Updated on 2021/04/23

写真a

 
NOMOTO Mika
 
Organization
Center for Gene Research Assistant Professor
Graduate School of Science
Title
Assistant Professor

Degree 1

  1. 博士(理学) ( 2018.3   名古屋大学 ) 

Research Interests 2

  1. 転写因子

  2. 植物免疫

Research Areas 1

  1. Life Science / Plant molecular biology and physiology  / 植物免疫

Current Research Project and SDGs 1

  1. 環境シグナルによる植物免疫調節機構

Awards 2

  1. L’Oréal-UNESCO international awards for women in science

    2019.3   UNESCO   INTERNATIONAL RISING TALENTS 2019

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc.  Country:France

  2. 2018年ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

    2018.7   日本ロレアル株式会社  

     More details

    Award type:Award from publisher, newspaper, foundation, etc. 

 

Papers 22

  1. Different DNA-binding specificities of NLP and NIN transcription factors underlie nitrate-induced control of root nodulation. Reviewed

    Nishida H, Nosaki S, Suzuki T, Ito M, Miyakawa T, Nomoto M, Tada Y, Miura K, Tanokura M, Kawaguchi M, Suzaki T

    The Plant cell     2021.4

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1093/plcell/koab103

    PubMed

  2. High affinity promoter binding of STOP1 is essential for early expression of novel aluminum-induced resistance genes GDH1 and GDH2 in Arabidopsis. Reviewed

    Tokizawa M, Enomoto T, Ito H, Wu L, Kobayashi Y, Mora-Macías J, Armenta-Medina D, Iuchi S, Kobayashi M, Nomoto M, Tada Y, Fujita M, Shinozaki K, Yamamoto YY, Kochian LV, Koyama H

    Journal of experimental botany   Vol. 72 ( 7 ) page: 2769 - 2789   2021.3

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1093/jxb/erab031

    PubMed

  3. Rapid and easy method for in vitro determination of transcription factor binding core motifs

    Jinno Kyosuke, Kimura Wakana, Komatsu Mina, Miura Maiko, Sakaoka Satomi, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Morikami Atsushi, Tsukagoshi Hironaka

    BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY   Vol. 83 ( 12 ) page: 2276 - 2279   2019.12

     More details

    Publisher:Bioscience, Biotechnology and Biochemistry  

    DOI: 10.1080/09168451.2019.1659719

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Equilibrium between interchangeable redox intermediates shapes plant immunity

    Frungillo L., Lee S. U., Nomoto M., Tada Y., Yun B. W., Spoel S. H.

    MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS   Vol. 32 ( 10 ) page: 166 - 166   2019.10

     More details

  5. LSD1-LIKE1-Mediated H3K4me2 Demethylation Is Required for Homologous Recombination Repair

    Hirakawa Takeshi, Kuwata Keiko, Gallego Maria E., White Charles I, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Matsunaga Sachihiro

    PLANT PHYSIOLOGY   Vol. 181 ( 2 ) page: 499 - 509   2019.10

     More details

    Publisher:Plant Physiology  

    DOI: 10.1104/pp.19.00530

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Transcriptome Analysis and Identification of a Transcriptional Regulatory Network in the Response to H2O2

    Hieno Ayaka, Naznin Hushna Ara, Inaba-Hasegawa Keiko, Yokogawa Tomoko, Hayami Natsuki, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Yokogawa Takashi, Higuchi-Takeuchi Mieko, Hanada Kosuke, Matsui Minami, Ikeda Yoko, Hojo Yuko, Hirayama Takashi, Kusunoki Kazutaka, Koyama Hiroyuki, Mitsuda Nobutaka, Yamamoto Yoshiharu Y.

    PLANT PHYSIOLOGY   Vol. 180 ( 3 ) page: 1629 - 1646   2019.7

     More details

    Publisher:Plant Physiology  

    DOI: 10.1104/pp.18.01426

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. In vitro Protein-DNA Binding Assay (AlphaScreen (R) Technology)

    Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Tsukagoshi Hironaka

    BIO-PROTOCOL   Vol. 9 ( 3 ) page: e3155   2019.2

  8. Proteasome-associated HECT-type ubiquitin ligase activity is required for plant immunity

    Furniss James J., Grey Heather, Wang Zhishuo, Nomoto Mika, Jackson Lorna, Tada Yasuomi, Spoel Steven H.

