2021/03/26 更新

写真a

アカツカ ヨシキ
赤塚 美樹
AKATSUKA Yoshiki
所属
大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 特任研究部門 特任教授
職名
特任教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(医学) ( 1995年4月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 遺伝子改変T細胞療法

  2. 免疫療法

  3. 同種造血細胞移植

  4. 腫瘍免疫

研究分野 3

  1. ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学  / 免疫細胞療法

  2. ライフサイエンス / 血液、腫瘍内科学  / 同種造血細胞移植

  3. ライフサイエンス / 免疫学  / 腫瘍免疫

現在の研究課題とSDGs 3

  1. 新規遺伝子改変T細胞の開発

  2. 腫瘍微小環境の免疫学的解析

  3. 同種抗原を標的とした造血器腫瘍に対する免疫療法の開発

経歴 12

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科   分子細胞免疫学分野   特任教授

    2018年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 藤田医科大学医学部   血液内科   客員教授

    2018年8月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 藤田医科大学医学部   血液内科   病院教授

    2014年4月 - 2018年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 愛知県がんセンター研究所   腫瘍免疫学部   客員研究員

    2009年7月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 藤田保健衛生大学   血液内科   准教授

    2009年7月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 愛知県がんセンター研究所   腫瘍免疫学部   室長

    2004年4月 - 2009年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 愛知県がんセンター研究所   腫瘍免疫学部   主任研究員

    2000年7月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. フレッドハッチンソン癌研究所研究   免疫学部門   Research Associate

    1995年4月 - 2000年4月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  9. 名古屋大学医学部   第一内科   研究生

    1992年12月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 癌研究会附属病院   化学療法科   医員

    1991年8月 - 1992年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 名古屋第一赤十字病院   血液内科   医員

    1986年4月 - 1992年7月

  12. 名古屋第一赤十字病院   血液内科   医員

    1986年4月 - 1991年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 香川医科大学   医学部   医学科

    1980年4月 - 1986年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 11

  1. 日本内科学会

  2. 日本血液学会   評議員

  3. 日本がん免疫学会   理事、評議員、広報委員会委員長

  4. 日本輸血細胞治療学会   評議員

  5. 日本免疫学会

  6. 日本癌学会

  7. 日本臨床腫瘍学会

  8. 日本造血幹細胞移植学会   評議員、理事、広報委員会委員長

  9. 血液疾患免疫療法学会   理事長、理事、評議員

  10. American Society of Hematology

  11. Asia Pacific Blood and Marrow Transplantation Group

▼全件表示

委員歴 14

  1. Asian Pacific Blood and Marrow Transplantation Group   Editor-in-Chief  

    2017年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  2. 日本がん免疫学会   理事  

    2017年4月   

  3. 日本がん免疫学会   広報委員長  

    2016年4月   

  4. 日本造血細胞移植学会   広報委員会委員長  

    2016年3月   

  5. 日本輸血・細胞治療学会   評議員  

    2014年4月   

  6. 日本造血細胞移植学会   編集委員会委員長  

    2012年3月 - 2016年3月   

  7. 日本血液疾患免疫療法学会   理事 (2020~理事長)  

    2012年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  8. BLOOD RESEARCH (Journal of Korean Society of Hematology)   Editorial Board Members  

    2011年1月   

  9. 日本癌学会   評議員  

    2010年4月   

  10. 日本造血細胞移植学会   理事  

    2010年3月   

  11. 日本血液疾患免疫療法学会   評議員(運営委員)  

    2009年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  12. 日本がん免疫学会   評議員  

    2007年4月   

  13. 日本血液学会   評議員  

    2004年4月   

  14. 日本造血細胞移植学会   評議員  

    2002年3月   

▼全件表示

受賞 7

  1. 第44回(2019年度)研究助成金(がんに関する基礎研究)

    2019年   公益財団法人愛知県がん研究振興会  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  2. 第42回(平成29年度)研究助成金 (がんに関する基礎研究)

    2017年   公益財団法人 愛知県がん研究振興会  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  3. 清水賞

    2013年   公益信託 日本白血病研究基金   

    赤塚 美樹

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  4. 平成20年度(第41回)がん研究助成

    2008年   財団法人 がん研究振興財団  

  5. 一般研究賞

    2004年   公益信託 日本白血病研究基金  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  6. 第28回(平成15年度)がんその他の悪性新生物研究助成

    2003年   財団法人愛知県がん研究振興会  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  7. 平成12年度(第37回)学術研究助成金

    2002年   大幸財団  

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

▼全件表示

 

論文 87

  1. TCR-Like CAR-T Cells Targeting MHC-Bound Minor Histocompatibility Antigens 招待有り 査読有り 国際誌

    Akatsuka Yoshiki

    FRONTIERS IN IMMUNOLOGY   11 巻   頁: 257 - 257   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Immunology  

    DOI: 10.3389/fimmu.2020.00257

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Construction and molecular characterization of a T-cell receptor-like antibody and CAR-T cells specific for minor histocompatibility antigen HA-1H. 査読有り

    Inaguma Y, Akahori Y, Murayama Y, Shiraishi K, Tsuzuki-Iba S, Endoh A, Tsujikawa J, Demachi-Okamura A, Hiramatsu K, Saji H, Yamamoto Y, Yamamoto N, Nishimura Y, Takahashi T, Kuzushima K, Emi N, Akatsuka Y

    Gene therapy   21 巻   頁: 575-584   2014年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/gt.2014.30

    PubMed

  3. HapMap scanning of novel human minor histocompatibility antigens. 査読有り

    Kamei M, Nannya Y, Torikai H, Kawase T, Taura K, Inamoto Y, Takahashi T, Yazaki M, Morishima S, Tsujimura K, Miyamura K, Ito T, Togari H, Riddell SR, Kodera Y, Morishima Y, Takahashi T, Kuzushima K, Ogawa S, Akatsuka Y

    Blood   113 巻   頁: 5041-5048   2009年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2008-07-171678

    PubMed

  4. Identification of human minor histocompatibility antigens based on genetic association with highly parallel genotyping of pooled DNA. 査読有り

    Kawase T, Nannya Y, Torikai H, Yamamoto G, Onizuka M, Morishima S, Tsujimura K, Miyamura K, Kodera Y, Morishima Y, Takahashi T, Kuzushima K, Ogawa S, Akatsuka Y

    Blood   111 巻   頁: 3286-3294   2008年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2007-10-118950

    PubMed

  5. Alternative splicing due to an intronic SNP in HMSD generates a novel minor histocompatibility antigen. 査読有り

    Kawase T, Akatsuka Y, Torikai H, Morishima S, Oka A, Tsujimura A, Miyazaki M, Tsujimura K, Miyamura K, Ogawa S, Inoko H, Morishima Y, Kodera Y, Kuzushima K, Takahashi T

    Blood   110 巻   頁: 1055-1063   2007年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2007-02-075911

    PubMed

  6. A novel HLA-A*3303-restricted minor histocompatibility antigen encoded by an unconventional open reading frame of human TMSB4Y gene. 査読有り

    Torikai H, Akatsuka Y, Miyazaki M, Warren EH 3rd, Oba T, Tsujimura K, Motoyoshi K, Morishima Y, Kodera Y, Kuzushima K, Takahashi T

    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   173 巻   頁: 7046-7054   2004年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  7. The immunogenicity of a new human minor histocompatibility antigen results from differential antigen processing. 査読有り

    Brickner AG, Warren EH, Caldwell JA, Akatsuka Y, Golovina TN, Zarling AL, Shabanowitz J, Eisenlohr LC, Hunt DF, Engelhard VH, Riddell SR

    The Journal of experimental medicine   193 巻   頁: 195-206   2001年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.193.2.195

    PubMed

  8. A simple method to distinguish residual elotuzumab from monoclonal paraprotein in immunofixation assays for multiple myeloma patients 査読有り

    Chen Shurui, Kiguchi Toru, Nagata Yasuyuki, Tamai Yotaro, Ikeda Takeshi, Kajiya Ryoko, Ono Takaaki, Sugiyama Daisuke, Nishikawa Hiroyoshi, Akatsuka Yoshiki

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY     2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Hematology  

    DOI: 10.1007/s12185-021-03088-9

    Web of Science

    Scopus

  9. Improving TCR affinity on 293T cells 査読有り 国際誌

    Ohta Rieko, Demachi-Okamura Ayako, Akatsuka Yoshiki, Fujiwara Hiroshi, Kuzushima Kiyotaka

    JOURNAL OF IMMUNOLOGICAL METHODS   466 巻   頁: 1 - 8   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jim.2018.11.010

    Web of Science

    PubMed

  10. Frequent structural variations involving programmed death ligands in Epstein-Barr virus-associated lymphomas.

    Leukemia     2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41375-019-0380-5

    PubMed

  11. Comparison of the tube test and column agglutination techniques for anti-A/-B antibody titration in healthy individuals. 査読有り 国際誌

    Matsuura H, Akatsuka Y, Matsuno T, Sugiura Y, Arakawa S, Oikawa S, Yoshida J, Kosugi M, Emi N

    Vox sanguinis   113 巻 ( 8 ) 頁: 787 - 794   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/vox.12713

    PubMed

  12. Rearrangement of VPS13B, a causative gene of Cohen syndrome, in a case of RUNX1–RUNX1T1 leukemia with t(8;12;21) 査読有り 国際誌

    Akihiro Abe, Yukiya Yamamoto, Akira Katsumi, Akinao Okamoto, Masutaka Tokuda, Yoko Inaguma, Kiyoko Yamamoto, Masamitsu Yanada, Tadaharu Kanie, Akihiro Tomita, Yoshiki Akatsuka, Masataka Okamoto, Toshiki Kameyama, Akila Mayeda, Nobuhiko Emi

    International Journal of Hematology   108 巻 ( 2 ) 頁: 208 - 212   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2017, The Japanese Society of Hematology. Variant chromosomal translocations associated with t(8;21) are observed in 3–4% of acute myeloid leukemia (AML) cases with a RUNX1–RUNX1T1 fusion gene. However, the molecular events that occur in variants of t(8;21) are not well characterized. In the present study, we report genetic features of a variant three-way translocation of t(8;12;21)(q22;p11;q22) in a patient with AML. In this patient, leukemia cells lacked azurophilic granules, which does not correspond with the classic features of t(8;21). RNA-seq analysis revealed that TM7SF3 at 12p11 was fused to VPS13B at 8q22 and VPS13B to RUNX1, in addition to RUNX1–RUNX1T1. VPS13B was located near RUNX1T1 and both were localized at the same chromosomal bands. The reading frames of TM7SF3 and VPS13B did not match to those of VPS13B and RUNX1, respectively. Disruption of VPS13B causes Cohen syndrome, which presents intermittent neutropenia with a left-shifted granulopoiesis in the bone marrow. Disruption of VPS13B may thus cause the unusual features of RUNX1–RUNX1T1 leukemia. Our case indicates that rearrangement of VPS13B may be additional genetic events in variant t(8;21).

    DOI: 10.1007/s12185-017-2387-x

    Scopus

    PubMed

  13. Hematopoiesis by iPSC-derived hematopoietic stem cells of aplastic anemia that escape cytotoxic T-cell attack. 査読有り 国際誌

    Espinoza JL, Elbadry MI, Chonabayashi K, Yoshida Y, Katagiri T, Harada K, Nakagawa N, Zaimoku Y, Imi T, Hassanein HA, Khalifa A Noreldin A, Takenaka K, Akashi K, Hamana H, Kishi H, Akatsuka Y, Nakao S

    Blood advances   2 巻 ( 4 ) 頁: 390 - 400   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/bloodadvances.2017013342

    PubMed

  14. Successful treatment with allogeneic stem cell transplantation followed by DLI and TKIs for e6a2 BCR-ABL-positive acute myeloid leukaemia A case report and literature review 査読有り 国際誌

    Harada Yasuhiko, Nishiwaki Satoshi, Sugimoto Takumi, Onodera Koichi, Goto Tatsunori, Sato Takahiko, Kamoshita Sonoko, Kawashima Naomi, Seto Aika, Okuno Shingo, Yamamoto Satomi, Iwasaki Toshihiro, Ozawa Yukiyasu, Miyamura Koichi, Akatsuka Yoshiki, Sugiura Isamu

    MEDICINE   96 巻 ( 50 ) 頁: e9160   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Medicine (United States)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000009160

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Safety and persistence of WT1-specific T-cell receptor gene-transduced lymphocytes in patients with AML and MDS 査読有り 国際誌

    Tawara Isao, Kageyama Shinichi, Miyahara Yoshihiro, Fujiwara Hiroshi, Nishida Tetsuya, Akatsuka Yoshiki, Ikeda Hiroaki, Tanimoto Kazushi, Terakura Seitaro, Murata Makoto, Inaguma Yoko, Masuya Masahiro, Inoue Naoki, Kidokoro Tomohide, Okamoto Sachiko, Tomura Daisuke, Chono Hideto, Nukaya Ikuei, Mineno Junichi, Naoe Tomoki, Emi Nobuhiko, Yasukawa Masaki, Katayama Naoyuki, Shiku Hiroshi

    BLOOD   130 巻 ( 18 ) 頁: 1985 - 1994   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Blood  

    DOI: 10.1182/blood-2017-06-791202

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. The prognostic significance of EBV DNA load and EBER status in diagnostic specimens from diffuse large B-cell lymphoma patients 査読有り 国際誌

    Okamoto Akinao, Yanada Masamitsu, Inaguma Yoko, Tokuda Masutaka, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Mizuta Shuichi, Akatsuka Yoshiki, Yoshikawa Tetsushi, Mizoguchi Yoshikazu, Nakamura Shigeo, Okamoto Masataka, Emi Nobuhiko

    HEMATOLOGICAL ONCOLOGY   35 巻 ( 1 ) 頁: 87 - 93   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Hematological Oncology  

    DOI: 10.1002/hon.2245

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Aberrant PD-L1 expression through 3'-UTR disruption in multiple cancers. 査読有り

    Kataoka K, Shiraishi Y, Takeda Y, Sakata S, Matsumoto M, Nagano S, Maeda T, Nagata Y, Kitanaka A, Mizuno S, Tanaka H, Chiba K, Ito S, Watatani Y, Kakiuchi N, Suzuki H, Yoshizato T, Yoshida K, Sanada M, Itonaga H, Imaizumi Y, Totoki Y, Munakata W, Nakamura H, Hama N, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Kameda T, Masuda K, Minato N, Kashiwase K, Izutsu K, Takaori-Kondo A, Miyazaki Y, Takahashi S, Shibata T, Kawamoto H, Akatsuka Y, Shimoda K, Takeuchi K, Seya T, Miyano S, Ogawa S

    Nature   534 巻 ( 7607 ) 頁: 402-406   2016年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature18294

    PubMed

  18. TP53 mutations in older adults with acute myeloid leukemia. 査読有り

    Yanada M, Yamamoto Y, Iba S, Okamoto A, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Mizuta S, Akatsuka Y, Okamoto M, Emi N

    International journal of hematology   103 巻 ( 4 ) 頁: 429-435   2016年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-016-1942-1

    PubMed

  19. ETV6-LPXN fusion transcript generated by t(11;12)(q12.1;p13) in a patient with relapsing acute myeloid leukemia with NUP98-HOXA9. 査読有り

    Abe A, Yamamoto Y, Iba S, Kanie T, Okamoto A, Tokuda M, Inaguma Y, Yanada M, Morishima S, Mizuta S, Akatsuka Y, Okamoto M, Kameyama T, Mayeda A, Emi N

    Genes, chromosomes & cancer   55 巻 ( 3 ) 頁: 242-250   2016年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/gcc.22327

    PubMed

  20. Induction of HLA-B*40:02-restricted T cells possessing cytotoxic and suppressive functions against haematopoietic progenitor cells from a patient with severe aplastic anaemia. 査読有り

    Inaguma Y, Akatsuka Y, Hosokawa K, Maruyama H, Okamoto A, Katagiri T, Shiraishi K, Murayama Y, Tsuzuki-Iba S, Mizutani Y, Nishii C, Yamamoto N, Demachi-Okamura A, Kuzushima K, Ogawa S, Emi N, Nakao S

    British journal of haematology   172 巻 ( 1 ) 頁: 131-134   2016年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/bjh.13464

    PubMed

  21. Genome-wide surveillance of mismatched alleles for graft-versus-host disease in stem cell transplantation. 査読有り

    Sato-Otsubo A, Nannya Y, Kashiwase K, Onizuka M, Azuma F, Akatsuka Y, Ogino Y, Satake M, Sanada M, Chiba S, Saji H, Inoko H, Kennedy GC, Yamamoto K, Morishima S, Morishima Y, Kodera Y, Sasazuki T, Ogawa S, Japan Marrow Donor Program.

