2024/03/12 更新

写真a

バンバラ ムツノリ
番原 睦則
BANBARA Mutsunori
所属
大学院情報学研究科 情報システム学専攻 計算論 教授
大学院担当
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 コンピュータ科学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2002年9月   神戸大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 知識表現及び推論

  2. 解集合プログラミング

  3. 論理プログラミング

  4. 制約プログラミング

  5. SAT

研究分野 3

  1. 情報通信 / 知能情報学

  2. 情報通信 / 情報学基礎論

  3. 情報通信 / ソフトウェア

現在の研究課題とSDGs 4

  1. 解集合プログラミング

  2. 論理プログラミング

  3. 制約プログラミング

  4. 命題論理の充足可能性判定 (SAT)

経歴 7

  1. 名古屋大学   大学院情報学研究科情報システム学専攻計算論講座   教授

    2018年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. ポツダム大学   客員研究員

    2013年7月 - 2014年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 神戸大学   情報基盤センター学術情報処理研究部門   准教授

    2010年7月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 神戸大学   学術情報基盤センター学術情報処理研究部門   准教授

    2007年4月 - 2010年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 神戸大学   学術情報基盤センター学術情報処理研究部門   講師

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 奈良工業高等専門学校   一般教科   講師

    1998年4月 - 2003年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 奈良工業高等専門学校   一般教科   助手

    1996年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 神戸大学   自然科学研究科   数学専攻

    1994年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 神戸大学   理学部   数学科

    1989年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本ソフトウェア科学会

  2. 人工知能学会

  3. 情報処理学会

委員歴 8

  1. The 20th International Conference on Principles of Knowledge Representation and Reasoning (KR 2023)   プログラム委員  

    2023年9月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. The 38th International Conference on Logic Programming (ICLP 2022)   プログラム委員  

    2022年8月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. The 37th International Conference on Logic Programming (ICLP 2021)   プログラム委員  

    2021年9月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  4. The 30th International Joint Conference on Artificial Intelligence (IJCAI 2021)   シニアプログラム委員  

    2021年8月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  5. The 29th International Joint Conference on Artificial Intelligence and the 17th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (IJCAI-PRICAI 2020)   シニアプログラム委員  

    2021年1月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  6. The 13th Workshop on Answer Set Programming and Other Computing Paradigms (ASPOCP 2020)   プログラム委員  

    2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  7. The 17th International Conference on Principles of Knowledge Representation and Reasoning (KR 2020)   プログラム委員  

    2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  8. The 36th International Conference on Logic Programming (ICLP 2020)   プログラム委員  

    2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 19

  1. ICLP2023 ALP 10-Year Test-of-Time Award

    2023年7月   Association for Logic Programming   Answer Set Programming as a Modeling Language for Course Timetabling

    Mutsunori Banbara, Takehide Soh, Naoyuki Tamura, Katsumi Inoue and Torsten Schaub

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. 組合せ遷移問題に関する国際ソルバー競技会 (CoRe Challenge 2023) Solver Track 全12部門中5部門で優勝

    2023年10月   CoRe Challenge 2023  

    加藤聖人, 小菅脩司, 山田悠也, 高田和紀, 伊藤碧己, 番原睦則

  3. 2023 XCSP3 Competition Main CSP 部門 準優勝

    2023年8月   XCSP3 Competition  

    Takehide Soh, Daniel Le Berre, Hidetomo Nabeshima, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura

     詳細を見る

    受賞国:カナダ

  4. 2022 XCSP3 Competition Main CSP 部門 準優勝

    2022年8月   XCSP3 Competition  

    Takehide Soh, Daniel Le Berre, Hidetomo Nabeshima, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura

     詳細を見る

    受賞国:イスラエル国

  5. 国際組合せ遷移競技会 (CoRe Challenge 2022) Single-engine Solvers shortest 部門 第1位

    2022年7月   CoRe Challenge 2022  

    山田悠也, 竹内頼人, 小菅脩司, 加藤聖人, 番原睦則

  6. 2019年度全国大会優秀賞

    2019年11月   人工知能学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  7. 2019 XCSP3 Competition 準優勝

    2019年10月   XCSP3 Competition  

     詳細を見る

    受賞国:アメリカ合衆国

  8. 第7回解説論文賞(2018年度)

    2019年8月   日本ソフトウェア科学会   SAT型制約プログラミングシステムと周辺技術

    宋剛秀, 番原睦則, 田村直之

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  9. 情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP特選論文

    2018年9月   情報処理学会   SAT技術を用いたペトリネットのデッドロック検出手法の提案

    寸田智也, 宋剛秀, 番原睦則, 田村直之, 井上克巳

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  10. 2018 XCSP3 Competition 優勝

    2018年8月   XCSP3 Competition  

     詳細を見る

    受賞国:フランス共和国

  11. DAシンポジウム2017 アルゴリズムデザインコンテスト 特別賞

    2017年8月   情報処理学会 システムとLSIの設計技術研究会  

    坡山直樹, 飯野有軌, 番原睦則, 田村直之

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. DAシンポジウム2016 アルゴリズムデザインコンテスト 優秀賞

