Nishiyama T, Kuriki K, Kadota A, Takashima N, Ikezaki H, Murata M, Oze I, Matsuo K, Mikami H, Nakamura Y, Takeuchi K, Wakai K

    Nutrients   12 巻 ( 6 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nutrients  

    DOI: 10.3390/nu12061605

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Does laughter predict onset of functional disability and mortality among older Japanese adults? the JAGES prospective cohort study. 査読有り

    Tamada Y*, Takeuchi K* (*co-first authorship), Yamaguchi C, Saito M, Ohira T, Shirai K, Kondo K

    Journal of epidemiology     2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本疫学会  

    <p><b>Background:</b> While laughter is broadly recognized as a good medicine, a potential preventive effect of laughter on disability and death is still being debated. Accordingly, we investigated the association between the frequency of laughter and onset of functional disability and all-cause mortality among the older adults in Japan.</p><p><b>Methods:</b> The data for a 3-year follow-up cohort including 14,233 individuals (50.3% men) aged ≥65 years who could independently perform the activities of daily living and participated in the Japan Gerontological Evaluation Study were analyzed. The participants were classified into four categories according to their frequency of laughter (almost every day, 1–5 days/week, 1–3 days/month, and never or almost never). We estimated the risks of functional disability and all-cause mortality in each category using a Cox proportional hazards model.</p><p><b>Results:</b> During follow-up, 605 (4.3%) individuals developed functional disability, identified by new certification for the requirement of Long-Term Care Insurance, and 659 (4.6%) deaths were noted. After adjusting for the potential confounders, the multivariate-adjusted hazard ratio of functional disability increased with a decrease in the frequency of laughter (<i>P</i> for trend = 0.04). The risk of functional disability was 1.42 times higher for individuals who laughed never or almost never than for those who laughed almost every day. No such association was observed with the risk of all-cause mortality (<i>P</i> for trend = 0.39).</p><p><b>Conclusions:</b> Low frequency of laughter is associated with increased risks of functional disability. Laughter may be an early predictor of functional disability later on in life.</p>

    DOI: 10.2188/jea.JE20200051

    PubMed

    CiNii Article

  25. Associations between diet and mental health using the 12-item General Health Questionnaire: cross-sectional and prospective analyses from the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. 査読有り 国際誌

    Choda N, Wakai K, Naito M, Imaeda N, Goto C, Maruyama K, Kadomatsu Y, Tsukamoto M, Sasakabe T, Kubo Y, Okada R, Kawai S, Tamura T, Hishida A, Takeuchi K, Mori A, Hamajima N

    Nutrition journal   19 巻 ( 1 ) 頁: 2 - 2   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nutrition Journal  

    DOI: 10.1186/s12937-019-0515-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Dentist gender-related differences in patients' oral health behaviour. 査読有り

    Takeuchi K, Noguchi Y, Nakai Y, Ojima T, Yamashita Y

    Journal of oral science   62 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 35   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Science  

    <p>This study aimed at determining whether oral health behavior differs between patients regularly checked by male and female dentists. The analysis was based on a cross-sectional survey of 354 Japanese community residents (median age = 54 years; 145 men and 209 women) conducted in a municipality from January to February 2017. Data on demographic characteristics and factors associated with oral health behavior were obtained through self-administered questionnaires. The association between regular dentist gender and patients' regular dental care check-up and interdental cleaning performance was examined after adjusting for potential confounders. Among respondents, 88.7% and 11.3% reported having male and female regular dentists, respectively. In a multivariate logistic regression model, patients regularly checked by female dentists had an increased likelihood of visiting their dentist for dental care check-up at least once every year (odds ratio [OR] = 2.23, 95% confidence interval [CI] = 1.09-4.55)and using an interdental cleaner (OR = 2.62, 95% CI = 1.03-6.71) compared to those regularly checked by male dentists. Patients regularly checked by female dentists tended to have more preventive oral health behaviors than those regularly checked by male dentists. These findings suggest that dentist gender has important clinical implications for patients' oral health behavior.</p>

    DOI: 10.2334/josnusd.18-0462

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  27. COVID-19感染拡大下における歯科受診行動 ─どんな人が歯科受診に不安を抱いているのか─

    小山 史穂子, 竹内 研時

    口腔衛生学会雑誌   70 巻 ( 3 ) 頁: 168 - 174   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 口腔衛生学会  

    <p> COVID-19はパンデミックとなり,日本でも緊急事態宣言が発令された.歯科医療は治療の特性から,歯科医師と患者の交差感染リスクが高い可能性がある.本研究は,COVID-19感染拡大下の一般住民における歯科受診行動の実態を調査し,院内感染への懸念から,歯科受診に対して強い不安を抱いている者の特徴について検討することを目的とした.一般住民対象のWebアンケート調査を使用し,解析対象者は2020年5月1日~10日に回答した1,885名(女性798名)とした.基本属性および5つの歯科受診に係わる項目について単純集計を行った.さらに,院内感染への懸念から,歯科受診に対して強い不安を抱くかと,性別,年齢,居住地域,これまでの歯科受診頻度との関連を,ポアソン回帰分析で検討しPrevalence ratio(PR)を算出した.緊急事態宣言後に,歯科医院に行く予定がない者を除いた688名の内,47.2%が予約の取り消しや変更などで歯科受診しなかった一方,52.8%は歯科受診していた.院内感染への懸念から,歯科受診に対して強い不安を抱いていると回答した者は454 名(全体の24.1%)いた.多変量ポアソン回帰分析の結果,男性と比較し女性(PR=1.25,95%信頼区間=1.06;1.48),これまでの歯科受診頻度が「年に数回」の者と比較し「困った時のみ通院」の者(PR=1.36,95%信頼区間=1.15;1.61)で歯科受診に対して強い不安を抱く割合が有意に高かった.本研究結果は今後のウィズ/ポストコロナ時代の歯科受診行動を考えるうえで貴重な資料となり得る.</p>

    DOI: 10.5834/jdh.70.3_168

    CiNii Article

  28. Impact of PSCA Polymorphisms on the Risk of Duodenal Ulcer. 査読有り

    Usui Y, Matsuo K, Oze I, Ugai T, Koyanagi Y, Maeda Y, Ito H, Hishida A, Takeuchi K, Tamura T, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Hara M, Nishida Y, Shimoshikiryo I, Takezaki T, Ozaki E, Matsui D, Watanabe I, Suzuki S, Watanabe M, Nakagawa-Senda H, Mikami H, Nakamura Y, Arisawa K, Uemura H, Kuriki K, Takashima N, Kadota A, Ikezaki H, Murata M, Nakatochi M, Momozawa Y, Kubo M, Wakai K

    Journal of epidemiology   31 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 20   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Epidemiology  

    Background: While duodenal ulcer (DU) and gastric cancer (GC) are both H. pylori infection-related diseases, individuals with DU are known to have lower risk for GC. Many epidemiological studies have identified the PSCA rs2294008 T-allele as a risk factor of GC, while others have found an association between the rs2294008 C-allele and risk of DU and gastric ulcer (GU). Following these initial reports, however, few studies have since validated these associations. Here, we aimed to validate the association between variations in PSCA and the risk of DU/GU and evaluate its interaction with environmental factors in a Japanese population.Methods: Six PSCA SNPs were genotyped in 584 DU cases, 925 GU cases, and 8,105 controls from the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC). Unconditional logistic regression models were applied to estimate odds ratios (ORs) and 95% confidence intervals (CIs) for the association between the SNPs and risk of DU/GU.Results: PSCA rs2294008 C-allele was associated with per allele OR of 1.34 (95% CI, 1.18–1.51; P = 2.28 × 10−6) for the risk of DU. This association was independent of age, sex, study site, smoking habit, drinking habit, and H. pylori status. On the other hand, we did not observe an association between the risk of GU and PSCA SNPs.Conclusions: Our study confirms an association between the PSCA rs2294008 C-allele and the risk of DU in a Japanese population.

    DOI: 10.2188/jea.JE20190184

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  29. 疫学研究から政策への架け橋 査読有り

    竹内 研時

    ヘルスサイエンス・ヘルスケア   19 巻 ( 2 ) 頁: 62 - 65   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  30. Periodontitis Is Associated with Chronic Obstructive Pulmonary Disease 査読有り

    Takeuchi K, Matsumoto K, Furuta M, Fukuyama S, Takeshita T, Ogata H, Suma S, Shibata Y, Shimazaki Y, Hata J, Ninomiya T, Nakanishi Y, Inoue H, Yamashita Y

    Journal of Dental Research   98 巻 ( 5 ) 頁: 534 - 540   2019年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:{SAGE} Publications  

    DOI: 10.1177/0022034519833630

    Web of Science

    Scopus

  31. Denture Wearing Moderates the Association between Aspiration Risk and Incident Pneumonia in Older Nursing Home Residents: A Prospective Cohort Study. 査読有り

    Takeuchi K, Izumi M, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Kageyama S, Okabe Y, Akifusa S, Ganaha S, Yamashita Y

    International journal of environmental research and public health   16 巻 ( 4 )   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Environmental Research and Public Health  

    DOI: 10.3390/ijerph16040554

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. Characteristics of the Salivary Microbiota in Patients With Various Digestive Tract Cancers. 査読有り

    Kageyama S, Takeshita T, Takeuchi K, Asakawa M, Matsumi R, Furuta M, Shibata Y, Nagai K, Ikebe M, Morita M, Masuda M, Toh Y, Kiyohara Y, Ninomiya T, Yamashita Y

    Frontiers in microbiology   10 巻   頁: 1780   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Microbiology  

    DOI: 10.3389/fmicb.2019.01780

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  33. Effects of xylitol-containing chewing gum on the oral microbiota 査読有り

    Takeuchi K, Asakawa M, Hashiba T, Takeshita T, Saeki Y, Yamashita Y

    Journal of oral science   60 巻 ( 4 ) 頁: 588 - 594   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Science  

    <p>In this interventional study, a randomized controlled trial was used to evaluate the short-term effects of xylitol-containing chewing gum on the salivary microbiota. In total, 70 healthy adult men recruited from the Japan Ground Self Defense Force participated in the study during a 2-day training at Yamaguchi camp, Yamaguchi Prefecture, Japan. The men were randomly divided into two groups: one group chewed two pieces of xylitol-containing chewing gum 7 times/day for 2 days (<i>n</i> = 34) and the other did not (<i>n</i> = 36). Baseline and follow-up stimulated saliva samples were collected and the salivary microbial composition was assessed using the 16S rRNA gene next-generation sequencing analysis. The total salivary bacterial count was quantified using a quantitative real-time PCR system. No statistically significant difference was found between the two groups regarding any parameter analyzed in the baseline samples; however, the follow-up samples of the test group showed significantly lower total salivary bacterial count than those of the control group. Conversely, no significant difference was observed in the overall composition of the salivary microbiota between the baseline and follow-up samples of the two groups. These results indicate that xylitol-containing chewing gum inhibits the increase in total salivary bacteria over a short time during which the salivary microbial composition is not affected.</p>

    DOI: 10.2334/josnusd.17-0446

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  34. Comparison of the periodontal condition in Korean and Japanese adults: a cross-sectional study 査読有り

    Furuta M, Takeuchi K, Shimazaki Y, Takeshita T, Shibata Y, Hata J, Yoshida D, Park DY, Ninomiya T, Yamashita Y

    BMJ Open   8 巻 ( 11 )   2018年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMJ Open  

    DOI: 10.1136/bmjopen-2018-024332

    Web of Science

    Scopus

  35. Tongue Microbiota and Oral Health Status in Community-Dwelling Elderly Adults. 査読有り

    Asakawa M, Takeshita T, Furuta M, Kageyama S, Takeuchi K, Hata J, Ninomiya T, Yamashita Y

    mSphere   3 巻 ( 4 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:mSphere  

    DOI: 10.1128/mSphere.00332-18

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  36. Decreased cognitive function is associated with dysphagia risk in nursing home older residents 査読有り

    Yatabe N*, Takeuchi K* (*co-first authorship), Izumi M, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Suma S, Kageyama S, Ganaha S, Tohara H, Yamashita Y

    Gerodontology   35 巻 ( 4 ) 頁: 376 - 381   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Gerodontology  

    DOI: 10.1111/ger.12366

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  37. Periodontitis modifies the association between smoking and chronic obstructive pulmonary disease in Japanese men. 査読有り

    Harland J, Furuta M, Takeuchi K, Tanaka S, Yamashita Y

    Journal of oral science   60 巻 ( 2 ) 頁: 226 - 231   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Science  

    <p>Periodontitis was reported to be associated with chronic obstructive pulmonary disease (COPD), and both diseases are related to smoking. To identify associations between periodontitis, smoking, and COPD, this cross-sectional study enrolled 1474 Japanese men (mean age 55.2 ± 8.9 years) surveyed between 2003 and 2006. Periodontal status was evaluated by using the community periodontal index. Periodontitis was defined as the presence of at least one sextant with a pocket depth ≥4 mm. Lung function was measured by spirometry, and COPD was defined as ratio of forced expiratory volume after 1 second to forced vital capacity of <0.70. Logistic regression analysis showed that the association between COPD and smoking was stronger for men with periodontitis (odds ratio 2.45; 95% confidence interval 1.37-4.37) than for those without periodontitis (odds ratio 1.64; 95% confidence interval 0.91-2.94), after adjusting for age, number of present teeth, body mass index, alcohol intake, occupation, hypertension, and diabetes. The association between smoking and COPD was significant for men with periodontitis but was weaker for those without periodontitis. These findings suggest that periodontitis modifies the association between smoking and COPD.</p>

    DOI: 10.2334/josnusd.17-0225

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  38. Tooth loss, swallowing dysfunction and mortality in Japanese older adults receiving home care services. 査読有り

    Furuta M, Takeuchi K, Adachi M, Kinoshita T, Eshima N, Akifusa S, Kikutani T, Yamashita Y

    Geriatrics & gerontology international   18 巻 ( 6 ) 頁: 873 - 880   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.13271

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  39. Relationship of toothbrushing to metabolic syndrome in middle-aged adults. 査読有り

    Tanaka A, Takeuchi K, Furuta M, Takeshita T, Suma S, Shinagawa T, Shimazaki Y, Yamashita Y

    Journal of Clinical Periodontology   45 巻 ( 5 ) 頁: 538 - 547   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Periodontology  

    DOI: 10.1111/jcpe.12876

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  40. 歯周疾患検診の推定受診率の推移とその地域差に関する検討 査読有り

    矢田部 尚子, 古田 美智子, 竹内 研時, 須磨 紫乃, 渕田 慎也, 山本 龍生, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌   68 巻 ( 2 ) 頁: 92 - 100   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 口腔衛生学会  

