2022/03/25 更新

写真a

キタハラ テッペイ
北原 鉄平
KITAHARA Teppei
所属
高等研究院 特任助教
素粒子宇宙起源研究所 特任助教
職名
特任助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2015年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 標準模型を超える物理

  2. 素粒子論

  3. 素粒子現象論

研究分野 1

  1. 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論  / 素粒子現象論

経歴 5

  1. 名古屋大学   素粒子宇宙起源研究所 基礎理論研究部門   特任助教

    2019年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   特任助教

    2018年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. イスラエル工科大学   長期客員研究員

    2018年10月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:イスラエル国

  4. カールスルーエ工科大学   ポスドク研究員

    2015年10月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  5. 高エネルギー加速器研究機構   科研費研究員

    2015年4月 - 2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   理学系研究科

    2010年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学部

    2006年4月 - 2010年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 日本物理学会

  2. 素粒子論グループ

受賞 2

  1. Physical Review Letters Editors' Suggestion及び同雑誌の表紙

    2020年2月  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:アメリカ合衆国

  2. 第12回 日本物理学会若手奨励賞 (素粒子論領域)

    2018年3月   日本物理学会   Improvements of theoretical prediction to the ΔS=1 Kaon decay and effects from supersymmetric models

    北原 鉄平

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

 

論文 47

  1. Non-resonant new physics search at the LHC for the b to cτv anomalies 査読有り

    Motoi Endo, Syuhei Iguro, Teppei Kitahara, Michihisa Takeuchi, Ryoutaro Watanabe

    Journal of High Energy Physics   ( 02 ) 頁: 106   2022年2月

     詳細を見る

  2. New physics implications of recent search for K_L \to \pi^0 \nu\bar{\nu} at KOTO 査読有り 国際共著

    Teppei Kitahara, Takemichi Okui, Gilad Perez, Yotam Soreq, Kohsaku Tobioka

    Physical Review Letters   124 巻 ( 7 )   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.124.071801