    2016年9月   情報処理学会 システムとLSIの設計技術研究会  

    坡山直樹, 川原征大, 迫龍哉, 番原睦則

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  13. 日本ソフトウェア科学会 第20回研究論文賞

    2015年9月   日本ソフトウェア科学会   パッキング配列問題の制約モデリングとSAT符号化

    則武治樹, 番原睦則, 宋剛秀, 田村直之, 井上克巳

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  14. DAシンポジウム2015 アルゴリズムデザインコンテスト 最優秀賞

    2015年8月   情報処理学会 システムとLSIの設計技術研究会  

    迫龍哉, 川原征大, 田村直之, 番原睦則, 宋剛秀, 鍋島英知

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  15. SLDM優秀論文賞

    2015年   情報処理学会 システムとLSIの設計技術研究会   SAT型制約ソルバーを用いたナンバーリンクの解法

    田村直之, 宋剛秀, 番原睦則, 鍋島英知

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  16. DAシンポジウム2014 アルゴリズムデザインコンテスト 最優秀賞

    2014年8月   情報処理学会 システムとLSIの設計技術研究会  

    田村直之, 番原睦則, 宋剛秀, 鍋島英知

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  17. Seventh Max-SAT Evaluation (Max-SAT 2012) Weighted Partial Max-SAT カテゴリ(Crafted) 準優勝

    2012年6月   Max-SAT Evaluation  

    本條健吾, 番原睦則

     詳細を見る

    受賞国:イタリア共和国

  18. Fourth International CSP Solver Competition 優勝

    2009年9月   International CSP Solver Competition  

    田村直之. 番原睦則

     詳細を見る

    受賞国:ポルトガル共和国

  19. Third International CSP Solver Competition 優勝

    2008年9月   International CSP Solver Competition  

    田村直之. 番原睦則

     詳細を見る

    受賞国:オーストラリア連邦

▼全件表示

 

論文 40

  1. On the Computational Complexity of Generalized Common Shape Puzzles 査読有り 国際誌

    Mutsunori Banbara, Shin-Ichi Minato, Hirotaka Ono, and Ryuhei Uehara

    Proceedings of the 49th International Conference on Current Trends in Theory and Practice of Computer Science (SOFSEM 2024)   14519 LNCS 巻   頁: 55 - 68   2024年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-031-52113-3_4

    Scopus

  2. Combinatorial Reconfiguration with Answer Set Programming: Algorithms, Encodings, and Empirical Analysis 査読有り 国際共著

    Yuya Yamada, Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, Torsten Schaub, and Ryuhei Uehara

    Proceedings of the 18th International Conference and Workshops on Algorithms and Computation (WALCOM 2024)   LNCS 14549 巻   頁: 242 - 256   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-981-97-0566-5_18

  3. SAF: SAT-based Attractor Finder in Asynchronous Automata Networks 査読有り 国際共著

    Proceedings of the 21st International Conference on Computational Methods in Systems Biology (CMSB 2023)   LNCS 14137 巻   頁: 175 - 183   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-031-42697-1_12

  4. Hamiltonian Cycle Reconfiguration with Answer Set Programming 査読有り 国際共著 国際誌

    Takahiro Hirate, Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, Xiao-Nan Lu, Hidetomo Nabeshima, Torsten Schaub, Takehide Soh, and Naoyuki Tamura

    Proceedings of the 18th Edition of the European Conference on Logics in Artificial Intelligence (JELIA 2023)   14281 LNAI 巻   頁: 262 - 277   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    The Hamiltonian cycle reconfiguration problem is defined as determining, for a given Hamiltonian cycle problem and two among its feasible solutions, whether one is reachable from another via a sequence of feasible solutions subject to certain transition constraints. We develop an approach to solving the Hamiltonian cycle reconfiguration problem based on Answer Set Programming (ASP). Our approach relies on a high-level ASP encoding and delegates both the grounding and solving tasks to an ASP-based solver. To show the effectiveness of our approach, we conduct experiments on the benchmark set of Flinders Hamiltonian Cycle Project.

    DOI: 10.1007/978-3-031-43619-2_19

    Scopus

    その他リンク: https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-031-43619-2_19

  5. Recongo: Bounded Combinatorial Reconfiguration with Answer Set Programming 査読有り 国際共著 国際誌

    Yuya Yamada, Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, and Torsten Schaub

    Proceedings of the 18th Edition of the European Conference on Logics in Artificial Intelligence (JELIA 2023)   14281 LNAI 巻   頁: 278 - 286   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    We develop an approach called bounded combinatorial reconfiguration for solving combinatorial reconfiguration problems based on Answer Set Programming. The general task is to study the solution spaces of source combinatorial problems and to decide whether or not there are sequences of feasible solutions that have special properties. The resulting recongo solver covers all metrics of the solver track in the most recent international competition on combinatorial reconfiguration (CoRe Challenge 2022). recongo ranked first in the shortest metric of the single-engine solvers track.

