2023/03/11 更新

写真a

フクイ ノリヒト
福井 識人
FUKUI Norihito
所属
大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学 講師
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2018年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 機能性有機材料

  2. 構造有機化学

  3. 有機合成化学

  4. 有機化学

研究分野 7

  1. ライフサイエンス / 生物有機化学  / 有機化学

  2. ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 有機化学

  3. ライフサイエンス / 生物有機化学  / 構造有機化学

  4. ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 構造有機化学

  5. ライフサイエンス / 生物有機化学  / 構造有機化学

  6. ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 構造有機化学

  7. ナノテク・材料 / 有機合成化学  / 有機合成化学

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   講師

    2022年4月 - 現在

  2. 国立研究開発法人科学技術振興機構   さきがけ「未来材料」1期生

    2021年10月 - 現在

  3. 名古屋大学   大学院工学研究科   助教

    2018年4月 - 2022年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 日本学術振興会   特別研究員(DC1)

    2015年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 京都大学   大学院理学研究科   化学専攻 博士後期課程

    2015年4月 - 2018年3月

  2. 京都大学   理学部

    2009年4月 - 2013年3月

所属学協会 4

  1. 基礎有機化学会

  2. 日本化学会

  3. 有機合成化学協会

  4. 近畿化学協会

委員歴 1

  1. JACS Au   Early Career Advisory Board  

    2022年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 12

  1. 若い世代の特別講演証

    2022年3月   日本化学会第102春季年会   分子骨格内部の変換を指針とした新規π共役分子の創出

    福井 識人

  2. 若い世代の特別講演証

    2022年3月   日本化学会第102春季年会   分子骨格内部の変換を指針とした新規π共役分子の創出

    福井 識人

  3. 令和3年度 赤﨑賞

    2022年2月   名古屋大学   有機π共役分子の骨格内部を探索空間とする新物質創製

  4. 令和3年度(第34回)有機合成化学協会 三井化学 研究企画賞

    2021年12月   硫黄脱離反応によりn型有機半導体へと変化する可溶性前駆体の開発

  5. 第15回物性科学領域横断研究会 若手奨励賞

    2021年11月   第15回物性科学領域横断研究会   分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出

  6. 日本化学会東海支部 奨励賞

    2021年8月   日本化学会東海支部   分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出

  7. 第35回井上研究奨励賞

    2019年2月   井上科学振興財団  

    福井 識人

  8. 若手口頭発表賞 (Chemical Science Presentation Prise)

    2017年   第28回基礎有機化学討論会  

    福井 識人

  9. 学生講演賞

    2016年   日本化学会第96春季年会  

    福井 識人

  10. 学生ポスター賞

    2016年   第27回基礎有機化学討論会  

    福井 識人

  11. 大津会議アワードフェロー

    2015年   公益財団法人 MSD生命科学財団  

    福井 識人

  12. 銅メダル

    2008年7月   第40回国際化学オリンピック  

▼全件表示

 

論文 48

  1. Near‐Infrared‐Responsive Hydrocarbons Designed by π‐Extension of Indeno[1,2,3,4‐pgra]perylene at the 1,2,12‐Positions 査読有り

    Masaki Kato, Jinseok Kim, Juwon Oh, Daiki Shimizu, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Chemistry – A European Journal     2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/chem.202300249

  2. Dinaphthooxepine Bisimide Undergoes Oxygen Extrusion Reaction upon Electron Injection at Room Temperature 査読有り

    Mai Odajima, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Organic Letters   25 巻 ( 1 ) 頁: 282 - 287   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.2c04173

  3. Diazazethrene bisimide: a strongly electron-accepting π-system synthesized <i>via</i> the incorporation of both imide substituents and imine-type nitrogen atoms into zethrene 査読有り

    Keita Tajima, Kyohei Matsuo, Hiroko Yamada, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Chemical Science   14 巻 ( 3 ) 頁: 635 - 642   2023年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    The development of highly electron-accepting π-systems is a fundamentally challenging issue despite their potential applications as various functional materials.

    DOI: 10.1039/d2sc05992d

  4. Gram‐Scale Diversity‐Oriented Synthesis of Dinaphthothiepine Bisimides as Soluble Precursors for Perylene Bisimides 査読有り

    Yuki Tanaka, Kyohei Matsuo, Hiroko Yamada, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    European Journal of Organic Chemistry   2022 巻 ( 31 )   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/ejoc.202200770

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/ejoc.202200770

  5. Synthesis of Dibenzo[<i>h</i>,<i>t</i>]rubicene through Its Internally Dimethoxy-substituted Precursor 査読有り

    Masaki Kato, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Chemistry Letters   51 巻 ( 3 ) 頁: 288 - 291   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Chemical Society of Japan  

    DOI: 10.1246/cl.210754

  6. Indeno[1,2,3,4‐ pqra ]Perylene: A Medium‐Sized Aromatic Hydrocarbon Exhibiting Full‐Range Visible‐Light Absorption 査読有り

    Masaki Kato, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Chemistry – A European Journal   28 巻 ( 2 )   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/chem.202103647

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/chem.202103647

  7. Symmetry-breaking charge separation in a nitrogen-bridged naphthalene monoimide dimer 査読有り

    Xinmiao Niu, Keita Tajima, Jie Kong, Min Tao, Norihito Fukui, Zhuoran Kuang, Hiroshi Shinokubo, Andong Xia

    Physical Chemistry Chemical Physics   24 巻 ( 22 ) 頁: 14007 - 14015   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    The model molecule, bis-ANI (consisting of two naphthalimide moieties) was studied to better understand the process of charge separation. It is found that the central amino linker facilitates the formation of a charge separation state in bis-ANI.

    DOI: 10.1039/d2cp00295g

  8. Acridino[2,1,9,8-klmna]acridine Bisimides: An Electron-Deficient pi-System for Robust Radical Anions and n-Type Organic Semiconductors 査読有り

    Keita Tajima, Kyohei Matsuo, Hiroko Yamada, Shu Seki, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   60 巻 ( 25 ) 頁: 14060 - 14067   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    We report the synthesis and properties of acridino[2,1,9,8-klmna]acridine bisimide (AABI), a nitrogen-doped anthanthrene with two imide functionalities. AABI exhibits excellent electron affinity as evident by its low-lying LUMO level (-4.1 eV vs. vacuum). Single-electron reduction of one AABI derivative afforded the corresponding radical anion, which was stable under ambient conditions. Photoconductivity measurements suggest that the intrinsic electron mobility of an N-phenethyl AABI derivative obeys a band-transport model. Accordingly, an electron mobility of 0.90 cm(2) V-1 s(-1) was attained with the corresponding single-crystal organic field-effect transistor (OFET) device. The vacuum-deposited OFET device consisting of a polycrystalline sample exhibited high electron mobility of up to 0.27 cm(2) V-1 s(-1) even in air. This study demonstrates that dual incorporation of both imide substituents and imine-type nitrogen atoms is an effective strategy to create novel electron-deficient pi-systems.

    DOI: 10.1002/anie.202102708

    Web of Science

  9. Non-Planar Perylene Bisimide Analogues with Inserted Carbonyl and Methylene Subunits 査読有り

    Mai Odajima, Keita Tajima, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION     2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    The synthesis and properties of dinaphthotropone bisimide (DNTrBI) and dinaphthocycloheptatriene bisimide (DNCHepBI) are described. Their molecular design is conceptually based on the insertion of a carbon atom into a perylene bisimide (PBI) core. These molecules adopt non-planar structures due to the presence of a seven-membered ring. The PBI derivative into which a carbonyl group was inserted (DNTrBI) immediately underwent nonradiative decay and/or intersystem crossing in its excited state. The PBI derivative into which a methylene group was inserted (DNCHepBI) was susceptible to deprotonation on account of the two electron-withdrawing naphthalene monoimide units. Subsequent aerobic oxidation resulted in the formation of a C-C bond at the central methylene unit, thus affording a sigma-dimer. The formation of this C-C bond is dynamically redox-active, i.e., electron injection into the sigma-dimer almost quantitatively regenerated the deprotonated DNCHepBI.

