2021/06/04 更新

写真a

シマザキ カン
島崎 敢
SHIMAZAKI Kan
所属
名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ社会研究所 先進ビークル研究部門 特任准教授
職名
特任准教授
連絡先
メールアドレス
ホームページ
プロフィール
心理学を通じて事故や災害の被害を減らす研究をしています.
外部リンク

学位 1

  1. 博士(人間科学) ( 2009年1月   早稲田大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 防災行動

  2. 人間工学

  3. 心理学

  4. 安全教育

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 実験心理学

経歴 13

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構   特任准教授

    2019年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学未来社会創造機構特任准教授

    2019年1月 - 現在

      詳細を見る

  3. 国立研究開発法人防災科学技術研究所客員研究員

    2019年1月 - 現在

      詳細を見る

  4. 実践女子大学

    2017年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  5. 立教大学大学院現代心理学研究科兼任講師

    2016年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

  6. 国立研究開発法人防災科学技術研究所特別研究員

    2015年4月 - 2019年12月

      詳細を見る

  7. 国立研究開発法人防災科学技術研究所   社会防災システム研究部門   特別研究員

    2015年4月 - 2018年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 早稲田大学抱く学院人間科学研究科非常勤講師

    2015年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

  9. 早稲田大学   人間科学学術院   助教

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 早稲田大学人間科学学術院助教

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

  11. 独立行政法人国立病院機構西埼玉中央病院附属看護学校非常勤講師

    2010年4月 - 2019年3月

      詳細を見る

  12. 早稲田大学   人間科学学術院   助手

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. 早稲田大学人間科学学術院助手

    2008年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

▼全件表示

学歴 1

  1. 早稲田大学   人間科学研究科

    - 2008年

      詳細を見る

    国名: 日本国

    researchmap

所属学協会 1

  1. 日本交通心理学会

      詳細を見る

委員歴 1

  1. 独立行政法人自動車事故対策機構適性診断業務検討委員会   委員  

    2019年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    researchmap

受賞 4

  1. 日本交通心理学会最優秀発表賞

    2016年6月   補助ブレーキに対する構えから推定した教習所教官とドライバーのリスク知覚の違い

     詳細を見る

  2. 日本交通科学学会優秀論文賞

    2013年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  3. 日本人間工学会研究奨励賞

    2013年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

  4. 日本交通心理学会第75回大会最優秀発表賞

    2010年  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    researchmap

 

論文 70

  1. Developing a self-checklist of staff development behavior for associate nurse unit managers using the Delphi method

    Shimazaki K.

    Nursing and Health Sciences   23 巻 ( 1 ) 頁: 195 - 207   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nursing and Health Sciences  

    DOI: 10.1111/nhs.12798

    Scopus

  2. 高齢者ドライバの運転行動におけるペダル操作の研究:-運転寿命延伸を目指したドライバ運転特性研究-

    青木 邦友, 平野 昭夫, 新海 裕子, 山内 さつき, 武田 夏佳, 稲上 誠, 米川 隆, 島崎 敢, 青木 宏文

    自動車技術会論文集   52 巻 ( 2 ) 頁: 500 - 504   2021年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 自動車技術会  

    高齢者のペダル踏み間違いによる事故防止に向けた基礎データ収集を目的として公道における運転シーンと実走行時の計測を行った。 計測は車両にドライブレコーダを取り付け、駐車場からの発進や、加速・減速など、シーン毎に足の動きや踵位置を確認した。さらに足の動きと心身機能との関係を報告する。

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.52.500

    CiNii Article

  3. ドライバ視点映像の周囲に呈示したオプティカルフローが速度感覚に与える時系列効果

    伊藤 輔, 島崎 敢, 藤井 愛, 加藤 麻樹, 三嶋 博之, 古山 宣洋, 石田 敏郎

    ヒューマンファクターズ   24 巻 ( 2 ) 頁: 58 - 64   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本プラント・ヒューマンファクター学会  

    DOI: 10.11443/jphf.24.2_58

    CiNii Article

  4. 交通場面に対する高齢ドライバ注視行動と認知機能の関係

    島崎 敢, 稲上 誠, 青木 宏文, 武田 夏佳, 山内 さつき

    人間工学   56 巻 ( 0 ) 頁: 2E4 - 03-2E4-03   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.56.2E4-03

    CiNii Article

  5. How Users of a Smartphone Weather Application Are Influenced by Animated Announcements Conveying Rainfall Intensity and Electronic Gifts Promoting Rain Evacuation

    Nakajima Hiroko, Shimazaki Kan, Ishigaki Yang, Miyajima Akiko, Kuriyama Akira, Iwanami Koyuru, Mitsukura Yasue

    JOURNAL OF DISASTER RESEARCH   14 巻 ( 9 ) 頁: 1236 - 1244   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Disaster Research  

    <p>In this study, we assumed that animated announcements that conveyed rainfall intensity of localized heavy rain and the distribution of electronic gifts to encourage rain evacuation would promote evacuation actions. If evacuation actions could be promoted through these methods, then the transmission of weather information could be improved. Therefore, we modified the features of a weather information application for smartphones, which was already widely used, and conducted a demonstrative experiment with application users who agreed to participate in order to check the validity. We analyzed users' behaviors by transmitting information regarding the predicted start time of rain and recording the Global Positioning System coordinates of the users' smartphones. In addition, a questionnaire survey was administered to the users after the experiment to collect data on their conception of rainfall intensity. The participants were also interviewed. The results of the experiment showed a significant difference in user conception of rainfall intensity depending on whether they had viewed the animation. However, a behavior analysis based on location data showed no statistical bias in the relationship between the animation and rain evacuation behavior.</p>

    DOI: 10.20965/jdr.2019.p1236

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  6. The public's understanding of the functionality and limitations of automatic braking in Japan

    Shimazaki Kan, Ito Tasuku, Fujii Ai, Ishida Toshio

    IATSS RESEARCH   42 巻 ( 4 ) 頁: 221 - 229   2018年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IATSS Research  

    DOI: 10.1016/j.iatssr.2017.11.002

    Web of Science

    Scopus

  7. Improving drivers' eye fixation using accident scenes of the HazardTouch driver-training tool 査読有り

    Shimazaki Kan, Ito Tasuku, Fujii Ai, Ishida Toshiro

    TRANSPORTATION RESEARCH PART F-TRAFFIC PSYCHOLOGY AND BEHAVIOUR   51 巻   頁: 81 - 87   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour  

    DOI: 10.1016/j.trf.2017.09.004

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  8. Differences between scientific prediction and subjective expectation of focal region and seismic intensitof nankai trough giant earthquake 査読有り

    Kan Shimazaki, Yoshinobu Mizui

    Journal of Disaster Research   12 巻 ( 5 ) 頁: 916 - 925   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fuji Technology Press  

    This study quantitatively analyzes the differences between the actual focal region of the Nankai Trough Giant Earthquake, which is expected to occur in the future, and the conceptual focal region drawn on the map by 595 students. It also examines the differences between the subjective expectation and the scientific prediction of the seismic intensity at the residence of the respondents, to find out the relationship between such differences and the variables of respondents such as residence, attributes and experiences, and others. As a result of the examination, the following findings are clear: the subjective expectation of the focal region of the Nankai Trough Giant Earthquake deviates largely eastwards
    those who have their own residence and parents’ home in the area forecasted to be affected by the Nankai Trough Giant Earthquake recognize the focal region of the earthquake better
    and those who have taken measures toward disaster prevention such as stocking goods for emergencies and participating in disaster drills account for a smaller percentage of respondents who underestimated seismic intensity at their residence.

    DOI: 10.20965/jdr.2017.p0916

    Scopus

    researchmap

  9. 機械学習を用いた地域防災活動の評価モデルの自動生成方法に関する研究 査読有り

    崔 青林, 島崎 敢, 李 泰榮, 臼田 裕一郎

    地域安全学会論文集   31 巻 ( 0 ) 頁: 271 - 277   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 地域安全学会  

    <p>In order to conduct regional disaster prevention activities continuously and appropriately, it is necessary to evaluate the effectiveness and appropriateness, and make the improvements based on evaluation. However, there are insufficient human resources of evaluators and it is difficult to foster the talent, since extensive field experience and broad disaster prevention knowledge is required for appropriate evaluation. This study constructed a prototype of a machine learning system for automatically evaluating regional disaster prevention activities. It also performs the machine learning with the data from activity records of the Bosai Contest as input variables, and the winning judgment data evaluated by the expert's review committee as output variables. As a result, the same result as experts' judgment was obtained with the probability of 94% for learning data and 79% for verification data.</p>

    DOI: 10.11314/jisss.31.271

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  10. タブレット端末を用いた安全教材の訓練効果と安全管理への応用 : 低層住宅建築現場を対象として (労働災害防止のための中小規模事業場向けリスク管理支援方策の開発・普及)

    高橋 明子, 三品 誠, 高木 元也, 島崎 敢, 石田 敏郎, 梅崎 重夫

    労働安全衛生総合研究所特別研究報告   ( 47 ) 頁: 39 - 44   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:労働安全衛生総合研究所  

