2024/04/03 更新

写真a

コダマ ナオト
兒玉 直人
KODAMA Naoto
所属
大学院工学研究科 電気工学専攻 電気エネルギー 助教
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 電気電子情報工学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2018年3月   金沢大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 熱プラズマ

  2. 遮断器

  3. プラズマ診断

  4. プラズマ化学

研究分野 3

  1. エネルギー / プラズマ応用科学

  2. エネルギー / プラズマ科学

  3. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電力工学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 直流遮断用小型・高遮断容量ヒューズの開発

  2. 電力器機用絶縁・消弧ガスの輸送・熱力学・耐電界特性の解析

経歴 2

  1. 名古屋大学 大学院工学研究科   電気工学専攻   助教

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 日本学術振興会   博士後期課程特別研究員DC1

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 金沢大学   自然科学研究科   電子情報科学専攻

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 金沢大学   自然科学研究科   電子情報科学専攻

    2013年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 2

  1. 電気学会   会員

    2012年8月 - 現在

  2. 応用物理学会   会員

    2012年8月 - 現在

委員歴 10

  1. 電気学会   編修専門第一部会 幹事  

    2024年4月 - 2027年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. ICEPE-ST   LOC of ICEPE-ST2027  

    2024年3月 - 2028年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. ICFD   Session organizer of ICFD2024  

    2023年4月 - 2025年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  4. ISPlasma2024/IC-PLANTS2024現地実行委員会   ISPlasma2024/IC-PLANTS2024現地実行委員会  

    2023年4月 - 2024年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  5. 令和4・5年度電気学会東海支部   活動推進員  

    2022年4月 - 2024年3月   

  6. ISPlasma2023/IC-PLANTS2023現地実行委員会   ISPlasma2023/IC-PLANTS2023現地実行委員会  

    2022年4月 - 2023年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. ISPlasma2022/IC-PLANTS2022現地実行委員会   ISPlasma2022/IC-PLANTS2022現地実行委員会  

    2021年4月 - 2022年3月   

  8. IUMRS-ICYRAM 2022   Contributed Symposium Organizers  

    2021年 - 2023年8月   

      詳細を見る

    https://83aa8a6b-10b5-4864-90ac-2dfd3fd317bd.filesusr.com/ugd/e971a2_dbd09c63f1814a9c8d98cf0005613543.pdf

  9. 応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会幹事   幹事  

    2019年4月 - 2021年3月   

  10. ISPlasma2020/IC-PLANTS2020実行委員会   実行委員  

    2019年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 13

  1. 若手奨励賞

    2024年3月   電気学会 高電圧技術委員会  

    兒玉直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  2. パワーアカデミー萌芽研究優秀賞

    2022年3月   パワーアカデミー  

    兒玉直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 電気学会 開閉保護研究発表賞

    2022年1月   電気学会 開閉保護技術委員会   珪砂を用いた直流アーク消弧過程で生じる高温ガスの特性

    兒玉直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  4. 電気学会優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門)

    2020年9月   電気学会   珪砂中への円筒設置時における直流アーク温度の測定とアーク電圧上昇機構の検討

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  5. 電気学会優秀論文発表賞

    2019年3月   電気学会   Installation of PA66, PMMA or Si-resin Cylinders in Silica-Sand for Rising Arc Voltage during DC Interruption

    兒玉直人

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  6. 電気学会優秀論文発表賞A賞

    2019年3月   電気学会   Installation of PA66, PMMA or Si-resin Cylinders in Silica-Sand for Rising Arc Voltage during DC Interruption

    兒玉直人

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  7. 電気学会優秀論文発表賞

    2019年1月   電気学会東海支部   珪砂中へのPA66,PMMAおよびSi樹脂設置による直流アーク遮断時間の短縮-原子価エンタルピーからの解釈-

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  8. 電気学会優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門)

    2018年9月   電気学会   Ar誘導熱プラズマへのTi原料供給時における熱プラズマトーチ内の導電率の二次元分布推定

    兒玉直人,石坂洋輔,清水光太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,末安志織,渡邉周,中村圭太郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  9. Oral presentation award of APSPT-10

    2017年12月   APSPT-10   Estimation of Ti excitation temperature and power density distribution in the Ar induction thermal plasma during Ti feedstock injection

    N. Kodama, Y. Ishisaka, K. Shimizu, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, S. Watanabe, K. Nakamura

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:中華人民共和国

  10. 応用物理学会講演奨励賞

    2017年9月   応用物理学会   Ar誘導熱プラズマへのTi原料供給時におけるトーチ内のTi励起温度およびTi蒸気混入率の二次元分布の推定

    兒玉直人,石坂洋輔,清水光太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,末安志織,渡邉周,中村圭太郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  11. 第15回プラズマエレクトロニクス賞

    2017年3月   応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 電気学会優秀論文発表賞(基礎・材料・共通部門)

    2016年9月   電気学会   熱プラズマによるTiO2ナノ粒子生成中のTi原子およびTiO分子生成過程の分光学的検討

    兒玉直人,北健太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,末安志織,中村圭太郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  13. 電気学会優秀論文発表賞

    2014年9月   電気学会   Ar-O2変調誘導熱プラズマを用いたAl-doped TiO2ナノ粒子の大量生成時におけるクエンチングガス導入効果

    兒玉直人,郭韋萱,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邊周,中村圭太郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 66

  1. A mixture of Si<sub>3</sub>N<sub>4</sub> powder and SiO<sub>2</sub> sand as a novel DC arc quenching medium for improvement of the current-limiting performance of a model electric fuse

    Kodama, N; Yokomizu, Y; Takenaka, W

    JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS   57 巻 ( 22 )   2024年5月

  2. High-temperature properties of dry air used as arc quenching medium and its mixture with vaporized C<inf>2</inf> F<inf>4</inf> : reaction products and critical reduced electric field strength at 300-3000 K

    Yokomizu Y., Kodama N., Yamamoto I., Uchiyama S., Sato M., Nakamura Y., Edo T.

    Journal of Physics D: Applied Physics   57 巻 ( 21 )   2024年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Physics D: Applied Physics  

    Recently, electric power equipment manufacturers released a joint statement with the aim of developing high-voltage electrical equipment completely free of fluorinated gases such as fluoroketones and fluoronitriles, which are considered as alternatives to S F 6 and artificially produced compounds of F. This paper considers air as a typical gas present naturally in the environment to investigate its high-temperature properties, including an air mixture with C 2 F 4 vapor injected from a polytetrafluoroethylene nozzle, for application as an arc-quenching medium in a high-voltage circuit breaker equipped with a nozzle. Chemical composition results for the reaction products at 300-3000 K show that the admixture of C 2 F 4 vapor causes a decrease in the molar number of O 2 contained in the air, owing to the production of O-containing compounds such as C O 2 and C O . Additionally, the results reveal that the admixture of C 2 F 4 vapor lead to the production of C F 4 as the predominant F-containing compound. Furthermore, the boundary condition for O 2 production in terms of O 2 molar number X O 2 and C 2 F 4 molar number X C 2 F 4 is formulated. Such evaluation of the mixture composition enables the determination of a reduced effective collision ionization coefficient α ˉ / N and a critical reduced electric field strength E c r / N , resulting in α ˉ / N = 0. The strength E c r / N for the mixture with 30%-100% C 2 F 4 molar fraction rises to approximately 150 Td (1 Td = 1 × 10 − 21 V m2) over 300-3000 K, which is 20-50 Td higher than that for high-temperature air unmixed with C 2 F 4 vapor. The variation in E c r / N is discussed in terms of predominant electron impact processes and the electron energy distribution function in the mixture.

    DOI: 10.1088/1361-6463/ad2a15

    Scopus

  3. Development of Electrical Circuit Protection DeviceBased on Gas Properties Analysis of High-Temperature Arc and Hot Gas 招待有り 査読有り

    Naoto Kodama

    Proceeding of ISPlasma2024/IC-PLANTS2024/APSPT13     2024年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  4. Spatiotemporal evolution of electrical conductivity in current-limiting-fuse arc 査読有り

    Inada, Y; Fukai, Y; Takayasu, N; Nakano, Y; Zen, SG; Ohnishi, W; Yamano, Y; Maeyama, M; Kodama, N

    JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS   56 巻 ( 50 )   2023年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics D: Applied Physics  

    To improve the interruption capacity of a current-limiting fuse, a detailed diagnosis of the spatial electrical conductivity distribution inside the fuse arc under the current limiting phase around current zero is required, because this distribution determines the distribution of transient recovery voltage inside the fuse. However, well-established methodologies applicable to fuse arcs are lacking, so the spatial distribution remains unknown. This study presents a borescope-integrated spectroscopic system that simultaneously obtains single-shot recordings of the axial distributions of the electron density and arc temperature in the fuse arc just before extinction. Combining the electron densities and arc temperatures, we can identify the fuse arc composition and hence calculate the axial electrical conductivity distribution under the first Chapman-Enskog approximation. The electrical conductivity provided by this systematic methodology includes no large uncertainties, thus demonstrating its superiority against previous estimation methods of the electrical conductivity.

    DOI: 10.1088/1361-6463/acf9b2

    Web of Science

    Scopus

  5. Direct current arc quenching performance of a model electric fuse equipped with SiO<sub>2</sub> sand and additive silicone resin as an arc quenching medium: the effect of a vaporized silicone decomposition mixture on transient arc resistance 査読有り

    Takenaka, W; Kodama, N; Yokomizu, Y; Nakamura, K; Shimizu, H

    JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS   56 巻 ( 47 )   2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics D: Applied Physics  

    Most high-power electric fuses installed in DC distributions of automobiles employ silica sand (chemical formula SiO2) as arc quenching material to implement the limitation and subsequent interruption of high direct currents. This paper on arc quenching material describes the effects of the addition of silicone resin (chemical formula C2H6SiO) on SiO2 sand, based on the resistance of an arc discharge in SiO2 vapor mixed with silicone resin vapor. The measurement results obtained for the fuse operation of a model electric fuse show that the addition of silicone resin, e.g. an even coating of silicone resin on the surface of a Cu fuse element, attains a shorter arc quenching time. This phenomenon is subsequently explained based on the rise effect of an arc column resistance achieved by mixing with silicone vapor decomposition. The chemical compositions of high-temperature SiO2 vapor mixed with C2H6SiO vapor decomposition are evaluated to show the predominant chemical species at 30 000 K-5000 K for several C2H6SiO vapor concentrations, X C H . The results obtained for X C H of 10%-50% reveal that a H atom originating from C2H6SiO is present at high molar fractions above 0.1 over a wide temperature range of 12 000 K-5000 K. Further evaluations of the electrical resistivity ρ R for the high-temperature vapor show that mixing with C2H6SiO vapor contributes to a rise in ρ R at temperatures of 10 000 K-6000 K. A contribution analysis of the ρ R reveals that the rise effect of the ρ R is accomplished chiefly by the presence of a H atom that has dissociated from C2H6SiO.

    DOI: 10.1088/1361-6463/acee92

    Web of Science

    Scopus

  6. 高温ドライエアへの高分子分解蒸気混入による反応生成物および耐電界特性 -高分子材C2F4あるいはC6H4S-

    山本伊織, 横水康伸, 兒玉直人, 内山隼輔, 佐藤基宗, 中村泰規, 江戸貴広

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会     2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  7. SiC-MOSFETを⽤いたモデル低電圧DC遮断器による限流遮断プロセス―電源電圧100~400 V下での測定―

    長谷川海渡, 横水康伸, 岩田幹正, 兒玉直人

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会     2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  8. 珪砂とsilicone樹脂を併用した直流遮断過程で生成されるアークに対する消弧材蒸気濃度の推定―異なる樹脂塗布量に対する検討―

    竹中湧, 兒玉直人, 横水康伸, 岩田幹正

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会     2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  9. 高温CO2/O2アーク消弧ガスへの30%C2F4/10%Cuの2種蒸気混入下におけるCu原子の存在温度域と衝突電離係数への影響-温度4000 K〜300 K-

    内山隼輔, 横水康伸, 兒玉直人, 真島周也, 森正, 井上徹

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会     2023年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  10. ヒューズ内で発生する高温Cu/SiO2混合ガスに対する臨界換算電界の決定要因ー温度3000-5000 Kー

    兒玉直人, 中村哉太, 横水康伸, 竹中湧, 岩田幹正

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会     2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  11. DC Arc Quenching Using Ablation of Polymer Narrow-Section Arranged around Fuse Element 査読有り

    Kodama, N; Yokomizu, Y; Takenaka, W; Iwata, M; Danish, MSS

    IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING   18 巻 ( 11 ) 頁: 1837 - 1844   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering  

    This paper was arranged a polymer cylinder around a Cu fuse-element to increase both an arc resistance (Figure presented.) during a DC arc quenching process and an insulation resistance (Figure presented.) after the DC arc quenching. The used polymer cylinder equips a narrow-section with a width (Figure presented.) made from the polymer. A position of the narrow-section was around an arc-ignition point of the Cu fuse-element. Silica-sand (SiO2-sand) was filled inside the polymer cylinder. Then, a damping DC with a prospective peak of 1000 A was energized to the Cu fuse-element. As an experimental result, (Figure presented.) was successfully increased with (Figure presented.) of the narrow-section. In addition, the rise in (Figure presented.) of the narrow-section also increased (Figure presented.) to more than 10 (Figure presented.) under the DC 1000 V application after the arc quenching. In order to interpret (Figure presented.) rise and high (Figure presented.) under the polymer cylinder arrangement, chemical composition, an electrical resistivity (Figure presented.), and a thermal diffusivity (Figure presented.) of Cu/SiO2/Polymer vapor mixture was also calculated. Based on the experimental result and calculation result, (Figure presented.) rise can be interpreted based on rise in (Figure presented.) and (Figure presented.) due to the polymer vapor admixing into Cu/SiO2 vapor mixture. In addition, increasing (Figure presented.) can also be interpreted by the polymer ablation of the narrow-section of the cylinder. The results are useful to further increase the interruption capacity of the DC fuse. © 2023 Institute of Electrical Engineer of Japan and Wiley Periodicals LLC.