    <p> 歯周疾患検診は平成7年度より老人保健事業の総合健康診査の一環として行われ,平成12年度からは独立した検診として40歳および50歳の者を対象に実施された.平成16年度から対象者が60歳と70歳にも拡大された.現在,歯周疾患検診の受診率は公表されておらず,受診率の実態が把握できない状況である.今回われわれは,歯周疾患検診の受診率を推定し,その推移と地域差について検討した.</p><p> 平成12~27年度地域保健・健康増進事業報告の歯周疾患検診受診者数と住民基本台帳人口を用いて,歯周疾患検診受診率を試算した.全国値は平成12年度が1.27%,平成17年度が2.74%,平成22年度が3.34%,平成27年度が4.30%であった.都道府県別にみると,平成27年度で最も受診率が高い県では13.33%,最も低い県では0.34%で,都道府県で受診率は大きく異なっていた.都道府県別の受診率と社会・人口統計学的要因の関連性を調べた結果,歯科健診・保健指導延人員が多い,家計に占められる保健医療費割合が高い,貯蓄現在高が多い都道府県で受診率が高かった.</p><p> 近年,全体の受診率は微増しているが,地域差は拡大している状況である.今後,受診率が低い地域は高い地域の取り組みを参考にすることにより,全体の受診率はさらに向上する可能性があると考えられる.</p>

    DOI: 10.5834/jdh.68.2_92

    CiNii Article

  41. 福岡県内12歳児一人平均う蝕経験歯数の地域差と社会経済状態との関連 査読有り

    岡部 優花, 竹内 研時, 古田 美智子, 平瀬 久義, 松田 宏一, 坂田 人志, 杉原 瑛治, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌   68 巻 ( 1 ) 頁: 15 - 20   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 口腔衛生学会  

    <p> 日本における児童う蝕の有病状況は改善傾向にあるものの,いまだにその有病者率は他の疾患に比べて高い.近年では所得などの社会経済状態を背景にう蝕の有病状況に地域格差が存在することが知られている.しかし,児童を対象に市町村・行政区単位でう蝕の地域格差の実態と地域の社会経済状態との関連について調査した報告は少ない.そこで本研究は,福岡県内の12歳児う蝕の有病状況が各市町村・行政区の社会経済状態によって異なるかを検討した.う蝕の有病状況の指標として平成26年度福岡県学校歯科健康診断の集計結果から,12歳児DMFT 指数(一人平均う蝕経験歯数)を得た.各市町村・行政区の社会経済指標については,第三次産業就業者割合,失業率,人口10万人当たり小売店数,人口10万当たり歯科診療所数,可住地面積当たり人口密度,高齢化率を国家統計から市町村・行政区別に収集した.福岡県内60市町村・行政区の12歳児DMFT指数を目的変数,市町村・行政区ごとの各社会経済指標を説明変数に重回帰分析を行った結果,歯科診療所が多く(<i>p</i>=0.044),第三次産業就業者割合が高く(<i>p</i>=0.007),小売店数が少ない市町村・行政区ほど(<i>p</i>=0.010),12歳児DMFT指数は有意に低かった.本研究より,福岡県内各市町村・行政区単位での12歳児DMFT指数の地域格差とそれに関連する社会経済指標が明らかになった.健康格差縮小のためには,各地域の社会経済状態の実状を考慮した地域社会全体での取り組みが必要と思われる.</p>

    DOI: 10.5834/jdh.68.1_15

    CiNii Article

  42. 歯周疾患検診受診率の推移とその地域差に関する検討 査読有り

    矢田部 尚子, 古田 美智子, 竹内 研時, 須磨 紫乃, 渕田 慎也, 山本 龍生, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌   68 巻 ( 1 ) 頁: 45 - 45   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    J-GLOBAL

  43. Characterization of oral microbiota and acetaldehyde production. 査読有り

    Yokoyama S*, Takeuchi K* (*co-first authorship), Shibata Y, Kageyama S, Matsumi R, Takeshita T, Yamashita Y

    Journal of oral microbiology   10 巻 ( 1 ) 頁: 1492316   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Microbiology  

    DOI: 10.1080/20002297.2018.1492316

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  44. Gender-dependent associations between occupational status and untreated caries in Japanese adults. 査読有り

    Harada Y, Takeuchi K, Furuta M, Tanaka A, Tanaka S, Wada N, Yamashita Y

    Industrial health   56 巻 ( 6 ) 頁: 539 - 544   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Industrial Health  

    <p>The aim of this study was to examine whether the presence of untreated caries is different across occupational status among Japanese adults. This was a cross-sectional survey of 1,342 individuals (990 males and 352 females) aged 40–64 yr who underwent medical and dental checkups at a healthcare center in 2011. Oral examination was performed by a dentist and the presence of untreated caries was defined as having at least one untreated decayed tooth. Data regarding current occupational status were obtained using a self-administered questionnaire; the participants were classified into five groups: professionals and managers, clerical and related workers, service and salespersons, agricultural, forestry, and fishery workers, and homemakers and unemployed. Gender-specific odds ratios (ORs) and 95% confidence intervals (CIs) of occupational status for the presence of untreated caries were estimated using logistic regression. After adjusting for potential confounders, female professionals and managers (OR=3.51, 95% CI=1.04–11.87) and service and salespersons (OR=5.29, 95% CI=1.39–20.11) had greater risks of the presence of untreated caries than female homemakers and unemployed. However, this tendency was not observed among males. In conclusion, there was a significant difference in risk of the presence of untreated caries by occupational status among females.</p>

    DOI: 10.2486/indhealth.2018-0062

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  45. Periodontal status and lung function decline in the community: the Hisayama study 査読有り

    Takeuchi K, Matsumoto K, Furuta M, Fukuyama S, Takeshita T, Ogata H, Suma S, Shibata Y, Shimazaki Y, Hata J, Ninomiya T, Nakanishi Y, Inoue H, Yamashita Y

    Scientific Reports   8 巻 ( 1 ) 頁: 13354   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-018-31610-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  46. Gender-dependent associations between occupational status and untreated caries in Japanese adults

    Harada Y*, Takeuchi K* (*co-first authorship), Furuta M, Tanaka A, Tanaka S, Wada N, Yamashita Y.

    INDUSTRIAL HEALTH   56 巻 ( 6 ) 頁: 539 - 544   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  47. Swallowing disorders and 1-year functional decline in community-dwelling older adults receiving home care 査読有り

    Takeuchi K, Furuta M, Okabe Y, Suma S, Takeshita T, Akifusa S, Adachi M, Kinoshita T, Kikutani T, Yamashita Y.

    Journal of Oral Rehabilitation   44 巻 ( 12 ) 頁: 982 - 987   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Rehabilitation  

    DOI: 10.1111/joor.12577

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  48. Relationships of variations in the tongue microbiota and pneumonia mortality in nursing home residents. 査読有り

    Kageyama S, Takeshita T, Furuta M, Tomioka M, Asakawa M, Suma S, Takeuchi K, Shibata Y, Iwasa Y, Yamashita Y

    The journals of gerontology. Series A, Biological sciences and medical sciences   73 巻 ( 8 ) 頁: 1097 - 1102   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journals of Gerontology - Series A Biological Sciences and Medical Sciences  

    DOI: 10.1093/gerona/glx205

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  49. 口腔の健康状態および歯科保健サービスの受給状況と歯科医療費や医療費との関連 査読有り

    竹内研時, 佐藤遊洋, 須磨紫乃, 古田美智子, 岡部優花, 田中照彦, 小坂健, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌   67 巻 ( 3 ) 頁: 160‐171 - 171   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 口腔衛生学会  

    <p> 近年,歯科疾患を予防・管理し口腔の健康状態を良好に保つことが歯科疾患による経済的負担を減らすだけでなく,生活習慣病重症化予防等につながることが報告されている.本研究は口腔の健康状況や歯科保健管理が歯科医療費および医療費にどのような影響を与え得るかについて,これまでの知見を総覧することを目的に,①口腔の健康状態と歯科医療費および医療費の関係の検討,および②歯科保健サービスの受給状況と歯科医療費および医療費の関係の検討,を行った.電子検索データベースとハンドサーチによる文献検索から32編が精読の対象となった.①に関しては,残存歯数が20歯以上の場合に歯科医療費は少なく,また残存歯数が多いほど医療費は少なくなる傾向を多くの文献が報告した.また,歯周病を中心とした歯科疾患の存在も歯科医療費および医療費の増加と関連するという報告が存在した.②に関しては,予防目的の歯科通院や歯科検診に代表される歯科保健活動への参加が歯科医療費および医療費の少なさと関連するという報告がみられた.本研究結果から,口腔の健康状態の中では特に残存歯数が,歯科保健サービスの中では特に予防目的の歯科医療機関の受診が,歯科医療費および医療費と関連することが示唆された.これより,歯の喪失の主たる要因となるう蝕や歯周病などの歯科疾患の予防を中心とした歯科医療機関への定期受診を若年期から継続させることは,歯科医療費だけでなく医療費全般を抑制できる可能性があると考えられる.</p>

    DOI: 10.5834/jdh.67.3_160

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  50. Tooth Loss and Risk of Dementia in the Community: the Hisayama Study. 査読有り

    Takeuchi K, Ohara T, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Hata J, Yoshida D, Yamashita Y, Ninomiya T

    Journal of the American Geriatrics Society   65 巻 ( 5 ) 頁: E95 - E100   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Geriatrics Society  

    DOI: 10.1111/jgs.14791

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  51. Association between posterior teeth occlusion and functional dependence among older adults in nursing homes in Japan. 査読有り

    Takeuchi K, Izumi M, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Kageyama S, Ganaha S, Yamashita Y

    Geriatrics & gerontology international   17 巻 ( 4 ) 頁: 622 - 627   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geriatrics and Gerontology International  

    DOI: 10.1111/ggi.12762

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  52. Relative abundance of total subgingival plaque-specific bacteria in salivary microbiota reflects the overall periodontal condition in patients with periodontitis. 査読有り

    Kageyama S, Takeshita T, Asakawa M, Shibata Y, Takeuchi K, Yamanaka W, Yamashita Y

    PloS one   12 巻 ( 4 ) 頁: e0174782   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0174782

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  53. Posterior teeth occlusion and dysphagia risk in older nursing home residents: a cross-sectional observational study 査読有り

    Okabe Y.

    Journal of Oral Rehabilitation   44 巻 ( 2 ) 頁: 89 - 95   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Rehabilitation  

    DOI: 10.1111/joor.12472

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  54. 歯科医療・口腔保健の2050年までの研究課題 査読有り

    竹内 研時, 深井 穫博

    ヘルスサイエンス・ヘルスケア   16 巻 ( 2 ) 頁: 85 - 90   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:深井保健科学研究所  

  55. Effects of oral care with tongue cleaning on coughing ability in geriatric care facilities: a randomised controlled trial 査読有り

    Izumi M, Takeuchi K, Ganaha S, Akifusa S, Yamashita Y

    Journal of Oral Rehabilitation   43 巻 ( 12 ) 頁: 953 - 959   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Rehabilitation  

    DOI: 10.1111/joor.12451

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  56. 地域住民における口腔の健康状態と生活習慣病の関連性の検討 久山町研究

    古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 柴田 幸江, 二宮 利治, 清原 裕, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌   66 巻 ( 5 ) 頁: 465 - 474   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    健康寿命の延伸には生活習慣病の予防が必要である。口腔の健康状態の維持は生活習慣病の予防につながると考えられているが、その関係性の解明は十分とはいえない。そこで本研究では、口腔の健康状態と生活習慣病の関係を調べた。平成19年度久山町住民健診で歯科健診を受診した40〜79歳の2,523人を分析対象者とした。口腔の健康状態は、現在歯数、歯周ポケットの深さ、う蝕経験状態を評価した。生活習慣病については、糖尿病、高血圧、脂質異常症の有病状況を評価し、すべての疾患を有していない者を「生活習慣病がない者」とした。年齢を40〜59歳と60〜79歳に層別化し、目的変数に生活習慣病の有無、説明変数は口腔の健康状態を用いてロジスティック回帰分析を行った。生活習慣病がない者は40〜59歳で42.0%、60〜79歳は17.9%であった。ロジスティック回帰分析で年齢、性別、body mass index、喫煙、飲酒、運動習慣、職業の影響を調整した結果、40〜59歳では多数歯の保有、60〜79歳では歯周ポケットが浅いことは生活習慣病がないことと関連していた。本研究では、口腔の健康な者には生活習慣病のない者が多いことが示されたことから、口腔の健康状態を良好に保つことが生活習慣病の予防につながる可能性が示唆された。(著者抄録)

    DOI: 10.5834/jdh.66.5_465

    CiNii Article

  57. Swallowing function and nutritional status in Japanese elderly people receiving home-care services: A 1-year longitudinal study 査読有り

    Okabe Y, Furuta M, Akifusa S, Takeuchi K, Adachi M, Kinoshita T, Kikutani T, Nakamura S, Yamashita Y.

    Journal of Nutrition, Health and Aging   20 巻 ( 7 ) 頁: 697 - 704   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Nutrition, Health and Aging  

    DOI: 10.1007/s12603-015-0645-2

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  58. Tooth loss and metabolic syndrome in middle-aged Japanese adults. 査読有り

    Furuta M, Liu A, Shinagawa T, Takeuchi K, Takeshita T, Shimazaki Y, Yamashita Y

    Journal of clinical periodontology   43 巻 ( 6 ) 頁: 482 - 491   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Periodontology  

    DOI: 10.1111/jcpe.12523

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  59. Bacterial diversity in saliva and oral health-related conditions: the Hisayama Study. 査読有り

    Takeshita T, Kageyama S, Furuta M, Tsuboi H, Takeuchi K, Shibata Y, Shimazaki Y, Akifusa S, Ninomiya T, Kiyohara Y, Yamashita Y

    Scientific reports   6 巻   頁: 22164   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/srep22164

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  60. 日本と中国の児童におけるう蝕経験と社会経済状況の関係

    劉 安, 古田 美智子, 竹内 研時, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌   66 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 38   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:有限責任中間法人日本口腔衛生学会  

    う蝕は多要因性疾患であり,その発症には生活習慣,口腔保健行動,社会経済要因が関与し,個人の要因だけでなく環境要因も関係する.環境や社会経済状況が異なる国では,う蝕経験は異なることが予想される.本研究では,地域相関研究によって,日本と中国の児童におけるう蝕経験と社会経済状況の関係について検討した.う蝕経験は,日本の2005年歯科疾患実態調査および2006年学校保健統計調査,中国の第三次全国口腔健康流行病学調査報告(2005年)の全国調査データから,都道府県単位および省単位で5歳児・12歳児の一人平均の未処置歯数と処置歯数を用いて評価した.社会経済状況は,日本は内閣府の県民計算から2006年一人あたりの県民所得のデータを用い,中国は国家統計局のデータから2006年の一人あたりの年間総収入を省単位で評価した.統計解析として,日本と中国で,未処置歯数,処置歯数と社会経済状況の相関係数を12歳児のデータで求めた.5歳児と12歳児で処置歯数は中国に比べ日本のほうが多かった.日本では,未処置歯数,処置歯数と社会経済状況の関係は負の相関であったのに対し,中国では正の相関を示した.つまり,日本では,社会経済状況が良い地域では児童の未処置歯数や処置歯数が少ないが,中国では未処置歯数や処置歯数が多かった.児童のう蝕経験と地域の社会経済状況の関係は国によって異なることが示唆された.

