2021/03/27 更新

写真a

シバタ マサヒロ
柴田 雅央
SHIBATA Masahiro
所属
医学部附属病院 乳腺・内分泌外科 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 2

  1. 学士 ( 2005年3月   名古屋大学 ) 

  2. 博士(医学) ( 2018年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 1

  1. 乳癌、甲状腺癌、副腎腫瘍、副甲状腺、上皮小体、バイオマーカー、

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 外科学一般、小児外科学  / 乳腺・内分泌外科分野

経歴 8

  1. 名古屋大学   乳腺・内分泌外科   助教

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学医学部附属病院   乳腺・内分泌外科   病院助教

    2018年10月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. Johns Hopkins University   Department of Otolaryngology   Postdoctoral Fellow

    2016年10月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部附属病院   乳腺・内分泌外科   医員

    2015年1月 - 2016年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 独立行政法人国立病院機構豊橋医療センター   外科   医師

    2014年4月 - 2014年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 藤田保健衛生大学   内分泌外科   助教授

    2012年1月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 市立四日市病院   外科   医師

    2007年4月 - 2011年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 市立四日市病院   研修医

    2005年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   移植・内分泌外科学

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    1999年4月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 11

  1. 日本外科学会

  2. 日本乳癌学会

  3. 日本乳癌検診学会

  4. 日本内分泌外科学会

  5. 日本内分泌学会

  6. 日本乳腺甲状腺超音波医学会

  7. 日本甲状腺学会

  8. 日本がん治療学会

  9. 日本内視鏡外科学会

  10. 日本東洋医学会

  11. 日本臨床外科学会

▼全件表示

 

論文 29

  1. A time for YAP1: Tumorigenesis, immunosuppression and targeted therapy.

    Shibata M, Ham K, Hoque MO

    International journal of cancer   143 巻 ( 9 ) 頁: 2133-2144   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.31561

    PubMed

  2. Targeting Cancer Stem Cells: A Strategy for Effective Eradication of Cancer.

    Shibata M, Hoque MO

    Cancers   11 巻 ( 5 )   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/cancers11050732

    PubMed

  3. RASEF expression correlates with hormone receptor status in breast cancer

    Shibata M.

    Oncology Letters   16 巻 ( 6 ) 頁: 7223-7230   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2018.9542

    Scopus

  4. Development of biomarkers for real precision medicine.

    Shibata M, Hoque MO

    Translational lung cancer research   7 巻 ( Suppl 3 ) 頁: S228-S231   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21037/tlcr.2018.08.07

    PubMed

  5. Pattern-Specific Transcriptomics Identifies ASGR2 as a Predictor of Hematogenous Recurrence of Gastric Cancer

    Tanaka Haruyoshi, Kanda Mitsuro, Miwa Takashi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Umeda Shinichi, Shibata Masahiro, Suenaga Masaya, Hattori Norifumi, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    MOLECULAR CANCER RESEARCH   16 巻 ( 9 ) 頁: 1420-1429   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1541-7786.MCR-17-0467

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Feasibility of dose-dense epirubicin and cyclophosphamide with subcutaneous pegfilgrastim 3.6 mg support: a single-center prospective study in Japan

    Morita Sachi, Kikumori Toyone, Tsunoda Nobuyuki, Inaishi Takahiro, Adachi Yayoi, Ota Akiko, Shibata Masahiro, Matsuoka Ayumu, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Mizutani Takefumi, Shimokata Tomoya, Hayashi Hironori, Maeda Osamu, Ando Yuichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY   23 巻 ( 1 ) 頁: 195-200   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10147-017-1177-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Obesity does not affect peri- and postoperative outcomes of transabdominal laparoscopic adrenalectomy

    Inaishi Takahiro, Kikumori Toyone, Takeuchi Dai, Ishihara Hiromasa, Miyajima Noriyuki, Shibata Masahiro, Takano Yuko, Nakanishi Kenichi, Noda Sumiyo, Kodera Yasuhiro

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   80 巻 ( 1 ) 頁: 21-28   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.1.21

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. Synchronous bilateral pheochromocytomas and paraganglioma with novel germline mutation in MAX: a case report