    DOI: 10.1002/tee.23911

    Web of Science

    Scopus

  12. Estimation of Quenching Medium Vapor Concentration in Arc during DC Interruption using Silicone Polymer and Silica-Sand 査読有り

    W. Takenaka, N. Kodama, Y. Yokomizu, M. Iwata, and M.S.S. Danish

    Proceedings of the XXIII International Conference of Gas Discharges and their Applications     2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  13. High DC Arc Quenching Process using Si3N4 or BN powder Mixed with Flattery Silica-Sand- Si3N4 or BN 30wt.% Admixing - 査読有り

    Naoto Kodama* Yasunobu Yokomizu,Waku Takenaka, Mikimasa Iwata,M. S. S. Danish

    Proceedings of the XXIII International Conference of Gas Discharges and their Applications     2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  14. 高温CO2/O2アーク消弧ガスへの30%C2F4/10%Cuの2種蒸気混入下における臨界換算電界

    内山隼輔,横水康伸,兒玉直人,真島周也,森正,井上徹

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 講演論文集     2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  15. ドライエア中アーク消弧過程におけるC2F4蒸気混入による高温下の耐電界特性の変化 -混入率50%および100% -

    山本伊織,横水康伸,兒玉直人,佐藤基宗,中村泰規,江戸貴広

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会 講演論文集     2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  16. 低電圧DCシリーズアークの検出手法へのWavelet変換の試適用

    西山直希, 岩田幹正, 横水康伸, 兒玉直人

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会     2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  17. 電力ケーブル終端接続部の地絡発生時を模擬した小型容器による地絡模擬実験と圧力挙動解析

    富田雄大, 八木正史, 横水康伸, 兒玉直人

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  18. 自然由来系CO2/O2アーク消弧ガスへの10%C2F4/10%Cu蒸気混入下における反応生成物と耐電界特性

    内山隼輔, 横水康伸, 兒玉直人, 真島周也, 森正, 井上徹

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  19. Copper Contact Collaborating with IGBT in Series for Hybrid DCCB in MVDC System

    龙虎, 全俊豪, 竹内希, 稲田優貴, 大西亘, 中野裕介, 山納康, 兒玉直人

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  20. 減衰振動電流の生成によるDC限流遮断―SiC-MOSFET素子を用いた低電圧DC遮断とその基礎検討―

    長谷川海渡, 横水康伸, 岩田幹正, 兒玉直人

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  21. Arc Resistance Rise using Powder Mixture of BN Powder and Silica-Sand during DC Interruption Process 査読有り

    Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Waku Takenaka, Mikimasa Iwata, M. S. S. Danish

    Proceedings of the 25th International Symposium on Plasma Chemistry     2023年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  22. 量子化学計算を併用した高温消弧ガス特性の解析 招待有り

    兒玉直人・横水康伸

    令和5年電気学会全国大会講演論文集     2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  23. Analysis of Arc Characteristics for Improvement of Power Protection Device Performance

    Kodama N

    Proceeding - ELTICOM 2022: 6th International Conference on Electrical, Telecommunication and Computer Engineering 2022     頁: 14 - 17   2023年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceeding - ELTICOM 2022: 6th International Conference on Electrical, Telecommunication and Computer Engineering 2022  

    Power protection devices such as gas circuit breaker and current limiting fuse are key component for safety usage of electric system. During fault current breaking process high temperature arc can be formed inside these devices. The arc breaking is neccessary to achieve current interruption. High temperature gas properties of arc is very important factor to simulate the arc breaking process and to design the protection device. This paper briefly introduces calculation procedure of gas properties and discuss the importance of gas property analysis using the arc inside the limiting fuse as typical example. In addition, it is also introduced the relationship between gas property analysis and the quentum chemical calculation as recent trends.

    DOI: 10.1109/ELTICOM57747.2022.10038272

    Scopus

  24. Theoretical calculation of current commutation process and residual current during contact sliding movement - Application of High Resistivity Material to Fixed Contact Rear Part-

    Hiroumi Kawabata, Yasunobu Yokomizu, Naoto Kodama, Kanta Watanabe, Fukutsuka Takashi

    Proceeding of 13th International Workshop on High Voltage Engineering(IWHV2022)     2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  25. DC Arc Column Resistance Rise with Silicone Resin Painted on Copper Fuse-Element in Silica-sand Filling Space

    Waku Takenaka, Naoto Kodama, Kaito Hasegawa, Yasunobu Yokomizu, Hironori Shimizu

    Proceeding of 13th International Workshop on High Voltage Engineering(IWHV2022)     2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  26. Simplified analysis of short-circuit current for hybrid AC/DC delivery system

    Mir Sayed Shah Danish, Mikimasa Iwata, Yasunobu Yokomizu, Naoto Kodama

    Proceeding of 13th International Workshop on High Voltage Engineering(IWHV2022)     2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  27. Reaction Products in SF6 Multi Mixture with C2F4-BN and Cu Vapor Decomposition at 300-3000 K: Approach to Dielectric Breakdown Property Evaluation

    YOKOMIZU Yasunobu, KODAMA Naoto, URAI Hajime, TERADA Masanao, KURODA Mami

    Proceeding of 13th International Workshop on High Voltage Engineering(IWHV2022)     2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  28. Experiment on DC Arc Quenching using Ablation of Polymer Narrow-Section Arranged around Fuse Element

    Kodama Naoto, Yokomizu Yasunobu, Takenaka Waku, Nakamura Kanata, Tozaki Shinsuke, Iwata Mikimasa, Danish M. S. S.

    Proceeding of the 13th International Workshop on High Voltage Engineering(IWHV2022)     2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  29. Arc resistance increasing during DC interruption using SiO2/Si3N4 mixture powder as arc interruption medium 査読有り

    Naoto Kodama, Yaunobu Yokomizu, Waku Takenaka, and Kaito Hasegawa

    Proceeding of the 75th Annual Gaseous Electronics Conference/11th International Conference on Reactive Plasmas     2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  30. Trial application of Si3N4 powder as alternative arc interruption medium for DC interruption 査読有り

    Naoto Kodama, Yokomizu Yasunobu, Waku Takenaka, and Kaito Hasegawa

    Proceeding of the 5th International Union of Materials Research Societies/International Conference of Young Researchers on Advanced Materials     2022年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  31. 代替ガスを用いたアーク消弧過程で生じる化学種間の相互作用ポテンシャル -量子化学計算を用いた輸送特性の高精度導出に向けて

    笠井豪, 兒玉直人, 横水康伸, 杉田武弘, DANISH M. S. S, 岩田幹正

    電気学会 研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会     2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  32. 電気接点の摺動・開離過程における電流転流プロセスおよび残留電流の理論計算 --ブラシ後部への高抵抗材適用による残留電流の低減--

    川端大海, 横水康伸, 兒玉直人, 渡邉幹太, 福塚隆司

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  33. 高温CO2/O2/CF3OH混合消弧ガスにおける凝縮相炭素の無生成とO2残存:温度300 Kおよび3000 Kにおける耐電圧特性

    兒玉直人, 横水康伸, 杉田武弘, 中村泰規, 佐藤基宗

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  34. High Temperature Gas Properties for Arc Formed in DC Fuse Using Silica-Sand 査読有り

    Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Waku Takenaka, Kaito Hasegawa

    Proceeding of the International Council on Electrical Engineering Conference 2022     2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  35. DC Arc Interruption Experiment using Arrangement of Polymer-Narrow Section inside Fuse-Case Filled with Silica-Sand

    Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Waku Takenaka

    Proceeding of the 6th International Conference on Electric Power Equipment -Switching Technology-     2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  36. Dielectric Breakdown Properties for High Temperature HFO−1234yf/CO2 Gas Mixture with Consideration of Predominant Molecular Products at 300−3000 K

    Takehiro Sugita, Yasunobu Yokomizu, Naoto Kodama, Motohiro Sato, Yasunori Nakamura

    Proceeding of the 6th International Conference on Electric Power Equipment -Switching Technology-     2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  37. Arrangement of Silicone Flat Plate in Silica Sand Filling Space for DC Arc Resistance Rise

    Waku Takenaka, Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Koya Nakamura, Hironori Shimizu

    Proceeding of the 6th International Conference on Electric Power Equipment -Switching Technology-     2022年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  38. DC Arc Interruption Experiment using Arrangement of Polymer-Narrow Section inside Fuse-Case Filled with Silica-Sand

    Kodama, N; Yokomizu, Y; Takenaka, W

    2022 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRIC POWER EQUIPMENT - SWITCHING TECHNOLOGY (ICEPE-ST)     頁: 28 - 33   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ICEPE-ST 2022 - 2022 6th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology  

    It is strongly desired for DC fuse that a compatibility of high arc resistance(rarc) during a DC arc interruption and high insulation resistance(Rins) after the DC arc interruption. This paper describes a trial experiment of DC arc interruption under following conditions. (1) Copper(Cu)-element arrangement in silica-sand filling space(designated as "S-wo"), (2) Arrangement of a polymer fuse-case filled with the silica-sand around the Cu-element(designated as "S-CaseA"), and (3) Arrangement of a polymer narrow-section around an arc-ignition point of Cu-element in the silica-sand filled fuse-case(designated as "S-CaseB"). The damping DC with a prospective peak of 1000 A was energized to the Cu-element to ignite the DC arc. As a result, the compatibility of high rarc and high Rins was successfully achieved only under the S-CaseB condition. These high rarc and high Rins can be interpreted from the shrinking of arc conductive diameter by the silica-sand filled inside the fuse-case and formation of insulation layer by the ablation of the polymer-narrow section.

    DOI: 10.1109/ICEPE-ST51904.2022.9757094

    Web of Science

    Scopus

  39. Dielectric Breakdown Properties for High Temperature HFO-1234yf/CO<sub>2</sub> Gas Mixture with Consideration of Predominant Molecular Products at 300-3000 K

    Sugita, T; Yokomizu, Y; Kodama, N; Nakamura, Y; Sato, M

    2022 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRIC POWER EQUIPMENT - SWITCHING TECHNOLOGY (ICEPE-ST)     頁: 88 - 92   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:ICEPE-ST 2022 - 2022 6th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology  

    With regard to HFO-1234yf mixed with CO2 as a buffer gas, this paper describes dielectric breakdown properties such as an electron attachment coefficient and a critical reduced electric field strength Ecr/N at 300-3000 K. First, this paper covers predominant molecular products through thermal dissociation and combination reactions for 20%HFO-1234yf/80%CO2 gas mixture. Secondly, dielectric breakdown properties of the mixture in consideration of the predominant gaseous molecular products are described to show that Ecr/N is 87-100 Td at 300-3000 K.

    DOI: 10.1109/ICEPE-ST51904.2022.9757102

    Web of Science

    Scopus

  40. DC Arc Resistance Rise by PMMA Cylinder Ablation with Arc Shrinking in Silica Sand Filling Space 査読有り

    Kodama, N; Nakamura, K; Yokomizu, Y; Takahashi, A; Yamamura, N

    IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING   16 巻 ( 12 ) 頁: 1679 - 1686   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering  

    Concerning DC arc quenching phenomenon in silica sand filling space, we have proposed a new method for raising an arc column resistance (rcol) by use of polymer-material arrangement. This paper reveals physical factors for rcol rise on the bases of experimental results using the following cylinders made of: (i) Quartz (SiO2) and (ii) PMMA ((C5H8O2)n) with various inner diameters ϕ. For ϕ = 2 mm case, rcol measured for a PMMA cylinder arrangement indicated higher rcol at low current region, while almost same rcol around current peak. For ϕ = 3 mm case, rcol for the PMMA cylinder was lower than rcol for the quartz case at high current region, while almost comparable between these conditions at low current region. For ϕ = 5 mm case, rcol were almost same during the arc quenching process. To discuss the effect of the rcol rise, the followings were also performed: (i) observation of cylinders after arc quenching and (ii) calculation of the electron density of SiO2/Cu or PMMA/SiO2 mixture vapors. It is concluded that, at high current region, rcol can increase due to the shrinking of the arc conductive diameter caused by the cylinder hole and the silica sand filled inside the cylinder hole. On the other hand, the admixing of the PMMA ablation vapor increases rcol at low current region in the present experiment. © 2021 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by Wiley Periodicals LLC.