    Blood   126 巻 ( 25 ) 頁: 2752-2763   2015年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2015-03-630707

    PubMed

  22. Prognostic significance of Epstein-Barr virus DNA detection in pretreatment serum in diffuse large B-cell lymphoma. 査読有り

    Okamoto A, Yanada M, Miura H, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Mizuta S, Akatsuka Y, Yoshikawa T, Mizoguchi Y, Nakamura S, Okamoto M, Emi N

    Cancer science   106 巻 ( 11 ) 頁: 1576-1581   2015年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/cas.12812

    PubMed

  23. The fate of patients with acute myeloid leukemia not undergoing induction chemotherapy. 査読有り

    Yanada M, Okamoto A, Inaguma Y, Tokuda M, Morishima S, Kanie T, Yamamoto Y, Mizuta S, Akatsuka Y, Okamoto M, Emi N

    International journal of hematology   102 巻 ( 1 ) 頁: 35-40   2015年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-015-1786-0

    PubMed

  24. Generation of mouse pluripotent stem cell-derived proliferating myeloid cells as an unlimited source of functional antigen-presenting cells. 査読有り

    Zhang R, Liu TY, Senju S, Haruta M, Hirosawa N, Suzuki M, Tatsumi M, Ueda N, Maki H, Nakatsuka R, Matsuoka Y, Sasaki Y, Tsuzuki S, Nakanishi H, Araki R, Abe M, Akatsuka Y, Sakamoto Y, Sonoda Y, Nishimura Y, Kuzushima K, Uemura Y

    Cancer immunology research   3 巻 ( 6 ) 頁: 668-677   2015年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/2326-6066.CIR-14-0117

    PubMed

  25. NUP214-RAC1 and RAC1-COL12A1 Fusion in Complex Variant Translocations Involving Chromosomes 6, 7 and 9 in an Acute Myeloid Leukemia Case with DEK-NUP214. 査読有り

    Abe A, Yamamoto Y, Iba S, Okamoto A, Tokuda M, Inaguma Y, Yanada M, Morishima S, Kanie T, Tsuzuki M, Akatsuka Y, Mizuta S, Okamoto M, Kameyama T, Mayeda A, Emi N

    Cytogenetic and genome research   146 巻 ( 4 ) 頁: 279-284   2015年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000441464

    PubMed

  26. Adoptive transfer of genetically engineered WT1-specific cytotoxic T lymphocytes does not induce renal injury. 査読有り

    Asai H, Fujiwara H, Kitazawa S, Kobayashi N, Ochi T, Miyazaki Y, Ochi F, Akatsuka Y, Okamoto S, Mineno J, Kuzushima K, Ikeda H, Shiku H, Yasukawa M

    Journal of hematology & oncology   7 巻   頁: 3   2014年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1756-8722-7-3

    PubMed

  27. An HLA-modified ovarian cancer cell line induced CTL responses specific to an epitope derived from claudin-1 presented by HLA-A*24:02 molecules. 査読有り

    Kondo S, Demachi-Okamura A, Hirosawa T, Maki H, Fujita M, Uemura Y, Akatsuka Y, Yamamoto E, Shibata K, Ino K, Kikkawa F, Kuzushima K

    Human immunology   74 巻   頁: 1103-1110   2013年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.humimm.2013.06.030

    PubMed

  28. Recognition of a natural WT1 epitope by a modified WT1 peptide-specific T-cell receptor. 査読有り

    Tamanaka T, Oka Y, Fujiki F, Tsuboi A, Katsuhara A, Nakajima H, Hosen N, Nishida S, Lin YH, Tachino S, Akatsuka Y, Kuzushima K, Oji Y, Kumanogoh A, Sugiyama H

    Anticancer research   32 巻   頁: 5201-5209   2012年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  29. Cyclin-A1 represents a new immunogenic targetable antigen expressed in acute myeloid leukemia stem cells with characteristics of a cancer-testis antigen. 査読有り

    Ochsenreither S, Majeti R, Schmitt T, Stirewalt D, Keilholz U, Loeb KR, Wood B, Choi YE, Bleakley M, Warren EH, Hudecek M, Akatsuka Y, Weissman IL, Greenberg PD

    Blood   119 巻   頁: 5492-5501   2012年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2011-07-365890

    PubMed

  30. Isolation of human mAbs that directly modulate FMS-related tyrosine kinase 3 signaling. 査読有り

    Yamamoto Y, Tsuzuki S, Akahori Y, Ukai Y, Sumitomo M, Murayama Y, Yamamoto K, Inaguma Y, Tokuda M, Abe A, Akatsuka Y, Emi N, Kurosawa Y

    Cancer science   103 巻   頁: 350-359   2012年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2011.02141.x

    PubMed

  31. Autophagy creates a CTL epitope that mimics tumor-associated antigens. 査読有り

    Demachi-Okamura A, Torikai H, Akatsuka Y, Miyoshi H, Yoshimori T, Kuzushima K

    PloS one   7 巻   頁: e47126   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0047126

    PubMed

  32. HLA-C matching status does not affect rituximab-mediated antibody-dependent cellular cytotoxicity by allogeneic natural killer Cells. 査読有り

    Machino T, Okoshi Y, Miyake Y, Akatsuka Y, Chiba S

    Immunological investigations   41 巻   頁: 831-846   2012年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/08820139.2012.691148

    PubMed

  33. Glypican-3 could be an effective target for immunotherapy combined with chemotherapy against ovarian clear cell carcinoma. 査読有り

    Suzuki S, Yoshikawa T, Hirosawa T, Shibata K, Kikkawa F, Akatsuka Y, Nakatsura T

    Cancer science   102 巻   頁: 1622-1629   2011年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2011.02003.x

    PubMed

  34. Activation of T-cell receptor signaling in peripheral T-cell lymphoma cells plays an important role in the development of lymphoma-associated hemophagocytosis. 査読有り

    An J, Fujiwara H, Suemori K, Niiya T, Azuma T, Tanimoto K, Ochi T, Akatsuka Y, Mineno J, Ozawa H, Ishikawa F, Kuzushima K, Yasukawa M

    International journal of hematology   93 巻   頁: 176-185   2011年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-010-0758-7

    PubMed

  35. The human cytomegalovirus UL76 gene regulates the level of expression of the UL77 gene. 査読有り

    Isomura H, Stinski MF, Murata T, Nakayama S, Chiba S, Akatsuka Y, Kanda T, Tsurumi T

    PloS one   5 巻   頁: e11901   2010年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0011901

    PubMed

  36. Therapy of relapsed leukemia after allogeneic hematopoietic cell transplantation with T cells specific for minor histocompatibility antigens. 査読有り

    Warren EH, Fujii N, Akatsuka Y, Chaney CN, Mito JK, Loeb KR, Gooley TA, Brown ML, Koo KK, Rosinski KV, Ogawa S, Matsubara A, Appelbaum FR, Riddell SR

    Blood   115 巻   頁: 3869-3878   2010年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2009-10-248997

    PubMed

  37. Relapse of leukemia with loss of mismatched HLA resulting from uniparental disomy after haploidentical hematopoietic stem cell transplantation. 査読有り

    Villalobos IB, Takahashi Y, Akatsuka Y, Muramatsu H, Nishio N, Hama A, Yagasaki H, Saji H, Kato M, Ogawa S, Kojima S

    Blood   115 巻 ( 15 ) 頁: 3158-3161   2010年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2009-11-254284

    PubMed

    J-GLOBAL

  38. Frequent inactivation of A20 in B-cell lymphomas. 査読有り

    Kato M, Sanada M, Kato I, Sato Y, Takita J, Takeuchi K, Niwa A, Chen Y, Nakazaki K, Nomoto J, Asakura Y, Muto S, Tamura A, Iio M, Akatsuka Y, Hayashi Y, Mori H, Igarashi T, Kurokawa M, Chiba S, Mori S, Ishikawa Y, Okamoto K, Tobinai K, Nakagama H, Nakahata T, Yoshino T, Kobayashi Y, Ogawa S

    Nature   459 巻   頁: 712-716   2009年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature07969

    PubMed

  39. Exploration of the genetic basis of GVHD by genetic association studies. 査読有り

    Ogawa S, Matsubara A, Onizuka M, Kashiwase K, Sanada M, Kato M, Nannya Y, Akatsuka Y, Satake M, Takita J, Chiba S, Saji H, Maruya E, Inoko H, Morishima Y, Kodera Y, Takehiko S, Japan Marrow Donation Program (JMDP)

    Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation   15 巻   頁: 39-41   2009年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbmt.2008.11.020

    PubMed

  40. CD137-guided isolation and expansion of antigen-specific CD8 cells for potential use in adoptive immunotherapy. 査読有り

    Watanabe K, Suzuki S, Kamei M, Toji S, Kawase T, Takahashi T, Kuzushima K, Akatsuka Y

    International journal of hematology   88 巻   頁: 311-320   2008年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-008-0134-z

    PubMed

  41. Epstein-Barr virus nuclear antigen 1-specific CD4+ T cells directly kill Epstein-Barr virus-carrying natural killer and T cells. 査読有り

    Demachi-Okamura A, Ito Y, Akatsuka Y, Tsujimura K, Morishima Y, Takahashi T, Kuzushima K

    Cancer science   99 巻   頁: 1633-1642   2008年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2008.00852.x

    PubMed

  42. Identification of a human leukocyte antigen-A24-restricted T-cell epitope derived from interleukin-13 receptor alpha2 chain, a glioma-associated antigen. 査読有り

    Shimato S, Natsume A, Wakabayashi T, Tsujimura K, Nakahara N, Ishii J, Ito M, Akatsuka Y, Kuzushima K, Yoshida J

    Journal of neurosurgery   109 巻   頁: 117-122   2008年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3171/JNS/2008/109/7/0117

    PubMed

  43. CD16+ CD56- NK cells in the peripheral blood of cord blood transplant recipients: a unique subset of NK cells possibly associated with graft-versus-leukemia effect. 査読有り

    Lu X, Kondo Y, Takamatsu H, Ohata K, Yamazaki H, Takami A, Akatsuka Y, Nakao S

    European journal of haematology   81 巻   頁: 18-25   2008年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1600-0609.2008.01073.x

    PubMed

  44. Aberrant expression of BCL2A1-restricted minor histocompatibility antigens in melanoma cells: application for allogeneic transplantation. 査読有り

    Torikai H, Akatsuka Y, Yatabe Y, Morishima Y, Kodera Y, Kuzushima K, Takahashi T

    International journal of hematology   87 巻   頁: 467-473   2008年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12185-008-0076-5

    PubMed

  45. DDX3Y encodes a class I MHC-restricted H-Y antigen that is expressed in leukemic stem cells. 査読有り

    Rosinski KV, Fujii N, Mito JK, Koo KK, Xuereb SM, Sala-Torra O, Gibbs JS, Radich JP, Akatsuka Y, Van den Eynde BJ, Riddell SR, Warren EH

    Blood   111 巻   頁: 4817-4826   2008年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2007-06-096313

    PubMed

  46. Minor histocompatibility antigens as targets for immunotherapy using allogeneic immune reactions. 査読有り

    Akatsuka Y, Morishima Y, Kuzushima K, Kodera Y, Takahashi T

    Cancer science   98 巻   頁: 1139-1146   2007年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2007.00521.x

    PubMed

  47. Full-length EBNA1 mRNA-transduced dendritic cells stimulate cytotoxic T lymphocytes recognizing a novel HLA-Cw*0303- and -Cw*0304-restricted epitope on EBNA1-expressing cells. 査読有り

    Ito Y, Demachi-Okamura A, Ohta R, Akatsuka Y, Nishida K, Tsujimura K, Morishima Y, Takahashi T, Kuzushima K

    The Journal of general virology   88 巻   頁: 770-780   2007年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1099/vir.0.82519-0

    PubMed

  48. Effects of HLA allele and killer immunoglobulin-like receptor ligand matching on clinical outcome in leukemia patients undergoing transplantation with T-cell-replete marrow from an unrelated donor. 査読有り

    Morishima Y, Yabe T, Matsuo K, Kashiwase K, Inoko H, Saji H, Yamamoto K, Maruya E, Akatsuka Y, Onizuka M, Sakamaki H, Sao H, Ogawa S, Kato S, Juji T, Sasazuki T, Kodera Y, Japan Marrow Donor Program

    Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation   13 巻   頁: 315-328   2007年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbmt.2006.10.027

    PubMed

  49. Identification of an HLA-A24-restricted cytotoxic T lymphocyte epitope from human papillomavirus type-16 E6: the combined effects of bortezomib and interferon-gamma on the presentation of a cryptic epitope. 査読有り

    Morishima S, Akatsuka Y, Nawa A, Kondo E, Kiyono T, Torikai H, Nakanishi T, Ito Y, Tsujimura K, Iwata K, Ito K, Kodera Y, Morishima Y, Kuzushima K, Takahashi T

    International journal of cancer. Journal international du cancer   120 巻   頁: 594-604   2007年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.22312

    PubMed

  50. Bone marrow may be a reservoir of long-lived memory T cells specific for minor histocompatibility antigen. 査読有り

    Akatsuka Y, Torikai H, Inamoto Y, Tsujimura K, Morishima Y, Kodera Y, Kuzushima K, Takahashi T

    British journal of haematology   135 巻   頁: 413-414   2006年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2141.2006.06313.x