    DOI: 10.5834/jdh.66.1_32

    CiNii Article

  61. 地域住民における口腔の健康状態と生活習慣病の関連性の検討 ─久山町研究─

    古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 柴田 幸江, 二宮 利治, 清原 裕, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌   66 巻 ( 5 ) 頁: 465 - 474   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 口腔衛生学会  

    <p> 健康寿命の延伸には生活習慣病の予防が必要である.口腔の健康状態の維持は生活習慣病の予防につながると考えられているが,その関係性の解明は十分とはいえない.そこで本研究では,口腔の健康状態と生活習慣病の関係を調べた.</p><p> 平成19年度久山町住民健診で歯科健診を受診した40~79歳の2,523人を分析対象者とした.口腔の健康状態は,現在歯数,歯周ポケットの深さ,う蝕経験状態を評価した.生活習慣病については,糖尿病,高血圧,脂質異常症の有病状況を評価し,すべての疾患を有していない者を「生活習慣病がない者」とした.年齢を40~59歳と60~79歳に層別化し,目的変数に生活習慣病の有無,説明変数は口腔の健康状態を用いてロジスティック回帰分析を行った.</p><p> 生活習慣病がない者は40~59歳で42.0%,60~79歳は17.9% であった.ロジスティック回帰分析で年齢,性別,body mass index,喫煙,飲酒,運動習慣,職業の影響を調整した結果,40~59歳では多数歯の保有,60~79歳では歯周ポケットが浅いことは生活習慣病がないことと関連していた.</p><p> 本研究では,口腔の健康な者には生活習慣病のない者が多いことが示されたことから,口腔の健康状態を良好に保つことが生活習慣病の予防につながる可能性が示唆された.</p>

    DOI: 10.5834/jdh.66.5_465

    CiNii Article

  62. Association of periodontal status with liver abnormalities and metabolic syndrome. 査読有り

    Ahmad A, Furuta M, Shinagawa T, Takeuchi K, Takeshita T, Shimazaki Y, Yamashita Y

    Journal of oral science   57 巻 ( 4 ) 頁: 335 - 343   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Oral Science  

    Although an association between periodontal status and liver abnormalities has been reported, it has not been described in relation to metabolic syndrome (MetS), which often coexists with non-alcoholic fatty liver disease. We examined the association of a combination of liver abnormality and MetS with periodontal condition in Japanese adults, based on the level of alcohol consumption. In 2008, 4,207 males aged 45.4 ± 8.9 years and 1,270 females aged 45.9 ± 9.7 years had annual workplace health check-ups at a company in Japan. Periodontal status was represented as periodontal pocket depth at the mesio-buccal and mid-buccal sites for all teeth. Alanine aminotransferase (ALT), and metabolic components were examined. Multiple linear regression analysis showed a significant association between deep pocket depth and the coexistence of elevated ALT and MetS in males with low alcohol consumption. Females showed no such relationship. In conclusion, the association between periodontal condition and the combination of elevated ALT and MetS was confirmed in males. That is, a clear association between liver abnormalities and periodontal condition was seen in male subjects with no or low alcohol consumption and MetS, providing new insights into the connection between liver function and periodontal health. (J Oral Sci 57, 335-343, 2015)

    DOI: 10.2334/josnusd.57.335

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  63. Posterior Teeth Occlusion Associated with Cognitive Function in Nursing Home Older Residents: A Cross-Sectional Observational Study. 査読有り

    Takeuchi K, Izumi M, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Kageyama S, Ganaha S, Yamashita Y

    PloS one   10 巻 ( 10 ) 頁: e0141737   2015年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0141737

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  64. Serum antibody to Porphyromonas gingivalis and periodontitis progression: the Hisayama Study. 査読有り

    Takeuchi K, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Shimazaki Y, Akifusa S, Ninomiya T, Kiyohara Y, Yamashita Y

    Journal of clinical periodontology   42 巻 ( 8 ) 頁: 719 - 725   2015年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Clinical Periodontology  

    DOI: 10.1111/jcpe.12431

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  65. Chewing xylitol gum improves self-rated and objective indicators of oral health status under conditions interrupting regular oral hygiene. 査読有り

    Hashiba T, Takeuchi K, Shimazaki Y, Takeshita T, Yamashita Y

    The Tohoku journal of experimental medicine   235 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 46   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tohoku Journal of Experimental Medicine  

    Chewing xylitol gum provides oral health benefits including inhibiting <i>Streptococcus mutans</i> plaque. It is thought to be especially effective in conditions where it is difficult to perform daily oral cleaning. Our study aim was to determine the effects of chewing xylitol gum on self-rated and objective oral health status under a condition interfering with oral hygiene maintenance. A randomized controlled intervention trial was conducted on 55 healthy ≥ 20-year-old men recruited from the Japan Ground Self Defense Force who were undergoing field training. Participants were randomly assigned to a test group (chewing gum; <i>n</i> = 27) or a control group (no gum; <i>n</i> = 28) and the researchers were blinded to the group assignments. The Visual Analog Scale (VAS) scores of oral conditions subjectively evaluated oral health, and the stimulated salivary bacteria quantity objectively evaluated oral health 1 day before field training (baseline) and 4 days after the beginning of field training (follow-up). VAS scores of all three oral conditions significantly increased in the control group (malodor: <i>p</i> < 0.001; discomfort: <i>p</i> < 0.001; dryness: <i>p</i> < 0.001), but only two VAS scores increased in the test group (malodor: <i>p</i> = 0.021; discomfort: <i>p</i> = 0.002). The number of salivary total bacteria significantly increased in the control group (<i>p</i> < 0.01), while no significant change was observed in the test group (<i>p</i> = 0.668). Chewing xylitol gum positively affects self-rated and objective oral health status by controlling oral hygiene under conditions that interfere with oral hygiene maintenance.

    DOI: 10.1620/tjem.235.39

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  66. Impact of loss of removable dentures on oral health after the great East Japan earthquake: a retrospective cohort study. 査読有り

    Sato Y, Aida J, Takeuchi K, Ito K, Koyama S, Kakizaki M, Sato M, Osaka K, Tsuji I

    Journal of prosthodontics : official journal of the American College of Prosthodontists   24 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 36   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Prosthodontics  

    DOI: 10.1111/jopr.12210

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  67. Risk factors for reduced salivary flow rate in a Japanese population: the Hisayama Study. 査読有り

    Takeuchi K, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Shimazaki Y, Akifusa S, Ninomiya T, Kiyohara Y, Yamashita Y

    BioMed research international   2015 巻   頁: 381821   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BioMed Research International  

    DOI: 10.1155/2015/381821

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  68. Gender-specific associations of serum antibody to Porphyromonas gingivalis and inflammatory markers. 査読有り

    Furuta M, Shimazaki Y, Tanaka S, Takeuchi K, Shibata Y, Takeshita T, Nishimura F, Yamashita Y

    BioMed research international   2015 巻   頁: 897971   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BioMed Research International  

    DOI: 10.1155/2015/897971

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  69. Nutritional status and dysphagia risk among community-dwelling frail older adults 査読有り

    Takeuchi K.

    Journal of Nutrition, Health and Aging   18 巻 ( 4 ) 頁: 352 - 357   2014年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Nutrition, Health and Aging  

    DOI: 10.1007/s12603-014-0025-3

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  70. Inequalities of dental prosthesis use under universal healthcare insurance. 査読有り

    Matsuyama Y, Aida J, Takeuchi K, Tsakos G, Watt RG, Kondo K, Osaka K

    Community dentistry and oral epidemiology   42 巻 ( 2 ) 頁: 122 - 128   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Community Dentistry and Oral Epidemiology  

    DOI: 10.1111/cdoe.12074

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  71. 歯周病と脳血管疾患の関連 : 歯周病測定指標の特性を考慮したメタアナリシス 査読有り

    松山 祐輔, 相田 潤, 竹内 研時, 伊藤 奏, 中安 美枝子, 小山 史穂子, 長谷 晃広, 坪谷 透, 小坂 健

    口腔衛生学会雑誌   64 巻 ( 1 ) 頁: 2 - 9   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 口腔衛生学会  

    2000年代より歯周病と循環器疾患の関連に関する報告が急増しているが,歯周病の評価指標は多様であり,病態評価は用いる指標に左右されるとの報告がなされている.このため,過去の研究における指標が統一されていないことは,研究結果に影響を及ぼしていると考えられる.過去に複数のメタアナリシスが実施されているが,歯周病の評価指標の違いは考慮されていない.そこで,本研究では,代表的な歯周病の測定指標を,a)測定時の炎症を反映する指標(歯肉出血の有無,歯周ポケットの深さの程度)とb)測定時の炎症に左右されない指標(アタッチメントレベル)に分け,歯周病と脳血管疾患の関連について,メタアナリシスにより検討した.<br> 電子データベースによる検索により684本の文献を得,追加的な文献としてこれらの文献のうち2012年に出版されたレビューの引用から,新たに4本の文献を得た.合計688本の文献から,包含基準を満たす11本を解析に使用した.解析の結果,a)では歯周病と脳卒中の間に有意な関連は認められず(オッズ比=1.35,95%信頼区間;0.90-2.02),b)では歯周病患者は脳血管疾患が多いという,有意な正の関連を認めた(オッズ比=1.96,95%信頼区間;1.32-2.90).<br> 本研究から,アタッチメントレベルは,歯肉出血や歯周ポケットの深さの程度に比べ,脳血管疾患との間に強い関連をもつことが明らかになった.

    DOI: 10.5834/jdh.64.1_2

    CiNii Article

    CiNii Books

  72. Social participation and dental health status among older Japanese adults: a population-based cross-sectional study. 査読有り

    Takeuchi K, Aida J, Kondo K, Osaka K

    PloS one   8 巻 ( 4 ) 頁: e61741   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0061741

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  73. Community-level socioeconomic status and parental smoking in Japan. 査読有り

    Takeuchi K, Aida J, Morita M, Ando Y, Osaka K

    Social science & medicine (1982)   75 巻 ( 4 ) 頁: 747 - 751   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Social Science and Medicine  

    DOI: 10.1016/j.socscimed.2012.04.001

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://orcid.org/0000-0001-8769-8955

  74. Socioeconomic inequalities in tooth loss among Japanese

    Ito K.

    Interface Oral Health Science 2011     頁: 291 - 293   2012年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Interface Oral Health Science 2011  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54070-0_86

    Scopus

  75. Gender differences in the association between self-rated oral health and socioeconomic status among Japanese

    Wakaguri S.

    Interface Oral Health Science 2011     頁: 294 - 296   2012年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Interface Oral Health Science 2011  

    DOI: 10.1007/978-4-431-54070-0_87

    Scopus

  76. 都道府県歯科保健条例の記載事項の比較

    竹内 研時, 相田 潤, 岩城 倫弘, 田口 千恵子, 田浦 勝彦, 小林 清吾, 小坂 健

    ヘルスサイエンス・ヘルスケア   11 巻 ( 2 ) 頁: 72 - 77   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:深井保健科学研究所  

    2011年12月迄に、全国23道県で歯科保健条例が制定されている。各条例の特徴を調査し、記載事項を比較検討した。全ての条例で、健康の保持・増進、市町村との連携協力、歯科保健計画、障害者・要介護者への支援を記載していた。一方で、科学的根拠が存在し重要と考えられるフッ化物応用・洗口、喫煙対策、国と日本歯科医師会が主体となって進めている8020運動の記載がない条例が少なからず存在した。更に、口腔の健康格差是正にまで踏み込んで記載している条例は3県のみであった。今後条例を制定する地域においては、健康格差やフッ化物応用・洗口、喫煙対策といった項目も漏らさず記載する必要がある。

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 新編 衛生学・公衆衛生学

    安井利一他(編), 竹内研時他(著)( 担当: 分担執筆)

    医歯薬出版社  2021年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. フロリデーション・ファクツ2018 科学的根拠に基づく水道水フロリデーション

    日本口腔衛生学会フッ化物応用委員(編), 小林清吾他(監), 竹内研時他(訳)( 担当: 共訳)

    口腔保健協会  2020年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 健康長寿のための口腔保健と栄養をむすぶエビデンスブック

    深井穫博(編), 竹内研時他(著)( 担当: 分担執筆)

    医歯薬出版  2019年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  4. 認知症の人への歯科治療ガイドライン

    日本老年歯科医学(編), 平野浩彦他(著), 竹内研時他(コンセンサスボード)

    医歯薬出版  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. オーストラリアにおける水道水フロリデーション

    NPO法人日本フッ化物むし歯予防協会(編), 竹内研時他(訳)( 担当: 共訳)

    口腔保健協会  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. MNA在宅栄養ケア 在宅高齢者の低栄養予防と早期発見

    葛谷雅文他(編), 竹内研時他(著)( 担当: 分担執筆)

    医歯薬出版  2015年1月  ( ISBN:4263706374

     詳細を見る

    総ページ数:100   記述言語:日本語

    ASIN

▼全件表示

MISC 60

  1. フレイル状態にある関節リウマチ患者と地域在住高齢者の比較検討

    上地 香杜, 小嶋 雅代, 安岡 実佳子, 武藤 剛, 飯塚 玄明, 斎藤 民, 渡邉 美貴, 鈴木 貞夫, 竹内 研時, 若井 建志, 尾島 俊之, 近藤 克則  

    日本公衆衛生学会総会抄録集79回 巻   頁: 250 - 250   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

  2. 高齢者サロンへの参加状況と味覚・舌圧との関連

    永吉 真子, 玉井 慎美, 延末 謙一, 本多 由起子, 竹内 研時, 若井 建志, 前田 隆浩  

    日本公衆衛生学会総会抄録集79回 巻   頁: 253 - 253   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

  3. 社会参加とフレイル 関節リウマチ患者と「健康とくらしの調査2016」参加者との比較

    小嶋 雅代, 上地 香杜, 安岡 実佳子, 武藤 剛, 飯塚 玄明, 斎藤 民, 渡邉 美貴, 鈴木 貞夫, 竹内 研時, 若井 建志, 尾島 俊之, 近藤 克則  

    日本公衆衛生学会総会抄録集79回 巻   頁: 250 - 250   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

  4. 都道府県別にみた歯科医師の人口ピラミッドから見える歯科医師供給の将来像

    安藤 雄一, 福田 英輝, 田野 ルミ, 竹内 研時, 大島 克郎  

    日本公衆衛生学会総会抄録集79回 巻   頁: 419 - 419   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