    DOI: 10.1002/tee.23462

    Web of Science

    Scopus

  41. 珪砂を用いた直流アーク消弧過程で生じる高温ガスの特性

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,竹中湧,清水宏紀

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧合同研究会     2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  42. 電気接点の摺動・開離における電流減少プロセスの理論計算―転流回路インダクタンスに対する残留電流の依存性―

    川端大海,横水康伸,兒玉直人,渡邉幹太,福塚隆司

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧合同研究会     2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  43. 珪砂-Silicone材併用時のDCアーク抵抗上昇効果の検討

    竹中湧,兒玉直人,中村晃也,横水康伸,山村直希

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  44. N2/O2/HFO-1336mzz(E)混合ガスにおける衝突電離係数・電子付着係数および臨界電界—温度1500 K,HFO-1336mzz(E)混合率0~20%

    杉田武弘,横水康伸,兒玉直人,中村泰規,佐藤基宗

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  45. SiC-MOSFETの熱インピーダンスの過渡特性を表すCauer型等価熱回路の構築:パワー半導体を用いた低電圧DC遮断器への適用

    渡邉幹太,横水康伸,兒玉直人

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  46. Increasing Arc Column Resistance During DC Arc-Quenching Through Arrangement of Polymer Cylinder in Silica Sand 査読有り

    Nakamura, K; Kodama, N; Yokomizu, Y; Takahashi, A; Kondo, Y

    IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING   16 巻 ( 6 ) 頁: 905 - 915   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering  

    In this study, experiments pertaining to direct current (DC) interruptions are performed in an arc-quenching chamber filled with silica sand. First, the arc column resistance is measured during DC arc-quenching to demonstrate the elementary aspects of the arc in the silica-sand-filled space. Subsequently, an arrangement comprising a polymer cylinder between electrodes in the silica-sand-filled space is proposed to increase the arc column resistance during DC arc-quenching. A polymethyl methacrylate (PMMA) cylinder is used in the experiments. Measurement results indicate that the arrangement of the PMMA cylinder causes the arc column resistance to increase approximately twofold in comparison with the no-PMMA cylinder arrangement. Finally, the effect of increasing the arc column resistance is discussed in terms of PMMA and silica vapor. © 2021 Institute of Electrical Engineers of Japan. Published by Wiley Periodicals LLC.

    DOI: 10.1002/tee.23368

    Web of Science

    Scopus

  47. Predominant reaction products and dielectric breakdown properties of gas mixtures consisting of SF<sub>6</sub> and ablation products of C<sub>2</sub>F<sub>4</sub>/BN in the temperature range of 300-3000 K 査読有り

    Yokomizu, Y; Terada, M; Kodama, N; Ishii, T; Kojima, Y; Kuroda, M; Urai, H

    JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS   54 巻 ( 16 )   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics D: Applied Physics  

    For a high voltage SF6 circuit breaker equipped with a boron nitride (BN)-filled polytetrafluoroethylene ((C2F4)n nozzle, the predominant reaction products in a high-temperature SF6 mixture with vapor decomposition of C2F4 and BN at temperatures of 300-3000 K are determined based on calculations of equilibrium composition. The calculation is performed by considering the molecular products obtained by chemical reactions with boron atoms (e.g. BN, BS, BC, BF, BF2 and BF3), nitrogen atoms (e.g. N2, N3, CN, NS, NF, NF2 and NF3) and carbon atoms (e.g. CS, CS2, C2F4, CF2, CF3 and CF4). The results obtained for the C2F4-BN molar fraction X CFBN of 20%-80% reveal that BF3, N2 and CF4, the molecules originating from the nozzle material, are produced at high molar fractions over a range of 300-3000 K. Such an evaluation of the gas composition allows the derivation of a reduced collision ionization coefficient α/N and a reduced electron attachment coefficient η/N of the gas, considering various electron impact processes such as BF3 + e BF2 + F- and CF4 + e CF3 + F-. The evaluation subsequently enables us to determine a critical reduced electric field strength causing . The results suggest that the decomposed C2F4-BN mixture at XCFBN of 80% causes the reduction of to 110 Td in the range of 1000-2000 K at a gas pressure of 1.0 MPa. This strength is 20 Td lower than that determined separately for the SF6 gas mixture with only 80% C2F4 vapor decomposition, because of the CF4 molar fraction reduction in the SF6/C2F4-BN mixture.

    DOI: 10.1088/1361-6463/abda80

    Web of Science

    Scopus

  48. Interpretation of Arc Column Resistance Rise on basis of Temperature and Cu Vapor Concentration of DC Arc Established in Silica Sand Filling Space

    Kodama N., Yokomizu Y., Takahashi A., Nakamura K., Yamamura N.

    IEEJ Transactions on Power and Energy   141 巻 ( 11 ) 頁: 725 - 733   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEJ Transactions on Power and Energy  

    DC arc interruptions were carried out under following two conditions: (1) silica sand filling without any cylinder arrangement (designation: Silica), and (2) The silica sand filling with a quartz cylinder arrangement (designation: SilicaQuartz). During these experiments, optical emission spectroscopy (OES) measurements were carried out to investigate an arc column resistance rise by the quartz cylinder arrangement. An arc temperature T and a Cu vapor concentration were evaluated from the OES results. As a result, T were measured to be around 24 kK for the Silica condition and 17 kK for the SilicaQuartz condition at a current peak. The Cu vapor concentration under the Silica condition gradually decreased with T decaying. On the other hands, the quartz cylinder arrangement in the silica sand filling space drastically decreased the Cu vapor concentration during an arc-quenching process. This drastic decrease in the Cu vapor concentration is one of key factors to increase rcol under the cylinder arrangement in the silica sand filling space. This verification result can be useful to increase an interruption capacity of fuse.

    DOI: 10.1541/ieejpes.141.725

    Scopus

    CiNii Research

  49. High Temperature Properties of CO<inf>2</inf> Gas Mixture with O<inf>2</inf> and HFO-1234yf Decompositions: Predominant Molecular Products and Critical Electric Field Strength at 300–3000 K

    Yokomizu Y., Kodama N., Sugita T., Ishii T., Sato M., Nakamura Y.

    IEEJ Transactions on Power and Energy   141 巻 ( 11 ) 頁: 700 - 711   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEJ Transactions on Power and Energy  

    The gases used in high voltage electric power equipment are required to withstand against an externally applied electric field strength. It is therefore essential to find out the electrical insulation strength of the gas. However the high temperature gas formed after the current zero through the arc extinction process in a circuit breaker shows different insulation strengths from that at room temperature, because the high temperature gas consists of various molecular products different from the original gas at room temperature. The CF3CFCH2 (called as HFO-1234yf) at room temperature is known to have a remarkable electrical insulation property similar to SF6. After describing the products generated in CO2 gas mixture with O2 and HFO-1234yf decompositions at temperatures below 3000 K, this paper mentions dielectric breakdown properties of the mixtures in view of the molar fractions of the molecular products. Discussions are furthermore made to compare dielectric breakdown properties of CO2 gas and CO2/O2 gas mixture at high temperatures.

    DOI: 10.1541/ieejpes.141.700

    Scopus

    CiNii Research

  50. 電力保護機器内で発生する熱プラズマと直流遮断技術の開発 招待有り 査読有り

    兒玉直人

    静電気学会誌   45 巻 ( 3 ) 頁: 112 - 113   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  51. DC arc resistance rise by PMMA cylinder ablation with arc shrinking in silica-sand filled space

        2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  52. 珪砂を用いた直流遮断過程におけるアーク内銅蒸気の二次元分布観測と濃度に関する検討

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,高橋明里,山村直希

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  53. C3H2F4を混合した代替消弧ガスCO2/O2: 8%混合率,温度300-3000 Kにおける衝突電離・電子付着係数および臨界電界

    杉田武弘,横水康伸,兒玉直人,石井達也,佐藤基宗,中村秦規

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  54. Chemical species produced in arc-quenching gas CO<sub>2</sub>/O<sub>2</sub> mixed with C<sub>3</sub>H<sub>2</sub>F<sub>4</sub>, C4-FN or C5-FK: prevention of condensed-phase carbon formation and its formulation 査読有り

    Yokomizu, Y; Sato, M; Kodama, N; Edo, T; Kokura, K

    JOURNAL OF PHYSICS D-APPLIED PHYSICS   53 巻 ( 14 )   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physics D: Applied Physics  

    Regarding CO2/O2-based mixture as an arc quenching gas in high-voltage circuit breakers, the predominant component species present in high numbers at temperatures of 300-20 000 K are determined in consideration of addition of CF3CFCH2 (hereinafter written as C3H2F4) gas to the CO2/O2-based mixture. In the determination, not only are 87 gaseous species but also condensed-phase carbon (hereinafter written as C(c)) taken into account as component species. The evaluation results reveal that CO2, O2, CF4 and HF in gaseous phase behave as the predominant component species at 300-1000 K for lower content additive-gas, whereas the species C(c) is also generated as the predominant component at the same temperature for higher content additive-gas. Subsequently, reactions of chemical elements C, O, F and H to form the above-described chemical species are successfully expressed using CO2, O2 and C3H2F4 contents as stoichiometric coefficients. Expressing the reactions furthermore enables us to formulate the prevent condition of the C(c) generation as a function of O2 content and C3H2F4 content. Similar formulations are successfully performed for CO2/O2/C4-FN and CO2/O2/C5-FK mixtures.

    DOI: 10.1088/1361-6463/ab66d5

    Web of Science

    Scopus

  55. 珪砂中への円筒設置時における直流アーク温度の測定とアーク電圧上昇機構の検討

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,高橋明里,近藤祐介

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧合同研究会     2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  56. Approach to Mechanism Interpretation of Arc Voltage Rise by Polymer Cylinder Installation in Silica-Sand

    Kodama N., Yokomizu Y., Nakamura K., Takahashi A., Kondo Y.

    Proceedings of the 2019 5th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology: Frontiers of Switching Technology for a Future Sustainable Power System, ICEPE-ST 2019     頁: 243 - 248   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of the 2019 5th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology: Frontiers of Switching Technology for a Future Sustainable Power System, ICEPE-ST 2019  

    This report describes experimental results on DC interruption for three experiments: (1) silica-sand filling (designation: Silica), (2) polymer cylinder installation without silica-sand filling (designation: P5-Air), and (3) polymer cylinder installation with silica-sand filling (designation: P5-Silica). The shape of polymer cylinder was fixed at an inner diameter of 5 mm and a length of 15 mm. A damping DC with a peak current of 750 A was supplied to an established experimental system. A current and a voltage between electrodes were measured during the current supplying period. As experimental results, the arc resistance between electrodes were measured to be 0.15 for Silica, 0.20 for P5-Air and 0.56 for P5-Silica at a peak current, respectively. This implies that silica-sand confined in the polymer cylinder effectively contributes to the arc voltage rise at around a peak current. During a current decaying periods, the arc resistance for P5-Air was measured to be almost same value for P5-Silica. This also implies that an interaction between the polymer and the arc rises the arc resistance during the current decaying period.

    DOI: 10.1109/ICEPE-ST.2019.8928816

    Scopus

  57. Rise Effect of DC Arc Voltage in Silica Sand: Various Interelectrode Distances and Arrangement of PA66-Cylinder

    Takahashi A., Kodama N., Yokomizu Y., Kondo Y.

    Proceedings of the 2019 5th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology: Frontiers of Switching Technology for a Future Sustainable Power System, ICEPE-ST 2019     頁: 300 - 304   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Proceedings of the 2019 5th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology: Frontiers of Switching Technology for a Future Sustainable Power System, ICEPE-ST 2019  

    The following three experiments were conducted as an attempt to raise the DC arc voltage during current interrupting process in silica sand. The purpose of the first experiment is to examine the influence of the interelectrode distance of the graphite electrode on the arc length. The three types of interelectrode distance were set in the arc quenching chamber and supplied a damping DC current. As experimental results, voltage between electrodes was not effectively rose with elongation in interelectrode distance in the silica sand. The purpose of the second experiment is to achieve further rise in the arc voltage. In this experiment, PA66-cylinder was arranged between electrodes. As the experiment result, arrangement of PA66-cylinder effectively increases the arc voltage. This may be because the expansion of the arc diameter was restricted to the interaction between the arc and the inner wall of the cylinder. The purpose of the third experiment is to investigate the influence of arc voltage rise effect on the inner diameter of the cylinder. The main factors causing the arc voltage rise are the effect of limiting the arc diameter by the inner diameter and the effect of ablating of silica sand.