    DOI: 10.1007/978-3-031-43619-2_20

    Scopus

    その他リンク: https://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-031-43619-2_20

  6. 解集合プログラミングを用いた配電網問題の解法 査読有り

    山田健太郎, 湊真一, 田村直之, 番原睦則

    コンピュータソフトウェア   40 巻 ( 2 ) 頁: 3 - 18   2023年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.11309/jssst.40.2_3

  7. SAT-based Method for Finding Attractors in Asynchronous Multi-valued Networks 査読有り 国際共著

    Takehide Soh, Morgan Magnin, Daniel Le Berre, Mutsunori Banbara and Naoyuki Tamura

    Proceedings of the 14th International Conference on Bioinformatics Models, Methods and Algorithms (BIOINFORMATICS 2023)     2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  8. Solving Vehicle Equipment Specification Problems with Answer Set Programming 査読有り 国際共著

    Raito Takeuchi, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura, and Torsten Schaub

    Proceedings of the 25th International Symposium on Practical Aspects of Declarative Languages (PADL 2023)     頁: 232 - 249   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/978-3-031-24841-2_15

  9. Fun-sCOP

    Takehide Soh, Daniel Le Berre, Hidetomo Nabeshima, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura

    XCSP3 Competition 2019 Solver Description     頁: 2   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  10. teaspoon: Solving the Curriculum-Based Course Timetabling Problems with Answer Set Programming 査読有り

    Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, Benjamin Kaufmann, Tenda Okimoto, Torsten Schaub, Takehide Soh, Naoyuki Tamura, and Philipp Wanko

    Annals of Operations Research   275 巻 ( 1 ) 頁: 3–37   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10479-018-2757-7

  11. SAT技術を用いたペトリネットのデッドロック検出手法の提案 査読有り

    寸田智也, 宋剛秀, 番原睦則, 田村直之, 井上克巳

    情報処理学会論文誌   59 巻 ( 9 ) 頁: 1749-1760   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. ブール基数制約を経由した擬似ブール制約のSAT符号化手法 査読有り

    南雄之, 宋剛秀, 番原睦則, 田村直之

    コンピュータソフトウェア   35 巻 ( 3 ) 頁: 65-78   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.35.3_65

  13. Solving Multiobjective Discrete Optimization Problems with Propositional Minimal Model Generation 査読有り

    Takehide Soh, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura, Daniel Le Berre

    Proceedings of the 23rd International Conference on Principles and Practice of Constraint Programming (CP 2017), Lecture Notes in Computer Science   10416 巻   頁: 596-614   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-66158-2_38

  14. Clingcon: The Next Generation 査読有り

    Mutsunori Banbara, Benjamin Kaufmann, Max Ostrowski, and Torsten Schaub

    Theory and Practice of Logic Programming   17 巻 ( 4 ) 頁: 408-461   2017年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S1471068417000138

  15. catnap: Generating Test Suites of Constrained Combinatorial Testing with Answer Set Programming 査読有り

    Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, Hiromasa Kaneyuki, Tenda Okimoto, Torsten Schaub, Takehide Soh, Naoyuki Tamura

    Proceedings of the 14th International Conference on Logic Programming and Nonmonotonic Reasoning (LPNMR 2017), Lecture Notes in Artificial Intelligence   10377 巻   頁: 265-278   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-61660-5_24

  16. Proposal and Evaluation of Hybrid Encoding of CSP to SAT Integrating Order and Log Encodings 査読有り

    Takehide Soh, Mutsunori Banbara and Naoyuki Tamura

    International Journal on Artificial Intelligence Tools   26 巻 ( 1 )   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0218213017600053

  17. インクリメンタルSAT解法ライブラリとその応用 査読有り

    迫龍哉, 宋剛秀, 番原睦則, 田村直之, 鍋島英知, 井上克巳

    コンピュータソフトウェア   33 巻 ( 4 ) 頁: 16-29   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.33.4_16

  18. teaspoon: Solving the Curriculum-Based Course Timetabling Problems with Answer Set Programming 査読有り

    Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, Benjamin Kaufmann, Torsten Schaub, Takehide Soh, Naoyuki Tamura, Philipp Wanko

    Proceedings of the 11th International Conference on the Practice and Theory of Automated Timetabling (PATAT 2016)     頁: 13-32   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  19. \sum_x-Optimal Solutions in Highly Symmetric Multi-Objective Timetabling Problems 査読有り

    Maxime Clement, Tenda Okimoto, Katsumi Inoue, Mutsunori Banbara

    Proceedings of the 11th International Conference on the Practice and Theory of Automated Timetabling (PATAT 2016)     頁: 63-79   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  20. A Hybrid Encoding of CSP to SAT Integrating Order and Log Encodings 査読有り

