2021/05/07 更新

写真a

タザキ アキラ
田﨑 啓
TAZAKI Akira
所属
名古屋大学 大学院医学系研究科 総合医学専攻 社会生命科学 講師
職名
講師

学位 1

  1. 博士(理学) ( 1999年9月   兵庫県立大学 ) 

委員歴 1

  1. 日本衛生学会   評議員  

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文 19

  1. Intranasal levels of lead as an exacerbation factor for allergic rhinitis in humans and mice. 査読有り

    Xu H, Ohgami N, Sakashita M, Ogi K, Hashimoto K, Tazaki A, Tong K, Aoki M, Fujieda S, Kato M

    The Journal of allergy and clinical immunology     2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jaci.2021.03.019

    PubMed

  2. Hair graying with aging in mice carrying oncogenic RET 査読有り 国際共著

    Iida Machiko, Tazaki Akira, Yajima Ichiro, Ohgami Nobutaka, Taguchi Nobuhiko, Goto Yuji, Kumasaka Mayuko Y., Prevost-Blondel Armelle, Kono Michihiro, Akiyama Masashi, Takahashi Masahide, Kato Masashi

    AGING CELL   19 巻 ( 11 ) 頁: e13273   2020年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Aging Cell  

    DOI: 10.1111/acel.13273

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1111/acel.13273

  3. Increased levels of renal damage biomarkers caused by excess exposure to trivalent chromium in workers in tanneries 査読有り 国際共著 国際誌

    Tsuchiyama Tomoyuki, Tazaki Akira, Al Hossain M. M. Aeorangajeb, Yajima Ichiro, Ahsan Nazmul, Akhand Anwarul Azim, Hashimoto Kazunori, Ohgami Nobutaka, Kato Masashi

    ENVIRONMENTAL RESEARCH   188 巻   頁: 109770 - 109770   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Environmental Research  

    DOI: 10.1016/j.envres.2020.109770

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Application of a human mesoderm tissue elongation system in vitro derived from human induced pluripotent stem cells to risk assessment for teratogenic chemicals 査読有り 国際誌

    Ninomiya Hiromasa, Intoh Atsushi, Ishimine Hisako, Onuma Yasuko, Ito Yuzuru, Michiue Tatsuo, Tazaki Akira, Kato Masashi

    CHEMOSPHERE   250 巻   頁: 126124 - 126124   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemosphere  

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2020.126124

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Multidisciplinary approach to assess the toxicities of arsenic and barium in drinking water 査読有り 国際誌

    Kato Masashi, Ohgami Nobutaka, Ohnuma Shoko, Hashimoto Kazunori, Tazaki Akira, Xu Huadong, Kondo-Ida Lisa, Yuan Tian, Tsuchiyama Tomoyuki, He Tingchao, Kurniasari Fitri, Gu Yishuo, Chen Wei, Deng Yuqi, Komuro Kanako, Tong Keming, Yajima Ichiro

    ENVIRONMENTAL HEALTH AND PREVENTIVE MEDICINE   25 巻 ( 1 ) 頁: 16 - 16   2020年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Environmental Health and Preventive Medicine  

    DOI: 10.1186/s12199-020-00855-8

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Histological analysis of the skin of Abca1-deleted mice: A potential model for dry skin 査読有り 国際誌

    Deng Yuqi, Ohgami Nobutaka, Iida Machiko, Tazaki Akira, Intoh Atsushi, Kondo-Ida Lisa, Lu Rui, Tsuzuki Toyonori, Yokoyama Shinji, Kato Masashi

    EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY   29 巻 ( 5 ) 頁: 549 - 551   2019年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Dermatology  

    DOI: 10.1684/ejd.2019.3621

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. A unique system that can sensitively assess the risk of chemical leukoderma by using murine tail skin. 査読有り

    Iida M, Tazaki A, Deng Y, Chen W, Yajima I, Kondo-Ida L, Hashimoto K, Ohgami N, Kato M