    DOI: 10.1109/ICEPE-ST.2019.8928782

    Scopus

  58. 珪砂-高分子円筒併設時の直流アーク抵抗上昇機構に関する検討

    中村晃也,兒玉直人,横水康伸,高橋明里,近藤祐介

    電気学会研究会資料 放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会     2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  59. Fundamental study on role of silica-sand and polymer cylinder in terms of gas properties during DC interruption 査読有り

    Kodama N., Yokomizu Y., Takahashi A., Nakamura K., Kondo Y.

    Proceeding of XXXIV International Conference on Phenomena in Ionized Gases/ 10th International Conference on Reactive Plasmas     2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  60. Efficient modification of Si/SiOz nanoparticles by pulse-modulated plasma flash evaporation for an improved capacity of lithium-ion storage 査読有り

    M.Kambara*, S.Hamazaki, N. Kodama and Yasunori Tanaka

    Journal of Physics D: Applied Physics   52 巻 ( 32 ) 頁: 325502   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1361-6463/ab1c9f

  61. Spatial distribution of Ti vapor admixture ratio in Ar induction thermal plasma torch during Ti feedstock injection 査読有り

    Naoto Kodama, Yasunori Tanaka, Yosuke Ishisaka, Kotaro Shimizu, Yoshihiko Uesugi, Tatsuo Ishijima, Shu Watanabe, Shiori Sueyasu, Keitaro Nakamura

    Japanese Journal of Applied Physics   57 巻 ( 3 )   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Applied Physics  

    The spatial distribution of the Ti vapor admixture ratio (X Ti) was determined together with Ti excitation temperature () from two-dimensional (2D) optical emission spectroscopy (OES) during Ti feedstock injection into an Ar induction thermal plasma (ICTP) torch for Ti nanoparticle synthesis. The X Ti is one important parameter affecting ICTP properties such as its electrical conductivity. The value of X Ti was estimated from the radiation intensity ratio of the Ar atomic line to the Ti atomic line, and obtained from 2D OES observation. Furthermore the electron density (n e) was also determined from the estimated results of and X Ti through the equilibrium composition. These 2D OES results revealed as 2500-4000 K at around the central axis of the ICTP torch, although it was higher than 4000 K in the off-axis region. In the off-axis region, X Ti and n e were much higher than in the on-axis region.

    DOI: 10.7567/JJAP.57.036101

    Scopus

  62. High-rate synthesis of Si nanowires using modulated induction thermal plasmas 査読有り

    Yosuke Ishisaka, Naoto Kodama, Kentaro Kita, Yasunori Tanaka, Yoshihiko Uesugi, Tatsuo Ishijima, Shiori Sueyasu, Shu Watanabe, Keitaro Nakamura

    APPLIED PHYSICS EXPRESS   10 巻 ( 9 )   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    Using 20kW Ar-H-2 pulse-modulated induction thermal plasma (PMITP) with time-controlled feeding of feedstock (TCFF), numerous Si nanowires were synthesized rapidly at 1,000mgh(-1) without the intentional addition of catalysts. The PMITP + TCFF method is our original method for nanomaterial synthesis. The PMITP periodically provides a unique field including higher-temperature plasma during "on-time" and a lower-temperature plasma during "off-time". For rapid and efficient evaporation, metal-grade Si powder feedstock was intermittently injected synchronously into the generated Ar-H-2 PMITP. The synthesized products were analyzed using various analytical techniques. The synthesized products were Si nanowires 10-30 nm in diameter with a SiOx surface layer. (C) 2017 The Japan Society of Applied Physics

    DOI: 10.7567/APEX.10.096201

    Web of Science

  63. Spatiotemporal distribution of thermal plasma temperature and nucleation occurrence in a torch during TiO<sub>2</sub> nanopowder synthesis 査読有り

    N. Kodama, Y. Tanaka, K Kita, Y Ishisaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, K. Nakamura

    Plasma Sources Science and Technologies     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1361-6595/aa73ca

  64. Fundamental study of Ti feedstock evaporation and precursor formation process in inductively coupled thermal plasmas during TiO2 nanopowder synthesis 査読有り

    N. Kodama, K. Kita, Y. Ishisaka, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, K. Nakamura

    Journal of Physics D: Applied Physics     2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/0022-3727/49/30/305501

  65. A method for large-scale synthesis of Al-doped TiO2 nanopowder using pulse-modulated induction thermal plasmas with time-controlled feedstock feeding 査読有り

    Naoto Kodama, K. Kita, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Watanabe, K. Nakamura

    Journal of Physics D: Applied Physics     2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/0022-3727/47/19/195304

  66. Two-dimensional spectroscopic observation in the plasma torch for the pulse-modulated induction thermal plasmas for nanopowder synthesis 査読有り

    N. Kodama, K. Kita, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Watanabe, K. Nakamura

    Journal of Physics: Conference Series     2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi:10.1088/1742-6596/550/1/012026

▼全件表示

MISC 6

  1. Numerical simulation on thermal plasma temperature field in the torch for different conditions

    Y. Siregar, Y. Siregar, N. Kodama, Y. Tanaka, T. Ishijima, Y. Uesugi  

    IOP Conference Series: Materials Science and Engineering309 巻   2018年3月

     詳細を見る

    © Published under licence by IOP Publishing Ltd. Numerical simulation was conducted to obtain the temperature and gas flow fields in inductively coupled thermal plasma (ICTP). Influence of gas composition, power supply, quenching gas, carrier gas, pressure and frequencies were investigated on thermal plasma temperature fields. Results indicated that higher oxygen fraction in gas composition makes the shrinkage of the thermal plasmas, which increases power density in local volume. Further, an increase in the quenching gas, the carrier gas and the pressure did not affect the temperature of thermal plasma. On the other hand, the temperature in thermal plasma decreased at axial position along with degradation of frequency.

    DOI: 10.1088/1757-899X/309/1/012090

    Scopus

  2. 2つのコイルを持つタンデム型Ar誘導熱プラズマの電磁熱流体解析モデルの構築 (プラズマ パルスパワー 放電合同研究会 環境浄化技術)

    隠田 一輝, 兒玉 直人, 石坂 洋輔, 清水 光太郎, 田中 康規, 上杉 喜彦, 石島 達夫, 末安 志織, 渡邉 周, 中村 圭太郎  

    電気学会研究会資料. ED = The papers of technical meeting on electrical discharges, IEE Japan2017 巻 ( 96 ) 頁: 29 - 34   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

  3. 原料間歇供給-変調誘導熱プラズマ法を用いたSiナノ粒子生成時におけるSi原子スペクトルの時空間分布 (プラズマ パルスパワー 放電 合同研究会 環境浄化技術)

    石坂 洋輔, 兒玉 直人, 清水 光太郎, 隠田 一輝, 田中 康規, 上杉 喜彦, 石島 達夫, 末安 志織, 渡邉 周, 中村 圭太郎  

    電気学会研究会資料. PPT = The papers of technical meeting on pulsed power technology, IEE Japan2017 巻 ( 48 ) 頁: 41 - 46   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

  4. A Numerical Study about Influence of O₂ Inclusion on Temperature Distribution in Ar Induction Thermal Plasmas with Ti Powder Injection (プラズマ研究会・プラズマ一般)

    Siregar Yulianta, Kodama Naoto, Tanaka Yasunori, Uesugi Yoshihiko, Ishijima Tatsuo  

    電気学会研究会資料. PST2017 巻 ( 59 ) 頁: 23 - 28   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:電気学会  

  5. 原料間歇供給/変調型誘導熱プラズマ併用法を用いたSi/Cナノ粒子の一段的大量生成の試み (プラズマ研究会・プラズマ一般)

    清水 光太郎, 石坂 洋輔, 穏田 一輝, 兒玉 直人, 田中 康規, 上杉 喜彦, 石島 達夫, 末安 志織, 渡邉 周, 中村 圭太郎  

    電気学会研究会資料. PST2017 巻 ( 59 ) 頁: 29 - 34   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

  6. Ar誘導熱プラズマへのTi原料供給時における熱プラズマトーチ内の導電率の二次元分布推定 (プラズマ パルスパワー 放電 合同研究会 プラズマ・放電・パルスパワー一般)

    兒玉 直人, 石坂 洋輔, 清水 光太郎, 田中 康規, 上杉 喜彦, 石島 達夫, 末安 志織, 渡邉 周, 中村 圭太郎  

    電気学会研究会資料. ED = The papers of technical meeting on electrical discharges, IEE Japan2017 巻 ( 21 ) 頁: 29 - 34   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電気学会  

    CiNii Books

▼全件表示

講演・口頭発表等 160

  1. 低電圧DC限流遮断プロセスにおけるアーク抵抗増加の出現域と高分子材配置による早期化

    清水翔太,横水康伸,兒玉直人,岩田幹正,内山隼輔,酒井智康,塚原正浩,宮本淳史

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  2. 自然由来系CO2/O2消弧ガスにおけるアーク遮断過程で形成される高温ガスの耐電界特性:50%C2F4と10%Cu蒸気の2種蒸気混入

    内山隼輔,横水康伸,兒玉直人,真島周也,森正,井上徹

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月14日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  3. ドライエア中アーク消弧過程への高分子分解蒸気混入下における反応生成物および耐電界特性ー30%CH2O混入ー

    山本伊織,横水康伸,兒玉直人,内山隼輔,江戸貴広

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月14日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  4. モデルDC限流ヒューズ内で生じる高温Cu/SiO2混合蒸気アークにおける抵抗率の過渡推移–光学観測に基づく推定–

    中村哉太,兒玉直人,竹中 湧,横水康伸,岩田幹正

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  5. Cu蒸気アークへのsilicone樹脂分解蒸気の混合によるアーク径の高速収縮—塗布量5mg条件—

    竹中 湧,兒玉直人,横水康伸,岩田幹正

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  6. 高温空気への多量の銅蒸気混入時における換算衝突電離係数 -圧力0.1MPa, 温度3000K-

    兒玉直人,横水康伸,五十嵐拓哉,岩田幹正

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  7. SiC-MOSFETを用いた低電圧DC遮断プロセスにおける接合部での発生熱と温度上昇に関する考察

    長谷川海渡,横水康伸,岩田幹正,兒玉直人

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  8. AC電流密度ベクトルの解析による円筒導体の電気抵抗の導出--電力DC機器のACによる代替試験の開発に向けて--

    重村優介,横水康伸,岩田幹正,兒玉直人

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  9. 異なる電圧条件における低電圧DC短ギャップアーク検出のためのWavelet解析

    西山直希,岩田幹正,横水康伸,兒玉直人,酒井智康,塚原正浩,宮本淳史

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  10. ハイブリッド直流遮断器の転流回路における半導体スイッチ保護手法の検討

    桶川雄生,竜虎,全俊豪,竹内希,大西亘,中野裕介,兒玉直人,山納康,稲田優貴

    令和6年電気学会全国大会  2024年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島   国名:日本国  

  11. Development of Electrical Circuit Protection DeviceBased on Gas Properties Analysis of High-Temperature Arc and Hot Gas 招待有り 国際会議

    Naoto Kodama

    ISPlasma2024/IC-PLANTS2024/APSPT13  2024年3月6日  Organization comitee of ISPlasma2024/IC-PLANTS2024/APSPT13

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  12. 高温ドライエアへの高分子分解蒸気混入による反応生成物および耐電界特性 -高分子材C2F4あるいはC6H4S-

    山本伊織, 横水康伸, 兒玉直人, 内山隼輔, 佐藤基宗, 中村泰規, 江戸貴広

    放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会  2023年11月6日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  13. 珪砂とsilicone樹脂を併用した直流遮断過程で生成されるアークに対する消弧材蒸気濃度の推定―異なる樹脂塗布量に対する検討―

    竹中湧, 兒玉直人, 横水康伸, 岩田幹正

    放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会  2023年11月7日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  14. 高温CO2/O2アーク消弧ガスへの30%C2F4/10%Cuの2種蒸気混入下におけるCu原子の存在温度域と衝突電離係数への影響-温度4000 K〜300 K-

    内山隼輔, 横水康伸, 兒玉直人, 真島周也, 森正, 井上徹

    放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会  2023年11月6日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会   国名:日本国  

  15. ヒューズ内で発生する高温Cu/SiO2混合ガスに対する臨界換算電界の決定要因ー温度3000-5000 Kー

    兒玉直人, 中村哉太, 横水康伸, 竹中湧, 岩田幹正

    放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会  2023年11月6日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  16. SiC-MOSFETを⽤いたモデル低電圧DC遮断器による限流遮断プロセス―電源電圧100~400 V下での測定―

    長谷川海渡, 横水康伸, 岩田幹正, 兒玉直人

    放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧 合同研究会  2023年11月7日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:姫路   国名:日本国  

  17. High DC Arc Quenching Process using Si3N4 or BN powder Mixed with Flattery Silica-Sand- Si3N4 or BN 30wt.% Admixing - 国際会議