  3. The International Linear Collider: Report to Snowmass 2021

    Alexander Aryshev, Ties Behnke, Mikael Berggren, James Brau, Nathaniel Craig, Ayres Freitas, Frank Gaede, Spencer Gessner, Stefania Gori, Christophe Grojean, Sven Heinemeyer, Daniel Jeans, Katja Kruger, Benno List, Jenny List, Zhen Liu, Shinichiro Michizono, David W. Miller, Ian Moult, Hitoshi Murayama, Tatsuya Nakada, Emilio Nanni, Mihoko Nojiri, Hasan Padamsee, Maxim Perelstein, Michael E. Peskin, Roman Poeschl, Sam Posen, Aidan Robson, Jan Strube, Taikan Suehara, Junping Tian, Maxim Titov, Marcel Vos, Andrew White, Graham Wilson, Kaoru Yokoya, Aleksander Filip Zarnecki, Editors, :, Ichiro Adachi, Kaustubh Agashe, Tatjana Agatonovic Jovin, Hiroaki Aihara, Wolfgang Altmannshofer, Daniele Alves, Justin Anguiano, Ken-Ichi Aoki, Masato Aoki, Toshihiro Aoki, Yumi Aoki, Yasuo Arai, Hayato Araki, Haruka Asada, Kento Asai, Shoji Asai, David Attie, Howard Baer, Jonathan Bagger, Yang Bai, Ricardo Barrue, Rainer Bartoldus, Matthew Basso, Sebastian Baum, Alain Bellerive, Sergey Belomestnykh, Jorge Berenguer Antequera, Jakob Beyer, Pushpalatha Bhat, Burak Bilki, Kenneth Bloom, Geoffrey Bodwin, Veronique Boisvert, Fatma Boran, Vincent Boudry, Ivanka Bozovic-Jelisavcic, Jean-Claude Brient, Laurent Brunetti, Karsten Buesse, Eugene Bulyak, Philip N. Burrows, Graeme C. Burt, Yunhai Cai, Valentina Cairo, Anadi Canepa, Francesco Giovanni Celiberto, Enrico Cenni, Zackaria Chacko, Iryna Chaikovska, Mattia Checchin, Lisong Chen, Hsin-Chia Cheng, Gi-Chol Cho, Brajesh Choudhary, Jim Clarke, James Cline, Timothy Cohen, Paul Colas, Chris Damerell, Arindam Das, Sridhara Dasu, Sally Dawson, Jorge de Blas, Aldo Deandrea, Klaus Dehmelt, Jean Delayen, Carlos Henrique de Lima, Marcel Demarteau, Dmitri Denisov, Radovan Dermisek, Angel Dieguez, Takeshi Dohmae, Jens Dopke, Katharina Dort, Yong Du, Bohdan Dudar, Bhaskar Dutta, Juhi Dutta, Ulrich Einhaus, Eckhard Elsen, Motoi Endo, Grigory Eremeev, Engin Eren, Jens Erler, Eric Esarey, Lisa Everett, Angeles Faus Golfe, Marcos Fernandez Garcia, Brian Foster, Nicolas Fourches, Mary-Cruz Fouz, Keisuke Fujii, Junpei Fujimoto, Esteban Fullan Torregrosa, Kazuro Furukawa, Takahiro Fusayasu, Juan Fuster, Serguei Ganjour, Yuanning Gao, Naveen Gaur, Rongli Geng, Howard Georgi, Tony Gherghetta, Joel Goldstein, Dorival Goncalves, Julia Gonski, Tomas Gonzalo, Takeyoshi Goto, Toru Goto, Norman Graf, Joseph Grames, Paul Grannis, Lindsey Gray, Alexander Grohsjean, Jiayin Gu, Yalcin Guler, Junji Haba, Howard Haber, John Hallford, Koichi Hamaguchi, Tao Han, Kazuhiko Hara, Daisuke Harada, Koji Hashimoto, Katsuya Hashino, Masahito Hayashi, Gudrun Heinrich, Keisho Hidaka, Takeo Higuchi, Fujio Hinode, Zenro Hioki, Minoru Hirose, Nagisa Hiroshima, Junji Hisano, Samuel Homiller, Anson Hook, Yasuyuki Horii, Hiroki Hoshina, Ivana Hristova, Katri Huitu, Yoshifumi Hyakutake, Toru Iijima, Katsumasa Ikematsu, Anton Ilderton, Kenji Inami, Adrian Irles, Akimasa Ishikawa, Koji Ishiwata, Hayato Ito, Igor Ivanov, Sho Iwamoto, Toshiyuki Iwamoto, Masako Iwasaki, Yoshihisa Iwashita, Fabricio Jimenez Morales, Sunghoon Jung, Goran Kacarevic, Michael Kagan, Mitsuru Kakizaki, Jan Kalinowski, Jochen Kaminski, Kazuyuki Kanaya, Shinya Kanemura, Hayato Kanno, Yuya Kano, Shigeru Kashiwagi, Yukihiro Kato, Nanami Kawada, Shin-ichi Kawada, Kiyotomo Kawagoe, Valery Khoze, Hiromichi Kichimi, Doojin Kim, Teppei Kitahara, Ryuichiro Kitano, Jan Klamka, Sachio Komamiya, K. C. Kong, Taro Konomi, Katsushige Kotera, Emi Kou, Ilya Kravchenko, Kiyoshi Kubo, Takayuki Kubo, Takuya Kumaoka, Ashish Kumar, Nilanjana Kumar, Jonas Kunath, Saumyen Kundu, Hiroshi Kunitomo, Masakazu Kurata, Masao Kuriki, Alexander Kusenko, Theodota Lagouri, Andrew J. Lankford, Gordana Lastovicka-Medin, Claire Lee, Matthias Liepe, Jacob Linacre, Zachary Liptak, Ian Low, Yang Ma, Hani Maalouf, David MacFarlane, Brendon Madison, Thomas Madlener, Tomohito Maeda, Paul Malek, Sanjoy Mandal, Thomas Markiewicz, Aurelien Martens, Victoria Martin, Martina Martinello, Celso Martinez Rivero, Nobuhito Maru, John Matheson, Shigeki Matsumoto, Hiroyuki Matsunaga, Yutaka Matsuo, Kentarou Mawatari, Johnpaul Mbagwu, Peter McIntosh, Peter McKeown, Patrick Meade, Krzysztof Mekala, Petra Merkel, Satoshi Mihara, Víctor Miralles, Marcos Miralles Lopez, Go Mishima, Satoshi Mishima, Bernhard Mistlberger, Alexander Mitov, Kenkichi Miyabayashi, Akiya Miyamoto, Gagan Mohanty, Laura Monaco, Myriam Mondragon, Hugh E. Montgomery, Gudrid Moortgat-Pick, Nicolas Morange, María Moreno Llacer, Stefano Moretti, Toshinori Mori, Toshiyuki Morii, Takeo Moroi, David Morrissey, Kunihiro Nagano, Jurina Nakajima, Eiji Nakamura, Shinya Narita, Pran Nath, Timothy Nelson, David Newbold, Atsuya Niki, Yasuhiro Nishimura, Eisaku Nishiyama, Yasunori Nomura, Kacper Nowak, Mitsuaki Nozaki, María Teresa Nunez Pardo de Vera, Masahito Ogata, Satoru Ohashi, Hikaru Ohta, Shigemi Ohta, Norihito Ohuchi, Hideyuki Oide, Nobuchika Okada, Yasuhiro Okada, Shohei Okawa, Yuichi Okayasu, Takuya Okuda, Yuichi Okugawa, Toshiyuki Okugi, Takemichi Okui, Yoshitaka Okuyama, Mathieu Omet, Tsunehiko Omori, Hiroaki Ono, Tomoki Onoe, Wataru Ootani, Hidetoshi Otono, Simone Pagan Griso, Alessandro Papa, Rocco Paparella, Eun-Kyung Park, Gilad Perez, Abdel Perez-Lorenzana, Jonatan Piedra, Werner Porod, Christopher Potter, Alan Price, Yasser Radkhorrami, Laura Reina, Juergen Reuter, Francois Richard, Sabine Riemann, Robert Rimmer, Thomas Rizzo, Tania Robens, Roger Ruber, Alberto Ruiz Jimeno, Takayuki Saeki, Tomoyuki Saito, Makoto Sakaguchi, Tadakatsu Sakai, Yasuhito Sakaki, Kodai Sakurai, Riccardo Salvatico, Fabrizio Salvatore, Yik Chuen San, Tomoyuki Sanuki, Kollassery Swathi Sasikumar, Oliver Schaefer, Ruth Schaefer, Uwe Schneekloth, Carl Schroeder, Ariel Schwartzman, Felix Sefkow, Yoshihiro Seiya, Motoo Sekiguchi, Kazuyuki Sekizawa, Katsumi Senyo, Hale Sert, Danielev Sertore, Ronald Settles, Qaisar Shafi, Tetsuo Shahdara, Ashish Sharma, Jessie Shelton, Claire Shepherd-Themistocleous, Hiroto Shibuya, Tetsuo Shidara, Takashi Shimomura, Tetsuo Shindou, Yutaro Shoji, Ian Sievers, Frank Simon, Rajeev Singh, Yotam Soreq, Marcel Stanitzki, Steinar Stapnes, Amanda Steinhebel, Shufang Su, Fumihiko Suekane, Akio Sugamoto, Yuji Sugawara, Satoru Sugimoto, Yasuhiro Sugimoto, Hiroaki Sugiyama, Yukinari Sumino, Atsuto Suzuki, Shin Suzuki, Tim M P. Tait, Shota Takahashi, Tohru Takahashi, Tohru Takeshita, Michihisa Takeuchi, Yosuke Takubo, Tomohiko Tanabe, Philip, Tanedo, Morimitsu Tanimoto, Shuichiro Tao, Xerxes Tata, Toshiaki Tauchi, Geoffrey Taylor, Takahiro Terada, Nobuhiro Terunuma, Jesse Thaler, Alessandro Thea, Finn Tillinger, Jan Timmermans, Kohsaku Tobioka, Kouichi Toda, Atsushi Tokiyasu, Takashi Toma, Julie Torndal, Mehmet Tosun, Yu-Dai Tsai, Shih-Yen Tseng, Koji Tsumura, Douglas Tuckler, Yoshiki Uchida, Yusuke Uchiyama, Daiki Ueda, Fumihiko Ukegawa, Kensei Umemori, Junji Urakawa, Claude Vallee, Liliana Velasco, Silvia Verdu-Andres, Caterina Vernieri, Anna Vila, Ivan Vila Alvarez, Raghava Vsrms, Natasa Vukasinovic, Moe Wakida, Liantao Wang, Masakazu Washio, Takashi Watanabe, Nigel Watson, Georg Weiglein, James D. Wells, Marc Wenskat, Susanne Westhoff, Glen White, Matthew Wing, Alasdair Winter, Marc Winter, Yongcheng Wu, Tao Xu, Vyacheslav Yakovlev, Shuei Yamada, Akira Yamamoto, Hitoshi YamamotoKei Yamamoto, Yasuchika Yamamoto, Masato Yamanaka, Satoru Yamashita, Masahiro Yamatani, Naoki Yamatsu, Shigehiro Yasui, Takuya Yoda, Ryo Yonamine, Keisuke Yoshihara, Masakazu Yoshioka, Tamaki Yoshioka, Fukuko Yuasa, Keita Yumino, Dirk Zerwas, Ya-Juan Zheng, Jia Zhou, Hua Xing Zhu, Mikhail Zobov, Fabian Zomer