  5. 中学生のインターネット利用時間とう蝕経験の関連の検討

    藤田 美枝子, 野口 有紀, 森下 綾香, 松本 美奈子, 松浦 知佐子, 竹内 研時  

    日本歯科衛生学会雑誌15 巻 ( 1 ) 頁: 68 - 68   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

  6. 成人における主観的な口腔健康状態と自殺を考えた経験との関連

    野口 有紀, 藤田 美枝子, 竹内 研時  

    日本歯科衛生学会雑誌15 巻 ( 1 ) 頁: 34 - 44   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

    【目的】わが国の自殺死亡率は諸外国よりも高く、自殺予防策は重要な課題である。自殺はうつを背景としたものが多く、うつと口腔健康状態との関連性が報告されていることから、歯科から自殺予防支援ができる可能性がある。しかしながら、自殺と口腔状態に着目した報告はない。そこで、成人の自殺を考えた経験を把握する方法として、主観的な口腔健康状態が有用であるか検証することを本研究の目的とした。【対象および方法】2017年1〜2月に20〜69歳の者を無作為に1,500人抽出し、郵送法による無記名自己記入式質問調査を実施した。欠損値を除いた423人を対象に共分散構造分析を実施後、自殺を考えた経験の有無を目的変数、性別・最終教育歴・世帯収入・婚姻状態・喫煙・飲酒・主観的な全身健康状態・主観的な口腔健康状態・1日の歯磨き回数・歯間部補助用具の使用・定期的歯科健診・かかりつけ歯科医師の有無を説明変数とし、ロジスティック回帰分析を行った。【結果および考察】主観的な口腔健康状態のよくない者は26.5%、自殺を考えた経験がある者は21.5%であった。共分散構造分析では、主観的な口腔健康状態と自殺を考えた経験は同一の健康状態の因子を背景に持つことが確認された。ロジスティック回帰分析では、主観的な口腔健康状態のよくない者はよい者に比べて、自殺を考えた経験ありのオッズが2.50(95%CI:1.51-4.14)倍有意に高かった(p<0.05)。【結論】成人の自殺を考えた経験を把握する方法として、主観的な口腔健康状態が有用である可能性が示された。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J04854&link_issn=&doc_id=20200831430003&doc_link_id=%2Fds1denhy%2F2020%2F001501%2F009%2F0034-0044%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fds1denhy%2F2020%2F001501%2F009%2F0034-0044%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  7. 壮年期における口腔健康状態と緑茶摂取との関連

    野口 有紀, 藤田 美枝子, 竹内 研時  

    日本歯科衛生学会雑誌15 巻 ( 1 ) 頁: 74 - 74   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

  8. 新型コロナウイルス感染拡大下における一般住民の歯科医院受診に関する意識調査

    高屋 翔, 小山 史穂子, 竹内 研時  

    The Quintessence39 巻 ( 7 ) 頁: 1588 - 1593   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:クインテッセンス出版(株)  

  9. COVID-19感染拡大下における歯科受診行動 どんな人が歯科受診に不安を抱いているのか

    小山 史穂子, 竹内 研時  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 3 ) 頁: 168 - 174   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    COVID-19はパンデミックとなり、日本でも緊急事態宣言が発令された。歯科医療は治療の特性から、歯科医師と患者の交差感染リスクが高い可能性がある。本研究は、COVID-19感染拡大下の一般住民における歯科受診行動の実態を調査し、院内感染への懸念から、歯科受診に対して強い不安を抱いている者の特徴について検討することを目的とした。一般住民対象のWebアンケート調査を使用し、解析対象者は2020年5月1日〜10日に回答した1,885名(女性798名)とした。基本属性および5つの歯科受診に係わる項目について単純集計を行った。さらに、院内感染への懸念から、歯科受診に対して強い不安を抱くかと、性別、年齢、居住地域、これまでの歯科受診頻度との関連を、ポアソン回帰分析で検討しPrevalence ratio(PR)を算出した。緊急事態宣言後に、歯科医院に行く予定がない者を除いた688名の内、47.2%が予約の取り消しや変更などで歯科受診しなかった一方、52.8%は歯科受診していた。院内感染への懸念から、歯科受診に対して強い不安を抱いていると回答した者は454名(全体の24.1%)いた。多変量ポアソン回帰分析の結果、男性と比較し女性(PR=1.25、95%信頼区間=1.06;1.48)、これまでの歯科受診頻度が「年に数回」の者と比較し「困った時のみ通院」の者(PR=1.36、95%信頼区間=1.15;1.61)で歯科受診に対して強い不安を抱く割合が有意に高かった。本研究結果は今後のウィズ/ポストコロナ時代の歯科受診行動を考えるうえで貴重な資料となり得る。(著者抄録)

  10. 小学校でのフッ化物洗口の経験と成人のう蝕との関係

    古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 須磨 紫乃, 影山 伸哉, 朝川 美加李, 奥 菜央理, 黒江 慧, 高尾 直宏, 柴田 幸江, 二宮 利治, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 2 ) 頁: 106 - 106   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  11. メタボリックシンドロームの発症と現在歯数および摂食速度との関連

    須磨 紫乃, 古田 美智子, 竹内 研時, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 増刊 ) 頁: 114 - 114   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  12. 「生涯28」の科学的根拠について考える 歯の喪失の歯科・医科医療費への影響

    竹内 研時  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 増刊 ) 頁: 68 - 68   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  13. 「生涯28」の科学的根拠について考える 歯の喪失の歯科・医科医療費への影響

    竹内 研時  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 増刊 ) 頁: 68 - 68   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  14. 消化管がん患者の唾液マイクロバイオームに特徴的な細菌種の同定

    影山 伸哉, 竹下 徹, 竹内 研時, 朝川 美加李, 古田 美智子, 柴田 幸江, 山下 喜久, 永井 清志, 池部 正彦, 森田 勝, 益田 宗幸, 藤 也寸志, 清原 裕, 二宮 利治  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 増刊 ) 頁: 149 - 149   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  15. 成人における口腔の健康状態とインターネット活用による健康情報の入手との関連

    野口 有紀, 竹内 研時, 藁科 穂奈美, 藤田 美枝子, 仲井 雪絵  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 増刊 ) 頁: 112 - 112   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  16. 成人における口腔の健康状態とインターネット活用による健康情報の入手との関連

    野口 有紀, 竹内 研時, 藁科 穂奈美, 藤田 美枝子, 仲井 雪絵  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 増刊 ) 頁: 112 - 112   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  17. 地域住民の口腔の健康状態の経年的変化と歯科疾患実態調査との比較

    古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 須磨 紫乃, 影山 伸哉, 朝川 美加李, 黒江 慧, 柴田 幸江, 嶋崎 義浩, 二宮 利治, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 増刊 ) 頁: 117 - 117   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  18. 地域住民における歯の喪失と認知症発症との関連 久山町研究

    竹内 研時  

    口腔衛生学会雑誌70 巻 ( 1 ) 頁: 7 - 10   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    地域在住の一般高齢住民を対象とした前向きコホートデータをもとに、歯の喪失が認知症発症に及ぼす影響を病型別に検討した。2007〜2008年に福岡県久山町の住民健診を受診した60歳以上の高齢男女1566名(男性691名、女性875名)を解析対象とした。追跡期間(中央値5.3年)中に180名が認知症を発症し、病型別ではアルツハイマー病(AD)が127名、血管性認知症が42名であった。全認知症発症の調整ハザード比は20歯以上群に比べて10〜19歯群1.62、1〜9歯群1.81、0歯群1.63と現在歯数の減少に伴い有意に増加した。病型別でみた場合、AD発症の調整ハザード比も現在歯数の減少に伴い増加する傾向にあった。一方、血管性認知症発症と現在歯数の減少との間には有意な関係は認められなかったものの、20歯以上群に比べて10〜19歯群の血管性認知症発症の調整ハザード比は3.19と有意に高いことが確認された。

  19. 歯科衛生士等による定期的なう蝕予防の情報提供が中学生の歯科保健行動に及ぼす効果の検討

    藤田 美枝子, 野口 有紀, 竹内 研時, 仲井 雪絵  

    日本歯科衛生学会雑誌14 巻 ( 1 ) 頁: 176 - 176   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

  20. 口腔健康状態と自殺願望との関連

    野口 有紀, 藁科 穂奈美, 竹内 研時, 仲井 雪絵  

    日本歯科衛生学会雑誌14 巻 ( 1 ) 頁: 161 - 161   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本歯科衛生学会  

  21. 歯周状態と肝機能の関連性について

    黒江 慧, 古田 美智子, 竹内 研時, 田中 照彦, 須磨 紫乃, 竹下 徹, 品川 隆, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌69 巻 ( 3 ) 頁: 154 - 154   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  22. 歯周組織状態と糖尿病発症との関係

    古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 須磨 紫乃, 品川 隆, 嶋崎 義浩, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌69 巻 ( 増刊 ) 頁: 163 - 163   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  23. 歯周組織状態と非ウイルス性の肝線維化の関連性について

    黒江 慧, 古田 美智子, 竹内 研時, 田中 照彦, 須磨 紫乃, 竹下 徹, 嶋崎 義浩, 品川 隆, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌69 巻 ( 増刊 ) 頁: 164 - 164   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  24. 地域高齢者における歯の損失と認知症の危険性 久山研究(Tooth Loss and Risk of Dementia in the Community: the Hisayama Study)

    竹内 研時  

    口腔衛生学会雑誌69 巻 ( 増刊 ) 頁: 60 - 60   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  25. 地域歯科保健人材養成プログラムの概要と今後の在り方-口腔衛生学会専門医の創設を見据えて- 地域歯科保健を支える歯科医師・研究者に求められる知識・技能と課題(大学・研究者の立場から)

    竹内 研時  

    口腔衛生学会雑誌69 巻 ( 増刊 ) 頁: 83 - 84   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  26. メタボリックシンドロームの発症と歯科健診受診との関連 5年間の後ろ向きコホート研究

    田中 照彦, 竹内 研時, 古田 美智子, 須磨 紫乃, 竹下 徹, 嶋崎 義浩, 品川 隆, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌68 巻 ( 増刊 ) 頁: 111 - 111   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    J-GLOBAL

  27. かかりつけ歯科医の性別による患者の歯科保健行動の違い

    竹内 研時, 野口 有紀, 山下 喜久, 尾島 俊之, 仲井 雪絵  

    口腔衛生学会雑誌68 巻 ( 増刊 ) 頁: 122 - 122   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    J-GLOBAL

  28. 誤嚥性肺炎予防における舌清掃を加えた口腔ケアが咳嗽力の維持・改善に与える影響の検討

    泉 繭依, 竹内 研時, 秋房 住郎, 我那覇 生純, 山下 喜久  

    日本口腔ケア学会雑誌12 巻 ( 3 ) 頁: 162 - 162   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔ケア学会  

  29. 施設入所高齢者における舌苔マイクロバイオームと肺炎死亡の関連

    影山 伸哉, 竹下 徹, 古田 美智子, 冨岡 未記子, 朝川 美加李, 須磨 紫乃, 竹内 研時, 柴田 幸江, 岩佐 康行, 山下 喜久  

    日本口腔ケア学会雑誌12 巻 ( 3 ) 頁: 162 - 162   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔ケア学会  

  30. 施設高齢者における現在歯数に関連する因子の検討

    岩佐 康行, 須磨 紫乃, 古田 美智子, 竹内 研時, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌68 巻 ( 増刊 ) 頁: 166 - 166   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    J-GLOBAL

  31. 地域在住高齢者における咀嚼機能と低栄養の関連性の男女差の検討

    須磨 紫乃, 古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 柴田 幸江, 嶋崎 義浩, 二宮 利治, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌68 巻 ( 増刊 ) 頁: 163 - 163   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    J-GLOBAL

  32. 舌苔細菌叢の構成と高齢者の肺炎死亡リスクとの関連

    竹下 徹, 影山 伸哉, 須磨 紫乃, 古田 美智子, 竹内 研時, 朝川 美加李, 岩佐 康行, 山下 喜久  

    日本嫌気性菌感染症学会雑誌48 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 37   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本嫌気性菌感染症学会  

  33. 地域一般住民における呼吸機能低下に及ぼす歯周病の影響の解析 久山町研究

    福山 聡, 松元 幸一郎, 竹内 研時, 緒方 大聡, 竹下 徹, 古田 美智子, 須磨 紫乃, 秦 淳, 二宮 利治, 山下 喜久, 井上 博雅, 中西 洋一  

    日本呼吸器学会誌7 巻 ( 増刊 ) 頁: 255 - 255   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

  34. 地域一般住民における呼吸機能低下に及ぼす歯周病の影響の解析 久山町研究

    福山 聡, 松元 幸一郎, 竹内 研時, 緒方 大聡, 竹下 徹, 古田 美智子, 須磨 紫乃, 秦 淳, 二宮 利治, 山下 喜久, 井上 博雅, 中西 洋一  

    日本呼吸器学会誌7 巻 ( 増刊 ) 頁: 255 - 255   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

  35. 九州・沖縄地方における集団応用フッ化物洗口普及の推移(第2報) 県別の実施市町村の割合、施設別の実施状況と公的支援状況について

    田浦 勝彦, 晴佐久 悟, 古田 美智子, 竹内 研時, 井上 文子, 岩瀬 達雄, 重政 昭彦, 市野 浩司, 難波 亮二, 森木 大輔, 加藤 進作, 木本 一成, 筒井 昭仁, 境 脩, 山内 皓央  

    口腔衛生学会雑誌68 巻 ( 1 ) 頁: 45 - 46   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  36. 「口腔保健の新定義」に関する動向

    深井 穫博, 佐々木 健, 野村 圭介, 大内 章嗣, 安藤 雄一, 小川 祐司, 岡田 寿郎, 嶋崎 義浩, 宮崎 秀夫, 竹内 研時  

    口腔衛生学会雑誌67 巻 ( 4 ) 頁: 306 - 310   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  37. 農山村地域における地縁的な活動への参加と主観的健康感との関連

    野口 有紀, 伊藤 奏, 竹内 研時, 若林 チヒロ, 仲井 雪絵, 中野 恵美子, 有泉 祐吾, 尾島 俊之  

    日本公衆衛生学会総会抄録集76回 巻   頁: 539 - 539   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

  38. 政策声明 認知症に対する口腔保健の予防的役割

    葭原 明弘, 安藤 雄一, 深井 穫博, 安細 敏弘, 伊藤 博夫, 佐々木 健, 山本 龍生, 皆川 久美子, 宮本 茜, 岩崎 正則, 竹内 研時, 日本口腔衛生学会, 日本口腔衛生学会疫学研究委員会および政策声明委員会  