    Naoto Kodama* Yasunobu Yokomizu,Waku Takenaka, Mikimasa Iwata,M. S. S. Danish

    XXIII International Conference on Gas Discharges and their Applications(GD2023)  2023年9月11日  GD 2023 Organizing Committee

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Greifswald   国名:ドイツ連邦共和国  

  18. Estimation of Quenching Medium Vapor Concentration in Arc during DC Interruption using Silicone Polymer and Silica-Sand 国際会議

    W. Takenaka, N. Kodama, Y. Yokomizu, M. Iwata, and M.S.S. Danish

    XXIII International Conference on Gas Discharges and their Applications(GD2023)  2023年9月11日  GD 2023 Organizing Committee

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Greifswald   国名:ドイツ連邦共和国  

  19. 限流ヒューズ内で生成される高温Cu/SiO2混合蒸気の臨界換算電界

    兒玉直人,中村哉太,横水康伸,竹中湧,岩田幹正

    令和5年 電気学会 電力・エネルギー部門大会  2023年9月6日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  20. アルミニウムの円柱導体における表面温度上昇の解析ー電力DC機器の短絡性能の検証方法の開発に向けてー

    重村優介,横水康伸,岩田幹正,兒玉直人

    令和5年 電気学会 電力・エネルギー部門大会  2023年9月6日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  21. 異なる電流条件における低電圧シリーズアークのWavelet変換解析-DC設備における故障アーク検出技術の開発に向けて-

    西山直希,岩田幹正,横水康伸,兒玉直人

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  22. 限流ヒューズ内に残留する高温Cu/SiO2混合蒸気の換算衝突電離係数および換算電子付着係数

    中村哉太,兒玉直人,竹中湧,横水康伸,岩田幹正

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  23. SiC-MOSFETを用いたモデル低電圧DC遮断器による限流遮断プロセスの測定 -電源電圧100~400V-

    長谷川海渡,横水康伸,岩田幹正,兒玉直人

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  24. ドライエア中アーク消弧過程におけるC2F4蒸気混入による高温下の耐電界特性の変化 -混入率50%および100% -

    山本伊織,横水康伸,兒玉直人,佐藤基宗,中村泰規,江戸貴広

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  25. 電流の時間変化に伴う銅円柱導体内の電流密度分布解析-電力DC機器の短絡性能の検証方法の開発に向けて-

    重村優介,横水康伸,岩田幹正,兒玉直人

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  26. 直流限流遮断におけるアークコラム電圧の上昇に関する基礎検討-コラム抵抗増加の出現域と高分子材による早期化-

    清水翔太,横水康伸,兒玉直人,内山隼輔,岩田幹正,酒井智康,塚原正浩,宮本淳史

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  27. 高温CO2 /O2アーク消弧ガスへの30%C2F4/10%Cuの2種蒸気混入下における臨界換算電界

    内山隼輔,横水康伸,兒玉直人,真島周也,森正,井上徹

    令和5年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2023年8月28日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:豊橋   国名:日本国  

  28. 低電圧DCシリーズアークの検出手法へのWavelet変換の試適用

    西山直希, 岩田幹正, 横水康伸, 兒玉直人

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2023年7月19日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  29. 電力ケーブル終端接続部の地絡発生時を模擬した 小型容器による地絡模擬実験と圧力挙動解析

    富田雄大, 八木正史, 横水康伸, 兒玉直人

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2023年7月20日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  30. Copper Contact Collaborating with IGBT in Series for Hybrid DCCB in MVDC System

    龙虎, 全俊豪, 竹内希, 稲田優貴, 大西亘, 中野裕介, 山納康, 兒玉直人

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2023年7月19日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  31. 減衰振動電流の生成によるDC限流遮断―SiC-MOSFET素子を用いた低電圧DC遮断とその基礎検討―

    長谷川海渡, 横水康伸, 岩田幹正, 兒玉直人

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2023年7月19日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  32. Arc Resistance Rise using Powder Mixture of BN Powder and Silica-Sand during DC Interruption Process 国際会議

    Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Waku Takenaka, Mikimasa Iwata, M. S. S. Danish

    25th International Symposium on Plasma Chemistry  2023年5月22日  International Plasma Chemistry Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto   国名:日本国  

  33. 高温アークのガス特性解析に基づく電力遮断技術の高性能化 招待有り

    兒玉直人

    応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会 第40回プラズマ新領域研究会  2023年3月27日  応用物理学会プラズマエレクトロニクス分科会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  34. C2F4の電子物性とPTFEの生成機構

    林 俊雄, 石川 健治, 関根 誠, 堀 勝, 兒玉 直人, 豊田 浩孝

    第70回応用物理学会春季学術講演会  2022年3月17日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  35. 窒化ホウ素パウダーと珪砂を併用した大電流アークの限流・遮断プロセス -窒化ホウ素30wt%混合-

    兒玉直人・横水康伸・竹中 湧・岩田幹正・M. S. S. Danish

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月15日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  36. 量子化学計算を併用した高温消弧ガス特性の解析 招待有り

    兒玉直人・横水康伸

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月17日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  37. Wavelet変換を用いたDCシリーズアークの電流波形解析の試行 -DC設備における故障アーク検出技術の開発に向けて-

    西山直希・岩田幹正・横水康伸・兒玉直人・M. S. S. Danish

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月17日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  38. 量子化学計算を用いた酸素原子間の衝突に対する散乱角の導出 -輸送特性の高精度導出に向けて-

    笠井 豪・兒玉直人・横水康伸・杉田武弘・M. S. S. Danish・岩田幹正

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  39. 自然由来系CO2/O2混合ガスの高温下における耐電界特性 -10%C2F4と10%Cuの2種蒸気混入-

    内山隼輔・横水康伸・兒玉直人・杉田武弘・真島周也・森 正・井上 徹

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  40. C2F4溶発蒸気が混入したドライエア消弧ガスの耐電界特性 -C2F4混入率10%および30%-

    山本伊織・横水康伸・兒玉直人・佐藤基宗・中村泰規・江戸貴広

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月16日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  41. SiC-MOSFET素子を用いた低電圧DC遮断 -減衰振動性電流の生成による限流とその基礎検討-

    長谷川海渡・横水康伸・兒玉直人・渡邉幹太

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月15日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  42. 円柱導体におけるAC・DC通電時の温度上昇の解析 -電力DC機器の短絡性能の検証方法の開発に向けて-

    重村優介・横水康伸・岩田幹正・兒玉直人・M. S. S. Danish

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月15日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  43. 整流子片の摺動・開離過程におけるDC整流プロセスの理論計算 -摺動速度および配線インダクタンスの残留電流に対する依存性-

    川端大海・横水康伸・兒玉直人・渡邉幹太・福塚隆司

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月15日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  44. 高温Cu/SiO2混合蒸気の耐電圧特性 –化学組成および主要化学種の電離断面積–

    中村哉太・兒玉直人・竹中 湧・横水康伸・岩田幹正・M.S.S Danish

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月15日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  45. 珪砂とSilicone樹脂を併用したDC遮断過程で生成されるアークに対する消弧材蒸気濃度推定

    竹中 湧・兒玉直人・横水康伸・岩田幹正・M. S. S. Danish

    令和5年電気学会全国大会  2023年3月15日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  46. Analysis of Arc Characteristics for Improvement of Power Protection Device Performance 招待有り 国際会議

    Naoto Kodama

    The 6th International Conference on Electrical, Telecommunication, and Computer Engineering(ELTICOM 2022)  2022年11月23日  Organization comittee of ELTICOM

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Medan   国名:インドネシア共和国  

  47. DC Arc Column Resistance Rise with Silicone Resin Painted on Copper Fuse-Element in Silica-sand Filling Space 国際会議

    Waku Takenaka, Naoto Kodama, Kaito Hasegawa, Yasunobu Yokomizu, Hironori Shimizu

    13th International Workshop on High Voltage Engineering (IWHV2022)  2022年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  48. Simplified analysis of short-circuit current for hybrid AC/DC delivery system 国際会議

    Mir Sayed Shah Danish, Mikimasa Iwata, Yasunobu Yokomizu, Naoto Kodama

    13th International Workshop on High Voltage Engineering (IWHV2022)  2022年11月22日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  49. Reaction Products in SF6 Multi Mixture with C2F4-BN and Cu Vapor Decomposition at 300-3000 K: Approach to Dielectric Breakdown Property Evaluation 国際会議

    YOKOMIZU Yasunobu, KODAMA Naoto, URAI Hajime, TERADA Masanao, KURODA Mami

    13th International Workshop on High Voltage Engineering (IWHV2022)  2022年11月22日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  50. Experiment on DC Arc Quenching using Ablation of Polymer Narrow-Section Arranged around Fuse Element 国際会議

    Kodama Naoto, Yokomizu Yasunobu, Takenaka Waku, Nakamura Kanata, Tozaki Shinsuke, Iwata Mikimasa, Danish M. S. S.

    13th International Workshop on High Voltage Engineering (IWHV2022)  2022年11月22日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  51. Theoretical calculation of current commutation process and residual current during contact sliding movement - Application of High Resistivity Material to Fixed Contact Rear Part- 国際会議

    Hiroumi Kawabata, Yasunobu Yokomizu, Naoto Kodama, Kanta Watanabe, Fukutsuka Takashi

    13th International Workshop on High Voltage Engineering (IWHV2022)  2022年11月22日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Okinawa, Japan   国名:日本国  

  52. Arc resistance increasing during DC interruption using SiO2/Si3N4 mixture powder as arc interruption medium 国際会議

    Naoto Kodama, Yaunobu Yokomizu, Waku Takenaka, and Kaito Hasegawa

    75th Annual Gaseous Electronics Conference/11th International Conference on Reactive Plasmas  2022年10月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 窒化ケイ素粉体と珪砂粉体の混合粉体を用いた DC 遮断におけるアーク抵抗上昇

    兒玉直人,横水康伸,竹中 湧,長谷川海渡

    令和4年 電気学会 電力・エネルギー部門大会  2022年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福井大学文京キャンパス   国名:日本国  

  54. 電力保護機器の高性能化に向けたアークのガス特性解析 招待有り

    兒玉直人

    2022年度電気・情報関係学会北陸支部連合大会  2022年9月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  55. 円柱導体における AC・DC 通電時の抵抗成分の変化 --- 電力 DC 機 器の短絡性能の検証方法の開発に向けて ---

    重村優介,横水康伸,岩田幹正,兒玉直人,M. S. S. Danish

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2022年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  56. Fundamental Analysis of Fault Current in the Case of Short-Circuit on the DC Side of a Hybrid AC/DC System

    Mir Sayed Shah Danish,Mikimasa Iwata,Yasunobu Yokomizu,Naoto Kodama

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2022年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  57. Silicone 材と珪砂を併用した直流アーク消弧過程で生じる高温蒸 気における熱拡散率の理論計算

    竹中湧,兒玉直人,長谷川海渡,横水康伸,清水 宏紀

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2022年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  58. ヒューズエレメント周囲に配置した高分子材の溶発を用いた DC アーク消弧実験

    兒玉直人,横水康伸,竹中湧,中村哉太,岩田幹正,M. S. S. Danish

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2022年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  59. CF もしくは CF2 における同種化学種間の相互作用ポテンシャル - 量子化学計算を用いた輸送特性の高精度導出に向けて -

    笠井豪,兒玉直人,横水康伸,杉田武弘,M. S. S. Danish, 岩田幹正

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2022年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  60. 自然由来系 CO2/O2 消弧ガスの高温下における耐電界特性 --30% および 80% の C2F4 溶発蒸気混入による変化 --

    内山隼輔,横水康伸,兒玉直人,杉田武弘, 真島周也, 森正,井上徹

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2022年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  61. DC モータの整流子片摺動過程における転流プロセスの理論計算 --- 摺動速度に対する残留電流の依存性 ---

    川端大海,横水康伸,兒玉直人,渡邉幹太,福塚隆司

    令和4年度 電気・電子・情報関係学会 東海支部連合大会  2022年8月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  62. Trial application of Si3N4 powder as alternative arc interruption medium for DC interruption 国際会議

    Naoto Kodama, Yokomizu Yasunobu, Waku Takenaka, and Kaito Hasegawa

    The 5th International Union of Materials Research Societies/International Conference of Young Researchers on Advanced Materials  2022年8月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukuoka/Hybrid   国名:日本国  

  63. 電気接点の摺動・開離過程における電流転流プロセスおよび残留電流の理論計算 --ブラシ後部への高抵抗材適用による残留電流の低減--

    川端大海,横水康伸,兒玉直人,渡邉幹太,福塚隆司

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2022年7月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  64. 高温CO2/O2/CF3OH混合消弧ガスにおける凝縮相炭素の無生成とO2残存:温度300 Kおよび3000 Kにおける耐電圧特性

    兒玉直人,横水康伸,杉田武弘, 中村泰規,佐藤基宗

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2022年7月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  65. 代替ガスを用いたアーク消弧過程で生じる化学種間の相互作用ポテンシャル -量子化学計算を用いた輸送特性の高精度導出に向けて