    CiNii Article

    researchmap

  11. The Public’s Understanding of the Functionality and Limitations of Automatic Brakingin Japan 査読有り

    Shimazaki,K, Ito,T, Fujii, A.&Ishida,T

    IATSS Research     2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  12. 防災意識尺度の作成(2):防災意識と防災行動との関連

    尾関 美喜, 島崎 敢

    日本心理学会大会発表論文集   81 巻 ( 0 ) 頁: 1A - 021-1A-021   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.81.0_1A-021

    CiNii Article

  13. 防災意識尺度の作成(1)

    島崎 敢, 尾関 美喜

    日本心理学会大会発表論文集   81 巻 ( 0 ) 頁: 1A - 020-1A-020   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.81.0_1A-020

    CiNii Article

  14. 鉄道の相互乗り入れによる従事員のコミュニケーションエラー

    髙安 洋, 島崎 敢, 石田 敏郎

    労働安全衛生研究   10 巻 ( 2 ) 頁: 97 - 107   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:独立行政法人 労働安全衛生総合研究所  

    &lt;p&gt;鉄道が相互乗り入れを行うことで発生すると考えられる,従事員同士のコミュニケーションエラーについて,鉄道会社に勤務する従事員にアンケートを実施し,各鉄道会社へ運転用語の調査や,シミュレーション実験を通じて,実際のエラー発生の傾向などを分析した.この結果,意味は同じでありながら,独自の鉄道用語が存在することが認められた.また,シミュレーション実験では,多くの鉄道会社で用いられている確認方法である「復唱」と「確認会話」を用いて,お互いの理解度の違いを検証したところ,「確認会話」を用いた場合は,「復唱」と比較して正答率が向上していたことから,「確認会話」が相互間の理解促進に一定の効果があることが認められた.&lt;/p&gt;

    DOI: 10.2486/josh.JOSH-2017-0003-GE

    CiNii Article

    researchmap

  15. 地域防災活動における中間支援機能の役割とその導入効果に関する研究 査読有り

    崔 青林, 李 泰榮, 島崎 敢, 田口 仁, 臼田 裕一郎, 坪川 博彰

    自然災害科学   36 巻 ( 0 ) 頁: 53 - 67   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本自然災害学会  

    CiNii Article

    CiNii Books

    researchmap

  16. Driving behaviors at a crossing with and without right of way by the same person

    Nakamura Ai, Shimazaki Kan, Ito Tasuku, Ishida Toshiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY   51 巻   頁: 1152 - 1152   2016年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  17. 現実の交通映像にコンピュータ・グラフィックを合成して作成した擬似的なヒヤリ・ハット映像によるハザード知覚訓練の効果

    島崎 敢, 伊藤 輔, 中村 愛, 三品 誠, 石田 敏郎

    人間工学   52 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 58   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    事故映像を用いたハザード知覚訓練は効果的であるが,事故映像は偶然にしか撮影できないため,任意の地点の映像で訓練を行えない.そこで本研究では実験参加者が通勤・通学で走行している道路で撮影した映像に交通他者のコンピュータ・グラフィックスを合成することで擬似的なヒヤリ・ハット映像を作成した.11名の実験参加者の自家用車にドライブレコーダを装着し,通勤・通学の運転行動を5往復分記録した.その後,作成したヒヤリ・ハット映像を用いたハザード知覚訓練を実施した.さらに,訓練後の通勤・通学の運転行動も5往復分記録し,訓練前後の運転行動の変化を調べた.訓練後の速度低下は観察されなかったが,訓練後は訓練前に比べて刺激映像撮影地点での交差道路に対する視認時間や視認回数が有意に増加した.

    DOI: 10.5100/jje.52.49

    CiNii Article

    researchmap

  18. 経験の浅い作業者の危険予知訓練による危険認知能力と自己評価の変化

    高橋 明子, 高木 元也, 三品 誠, 島崎 敢, 石田 敏郎

    労働科学   92 巻 ( 3 ) 頁: 33 - 41   2016年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益財団法人大原記念労働科学研究所  

    <p>建築技術専門校訓練生34名を対象に,2種類の既存の危険予知訓練の手法(タブレット端末式KYと自問自答KY)による危険認知能力と自己評価の訓練効果を実験的に検討した.その結果,学習すべき危険要因が表示されるタブレット端末式KYは危険認知能力が上がり,危険認知に関する自己評価が安全側に変化した.一方,学習すべき危険要因が表示されない自問自答KYは危険認知に関する実際の技能と自己評価にギャップが生じ,このギャップによって作業に伴うリスクが高まる可能性が示唆された.安全教育・安全活動をする場合は,対象者の経験に合わせて危険予知訓練の手法を選択する必要がある.(図6,表2)</p>

    DOI: 10.11355/isljsl.92.33

    CiNii Article

  19. 経験の浅い作業者の危険予知訓練による危険認知能力と自己評価の変化

    高橋 明子, 高木 元也, 三品 誠, 島崎 敢, 石田 敏郎

    労働科学   92 巻 ( 3 ) 頁: 33 - 41   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益財団法人大原記念労働科学研究所  

    &lt;p&gt;建築技術専門校訓練生34名を対象に,2種類の既存の危険予知訓練の手法(タブレット端末式KYと自問自答KY)による危険認知能力と自己評価の訓練効果を実験的に検討した.その結果,学習すべき危険要因が表示されるタブレット端末式KYは危険認知能力が上がり,危険認知に関する自己評価が安全側に変化した.一方,学習すべき危険要因が表示されない自問自答KYは危険認知に関する実際の技能と自己評価にギャップが生じ,このギャップによって作業に伴うリスクが高まる可能性が示唆された.安全教育・安全活動をする場合は,対象者の経験に合わせて危険予知訓練の手法を選択する必要がある.(図6,表2)&lt;/p&gt;

    CiNii Article

    researchmap

  20. 1E4-3 同一運転者による自転車および自動車利用時の一時停止交差点通過行動の違い

    中村 愛, 島崎 敢, 伊藤 輔, 石田 敏郎

    人間工学   51 巻 ( 0 ) 頁: S176 - S177   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.51.S176

    CiNii Article

  21. 同一運転者の自転車および自動車利用時の一時停止交差点通過行動の違い

    中村 愛, 島崎 敢, 伊藤 輔, 石田 敏郎

    人間工学   51 巻 ( 5 ) 頁: 351 - 357   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    この研究の目的は,同一人物の自転車と自動車運転時の一時停止行動の違いを検討することと,自転車の一時停止行動の自己評価バイアスを検討することであった.20名の実験参加者は自転車と自動車で実路上の実験コースを走行した.実験コースには一時停止交差点が含まれており,一時停止行動を撮影し分析した.その結果,自転車運転時は自動車運転時に比べて,通過速度が速く,確認回数が少なく,合計確認時間が短かった.これらの違いは全て統計的に有意差があった.また,撮影した一時停止行動の映像を誰が運転しているかがわからないように加工し,実験参加者本人に見せた.実験参加者は映像の一時停止行動と普段の自分の一時停止行動を評価した.それらの評価の違いを比較した結果,自転車は自動車に比べて,一時停止行動の自己評価バイアスはあまり見られなかった.

    DOI: 10.5100/jje.51.351

    CiNii Article

  22. 同一運転者の自転車および自動車利用時の一時停止交差点通過行動の違い

    中村 愛, 島崎 敢, 伊藤 輔, 石田 敏郎

    人間工学   51 巻 ( 5 ) 頁: 351 - 357   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    この研究の目的は,同一人物の自転車と自動車運転時の一時停止行動の違いを検討することと,自転車の一時停止行動の自己評価バイアスを検討することであった.20名の実験参加者は自転車と自動車で実路上の実験コースを走行した.実験コースには一時停止交差点が含まれており,一時停止行動を撮影し分析した.その結果,自転車運転時は自動車運転時に比べて,通過速度が速く,確認回数が少なく,合計確認時間が短かった.これらの違いは全て統計的に有意差があった.また,撮影した一時停止行動の映像を誰が運転しているかがわからないように加工し,実験参加者本人に見せた.実験参加者は映像の一時停止行動と普段の自分の一時停止行動を評価した.それらの評価の違いを比較した結果,自転車は自動車に比べて,一時停止行動の自己評価バイアスはあまり見られなかった.

    DOI: 10.5100/jje.51.351

    CiNii Article

    researchmap

  23. 技能検定員がドライバの運転を評価する際の注視行動 査読有り

    島崎敢, 宮武昌裕, 中村愛, 伊藤輔, 石田敏郎

    交通科学   45 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 11   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  24. ドライブレコーダ映像を用いた運転行動の評価と安全態度の検討 (特集 自動車教習所の現状と課題)

    中村 愛, 島崎 敢, 石田 敏郎

    交通科学 = Traffic science   45 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 20   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:交通科学研究会  

    CiNii Article

    researchmap

  25. 2S3-3 危険予測訓練ソフトウエアHazardTouchの開発と展望

    島崎 敢

    人間工学   50 巻 ( 0 ) 頁: S74 - S75   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.50.S74

    CiNii Article

  26. 1S3-4 自分の運転を客観視するための支援システム

    島崎 敢

    人間工学   50 巻 ( 0 ) 頁: S36 - S37   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.50.S36

    CiNii Article

  27. 1B1-3 押印時の動作と印影の分析

    島崎 敢, 松室 昌仁, 石田 敏郎

    人間工学   50 巻 ( 0 ) 頁: S132 - S133   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.50.S132

    CiNii Article

  28. 1A2-4 建設作業者向けのタブレット端末式KYと従来型KYの訓練効果の比較

    高橋 明子, 高木 元也, 三品 誠, 島崎 敢, 石田 敏郎

    人間工学   50 巻 ( 0 ) 頁: S126 - S127   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.50.S126

    CiNii Article

  29. 1A2-3 建設作業者の保護帽着用の実態と意識

    國島 清和, 中村 愛, 島崎 敢, 石田 敏郎

    人間工学   50 巻 ( 0 ) 頁: S124 - S125   2014年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.50.S124

    CiNii Article

  30. Self-evaluation bias in stopping behaviour whilst driving

    Nakamura A.