    Chemosphere   235 巻   頁: 713-718   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2019.06.185

    Scopus

    PubMed

  8. Chromium-mediated hyperpigmentation of skin in male tannery workers in Bangladesh. 査読有り 国際共著

    Al Hossain MMA, Yajima I, Tazaki A, Xu H, Saheduzzaman M, Ohgami N, Ahsan N, Akhand AA, Kato M

    Chemosphere   229 巻   頁: 611-617   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2019.04.112

    Scopus

    PubMed

  9. Improvement of balance in young adults by a sound component at 100 Hz in music 査読有り

    Xu Huadong, Ohgami Nobutaka, He Tingchao, Hashimoto Kazunori, Tazaki Akira, Ohgami Kyoko, Takeda Kozue, Kato Masashi

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻 ( 1 ) 頁: 16894   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-018-35244-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Salamander spinal cord regeneration: The ultimate positive control in vertebrate spinal cord regeneration. 査読有り 国際共著

    Tazaki A, Tanaka EM, Fei JF

    Developmental biology   432 巻 ( 1 ) 頁: 63 - 71   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ydbio.2017.09.034

    Web of Science

    PubMed

  11. Planar cell polarity-mediated induction of neural stem cell expansion during axolotl spinal cord regeneration. 査読有り 国際共著

    Rodrigo Albors A, Tazaki A, Rost F, Nowoshilow S, Chara O, Tanaka EM

    eLife   4 巻   頁: e10230   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.10230

    Web of Science

    PubMed

  12. Progressive specification rather than intercalation of segments during limb regeneration. 査読有り 国際共著

    Roensch K, Tazaki A, Chara O, Tanaka EM

    Science (New York, N.Y.)   342 巻 ( 6164 ) 頁: 1375 - 9   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1241796

    PubMed

  13. Oral and Palatal Dentition of Axolotl Arises From a Common Tooth-Competent Zone Along the Ecto-Endodermal Boundary. 査読有り 国際共著

    Soukup V, Tazaki A, Yamazaki Y, Pospisilova A, Epperlein HH, Tanaka EM, Cerny R

    Frontiers in cell and developmental biology   8 巻   頁: 622308   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fcell.2020.622308

    PubMed

  14. 低周波騒音曝露による平衡感覚への影響

    大神 信孝, 橋本 和宜, 田崎 啓, 加藤 昌志

    日本毒性学会学術年会   47 巻 ( 0 ) 頁: P - 151   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本毒性学会  

    <p>【目的】低周波騒音(LFN)は100 ヘルツ(Hz)以下の周波数を持つ騒音と定義され、空調・電気機器・重機等から最大110デシベル(dB)の音量で発生している物理的環境因子である。マウスを対象にした我々の過去の研究により、LFNは平衡感覚に影響する事が分かってきているが、リスク評価に基づいたLFNの標的組織の情報が極めて限られており、予防法は確立されていない。本研究は、LFNをマウスに曝露し、平衡感覚の感覚器である内耳の前庭への影響を調べた。</p><p>【方法】野生型マウスを対象に、100 HzのLFNを70-95 dBの音量で1時間曝露した。行動解析と前庭誘発筋電位(cVEMP)により平衡感覚を評価した。免疫組織染色により内耳の前庭の病理解析を実施した。統計解析はSteel-Dwass検定などを用いp<0.05を有意差ありとした。</p><p>【結果】95 dBのLFNの1時間曝露により平衡感覚の行動解析とcVEMPの成績が有意に低下したが、聴力への影響はなかった。Electron probe microanalysis (EPMA) 解析により、曝露群の前庭の有毛細胞でカルシウムの低下が観察された。免疫組織染色により、前庭の耳石膜のダメージが観察された。最後に、修復分子のHSP70の発現を増強した遺伝子改変マウス(<i>HSP70-Tg</i>)をLFN曝露実験に用いた所、耳石膜ダメージと平衡感覚障害を予防できた。</p><p>【結論】マウスを対象にしたLFN急性曝露の健康リスク評価により、前庭の耳石膜がダメージを受け、前庭の機能障害が誘発される事が分かった。また、その障害はHSP70の発現増強により予防できる可能性が示唆された。</p>