    笠井 豪,兒玉直人,横水康伸,杉田武弘,DANISH M. S. S,岩田幹正

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2022年7月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  66. High Temperature Gas Properties for Arc Formed in DC Fuse Using Silica-Sand 国際会議

    Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Waku Takenaka, Kaito Hasegawa

    The International Council on Electrical Engineering Conference 2022  2022年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年6月 - 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Korea/Hybrid   国名:大韓民国  

  67. 量子化学計算によるCF3OH分子の特性導出とCO2/O2/CF3OH混合消弧ガスの高温下化学組成

    杉田武弘,横⽔康伸,兒⽟直⼈,中村泰規,佐藤基宗

    令和4年電気学会全国大会  2022年3月21日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  68. SiC-MOSFET素子による低電圧直流遮断プロセスにおけるPN接合部温度と端子間電圧-大電流型素子の適用-

    渡邉幹太,横水康伸,兒玉直人,藤田雄大

    令和4年電気学会全国大会  2022年3月22日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  69. 整流子片摺動による電流転流過程における残留電流の理論計算 -ブラシ後部への高抵抗材の適用-

    川端大海,横水康伸,兒玉直人,渡邉幹太,福塚隆司

    令和4年電気学会全国大会  2022年3月22日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  70. Cu製エレメントへのSilicone樹脂塗布による珪砂中DCアーク抵抗上昇に関する基礎実験

    長谷川海渡,兒玉直人,横水康伸,竹中 湧,清水宏紀

    令和4年電気学会全国大会  2022年3月21日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  71. 珪砂・Silicone混合蒸気における抵抗率および熱伝導率の理論計算

    竹中 湧,兒玉直人,中村晃也,横水康伸,清水宏紀

    令和4年電気学会全国大会  2022年3月21日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  72. DC 遮断における窒化ケイ素と珪砂の併用によるアーク抵抗上昇

    兒玉直人,横水康伸,竹中 湧,長谷川海渡

    令和4年電気学会全国大会  2022年3月21日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  73. CO2 もしくはCOF2 の同種分子間衝突における分光定数 -代替消弧ガスの高温下輸送特性の導出に向けて-

    笠井 豪,兒玉直人,横水康伸,杉田武弘

    令和4年電気学会全国大会  2022年3月21日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  74. Arrangement of Silicone Flat Plate in Silica Sand Filling Space for DC Arc Resistance Rise 国際会議

    Waku Takenaka, Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Koya Nakamura, Hironori Shimizu

    The 6th International Conference on Electric Power Equipment -Switching Technology-   2022年3月17日  ICEPE-ST Comittee

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Korea/Hybrid   国名:大韓民国  

  75. DC Arc Interruption Experiment using Arrangement of Polymer-Narrow Section inside Fuse-Case Filled with Silica-Sand 国際会議

    2022年3月17日  ICEPE-ST Comittee

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:大韓民国  

  76. Dielectric Breakdown Properties for High Temperature HFO−1234yf/CO2 Gas Mixture with Consideration of Predominant Molecular Products at 300−3000 K 国際会議

    Takehiro Sugita, Yasunobu Yokomizu, Naoto Kodama, Motohiro Sato, Yasunori Nakamura

    The 6th International Conference on Electric Power Equipment -Switching Technology-  2022年3月17日  ICEPE-ST Comittee

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Korea/Hybrid   国名:大韓民国  

  77. 電気接点の摺動・開離における電流減少プロセスの理論計算―転流回路インダクタンスに対する残留電流の依存性―

    川端大海,横水康伸,兒玉直人,渡邉幹太,福塚隆司

    放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧合同研究会  2021年11月29日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  78. 珪砂を用いた直流アーク消弧過程で生じる高温ガスの特性

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,竹中湧,清水宏紀

    放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧合同研究会  2021年11月30日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  79. 大電流型 SiC-MOSFET を用いた低圧直流モデル遮断器による電流遮断時間の測定

    渡邉幹太,横水康伸,兒玉直人

    令和3年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2021年9月7日  電気学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  80. CF3OH の振動定数および回転定数- CF3OH を混合した消弧ガスにおける高温下化学組成の導出に向けて-

    杉田武弘,横水康伸,兒玉直人,中村泰規,佐藤基宗

    令和3年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2021年9月7日  電気学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  81. C2F2 および C2F4 の分光定数 - 高温下における代替ガスの輸送特性の導出に向けて -

    笠井豪,兒玉直人,横水康伸,杉田武弘

    令和3年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2021年9月7日  電気学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  82. 珪砂中 DC 消弧過程における過渡アーク抵抗測定 ―Cu 細線の増径による変化―

    竹中湧,兒玉直人,中村晃也,横水康伸,清水宏紀

    令和3年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2021年9月7日  電気学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  83. 整流子片摺動における電流転流過程の理論計算 ―電気接点開離直前における接触抵抗の過渡推移に関する考察―

    川端大海,横水康伸,福塚隆司,兒玉直人,渡邉幹太,小椋陽介

    令和3年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2021年9月7日  電気学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  84. 整流子片摺動における残留電流の理論計算―回路電流に対する残留電流の依存性―

    川端大海,渡邉幹太,横水康伸,兒玉直人,福塚隆司,小椋陽介

    令和3年電気学会電力・エネルギー部門大会  2021年8月24日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  85. N2/O2/HFO-1336mzz(E)混合ガスにおける衝突電離係数・電子付着係数および臨界電界—温度1500 K,HFO-1336mzz(E)混合率0~20%

    杉田武弘,横水康伸,兒玉直人,中村泰規,佐藤基宗

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2021年7月8日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  86. SiC-MOSFETの熱インピーダンスの過渡特性を表すCauer型等価熱回路の構築:パワー半導体を用いた低電圧DC遮断器への適用

    渡邉幹太,横水康伸,兒玉直人

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2021年7月8日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  87. 珪砂-Silicone材併用時のDCアーク抵抗上昇効果の検討

    竹中湧,兒玉直人,中村晃也,横水康伸,山村直希

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護 合同研究会  2021年7月7日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  88. 熱プラズマ内への固体材料投入時における 高温ガス特性の変化 ー 微粒子生成時および電力保護機器内を例として ー 招待有り

    兒玉直人

    令和3年度第一回電気・高電圧・放電・プラズマ若手研究委員会  2021年6月21日  静電気学会若手研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  89. 整流子片摺動におけるブラシ電流減少過程の理論計算-転流回路インダクタンスに対する残留電流の依存性-

    川端大海,横水康伸,福塚隆司,兒玉直人,渡邉幹太,小椋陽介

    令和3年電気学会全国大会  2021年3月9日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  90. 珪砂-高分子材併用時の直流アーク抵抗上昇効果の検討 −Silicone平板設置条件−

    竹中 湧,中村晃也,兒玉直人,横水康伸,山村直希

    令和3年電気学会全国大会  2021年3月9日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  91. 銅・珪砂混合蒸気における定圧比熱および抵抗率の理論計算による導出

    中村晃也,兒玉直人,高橋明里,横水康伸,山村直希

    令和3年電気学会全国大会  2021年3月9日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  92. N2/O2/HFO-1336mzz(E)混合ガスにおける衝突電離係数および電子付着係数-温度300~3000 K, HFO-1336mzz(E)混合率4%-

    杉田武弘,横水康伸,兒玉直人,佐藤基宗,中村泰規

    令和3年電気学会全国大会  2021年3月9日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  93. 高分子製狭隘部を設けたヒューズケースにおける直流アーク消弧実験

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,竹中 湧,山村直希

    令和3年電気学会全国大会  2021年3月9日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月 - 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  94. DC arc resistance rise by PMMA cylinder ablation with arc shrinking in silica-sand filled space 国際会議

    Koya Nakamura, Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Naoki Yamamura

    2020年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  95. 珪砂を用いた直流遮断過程におけるアーク内銅蒸気の二次元分布観測と濃度に関する検討

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,高橋明里,近藤祐介,山村直希

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会  2020年9月28日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  96. C3H2F4 を混合した代替消弧ガス CO2/O2: 8%混合率,温度 300~3000 K における衝突電離・電子付着係数および臨界電界

    杉田武弘,横水康伸,兒玉直人,石井達也,佐藤基宗,中村泰規

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会  2020年9月29日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  97. C3H2F4を混合したCO2/O2消弧ガスの衝突電離係数および電離付着係数 -温度2000 K,C3H2F4混合率0-24%-

    杉田武弘,横水康伸,兒玉直人,石井達也,佐藤基宗,中村秦規

    令和2年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2020年9月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  98. 過渡アーク周囲への板状導体配置による静電誘導を用いたアーク電位の非接触測定

    兒玉直人,高橋明里,横水康伸,真島周也,内井敏之

    令和2年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2020年9月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  99. 珪砂中へのシリコーン樹脂製の円筒設置による直流アーク抵抗上昇

    中村晃也,兒玉直人,横水康伸,高橋明里,山村直希

    令和2年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2020年9月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  100. 砂-高分子円筒併用時の直流アーク抵抗上昇要因の分析-PMMA円筒,内径2 mm条件-

    中村晃也,兒玉直人,高橋明里,横水康伸,近藤祐介

    令和2年電気学会全国大会  2020年3月11日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京電機大学  

  101. C3H2F4を添加したCO2/O2消弧ガスの臨界電界—温度300~4000 K, C3H2F4添加率8%—

    杉田武弘,横水康伸,兒玉直人,石井達也,佐藤基宗,中村泰規,小倉健太郎

    令和2年電気学会全国大会  2020年3月11日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京電機大学  

  102. 高温SF6ガスへのC2F4/BN溶発分解蒸気および銅蒸気の混入による構成化学種の変化–CuF2 およびCuFの衝突電離断面積–

    石井達也,横水康伸,兒玉直人,杉田武弘,寺田将直,浦井 一,黒田真未

    令和2年電気学会全国大会  2020年3月13日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京電機大学  

  103. 円弧型導体を用いた過渡アーク電位の非接触測定の試み

    高橋明里,兒玉直人,横水康伸,真島周也,内井敏之

    令和2年電気学会全国大会  2020年3月12日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  104. 珪砂中での DC 遮断時におけるアーク内の銅蒸気濃度に関する検討

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,高橋明里,近藤祐介

    令和2年電気学会全国大会  2020年3月11日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京電機大学  

  105. Arc voltage rise by cylinder arrangement in silica-sand filling space during DC arc interruption 国際会議

    Naoto Kodama, Yasunobu Yokomizu, Asato Takahashi, Koya Nakamura, Yusuke Kondo

    the 11th Asia-Pacific International Symposium on the Basics and Application of Plasma Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  106. 珪砂中への円筒設置時における直流アーク温度の測定とアーク電圧上昇機構の検討

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,高橋明里,近藤祐介

    放電・プラズマ・パルスパワー/開閉保護/高電圧合同研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  107. Ar誘導熱プラズマへのTi原料投入時における熱プラズマトーチ内の粒子密度分布の可視化

    兒玉直人,石坂洋輔,清水光太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,末安詩織,渡邉周,中村圭太郎

    高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  108. Approach to Mechanism Interpretation of Arc Voltage Rise by Polymer Cylinder Installation in Silica-Sand

    Kodama N., Yokomizu Y., Nakamura K., Takahashi A., Kondo Y.

    Proceedings of the 2019 5th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology: Frontiers of Switching Technology for a Future Sustainable Power System, ICEPE-ST 2019  2019年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ICEPE-ST.2019.8928816

    Scopus

  109. Rise Effect of DC Arc Voltage in Silica Sand: Various Interelectrode Distances and Arrangement of PA66-Cylinder

    Takahashi A. Nakamura K., Kodama N., Yokomizu Y., Kondo Y.

    Proceedings of the 2019 5th International Conference on Electric Power Equipment - Switching Technology: Frontiers of Switching Technology for a Future Sustainable Power System, ICEPE-ST 2019  2019年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    DOI: 10.1109/ICEPE-ST.2019.8928782

    Scopus

  110. 軸方向開離型消弧装置を対象とした直流アーク電位の非接触測定の試み

    高橋明里,横水康伸,兒玉直人,真島周也,内井敏之

    令和元年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合  2019年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  111. 珪砂中への円筒配置時の直流アーク抵抗上昇-難燃材円筒を用いた実験-

    中村晃也,兒玉直人,横水康伸,高橋明里,近藤祐介

    令和元年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合  2019年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  112. 珪砂-高分子円筒併設時の直流アーク抵抗上昇機構に関する検討

    中村晃也,兒玉直人,横水康伸,高橋明里,近藤祐介

    放電・プラズマ・パルスパワー/静止器/開閉保護合同研究会  2019年7月24日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  113. Fundamental study on role of silica-sand and polymer cylinder in terms of gas properties during DC interruption 国際会議

    Kodama N., Yokomizu Y., Takahashi A., Nakamura K., Kondo Y.