    DOI: 10.1002/anie.202104882

    Web of Science

  10. Dinaphtho[1,8-bc:1 ',8 '-fg][1,5]dithiocine Bisimide 査読有り

    Yuki Tanaka, Keita Tajima, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   10 巻 ( 3 ) 頁: 541 - 544   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    V-shaped pi-systems are attractive research targets in organic chemistry and materials science. Our group has recently demonstrated that the conceptual insertion of a heteroatom into a perylene bisimide (PBI) core is an effective guideline for the design of non-planar PBI derivatives. Here we report the synthesis and properties of dinaphtho[1,8-bc:1 ',8 '-fg][1,5]dithiocine bisimide (DNDTBI), which represents a doubly sulfur-inserted PBI derivative. The X-ray diffraction analysis revealed that DNDTBI adopted a V-shaped structure with a dihedral angle of 67 degrees. DNDTBI exhibited higher electron-donating ability than singly sulfur-inserted PBI derivative owing to the antibonding interaction between the two neighboring sulfur atoms. The inversion barrier of the flipping motion of DNDTBI was ca. 30 kcal mol(-1), indicating the rigid nature of the V-shaped structure.

    DOI: 10.1002/ajoc.202000722

    Web of Science

  11. as-Indaceno[3,2,1,8,7,6-ghijklm]terrylene as a near-infrared absorbing C-70-fragment 査読有り

    Yuki Tanaka, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    NATURE COMMUNICATIONS   11 巻 ( 1 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NATURE PUBLISHING GROUP  

    Carbon and hydrogen are fundamental components of organic molecules and a fascinating plethora of functions can be generated using these two elements. Yet, realizing attractive electronic structures only by using carbon and hydrogen remains challenging. Herein, we report the synthesis and properties of the C-70 fragment as-indaceno[3,2,1,8,7,6-ghijklm]terrylene, which exhibits near-infrared (NIR) absorption (up to ca. 1300nm), even though this molecule consists of only 34 carbon and 14 hydrogen atoms. A remarkably small highest occupied molecular orbital-lowest unoccupied molecular orbital (HOMO-LUMO) gap is confirmed by electrochemical measurement and theoretical calculations. Furthermore, as-indacenoterrylene is stable despite the absence of peripheral substituents, which contrasts with the cases of other NIR-absorbing hydrocarbons such as diradicaloids and antiaromatic molecules. The results of this study thus offer fundamental insights into the design of hydrocarbons with a small band gap. The synthesis of hydrocarbons with attractive electronic structures remains challenging. Here, the authors describe the synthesis and properties of the C70 fragment as-indaceno[3,2,1,8,7,6-ghijklm]terrylene, which exhibits near-infrared (NIR) absorption.

    DOI: 10.1038/s41467-020-17684-6

    Web of Science

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41467-020-17684-6

  12. Dinaphthothiepine Bisimide and Its Sulfoxide: Soluble Precursors for Perylene Bisimide 査読有り

    Sakiho Hayakawa, Kyohei Matsuo, Hiroko Yamada, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Journal of the American Chemical Society   142 巻 ( 27 ) 頁: 11663 - 11668   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/jacs.0c04096

  13. Inserting Nitrogen: An Effective Concept To Create Nonplanar and Stimuli-Responsive Perylene Bisimide Analogues 査読有り

    Sakiho Hayakawa, Ayumi Kawasaki, Yongseok Hong, Daisuke Uraguchi, Takashi Ooi, Dongho Kim, Tomoyuki Akutagawa, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Journal of the American Chemical Society     2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society ({ACS})  

    DOI: 10.1021/jacs.9b09556

  14. Aggregation-Induced Emission of Nitrogen-Bridged Naphthalene Monoimide Dimers 査読有り

    Keita Tajima, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    ORGANIC LETTERS   21 巻 ( 23 ) 頁: 9516 - 9520   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    We have prepared four 4-aminonaphthalene monoimide derivatives and examined the aggregation-induced emission (AIE) properties. A nitrogen-bridged dimer is AIE-active and exhibits bright green emission with a high quantum yield in the solid state. The X-ray diffraction analysis suggests that key to the bright luminescence is the favorable crystal packing dominated by CH/p interaction. The late-stage cyanation of the dimer tuned its AIE color from green to orange.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b03699

    Web of Science

  15. Singly and Doubly Sulfone-Inserted Porphyrin Arch-Tape Dimers 査読有り

    Fukui Norihito, Osuka Atsuhiro

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   91 巻 ( 7 ) 頁: 1131 - 1137   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20180103

    Web of Science

  16. Singly and Doubly 1,2-Phenylene-Inserted Porphyrin Arch-Tape Dimers: Synthesis and Highly Contorted Structures 査読有り

    Norihito Fukui, Atsuhiro Osuka

    Angewandte Chemie - International Edition   57 巻 ( 21 ) 頁: 6304 - 6308   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley-VCH Verlag  

    Singly and doubly 1,2-phenylene-inserted NiII porphyrin arch-tape dimers 3 and 9 were synthesized from the corresponding β-to-β 1,2-phenylene-bridged NiII porphyrin dimers 5 and 11 via Ni0-mediated reductive cyclization and DDQ/Sc(OTf)3-promoted oxidative cyclization as key steps, respectively. Owing to the fused eight-membered ring(s), 3 showed a more contorted structure than those of previously reported arch-tape dimers 2 a and 2 b possessing a fused seven-membered ring. Furthermore, 9 displayed much larger molecular contortion. As the molecular contortion increases, the Q band of the absorption spectrum becomes more red-shifted and the electrochemcial HOMO–LUMO gap becomes smaller, reaching at 1294 nm and 0.77 eV in 9, respectively. The effect of molecular contortion on the electronic properties was studied by means of DFT calculations.

    DOI: 10.1002/anie.201802494

    Web of Science

    Scopus

  17. Embedding heteroatoms: an effective approach to create porphyrin-based functional materials 査読有り

    Norihito Fukui, Keisuke Fujimoto, Hideki Yorimitsu, Atsuhiro Osuka

    DALTON TRANSACTIONS   46 巻 ( 39 ) 頁: 13322 - 13341   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Incorporation of planarized heteroatom(s) onto the porphyrin periphery is an effective approach to create porphyrin-based functional materials. In the last three decades, such an "embedding heteroatom" strategy has been actively explored in order to realize attractive electronic, optical, and electrochemical properties. This review aims to cover a variety of synthetic methodologies that have been developed for the construction of heteroatom-embedded porphyrins. Moreover, we also summarize their structure-property relationships as well as possible applications in various research fields including artificial photosynthesis, molecular engineering, organic electronics, and bioimaging.

    DOI: 10.1039/c7dt02815f

    Web of Science

  18. Porphyrin Arch-Tapes: Synthesis, Contorted Structures, and Full Conjugation 査読有り

    Norihito Fukui, Taeyeon Kim, Dongho Kim, Atsuhiro Osuka

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 巻 ( 26 ) 頁: 9075 - 9088   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Porphyrin tapes possessing meso-meso beta-beta beta-beta triple direct linkages have been targets of extensive studies because of their fully conjugated characteristic pi-electronic networks. In this paper, we report porphyrin arch tapes that bear additional carbonyl group(s) or methylene group(s) inserted between one of the beta-beta linkage(s) of the porphyrin tapes. The carbonyl-inserted porphyrin arch-tapes were efficiently synthesized by double fusion reactions of beta-to-beta carbonyl-bridged porphyrin oligomers with DDQ and Sc(OTf)(3), and were converted to the methylene-bridged porphyrin arch-tapes via Luche reduction with NaBH4 and CeCl3 followed by ionic hydrogenation with HBF4 center dot OEt2 and BH3 center dot NEt3. While the conventional porphyrin tapes display rigid and planar structures and low solubilities, these porphyrin arch-tapes show remarkably contorted structures, flexible conformations, and improved solubilities because of the presence of the incorporated seven-membered ring(s). Interestingly, the methylene inserted arch-tapes exhibited conjugative electronic interactions that were comparable to those of porphyrin tapes probably owing to through-space interaction in the contorted conformations. The carbonyl-inserted arch-tapes displayed distinctly larger conjugative interactions owing to an active involvement of the carbonyl group(s) in the electronic conjugation. A similar trend was observed in the nonlinear optical properties, as evidenced by their two-photon absorption cross sections. Furthermore, as a benefit of the contorted structures, these porphyrin arch-tapes can catch C-60 fullerene effectively. Naturally, the electron-rich methylene-bridged arch-tapes exhibited larger association constants than the electron-deficient carbonyl-bridged arch-tapes. Among these arch-tapes, a methylene-bridged syn-Ni(II) porphyrin trimer recorded the largest association constant of (1.5 +/- 0.4) X 10(7) M-1 in toluene at 25 degrees C.