    Takehide Soh, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura

    Proceedings of the 27th IEEE International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI 2015)     頁: 421-428   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/ICTAI.2015.70

  21. aspartame: Solving Constraint Satisfaction Problems with Answer Set Programming 査読有り

    Mutsunori Banbara, Martin Gebser, Katsumi Inoue, Max Ostrowski, Andrea Peano, Torsten Schaub, Takehide Soh, Naoyuki Tamura, Matthias Weise

    Proceedings of the 13th International Conference on Logic Programming and Nonmonotonic Reasoning (LPNMR 2015), Lecture Notes in Artificial Intelligence   9345 巻   頁: 112-126   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-23264-5_10

  22. Incremental SAT-based Method with Native Boolean Cardinality Handling for the Hamiltonian Cycle Problem 査読有り

    Takehide Soh, Daniel Le Berre, Stephanie Roussel, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura

    Proceedings of the 14th European Conference on Logics in Artificial Intelligence (JELIA 2014), Lecture Notes in Artificial Intelligence   8761 巻   頁: 684-693   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-11558-0_52

  23. パッキング配列問題の制約モデリングとSAT符号化 査読有り

    則武治樹, 番原睦則, 宋剛秀, 田村直之, 井上克巳

    コンピュータソフトウェア   31 巻 ( 1 ) 頁: 116-130   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.31.1_116

  24. Answer Set Programming as a Modeling Language for Course Timetabling 査読有り

    Mutsunori Banbara, Takehide Soh, Naoyuki Tamura, Katsumi Inoue and Torsten Schaub

    Theory and Practice of Logic Programming   13 巻 ( 4-5 ) 頁: 783-798   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1017/S1471068413000495

  25. 位取り記数法に基づく整数有限領域上の制約充足問題のコンパクトかつ効率的なSAT符号化 査読有り

    丹生智也, 田村直之, 番原睦則

    コンピュータソフトウェア   30 巻 ( 1 ) 頁: 211-230   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.30.1_211

  26. Scala上の制約プログラミング用ドメイン特化言語Coprisについて 査読有り

    田村直之, 丹生智也, 番原睦則

    コンピュータソフトウェア   29 巻 ( 4 ) 頁: 114-129   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.29.4_114

  27. SAT符号化を用いた釣合い型不完備ブロック計画の構成 査読有り

    松中春樹, 丹生智也, 番原睦則, 田村直之

    人工知能学会論文誌   27 巻 ( 2 ) 頁: 10-15   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1527/tjsai.27.10

  28. SAT変換に基づく制約ソルバーとその性能評価 査読有り

    田村直之, 丹生智也, 番原睦則

    コンピュータソフトウェア   27 巻 ( 4 ) 頁: 183-196   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.27.4_183

  29. A SAT-Based Method for Solving the Two-dimensional Strip Packing Problem 査読有り

    Takehide Soh, Katsumi Inoue, Naoyuki Tamura, Mutsunori Banbara and Hidetomo Nabeshima

    Fundamenta Informaticae   102 巻 ( 3-4 ) 頁: 467-487   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/FI-2010-314

  30. Compiling finite linear CSP into SAT 査読有り

    Naoyuki Tamura, Akiko Taga, Satoshi Kitagawa, and Mutsunori Banbara

    CONSTRAINTS   14 巻 ( 2 ) 頁: 254-272   2009年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10601-008-9061-0

  31. PrologからJavaへのトランスレータ処理系とその応用 査読有り

    番原睦則, 田村直之, 井上克巳

    コンピュータソフトウェア   24 巻 ( 3 ) 頁: 75-86   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.24.3_75

  32. A Competitive and Cooperative Approach to Propositional Satisfiability 査読有り

    Katsumi Inoue, Takehide Soh, Seiji Ueda, Yoshito Sasaura, Mutsunori Banbara, and Naoyuki Tamura

    Discrete Applied Mathematics   154 巻 ( 16 ) 頁: 2291-2306   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dam.2006.04.015

  33. 線形論理型言語コンパイラ処理系を用いた古典命題線形論理の定理証明システム 査読有り

    田村直之, 番原睦則

    コンピュータソフトウェア   22 巻 ( 1 ) 頁: 98-103   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.22.1_98

  34. LLPTTP: 線形論理型言語コンパイラ処理系を用いた定理証明システム 査読有り

    田村直之, 番原睦則

    コンピュータソフトウェア   20 巻 ( 5 ) 頁: 502-508   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.20.502

  35. 時相線形論理型言語のコンパイラ処理系のための抽象機械について 査読有り

    番原睦則, 姜京順, 田村直之

    情報処理学会論文誌:プログラミング   42 巻 ( SIG11(PRO12) ) 頁: 52-66   2001年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  36. 線形論理型言語の効率的なリソース管理モデル 査読有り

    姜京順, 番原睦則, 田村直之

    コンピュータ ソフトウェア   18 巻 ( 0 ) 頁: 138-154   2001年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.18.138