    Driver Behaviour and Training   6 巻   頁: 117 - 125   2013年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Driver Behaviour and Training  

    Scopus

  31. 危険場面における建設作業者の知覚と行動−リスク知覚と対処・伝達行動に影響を及ぼす要因− 査読有り

    高橋明子, 中村愛, 島崎敢, 石田敏郎

    応用心理学研究   38 巻 ( 3 ) 頁: 222 - 230   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本応用心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  32. 建設作業者向け安全教材の導入教育への適用

    高橋 明子, 高木 元也, 三品 誠, 島崎 敢, 石田 敏郎

    日本心理学会大会発表論文集   77 巻 ( 0 ) 頁: 2PM - 109-2PM-109   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.77.0_2PM-109

    CiNii Article

  33. 一時停止行動の事後判定と評価による停止率の改善

    島崎 敢, 片山 恵美子, 中村 愛, 高橋 明子, 石田 敏郎

    自動車技術会論文集   44 巻 ( 2 ) 頁: 587 - 592   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 自動車技術会  

    一時停止交差点通過時に停止線手前での完全停止ができていたかどうかを判定し,交差点通過直後にドライバに知らせるシステムを提案し,評価の為に実路実験を行った.システム作動中は最低速度が低下し,最低速度になる位置は手前になり,停止率は顕著に改善した.総停止率はシステム停止後も効果が持続する可能性が見出された.

    CiNii Article

    researchmap

  34. ハザード知覚に影響を与える個々の要素の定量的検討

    島崎 敢, 中村 愛, 三品 誠, 石田 敏郎

    日本心理学会大会発表論文集   77 巻 ( 0 ) 頁: 2PM - 103-2PM-103   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    DOI: 10.4992/pacjpa.77.0_2PM-103

    CiNii Article

  35. タブレッ卜端末と事故映像を用いたハザード知覚訓練と運転行動の変化

    中村 愛, 島崎 敢, 伊藤 輔, 三品 誠, 石田 敏郎

    人間工学   49 巻 ( 3 ) 頁: 126 - 131   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    この研究の目的は我々が開発したハザード知覚訓練ツールの効果を評価することである.訓練ツールはタブレット端末と専用ソフトウエア,およびドライブレコーダによって撮影された事故映像を組み合わせてできている.13名の若年の実験参加者は訓練前後に実路上の実験コースを走行した.訓練には,自動車が交差点の左死角から出現する自転車と衝突する事故類型を用い,4場面を3回繰り返した.交差点を左折する時の運転行動が訓練前後でどのように変化するか比較した.実験の結果,訓練後は,交差点の通過時間が増加し,一時停止率が上昇し,歩道の延長エリア進入時の左確認率が上昇し,確認回数が増加し,合計確認時間が増加した.これらは全て統計的に有意差があった.

    DOI: 10.5100/jje.49.126

    CiNii Article

  36. カーブミラーを利用した交差車両の距離認知

    島崎 敢, 中村 愛, 高橋 明子, 石田 敏郎

    交通心理学研究   29 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 31   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    <p>Objects viewed through convex mirrors seem smaller than when viewed directly. This difference causes drivers to estimate distances to crossing objects incorrectly and increases the possibility of accidents. However, no study has determined the extent of differences in distances estimated with convex mirrors. This study seeks to determine the extent of such differences. We photographed 20 crossing vehicle scenes at a non-signalized intersection, 10 taken directly (direct view) and 10 taken through a convex mirror (mirror view). The distances from the intersection to the crossing vehicle were varied from 10 m to 32.5 m in 2.5 m intervals. One hundred and ninety pairs of photos were generated from these twenty photos. Pairs consisted of both direct-direct or mirror-mirror scenes and mirror-direct scenes. Eighteen participants were asked to choose the closer scene from these pairs of photos. If participants selected two photos at the same frequency from 190 pairs, they interpreted these photos as being almost the same distance from the vehicle. The frequencies of closer estimation of direct and mirror views were compared. Vehicle distances estimated from mirror views were on average 1.2 times greater than those estimated from direct views, with the greatest difference estimated from mirror views to be 1.7 times greater on average (maximum of 2.2 times greater) than those estimated from direct views.</p>

    DOI: 10.34362/jatp.29.25

    CiNii Article

  37. カーブミラーを利用した交差車両の距離認知

    島崎 敢, 中村 愛, 高橋 明子

    交通心理学研究 = Japanese journal of traffic psychology   29 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 31   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  38. P-5 看護場面における看護学生のハザード知覚(ポスター発表,第23回日本保健科学学会学術集会)

    笠原 康代, 島崎 敢, 中村 愛, 三品 誠, 石田 敏郎, 習田 明裕, 三輪 聖恵

    日本保健科学学会誌   16 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本保健科学学会  

    DOI: 10.24531/jhsaiih.16.Suppl_25_1

    CiNii Article

  39. 2A3-4 タブレツト端末を用いた建設作業者向け安全教材の教育効果:-年齢による比較-

    高橋 明子, 高木 元也, 三品 誠, 島崎 敢, 石田 敏郎

    人間工学   49 巻 ( 0 ) 頁: S270 - S271   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.49.S270

    CiNii Article

  40. 1E2-4 鉄道用懐中時計の人間工学的検証

    白井 裕樹, 中村 愛, 島崎 敢, 石田 敏郎

    人間工学   49 巻 ( 0 ) 頁: S202 - S203   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.49.S202

    CiNii Article

  41. 看護師の内服与薬業務における誤薬発生要因の検討

    笠原康代, 島崎敢, 石田敏郎, 平山裕記, 酒井美絵子, 川村佐和子

    人間工学   49 巻 ( 2 ) 頁: 62 - 70   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Ergonomics Society  

    本研究の目的は,内服与薬を遂行する看護師の確認行動と誤薬について検討することであった.63名の看護師に対して,ベッド16床を配置した看護実習室で実験を行い,ビデオカメラで行動を記録した.看護師は処方箋どおりの薬剤を模擬患者6名のベッドに配るよう教示された. 結果,32名(50.8%)が誤薬し,与薬量間違いがもっとも多かった.確認方法は,声出し確認と指差し確認の2つのタイプがある.これらを両方実施した群といずれかを実施した群,両方実施しなかった群の3群間で誤薬件数を比較するために分散分析を実施した.準備段階で主効果がみられ,声出し確認と指差し確認のいずれかまたは両方実施した群は,両方実施しなかった群よりも誤薬件数が有意に少なかった.また,与薬段階においても主効果がみられ,両方実施した群は,いずれかもしくは両方実施しなかった群よりも誤薬件数が有意に少なかった.

    DOI: 10.5100/jje.49.62

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  42. 一時停止行動の事後判定と評価による停止率の改善

    島崎 敢, 片山 恵美子, 中村 愛, 高橋 明子, 石田 敏郎

    自動車技術会論文集   44 巻 ( 2 ) 頁: 587 - 592   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 自動車技術会  

    一時停止交差点通過時に停止線手前での完全停止ができていたかどうかを判定し,交差点通過直後にドライバに知らせるシステムを提案し,評価の為に実路実験を行った.システム作動中は最低速度が低下し,最低速度になる位置は手前になり,停止率は顕著に改善した.総停止率はシステム停止後も効果が持続する可能性が見出された.

