2021/03/15 更新

写真a

ミチバヤシ カツヨシ
道林 克禎
MICHIBAYASHI Katsuyoshi
所属
大学院環境学研究科 地球環境科学専攻 地質・地球生物学 教授
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. Ph.D ( 1994年7月   James Cook University of North Queensland ) 

研究キーワード 1

  1. 断層・剪断帯

研究分野 3

  1. 自然科学一般 / 固体地球科学

  2. 自然科学一般 / 固体地球科学

  3. 自然科学一般 / 固体地球科学

経歴 16

  1. 国立研究開発法人海洋研究開発機構   海域地震火山部門   客員研究員

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学   大学院環境学研究科   教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 静岡大学   研究フェロー

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 北海道大学   大学院地球惑星科学専攻   非常勤講師

    2015年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 海洋研究開発機構   海洋掘削科学研究開発センター   上席招聘研究員

    2015年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 富山大学   大学院理工学教育部理学領域地球科学専攻   非常勤講師

    2013年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 静岡大学   理学部地球科学科   教授

    2013年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 京都大学   理学部地質学鉱物学教室   非常勤講師

    2009年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 東北大学   大学院理学研究科   非常勤講師

    2009年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 静岡大学   理学部地球科学科   准教授

    2007年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  11. 新潟大学   理学部地質科学科   非常勤講師

    2006年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  12. 静岡大学   理学部地球科学科   助教授

    2002年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  13. モンペリエ大学(フランス)   地球科学教室   日本学術振興会 海外特別研究員

    1997年8月

      詳細を見る

    国名:フランス共和国

  14. 静岡大学   理学部地球科学科   助手

    1994年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  15. 東京農工大学   非常勤講師

    1994年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  16. 東京大学   理学部地質学教室   日本学術振興会 特別研究員(PD)

    1994年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. James Cook University of North Queensland   Graduate School, Division of Natural Science   Department of Geology

    1990年4月 - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: オーストラリア連邦

  2. 静岡大学   理学研究科   地球科学専攻

    1988年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 静岡大学   理学部   地球科学科

    1984年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本地球惑星科学連合   理事

    2014年5月 - 現在

  2. 日本地質学会   理事

    2018年5月 - 現在

  3. 日本鉱物科学会   会員

    2009年4月 - 現在

  4. アメリカ地球物理学連合   会員

    2004年4月 - 現在

  5. 日本地球惑星科学連合   会員

    2000年4月 - 現在

  6. 日本地質学会   会員

    1987年3月 - 現在

  7. 日本地質学会

▼全件表示

委員歴 3

  1. 日本地球惑星科学連合   副会長  

    2020年7月 - 現在   

  2. 中部地方整備局防災ドクター   防災ドクター  

    2014年4月 - 現在   

  3. 静岡県文化財保護審議会   委員  

    2010年1月 - 現在   

 

論文 191

  1. Mariana serpentinite mud volcanism exhumes subducted seamount materials: implications for the origin of life. 査読有り

    Fryer P, Wheat CG, Williams T, Kelley C, Johnson K, Ryan J, Kurz W, Shervais J, Albers E, Bekins B, Debret B, Deng J, Dong Y, Eickenbusch P, Frery E, Ichiyama Y, Johnston R, Kevorkian R, Magalhaes V, Mantovanelli S, Menapace W, Menzies C, Michibayashi K, Moyer C, Mullane K, Park JW, Price R, Sissmann O, Suzuki S, Takai K, Walter B, Zhang R, Amon D, Glickson D, Pomponi S

    Philosophical transactions. Series A, Mathematical, physical, and engineering sciences   378 巻 ( 2165 ) 頁: 20180425   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1098/rsta.2018.0425

    PubMed

  2. Super-resolution of X-ray CT images of rock core samples by sparse representation: methodology and applications to serpetinized peridotite from CM1A 査読有り

    Atsushi Okamoto, Toshiaki Omari, Masao Kimura, Katsuyoshi Michibayashi

    the International Conference on Ophiolites and the Oceanic Lithosphere     2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  3. Workshop report on hard-rock drilling into mid-Cretaceous Pacific oceanic crust on the Hawaiian North Arch 査読有り

    Morishita, T, Umino, S, Kimura, J.-I, Yamashita, M, Ono, S, Michibayashi, K, Tominaga, M, Klein, F, Garcia, M.O

    Scientific Drilling   in press 巻   2020年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Melt-fluid infiltration along detachment shear zones in oceanic core complexes: Insights from amphiboles in gabbro mylonites from the Godzilla Megamullion, Parece Vela Basin, the Philippine Sea 査読有り

    Harigane Yumiko, Okamoto Atsushi, Morishita Tomoaki, Snow Jonathan E., Tamura Akihiro, Yamashita Hiroyuki, Michibayashi Katsuyoshi, Ohara Yasuhiko, Arai Shoji

    LITHOS   344 巻   頁: 217 - 231   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lithos  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2019.06.019

    Web of Science

    Scopus

  5. Trace element compositions of amphiboles in gabbro mylonites from the Godzilla Megamullion, Parece Vela Basin, Philippine Sea 査読有り

    Harigane Y, Okamoto A, Morishita T, Snow JE, Tamura A, Yamashita H, Michibayashi K, Ohara Y, Arai S

    Lithos   344 巻   頁: 217 - 231   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Loop energy: A useful indicator of the hardness of minerals from depth sensing indentation tests 査読有り

    Masuda Toshiaki, Omori Yasutomo, Sakurai Ryoko, Miyake Tomoya, Yamanouchi Mirai, Harigane Yumiko, Okamoto Atsushi, Michibayashi Katsuyoshi

    JOURNAL OF STRUCTURAL GEOLOGY   117 巻   頁: 96 - 104   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Structural Geology  

    DOI: 10.1016/j.jsg.2018.09.004

    Web of Science

    Scopus

  7. Geodynamic implications of crustal lithologies from the southeast Mariana forearc 査読有り

    Reagan Mark K., Heywood Luan, Goff Kathleen, Michibayashi Katsuyoshi, Foster C. Thomas Jr., Jicha Brian, Lapen Thomas, McClelland William C., Ohara Yasuhiko, Righter Minako, Scott Sean, Sims Kenneth W. W.

    GEOSPHERE   14 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 22   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geosphere  

    DOI: 10.1130/GES01536.1

    Web of Science

    Scopus

  8. Poisson's Ratio and Auxetic Properties of Natural Rocks 査読有り

    Ji Shaocheng, Li Le, Motra Hem Bahadur, Wuttke Frank, Sun Shengsi, Michibayashi Katsuyoshi, Salisbury Matthew H.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   123 巻 ( 2 ) 頁: 1161 - 1185   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    DOI: 10.1002/2017JB014606

    Web of Science

    Scopus

  9. トランスフォーム断層下の含水条件におけるマントル延性変形メカニズム 査読有り

    柿畑 優季, 道林 克禎, Dick Henry

    日本地質学会学術大会講演要旨   2018 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2018.0_93

    CiNii Article

  10. 顕微赤外分光測定におけるATR法を用いた鉱物中の水の検出可能性の検証 査読有り

    纐纈 佑衣, 柿畑 優季, 清水 健二, 道林 克禎, Wallis Simon

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2018 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    地質学・鉱物学の研究分野において、赤外分光法は鉱物中の水を検出するのに有効な分析手法の一つであるが、試料準備に手間がかかるなどのデメリットがあった。本研究では、通常の岩石研磨薄片を用いた分析が可能なATR法 (全反射測定法:Attenuated Total Reflectance method)という新しい顕微赤外分光測定法を用いて、非含水鉱物中に含まれる微量な水の検出可能性について検証した。カンラン石やざくろ石中の数~数百ppmオーダーの水は検出されなかったが、水の含有量が未知のウルトラマイロナイト中のカンラン石ポーフィロクラストでは、3700 cm<sup>-1</sup>付近にOH基と考えられるシャープなピークが観察された。ppmオーダーの鉱物中の微量な水をATR法によって検出するには、分析における更なる工夫・改良が必要であるが、水の多い環境下で形成されたと考えられるカンラン石中のOHが検出できたことから、今後ATR法は有用な分析手法として発展することが期待される。

    DOI: 10.14824/jakoka.2018.0_21

    CiNii Article

  11. 白鳳丸KH18-2航海速報:四国海盆のリソスフェアとアセノスフェアの組成 査読有り

    小原 泰彦, 山下 浩之, 研究者一同, 秋澤 紀克, 針金 由美子, 平野 直人, 平内 健一, 道林 克禎, 沖野 郷子, サンフィリッポ アレッシオ, スノー ジョナサン

    日本地質学会学術大会講演要旨   2018 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【災害のためプログラム中止】 平成30年北海道胆振東部地震により学術大会のプログラムが大幅に中止となりました.中止となったプログラムの講演要旨については,著者のプライオリティ保護の見地からJ-STAGEに公開し,引用可能とします.ただし,学術大会においては専門家による議論には供されていませんので「災害のためプログラム中止」との文言を付記します.(日本地質学会行事委員会)

    DOI: 10.14863/geosocabst.2018.0_172

    CiNii Article

  12. 丹沢深成岩体境界の変成マフィック岩のレオロジー研究に基づくデタッチメント断層型剪断帯の推定 査読有り

    道林 克禎, 水野 那希

    日本地質学会学術大会講演要旨   2018 巻 ( 0 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2018.0_99

    CiNii Article

  13. In situ carbon mineralization in ultramafic rocks: Natural processes and possible engineered methods 査読有り

    Kelemen P.B, Aines R, Bennett E, Benson S.M, Carter E, Coggon J.A, Obeso J.C, Evans O, Gadikota G, Dipple G.M, Godard M, Harris M, Higgins J.A, Johnson K.T.M, Kourim F, Michibayashi K, Morishita T, Takazawa E. ほ

    Energy Procedia   146 巻   頁: 92 - 102   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.egypro.2018.07.013

  14. Mantle hydration along outer-rise faults inferred from serpentinite permeability 査読有り

    Hatakeyama Kohei, Katayama Ikuo, Hirauchi Ken-ichi, Michibayashi Katsuyoshi

    SCIENTIFIC REPORTS   7 巻 ( 1 ) 頁: 13870   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-017-14309-9

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. Chemical interactions in the subduction factory: New insights from an in situ trace element and hydrogen study of the Ichinomegata and Oki-Dogo mantle xenoliths (Japan) 査読有り

    Satsukawa Takako, Godard Marguerite, Demouchy Sylvie, Michibayashi Katsuyoshi, Ildefonse Benoit

    GEOCHIMICA ET COSMOCHIMICA ACTA   208 巻   頁: 234 - 267   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geochimica et Cosmochimica Acta  

    DOI: 10.1016/j.gca.2017.03.042

    Web of Science

    Scopus

  16. 浅部ウェッジマントルにおけるアンチゴライトCPO形成メカニズム~四国中央部三波川変成帯 別子・白髪山地域の例~

    永冶 方敬, ウォリス サイモン, 岡本 敦, 上原 誠一郎, 道林 克禎, 西井 彩

    日本地質学会学術大会講演要旨   2017 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【台風のためプログラム中止】台風18号により学術大会の一部プログラムが中止となりました.中止となったプログラムの講演要旨については,著者のプライオリティ保護の見地から今回に限りJ-STAGEに公開し,引用可能とします.ただし,学術大会においては専門家による議論には供されていませんので「台風のためプログラム中止」との文言を付記します.(日本地質学会行事委員会)

    DOI: 10.14863/geosocabst.2017.0_336

    CiNii Article

  17. Subduction initiation and ophiolite crust: new insights from IODP drilling 査読有り

    Reagan Mark K., Pearce Julian A., Petronotis Katerina, Almeev Renat R., Avery Aaron J., Carvallo Claire, Chapman Timothy, Christeson Gail L., Ferre Eric C., Godard Marguerite, Heaton Daniel E., Kirchenbaur Maria, Kurz Walter, Kutterolf Steffen, Li Hongyan, Li Yibing, Michibayashi Katsuyoshi, Morgan Sally, Nelson Wendy R., Prytulak Julie, Python Marie, Robertson Alastair H. F., Ryan Jeffrey G., Sager William W., Sakuyama Tetsuya, Shervais John W., Shimizu Kenji, Whattam Scott A.

    INTERNATIONAL GEOLOGY REVIEW   59 巻 ( 11 ) 頁: 1439 - 1450   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Geology Review  

    DOI: 10.1080/00206814.2016.1276482

    Web of Science

    Scopus

  18. モホールへの道:ゴジラメガムリオン掘削提案 査読有り

    小原 泰彦, 道林 克禎, 小野 重明

    日本地質学会学術大会講演要旨     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    【台風のためプログラム中止】 台風18号により学術大会の一部プログラムが中止となりました.中止となったプログラムの講演要旨については,著者のプライオリティ保護の見地から今回に限りJ-STAGEに公開し,引用可能とします.ただし,学術大会においては専門家による議論には供されていませんので「台風のためプログラム中止」との文言を付記します.(日本地質学会行事委員会)

    DOI: 10.14863/geosocabst.2017.0_161

    CiNii Article

  19. 最上部マントルのファブリックと化学組成-陸と海のかんらん岩の類似性と相異性- 査読有り

    道林 克禎, 柿畑 優季, 大家 翔馬, 尾上 彩佳, 近藤 洋裕

    日本地質学会学術大会講演要旨   2017 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2017.0_100

    CiNii Article

  20. 南西インド洋海嶺Prince Edwardトランスフォーム断層のウルトラマイロナイト 査読有り

    柿畑 優季, 道林 克禎, Dick Henry

    日本地質学会学術大会講演要旨   2017 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    台風18号により学術大会の一部プログラムが中止となりましたが,本発表は特別セッション内で発表されました.

    DOI: 10.14863/geosocabst.2017.0_113

    CiNii Article

  21. 伊豆ー小笠原前弧域で掘削された前弧玄武岩・ボニナイトの岩石物性と化学組成 査読有り

    本多 睦美, 道林 克禎, 藤井 昌和, 山本 由弦, 針金 由美子

    日本地質学会学術大会講演要旨   2017 巻 ( 0 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    台風18号により学術大会の一部プログラムが中止となりましたが,本発表は特別セッション内で発表されました.

    DOI: 10.14863/geosocabst.2017.0_160

    CiNii Article

  22. Physical properties and seismic structure of Izu-Bonin-Mariana fore-arc crust: Results from IODP Expedition 352 and comparison with oceanic crust 査読有り

    Christeson G. L., Morgan S., Kodaira S., Yamashita M., Almeev R. R., Michibayashi K., Sakuyama T., Ferre E. C., Kurz W.

    GEOCHEMISTRY GEOPHYSICS GEOSYSTEMS   17 巻 ( 12 ) 頁: 4973 - 4991   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geochemistry, Geophysics, Geosystems  

    DOI: 10.1002/2016GC006638

    Web of Science

    Scopus

  23. High-flux plasma exposure of ultra-fine grain tungsten 査読有り

    Kolasinski R. D., Buchenauer D. A., Doerner R. P., Fang Z. Z., Ren C., Oya Y., Michibayashi K., Friddle R. W., Mills B. E.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF REFRACTORY METALS & HARD MATERIALS   60 巻   頁: 28 - 36   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Refractory Metals and Hard Materials  

    DOI: 10.1016/j.ijrmhm.2016.05.006

    Web of Science

    Scopus

  24. 静岡県のGEO DATA(15) : 地学散歩(94) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   114 巻   頁: .   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  25. S-wave velocities and anisotropy of typical rocks from Yunkai metamorphic complex and constraints on the composition of the crust beneath Southern China 査読有り

    Ji Shaocheng, Wang Qian, Shao Tongbin, Endo Hiroto, Michibayashi Katsuyoshi, Salisbury Matthew H.