        2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    The International Linear Collider (ILC) is on the table now as a new global
    energy-frontier accelerator laboratory taking data in the 2030s. The ILC
    addresses key questions for our current understanding of particle physics. It
    is based on a proven accelerator technology. Its experiments will challenge the
    Standard Model of particle physics and will provide a new window to look beyond
    it. This document brings the story of the ILC up to date, emphasizing its
    strong physics motivation, its readiness for construction, and the opportunity
    it presents to the US and the global particle physics community.

    arXiv

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/2203.07622v1

  4. Stau study at the ILC and its implication for the muon g-2 anomaly

    Motoi Endo, Koichi Hamaguchi, Sho Iwamoto, Shin-ichi Kawada, Teppei Kitahara, Takeo Moroi, Taikan Suehara

        2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Once all the sleptons as well as the Bino are observed at the ILC, the Bino
    contribution to the muon anomalous magnetic dipole moment (muon $g-2$) in
    supersymmetric (SUSY) models can be reconstructed. Motivated by the recently
    confirmed muon $g-2$ anomaly, we examine the reconstruction accuracy at the ILC
    with $\sqrt{s}$ = 500 GeV. For this purpose, measurements of stau parameters
    are important. We quantitatively study the determination of the mass and mixing
    parameters of the staus at the ILC. Furthermore, we discuss the implication of
    the stau study to the reconstruction of the SUSY contribution to muon $g-2$. At
    the benchmark point of our choice, it is found that the uncertainty can be
    $\sim 8\%$ with the stau study at the ILC.

    arXiv

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/2203.07056v1

  5. Theoretical developments in the SMEFT at dimension-8 and beyond

    Simone Alioli, Radja Boughezal, Weiguang Cao, Gauthier Durieux, Lukáš Gráf, Brian Quinn Henning, Teppei Kitahara, Hao-Lin Li, Xiaochuan Lu, Camila S. Machado, Adam Martin, Tom Melia, Emanuele Mereghetti, Hitoshi Murayama, Christopher W. Murphy, Jasper Roosmale Nepveu, Sridip Pal, Frank Petriello, Yael Shadmi, Jing Shu, Yaniv Weiss, Ming-Lei Xiao, Jiang-Hao Yu

        2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In this contribution to the Snowmass 2021 process we review theoretical
    developments in the Standard Model Effective Field Theory (SMEFT) with a focus
    on effects at the dimension-8 level and beyond. We review the theoretical
    advances that led to the complete construction of the operator bases for the
    dimension-8 and dimension-9 SMEFT Lagrangians. We discuss the possibility of
    obtaining all-orders results in the $1/\Lambda$ expansion for certain SMEFT
    observables, and briefly present the on-shell approach to constructing SMEFT
    amplitudes. Finally we present several new phenomenological effects that first
    arise at dimension-8 and discuss the impact of these terms on experimental
    analyses.

    arXiv

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/2203.06771v1

  6. On-shell Higgsing for EFTs 査読有り

    Reuven Balkin, Gauthier Durieux, Teppei Kitahara, Yael Shadmi, Yaniv Weiss

    Journal of High Energy Physics   2022 巻 ( 3 )   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media LLC  

    Abstract

    We study the on-shell version of the Higgs mechanism in effective theories (EFTs) containing particles of different spins, focusing on contact terms as a simple starting point. We derive the massive contact terms and their coefficients from the massless amplitudes of the EFT above the symmetry breaking scale, by covariantizing the massless contact terms under the massive little group. In the little-group-covariant massive-spinor formalism, this notationally amounts to bolding spinor labels. Mass-suppressed contributions to the contact-term coefficients arise from higher-point contact terms with additional soft Higgs legs. We apply this procedure to obtain massive four-point amplitudes featuring scalars, spin 1/2 fermions and vectors, in the standard-model EFT. The subleading helicity-flipped components of each massive contact term, which are dictated by little-group covariance, are associated with the residues of factorizable massless amplitudes. Extra “frozen” Higgses emitted from each leg of a massless contact term supply the additional light-like momentum component, needed to form a massive leg of the same polarization. As another application, we derive various components of massive three-point amplitudes from massless amplitudes with up to three additional Higgses, in a standard-model-like toy model.