    PubMed

  51. Generation of peptide-specific CD8+ T cells by phytohemagglutinin-stimulated antigen-mRNA-transduced CD4+ T cells. 査読有り

    Naota H, Miyahara Y, Okumura S, Kuzushima K, Akatsuka Y, Hiasa A, Kitano S, Takahashi T, Yuta A, Majima Y, Shiku H

    Journal of immunological methods   314 巻   頁: 54-66   2006年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jim.2006.05.009

    PubMed

  52. Characterization of murine CD160+ CD8+ T lymphocytes. 査読有り

    Tsujimura K, Obata Y, Matsudaira Y, Nishida K, Akatsuka Y, Ito Y, Demachi-Okamura A, Kuzushima K, Takahashi T

    Immunology letters   106 巻   頁: 48-56   2006年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.imlet.2006.04.006

    PubMed

  53. Epstein-Barr virus (EBV) latent membrane protein-1-specific cytotoxic T lymphocytes targeting EBV-carrying natural killer cell malignancies. 査読有り

    Demachi-Okamura A, Ito Y, Akatsuka Y, Tsujimura K, Morishima Y, Takahashi T, Kuzushima K

    European journal of immunology   36 巻   頁: 593-602   2006年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/eji.200535485

    PubMed

  54. Three immunoproteasome-associated subunits cooperatively generate a cytotoxic T-lymphocyte epitope of Epstein-Barr virus LMP2A by overcoming specific structures resistant to epitope liberation. 査読有り

    Ito Y, Kondo E, Demachi-Okamura A, Akatsuka Y, Tsujimura K, Tanimoto M, Morishima Y, Takahashi T, Kuzushima K

    Journal of virology   80 巻   頁: 883-890   2006年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.80.2.883-890.2006

    PubMed

  55. A UGT2B17-positive donor is a risk factor for higher transplant-related mortality and lower survival after bone marrow transplantation. 査読有り

    Terakura S, Murata M, Nishida T, Emi N, Akatsuka Y, Riddell SR, Morishima Y, Kodera Y, Naoe T

    British journal of haematology   129 巻   頁: 221-228   2005年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2141.2005.05427.x

    PubMed

  56. Recovery from and consequences of severe iatrogenic lymphopenia (induced to treat autoimmune diseases). 査読有り

    Storek J, Zhao Z, Lin E, Berger T, McSweeney PA, Nash RA, Akatsuka Y, Metcalf MD, Lu H, Kalina T, Reindl M, Storb R, Hansen JA, Sullivan KM, Kraft GH, Furst DE, Maloney DG

    Clinical immunology (Orlando, Fla.)   113 巻   頁: 285-298   2004年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.clim.2004.07.006

    PubMed

  57. The CC chemokine receptor 4 as a novel specific molecular target for immunotherapy in adult T-Cell leukemia/lymphoma. 査読有り

    Ishida T, Iida S, Akatsuka Y, Ishii T, Miyazaki M, Komatsu H, Inagaki H, Okada N, Fujita T, Shitara K, Akinaga S, Takahashi T, Utsunomiya A, Ueda R

    Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research   10 巻   頁: 7529-7539   2004年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1158/1078-0432.CCR-04-0983

    PubMed

  58. Immunity against mouse thymus-leukemia antigen (TL) protects against development of lymphomas induced by a chemical carcinogen, N-butyl-N-nitrosourea. 査読有り

    Tsujimura K, Obata Y, Matsudaira Y, Ozeki S, Taguchi O, Nishida K, Okanami Y, Akatsuka Y, Kuzushima K, Takahashi T

    Cancer science   95 巻   頁: 914-919   2004年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1349-7006.2004.tb02202.x

    PubMed

  59. Interferon-gamma differentially regulates susceptibility of lung cancer cells to telomerase-specific cytotoxic T lymphocytes. 査読有り

    Tajima K, Ito Y, Demachi A, Nishida K, Akatsuka Y, Tsujimura K, Hida T, Morishima Y, Kuwano H, Mitsudomi T, Takahashi T, Kuzushima K

    International journal of cancer. Journal international du cancer   110 巻   頁: 403-412   2004年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ijc.20139

    PubMed

  60. Clinical relevance of a newly identified HLA-A24-restricted minor histocompatibility antigen epitope derived from BCL2A1, ACC-1, in patients receiving HLA genotypically matched unrelated bone marrow transplant. 査読有り

    Nishida T, Akatsuka Y, Morishima Y, Hamajima N, Tsujimura K, Kuzushima K, Kodera Y, Takahashi T

    British journal of haematology   124 巻   頁: 629-635   2004年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1365-2141.2004.04823.x

    PubMed

  61. Identification of novel CTL epitopes of CMV-pp65 presented by a variety of HLA alleles. 査読有り

    Kondo E, Akatsuka Y, Kuzushima K, Tsujimura K, Asakura S, Tajima K, Kagami Y, Kodera Y, Tanimoto M, Morishima Y, Takahashi T

    Blood   103 巻   頁: 630-638   2004年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2003-03-0824

    PubMed

  62. Disparity for a newly identified minor histocompatibility antigen, HA-8, correlates with acute graft-versus-host disease after haematopoietic stem cell transplantation from an HLA-identical sibling. 査読有り

    Akatsuka Y, Warren EH, Gooley TA, Brickner AG, Lin MT, Hansen JA, Martin PJ, Madtes DK, Engelhard VH, Takahashi T, Riddell SR

    British journal of haematology   123 巻   頁: 671-675   2003年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2141.2003.04676.x

    PubMed

  63. Thymus leukemia antigen (TL)-specific cytotoxic T lymphocytes recognize the alpha1/alpha2 domain of TL free from antigenic peptides. 査読有り

    Tsujimura K, Obata Y, Kondo E, Nishida K, Matsudaira Y, Akatsuka Y, Kuzushima K, Takahashi T

    International immunology   15 巻   頁: 1319-1326   2003年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/intimm/dxg131

    PubMed

  64. Restoration of CD28 expression in CD28- CD8+ memory effector T cells reconstitutes antigen-induced IL-2 production. 査読有り

    Topp MS, Riddell SR, Akatsuka Y, Jensen MC, Blattman JN, Greenberg PD

    The Journal of experimental medicine   198 巻   頁: 947-955   2003年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20021288

    PubMed

  65. Potential limitations in using minor histocompatibility antigen-specific cytotoxic T cells for targeting solid tumor cells. 査読有り

    Miyazaki M, Akatsuka Y, Nishida T, Fujii N, Hiraki A, Ikeda K, Tsujimura K, Kuzushima K, Morishima Y, Sato S, Ueda R, Takahashi T

    Clinical immunology (Orlando, Fla.)   107 巻   頁: 198-201   2003年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1521-6616(03)00065-2

    PubMed

  66. Identification of a polymorphic gene, BCL2A1, encoding two novel hematopoietic lineage-specific minor histocompatibility antigens. 査読有り

    Akatsuka Y, Nishida T, Kondo E, Miyazaki M, Taji H, Iida H, Tsujimura K, Yazaki M, Naoe T, Morishima Y, Kodera Y, Kuzushima K, Takahashi T

    The Journal of experimental medicine   197 巻   頁: 1489-1500   2003年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.20021925

    PubMed

  67. Tetramer-assisted identification and characterization of epitopes recognized by HLA A*2402-restricted Epstein-Barr virus-specific CD8+ T cells. 査読有り

    Kuzushima K, Hayashi N, Kudoh A, Akatsuka Y, Tsujimura K, Morishima Y, Tsurumi T

    Blood   101 巻   頁: 1460-1468   2003年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2002-04-1240

    PubMed

  68. Targeted cloning of cytotoxic T cells specific for minor histocompatibility antigens restricted by HLA class I molecules of interest. 査読有り

    Akatsuka Y, Kondo E, Taji H, Morishima Y, Yazaki M, Obata Y, Kodera Y, Riddell SR, Takahashi T

    Transplantation   74 巻   頁: 1773-1780   2002年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/01.TP.0000039166.86548.93

    PubMed

  69. Association between immune recovery uveitis and a diverse intraocular cytomegalovirus-specific cytotoxic T cell response. 査読有り

    Mutimer HP, Akatsuka Y, Manley T, Chuang EL, Boeckh M, Harrington R, Jones T, Riddell SR

    The Journal of infectious diseases   186 巻   頁: 701-705   2002年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1086/342044

    PubMed

  70. Efficient generation of antigen-specific cytotoxic T cells using retrovirally transduced CD40-activated B cells. 査読有り

    Kondo E, Topp MS, Kiem HP, Obata Y, Morishima Y, Kuzushima K, Tanimoto M, Harada M, Takahashi T, Akatsuka Y

    Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   169 巻   頁: 2164-2171   2002年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  71. Determination of intronic sequences adjacent to an exon using polymerase chain reaction and genomic DNA library constructed by TA cloning. 査読有り

    Akatsuka Y, Warren EH, Brickner AG, Engelhard VH, Riddell SR

    Analytical biochemistry   289 巻   頁: 289-292   2001年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1006/abio.2000.4897

    PubMed

  72. Generation of HLA-C-specific cytotoxic T cells in association with marrow graft rejection: analysis of alloimmunity by T-cell cloning and testing of T-cell-receptor rearrangements. 査読有り

    Pei J, Akatsuka Y, Anasetti C, Lin MT, Petersdorf EW, Hansen JA, Martin PJ

    Biology of blood and marrow transplantation : journal of the American Society for Blood and Marrow Transplantation   7 巻   頁: 378-383   2001年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  73. Increased apoptosis of peripheral blood T cells following allogeneic hematopoietic cell transplantation. 査読有り

    Lin MT, Tseng LH, Frangoul H, Gooley T, Pei J, Barsoukov A, Akatsuka Y, Hansen JA

    Blood   95 巻   頁: 3832-3839   2000年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  74. Immunotherapy of human viral and malignant diseases with genetically modified T-cell clones. 査読有り

    Riddell SR, Warren EH, Gavin MA, Akatsuka Y, Lewinsohn D, Mutimer H, Cooper L, Topp MS, Bonini C, Greenberg PD

    Cancer journal (Sudbury, Mass.)   6 Suppl 3 巻   頁: S250-8   2000年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  75. A novel minor histocompatibility antigen recognized by HLA-A31 restricted cytotoxic T lymphocytes generated from HLA-identical bone marrow donor lymphocytes. 査読有り

    Yazaki M, Takahashi T, Andho M, Akatsuka Y, Ito T, Miyake Y, Ito Y, Nakamura S, Wada Y

    Bone marrow transplantation   24 巻   頁: 129-137   1999年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/sj.bmt.1701856

    PubMed

  76. Role of mitogen-activated protein kinases in activation-induced apoptosis of T cells. 査読有り

    Zhu L, Yu X, Akatsuka Y, Cooper JA, Anasetti C

    Immunology   97 巻   頁: 26-35   1999年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2567.1999.00756.x

    PubMed

  77. Rapid screening of T-cell receptor (TCR) variable gene usage by multiplex PCR: application for assessment of clonal composition. 査読有り

    Akatsuka Y, Martin EG, Madonik A, Barsoukov AA, Hansen JA

    Tissue antigens   53 巻   頁: 122-134   1999年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1034/j.1399-0039.1999.530202.x

    PubMed

  78. Immune response of post-transplant peripheral lymphocytes against the patient pre-B cell line, NAGL-1. 査読有り

    Kasai M, Akatsuka Y, Emi N, Taji H, Kohno A, Abe A, Tanimoto M, Kodera Y, Saito H

    International journal of hematology   69 巻 ( 2 ) 頁: 112-118   1999年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  79. Involvement of donor T-cell cytotoxic effector mechanisms in preventing allogeneic marrow graft rejection. 査読有り

    Martin PJ, Akatsuka Y, Hahne M, Sale G

    Blood   92 巻 ( 6 ) 頁: 2177-2181   1998年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  80. Prolonged selective neutropenia after allogeneic bone marrow transplantation: possible effect of presensitization by donor lymphocytes prior to transplant. 査読有り

    Towatari M, Miyamura K, Akatsuka Y, Yamamoto K, Minami S, Kodera Y

    International journal of hematology   66 巻 ( 4 ) 頁: 513-516   1997年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0925-5710(97)00071-6

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  81. T cell receptor clonal diversity following allogeneic marrow grafting. 査読有り

    Akatsuka Y, Cerveny C, Hansen JA

    Human immunology   48 巻 ( 1/2 ) 頁: 125-134   1996年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0198-8859(96)00082-1

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

  82. Retrovirus-mediated transfer of a hygromycin phosphotransferase-thymidine kinase fusion gene into human CD34+ bone marrow cells. 査読有り

    Akatsuka Y, Emi N, Kato H, Abe A, Tanimoto M, Lupton SD, Saito H

    International journal of hematology   60 巻 ( 4 ) 頁: 251-261   1994年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  83. Clonal analysis of multiple point mutations in the N-ras gene in patients with acute myeloid leukemia. 査読有り

    Kubo K, Naoe T, Kiyoi H, Fukutani H, Kato Y, Oguri T, Yamamori S, Akatsuka Y, Kodera Y, Ohno R

    Japanese journal of cancer research : Gann   84 巻 ( 4 ) 頁: 379-387   1993年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  84. Acute renal failure and degenerative tubular lesions associated with in situ formation of adenovirus immune complexes in a patient with allogeneic bone marrow transplantation. 査読有り

    Yuzawa Y, Aoi N, Fukatsu A, Ichida S, Yoshida F, Akatsuka Y, Minami S, Kodera Y, Matsuo S

    Transplantation   55 巻 ( 1 ) 頁: 67-72   1993年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  85. Bone marrow transplantation for chronic myelogenous leukemia in blastic phase using a phenotypically identical unrelated volunteer donor. Nagoya Bone Marrow Transplantation Group (NBMTG), Tokai Marrow Donor Bank (TMDB). 査読有り

    Akatsuka Y, Kodera Y, Yamamoto K, Minami S, Miyamura K, Morishita Y, Morishima Y, Saitoh H, Horibe K, Yamauchi T

    International journal of hematology   55 巻 ( 3 ) 頁: 249-253   1992年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  86. Detection of Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia by polymerase chain reaction: possible eradication of minimal residual disease by marrow transplantation. 査読有り

    Miyamura K, Tanimoto M, Morishima Y, Horibe K, Yamamoto K, Akatsuka M, Kodera Y, Kojima S, Matsuyama K, Hirabayashi N

    Blood   79 巻   頁: 1366-1370   1992年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  87. Changes of an androgen-dependent nuclear protein during functional differentiation and by dedifferentiation of the dorsolateral prostate of rats. 査読有り

    Matuo Y, Nishi N, Tanaka Y, Muguruma Y, Tanaka K, Akatsuka Y, Matsui SI, Sandberg AA, Wada F

    Biochemical and biophysical research communications   118 巻 ( 2 ) 頁: 467-473   1984年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0006-291X(84)91326-3

    PubMed

    CiNii Article

    J-GLOBAL

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. みんなに役立つ造血細胞移植 3版 基礎編 9:GVL効果の発現機序

    赤塚 美樹( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 基礎編 9)