    TECTONOPHYSICS   686 巻   頁: 27 - 50   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tectonophysics  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2016.07.017

    Web of Science

    Scopus

  26. Natural olivine crystal-fabrics in the western Pacific convergence region: A new method to identify fabric type 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Mainprice David, Fujii Ayano, Uehara Shigeki, Shinkai Yuri, Kondo Yusuke, Ohara Yasuhiko, Ishii Teruaki, Fryer Patricia, Bloomer Sherman H., Ishiwatari Akira, Hawkins James W., Ji Shaocheng

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   443 巻   頁: 70 - 80   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth and Planetary Science Letters  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2016.03.019

    Web of Science

    Scopus

  27. Melt-rock interactions and fabric development of peridotites from North Pond in the Kane area, Mid-Atlantic Ridge: Implications of microstructural and petrological analyses of peridotite samples from IODP Hole U1382A 査読有り

    Harigane Yumiko, Abe Natsue, Michibayashi Katsuyoshi, Kimura Jun-Ichi, Chang Qing

    GEOCHEMISTRY GEOPHYSICS GEOSYSTEMS   17 巻 ( 6 ) 頁: 2298 - 2322   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geochemistry, Geophysics, Geosystems  

    DOI: 10.1002/2016GC006429

    Web of Science

    Scopus

  28. 静岡県のGEO DATA(14) : 地学散歩(93) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   113 巻   頁: .   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  29. Mica-dominated seismic properties of mid-crust beneath west Yunnan (China) and geodynamic implications 査読有り

    Shao Tongbin, Ji Shaocheng, Oya Shoma, Michibayashi Katsuyoshi, Wang Qian

    TECTONOPHYSICS   677 巻   頁: 324 - 338   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tectonophysics  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2016.04.024

    Web of Science

    Scopus

  30. Temperature dependence of [100](010) and [001](010) dislocation mobility in natural olivine 査読有り

    Wang Lin, Blaha Stephan, Pinter Zsanett, Farla Robert, Kawazoe Takaaki, Miyajima Nobuyoshi, Michibayashi Katsuyoshi, Katsura Tomoo

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   441 巻   頁: 81 - 90   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth and Planetary Science Letters  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2016.02.029

    Web of Science

    Scopus

  31. Effects of olivine fabric, melt-rock reaction, and hydration on the seismic properties of peridotites: Insight from the Luobusha ophiolite in the Tibetan Plateau 査読有り

    Sun Shengsi, Ji Shaocheng, Michibayashi Katsuyoshi, Salisbury Matthew

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   121 巻 ( 5 ) 頁: 3300 - 3323   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    DOI: 10.1002/2015JB012579

    Web of Science

    Scopus

  32. The effect of a hydrous phase on P-wave velocity anisotropy within a detachment shear zone in the slow-spreading oceanic crust: A case study from the Godzilla Megamullion, Philippine Sea 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Watanabe Tohru, Harigane Yumiko, Ohara Yasuhiko

    ISLAND ARC   25 巻 ( 3 ) 頁: 209 - 219   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Island Arc  

    DOI: 10.1111/iar.12132

    Web of Science

    Scopus

  33. Virtual special issue: Understanding of the largest oceanic core complex on the Earth, Godzilla Megamullion Preface 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Snow Jonathan E.

    ISLAND ARC   25 巻 ( 3 ) 頁: 192 - 192   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Island Arc  

    DOI: 10.1111/iar.12157

    Web of Science

    Scopus

  34. Three-dimensional Evolution of Melting, Heat and Melt Transfer in Ascending Mantle beneath a Fast-spreading Ridge Segment Constrained by Trace Elements in Clinopyroxene from Concordant Dunites and Host Harzburgites of the Oman Ophiolite 査読有り

    Akizawa Norikatsu, Ozawa Kazuhito, Tamura Akihiro, Michibayashi Katsuyoshi, Arai Shoji

    JOURNAL OF PETROLOGY   57 巻 ( 4 ) 頁: 777 - 814   2016年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Petrology  

    DOI: 10.1093/petrology/egw020

    Web of Science

    Scopus

  35. IODP Expedition 352で採取された前弧玄武岩・ボニナイトの岩石物性研究 査読有り

    本多 睦美, 道林 克禎, 山本 由弦, 針金 由美子, 神谷 奈々, 渡邊 了, 藤井 昌和, 柵山 徹也

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_449

    CiNii Article

  36. 丹沢深成岩体に接する角閃岩の変形微細構造と結晶方位ファブリック 査読有り

    水野 那希, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_139

    CiNii Article

  37. 静岡県佐久間町中央構造線沿いに分布する断層岩の延性脆性組織と結晶方位解析 査読有り

    遠藤 弘人, 道林 克禎, Mainprice David

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_233

    CiNii Article

  38. 海洋プレート拡大軸直下における最上部マントルの構造岩石学的特徴~オマーンオフィオライトを例として~ 査読有り

    道林 克禎, 大家 翔馬, 尾上 彩佳, 小田島 庸浩

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_137

    CiNii Article

  39. 有馬―高槻構造線六甲断層の断層ガウジ電子顕微鏡観察 査読有り

    道林 克禎, 滝沢 茂

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_345

    CiNii Article

  40. 南部マリアナ海溝陸側斜面で採取された海溝カンラン岩の地質学的研究 査読有り

    大家 翔馬, 上原 茂樹, 道林 克禎, 小原 泰彦, 石井 輝秋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2016 巻 ( 0 )   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2016.0_138

    CiNii Article

  41. 静岡県のGEO DATA(13) : 地学散歩(92) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   112 巻   頁: .   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  42. Magnitude and symmetry of seismic anisotropy in mica- and amphibole-bearing metamorphic rocks and implications for tectonic interpretation of seismic data from the southeast Tibetan Plateau 査読有り

    Ji Shaocheng, Shao Tongbin, Michibayashi Katsuyoshi, Oya Shoma, Satsukawa Takako, Wang Qian, Zhao Weihua, Salisbury Matthew H.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   120 巻 ( 9 ) 頁: 6404 - 6430   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    DOI: 10.1002/2015JB012209

    Web of Science

    Scopus

  43. A multi-technique analysis of deuterium trapping and near-surface precipitate growth in plasma-exposed tungsten 査読有り

    Kolasinski R. D., Shimada M., Oya Y., Buchenauer D. A., Chikada T., Cowgill D. F., Donovan D. C., Friddle R. W., Michibayashi K., Sato M.

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   118 巻 ( 7 )   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Applied Physics  

    DOI: 10.1063/1.4928184

    Web of Science

    Scopus

  44. 静岡県のGEO DATA(12) : 地学散歩(91) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   111 巻   頁: .   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  45. Izu-Bonin-Mariana fore arc: Testing subduction initiation and ophiolite models by drilling the outer Izu-Bonin-Mariana fore arc 査読有り

    Pearce J.A.

    Integrated Ocean Drilling Program: Preliminary Reports   ( 352 )   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Integrated Ocean Drilling Program: Preliminary Reports  

    DOI: 10.14379/iodp.pr.352.2015

    Scopus

  46. Deformation microstructures of glaucophane and lawsonite in experimentally deformed blueschists: Implications for intermediate-depth intraplate earthquakes 査読有り

    Kim Daeyeong, Katayama Ikuo, Wallis Simon, Michibayashi Katsuyoshi, Miyake Akira, Seto Yusuke, Azuma Shintaro

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   120 巻 ( 2 ) 頁: 1229 - 1242   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    DOI: 10.1002/2014JB011528

    Web of Science

    Scopus

  47. IODP Exp.336大西洋中央海嶺North Pond掘削から採取されたかんらん岩の微細構造解析 査読有り

    針金 由美子, 阿部 なつ江, 道林 克禎, 木村 純一, 常 青

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_403

    CiNii Article

  48. P59 プレート沈み込み開始期の火成活動とテトニクスの解明を目指して : IODP第352航海にて採取された岩石試料の分析結果(ポスターセッション) 査読有り

    柵山 徹也, 道林 克禎, 清水 健二, Python Marie, IODP Ex, 乗船研究者一同

    日本火山学会講演予稿集   2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18940/vsj.2015.0_157

    CiNii Article

  49. マリアナ海溝最西端で採取された海溝カンラン岩の地質学的研究 査読有り

    大家 翔馬, 道林 克禎, 小原 泰彦, 石井 輝秋, 水野 那希, 萬年 一剛

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_113

    CiNii Article

  50. 静岡県佐久間町中央構造線沿いに分布する鹿塩マイロナイトに重複した脆性破壊組織 査読有り

    遠藤 弘人, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_512

    CiNii Article

  51. 褶曲していない変形変成岩サンプルから複雑な変形史が読み取れる例:四国東部三波川変成帯のメタチャートの場合 査読有り

    増田 俊明, 西脇 伸, 大森 康智, 松村 太郎次郎, 道林 克禎, 佐津川 貴子, 岡本 敦

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_216

    CiNii Article

  52. 天然のカンラン石ファブリックとテクトニクスの関係 査読有り

    道林 克禎, 尾上 彩佳, 小田島 庸浩

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_112

    CiNii Article

  53. 丹沢深成岩体に接する変成マフィック岩の変形微細構造 査読有り

    水野 那希, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2015 巻 ( 0 )   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2015.0_410

    CiNii Article

  54. Olivine Crystallographic Fabrics and Their P-wave Velocity Structures within Peridotites in the Uppermost Mantle 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi

    JOURNAL OF GEOGRAPHY-CHIGAKU ZASSHI   124 巻 ( 3 ) 頁: 397 - 409   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    &emsp;Olivine crystal grains have various crystallographic orientations within a peridotite, resulting in a crystallographic fabric as well as a texture. Six types of fabrics have been identified in mantle peridotites: A, B, C, D, E and AG types. These fabric types have unique seismic properties such as P-wave and S-wave velocity anisotropy. A new method is proposed to classify olivine fabrics based on P-wave velocity structure on a Vp-Flinn diagram. Three P-wave velocities (<i>V<sub>1</sub></i>, <i>V<sub>2</sub></i>, <i>V<sub>3</sub></i>) are used, two of which are the maximum (<i>V<sub>1</sub></i>) and minimum (<i>V<sub>3</sub></i>) velocities, and the third (<i>V<sub>2</sub></i>) is the velocity perpendicular to the orientations of these two velocities. Relationships between <i>V<sub>1</sub></i>/<i>V<sub>2</sub></i> and <i>V<sub>2</sub></i>/<i>V<sub>3</sub></i> classify fabrics into three types: A type (equivalent to B, C and E types), D type and AG type. Moreover, taking into account structural framework such as foliation and lineation, the Vp-Flinn diagram can be expanded to identify all types of fabrics. This method is successfully applied to fabrics previously studied in Oman ophiolite.

    DOI: 10.5026/jgeography.124.397

    Web of Science

    CiNii Article

  55. Reply to comment by Nozaka (2014) on "Dehydration breakdown of antigorite and the formation of B-type olivine CPO" 査読有り

    Nagaya Takayoshi, Wallis Simon R., Kobayashi Hiroaki, Michibayashi Katsuyoshi, Mizukami Tomoyuki, Seto Yusuke, Miyake Akira, Matsumoto Megumi

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   408 巻   頁: 406 - 407   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth and Planetary Science Letters  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2014.10.026

    Web of Science

    Scopus

  56. Rheological properties of the detachment shear zone of an oceanic core complex inferred by plagioclase flow law: Godzilla Megamullion, Parece Vela back-arc basin, Philippine Sea 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Harigane Yumiko, Ohara Yasuhiko, Muto Jun, Okamoto Atsushi

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   408 巻   頁: 16 - 23   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth and Planetary Science Letters  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2014.10.005

    Web of Science

    Scopus

  57. Plagioclase preferred orientation and induced seismic anisotropy in mafic igneous rocks 査読有り

    Ji Shaocheng, Shao Tongbin, Salisbury Matthew H., Sun Shengsi, Michibayashi Katsuyoshi, Zhao Weihua, Long Changxing, Liang Fenghua, Satsukawa Takako

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   119 巻 ( 11 ) 頁: 8064 - 8088   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    DOI: 10.1002/2014JB011352

    Web of Science

    Scopus

  58. 静岡県のGEO DATA(11) : 地学散歩(90) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   110 巻   頁: .   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  59. The Yushugou granulite-peridotite terrane as a paleozoic continental crust-mantle transition zone exposed at the northern margin of the southern Tianshan (Xinjiang) 査読有り

    Ji S.

    Geotectonica et Metallogenia   38 巻 ( 3 ) 頁: 473-494   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

  60. The Yushugou granulite-peridotite terrane as a paleozoic continental crust-mantle transition zone exposed at the northern margin of the southern Tianshan (Xinjiang) 査読有り

    Ji S

    Geotectonica et Metallogenia   38 巻 ( 3 ) 頁: 473-494   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. 静大通信(21) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   109 巻   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14945/00024596

    CiNii Article

  62. 静岡県のGEO DATA(10) : 地学散歩(89) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   109 巻   頁: .   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  63. A new method for calculating seismic velocities in rocks containing strongly dimensionally anisotropic mineral grains and its application to antigorite-bearing serpentinite mylonites 査読有り

    Watanabe Tohru, Shirasugi Yuhto, Michibayashi Katsuyoshi

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   391 巻   頁: 24 - 35   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth and Planetary Science Letters  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2014.01.025

    Web of Science

    Scopus

  64. Antigorite-induced seismic anisotropy and implications for deformation in subduction zones and the Tibetan Plateau 査読有り

    Shao Tongbin, Ji Shaocheng, Kondo Yosuke, Michibayashi Katsuyoshi, Wang Qian, Xu Zhiqin, Sun Shengsi, Marcotte Denis, Salisbury Matthew H.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   119 巻 ( 3 ) 頁: 2068 - 2099   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    DOI: 10.1002/2013JB010661

    Web of Science

    Scopus

  65. Flow in the uppermost mantle during back-arc spreading revealed by Ichinomegata peridotite xenoliths, NE Japan 査読有り

    Satsukawa Takako, Michibayashi Katsuyoshi

    LITHOS   189 巻   頁: 89 - 104   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lithos  

    DOI: 10.1016/j.lithos.2013.10.035

    Web of Science

    Scopus

  66. Dehydration breakdown of antigorite and the formation of B-type olivine CPO 査読有り

    Nagaya Takayoshi, Wallis Simon R., Kobayashi Hiroaki, Michibayashi Katsuyoshi, Mizukami Tomoyuki, Seto Yusuke, Miyake Akira, Matsumoto Megumi

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   387 巻   頁: 67 - 76   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth and Planetary Science Letters  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2013.11.025

    Web of Science

    Scopus

  67. Seismic velocities, anisotropy and elastic properties of Xiuyan jade and its geological implications 査読有り

    Wang Q.

    Geotectonica et Metallogenia   38 巻 ( 1 ) 頁: 12-26   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

  68. Seismic velocities, anisotropy and elastic properties of Xiuyan jade and its geological implications 査読有り

    Wang Q

    Geotectonica et Metallogenia   38 巻 ( 1 ) 頁: 12-26   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  69. Influence of mineral fraction on the rheological properties of forsterite plus enstatite during grain size sensitive creep: 3. Application of grain growth and flow laws on peridotite ultramylonite 査読有り

    Tasaka Miki, Hiraga Takehiko, Michibayashi Katsuyoshi

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   119 巻 ( 2 ) 頁: 840 - 857   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    DOI: 10.1002/2013JB010619

    Web of Science

    Scopus

  70. A database of plagioclase crystal preferred orientations (CPO) and microstructures - implications for CPO origin, strength, symmetry and seismic anisotropy in gabbroic rocks (vol 4, pg 511, 2013) 査読有り

    Satsukawa T., Ildefonse B., Mainprice D., Morales L. F. G., Michibayashi K., Barou F.

    SOLID EARTH   5 巻 ( 1 ) 頁: 509 - 509   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Solid Earth  

    DOI: 10.5194/se-5-509-2014

    Web of Science

    Scopus

  71. P2-22 プレート沈み込み開始期の火成活動とテトニクスの解明 : IODP Exp.352航海速報(ポスターセッション) 査読有り

    柵山 徹也, 道林 克禎, 清水 健二, Python Marie, IODP Ex, 乗船研究者一同

    日本火山学会講演予稿集   2014 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18940/vsj.2014.0_174

    CiNii Article

  72. 超モホール計画 査読有り

    阿部 なつ江, 森下 知晃, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2014 巻 ( 0 )   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2014.0_095

    CiNii Article

  73. The earliest mantle fabrics formed during subduction zone infancy 査読有り

    Harigane Y.