    DOI: 10.1021/jacs.7b05332

    Web of Science

  19. meso-to-meso Pt-II-bridged Ni-II-porphyrin dimers 査読有り

    Norihito Fukui, Hua-Wei Jiang, Atsuhiro Osuka

    ORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS   4 巻 ( 5 ) 頁: 767 - 772   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The synthesis and characterization of meso-to-meso Pt-II-bridged Ni-II-porphyrin dimers 5-7 are reported herein. A boron-platinum exchange reaction of meso-pinacolatoborylporphyrin 8 with Pt(cod) Cl-2 afforded the cod-coordinated meso-to-meso Pt-II-linked cis-dimer 5, which was subsequently converted to the 1,3-bis(diphenylphosphino) propane (DPPP)-coordinated cis-dimer 6 and the PPh3-coordinated trans-dimer 7 upon treatment with DPPP and PPh3, respectively. On the other hand, a reaction of 5 with tri-tert-butylphosphine induced reductive elimination to give the meso-meso directly linked diporphyrin 9. Comparative studies of these Pt-II-bridged Ni-II-porphyrin dimers were conducted by UV/Vis absorption spectroscopy, electrochemical studies, and theoretical calculations. In the course of these studies, we found that cis-dimers 5 and 6 underwent an unprecedented reductive elimination to give the mesomeso linked dimer 9 upon chemical or electrochemical one-electron oxidation, while trans-dimer 7 was stable under such conditions.

    DOI: 10.1039/c7qo00093f

    Web of Science

  20. Highly planar diarylamine-fused porphyrins and their remarkably stable radical cations 査読有り

    Norihito Fukui, Wonhee Cha, Daiki Shimizu, Juwon Oh, Ko Furukawa, Hideki Yorimitsu, Dongho Kim, Atsuhiro Osuka

    CHEMICAL SCIENCE   8 巻 ( 1 ) 頁: 189 - 199   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    Oxidative fusion reactions of meso-phenoxazino Ni(II) porphyrin were found to be temperature dependent, giving rise to either a doubly phenylene-fused product at room temperature or a singly phenoxazine-fused product at 70 degrees C. The latter was further oxidized to a doubly phenoxazine-fused Ni(II) porphyrin, which was subsequently converted to the corresponding free base porphyrin and Zn(II) porphyrin. Compared to previously reported diphenylamine-fused porphyrins that displayed a molecular twist, doubly phenoxazine-fused porphyrins exhibited distinctly different properties owing to their highly planar structures, such as larger fluorescence quantum yields, formation of an offset face-to-face dimer both in solution and the solid state, and the generation of a mixed-valence p-radical cation dimer upon electrochemical oxidation. One-electron oxidation of the phenoxazine-fused Ni(II) porphyrin with Magic Blue gave the corresponding radical cation, which was certainly stable and could be isolated by separation over a silica gel column but slowly chlorinated at the reactive beta-positions in the solid state. This finding led to us to examine beta, beta'-dichlorinated phenoxazine-fused and diphenylamine-fused Ni(II) porphyrins, which, upon treatment with Magic Blue, provided remarkably stable radical cations to an unprecedented level. It is actually possible to purify these radical cations by silica gel chromatography, and they can be stored for over 6 months without any sign of deterioration. Moreover, they exhibited no degradation even after the CH2Cl2 solution was washed with water. However, subtle structural differences (planar versus partly twisted) led to different crystal packing structures and solid-state magnetic properties.

    DOI: 10.1039/c6sc02721k

    Web of Science

  21. Easily Switchable 18π‐, 19π‐, and 20π‐Conjugation of Diazaporphyrin Double‐Pincer Bispalladium Complexes 査読有り

    Takahiro Sakurai, Yuya Hiraoka, Hisaaki Tanaka, Yoshihiro Miyake, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Angewandte Chemie International Edition   62 巻 ( 12 )   2023年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/anie.202300437

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/anie.202300437

  22. One-dimensional stacking array of 10,20-diphenyl-5,15-diazaporphyrin metal complexes 査読有り

    Shiho Mori, Takahiro Sakurai, Tsubasa Nishimura, Norihito Fukui, Yoshihiro Miyake, Hiroshi Shinokubo

    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines     頁: A - G   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific Pub Co Pte Ltd  

    We prepared a free-base 10,20-diphenyl-5,15-diazaporphyrin and its Ni(II), Cu(II), Pd(II), and Pt(II) complexes. These molecules uniformly form an infinite one-dimensional [Formula: see text]-stacking array in the solid state. The four-fold intermolecular hydrogen bonding interactions between the meso-nitrogen atom of the diazaporphyrin core and the ortho-hydrogen atom of the phenyl substituent dominate the crystal packing arrangement. The present study revealed that the meso-nitrogen atom of diazaporphyrins would be used as an inherent hydrogen bonding acceptor to construct supramolecular assemblies.

    DOI: 10.1142/s1088424622500997

  23. Highly soluble Ni(II) dithienylnorcorrole 査読有り

    Shiori Itabuchi, Ryo Nozawa, Takuya Yoshida, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines     頁: A - E   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Scientific Pub Co Pte Ltd  

    Recently, norcorrole Ni(II) complexes have received much attention because they exhibit peculiar solid-state structures and fascinating electronic properties originating from their distinct antiaromatic character. In this work, we have prepared a norcorrole Ni(II) complex with 5-hexylthien-2-yl substituents at the meso-positions, of which the antiaromatic nature was evaluated by <sup>1</sup>H NMR analysis as well as NICS and ACID calculations. The X-ray diffraction analysis elucidated its molecular structure and crystal packing arrangement. Crystal packing structures of Ni(II) meso-di(5-methylthien-2-yl)norcorrole and Ni(II) meso-di(5-hexylthien-2-yl)norcorrole were markedly different. The latter provided a polar crystal because of the unidirectional alignment of 5-hexylthien-2-yl groups in the solid state.

    DOI: 10.1142/s1088424622500730

  24. Realization of Stacked-Ring Aromaticity in a Water-Soluble Micellar Capsule 査読有り

    Si-Yu Liu, Natsuki Kishida, Jinseok Kim, Norihito Fukui, Rie Haruki, Yasuhiro Niwa, Reiji Kumai, Dongho Kim, Michito Yoshizawa, Hiroshi Shinokubo

    Journal of the American Chemical Society     2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    DOI: 10.1021/jacs.2c08795

  25. Planarization of a bowl-shaped molecule by triple-decker stacking 査読有り

    Hiroyuki Kawashima, Norihito Fukui, Quan Manh Phung, Takeshi Yanai, Hiroshi Shinokubo

    Cell Reports Physical Science   3 巻 ( 9 ) 頁: 101045 - 101045   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.xcrp.2022.101045

  26. Nitrogen Extrusion of Diazacorrphycenes to Azacorroles and Synthesis of Two Types of Copper 10-Azacorrole Complexes 査読有り

    Atsumi Yagi, Naoya Okada, Norihito Fukui, Hisaaki Tanaka, Takuji Hatakeyama, Hiroshi Shinokubo

    Chemistry Letters   51 巻 ( 3 ) 頁: 321 - 324   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Chemical Society of Japan  

    The synthesis of Pd(II) and Cu(II) 10-azacorroles with a meso-NH group has been achieved through the thermal extrusion of one nitrogen atom from the corresponding diazacorrphycene metal complexes. We also found that oxidation of the Cu(II) 10-azacorrole complex afforded another type of copper 10-azacorrole with an imine moiety. The structural, magnetic, and electrochemical properties of these compounds were investigated to disclose the nature of two types of copper 10-azacorroles.