    PLOS PATHOGENS   Vol. 14 ( 11 ) page: e1007447   2018.11

     More details

  9. Arabidopsis Zinc-Finger-Like Protein ASYMMETRIC LEAVES2 (AS2) and Two Nucleolar Proteins Maintain Gene Body DNA Methylation in the Leaf Polarity Gene ETTIN (ARF3)

    Vial-Pradel Simon, Keta Sumie, Nomoto Mika, Luo Lilan, Takahashi Hiro, Suzuki Masataka, Yokoyama Yuri, Sasabe Michiko, Kojima Shoko, Tada Yasuomi, Machida Yasunori, Machida Chiyoko

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   Vol. 59 ( 7 ) page: 1385 - 1397   2018.7

     More details

    Publisher:Plant and Cell Physiology  

    DOI: 10.1093/pcp/pcy031

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. MYB30 links ROS signaling, root cell elongation, and plant immune responses

    Mabuchi Kaho, Maki Hiromasa, Itaya Tomotaka, Suzuki Takamasa, Nomoto Mika, Sakaoka Satomi, Morikami Atsushi, Higashiyama Tetsuya, Tada Yasuomi, Busch Wolfgang, Tsukagoshi Hironaka

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   Vol. 115 ( 20 ) page: E4710 - E4719   2018.5

     More details

    Publisher:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  

    DOI: 10.1073/pnas.1804233115

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Chemical hijacking of auxin signaling with an engineered auxin-TIR1 pair

    Uchida Naoyuki, Takahashi Koji, Iwasaki Rie, Yamada Ryotaro, Yoshimura Masahiko, Endo Takaho A., Kimura Seisuke, Zhang Hua, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Kinoshita Toshinori, Itami Kenichiro, Hagihara Shinya, Torii Keiko U.

    NATURE CHEMICAL BIOLOGY   Vol. 14 ( 3 ) page: 299 - +   2018.3

     More details

    Publisher:Nature Chemical Biology  

    DOI: 10.1038/NCHEMBIO.2555

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Cloning-free template DNA preparation for cell-free protein synthesis via two-step PCR using versatile primer designs with short 3 '-UTR

    Nomoto Mika, Tada Yasuomi

    GENES TO CELLS   Vol. 23 ( 1 ) page: 46 - 53   2018.1

     More details

    Publisher:Genes to Cells  

    DOI: 10.1111/gtc.12547

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  13. Cell-Free Protein Synthesis of Plant Transcription Factors

    Nomoto Mika, Tada Yasuomi

    PLANT TRANSCRIPTION FACTORS: METHODS AND PROTOCOLS   Vol. 1830   page: 337 - 349   2018

     More details

    Publisher:Methods in Molecular Biology  

    DOI: 10.1007/978-1-4939-8657-6_20

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Prediction of bipartite transcriptional regulatory elements using transcriptome data of Arabidopsis

    Yamamoto Yoshiharu Y., Ichida Hiroyuki, Hieno Ayaka, Obata Daichi, Tokizawa Mutsutomo, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Kusunoki Kazutaka, Koyama Hiroyuki, Hayami Natsuki

    DNA RESEARCH   Vol. 24 ( 3 ) page: 271 - 278   2017.6

     More details

  15. The Arabidopsis CERK1-associated kinase PBL27 connects chitin perception to MAPK activation

    Yamada Kenta, Yamaguchi Koji, Shirakawa Tomomi, Nakagami Hirofumi, Mine Akira, Ishikawa Kazuya, Fujiwara Masayuki, Narusaka Mari, Narusaka Yoshihiro, Ichimura Kazuya, Kobayashi Yuka, Matsui Hidenori, Nomura Yuko, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Fukao Yoichiro, Fukamizo Tamo, Tsuda Kenichi, Shirasu Ken, Shibuya Naoto, Kawasaki Tsutomu

    EMBO JOURNAL   Vol. 35 ( 22 ) page: 2468 - 2483   2016.11

     More details

  16. HSP90 Stabilizes Auxin-Responsive Phenotypes by Masking a Mutation in the Auxin Receptor TIR1

    Watanabe Etsuko, Mano Shoji, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Hara-Nishimura Ikuko, Nishimura Mikio, Yamada Kenji