    Earth and Planetary Science Letters   377-378 巻   頁: 106-113   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2013.06.031

    Scopus

  74. A new calibration of seismic velocities, anisotropy, fabrics, and elastic moduli of amphibole-rich rocks 査読有り

    Ji Shaocheng, Shao Tongbin, Michibayashi Katsuyoshi, Long Changxing, Wang Qian, Kondo Yosuke, Zhao Weihua, Wang Hongcai, Salisbury Matthew H.

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   118 巻 ( 9 ) 頁: 4699 - 4728   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research E: Planets  

    DOI: 10.1002/jgrb.50352

    Web of Science

    Scopus

  75. Deformation fabrics of natural blueschists and implications for seismic anisotropy in subducting oceanic crust 査読有り

    Kim Daeyeong, Katayama Ikuo, Michibayashi Katsuyoshi, Tsujimori Tatsuki

    PHYSICS OF THE EARTH AND PLANETARY INTERIORS   222 巻   頁: 8 - 21   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physics of the Earth and Planetary Interiors  

    DOI: 10.1016/j.pepi.2013.06.011

    Web of Science

    Scopus

  76. Olivine fabric evolution in a hydrated ductile shear zone at the Moho Transition Zone, Oman Ophiolite 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Oohara Tatsuya

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   377 巻   頁: 299 - 310   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth and Planetary Science Letters  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2013.07.009

    Web of Science

    Scopus

  77. The earliest mantle fabrics formed during subduction zone infancy 査読有り

    Yumiko Harigane, Katsuyoshi Michibayashi, Tomoaki Morishita, Kenichiro Tani, Henry J. B. Dick, Osamu Ishizuka

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   377 巻   頁: 106 - 113   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Harzburgites obtained from the oldest crust-mantle section in the Philippine Sea plate (similar to 52 Ma) along the landward slope of the southern lzu-Ogasawara Trench, preserve mantle fabrics formed during the infancy of the subduction zone; that is during the initial stages of Pacific plate subduction beneath the Philippine Sea plate. The harzburgites have relatively fresh primary minerals despite of their heavy serpentinizations, and show inequigranular interlobate textures, and crystal preferred orientation patterns in olivine (001)1100] and Opx (100)1001]. The harzburgites have the characteristics of residual peridotites, whereas the dunites, obtained from the same location as the harzburgites, provide evidence for the earliest stages of arc volcanism during the inception of subduction. We propose that the (001)1100] olivine patterns began forming in immature fore-arc mantle with an increase in slab-derived hydrous fluids during the initial stages of subduction in in situ oceanic island arc. (C) 2013 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.eps1.2013.06.031

    Web of Science

  78. オマーンオフィオライトモホ遷移帯に発達した延性剪断帯におけるマフィック岩の全岩化学組成分析 査読有り

    古畑 圭介, 道林 克禎, 山下 浩之

    静岡大学地球科学研究報告   40 巻   頁: 13-19   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14945/00007428

    CiNii Article

  79. 静岡大学通信(19) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   107 巻   頁: .   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  80. Preface to "Deformation, porphyroblasts and mountain building: A special issue in honour of the career contributions of TH Bell" 査読有り

    Aerden Domingo G. A. M., Johnson Scott E., Michibayashi Katsuyoshi

    TECTONOPHYSICS   587 巻   頁: 1 - 3   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tectonophysics  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2012.11.027

    Web of Science

    Scopus

  81. Progressive deformation partitioning and recrystallization of olivine in the lithospheric mantle 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Suzuki Makoto, Komori Naoaki

    TECTONOPHYSICS   587 巻   頁: 79 - 88   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tectonophysics  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2012.07.008

    Web of Science

    Scopus

  82. Rheological contrast between glaucophane and lawsonite in naturally deformed blueschist from Diablo Range, California 査読有り

    Kim Daeyeong, Katayama Ikuo, Michibayashi Katsuyoshi, Tsujimori Tatsuki

    ISLAND ARC   22 巻 ( 1 ) 頁: 63 - 73   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Island Arc  

    DOI: 10.1111/iar.12003

    Web of Science

    Scopus

  83. A database of plagioclase crystal preferred orientations (CPO) and microstructures - implications for CPO origin, strength, symmetry and seismic anisotropy in gabbroic rocks 査読有り

    Satsukawa T., Ildefonse B., Mainprice D., Morales L. F. G., Michibayashi K., Barou F.

    SOLID EARTH   4 巻 ( 2 ) 頁: 511 - 542   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Solid Earth  

    DOI: 10.5194/se-4-511-2013

    Web of Science

    Scopus

  84. Scientific drilling and related research in the samail ophiolite, sultanate of Oman 査読有り

    Kelemen P.

    Scientific Drilling   ( 15 ) 頁: 64 - 71   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Drilling  

    DOI: 10.2204/iodp.sd.15.10.2013

    Scopus

  85. Vp異方性によるかんらん石ファブリックのタイプ分けと海洋リソスフェアへの応用 査読有り

    道林 克禎, 尾上 彩佳

    日本地質学会学術大会講演要旨   2013 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2013.0_106

    CiNii Article

  86. マリアナ海溝南チャモロ蛇紋岩海山かんらん岩のファブリックと化学組成の特徴 査読有り

    近藤 洋裕, 藤井 彩乃, 道林 克禎, 石井 輝秋, Fryer Patricia, 前川 寛和

    日本地質学会学術大会講演要旨   2013 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2013.0_426

    CiNii Article

  87. レソト王国キンバーライトカンラン岩捕獲岩の構造岩石学的特徴 査読有り

    梅垣 俊哉, 道林 克禎, 片山 郁夫, 小宮 剛

    日本地質学会学術大会講演要旨   2013 巻 ( 0 )   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2013.0_427

    CiNii Article

  88. 走査型蛍光X線分析顕微鏡を用いた層状はんれい岩の組織解析 : 予察 査読有り

    針金 由美子, 道林 克禎

    静岡大学地球科学研究報告   39 巻   頁: 7-27   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14945/00007130

    CiNii Article

  89. Solution-precipitation of K-feldspar in deformed granitoids and its relationship to the distribution of water 査読有り

    Fukuda Jun-ichi, Okudaira Takamoto, Satsukawa Takako, Michibayashi Katsuyoshi

    TECTONOPHYSICS   532 巻   頁: 175 - 185   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tectonophysics  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2012.01.033

    Web of Science

    Scopus

  90. Grain growth kinetics and the effect of crystallographic anisotropy on normal grain growth of quartz 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Imoto Hisashi

    PHYSICS AND CHEMISTRY OF MINERALS   39 巻 ( 3 ) 頁: 213 - 218   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Physics and Chemistry of Minerals  

    DOI: 10.1007/s00269-011-0476-6

    Web of Science

    Scopus

  91. A serpentinite-hosted ecosystem in the Southern Mariana Forearc 査読有り

    Ohara Yasuhiko, Reagan Mark K., Fujikura Katsunori, Watanabe Hiromi, Michibayashi Katsuyoshi, Ishii Teruaki, Stern Robert J., Pujana Ignacio, Martinez Fernando, Girard Guillaume, Ribeiro Julia, Brounce Maryjo, Komori Naoaki, Kino Masashi

    PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA   109 巻 ( 8 ) 頁: 2831-2835   2012年2月

     詳細を見る

  92. Seismic properties of peridotite xenoliths as a clue to imaging the lithospheric mantle beneath NE Tasmania, Australia 査読有り

    Michibayashi K., Kusafuka Y., Satsukawa T., Nasir S. J.

    TECTONOPHYSICS   522 巻   頁: 218 - 223   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Tectonophysics  

    DOI: 10.1016/j.tecto.2011.12.002

    Web of Science

    Scopus

  93. Olivine fabrics: A key to explore upper mantle structure 査読有り

    Michibayashi K.

    Japanese Magazine of Mineralogical and Petrological Sciences   41 巻 ( 6 ) 頁: 267 - 274   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Magazine of Mineralogical and Petrological Sciences  

      The understanding of olivine fabric has dramatically been progressed during the last~10 years by both natural and experimental studies along with the major technological improvement. Crystal-preferred orientations (CPO) are the expression of crystallographic fabrics of grains within the rock with respect to the structural frame (X-, Y- and Z-axes). CPO patterns can be interpreted based on the plane of plastic flow and the flow direction. Olivine fabrics, which are olivine CPO patterns, have been classified into five types: A, B, C, D and E types by a series of experimental studies. An additional AG type has also been proposed in recognition of its common occurrence in nature. New results have already required major modifications to the geodynamic interpretation of the upper mantle, although some uncertainties still remain regarding the olivine fabrics and their development.<br>

    DOI: 10.2465/gkk.120712b

    Scopus

    CiNii Article

  94. スコットランド南東部シッカー岬とハットンの不整合 査読有り

    道林 克禎, 森下 知晃, 村山 雅史, 西 弘嗣, 尾鼻 浩一郎, 鈴木 庸平, 高澤 栄一, 山田 泰広, 横山 祐典

    地質学雑誌   118 巻 ( 11 ) 頁: IX-X   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5575/geosoc.118.11.IX_X

    CiNii Article

  95. キンバーライトかんらん岩捕獲岩の構造岩石学的特徴 査読有り

    木野 雅史, 道林 克禎, 片山 郁夫, 小宮 剛

    日本地質学会学術大会講演要旨   2012 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2012.0_379

    CiNii Article

  96. マイクロブーディン解析による主応力軸方向の検証 査読有り

    西脇 伸, 大森 康智, 木村 希生, 岡本 敦, 佐津川 貴子, 道林 克禎, 増田 俊明

    日本地質学会学術大会講演要旨   2012 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2012.0_425

    CiNii Article

  97. マリアナ海溝蛇紋岩海山から産出したカンラン岩の構造岩石学的特徴 査読有り

    近藤 洋裕, 藤井 彩乃, 道林 克禎, 石井 輝秋, Fryer Patricia, 前川 寛和

    日本地質学会学術大会講演要旨   2012 巻 ( 0 )   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14863/geosocabst.2012.0_149

    CiNii Article

  98. Seismic anisotropy of the uppermost mantle beneath the Rio Grande rift: Evidence from Kilbourne Hole peridotite xenoliths, New Mexico 査読有り

    Satsukawa Takako, Michibayashi Katsuyoshi, Anthony Elizabeth Y., Stern Robert J., Gao Stephen S., Liu Kelly H.

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   311 巻 ( 1-2 ) 頁: 172 - 181   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Earth and Planetary Science Letters  

    DOI: 10.1016/j.epsl.2011.09.013

    Web of Science

    Scopus

  99. Subduction related antigorite CPO patterns from forearc mantle in the Sanbagawa belt, southwest Japan 査読有り

    Nishii A., Wallis S. R., Mizukami T., Michibayashi K.

    JOURNAL OF STRUCTURAL GEOLOGY   33 巻 ( 10 ) 頁: 1436 - 1445   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Structural Geology  

    DOI: 10.1016/j.jsg.2011.08.006

    Web of Science

    Scopus

  100. 夜久野オフィオライト待ちの山超マフィック岩体南部断層境界に発達したブロックインマトリックス構造 査読有り

    小森 直昭, 道林 克禎

    静岡大学地球科学研究報告   38 巻   頁: 21-26   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14945/00006209

    CiNii Article

  101. Drilling constraints on lithospheric accretion and evolution at Atlantis Massif, Mid-Atlantic Ridge 30N.

    Blackman, D.K, Ildefonse, B., John, B.E. 他

    Journal of Geophysical Research B: Solid Earth   116 巻 ( B7 ) 頁: 1 - 25   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Geophysical Research: Solid Earth  

    Expeditions 304 and 305 of the Integrated Ocean Drilling Program cored and logged a 1.4 km section of the domal core of Atlantis Massif. Postdrilling research results summarized here constrain the structure and lithology of the Central Dome of this oceanic core complex. The dominantly gabbroic sequence recovered contrasts with predrilling predictions; application of the ground truth in subsequent geophysical processing has produced self-consistent models for the Central Dome. The presence of many thin interfingered petrologic units indicates that the intrusions forming the domal core were emplaced over a minimum of 100-220 kyr, and not as a single magma pulse. Isotopic and mineralogical alteration is intense in the upper 100 m but decreases in intensity with depth. Below 800 m, alteration is restricted to narrow zones surrounding faults, veins, igneous contacts, and to an interval of locally intense serpentinization in olivine-rich troctolite. Hydration of the lithosphere occurred over the complete range of temperature conditions from granulite to zeolite facies, but was predominantly in the amphibolite and greenschist range. Deformation of the sequence was remarkably localized, despite paleomagnetic indications that the dome has undergone at least 45 rotation, presumably during unroofing via detachment faulting. Both the deformation pattern and the lithology contrast with what is known from seafloor studies on the adjacent Southern Ridge of the massif. There, the detachment capping the domal core deformed a 100 m thick zone and serpentinized peridotite comprises ∼70% of recovered samples. We develop a working model of the evolution of Atlantis Massif over the past 2 Myr, outlining several stages that could explain the observed similarities and differences between the Central Dome and the Southern Ridge. Copyright 2011 by the American Geophysical Union.

    DOI: 10.1029/2010JB007931

    Web of Science

    Scopus

    J-GLOBAL

  102. Deformation and hydrothermal metamorphism of gabbroic rocks within the Godzilla Megamullion, Parece Vela Basin, Philippine Sea 査読有り

    Harigane Yumiko, Michibayashi Katsuyoshi, Ohara Yasuhiko

    LITHOS   124 巻 ( 3-4 ) 頁: 185-199   2011年6月

     詳細を見る

  103. Relicts of deformed lithospheric mantle within serpentinites and weathered peridotites from the Godzilla Megamullion, Parece Vela Back-arc Basin, Philippine Sea 査読有り

    Harigane Yumiko, Michibayashi Katsuyoshi, Ohara Yasuhiko

    ISLAND ARC   20 巻 ( 2 ) 頁: 174-187   2011年6月

     詳細を見る

  104. 静岡大学通信(19) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   103 巻   頁: .   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  105. Direct evidence for upper mantle structure in the NW Pacific Plate: Microstructural analysis of a petit-spot peridotite xenolith 査読有り

    Harigane Yumiko, Mizukami Tomoyuki, Morishita Tomoaki, Michibayashi Katsuyoshi, Abe Natsue, Hirano Naoto

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   302 巻 ( 1-2 ) 頁: 194-202   2011年2月

     詳細を見る

  106. Rheological contrast between garnet and clinopyroxene in the mantle wedge: An example from Higashi-akaishi peridotite mass, SW Japan 査読有り

    Muramoto Masashi, Michibayashi Katsuyoshi, Ando Jun-ichi, Kagi Hiroyuki

    PHYSICS OF THE EARTH AND PLANETARY INTERIORS   184 巻 ( 1-2 ) 頁: 14-33   2011年1月

     詳細を見る

  107. Seismic velocity in antigorite-bearing serpentinite mylonites 査読有り

    Watanabe Tohru, Shirasugi Yuhto, Yano Hideaki, Michibayashi Katsuyoshi

    DEFORMATION MECHANISMS, RHEOLOGY AND TECTONICS: MICROSTRUCTURES, MECHANICS AND ANISOTROPY   360 巻 ( 1 ) 頁: 97-112   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1144/SP360.6

    Web of Science

    Scopus

  108. Water content of the mantle xenoliths from Kimberley and implications for explaining textural variations in cratonic roots 査読有り

    Katayama Ikuo, Michibayashi Katsuyoshi, Terao Ryuji, Ando Jun-Ichi, Komiya Tsuyoshi

    GEOLOGICAL JOURNAL   46 巻 ( 2-3 ) 頁: 173-182   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/gj.1216

    Web of Science

    Scopus

  109. フィリピン海パレスベラ海盆のゴジラムリオンから採取されたはんれい岩に含まれる角閃石の地球化学的特徴 査読有り

    針金 由美子, 森下 知晃, Snow Jonathan, 田村 明弘, 道林 克禎, 小原 泰彦, 荒井 章司

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011 巻 ( 0 ) 頁: 56-56   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    白鳳丸KH07-2航海において採取されたフィリピン海パレスベラ海盆のゴジラメガムリオン中央部(KH07-02-D18地点)から採取されたはんれい岩を用いて、はんれい岩に含まれる熱水変成作用で形成した角閃石の変形微細構造と微量元素組成から考察される流体の特徴について述べる。

    DOI: 10.14824/jakoka.2011.0.56.0

    CiNii Article

  110. 領家変成帯から見出される拡散クリープ-転位クリープ遷移とその条件 査読有り

    宮崎 智美, 奥平 敬元, 篠田 圭司, 佐津川 貴子, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2011 巻 ( 0 ) 頁: 202-202   2011年

     詳細を見る

  111. 海洋地殻地震波構造の解釈 ~フィリピン海ゴジラメガムリオンを例として~ 査読有り

    道林 克禎, 針金 由美子, 小原 泰彦

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011 巻 ( 0 ) 頁: 118-118   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    本研究では,ゴジラメガムリオンで採取されたハンレイ岩の地震波特性を明らかにして,ゴジラメガムリオンのP波速度構造断面の解釈を試みた.はじめに針金ほかの研究(Harigane et al., 2008, Tectonophysics; 2010, Island Arc; 2011, Lithos)によって解析されたハンレイ岩の斜長石・単斜輝石・角閃石それぞれの結晶方位定向配列の結果を用いて,それぞれの鉱物の地震波特性を計算した.この計算結果を基にして,さらに斜長石50%単斜輝石50%のモード組成をもつハンレイ岩(pl50cpx50)と斜長石50%角閃石50%のモード組成をもつ角閃岩(pl50amp50)として地震波特性を計算した.この結果をゴジラメガムリオンのP波速度構造断面に適用したところ,深部に向かって次第にハンレイ岩が角閃岩に変化する(次第に海洋地殻下部が含水化している)と解釈された.