    DOI: 10.1246/cl.210777

    Web of Science

  27. Isolation and Structure Analysis of a Ni(II) Norcorrole Radical Anion 査読有り

    Shusaku Ukai, Norihito Fukui, Takahisa Ikeue, Hiroshi Shinokubo

    Chemistry Letters   51 巻 ( 2 ) 頁: 182 - 184   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Chemical Society of Japan  

    DOI: 10.1246/cl.210715

  28. A Supramolecular Polymer Constituted of Antiaromatic Ni II Norcorroles 査読有り

    Shusaku Ukai, Aiko Takamatsu, Masaki Nobuoka, Yusuke Tsutsui, Norihito Fukui, Soichiro Ogi, Shu Seki, Shigehiro Yamaguchi, Hiroshi Shinokubo

    Angewandte Chemie International Edition   61 巻 ( 6 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/anie.202114230

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/anie.202114230

  29. <scp>d</scp>-Mannose-appended 5,15-diazaporphyrin for photodynamic therapy 査読有り

    Lamiaa M. A. Ali, Kazuya Miyagawa, Norihito Fukui, Mélanie Onofre, Khaled El Cheikh, Alain Morère, Sébastien Clément, Magali Gary-Bobo, Sébastien Richeter, Hiroshi Shinokubo

    Organic &amp; Biomolecular Chemistry     2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Royal Society of Chemistry (RSC)  

    5,15-Diazaporphyrin appended with d-mannose moieties was prepared through Suzuki–Miyaura cross-coupling reaction and S<sub>N</sub>2 alkylation.

    DOI: 10.1039/d2ob01410f

  30. Antiaromatic 1,5‐Diaza‐ s ‐indacenes 査読有り

    Kensuke Hanida, Jinseok Kim, Norihito Fukui, Yusuke Tsutsui, Shu Seki, Dongho Kim, Hiroshi Shinokubo

    Angewandte Chemie International Edition   60 巻 ( 38 ) 頁: 20765 - 20770   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

    DOI: 10.1002/anie.202109003

    その他リンク: https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full-xml/10.1002/anie.202109003

  31. Determinant Factors of Three-Dimensional Aromaticity in Antiaromatic Cyclophanes 査読有り

    Hiroyuki Kawashima, Shusaku Ukai, Ryo Nozawa, Norihito Fukui, Garrett Fitzsimmons, Tim Kowalczyk, Heike Fliegl, Hiroshi Shinokubo

    Journal of the American Chemical Society   143 巻 ( 28 ) 頁: 10676 - 10685   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Chemical Society (ACS)  

    Three-dimensional aromaticity arising from the close stacking of two antiaromatic π-conjugated macrocycles has recently received considerable attention. Here, a cyclophane consisting of two antiaromatic Ni(II) norcorrole units tethered with two flexible alkyl chains was synthesized. The norcorrole cyclophane showed crystal polymorphism providing three different solid-state structures. Surprisingly, one of them adopted an aligned face-to-face stacking arrangement with negligible displacement along the slipping axis. Although the exchange repulsion between two π-clouds should be maximized in this orientation, the π–π distance is remarkably close (3.258 Å). Three-dimensional aromaticity in this conformation has been supported experimentally and theoretically as evidenced by small bond length alternations as well as the presence of a diatropic ring current. An analogous cyclophane with two aromatic Ni(II) porphyrin units was prepared for comparison. The porphyrin cyclophane exhibited a slipped-stacking conformation with a larger displacement (2.9 Å) and a larger interplanar distance (3.402 Å) without noticeable change of the aromaticity of each porphyrin unit. In solution, the norcorrole cyclophane forms a twist stacking arrangement with effective interplanar orbital overlap and exists in an equilibrium between stacked and nonstacked structures. Thermodynamic parameters of the stacking process were estimated, revealing an inherently large attractive interaction operating between two norcorrole units, which has been further supported by energy decomposition analysis.

    DOI: 10.1021/jacs.1c04348

  32. Redox-induced reversible [2+2] cycloaddition of an etheno-fused diporphyrin 査読有り

    Kazuya Miyagawa, Ichiro Hisaki, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    CHEMICAL SCIENCE   12 巻 ( 14 ) 頁: 5224 - 5229   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    3,5-Ethenoporphyrin is a pi -extended porphyrin containing a fused ethene unit between the meso- and beta -positions, exhibiting unique contribution of macrocyclic antiaromaticity. We have recently reported that its analogue, etheno-fused diporphyrin, underwent thermal [2 + 2] cycloaddition to furnish X-shaped cyclobutane-linked tetraporphyrins. Here we demonstrate that the cyclobutane-ring formation is dynamically redox-active. Namely, the tetraporphyrin underwent two-step four-electron oxidation to afford two etheno-fused diporphyrin dications. The reduction of the resulting dication regenerated the cyclobutane-linked tetraporphyrin. The dication was sufficiently stable to allow its isolation under ambient conditions. The structure of the dication has been confirmed by H-1 NMR spectroscopy and X-ray diffraction analysis. Importantly, the simultaneous double C-C bond cleavage in the cyclopropane ring in the tetraporphyrin is exceptional among dynamic redox (dyrex) systems to achieve large structural changes, thus offering new insights for the design of novel redox-active functional organic materials for electrochromic dyes, organic batteries, and organic memories.

    DOI: 10.1039/d1sc00438g

    Web of Science

  33. Synthesis and Properties of an 18 pi Aromatic Norcorrole P(V) Complex 査読有り

    Takuya Yoshida, Siham Asyiqin Shafie, Hiroyuki Kawashima, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    ORGANIC LETTERS   23 巻 ( 7 ) 頁: 2826 - 2830   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    [16]Norcorrole is an antiaromatic ring-contracted porphyrinoid. Here, we show that the phosphorus insertion of the free-base [16]norcorrole switches its antiaromaticity to aromaticity. The treatment of a free-base meso-dimesityl[16]norcorrole with phosphorus tribromide in pyridine afforded an [18]norcorrole P(V) complex, which exhibited porphyrin-like absorption and fluorescence spectra. The phosphorus center adopted a distorted tetragonal pyramidal coordination geometry. The distinct aromatic nature of the [18]-norcorrole P(V) complex was corroborated both experimentally and theoretically.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.1c00823

    Web of Science

  34. Dual Emission of a Free-Base 5-Oxaporphyrinium Cation from its cis- and trans-NH Tautomers 査読有り

    Asahi Takiguchi, Seongsoo Kang, Norihito Fukui, Dongho Kim, Hiroshi Shinokubo

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   60 巻 ( 6 ) 頁: 2915 - 2919   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Replacement of the meso methine carbon atoms of porphyrins with heteroatoms is a powerful strategy for tuning their optical and electronic properties. In particular, 5-oxaporphyrin is an attractive target due to its importance as an intermediate in heme catabolism. In this work, we describe the synthesis and properties of a free-base 5-oxaporphyrinium cation, which was prepared by the ring-closure of a bilindione with trifluoromethanesulfonic anhydride. This free-base 5-oxaporphyrinium cation exhibits dual fluorescence originating from its unique NH tautomerism. In contrast to normal porphyrins, the cis form of the 5-oxaporphyrinium cation is more stable than the trans form due to the effective delocalization of its positive charge. We thus demonstrate here that meso-modified heteroporphyrins enable the manipulation of NH tautomerism in porphyrinic macrocycles.

    DOI: 10.1002/anie.202013542

    Web of Science

  35. Synthesis and electron-transport properties of a stable antiaromatic Ni-II norcorrole with the smallest meso-substituent 査読有り

    Shusaku Ukai, Yun Hee Koo, Norihito Fukui, Shu Seki, Hiroshi Shinokubo

    DALTON TRANSACTIONS   49 巻 ( 41 ) 頁: 14383 - 14387   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    meso-Dimethylnorcorrole Ni-II complex exhibited enough stability under ambient conditions despite the distinct antiaromaticity. The small methyl substituents realized a dense and long-range p-stacking in its solid state, which resulted in the superior electron-transporting ability to previously reported Ni-II norcorroles.