    医薬ジャーナル社  2016年6月  ( ISBN:978-4-7532-2801-0

     詳細を見る

    総ページ数:807   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 造血細胞移植マニュアル

    赤塚 美樹( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 10-2 マイナー組織適合抗原 A マイナー組織適合抗原の基礎知識)

    日本医学館  2004年9月  ( ISBN:978-4890445677

     詳細を見る

    総ページ数:559   記述言語:日本語

MISC 16

  1. がん免疫療法の展開と展望 招待有り

    赤塚 美樹  

    現代医学67 巻 ( 2 ) 頁: 37 - 46   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. RINKETSU Dictionary 免疫抑制性細胞 招待有り

    赤塚美樹  

    臨床血液61 巻 ( 7 ) 頁: 843 - 843   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  3. CAR-T細胞療法の基礎と今後の臨床展開 招待有り 査読有り

    赤塚 美樹  

    日本輸血細胞治療学会誌65 巻 ( 6 ) 頁: 851 - 857   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本輸血・細胞治療学会  

    キメラ抗原受容体(Chimeric Antigen Receptor、CAR)-T細胞療法は遺伝子改変T細胞による養子免疫療法の一つであり、急性リンパ性白血病、悪性リンパ腫、慢性リンパ性白血病などのB細胞性腫瘍や多発性骨髄腫に対する新規治療法として近年非常に注目されている。CD19抗原を標的としたCAR-T細胞による国際共同第2相試験において、難治性B細胞性腫瘍に対して高率な寛解導入効果が示された。CAR-T細胞は短期間で調製でき、T細胞が持つT細胞受容体より高い親和性をもった抗体を抗原受容体として利用したことが成功に寄与した。また抗体を抗原受容体とすることでT細胞のHLA拘束性を考慮する必要がない。CARの構造は細胞外ドメインとし抗体のFab部分と、細胞内ドメインとしてT細胞のシグナルドメインから成る。T細胞の活性化や機能増強、体内での長期生存能を付与するために細胞内ドメインにはさまざまな工夫が施されてきた。ただし治療後にサイトカイン放出症候群などの重篤な副作用が高頻度に起こりうる他、長期的には一部に再発も認められ、今後解決すべき課題も残されている。(著者抄録)

  4. 【細胞治療の新時代】T細胞受容体導入T細胞 招待有り

    赤塚 美樹  

    日本内科学会雑誌108 巻 ( 7 ) 頁: 1384 - 1390   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  5. 樹状細胞ワクチンによるWT-1を標的とするCAR-T細胞による抗腫瘍効果の増強 国際誌

    赤堀 泰, 藤原 弘, 王 立楠, 米山 元裕, 瀬尾 尚宏, 奥村 悟司, 宮原 慶裕, 池田 裕明, 天石 泰典, 岡本 幸子, 峰野 純一, 真木 健裕, 赤塚 美樹, 加藤 琢磨, 珠玖 洋  

    血液内科78 巻 ( 5 ) 頁: 696 - 701   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

  6. がん免疫成立の基盤となるCancer-Immunity Cycle 招待有り

    赤塚美樹, 西川博嘉  

    TRENDS IN CANCER IMMUNOLOGY- 巻 ( - ) 頁: 2 - 5   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  7. WT1を標的としたCAR治療法についてのワクチン活性化作用の検討(Anti-tumor activity of CAR-T cells targeting the intracellular oncoprotein WT1 can be enhanced by vaccination)

    赤堀 泰, 王 立楠, 米山 元裕, 瀬尾 尚宏, 赤塚 美樹, 加藤 琢磨, 天石 泰典, 岡本 幸子, 峯野 純一, 池田 裕明, 真木 健裕, 藤原 弘, 珠玖 洋  

    日本癌学会総会記事77回 巻   頁: 1231 - 1231   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:会議報告等   出版者・発行元:日本癌学会  

  8. ヒト培養細胞を用いたTCR親和性成熟システムの樹立

    太田 里永子, 岡村 文子, 赤塚 美樹, 葛島 清隆  

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集22回 巻   頁: 127 - 127   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等   出版者・発行元:日本がん免疫学会  

  9. Historical perspectives and future directions of gene-modified T-cell therapy. 査読有り

    Akatsuka Y  

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology57 巻 ( 10 ) 頁: 2241-2249   2016年

     詳細を見る

  10. [Frequent inactivation of A20 through gene mutation in B-cell lymphomas]. 査読有り

    Kato M, Sanada M, Kato I, Sato Y, Takita J, Takeuchi K, Niwa A, Chen Y, Nakazaki K, Nomoto J, Asakura Y, Akatsuka M, Hayashi Y, Mori H, Igarashi T, Kurokawa M, Chiba S, Mori S, Ishikawa Y, Okamoto K, Tobinai K, Nakagama H, Nakahata T, Yoshino T, Kobayashi Y, Ogawa S  

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology52 巻   頁: 313-319   2011年6月

     詳細を見る

  11. [Possibility of selective induction of a GVL effect without increasing GVHD]. 査読有り

    Akatsuka Y  

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology49 巻 ( 8 ) 頁: 607-615   2008年8月

     詳細を見る

  12. [Antigen-specific allogeneic immunotherapy--selective augmentation of GVL effects]. 査読有り

    Akatsuka Y  

    Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy35 巻 ( 5 ) 頁: 713-719   2008年5月

     詳細を見る

  13. [Principal and perspective of adoptive immuno-cell therapy for hematological malignancies]. 査読有り

    Akatsuka Y  

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology48 巻 ( 10 ) 頁: 1328-1338   2007年10月

     詳細を見る

  14. [Role of minor histocompatibility antigens in hematopoietic cell transplantation]. 査読有り

    Akatsuka Y  

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology47 巻 ( 10 ) 頁: 1353-1363   2006年10月

     詳細を見る

  15. [Bone marrow transplantation from donors other than HLA matched siblings for hematological malignancies. Nagoya Bone Marrow Transplantation Group and Tokai Marrow Donor Bank]. 査読有り

    Matsumoto K, Horibe K, Akatsuka Y, Minami S, Matsuyama T, Hirabayashi N, Tanimoto M, Yamada H, Sobue R, Morishima Y  

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology35 巻   頁: 729-737   1994年8月

     詳細を見る

  16. [Allogeneic cryopreserved marrow transplantation in a patient with chronic myelogenous leukemia]. 査読有り

    Akatsuka Y, Takeshita T, Tsuzuki S, Suzuki R, Sugihara T, Minami S, Kodera Y  

    [Rinsho ketsueki] The Japanese journal of clinical hematology35 巻   頁: 304-308   1994年3月

     詳細を見る

▼全件表示

講演・口頭発表等 87

  1. HLA-A2に提示されたマイナー抗原HA-1認識抗体の開発と応用(Construction and molecular characterization of a single chain antibody specific for HA-1 minor H antigen)

    赤塚 美樹, 岡村 文子, 山本 幸也, 西村 泰治, 高橋 利忠, 葛島 清隆, 恵美 宣彦

    日本癌学会総会記事  2013年10月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. HLA-A2拘束性に提示されたマイナー抗原HA-1Hを認識する抗体の単離とCAR-Tの機能

    赤塚 美樹, 赤堀 泰, 稲熊 容子, 村山 裕子, 辻川 朱里, 平松 可帆, 西村 泰治, 葛島 清隆, 恵美 宣彦

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集  2013年7月  日本がん免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. Alternative Splicing Due to an Intronic SNP Defines a Novel HLA-B44-Restricted-Hematopoiesis-Restricted Minor Histocompatibility Antigen. 国際会議

    Takakazu Kawase, Yoshiki Akatsuka, Hiroki Torikai, Satoko Morishima, Yoshihisa Kodera, Yasuo Morishima, Kiyotaka Kuzushima, Toshitada Takahashi

    Blood  2006年11月16日  American Society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月16日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    <title>Abstract</title>
    Minor histocompatibility antigens (mHAgs) with expression limited to hematopoietic cells represent attractive targets for immunotherapy to induce selective graft-versus-leukemia (GVL) reactions. Here we report the identification of a novel mHAg which is recognized by an HLA-B*4403-restricted CTL clone. Microsatellite allele image analysis of two DNA pools generated from CTL-defined mHAg positive and mHAg negative groups was performed using microsatellite markers set at 100 kb intervals within the segment initially mapped by two-point genetic linkage analysis and detailed mapping of the chromosomal recombinant points. This approach defined a 0.53 Mbp region of chromosome 18q21–22 containing 12 candidate genes potentially encoding the mHAg, although the target gene could not be identified. Subsequently, cDNA expression cloning studies demonstrated that the CTL epitope of interest was encoded by a novel allelic splice variant of XM_209104, hereafter designated as XM_209104-av. Indeed, this gene was found to lie within the region predicted by microsatellite allele image analysis. The immunogenicity of the epitope was generated by differential protein expression due to alternative splicing, which was completely controlled by one intronic single nucleotide polymorphism (SNP) located in the consensus 5′ splice site adjacent to an exon. To our knowledge, this is the first example of a mHAg controlled by a SNP located in a region other than coding sequences. Because the CTL lysed also HLA-B*4402 positive, mHAg positive B-LCLs, this novel epitope peptide can bind to not only HLA-B*4403 but also HLA-B*4402 which is a relatively common HLA-B allele in Caucasian populations. Finally, the finding that the novel XM_209104-av showed low or no expression in normal tissues including resting hematopoietic cells, but significantly higher expression in primary acute leukemia cells, especially those of myeloid lineage, suggest that this novel epitope may be an attractive therapeutic target for immunotherapy not only as a minor H antigen but also as a leukemia-associated antigen.

  4. 同種造血細胞移植後の再発白血病に対する新規アロ養子免疫療法の開発 招待有り

    赤塚 美樹

    第41回日本炎症・再生医学会 シンポジウム12 再生医療時代における免疫制御  2020年7月9日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  5. 免疫チェックポイント阻害療法の進歩 招待有り

    赤塚美樹

    第81回日本血液学会学術集会 教育講演 EL2-2D  2019年10月12日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  6. CAR-T細胞療法の基礎と今後の臨床展開 招待有り

    赤塚 美樹

    第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会 教育講演2  2019年5月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  7. Identification of T-Cell Receptors Specific to Antigens Presented By HLA-B4002 and B5401 in Acquired Aplastic Anemia 国際会議

    Kohei Hosokawa, Eiji Kobayashi, Yoshiki Akatsuka, Luis Espinoza, Noriharu Nakagawa, Tanabe Mikoto, Noriaki Tsuji, Takeshi Yoroidaka, Hiroki Mizumaki, Thi Mai Anh Nguyen, Takamasa Katagiri, Kiyomi Shitaoka, Hiroshi Hamana, Hiroyuki Kishi, Shinji Nakao

    Blood  2019年11月13日  American Society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月13日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    [Background] Leukocytes that lack HLA class I alleles derived from hematopoietic stem progenitor cells (HSPCs) that undergo copy number neutral loss of heterozygosity of the short arm of chromosome 6 (6pLOH) or HLA allelic mutations are often detected in acquired aplastic anemia (AA) patients. The presence of HLA class I allele-lacking leukocytes provides compelling evidence that cytotoxic T lymphocytes (CTLs) are involved in the development of AA. Our recent study showed that, among several HLA-class I alleles that are likely to be lost as a result of 6pLOH, HLA-B*40:02 is the most frequently lost allele in AA. Therefore, HLA-B*4002 is thought to play a critical role in the autoantigen presentation by HSPCs to CTLs. We previously identified the T-cell receptor (TCR) sequences from bone marrow (BM) CD8+ T cells in two CsA-dependent AA patients possessing B4002-lacking leukocytes (Case 1, Espinoza et al, Blood Adv, 2018) and B5401-lacking leukocytes (Case 2, Elbadry et al, Haematologica, 2019) by single-cell T-cell receptor (TCR) sequencing. Identifying the TCRs specific to antigens presented by these HLA class I alleles should allow us to screen autoantigens in AA. [Method] We established B4002+ or B5401+ K562 cell lines expressing CD80 and CD137L for the screening of antigen-specific T cell responses. To identify ligands of the TCR, we transfected peripheral blood (PB) T cells with a retrovirus vector containing different TCR cDNA derived from BM T cells and examined their responses to B4002+CD80+CD137L+ or B5401+CD80+CD137L+ K562 cells. Specific responses of each TCR transfectant to K562 cells or iPSC-derived CD34+ cells were determined using an enzyme-linked immunosorbent assay for detecting IFN-γ. Deep TCR sequencing of a current PB sample taken from the same patients was performed to determine whether or not T cells with specific TCRs persisted after successful immunosuppressive therapy (IST). [Results] In Case 1, two TCR transfectants (TCR-K1 and TCR-K2 which were the third- and second-most frequent TCRs in the BM T cells, respectively) secreted greater IFN-γ levels (1730 pg/mL and 2157 pg/mL, respectively) in response to B4002+CD80+CD137L+ K562 cells than those secreted by the other six transfectants (710 to 1184 pg/mL, respectively). TCR-K1 and TCR-K2 did not respond to an A2402+ counterpart (Figure). Notably, deep TCR sequencing of a current PB sample taken from Case 1 nine years after BM sampling revealed the persistence of the TCR-K1 sequence, suggesting that TCR-K1 may be responsible for CsA dependency of this patient. Deep TCR sequencing of other three AA patients with B4002-lacking leukocytes revealed decreased diversity of the T cell repertoire in CD8+ T cells but failed to reveal the same TCR motifs as Case 1. In Case 2, two TCR transfectants (TCR-K3 and TCR-K4) showed a specific response to B5401+CD80+CD137L+ K562 cells. Furthermore, these 2 TCR transfectants secreted higher amounts of IFN-γ (1.7 and 2.0 folds for TCR-K3 and TCR-K4, respectively) in response to wild-type iPSC-derived CD34+ cells than to B5401(-) CD34+ cells. [Conclusions] Our results suggest that these TCR transfectants recognized some intrinsic antigens derived from K562 cells in a B4002 or B5401-restricted manner. These TCR transfectants are the ideal tools for screening libraries of cDNA expressed by B4002+ COS/293T cells to identify autoantigens in AA.


    Figure


    <sec>
    <title>Disclosures</title>
    Yoroidaka: Ono Pharmaceutical: Honoraria. Nakao:Takeda Pharmaceutical Company Limited: Honoraria; Bristol-Myers Squibb: Honoraria; Alaxion Pharmaceuticals: Honoraria; Ohtsuka Pharmaceutical: Honoraria; Daiichi-Sankyo Company, Limited: Honoraria; Janssen Pharmaceutical K.K.: Honoraria; SynBio Pharmaceuticals: Consultancy; Chugai Pharmaceutical Co.,Ltd: Honoraria; Ono Pharmaceutical: Honoraria; Celgene: Honoraria; Kyowa Kirin: Honoraria; Novartis Pharma K.K: Honoraria.