    DOI: 10.14824/jakoka.2011.0.118.0

    CiNii Article

  112. 沈み込み帯前弧ウェッジマントルにおけるAntigorite CPOパターン ー三波川変成帯 東赤石岩体の例ー 査読有り

    西井 彩, ウォリス サイモン, 水上 知行, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2011 巻 ( 0 ) 頁: 416-416   2011年

     詳細を見る

  113. 大陸リフト帯におけるマントル構造発達過程:Kilbourne Holeかんらん岩捕獲岩の微細構造解析と地震波特性 査読有り

    佐津川 貴子, 道林 克禎, アンソニー エリザベス, スターン ロバート, ガオ ステファン, リュウ ケリー

    日本地質学会学術大会講演要旨   2011 巻 ( 0 ) 頁: 191-191   2011年

     詳細を見る

  114. 夜久野オフィオライト待ちの山岩体蛇紋岩の微細構造発達 査読有り

    小森 直昭, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2011 巻 ( 0 ) 頁: 190-190   2011年

     詳細を見る

  115. 世界最深の海洋底かんらん岩,トンガ海溝かんらん岩の構造岩石学的研究 査読有り

    新海 優里, 道林 克禎, 上原 茂樹, 石井 輝秋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2011 巻 ( 0 ) 頁: 154-154   2011年

     詳細を見る

  116. マリアナ海溝南部カンラン岩の岩石学的特徴と構造 査読有り

    道林 克禎, 上原 茂樹, 小原 泰彦, 石井 輝秋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2011 巻 ( 0 ) 頁: 153-153   2011年

     詳細を見る

  117. 非対称性背弧拡大時における海洋下部地殻のレオロジー 査読有り

    道林 克禎, 針金 由美子, 小原 泰彦

    日本鉱物科学会年会講演要旨集   2011 巻 ( 0 ) 頁: 39-39   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    本研究では,フィリピン海ゴジラメガムリオンで採取されたハンレイ岩のマイロナイトとウルトラマイロナイトの微細構造発達過程を,斜長石の流動則から明らかにした.流動則は,粒径と温度条件を微細構造解析から求め,歪速度をゴジラメガムリオンの拡大速度を元にして計算した.その結果,10E-9/sから10E-10/sの速い歪速度下で転位クリープから拡散クリープに変化したことが推定され,デタッチメント断層は超塑性流動したことが考察された.

    DOI: 10.14824/jakoka.2011.0.39.0

    CiNii Article

  118. Amphibolitization within the lower crust in the termination area of the Godzilla Megamullion, an oceanic core complex in the Parece Vela Basin 査読有り

    Harigane Yumiko, Michibayashi Katsuyoshi, Ohara Yasuhiko

    ISLAND ARC   19 巻 ( 4 ) 頁: 718-730   2010年12月

     詳細を見る

  119. Uppermost mantle anisotropy beneath the southern Laurentian margin: Evidence from Knippa peridotite xenoliths, Texas 査読有り

    Satsukawa Takako, Michibayashi Katsuyoshi, Raye Urmidola, Anthony Elizabeth Y., Pulliam Jay, Stern Robert

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   37 巻 ( 20 )   2010年10月

     詳細を見る

  120. Spatial variations in antigorite fabric across a serpentinite subduction channel: Insights from the Ohmachi Seamount, Izu-Bonin frontal arc 査読有り

    Hirauchi Ken-ichi, Michibayashi Katsuyoshi, Ueda Hayato, Katayama Ikuo

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   299 巻 ( 1-2 ) 頁: 196-206   2010年10月

     詳細を見る

  121. Grain-size-sensitive deformation of upper greenschist- to lower amphibolite-facies metacherts from a low-P/high-T metamorphic belt 査読有り

    Okudaira Takamoto, Ogawa Daisuke, Michibayashi Katsuyoshi

    TECTONOPHYSICS   492 巻 ( 1-4 ) 頁: 141-149   2010年9月

     詳細を見る

  122. Effect of grain growth on cation exchange between dunite and fluid: implications for chemical homogenization in the upper mantle 査読有り

    Ohuchi Tomohiro, Nakamura Michihiko, Michibayashi Katsuyoshi

    CONTRIBUTIONS TO MINERALOGY AND PETROLOGY   160 巻 ( 3 ) 頁: 339-357   2010年9月

     詳細を見る

  123. Grain growth experiments of quartz aggregates in agate under 1 GPa and 800°C 査読有り

      ( 37 ) 頁: 13-19   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

  124. Grain growth experiments of quartz aggregates in flint under 1 GPa and 800°C 査読有り

      ( 37 ) 頁: 21-26   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

  125. Preliminary results of elastic wave velocity measurements on a serpentinite obtained from the deep-sea floor 査読有り

    Shinkai Y.

    Geoscience Reports of the Shizuoka University   ( 37 ) 頁: 27-34   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

  126. 0.5GPa、800℃におけるメノウ中の石英多結晶体の結晶成長実験 査読有り

    井元 恒, 道林 克禎

    静岡大学地球科学研究報告   37 巻   頁: 13-19   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14945/00005288

    CiNii Article

  127. 1GPa、800℃におけるフリント中の石英多結晶体の結晶成長実験 査読有り

    植田 直彦, 道林 克禎

    静岡大学地球科学研究報告   37 巻   頁: 21-26   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14945/00005289

    CiNii Article

  128. 深海底から採集した蛇紋岩の弾性波速度測定 : 予察 査読有り

    新海 優里, 渡辺 了, 道林 克禎, 針金 由美子, 小原 泰彦

    静岡大学地球科学研究報告   37 巻   頁: 27-34   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14945/00005290

    CiNii Article

  129. Exsolution of dolomite and application of calcite-dolomite solvus geothermometry in high-grade marbles: an example from Skallevikshalsen, East Antarctica 査読有り

    Mizuochi H., Satish-Kumar M., Motoyoshi Y., Michibayashi K.

    JOURNAL OF METAMORPHIC GEOLOGY   28 巻 ( 5 ) 頁: 509-526   2010年6月

     詳細を見る

  130. Two Contrasting Fabric Patterns of Olivine Observed in Garnet and Spinel Peridotite from a Mantle-derived Ultramafic Mass Enclosed in Felsic Granulite, the Moldanubian Zone, Czech Republic 査読有り

    Kamei Akira, Obata Masaaki, Michibayashi Katsuyoshi, Hirajima Takao, Svojtka Martin

    JOURNAL OF PETROLOGY   51 巻 ( 1-2 ) 頁: 101-123   2010年

     詳細を見る

  131. トンガ海溝深部陸側斜面から採取されたマントル最上部由来の岩石の構造岩石学的研究 査読有り

    新海 優里, 道林 克禎, 石井 輝秋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010 巻 ( 0 ) 頁: 280-280   2010年

     詳細を見る

  132. 中部地殻条件下におけるカリ長石のレオロジー 査読有り

    福田 惇一, 奥平 敬元, 佐津川 貴子, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010 巻 ( 0 ) 頁: 446-446   2010年

     詳細を見る

  133. 領家変成帯から見出される拡散クリープ-転位クリープ遷移 査読有り

    宮崎 智美, 奥平 敬元, 小川 大介, 佐津川 貴子, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010 巻 ( 0 ) 頁: 517-517   2010年

     詳細を見る

  134. 熊澤型試験機による高温高圧変形実験:含水石英岩のレオロジー解明にむけて 査読有り

    清水 以知子, 渡邉 悠太, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010 巻 ( 0 ) 頁: 197-197   2010年

     詳細を見る

  135. 南部ローレンシア大陸最上部マントルの異方性:テキサス州Knippaかんらん岩捕獲岩からの証拠 査読有り

    佐津川 貴子, 道林 克禎, Raye Urmidola, Anthony Elizabeth, Pulliam Jay, Stern Robert

    日本地質学会学術大会講演要旨   2010 巻 ( 0 ) 頁: 279-279   2010年

     詳細を見る

  136. Trench-parallel anisotropy produced by serpentine deformation in the hydrated mantle wedge 査読有り

    Katayama Ikuo, Hirauchi Ken-ichi, Michibayashi Katsuyoshi, Ando Jun-ichi

    NATURE   461 巻 ( 7267 ) 頁: 1114-U209   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/nature08513

    Web of Science

    Scopus

  137. Rock seismic anisotropy of the low-velocity zone beneath the volcanic front in the mantle wedge 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Oohara Tatsuya, Satsukawa Takako, Ishimaru Satoko, Arai Shoji, Okrugin Victor M.

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   36 巻 ( 12 )   2009年6月

     詳細を見る

  138. Peridotites from a ductile shear zone within back-arc lithospheric mantle, southern Mariana Trench: Results of a Shinkai 6500 dive

    Michibayashi K., Ohara Y., Stern R. J., Fryer P., Kimura J. -I., Tasaka M., Ishii T.

    GEOCHEMISTRY GEOPHYSICS GEOSYSTEMS   10 巻 ( 5 )   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Geochemistry, Geophysics, Geosystems  

    DOI: 10.1029/2008GC002197

    Web of Science

    Scopus

  139. P- and S-wave velocities of the lowermost crustal rocks from the Kohistan arc: Implications for seismic Moho discontinuity attributed to abundant garnet 査読有り

    Kono Yoshio, Ishikawa Masahiro, Harigane Yumiko, Michibayashi Katsuyoshi, Arima Makoto

    TECTONOPHYSICS   467 巻 ( 1-4 ) 頁: 44-54   2009年3月

     詳細を見る

  140. ゴジラムリオンの発生とパレスベラ背弧海盆の進化 査読有り

    針金 由美子, 道林 克禎, 小原 泰彦

    日本地質学会学術大会講演要旨   2009 巻 ( 0 ) 頁: 107-107   2009年

     詳細を見る

  141. マリアナ弧蛇紋岩海山から産出される蛇紋岩化したかんらん岩の構造解析 査読有り

    藤井 彩乃, 道林 克禎, 石井 輝秋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2009 巻 ( 0 ) 頁: 364-364   2009年

     詳細を見る

  142. 高温高圧実験による石英の結晶成長過程の研究:高温型石英と低温型石英の比較 査読有り

    井元 恒, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2009 巻 ( 0 ) 頁: 513-513   2009年

     詳細を見る

  143. 結晶方位配列と亜結晶粒回転軸によるかんらん石すべり系の推定~秋田県男鹿半島一の目潟火山かんらん岩捕獲岩を例として~ 査読有り

    佐津川 貴子, 道林 克禎

    地質学雑誌   115 巻 ( 6 ) 頁: 288-291   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    In this study of peridotite xenoliths from Ichinomegata volcano, Oga peninsula, NE Japan, we used electron backscattered diffraction to assess the validity of two methods of identifying the olivine slip system that operated during deformation. The xenoliths are harzburgite in composition and contain a distinct foliation and lineation defined by aligned spinel and pyroxene grains. Using the first method, the dominant slip system in olivine was estimated based on the crystallographic preferred orientation (CPO) of olivine with respect to the foliation and lineation. The second method was based on an analysis of subgrain rotation: given that intracrystalline subgrain boundaries were observed within several olivine grains, we measured the misorientation angles across these boundaries to define sets of slip planes, slip directions, and rotation axes. The olivine slip systems estimated using the two methods are essentially identical. The CPO pattern provides an important constraint on the dominant slip system that operated during deformation, whereas the analysis of subgrain rotation yields the slip system responsible for the development of individual subgrain boundaries composed of edge dislocations. The two methods are therefore complementary.

    DOI: 10.5575/geosoc.115.288

    CiNii Article

  144. 火山フロント直下の最上部マントル構造 ~カムチャッカ半島アバチャ火山かんらん岩捕獲岩を例として~ 査読有り

    大原 達也, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2009 巻 ( 0 ) 頁: 272-272   2009年

     詳細を見る

  145. 夜久野オフィオライト待ちの山かんらん岩の微細構造発達 査読有り

    鈴木 慎人, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2009 巻 ( 0 ) 頁: 273-273   2009年

     詳細を見る

  146. 北アメリカ南西部Knippa及びKilbourne Holeかんらん岩捕獲岩の構造岩石学的特徴 査読有り

    佐津川 貴子, 道林 克禎, Stern Robert J., Raye Urmidola, Anthony Elizabeth Y.

    日本地質学会学術大会講演要旨   2009 巻 ( 0 ) 頁: 511-511   2009年

     詳細を見る

  147. 世界最深の海洋底岩石試料: トンガ海溝かんらん岩 査読有り

    道林 克禎, 上原 茂樹, 新海 優里, 針金 由美子, 石井 輝秋, 沖野 郷子

    日本地質学会学術大会講演要旨   2009 巻 ( 0 ) 頁: 108-108   2009年

     詳細を見る

  148. マリアナ海溝南部陸側斜面のかんらん岩の構造と岩石学的特徴 査読有り

    上原 茂樹, 道林 克禎, 小原 泰彦, 石井 輝秋

    日本地質学会学術大会講演要旨   2009 巻 ( 0 ) 頁: 363-363   2009年

     詳細を見る

  149. Hydration due to high-T brittle failure within in situ oceanic crust, 30 degrees N Mid-Atlantic Ridge 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Hirose Takehiro, Nozaka Toshio, Harigane Yumiko, Escartin Javier, Delius Heike, Linek Margaret, Ohara Yasuhiko

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   275 巻 ( 3-4 ) 頁: 348-354   2008年11月

     詳細を見る

  150. Shearing within lower crust during progressive retrogression: Structural analysis of gabbroic rocks from the Godzilla Mullion, an oceanic core complex in the Parece Vela backarc basin 査読有り

    Harigane Yumiko, Michibayashi Katsuyoshi, Ohara Yasuhiko

    TECTONOPHYSICS   457 巻 ( 3-4 ) 頁: 183-196   2008年10月

     詳細を見る

  151. Undoped ZnO phosphor with high luminescence efficiency grown by thermal oxidation 査読有り

    Xiao Zhiyan, Okada Morihro, Han Gui, Ichimiya Masayoshi, Michibayashi Katsuyoshi, Itoh Tadashi, Neo Yoichiro, Aoki Toru, Mimura Hidenori

    JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   104 巻 ( 7 )   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1063/1.2990050

    Web of Science

    Scopus

  152. O-190 飛騨外縁帯八方尾根かんらん岩蛇紋岩体の構造解析と地震波特性(24.深成岩及び変成岩,口頭発表,一般講演) 査読有り

    藤井 彩乃, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   115 巻   頁: .   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  153. O-192 四国中央部三波川帯東赤石かんらん岩体の変形微細構造(24.深成岩及び変成岩,口頭発表,一般講演) 査読有り

    村本 政史, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   115 巻   頁: .   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  154. O-191 隠岐島後カンラン岩捕獲岩の微細構造解析(24.深成岩及び変成岩,口頭発表,一般講演) 査読有り

    佐津川 貴子, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   115 巻   頁: .   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  155. O-194 南部マリアナ海溝West Santa Rosa Bank断層で採取された背弧起源かんらん岩(24.深成岩及び変成岩,口頭発表,一般講演) 査読有り

    道林 克禎, 小原 泰彦

    日本地質学会学術大会講演要旨   115 巻   頁: .   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  156. P-154 カムチャッカ半島アバチャ火山かんらん岩捕獲岩の微細構造解析(24.深成岩及び変成岩,ポスター発表,一般講演) 査読有り

    大原 達也, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   115 巻   頁: .   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  157. B-type olivine fabrics developed in the fore-arc side of the mantle wedge along a subducting slab 査読有り

    Tasaka Miki, Michibayashi Katsuyoshi, Mainprice David

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   272 巻 ( 3-4 ) 頁: 747-757   2008年8月

     詳細を見る

  158. Isotropic quartz aggregate prepared using a sol-gel method 査読有り

    Imoto H.