  37. 線形論理型言語のコンパイラ処理系のための抽象機械について 査読有り

    番原睦則, 姜京順, 田村直之

    コンピュータ ソフトウェア   18 巻 ( 1 ) 頁: 195-216   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11309/jssst.18.195

  38. 直観主義時相線形論理における論理プログラミングについて 査読有り

    田村直之, 平井崇晴, 吉川英男, 姜京順, 番原睦則

    情報処理学会論文誌:プログラミング   41 巻 ( SIG4(PRO7) ) 頁: 11-23   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  39. 古典線形論理型プログラミング言語の静的解析の一手法について 査読有り

    姜京順, 番原睦則, 田村直之

    情報処理学会論文誌:プログラミング   41 巻 ( SIG4(PRO7) ) 頁: 42-55   2000年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 線形論理型言語のJava言語による処理系の設計と実装 査読有り

    番原睦則, 姜京順, 田村直之

    情報処理学会論文誌:プログラミング   40 巻 ( SIG10(PRO5) ) 頁: 1-16   1999年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 36

  1. heulingo: 組合せ最適化のための解集合プログラミングに基づく優先度付き巨大近傍探索の実装

    杉森唯瑠未, 宋剛秀, 田村直之, 井上克巳, 鍋島英知, 番原睦則

    第26回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2024)  2024年3月5日  日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター   国名:日本国  

  2. 解集合プログラミングを用いた支配集合遷移

    加藤聖人, 宋剛秀, 田村直之, 番原睦則

    第26回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2024)  2024年3月7日  日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター   国名:日本国  

  3. On the Computational Complexity of Generalized Common Shape Puzzles 国際会議

    Mutsunori Banbara, Shin-Ichi Minato, Hirotaka Ono, and Ryuhei Uehara

    The 15th Gathering 4 Gardner Conference (2024)  2024年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The Ritz-Carlton, Atlanta, Georgia, USA   国名:アメリカ合衆国  

  4. Answer Set Programming を用いた圧縮指標の計算

    クップル ドミニク, 番原睦則

    2023年度冬のLAシンポジウム  2024年2月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都大学北部総合教育研究棟   国名:日本国  

  5. SQL 型制約プログラミングシステム CombSQL+ の複数制約ソルバー連携

    小菅脩司, 酒井正彦, 番原睦則

    第125回人工知能基本問題研究会  2023年8月30日  人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手県盛岡市マリオス   国名:日本国  

    DOI: 10.11517/jsaifpai.125.0_54

  6. 解集合プログラミングを用いたトークンスライディング型・独立集合遷移問題の解法に関する考察

    髙田和紀, 山田悠也, 番原睦則

    2023年度人工知能学会全国大会(第37回)  2023年6月7日  人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール  

    DOI: 10.11517/pjsai.JSAI2023.0_2I5OS9b02

  7. 解集合プログラミングを用いた支配集合遷移問題の解法に関する考察

    加藤聖人, 宋剛秀, 田村直之, 番原睦則

    2023年度人工知能学会全国大会(第37回)  2023年6月7日  人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本城ホール  

    DOI: 10.11517/pjsai.JSAI2023.0_2I5OS9b01

  8. 解集合プログラミングを用いたハミルトン閉路遷移問題の解法

    平手貴大, 番原睦則, 井上克巳, 盧暁南, 鍋島英知, 宋剛秀, 田村直之

    第25回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2023)  2023年3月6日  日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  9. A ZDD-Based Method for Exactly Enumerating All Lower-Cost Solutions of Combinatorial Problems 国際会議

    Shin-Ichi Minato, Mutsunori Banbara, Takashi Horiyama, Jun Kawahara, Ichigaku Takigawa and Yutaro Yamaguchi

    The fifth Workshop on Enumeration Problems and Applications (WEPA-2022)  2022年11月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Clermont-Ferrand   国名:フランス共和国  

  10. 解集合プログラミングを用いたクイーン支配問題の解法に関する一考察

    加藤聖人, 田村直之, 番原睦則

    日本ソフトウェア科学会第39回大会  2022年9月1日  日本ソフトウェア科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月 - 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  11. 解集合プログラミングに基づく組合せ遷移ソルバーとその性能評価

    山田悠也, 番原睦則

    日本ソフトウェア科学会第39回大会  2022年8月31日  日本ソフトウェア科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月 - 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  12. 解集合プログラミングを用いた独立集合遷移問題の解法に関する考察

    山田悠也, 加藤聖人, 小菅脩司, 竹内頼人, 番原睦則

    2022年度人工知能学会全国大会(第36回)  2022年6月17日  人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. Solving Rep-tile by Computers 国際会議

    Mutsunori Banbara, Kenji Hashimoto, Takashi, Horiyama, Shin-ichi Minato, Kakeru Nakamura, Masaaki Nishino, Masahiko Sakai, Ryuhei Uehara, Yushi Uno, Norihito Yasuda