    PLANT AND CELL PHYSIOLOGY   Vol. 57 ( 11 ) page: 2245 - 2254   2016.11

     More details

    Publisher:Plant and Cell Physiology  

    DOI: 10.1093/pcp/pcw170

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Loss of function at RAE2, a previously unidentified EPFL, is required for awnlessness in cultivated Asian rice

    Bessho-Uehara Kanako, Wang Diane R., Furuta Tomoyuki, Minami Anzu, Nagai Keisuke, Gamuyao Rico, Asano Kenji, Angeles-Shim Rosalyn B., Shimizu Yoshihiro, Ayano Madoka, Komeda Norio, Doi Kazuyuki, Miura Kotaro, Toda Yosuke, Kinoshita Toshinori, Okuda Satohiro, Higashiyama Tetsuya, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Shinohara Hidefumi, Matsubayashi Yoshikatsu, Greenberg Anthony, Wu Jianzhong, Yasui Hideshi, Yoshimura Atsushi, Mori Hitoshi, McCouch Susan R., Ashikari Motoyuki

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   Vol. 113 ( 32 ) page: 8969 - 8974   2016.8

     More details

    Publisher:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  

    DOI: 10.1073/pnas.1604849113

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Arabidopsis AtRRP44 has ribonuclease activity that is required to complement the growth defect of yeast rrp44 Mutant

    Kumakura Naoyoshi, Otsuki Hiroka, Ito Masaru, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Ohta Kunihiro, Watanabe Yuichiro

    PLANT BIOTECHNOLOGY   Vol. 33 ( 2 ) page: 77 - +   2016.6

     More details

  19. Phytochrome Signaling Is Mediated by PHYTOCHROME INTERACTING FACTOR in the Liverwort Marchantia polymorpha

    Inoue Keisuke, Nishihama Ryuichi, Kataoka Hideo, Hosaka Masashi, Manabe Ryo, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Ishizaki Kimitsune, Kohchi Takayuki

    PLANT CELL   Vol. 28 ( 6 ) page: 1406 - 1421   2016.6

     More details

  20. Posttranslational Modifications of the Master Transcriptional Regulator NPR1 Enable Dynamic but Tight Control of Plant Immune Responses

    Saleh Abdelaty, Withers John, Mohan Rajinikanth, Marques Jorge, Gu Yangnan, Yan Shunping, Zavaliev Raul, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Dong Xinnian

    CELL HOST & MICROBE   Vol. 18 ( 2 ) page: 169 - 182   2015.8

     More details

    Publisher:Cell Host and Microbe  

    DOI: 10.1016/j.chom.2015.07.005

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. High REDOX RESPONSIVE TRANSCRIPTION FACTOR1 Levels Result in Accumulation of Reactive Oxygen Species in Arabidopsis thaliana Shoots and Roots

    Matsuo Mitsuhiro, Johnson Joy Michal, Hieno Ayaka, Tokizawa Mutsutomo, Nomoto Mika, Tada Yasuomi, Godfrey Rinesh, Obokata Junichi, Sherameti Irena, Yamamoto Yoshiharu Y., Boehmer Frank-D., Oelmueller Ralf

    MOLECULAR PLANT   Vol. 8 ( 8 ) page: 1253 - 1273   2015.8

     More details

  22. DELLA protein functions as a transcriptional activator through the DNA binding of the INDETERMINATE DOMAIN family proteins

    Yoshida Hideki, Hirano Ko, Sato Tomomi, Mitsuda Nobutaka, Nomoto Mika, Maeo Kenichiro, Koketsu Eriko, Mitani Rie, Kawamura Mayuko, Ishiguro Sumie, Tada Yasuomi, Ohme-Takagi Masaru, Matsuoka Makoto, Ueguchi-Tanaka Miyako

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   Vol. 111 ( 21 ) page: 7861 - 7866   2014.5

     More details

    Publisher:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America  

    DOI: 10.1073/pnas.1321669111

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

▼display all

Presentations 7

  1. トライコーム依存的な力学的刺激誘導性免疫に関与するカルシウムイオンチャネルの解析

    佐藤優佳, 松村 護, 板谷知健, 飯田秀利, 豊田正嗣, 野元美佳, 多田安臣 

    植物の力学的最適化戦略に基づくサステナブル構造システムの 基盤創成 ~植物構造オプト~ 第2回若手の会  2020.11.16 

     More details

    Event date: 2020.11

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:オンライン(NAIST)  