    Geoscience Reports of the Shizuoka University   ( 35 ) 頁: 45-54   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Scopus

  159. ゾル・ゲル法による石英結晶試料の合成 査読有り

    井元 恒, 道林 克禎, 大内 智博, 中村 美千彦

    静岡大学地球科学研究報告   35 巻   頁: 45-54   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.14945/00003618

    CiNii Article

  160. かんらん岩の構造敏感性と弾性的異方性 査読有り

    道林 克禎

    地學雜誌   117 巻 ( 1 ) 頁: 93-109   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    &emsp;Peridotites derived from the uppermost mantle consist dominantly of olivine and subsequently of pyroxene, spinel, garnet, and plagioclase. Crystal-plastic flow of mantle rocks results in various types of structure within peridotite being developed to varying degrees, depending upon the structure sensitivity of the different mineral phases. Plastic deformation leads to the simultaneous development of shape-preferred orientations and crystal-preferred orientations. A shape-preferred orientation is the expression of the average orientation of flattening (foliation) and elongation (lineation) directions, as defined by the orientations of individual grains. A crystal-preferred orientation (CPO) is the expression of crystallographic orientations of grains within the rock, as developed via dislocation creep and recrystallization. During intense homogeneous plastic deformation of a peridotite composed of minerals with a dominant slip system, the preferred orientation of the slip plane and slip direction tends to coincide with the plane of plastic flow and the flow direction, respectively. Recently, a new olivine CPO classification (A, B, C, D, and E types) has been proposed by Karato and co-workers to illustrate the roles of stress and water content as controlling factors of olivine slip systems. An additional CPO type (AG) has also been proposed in recognition of its common occurrence in nature. Given that olivine and the other constituent minerals in peridotites contain intrinsic elastic anisotropies, the development of CPO within peridotite during plastic deformation gives rise to seismic anisotropy in the upper mantle. Thus, the anisotropic properties of mantle rocks derived from the upper 100 km of the mantle, such as Ichinomegata peridotite xenoliths from the northeast Japan arc, have been calculated and applied with the aim of understanding the seismic anisotropy of the Earth's mantle.

    DOI: 10.5026/jgeography.117.93

    CiNii Article

  161. カムチャッカ半島アバチャ火山かんらん岩捕獲岩の微細構造解析 査読有り

    大原 達也, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008 巻 ( 0 ) 頁: 489-489   2008年

     詳細を見る

  162. キンバーライト捕獲岩の温度圧力条件と変形組織の関係 査読有り

    片山 郁夫, 陶山 由夏, 安東 淳一, 道林 克禎, 小宮 剛

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008 巻 ( 0 ) 頁: 485-485   2008年

     詳細を見る

  163. 南部マリアナ海溝West Santa Rosa Bank断層で採取された背弧起源かんらん岩 査読有り

    道林 克禎, 小原 泰彦

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008 巻 ( 0 ) 頁: 251-251   2008年

     詳細を見る

  164. 高温高圧実験による石英の結晶成長過程の研究:結晶方位異方性の効果 査読有り

    井元 恒, 道林 克禎, 増田 敏明

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008 巻 ( 0 ) 頁: 490-490   2008年

     詳細を見る

  165. 飛騨外縁帯八方尾根かんらん岩蛇紋岩体の構造解析と地震波特性 査読有り

    藤井 彩乃, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008 巻 ( 0 ) 頁: 247-247   2008年

     詳細を見る

  166. 四国中央部三波川帯東赤石かんらん岩体 査読有り

    村本 政史, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2008 巻 ( 0 ) 頁: 249-249   2008年

     詳細を見る

  167. Variable microstructure of peridotite samples from the southern Mariana Trench: Evidence of a complex tectonic evolution 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Tasaka Miki, Ohara Yasuhiko, Ishii Teruaki, Okamoto Atsushi, Fryer Patricia

    TECTONOPHYSICS   444 巻 ( 1-4 ) 頁: 111-118   2007年11月

     詳細を見る

  168. 静岡大学通信(12) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   96 巻   頁: .   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  169. O-134 四国中央部三波川帯東赤石岩体ざくろ石単斜輝岩の変形構造解析(13.岩石・鉱物の破壊と変形,口頭発表,一般講演) 査読有り

    村本 政史, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   114 巻   頁: .   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  170. O-136 秋田県男鹿半島一の目潟火山カンラン岩捕獲岩の微細構造発達過程(13.岩石・鉱物の破壊と変形,口頭発表,一般講演) 査読有り

    佐津川 貴子, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   114 巻   頁: .   2007年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  171. Development of a shear band cleavage as a result of strain partitioning 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Murakami Masami

    JOURNAL OF STRUCTURAL GEOLOGY   29 巻 ( 6 ) 頁: 1070-1082   2007年

     詳細を見る

  172. フィリピン海パレスベラ海盆におけるゴジラムリオンから採取されたはんれい岩の変形微細構造解析 査読有り

    針金 由美子, 道林 克禎, 小原 泰彦

    日本地質学会学術大会講演要旨   2007 巻 ( 0 ) 頁: 252-252   2007年

     詳細を見る

  173. Structural geology of peridotite and rheology of the uppermost mantle

    Michibayashi K.

    Nihon Reoroji Gakkaishi   34 巻 ( 5 ) 頁: 291 - 300   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nihon Reoroji Gakkaishi  

    The earth consists of crust, mantle and core. The crust is the earth's surface component, upon which we live. Situated below the crust, the mantle is the dominant component consisting of the earth, making up 80 %. The rheology of the mantle is the key to understanding the working of our mother planet. Peridotite, which is derived from the uppermost mantle, preserves structures and textures that contain information on flow stress and strain (<i>e.g.</i>, foliation, lineation and grain size), while the crystal-preferred orientations of minerals (<i>i.e.</i>, fabric) reveal the nature of kinematic movement within the mantle. The mantle section of the Oman ophiolite is the largest section of oceanic lithosphere exposed at the earth surface. Extensive structural mapping of these rocks has been conducted throughout the Oman mountain range to unravel mantle processes associated with the generation of oceanic lithosphere. Research in this area demonstrated that the formation of oceanic mantle lithosphere at a fast-spreading ridge involves active mantle flow associated with a mantle diapir.<br>

    DOI: 10.1678/rheology.34.291

    Scopus

    CiNii Article

  174. 静岡大学通信(10) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   94 巻   頁: 69-70   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  175. Misorientations of garnet aggregate within a vein: an example from the Sanbagawa metamorphic belt, Japan 査読有り

    Okamoto A., Michibayashi K.

    JOURNAL OF METAMORPHIC GEOLOGY   24 巻 ( 5 ) 頁: 353-366   2006年6月

     詳細を見る

  176. Seismic anisotropy in the uppermost mantle, back-arc region of the northeast Japan arc: Petrophysical analyses of Ichinomegata peridotite xenoliths 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi, Abe Natsue, Okamoto Atsushi, Satsukawa Takako, Michikura Kenta

    GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS   33 巻 ( 10 )   2006年5月

     詳細を見る

  177. Rapid growth of garnet within a metamorphic vein inferred from misorientation angle distribution of garnet porphyroblasts

    Okamoto A.

    AIP Conference Proceedings   833 巻   頁: 167 - 170   2006年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AIP Conference Proceedings  

    DOI: 10.1063/1.2207097

    Scopus

  178. The effect of dynamic recrystallization on olivine fabric and seismic anisotropy: Insight from a ductile shear zone, Oman ophiolite 査読有り

    Michibayashi K, Ina T, Kanagawa K

    EARTH AND PLANETARY SCIENCE LETTERS   244 巻 ( 3-4 ) 頁: 695-708   2006年4月

     詳細を見る

  179. O-104 メノウの高温高圧変形実験による石英の微細構造発達過程の研究 : 予察(12.岩石・鉱物の破壊と変形,口頭およびポスター発表,一般講演) 査読有り

    渡辺 悠太, 道林 克禎, 増田 俊明, 清水 以知子

    日本地質学会学術大会講演要旨   2006 巻 ( 0 )   2006年

     詳細を見る

  180. O-189 チェコ共和国ボヘミア山塊に産するMohelnoかんらん岩体におけるかんらん石CPOの変遷(21.変成岩とテクトニクス,口頭およびポスター発表,一般講演) 査読有り

    亀井 陽, 小畑 正明, 道林 克禎

    日本地質学会学術大会講演要旨   2006 巻 ( 0 )   2006年

     詳細を見る

  181. Rapid growth of garnet within a metamorphic vein inferred from misorientation angle porphyroblasts 査読有り

    Okamoto Atsushi, Michibayashi Katsuyoshi

    WATER DYNAMICS   833 巻   頁: 167-+   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  182. Structural geology of peridotite and rheology of the uppermost mantle 査読有り

    Michibayashi Katsuyoshi

    NIHON REOROJI GAKKAISHI   34 巻 ( 5 ) 頁: 291-300   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  183. Progressive shape evolution of a mineral inclusion under differential stress at high temperature: Example of garnet inclusions within a granulite-facies quartzite from the Lutzow-Holm Complex, East Antarctica 査読有り

    Okamoto A, Michibayashi K

    JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH   110 巻 ( B11 ) 頁: 1-16   2005年11月

     詳細を見る

  184. 静岡大学通信(8) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   92 巻   頁: 41-43   2005年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  185. IODP Expeditions 304 and 305: Oceanic core complex formation, Atlantis Massif 査読有り

    Blackman D.

    Scientific Drilling   1 巻   頁: 28-31   2005年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2204/iodp.sd.1.05.2005

    Scopus

  186. Propagation of seismic slip from brittle to ductile crust: Evidence from pseudotachylyte of the Woodroffe thrust, central Australia 査読有り

    Lin AM, Maruyama T, Aaron S, Michibayashi K, Camacho A, Kano KI

    TECTONOPHYSICS   402 巻 ( 1-4 ) 頁: 21-35   2005年6月

     詳細を見る

  187. 静岡大学通信(7) 査読有り

    道林 克禎

    静岡地学   91 巻   頁: 51-53   2005年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    CiNii Article

  188. Fluid accumulation beneath the detachment fault in the Central Range of Taiwan 査読有り

    Masago Hideki, Okamoto Kazuaki, Chan Yu Chang, Yui Tzeng Fu, Chu Hao Tsu, Iizuka Yoshiyuki, Michibayashi Katsuyoshi, Harigane Yumiko

      111 巻 ( 2 ) 頁: III-IV   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.5575/geosoc.111.2.III_IV

    CiNii Article

  189. IODP Exp. 304/305掘削結果 : 大西洋中央海嶺30°Nアトランティス岩体(24.岩石鉱物一般) 査読有り

    阿部 なつ江, 小原 泰彦, Andal Eric S., 淡路 俊作, 広瀬 丈洋, 石丸 聡子, 前田 仁一郎, 道林 克禎, 中川 達功, 野坂 俊夫, 田村 明弘, 冨永 雅子, 山崎 徹, IODP Exp. 304-305乗船研究者一同

    日本地質学会学術大会講演要旨   2005 巻 ( 0 )   2005年

     詳細を見る

  190. パレスベラ海盆の海洋コアコンプレックス : 特にゴジラムリオンのデタッチメント断層について(23.変成岩とテクトニクス) 査読有り

    針金 由美子, 道林 克禎, 小原 泰彦, 沖野 郷子

    日本地質学会学術大会講演要旨   2005 巻 ( 0 )   2005年

     詳細を見る

  191. 蛇紋岩のレオロジー : 脱水脆性化はスラブ内地震を引き起こすか?(14.岩石・鉱物の破壊と変形) 査読有り

    清水 以知子, 渡辺 悠太, 道林 克禎, 増田 俊明

    日本地質学会学術大会講演要旨   2005 巻 ( 0 )   2005年

     詳細を見る

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 地殻変形と流体の相互作用に関する実験的研究

    清水 以知子, 道林 克禎( 担当: 単著)

    清水以知子  2007年 

     詳細を見る

  2. 地殻変形と流体の相互作用に関する実験的研究

    清水 以知子, 道林 克禎( 担当: 単著)

    清水以知子  2007年 

     詳細を見る

    担当ページ:.   記述言語:日本語

MISC 1

  1. Poisson's Ratio and Auxetic Properties of Natural Rocks 査読有り

    Shaocheng Ji, Le Li, Hem Bahadur Motra, Frank Wuttke, Shengsi Sun, Katsuyoshi Michibayashi, Matthew H. Salisbury  

    Journal of Geophysical Research: Solid Earth123 巻 ( 2 ) 頁: 1161 - 1185   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Blackwell Publishing Ltd  

    Here we provide an appraisal of the Poisson's ratios (υ) for natural elements, common oxides, silicate minerals, and rocks with the purpose of searching for naturally auxetic materials. The Poisson's ratios of equivalently isotropic polycrystalline aggregates were calculated from dynamically measured elastic properties. Alpha-cristobalite is currently the only known naturally occurring mineral that has exclusively negative υ values at 20–1,500°C. Quartz and potentially berlinite (AlPO4) display auxetic behavior in the vicinity of their α-β structure transition. None of the crystalline igneous and metamorphic rocks (e.g., amphibolite, gabbro, granite, peridotite, and schist) display auxetic behavior at pressures of &gt
    5 MPa and room temperature. Our experimental measurements showed that quartz-rich sedimentary rocks (i.e., sandstone and siltstone) are most likely to be the only rocks with negative Poisson's ratios at low confining pressures (≤200 MPa) because their main constituent mineral, α-quartz, already has extremely low Poisson's ratio (υ = 0.08) and they contain microcracks, micropores, and secondary minerals. This finding may provide a new explanation for formation of dome-and-basin structures in quartz-rich sedimentary rocks in response to a horizontal compressional stress in the upper crust.

    DOI: 10.1002/2017JB014606

    Scopus

講演・口頭発表等 134

  1. オマーンオフィオライト掘削から採取された苦鉄質岩コア試料の弾性波速度測定に基づくオフィオライト層序の速度構造.

    畠山航平・阿部なつ江・岡崎啓史・Ildefonse Benoit・片山郁夫・The Oman Drilling Project Phase 1 Science Party(道林を含む),

    日本地質学会第125年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌(北海道胆振東部地震のため中止)   国名:日本国  

  2. オマーンオフィオライトWadi Tayin岩体における地殻ーマントル境界の掘削

    高澤栄一・Coggon Jude・Kelemen Peter・Matter Juerg・道林克禎・森下知晃・田村芳彦・Teagle Damon・Khaw Thu Moe・山田泰広・The Oman Drilling Project Science Party

    日本地質学会第125年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌(北海道胆振東部地震のため中止)   国名:日本国  

  3. ICDPオマーン陸上掘削コア試料に記録されているモホ遷移帯の岩石物性について

    阿部なつ江・岡崎啓史・畠山航平・赤松祐哉・片山郁夫・高澤栄一・道林克禎・ケレメン ピーター・ティーグル デーモン・モー キョー・山田泰広・The Oman Drilling Project Scientific Party

    日本地質学会第125年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌(北海道胆振東部地震のため中止)   国名:日本国  

  4. オマーンオフィオライト南部でもハンレイ岩ーカンラン岩関係

    森下知晃・荒井章司・Kelemen Peter・Teagle Damon・石井慶佑・高澤栄一・Nguen Du・Coggon Jude・Matter Juerg・道林克禎・田村芳彦・Khaw Thu Moe・山田泰広・The Oman Drilling Project Scientific Party,

    日本地質学会第125年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌(北海道胆振東部地震のため中止)   国名:日本国  

  5. モホ反射面のつくりかた

    田村芳彦・藤江剛・大平茜・高澤栄一・Ceuleneer George・道林克禎・佐藤智紀・小平秀一・三浦誠一,

    日本地質学会第125年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌(北海道胆振東部地震のため中止)   国名:日本国  

  6. メノウの高温高圧変形実験による石英の微細構造発達過程の研究:予察.