    DOI: 10.1007/jhep03(2022)129

    arXiv

    その他リンク: https://link.springer.com/article/10.1007/JHEP03(2022)129/fulltext.html

  7. New Physics Searches at Kaon and Hyperon Factories

    Evgueni Goudzovski, Diego Redigolo, Kohsaku Tobioka, Jure Zupan, Gonzalo Alonso-Alvarez, Daniele S. M. Alves, Saurabh Bansal, Martin Bauer, Joachim Brod, Veronika Chobanova, Giancarlo D'Ambrosio, Alakabha Datta, Avital Dery, Francesco Dettori, Bogdan A. Dobrescu, Babette Dobrich, Daniel Egana-Ugrinovic, Gilly Elor, Miguel Escudero, Marco Fabbrichesi, Bartosz Fornal, Patrick J. Fox, Emidio Gabrielli, Li-Sheng Geng, Vladimir V. Gligorov, Martin Gorbahn, Stefania Gori, Benjamin Grinstein, Yuval Grossman, Diego Guadagnoli, Samuel Homiller, Matheus Hostert, Kevin J. Kelly, Teppei Kitahara, Simon Knapen, Gordan Krnjaic, Andrzej Kupsc, Sandra Kvedaraite, Gaia Lanfranchi, Danny Marfatia, Jorge Martin Camalich, Diego Martinez Santos, Karim Massri, Patrick Mead, Matthew Moulson, Hajime Nanjo, Matthias Neubert, Maxim Pospelov, Sophie Renner, Stefan Schacht, Marvin Schnubel, Rui-Xiang Shi, Brian Shuve, Tommaso Spadaro, Yotam Soreq, Emmanuel Stamou, Olcyr Sumensari, Michele Tammaro, Jorge Terol-Calvo, Andrea Thamm, Yu-Chen Tung, Dayong Wang, Kei Yamamoto, Robert Ziegler

        2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Rare meson decays are among the most sensitive probes of both heavy and light
    new physics. Among them, new physics searches using kaons benefit from their
    small total decay widths and the availability of very large datasets. On the
    other hand, useful complementary information is provided by hyperon decay
    measurements. We summarize the relevant phenomenological models and the status
    of the searches in a comprehensive list of kaon and hyperon decay channels. We
    identify new search strategies for under-explored signatures, and demonstrate
    that the improved sensitivities from current and next-generation experiments
    could lead to a qualitative leap in the exploration of light dark sectors.

    arXiv

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/2201.07805v1

  8. Supersymmetric interpretation of the muon g – 2 anomaly 査読有り

    Motoi Endo, Koichi Hamaguchi, Sho Iwamoto, Teppei Kitahara

    Journal of High Energy Physics   2021 巻 ( 7 )   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Science and Business Media {LLC}  

    DOI: 10.1007/JHEP07(2021)075

  9. Novel approach to neutron electric dipole moment search using weak measurement 査読有り

    Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics   54 巻 ( 8 ) 頁: 085502 - 085502   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1361-6455/abc5a0

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-6455/abc5a0/pdf

  10. Constructing massive on-shell contact terms 査読有り 国際共著

    Gauthier Durieux, Teppei Kitahara, Camila S. Machado, Yael Shadmi, Yaniv Weiss

    Journal of High Energy Physics   2020 巻 ( 12 ) 頁: 175   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP12(2020)175

  11. Implications for new physics from a novel puzzle in $\bar{B}_{(s)}^0 \to D^{(\ast)+}_{(s)} \lbrace \pi^-, K^- \rbrace$ decays 査読有り

    Syuhei Iguro, Teppei Kitahara

    Physical Review D Rapid Communication   102 巻 ( 7 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.102.071701

  12. Muon g-2 vs LHC Run 2 in Supersymmetric Models 査読有り

    Motoi Endo, Koichi Hamaguchi, Sho Iwamoto, Teppei Kitahara

    Journal of High Energy Physics   2020 巻 ( 04 ) 頁: 165   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP04(2020)165

  13. Probing e\mu flavor-violating ALP at Belle II 査読有り

    Motoi Endo, Syuhei Iguro, Teppei Kitahara

    Journal of High Energy Physics   2020 巻 ( 06 ) 頁: 040   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP06(2020)040

    arXiv

  14. The electroweak effective field theory from on-shell amplitudes 査読有り 国際共著

    Gauthier Durieux, Teppei Kitahara, Yael Shadmi, Yaniv Weiss

    Journal of High Energy Physics   2020 巻 ( 01 ) 頁: 119   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP01(2020)119

  15. Opportunities in flavour physics at the HL-LHC and HE-LHC 査読有り 国際共著

    A. Cerri, V. V. Gligorov, S. Malvezzi, J. Martin Camalich, J. Zupan, and et al

    CERN Yellow Reports: Monographs   2019 巻 ( 7 ) 頁: 867 - 1158   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.23731/CYRM-2019-007.867

  16. Direct CP Violation in 𝐾→𝜇+𝜇− 査読有り

    Teppei Kitahara

    Springer Proceedings in Physics   2019 巻 ( 234 ) 頁: 211 - 2019   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-030-29622-3_29

  17. Addendum to “Impact of polarization observables and B c → τ ν on new physics explanations of the b → c τ ν anomaly” 査読有り 国際共著

    Monika Blanke, Andreas Crivellin, Teppei Kitahara, Marta Moscati, Ulrich Nierste, Ivan Nišandžić

    Physical Review D   100 巻 ( 3 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.100.035035

  18. SMEFT top-quark effects on ΔF = 2 observables 査読有り

    Motoi Endo, Teppei Kitahara, Daiki Ueda

    Journal of High Energy Physics   2019 巻 ( 07 ) 頁: 182   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP07(2019)182

  19. Prospects for measurements with strange hadrons at LHCb 査読有り 国際共著

    A.A. Alves Junior, and et al

      2019 巻 ( 05 ) 頁: 048   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP05(2019)048

  20. Impact of polarization observables and Bc→τν on new physics explanations of the b→cτν anomaly 査読有り 国際共著

    Monika Blanke, Andreas Crivellin, Stefan de Boer, Marta Moscati, Ulrich Nierste, Ivan Ni{\v{s}}and{\v{z}}i{\'{c}}, Teppei Kitahara

    Physical Review D   99 巻 ( 7 )   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/physrevd.99.075006

  21. D* polarization vs. RD(*) anomalies in the leptoquark models 査読有り

    Syuhei Iguro, Teppei Kitahara, Yuji Omura, Ryoutaro Watanabe, Kei Yamamoto

    Journal of High Energy Physics   2019 巻 ( 2 ) 頁: 194   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/jhep02(2019)194