    DOI: 10.11351/jsaeronbun.44.587

    CiNii Article

  43. 交差点における一時停止行動の自己評価バイアス

    中村 愛, 島崎 敢, 石田 敏郎

    交通心理学研究   29 巻 ( 1 ) 頁: 16 - 24   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    <p>One reason drivers don't stop at stop signs is they think that they can stop though they actually can't. This research seeks to clarify whether drivers can properly self-evaluate their own stopping behavior. Fifteen taxi drivers participated. We took movies of how the taxi drivers on duty turned left at a crossing with a stop sign using a video camera in front of the intersection. We blurred the drivers' faces and license plates so the participants would not recognize the drivers when they watched the videos. They evaluated the stopping behavior with a visual analogue scale on which the right end represents risk and the left end represents safety. They watched the videos in which the drivers were themselves and evaluated the stopping behavior (A). They then imagined their own usual stopping behavior at the crossing and evaluated that behavior (B). The analysis revealed a significant difference between A and B. They evaluated their usual stopping behavior as being safer than that in the videos. None of the participants recognized that they themselves were the drivers in the videos and strongly criticized their own stopping behavior.</p>

    DOI: 10.34362/jatp.29.16

    CiNii Article

  44. 作業条件がコミュニケーションエラーの発生に及ぼす影響 査読有り

    高橋明子, 島崎敢, 石田敏郎

    人間工学   48 巻 ( 5 ) 頁: 217 - 225   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Ergonomics Society  

    共同作業時において経験や作業環境の悪さがコミュニケーションエラーの発生へ与える影響を検討するため,それらを条件としコミュニケーションエラーの誘発実験を行った.実験参加者は100名であった.2名を1チームとし,2チームが制限されたエリア内で玩具の組立作業を行う課題を与えた.このとき,各チームが相手チームの作業エリア内を移動するよう設定した.また,コミュニケーションのルールを定め,逸脱した場合をコミュニケーションエラーとした.その結果,経験により作業者の行動量は増加し,送信側のコミュニケーションエラーの発生率は低下した.これは未経験者同士のチームでは単純な作業での単純なコミュニケーションのルールさえ守られないことを示唆している.一方,作業環境の悪さにより作業者の行動量やコミュニケーションエラーの発生率に影響はなかった.また,各コミュニケーションエラーの発生率の間に複数の有意相関が見られた.

    DOI: 10.5100/jje.48.217

    CiNii Article

    J-GLOBAL

    researchmap

  45. 休日特別割引開始前後の事故発生状況の変化

    島崎 敢, 石田 敏郎

    高速道路と自動車   55 巻 ( 4 ) 頁: 58 - 63   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:高速道路調査会  

    CiNii Article

    researchmap

  46. カーブミラー方式と交差車両の認知負荷

    島崎 敢, 平山 裕記, 中村 愛, 石田 敏郎

    日本交通科学協議会誌 = Journal of the Japanese Council of Traffic Science   11 巻 ( 2 ) 頁: 9 - 17   2012年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通科学協議会  

    CiNii Article

  47. カーブミラー方式と交差車両の認知負荷 査読有り

    島崎敢, 平山裕記, 中村愛, 石田敏郎

    日本交通科学協議会誌   11 巻 ( 2 ) 頁: 9 - 17   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通科学協議会  

    CiNii Article

    researchmap

  48. タクシードライバーの休憩の取り方に関する事故反復者と優良運転者の比較

    中村 愛, 島崎 敢, 石田 敏郎

    交通心理学研究   28 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    <p>Appropriate rest is important for reducing accidents involving taxi drivers working long hours. We investigated the relation between the rest of taxi drivers on duty and accidents by analyzing the one-month records of digital tachographs of 21 accident repeaters and 23 safe drivers. They worked for about 20 hours per a shift. We defined inactivity exceeding five minutes as rest. The dependent variables were the total rest time, the number of rest periods, the maxim continual driving time, and the concordant rate of rest. The concordant rate of rest indicates whether the time and length of rest were regular or not and is the average of the similarity ratio of rest. We compared four variables between accident repeaters and safe drivers. The result revealed that the concordant rate of rest of safe drivers was significantly higher than that of accident repeaters. There was no significant difference in the total rest time, the number of rest periods, or the maxim continual driving time. We found that the regular rest was important.</p>

    DOI: 10.34362/jatp.28.1

    CiNii Article

  49. ドライバー個人の事故率と衝突対象の発見タイミング

    島崎敢, 石田敏郎

    交通心理学研究   27 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  50. 事故映像とタブレット端末を用いたハザード出現予測の訓練とその効果

    島崎敢, 三品誠, 中村愛, 高橋明子, 石田敏郎

    交通心理学研究   28 巻 ( 1 ) 頁: 35 - 43   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  51. 休日特別割引実施前後の事故発生状況の変化

    島崎敢, 石田敏郎

    高速道路と自動車   55 巻 ( 4 ) 頁: 58 - 63   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  52. 事故映像とタブレット端末を用いたハザード出現予測の訓練とその効果

    島崎 敢, 三品 誠, 中村 愛, 高橋 明子, 石田 敏郎

    交通心理学研究   28 巻 ( 1 ) 頁: 35 - 43   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    <p>Early hazard detection requires appropriate prediction. We propose a new method of driver education using a tablet device (iPad) and movies of accidents recorded by drive recorders to instill appropriate prediction capability in drivers. We developed driver-training software that runs on an iPad. Movies of accidents embedded in this software were played and paused just before the collision. Drivers were asked to identify hazards requiring attention in the paused image by touching them with their finger within seven seconds. The software identifies touched hazards and records touch timing. After the hazards were identified, the movies restarted to show drivers whether there was a collision with the touched object. We made two similar scenarios, each having eight scenes. Drivers repeated the same scenario three times as the training phase. The test phase was conducted after the training phase. In the test phase, drivers viewed the other scenario. The t-test revealed that the collision object touch ratio of the test set was significantly higher than that of the first set in the training phase. Another t-test revealed that reaction times for touching the collision object of the test set were significantly faster than that of the first set in the training phase. </p>

    DOI: 10.34362/jatp.28.35

    CiNii Article

  53. 内服与薬業務にかかわる看護師の行動特性

    笠原 康代, 島崎 敢, 石田 敏郎

    日本医療マネジメント学会雑誌   12 巻 ( 3 ) 頁: 140 - 147   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本医療マネジメント学会  

    CiNii Article

    researchmap

  54. 当事者・観察者の立場での過失割合判断と認定基準との相違 査読有り

    岡本満喜子, 島崎敢, 石田敏郎

    応用心理学研究   36 巻 ( 2 ) 頁: 124 - 133   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本応用心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  55. Correlation between Coulomb stress changes imparted by large historical strike-slip earthquakes and current seismicity in Japan

    Ishibe Takeo, Shimazaki Kunihiko, Tsuruoka Hiroshi, Yamanaka Yoshiko, Satake Kenji

    EARTH PLANETS AND SPACE   63 巻 ( 3 ) 頁: 301 - 314   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth, Planets and Space  

    DOI: 10.5047/eps.2011.01.008

    Web of Science

    Scopus

  56. ドライバー個人の事故率と衝突対象の発見タイミング

    島崎 敢, 石田 敏郎

    交通心理学研究   27 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    <p>Previous laboratory studies have indicated that accident repeaters detect hazards significantly later than safe drivers. However, there is no evidence that the same phenomenon that occurs in a laboratory actually occurs in real traffic situations. In this study, we investigate the relationship between personal accident rates per unit distance and detection timing of potential collisions based on traffic accident records. Correlation analysis revealed that there are weak negative correlations between personal accident rates and distance or time of detecting a potential collision. We divided the drivers into almost equal numbers of high-accident-rate drivers and low-accident-rate drivers and then compared the distance and time for detecting potential collisions for the two groups using the t-test. The t-test revealed that high-accident-rate drivers detected potential collisions significantly later than low-accident-rate drivers.</p>

    DOI: 10.34362/jatp.27.1

    CiNii Article

  57. ドライバー個人の事故率と衝突対象の発見タイミング

    島崎 敢, 石田 敏郎

    交通心理学研究   27 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  58. カーブミラー方式と交差車両の認知負荷

    島崎 敢, 平山 裕記, 中村 愛, 石田 敏郎

    日本交通科学学会誌   11 巻 ( 2 ) 頁: 9 - 17   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本交通科学学会  

    カーブミラーは無信号交差点に数多く設置されているが、2種類のミラーが混在している。集中ミラー方式は2枚のミラーが1本のポールに設置されている。この方式では、右の道路状況は右のミラーに映る。両側ミラー方式は1枚のミラーが1本のポールに設置されており、2本のポールが交差点の両側に立っている。この方式では右の道路状況は左のミラーに映る。そのうえ、鏡像は左右が反転する。したがって、ミラー内の車両が交差点のどの位置にいるのか、またどの方向に進もうとしているのかを判断することは難しい。この難しさの程度を検討するために、24名の実験参加者にミラー内の車両の位置や進行方向を判断するよう求め、反応時間とエラー率を測定した。その結果、車両位置の判断では両側ミラーの反応時間が集中ミラーよりも有意に長かった。進行方向を判断する課題では、両側ミラーの反応時間は長く、エラー率も有意に高かった。

    DOI: 10.24597/jcts.11.2_9

    CiNii Article

  59. 内服与薬業務にかかわる看護師の行動特性

    笠原 康代, 島崎 敢, 石田 敏郎

    日本医療マネジメント学会雑誌   12 巻 ( 3 ) 頁: 140 - 147   2011年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本医療マネジメント学会  

    <p> 本研究は、内服与薬業務を遂行する看護師の行動特性について検討することを目的とした。われわれは66項目から成る調査紙を国内56病院の一般病棟で働く3,319名の看護師に配布し、1,638名から有効回答を得た。</p><p> 誤薬あり群となし群で評価得点に有意差のみられた37項目を用いて因子分析を行った結果、"情報活用"、"連携"、"業務調整・知識獲得"の3因子が抽出された。そして、誤薬頻度と経験年数を独立変数として、因子得点を分散分析によって比較した。結果、"情報活用"と"業務調整・知識獲得"では、誤薬3回以上の群が他の群よりも有意に低かった。このことから、誤薬の少ない看護師は多い看護師よりも患者状態や薬剤情報を積極的に活用し、安全に与薬が遂行できるよう意識して業務調整を行い、また安全のための知識や技術に関する最新情報を積極的に補完していることが示唆された。"連携"では、誤薬3回以上の群において、中堅看護師が若年看護師や熟練看護師よりも有意に高かった。このことから、若年看護師や熟練看護師は他のスタッフと積極的に連携をとっていないために誤薬を犯し、中堅看護師は積極的に連携をとっているにもかかわらず誤薬を犯してしまう傾向のあることが示唆された。</p>