    渡辺悠太・道林克禎・増田俊明・清水以知子

    日本地質学会第113年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学、高知   国名:日本国  

  7. 北極海ガッケル海嶺下の最上部マントルに発達するカンラン石ファブリック

    針金由美子・道林克禎・森下知晃・スノージョナサン

    日本地質学会第125年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌(北海道胆振東部地震のため中止)   国名:日本国  

  8. ゴジラメガムリオンの掘削実現へ向けて

    小原泰彦・道林克禎・ディック ヘンリー・スノー ジョナサン・針金由美子・小野重明

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  9. 富士火山,青木ヶ原溶岩中の斜長石集斑晶のEBSE解析:集斑晶形成過程への示唆

    中島雄士・石橋秀巳・柿畑優季・外西奈津美・道林克禎・安田敦

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  10. モホのつくり方

    田村芳彦・高澤栄一・セレナー ジョージ・道林克禎・佐藤智紀・小平秀一・三浦誠一

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  11. オマーンオフィオライト・ワディタイン岩体CMサイトにおける地殻-マントル遷移帯の陸上掘削.

    高澤栄一・Coggon Jude・Kelemen Peter・Matter Juerg・道林克禎・田村芳彦・Teagle Damon・KhawThu Moe・山田泰広・The Oman Drilling Project Phase II Science Party,

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  12. オマーン陸上掘削第1期ChikyuOman2017におけるオフィオライト地殻セクションの岩石物性研究速報.

    阿部なつ江・岡崎啓史・畠山航平・イルデフォン ブノワ・レオン ジェームス・立石大和・道林克禎・高澤栄一・ケレメン ピーター・ティーグル デーモン・ハリス ミッシェル・カゴン ジュード・de Obeso Juan Calros・マター ヨルク・The Oman Drilling Project Phase I Science Party

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  13. High-pressure metamorphism and mantle metasomatism in the Mariana convergent margin: Petrology of mafic and ultramafic clasts recovered from IODP Exp. 366

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  14. リアルタイム観測・超深度掘削・超高圧実験の統合による沈み込み帯4D描像 -地震・噴火から地球の遠未來まで,革新的予測科学への挑戦-

    平田直・木下正高・篠原雅尚・益田晴恵・阿部なつ江・道林克禎・片山郁夫・氏家恒太郎・小村健太朗・藤原治・稲垣史生・諸野祐樹・入舩徹男・鍵裕之・西弘嗣・加藤照之・有吉慶介・小原一成

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  15. Fabric development on chemically heterogeneous mantle beneath the Gakkel Ridge in Arctic ocean.

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  16. Drilling of crust-mantle transition zone in the CM site of Wadi Tayin massif in the Oman ophiolite: the ICDP Oman Drilling Project.

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  17. Initial studies on the physical property measurement of listvenite, serpentinite and the metamorphic sole from ICDP Oman Drilling Project Hole BT1B.

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  18. マントルウエッジプレート境界掘削:オマーン陸上掘削ーサマイル・オフィオライトの炭酸塩岩化したカンラン岩から下位の変成岩までの掘削成果概要

    森下知晃・敬礼人 笛人・Coggon Judith・またー よーぐ・ハリス ミッシェル・道林克禎・高澤栄一・ティーグル デイモン・ゴダード マーゴ・オマーン掘削計画第1期科学チーム

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  19. The Oman Drilling Project Phase I Science Party, 2018. Initial studies of the petrophysics in the dike and upper gabbro from ICDP Hole GT3A, the Oman Drilling Project Phase I

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  20. Fine-grained gabbroic layers in the lower and middle crustal sections of the Oman Ophiolite (Holes GT1A and GT2A), ICDP Oman Drilling Project

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  21. Major and trace element compositions of peridotites from the Maqsad diapir area: implication for the melting and melt-mantle reaction at mid-ocean ridge.

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  22. Overview of Hole CM1 in the Oman Drilling Project Phase 2: Crust-Mantle boundary

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  23. Listvenite-metamorphic sole transition in the basal thrust of the Oman ophiolite: Geochemical, mineralogical and reaction path model preliminary results from Oman Drilling Project Hole BT1B.

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  24. Overview of Hole GT3A: The sheeted dike/gabbro transition

    阿部なつ江・ハリス ミッシェル・道林克禎・de Obeso Juan Carlos・ケレメン ピーター・高澤栄一・ティーグル デーモン・カゴン ジュード・マター ヨルク・The Oman Drilling Project Phase I Science Party

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  25. Overview of Hole GT2A, ICDP Oman Drilling Project: Drilling middle gabbro in Wadi Tayin massif, Oman ophiolite

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  26. オマーンオフィオライトの海洋地殻下部の構造:ICDPオマーン陸上掘削孔GT1Aの予察的報告

    海野進・ケレメン ピーター・高澤栄一・道林克禎・ティーグル デーモン・The Oman Drilling Project Phase1 Science Party Phase1 Science Party

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  27. モホの成因

    田村芳彦・高澤栄一・セレナー ジョージ・道林克禎・佐藤智紀・小平秀一・三浦誠一

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  28. しんかい湧水域を育む南部マリアナ前弧の地質.

    小原泰彦・奥村知世・Robert J. Stern・大家翔馬・藤井昌和・笠谷貴文・Fernando Martinez・石井輝秋・道林克禎・しんかい湧水域研究チーム一同

    InterRidge Japan研究集会「海洋リソスフェアの蛇紋岩化作用と物理・化学・生物プロセス」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学大気海洋研究所,柏   国名:日本国  

  29. オマーン掘削プロジェクト ChikyuOman 2017 Leg1速報

    高澤栄一・道林克禎・Oman Drilling Project Phase 1 Science Party

    InterRidge Japan研究集会「海洋リソスフェアの蛇紋岩化作用と物理・化学・生物プロセス」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学大気海洋研究所,柏   国名:日本国  

  30. モホールへの道:ゴジラメガムリオン掘削提案

    小原泰彦・道林克禎・小野重明

    日本地質学会第124年学術大会(台風18号による暴風警報のため中止) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛大学、松山   国名:日本国  

  31. 変形微細組織から推察される火星隕石ナクライトの形成環境に関する考察 国際会議

    高野安見子・片山郁夫・臼井寛裕・伊藤元雄・道林克禎

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  32. 地殻ーマントル境界のダイナミクスと物性を明らかにするオマーン掘削プロジェクト 国際会議

    高澤栄一・道林克禎・田村芳彦・森下知晃・山田泰広・キョートォー モー・斉藤実篤

    JpGU-AGU Joint Meeting 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  33. オマーンオフィオライトICDP陸上掘削の概要と展望

    高澤栄一・田村芳彦・道林克禎・森下知晃・阿部なつ江・宮澤隆・仙田量子・キヨートウー モー

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  34. Lithospheric structure and composition of the Southern Marianas.

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  35. 角閃石片麻岩の弾性波速度と岩石微細構造

    小池寛太・遠藤弘人・道林克禎・渡辺了

    日本地球惑星科学連合2016年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  36. IODP Expedition 352前弧玄武岩とボニナイトの掘削成功

    柵山徹也・道林克禎・Python Marie・清水健二・IODP EXP352乗船研究者一同

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  37. IODP-EXP352: IBM前弧掘削による沈み込み初期過程とオフィオライトモデルの検証

    清水健二・道林克禎・柵山徹也・Marie Python,Expedition 352 Scientists IODP

    日本地球惑星科学連合2015年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:英語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  38. 南部マリアナ前弧かんらん岩の地球化学的特徴

    柵山徹也・石井輝秋・道林克禎・小原泰彦・常青・原口悟・木村純一

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜、横浜   国名:日本国  

  39. 圧力1GPaにおけるアンチゴライト蛇紋岩弾性波速度の温度依存性

    白井亮・渡辺了・米田明・道林克禎

    日本地球惑星科学連合2014年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:パシフィコ横浜、横浜   国名:日本国  

  40. Olivine CPO in non-deformed peridotite due to topotactic replacement of antigorite

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月 - 2014年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  41. マイクロブーディン解析による主応力軸方向の検証

    西脇伸・大森康智・木村希生・岡本敦・佐津川貴子・道林克禎・増田俊明

    日本地質学会第119年学術大会(2012 大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月15日 - 2012年9月17日

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府立大学、大阪   国名:日本国  

  42. スラブ物質とマントル物質の物理化学相互作用の痕跡:三波川帯泥質片岩への多角的なアプローチ

    水上知行・岡崎友・荒井章司・針金由美子・道林克禎・榎並正樹・Wallis Simon

    日本地質学会第119年学術大会(2012 大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月15日 - 2012年9月17日

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府立大学、大阪   国名:日本国  

  43. 非変形olivineのCPO形成メカニズム ~antigorite→olivine反応におけるtopotaxy~

    永冶方敬・ウォリス サイモン・小林広明・道林克禎・水上知行

    日本地質学会第119年学術大会(2012 大阪) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月15日 - 2012年9月17日

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府立大学、大阪   国名:日本国  

  44. 二枚貝異説再考:イノセラムスが原鰓類だという結晶学的証拠

    平野健幸・生形貴男・道林克禎

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月20日 - 2012年5月25日

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  45. Fabric analyses of glaucophane and lawsonite in low-grade blueschist from Diablo Range, California.

    Kim, D., Katayama, I., Michibayashi, K., Tsujimori, T.

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月20日 - 2012年5月25日

    記述言語:英語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  46. 伊豆ー小笠原前弧域から採取されたかんらん岩の微細構造解析

    針金由美子・道林克禎・森下知晃・谷健一郎・石塚治

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月20日 - 2012年5月25日

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  47. 蛇紋岩の地震波速度ーアンチゴライト粒子形状の影響

    渡辺了・白杉勇人・道林克禎

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月20日 - 2012年5月25日

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  48. antigoriteの脱水分解とB-タイプolivine CPOの形成

    永冶方敬・Wallis Simon・道林克禎・水上知行

    日本地球惑星科学連合2012年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月20日 - 2012年5月25日

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  49. 蛇紋岩の岩石組織と弾性波速度—粒子形状を考慮した新しい計算法ー

    渡辺了・白杉勇人・道林克禎

    地震研シンポジウム「地震発生帯の素過程成果報告会」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月20日 - 2012年2月21日

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学地震研究所,東京   国名:日本国  

  50. 領家変成帯から見出される拡散クリープー転位クリープ遷移とその条件

    宮崎智美・奥平敬元・篠田圭司・佐津川貴子・道林克禎

    日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年会合学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:茨城大学、水戸   国名:日本国  

  51. 沈み込み帯前弧マントルウェッジにおけるAntigorite CPOパターンー三波川変成帯東赤石岩体の例

    西井彩・Wallis Simon・水上友行・道林克禎

    日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年会合学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:茨城大学、水戸   国名:日本国  

  52. 領家変成帯から見出される拡散クリープー転位クリープ遷移とその条件

    宮崎智美・奥平敬元・篠田圭司・佐津川貴子・道林克禎

    日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年会合学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城大学、水戸   国名:日本国  

  53. 微生物分子温度計:地下圏の温度プロファイリング

    木村浩之・道林克禎

    日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年会合学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城大学、水戸   国名:日本国  

  54. フィリピン海ゴジラメガムリオンから採取されたはんれい岩に含まれる角閃石の地球化学的特徴

    針金由美子・森下知晃・Snow Jonathan・田村明弘・道林克禎・小原泰彦・荒井章司

    日本地質学会第118年学術大会・日本鉱物科学会2011年会合学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城大学、水戸   国名:日本国  

  55. Direct evidence for upper mantle structure in the NW Pacific Plate: microstructural analysis of a petit-spot peridotite

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  56. 西南日本三波川帯の前弧マントルウェッジにおけるAntigorite CPOパターン

    西井彩・ウォリス サイモン・水上友行・道林克禎

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  57. アンチゴライトを含む蛇紋岩マイロナイトの弾性波速度

    白杉勇人・渡辺了・道林克禎

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  58. 三波川帯角閃岩・エクロジャイトの弾性波速度と岩石組織

    渡辺了・小野謙弥・北野元基・樋口明良・白杉勇人・道林克禎

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  59. 変形岩の弾性的異方性

    渡辺了・白杉勇人・道林克禎

    日本地球惑星科学連合2011年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  60. ウルトラマイロナイトとFo・Enの流動特性

    田阪美樹,平賀岳彦, 道林克禎,

    日本地質学会第117年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  61. 領家変成帯から見出される拡散クリープー転位クリープ遷移

    宮崎智美, 奥平敬元, 小川大介, 佐津川貴子, 道林克禎

    日本地質学会第117年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  62. 中部地殻条件下におけるカリ長石のレオロジー

    福田惇一, 奥平敬元, 佐津川貴子, 道林克禎

    日本地質学会第117年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山大学   国名:日本国  

  63. カリ長石の細粒化過程と変形機構の変化

    福田惇一, 奥平敬元, 佐津川貴子, 道林克禎

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  64. 白亜紀二枚貝イノセラムス類における真珠層の比較結晶学:予報

    生形 貴男, 杉野智子, 道林克禎

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  65. ゴジラムリオン中央部から採取されたはんれい岩の変形構造発達と流体による変成作用

    針金由美子, 森下知晃, 道林克禎, 小原泰彦, 田村明弘, 荒井章司

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  66. 変形蛇紋岩中のアンチゴライトの配列

    渡辺了, 道林克禎, 水上知行, ウォリス サイモン

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  67. 八方超塩基性岩体蛇紋岩の地震波速度

    渡辺了, 白杉勇人, 矢野秀明, 道林克禎

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  68. 東赤石岩体蛇紋岩の地震波速度

    白杉勇人, 渡辺了, 水上知行, 西井彩, ウォリス サイモン, 道林克禎

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  69. 付加体起源変成帯の低変成度メタチャートにおける拡散クリープ

    宮崎智美, 小川大介, 奥平敬元, 佐津川貴子, 道林克禎

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  70. フォルステライト―エンスタタイト系の変形特性

    田阪美樹,平賀岳彦, 道林克禎

    日本地球惑星科学連合2010年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  71. キンバーライト捕獲岩の変形構造と含水量の関連性

    片山郁夫・安東淳一・道林克禎・小宮 剛

    日本地質学会第116年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山理科大学,岡山   国名:日本国  

  72. 上部緑色片岩相~下部角閃岩相メタチャートの変形機構

    奥平敬元・小川大介・道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  73. 沈み込み帯での強い地震波異方性は蛇紋岩による?

    片山郁夫・平内健一・道林克禎・安東淳一

    日本地球惑星科学関連学会2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  74. 蛇紋岩の脆性ー延性転移

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎・高橋美樹

    日本地球惑星科学関連学会2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  75. 蛇紋岩の脱水軟化と沈み込みスラブにおける地震発生過程

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2009年大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  76. 高温高圧変形実験による蛇紋岩のレオロジー解明:5カ年計画のまとめと次期計画の展望.