    口腔衛生学会雑誌67 巻 ( 4 ) 頁: 251 - 259   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    認知症に影響する口腔関連の要因には、歯周組織の慢性炎症状態、口腔への刺激および咀嚼運動による脳への刺激、口腔機能の低下による低栄養、長期間にわたるバランスの良い食事スタイル、生活習慣病および社会交流が挙げられる。これらのエビデンスとして国内外での多くの縦断または介入研究において、認知機能の低下・認知症の発症と口腔健康状態との間で有意な関連が報告されている。したがって、口腔保健は認知症予防に寄与する蓋然性が高いと考えられ、口腔保健に従事する関係者は、このことを念頭に置いて一次〜三次予防(口腔疾患の予防、早期発見・早期治療による歯の喪失の予防、喪失部位に対する補綴治療)を系統的に今後進めていく必要がある。また、口腔保健からのアプローチは他職種との連携を通して行われる必要がある。加えて、政策面においては高齢者における介護予防プログラムへの歯科保健の導入を一層促進すべきであり、研究面においては認知機能の低下・認知症の発症に及ぼす口腔保健の効果についてエビデンスをさらに積み重ね、認知症予防に向けた認知症施策の推進と評価に資する根拠と実践を図ることが必要である(図)。(著者抄録)

  39. 地域一般住民における呼吸機能低下に及ぼす歯周病の影響の検討

    竹内 研時, 古田 美智子, 須磨 紫乃, 秦 淳, 二宮 利治, 山下 喜久, 松元 幸一郎, 福山 聡, 緒方 大聡  

    日本公衆衛生学会総会抄録集76回 巻   頁: 447 - 447   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本公衆衛生学会  

  40. 口腔の健康状態及び歯科保健サービスが歯科医療費及び医療費に与える影響に関する文献レビュー

    竹内研時, 佐藤遊洋, 須磨紫乃, 古田美智子, 岡部優花, 田中照彦, 小坂健, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻   頁: 129   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  41. メタボリックシンドロームの発症と歯周病および口腔保健行動との関連:5年間の後ろ向きコホート研究

    田中照彦, 竹内研時, 古田美智子, 須磨紫乃, 竹下徹, 嶋崎義浩, 品川隆, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻   頁: 150   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  42. 高齢者施設入所者における現在歯数が発熱に及ぼす影響

    岩佐康行, 須磨紫乃, 古田美智子, 竹内研時, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻   頁: 141   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  43. 福岡県12歳児のう蝕の有病状況と地域の社会経済状態との検討

    岡部優花, 竹内研時, 古田美智子, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻   頁: 162   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  44. 舌苔マイクロバイオームが高齢者の発熱に及ぼす影響

    影山伸哉, 竹下徹, 須磨紫乃, 古田美智子, 竹内研時, 朝川美加李, 岩佐康行, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻   頁: 107   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  45. 舌苔マイクロバイオームの細菌構成と口腔の健康状態の関連

    朝川美加李, 竹下徹, 影山伸哉, 古田美智子, 竹内研時, 須磨紫乃, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻   頁: 107   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  46. 要介護高齢者における義歯の装着と認知機能との関連

    須磨紫乃, 古田美智子, 竹内研時, 岩佐康行, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻   頁: 139   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  47. 口腔が健康な日本人成人における唾液のマイクロバイオームの特徴(Characteristics of salivary microbiome in orally-healthy Japanese adults)

    竹下 徹, 影山 伸哉, 朝川 美加李, 古田 美智子, 竹内 研時, 二宮 利治, 山下 喜久  

    日本細菌学雑誌72 巻 ( 1 ) 頁: 58 - 58   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本細菌学会  

  48. 要介護高齢者における義歯の装着が認知機能に及ぼす影響

    須磨紫乃, 古田美智子, 竹内研時, 冨岡未記子, 岩佐康行, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻 ( 1 ) 頁: 44‐45   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  49. 口腔清掃が困難な環境下におけるキシリトール配合ガム摂取が口腔環境へ与える影響

    朝川美加李, 竹内研時, 葉柴崇文, 竹下徹, 佐伯洋二, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌67 巻 ( 1 ) 頁: 45   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  50. 九州・沖縄地方における集団応用フッ化物洗口普及の推移 1990〜2016年の県別比較の結果

    晴佐久 悟, 古田 美智子, 竹内 研時, 岩瀬 達雄, 重政 昭彦, 市野 浩司, 森木 大輔, 加藤 進作, 難波 亮二, 木本 一成, 筒井 昭仁, 田浦 勝彦, 境 脩  

    口腔衛生学会雑誌67 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 42   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

    J-GLOBAL

  51. 地域住民における口腔の健康状態と生活習慣病の関連性の検討―久山町研究―

    古田美智子, 竹内研時, 竹下徹, 柴田幸江, 二宮利治, 清原裕, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌66 巻 ( 5 ) 頁: 465‐474   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.5834/jdh.66.5_465

    J-GLOBAL

  52. 地域高齢者における歯の喪失が認知症発症に及ぼす影響の検討:久山町研究

    竹内研時, 古田美智子, 山下喜久, 二宮利治  

    日本公衆衛生学会総会抄録集75th 巻   頁: 271   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  53. WHOの簡易禁煙介入プログラムと日本の歯科禁煙教育モデルの比較

    尾崎和歌子, 蓮田賀子, 埴岡隆, 原田有理子, 竹内研時, 小川祐司  

    口腔衛生学会雑誌66 巻 ( 2 ) 頁: 293   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  54. 職業が歯の喪失に与える影響の性差―後ろ向きコホート研究―

    原田有理子, 竹内研時, 古田美智子, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌66 巻 ( 2 ) 頁: 292   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  55. 歯周組織状態とメタボリックシンドローム発症との関連性:5年間の後ろ向きコホート研究

    田中照彦, 古田美智子, 竹内研時, 竹下徹, 嶋崎義浩, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌66 巻 ( 2 ) 頁: 268   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  56. 嚥下機能低下による在宅療養高齢者の日常生活動作自立度低下リスクの縦断的検証

    竹内研時, 古田美智子, 岡部優花, 秋房住郎, 足立宗久, 木下俊則, 菊谷武, 山下喜久  

    口腔衛生学会雑誌66 巻 ( 2 ) 頁: 271   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  57. 義歯装着が嚥下機能の改善に及ぼす効果の検討

    岡部 優花, 古田 美智子, 竹内 研時, 木村 年秀, 後藤 拓朗, 中村 誠司, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌66 巻 ( 1 ) 頁: 58 - 58   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  58. 歯の有無が口腔常在細菌叢に与える影響

    影山 伸哉, 竹内 研時, 泉 繭依, 我那覇 生純, 竹下 徹, 柴田 幸江, 古田 美智子, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌66 巻 ( 1 ) 頁: 53 - 53   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  59. 生活機能の低下が口腔常在細菌叢に与える影響

    影山 伸哉, 竹内 研時, 泉 繭依, 我那覇 生純, 竹下 徹, 柴田 幸江, 古田 美智子, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌65 巻 ( 2 ) 頁: 195 - 195   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

  60. 在宅要介護高齢者における低栄養と口腔機能に関する縦断研究

    岡部 優花, 古田 美智子, 秋房 住郎, 足立 宗久, 木下 俊則, 菊谷 武, 竹内 研時, 中村 誠司, 山下 喜久  

    口腔衛生学会雑誌65 巻 ( 2 ) 頁: 181 - 181   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本口腔衛生学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等 112

  1. 口腔保健から考える認知症予防 招待有り

    竹内研時

    第42回九州口腔衛生学会総会  2020年9月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  2. 「生涯28」の科学的根拠について考える 歯の喪失の歯科・医科医療費への影響 招待有り

    竹内研時

    第69回日本口腔衛生学会総会  2020年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  3. Tooth loss and risk of dementia in the community: the Hisayama Study 招待有り

    竹内研時

    第68回日本口腔衛生学会総会  2019年5月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. 地域歯科保健を支える歯科医師・研究者に求められる知識・技能と課題 招待有り

    竹内研時

    第68回日本口腔衛生学会総会  2019年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. Posterior Teeth Occlusion and Functional Dependence Among Japanese Older Adults.

    Takeuchi K, Izumi M, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Kageyama S, Ganaha S, Yamashita Y.

    The 94th IADR General Session & Exhibition  2016年6月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. ストレス対処行動とがん死亡リスクとの関係:J-MICC Study

    永吉真子, 塚本峰子, 久保陽子, 岡田理恵子, 田村高志, 菱田朝陽, 竹内研時, 若井建志

    第31回日本疫学会学術総会  2021年1月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. 精神的健康度とストレス対処行動との関連

    塚本峰子, 久保陽子, 永吉真子, 岡田理恵子, 篠壁多恵, 川合紗世, 田村高志, 菱田朝陽, 竹内研時, 若井建志

    第31回日本疫学会学術総会  2021年1月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. PAPSS1遺伝子多型と空腹時血糖値との関連

    藤和太, 内藤真理子, 塚本峰子, 門松由佳, 久保陽子, 岡田理恵子, 永吉真子, 篠壁多恵, 川合紗世, 田村高志, 菱田朝陽, 竹内研時, 若井建志, 浜島信之

    第31回日本疫学会学術総会  2021年1月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  9. 炭水化物・脂質摂取量と全死亡との関連:日本多施設共同コーホート研究(J-MICC  Study)

    田村高志, 門松由佳, 塚本峰子, 久保陽子, 岡田理恵子, 永吉真子, 菱田朝陽, 竹内研時, 若井建志, 日本多施設共同コーホート研究

    第31回日本疫学会学術総会  2021年1月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  10. 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言期間における在宅勤務と座位時間延長との関連

    竹内研時, 小山晃英, 玉田雄大, 田淵貴大

    第31回日本疫学会学術総会  2021年1月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. フレイル状態にある関節リウマチ患者と地域在住高齢者の比較検討

    上地 香杜, 小嶋 雅代, 安岡 実佳子, 武藤 剛, 飯塚 玄明, 斎藤 民, 渡邉 美貴, 鈴木 貞夫, 竹内 研時, 若井 建志, 尾島 俊之, 近藤 克則

    第79回日本公衆衛生学会総会  2020年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. 都道府県別にみた歯科医師の人口ピラミッドから見える歯科医師供給の将来像

    安藤 雄一, 福田 英輝, 田野 ルミ, 竹内 研時, 大島 克郎

    第79回日本公衆衛生学会総会  2020年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. 社会参加とフレイル 関節リウマチ患者と「健康とくらしの調査2016」参加者との比較

    小嶋 雅代, 上地 香杜, 安岡 実佳子, 武藤 剛, 飯塚 玄明, 斎藤 民, 渡邉 美貴, 鈴木 貞夫, 竹内 研時, 若井 建志, 尾島 俊之, 近藤 克則

    第79回日本公衆衛生学会総会  2020年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. 高齢者サロンへの参加状況と味覚・舌圧との関連

    永吉真子, 玉井慎美, 延末謙一, 本多由起子, 竹内研時, 若井建志, 前田隆浩.

    第79回日本公衆衛生学会総会  2020年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. 中学生のインターネット利用時間とう蝕経験の関連の検討

    藤田 美枝子, 野口 有紀, 森下 綾香, 松本 美奈子, 松浦 知佐子, 竹内 研時

    第15回日本歯科衛生学会  2020年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

  16. 壮年期における口腔健康状態と緑茶摂取との関連

    野口 有紀, 藤田 美枝子, 竹内 研時

    第15回日本歯科衛生学会  2020年9月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語  

  17. 緊急事態宣言下での歯科医院の状況と一般住民の受診行動 招待有り

    竹内研時

    第18回深井保健科学研究所コロキウム  2020年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  18. メタボリックシンドロームの発症と現在歯数および摂食速度との関連

    須磨 紫乃, 古田 美智子, 竹内 研時, 山下 喜久

    第69回日本口腔衛生学会総会  2020年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:日本語  

  19. 消化管がん患者の唾液マイクロバイオームに特徴的な細菌種の同定

    影山 伸哉, 竹下 徹, 竹内 研時, 朝川 美加李, 古田 美智子, 柴田 幸江, 山下 喜久, 永井 清志, 池部 正彦, 森田 勝, 益田 宗幸, 藤 也寸志, 清原 裕, 二宮 利治

    第69回日本口腔衛生学会総会  2020年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:日本語  

  20. 成人における口腔の健康状態とインターネット活用による健康情報の入手との関連

    野口 有紀, 竹内 研時, 藁科 穂奈美, 藤田 美枝子, 仲井 雪絵

    第69回日本口腔衛生学会総会  2020年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:日本語  

  21. 地域住民の口腔の健康状態の経年的変化と歯科疾患実態調査との比較

    古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 須磨 紫乃, 影山 伸哉, 朝川 美加李, 黒江 慧, 柴田 幸江, 嶋崎 義浩, 二宮 利治, 山下 喜久

    第69回日本口腔衛生学会総会  2020年4月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:日本語  

  22. 飲酒頻度と受動喫煙曝露との関連:J-MICC横断研究

    竹内研時, 塚本峰子, 門松由佳, 久保陽子, 岡田理恵子, 篠壁多恵, 川合紗世, 田村高志, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  23. 血漿ホモシステイン濃度におけるMTHFR C677T 遺伝子多型と身体活動度の遺伝子環境交互作用

    菱田朝陽, 塚本峰子, 道下裕子, 鈴木康司, 長谷川幸治, 中杤昌弘, 田村高志, 門松由佳, 久保陽子, 竹内研時, 若井建志

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  24. カフェイン代謝酵素CYP1A2遺伝子多型、コーヒー摂取及び緑茶摂取と空腹時血糖値異常との関連

    銀光, 細井菜穂子, 内藤真理子, 塚本峰子, 久保陽子, 岡田理恵子, 篠壁多恵, 川合紗世, 田村高志, 菱田朝陽, 竹内研時, 若井建志, 浜島信之

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  25. 血漿ホモシステイン・葉酸・ビタミンB12値および推 定葉酸摂取量と高血圧症との関連

    田村高志, 門松由佳, 塚本峰子, 久保陽子, 岡田理恵子, 篠壁多恵, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 竹内研時, 若井建志

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  26. 喪失歯数、歯磨き回数と高血圧症、脂質異常症およ び糖尿病との関連

    塚本峰子, 門松由佳, 久保陽子, 岡田理恵子, 篠壁多恵, 川合紗世, 田村高志, 菱田朝陽, 内藤真理子, 竹内研時, 若井建志

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  27. 企業規模と全がん罹患リスクとの関連:J-MICC研究 静岡地区.

    門松由佳, 塚本峰子, 久保陽子, 岡田理恵子, 篠壁多恵, 川合紗世, 田村高志, 菱田朝陽, 内藤真理子, 竹内研時, 若井建志

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  28. 出産歴のある成人女性での授乳経験とメタボリック症候群のリスクとの関連:日本多施設共同コー ホート研究.