    DOI: 10.11191/jhm.12.140

    CiNii Article

  60. 内服与薬業務に関わる看護師の行動特性

    笠原康代, 島崎敢, 石田敏郎

    日本医療マネージメント学会雑誌   12 巻 ( 3 ) 頁: 140 - 147   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  61. 停車車両の反射材が通過車両ドライバーに与える影響

    島崎 敢, 石田 敏郎, 鹿毛 佳子, 池野 太郎

    日本交通科学協議会誌 = Journal of the Japanese Council of Traffic Science   9 巻 ( 2 ) 頁: 9 - 15   2010年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通科学協議会  

    CiNii Article

  62. 停車車両の反射材が通過車両ドライバーに与える影響

    島崎敢, 石田敏郎

    交通科学協議会誌   10 巻 ( 2 ) 頁: 9 - 15   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通科学協議会  

    CiNii Article

    researchmap

  63. 事故反復者の視覚情報処理とリスク知覚

    島崎 敢

    人間科学研究   22 巻 ( 0 ) 頁: 117 - 118   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:早稲田大学人間科学学術院  

    CiNii Article

    researchmap

  64. 事故反復者のハザード発見とリスク知覚の時系列分析

    島崎 敢, 石田 敏郎

    応用心理学研究   34 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 9   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本応用心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  65. タッチパネルを用いたハザード発見遅れ診断装置の開発

    島崎敢, 石田敏郎

    交通心理学研究   25 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 19   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  66. タッチパネルを用いたハザード発見遅れ診断装置の開発

    島崎 敢, 石田 敏郎

    交通心理学研究   25 巻 ( 1 ) 頁: 13 - 19   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    <p>In a previous study that used eye tracking devices, accident repeaters exhibited significantly delayed detection of hazards. However, it is necessary to develop a more low-cost method to diagnose more drivers. In this study, we tried to obtain the same result as in the previous study without using eye tracking devices. We developed a system for diagnosing hazard detection delays using a general-purpose computer, touch-panel display, and dedicated software. Thirty photos of traffic scenes acquired from near the driver's seat were used as stimuli. Twenty-five taxi drivers were required to touch the hazards in photos displayed on a touch panel. The result revealed that first touch of accident repeaters was significantly delayed relative to that of safe drivers. Accident repeaters touched significantly fewer potential hazards than safe drivers within two seconds from start to display stimulus than did safe drivers, but the number of obvious hazards was the same. Touch timing of accident repeaters for a few hazards was significantly slower than that of safe drivers. These results were almost the same as in the previous study that used eye tracking devices.</p>

    DOI: 10.34362/jatp.25.13

    CiNii Article

  67. 停車車両の反射材が通過車両ドライバーに与える影響 査読有り

    島崎敢, 石田敏郎

    日本交通科学協議会誌   9 巻 ( 2 ) 頁: 9 - 15   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    researchmap

  68. 職業運転者の事故傾向とリスクの連続的評価

    島崎 敢, 石田 敏郎

    交通心理学研究   23 巻 ( 1 ) 頁: 12 - 19   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    <p>This study examined differences in continuous risk perception between two groups of drivers, those with repeated traffic accidents and those without. We presented twenty participants from each group a set of fifteen visual scenes shot from the passenger seat of a car; each scene was presented for 30 to 120 seconds. We recorded continuous risk perception, using the risk estimation lever. There were no significant differences between accident repeaters and safe drivers in variables that represent scenes such as maximum estimated risk, total estimated risk, or control frequency of the lever. However, there were many differences in shapes of the mean estimated risk curve of each group. Accident repeaters did not perceive risk from potential hazards such as blind intersections, and their risk perception from obvious hazards such as pedestrians, bicycles or other cars was delayed compared to that of safo drivers. Mutual correlation analysis of mean curves of each group revealed the total delay of risk perception of accident repeaters in three scenes. Safe drivers estimated risk from potential hazards by experience or knowledge. However, accident repeaters tended to perceive risk only from the obvious traffic environment.</p>

    DOI: 10.34362/jatp.23.12

    CiNii Article

  69. 職業運転者の事故傾向と注視特性

    島崎敢, 高橋明子, 神田直弥, 石田敏郎

    交通心理学研究   21 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 27   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  70. 職業運転者の事故傾向と注視特性

    島崎 敢, 高橋 明子, 神田 直弥, 石田 敏郎

    交通心理学研究   21 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 27   2005年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    <p>This study examined differences in visual searching between two groups of drivers, those with repeated traffic accidents and those without. We presented each of ten participants from each group a set of 30 visual scenes shot from the passenger seat of a car; each scene was presented for 15 seconds. We recorded fixation duration, saccadic eye movement time, and fixation targets that could be classified into 63 categories, using an eye camera. Principal component analysis of each total fixation duration abstracted three major components: fixation targets that do not contribute to safe driving, fixation targets that are important for determining the vehicle's traveling position or speed, and fixation targets of things that move (pedestrians, bicycles or other vehicles). The participants without traffic accidents scored fewer fixations on the first principal component than the participants with repeated traffic accidents. These results suggest that the participants without traffic accidents watched targets selectively, but participants with repeated traffic accidents did not.</p>

    DOI: 10.34362/jatp.21.19

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 暮らしと人を見守る水センシング技術

    石垣陽, 中島広子, 島崎敢( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ゲリラ豪雨の検知と通知技術)

    シーエムシー出版  2019年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  2. 地域包括ケアの推進に向けたまちづくり支援ガイド

    島崎 敢, 池田真幸( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 災害時・災害復興時の市町村支援のポイント)

    日本医療研究開発機構  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  3. 交通心理学入門

    島崎 敢( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 交通のリスク心理学)

    企業開発センター  2017年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  4. 쓸데없는 걱정 따위: 당신의 걱정이 실제로 일어날 확률은 얼마일까?(心配学翻訳書)

    島崎 敢( 担当: 単著)

    HANBIT Biz  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  5. 心配学

    島崎 敢( 担当: 単著)

    光文社  2016年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    researchmap

  6. 心配学 : 「本当の確率」となぜずれる?

    島崎 敢( 担当: 共著)

    光文社  2016年  ( ISBN:9784334038991

     詳細を見る

▼全件表示

MISC 53

  1. 素朴概念と事故のイメージ

    島崎敢  

    人と車56 巻 ( 3 )   2018年3月

     詳細を見る

  2. うまくいくことから学び褒めて伸ばそう

    島崎敢  

    Biz Solution by docomo   2018年3月

     詳細を見る

  3. ドライブレコーダーの活用術

    島崎敢  

    Biz Solution by docomo   2018年3月

     詳細を見る

  4. 特集 危なさの評価を間違えないためにドライバーが知っておきたいこと

    島崎 敢  

    交通安全教育 = Traffic safety education53 巻 ( 2 ) 頁: 6 - 18   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本交通安全教育普及協会  

    CiNii Article

    researchmap

  5. 交通事故はドライバーのせい?

    島崎敢  

    Biz Solution by docomo   2018年2月

     詳細を見る

  6. 危なさの評価を間違えないためにドライバーが知っておきたいこと

    島崎敢  

    交通安全教育622 巻   頁: 6 - 18   2018年2月

     詳細を見る

  7. 報道頻度とリスクの評価

    島崎敢  

    人と車55 巻 ( 12 ) 頁: 26 - 27   2017年12月

     詳細を見る

  8. オペラント条件づけと安全運転

    島崎敢  

    人と車55 巻 ( 10 ) 頁: 16 - 17   2017年10月

     詳細を見る

  9. カンブリア紀の生き物と車のデザイン

    島崎敢  

    人と車53 巻 ( 8 ) 頁: 34 - 35   2017年8月

     詳細を見る

  10. 事故から学ぶ事故にならないことから学ぶ

    島崎敢  

    人と車53 巻 ( 6 ) 頁: 16 - 17   2017年6月

     詳細を見る

  11. あなたの事情,他人の事情

    島崎敢  

    人と車53 巻 ( 4 ) 頁: 26 - 27   2017年4月

     詳細を見る

  12. 食の安全の方程式

    島崎敢  

    TASC MONTHLY493 巻   頁: 6 - 12   2017年1月

     詳細を見る

  13. TASCサロン 食の安全の方程式

    島崎 敢  

    TASC monthly ( 493 ) 頁: 6 - 12   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:たばこ総合研究センター  

    CiNii Article

    researchmap

  14. 地図を深読みしよう

    島崎敢  

    人と車53 巻 ( 1 ) 頁: 30 - 31   2017年1月

     詳細を見る

  15. Podcastでドライバー教育をしよう

    島崎敢  

    人と車52 巻 ( 11 ) 頁: 28 - 29   2016年11月

     詳細を見る

  16. タクシー代と車の維持費

    島崎敢  

    人と車52 巻 ( 9 ) 頁: 24 - 25   2016年9月

     詳細を見る

  17. テスラ車の死亡事故から、人類が学ぶべき「絶対にやってはいけないコト」

    島崎敢  

    現代ビジネス「賢者の知恵」   2016年7月

     詳細を見る

  18. 大地震とトレーラーハウス

    島崎敢  

    人と車52 巻 ( 7 ) 頁: 26 - 27   2016年7月

     詳細を見る

  19. 渡り方の教え方

    島崎敢  

    人と車52 巻 ( 5 ) 頁: 28 - 29   2016年5月

     詳細を見る

  20. 『心配学』著者 島崎敢氏に聞く 仕事の「不安」とどう向き合う?

