2021/11/02 更新

写真a

フジノ ヒロキ
藤野 弘基
FUJINO Hiroki
所属
高等研究院 特任助教
大学院多元数理科学研究科 特任助教
職名
特任助教

学位 1

  1. 博士(数理学) ( 2017年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. 極大曲面

  2. 極小曲面

  3. 調和関数論

  4. タイヒミュラー理論

  5. 擬等角写像

研究分野 2

  1. 自然科学一般 / 基礎解析学

  2. 自然科学一般 / 幾何学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 反ド・ジッター空間における曲面論と普遍タイヒミュラー理論との相互的研究

  2. 無限次元タイヒミュラー空間における退化現象の研究

学歴 2

  1. 名古屋大学   数理科学研究科   多元数理科学専攻

    - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   理学部   数理学科

    2008年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 1

  1. 日本数学会

受賞 2

  1. 名古屋大学学術奨励賞

    2016年7月   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 平成 25 年度多元数理修士論文賞

    2014年3月   多元数理科学研究科   C-Zとの擬等角同値性について

     詳細を見る

    受賞国:日本国

    リンク情報:http://www.cajpn.org/refs/thesis.html

 

論文 6

  1. Reflection principle for lightlike line segments on maximal surfaces 査読有り

    Shintaro Akamine, Hiroki Fujino

    Ann. Global Anal. Geom.     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    As in the case of minimal surfaces in the Euclidean 3-space, the reflection principle for maximal surfaces in the Lorentz-Minkowski 3-space asserts that if a maximal surface has a spacelike line segment L, the surface is invariant under the 180 degree-rotation with respect to L. However, such a reflection property does not hold for lightlike line segments on the boundaries of maximal surfaces in general.
    In this paper, we show some kind of reflection principle for lightlike line segments on the boundaries of maximal surfaces when lightlike line segments are connecting shrinking singularities. As an application, we construct various examples of periodic maximal surfaces with lightlike lines from tessellations of the plane.

    DOI: 10.1007/s10455-020-09743-4

  2. Extension of Krust theorem and deformations of minimal surfaces

    Hiroki Fujino;Shintaro Akamine

    arXiv:2110.0074     2021年10月

     詳細を見る

    In the minimal surface theory, the Krust theorem asserts that if a minimal surface in the
    Euclidean 3-space $\mathbb{E}^3$ is the graph of a function over a convex domain,
    then each surface of its associated family is also a graph. The same is true for maximal
    surfaces in the Minkowski 3-space $\mathbb{L}^3$.
    In this article, we introduce a new deformation family that continuously connects
    minimal surfaces in $\mathbb{E}^3$ and maximal surfaces in $\mathbb{L}^3$, and
    prove a Krust-type theorem for this deformation family. This result induces Krust-type
    theorems for various important deformation families containing the associated family
    and the L\'opez-Ros deformation.
    Furthermore, minimal surfaces in the isotropic 3-space $\mathbb{I}^3$ appear in the
    middle of the above deformation family. We also prove another type of Krust's theorem
    for this family, which implies that the graphness of such minimal surfaces in
    $\mathbb{I}^3$ strongly affects the graphness of deformed surfaces.
    The results are proved based on the recent progress of planar harmonic mapping
    theory.

  3. Duality of boundary value problems for minimal and maximal surfaces

    Shintaro Akamine, Hiroki Fujino

        頁: 1-26    2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In 1966, Jenkins and Serrin gave existence and uniqueness results for infinite boundary value problems of minimal surfaces in the Euclidean space, and after that such solutions have been studied by using the univalent harmonic mapping theory. In this paper, we show that there exists a one-to-one correspondence between solutions of infinite boundary value problems for minimal surfaces and those of lightlike line boundary problems for maximal surfaces in the Lorentz-Minkowski spacetime.
    We also investigate some symmetry relations associated with the above correspondence together with their conjugations, and observe function theoretical aspects of the geometry of these surfaces. Finally, a reflection property along lightlike line segments on boundaries of maximal surfaces is discussed.

  4. Crystallization of deformed Virasoro algebra, Ding-Iohara-Miki algebra, and 5D AGT correspondence

    Awata Hidetoshi, Fujino Hiroki, Ohkubo Yusuke

    JOURNAL OF MATHEMATICAL PHYSICS   58 巻 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1063/1.4993773

    Web of Science

    Scopus

  5. QUASISYMMETRIC EMBEDDING OF THE INTEGER SET AND ITS QUASICONFORMAL EXTENSION

    Fujino Hiroki

    ANNALES ACADEMIAE SCIENTIARUM FENNICAE-MATHEMATICA   42 巻 ( 2 ) 頁: 575-584   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5186/aasfm.2017.4230

