2021/04/16 更新

写真a

ニシカワ サトル
西川 智
NISHIKAWA Satoru
所属
減災連携研究センター 強靭化共創部門 教授
大学院担当
大学院環境学研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2008年11月   名古屋大学 ) 

研究分野 1

  1. その他 / その他  / 防災

経歴 6

  1. 内閣府   政策統括官(防災)   参事官(災害予防・広報・国際防災協力I   参事官

    2004年7月 - 2007年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 国際連合   人道問題局災害救済調整部   上席救済調整官

    1992年6月 - 1995年6月

      詳細を見る

    国名:スイス連邦

  3. アジア防災センター   所長(センター長)   所長

    2001年7月 - 2004年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 独立行政法人水資源機構   理事   理事

    2013年10月 - 2015年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 国土交通省   土地・水資源局水資源部   水資源政策課長   水資源政策課長

    2007年7月 - 2010年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 国土庁   防災局防災調整課   課長補佐   課長補佐

    1989年6月 - 1992年6月

▼全件表示

学歴 2

  1. 東京大学   工学系研究科   都市工学

    1980年4月 - 1982年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京大学   工学部   都市工学科

    1976年4月 - 1980年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 地域安全学会   理事

    1988年6月 - 現在

  2. 特定非営利活動法人事業継続推進機構   理事

    2016年5月 - 現在

  3. 日本防災プラットフォーム   顧問

    2017年10月 - 現在

  4. 国際斜面災害研究機構(ICL)   委員・アドバイザー

    2015年8月 - 現在

  5. 日本建築学会   会員

    2004年7月 - 現在

  6. 日本地域学会   会員

    1980年3月 - 現在

  7. 日本都市計画学会   会員

    1977年10月 - 現在

▼全件表示

委員歴 15

  1. 日本学術会議   連携会員  

    2021年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    日本学術会議会則第7条第1項に基づき、土木工学・建築学委員会IRDR分科会の審議に参加するため、3年以下の活動に必要な期間を定めて任命されている連携会員です。

  2. 日本学術会議   連携会員  

    2018年3月 - 2020年9月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    日本学術会議会則第7条第1項に基づき、科学技術を生かした防災・減災政策の国際的展開に関する検討委員会の審議に参画するため、3年以下の活動に必要な期間を定めて任命されている。

  3. 一般財団法人アジア防災センター   評議員  

    2019年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    アジア各国の防災能力の強化、安心して暮らせる地域づくりの推進を図るアジア防災センターADRCの運営に助言を行なう。

  4. 日本産業標準調査会   ISO/TC 268/SC 1/WG6 エキスパート  

    2020年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  5. 日本政策投資銀行   DBJ BCM格付アドバイザー  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  6. 日本規格協会・三菱総合研究所   ISO/TC268/SC1/WG6対応 令和3年度地震計規格SWG2委員  

    2021年4月 - 2022年2月   

  7. 一般財団法人日本規格協会   ISO/TC268/SC1/WG6対応国内委員会委員  

    2020年12月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    防災ISOの国際規格開発への対応を検討する

  8. 東京大学生産技術研究所   都市基盤安全工学国際研究センター外部評価委員長  

    2020年10月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  9. 一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会   学識委員  

    2019年11月 - 2020年6月   

      詳細を見る

    水のレジリエンスワーキンググループPart2提言書策定に関わる専門的な見地からの指導を行なう。

  10. 東北大学災害科学国際研究所   東北大学災害科学国際研究所共同利用・共同研究運営委員会委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  11. 公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン   理事  

    2021年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  12. 会計検査院   特別調査職  

    2020年9月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    会計検査院が行なう調査分析方法等について助言や指導を行なう。

  13. 会計検査院   特別調査職  

    2020年4月 - 2020年8月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    会計検査院が行なう調査分析方法等について助言や指導を行なう。

  14. 会計検査院   特別調査職  

    2019年12月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    会計検査院が行なう調査分析方法等について助言や指導を行なう。