    松永貴史, 門松由佳, 塚本峰子, 久保陽子, 田村高志, 岡田理恵子, 篠壁多恵, 川合紗世, 菱田朝陽, 内藤真理子, 竹内研時, 若井建志

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  29. 高齢者の低栄養に関する社会的要因について

    古田美智子, 木村年秀, 丸岡三沙, 竹内研時, 須磨紫乃, 岡田寿朗, 豊嶋健治, 山下喜久

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  30. 一人で/誰かと笑うかで要介護リスクは異なるか: JAGES縦断研究

    山口知香枝. 竹内研時, 玉田雄大, 白井こころ, 大平哲也, 斉藤雅茂, 近藤 克則.

    第30回日本疫学会学術総会  2020年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  31. 小学校でのフッ化物洗口の経験と成人のう蝕との関係

    古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 須磨 紫乃, 影山 伸哉, 朝川 美加李, 奥 菜央理, 黒江 慧, 高尾 直宏, 柴田 幸江, 二宮 利治, 山下 喜久

    第41回九州口腔衛生学会総会  2019年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  32. 歯科衛生士等による定期的なう蝕予防の情報提供が中学生の歯科保健行動に及ぼす効果の検討

    藤田 美枝子, 野口 有紀, 竹内 研時, 仲井 雪絵

    第14回日本歯科衛生学会  2019年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  33. 口腔健康状態と自殺願望との関連

    野口 有紀, 藁科 穂奈美, 竹内 研時, 仲井 雪絵

    第14回日本歯科衛生学会  2019年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  34. 疫学研究から政策への架け橋 招待有り

    竹内研時

    第18回深井保健科学研究所コロキウム  2019年8月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  35. Association of Oral Microbiota with Digestive Tract Cancers.

    Kageyama S, Takeshita T, Asakawa M, Matsumi R, Takeuchi K, Nagai K, Morita M, Masuda M, Toh Y, Ninomiya T, Kiyohara Y, Yamashita Y.

    The 97th IADR General Session & Exhibition  2019年6月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  36. 飲酒頻度と受動喫煙曝露との関連:J-MICC横断研究

    竹内研時, 塚本峰子, 門松由佳, 久保陽子, 岡田理恵子, 篠壁多恵, 川合紗世, 田村高志, 菱田朝陽, 内藤真理子, 若井建志.

    第30回日本疫学会学術総会  2019年2月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  37. 施設入所高齢者における義歯利用と肺炎発症の関連

    竹内研時, 泉繭依, 古田美智子, 竹下徹, 柴田 幸江, 影山 伸哉, 岡部優花, 秋房 住郎,我那覇生純, 山下喜久

    第29回日本疫学会学術総会  2019年2月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  38. 久山町研究のこれまでの道のり ~口腔保健と全身の健康状態との関連~ 招待有り

    竹内研時

    第17回深井保健科学研究所コロキウム  2018年8月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  39. Characterization of Oral Microbiota and Acetaldehyde Production.

    Takeuchi K, Yokoyama S, Shibata Y, Matsumi R, Kageyama S, Takeshita T, Yamashita Y.

    The 96th IADR General Session & Exhibition.  2018年6月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  40. Periodontal Status and Lung Function in Middle-Aged and Older Adults.

    Takeuchi K, Matsumoto K, Furuta M, Fukuyama S, Takeshita T, Ogata H, Suma S, Shibata Y, Shimazaki Y, Hata J, Ninomya T, Yamashita Y.

    The 96th IADR General Session & Exhibition.  2018年6月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  41. Gender-Specific Association Between Periodontal Disease and Job Classification Among Employees.

    Harada Y, Takeuchi K, Furuta M, Tanaka S, Yamashita Y.

    The 94th IADR General Session & Exhibition  2016年6月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  42. 九州・沖縄地方における集団応用フッ化物洗口普及の推移 第2報 県別の実施市町村の割合,施設別の実施状況と公的支援状況について

    田浦勝彦, 晴佐久悟, 古田美智子, 竹内研時, 井上文子, 岩瀬達雄, 重政昭彦, 市野浩司, 難波亮二, 森木大輔, 加藤進作, 木本一成, 筒井昭仁, 境脩, 山内皓央

    口腔衛生学会雑誌  2018年1月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  43. 歯周疾患検診受診率の推移とその地域差に関する検討

    矢田部尚子, 古田美智子, 竹内研時, 須磨紫乃, 渕田慎也, 山本龍生, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2018年1月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  44. 農山村地域における地縁的な活動への参加と主観的健康感との関連

    野口有紀, 伊藤奏, 竹内研時, 若林チヒロ, 仲井雪絵, 中野恵美子, 有泉祐吾, 尾島俊之

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2017年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  45. 地域一般住民における呼吸機能低下に及ぼす歯周病の影響の検討

    竹内研時, 古田美智子, 須磨紫乃, 秦淳, 二宮利治, 山下喜久

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2017年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  46. 口腔の健康状態及び歯科保健サービスが歯科医療費及び医療費に与える影響に関する文献レビュー

    竹内研時, 佐藤遊洋, 須磨紫乃, 古田美智子, 岡部優花, 田中照彦, 小坂健, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2017年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  47. メタボリックシンドロームの発症と歯周病および口腔保健行動との関連:5年間の後ろ向きコホート研究

    田中照彦, 竹内研時, 古田美智子, 須磨紫乃, 竹下徹, 嶋崎義浩, 品川隆, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2017年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  48. 高齢者施設入所者における現在歯数が発熱に及ぼす影響

    岩佐康行, 須磨紫乃, 古田美智子, 竹内研時, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2017年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  49. 要介護高齢者における義歯の装着と認知機能との関連

    須磨紫乃, 古田美智子, 竹内研時, 岩佐康行, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2017年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  50. 福岡県12歳児のう蝕の有病状況と地域の社会経済状態との検討

    岡部優花, 竹内研時, 古田美智子, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2017年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  51. 舌苔マイクロバイオームが高齢者の発熱に及ぼす影響

    影山伸哉, 竹下徹, 須磨紫乃, 古田美智子, 竹内研時, 朝川美加李, 岩佐康行, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2017年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. 舌苔マイクロバイオームの細菌構成と口腔の健康状態の関連

    朝川美加李, 竹下徹, 影山伸哉, 古田美智子, 竹内研時, 須磨紫乃, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2017年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. 口腔が健康な日本人成人における唾液のマイクロバイオームの特徴(Characteristics of salivary microbiome in orally-healthy Japanese adults)

    竹下 徹, 影山 伸哉, 朝川 美加李, 古田 美智子, 竹内 研時, 二宮 利治, 山下 喜久

    日本細菌学雑誌  2017年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  54. 地域高齢者における歯の喪失が認知症発症に及ぼす影響の検討 久山町研究

    竹内 研時, 古田 美智子, 山下 喜久, 二宮 利治

    第75回日本公衆衛生学会総会  2016年10月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  55. 義歯装着が嚥下機能に及ぼす効果について

    岡部優花, 古田美智子, 竹内研時, 木村 年秀, 後藤 拓朗, 山下 喜久

    第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会  2016年9月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  56. 認知機能が嚥下機能を介して栄養状態に与える効果の検証

    竹内研時, 泉繭依, 古田美智子, 岡部優花, 我那覇生純, 山下喜久

    第22回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会  2016年9月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  57. 九州・沖縄地方における集団応用フッ化物洗口普及の推移―1990~2016年の県別比較の結果―

    晴佐久悟, 晴佐久悟, 古田美智子, 古田美智子, 竹内研時, 岩瀬達雄, 重政昭彦, 市野浩司, 森木大輔, 加藤進作, 難波亮二, 木本一成, 木本一成, 筒井昭仁, 田浦勝彦, 境脩

    第38回九州口腔衛生学会総会  2016年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  58. 要介護高齢者における義歯の装着が認知機能に及ぼす影響

    須磨紫乃, 古田美智子, 竹内研時, 冨岡未記子, 岩佐康行, 山下喜久

    第38回九州口腔衛生学会総会  2016年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  59. 口腔清掃が困難な環境下におけるキシリトール配合ガム摂取が口腔環境へ与える影響

    朝川美加李, 竹内研時, 葉柴崇文, 竹下徹, 佐伯洋二, 山下喜久

    第38回九州口腔衛生学会総会  2016年9月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  60. Posterior Teeth Occlusion and Functional Dependence Among Japanese Older Adults 国際会議

    Takeuchi K, Izumi M, Furuta M, Takeshita T, Shibata Y, Kageyama S, Ganaha S, Yamashita Y

    The 94th IADR General Session & Exhibition  2016年6月25日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  61. Gender-Specific Association Between Periodontal Disease and Job Classification Among Employees 国際会議

    Y. Harada, K. Takeuchi, M. Furuta, S. Tanaka, Y. Yamashita

    The 94th IADR General Session & Exhibition  2016年6月24日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  62. 歯周組織状態とメタボリックシンドローム発症との関連性:5 年間の後ろ向きコホート研究

    田中照彦, 古田美智子, 竹内研時, 竹下 徹, 嶋崎義浩, 山下喜久

    第65回日本口腔衛生学会総会  2016年5月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  63. 嚥下機能低下による在宅療養高齢者の日常生活動作自立度低下リスクの縦断的検証

    竹内研時, 古田美智子, 岡部優花, 秋房住郎, 足立宗久, 木下俊則, 菊谷 武, 山下喜久

    第65回日本口腔衛生学会総会  2016年5月29日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  64. WHO の簡易禁煙介入プログラムと日本の歯科禁煙教育モデルの比較.

    尾崎和歌子, 蓮田賀子, 埴岡 隆, 原田有理子, 竹内研時, 小川祐司

    第65回日本口腔衛生学会総会  2016年5月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  65. 職業が歯の喪失に与える影響の性差─後ろ向きコホート研究─

    原田有理子, 竹内研時, 古田美智子, 山下喜久

    第65回日本口腔衛生学会総会  2016年5月28日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  66. WHOの簡易禁煙介入プログラムと日本の歯科禁煙教育モデルの比較

    尾崎 和歌子, 蓮田 賀子, 埴岡 隆, 原田 有理子, 竹内 研時, 小川 祐司

    口腔衛生学会雑誌  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  67. 職業が歯の喪失に与える影響の性差 後ろ向きコホート研究

    原田 有理子, 竹内 研時, 古田 美智子, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  68. 歯周組織状態とメタボリックシンドローム発症との関連性 5年間の後ろ向きコホート研究

    田中 照彦, 古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 嶋崎 義浩, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  69. 嚥下機能低下による在宅療養高齢者の日常生活動作自立度低下リスクの縦断的検証

    竹内 研時, 古田 美智子, 岡部 優花, 秋房 住郎, 足立 宗久, 木下 俊則, 菊谷 武, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  70. 介護保険施設入所高齢者における噛み合わせと認知機能の関連

    竹内研時, 泉繭依, 古田美智子, 竹下徹, 柴田幸江, 影山伸哉, 我那覇生純, 山下喜久

    第26回日本疫学会学術総会  2016年1月23日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  71. Gender Differences in the Association between Periodontal Condition and Socioeconomic Status in Japanese Employees. 国際会議

    Yuriko Harada, Kenji Takeuchi, Michiko Furuta, Shunichi Tanaka, Yoshihisa Yamashita

    The 63rd Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research.  2015年10月30日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  72. 介護保険施設入所高齢者の栄養状態に関わる口腔機能と嚥下機能.

    竹内研時, 泉繭依, 古田美智子, 我那覇生純, 山下喜久

    第21回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会  2015年9月11日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  73. 血清抗体価による歯周疾患重症化リスクの縦断的検証 久山町研究

    竹内 研時, 古田 美智子, 竹下 徹, 柴田 幸江, 嶋崎 義浩, 秋房 住郎, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  74. 生活機能の低下が口腔常在細菌叢に与える影響

    影山 伸哉, 竹内 研時, 泉 繭依, 我那覇 生純, 竹下 徹, 柴田 幸江, 古田 美智子, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  75. 在宅要介護高齢者における低栄養と口腔機能に関する縦断研究

    岡部 優花, 古田 美智子, 秋房 住郎, 足立 宗久, 木下 俊則, 菊谷 武, 竹内 研時, 中村 誠司, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  76. 在宅療養要介護高齢者の口腔機能と生活活動動作に関する縦断的検討

    古田 美智子, 秋房 住郎, 岡部 優花, 足立 宗久, 木下 俊則, 竹内 研時, 中村 誠司, 菊谷 武, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  77. 健康高齢者および在宅・施設入所要介護高齢者における口腔の健康状態

    古田 美智子, 秋房 住郎, 菊谷 武, 冨岡 未記子, 岩佐 康行, 竹内 研時, 竹下 徹, 柴田 幸恵, 嶋崎 義浩, 清原 裕, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  78. お口に関する市民アンケート調査を用いた福岡市における歯科節目健診の認知度に関わる要因の検討

    竹内 研時, 古田 美智子, 安永 愛, 出分 菜々衣, 山下 喜久

    口腔衛生学会雑誌  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  79. 在宅療養要介護者における口腔の健康状態と肺炎,発熱の関係について

    岡部優花, 古田美智子, 竹内研時, 中村誠司, 山下喜久

    老年歯科医学  2014年9月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  80. 在宅療養要介護高齢者における口腔機能と死亡に関するコホート研究

    古田 美智子, 竹内 研時, 岡部 優花, 菊谷 武, 山下 喜久

    老年歯科医学  2014年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  81. コホートデータを用いた刺激唾液分泌量の減少に関わる要因の検討:久山町研究

    竹内研時, 古田美智子, 竹下徹, 柴田幸江, 嶋崎義浩, 秋房住郎, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2014年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  82. 血清中Porphyromonas gingivalisの抗体価および全身状態が歯周組織状態に及ぼす影響についてのコホート研究

    古田美智子, 嶋崎義浩, 竹内研時, 田中俊一, 山下喜久

    口腔衛生学会雑誌  2014年1月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  83. 高齢者の無歯顎の地域格差とソーシャルキャピタルの関連;JAGESプロジェクト

    相田潤, 近藤克則, 山本龍生, 竹内研時, 小坂健

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2013年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  84. 口腔ケアによる肺炎の抑制効果:メタアナリシスによる検討

    長谷晃広, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 中安美枝子, 小山史穂子, 成田展章, 坪谷透, 小坂健

    口腔衛生学会雑誌  2013年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  85. 歯周病と脳卒中の関連:測定指標の差異を考慮したメタアナリシス

    松山祐輔, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 中安美枝子, 小山史穂子, 長谷晃広, 成田展章, 坪谷透, 小坂健

    口腔衛生学会雑誌  2013年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  86. Social Participation and Dental Health Status among Older Japanese. 国際会議

    Takeuchi K, Aida J, Kondo K, Osaka K

    IADR General Session & Exhibition.  2013年3月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  87. 東日本大震災による義歯喪失と口腔のQOLの関連

    佐藤遊洋, 相田潤, 竹内研時, 若栗真太郎, 冨士岳志, 服部佳功, 小関健由, 小坂健, 佐々木啓一, 辻一郎

    宮城県公衆衛生学会会誌  2013年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  88. 仮設住宅居住者における心理的ストレスのリスク要因の検討