    The 14th Gathering 4 Gardner Conference (2022)  2022年4月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  14. ZDDの区間メモ化探索技法によるコスト制約組合せ問題の高速な解列挙

    湊真一, 番原睦則, 堀山貴史, 川原純, 瀧川一学, 山口勇太郎

    第187回アルゴリズム研究発表会  2022年3月14日  情報処理学会アルゴリズム研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. レプ・タイルの定式化を用いた各種ソルバの性能比較

    番原 睦則, 橋本 健二, 堀山 貴史, 湊 真一, 中村 駆, 西野 正彬, 酒井 正彦, 上原 隆平, 宇野 裕之, 安田 宜仁

    第16回組合せゲーム・パズル研究集会  2022年3月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. 解集合プログラミングを用いた配電網問題の解法

    山田健太郎, 湊真一, 田村直之, 番原睦則

    第24回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2022)  2022年3月7日  日本ソフトウェア科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. 解集合プログラミングを用いた優先度付き巨大近傍探索の実装と評価

    桑原和也, 宋剛秀, 田村直之, 番原睦則

    情報処理学会第84回全国大会  2022年3月3日  情報処理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. チャネリング制約を用いた alldifferent 制約の SAT 符号化

    小菅脩司, 宋剛秀, 田村直之, 番原睦則

    情報処理学会第84回全国大会  2022年3月3日  情報処理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  19. レプ・タイルの定式化を用いた各種ソルバの性能比較

    番原 睦則, 橋本 健二, 堀山 貴史, 湊 真一, 中村 駆, 西野 正彬, 酒井 正彦, 上原 隆平, 宇野 裕之, 安田 宜仁

    人工知能学会研究会資料 人工知能基本問題研究会  2022年1月27日  一般社団法人 人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.11517/jsaifpai.119.0_02

    CiNii Research

  20. 解集合プログラミングに基づく組合せ遷移ソルバーの実装方式に関する考察

    山田悠也, 湊真一, 番原睦則

    日本ソフトウェア科学会第38回大会  2021年9月3日  日本ソフトウェア科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. 解集合プログラミングを用いたハミルトン閉路問題の解法に関する考察

    平手貴大, 宋剛秀, 田村直之, 番原睦則

    日本ソフトウェア科学会第38回大会  2021年9月2日  日本ソフトウェア科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. Towards CEGAR-based Parallel SAT Solving 国際会議

    Takehide Soh, Hidetomo Nabeshima, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura, Katsumi Inoue

    Pragmatics of SAT (PoS 2021)  2021年7月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  23. 解集合プログラミングを用いた多目的車両装備仕様問題の解法

    竹内 頼人, 田村 直之, 番原 睦則

    人工知能学会全国大会論文集  2021年6月8日  一般社団法人 人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>車両装備仕様とは,簡単に言うと,自動車のカタログに記載されているモデル/グレードと装備の組合せのことである.多目的車両装備仕様問題は,与えられたモデル/グレードの個数,装備タイプの集合,装備オプションの集合などから,装備および燃費に関する制約を満たしつつ,予想販売台数の最大化や装備オプション数の最小化など,トレードオフの関係にある複数の目的関数のもとで最適な車両装備仕様を求める問題である.本発表では,CAFE 方式と呼ばれる燃費制約に基づく多目的車両装備仕様問題(多目的 CAFE 問題)に対して,解集合プログラミングを用いてパレート最適解を列挙する方法について述べる.提案手法は,可変性モデルで表現された問題インスタンスを ASP のファクト形式に変換した後,それらファクトと多目的CAFE 問題を解くための ASP 符号化と結合し,高速 ASP システムを用いて解を求める.企業から提供されたベンチマーク問題を用いた実行実験の結果,小規模な問題についてパレート最適解を全列挙することができた.</p>

    DOI: 10.11517/pjsai.jsai2021.0_1h4gs1c03

    CiNii Research

  24. 解集合プログラミングに基づく系統的探索と確率的局所探索の統合的手法に関する一考察

    桑原 和也, 田村 直之, 番原 睦則

    人工知能学会全国大会論文集  2021年6月8日  一般社団法人 人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <p>本発表では,SAT の発展形の一つである解集合プログラミング (Answer Set Programming; ASP) 技術を用い,組合せ最適化問題に対して系統的探索と確率的局所探索を統合的に適用する手法を提案する.提案手法は,近似解法の一種である巨大近傍探索 (Large Neighborhood Search; LNS) のアイデアをベースにしている.LNS は解に含まれる変数の値割当ての一部をランダムに選んで取り消し,その変数のみに対して再割当てを行うことで解を再構築する反復解法である.提案手法では,解の再構築の操作を,値割当てをなるべく維持したままでの再探索に置き換えることで,取り消されなかった変数への再割当てを許す.これによって,どの値割当てを取り消すかに依存しすぎない探索を行うことができる.提案手法を ASP ソルバー clingo 上に実装し,国際時間割競技会の問題集(全21問)を用いて性能評価を行った.その結果,提案手法は,通常の ASP 解法と比較して,多くの問題に対してより良い解を得ることができた.また,1問について,既知の最良値を更新することに成功した.</p>