  15. 第5回斜面防災世界フォーラム組織委員会   第5回斜面防災世界フォーラム組織委員会アドバイザー  

    2019年9月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

 

論文 12

  1. Strengthening National Platforms for Effective Use of Science and Technology for Disaster Risk Reduction

    Nishikawa Satoru

    JOURNAL OF DISASTER RESEARCH   13 巻 ( 7 ) 頁: 1199-1206   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  2. 広域巨大災害への備え-日本経済を守るため 招待有り

    西川智

    SCOPE NET   ( 84 ) 頁: 3 - 7   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. 南海トラフ地震後の道路復旧に必要な建設重機に関する実態調査と考察

    山崎暢、西川智

    地域安全学会梗概集 No.47   ( 47 )   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. IDENTIFICATION OF BOTTLENECKS OF BUSINESS RECOVERY FROM WIDE-AREA EARTHQUAKE & FLOOD DISASTER 査読有り

    S. Nishikawa, S. Hashitomi, K. Nomura, S. Shimizu, Y. Araki

    Proceedings of the 17th World Conference on Earthquake Engineering     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  5. 横浜戦略・兵庫行動枠組・仙台防災枠組と日本の防災の知見-3回に亘る国連防災世界会議での国際枠組の進展と日本の経験の反映と貢献 招待有り

    西川智

    都市計画   70 巻 ( 2 ) 頁: 72 - 75   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本都市計画学会  

  6. IDENTIFICATION OF IMPORTANT ROADS FOR SWIFT ECONOMIC RECOVERY OF LOCAL INDUSTRIES AFTER EARTHQUAKES 査読有り

    K. Kurata, Y. Chiba, S. Hashitomi, N. Arai, S. Nishikawa

    Proceedings of the 17th World Conference on Earthquake Engineering     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  7. コロナウィルス禍に対するBCPと企業の事業存続耐久期間 招待有り

    西川智

    地域開発   ( 633 ) 頁: 23 - 24   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 企業の災害発生後の事業存続耐久期間推定法の開発 招待有り 査読有り

    土屋泰広、西川智、新井伸夫、福和伸夫

    地域安全学会梗概集 No.46   46 巻   頁: 31 - 34   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  9. Strengthening National Platforms for Effective Use of Science and Technology for Disaster Risk Reduction

    Nishikawa Satoru

    JOURNAL OF DISASTER RESEARCH   13 巻 ( 7 ) 頁: 1199-1206   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. METHODOLOGY FOR DRR CITY PLANNING BASED ON SEISMIC HAZARD ASSESSMENT AND MONITORING SYSTEM IN ASHGABAT 査読有り 国際共著

    K. Hasegawa, S. Abaseyev, T. Kato, S. Nishikawa

    Proceedings of the 17th World Conference on Earthquake Engineering     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

  11. Role Played by Science and Technology in Disaster Risk Reduction: From Framework Planning to Implementation

    Koike Toshio, Hayashi Haruo, Satake Kenji, Tsukahara Kenichi, Kawasaki Akiyuki, Amano Yusuke, Takara Kaoru, Saya Setsuko, Nishiguchi Naohiro, Nishikawa Satoru, Tamura Keiko, Hiroki Kenzo, Shaw Rajib, Ikeda Tetsuya

    JOURNAL OF DISASTER RESEARCH   13 巻 ( 7 ) 頁: 1222-1232   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 巨大広域災害「南海トラフ地震」に地域はどのように備えるか 招待有り

    西川智

    地域開発   ( 627 ) 頁: 38-42   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Disaster Risk Reduction for Economic Growth and Livelihood 査読有り 国際共著

    Ian Davis, Kae Yanagisawa, Kristalina Georgieva( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Chapter 6 Institutionalizing and sharing the culture pf prevention: the Japanese experience)

    Routledge  2015年  ( ISBN:978-1-138-82548-2

     詳細を見る

    担当ページ:111-135   記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. 日本大災害の教訓

    竹中平蔵、船橋洋一( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第1章 国土と防災 大地震・津波被害と備え)