  2. 力学的刺激受容センサーとしてのトライコームを介する新奇植物免疫系に関する解析

    松村 護, 鈴木 智子, 中山 尚美, 別役 重之, 豊田 正嗣, 多田 安臣, 松本 健, 野元 美佳

    植物の力学的最適化戦略に基づくサステナブル構造システムの 基盤創成 ~植物構造オプト~ 第2回若手の会  2020.11.15 

     More details

    Event date: 2020.11

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン(NAIST)  

  3. サリチル酸応答性NPR1を用いたRNA-seq、ChIP-seqおよびTSS-seqによる遺伝子発現制御機構の解析

    山口 千瑛, 野元 美佳, 北川 友希也, Kim Jaewook, 花田 耕介, 山本 善治, 松下 智直, 多田 安臣

    日本植物学会第84回大会  2020.9.21 

     More details

    Event date: 2020.9

    Presentation type:Poster presentation  

    Venue:オンライン(名古屋大学)  

  4. SAシグナルの鍵転写補助因子NPR1はMYC-MED25複合体を標的としてJAシグナルを抑制する

    野元美佳、Michael Skelly、板谷知健、鈴木孝征、松下智直、時澤睦朋、桑田啓子、森仁志、山本義治、東山哲也、塚越啓央、Steven Spoel、多田安臣

    日本植物学会第84回大会   2020.9.20 

     More details

    Event date: 2020.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン(名古屋大学)  

  5. トライコーム依存的な植物免疫における力学的特性の解明

    松村 護, 鈴木 智子, 中山 尚美, 別役 重之, 豊田 正嗣, 多田 安臣, 松本 健郎, 野元 美佳

    日本植物学会第84回大会  2020.9.20 

     More details

    Event date: 2020.9

    Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:オンライン(名古屋大学)  

  6. ランチョンセミナー企業協賛シンポジウム「植物学研究を加速するイルミナ次世代シーケンサーの有用性」 Invited

    野元美佳

    日本植物学会第84回大会  2020.9.19 

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン(名古屋大学)  

  7. 2020年女子中高生理系進学推進セミナー特別講演「新規技術が開拓する植物科学の世界」 Invited

    野元美佳

    名古屋大学オンラインオープンキャンパス 

     More details

    Event date: 2020.8

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:オンライン(名古屋大学)  

▼display all

Research Project for Joint Research, Competitive Funding, etc. 1

  1. サリチル酸シグナルの主要制御因子であるNPR1が標的とする新規転写因子の探索

    Grant number:19基礎A-6、20基礎A-8、2105  2019.4

    形質転換植物デザイン研究拠点事業における共同利用・共同研究 

    野元美佳

      More details

    Authorship:Principal investigator 

KAKENHI (Grants-in-Aid for Scientific Research) 5

  1. トライコーム依存的な植物免疫における力学的特性の解明

    Grant number:21H00366  2021.4 - 2023.3

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    野元美佳

      More details

    Authorship:Principal investigator 

  2. サリチル酸応答性の植物免疫における遺伝子発現調節機構の解明

    Grant number:21K15121  2021.4 - 2023.3

    若手研究

    野元美佳

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4680000 ( Direct Cost: \3600000 、 Indirect Cost:\1080000 )

  3. トライコーム依存的な植物免疫における力学的特性の解明

    Grant number:19H05363  2019.4 - 2021.3

    新学術領域研究(研究領域提案型)

    野元 美佳

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\9100000 ( Direct Cost: \7000000 、 Indirect Cost:\2100000 )