    DOI: 10.1039/d0dt03143g

    Web of Science

  36. A 2-to-2 ' 18-to-18 ' doubly linked Ni(ii) norcorrole dimer: an effectively conjugated antiaromatic dyad 査読有り

    Si-Yu Liu, Hiroyuki Kawashima, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   56 巻 ( 50 ) 頁: 6846 - 6849   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ROYAL SOC CHEMISTRY  

    The synthesis and properties of a 2-to-2 ' 18-to-18 ' doubly linked Ni(ii) norcorrole dimer are described. It adopts a highly planar structure, resulting in effective electronic interactions between the constituent norcorrole units. Nevertheless, each norcorrole unit exhibits substantial antiaromaticity, which stands in sharp contrast to stacked norcorrole dimers.

    DOI: 10.1039/d0cc02543g

    Web of Science

  37. Reactions of Antiaromatic Norcorrole Ni(II) Complex with Carbenes 査読有り

    Si-Yu Liu, Takaki Fukuoka, Norihito Fukui, Ji-Young Shin, Hiroshi Shinokubo

    ORGANIC LETTERS   22 巻 ( 11 ) 頁: 4400 - 4403   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Norcorrole is a ring-contracted porphyrinoid, exhibiting distinct antiaromaticity. Herein, we report the reactions of meso-dimesitylnorcorrole Ni(II) complex with two types of carbenes: dichlorocarbene and an N-heterocyclic carbene (NHC). The reaction with in-situ-generated dichlorocarbene resulted in the double insertion of two chloromethine units to provide a mixture of 5,15-dichloroporphyrin and chlorinated isopyricorroles. The nucleophilic NHC attacked the 3-position of the norcorrole core and the subsequent proton transfer furnished a nonconjugated macrocycle incorporating a diazafulvene segment.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.0c01402

    Web of Science

  38. Synthesis and properties of 5-aza-15-thiaporphyrins 査読有り

    Yamashita D, Omori H, Fukui N, Shinokubo H

    Journal of Porphyrins and Phthalocyanines   24 巻 ( 1-3 ) 頁: 84 - 89   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S108842461950069X

    Web of Science

    Scopus

  39. 5,5,15,15-Tetraoxo-5,15-Dithiaporphyrin as a Highly Electron-Deficient Porphyrinic Ligand 査読有り

    Atsumi Yagi, Takeshi Kondo, Daisuke Yamashita, Naruhiko Wachi, Hiroto Omori, Norihito Fukui, Takahisa Ikeue, Hiroshi Shinokubea

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   25 巻 ( 68 ) 頁: 15580 - 15585   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Oxidation of 5,15-dithiaporphyrin with meta-chloroperbenzoic acid afforded the corresponding S,S-tetraoxide in good yield. The resultant 5,5,15,15-tetraoxo-5,15-dithiaporphyrin exhibited the highly electron-deficient nature as elucidated by the electrochemical analysis and theoretical calculations. Treatment of tetraoxodithiaporphyrin with zinc(II) acetate and nickel(II) acetate provided the corresponding metal complexes efficiently. Owing to its enhanced Lewis acidity of the metal center by the electron-deficient ligand, the nickel complex underwent facile axial ligation to form pentacoordinate and hexacoordinate high-spin (S=1) complexes in solution and solid, respectively. The binding constant of pyridine to the Ni-II center was significantly higher than those of conventional porphyrin Ni-II complexes. Temperature-dependent magnetic susceptibility measurements of the high-spin Ni-II complex revealed the presence of weak ferromagnetic interactions.

    DOI: 10.1002/chem.201903639

    Web of Science

  40. Synthesis of Hydroxyisooxophlorins by Oxidative Degradation of meso-Hydroxyporphyrins 査読有り

    Asahi Takiguchi, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    ORGANIC LETTERS   21 巻 ( 11 ) 頁: 3950 - 3953   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    Hydroxyisooxophlorin is an oxidatively degraded porphyrin that contains one carbonyl carbon, one hydroxymethylene group, and two sp(2)-methine groups at its meso positions. Here we report that oxidation of a free-base meso-hydroxyporphyrin with [bis(trifluoroacetoxy)iodo]benzene in the presence of H2O afforded two regioisomers of hydroxyisooxophlorins, 10-hydroxy-10-iso-5-oxophlorin and 15-hydroxy-15-iso-5-oxophlorin, as major and minor products, respectively. We also examined the reaction mechanism, acid-mediated isomerization, metal complexation behavior, and physical properties of these molecules.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b01066

    Web of Science

    Scopus

  41. Synthesis of meso-Alkyl-Substituted Norcorrole-Ni-II Complexes and Conversion to 5-Oxaporphyrins(2.0.1.0) 査読有り

    Si-Yu Liu, Hiroko Tanaka, Ryo Nozawa, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   25 巻 ( 32 ) 頁: 7618 - 7622   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    The synthesis of antiaromatic Ni-II-norcorroles having primary, secondary, and tertiary alkyl groups at the reactive meso-positions was attempted. Reductive coupling of a Ni-II-dipyrrin precursor provided Ni-II-meso-dihexylnorcorrole, which underwent substantial degradation on silica gel. Introduction of tert-butyl groups was unsuccessful due to the difficult preparation of the corresponding dipyrrin precursor. Meanwhile, Ni-II-norcorroles with isopropyl and cyclohexyl groups were isolated as stable molecules under ambient conditions. Furthermore, we found that oxidation of Ni-II-meso-dialkylnorcorroles with hydrogen peroxide in the presence of sodium carbonate gave Ni-II-5-oxaporphyrins(2.0.1.0). In contrast, oxidation of Ni-II-meso-dimesitylnorcorrole under the same reaction conditions gave 10-oxaporphyrin(1.1.1.0). The contrasting reactivity can be attributed to the steric congestion around the meso-positions.

    DOI: 10.1002/chem.201901292

    Web of Science

    Scopus

  42. Organic Transformations by the Hydrosilane-Alkoxide System 査読有り

    Fukui Norihito

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   77 巻 ( 5 ) 頁: 512 - 513   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.77.512

    Web of Science

  43. Macroscopically Anisotropic Structures Produced by Light-induced Solvothermal Assembly of Porphyrin Dimers 査読有り

    Yamamoto Yasuyuki, Nishimura Yushi, Tokonami Shiho, Fukui Norihito, Tanaka Takayuki, Osuka Atsuhiro, Yorimitsu Hideki, Iida Takuya

    SCIENTIFIC REPORTS   8 巻   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-018-28311-2

    Web of Science

  44. Diarylamine-Fused Subporphyrins: Proof of Twisted Intramolecular Charge Transfer (TICT) Mechanism 査読有り

    Koki Kise, Yongseok Hong, Norihito Fukui, Daiki Shimizu, Dongho Kim, Atsuhiro Osuka

    Chemistry - A European Journal   24 巻 ( 33 ) 頁: 8306 - 8310   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley-VCH Verlag  

    Diarylamine-fused subporphyrins 1 a and 1 b were synthesized from β,β-diiodo-meso-chloro subporphyrin 2 through a one-pot procedure involving nucleophilic aromatic substitution and SRN1-type intramolecular fusion reaction as the first example of meso-nitrogen-embedded subporphyrin. While non-fused counterparts 3 b and 4 b display effective fluorescence quenching due to twisted intramolecular charge transfer (TICT) in CH2Cl2 at room temperature, 1 b emits fluorescence with ΦF=0.18 under the same conditions, because conformational twisting is not allowed due to the fused structure. In addition, the oxidative titration with tris(4-bromophenyl)ammoniumyl hexachloroantimonate gave cation radical 7 for 1 a and cation radical and dication for 1 b. Actually, cation radical 7 was isolated through separation over silica gel column but was found to slowly decompose in concentrated solutions.

