2021/04/13 更新

写真a

カサイ タクヤ
笠井 拓哉
KASAI Takuya
所属
名古屋大学 未来材料・システム研究所 システム創成部門 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(生命科学) ( 2018年3月   東京薬科大学 ) 

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 応用微生物学

  2. ライフサイエンス / 分子生物学

経歴 3

  1. 名古屋大学   未来材料・システム研究所 システム創成部門   助教

    2018年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 東京薬科大学生命科学部

    2018年4月 - 2018年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 日本学術振興会特別研究員 DC2

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 3

  1. 東京薬科大学   生命科学研究科

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京薬科大学   生命科学研究科

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 東京薬科大学   生命科学部   環境ゲノム学科

    2009年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本農芸化学会

  2. 日本水環境学会

  3. 環境バイオテクノロジー学会

  4. 日本生物工学会

受賞 1

  1. 環境バイオテクノロジー学会2015年度大会 優秀ポスター賞

    2015年6月   環境バイオテクノロジー学会   細胞外電子伝達系遺伝子のプロモーター領域の同定と転写応答機構の解析

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 15

  1. Promotion of biological nitrogen fixation activity of an anaerobic consortium using humin as an extracellular electron mediator 査読有り

    Sujan Dey, Takanori Awata, Jumpei Mitsushita, Dongdong Zhang, Takuya Kasai, Norihisa Matsuura, Arata Katayama

    Scientific Reports   11 巻   頁: 6567   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-85955-3

  2. Humin: No longer inactive natural organic matter 査読有り

    Duyen Minh Pham, Takuya Kasai, Mirai Yamaura, Arata Katayama

    Chemosphere   269 巻 ( 1286972 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.chemosphere.2020.128697

  3. Humin Assists Reductive Acetogenesis in Absence of Other External Electron Donor 査読有り

    Mahasweta Laskar, Takuya Kasai, Takanori Awata, Arata Katayama

    International Journal of Environmental Research and Public Health   17 巻 ( 12 ) 頁: 4211   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph17124211

  4. Anaerobic Dechlorination by a Humin-Dependent Pentachlorophenol-Dechlorinating Consortium under Autotrophic Conditions Induced by Homoacetogenesis. 査読有り

    Mahasweta Laskar, Takanori Awata, Takuya Kasai, Arata Katayama

    International Journal of Environmental Research and Public Health   16 巻 ( 16 )   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijerph16162873

    PubMed

  5. Overexpression of the adenylate cyclase gene cyaC facilitates current generation by Shewanella oneidensis in bioelectrochemical systems 査読有り

    Takuya Kasai, Yuki Tomioka, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe

    Bioelectrochemistry   129 巻   頁: 100-105   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bioelechem.2019.05.010

    PubMed

  6. Understanding and engineering electrochemically active bacteria for sustainable biotechnology 査読有り

    Atsumi Hirose, Takuya Kasai, Ryota Koga, Yusuke Suzuki, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe

    Bioresources and Bioprocessing   6 巻 ( 10 )   2019年3月

     詳細を見る

  7. Roles of D-lactate dehydrogenases in the anaerobic growth of Shewanella oneidensis MR-1 on sugars 査読有り

    Takuya Kasai, Yusuke Suzuki, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe

    Applied and Environmental Microbiology   85 巻 ( 3 ) 頁: e02668-18   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.02668-18

    PubMed

  8. Electrochemically active bacteria sense electrode potentials for regulating catabolic pathways 査読有り

    Atsushi Hirose, Takuya Kasai, Motohide Aoki, Tomonari Umemura, Kazuya Watanabe, Atsushi Kouzuma

    Nature communications   9 巻 ( 1 ) 頁: 1083   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-03416-4

    PubMed

  9. CpdA is involved in amino acid metabolism in Shewanella oneidensis MR-1 査読有り

    Takuya Kasai, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   82 巻 ( 1 ) 頁: 166-172   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/09168451.2017.1413326

    PubMed

  10. Structures, Compositions, and Activities of Live Shewanella Biofilms Formed on Graphite Electrodes in Electrochemical Flow Cells 査読有り

    Miho Kitayama, Ryota Koga, Takuya Kasai, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe

    Applied and Environmental Microbiology   83 巻 ( 17 ) 頁: e00903-17   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.00903-17

    PubMed

  11. CRP Regulates D-Lactate Oxidation in Shewanella oneidensis MR-1 査読有り

    Kasai T, Kouzuma A, Watanabe K

    Takuya Kasai, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe   8 巻   頁: 869   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2017.00869