    </sec>

  8. 健常人における試験管法とカラム遠心凝集法の抗A/B抗体価測定の比較検討

    松浦 秀哲, 赤塚 美樹, 松野 貴洋, 杉浦 縁, 荒川 章子, 及川 彰太, 吉田 純平, 古杉 光明, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2019年6月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    移植前後における抗A/B抗体価を測定することは治療選択に有用である。現在、抗体価測定法は試験管法が推奨されており、Dithiothreitol(DTT)は試験管法の抗体価測定においてIgMを不活化するために使用されている。最近、カラム遠心凝集法を原理とした全自動で抗体価を測定できる装置(auto-CAT)が開発され、1)抗A/B抗体価測定において試験管法とauto-CATを比較すること、2)auto-CATにおけるDTT処理の影響を評価すること、3)auto-CATにおける抗体価測定のカットオフ値を決定することを目的に本検討を実施した。我々は、A型10名、B型10名、O型10名の合計30名の健常ボランティアを対象とした。対象から得た血液サンプルを用い、同時に試験管法とauto-CATで抗体価を測定した。全症例を対象にした場合、auto-CATはDTT処理血漿を用い、カットオフ値をw+に設定すると、試験管法との一致率は45%、重み付けκ係数は0.994となった。さらに、試験管法とauto-CATで測定した抗A/B抗体価の間には有意な正の相関関係を認めた。また、auto-CATにおいてDTT処理に起因する偽陽性反応は認めなかった。試験管法で使用しているカットオフ値1+は、auto-CATではw+に相当する。本検討はDTT処理を行い、カットオフ値をw+にしたauto-CATにおける抗体価の結果が標準法である試験管法の結果と一致性が高まることを示した。我々は、auto-CATによる抗体価測定が日常検査に有用であると考える。(著者抄録)

  9. ETV6の再構成による異所性遺伝子発現を認めた急性骨髄性白血病の二症例(Two cases of AML with ectopic gene expression resulting from the ETV6 rearrangements)

    安部 明弘, 山本 幸也, 岡本 晃直, 入山 智沙子, 徳田 倍将, 稲熊 容子, 蟹江 匡治, 冨田 章裕, 赤塚 美樹, 岡本 昌隆, 亀山 俊樹, 前田 明, 恵美 宣彦

    臨床血液  2018年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

  10. 消化管出血時の緊急輸血にて、アナフィラキシー・ショックを合併したIgA欠損症の1例

    岡本 晃直, 村松 知佳, 坂本 悠斗, 永田 梨奈, 及川 彰太, 松野 貴洋, 西垣 亮, 磯貝 聡衣, 加藤 友理, 松浦 秀哲, 柴田 亜委, 荒川 章子, 杉浦 縁, 恵美 宣彦, 赤塚 美樹

    日本輸血細胞治療学会誌  2018年6月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  11. D抗原に特異性を持つ抗体を保有するRhD陽性の2症例

    坂本 悠斗, 松浦 秀哲, 杉浦 縁, 林 由芽, 中村 真理, 松野 貴洋, 永田 梨奈, 及川 彰太, 西垣 亮, 磯貝 聡衣, 村松 知佳, 太田 貴江, 荒川 章子, 赤塚 美樹

    日本輸血細胞治療学会誌  2018年6月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  12. びまん性大細胞性B細胞リンパ腫における腫瘍浸潤effector regulatory T cell

    河野奨, 河野奨, 島田和之, 赤塚美樹, 赤塚美樹, 鬼頭邦吉, 杉山大介, 伊藤佐知子, 清井仁, 西川博嘉, 中村栄男

    日本リンパ網内系学会会誌  2018年5月31日  (一社)日本リンパ網内系学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月31日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  13. CD5陽性骨髄原発DLBCL5例の検討

    岡本 晃直, 岡本 昌隆, 岡村 容子, 徳田 倍将, 蟹江 匡治, 山本 幸也, 冨田 章裕, 赤塚 美樹, 恵美 宜彦

    日本リンパ網内系学会会誌  2018年5月  (一社)日本リンパ網内系学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  14. 緊急輸血におけるシミュレーション-輸血医療チームの創り方- 輸血医療チームの創り方

    松浦 秀哲, 松野 貴洋, 西垣 亮, 及川 彰太, 林 由芽, 杉浦 縁, 赤塚 美樹

    日本輸血細胞治療学会誌  2018年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  15. 愛知県の12基幹病院における輸血医療のインシデント・アクシデントに関する実態調査

    永田 梨奈, 松浦 秀哲, 杉浦 縁, 石田 高司, 大西 一功, 小澤 幸泰, 笠井 雅信, 加藤 栄史, 木下 朝博, 河野 彰夫, 近藤 勝, 齋藤 俊樹, 澤 正史, 杉浦 勇, 松下 正, 赤塚 美樹, 愛知県合同輸血療法委員会

    日本輸血細胞治療学会誌  2018年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  16. 交差適合試験の省略と簡略化を考える 安全性を重視した高感度交差適合試験の運用

    松浦 秀哲, 杉浦 縁, 荒川 章子, 赤塚 美樹

    日本輸血細胞治療学会誌  2018年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. 再発急性骨髄性白血病において微小転座から複数のスプライシング産物を認めたRUNX1-GRIK2融合遺伝子(Multiple splicing transcripts from RUNX1-GRIK2 fusion in a cryptic translocation in a relapsed AML)

    Abe Akihiro, Yamamoto Yukiya, Okamoto Akinao, Tokuda Masutaka, Inaguma Yoko, Yanada Masamitsu, Kanie Tadaharu, Tomita Akihiro, Akatsuka Yoshiki, Okamoto Masataka, Kameyama Toshiki, Maeda Akira, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2017年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. Rasburicase投与後の抗体産生の頻度と抗体価の推移に関する研究

    安藤 舞子, 赤塚 美樹, 伊藤 佳織, 徳田 倍将, 稲熊 容子, 岡本 晃直, 蟹江 匡治, 柳田 正光, 山本 幸也, 冨田 章裕, 岡本 昌隆, 山田 成樹, 恵美 宣彦

    臨床血液  2017年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  19. 初発皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫(SPTCL)に対するPSL単剤治療の有効性

    加古 寿志, 岡本 晃直, 冨田 章裕, 稲熊 容子, 徳田 倍将, 蟹江 匡治, 柳田 正光, 山本 幸也, 赤塚 美樹, 岡本 昌隆, 恵美 宣彦

    臨床血液  2017年6月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語  

  20. 健常者におけるカラム凝集法と試験管法の抗体価測定の差異の検討

    杉浦 縁, 赤塚 美樹, 松浦 秀哲, 松野 貴洋, 荒川 章子, 及川 彰太, 永田 梨奈, 磯貝 聡衣, 村松 知佳, 柴田 亜委, 岡本 晃直, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2017年6月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  21. 当院におけるカリウム吸着フィルターの使用状況

    磯貝 聡衣, 松浦 秀哲, 杉浦 縁, 坂本 悠斗, 永田 梨奈, 及川 彰太, 松野 貴洋, 西垣 亮, 加藤 友理, 村松 知佳, 柴田 亜委, 荒川 章子, 岡本 晃直, 恵美 宣彦, 赤塚 美樹

    日本輸血細胞治療学会誌  2017年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:日本語  

  22. Phase 1 Clinical Trial of Adoptive Immunotherapy for Acute Myelogenous Leukemia and Myelodysplastic Syndrome, Using Gene-Modified Autologous Lymphocytes Expressing WT1-Specific T-Cell Receptor 国際会議

    Kazushi Tanimoto, Hiroshi Fujiwara, Isao Tawara, Masahiro Masuya, Shinichi Kageyama, Tetsuya Nishida, Makoto Murata, Seitaro Terakura, Yoshiki Akatsuka, Hiroaki Ikeda, Yoshihiro Miyahara, Ikuei Nukaya, Kazutoh Takesako, Nobuhiko Emi, Naoyuki Katayama, Hiroshi Shiku, Masaki Yasukawa

    Blood  2016年12月2日  American Society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月2日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    <title>Abstract</title>
    Elderly patients (pts) with acute myelogenous leukemia (AML) and high-risk myelodysplastic syndrome (MDS) particularly who are ineligible for allogeneic hematopoietic stem cell transplantation (allo-HSCT) and have disease relapse after allo-HSCT still have a poor prognosis. Thus, the development of novel treatment option providing higher response rate and prolonged survival time for those patients still remains an unmet need. Because not a few clinical and preclinical studies have described a promising value of Wilms Tumor 1 (WT1), a leukemia-associated antigen as a therapeutic target of antileukemia immunotherapy, we conducted a clinical study of novel adoptive immunotherapy using gene-modified autologous lymphocytes expressing WT1-specific T-cell receptor (TCR) for the treatment of refractory AML and high-risk MDS.


    A multicenter phase 1 study was conducted to assess feasibility, safety and preliminary antileukemia reactivity of patient-derived gene-modified lymphocytes expressing WT1-specific TCR. Antigen-specific TCR-gene transfer may cause a serious autoimmune disease mediated by mispaired TCR between introduced and endogenous TCR α/β chains. To avoid that, we established a retroviral vector system encoding siRNAs for endogenous TCR genes (siTCR vector). We conducted a first-in-human clinical trial employing this siTCR vector. After given written informed consents, mononuclear cells were collected from at most 200ml of peripheral blood (PB) from each patient. Then, proliferating lymphocytes pre-cultured with IL-2, anti-CD3 antibody and RetroNectinTM were infected with a retroviral vector, MS3-WT1-siTCR composed of DNAs encoding WT1235-243/HLA-A*24:02 complex specific TCR-α/β chains and siRNAs against endogenous TCR genes. Expanded gene-modified lymphocytes (WT1-siTCR/T cells) in additional culture for 13-14 more days were harvested and frozen until use. Eligibility included HLA-A*24:02 positive pts with refractory AML or high-risk MDS, &gt; 20 y.o, ineligible for allo-HSCT and performance status of 0 to 2. WT1-siTCR/T cells were intravenously infused twice on days 0 and 28. Heteroclitic WT1235-243 ninemer peptide (300mg) emulsified with MontanideTM was given subcutaneously on day 2 and 16 after the second infusion. Besides safety assays, kinetics of WT1-siTCR/T cells in PB, immunological responses and residual leukemia burden determined by qRT-PCR for WT1 mRNA were serially measured until day 58 since the first infusion.


    Among 12 pts enrolled, 8 pts (5 AML, 3 MDS) with a median age of 68.5 y. received study treatment. Three pts received 2x108 cells/ infusion (cohort 1), 3 received 1x109 cells/ infusion (cohort 2), and 2 received extra-cohort doses. Median follow-up time after the first infusion was 257 days (as June 13, 2016). At the first infusion, all pts contracted progressive disease. Circulatory WT1-siTCR/T cells retaining the target reactivity appeared immediately after each infusion, peaked between 1 to 3 days, and declined thereafter. WT1 peptide vaccination did not seem to affect the transition of infused cells. Values of WT1 mRNA in PB were transiently suppressed in all pts and declined in 4 pts thereafter. Clinical outcomes included one with stable disease and 2 pts with partial remission (PR). In one with PR, the epitope-spreading phenomenon was suggested. In all pts, no serious adverse events associated with infused WT1-siTCR/T cells were observed.


    Adoptive transfer of autologous WT1-siTCR/T cells was feasible and safe. Although the persistence of infused WT1-siTCR/T cells was limited, infused WT1-siTCR/T cells at least seemed to be involved in the antileukemia reactivity.


    <sec>
    <title>Disclosures</title>
    Tawara: Astellas: Honoraria. Akatsuka:Takara Bio Inc.: Consultancy. Nukaya:Takara Bio Inc.: Employment. Takesako:Takara Bio Inc.: Employment.


    </sec>

  23. 赤塚美樹.遺伝子改変T細胞療法の開発の歴史と将来. 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第78回日本血液学会総会.教育講演 49 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月15日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  24. 遺伝子改変T細胞療法の開発の歴史と将来. 国際会議

    赤塚 美樹

    第78回日本血液学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月15日

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  25. t(4;12)を伴うAML症例におけるETV6転座によるPDGFRAおよびGSX2の転写活性化(Transcriptional activation of PDGFRA and GSX2 by ETV6 translocation in a case of AML with t(4;12))

    Abe Akihiro, Mizuta Shuichi, Yamamoto Yukiya, Okamoto Akinao, Iba Sachiko, Tokuda Masutaka, Inaguma Yoko, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Tomita Akihiro, Akatsuka Yoshiki, Okamoto Masataka, Kameyama Toshiki, Maeda Akira, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2016年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語  

  26. DLBCL患者における単核球及び血清中と腫瘍中EBVウイルス量の関係

    岡本 晃直, 柳田 正光, 岡本 昌隆, 稲熊 容子, 徳田 倍将, 森島 聡子, 蟹江 匡治, 山本 幸也, 水田 秀一, 冨田 章裕, 赤塚 美樹, 吉川 哲史, 中村 栄男, 溝口 良順, 恵美 宣彦

    日本リンパ網内系学会会誌  2016年8月  (一社)日本リンパ網内系学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  27. Basics and development of CAR-T cell therapy and its clinical applications. 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第14回日本臨床腫瘍学会総会. 教育講演2 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月28日

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  28. 血液浄化・ステロイドパルスが奏効したEBV関連血球貪性リンパ組織球症の1例

    野村 宣徳, 岡本 晃直, 稲熊 容子, 徳田 倍将, 森島 聡子, 蟹江 匡治, 柳田 正光, 山本 幸也, 水田 秀一, 冨田 章裕, 赤塚 美樹, 岡本 昌隆, 恵美 宣彦

    臨床血液  2016年6月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  29. 当院における異型適合赤血球輸血の状況

    荒川 章子, 杉浦 縁, 松浦 秀哲, 松野 貴洋, 及川 彰太, 永田 梨奈, 磯貝 聡衣, 加藤 友理, 村松 知佳, 柴田 亜委, 倉橋 美千代, 岡本 晃直, 水田 秀一, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2016年6月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語  

  30. 輸血依存MDS及びAAにおける、デフェラシロクス時代の鉄過剰症及び生存/死因の検討

    岡本 晃直, 加藤 友理, 村松 知佳, 松浦 秀哲, 荒川 章子, 杉浦 縁, 徳田 倍将, 森島 聡子, 水田 秀一, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2016年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  31. 当院における新生児・小児に対する赤血球輸血の後方視的検討

    加藤 友理, 松浦 秀哲, 永田 梨奈, 磯貝 聡衣, 村松 知佳, 荒川 章子, 倉橋 美千代, 杉浦 縁, 岡本 晃直, 水田 秀一, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2016年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語  

  32. 悪性リンパ腫における末梢血EBV-DNA量測定の意義

    岡本 晃直, 柳田 正光, 三浦 浩樹, 稲熊 容子, 德田 倍将, 蟹江 匡治, 山本 幸也, 冨田 章裕, 赤塚 美樹, 岡本 昌隆, 吉川 哲史, 恵美 宣彦

    藤田学園医学会誌  2016年  藤田学園医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語  

  33. Adoptive Transfer of WT1-Specific TCR Gene-Transduced Lymphocytes in Patients with Myelodysplastic Syndrome and Acute Myeloid Leukemia 国際会議

    Isao Tawara, Masahiro Masuya, Shinichi Kageyama, Tetsuya Nishida, Seitaro Terakura, Makoto Murata, Hiroshi Fujiwara, Yoshiki Akatsuka, Hiroaki Ikeda, Yoshihiro Miyahara, Daisuke Tomura, Ikuei Nukaya, Kazutoh Takesako, Nobuhiko Emi, Masaki Yasukawa, Naoyuki Katayama, Hiroshi Shiku

    Blood  2015年12月3日  American Society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月3日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <title>Abstract</title>
    Wilms' Tumor 1 (WT1) is expressed in a majority of MDS and AML cells and mRNA of WT1 in peripheral blood and bone marrow is monitored as a marker of minimal residual disease of AML and MDS. Several WT1 protein-derived epitopes that are recognized by cytotoxic T lymphocytes (CTLs) along with HLA molecules are determined. In vitro study and WT1 peptide vaccine trials have demonstrated that WT1-specfic CD8+ T cells with cytotoxic activity can be induced. Adoptive T cell therapy using ex vivo expanded WT1-specific CTLs or WT1-specific T-cell receptor (TCR)-gene transduced cells are potentially effective to refractory MDS and AML.