    DOI: 10.1002/chem.201801576

    Web of Science

    Scopus

  45. Metalation Control of Open-Shell Character in meso-meso Linked Porphyrin meso-Oxy Radical Dimers 査読有り

    Yuta Jun-i, Norihito Fukui, Ko Furukawa, Atsuhiro Osuka

    Chemistry - A European Journal   24 巻 ( 7 ) 頁: 1528 - 1532   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley-VCH Verlag  

    Control of open-shell character of meso-meso linked porphyrin meso-oxy radical dimers has been demonstrated by core metalation. Namely, NiII-porphyrin dimer 6Ni exhibits a clear 1H NMR spectrum and a distorted but rather coplanar quinonoidal structure consisting of two ruffled porphyrin rings, in accordance with the previous report. Freebase dimer 6H2 shows a similar quinonoidal structure in the solid state but displays slightly broader and temperature-dependent 1H NMR spectra, indicating a partial diradical character in solution that increases at high temperature. In sharp contrast, bis-imidazole-coordinated ZnII-porphyrin dimer 6ZnIm2 exhibits a perpendicular structure consisting of two planar ZnII-porphyrins and has been characterized as a distinct open-shell diradical on the basis of its non-observable 1H NMR signals, a clear ESR signal, and a characteristic absorption spectrum reaching about 1700 nm. Despite the distinct diradical character, 6ZnIm2 is an extremely stable molecule.

    DOI: 10.1002/chem.201705769

    Web of Science

    Scopus

  46. A meso-meso - - Triply Linked Subporphyrin Dimer 査読有り

    Yasuhiro Okuda, Norihito Fukui, Jinseok Kim, Taeyeon Kim, Hua-Wei Jiang, Graeme Copley, Masaaki Kitano, Dongho Kim, Atsuhiro Osuka

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 40 ) 頁: 12317 - 12321   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    A meso-meso - - triply linked subporphyrin dimer 6 was synthesized by stepwise reductive elimination of -to- doubly Pt-II-bridged subporphyrin dimer 9. Dimer 6 was characterized by spectroscopic and electrochemical measurements, theoretical calculations, and picosecond time-resolved transient absorption spectroscopy. X-ray diffraction analysis reveals that 6 has a bowl-shaped structure with a positive Gaussian curvature. Despite the curved structure, 6 exhibits a remarkably red-shifted absorption band at 942nm and a small electrochemical HOMO-LUMO gap (1.35eV), indicating an effectively conjugated -electronic network.

    DOI: 10.1002/anie.201707123

    Web of Science

  47. Diphenylphosphine-Oxide-Fused and Diphenylphosphine-Fused Porphyrins: Synthesis, Tunable Electronic Properties, and Formation of Cofacial Dimers 査読有り

    Keisuke Fujimoto, Yuko Kasuga, Norihito Fukui, Atsuhiro Osuka

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23 巻 ( 28 ) 頁: 6741 - 6745   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-V C H VERLAG GMBH  

    Diphenylphosphine-oxide-fused Ni-II porphyrin 8 was synthesized from 3,5,7-trichloroporphyrin 5 via a reaction sequence of nucleophilic aromatic substitution with lithium diphenylphosphide, oxidation with H2O2, and palladium-catalyzed intramolecular cyclization. Reduction of 8 with HSiCl3 gave diphenylphosphine-fused Ni-II porphyrin 9. The embedded P=O and P moieties serve as a strong electron-accepting and electron-donating group to perturb the optical and electrochemical properties of the Ni-II porphyrin. Ni-II porphyrin 9 is diamagnetic with a low-spin Ni-II center in solution but becomes paramagnetic with a five-coordinated Ni-II center with high-spin (S=1) state in the solid state. Diphenylphosphine-oxide-fused Zn-II porphyrin 10 was also synthesized and shown to form a face-to-face dimer with mutual O-Zn bonds in the crystal and in nonpolar and moderately polar solvents. The dimerization of 10 in CDCl3 has been revealed to be an entropy-driven process with a large entropy gain (S-D=207JK(-1)mol(-1)).

    DOI: 10.1002/chem.201700909

    Web of Science

  48. Aromatic Metamorphosis of Dibenzofurans into Triphenylenes Starting with Nickel-Catalyzed Ring-Opening C-O Arylation 査読有り

    Yuto Kurata, Shinya Otsuka, Norihito Fukui, Keisuke Nogi, Hideki Yorimitsu, Atsuhiro Osuka

    ORGANIC LETTERS   19 巻 ( 6 ) 頁: 1274 - 1277   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:AMER CHEMICAL SOC  

    A new class of aromatic metamorphosis has been developed in which dibenzofurans were converted into triphenylenes. This transformation is composed of three successive operations: (1) nickel-catalyzed ring-opening C-O bond arylation with arylmagnesium bromides, (2) trifluoromethanesulfonylation (triflation) of the resulting hydroxy moiety with Tf2O, and (3) palladium-catalyzed or photoinduced ring closure. In the last ring-closing step, the photoinduced process has proven to be more productive than the palladium-catalyzed one. By employing pi-extended dinaphthofuran as the substrate, dorsally benzo-fused [5]helicene was obtained in a satisfactory yield.

    DOI: 10.1021/acs.orglett.6b03861

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 硫黄の脱離を鍵反応として機能するn型有機半導体の可溶性前駆体

    福井識人( 担当: 単著)

    月刊JETI  2020年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. カゴ型分子の三次元芳香族性 芳香族性の拡張は次元を超える

    福井識人( 担当: 単著 ,  範囲: 解説記事)

    月刊化学  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. 直接的芳香族カップリング反応の設計と応用

    福井 識人( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第14章 ポルフィリン類の直接官能基化)

    シーエムシー出版  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

MISC 22

  1. 光誘導型溶媒熱集合法の開拓と新奇化学反応場への展開

    山本靖之, 山本靖之, 西村勇姿, 床波志保, 床波志保, 福井識人, 田中隆行, 大須賀篤弘, 依光英樹, 飯田琢也, 飯田琢也  

    応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)79th 巻   頁: ROMBUNNO.18p‐231C‐11   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  2. Macroscopically Anisotropic Structures Produced by Light-induced Solvothermal Assembly of Porphyrin Dimers 査読有り

    Yamamoto Yasuyuki, Nishimura Yushi, Tokonami Shiho, Fukui Norihito, Tanaka Takayuki, Osuka Atsuhiro, Yorimitsu Hideki, Iida Takuya  

    SCIENTIFIC REPORTS8 巻   2018年7月

  3. Singly and Doubly Sulfone-Inserted Porphyrin Arch-Tape Dimers 査読有り

    Fukui Norihito, Osuka Atsuhiro  

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN91 巻 ( 7 ) 頁: 1131-1137   2018年7月

  4. Diarylamine-Fused Subporphyrins: Proof of Twisted Intramolecular Charge Transfer (TICT) Mechanism 査読有り

    Kise Koki, Hong Yongseok, Fukui Norihito, Shimizu Daiki, Kim Dongho, Osuka Atsuhiro  

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL24 巻 ( 33 ) 頁: 8306-8310   2018年6月

  5. Singly and Doubly 1,2-Phenylene-Inserted Porphyrin Arch-Tape Dimers: Synthesis and Highly Contorted Structures 査読有り

    Fukui Norihito, Osuka Atsuhiro  

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION57 巻 ( 21 ) 頁: 6304-6308   2018年5月

  6. Metalation Control of Open-Shell Character in meso-meso Linked Porphyrin meso-Oxy Radical Dimers 査読有り

    Jun-i Yuta, Fukui Norihito, Furukawa Ko, Osuka Atsuhiro  

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL24 巻 ( 7 ) 頁: 1528-1532   2018年2月

  7. Embedding heteroatoms: an effective approach to create porphyrin-based functional materials 査読有り

    Fukui Norihito, Fujimoto Keisuke, Yorimitsu Hideki, Osuka Atsuhiro  

    DALTON TRANSACTIONS46 巻 ( 39 ) 頁: 13322-13341   2017年10月

     詳細を見る

  8. A meso-meso - - Triply Linked Subporphyrin Dimer 査読有り

    Okuda Yasuhiro, Fukui Norihito, Kim Jinseok, Kim Taeyeon, Jiang Hua-Wei, Copley Graeme, Kitano Masaaki, Kim Dongho, Osuka Atsuhiro  