    小山史穂子, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 増野華菜子, 近藤克則, 小坂健

    J Epidemiol  2013年1月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  89. 在宅高齢者の生活環境,地域環境および介護予防プログラム・介護サービスと高齢者の健康に関する疫学研究 日本の高齢者における社会参加と残存歯数の関連

    小坂健, 竹内研時, 近藤克則, 相田潤

    在宅高齢者の生活環境、地域環境および介護予防プログラム・介護サービスと高齢者の健康に関する疫学研究 平成24年度 総括・分担研究報告書  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  90. 口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 口腔と全身疾患に関するシステマティックレビュー 2)口腔ケアによる肺炎の予防効果:メタアナリシスによる検討

    小坂健, 長谷晃広, 松山祐輔, 相田潤, 坪谷透, 竹内研時, 伊藤奏, 小山史穂子, 中安美枝子, 成田展章

    口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  91. 口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 口腔と全身疾患に関するシステマティックレビュー 1)歯周病と脳卒中の関連:測定指標の差異を考慮したメタアナリシス

    小坂健, 松山祐輔, 長谷晃広, 相田潤, 坪谷透, 竹内研時, 伊藤奏, 小山史穂子, 中安美枝子, 成田展章

    口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 平成24年度 総括・分担研究報告書  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  92. 震災による義歯喪失の実態とその影響について

    佐藤遊洋, 相田潤, 竹内研時, 若栗真太郎, 服部佳功, 小関健由, 小坂健, 佐々木啓一, 辻一郎

    口腔衛生学会雑誌  2012年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  93. 東日本大震災による歯科医院への通院の中断と再開とその関連要因

    末永竜右, 相田潤, 竹内研時, 若栗真太郎, 服部佳功, 小関健由, 小坂健, 佐々木啓一, 辻一郎

    口腔衛生学会雑誌  2012年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  94. 自己評価口腔の健康度にはお小遣いが関連するか~社会経済的地位指標としてのお小遣いの利用~

    伊藤奏, 相田潤, 若栗真太郎, 竹内研時, 野口有紀, 小坂健

    口腔衛生学会雑誌  2012年4月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  95. ソーシャルキャピタルと高齢者の残存歯数の関連;J‐AGESプロジェクト

    相田潤, 近藤克則, 山本龍生, 竹内研時, 小坂健

    J Epidemiol  2012年1月26日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  96. 介護保険の総合的政策評価ベンチマーク・システムの開発 4)マルチレベル分析・GIS(地理情報システム)を用いた分析 ソーシャルキャピタルと高齢者の残存歯数の関連;J‐AGESプロジェクト

    小坂健, 山本龍生, 相田潤, 竹内研時

    介護保険の総合的政策評価ベンチマーク・システムの開発 平成23年度 総括・分担研究報告書  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  97. 歯科医療関連職種と歯科医療機関の業務のあり方及び需給予測に関する研究 口腔保健における需要を考える:口腔衛生学会自由集会における討論

    安藤雄一, 大内章嗣, 大山篤, 恒石美登里, 神光一郎, 深井穫博, 瀧口徹, 古川清香, 竹内研時, 木下淳博

    歯科医療関連職種と歯科医療機関の業務のあり方及び需給予測に関する研究 平成23年度 総括・分担研究報告書  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  98. 在宅高齢者の栄養状態と誤嚥リスクの把握

    竹内研時, 相田潤, 伊藤奏, 小山史穂子, 吉中晋, 小坂健

    日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会抄録集(Web)  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  99. 都道府県歯科保健条例の記載事項の比較

    竹内研時, 相田潤, 岩城倫弘, 田口千恵子, 田浦勝彦, 小林清吾, 小坂健

    ヘルスサイエンス・ヘルスケア  2011年12月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  100. お小遣いか世帯収入か?~仮想評価法を用いた歯の健康への支払意思額との関連~

    伊藤奏, 相田潤, 竹内研時, 小坂健

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2011年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  101. 高齢者における社会参加と口腔の主観的健康度の関連

    竹内研時, 相田潤, 小坂健, 近藤克則

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2011年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  102. 高等学校における新型インフルエンザ感染拡大時の対応の現状

    長谷晃広, 竹内研時, 若栗真太郎, 伊藤奏, 相田潤, 小坂健

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2011年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  103. 在宅療養支援診療所の概況と医科歯科連携

    小野瑞穂, 若栗真太郎, 松山祐輔, 竹内研時, 伊藤奏, 相田潤, 小坂健

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2011年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  104. 在宅療養における医科歯科連携の実施状況と連携拡大に求められる事項の検討

    松山祐輔, 若栗真太郎, 小野瑞穂, 竹内研時, 伊藤奏, 相田潤, 小坂健

    日本公衆衛生学会総会抄録集  2011年10月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  105. 一般住民の訪問歯科診療に対する認知に関する研究

    白川力丸, 伊藤奏, 若栗真太郎, 竹内研時, 相田潤, 小坂健

    老年歯科医学  2011年9月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  106. 在宅療養者における口腔内と栄養摂取状態との関連

    若栗真太郎, 相田潤, 竹内研時, 伊藤奏, 野口有紀, 小坂健

    老年歯科医学  2011年9月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  107. 仮想評価法を用いた歯の健康に対する支払意思額と社会経済的地位との関連について

    伊藤奏, 相田潤, 若栗真太郎, 野口有紀, 竹内研時, 小坂健

    口腔衛生学会雑誌  2011年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  108. 高齢者における社会参加と残存歯数の関連

    竹内研時, 相田潤, 小坂健, 近藤克則

    口腔衛生学会雑誌  2011年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  109. 口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 高齢者の口腔と全身の健康に影響する要因に関する研究

    小坂健, 竹内研時, 松山祐輔

    口腔保健とQOLの向上に関する総合的研究 平成22年度 研究報告書  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  110. 性・年齢階級別にみた歯科医師数の推移~医師・歯科医師・薬剤師調査を用いた分析~

    竹内研時, 安藤雄一, 大内章嗣, 古川清香, 小坂健

    口腔衛生学会雑誌  2010年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  111. 思春期におけるフッ化物配合歯磨剤使用に関する意識調査

    野口有紀, 若栗真太郎, 竹内研時, 伊藤奏, 相田潤, 小坂健

    口腔衛生学会雑誌  2010年8月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  112. マルチレベル分析による親の喫煙行動と社会環境に関する研究

    竹内研時, 相田潤, 森田学, 安藤雄一, 小坂健

    J Epidemiol  2010年1月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

その他研究活動 5

  1. 日本口腔衛生学会指導医

    2021年1月
    -
    現在

     詳細を見る

    認定年月日:2021年1月1日(番号:75)

  2. 日本疫学会上級疫学専門家

    2020年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    認定年月日:2020年4月1日(番号:CSE 20-179)

  3. 口腔衛生学会若手の会世話人

    2016年7月
    -
    現在

  4. 若手の会(疫学の未来を語る若手の会)世話人

    2016年2月
    -
    現在

     詳細を見る

    2020年4月以降は代表幹事(広報担当) https://jeaweb.jp/youth/index.html

  5. 日本口腔衛生学会認定医

    2015年3月
    -
    現在

     詳細を見る

    認定年月日:2015年3月2日(番号:463)

科研費 18

  1. 歯科口腔保健の推進に資するう蝕予防のための手法に関する研究

    研究課題/研究課題番号:21A2020  2021年4月 - 2022年3月

    厚生労働科学研究費:厚生労働行政推進調査事業費補助金 

    相田 潤, 晴佐久悟, 濃野要, 竹内研時, 磯﨑篤則, 荒川浩久, 石塚洋一, 古田美智子, 松山祐輔, 廣瀬晃子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1799000円 ( 直接経費:1384000円 、 間接経費:415000円 )

  2. 関節リウマチ患者のSuccessful Agingに向けたフレイル予防対策の構築

    研究課題/研究課題番号:20H03954  2020年4月 - 2025年3月

    文部科学省研究費:基盤研究(B) 

    竹内 研時

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

    循環器疾患をはじめとする全身疾患に対して口腔が与える影響が注目されてきている。口腔や全身の健康を規定するおもな要因として、遺伝的要因および社会的決定要因(社会経済状態や保健医療制度など、健康を規定する社会環境要因)が相互に関連しあって健康に影響を与えることが、近年の研究で明らかになりつつある。遺伝子と社会環境の相互作用の解明は重要な科学的課題である。しかし、先行研究では、これらの要因を同時に考慮した研究は少ない。そこで、本研究は遺伝子と社会的決定要因の両方向からのアプローチにより、口腔と循環器疾患の関連を明らかにすることを目的とする。

  3. 受動喫煙のバイオマーカーとしてのコチニンと幼児・学童のう蝕の関連についての研究

    研究課題/研究課題番号:20K10293  2020年4月 - 2023年3月

    文部科学省研究費:基盤研究(C) 

    後藤 拓朗, 古田 美智子, 竹内 研時, 竹下 徹, 山下 喜久

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    前向きコホート研究によって、香川県K市1歳6か月児健診受診者125人(観察群)、福岡県小学1、6年生200人で唾液中のコチニン濃度を測定し、1年半および2年間でのう蝕発症との関係を調べる。また、香川県K市1歳6か月児健診受診者125人(介入群)で、保護者で喫煙している者がいる場合は禁煙指導を行い、1年半後の保護者の喫煙行動の変化を観察群と比較する。研究の概要を下記に示す。

  4. 早期ライフステージにおける口腔マイクロバイオーム形成に影響を及ぼす因子の解明

    研究課題/研究課題番号:20H03901  2020年4月 - 2023年3月

    文部科学省研究費  文部科学省研究費:基盤研究(B) 

    山下 喜久, 石村 匡崇, 竹内 研時, 古田 美智子, 竹下 徹, 須磨 紫乃, 影山 伸哉, 朝川 美加李

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17810000円

    本研究では申請研究の前年度である令和1年度に福岡市東区保健所の4か月児健診を受診した乳児を対象として「舌苔MB構成と出産・育児環境要因との関連性の解明」を目的とする調査を実施し、これをコホート研究の起点として、同一被験者の1歳6か月児健診時と3歳児健診時に追跡調査を行う。この追跡調査で得られる舌苔試料から、 生後4か月から3歳までの舌苔MBの細菌種構成の経年的な変化を明らかにし、質問紙票調査と母子手帳から得られる情報に基づき、その変化に影響する因子の解析を行う。解析結果から口腔dysbiosisの成立機序を解明し、さらに口腔 dysbiosisと健康との関連性の探索も試みる。

  5. 高齢者の口腔機能と施設入所・死亡との関係に関する地域疫学研究ー日常生活に環境と習慣(人と人とのつながり・発声頻度・咀嚼)は予後に影響を与えるかー

    研究課題/研究課題番号:20-02-10  2020年4月 - 2021年3月

    公益財団法人8020推進財団  令和2年度8020公募研究課題 

    永吉真子, 竹内研時, 前田隆浩

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:650000円 ( 直接経費:643500円 、 間接経費:6500円 )

  6. 口腔の健康と全身の健康の関連の文献レビューと因果推論手法の提案

    研究課題/研究課題番号:19FA1018  2019年8月 - 2020年3月

    厚生労働科学研究費:厚生労働科学研究費補助金(厚生科研費) 

    相田 潤, 竹内 研時, 大野 幸子, 山田 聡, 小坂 健

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:4304000円 、 間接経費:636000円 )

  7. プレシジョンメディシンに向けた口腔と循環器疾患についての遺伝と社会要因の解明

    研究課題/研究課題番号:19H03861  2019年4月 - 2024年3月

    文部科学省研究費:基盤研究(B) 

    小坂 健, 相田 潤, 竹内 研時, 小山 志穂子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    循環器疾患をはじめとする全身疾患に対して口腔が与える影響が注目されてきている。口腔や全身の健康を規定するおもな要因として、遺伝的要因および社会的決定要因(社会経済状態や保健医療制度など、健康を規定する社会環境要因)が相互に関連しあって健康に影響を与えることが、近年の研究で明らかになりつつある。遺伝子と社会環境の相互作用の解明は重要な科学的課題である。しかし、先行研究では、これらの要因を同時に考慮した研究は少ない。そこで、本研究は遺伝子と社会的決定要因の両方向からのアプローチにより、口腔と循環器疾患の関連を明らかにすることを目的とする。

  8. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の発症・進行に対する歯周病の重症度の影響の解明

    研究課題/研究課題番号:19K10446  2019年4月 - 2022年3月

    文部科学省研究費:基盤研究(C) 

    竹内 研時, 松元 幸一郎, 古田 美智子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    現在、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者数は日本を含め世界中で増加しており、年間約300万人が死に至る重大な社会問題である。近年、COPDを引き起こす危険因子として、喫煙以外に歯周病の存在も報告されるようになってきた。しかし、これまでの研究では歯周病とCOPDの関連については一貫した結論に至っていない。そこで本研究は、能動・受動喫煙の曝露状況とは独立して、歯周病の重症度がCOPDの発症・進行に関わるか、平均的な日本人集団を対象に追跡しながら検証を行う。
    平均的な日本人集団である福岡県粕屋郡の久山町民の内、2012年の40歳以上の全成人を対象とした一斉健診を受診した者の中で、2017年まで追跡が完了した5年コホート集団1509名を対象に、2012年時点の歯周病の重症度別でCOPDの新規発症リスクを検討した。
    2012年の健診時に米国国民栄養調査の調査基準に従って実施された歯周組織検査のデータより、ポケット深さ(PPD)とアタッチメントロス(CAL)の値を用い、米国疾病予防管理センター(CDC)と米国歯周病学会(AAP)のワーキンググループによって2007年に提案(2012年に修正)された定義に基づき、歯周病の重症度を、健全もしくは軽度(1,118名)・中等度(286名)・重度(105名)の3段階で評価を行った。
    追跡期間におけるCOPDの診断は、日本呼吸器学会による「COPD診断と治療のためのガイドライン2018(第5版)」に基づき、気管支拡張薬吸入後のスパイロメトリーで1秒率(FEV1/FVC)70%未満をCOPDと判定し、鑑別診断で喘息既往者については除外した。
    多変量ポアソン回帰分析にて、性別や年齢、職業、糖尿病の既往、喫煙(Brinkman Index)、飲酒、運動習慣といった共変量を調整した解析を行った結果、歯周病の重症度が高くなるほどCOPD発症リスクが高くなることが示された(傾向性P値=0.042)。特に、歯周病の重症度が健全もしくは軽度な者に比べて、重度の者は5年後のCOPD発症リスクが2.9倍(95%信頼区間: 0.95-8.55)高いことが明らかとなった。
    当初の予定であった2012年から2017年にかけて追跡が完了した5年コホート集団を対象とした、歯周病の重症度とCOPDの新規発症割合の関連の分析が完了した。一方、唾液中のコチニン濃度の定量化については、検討中である。
    次年度は唾液中のコチニン濃度の定量化を進めると伴に、歯周病の重症度によってCOPDの病態の進行度が変わるかを検討するための10年コホート集団のデータセット構築を予定する。