    Web of Science

    Scopus

  6. The existence of quasiconformal homeomorphism between planes with countable marked points 査読有り

    Hiroki Fujino

    Kodai Mathematical Journal   38 巻 ( 3 ) 頁: 732-764   2015年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2996/kmj/1446210604

▼全件表示

MISC 2

  1. 極小ラグランジュ擬等角写像のベルトラミ係数について

    藤野弘基  

    北海道大学数学講究録(第14回数学総合若手研究集会テクニカルレポート)173 巻   頁: 339-348   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  2. 極小ラグランジュ擬等角写像のベルトラミ係数について

    藤野弘基  

    第60回関数論シンポジウム講演アブストラクト(日本数学会, 関数論分科会)   頁: 27-44   2017年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

講演・口頭発表等 45

  1. 極小曲面の様々な変形に対するKrust型定理

    藤野弘基

    ポテンシャル論セミナー  2021年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  2. Extension of Krust theorem and deformations of minimal surfaces

    藤野弘基

    静岡複素解析幾何セミナー  2021年10月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学  

  3. Extension of Krust Theorem and Deformations of Minimal Surfaces

    多元数理科学研究科セミナー  2021年10月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

  4. 調和関数の不連続境界値における鏡像の原理と曲面論への応用

    藤野弘基

    大阪市立大複素解析セミナー  2021年5月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    開催地:オンライン  

  5. 極大曲面の光的線分に関する鏡像の原理について

    藤野 弘基, 赤嶺 新太郎

    日本数学会 2021年度年会  2021年3月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学(オンライン開催)  

  6. 極大曲面の境界上に現れる光的線分に対する関数論からの考察

    藤野弘基

    研究集会「多様体上の微分方程式」第22回  2020年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  7. 複雑な曲面の作り方

    藤野弘基

    第22回 YLCセミナー  2020年10月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  8. 極大曲面に対する光的線分境界値問題の可解性について

    藤野弘基

    大阪大学トポロジーセミナー  2020年10月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市立大学(現地とオンラインの同時開催)  

  9. 極小曲面論におけるベルンシュタインの問題と単葉調和関数論

    藤野弘基

    第2回 複素解析学オンライン研究交流会   2020年10月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  10. 単葉調和関数および極小曲面・極大曲面に対する境界値問題の対応

    藤野 弘基, 赤嶺 新太郎

    2020年度秋季日本数学会   2020年9月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  11. Reflection principles for minimal or maximal surfaces 国際会議

    Hiroki Fujino

    Workshop on Geometric Function Theory and Special Functions III 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. 単葉調和関数論から見た極小・極大曲面論 国際会議

    藤野弘基

    東工大複素解析セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京工業大学大岡山キャンパス   国名:日本国  

  13. L3 内の極大曲面の拡張性と対称性, および周期曲面 国際会議

    藤野弘基

    2019 年度「リーマン面・不連続群論」研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. 単葉調和関数論から見た極小・極大曲面論

    藤野弘基

    大阪市立大学複素解析セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪市立大学   国名:日本国  

  15. Duality of boundary value problems of minimal and maximal surfaces 国際会議

    Hiroki Fujino

    The 3rd International Workshop Geometry of Submanifolds and Integrable Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 単葉調和函数論から見た極小・極大曲面論

    藤野弘基

    関数論若手勉強会 at 金沢 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  17. 極小・極大グラフ間の双対性に対する単葉調和関数論からの考察 招待有り

    藤野弘基

    早稲田双曲幾何幾何学的群論セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学   国名:日本国  

  18. 反ド・ジッター空間における極大曲面論と普遍タイヒミュラー理論 招待有り

    藤野弘基

    Beltrami 方程式勉強会 PartII 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

  19. 反ド・ジッター空間内の完備極大曲面に対する表現公式 招待有り

    藤野弘基

    静岡複素解析幾何セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学   国名:日本国  

  20. Representation formula for complete maximal surfaces in AdS3 招待有り 国際会議

    Hiroki Fujino

    Geometric Function Theory and Related Topics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tohoku university   国名:日本国  

  21. 反ド・ジッター空間内の曲面論と普遍タイヒミュラー理論 招待有り

    藤野弘基

    等角写像・値分布論合同研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪府立大学   国名:日本国  

  22. 極小ラグランジュ擬等角写像のベルトラミ係数について 招待有り

    藤野弘基

    複素領域における関数方程式とその周辺 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  23. 極小ラグランジュ擬等角写像のベルトラミ係数について

    藤野弘基

    第 14 回 数学総合若手研究集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月 - 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学   国名:日本国  

  24. 極小ラグランジュ擬等角写像のベルトラミ係数について 招待有り

    藤野弘基

    函数論シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:セントコア山口 (山口県)   国名:日本国  

  25. Ahlfors-Bers によるBeltrami 方程式の解法について 招待有り

    藤野弘基

    Beltrami 方程式勉強会 PartI 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学   国名:日本国  