    Shibata Masahiro, Inaishi Takahiro, Miyajima Noriyuki, Adachi Yayoi, Takano Yuko, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Noda Sumiyo, Aita Yuichi, Takekoshi Kazuhiro, Kodera Yasuhiro, Kikumori Toyone

    SURGICAL CASE REPORTS   3 巻 ( 1 ) 頁: 131   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-017-0408-x

    Web of Science

    PubMed

  9. Overexpression of Derlin 3 is associated with malignant phenotype of breast cancer cells

    Shibata Masahiro, Kanda Mitsuro, Tanaka Haruyoshi, Umeda Shinichi, Miwa Takashi, Shimizu Dai, Hayashi Masamichi, Inaishi Takahiro, Miyajima Noriyuki, Adachi Yayoi, Takano Yuko, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Noda Sumiyo, Kodera Yasuhiro, Kikumori Toyone

    ONCOLOGY REPORTS   38 巻 ( 3 ) 頁: 1760-1766   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/or.2017.5800

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Expression of regulatory factor X1 can predict the prognosis of breast cancer

    Shibata Masahiro, Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Tanaka Haruyoshi, Umeda Shinichi, Hayashi Masamichi, Inaishi Takahiro, Miyajima Noriyuki, Adachi Yayoi, Takano Yuko, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Noda Sumiyo, Kodera Yasuhiro, Kikumori Toyone

    ONCOLOGY LETTERS   13 巻 ( 6 ) 頁: 4334-4340   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2017.6005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. The protein arginine methyltransferase 5 promotes malignant phenotype of hepatocellular carcinoma cells and is associated with adverse patient outcomes after curative hepatectomy

    Shimizu Dai, Kanda Mitsuro, Sugimoto Hiroyuki, Shibata Masahiro, Tanaka Haruyoshi, Takami Hideki, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Fujii Tsutomu, Kodera Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   50 巻 ( 2 ) 頁: 381-386   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2017.3833

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. MZB1 expression indicates poor prognosis in estrogen receptor-positive breast cancer.

    Watanabe M, Shibata M, Inaishi T, Ichikawa T, Soeda I, Miyajima N, Takano Y, Takeuchi D, Tsunoda N, Kanda M, Kikumori T, Kodera Y, Nagino M

    Oncology letters   20 巻 ( 5 ) 頁: 198   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ol.2020.12059

    Scopus

    PubMed

  13. Concurrent Targeting of Potential Cancer Stem Cells Regulating Pathways Sensitizes Lung Adenocarcinoma to Standard Chemotherapy.

    Shibata M, Ooki A, Inokawa Y, Sadhukhan P, Ugurlu MT, Izumchenko E, Munari E, Bogina G, Rudin CM, Gabrielson E, Singh A, Hoque MO

    Molecular cancer therapeutics     2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1535-7163.MCT-20-0024

    PubMed

  14. Clinical outcomes of neoadjuvant chemotherapy for patients with breast cancer: Tri-weekly nanoparticle albumin-bound paclitaxel followed by 5-fluorouracil, epirubicin, and cyclophosphamide: a retrospective observational study

    Shizuku Masato, Shibata Masahiro, Shimizu Yoshimi, Takeuchi Dai, Mizuno Yutaka

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 457-467   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.82.3.457

    Web of Science

    Scopus

  15. Measurement of the AST to LD ratio in parathyroid tissue suspension can precisely differentiate a hyperfunctioning parathyroid.

    Kikumori T, Ichikawa T, Inaishi T, Miyajima N, Shibata M, Takeuchi D

    The Journal of clinical endocrinology and metabolism     2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/clinem/dgaa264

    PubMed

  16. Utility of urinary type I collagen cross-linked N-telopeptide as a prognostic indicator in breast cancer patients with bone metastases.