    DOI: 10.11517/pjsai.jsai2021.0_2e1os13a01

    CiNii Research

  25. コスト制約つき組合せ問題に対するZDDを用いた高速な解列挙手法

    湊真一, 番原睦則, 堀山貴史, 川原純, 瀧川一学, 山口勇太郎

    電子情報通信学会コンピュテーション研究会  2020年12月4日  電子情報通信学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  26. 車両装備仕様問題に対する解集合プログラミングの適用

    竹内頼人, 田村直之, 番原睦則

    日本ソフトウェア科学会第37回大会  2020年9月9日  日本ソフトウェア科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  27. 解集合プログラミングを用いた配電網問題の解法に関する一考察

    山田健太郎, 湊真一, 番原睦則

    日本ソフトウェア科学会第37回大会  2020年9月8日  日本ソフトウェア科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  28. 解集合プログラミングによる様相命題論理Kの充足可能性判定

    飯野有軌, 田村直之, 宋剛秀, 番原睦則, 井上克巳

    2020年度人工知能学会全国大会(第34回)  2020年6月10日  人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.11517/pjsai.JSAI2020.0_2N5OS17b05

  29. CEGARと反例の共有を用いたSAT型CSPソルバーの並列化方法の考察

    宋剛秀, 鍋島英知, 番原睦則, 田村直之, 井上克巳

    人工知能基本問題研究会(第112回)  2020年3月8日  人工知能学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 正規制約に対するSAT符号化手法の提案と評価

    生田哲也, 田村直之, 宋剛秀, 番原睦則

    第22回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. 解集合ソルバーを用いた様相命題論理の充足可能性判定

    飯野有軌, 田村直之, 宋剛秀, 番原睦則, 井上克巳

    第22回プログラミングおよびプログラミング言語ワークショップ (PPL 2020) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. A SAT-based CSP Solver sCOP and its Results on 2018 XCSP3 Competition 国際共著

    Takehide Soh, Daniel Le Berre, Mutsunori Banbara, and Naoyuki Tamura

    2019年6月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    DOI: 10.11517/pjsai.JSAI2019.0_1E2OS3a03

  33. 解集合プログラミングによるカリキュラムベース・コース時間割編成 招待有り

    番原睦則

    第29回RAMPシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  34. SAT から解集合プログラミングへ 招待有り

    番原睦則

    2017年度人工知能学会全国大会(第31回) オーガナイズドセッション「OS-2 SAT技術の理論,実装,応用」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  35. SAT ソルバーの進歩 招待有り

    番原睦則

    2017年電子情報通信学会総合大会 依頼シンポジウムセッション「組合せ最適化問題の発見的手法とそのVLSI CADへの応用」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  36. University Course Timetabling with Answer Set Programming 招待有り 国際会議

    Mutsunori Banbara

    The 3rd Workshop on Hybrid Reasoning for Intelligent Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ドイツ連邦共和国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 22

  1. SAT 技術を用いた組合せ遷移問題の解法に関する研究

    研究課題番号:23FP04  2023年4月 - 2024年3月

    国立情報学研究所  国立情報学研究所共同研究  自由提案公募型

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. 数理最適化手法を取り入れた新しい SAT 解法 国際共著

    研究課題番号:22FP01  2022年4月 - 2023年3月

    国立情報学研究所  国立情報学研究所共同研究  自由提案公募型

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 組合せデザイン問題を解くためのSAT型制約充足ソルバーの研究開発

    研究課題番号:21FP02  2021年4月 - 2022年3月

    国立情報学研究所共同研究  自由提案公募型

    盧暁南

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 巨大な制約充足問題を解くためのSAT型CSPソルバーの研究開発

    2020年4月 - 2021年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    鍋島 英知

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. SAT技術を用いた非同期なオートマタネットワークにおけるアトラクタの計算 国際共著

    2019年8月 - 2022年3月

    JSPS 二国間交流事業(共同研究) フランスとの共同研究(MEAE-MESRI) SAKURAプログラム 

    宋剛秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  6. 複数の制約モデリングとSAT符号化を用いた新しいSAT型並列CSPソルバーの研究開発

    2019年4月 - 2020年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    宋剛秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  7. 背景理論付き解集合プログラミングに関する研究開発

    2018年4月 - 2019年3月

    国立情報学研究所共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. レジリエントAIに関するフィージビルティスタディ

    2018年4月 - 2019年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    沖本天太

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  9. 解集合プログラミングにおける多目的最適化

    2017年4月 - 2018年3月

    国立情報学研究所共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  10. 解集合プログラミングによるシステム検証

    2015年4月 - 2016年3月

    国立情報学研究所共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  11. クラウド上のソフトウェア最適配置問題の解法