  9. 歯の喪失予防と義歯利用が高齢者の笑って暮らせる生活の維持に果たす役割の検討

    研究課題/研究課題番号:19-2-06  2019年4月 - 2020年3月

    公益財団法人8020推進財団  令和元年度8020公募研究課題 

    竹内研時, 近藤克則

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:650000円 ( 直接経費:643500円 、 間接経費:6500円 )

  10. 口腔の健康から健康長寿をめぐる性差パラドックスの解明を目指す研究

    研究課題/研究課題番号:18K09882  2018年4月 - 2021年3月

    文部科学省研究費:基盤研究(C) 

    古田美智子, 竹内 研時, 山下 喜久, 二宮 利治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    2019年度は、福岡県久山町の生活習慣病予防健診で久山町住民を対象に歯科健診を633人(男性255人、女性378人)に対して実施した。また、次年度以降に口腔の状態と終末糖化産物の変化の関係における性差を評価するにあたり、昨年度は年代別の口腔状態の性差を調べた。その結果、50~70代では女性の歯周組織状態が良好である傾向が認められた。歯数に関しては、50、60歳代で女性のほうが少数歯欠損の者は多く、60歳代では男性のほうが多数歯欠損が多かった。今年度は過去の歯科健診データを用いて口腔の状態の変化に性差が認められるかを調べた。久山町の歯科健診では2010年は60歳代を主に対象とし、2012年は全年齢を対象としている。2010年から2012年の歯周組織状態の変化と歯の喪失について性差を評価した。2010年と2012年の歯科健診を受診した者は60~69歳で530人であった。歯周組織の評価は、Centers for Disease Control and American Academy of Periodontologyの定義に従い、隣接面のアタッチメントレベル(AL)4mm以上が2歯以上または歯周ポケット(PD)5mm以上が2歯以上を中等度以上の歯周病とした。2010年に既に中等度以上の歯周病を保有していた142人と無歯顎で歯周組織検査をしていない7人を除き、381人で歯周病発症の性差について解析した。2年後に歯周病を発症していた者は全体で76人(19.9%)、男性は28.0%、女性は13.1%であった(カイ二乗検定 p<0.001)。また、2年間で1本以上歯を喪失していた者は全体で139人(26.2%)、男性は28.3%、女性は24.3%であった(カイ二乗検定 p=0.292)。歯周病の発症では女性よりも男性のほうが多く、性差が認められたが、歯の喪失では性差は認められなかった。
    当初の計画どおり、歯科健診の実施と血漿試料を採取したが、グリセルアルデヒド由来の終末糖化産物は測定していない。
    次年度は、過去の血漿試料を用いてグリセルアルデヒド由来の終末糖化産物を測定し、口腔の健康状態との関連性を解析する予定である。

  11. 認知症の発症・進行に寄与する口腔関連リスク因子の解明

    研究課題/研究課題番号:17K17375  2017年4月 - 2019年3月

    文部科学省研究費:若手研究(B) 

    竹内 研時

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究は平均的な日本人集団である久山町住民の65歳以上高齢者を対象に、様々な共変量の影響を考慮した上で、認知症の発症・進行に寄与する口腔関連リスク因子の検討を行った。これまでほとんど報告が存在しなかった唾液中の酸化ストレスマーカーはアルツハイマー型認知症の者で低値であることが示された。また、これまで認知症発症との関連が多く報告されていた歯数については、脳全体の萎縮度と関連し、歯の本数が減少するに従い高い萎縮度を示した。その一方で、海馬の特異的な萎縮と歯の本数は有意な関連を認めず、歯の喪失がアルツハイマー型など特定の病型の認知症に特異的なリスク因子であることまでは確認されなかった。
    認知症の発症・進行に寄与する口腔関連リスク因子の解明をさらに発展させるため、唾液中の酸化ストレスマーカーを口腔関連の客観的指標として追加し、認知機能低下の客観的指標として核磁気共鳴映像法(MRI)検査に基づく脳萎縮度の判定を採用した点が本研究の学術的新規性と考える。研究成果の社会的意義として、口腔関連指標の中でも特に、歯の喪失は認知症の発症・進行に寄与する可能性が高く、高齢期に先駆けて幼年期・成人期から一貫して歯の喪失予防に努めることが認知症予防に重要であることが示唆された。

  12. 費用対効果の高い歯科保健サービスの提供方法・内容の分析

    研究課題/研究課題番号:H28-特別-指定-033  2016年11月 - 2017年3月

    厚生労働科学研究費補助金 

    山下 喜久, 竹内 研時, 古田 美智子, 須磨 紫乃

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:2400000円 ( 直接経費:2400000円 )

  13. コホート・生体試料支援プラットフォーム

    研究課題/研究課題番号:16H06277  2016年4月 - 2025年3月

    文部科学省研究費:新学術領域研究 

    竹内 研時

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:2276040000円 ( 直接経費:1750800000円 、 間接経費:525240000円 )

  14. 舌苔の病原性評価ガイドラインの策定に向けた基盤マイクロバイオームデータの構築

    研究課題/研究課題番号:16H05557  2016年4月 - 2019年3月

    文部科学省研究費:基盤研究(B) 

    竹下 徹, 竹内 研時, 山下 喜久, 古田 美智子, 二宮 利治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:17420000円

    我々が唾液とともに飲み込んでいる膨大な数の口腔常在微生物の大半は舌苔に由来する。従って口腔内容物の誤嚥が起こりやすい高齢者の健康管理を考えるうえでは舌苔常在微生物叢(マイクロバイオーム)の構成や動態に対する十分な理解が不可欠である。そこで本研究では地域在住高齢者および施設入所高齢者において微生物DNAを分析する網羅的微生物群集解析法を基盤とした舌苔マイクロバイオームの大規模調査を行なった。本調査により高齢者の舌苔常在微生物叢の正常な細菌構成とその個人差の幅、細菌構成と口腔保健状態との関連が明らかになった。さらに脆弱高齢者の死亡、特に肺炎死亡に関連する舌苔常在微生物叢の構成パターンも特定された。
    本調査により高齢者の舌苔常在微生物叢の構成や健康状態との関連といった基盤データを取得することができた。舌苔微生物叢は嚥下される微生物群の主たる供給源であるにも関わらずこれまでう蝕や歯周炎の直接の原因であるデンタルプラークと比べあまり注目を集めてこなかった。今回の結果は今後舌苔マイクロバイオームの管理に基づく新たな高齢者の健康管理アプローチを構築していくうえで重要な礎になると考えられる。

  15. 口腔・咽頭がん発生に関与するヒトパピローマウイルス感染の実態とリスク因子の解明

    研究課題/研究課題番号:15K20644  2015年4月 - 2017年3月

    文部科学省研究費:若手研究(B) 

    竹内 研時

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究は40-69歳の成人574名(男性269名、女性305名)を対象に、口腔の悪性型HPV感染の実態把握とリスク因子の解明を解明を行った。対象者の内、25名の唾液検体から悪性型HPVが確認された。多変量解析の結果、様々な交絡因子を調整した上で、悪性型HPV感染のオッズはPlaque Indexが1未満の者に比べて1以上の者が3.49倍(95%信頼区間 = 1.24-9.81)有意に高いことが明らかとなった。本研究からPlaque Indexを1未満に保つことが、悪性型HPVの感染を抑制し、将来的な口腔がん発生の予防に役立つ可能性が示唆された。

  16. 口腔マイクロバイオームと頭頸部・消化器がんの関連性の探究

    研究課題/研究課題番号:15K15774  2015年4月 - 2017年3月

    文部科学省研究費:挑戦的萌芽研究 

    山下 喜久, 竹内 研時, 竹下 徹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:3510000円

    本研究では頭頸部・消化器がんに関わる口腔マイクロバイオームの探索を行った。国立病院機構九州がんセンターにおいて頭頸部がんあるいは消化器がんと診断された患者から唾液を採取し、次世代シーケンサーによる網羅的細菌群集解析法を用いて各検体中の微生物の全体構成を明らかにした。久山町住民健診の2000名を超える住民の唾液から得られた一般住民の唾液マイクロバイオームの細菌構成とがん患者のものを比較してがん患者に特有の微生物種ないし構成パターンの特定を目指した。その結果、頭頸部・消化器がんの患者特有の唾液細菌叢は認められなかったが、一部の細菌種にがん患者と一般住民とのあいだで構成比率が異なっていた。

  17. 血清抗体価による歯周疾患重症化リスクの縦断的検証

    研究課題/研究課題番号:25893177  2013年8月 - 2015年3月

    文部科学省研究費:研究活動スタート支援 

    竹内 研時

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    本研究は、40歳代の成人183名を対象にPorphyromonas gingivalis に対する血清IgG抗体価が歯周疾患重症化に与える影響を縦断的に検証した。4年間で対象者の8.7%に歯周疾患重症化が認められた。多変量解析の結果、歯周疾患重症化のオッズは、Porphyromonas gingivalis に対する血清IgG抗体価が10ユニット増加するにつれて1.66倍有意に上昇し、女性に比べ男性が4.13倍有意に高かった。本研究から、Porphyromonas gingivalis に対する血清IgG抗体価と性別は歯周疾患重症化を予測する重要な因子である可能性が示唆された。

  18. ソシオメトリ分析による地域社会の連携改善への介入が乳幼児う蝕抑制に及ぼす効果

    研究課題/研究課題番号:25463250  2013年4月 - 2017年3月

    文部科学省研究費:基盤研究(C) 

    弘中 美貴子, 嶋崎 義浩, 古田 美智子, 竹内 研時

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4940000円

    本研究は、乳幼児齲蝕などに代表される口腔の疾患を、個人の保健行動だけではなく、地域の保健環境を把握した解析を行なうことで、地域の特性が個人に与える影響を検討し、地域環境への介入を進める上での基礎資料を得ることを目的とした。
    1歳6か月児および3歳児健診のデータを用い、1歳6か月時健診の時点で齲蝕を持つ者と持たない者に分けて、それぞれの群における齲蝕増加に影響を及ぼす要因の検討を行ったところ、地域事業として行われているフッ化物歯面塗布による齲蝕予防効果は、齲蝕を持つ者よりも齲蝕の無い者においてより効果が高いという結果が得られた。

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 7

  1. 社会医学実習

    2021

     詳細を見る

    遺伝疫学研究における新しい解析手法を学ぶ

  2. 疫学と予防医学

    2021

     詳細を見る

    記述疫学と疫学指標、分析疫学、スクリーニング、口腔領域の疫学

  3. ヤング・リーダーズ・プログラム

    2020

     詳細を見る

    Intervention, randomization; Screening

  4. 疫学と予防医学

    2020

     詳細を見る

    記述疫学と疫学指標、分析疫学、スクリーニング、疾患予防と健康施策、口腔領域の疫学

  5. ヤング・リーダーズ・プログラム

    2019

     詳細を見る

    Intervention, randomization; Epidemiology of cancer; Screening

  6. 社会医学実習

    2019

     詳細を見る

    遺伝疫学研究における新しい解析手法を学ぶ

  7. 疫学と予防医学

    2019

     詳細を見る

    記述疫学と疫学指標、分析疫学、スクリーニング、疾患予防と健康施策、口腔領域の疫学

▼全件表示

 

社会貢献活動 8

  1. 地域保健活動における統計・疫学の基礎と実践

    役割:講師

    愛知県健康医務部健康対策課歯科・栄養グループ  令和2年度 第1回 愛知県歯科衛生士人材育成研修  2020年12月

  2. 地域歯科保健活動における統計・疫学の基礎知識

    役割:講師

    愛知県歯科医師会  令和2年度 医療圏代表者会議 研修会  2020年11月

  3. 日本口腔衛生学会・COVID-19対策緊急アンケート結果速報

    役割:情報提供

    日本口腔衛生学会 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策検討作業部会  2020年5月

  4. 地域保健活動における統計・疫学の基礎知識

    役割:講師

    愛知県健康医務部健康対策課歯科・栄養グループ  令和元年度 第2回 愛知県歯科保健課題対応研修  2019年11月

  5. 知って得する!健口情報

    役割:講師

    保健福祉局 健康医療部 口腔保健支援センター  平成30年度 生活習慣病予防月間 歯科講演会  2019年2月

  6. 委員会報告: 「口腔保健の新定義」に関する動向

    役割:情報提供

    日本口腔衛生学会  2017年10月

  7. 政策声明: 認知症に対する口腔保健の予防的役割

    役割:情報提供

    日本口腔衛生学会  2017年5月

  8. お口の健康と全身の健康の関係

    役割:講師

    福岡県保健医療介護部健康増進課健康づくり係  平成28年度 特定保健指導従事者研修会  2017年1月

▼全件表示

メディア報道 13

  1. 特別企画 日本口腔衛生学会 学会声明『生涯28』の科学的根拠について考える 新聞・雑誌

    歯界展望 2021年4月号(137巻4号)  2021年3月

  2. with コロナの口腔予防管理 新聞・雑誌

    歯界展望 2021年3月号(137巻3号)  2021年2月

  3. 笑って減らそう要介護リスク 笑わない人は毎日笑う人の1・4倍も危険/運動より簡単 誰でもできる! 新聞・雑誌

    週刊朝日 2020年11月13日号  2020年11月

  4. もっと笑いたい 発声で心身リラックス 新聞・雑誌

    毎日新聞 人生100年クラブ  2020年10月

  5. 本当だった?「笑う門には福来たる」 介護リスクへの影響、名古屋大が初の大規模調査 新聞・雑誌

    毎日新聞  2020年9月

  6. 笑わない人ほど要介護リスク高く よく笑う人の1.4倍 新聞・雑誌

    朝日新聞  2020年8月

  7. 笑わない高齢者 介護必要になるリスク1.4倍に 名古屋大など テレビ・ラジオ番組

    NHK  おはよう日本  2020年7月

  8. 新型コロナウイルス感染拡大下における一般住民の歯科医院受診に関する意識調査 新聞・雑誌

    ザ・クインテッセンス 2020年7月号  2020年6月

  9. 病気になる社会的要因を探る 新聞・雑誌

    朝日新聞 先端人  2020年4月

  10. 歯周病でCOPDリスク3・5倍 喫煙しなくても危険 新聞・雑誌

    朝日新聞  2019年4月

  11. 肺の健康を守るには口の健康から。歯周病が呼吸機能低下を引き起こす。 新聞・雑誌

    Dentalism 2018 Winter Vol. 33 Dentalism News & Topics  2018年12月

  12. 非喫煙でも「たばこ病」に 歯周病でリスク上昇 新聞・雑誌

    朝日新聞  2018年11月

  13. 医局紹介:研究プロジェクトの精鋭たち 医局のエース紹介 新聞・雑誌

    ザ・クインテッセンス 2018年5月号  2018年5月

▼全件表示