    島崎 敢  

    企業実務55 巻 ( 6 ) 頁: 16 - 19   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本実業出版社 ; [1937]-  

    CiNii Article

    researchmap

  21. トラック野郎をリメイクしよう

    島崎敢  

    人と車52 巻 ( 3 ) 頁: 26 - 27   2016年3月

     詳細を見る

  22. 車退避計画のすすめ

    島崎敢  

    人と車51 巻 ( 12 ) 頁: 26 - 27   2015年12月

     詳細を見る

  23. 自動運転が実現したら

    島崎敢  

    人と車51 巻 ( 10 ) 頁: 28 - 29   2015年10月

     詳細を見る

  24. “Safely” Exposing People to Danger: Using Accident Videos to Raise Risk Awareness.

    K.,Shimazaki  

    The Japan News by The Yomiuri Shinbun   2015年3月

     詳細を見る

  25. 「安全に」危ない目に遭う?事故映像を用いたリスク認知訓練

    島崎敢  

    YOMIURI ONLINEオピニオン   2015年2月

     詳細を見る

  26. ドライバーが気をつけるだけで事故は防げるのか

    島崎敢  

    人と車51 巻 ( 2 ) 頁: 29 - 35   2015年2月

     詳細を見る

  27. 同一運転者の自転車および自動車利用時の一時停止交差点通過行動の違い

    中村 愛, 島崎 敢, 伊藤 輔  

    人間工学 = The Japanese journal of ergonomics51 巻 ( 5 ) 頁: 351 - 357   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.51.351

    CiNii Article

    researchmap

  28. 技能検定員がドライバの運転を評価する際の注視行動 (特集 自動車教習所の現状と課題)

    島崎 敢, 宮武 昌裕, 中村 愛  

    交通科学 = Traffic science45 巻 ( 1 ) 頁: 3 - 11   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:交通科学研究会  

    CiNii Article

    researchmap

  29. 2B3-3 ドライブレコーダ映像を用いた運転評価の実用可能性:-足元カメラと車体左側方カメラの追加効果-

    中村 愛, 宮武 昌裕, 島崎 敢, 石田 敏郎  

    人間工学50 巻 ( 0 ) 頁: S228 - S229   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Ergonomics Society  

    DOI: 10.5100/jje.50.S228

    CiNii Article

    researchmap

  30. タブレット端末を利用したハザードマップ運動型危険予測訓練ツールの開発とその評価

    島崎 敢  

    タカタ財団助成研究論文集2014 巻 ( 0 ) 頁: 中扉2p,1 - 32   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:タカタ財団  

    CiNii Article

    researchmap

  31. カーブミラーを利用した交差車両の距離認知

    島崎敢, 中村愛, 高橋明子, 石田敏郎  

    交通心理学研究49 巻 ( 1 ) 頁: 25 - 31   2014年

     詳細を見る

  32. カーブミラーを利用した交差車両の距離認知

    島崎敢, 中村愛, 高橋明子, 石田敏郎  

    交通心理学研究49 巻 ( 1 )   2014年

     詳細を見る

  33. P-5 看護場面における看護学生のハザード知覚(ポスター発表,第23回日本保健科学学会学術集会)

    笠原 康代, 島崎 敢, 中村 愛, 三品 誠, 石田 敏郎, 習田 明裕, 三輪 聖恵  

    日本保健科学学会誌16 巻 ( 0 )   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本保健科学学会  

    CiNii Article

    researchmap

  34. 一時停止行動の事後判定と評価による停止率の改善

    島崎敢, 片山恵美子, 中村愛, 高橋明子, 石田敏郎  

    自動車技術会論文集44 巻 ( 2 ) 頁: 587 - 592   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:自動車技術会  

    CiNii Article

    researchmap

  35. 建設作業者向け安全教材の開発と教育訓練効果の検証

    高橋明子, 高木元也, 三品誠, 島崎敢, 石田敏郎  

    人間工学49 巻 ( 6 ) 頁: 262 - 270   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Ergonomics Society  

    本研究では,タブレット端末を用いて建設作業者向けの安全教材を作成し,その教育訓練効果について検討を行った.安全教材は,タブレット端末の画面上に作業場面を4画像同時に提示し,そのうち1画像が危険要因を含むものであった.実験参加者には危険要因を含む1画像を選択させ,これを反復することにより危険要因を覚えさせた.実験参加者は建設作業者70名であり,年齢により若年層,中年層,高年齢層に分類した.その結果,すべての年齢層において安全教材を繰り返し実施することにより,正答率の上昇や判断時間の短縮が見られた.このことから,作業者が建設作業の危険要因について理解し,危険要因を早く認知することができるようになり,教育内容の理解の観点から教育訓練効果のあることが認められた.しかし,高年齢層は他の年齢層ほどの教育訓練効果が認められず,高年齢作業者向けに安全教材を改良する必要があることが示唆された.

    DOI: 10.5100/jje.49.262

    CiNii Article

    researchmap

  36. 1E2-4 鉄道用懐中時計の人間工学的検証

    白井 裕樹, 中村 愛, 島崎 敢, 石田 敏郎  

    人間工学49 巻 ( 0 ) 頁: S202 - S203   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Ergonomics Society  

    CiNii Article

    researchmap

  37. Self-evaluation Bias in Stopping Behavior whilst Driving

    Nakamura, A, Shimazaki, K, Ishida, T  

    Driver Behaviour and Training6 巻   頁: 117 - 125   2013年

     詳細を見る

  38. 交差点における一時停止行動の自己評価バイアス

    中村愛, 島崎敢, 石田敏郎  

    交通心理学研究29 巻 ( 1 ) 頁: 16 - 24   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  39. タブレッ卜端末と事故映像を用いたハザード知覚訓練と運転行動の変化

    中村 愛, 島崎 敢, 伊藤 輔, 三品 誠, 石田 敏郎  

    人間工学49 巻 ( 3 ) 頁: 126 - 131   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Ergonomics Society  

    この研究の目的は我々が開発したハザード知覚訓練ツールの効果を評価することである.訓練ツールはタブレット端末と専用ソフトウエア,およびドライブレコーダによって撮影された事故映像を組み合わせてできている.13名の若年の実験参加者は訓練前後に実路上の実験コースを走行した.訓練には,自動車が交差点の左死角から出現する自転車と衝突する事故類型を用い,4場面を3回繰り返した.交差点を左折する時の運転行動が訓練前後でどのように変化するか比較した.実験の結果,訓練後は,交差点の通過時間が増加し,一時停止率が上昇し,歩道の延長エリア進入時の左確認率が上昇し,確認回数が増加し,合計確認時間が増加した.これらは全て統計的に有意差があった.

    DOI: 10.5100/jje.49.126

    CiNii Article

    researchmap

  40. タブレット端末を用いた建設作業者向け安全教材の導入教育への利用可能性

    高橋明子, 高木元也, 三品誠, 島崎敢, 石田敏郎  

    土木学会論文集F4(建設マネジメント)特集号69 巻 ( 4 ) 頁: I_89 - I_95   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japan Society of Civil Engineers  

    これから建設作業に従事する未経験者や実務経験の浅い作業者には,現場の危険要因を理解させ,経験不足を補うような安全教育の実施が必要である.本研究では低層住宅建築工事現場を対象とし,タブレット端末を用いて作成した安全教材が導入教育として利用できるかについて検討するため,この教材による教育訓練を作業者,訓練生,未経験者に対して実施し,教育訓練効果の検証を行った.その結果,訓練生,未経験者ともに危険要因を早く正確に認識できるようになり,教育内容の理解の観点から教育訓練効果が認められた.また,安全教材の操作性には改良の余地があったが,訓練生の安全教材に対する主観評価(安全教材への興味,主観的学習効果)も高く,本研究で用いた安全教材の導入教育としての利用可能性が示された.