    東洋経済新報社  2011年12月  ( ISBN:978-4-492-39565-3

     詳細を見る

    総ページ数:415   担当ページ:33-68   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  3. 第八回首都防災ウィーク記念資料集

    西川智( 担当: 分担執筆 ,  範囲: もしあの災害の一日前に戻れたならば~800余名の証言から)

    首都防災ウィーク実行委員会  2020年10月 

     詳細を見る

    担当ページ:43-46   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

講演・口頭発表等 8

  1. Institutional Development of Earthquake Disaster Reduction and Fostering the Culture of Prevention - hints from the Japanese Experience – 招待有り 国際会議

    Satoru NISHIKAWA

    1st Croatian Conference on Eathquake Engineering  2021年3月24日  University of Zagreb Faculty of Civil Engineering

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:クロアチア語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Zagreb   国名:クロアチア共和国  

    This Special Ambassador Session was organized to share the experiences of countries with profound knowledge in earthquake disaster reduction with the Croatian academia and the Croatian Government. In this Special Ambassador Session representatives of Embassy of Japan (Satoru Nishikawa), Embassy of India (Kamal Kishore and Sudhir K. Jain), Embassy of Italy (Marco Di Ludovico) and Embassy of Slovenia (Matjaž Dolšek) contributed to the conference with special presentations. After the presentations Ambassadors and their representatives participated in round table discussion.

    その他リンク: https://www.hr.emb-japan.go.jp/jp/2021/nikokukan-2021-3-conf_earthquake.html

  2. Institutional Development and Enlargement of Scope & Participation in Earthquake Disaster Reduction - the Japanese Experience – 招待有り 国際会議

    Satoru NISHIKAWA

    Build Back Better - Sharing Japanese experience in earthquake reconstruction  2021年3月3日  The Japanese Embassy in Craotia, The Ministry of Ministry of Physical Planning, Construction and State Assets of Croatia

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月 - 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Zagreb   国名:クロアチア共和国  

    Croatia was hit by 2 major earthquakes in 2020, 22 March and 28 December. The Croatian Government asked the Japanese Embassy in Japan for sharing the rich experience Japan has in earthquake disaster reduction.

  3. 日本の防災対策 招待有り 国際会議

    西川智

    第2回日韓社会・文化セミナー  2021年2月26日  在大韓民国日本国大使館公報文化院

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:朝鮮語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:ソウル   国名:大韓民国  

    日韓両国に共通する防災の課題について、韓国の一般市民を対象に講演を行い、その後参加者との質疑応答を行い、日韓の相互理解を深める契機となった。

    その他リンク: https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/event/event_bousai_2021_jp.html

  4. Sustainable Development, Disaster Reduction & Build Back Better 招待有り 国際会議

    Satoru NISHIKAWA

    UNDP Development Dialogues ,Shifting the paradigm towards people-centered and resilient recovery  2021年3月31日  UNDP

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:New York   国名:アメリカ合衆国  

    This event takes a hard look at what recovery should look like in an unpredictable world where pandemics, disasters, economic shocks often affect the country at the same time, taking away livelihoods and food security, and halting education and health services. In such a context, how do we help people and government recover ,and what metrics should be use to measure “people centered and resilient recovery”?
    This event will examine the role of local, national and international actors in recovery from complex /multidimensional crisis, looking at how we can sustain efforts beyond the immediate short term needs to long term recovery and into the path for sustainable development.

    その他リンク: https://youtu.be/rUhItnhYri8

  5. 首都直下地震・南海トラフ地震など広域巨大災害にどう備える?企業のBCP 招待有り

    西川智

    一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会 2020年度第2回まちづくり懇話会  2021年3月26日  一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京   国名:日本国  

    コロナ禍という新たな災害に世界中が直面している今、これを改めて都心地区の防災を考える機会と捉え、名古屋大学西川智教授をゲスト講師としてお招きし、首都直下地震や南海トラフ地震について講演を行い、東京都心部等の防災のあり方について対談形式にて議論を行なった。