    Antigen-specific TCR-gene transfer may cause serious autoimmune disease by mispairing of introduced and endogenous TCR chains that recognize auto-antigens. We established a retroviral vector system encoding siRNAs for endogenous TCR genes to eliminate TCR-mispairing. Using the siRNA-encoding viral vector, we have conducted a first-in-man trial of WT1-specfic TCR-gene transduced T cell transfer. In the trial, we evaluate the safety of the TCR T cell transfer in patients with MDS and AML, and assess in vivo kinetics of the transferred cells. The study was designed as cell-dose escalation with three cohorts of 2x108, 1x109, and 5x109cells per infusion.


    Peripheral blood mononuclear cells were collected from each patient. Then, the cells were cultured with IL-2, anti-CD3 antibody, and RetroNectin®. Proliferating lymphocytes were infected with a retroviral vector, MS3-WT1-siTCR, which was constructed from DNA encoding WT1235-243/HLA*A24:02 specific TCR-α and -β chains and siRNAs for endogenous TCR genes. After 13-14 days in culture, the lymphocytes were harvested and frozen until infusion.


    Patients were enrolled to the clinical trial if they were refractory AML or MDS ineligible for allogeneic stem cell transplant, positive for HLA-A*24:02, had performance status of 0 to 2, and had normal organ function. WT1-TCR T cells were infused intravenously twice on days 0 and 28. Modified WT1235-243peptide (300μg) emulsified with Montanide, was given subcutaneously on day 2 and 16 after the second infusion.


    To date, 5 patients (4 MDS and 1 AML cases) with a median age of 69 years, received WT1-TCR T cells. Three received 2x108 cells (cohort 1) and 2 received 1x109 cells (cohort 2) per infusion, respectively. We did not see any severe adverse events related to the cell infusion or peptide vaccination. No renal or mesothelial damages were observed. We then assessed transduced TCR-gene copy numbers in peripheral blood samples collected at multiple pre-determined time points until day 58.TCR-gene marked cells were detected in all patients after the cell infusion. They appeared immediately after the infusion, reaching peak levels between 1 and 3 days. Then, the levels gradually declined. After the second infusion, which was followed by peptide vaccination, the cells appeared in the similar way to the first cycle. The peptide vaccine did not seem to affect the peripheral cell kinetics. Dose-dependent kinetics were shown between the cohort 1(2 x108 cells) and the cohort 2 (1x109cells). In two patients, transient decline of peripheral abnormal cells that were MDS-related erythroblasts, and decrease of bone marrow blasts were observed, respectively.


    Although the clinical trial is still ongoing, transfer of WT1-TCR-gene transduced lymphocyte to MDS and AML patients is safe and tolerable. TCR- T cells appeared in peripheral blood with cell-dose dependent manner.


    <sec>
    <title>Disclosures</title>
    Fujiwara: Celgene: Honoraria, Other: Travel, Acomodations, Expenses. Akatsuka:Takara Bio. Inc.: Other: Advisor to the CAR project. Tomura:TAKARO BIO INC.: Employment. Nukaya:TAKARA BIO INC.: Employment. Takesako:TAKARA BIO INC.: Employment.


    </sec>

  34. B型肝炎キャリアの初回妊娠中に発症した重症再生不良性貧血(SAA)の1例

    栗本 恭好, 蟹江 匡治, 岡本 晃直, 稲熊 容子, 徳田 倍将, 柳田 正光, 森島 聡子, 山本 幸也, 水田 秀一, 赤塚 美樹, 岡本 昌隆, 恵美 宣彦

    臨床血液  2015年11月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語  

  35. 導入化学療法を受けない急性骨髄性白血病患者の転帰(The fate of patients with acute myeloid leukemia not undergoing induction chemotherapy)

    Yanada Masamitsu, Okamoto Akinao, Inaguma Yoko, Tokuda Masutaka, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Mizuta Shuichi, Akatsuka Yoshiki, Okamoto Masataka, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2015年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. t(8;12;21)のRUNX1-RUNX1T1白血病において発見されたTM7SF4-VPS13BおよびVPS13B-RUNX1融合遺伝子(TM7SF4-VPS13B and VPS13B-RUNX1 fusion genes found in RUNX1-RUNX1T1 leukemia with t(8;12;21))

    Abe Akihiro, Yamamoto Yukiya, Okamoto Akinao, Tokuda Masutaka, Inaguma Yoko, Yamamoto Kiyoko, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Mizuta Syuichi, Akatsuka Yoshiki, Okamoto Masataka, Kameyama Toshiki, Mayeda Akila, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2015年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語  

  37. t(8;14;18)(q24;q32;q21)を有するDLBCLとBLの中間型リンパ腫(Intermediate lymphoma between DLBCL and BL with t(8;14;18) (q24;q32;q21))

    Inaguma Yoko, Okamoto Akinao, Ito Kaori, Tokuda Masutaka, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Mizuta Shuichi, Akatsuka Yoshiki, Okamoto Masataka, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2015年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

  38. DLBCL患者の処置前血清におけるEBV DNA検出の予後的意義(Prognostic significance of EBV DNA detection in pretreatment serum from patients with DLBCL)

    Okamoto Akinao, Yanada Masamitsu, Okamoto Masataka, Miura Hiroki, Inaguma Yoko, Tokuda Masutaka, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Mizuta Shuichi, Akatsuka Yoshiki, Yoshikawa Tetsushi, Mizoguchi Yoshikazu, Nakamura Shigeo, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2015年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. Bendamustineとrituximab併用による再治療の免疫系に対する有効性、毒性および影響(Efficacy, toxicity and effect on the immune system of retreatment with bendamustine plus rituximab)

    Ito Kaori, Okamoto Masataka, Ando Maiko, Ando Yosuke, Kakumae Yukiko, Okamoto Akinao, Inaguma Yoko, Tokuda Masutaka, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Mizuta Syuichi, Hayashi Takahiro, Akatsuka Yoshiki, Yamada Shigeki, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2015年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

  40. 最重症再生不良性貧血の一例

    水谷 有希, 佐藤 聖子, 大澤 道子, 西井 智香子, 松浦 秀哲, 杉浦 縁, 稲熊 容子, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本検査血液学会雑誌  2015年6月  (一社)日本検査血液学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

  41. 藤田保健衛生大学病院輸血タスクフォースの取り組み

    松浦 秀哲, 水田 秀一, 杉浦 縁, 橋本 さや香, 荒川 章子, 村山 元秀, 高木 里枝, 関谷 佳代, 石神 泰子, 岡松 幸代, 大川 千春, 酒井 敏江, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2015年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  42. 血液悪性腫瘍を発症した患者の微量元素、ビタミンの血中濃度の検討

    徳田 倍将, 稲熊 容子, 蟹江 匡治, 山本 幸也, 柳田 正光, 水田 秀一, 赤塚 美樹, 岡本 昌隆, 恵美 宣彦

    日本内科学会雑誌  2015年2月  (一社)日本内科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  43. 末梢血幹細胞採取量予測に関する検討

    杉浦 縁, 松浦 秀哲, 水田 秀一, 永田 梨奈, 沼尻 茜, 加藤 友理, 村松 知佳, 村山 元秀, 荒川 章子, 倉橋 美千代, 岡本 晃直, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2015年2月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  44. 当院における輸血副作用発生状況の検討

    加藤 友理, 松浦 秀哲, 永田 梨奈, 沼尻 茜, 村松 知佳, 村山 元秀, 荒川 章子, 倉橋 美千代, 杉浦 縁, 岡本 晃直, 水田 秀一, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2015年2月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  45. 私のこの一枚 症例報告 HLH軽快後にB細胞リンパ腫の診断に至った1例

    稲熊 容子, 赤塚 美樹, 岡本 昌隆, 恵美 宣彦

    血液フロンティア  2015年1月  (株)医薬ジャーナル社

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  46. EBV‐positive diffuse large B‐cell lymphoma of the elderlyの臨床病理学的検討

    岡本晃直, 岡本昌隆, 柳田正光, 稲熊容子, 森島聡子, 蟹江匡治, 山本幸也, 水田秀一, 赤塚美樹, 恵美宣彦

    日本臨床腫瘍学会学術集会(CD-ROM)  2015年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語  

  47. びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるEBV量とEBER陽性の予後的意義(The prognostic significance of EBV viral load and EBER-positivity in diffuse large B-cell lymphoma)

    Okamoto Akinao, Yanada Masamitsu, Okamoto Masataka, Inaguma Yoko, Tokuda Masutaka, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Abe Akihiro, Mizuta Shuichi, Akatsuka Yoshiki, Yoshikawa Tetsushi, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2014年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  48. DEK-NUP214を伴うAML患者における付加的なNUP214-RAC1融合遺伝子(Additional NUP214-RAC1 fusion gene in an AML patient with DEK-NUP214)

    Abe Akihiro, Yamamoto Yukiya, Okamoto Akinao, Tokuda Masutaka, Inaguma Yoko, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Tsuzuki Motohiro, Akatsuka Yoshiki, Mizuta Shuichi, Okamoto Masataka, Kameyama Toshiki, Mayeda Akira, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2014年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

  49. 慢性骨髄性白血病患者の治療中に生じた最重症再生不良性貧血

    山添 泰佳, 岡本 晃直, 稲熊 容子, 徳田 倍将, 森島 聡子, 柳田 正光, 蟹江 匡治, 山本 幸也, 赤塚 美樹, 水田 秀一, 岡本 昌隆, 恵美 宣彦

    臨床血液  2014年7月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

  50. 異なった親和性をもつHLA-A2拘束性マイナー抗原HA-1Hを特異的CAR-T細胞の機能解析

    赤塚 美樹, 赤堀 泰, 稲熊 容子, 西村 泰治, 岡村 文子, 葛島 清隆, 恵美 宣彦

    日本がん免疫学会総会プログラム・抄録集  2014年6月  日本がん免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  51. カリウム吸着フィルターを使用した小児輸血の基礎的検討

    杉浦 縁, 松浦 秀哲, 加藤 友理, 村松 知佳, 沼尻 茜, 村山 元秀, 荒川 章子, 倉橋 美千代, 高須賀 広久, 赤塚 美樹, 水田 秀一, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2014年6月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. Angiommunoblastic T-cell lymphoma(AITL)の自家造血幹細胞移植(auto HSCT)後にB細胞リンパ増殖性疾患を発症した一例

    岡本 晃直, 岡本 昌隆, 稲熊 容子, 徳田 倍将, 森島 聡子, 柳田 正光, 蟹江 匡治, 山本 幸也, 水田 秀一, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本リンパ網内系学会会誌  2014年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

  53. 急速大量輸血を想定したカリウム吸着フィルターの検討

    村松 知佳, 松浦 秀哲, 磯貝 聡衣, 杉浦 縁, 沼尻 茜, 加藤 友理, 村山 元秀, 荒川 章子, 倉橋 美千代, 高須賀 広久, 赤塚 美樹, 水田 秀一, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2014年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

  54. 当院における緊急O型赤血球輸血依頼状況

    磯貝 聡衣, 松浦 秀哲, 高須賀 広久, 倉橋 美千代, 杉浦 縁, 荒川 章子, 村山 元秀, 内田 由香, 村松 知佳, 長谷川 勝俊, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2013年10月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

  55. TRAILを発現する多能性幹細胞由来ミエロイド細胞を用いた細胞医薬の開発(Pluripotent stem cell-derived myeloid cells engineered to express TRAIL as a possible cell medicine for cancer)

    牧 寛之, 植村 靖史, 張 エイ, 竹田 和由, 劉 天懿, 鈴木 元晴, 都築 忍, 岡村 文子, 赤塚 美樹, 西村 泰治, 千住 覚, 葛島 清隆

    日本癌学会総会記事  2013年10月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  56. 第1選択R-CHOP療法が濾胞性リンパ腫患者の免疫に及ぼす影響(Effects of 1st line R-CHOP on the immunity in patients with follicular lymphoma)

    Ito Kaori, Okamoto Masataka, Terazawa Tomohiko, Kakumae Yukiko, Okamoto Akinao, Inaguma Yoko, Tokuda Masutaka, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Akatsuka Yoshiki, Mizuta Shuichi, Yamada Shigeki, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2013年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  57. 当院診療部門における輸血管理状況

    荒川 章子, 長谷川 勝俊, 高須賀 広久, 倉橋 美千代, 杉浦 縁, 村山 元秀, 内田 由香, 松浦 秀哲, 村松 知佳, 磯貝 聡江, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2013年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  58. リツキシマブの開発前後の無作為に選んだDLBCL患者の治療成績の違い(Differences in outcome for unselected patients with DLBCL before and after the advent of rituximab)

    Okamoto Akinao, Yanada Masamitsu, Inaguma Yoko, Tokuda Masutaka, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Tuzuki Motohiro, Akatsuka Yoshiki, Shuichi Mizuta, Okamoto Masataka, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2012年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語  

  59. NUP98-HOXA9のAML再発患者に見られたt(11;12)(q13;p13)の追加よるETV6-LPXN融合遺伝子(ETV6-LPXN fusion from additional t(11;12) (q13;p13) in a patient relapsing with AML with NUP98-HOXA9)

    Akihiro Abe, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Okamoto Akinao, Tokuda Masutaka, Inaguma Yoko, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Akatsuka Yoshiki, Mizuta Syuichi, Okamoto Masataka, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2012年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  60. 当院で検出された抗K抗体の1症例

    杉浦 縁, 長谷川 勝俊, 高須賀 広久, 倉橋 美千代, 荒川 章子, 村山 元秀, 内田 由香, 松浦 秀哲, 村上 優佳, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2012年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

  61. 劇症型心筋炎に免疫グロブリン大量療法が奏効した1症例

    松浦 秀哲, 長谷川 勝俊, 高須賀 広久, 倉橋 美千代, 杉浦 縁, 荒川 章子, 村山 元秀, 内田 由香, 村上 優佳, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2012年4月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  62. 当科でのDIC症例に関する検討(Single center analysis of DIC with hematological malignancy)