    DOI: 10.14869/toxpt.47.1.0_P-151

    CiNii Article

  15. メラニンを介したモリブデン貯蔵機構

    橋本 和宜, 田崎 啓, 大神 信孝, 加藤 昌志

    日本毒性学会学術年会   47 巻 ( 0 ) 頁: P - 206   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本毒性学会  

    <p>【背景】モリブデンは、金属イオン補因子として知られている。特に、Xanthine oxidoreductaseなどの酸化還元酵素の補因子として生体内の酸化還元反応に関与している。一方で、過剰摂取により肝及び神経毒性を示すことから、緻密な代謝制御が必要である。しかし、生体内におけるモリブデン代謝機構、特に貯蔵は明らかではない。本研究では、メラニンによるモリブデンの吸着貯蔵能をin vivo及びin vitroにて明らかにすることを目的とした。</p><p>【方法】野生型及びメラニン高蓄積ヘアレスマウスを用い、皮膚におけるメラニン蓄積を色彩色差計にて評価した。皮膚中モリブデン量はICP-MSにて分析し、メラニンとの相関性を検討した。メラニンとモリブデンの直接的な結合については、無細胞系in vitro吸着試験にて検討した。吸着等温式にて最大吸着能を解析した。</p><p>【結果】皮膚におけるメラニン蓄積量とモリブデン量に正の相関を認めた。in vitro試験より、メラニンとモリブデンの結合がLangmuir型吸着に適合することが明らかとなった。Langmuir吸着等温式より、理論的な最大吸着量は131 µg/mgであった。</p><p>【考察】本研究において、in vivo及びin vitroによる検討から、メラニンがモリブデンと直接結合することが明らかとなった。また、生体内においてメラニンにより貯蔵制御されている可能性が明らかとなった。モリブデンとメラニン間結合の生物学的意義は、未だ十分に明らかではないため、今後の更なる検討が必要である。</p><p>【結論】メラニンがモリブデンの貯蔵制御に関与している可能性が示唆された。</p>

    DOI: 10.14869/toxpt.47.1.0_P-206

    CiNii Article

  16. Adsorption of molybdenum by melanin.

    Chen W, Hashimoto K, Omata Y, Ohgami N, Tazaki A, Deng Y, Kondo-Ida L, Intoh A, Kato M

    Environmental health and preventive medicine   24 巻 ( 1 ) 頁: 36   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12199-019-0791-y

    PubMed

  17. Functional analysis of germ cell specific genes in Xenopus 査読有り

    K. Kataoka, A. Tazaki, H. Orii, M. Mochii, K. Watanabe

    MECHANISMS OF DEVELOPMENT   122 巻   頁: S119 - S120   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

  18. Differential gene expression between the embryonic tail bud and regenerating larval tail in Xenopus laevis.

    Sugiura T, Taniguchi Y, Tazaki A, Ueno N, Watanabe K, Mochii M

    Development, growth & differentiation   46 巻 ( 1 ) 頁: 97 - 105   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1111/j.1440-169x.2004.00727.x

    PubMed

  19. Neural network in planarian revealed by an antibody against planarian synaptotagmin homologue

    A Tazaki, S Gaudieri, K Ikeo, T Gojobori, K Watanabe, K Agata

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   260 巻 ( 2 ) 頁: 426 - 432   1999年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS INC  

    In order to investigate the neural connection. of planarian, it is imperative to produce an antibody that specifically stains axons. To identify axon-specific genes, we constructed a cDNA library from a single eye by using a single cell PCR method, in which visual neurons are major components, and sequenced one thousand independent clones. We succeeded in the identification of a planarian homologue of synaptotagmin, Djsyt, whose specific expression in neurons was confirmed by in situ hybridization. The antibody against DjSYT specifically stained axons although its mRNA is distributed in the cell bodies. By using anti-DjSYT, we succeeded in the visualization of neural connections in planarians by whole mount staining. The anti-DjSYT antibody will become a powerful tool to analyze the molecular mechanisms underlying neural network formation in planarian. (C) 1999 Academic Press.