    植物は、葉面上に存在する毛状突起(トライコーム)を介して雨粒などの力学的刺激を感知すると、トライコームの周辺組織にCa2+の流入を引き起こし、植物免疫を活性化することを明らかにした。しかし、トライコームにどの程度の荷重を負荷すると、周辺組織に情報が伝達されるかは不明である。そこで本研究では、トライコームへ負荷される荷重と、それによって変化するトライコーム構造、そして細胞内Ca2+流入の関係性を明らかにする。
    植物は、葉面上に存在する毛状突起(トライコーム)を介して雨粒などの力学的刺激を感知すると、トライコームの周辺組織にカルシウムイオンの流入を引き起こし、植物免疫を活性化することをこれまでに明らかにした。トライコームの力学的特性を明らかにするために、単一トライコームにガラスキャピラリーを用いて力を負荷し、トライコームの抗力を求める実験系を確立した。
    RNA-seq解析によって同定した力学的刺激応答性遺伝子群のプロモーター解析を行った結果、これらの遺伝子発現に関与している特定の転写因子を同定したので、実際に力学的刺激が候補転写因子のDNA結合能にどのような影響を与えるのかを評価するために、ChIP-qPCRおよびChIP-seq解析を行っている。
    トライコーム依存的に生じるカルシウムウェーブの起動や伝播に関わる分子機構は未解明である。そこで、カルシウムウェーブの制御に関与する因子を同定するために、細胞内カルシウムイオン流入に関わると考えられるイオンチャネルおよび受容体ファミリーを候補分子とし、それらの欠損変異体を用いて力学的刺激誘導性遺伝子の発現レベルを調査している。発現レベルが野生型より有意に低下したいくつかの候補関連因子を同定しており、病原細菌に対する免疫応答の程度にも影響があることを確認している。また、同変異体においてカルシウムウェーブを観察するために、カルシウムプローブであるGCaMP3やYCnanoを導入した組換え植物を作出中である。
    本年度は、トライコームが屈曲するための力を測定する方法を確立し、トライコーム依存的な免疫応答に関与する候補因子をいくつか同定した。既に、接種実験や変異体の作出にも着手している。
    トライコームを屈曲させた時に、トライコーム基部より葉表面組織に負荷される荷重も測定する。次に、カルシウムイオンセンサーであるGCaMP3 を導入した野生型(Col-0)シロイヌナズナ、35S::GCaM3P/Col-0植物を使用し、トライコームに負荷した荷重と流入するカルシウムイオン量との関係も明らかにする。また、力学的刺激応答性遺伝子群の発現に関与する転写因子のChIP-qPCRとChIP-seq解析を進めることで、その分子機構を明らかにする。
    トライコーム依存的に生じるカルシウムウェーブに関与する因子のスクリーニングを引き続き進める。作出中のカルシウムプローブであるGCaMP3やYCnanoを導入した組換え植物に対して、力学的刺激を負荷した際にカルシウムウェーブにどのような影響があるのか調査する。

  4. 植物免疫と多様な環境要因が形成する情報伝達ネットワークの解明

    Grant number:19K16165  2019.4 - 2021.3

    若手研究

    野元 美佳

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

    植物免疫は、概日リズムなどの内的要因と環境刺激といった外的要因に調節されることが知られている。一方、植物免疫もまた多様な環境応答に影響を及ぼすが、これらの情報伝達経路間の複雑なネットワークは不明な点が多い。そこで本研究では、申請者が作製したシロイヌナズナ由来の全転写因子タンパク質ライブラリーを用いてNPR1との相互作用解析を行い、植物免疫が制御する環境応答機構を明らかにする。NPR1標的転写因子の変異体や過剰発現株を用いて、植物免疫や環境シグナルが互いの情報伝達系に与える影響を調査し、「植物免疫と多様な環境要因が形成する情報伝達ネットワークの解明」といった課題の解決を目指す。
    植物免疫に関与する転写補助因子NPR1は、ジャスモン酸シグナルの転写因子を直接標的とすることでジャスモン酸応答性遺伝子の発現を抑制することをこれまでに明らかにした。そこで、サリチル酸シグナルが制御する環境応答機構を明らかにすることを目的として、NPR1が標的とする新規転写因子を同定し、それらの特徴付けに取り組んだ。
    申請者が確立したコムギ胚芽由来の無細胞タンパク質合成系を用いて、NPR1と転写因子の相互作用スクリーニングを行った結果、標的転写因子候補をいくつか同定した。2 次スクリーニングとしてベンサミアナ葉を用いたBiFC (bimolecular fluorescence complementation)解析に供試したところ、in vivoでもNPR1と相互作用する転写因子を同定した。候補転写因子のT-DNA挿入によるノックアウト系統を取り寄せ、npr1変異体と共に、SAが当該環境応答に影響を与えるかどうか、環境応答性遺伝子の発現を指標として調査している。さらに、NPR1依存的に制御される標的転写因子のDNA結合領域をゲノムワイドに決定するために、in vitro-pull-down assayと野生株とnpr1変異体背景の当該転写因子過剰発現体の作出を進めている。また、35S:NPR1-GFP植物を用いてChIP-qPCRおよびChIP-seq解析技術を確立した。
    本年度は、SAシグナルの転写補助因子NPR1が標的とする新規転写因子を多数同定し、in vivoでの相互作用も確認した。既に、過剰発現体の作出や多重欠損変異体の作出にも着手している。
    作出した野生株とnpr1変異体背景の当該転写因子過剰発現体に対して、ChIP-qPCRおよびChIP-seq解析を行う。また、変異体や多重欠損変異体にアブラナ科類黒斑細菌病菌や絶対寄生菌であるシロイヌナズナべと病菌を接種し、病班の観察、SA応答性遺伝子の発現解析、および菌の増殖率を測定することで、SAシグナルがどの様に影響を受けるかを評価する。