  6. Institutional Development of Disaster Reduction Administration and Enlargement of Scope & Participation in Disaster Reduction - Hints from the Japanese Experience - 招待有り 国際会議

    Satoru NISHIKAWA

    Joint Workshop by VDMA and JICA Viet Nam for DRR reviewing of Viet Nam  2021年3月16日  Vietnam Disaster Management Authority, JICA Viet Nam Office

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:ベトナム語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Hanoi   国名:ベトナム社会主義共和国  

    This workshop jointly organized by Vietnam Disaster Management Authority, JICA Viet Nam Office under the auspices of the Ministry of Agriculture and Rural Development aims at reviewing the Viet Nam's DRR policy framework. The keynote speech by Professor Nishikawa provided insights into the points for revision.

  7. Institutional Development of Disaster Reduction and Fostering the Culture of Disaster Reduction 招待有り 国際会議

    Satoru NISHIKAWA

    2021年2月15日  Ministry for Foreign Affairs, Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

    A tailor-made special lecture was made to a Nepalese Journalist who was invited to MOFA's special online interview. The lecture focused on the Japanese experience of hydro-meteorological disasters and the hints for Nepal under climate change. The interview was edited to an article on "New Spotlight News Magazine" on 24 Feb. 2021.

    その他リンク: https://www.spotlightnepal.com/magazines/vol-14-no-12-february-13-2021-falgun-26-2077-publisher-keshab-prasad-poudel-online-register-number-doi-584074-75/

  8. もし、あの災害の一日前に戻れたなら~800人余の証言から~ 招待有り

    西川智

    第8回首都防災ウィーク防災フォーラム  2020年9月6日  首都防災ウィーク実行委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京   国名:日本国  

    東京都立横綱町公園内にある関東大震災の慰霊堂において毎年開催されている首都防災ウィークの防災フォーラムにおいて、災害体験談のデータベース「一日前プロジェクト」を活用した防災意識啓発手法について講演を行なった。

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 産官学協働による広域経済の減災・早期復旧戦略の立案手法開発

    2018年10月 - 2023年3月

    戦略的イノベーション創造プログラム(SIP) 

    西川 智

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    南海トラフ地震等の広域巨大災害に対し、産業の早期復旧により数兆円規模の被害軽減を目指す為、インフラやライフラインの実態、地域企業の連関、復旧に必要な資機材等様々な資源の制約を踏まえた被災シナリオを描き、早期復旧を妨げるボトルネックを識別し、事前解消策を検討するとともに、復旧に当たって当事者が資源争奪や囲い込みに走らないための社会を動かす技術の開発や地域ぐるみのBCPの策定を目指し研究を進める。

 

担当経験のある科目 (本学) 1

  1. 総合防災論Ⅱ

    2020

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 日本の人道支援入門

    2019年10月 - 現在 国際基督教大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

 

社会貢献活動 5

  1. BCAO名古屋勉強会

    役割:司会, 講師, 企画, 運営参加・支援

    事業継続推進機構BCAO  BCAO名古屋勉強会  2018年12月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 企業, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ

  2. どうつくる”感染症BCP"

    役割:出演, コメンテーター

    NHK  NHKニュースおはよう日本 おはBiz  2020年6月

  3. 感染拡大に備えてBCP策定 ”企業をどう守る” 最前線

    役割:出演, コメンテーター

    NHK  まるっと  2020年4月

  4. 巨大広域災害の減災・早期復興のために~レジリエントな人と国土を目指して~

    役割:出演, 講師

    国土計画協会  動画配信による「国土計画に関する講演会」  2020年9月 - 2020年12月

  5. Resilient Industries in Japan

    役割:インタビュアー, 助言・指導, 情報提供

    World Bank Tokyo DRM Hub  Resilient Industries in Japan  2018年4月 - 2020年10月

メディア報道 16

  1. 事業継続 被災者の支え 新聞・雑誌

    読売新聞社  読売新聞  6面あすへの考  2020年4月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

    世界有数の地震国の日本で、二つの大地震の発生が切迫している。南海トラフ地震と首都直下地震で、国難となる甚大な災害が起こると懸念されている。国内外で防災に約30年携わってきた西川智・名古屋大学教授に、二つの大地震にどう備えるかを聞いた。