    稲熊 容子, 岡本 晃直, 徳田 倍将, 柳田 正光, 森島 聡子, 蟹江 匡治, 山本 幸也, 都築 基弘, 赤塚 美樹, 水田 秀一, 岡本 昌隆, 恵美 宣彦

    Thrombosis Medicine  2012年3月  (株)先端医学社

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

  63. 当院におけるPBSCの現状

    杉浦縁, 長谷川勝俊, 倉橋美千代, 村山元秀, 七ツ村めぐみ, 水田秀一, 赤塚美樹, 恵美宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2012年2月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  64. Intracellular interferon-γ staining analysis of donor-specific t-cell responses in liver transplant recipients

    Y. Okanami, K. Tsujimura, S. Mizuno, M. Tabata, S. Isaji, Y. Akatsuka, K. Kuzushima, T. Takahashi, S. Uemoto

    Transplantation Proceedings  2012年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語  

  65. 血液悪性腫瘍を伴うDICに関する単施設での解析(Single center analysis of DIC with hematologicalmalignancy)

    Inaguma Yoko, Okamoto Akinao, Tokuda Masutaka, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Tsuzuki Motohiro, Akatsuka Yoshiki, Mizuta Shuichi, Okamoto Masataka, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2011年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  66. FLT3シグナル伝達を直接調節するヒト単クローン抗体の分離(Isolation of human monoclonal antibodies directly modulating FLT3 signaling)

    Yamamoto Yukiya, Tsuzuki Sachiko, Akahori Yasushi, Ukai Yoshinori, Sumitomo Mariko, Tokuda Masutaka, Kanie Tadaharu, Abe Akihiro, Akatsuka Yoshiki, Kurosawa Yoshikazu, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2011年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

  67. Deferasiroxを投与したMDS患者2例における造血に及ぼす好ましい効果(Positive effects on hematopoiesis in two patients with MDS receiving deferasirox)

    Tsuzuki Motohiro, Inaguma Youko, Okamoto Akiao, Tokuda Masutaka, Yanada Masamitsu, Morishima Satoko, Kanie Tadaharu, Yamamoto Yukiya, Akatsuka Yoshiki, Mizuta Shuichi, Okamoto Masataka, Emi Nobuhiko

    臨床血液  2011年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

  68. マイナー組織適合抗原の重要性 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第33回日本造血細胞移植学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    国名:日本国  

  69. 当院における輸血関連インシデント事例の検討

    松浦 秀哲, 長谷川 勝俊, 倉橋 美千代, 杉浦 縁, 荒川 章子, 村山 元秀, 内田 由香, 七ツ村 めぐみ, 村上 優佳, 高須賀 広久, 富井 榮江, 赤塚 美樹, 恵美 宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2011年3月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  70. 臍帯血移植後にオセルタミビル耐性新型インフルエンザ(H1N1)感染により死亡した成人APLの1例

    都築基弘, 半田幸助, 稲熊容子, 徳田倍将, 長谷川明生, 森島聡子, 蟹江匡治, 山本幸也, 赤塚美樹, 水田秀一, 岡本昌隆, 恵美宣彦

    日本造血細胞移植学会総会プログラム・抄録集  2011年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  71. 末梢血CD34陽性細胞とCD34陽性細胞収量の相関

    杉浦縁, 水田秀一, 長谷川勝俊, 倉橋美千代, 荒川章子, 村山元秀, 七ツ村めぐみ, 内田由香, 村上優佳, 高須賀広久, 富井栄江, 赤塚美樹, 恵美宣彦, 恵美宣彦

    日本輸血細胞治療学会誌  2010年4月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月28日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  72. 低悪性度B細胞リンパ腫に対するFludarabinおよびRituximab‐Fludarabin療法の有害事象;免疫機能に与える影響を中心に

    熊澤里美, 岡本昌隆, 伊藤佳織, 稲熊容子, 太田秀基, 山本幸也, 都築基弘, 水田秀一, 赤塚美樹, 丸山文夫, 矢野裕章, 恵美宣彦

    日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム・抄録集  2010年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語  

  73. 造血幹細胞移植と組織適合性抗原 同種造血幹細胞移植とマイナー組織適合性抗原 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第18回日本組織適合性学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    国名:日本国  

  74. 網羅的ゲノム解析によるB細胞性リンパ腫における標的遺伝子A20の同定

    加藤 元博, 真田 昌, 加藤 格, 佐藤 康晴, 滝田 順子, 竹内 賢吾, 丹羽 明, 陳 玉彦, 中崎 久美, 野本 順子, 朝倉 義崇, 赤塚 美樹, 林 泰秀, 五十嵐 隆, 黒川 峰夫, 千葉 滋, 森 茂郎, 石川 雄一, 岡本 康司, 飛内 賢正, 中釜 斉, 中畑 龍俊, 吉野 正, 小林 幸夫, 小川 誠司

    日本リンパ網内系学会会誌  2009年6月  (一社)日本リンパ網内系学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  75. Genome-Wide Association Studies of Genetic Incompatibility That Is Relevant to the Development of GvHD in Unrelated Bone Marrow Transplantation 国際会議

    Seishi Ogawa, Aiko Matsubara, Koichi Kashiwase, Makoto Onizuka, Masashi Sanada, Motohiro Kato, Yasuhito Nannya, Yoshiki Akatsuka, Takakazu Kawase, Masahiro Satake, Junko Takita, Yasuo Morishima, Shigeru Chiba, Hiroo Saji, Hidetoshi Inoko, Yoshihisa Kodera, Takehiko Sasazuki

    Blood  2008年11月16日  American Society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    <title>Abstract</title>
    Allogeneic stem cell transplantation (allo-SCT) is one of the most effective therapeutic options for blood cell cancers. While its major anti-leukemic benefits are obtained from allo-immune reactions against leukemic cells, or GVL, the same kind of allo-reactions could be also directed to normal host tissues, giving rise to a severe complication, know as graft versus host disease (GvHD). In HLA-matched transplantation, the development of both reactions absolutely depends on the presence of one or more mismatched minor histocompatibility antigens (mHAgs) and could be further modified by other genetic as well as environmental factors, including for example, cytokine polymorphisms and GvHD prophylaxis. Thus, in view of better preventing GvHD and specifically targeting allo-immunity to the tumor component, it is critical to understand what mHAgs are mismatched and responsible for the development of GVHD or GVL and what genetic factors can influence the overall reactions. To address these questions, we conducted whole genome association studies by genotyping more than 500,000 SNPs in donors and recipients of 1598 unrelated transplants from Japan Marrow Donation Program (JMDP). All transplants were matched for HLA-A, B, C, DRB1 and DQB1, while 1033 (63%) transplants were mismatched for HLA-DPB1. 656 (41.7%) and 245 (14.9%) of transplants had developed grade II–IV and III–IV of acute GvHD (aGvHD), respectively. Overall call rates exceeded 98% both in donors and in recipients. Unobserved HapMap PhaseII SNPs were rigorously imputed using genotyped SNPs. After excluding those SNPs showing &lt;95% call rate, deviation from Hardy-Weinberg equilibrium, or &lt;5% minor allele frequency, 1,276,699 SNPs were tested for association with development of acute and chronic GvHD, relapse, and overall survival, by calculating LogRank statistics for each SNP according to single genotypes in donors and recipients or based on mismatch in genotypes between donor and recipient. Statistical thresholds for genome-wide-P value of 0.05 were determined empirically by doing 1,000 permutations for each analysis. In the analysis of mismatched genotypes, SNPs around the HLA-DPB1 locus uniquely showed a strong association with the development of &gt;grade II aGvHD with the maximum P-value of 1.81 × 10−9 at rs6937034, and thus, successfully captured the association of DPB1 allele mismatch as directly defined by HLA typing (HR = 1.91, P= 2.88 × 10−13). To facilitate the identification of target mHAgs for aGvHD, we performed subgroup analysis, where association tests were confined to those transplants sharing particular HLA types based on the fact that recognition of mHAgs is restricted to particular HLA contexts (HLA restriction). Six loci was identified as candidate mHAg loci whose mismatch may confer increased risk for development of aGvHD. These included rs17473423 on chr12 associated with an A*2402/B*5201/Cw*1202/DRB1*1501/DQB1*0601 allele set shared in ~40% of unrelated transplants in Japanese (grade III–IV aGvHD with maximum P=3.99 × 10−13), rs9657655 on chr9 associated with another common allele in Japanese, A*3303/B*4403/Cw*1403 (grade III–IV aGvHD with maximum P=8.56 × 10−10), and other four loci associated with DQB1*0501, Cw*0102, B*5201, and Cw*1202. Two SNPs in patients were also found to be associated with aGvHD, rs5998746 on chr22 (P=3.41 × 10−8) and rs11873016 on chr18 (P=1.26 × 10−8), although no donor SNPs showed significant associations). Similarly, we identified four candidate SNPs associated with the development of severe cGvHD or relapse. Current study provided a unique opportunity in that combination of two different genotypes, not merely genotypes of single individuals, that is associated with particular disease phenotypes, is explored by whole genome association scans. Although further replication studies and biological confirmation are required, our results suggest that whole genome association studies of allo-SCT could provide a novel clue to understanding the genetic basis of allo-SCT.

  76. 骨髄移植症例に誘導されるGVL効果の解析. 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第67回日本癌学会総会 シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    国名:日本国  

  77. Minor Antigen 反応性CTLの移植医療への関与 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第31回日本造血細胞移植学会総会、シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    国名:日本国  

  78. Escape of Minor Histocompatibility Antigen-Restricted Anti-Leukemia Immunity Associated with Loss of Specific HLA-I Locus Expression in a Leukemia Patient after an Intensive Immunotherapy. 国際共著 国際会議

    Lung-Ji Chang, Chun-Rong Tong, Jih-Luh Tang, Yoshiki Akatsuka, Shuhong Han, Yin Liang, Chi-Cheng Li, Lujia Dong, Tong Wu, Dao-Pei Lu

    Blood  2007年11月16日  American Society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月16日

    記述言語:英語  

    <title>Abstract</title>
    Differential graft versus host response after bone marrow transplantation (BMT) is key to leukemia patient survival. The development of specific graft versus leukemia response targeting tissue-specific minor histocompatibility antigens (mHAgs) is a novel therapeutic approach to treating hematopoietic malignancies. A pilot intensive immune cell therapy was applied to an acute myeloid leukemia (AML) patient who relapsed around day 43 after receiving unrelated allogeneic BMT with three allele disparities for HLA-A, C and DQB1. The patient received more than thirty infusions of dendritic cell-co-cultured donor-derived immune cells including cytotoxic T lymphocytes (CTL) generated against AML lysate-pulsed dendritic cells (DC), AML-DC fusion, and DC pulsed with HLA-A*2402-restricted ACC1Y mHAg epitope. The latter was expressed by recipient but not by donor hematopoietic cells. ACC1Y-peptide-major histocompatibility complex (MHC) multimer staining detected CTL in the patients peripheral blood at different time points during treatment. Four months after the first mHAg-CTL infusion, CTL-resistant AML cells were detected in relapsed pleural effusion and peripheral blood. Further analysis of the relapsed AML cells revealed complete loss of surface class I HLA-A*2402 and class II HLA molecules. Although the AML-specific immune cells were effective in killing the original AML in CTL assays in vitro, the late relapsed AML became resistant to the early AML-primed CTL. This result suggests that rapidly evolving AML cells may escape the intensive anti-leukemia allo-immune pressure including the mHAg-specific CTL through selective loss of A*2402 expression - the ACC1Y-restricted HLA locus. As the patient suffered ongoing multi-focal extramedullary relapse in muscles, sub-mucosal tissue, intestine, spinal cord, and brain, rare cancer cells resistant to mHAg-specific CTL could evolve quickly. Our study indicates that immune escape through diminished HLA expression, which resulted in lack of cancer cell killing by AML-specific immune cells, including the mHAg-restricted CTL, had developed during the therapy. Therefore, leukemia patients with high load of AML or multi-focal extramedullary relapse may not endure prolonged benefit from a single arm immune cell therapy.

  79. GVHDを増強せずにGVL効果を高める治療法の可能性 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会 シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    国名:日本国  

  80. 造血器腫瘍に対する細胞免疫療法の今後 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第69回日本血液学会・第49回日本臨床血液学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    国名:日本国  

  81. 臍帯血移植後に増加するCD16+CD56‐NK細胞がGvL効果に関与している

    盧緒章, 近藤恭夫, 高松博幸, 大畑欣也, 石山謙, 山崎宏人, 高見昭良, 奥村廣和, 赤塚美樹, 中尾眞二

    臨床血液  2007年9月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月30日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  82. BCL2A1にコードされる血液細胞特異的マイナー組織適合抗原のメラノーマにおける異所性発現(Aberrant Expression of BCL2A1-Encoded Minor Histocompatibility Antigens in Melanoma Cells)

    鳥飼 宏基, 赤塚 美樹, 谷田部 恭, 亀井 美智, 森島 泰雄, 小寺 良尚, 高橋 利忠, 葛島 清隆

    日本癌学会総会記事  2007年8月  日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  83. マイナー組織適合抗原を標的とした免疫療法. 招待有り 国際会議

    赤塚 美樹

    第55回日本輸血・細胞治療学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    国名:日本国  

  84. Impact of Homozygous Deletion of UGT2B17 on Outcome of Allogeneic BMT. 国際共著 国際会議

    Seitaro Terakura, Makoto Murata, Tetsuya Nishida, Nobuhiko Emi, Yoshiki Akatsuka, Stanley R. Riddell, Yasuo Morishima, Yoshihisa Kodera, Tomoki Naoe

    Blood  2004年11月16日  American Society of Hematology

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月16日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    <title>Abstract</title>
    We recently identified a human minor histocompatibility (H) antigen encoded by the UDP glycosyltransferase 2 family, polypeptide B17 (UGT2B17) gene. UGT2B17 is a metabolic enzyme that is highly expressed in liver and colon, and at low levels in hematopoietic cells. UGT2B17 conjugates exogenous and endogenous compounds including steroid hormones and facilitates their elimination. The immunogenicity of the UGT2B17 was due to differential expression of the protein in donor and recipient cells as a consequence of a homozygous deletion of the UGT2B17 gene in the recipient. Deletion of this gene in a subset of normal individuals suggested two mechanisms by which UGT2B17 could affect the outcome of allogeneic BMT. First, the expression of UGT2B17 in recipient but not donor cells could provide minor H antigens and increase GVHD. Second, the presence of UGT2B17 in the donor or recipient could affect the metabolism, function, or toxicity related to endogenous hormones or drugs administered with BMT. The purposes of this study were to determine the frequency of homozygous UGT2B17 deletion in healthy individuals and patients with hematological disease and whether a deficiency of UGT2B17 in donor and/or recipient affected the outcome of allogeneic BMT. A total of 435 recipients were selected from the patients who received unrelated BMT through the Japanese Marrow Donor Program between January 1993 and March 2000. Selection criteria were (1) matched at HLA-A, B, C and DRB1 genotypes, (2) unmanipulated marrow graft, (3) cyclosporine A or tacrolimus as GVHD prophylaxis, and (4) available DNA was stored. DNA from a total of 358 of the donors was also available. Homozygous deletion of the UGT2B17 gene determined by SSP-PCR was found in 320 (84.8%) of 377 donors and 358 (82.3%) of 435 patients (P=0.32, χ2 test). These frequencies of UGT2B17 deletion were substantially higher than the 11% observed in the Caucasian population in a previous study. A multivariate analysis (Cox proportional hazard model) showed no significant association between UGT2B17-mismatch in the GVHD direction and the incidence of acute GVHD (grade II-IV or III-IV), chronic GVHD, relapse, or survival. However, a deletion of UGT2B17 in the donor was a favorable factor for transplant-related mortality (TRM) (relative risk, 0.530; 95% CI, 0.334 to 0.841; P=0.007), survival (0.567; 0.387 to 0.831; P=0.036) and disease-free survival (DFS) (0.647; 0.443 to 0.945; P=0.024). We also analyzed these outcomes in the subset of patients with standard-risk malignant disease by the Kaplan-Meier method. TRM, survival, and DFS at eight years after transplantation were 23.7% for patients transplanted from a UGT2B17-deleted donor vs 52.9% for patients with a UGT2B17-positive donor (P=0.001); 68.3% vs 37.5% (P=0.0009); and 66.9% vs 37.5% (P=0.0009), respectively. These data suggest that the UGT2B17 enzyme in donor-derived blood cells may affect the metabolism of exogenously administered or endogenous molecules and adversely influence the outcome of unrelated BMT. Analysis in another patient population will be important to confirm our results.