  26. Minimal Lagrangian 擬等角写像のBeltrami 係数について

    藤野弘基

    第 52 回函数論サマーセミナー (2017 年度) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:かんぽの宿柳川(福岡県)   国名:日本国  

  27. Extension theory for quasisymmetric embeddings of planar subsets 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. Quasisymmetric embedding of discrete subset and its extendability 招待有り 国際会議

    Hiroki Fujino

    Young Mathematicians Workshop on Several Complex Variables 2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Tokyo   国名:日本国  

  29. Bonsante–Schlenker 「Maximal surfaces and the universal Teichmuller space」の解説 招待有り

    藤野弘基

    双曲幾何と AdS 空間 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  30. Quasisymmetric embedding of the integer set and its quasiconformal extension

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 整数点集合の擬対称埋め込みの拡張性について

    藤野弘基

    第 51 回函数論サ マーセミナー (2016 年度) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテル石風(山梨県)   国名:日本国  

  32. Quasisymmetric embeddings of the integer set and its quasiconformal extensions 招待有り 国際会議

    Hiroki Fujino

    Workshop on Geometric Function Theory and Special Functions 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tohoku university   国名:日本国  

  33. BeurlingAhlfors 拡張の Beltrami 係数の可積分性について

    藤野弘基

    第 50 回函数論サマーセミナー (2015 年度) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:あだたらふれあいセンター (福島県)   国名:日本国  

  34. DingIohara 代数のレベル 2 表現の結晶化

    粟田英資, 藤野弘基, 大久保勇輔

    2015 年度秋季日本数学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都産業大学   国名:日本国  

  35. On the classification of planes with countable marked points up to quasiconformal equivalence 国際会議

    Hiroki Fujino

    The 23rd International Conference on Finite or Infinite Dimensional Complex Analysis and Applications (23rd ICFIDCAA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyushu Sangyo University   国名:日本国  

  36. The existence of quasiconformal homeomorphism between planes with countable marked points 国際会議

    Hiroki Fujino

    Young Mathematicians Workshop on Several Complex Variables 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tongji University, Shanghai, P. R. China   国名:中華人民共和国  

  37. On the classification of planes with countable marked points up to quasiconformal equivalence 国際会議

    Hiroki Fujino

    the 10th International Society for Analysis, its Applications and Computation (ISAAC 2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:the University of Macau, Macao, China SAR   国名:マカオ(澳門)特別行政区  

  38. The existence of quasiconformal homeomorphism between planes with countable marked points 招待有り

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 調和関数の不連続境界値における鏡像の原理と曲面論への応用

    藤野弘基

    大阪市立大複素解析セミナー  2021年5月13日 

     詳細を見る

    開催地:オンライン  

  40. 極大曲面の境界上に現れる光的線分に対する 関数論からの考察

    藤野 弘基

    研究集会「多様体上の微分方程式」第22回  2020年11月26日 

  41. 複雑な曲面の作り方

    藤野 弘基

    第22回 YLCセミナー  2020年10月27日  高等研究院

     詳細を見る

    非専門家向け講演

  42. 極大曲面に対する光的線分境界値問題の可解性について

    藤野 弘基

    大阪大学トポロジーセミナー  2020年10月7日 

  43. 極小曲面論におけるベルンシュタインの問題と単葉調和関数論

    藤野 弘基

    第2回 複素解析学オンライン研究交流会  2020年10月2日 

  44. 単葉調和関数および極小曲面・極大曲面に対する 境界値問題の対応

    藤野 弘基, 赤嶺 新太郎

    2020年度秋季日本数学会  2020年9月22日 

  45. 擬対称埋め込みの擬等角拡張性に関する近年の進展について

    藤野弘基

    山口大学複素解析セミナー, 山口大学  2017年2月 

▼全件表示

科研費 2

  1. 反ド・ジッター空間における曲面論と普遍タイヒミュラー理論との相互的研究

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    本研究の目的は、反ド・ジッター空間内の極大曲面の成す空間と普遍タイヒミュラー空間との間の一対一対応(Bonsante-Schlenker、2010)を 用いて双方の空間を調べることである。例えば与えられた極大曲面に対しその等長類がどの程度存在するか、対応するリーマン面の変形族を調 べ明らかにする。これは曲面論における重要な問題をタイヒミュラー理論の応用として解決するものである。逆に、無限次元タイヒミュラー空 間特有の退化現象について曲面論を用いた解析を行うことも目指す。
    本研究は、タイヒミュラー理論と曲面論、それぞれの分野で培われてきた強力な研究手法を他方の研究分野に相互的に応用しあうものである。

  2. 無限次元タイヒミュラー空間における退化現象の研究

    2018年10月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  研究活動スタート支援

    藤野弘基

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 演習II

    2021

  2. 数学演習I

    2020

  3. 数学演習V,VI

    2018