    Shizuku M, Shibata M, Okumura M, Takeuchi D, Kikumori T, Mizuno Y

    Breast cancer (Tokyo, Japan)     2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12282-020-01109-9

    PubMed

  17. Robust, quick, and convenient intraoperative method to differentiate parathyroid tissue.

    Kikumori T, Inaishi T, Miyajima N, Shibata M, Takeuchi D

    Surgery   167 巻 ( 2 ) 頁: 385-389   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surg.2019.09.025

    Scopus

    PubMed

  18. 甲状腺微小乳頭癌に対する非手術経過観察症例の検討

    石原 博雅, 稲石 貴弘, 宮嶋 則行, 柴田 雅央, 高野 悠子, 武内 大, 菊森 豊根

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   36 巻 ( 4 ) 頁: 231-234   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>1cm以下の超低リスク甲状腺微小乳頭癌(以下,PMC)に対しては手術を行わず経過観察を行ったとしてもほぼ問題なく,たとえ経過観察中に腫瘍が増大しても手術療法に切り替えれば予後は良好であることが報告されている。今回,当院における甲状腺乳頭癌に対する非手術経過観察症例について検討した。経過観察中に新たにリンパ節転移や遠隔転移を認めたものはなく,全例生存中であり,87.8%の症例で腫瘍径に変化はなく,7.3%の症例で縮小傾向を示した。これらの所見は既報と一致しており,PMCを非手術経過観察とすることは治療選択肢の一つとして妥当なものと考えられた。</p>

    DOI: 10.11226/jaesjsts.36.4_231

    CiNii Article

  19. Epigenetic suppression of the immunoregulator MZB1 is associated with the malignant phenotype of gastric cancer

    Kanda Mitsuro, Tanaka Chie, Kobayashi Daisuke, Tanaka Haruyoshi, Shimizu Dai, Shibata Masahiro, Takami Hideki, Hayashi Masamichi, Iwata Naoki, Niwa Yukiko, Yamada Suguru, Fujii Tsutomu, Nakayama Goro, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER   139 巻 ( 10 ) 頁: 2290-2298   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.30286

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Protein arginine methyltransferase 5 is associated with malignant phenotype and peritoneal metastasis in gastric cancer

    Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Fujii Tsutomu, Tanaka Haruyoshi, Shibata Masahiro, Iwata Naoki, Hayashi Masamichi, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY   49 巻 ( 3 ) 頁: 1195-1202   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2016.3584

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. Neurotrophin Receptor-Interacting Melanoma Antigen-Encoding Gene Homolog is Associated with Malignant Phenotype of Gastric Cancer

    Kanda Mitsuro, Shimizu Dai, Fujii Tsutomu, Tanaka Haruyoshi, Tanaka Yuri, Ezaka Kazuhiro, Shibata Masahiro, Takami Hideki, Hashimoto Ryoji, Sueoka Satoshi, Iwata Naoki, Kobayashi Daisuke, Tanaka Chie, Yamada Suguru, Nakayama Goro, Sugimoto Hiroyuki, Koike Masahiko, Fujiwara Michitaka, Kodera Yasuhiro

    ANNALS OF SURGICAL ONCOLOGY   23 巻 ( Suppl 4 ) 頁: 532-539   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1245/s10434-016-5375-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. Metastatic pathway-specific transcriptome analysis identifies MFSD4 as a putative tumor suppressor and biomarker for hepatic metastasis in patients with gastric cancer.

    Kanda M, Shimizu D, Tanaka H, Shibata M, Iwata N, Hayashi M, Kobayashi D, Tanaka C, Yamada S, Fujii T, Nakayama G, Sugimoto H, Koike M, Fujiwara M, Kodera Y

    Oncotarget   7 巻 ( 12 ) 頁: 13667-79   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.7269

    Scopus

    PubMed

  23. 副腎皮質癌

    柴田 雅央, 稲石 貴弘, 宮嶋 則行, 安立 弥生, 大西 英二, 武内 大, 中西 賢一, 林 裕倫, 菊森 豊根

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   33 巻 ( 1 ) 頁: 36-40   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    副腎皮質癌は,副腎皮質に発生する稀な悪性腫瘍で,その予後は不良である。機能性腫瘍の場合,Cushing徴候や男性化徴候,尿中17-KS・血中DHEA-S値の上昇は副腎皮質癌を疑う所見である。一方,約30%は非機能性のため自覚症状が乏しいこともある。画像検査ではPET-CTの有用性が報告されているが,偽陽性があり確実な診断は難しい。術中は,腫瘍の治癒切除の可否が重要な予後規定因子となることに留意しなければいけない。副腎皮質癌は腫瘍径が大きいことが多く,隣接する臓器へ浸潤をきたす腫瘍では他科と連携をとって手術に臨むことが必要となる。開胸開腹アプローチは良好な視野を確保するのに有用である。術後管理は,通常の副腎腫瘍摘出後に準じて行う。副腎皮質癌は治癒切除後であっても再発リスクが高い。腫瘍径が大きい・他臓器への浸潤を認める・リンパ節転移陽性・Ki-67標識率>10%・腫瘍の遺残が疑われるような症例では術後ミトタンによる薬物療法や放射線照射を考慮する。