    XXXIV International Conference on Phenomena in Ionized Gases (XXXIV ICPIG)/10th International Conference on Reactive Plasmas (ICRP-10)  2019年7月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  114. 珪砂中へのPMMA円筒設置時における直流アーク抵抗上昇機構の検討

    兒玉直人,横水康伸,高橋明里,中村晃也,近藤祐介

    電気学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. アーク電位の非接触測定へ向けた検出回路に関する検討

    高橋明里,中村晃也,兒玉直人,横水康伸,真島周也,内井敏之

    平成31年電気学会全国大会  2019年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  116. 代替消弧ガスCO2/O2 へのCF3CFCH2, C4-FN あるいはC5-FK の混合:凝縮相炭素の生成と気相化学種

    横水康伸,兒玉直人,佐藤基宗,小倉健太郎

    平成31年電気学会全国大会  2019年3月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  117. 珪砂-高分子円筒併設手法を用いたアーク電圧上昇効果-異なる電流ピーク値条件での検討-

    中村晃也,兒玉直人,高橋明里,横水康伸,近藤祐介

    平成31年電気学会全国大会  2019年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  118. 珪砂中へのPMMA円筒設置時における直流アーク抵抗上昇機構の

    兒玉直人,横水康伸,中村晃也,高橋明里,近藤祐介

    平成31年電気学会全国大会  2019年3月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  119. Installation of PA66, PMMA or Si-resin cylinders in silica-sand for rising arc voltage during DC interruption

    Naoto Kodama, Asato Takahashi, Koya Nakamura, Yasunobu Yokomizu, Yusuke Kondo

    The 11th International Workshop on High Voltage Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  120. High-Rate Synthesis of Si/C Nanoparticles using Pulse-Modulated Induction Thermal Plasmas with Intermittent Feeding of Feedstock 国際会議

    K.Shimizu*, K.Onda, Y.Ishisaka, N.Kodama, Yasunori Tanaka, Y.Uesugi, T Ishijima,S Sueyasu, S. Watanabe, K.Nakamura

    2nd Asia-Pacific Conference on Plasma Physics  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kanazawa   国名:日本国  

  121. 珪砂中へのPA66,PMMAおよびSi樹脂設置による直流アーク遮断時間の短縮- 原子化エンタルピーからの解釈 -

    兒玉直人,高橋明里,中村晃也,横水康伸,近藤祐介

    平成30年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会  2018年9月3日  電気学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  122. Two-dimensional estimation of number density distribution of precursor molecules during TiO2 nanopowder synthesis using induction thermal plasmas 国際会議

    Naoto Kodama, Yasunori Tanaka*, Kazuki Onda, Kotaro Shimizu, Yoshihiko Uesugi, Tatsuo Ishijima, Sueyasu Sueyasu, Shu Watanabe, Keitaro Nakamura

    High-Tech Plasma Processes (HTPP2018)  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Toulouse   国名:フランス共和国  

  123. Trial Synthesis of Silicon Nanoparticles using a Newly Developed Tandem Type of Modulated Induction Thermal Plasma with Lower Coil Current Modulation, 国際会議

    Kazuki Onda*, Naoto Kodama, Yosuke Ishisaka, Kotaro Shimizu, Yasunori Tanaka, Uesugi Yoshihiko, Tatsuo Ishijima, Shiori Sueyasu, Shu Watanabe, Keitaro Nakamura

    High-Tech Plasma Processes (HTPP2018)  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Toulouse   国名:フランス共和国  

  124. A Numerical Study on Tandem Type of Ar Induction Thermal Plasmas -Influence of the Gap Length between Upper and Lower Coils- 国際会議

    K.Onda*, N. Kodama, Y. Ishisaka, K.Shimizu Yasunori Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, S. Watanabe, K. Nakamura

    ISPlasma2018/IC-PLANTS2018  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  125. Estimation of Ti excitation temperature and power density distribution in the Ar induction thermal plasma during Ti feedstock injection 国際会議

    N. Kodama, Y. Ishisaka, K. Shimizu, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, S. Watanabe, K. Nakamura

    The 10th Asian-Pacific International Symposium on the Basics and Applications of Plasma Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chung Yuan Christian University   国名:中華人民共和国  

  126. Large-Scale Synthesis of Nanomaterial using Inductively Coupled Thermal Plasma and Visualization of Nanoparticle Synthesis Field in the Thermal Plasma Torch 招待有り 国際会議

    The workshop on Fine Particle Plasmas  2017年12月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  127. Influence of current modulation on the size distribution of nanoparticles synthesized in gas phase in induction thermal plasmas 国際会議

    Yasunori Tanaka*, N. Kodama, Y. Ishisaka, Y. Uesugi, T.Ishijima, S. Watanabe, K. Nakamura, T. Kooka, T. Seto

    Asia-Pacific Int. Symp.on the Basics & Appl. Plasma Technol. (APSPT-10)  2017年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Taoyuan   国名:台湾  

  128. パルス変調型誘導熱プラズマおよび原料粉体の同期間歇供給を用いたAl3+-doped TiO2ナノ粒子の大量生成法の開発 招待有り

    兒玉直人,北健太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邉周,中村圭太郎

    第78回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡国際会議場   国名:日本国  

  129. Two-dimensional distribution of Ti vapor admixture ratio and Ti atomic density in the Ar ICTP torch during Ti feedstock injection 国際会議

    N. Kodama, Y. Ishisaka, K. Shimizu, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, S. Watanabe, K. Nakamura

    23rd International Symposium on Plasma Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月 - 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal, Canada   国名:カナダ  

  130. Large Amount Synthesis of Si Nanopowder/Nanowires using Pulse-Modulated Induction Thermal Plasmas 国際会議

    Y.Ishisaka*, N. Kodama, Yasunori Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, S.Watanabe, K.~Nakamura

    Int.Symp.Plasma Chem. (ISPC-23)  2017年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Montreal   国名:カナダ  

  131. Nanopowder synthesis processes using the time-controlled induction thermal plasmas 招待有り 国際会議

    Yasunori Tanaka*, N. Kodama, Y.Ishisaka, Y.Uesugi, T.Ishijima, S.Sueyasu, S.Watanabe and T.Nakamura

    Joint 13th Asia Pacific Physics Conference and 22nd Australian Institute of Physics Congress  2016年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Brisbane   国名:オーストラリア連邦  

  132. High rate synthesis of Si/SiOx nanoparticles/nanowires using modulated induction thermal plasmas with controlled feedstock feeding 国際会議

    Yasunori Tanaka*, Y.Ishisaka, N.Kodama, K.Kita, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, K. Nakamura

    14th High-Tech Plasma Processes  2016年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Munich   国名:ドイツ連邦共和国  

  133. Estimation on two-dimensional distribution of Ti excitation temperature during Ti feedstock injection into Ar induction thermal plasma torch 国際会議

    N. Kodama, K. Kita, Y. Ishisaka, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Sueyasu, and K. Nakamura

    Th 18th International Congress on Plasma Physics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月 - 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kaohsiung convention center   国名:中華人民共和国  

  134. Comparison of intermittent synchronized feeding and continuous feeding of feedstock during Si nanoparticle synthesis using pulse modulated induction thermal plasmas. 国際会議

    Yousuke Ishisaka*, Kentaro Kita, Naoto Kodama, Yasunori Tanaka, Yoshihiko Uesugi, Tatsuo Ishijima, Shiori Sueyasu, Keitaro Nakamura

    13th Asia-Pacific Conference on Plasma Science and Technology (APCPST2016)  2016年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shanghai   国名:中華人民共和国  

  135. Silicon nanoparticles synthesized by pulse-modulated induction thermal plasmas with intermittent feedstock feeding 国際会議

    Y.Ishisaka*, K.Kita, N.Kodama,Yasunori Tanaka, Y. Uesugi, T.Ishijima, S.Sueyasu,K.Nakamura

    ISPlasma2016/ICPLANTS2016  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  136. Silicon Nanoparticle Synthesis using Pulse-Modulated Induction Thermal Plasmas with Intermittent Feedstock Feeding 国際会議

    Yasunori Tanaka*, Yousuke Ishisaka, Kentaro Kita, Naoto Kodama, Tatsuo Ishijima, Yoshihiko Uesugi, Shiori Sueyasu, Keitaro Nakamura

    APSPT-9/SPSM-28  2015年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagasaki   国名:日本国  

  137. Two-Dimensional Spectroscopic Observation from Ar/H2 Modulated Induction Thermal Plasma for Si Nanopowder Synthesis 国際会議

    Kentaro Kita*, Yousuke Ishisaka, Naoto Kodama, Yasunori Tanaka, Yoshihiko Uesugi, Tatsuo Ishijima, Shiori Sueyasu, Keitaro Nakamur

    APSPT-9/SPSM-28  2015年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagasaki   国名:日本国  

  138. Investigation on evaporation of Ti feedstock and formation of precursor TiO molecules during TiO2 nanopowder synthesis in induction thermal plasma with time-controlled feedstock injection 国際会議

    N. Kodama, K. Kita, Y. Ishisaka, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Watanabe, and K. Nakamura

    The 9th International Conference on Reactive Plasmas/68th Gaseous Electronics Conference/33rd Symposium on Plasma Processing 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hawaii, USA   国名:アメリカ合衆国  

  139. Influence of quenching gas injection on the temperature field in pulse-modulated induction thermal plasma for large scale nanopowder synthesis 国際会議

    Yasunori Tanaka*, Weixuan Guo, Naoto Kodama, Kentaro Kita, Yoshihiko Uesugi, Tatsuo Ishijima, Shu Watanabe, Keitaro Nakamura

    GEC-68/ICRP-9/SPP-3  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Honolulu   国名:アメリカ合衆国  

  140. 熱プラズマによるTiO2ナノ粒子生成中のTi原子およびTiO分子生成過程の分光学的検討

    兒玉直人*,北健太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,末安志織,中村圭太郎

    電気学会プラズマ研究会  2015年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東広島市   国名:日本国  

  141. Spectroscopic study on evaporation of Ti feedstock intermittently supplied and formation of precursor TiO in TiO2 nanopowder synthesis in the induction thermal plasma torch 国際会議

    N. Kodama*, K. Kita, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima. S. Watanabe, K. Nakamura

    The 22nd International Symposium on Plasma Chemistry (ISPC-22)  2015年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Antwerp   国名:ベルギー王国  

  142. Feedstock evaporation and precursor formation in TiO2 nanopowder synthesis processes in pulse-modulated induction thermal plasmas torch 国際会議

    N. Kodama*, K. Kita, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima. S. Watanabe, K. Nakamura

    International Symposium on Advanced Plasma Science and its Application For Nitrides and Nanomater./ International Conference on Plasma-Nano Technology & Science (ISPlasma/IC-PLANTS)  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  143. TiO2ナノ粒子生成中の誘導熱プラズマトーチ内における原料粉体蒸発およびTiO分子生成過程に対する考察

    兒玉直人*,北健太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邊周,中村圭太郎

    第62回応用物理学会春季学術講演会  2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:平塚市   国名:日本国  

  144. High Production Rate Synthesis of Fe-doped TiO2 nanopowder using Pulse-Modulated Induction Thermal Plasmas with Time-Controlled Feedstock Feeding 国際会議

    K. Kita*, N. Kodama, Yasunori Tanaka, Y.Uesugi, T. Ishijima, S.Watanabe, K. Nakamura

    12th Asia Pacific Conf. Plasma Technol. & 27th Symp.Plasma Sci. for Materials (APCPST12/SPSM27)  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Adelaide   国名:オーストラリア連邦  

  145. 変調型誘導熱プラズマを用いたTiO2ナノ粒子生成時における原料粉体の連続/間歇投入時の発光スペクトル強度変化

    兒玉直人*,北健太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邊周,中村圭太郎

    第75回応用物理学会秋季学術講演会  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  146. ナノ粒子生成用Ar-O2変調誘導熱プラズマへのTi原料間歇投入時における熱プラズマトーチ部の二次元分光観測

    兒玉直人*,北健太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邊周,中村圭太郎

    電気学会プラズマ研究会  2014年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪市   国名:日本国  

  147. Two-dimensional spectroscopic observation in the plasma torch for the pulse-modulated induction thermal plasmas for nanopowder synthesis 国際会議

    N. Kodama*, K. Kita, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima. S. Watanabe, K. Nakamura

    High Tech. Plasma Processes (HTPP-2014)  2014年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Toulouse   国名:フランス共和国  

  148. Adoption of Pulse-Modulated Induction Thermal Plasmas with Time-Controlled Feedstock Feeding to High Production Rate Synthesis of Metallic Ion Doped TiO2 Nanopowder 招待有り 国際会議

    Yasunori Tanaka*, N.Kodama, K.Kita, Y.Uesugi, T.Ishijima, S.Watanabe, K.Nakamura

    High-Tech Plasma Processes HTTP-2014  2014年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Toulouse   国名:フランス共和国  

  149. A Large Amount Synthesis of Fe-doped TiO2 Nanopowder using Modulated Induction Thermal Plasmas with Time-Controlled Feeding of Feedstock 国際会議