    PubMed

  12. Metabolic characteristics of a glucose-utilizing Shewanella oneidensis strain grown under electrode-respiring conditions 査読有り

    Gen Nakagawa, Atsushi Kouzuma, Atsumi Hirose, Takuya Kasai, Gen Yoshida, Kazuya Watanabe

    PLOS ONE   10 巻 ( 9 ) 頁: e0138813   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0138813

  13. Catabolic and regulatory systems in Shewanella oneidensis MR-1 involved in electricity generation in microbial fuel cells 査読有り

    Atsushi Kouzuma, Takuya Kasai, Atsumi Hirose, Kazuya Watanabe

    Frontiers in Microbiology   6 巻   頁: 609   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3389/fmicb.2015.00609.

  14. Transcriptional mechanisms for differential expression of outer membrane cytochrome genes omcA and mtrC in Shewanella oneidensis MR-1 査読有り

    Takuya Kasai, Atsushi Kouzuma, Hideaki Nojiri, Kazuya Watanabe

    BMC Microbiology   15 巻   頁: 68   2015年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12866-015-0406-8

  15. Comparative metagenomics of anode-associated microbiomes developed in rice paddy-field microbial fuel cells. 査読有り

    Atsushi Kouzuma, Takuya Kasai, Gen Nakagawa, Ayaka Yamamuro, Takashi Abe, Kazuya Watanabe

    PLOS ONE   8 巻 ( 11 ) 頁: e77443   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0077443

▼全件表示

MISC 2

  1. ニトロゲナーゼが次世代農業の救世主? 査読有り

    笠井拓哉  

    生物工学会誌97 巻 ( 11 ) 頁: 664   2019年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. Shewanella における嫌気呼吸鎖の制御機構 査読有り

    笠井拓哉、廣瀬篤弥、高妻篤史、渡邉一哉  

    環境バイオテ クノロジー学会誌18 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等 27

  1. Alternate functionality of humin, a solid-phase humic substance, as extracellular electron mediator in carbon dioxide-reducing acetogenesis 国際会議

    Arata Katayama, Mahasweta Laskar, Biec Nhu Ha, Duyen Minh Pham, Takuya Kasai

    American Chemical Society, Spring 2021 meeting  2021年4月9日  American Chemical Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  2. Promotion of nitrogen-fixation activity of diverse heterotrophic diazotrophs by supplying extracellular electrons from humin, a solid-phase humic substance

    Dey Sujan, Takuya Kasai, Arata Katayama

    2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:日本国  

  3. 固体腐植物質による生物学的二酸化炭素資源化反応の促進

    笠井 拓哉,ラスカー マハシュウェタ,片山 新太

    日本農芸化学会2021年度仙台大会  2021年3月21日  公益社団日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. How do solid-phase humic substances (humin) serve as extracellular electron mediator in multiple anaerobic microbial reactions?

    Pham Minh Duyen,Kasai Takuya,Katayama Arata

    日本農芸化学会2021年度仙台大会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:日本国  

  5. romotion of Biological Nitrogen Fixation Using Extracellular Electron Mediator –Humin 国際会議

    Sujan De, Takuya Kasai, Jumpei Mitsushita, Takanori Awata, Arata Katayama

    WET2020-online Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online   国名:日本国  

  6. 固体腐植ヒューミンによる生物学的 CO2 固定・資源化反 応の促進

    笠井拓哉、ラスカー マハスウェタ、粟田貴宣、 片山新太

    日本農芸化学会2020年度福岡大会  公益社団日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡県福岡市   国名:日本国  

  7. Promotion of nitrogen fixing activity of anaerobic consortium using humin 国際会議

    T Awata, J Mitsushita, T Kasai, N Matsuura, A Katayama

    8th IWA Microbial Ecology and Water Engineering Specialist Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hiroshima, Japan   国名:日本国  

  8. Extracellular electron transfer mechanisms in Shewanella oneidensis

    Takuya Kasai, Takehito Noto and Arata Katayama

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  9. Promotion of biological nitrogen fixation with solid-phase humin 国際会議

    Takuya Kasai, Sujan Dey, Jumpei Mitsushita, Takanori Awata, Arata Katayama

    ISMET7 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. Humin Functions as the Electron Donor in Reductive Acetogenesis 国際会議

    Mahasweta LASKAR, Takuya KASAI, Takanori AWATA, Arata KATAYAMA

    ISMET7 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  11. Humin, insoluble humic substances, as the external electron donor for multiple microbial reducing reactions 国際会議