    DOI: 10.11226/jaesjsts.33.1_36

    CiNii Article

  24. Unmasked renal impairment and prolonged hyperkalemia after unilateral adrenalectomy for primary aldosteronism coexisting with primary hyperparathyroidism: report of a case.

    Hibi Y, Hayakawa N, Hasegawa M, Ogawa K, Shimizu Y, Shibata M, Kagawa C, Mizuno Y, Yuzawa Y, Itoh M, Iwase K

    Surgery today   45 巻 ( 2 ) 頁: 241-6   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-013-0813-0

    PubMed

  25. Postoperative elevation of CA15-3 due to pernicious anemia in a patient without evidence of breast cancer recurrence

    Adachi Yayoi, Kikumori Toyone, Miyajima Noriyuki, Inaishi Takahiro, Onishi Eiji, Shibata Masahiro, Nakanishi Kenichi, Takeuchi Dai, Hayashi Hironori, Kodera Yasuhiro

    SURGICAL CASE REPORTS   1 巻 ( 1 ) 頁: 126   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40792-015-0128-z

    Web of Science

    PubMed

  26. 副腎腫瘍との鑑別が困難であった後腹膜気管支囊胞の1例

    柴田 雅央, 武内 大, 中西 賢一, 林 裕倫, 菊森 豊根

    日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌   32 巻 ( 3 ) 頁: 201-204   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    気管支囊胞は胎生期に気管支原基が異所性組織に迷入することにより発生する。縦隔に生じることが多いが,稀に腹腔・後腹膜・食道・皮膚・頸部・横隔膜・胃に生じることがある。今回,当初は副腎腫瘍と思われ手術を施行し,術後病理検査にて後腹膜気管支囊胞と診断された症例を報告する。症例は44歳女性。左副腎腫瘍疑いにて紹介受診。左副腎に接して8.6×5.1cm大の内部均一・境界明瞭な腫瘤を認めた。内分泌学的検査では異常を認めなかったが,悪性病変の可能性が否定できないことから手術を施行した。被膜損傷による腫瘤内成分の播種の可能性を懸念し,開腹にて手術を施行した。腫瘤は周囲臓器への浸潤を認めず副腎とも容易に剝離することができたため副腎は温存し腫瘤のみ切除した。術後病理検査にて気管支囊胞と診断された。後腹膜気管支囊胞は稀な疾患であり,副腎と接している際には副腎腫瘍との鑑別が困難なことがあり留意が必要である。

    DOI: 10.11226/jaesjsts.32.3_201

    CiNii Article

  27. Pheochromocytoma as the first manifestation of MEN2A with RET mutation S891A: report of a case.

    Hibi Y, Ohye T, Ogawa K, Shimizu Y, Shibata M, Kagawa C, Mizuno Y, Uchino S, Kosugi S, Kurahashi H, Iwase K

    Surgery today   44 巻 ( 11 ) 頁: 2195-200   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00595-013-0826-8

    PubMed

  28. A MEN2A family with two asymptomatic carriers affected by unilateral renal agenesis.

    Hibi Y, Ohye T, Ogawa K, Shimizu Y, Shibata M, Kagawa C, Mizuno Y, Kurahashi H, Iwase K

    Endocrine journal   61 巻 ( 1 ) 頁: 19-23   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  29. Increased protein kinase A type Iα regulatory subunit expression in parathyroid gland adenomas of patients with primary hyperparathyroidism.

      60 巻 ( 2 ) 頁: 215-23   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 内分泌・代謝

    2020

  2. ポリクリセミナー(第2外科 乳腺・内分泌外科グループ)

    2018

     詳細を見る

    2週間に1回、各ポリクリグループの学生を対象に、乳腺・内分泌外科疾患に関する講義と頸部エコーや細胞診のハンズオンを行っている。