  85. 不適合 HLA-DP 抗原を標的とする同種移植後細胞免疫療法の検討

    勝山 直哉, 楫屋 良子, 白石 圭子, 西尾 信博, 一戸 辰夫, 赤塚 美樹

    第42回日本造血細胞移植学会総会  2020年3月6日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  86. The status of the tumor microenvironment changes dynamics of the balance of CD8(+) T cells and Treg cells in renal cell carcinoma 国際会議

    Sugiyama Daisuke, Muramatsu Tomoaki, Kobayashi Yoichi, Sassa Naoto, Maruyama Shoichi, Goto Momokazu, Akatsuka Yoshiki, Nishikawa Hiroyoshi

    CANCER RESEARCH  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  87. Tumor-infiltrating lymphocytes in renal cancer patients demonstrate a diverse PD-1 expression and characteristic Treg classification 国際会議

    Sugiyama Daisuke, Muramatsu Tomoaki, Kobayashi Yoichi, Sassa Naoto, Maruyama Shoichi, Goto Momokazu, Akatsuka Yoshiki, Nishikawa Hiroyoshi

    CANCER RESEARCH  2019年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

Works(作品等) 2

  1. HapMap SN Scanner の公開

    2012年

     詳細を見る

    作品分類:データベース  

    DOI: 10.1111/j.1399-0039.2012.01883.x

  2. 日本人に頻度の高いHLAクラスI遺伝子のcDNAの単離とバンキング(理化学研究所バイオリソースセンター)

    2002年
    -
    2004年

共同研究・競争的資金等の研究課題 11

  1. 同種造血細胞移植後の再発白血病に対する 新規アロ養子免疫療法の開発研究

    研究課題番号:19ek0510027h  2019年04月 - 2022年03月

    科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:31200000円 ( 直接経費:24000000円 、 間接経費:7200000円 )

  2. 同種移植後再発白血病に対する不適合HLA-DP型を標的とするCAR-T療法の開 発

    2020年04月 - 2021年03月

    日本血液学会研究助成 

    赤塚美樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:200000円

  3. 免疫チェックポイント阻害剤有効例における細胞傷害性T細胞抗原の同定

    2019年04月 - 2020年04月

    第44回(2019年度)研究助成金  がんに関する基礎研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:250000円

  4. MS3-WT1-siTCR ベクターを用いたWT1 抗原特異的TCR遺伝子導入T リンパ球輸注による急性骨髄性白血病及び骨髄異形成症候群に対する遺伝子治療臨床研(分担)

    2015年04月 - 2016年03月

    研究開発施設共用等促進費補助金  

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. がん特異的細胞性免疫の活性化を基盤とする新たな治療の開発(分担) 国際共著

    研究課題番号:201313019B  2010年04月 - 2014年03月

    厚生労働科学研究費補助金  厚生労働科学研究費補助金

    葛島清隆、赤塚美樹、神田 輝、藤田 貢、岡村 文子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:52914000円

  6. 灌流法により採取された骨髄細胞を用いた骨髄内骨髄移植療法:基礎から臨床へ(分担)

    研究課題番号:201229009B  2010年04月 - 2013年03月

    厚生労働省研究事業  厚生労働科学研究費補助金

    池原進、赤塚美樹、一戸辰夫、小川啓恭、小島勢二、品川克至、森尾友宏、村田誠、森眞一郎、野村昌作

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:21407000円

  7. 新しい造血幹細胞移植技術の開発に関する研究(分担)

    研究課題番号:200934031B  2008年04月 - 2010年03月

    厚生労働省研究事業  厚生労働科学研究費補助金

    池原進、赤塚美樹、一戸辰夫、小川啓恭、小島勢二、品川克至、森尾友宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:18800000円

  8. 特異的細胞性免疫の活性化による新規がん治療の開発研究(分担)

    研究課題番号:200924026B  2007年04月 - 2010年03月

    厚生労働省研究事業  厚生労働科学研究費補助金

    葛島清隆、赤塚美樹、森島泰雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:46900000円

  9. 「骨髄、末梢血等を利用した効率的な造血細胞移植の運用・登録と臨床試験体制の確立並びにドナー及びレシピエントの安全確保とQOL向上に関する研究」(分担)

    研究課題番号:200706013B  2005年04月 - 2008年03月

    厚生労働省研究事業  厚生労働科学研究費補助金

    小寺良尚、他19名

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:134758000円

  10. テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術-Whole Genome Association 解析によるGVHD の原因遺伝子の探索 (分担)

    2004年04月 - 2009年03月

    科学技術振興機構・戦略的創造研究推進事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  11. がん特異的細胞傷害性T細胞活性化に基づく免疫治療の構築(分担)

    研究課題番号:200621021B  2004年04月 - 2007年03月

    厚生労働省研究事業  厚生労働科学研究費補助金

    葛島清隆、赤塚美樹、森島泰雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:54200000円

▼全件表示

科研費 12

  1. 不適合HLA抗原を標的とした移植後再発に対するTCR導入T細胞療法の開発

    研究課題/研究課題番号:18K08341  2018年04月 - 2021年03月

    日本学術振興会(JSPS)  科学研究費助成事業  血液および腫瘍内科学関連

    赤塚 美樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    2018年度に不適合HLA-DP特異的T細胞の誘導のための培養条件を検討した。2019年度の計画は、(1)実際に同種造血幹細胞移植を受ける予定の患者の移植前末梢血から標的となるB細胞株(B-LCL)を作成すること、(2)移植前および移植後の30日目、100日目に末梢血単核球細胞を採取し、生着するドナー由来T細胞の中で患者と不適合なHLA-DP抗原に反応するT細胞を増殖させ、クローン化することであった。また昨年度の検討からCD4陽性T細胞クローンの細胞障害活性のkineticsはCD8陽性クローンと異なることが分かり、数日間にわたって評価する系の確立も実施した。標的細胞をCFSEで染色した場合は標的細胞の増殖で蛍光減衰が著しく測定が困難であっため、いくつかの蛍光標識法を検討しCytoTell試薬にて最大5日間評価が可能であることを見いだした。次いで経時的な評価時点で細胞の生死判定蛍光試薬を添加し、フローサイトメトリーでCytoTell陽性かつ死細胞の割合を測定し細胞障害活性が適切に評価できるようになった。T細胞受容体(TCR)遺伝子導入T細胞誘導に必要なベクターについてはレトロウイルスベクターを基本骨格とし、サイトメガロウイルス抗原特異的T細胞のTCRをモデルとしてα鎖・β鎖のアミノ酸置換を行い、wild typeのTCRより3倍程度の発現改善が得られた。移植患者のリクルートについては4施設の研究参加が得られたが、同胞間同種移植ではHLA-DP不適合が少ないためバンクを通じた非血縁者間移植症例を対象に限定した。その結果2019年度では参加同意が2例しか得られず、現在移植前末梢血単核球の保存およびB-LCLの誘導および移植後30日目の採血が得られ、HLA-DP特異的T細胞株の誘導を開始したところである。次年度はT細胞のクローニングと機能解析、TCR遺伝子の取得を行う予定である。
    研究協力施設として4施設の参加を頂いたが、HLA-DP不適合が起こりやすくかつHLAクラスIは適合したような非血縁者間同種移植に対象を限定した結果、非血縁者間移植の半数を占める臍帯血移植例を除外することとなり、日本骨髄バンクからの移植症例に全て依存することになった。ドナーのHLA-DPタイピングを事前にできないことから移植を終了し生着した血液でタイピングを行って不適合を確認する方法に研究計画を変更したため倫理審査に時間を要した。2019年末になってようやくリクルートを開始できたので、遅れを挽回できると考えている。この間CD4陽性T細胞クローンに固有な機能評価法を確定でき、TCR遺伝子改変T細胞作成に必要なベクターの開発を進めることができたため、良好なクローンを樹立次第TCR-T細胞を作成しその機能評価も可能になると思われる。ただし多くの研究協力病院はCOVID-19への対応のため移植症例を減らさざるをえなくなる可能性があり、臨床検体をもとに実施する本研究では不確定要素となっている。
    大幅に遅れているが研究方針について当初からの変更はない。過去2年間の研究で、HLA-DP特異的T細胞誘導条件は確立でき、また移植患者の試料採取の目処も立ったため、患者体内で不適合HLA-DPに生理的環境下にて感作されたドナー由来T細胞を用いて良好なクローンの樹立を進める。抗原遺伝子の同定が詳細な機能解析に必要であるが、既に準備のあるK562細胞株由来のcDNAライブラリーに加えて、CRSPR/Cas9を利用したライブラリーも作成予定であり、2方法で抗原同定を行っていく。

  2. 再生不良性貧血発症に関わる細胞傷害性T細胞が標的とする自己抗原の同定

    研究課題/研究課題番号:15K09512  2015年04月 - 2018年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 

    赤塚 美樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    再生不良性貧血の2患者において病態への関与が示唆された患者由来のHLA-B*40:02拘束性の細胞障害性T細胞(CTL)が認識する抗原の同定を試みた。CTLがHLA-B*40:02導入K562 を傷害したため、K562よりcDNAライブラリを作成、CTLからのIFNの発現を誘導できるcDNAクローンを単離したところ、1例から樹立したCTLが認識する抗原はOS9で、エピトープは11アミノ酸からなるMAAETLLSSLLであった。OS9はERに局在し低酸素ストレスに関わるとされ、病態への関与が推測された。2例目から樹立されたCTLは11万クローンまでアッセイしたが同定に至らず更に検討を進めている。

  3. 再生不良性貧血におけるゲノム異常を利用した造血抑制因子の同定(分担)

    研究課題/研究課題番号: 24390243  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    中尾 眞二、赤塚美樹、松井 啓隆、高松 博幸、西内 巧

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17940000円 ( 直接経費:13800000円 、 間接経費:4140000円 )

  4. マイナー抗原特異的免疫療法による免疫誘導能評価の標準化に関する研究

    研究課題/研究課題番号:24591435  2012年04月 - 2015年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5200000円 ( 直接経費:4000000円 、 間接経費:1200000円 )

  5. 造血幹細胞におけるHLAアレル欠失現象を利用した再生不良性貧血自己抗原の同定(分担)

    研究課題/研究課題番号:23659486  2011年04月 - 2013年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    中尾慎二、赤塚美樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円 ( 直接経費:2900000円 、 間接経費:870000円 )

  6. マイナー抗原等に関与する責任SNPの新規同定法の開発とネットツールの公開

    研究課題/研究課題番号:21591256  2009年04月 - 2012年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    葛島 清隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

  7. マイナー抗原を標的とした免疫療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17016089  2006年04月 - 2009年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特定領域研究

    葛島清隆 、辻村邦夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:43200000円 ( 直接経費:43200000円 )

  8. マイナー抗原を標的とした免疫療法の開発(分担)

    研究課題/研究課題番号:17016089  2005年04月 - 2069年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  特定領域研究

    高橋利忠、赤塚美樹、葛島清隆、辻村邦夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:43200000円 ( 直接経費:43200000円 )

  9. 造血器腫瘍に対する同種養子免疫療法の標的となるマイナー抗原の同定

    研究課題/研究課題番号:17591025  2005年04月 - 2007年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    赤塚美樹

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

  10. 日本人に頻度が高いHLAアリルにより拘束されるマイナー組織適合抗原の同定

    研究課題/研究課題番号:15591035  2003年04月 - 2005年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

  11. マウスTL抗原を標的とした免疫療法モデルの開発(分担)

    研究課題/研究課題番号:12217170  2001年04月 - 2004年03月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特定領域研究

    高橋 利忠、辻村 邦夫、赤塚美樹、中山 俊憲

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:66200000円 ( 直接経費:66200000円 )

  12. 血液細胞に特異的なマイナー組織適合抗原を標的とした白血病の免疫療法

    研究課題/研究課題番号:13671092  2001年04月 - 2003年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3400000円 ( 直接経費:3400000円 )

▼全件表示

産業財産権 2

  1. 血清の製造方法

    赤塚美樹、高橋利忠

     詳細を見る

    出願人:愛知県

    出願番号:特願2003-061398  出願日:2003年3月7日

    公開番号:特開2004-269409  公開日:2004年9月30日

    特許番号/登録番号:特許第4110285号 

  2. ウイルス特異的CTLの製造方法

    鈴木進、渡邉一絵、田路真悟、金律子、赤塚美樹、高橋利忠、葛島清隆

     詳細を見る

    出願人:株式会社医学生物学研究所

    公開番号:WO2008/023786  公開日:2008年8月24日

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 免疫と生体防御

    2020

     詳細を見る

    感染免疫
    移植免疫
    免疫系の治療への応用(細胞を中心に)

  2. 病理病態学

    2020

     詳細を見る

    免疫と疾患

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 腫瘍学

    2018年4月 - 2021年3月 藤田保健衛生大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  2. 血液内科学

    2018年4月 - 2021年3月 藤田保健衛生大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  3. 薬物治療学

    2018年4月 - 2020年3月 名城大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

 

社会貢献活動 3

  1. 移植療法、免疫療法について.

    講師

    NPO法人血液情報広場つばさ  NPO法人血液情報広場つばさフォーラムin名古屋「血液がん」  2016年11月13日

  2. がん免疫療法の新時代

    講師

    名城大学  薬学部卒後教育講演  2015年6月7日

  3. Adoptive Immunotherapy Using CTLs Against Minor Antigens

    講師

    日本白血病研究基金・白血病研究基金を育てる会  白血病公開シンポジウム  2003年8月31日