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎,増田俊明,熊澤峰夫

    H20年度地震研共同利用特定A:地震発生帯の素過程集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学地震研究所,東京   国名:日本国  

  77. キンバーライト捕獲岩の温度圧力条件と変形組織の関係

    片山郁夫 ・ 安東淳一 ・道林克禎・小宮剛

    日本地質学会第115年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田大学、秋田   国名:日本国  

  78. キンバーライト捕獲岩の変形組織とかんらん石すべり系の関係

    片山郁夫 ・ 安東淳一 ・道林克禎・小宮剛

    日本地球惑星科学関連学会2008年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  79. Structural petrology of Godzilla Mullion. Mini-workshop for Godzilla Mullion IODP drilling proposal submission 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  80. The development of shear zones within in-situ lower crust at the Godzilla mullion, Philippine sea.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  81. スカレヴィークスハルセンの結晶質石灰岩による方解石ードロマイトの地質温度計と,離溶構造の形態

    水落裕之・クマル サティシュ・本吉洋一・道林克禎

    日本地質学会第114年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  82. 大陸下マントル捕獲岩の変形微細組織と異方性

    片山郁夫 ・ 安東淳一 ・道林克禎・小宮 剛

    日本鉱物科学会2007年度年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学、東京   国名:日本国  

  83. かんらん石の結晶方位解析による変形メカニズムの考察~三波川帯芋野かんらん岩体を例として~

    田阪美樹・鳥海光弘・道林克禎

    日本地質学会第114年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  84. 四国中央部三波川帯東赤石岩体ざくろ石単斜輝岩の変形構造解析.

    村本政史・道林克禎

    日本地質学会第114年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学,札幌   国名:日本国  

  85. フィリピン海パレスベラ海盆におけるゴジラムリオンから採取されたはんれい岩の変形微細構造解析

    針金由美子・道林克禎・小原泰彦

    日本地質学会第114年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  86. 秋田県男鹿半島一の目潟火山カンラン岩捕獲岩の微細構造発達過程

    針金由美子・道林克禎・小原泰彦

    日本地質学会第114年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  87. 地球深部探査船「ちきゅう」における掘削コアの肉眼記載スキームのガイドラインについて

    坂本竜彦・青池寛・阿部なつ江・安間了・飯島耕一・池原研・池原実・氏家恒太郎・海野進・片岡香子・金松敏也・木下正高・倉本真 一・斎藤実篤・坂井三郎・坂口有人・佐藤暢・佐野貴司・高橋共馬・寺林優・長橋徹・久光敏夫・眞砂英樹・町山栄章・松田博貴・横川美和・高木秀雄・佐藤幹 夫・徐垣・成瀬元・星住英夫・道林克禎・木村学

    日本地球惑星科学関連学会2007年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  88. ACROSSによる地震発生場の構造敏感体イメージング

    藤井直之・熊澤峰夫・笠原順三・國友孝洋・中島崇裕・羽佐田葉子・長谷川健・渡辺俊樹・黄為鵬・増田俊明・里村幹夫・道林克禎,

    日本地球惑星科学関連学会2007年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  89. 西南日本前弧起源芋野かんらん岩体の成因と構造発達過程

    田阪美樹・道林克禎・海野進

    日本地球惑星科学関連学会2007年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  90. メノウの高温高圧変形実験による石英の微細構造発達過程の研究

    渡辺悠太・道林克禎・清水以知子・増田俊明

    日本地球惑星科学関連学会2007年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  91. 東北日本背弧側一の目潟かんらん岩ゼノリスの微細構造発達過程

    佐津川貴子・ 道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2007年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  92. ざくろ石-単斜輝石二相系のレオロジー~四国中央部東赤石岩体ざくろ石単斜輝岩を例として

    村本政史・道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2007年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  93. Microstructural and petrological analysis of gabbroic rocks from the Godzilla Mullion at the Parece Vela Basin, the Philippine Sea

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  94. 蛇紋岩の脱水・変形実験:中間報告と今後の展望

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎

    地震研シンポジウム「地震発生帯の素過程」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学地震研究所,東京   国名:日本国  

  95. メノウの高温高圧変形実験による石英の微細構造発達過程の研究

    渡辺悠太・道林克禎・清水以知子・増田俊明

    地震研シンポジウム「地震発生帯の素過程」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学地震研究所,東京   国名:日本国  

  96. ゴジラムリオンから採取されたはんれい岩の変形微細構造解析

    針金由美子・道林克禎・小原泰彦,

    InterRidge-Japan 研究発表集会「中央海嶺研究のグローバルな展開」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学海洋研究所,東京   国名:日本国  

  97. 脱水反応条件下における蛇紋岩の脆性ー延性転移:歪速度の影響

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎

    日本地質学会第113年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学、高知   国名:日本国  

  98. チェコ共和国ボヘミア山塊に産するMohelnoかんらん岩体におけるかんらん石CPOの変遷

    亀井陽・小畑正明・道林克禎

    日本地質学会第113年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学、高知   国名:日本国  

  99. 四国中央部三波川変成岩中の芋野カンラン岩体におけるカンラン石の構造解析.

    田阪美樹・道林克禎

    日本地質学会第113年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学、高知   国名:日本国  

  100. ゴジラムリオンから採取されたはんれい岩の変形微細構造解析

    針金由美子・道林克禎・小原泰彦

    日本地質学会第113年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学、高知   国名:日本国  

  101. 一の目潟カンラン岩ゼノリスの微細構造と地震波特性

    佐津川貴子・道林克禎・阿部なつ江・岡本敦

    日本地質学会第113年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学、高知   国名:日本国  

  102. 四国三波川帯東赤石かんらん岩体におけるガーネッタイトの変形微細構造.

    村本政史・道林克禎

    日本地質学会第113年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学、高知   国名:日本国  

  103. 高温・差応力下における鉱物包有物の形態変化

    岡本敦・道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2006年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  104. 圧力0.8GPaにおける蛇紋岩の脱水軟化

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2006年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  105. Detachment fault at the Godzilla mullion, Parece Vela Basin, Philippine Sea

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  106. Petrophysical analyses of Ichinomegata peridotite xenoliths

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  107. 蛇紋岩の脱水軟化

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎

    地震研シンポジウム「地震発生帯の素過程」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  108. ざくろ石のEBSDを用いた微細構造解析

    村本政史・道林克禎

    変成岩などシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:つくばセミナーハウス、つくば   国名:日本国  

  109. 四国中央部三波川変成岩中の芋野カンラン岩体におけるEBSDを用いた カンラン石の構造解析

    田阪美樹・道林克禎

    変成岩などシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:つくばセミナーハウス、つくば   国名:日本国  

  110. IODP Exp. 304/305掘削結果:大西洋中央海嶺30°Nアトランティス岩体

    阿部なつ江・小原泰彦・E.S.Andal・淡路俊作・広瀬丈洋・石丸聡子・前田仁一郎・道林克禎・中川達功・野坂俊夫・田村明弘・富永雅子・山崎徹・IODP Exp. 304/305乗船研究者一同,

    日本地質学会第112年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都大学、京都   国名:日本国  

  111. 蛇紋岩のレオロジー:脱水脆性化はスラブ内地震を引き起こすか?

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎・増田俊明

    日本地質学会第112年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都大学、京都   国名:日本国  

  112. パレスベラ海盆の海洋コアコンプレックス:特にゴジラムリオンのデタッチメント断層について

    針金由美子・道林克禎・小原泰彦・沖野郷子

    日本地質学会第112年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学、札幌(北海道胆振東部地震のため中止)   国名:日本国  

  113. Drilling at Atlantis Massif oceanic core complex: IODP Expeditions 304/305

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  114. MK型高温高圧変形試験機における内部摩擦の評価

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎・増田俊明・熊澤峰夫

    日本地球惑星科学関連学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  115. Petrography and geochemistry of basalt and diabase from IODP Expeditions 304 and 305, Atlantis Massif, Mid-Atlantic Ridge

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  116. Gabbroic rocks drilled at Site U1309, IODP Expedition 304/305, Atlantis Massif, Mid-Atlantic Ridge

    前田仁一郎・阿部なつ江・Andal Eric S.・淡路俊作・廣瀬丈洋・石丸聡子・道林克禎・中川達功・野坂俊夫・小原泰彦・田村明弘・冨永雅子・山崎徹・IODPExpedition 304/305 乗船研究者一同

    日本地球惑星科学関連学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  117. ベイン中のざくろ石集合体のミスオリエンテーション

    岡本敦・道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2005年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  118. Structural Features of Atlantis Massif Core Complex, Mid-Atlantic Ridge: Preliminary Results from IODP Expeditions 304 and 305

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  119. MK型高温高圧変形試験機における内部摩擦の評価

    清水以知子・渡辺悠太・道林克禎・増田俊明・熊澤峰夫

    研究集会「地震発生の素過程」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学地震研究所,東京   国名:日本国  

  120. 走査型蛍光X線分析顕微鏡(XGT-2700V)を用いた層状はんれい岩の組織解析の試み

    針金由美子・道林克禎・戸田昭司

    日本地質学会第111年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  121. 台湾中央山脈中に見られる断層関連鉱物脈の記載:その地震流体の痕跡としての重要性

    眞砂英樹・岡本和明・飯塚義之・Yui Tzen-Fu・道林克禎・針金由美子

    日本地球惑星科学関連学会2004年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  122. 大規模シュードタキライトから推定される塑性変形領域への地震断層すべりの伝播

    林 愛明・道林克禎・丸山正・ 狩野謙一

    日本地球惑星科学関連学会2004年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  123. 結晶包有物の形態変化における拡散過程の影響

    岡本敦・道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2004年合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  124. サマイル岩体マクサッド地域とフィズ岩体スクバ地域かんらん岩の微細組織.

    小田島庸浩・道林克禎

    日本地球惑星科学関連学会2004合同大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  125. 空孔拡散による鉱物包有物の形態変化

    岡本敦・道林克禎

    変成岩などシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:河津   国名:日本国  

  126. オマーンオフィオライトフィズ北部かんらん岩体の延性剪断帯の変形微細組織構造発達過程.

    伊奈俊樹・道林克禎・金川久一

    日本地球惑星科学連合大会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ、千葉   国名:日本国  

  127. ナミビア北部における原生代後期の氷河堆積物の構造解析-堆積環境の復元とスノーボールアース仮説の検証-

    平田恵梨佳・道林克禎・望月身和子

    構造地質研究会春の例会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  128. 蛍光X線と回折X線の同時イメージングの可能性:変形花崗岩中の石英の回折X線イメージング

    戸上昭司・高野雅夫・道林克禎

    地球惑星科学関連学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋大学、名古屋   国名:日本国  

  129. 中央ネパール・アンナプルナ地域・主中央衝上断層付近における石灰質片岩の変形解析

    山口はるか・道林克禎・増田俊明

    日本地質学会第103年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東北大学、仙台   国名:日本国  

  130. スピネルの形態からみた夜久野オフィロライトかんらん岩体の変形構造

    猿渡和子・道林克禎・清水以知子

    日本地質学会第103年年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学,仙台   国名:日本国  

  131. マイロナイト中の石英プールでの水の分布

    山岸啓・中嶋悟・道林克禎

    日本地質学会第101年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  132. 中央構造線”設楽屈曲”の存否:マイロナイトとライオライトの誤認

    吉田鎮男・道林克禎・伊藤治

    日本地質学会第101年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、札幌   国名:日本国  

  133. 回転しない剛体球のまわりの単純剪断粘性流動

    増田俊明・道林克禎・森川知行

    日本地質学会第100年学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学、東京   国名:日本国  

  134. メノウの高温高圧変形実験による石英の微細構造発達過程の研究:予察. 国際会議

    渡辺悠太, 道林克禎, 増田俊明, 清水以知子

    日本地質学会第113年学術大会  2018年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:高知大学、高知  

▼全件表示

科研費 15

  1. 中央海嶺と沈み込み帯における上部マントルの変質作用の実態解明

    研究課題/研究課題番号:20H02005  2020年04月 - 2025年03月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    高澤 栄一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    海洋地殻とマントルに海水がどれくらい深く浸透し,どれくらいの量の水が岩石中に蓄えられるのか,また沈み込んだスラブからマントルウェッジにどれくらいの水が浸透するのか,その実態は未だ解明されていない。そこで,オマーンオフィオライトのマントルセクションの様々な程度に変質を受けたかんらん岩を対象に,含まれる変質鉱物の偏光顕微鏡と電子顕微鏡による観察および組成分析,レーザーラマン分光分析,ファブリック解析等によって鉱物を同定し,熱力学的解析によって変質鉱物の形成環境と温度・圧力を推定する。さらに,蛇紋岩の安定同位体組成による水の起源の解析を行い,上部マントルに蓄えられる水の量を推定する。

  2. 最上部マントルの構造とモホ面の形成過程の研究~海と陸からのアプローチ~

    2016年05月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  3. 最上部マントルの構造とモホ面の形成過程の研究~海と陸からのアプローチ~

    研究課題/研究課題番号:16H06347  2016年05月 - 2021年03月

    道林 克禎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:184210000円 ( 直接経費:141700000円 、 間接経費:42510000円 )

    本研究課題は最上部マントルの構造と地殻―マントル境界であるモホロビチッチ不連続面(モホ面)の形成過程を解明するために,小笠原・マリアナ海溝の海溝かんらん岩とアラビア半島オマーンオフィオライトかんらん岩について岩石構造組織の発達過程,弾性・電気伝導度・透水率等の物性測定,岩石水反応実験などの多角的アプローチから研究する.海と陸のかんらん岩の構造岩石学的特徴を比較検討して地球深部最上部マントルの発達過程とそれを支配する要因を考察するため,本研究課題では,海班,陸班,分析班の3班体制で研究を進めている.
    海班は4月に四国海盆の拡大軸周辺の海底調査を実施した.研究支援船「よこすか」によるYK19-04S航海として実施された潜水調査船しんかい6500による6回の潜航調査によって四国海盆の拡大軸周辺の岩石採取を実施した.この2回の研究航海によってマドメガムリオンと名付けられた海底地形の概要が昨年の調査を合わせてさらに明らかとなった他,マドメガムリオンから断層岩の採取に成功した.これらの結果について,速報として12月に開催されたアメリカ地球物理学連合秋季大会において発表した.
    陸班と分析班は国際オマーン掘削プロジェクトで得たオフィオライト岩石試料の分析をそれぞれの研究室で進めた.これまでに地殻-マントル境界物質としてマフィック岩よりも超マフィック岩の方が水の影響を受けやすい性質をもつことが明らかになり物性研究から岩石-水反応研究など,幅広いアプローチでデータが集まりつつある.これらの結果について,速報として9月に開催された日本地質学会とアメリカ地球物理学連合秋季大会において発表した他,2020年1月にオマーン王国で開催された国際オフィオライト学会において成果報告を行った.現在,Journal of Geophysical Researchの特集号に向けて論文準備中である.
    本研究課題の柱として陸班と分析班が中心となって推進してきた国際オマーン掘削プロジェクトは,第1段階の掘削と掘削試料の一次記載が昨年度で完了し,今年度から第2段階として詳細な分析をすすめている.これまでに蛇紋岩化したカンラン岩の物性や鉱物反応,さらに含水機構などについて新しい知見が得られつつある.陸班と分析班の研究進捗状況は当初計画以上に進んでいる.実際,2020年1月にオマーン王国で開催された国際オフィオライト学会において本研究チームから多くの発表を行い,国際的にも日本チームの活躍をアピールできた.特に研究代表者の道林と分担研究者の高澤は国際オマーン掘削プロジェクトへの貢献度を高く評価され,基調講演したばかりでなく開催地であったサルタンカブース大学から特別講演賞が授与されたことも明記させていただく.海班については海洋研究開発機構の研究支援船による海底調査が当初計画通りに実施できていない状況であるが,数少ないしんかい6500による潜行調査で得られた四国海盆マドメガムリオンの岩石試料に多様な断層岩が確認されており,今後の研究成果が期待できる見通しである.以上の進捗状況から,海班・陸班・分析班それぞれの研究成果は確実であり,総合的にみておおむね順調に進展していると評価したい.
    研究全体としてはほぼ当初計画通りに実施できている.本研究課題はあと残すところ1年であり,この4年間の集大成として当初研究目的である最上部マントルの物理化学的性質とモホ面を横切る岩石物性について研究の成果をまとめていく.さらに本研究課題の成果を基にした新たな研究テーマを構築することも並行していく.海班は,海洋研究開発機構の研究支援船を計画通りに利用することが困難になっている現況をふまえてすでに研究計画の大幅な見直しを行っている.状況が許されれば海底調査を実施するが調査不可能な場合には研究室に確保した海底岩石試料の分析を進める.陸班と分析班はすでに国際オマーン掘削プロジェクトの第2段階としてそれぞれの研究室における詳細な岩石試料の分析をすすめているので,この研究活動を維持しながら国際学術誌に企画されている特集号に投稿して成果報告に注力する.そのため可能であれば夏合宿等で集合,またはネット会議を通じて互いに議論する機会を増やしていく予定である.本年度の後半で状況が許せば研究組織メンバー一同でまとめの会を開催することも予定している.