    K. Kita*, N.Kodama, Yasunori Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima, S.Watanabe, K. Nakamura

    ISPlasma-IC-PLANTS2014  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  150. Large scale synthesis of functional nanopowder using modulated induction thermal plasmas with time-controlled feedstock feeding 国際会議

    Yasunori Tanaka*, K.Kita, N.Kodama, Y.Uesugi, T.Ishijima, S.Watanabe, K.Nakamura

    4th International Round Table on Thermal Plasmas for Industrial Applications  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Morroco   国名:モロッコ王国  

  151. パルス変調型誘導熱プラズマを用いたTiO2ナノ粒子生成時における熱プラズマトーチの二次元分光観測

    兒玉直人*,北健太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邊周,中村圭太郎

    第61回応用物理学会春季学術講演会  2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:相模原市   国名:日本国  

  152. Influence of coil-current modulation for induction thermal plasmas on large amount synthesized Al-doped TiO2 nanopowde 国際会議

    N. Kodama*, K. Kita, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima. S. Watanabe, K. Nakamura

    International Conference on Reactive Plasmas/ Symposium on Plasma Processing (ICRP-8/SPP-31)  2014年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukuoka   国名:日本国  

  153. Al-doped TiO2 Nanopowder Synthesized with High Production Rate using Modulated Induction Thermal Plasmas with Intermittent Feedstock Injection 国際会議

    Yasunori Tanaka*, N.Kodama, W. Guo, Y.Uesugi, T.Ishijima, S.Watanabe, K.Nakamura

    Symp.Plasma Sci. Mater.25  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Fukuoka   国名:日本国  

  154. 原料同期間歇供給および変動誘導熱プラズマを用いたAl-doped TiO2ナノ粒子大量合成時における粒子の評価

    兒玉直人*,郭韋萱,北健太郎,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邊周,中村圭太郎

    第74回応用物理学会秋季学術講演会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都市   国名:日本国  

  155. A Novel Approach for Large Amount Synthesis of TiO2 Nanopowder using Modulated Induction Thermal Plasmas with Time-Controlled Feeding of Feedstock -Effect of Quenching Gas Conditions- 国際会議

    Yasunori Tanaka*, W. Guo, N. Kodama, Y. Uesugi, T. Ishijima, S. Watanabe, K. Nakamura

    Int. Symp. Plasma Chem. ISPC-21  2013年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Cairns   国名:オーストラリア連邦  

  156. Development of large amount synthesis of Al-doped TiO2 nanopowder using modulated induction thermal plasmas 国際会議

    N. Kodama*, W. Guo, Y. Tanaka, Y. Uesugi, T. Ishijima. S. Watanabe, K. Nakamura

    The 21st International Symposium on Plasma Chemistry (ISPC-21)  2013年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Cairns   国名:オーストラリア連邦  

  157. Ar-O2変調誘導熱プラズマを用いたAl-doped TiO2ナノ粒子の大量生成時におけるクエンチングガス導入効果

    兒玉直人*,郭韋萱,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邊周,中村圭太郎

    平成24年度電気学会全国大会  2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  158. A large amount synthesis of Al-doped TiO2 nanopowder using pulse-modulated induction thermal plasmas with time-controlled feeding of feedstock 国際会議

    Y. Tanaka, N. Kodama*, W. Guo, Y. Uesugi, T. Ishijima. S. Watanabe, K. Nakamura

    International Conference on Plasma-Nano Technology & Science (IC-PLANTS)  2013年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Gero   国名:日本国  

  159. Size Control and Heavy Rate Production Method of Nanoparticles using Modulated Induction Thermal Plasma with Time-Controlled Powder Injection 国際会議

    Yasunori Tanaka*, W.Guo, T.Tsuke, N. Kodama, Y.Uesugi, T.Ishijima, S.Watanabe, K.Nakamura

    Asia-Pacific Conf. Plasma & Technol. Symp. Plasma Sci. Mater. APCPST-11 & SPSM-25  2012年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kyoto   国名:日本国  

  160. Ar-O2変調誘導熱プラズマを用いたTiO2ナノ粒子の大量生成時におけるクエンチングガス種の影響

    兒玉直人*,郭韋萱,附達也,田中康規,上杉喜彦,石島達夫,渡邊周,中村圭太郎

    平成24年度電気関係学会北陸支部連合大会  2012年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:富山県立大学   国名:日本国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. コンパクトで安価かつ汎用的な限流 遮断器の開発

    2021年10月 - 2023年9月

    NEDO先導研究プログラム/未踏チャレンジ2050 

    兒玉直人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  2. 高圧直流遮断に適した直流ヒューズの実現に向けたヒューズ内部アークの新規消弧媒体の開発

    2021年2月 - 2022年3月

    パワーアカデミー 萌芽研究(個人型) 

    兒玉直人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

  3. ヒューズボディとアーク放電間の物理的な作用を取り入れた直流限流ヒューズの開発

    2020年4月 - 2021年3月

    内藤科学技術振興財団 研究助成金 

    兒玉直人

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円 ( 直接経費:1000000円 )

科研費 2

  1. 直流ヒューズの高遮断容量化に向けた高分子と珪砂を併用したアーク限流遮断方式の開発

    研究課題/研究課題番号:21K14141  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    児玉 直人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    本研究では,従来からヒューズ内部のアーク消弧媒体として用いられてきた珪砂(SiO2)に加えて,高分子材料を新たに用いる。アークと固体高分子材の接触・溶発を利用することで,(1)電流路の強制的な収縮によるアーク抵抗の増加,(2)高分子蒸気によるアークの拡散,の2つの効果を融合させた革新的な小型・軽量・高遮断容量のDCヒューズを実現させる。
    本研究では,珪砂に加えて,高分子材を併用することでrarcの上昇および高絶縁抵抗の維持が可能な手法を開発することを目的とする。2022年度は,以下を行った。
    1) ヒューズエレメント周囲への高分子材製狭隘部の配置によるDC遮断実験:銅製のヒューズエレメント周囲に光硬化性樹脂製の円筒を配置し,アーク消弧実験を行った。円筒の内面には,光硬化性樹脂製の狭隘部を設けた。この狭隘部の幅を,変化させた実験を行った。その結果,狭隘部配置によりrarcは上昇し,狭隘部幅の増加に伴いrarcも増加した。
    アーク遮断後の模擬ヒューズ両端子間の絶縁抵抗は,狭隘部幅が狭い時は0.1 MΩ程度と非常に小さな抵抗を示した。一方で,狭隘部幅が数mm程度まで上昇すると,絶縁抵抗は数10 MΩまで上昇する傾向が得られた。アーク抵抗rarcの上昇要因としては,前年度に考察した高分子蒸気のアークへの混入効果に加えて,高分子狭隘部自身がアークの電流路を絞る効果が考えられる。
    2) 絶縁抵抗の変化を検討するために,アーク消弧後の模擬ヒューズに対して透過X線観測を行うことで,模擬ヒューズの内部を観測した。その結果,どの実験条件においても,狭隘部周囲において空隙の形成が観測された。
    3) 絶縁抵抗変化の検討のために,銅/珪砂/高分子材蒸気の混合蒸気の平衡ガス組成を数値計算した。その結果,光硬化性樹脂材の蒸気が混入する条件では,アーク消弧後において凝縮相炭素が生成される可能性があることが判明した。1)で測定された特定条件における絶縁抵抗の低下は,凝縮相炭素生成によるものと考えられる。
    今後は,アーク抵抗と絶縁抵抗の両立が可能なエレメントおよび高分子材形状の検討が必要だと考えられる。
    アークや外部ノイズの影響により,アーク電圧分布の非接触測定センサによるアーク電圧測定に遅れが生じている。解決のためには,ノイズが重畳した測定データから,アーク由来の信号のみを抽出する信号処理が必要となる。この点については,ベイズ統計などの統計処理法を用いて2023年度は対応をする。
    これまでの研究において,ヒューズエレメントの周囲に高分子材を併設する方法ではアーク抵抗の上昇が可能無い一方で,条件によっては絶縁抵抗が急激に低下する課題が示された。
    この課題について,ヒューズエレメントと高分子材の位置関係を工夫することで,アーク抵抗を上昇させる機構を有するヒューズエレメント/高分子材部と,高絶縁抵抗を維持する機構を有するヒューズエレメント部を検討する。
    また,ヒューズエレメントに対する,過電流通電溶断シミュレーションを適宜行うことで,高分子材配置がエレメントの溶断などに与える影響の検討を進める。

  2. 自動車用ヒューズ内のアークに対する粒子数密度/ガス特性の二次元分布計測法の開発

    2018年8月 - 2020年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

産業財産権 1

  1. ナノワイヤの製造方法

    田中康規,兒玉直人,北健太郎,石坂洋輔,中村圭太郎,末安志織

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人金沢大学

    出願番号:特開2017-105680  出願日:2015年12月

    公開番号:特開2017-105680  公開日:2017年6月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 54

  1. 電気工学特別実験及び演習

    2023

  2. エネルギー制御セミナー1C

    2023

  3. エネルギー制御セミナー1A

    2023

  4. エネルギー環境システムセミナー1C

    2023

  5. エネルギー環境システムセミナー1A

    2023

  6. エネルギー環境システムセミナー2A

    2023

  7. エネルギー制御セミナー2E

    2023

  8. エネルギー制御セミナー2C

    2023

  9. エネルギー制御セミナー2A

    2023

  10. エネルギー環境システムセミナー2E

    2023

  11. エネルギー環境システムセミナー2C

    2023

  12. 電気電子情報工学実験第2

    2023

  13. Automobile Engineering Laboratory I

    2023

  14. エネルギー制御セミナー1D

    2023

  15. エネルギー制御セミナー1B

    2023

  16. エネルギー環境システムセミナー1D

    2023

  17. エネルギー環境システムセミナー1B

    2023

  18. 卒業研究B

    2023

  19. 卒業研究A

    2023

  20. 電気電子情報工学実験第1

    2023

  21. エネルギー制御セミナー2D

    2023

  22. エネルギー制御セミナー2B

    2023

  23. エネルギー環境システムセミナー2D

    2023

  24. エネルギー環境システムセミナー2B

    2023

  25. Automobile Engineering Laboratory I

    2022

  26. 電気電子情報工学実験第2

    2022

  27. 電気電子情報工学実験第1

    2022

  28. エネルギー環境システムセミナー2E

    2021

  29. エネルギー環境システムセミナー2A

    2021

  30. 電気工学特別実験及び演習

    2021

  31. エネルギー環境システムセミナー1C

    2021

  32. 電気磁気学基礎演習

    2021

  33. エネルギー環境システムセミナー1D

    2021

  34. エネルギー環境システムセミナー1B

    2021

  35. エネルギー環境システムセミナー2D

    2021

  36. エネルギー環境システムセミナー2B

    2021

  37. 電気電子情報工学実験第1

    2021

  38. 電気電子情報工学実験第2

    2021

  39. Automobile Engineering Laboratory I

    2021

  40. 卒業研究A

    2021

  41. 卒業研究B

    2021

  42. エネルギー環境システムセミナー1A

    2021

  43. 電気電子情報工学実験第2

    2020

  44. Automobile Engineering Laboratory I

    2020

  45. 電気電子情報工学実験第1

    2020

  46. 卒業研究

    2020

  47. エネルギー環境システムセミナー1,2

    2020

  48. 電気電子情報工学実験第1

    2019

  49. 電気磁気学基礎演習

    2019

  50. Automobile Engineering Laboratory I

    2019

  51. 物理学実験

    2019

  52. 電気電子情報工学実験第1

    2018

  53. 電気磁気学基礎演習

    2018

  54. Automobile Engineering Laboratory I

    2018

▼全件表示

 

社会貢献活動 4

  1. 2020年度インキュベーションホール

    役割:編集長, 編集, 企画, 運営参加・支援

    2020年4月 - 2021年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

    COVID-19感染拡大の影響により合宿形式のプラズマエレクトロニクスインキュベーションホールが中止となったため,前年度のテキストを改訂・再編纂し,プラズマ研究に関わる学生・研究者の方々に再販をした。

  2. 第13回プラズマエレクトロニクスインキュベーションホール

    役割:企画, 運営参加・支援

    2019年4月 - 2020年3月

     詳細を見る

    対象: 大学生, 大学院生, 研究者, 社会人・一般, 企業

    種別:セミナー・ワークショップ

  3. テクノフロンティアセミナー2019

    役割:運営参加・支援

    2019年4月 - 2019年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

  4. テクノフロンティアセミナー2018

    役割:企画

    2018年4月 - 2018年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:セミナー・ワークショップ

メディア報道 2

  1. 未知の領域に挑戦する楽しさ——長野の星空をきっかけに研究したプラズマで、さらなるプロジェクトに挑む インターネットメディア

    月刊高専  月刊高専webページ  2023年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  2. 高圧直流遮断に適した直流ヒューズの実現に向けたヒューズ内部アークの新規消弧媒体の開発 インターネットメディア

    パワーアカデミー  パワーアカデミーwebページ  2023年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人