  5. 植物免疫ホルモンのサリチル酸が誘導するシグナルネットワークの解明

    Grant number:18H06068  2018.8 - 2020.3

    野元 美佳

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\2990000 ( Direct Cost: \2300000 、 Indirect Cost:\690000 )

    植物免疫は、概日リズムや日齢などの内的要因と、環境刺激といった外的要因に調節されることが知られている。一方、植物免疫もまた、多様な環境応答などに影響を及ぼすが、これらの情報伝達経路間の複雑なネットワークは不明な点が多い。申請者は、これまでに植物免疫を制御する鍵転写補助因子のNPR1 が、環境応答機構とのネットワーク形成に重要である可能性を示した。
    そこで本研究では、申請者が確立したコムギ胚芽由来の無細胞タンパク質合成系を用いて、FLAGタグ付きのシロイヌナズナの全転写因子タンパク質ライブラリーを作製し、ビオチン化NPR1との相互作用の有無をAlphaScreen assay(PerkinElmer)を用いて評価した。その結果、標的転写因子候補をいくつか同定したので、2次スクリーニングとしてベンサミアナ葉を用いたBiFC(bimolecular fluorescence complementation)解析に供試するために、全組み合わせ8パターンのコンストラクト作製を行った。現在までに、生体内におけるNPR1との相互作用を確認している標的転写因子も多数同定している。エチレンなど他のホルモンシグナルを制御する転写因子や、熱ストレス耐性に関与する転写因子も候補であることから、本スクリーニングによりNPR1の新規機能を明らかにできることが示唆される。
    今後は、NPR1 標的転写因子の変異体や過剰発現株を用いて、植物免疫や環境シグナルが互いの情報伝達系に与える影響を調査する。本研究によって、NPR1を中心とした「多様な環境要因が形成する情報伝達ネットワークの解明」といった課題の解決を目指すことができると期待される。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。
    平成30年度が最終年度であるため、記入しない。

Industrial property rights 1

  1. 無細胞タンパク質合成系に用いるための翻訳促進剤及びその利用

    多田安臣、野元美佳

     More details

    Applicant:国立大学法人名古屋大学

    Application no:特願2017-505359  Date applied:2016.3

    Announcement no:3269814  Date announced:2018.1

    Patent/Registration no:6440820  Date registered:2018.11  Date issued:2018.12

    【国際出願番号】JP2016057249
    【国際公開番号】WO2016143799
    【国際公開日】20160915

 

Media Coverage 3

  1. Five pioneering Asian scientists to look out for this year Newspaper, magazine

    The Japan Times  2021.3

     More details

    Author:Other 

  2. Molecular Biologist’s Findings Lead to Better Harvest Newspaper, magazine

    The Government of Japan  2020.3

     More details

    Author:Other 

  3. 『顔』〜研究・起業を両立し女性科学者賞〜 Newspaper, magazine

    讀賣新聞  2018.8

     More details

    Author:Other 

Academic Activities 2

  1. 植物構造オプト 第2回若手の会(オンライン)

    Role(s):Panel moderator, session chair, etc.

    奈良先端科学技術大学院大学 出村拓博士  2020.11

     More details

    Type:Academic society, research group, etc. 

  2. 植物学会84回大会 ランチョンセミナー企業協賛シンポジウム

    Role(s):Planning, management, etc., Panel moderator, session chair, etc.

    2020.9

     More details

    Type:Competition, symposium, etc.