    2015年4月 - 2016年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    田村直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  12. SAT技術を用いた教育機関のための高速な時間割システムの実現

    2014年4月 - 2015年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    宋剛秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  13. インクリメンタル解法を用いた高性能かつ高機能な制約ASPソルバーに関する研究

    2013年4月 - 2014年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    宋剛秀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  14. SAT技術を用いた制約解集合プログラミングに関する研究

    2011年4月 - 2013年3月

    国立情報学研究所共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  15. 新しいSAT符号化法, 新しいSATソルバー, 及び求解困難な問題への応用に関する研究

    2010年4月 - 2011年3月

    国立情報学研究所共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  16. SAT変換技術の拡張による求解困難な制約最適化問題の解法に関する研究

    2009年4月 - 2010年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    田村直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  17. 求解困難な制約最適化問題のSAT変換による解決に関する研究

    2008年4月 - 2009年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    田村直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  18. 補題再利用による効率的な分散・協調SATシステムの構築に関する研究

    2007年4月 - 2008年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    鍋島英知

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  19. 補題再利用による効率的な分散・協調SATシステムの構築に関する研究

    2006年4月 - 2007年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    鍋島英知

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  20. 分散協調SATアルゴリズムの設計と実現に関する研究

    2005年4月 - 2006年3月

    国立情報学研究所共同研究 

    井上克巳

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  21. Javaによる分散協調制約解消システム

    2003年4月 - 2004年3月

    情報処理推進機構(IPA)未踏ソフトウェア創造事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  22. Javaによる異種協調制約解消システムの開発

    2002年4月 - 2003年3月

    情報処理推進機構(IPA)未踏ソフトウェア創造事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 15

  1. 制約充足問題に対する新しいSAT解法技術の研究開発

    研究課題/研究課題番号:22K11973  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    田村 直之, 宋 剛秀, 番原 睦則

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    制約充足問題 (以下,CSP)は複数の条件(制約)の組合せからなる問題であり,制約ソルバーは与えられたCSPの解を探索するシステムである.制約プログラミングシステムは,処理系に制約ソルバーを組込むことで,解法プログラムを記述することなく高度な問題解決を可能にする宣言的プログラミングシステムの一種である.
    <BR>
    一方,命題論理の充足可能性問題 (以下,SAT)を解くSATソルバーの性能は2000年以降に飛躍的に向上し,これまでは到底不可能だと思われていた規模の問題を解くことができるようになった.
    <BR>
    本研究では,SAT技術を活用した高性能な制約ソルバーの実現を目指す.

  2. SAT技術に基づく系統的探索と確率的探索の統合的技法の研究開発 国際共著

    研究課題/研究課題番号:21K11828  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    番原 睦則, 田村 直之, 宋 剛秀

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    命題論理の充足可能性判定(SAT) 技術を用いて系統的探索と確率的局所探索を統合的かつ効率的に扱うアルゴリズム技法,およびソルバーの研究開発を進める.また,電力網問題・時間割問題等,社会的に重要な応用研究を通じて,SAT 技術の特長を活かした技法の利点・有効性・実用性を明らかにする.

  3. 離散構造処理系に基づく列挙と最適化の統合的技法の研究

    2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    湊真一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  4. 大規模離散構造の理解と革新的アルゴリズム基盤の創出

    研究課題/研究課題番号:20H05964  2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  学術変革領域研究(A)

    堀山貴史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 先進的な知識表現および推論技術を基盤とした多目的最適化ソルバーの研究開発 国際共著

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  6. SATを基盤とした新しい制約プログラミングシステムの研究開発 国際共著

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    田村直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  7. SAT符号化を用いた制約解集合プログラミングに関する研究開発 国際共著

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  8. 命題論理の推論技術を用いた高性能かつ柔軟な制約プログラミングシステムの実現 国際共著

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    田村直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  9. 様々な論理推論エンジンを用いた組み合わせテストのテストケース自動生成

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  10. 制約最適化問題のSAT変換による解法とその並列分散処理に関する研究 国際共著

    2008年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    田村直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  11. Prolog処理系を用いた複数SATソルバ並列実行システム

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  12. グリッド計算環境上で動作する並列制約解消システムに関する研究

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    田村直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  13. Javaによる次世代Prolog言語処理系及びそのアプリケーションの開発

    2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  14. 線形論理の自動演繹システムに関する研究

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    田村直之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  15. 資源と時間の論理に基づいたプログラミング言語の設計と処理系の構築

    1999年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 10

  1. 知識表現・推論特論2

    2020

  2. 知識表現・推論特論1

    2020

  3. 計算論基礎特論B

    2020

  4. 最適化2

    2020

  5. 最適化1

    2020

  6. 基礎セミナーA

    2020

  7. 計算論基礎特論B

    2019

  8. 最適化2

    2019

  9. 最適化1

    2019

  10. 基礎セミナーA

    2019

▼全件表示