  4. オマーンオフィオライト陸上掘削による地殻-マントル境界の物性とモホ面の実態解明

    研究課題/研究課題番号:16H02742  2016年04月 - 2020年03月

    高澤 栄一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    国際陸上科学掘削計画(ICDP)オマーン掘削プロジェクトに参加し,オマーンオフィオライトの地殻ーマントル境界相当層の陸上掘削を実施した。ワジ・タイン岩体のCM1A孔とCM2B孔において,100%の回収率で掘削コアの完全採取に成功した。掘削の結果,地殻とマントルの境界には,ダナイトを主体とする150m厚の岩相が存在することが明らかとなった。深度方向の全岩および鉱物科学組成の変化から,ハルツバージャイトと玄武岩質メルトとの反応によってダナイトが形成された過程が明らかとなった。また,コアの物性解析から,蛇紋岩化を被ったマントルは下部地殻よりも地震波速度がかなり低下することが明らかとなった。
    ICDPオマーン掘削プロジェクトの実行には,参加各国のマッチングファンドが不可欠である。日本チームが独自の資金で独自の掘削孔を提案し,地球深部探査船「ちきゅう」船上で掘削コアの記載および解析の実現に協力したことは国際的に重要な科学貢献となった。本研究では掘削されたコアの詳細な分析を行うとともに,掘削孔を利用して最先端の孔内検層ツールを導入し物性データ取得も行った。さらに,掘削したコアを地球深部探査船「ちきゅう」の最新設備を用いて研究者の指導のもとに学生が集中的に記載・解析するという独創的な方法を行った。この成果は,海洋地殻ーマントル深部掘削のへの大きな波及効果が期待される。

  5. ほぼ全ての溶岩に適用可能な酸化還元状態決定法の開発

    研究課題/研究課題番号:26610160  2014年04月 - 2016年03月

    道林 克禎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3380000円 ( 直接経費:2600000円 、 間接経費:780000円 )

    島弧火山のマグマだまりにおける酸化還元状態について明らかにするため,富士山1707年宝永噴火のハンレイ岩捕獲岩について酸素フュガシティ(fO2)条件を検討した.ハンレイ岩の多くはイルメナイトとマグネタイトの両方を含むので、FeTi酸化物温度・酸素シュガシティ計を適用することで,鉱物化学組成から平衡温度・fO2条件を見積もった.捕獲岩を地表までもたらした母岩マグマの影響を避けて平衡温度・fO2条件を見積もった結果,760-940℃,QMF+0.6~+2の値を得た.

  6. マントルウェッジカンラン岩のレオロジーと変成プロセス

    研究課題/研究課題番号:22244062  2010年04月 - 2014年03月

    道林 克禎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:41340000円 ( 直接経費:31800000円 、 間接経費:9540000円 )

    本研究では,かんらん岩の主構成鉱物であるかんらん石の結晶方位ファブリックとマントルのテクトニックな背景との関係について世界中のかんらん岩について精査した.かんらん石の変成鉱物として生じた蛇紋石(アンチゴライト)の結晶方位ファブリックの特徴とかんらん石ファブリックの関係を定量的に明らかにした.かんらん石とアンチゴライトの結晶方位の異なる岩石について弾性波速度を実測して,それぞれの鉱物の結晶方位異方性の強さが地震波異方性にどのような変化を与えるのか明らかにした.青色片岩の主構成鉱物である藍閃石とローソン石のファブリックの発達度合いから沈み込んだ海洋地殻のレオロジーと地震波異方性の効果を示した.

  7. オマーンに湧出する高アルカリ泉から学ぶアルカリ環境の地球・生物資源科学

    研究課題/研究課題番号:21404017  2009年 - 2011年

    佐藤 努

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    オマーンの山岳地帯に多数湧出する高アルカリ泉(pH11-12程度)において、高アルカリ環境で未解決な課題を有する様々なディシプリンの研究者が集結し、高アルカリ泉を作り出す地質学的条件とその地球科学・地球工学的インパクトの解明、高アルカリ環境に適応した微生物群集や動物種のスクリーニングとその適応機構の解明、自然が作り出したコンクリートの長期挙動とその生成に学ぶ二酸化炭素貯留法の解明等を目的した調査・研究を進めた。その結果、以下の内容が明らかとなった;1)高アルカリ泉を作り出す地殻ーマントル境界に発達したマントル延性剪断帯の構造とその発達、(2)高アルカリ環境における炭酸塩鉱物の生成とその速度式、(3)高アルカリ環境において生成する炭酸塩鉱物、特にアラゴナイトによって無機陰イオンの移行遅延、および前駆物質であるモノハイドロカルサイトの存在と特性の重要性、(4)高アルカリ温泉水のδD値は、これまで報告されている地表水として世界でも最も高い値を示し、高アルカリ泉の性状は超塩基性岩-水反応を反映した水質であったこと、(5)高アルカリ泉からの新規微生物遺伝子や炭酸塩形成候補菌の分離・同定、(6)高アルカリ泉の周囲に3種の淡水魚と1種の無尾両生類の棲息確認とアルカリ温泉水への適応機能、(7)高アルカリ泉周辺で生成している天然コンクリートの高強度コンクリートに匹敵するほどの高い-軸圧縮強度。

  8. プチスポット総合研究.岩石学と海域調査:海洋リソスフェア発達過程解明に向けて

    研究課題/研究課題番号:20340124  2008年 - 2011年

    阿部 なつ江

      詳細を見る

    担当区分:連携研究者 

    海洋プレートの非活動域に発見された新種の火山「プチスポット火山」海域において、地球物理学的・地質学的調査および岩石試料採取を実施してきた。同試料・データは、東北沖日本海溝に沈み込む前の海洋プレートそのものであり、陸側プレートに与える影響や島弧における火山および地震活動を評価する上で、重要な試料・データをもとに、海洋プレートとその下のマントル構造について総合的な研究・調査を行った。

  9. マントルウェッジ前弧側のマントル流動と地震波特性

    研究課題/研究課題番号:19340148  2007年 - 2009年

    道林 克禎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:18720000円 ( 直接経費:14400000円 、 間接経費:4320000円 )

    本研究プロジェクトは,マントルウェッジの背弧側,火山フロント,前弧側,海溝からそれぞれ採取されたカンラン岩の構造解析を進めた結果,日本列島の土台となっているマントルウェッジの最上部マントルは,海洋プレートのものと類似した構造をしていることがわかった.

  10. 沈み込みプレート境界の地震発生における脱水反応の役割

    研究課題/研究課題番号:19340147  2007年 - 2009年

    清水 以知子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    沈み込みスラブの2重震発面における地震発生メカニズムとして,蛇紋岩化したマントルの脱水脆性化説が有力視されてきた.しかし従来のガス圧式変形試験機による実験は地下15kmまでの条件に限られており,同じメカニズムを深さ200kmにおよぶ沈み込みスラブの中深発地震にあてはめることはできない.そこで我々は固体圧式変形試験機によって,より高圧における蛇紋岩の力学的挙動を調べるとともに,実験試料の変形組織を観察し,従来の学説とは異なる「脱水軟化」現象を明らかとした.

  11. 地殻浅部-深部の震源断層の摩擦溶融プロセス・変形機構の解明

    研究課題/研究課題番号:18340158  2006年 - 2009年

    林 愛明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    1).本研究では,大地震時の地震断層破壊は地表浅部から地下25~35キロより深い地殻深部まで及んでいることが初めて明らかにされた.また,高速摩擦実験行い,断層摩擦熱による蛇紋岩の大量脱水とそれによる地震断層強度が著しく低下したことを実証した.
    2).2008年5月12日に発生したMs8.1の四川大地震(〓川地震)に伴い地表に現れた地表地震断層の現地調査を行った.その結果,〓川地震に伴って総延長285キロメートル以上,最大垂直変位量6.5メートルの地表地震断層が既存の龍門山逆断層帯沿いに現れたことが明らかになった.
    3).地震断層に関連した地震物質学的な研究も行った.

  12. 地震発生場の能動監視における観測量と地殻の構造敏感性の相互関係

    研究課題/研究課題番号:17540396  2005年 - 2006年

    熊澤 峰夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、地震発生場の時間発展を監視観測によって合理的に把握するため、Marriage of Rocks & Waves「物質研究と観測研究をつなぐ象徴的標語」を目指して、観測+実験+理論による物質科学研究と波動による観測研究を有機的にリンクさせることを目的とした。
    本年度は、アクロスの実用化によって東海地震の想定断層面のマッピング計画が静岡大学を拠点として始まり、名古屋大学から移管されだ小型アクロス送信装置による静岡大学キャンパス内における送信システムの確立、実証データの取得およびデータ処理・解析法の開発を行った.また,アクロス研究に関する研究集会を開催し,今後の実施計画及び国際対応について議論した.
    物質科学研究としては,静岡大学所有の高温高圧変形実験装置を用いて石英の微細構造発達過程についてメノウを出発物質として行った。実験条件の温度700-800℃では石英は最大圧縮方向に高角な粒子の方が低角な粒子よりもprism<c>すべりによって結晶方位定向配列を発達させることがわかった.これに対して最大圧縮方向に低角な粒子は,粒界移動再結晶作用によって粗粒化することが観察された.その結果、石英のC軸の結晶方位定向配列と最大圧縮応力方向との関係が微細構造発達に影響を与えることがわかった.
    本研究中に物質科学研究と波動による観測研究をリンクさせることまで達成したとは言い難いが,Marriage of Rocks & Wavesに向けての方向性は示せたので,今後の次世代の活躍に期待したい.

  13. ナノスケールでの岩石の力学的不均質性の定量化

    研究課題/研究課題番号:16340152  2004年 - 2006年

    増田 俊明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    石英単結晶の表面に形成された微小圧痕の周辺がどのように変形しているのかを,ラマン分光やSEM-EBSD,レーザー顕微鏡を駆使して検討した。その結果,圧痕周辺には数ギガパスカルの応力が生じ、またドフィネ式双晶が生じていることがわかった。
    石英表面に圧痕を作るのに,超微小硬度計と高温微小硬度計を利用した。使用した圧子は,バーコビッチ三角錐圧子と三角錐68°圧子で,加えた荷重は最大で1N,温度は最高で約290°Cである。ラマン分光学的研究では,圧痕内部で通常の石英が呈するラマンピークの波数とは異なるものや,ピークが二つに分裂しているものを発見した。このことは,圧痕周辺に残留歪があることを示しており,ピークシフトの量から,その歪を生じさせた残留応力が最大で2。5GPa以上であることを見いだした。また,残留応力は圧痕から離れると急激に減少することも解った。SEM-EBSD法による観察では,圧痕周辺に特徴的なドフィーネ式双晶が存在することを見いだした。双晶の分布が圧痕と非常に密接に関係していることから,これが変形双晶であることを示した。ドフィーネ式双晶は規則的ではなく,特に試料中に既にこの双晶が存在する場合には,圧痕形成時に双晶が形成されないことも観察している。
    石英多結晶体(メタチャート)を試料として、石英粒子の結晶粒界を横切って、マイヤー硬度の測定を行った.その結果,結晶の粒界でマイヤー硬度が著しく下がっている場合があることを確認した。なぜそうなるのかについて目下検討中である.

  14. 突発的高歪度場における岩石の高速剪断延性流動メカニズムの研究

    研究課題/研究課題番号:16340151  2004年 - 2006年

    道林 克禎

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:11400000円 ( 直接経費:11400000円 )

    本研究は,最も細粒化した地震断層岩であるウルトラマイロナイトが,巨大地震によって一時的に地下深部の塑性領域に出現する所謂「突発的」高歪速度場で形成されるかどうか検討することを目的とした.本研究期間内に、サブミクロンスケールの極細粒の鉱物から構成されたウルトラマイロナイトの超微細構造に対するSEM/EBSD解析法を確立し,世界各地の形成条件の異なるウルトラマイロナイトと高速摩擦すべりによって岩石が溶けて形成したシュードタキライトの超微細構造解析の比較から,これらの地震断層岩が形成された物理条件(特に温度と歪速度)を明らかにしようとした.
    研究成果として,SEM/EBSD解析法がほぼ確立した.また,超微細構造の発達は複数の鉱物が混ざることで進展していることを明らかにした.しかし,超微細粒子の複数の鉱物を分けて結晶方位解析を行うためには,SEM/EBSD法だけでは困難であり,元素マップなどの化学組成の情報が必要であることがわかった.一方,比較的粒子サイズの大きな微細構造をもつウルトラマイロナイトについては,SEM/EBSD法によって結晶方位定向配列や結晶方位マップが作成され,その変形メカニズムに転位クリープばかりでなく,粒界すべりが関与していることがわかった.さらに,SEM/EBSD法の活用としてかんらん岩の構造解析を進めた結果,現在国内外で論争になっている水を含む環境下で形成されるB-typeの結晶方位定向配列を発見した.

  15. 地殻変形と流体の相互作用に関する実験的研究

    研究課題/研究課題番号:16340150  2004年 - 2006年

    清水 以知子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    地殻岩石のレオロジカルな性質は,間隙を占めるH2O流体や結晶粒界の水の薄層,そして結晶内部に溶け込んだ少量の水によって大きく影響される.地殻変形に及ぼす水の効果を調べるため,静岡大学理学部所有の固体圧式変形試験機MK65Sを整備し,1GP・1000℃におよぶ高温高圧条件下で高精度の力学データを取得する実験手法を確立した.メノウおよび蛇紋岩(主としてアンチゴライト)の円筒形試料を初期物質にもちいて定歪速度試験を行なった.いずれの試料も,高温において自由水を放出する.メノウの試料は再結晶により石英の多結晶体になり,定常クリープ挙動を示す.石英のc軸ファブリックは圧縮軸方向に集中し,歪エネルギーに駆動された結晶粒界移動によるものと推定される.高温高圧実験の前後のサンプルの含水量の変化は赤外顕微鏡によって測定した.蛇紋岩の変形実験は封圧800MPaにおいて,脱水温度以下の500℃と脱水温度を超える700℃で行なった.実験試料は銀のチューブとディスクで覆い,いくつかの実験では700℃または750℃において0.5-1時間静的条件でアニーリング(予備加熱)した後に変形させた.500℃の実験では差応力が1GPaに達しても降伏しなかった.予備加熱をせずに700℃で変形させた実験においても,サンプルは高い強度を示したが,予備加熱を行なった試料の700℃の実験では顕著な軟化とクリープ挙動を示した.脱水反応に伴う間隙の生成と破壊が蛇紋岩の脆性-延性転移を起こしていると推察される.これらの結果から,蛇紋岩の脱水が二重震発地震面におけるスラブ内地震を誘起することが示唆される.

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 岩石学

    2019

     詳細を見る

    岩石学の基礎を学ぶ

  2. 地球ダイナミクス

    2019

     詳細を見る

    地球変動学の基礎を学ぶ

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. Geodynamics

    Nagoya University)

 

メディア報道 2

  1. コズミック フロント☆NEXT テレビ・ラジオ番組

    NHK  コズミック フロント☆NEXT  NHK BSプレニアム  2018年4月

     詳細を見る

    地球 謎の大絶滅史 「史上最大の大量絶滅 真犯人を追え!」オマーン掘削プロジェクトの紹介者として出演

  2. コズミック フロント☆NEXT テレビ・ラジオ番組

    NHK  コズミック フロント☆NEXT  NHK BSプレニアム  2018年4月

     詳細を見る

    地球 謎の大絶滅史 「史上最大の大量絶滅 真犯人を追え!」オマーン掘削プロジェクトの紹介者として出演