    DOI: 10.2208/jscejcm.69.I_89

    CiNii Article

    researchmap

  41. タブレット端末と事故映像を用いたハザード知覚訓練と運転行動の変化

    中村愛, 島崎敢, 伊藤輔, 三品誠, 石田敏郎  

    人間工学49 巻 ( 3 ) 頁: 126 - 131   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本人間工学会  

    DOI: 10.5100/jje.49.126

    CiNii Article

    researchmap

  42. Self-evaluation Bias in Stopping Behavior whilst Driving

    Nakamura, A, Shimazaki, K, Ishida, T  

    Driver Behaviour and Training6 巻   頁: 117 - 125   2013年

     詳細を見る

  43. カーブミラーと出会い頭事故

    島崎敢  

    交通事故例調査・分析報告書2012 巻   頁: 46 - 53   2012年

     詳細を見る

  44. 危険場面における建設作業者の知覚と行動-リスク知覚と対処・伝達行動に影響を及ぼす要因-

    高橋明子, 中村愛, 島崎敢, 石田敏郎  

    応用心理学研究38 巻   2012年

     詳細を見る

  45. 危険場面における建設作業者の知覚と行動-リスク知覚と対処・伝達行動に影響を及ぼす要因-

    高橋明子, 中村愛, 島崎敢, 石田敏郎  

    応用心理学研究38 巻 ( 3 ) 頁: 222 - 230   2012年

     詳細を見る

  46. 危険場面における建設作業者の知覚と行動-リスク知覚と対処・伝達行動に影響を及ぼす要因-

    高橋明子, 中村愛, 島崎敢, 石田敏郎  

    応用心理学研究38 巻   頁: 222 - 230   2012年

     詳細を見る

  47. タクシードライバーの休憩の取り方に関する事故反復者と優良運転者の比較

    中村愛, 島崎敢, 石田敏郎  

    交通心理学研究28 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本交通心理学会  

    CiNii Article

    researchmap

  48. カーブミラーと出会い頭事故

    島崎敢  

    交通事故例調査・分析報告書2012 巻   2012年

     詳細を見る

  49. 休日特別割引実施前後の事故発生状況の変化

    交通事故例調査・分析報告書   頁: 50 - 63   2011年

     詳細を見る

  50. 衝突対象の発見タイミングと事故経験の関係

    交通事故例調査・分析報告書   頁: 120 - 125   2010年

     詳細を見る

  51. 職業ドライバーの事故発生パターンと時系列情報

    交通事故例調査・分析報告書   頁: 40 - 45   2009年

     詳細を見る

  52. 事故反復者のハザードの発見とリスク知覚の時系列分析

    島崎敢, 石田敏郎  

    応用心理学研究34 巻   頁: 1 - 9   2009年

     詳細を見る

  53. 事故反復者のハザードの発見とリスク知覚の時系列分析

    島崎敢, 石田敏郎  

    応用心理学研究34 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 9   2009年

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等 95

  1. 押印時の動作と印影の分析

    日本人間工学会第55回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  2. 技能検定員の検定コース走行時の注視行動

    日本交通心理学会第79回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  3. 技能教習の各項目に対する教習生のとらえ方3-ドライビングシミュレータ上での衝突経験と危険予測教習の効果-

    日本交通心理学会第79回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  4. 技能教習の各項目に対する教習生のとらえ方2-自己評価と教官評価の違いおよび運転に対する自信の変化-

    日本交通心理学会第79回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  5. 技能教習の各項目に対する教習生のとらえ方1-教習前後の困難さのイメージの変化-

    日本交通心理学会第79回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  6. 情報端末を用いた危険認知訓練システムの開発

    日本交通科学協議会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  7. 建設作業者向け安全教材の導入教育への適用

    日本心理学会第77回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  8. 建設作業者向けのタブレット端末式KYと従来型KYの訓練効果の比較

    日本人間工学会第55回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  9. 建設作業者の保護帽着用の実態と意識

    日本人間工学会第55回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  10. 少量のアルコール摂取が反応時間におよぼす影響

    日本交通心理学会第71回大会  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  11. 指導員同乗による運転行動の変化

    人間工学会関東支部会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  12. Visual Search Characteristics and Accident Liability of Professional Drivers

    26th International Congress of Applied Psychology  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  13. Subjective velocity of drivers and optical flow around drivers view.

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  14. Self-evaluation Bias of Stopping Behavior at a Crossing with a Stop Sing and Improvement of Full Stop Rate.

    The 6th International Conference on Driver Behaviour and Training  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  15. Risk perception and behavior in nursing

    The 16ht. East Asia Forum in Nursing Scholors.  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  16. Rest and accident of taxi drivers.

    International Congress on Traffic and Transport Psychology  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  17. Quantitative evaluation of the individual elements that affect the risk estimation of traffic situations.

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  18. Nursing students’ awareness of hazards in nursing practice.

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  19. Measuring safety attitudes using drive recorders to evaluate driving behavior.

    28th International Congress of Applied Psychology  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  20. Improvement of Driving Behavior By Hazard Detection Training Using Accident Movies and HazardTouch.

    The 6th International Conference on Driver Behaviour and Training  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  21. Effects of Work Conditions on Communication

    177th Meeting of the American Association for the Advancement of Science  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  22. Effectiveness of a tablet-PC-based safety-training tool for construction workers- Age-related comparison

    International Conference on Fall Prevention and Protection  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  23. Driver education using a tablet device and movies of accidents recorded by drive recorders.

    International Congress on Traffic and Transport Psychology  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  24. Comparing effectiveness between an existing safety activity and a safety activity with a tablet-PC-based safety-training tool for construction workers.

    5th. International Conference on Applied Human Factors and Ergonomics  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  25. 2S3-3 危険予測訓練ソフトウエアHazardTouchの開発と展望

    島崎 敢

    人間工学  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  26. 2A3-4 タブレツト端末を用いた建設作業者向け安全教材の教育効果:-年齢による比較-

    高橋 明子, 高木 元也, 三品 誠, 島崎 敢, 石田 敏郎

    人間工学  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  27. 1S3-4 自分の運転を客観視するための支援システム

    島崎 敢

    人間工学  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  28. 1E4-3 同一運転者による自転車および自動車利用時の一時停止交差点通過行動の違い

    中村 愛, 島崎 敢, 伊藤 輔, 石田 敏郎

    人間工学  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  29. 1B1-3 押印時の動作と印影の分析

    島崎 敢, 松室 昌仁, 石田 敏郎

    人間工学  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  30. 1A2-4 建設作業者向けのタブレット端末式KYと従来型KYの訓練効果の比較

    高橋 明子, 高木 元也, 三品 誠, 島崎 敢, 石田 敏郎

    人間工学  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  31. 1A2-3 建設作業者の保護帽着用の実態と意識

    國島 清和, 中村 愛, 島崎 敢, 石田 敏郎

    人間工学  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  32. 鉄道用懐中時計の人間工学的検証

    日本人間工学会第54回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  33. 道路環境の明るさによるドライバの注視行動の違い

    日本交通科学学会第50回学術講演会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  34. 道路マーキングの効果についての研究

    日本交通心理学会第69回大会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  35. 運転者視点映像の周囲に提示したオプティカルフローが速度感覚に与える影響

    日本交通心理学会第79回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  36. 運転状況の映像提示における再現性評価手法の検討 -心拍および皮膚電気活動の利用可能性について-

    日本交通心理学会第67回大会  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  37. 通行帯選択時における自転車乗員の行動調査

    日本交通心理学会第75回大会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  38. 車載カーナビゲーションの提示画像の違いによる視認性の比較

    日本交通心理学会第72回大会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  39. 車両先端のコーナーポールがドライバーの奥行き知覚と判断に与える影響

    日本交通心理学会第73回大会  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  40. 講演要旨 企業部会 基調講演 ドライバーが気をつけるだけで事故は防げるのか (特集 第55回交通安全国民運動中央大会 : 秋篠宮同妃両殿下の御臨席を仰ぎ、世界一安全な道路交通の実現を誓う)

    島崎 敢

    人と車  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  41. 論文査読期間の学問領域間比較

    情報文化学会第21回全国大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  42. 誤薬と与薬行動に関する実証的検討

    第5回医療の質・安全学会学術集会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  43. 誤薬と与薬行動および性格特性に関する実験的検討

    日本医療マネジメント学会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  44. 若年男性運転者は今でも自信過剰か

    日本応用心理学会第80回記念大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  45. 自転車を追い越す自動車の速度と側方距離

    日本交通科学学会第50回学術講演会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  46. 自転車の違反に対する知識やイメージとその変化

    日本交通科学学会第50回学術講演会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  47. 自動二輪車の路上走行体験に関する意識調査報告

    日本交通心理学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  48. 自分の運転を客観視するための支援システム

    日本人間工学会第55回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  49. 職業運転者の事故傾向とリスクの連続的評価

    島崎敢, 石田敏郎

    日本交通心理学会第72回大会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  50. 看護場面における看護学生のハザード知覚

    第23回日本保健科学学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  51. 看護場面におけるリスク知覚と行動

    医療の質・安全学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  52. 相互乗り入れを行う鉄道会社間の用語相違とコミュニケーションエラー対策

    日本交通心理学会第78回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  53. 病棟看護師の実務経験と危険予測

    日本医療マネジメント学会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  54. 現場における作業経験の有無とハザード知覚

    日本応用心理学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  55. 無信号交差点通過時の視覚探索―優先・非優先の比較―

    日本交通心理学会第69回大会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  56. 潜在的連合テストを用いた安全運転態度の測定

    日本交通心理学会第75回大会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  57. 歯科医療従事者䛾医療関連感染リスク認知

    第8回医療の質・安全学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  58. 歩行中の携帯音楽機器使用中の弊害

    日本交通心理学会第74回大会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  59. 提示刺激の種類がリスク知覚に与える影響