  22. Soft-Photon Corrections to B¯→Dτ−ν¯τ Relative to B¯→Dμ−ν¯μ 査読有り

    Stefan de Boer, Teppei Kitahara, Ivan Ni{\v{s}}and{\v{z}}i{\'{c}}

    Physical Review Letters   120 巻 ( 26 )   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/physrevlett.120.261804

  23. Probing SUSY effects in KS0 → μ+μ− 査読有り

    Veronika Chobanova, Giancarlo D'Ambrosio, Teppei Kitahara, Miriam Lucio Mart{\'{\i}}nez, Diego Mart{\'{\i}}nez Santos, Isabel Su{\'{a}}rez Fern{\'{a}}ndez, Kei Yamamoto

    Journal of High Energy Physics   2018 巻 ( 5 )   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/jhep05(2018)024

  24. Gluino-mediated electroweak penguin with flavor-violating trilinear couplings 査読有り

    Motoi Endo, Toru Goto, Teppei Kitahara, Satoshi Mishima, Daiki Ueda, Kei Yamamoto

    Journal of High Energy Physics   2018 巻 ( 4 )   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/jhep04(2018)019

  25. Recent developments on direct CP violation in the kaon system and connection to $K\to \pi \nu \overline{\nu}$ measurements 査読有り

    Teppei Kitahara

    Proceedings of XIV International Conference on Heavy Quarks and Leptons — PoS(HQL2018)     2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.22323/1.332.0026

  26. Standard Model and New physics for ε′k/εk 査読有り

    Teppei Kitahara

    EPJ Web of Conferences   179 巻   頁: 01007   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1051/epjconf/201817901007

  27. Direct CP Violation in K→μ+μ− 査読有り

    Giancarlo D'Ambrosio, Teppei Kitahara

    Physical Review Letters   119 巻 ( 20 )   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/physrevlett.119.201802

  28. Revisiting kaon physics in general Z scenario 査読有り

    Motoi Endo, Teppei Kitahara, Satoshi Mishima, Kei Yamamoto

    Physics Letters B   771 巻   頁: 37   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2017.05.026

  29. K→πνν¯ in the MSSM in light of the εK′/εK anomaly 査読有り

    Andreas Crivellin, Giancarlo D'Ambrosio, Teppei Kitahara, Ulrich Nierste

    Physical Review D   96 巻 ( 1 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.96.015023

  30. Recent progress on CP violation in K → ππ decays in the SM and a supersymmetric solution 査読有り

    T Kitahara, U Nierste, P Tremper

    Journal of Physics: Conference Series   800 巻   頁: 012019   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/800/1/012019

  31. Direct CP violation in $K\rightarrow$$\pi$$\pi$ decays and supersymmetry 査読有り

    Ulrich Nierste, Teppei Kitahara, Paul Tremper

    Proceedings of 38th International Conference on High Energy Physics — PoS(ICHEP2016)     2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.22323/1.282.0564

  32. Protophobic light vector boson as a mediator to the dark sector 査読有り

    Teppei Kitahara, Yasuhiro Yamamoto

    Physical Review D   95 巻 ( 1 )   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevD.95.015008

  33. Supersymmetric Explanation of C P Violation in K → π π Decays 査読有り

    Teppei Kitahara, Ulrich Nierste, Paul Tremper

    Physical Review Letters   117 巻 ( 9 )   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.117.091802

  34. Erratum to: Gauge invariant Barr-Zee type contributions to fermionic EDMs in the two-Higgs doublet models 査読有り

    Tomohiro Abe, Junji Hisano, Teppei Kitahara, Kohsaku Tobioka

    Journal of High Energy Physics   2016 巻 ( 4 )   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP04(2016)161

  35. Prospects for spin-1 resonance search at 13 TeV LHC and the ATLAS diboson excess 査読有り

    Tomohiro Abe, Teppei Kitahara, Mihoko M. Nojiri

    Journal of High Energy Physics   2016 巻 ( 2 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP02(2016)084

  36. ATLAS on-Z excess via gluino-Higgsino-singlino decay chains in the NMSSM 査読有り

    Keisuke Harigaya, Masahiro Ibe, Teppei Kitahara

    Journal of High Energy Physics   2016 巻 ( 1 )   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP01(2016)030

  37. Singularity-free next-to-leading order ΔS = 1 renormalization group evolution and ϵ K ′ /ϵK in the Standard Model and beyond 査読有り

    Teppei Kitahara, Ulrich Nierste, Paul Tremper

    Journal of High Energy Physics   2016 巻 ( 12 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP12(2016)078

  38. Diquark bound states with a completely crossed ladder truncation 査読有り

    Go Mishima, Ryusuke Jinno, Teppei Kitahara

    Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology   91 巻 ( 7 )   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society  

    The Bethe-Salpeter equation in the diquark channel is investigated by employing the Dyson-Schwinger method together with the Munczek-Nemirovsky model. The novelty of our study is a resummation of completely crossed ladder diagrams in the Bethe-Salpeter kernel. These diagrams are enhanced due to their color factors in the diquark channel, but not in the meson channel. In our analysis, diquark bound-state solutions exist in the Bethe-Salpeter equation.

    DOI: 10.1103/PhysRevD.91.076011

    Scopus

  39. Towards a scale free electroweak baryogenesis 査読有り

    Kazuya Ishikawa, Teppei Kitahara, Masahiro Takimoto

    Physical Review D - Particles, Fields, Gravitation and Cosmology   91 巻 ( 5 )   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Physical Society  

    We propose a new electroweak baryogenesis scenario in high-scale supersymmetric (SUSY) models. We consider a singlet extension of the minimal SUSY standard model introducing additional vectorlike multiplets. We show that the strongly first-order phase transition can occur at a high temperature comparable to the soft SUSY breaking scale. In addition, the proper amount of the baryon asymmetry of the Universe can be generated via the lepton number violating process in the vectorlike multiplet sector. The typical scale of our scenario, the soft SUSY breaking scale, can be any value. Thus our new electroweak baryogenesis scenario can be realized at arbitrary scales, and we call this scenario scale free electroweak baryogenesis. This soft SUSY breaking scale is determined by other requirements. If the soft SUSY breaking scale is O(10)TeV, our scenario is compatible with the observed mass of the Higgs boson and the constraints by electric dipole moment measurements and flavor experiments. Furthermore, the singlino can be a good candidate for dark matter.