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION56 巻 ( 40 ) 頁: 12317-12321   2017年9月

  9. Porphyrin Arch-Tapes: Synthesis, Contorted Structures, and Full Conjugation 査読有り

    Fukui Norihito, Kim Taeyeon, Kim Dongho, Osuka Atsuhiro  

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY139 巻 ( 26 ) 頁: 9075-9088   2017年7月

  10. meso-to-meso Pt-II-bridged Ni-II-porphyrin dimers 査読有り

    Fukui Norihito, Jiang Hua-Wei, Osuka Atsuhiro  

    ORGANIC CHEMISTRY FRONTIERS4 巻 ( 5 ) 頁: 767-772   2017年5月

     詳細を見る

  11. Diphenylphosphine-Oxide-Fused and Diphenylphosphine-Fused Porphyrins: Synthesis, Tunable Electronic Properties, and Formation of Cofacial Dimers 査読有り

    Fujimoto Keisuke, Kasuga Yuko, Fukui Norihito, Osuka Atsuhiro  

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL23 巻 ( 28 ) 頁: 6741-6745   2017年5月

  12. Aromatic Metamorphosis of Dibenzofurans into Triphenylenes Starting with Nickel-Catalyzed Ring-Opening C-O Arylation 査読有り

    Kurata Yuto, Otsuka Shinya, Fukui Norihito, Nogi Keisuke, Yorimitsu Hideki, Osuka Atsuhiro  

    ORGANIC LETTERS19 巻 ( 6 ) 頁: 1274-1277   2017年3月

  13. Highly planar diarylamine-fused porphyrins and their remarkably stable radical cations 査読有り

    Fukui Norihito, Cha Wonhee, Shimizu Daiki, Oh Juwon, Furukawa Ko, Yorimitsu Hideki, Kim Dongho, Osuka Atsuhiro  

    CHEMICAL SCIENCE8 巻 ( 1 ) 頁: 189-199   2017年1月

     詳細を見る

  14. meso-meso-Linked Diarylamine-Fused Porphyrin Dimers 査読有り

    Fukui Norihito, Yorimitsu Hideki, Osuka Atsuhiro  

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL22 巻 ( 51 ) 頁: 18476-18483   2016年12月

  15. Pictet-Spengler Synthesis of Quinoline-Fused Porphyrins and Phenanthroline-Fused Diporphyrins 査読有り

    Gao Ke, Fukui Norihito, Jung Seok Ii, Yorimitsu Hideki, Kim Dongho, Osuka Atsuhiro  

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION55 巻 ( 42 ) 頁: 13038-13042   2016年10月

  16. Regioselective phenylene-fusion reactions of Ni(II)-porphyrins controlled by an electron-withdrawing meso-substituent 査読有り

    Fukui Norihito, Lee Seung-Kyu, Kato Kenichi, Shimizu Daiki, Tanaka Takayuki, Lee Sangsu, Yorimitsu Hideki, Kim Dongho, Osuka Atsuhiro  

    CHEMICAL SCIENCE7 巻 ( 7 ) 頁: 4059-4066   2016年

     詳細を見る

  17. meso,-Oligohaloporphyrins as Useful Synthetic Intermediates of Diphenylamine-Fused Porphyrin and meso-to-meso -to- Doubly Butadiyne-Bridged Diporphyrin 査読有り

    Fukui Norihito, Yorimitsu Hideki, Osuka Atsuhiro  

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION54 巻 ( 21 ) 頁: 6311-6314   2015年5月

  18. PALLADIUM-CATALYZED [3+2] ANNULATION OF meso-BROMOPORPHYRINS WITH SILYLACETYLENES AND DESILYLATION OF 8(a)-SILYL-7,8-DEHYDROPURPURIN 査読有り

    Fukui Norihito, Arai Seiji, Shinokubo Hiroshi, Yorimitsu Hideki, Osuka Atsuhiro  

    HETEROCYCLES90 巻 ( 1 ) 頁: 252-260   2015年1月

  19. Synthesis of 7,8-Dehydropurpurin Dimers and Their Conversion into Conformationally Constrained b-to-b Vinylene-Bridged Porphyrin Dimers** 査読有り

    Fukui Norihito, Yorimitsu Hideki, Lim Jong Min, Kim Dongho, Osuka Atsuhiro  

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION53 巻 ( 17 ) 頁: 4395-4398   2014年4月

  20. Control of the conformational dynamics of meso-meso vinylene-bridged Zn(II) porphyrin dimers through diamine coordination 査読有り

    Son Minjung, Sung Young Mo, Tokuji Sumito, Fukui Norihito, Yorimitsu Hideki, Osuka Atsuhiro, Kim Dongho  

    CHEMICAL COMMUNICATIONS50 巻 ( 23 ) 頁: 3078-3080   2014年

     詳細を見る

  21. Amination of meso-Bromoporphyrins and 9-Haloanthracenes with Diarylamines Catalyzed by a Palladium-PEPPSI Complex 査読有り

    Suzuki Yuko, Fukui Norihito, Murakami Kei, Yorimitsu Hideki, Osuka Atsuhiro  

    ASIAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY2 巻 ( 12 ) 頁: 1066-1071   2013年12月

  22. Oxidative Fusion Reactions of meso-(Diarylamino)porphyrins 査読有り

    Fukui Norihito, Cha Won-Young, Lee Sangsu, Tokuji Sumito, Kim Dongho, Yorimitsu Hideki, Osuka Atsuhiro  

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION52 巻 ( 37 ) 頁: 9728-9732   2013年9月

▼全件表示

講演・口頭発表等 104

  1. Synthesis of Covalently Linked Norcorrole Dimers and Their Association Behavior

    ○劉 思雨, 鵜飼 修作, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. ビリンジオンの簡易合成法と5-オキサポルフィリニウムカチオンの光学特性

    ○瀧口 あさひ, Seongsoo Kang, 福井 識人, Dongho Kim, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 超分子的アプローチによる反芳香族ノルコロールの一次元積層体形

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  4. カルボニル基を挿入したペリレンビスイミド類縁体の合成と物性

    ○小田島 舞, 田島 慶太, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  5. 骨格内部が官能基化されたお椀型芳香族炭化水素によるフラーレン認識

    ○竹尾 佳紘・加藤 将輝・福井 識人・忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. インデノペリレンの合成と物性

    ○加藤 将輝, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  7. アクリジノアクリジンビスイミドの合成と物性

    ○田島 慶太, 松尾 恭平, 山田 容子, 関 修平 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  8. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出 招待有り

    ○福井 識人

    静岡大学ナノマテリアル応用研究会  2021年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  9. Synthesis and Properties of 5-Oxaporphyrinium Cation and Its Application

    ○Asahi Takiguchi, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    2021年1月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  10. 反芳香族分子ノルコロールの超分子集合体形成

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    GTR年次報告会  2021年1月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  11. 反芳香族分子ノルコロールの超分子集合体形成

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    GTR年次報告会  2021年1月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  12. Encapsulation of Antiaromatic Norcorrole Ni (II) Complexes Within a Micellar Capsule in Water

    ○Si-Yu Liu, Natsuki Kishida, Norihito Fukui, Michito Yoshizawa, Hiroshi Shinokubo

    2021年1月8日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  13. アクリジノアクリジンビスイミドの合成と物性

    ○田島 慶太, 松尾 恭平, 山田 容子, 関 修平 福井 識人, 忍久保 洋

    第47回有機典型元素化学討論会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  14. ジアザ-s-インダセンの合成と物性

    ○埴田 健介, 福井 識人, 忍久保 洋

    若手オンラインシンポジウム  2020年11月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. A 2-to-2' 18-to-18' Doubly Linked Ni(II) Norcorrole Dimer: An Effectively Conjugated Antiaromatic Dyad

    ○劉 思雨, 川島 弘之, 福井 識人, 忍久保 洋

    第10回CSJ化学フェスタ2020  2020年10月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  16. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出 招待有り

    ○福井 識人

    有機化学学生ウェビナー  2020年8月2日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. ジアザ-s-インダセンの合成と物性

    ○埴田 健介, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会  2020年3月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  18. ジアザ-s-インダセンの合成と物性