    日本交通心理学会第75回大会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  60. 指導員同乗時の運転と日常の運転の比較

    日本人間工学会関東支部第43回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  61. “止まったつもり”のドライバーの一時停止の自己評価

    日本交通心理士大会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  62. 危険予測訓練ソフトウエア HazardTouch の開発と展望

    日本人間工学会第55回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  63. 動画刺激と静止画刺激における注視行動の比較検討

    日本交通心理学会第67回大会  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  64. 刺激画像から感じるリスクと撮影地点における実勢速度

    日本交通心理学会第78回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  65. 停車車両の反射材が通過車両ドライバーに与える影響

    日本交通心理学会第73回大会  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  66. 交通場面の提示方法がリスク知覚におよぼす効果

    日本交通心理学会第67回大会  2003年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  67. 交差車両の昼間点灯が無信号交差点への進入行動におよぼす影響

    日本交通心理学会第71回大会  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  68. 事故映像を用いたハザード知覚訓練の長期的運用と反応の汎化

    日本人間工学会関東支部第43回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  69. 事故映像とタブレット端末を用いたハザード出現予測の訓練とその効果

    日本交通心理学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  70. 事故映像とタブレット端末を用いたドライバ訓練手法による行動変容と効果の持続

    自動車技術会2013年度春季大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  71. 事故映像とHazardTouchを用いた危険予測訓練ツールの職業運転者向け運用事例

    日本応用心理学会第80回記念大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  72. 事故映像とHazardTouchを用いた危険予測訓練による注視行動の変化

    日本交通心理学会第78回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  73. 事故映像とHazardTouch を用いた危険予測訓練による運転行動の改善効果

    人間工学会関東支部会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  74. 事故多発運転者と優良運転者の注視特性

    日本交通心理学会第69回大会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  75. 一時停止行動の自覚に関する実験的検討

    日本応用心理学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  76. 一時停止行動の事後判定と評価による停止率の改善

    自動車技術会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  77. リスクの連続的評価と注視行動

    日本応用心理学会第74回大会  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  78. リスクの連続的評価

    日本交通心理学会第70回大会  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  79. ハザード知覚に影響を与える個々の要素の定量的検討

    日本心理学会第77回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  80. ハザードに対する注視とマウスクリックの一致度

    日本交通心理学会第74回大会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  81. ドライブレコーダ映像を用いた運転評価の可能性-足元カメラと車体左側方カメラの追加効果-

    日本人間工学会第55回大会  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  82. ドライブレコーダを用いた運転評価の実用可能性

    日本交通心理学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  83. ドライバー個人の事故率と衝突対象発見のタイミング

    日本交通心理学会第75回大会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  84. タブレット端末を用いた建設作業者向け安全教材の開発

    人間工学会関東支部会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  85. タブレット端末を用いた建設作業者向け安全教材の導入教育への利用可能性

    土木学会(第31回建設マネジメント問題に関する研究発表・討論会)  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  86. タブレット端末を利用した看護場面KYT学習ツールの評価

    第8回医療の質・安全学会学術集会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  87. タッチパネルを用いたハザード発見遅れの診断装置の開発

    日本人間工学会関東支部第39回大会  2009年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  88. タクシードライバーの営業方略と事故の関係

    日本交通心理学会第75回大会  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  89. タクシードライバーの事故防止に関する研究 その2 事故発生要因の関連分析

    日本交通心理学会第66回大会  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  90. タクシードライバーの事故防止に関する研究 その3 質問紙による事故群,無事故群の判別の試み

    日本交通心理学会第66回大会  2002年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  91. タクシードライバーの一時停止交差点における安全行動(2)~安全行動に影響を及ぼす要因~

    日本交通心理学会第76回大会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  92. タクシードライバーの一時停止交差点における安全行動(1)~ドライブレコーダを用いた一日の運転行動の観察~

    日本交通心理学会第76回大会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  93. カーブミラーを利用した交差車両の距離認知

    日本応用心理学会  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    researchmap

  94. カーブミラーに映った車両の進行方向の認知

    日本交通心理学会第76回大会  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

  95. カーブミラーとギャップアクセプタンス

    日本交通心理学会第78回大会  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    researchmap

▼全件表示

科研費 4

  1. 小児の行動特性と固定強度を考慮した点滴固定法の検証

    研究課題/研究課題番号:19K11019  2019年4月 - 2022年3月

    田久保 由美子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    点滴治療は子どもにとって負担であり、点滴の予定外抜去が多いことは長年の課題である。しかし、点滴中の子どもがどのような行動をとり、どのように点滴を抜去しているかは明らかとなっていない。そこで本研究は、点滴をしている子どもの行動特性と点滴固定の強度を、人間工学の手法を用いて明らかにし、点滴治療が必要な子どもと管理する看護師双方にとって有益な固定法を考案し、検証することを目的とする。
    小児看護学の研究者、小児看護の実践者、人間工学の研究者でチームを組み、①点滴固定中の子どもの行動特性、②点滴固定法の強度実験、①②の結果と今までの研究結果を統合し、③新点滴固定法の考案および検証を実施する。
    2019年度は、研究1「点滴固定中の子どもの行動特性」に関する研究実施計画に沿って、年少児の研究対象者に模擬的に点滴固定に似た状況を作り、遊びの状況下でどのような行動を示すか実験を6名に実施した。遊びに興味を示さないなど、実験協力が得られない状況等があり、実際にデータが収集できたのは4名であった。また、COVID-19の影響により、対人の実験を実施することは出来ない状況にあるため、データ収集が出来ておらず、分析に至っていない。
    2020年度より実施予定としていた研究2「点滴固定法の強度実験」の一部について実施した。共通のドレッシング材とサイズを統一したサージカルテープを用い、5条件の貼り方による強度と固定に要する時間を比較した。実験機器は引張・圧縮試験機(STB-1225L,オリエンテック株式会社製)を用い、引張速度は300mm/minとし、点滴ラインが完全に抜けた時点での最大荷重値を計測した。また、固定は1名が担当し所要時間を測定した。結果、ドレッシング材のみの固定よりも、サージカルテープを併用した方法のほうか強度が強くなることが明らかとなった。しかし、同一面積を使用したサージカルテープの貼り方による強度の違いは見られなかった。一方、固定条件により固定所要時間には差がみられ、固定所要時間が最長の固定方法は強度のばらつきも大きかった。小児の点滴固定は日常的に行われるものであるため、手技の熟達に関係なく強度が得られ、簡便に実施できる固定方法を検討することの重要性が示唆された。
    2019年度に実施予定の研究についてはCOVID-19の影響により実施が困難な状況となってしまい、予定する対象者数には大幅に届いていない。しかし、2020年度に実施予定の研究については、予定よりも早く着手することが出来ているため、やや遅れていると評価する。
    研究1「点滴固定中の子どもの行動特性」についてはCIVID-19の影響があり、今後研究を再開するにあたって、感染予防策を講じていく必要がある。また、感染状況は予測不能のため、社会情勢に合わせて、対象者の安全を第一に考えて研究の実施を検討していく必要がある。

  2. スマートフォンを利用した個人交通事故リスク算出と行動改善に関する研究

    2019年 - 2022年

    日本損害保険協会  自賠責運用益拠出事業助成金 

    島崎 敢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    researchmap

  3. 高齢者や自転車など交通弱者を対象とした危険予測訓練ツールの開発と効果検証

    研究課題/研究課題番号:26870635  2014年4月 - 2017年3月

    島崎 敢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

    歩行者のハザード知覚特性について,歩行者視点の刺激画像とタブレット端末を用いて,高齢者や子供が大人とどのよに異なるのかを明らかにした.子供や高齢者はハザード以外の対象を指摘する割合が高く,高齢者は潜在的なハザードの指摘が大人よりも少なかった.繰り返し練習によるハザード指摘率の向上や反応時間の短縮,指摘ハザード比率変化が見られるかを検証したが,刺激画像には交通他者の飛び出しなど適切なフィードバックがなかったため,有意な変化は認められなかった.

  4. リスク知覚遅れの診断・教育装置の実用化に関する研究

    研究課題/研究課題番号:20810033  2008年 - 2009年

    若手研究(スタートアップ)

    島崎 敢

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2587000円 ( 直接経費:1990000円 、 間接経費:597000円 )

    アイカメラを用いた先行研究によれば,事故反復者はハザードの発見が遅いことが明らかとなっている.しかし,より多くのドライバーの診断を行うためには,より低コストの方法の開発が必要である.本研究ではアイカメラを用いずに同様の結果を導きだすことを試みた.汎用コンピュータとタッチパネルディスプレイ,専用ソフトウエアを用いてハザード発見遅れ診断装置を開発した.30枚の交通環境の写真を乗用車運転席付近から撮影し,刺激画像とした.25名のタクシードライバーに,タッチパネルディスプレイ上に表示される刺激の中のハザードをタッチするよう求めた.その結果,事故反復者は最初のタッチが遅いこと,刺激提示から2秒までにタッチした潜在ハザードが少ないこと,いくつかのハザードに対するタッチが遅いことが明らかとなり,先行研究を支持する結果となった.

 

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 「心配」の処方箋 リスク心理学

    早稲田大学)

     詳細を見る