    DOI: 10.1103/PhysRevD.91.055004

    Scopus

  40. Aspects of High-Scale Supersymmetry in a Singlet-Extended Model 査読有り

    Teppei Kitahara

    The University of Tokyo     2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.15083/00008054

  41. Singlino Resonant Dark Matter and 125 GeV Higgs Boson in High-Scale Supersymmetry 査読有り

    Kazuya Ishikawa, Teppei Kitahara, Masahiro Takimoto

    Physical Review Letters   113 巻 ( 13 )   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1103/PhysRevLett.113.131801

  42. Future prospects for stau in Higgs coupling to di-photon 査読有り

    Motoi Endo, Teppei Kitahara, Takahiro Yoshinaga

    Journal of High Energy Physics   2014 巻 ( 4 )   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP04(2014)139

  43. Gauge invariant Barr-Zee type contributions to fermionic EDMs in the two-Higgs doublet models 査読有り

    Tomohiro Abe, Junji Hisano, Teppei Kitahara, Kohsaku Tobioka

    Journal of High Energy Physics   2014 巻 ( 1 )   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP01(2014)106

  44. Reconstructing Supersymmetric Contribution to Muon Anomalous Magnetic Dipole Moment at ILC 査読有り

    Motoi Endo, Koichi Hamaguchi, Sho Iwamoto, Teppei Kitahara, Takeo Moroi

    Physics Letters B   B728 巻   頁: 274-281   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.physletb.2013.11.068

  45. Probing Bino contribution to muon g − 2 査読有り

    Motoi Endo, Koichi Hamaguchi, Teppei Kitahara, Takahiro Yoshinaga

    Journal of High Energy Physics   2013 巻 ( 11 )   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP11(2013)013

  46. Stau with large mass difference and enhancement of h → γγ decay rate in the MSSM 査読有り

    Teppei Kitahara, Takahiro Yoshinaga

    Journal of High Energy Physics   2013 巻 ( 5 )   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP05(2013)035

  47. Vacuum stability constraints on the enhancement of the h → γγ rate in the MSSM 査読有り

    Teppei Kitahara

    Journal of High Energy Physics   2012 巻 ( 11 )   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/JHEP11(2012)021

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 此のたびのミューオン異常磁気能率 査読有り

    ( 担当: 共著)

    高エネルギーニュース  2021年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:10   記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC 1

  1. Correlations of $ε^{\prime}_K/ε_K$ with $K \to πν \overlineν$ in Models of New Physics 査読有り

    Teppei Kitahara  

        2017年5月

     詳細を見る

    Recent calculations have pointed to a 2.8 $\sigma$ tension between data on
    $\epsilon^{\prime}_K / \epsilon_K$ and the standard-model (SM) prediction.
    Several new physics (NP) models can explain this discrepancy, and such NP
    models are likely to predict deviations of $\mathcal{B}(K\to \pi \nu
    \overline{\nu})$ from the SM predictions, which can be probed precisely in the
    near future by NA62 and KOTO experiments. We present correlations between
    $\epsilon^{\prime}_K / \epsilon_K$ and $\mathcal{B}(K\to \pi \nu
    \overline{\nu})$ in two types of NP scenarios: a box dominated scenario and a
    $Z$-penguin dominated one. It is shown that different correlations are
    predicted and the future precision measurements of $K \to \pi \nu
    \overline{\nu}$ can distinguish both scenarios.

    arXiv

    その他リンク: http://arxiv.org/pdf/1705.05462v2

講演・口頭発表等 91

  1. Hunting for physics beyond the Standard Model in rare decays of K and B mesons 招待有り

    Teppei Kitahara

    2022年2月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:ITP, Chinese Academy of Sciences   国名:中華人民共和国  

  2. Hunting for physics beyond the Standard Model in rare decays of K and B mesons 招待有り

    Teppei Kitahara

    2022年2月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Los Alamos National Laboratory   国名:アメリカ合衆国  

  3. Theoretical overview of kaon physics 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    Second International Workshop on the Extension Project for the J-PARC Hadron Experimental Facility  2022年2月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  4. Hunting for physics beyond the Standard Model in rare decays of K and B mesons 招待有り

    Teppei Kitahara

    2022年2月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Tsung-Dao Lee Institute   国名:中華人民共和国  

  5. Hunting for physics beyond the Standard Model in rare decays of K and B mesons 招待有り

    Teppei Kitahara

    Physics Lecture-Young Scholars Forum  2021年12月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Jilin University   国名:中華人民共和国  

  6. Muon g-2 anomaly + SUSY (theory) 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    The 75th General Meeting of ILC Physics Subgroup  2021年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  7. Constructing Massive Scattering Amplitudes for Electroweak Effective Field Theory 招待有り

    Teppei Kitahara

    Kobe University Seminar  2021年12月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Kobe University   国名:日本国  

  8. Constructing Massive Scattering Amplitudes for Electroweak Effective Field Theory 招待有り

    2021年10月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  9. LHC phenomenology in light of R(D) and R(D*) anomalies 招待有り

    2021年10月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  10. LHC phenomenology in light of R(D) and R(D*) anomalies 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    International Joint Workshop on the SM and Beyond  2021年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:National Taiwan University   国名:台湾  

  11. New physics interpretations of the muon g-2 anomaly 招待有り 国際会議

    北原鉄平

    ILC夏の合宿2021  2021年9月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  12. フレーバーアノマリー及びミューオン g-2 アノマリーの新物理への意義 招待有り 国際会議

    北原鉄平

    2021年秋季大会  2021年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:神戸大学   国名:日本国  

  13. 'Anomaly' in current low-energy data 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    Strings and Fields 2021  2021年8月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  14. SMEFTとOn-Shell Amplitudes 招待有り 国際会議