    DOI: 10.1006/bbrc.1999.0933

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 発酵美容成分の開発

    尾関, 健二( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 皮膚色素異常のモデル動物とリスク評価)

    シーエムシー出版  2020年3月  ( ISBN:9784781314990

     詳細を見る

    総ページ数:iii, 197p   記述言語:日本語

    CiNii Books

MISC 19

  1. 腫瘍内微量元素マッピングを用いたプラチナ抵抗性の可視化

    宇野枢, 芳川修久, 吉原雅人, 北見和久, 伊吉祥平, 大沼章子, 田崎啓, 加藤昌志, 玉内学志, 池田芳紀, 梶山広明, 吉川史隆  

    日本婦人科腫瘍学会雑誌39 巻 ( 1 )   2021年

     詳細を見る

  2. バングラデシュ皮革工場作業員のクロム曝露により誘発された皮膚疾患

    田崎啓, AEORANGAJEB Al Hossain M M, 矢嶋伊知朗, XU Huadong, 大神信孝, 加藤昌志  

    日本衛生学雑誌(Web)75 巻 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  3. 非侵襲的生体サンプルに含まれる鉄レベルと聴力の関連

    HE Tingchao, 大神信孝, DENG Yuqi, 橋本和宜, 田崎啓, 加藤昌志  

    日本衛生学雑誌(Web)75 巻 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  4. 腫瘍内微量元素マッピングを用いたプラチナ抵抗性の可視化

    宇野枢, 芳川修久, 吉原雅人, 田崎啓, 加藤昌志, 北見和久, 伊吉祥平, 伊吉祥平, 玉内学志, 杉山麻衣, 小屋美博, 梶山広明  

    日本癌学会学術総会抄録集(Web)79th 巻   2020年

     詳細を見る

  5. 脂質代謝異常が関連する乾皮症の実験研究

    DENG Yuqi, 大神信孝, 田崎啓, HE Tingchao, 橋本和宜, 加藤昌志  

    日本衛生学雑誌(Web)75 巻 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  6. 職業性白斑の評価系の構築

    土屋千明, 田崎啓, 近藤梨沙, 加藤昌志  

    産業衛生学雑誌62 巻   2020年

     詳細を見る

  7. 新規白斑リスク評価システムの確立

    田崎啓, 近藤梨沙, 土屋千明, 張藍月, 加藤昌志  

    日本皮膚科学会雑誌130 巻 ( 5 )   2020年

     詳細を見る

  8. 実験研究による脂質代謝異常と関連する乾皮症の解析

    YUQI Deng, 大神信孝, 田崎啓, 加藤昌志  

    産業衛生学雑誌62 巻   2020年

     詳細を見る

  9. 化学物質の白斑リスク評価系の構築

    土屋千明, 田崎啓, 飯田真智子, 加藤昌志  

    産業衛生学雑誌62 巻 ( 2 )   2020年

     詳細を見る

  10. 低周波騒音曝露による平衡感覚への影響

    大神信孝, 橋本和宜, 田崎啓, 加藤昌志  

    Journal of Toxicological Sciences45 巻 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  11. 低周波騒音曝露による前庭機能への影響

    大神信孝, HE Tingchao, DENG Yuqi, 橋本和宜, 田崎啓, 加藤昌志  

    日本衛生学雑誌(Web)75 巻 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  12. メラニンを介したモリブデン貯蔵機構

    橋本和宜, 田崎啓, 大神信孝, 加藤昌志  

    Journal of Toxicological Sciences45 巻 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  13. メラニンによるモリブデン動態制御