    KATAYAMA Arata, PHAM Minh Duyen, KASAI Takuya

    ISMET7 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  12. Cyclic AMP合成促進によるShewanella oneidensisの電流生成能力の向上

    富岡優樹、笠井拓哉、高妻篤史、渡邉一哉

    環境バイオテクノロジー学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪府吹田市   国名:日本国  

  13. ペンタクロロフェノールの微生物分解を促進する固体腐 植物質の特徴

    笠井拓哉, ファムデュエンミン, 章春芳, 片山新太

    日本農芸化学会2019年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. Characterization of solid-phase humin as external electron mediator for anaerobic reducing reactions of microorganisms 国際会議

    Takuya Kasai, Duyen Minh Pham, Yasushi Miyata, Shozo Ohta, Arata Katayama

    15th International symposium on persistent toxic substances 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:スイス連邦  

  15. Shewanella oneidensisのCRP/cAMP制御系における 電流生成能力の制御機構の解析 国際会議

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    東京薬科大学生命科学部25周年記念シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. Shewanella属細菌の嫌気呼吸を制御するシグナル伝達機構の解明

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    日本農芸化学会2018年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. CRP coordinately regulates D-lactate oxidation and extracellular electron transfer in Shewanella oneidensis MR-1 国際会議

    Takuya Kasai, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe

    the 6th international meeting on microbial electrochemistry and technologies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ポルトガル共和国  

  18. Shewanella属細菌におけるcAMP加水分解酵素CpdAの新規機能の解析

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    第69回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. Shewanella oneidensis MR-1株におけるD-乳酸代謝系の発現制御機構

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    環境微生物系学会合同大会2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. Shewanella oneidensis MR-1株におけるCRP依存的D-乳酸代謝制御機構

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    日本農芸化学会2017年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. Shewanella属細菌において新たに発見されたCRP/cAMP制御系の生理機能とその制御機構の解明

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    第68回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. Shewanella oneidensis MR-1株における異化代謝系遺伝子のcAMP依存的転写応答

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    日本農芸化学会2016年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. Transcriptional regulation of outer membrane cytochrome genes omcA and mtrC by two CRP-dependent promoters in Shewanella oneidensis MR-1 国際会議

    Takuya Kasai, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe

    the 5th international meeting on microbial electrochemistry and technologies 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  24. 細胞外電子伝達系遺伝子のプロモーター領域の同定と転写応答機構の解析

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    環境バイオテクノロジー学会2015年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 細胞外電子伝達系シトクロム遺伝子の転写活性化因子の同定

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    日本農芸化学会2014年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. Differential transcriptional regulation of outer-membrane cytochrome genes in Shewanella oneidensis MR-1 国際会議

    Takuya Kasai, Atsushi Kouzuma, Kazuya Watanabe

    5th congress of European microbiologists 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:ドイツ連邦共和国  

  27. 細胞外電子伝達に関与する外膜シトクロム遺伝子の発現制御機構の解析

    笠井拓哉, 高妻篤史, 渡邉一哉

    日本農芸化学会2013年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 温暖化ガス固定化のための生物電気化学システム

    2020年4月 - 2021年3月

    公益財団岩谷直治記念財団 岩谷科学技術研究助成  岩谷科学技術研究助

    片山新太、笠井拓哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. 化学物質の還元反応に寄与する異種微生物間の固体腐植を介した細胞外電子伝達機構の解明

    2019年4月 - 2021年3月

    公益財団法人発酵研究所 平成31年度大型研究助成  公益財団法人発酵研究所平成31年度(2019年度)大型研究助成

    片山新太、笠井拓哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  3. 生物窒素固定を促進する細胞外電子伝達を担う固体腐植様物質の構造解明

    2019年1月 - 2019年12月

    公益財団法人JFE21世紀財団 技術研究助成地球環境・地球温暖化防止技術研究 

    片山新太、笠井拓哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

科研費 3

  1. 固体腐植の細胞外電子供与を利用する酢酸生成微生物の新規な二酸化炭素固定化機構

    研究課題/研究課題番号:20H04363  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    片山新太、笠井拓哉

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  2. 環境微生物の未知細胞外電子伝達系を介した固体腐植物質還元メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:20K15431  2020年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  若手研究

    笠井拓哉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  3. Shewanella属細菌の嫌気呼吸を制御するシグナル伝達機構の解明

    研究課題/研究課題番号:16J08653  2016年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

    笠井拓哉

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1300000円 ( 直接経費:1300000円 )

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 環境土木工学実習

    2020

  2. 環境土木工学実習

    2019

  3. 環境土木工学実習

    2018