    北原鉄平

    EFT勉強会  2021年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:盛岡   国名:日本国  

  15. Hunting for New Physics in Kaon Decays 招待有り

    Teppei Kitahara

    IIT Delhi seminar series  2021年6月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Indian Institute of Technology Delhi   国名:インド  

  16. Muon g-2/EDM in physics beyond the Standard Model 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    The 22th muon g-2/EDM Collaboration Meeting  2021年6月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. Massive Scattering Amplitudes and Electroweak Effective Field Theory 招待有り

    Teppei Kitahara

    YITP Elementary Particle Group Theory Seminar  2021年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:YITP   国名:日本国  

  18. New physics interpretation of the muon g-2 anomaly 招待有り 国際会議

    北原鉄平

    テラスケール研究会  2021年5月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  19. Precision measurementで探る新物理 招待有り 国際会議

    北原鉄平

    高エネルギー将来計画委員会: 第9回 勉強会  2021年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  20. Implications for new physics from a novel puzzle in B^0_(s) to D^+_(s) {pi^-, K^-} decays 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    Mini-Workshop on Colour Allowed Non-Leptonic TreeLevel Decays  2021年4月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地: Universität Siegen   国名:ドイツ連邦共和国  

  21. g-2を説明可能なレプトンフレーバーを破るALP

    北原鉄平

    物理学会第76回年次大会  2021年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. Electroweak effective field theory from massive scattering amplitudes 招待有り

    2020年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:アメリカ合衆国  

  23. New physics effect on search for $K_L \to \pi^0 \nu \bar\nu$ at KOTO experiment 招待有り

    2020年11月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  24. Electroweak effective field theory from massive scattering amplitudes 招待有り

    北原鉄平

    2020年10月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  25. KOTO実験における$K_L\to\pi^0 \nu\bar\nu$探索に影響を与える新物理

    北原鉄平

    2020年秋季大会  2020年9月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  26. 散乱振幅で理論的に探る電弱対称性の破れ

    北原鉄平

    The progress of the Particle Physics 2020  2020年9月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月 - 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Review of current flavor anomalies in precision measurements of mesons 招待有り

    北原鉄平

    京大セミナー  2020年7月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  28. CP Violation in Kaon System and New Physics 招待有り

    2020年6月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:大韓民国  

  29. Direct CP violation in $K \to \mu^+ \mu^-$ and new physics search 招待有り

    2020年5月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  30. Novel approach to neutron electric dipole moment search using weak measurement 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    Florida State University Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:online   国名:アメリカ合衆国  

  31. New physics implications of recent search for K_L \to \pi^0 \nu \bar{\nu} at KOTO experiment 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    INPAC-TDLI at SJTU Joint Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:online   国名:中華人民共和国  

  32. 中間子の精密測定におけるアノマリーの現状と新物理の識別 招待有り

    北原 鉄平

    物理学会第75回年次大会  2020年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  33. New physics implications of recent search for K_L \to \pi^0 \nu \bar{\nu} at KOTO 招待有り

    北原 鉄平

    COST Workshop: Probing BSM physics at different scales  2020年1月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  34. Novel approach to neutron electric dipole moment search using weak measurement 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    Joint particle physics seminars 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Ben-Gurion University of the Negev   国名:イスラエル国  

  35. New physics implications of recent search for KL → π0νν¯ at KOTO experiment 招待有り

    北原 鉄平

    27th Regular Meeting of New Higgs Working Group  2019年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  36. Bの理論 招待有り

    北原 鉄平

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:かんぽの宿、大阪   国名:日本国  

  37. Theory status and implications of RD(*) and polarization observables 招待有り

    北原 鉄平

    18th International Conference on B-Physics at Frontier Machines (BEAUTY2019)  2019年10月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月 - 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スロベニア共和国  

  38. Hunt for new physics in kaon decays 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    2nd Workshop on Hadronic Contributions to New Physics Searches 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Tenerife   国名:スペイン  

  39. Lepton-flavor universality violation from soft-photon corrections to B semileptonic decays 国際会議

    Teppei Kitahara

    Heavy-Quark Physics and Fundamental Symmetries: Interplay between theory and experiment 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Washington   国名:アメリカ合衆国  

  40. Soft-photon corrections to semileptonic B-meson decays 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    ANOMALIES 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:IIT Hyderabad   国名:インド  

  41. Unaccounted QED corrections in RD(*)? 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    GDR-InF workshop: QED corrections to (semi)leptonic B decays 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:LPNHE   国名:フランス共和国  

  42. CP violation in Kaon decays 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    LAPTh seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Laboratoire d'Annecy-le-Vieux de Physique Théorique (LAPTh)   国名:フランス共和国  

  43. Soft-photon corrections to semileptonic decays of B-meson 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    2019 NPKI workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Korea University   国名:大韓民国  

  44. Soft-photon corrections to B-meson semileptonic decays 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    6th KEK Flavor Factory Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  45. CP violation in Kaon 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    Joint particle physics seminars 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Hebrew University   国名:イスラエル国  

  46. Soft-photon corrections to semileptonic B-meson decays 招待有り 国際会議

    Teppei Kitahara

    Particles and Fields Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Ben-Gurion University of the Negev   国名:イスラエル国  

  47. Kaon physics and connection to B anomalies 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    High energy implications of flavor anomalies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スイス連邦  

  48. Effect of QED corrections on R(D) 国際会議

    北原 鉄平

    10th International Workshop on the CKM Unitarity Triangle 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  49. K中間子の精密測定で探る物理 招待有り

    北原 鉄平

    The progress of the Particle Physics 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:基礎物理学研究所   国名:日本国  

  50. Soft-photon corrections to semileptonic B decays

    Teppei Kitahara

    Hongo Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  51. Direct CP violation in Kaon 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    Post-FPCP 2018 Workshop 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  52. Direct CP violation in K→μ+μ− 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    16th Conference on Flavor Physics & CP Violation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:インド  

  53. Kaon physics : theory view 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    Workshop on the physics of HL-LHC, and perspectives at HE-LHC 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:スイス連邦  