    陳偉, 橋本和宜, 田崎啓, 大神信孝, 加藤昌志  

    日本衛生学雑誌(Web)75 巻 ( Supplement )   2020年

     詳細を見る

  14. 化学物質の毒性評価系としての有尾両性類

    田崎啓, TANAKA Elly  

    産業衛生学雑誌61 巻   2019年

     詳細を見る

  15. 両生類における立体組織再生のストラテジー

    田崎啓  

    再生医療13 巻   2014年

     詳細を見る

  16. Difference between germline and somatic mitochondria in Xenopus laevis

    Naomi Kogo, Akira Tazaki, Hidehumi Orii, Makoto Mochii, Kenji Watanabe  

    ZOOLOGICAL SCIENCE22 巻 ( 12 ) 頁: 1454 - 1454   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ZOOLOGICAL SOC JAPAN  

    Web of Science

  17. Expression and regulation of a tail and fin specific keratin gene in Xenopus laevis

    M. Mochii, T. Marukane, M. Ujihara, A. Tazaki, Y. Ueda, N. Mizuno, H. Kondoh, N. Ueno, K. Watanabe  

    MECHANISMS OF DEVELOPMENT122 巻   頁: S53 - S53   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

  18. Spinal cord is required for normal regeneration of Xenopus larval tail

    Y. Taniguchi, T. Sugiura, A. Tazaki, H. Orii, K. Watanabe, M. Mochii  

    MECHANISMS OF DEVELOPMENT122 巻   頁: S128 - S128   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

  19. Erythropoietin regulates tumour growth of human malignancies (vol 24, pg 1021, 2003)

    Y Yasuda, Y Fujita, T Matsuo, S Koinuma, S Hara, A Tazaki, M Onozaki, M Hashimoto, T Musha, K Ogawa, H Fujita, Y Nakamura, H Shiozaki, H Utsumi  

    CARCINOGENESIS24 巻 ( 9 ) 頁: 1567 - 1567   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS  

    DOI: 10.1093/carcin/bgg126

    Web of Science

▼全件表示

科研費 2

  1. 元素経口曝露の健康影響をオーダーメイドで評価する新技術の開発

    研究課題/研究課題番号:19H01147  2019年4月 - 2022年3月

    加藤 昌志

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    代表者等は、開発途上国の飲用井戸水に含まれる多種多様な元素の単独および複合経口曝露による健康被害を報告してきた。上記知見は、経口する井戸水が異なれば、汚染されている元素も異なる可能性を示している。本研究では、まず、開発途上国の飲用水元素汚染の現状に基づき、飲用水に含まれる元素の健康リスクをオーダーメイドで評価できる技術を開発し、浄化すべき元素を特定する。次に、飲用水に含まれる有害元素を過不足なく除去できる浄化技術を開発・実用化することで飲用水に起因する健康被害の緩和をめざす。また、本研究で開発された健康リスク評価技術を用いて、日本人における元素の健康リスクを評価し、健康増進に貢献する。

  2. ヒトと極めて類似した発症機構を持つ革新的脱毛症モデル動物の開発

    研究課題/研究課題番号:19K21242  2018年8月 - 2020年3月

    田崎 啓

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2990000円 ( 直接経費:2300000円 、 間接経費:690000円 )

    円形脱毛症は自然治癒する症例もあるが、長期に渡る難治性のものも少なくない、最も高頻度で見られる自己免疫疾患の一つである。一方で、臨床的に著効を示す治療法はなく、遺伝子レベルでの診断および治療はほとんど報告されていない。従来用いられているモデルマウスは、発症までに長期間かかり、研究期間・動物飼育スペースの確保・飼育コストなどの観点から、決して容易に扱えるモデル動物ではない。本研究では、研究代表者の所属するグループにおいて開発された新規動物モデルがヒトと極めて類似した発症機構を持つ円形脱毛症モデルであることを証明し、この動物を用いた治療法の評価系を確立するとともに革新的治療法の開発に取り組む。