  2. 感染拡大に備えてBCP策定 ”企業をどう守る” 最前線 テレビ・ラジオ番組

    NHK  まるっと  2020年4月

  3. どうつくる ”感染症BCP” テレビ・ラジオ番組

    NHK  NHKニュースおはよう日本 おはBiz  2020年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  4. 東日本大震災9年 供給網代替輸送で維持 道路復旧順序は未定 新聞・雑誌

    読売新聞社  読売新聞  愛知版24面  2020年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  5. 事業継続計画 経営者学ぶ オンラインで「非常時の生き残り策」 新聞・雑誌

    読売新聞社  読売新聞  愛知版9面  2020年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  6. 活動半年停止で中部地方の企業81万人が失業の試算も 新聞・雑誌

    沖縄タイムズ社  沖縄タイムズ  2020年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  7. 中部の上場企業半年停止なら81万人失業の恐れ 新聞・雑誌

    毎日新聞社  毎日新聞  朝刊社会面20  2020年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  8. 中部に本社・上場242社大規模災害、感染症まん延で81万人失業の可能性 新聞・雑誌

    北國新聞  北國新聞(夕刊)  夕刊  2020年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  9. Hydro Meteorological Events Increasingly Becoming Dangerous Not Only In Nepal But Also Here In Japan 新聞・雑誌

    New Spotlight Nepal  New Spotlight Magazine  DOI 584/074-75  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  10. 「みんなで学ぶ地域防災」阪神・淡路大震災から明日で26年 テレビ・ラジオ番組

    メディアスエフエム  メディアスエフエム「みんなで学ぶ地域防災」  午前9時12分頃〜約8分間(生放送)  2021年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  11. 「みんなで学ぶ地域防災」災害時の事業継続計画BCPについて テレビ・ラジオ番組

    メディアスエフエム  メディアスエフエム「みんなで学ぶ地域防災」  午前9時12分頃〜約8分間(生放送)  2020年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  12. 「みんなで学ぶ地域防災」一日前プロジェクトについて テレビ・ラジオ番組

    メディアスエフエム  メディアスエフエム「みんなで学ぶ地域防災」  午前9時12分頃〜約8分間(生放送)  2020年10月

  13. 観光事業者の事業継続力強化を 国際防災の日に災害レジリエンスを考える 新聞・雑誌

    旅行新聞社  旬刊 旅行新聞  http://www.ryoko-net.co.jp/?p=84836  2020年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  14. コロナ禍の下での大地震の備え 新聞・雑誌

    毎日新聞社  毎日フォーラム  p24  2020年10月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  15. 防災フォーラムzoomで開催 新聞・雑誌

    毎日新聞社  毎日新聞  都内版20面  2020年9月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

  16. サバイバルキャンプスタッフ事前講習会 新聞・雑誌

    中日新聞社  中日新聞  愛知県内版10面  2020年6月

     詳細を見る

    執筆者:本人以外 

▼全件表示

学術貢献活動 3

  1. 災害が激化する時代に地域社会の脆弱化をどう防ぐか 国際学術貢献

    役割:審査・評価, 学術調査立案・実施

    日本学術会議 地球惑星科学委員会地球・人間圏分科会、土木工学・建築学委員会IRDR分科会  2019年4月 - 2020年5月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  2. 災害レジリエンスの強化による持続可能な 国際社会実現のための学術からの提言 -知の統合を実践するためのオンライン・ システムの構築とファシリテータの育成- 国際学術貢献

    役割:企画立案・運営等, 学術調査立案・実施

    日本学術会議 科学技術を活かした防災・減災政策の国際的展開に関する検討委員会  2018年4月 - 2020年9月

     詳細を見る

    種別:審査・学術的助言 

  3. Journal of Disaster Research 国際学術貢献

    役割:査読

    Fuji Technology Press  2020年12月 - 2021年1月

     詳細を見る

    種別:査読等