  54. The recent progress on direct CP violation in the kaon system and probing new physics 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    The 3rd physics and applied physics seminar in Germany for Japanese researchers 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  55. Recent developments on direct CP violation in the Kaon system and connection to K→πνν measurements 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    Heavy Quarks and Leptons 2018  

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  56. Soft-photon corrections to R(D)

    Teppei Kitahara

    KEK informal seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:KEK   国名:日本国  

  57. K → mu+ mu- を用いた直接的CP対称性の破れの探索

    北原 鉄平

    第73回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  58. ΔS=1のK中間子崩壊におけるCP対称性の破れへの標準模型予言の改善と超対称模型の寄与 招待有り

    北原 鉄平

    第73回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  59. Direct CP violation in K to mu+ mu-

    Teppei Kitahara

    Nagoya Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  60. Standard Model and New physics for epsilon’ 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    Flavour Changing and Conserving Processes 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イタリア共和国  

  61. The epsilon’/epsilon tension and supersymmetric interpretation 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    XIIth Meeting on B Physics. Tensions in Flavour measurements: a path toward Physics beyond the Standard Model 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:イタリア共和国  

  62. Supersymmetry and CP violation in kaon decays 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    Rare’N’Strange 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  63. Epsilonprime and K to pi neutrino antineutrino correlations and new physics 国際会議

    北原 鉄平

    MORIOND 2017 EW 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  64. Supersymmetric explanation of CP violation in K→ππ decays 国際会議

    北原 鉄平

    MUTAG2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  65. Supersymmetric explanation of CP violation in K->pi pi decays 国際会議

    北原 鉄平

    KAON 2016 conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  66. Supersymmetric explanation of CP violation in K->pi pi decays 国際会議

    北原 鉄平

    The progress of the Particle Physics 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  67. Interpretations of ε’K/εK in the MSSM 国際会議

    北原 鉄平

    KEK Theory Meeting on Particle Physics Phenomenology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  68. Prospects for Spin-1 Resonance Search at 13TeV LHC and the ATLAS Diboson Excess 国際会議

    北原 鉄平

    4th New Physics Forum 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  69. Phenomenology of singlet extended supersymmetric model - Dark matter, Baryogenesis 国際会議

    北原 鉄平

    Joint KEK Theory Fermilab Theory Workshop 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  70. TeVスケールにおける電弱バリオジェネシスとILC 国際会議

    北原 鉄平

    Summer camp on ILC accelerator and physics/detectors 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  71. Reconstructing Supersymmetric Contribution to Muon Anomalous Magnetic Dipole Moment at ILC 国際会議

    北原 鉄平

    Asian Linear Collider workshop 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  72. Towards a Scale Free Electroweak Baryogenesis in the nMSSM 国際会議

    北原 鉄平

    第70回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  73. Singlino 暗黒物質の現象論 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    Beyond the Standard Model in Okinawa 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  74. Bethe-Salpeter方程式で探るDiquark束縛状態: ladder近似を超えて 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    Beyond the Standard Model in Okinawa 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  75. Singlino Resonant Dark Matter and 125 GeV Higgs Boson in High-Scale Supersymmetry 招待有り 国際会議

    北原 鉄平

    2014 Tera-Scale Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  76. Singlino Resonant Dark Matter in High-Scale nMSSM 国際会議

    北原 鉄平

    The annual Theory Meeting on Particle Physics Phenomenology 2014  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  77. 高スケール超対称性におけるシングリーノ暗黒物質と125GeVのヒッグ ス粒子 国際会議

    北原 鉄平

    2014年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  78. Singlino Resonant Dark Matter and 125 GeV Higgs Boson in High-Scale Supersymmetry 国際会議

    北原 鉄平

    Summer Institute 2014 -Phenomenology of Elementary Particles and Cosmology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  79. 高スケール超対称性におけるシングリーノ暗黒物質 国際会議

    北原 鉄平

    素粒子物理学の進展2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  80. Future Prospects for Stau in Higgs Coupling to Di-photon 国際会議

    北原 鉄平

    SUSY2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  81. ILCによるミューオン異常磁気能率に対する超対称性粒子の寄与の再構成 国際会議

    北原 鉄平

    第69回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  82. Gauge invariant Barr-Zee type contributions to fermionic EDMs in the two-Higgs doublet models 国際会議

    北原 鉄平

    Basis of the Universe with Revolutionary Ideas 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  83. Probing Bino Contribution to Muon g-2 国際会議

    北原 鉄平

    SUSY:Model-building and Phenomenology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  84. Gauge invariant Barr-Zee type contributions to fermionic EDMs in the 2HDMs 国際会議

    北原 鉄平

    The annual Theory Meeting on Particle Physics Phenomenology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  85. FCNCを禁止した一般的な2HDMにおけるフェルミオン電気双極子能率 国際会議

    北原 鉄平

    2013年秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  86. Vacuum Stability and the Higgs to diphoton decay rate in the MSSM 国際会議

    北原 鉄平

    素粒子物理学の進展2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  87. Vacuum Stability Constraints on the Enhancement of the Higgs to Diphoton Rate in the MSSM 国際会議

    北原 鉄平

    第68回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  88. Vacuum Stability Constraints on the Enhancement of the Higgs to Diphoton Rate in the MSSM 国際会議

    北原 鉄平

    The annual Theory Meeting on Particle Physics Phenomenology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  89. 超対称性理論におけるヒッグス粒子の崩壊に課せられる真空準安定性からの制限 国際会議

    北原 鉄平

    GCOE 9th RA Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  90. Vacuum Stability Constraints on the Enhancement of the Higgs to Diphoton Rate in the MSSM 国際会議

    北原 鉄平

    G-COE International Symposium on Physical Sciences Frontier 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  91. Constraints on Higgs boson decay to two Photon from the vacuum metastability in the MSSM 国際会議

    北原 鉄平

    2012年度原子核三者若手夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

科研費 2

  1. 精密測定の高精度予言でせまる素粒子標準模型を超える物理

    2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金 

  2. Lady Davis Fellowship Trust

    The Lady Davis Foundation 

    北原 鉄平

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金