    ○埴田 健介, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会  2020年3月23日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  19. ビリンジオンの簡易合成法と5-オキサポルフィリニウムカチオンの光学特性

    ○瀧口 あさひ, Seongsoo Kang, 福井 識人, Dongho Kim, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  20. A 2-to-2' 18-to-18' Doubly Linked Ni(II) Norcorrole Dimer: An Effectively Conjugated Antiaromatic Dyad

    ○劉 思雨, 川島 弘之, 福井 識人, 忍久保 洋

    第10回CSJ化学フェスタ2020  2020年10月20日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  21. カルボニル基を挿入したペリレンビスイミド類縁体の合成と物性

    ○小田島 舞, 田島 慶太, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  22. ジアザ-s-インダセンの合成と物性

    ○埴田 健介, 福井 識人, 忍久保 洋

    若手オンラインシンポジウム  2020年11月20日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  23. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出

    ○福井 識人

    有機化学学生ウェビナー  2020年8月2日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  24. アクリジノアクリジンビスイミドの合成と物性

    ○田島 慶太, 松尾 恭平, 山田 容子, 関 修平 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  25. アクリジノアクリジンビスイミドの合成と物性

    ○田島 慶太, 松尾 恭平, 山田 容子, 関 修平 福井 識人, 忍久保 洋

    第47回有機典型元素化学討論会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  26. インデノペリレンの合成と物性

    ○加藤 将輝, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  27. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出

    ○福井 識人

    静岡大学ナノマテリアル応用研究会  2021年3月9日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  28. 超分子的アプローチによる反芳香族ノルコロールの一次元積層体形

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  29. 骨格内部が官能基化されたお椀型芳香族炭化水素によるフラーレン認識

    ○竹尾 佳紘・加藤 将輝・福井 識人・忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  30. 反芳香族分子ノルコロールの超分子集合体形成

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    GTR年次報告会  2021年1月8日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  31. 反芳香族分子ノルコロールの超分子集合体形成

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    GTR年次報告会  2021年1月8日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  32. Encapsulation of Antiaromatic Norcorrole Ni (II) Complexes Within a Micellar Capsule in Water

    ○Si-Yu Liu, Natsuki Kishida, Norihito Fukui, Michito Yoshizawa, Hiroshi Shinokubo

    2021年1月8日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  33. Synthesis and Properties of 5-Oxaporphyrinium Cation and Its Application

    ○Asahi Takiguchi, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    2021年1月8日 

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  34. Synthesis of Covalently Linked Norcorrole Dimers and Their Association Behavior

    ○劉 思雨, 鵜飼 修作, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月22日 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  35. ジアザ-s-インダセンの合成と物性

    ○埴田 健介, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会  2020年3月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. インデノペリレンの合成と物性

    ○加藤 将輝, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  37. カルボニル基を挿入したペリレンビスイミド類縁体の合成と物性

    ○小田島 舞, 田島 慶太, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. ビリンジオンの簡易合成法と5-オキサポルフィリニウムカチオンの光学特性

    ○瀧口 あさひ, Seongsoo Kang, 福井 識人, Dongho Kim, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  39. A 2-to-2' 18-to-18' Doubly Linked Ni(II) Norcorrole Dimer: An Effectively Conjugated Antiaromatic Dyad

    ○劉 思雨, 川島 弘之, 福井 識人, 忍久保 洋

    第10回CSJ化学フェスタ2020  2020年10月20日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  40. アクリジノアクリジンビスイミドの合成と物性

    ○田島 慶太, 松尾 恭平, 山田 容子, 関 修平 福井 識人, 忍久保 洋

    第47回有機典型元素化学討論会  2020年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  41. 骨格内部が官能基化されたお椀型芳香族炭化水素によるフラーレン認識

    ○竹尾 佳紘・加藤 将輝・福井 識人・忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  42. 反芳香族分子ノルコロールの超分子集合体形成

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    GTR年次報告会  2021年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  43. 反芳香族分子ノルコロールの超分子集合体形成

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    GTR年次報告会  2021年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  44. Encapsulation of Antiaromatic Norcorrole Ni (II) Complexes Within a Micellar Capsule in Water

    ○Si-Yu Liu, Natsuki Kishida, Norihito Fukui, Michito Yoshizawa, Hiroshi Shinokubo

    2021年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  45. Synthesis and Properties of 5-Oxaporphyrinium Cation and Its Application

    ○Asahi Takiguchi, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    2021年1月8日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  46. Synthesis of Covalently Linked Norcorrole Dimers and Their Association Behavior

    ○劉 思雨, 鵜飼 修作, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月22日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  47. 超分子的アプローチによる反芳香族ノルコロールの一次元積層体形

    ○鵜飼 修作, 高松 愛子, 大城 宗一郎, 福井 識人, 関 修平, 山口 茂弘, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  48. ジアザ-s-インダセンの合成と物性

    ○埴田 健介, 福井 識人, 忍久保 洋

    若手オンラインシンポジウム  2020年11月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  49. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出 招待有り

    ○福井 識人

    静岡大学ナノマテリアル応用研究会  2021年3月9日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  50. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出 招待有り

    ○福井 識人

    有機化学学生ウェビナー  2020年8月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  51. アクリジノアクリジンビスイミドの合成と物性

    ○田島 慶太, 松尾 恭平, 山田 容子, 関 修平 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第101春季年会  2021年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π共役分子の創出 招待有り

    福井 識人

    第3回大津会議合同研究発表会  2023年1月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  53. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π共役分子の創出 招待有り

    福井 識人

    若手W講演会@東京工業大学 すずかけ台キャンパス  2022年11月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  54. 有機π共役分子の骨格内部を探索空間とする新物質創製 招待有り

    福井 識人

    第53回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2022年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  55. Development of novel π-conjugated molecules designed by inner modification 招待有り

    Norihito Fukui

    Invited seminar at Nancy University  2022年7月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  56. Development of novel π-conjugated molecules designed by inner modification 招待有り

    Norihito Fukui

    Invited seminar at Université de Montpellier  2022年7月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  57. From NIR-responsive porphyrin arch-tapes to non-planar PBI derivatives and a NIR-responsive C70-fragment 招待有り

    Norihito Fukui

    11th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP-11)  2022年7月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  58. "π共役分子の内部を探索空間とする未来材料の創製 " 招待有り

    福井 識人

    第1回未来材料セミナー  2022年5月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  59. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π共役分子の創出 招待有り

    福井 識人

    日本化学会第102春季年会  2022年3月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  60. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出

    福井 識人

    第15回物性科学領域横断研究会  2021年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  61. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出 招待有り

    福井 識人

    第52回中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2021年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  62. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出 招待有り

    福井 識人

    静岡大学ナノマテリアル応用研究会 研究シンポジウム  2021年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  63. ビリンジオンの簡易合成法の開発と反応性の検証 国際会議

    瀧口 あさひ, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  64. ノルコロールNi錯体におけるメゾ位置換基の速度論的安定化効果の検証 国際会議

    鵜飼 修作, 野澤 遼, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  65. Synthesis, Structure, and Properties of Doubly Linked Norcorrole Dimer 国際会議

    Si-Yu Liu, Hiroyuki Kawashima, Norihito Fukui, Hiroshi Shinokubo

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  66. 近赤外吸収を示すC70部分骨格の合成と物性 国際会議

    田中 佑宜, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  67. 硫黄挿入型ペリレンビスイミドの合成と物性 国際会議

    早川 咲穂, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  68. 大環状ノルコロール二量体の合成 国際会議

    川島 寛之,野澤 遼,福井 識人,忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  69. ジアザ-s-インダセンの合成と物性 国際会議

    埴田 健介, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    開催地:東京理科大学   国名:日本国  

  70. ジアザ-s-インダセンの合成と物性

    ○埴田 健介, 福井 識人, 忍久保 洋

    日本化学会第100春季年会  2020年3月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

  71. 硫黄挿入型ペリレンビスイミドの合成と物性 国際会議

    早川咲穂, 福井 識人, 忍久保 洋

    第46回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    開催地:松山大学   国名:日本国  

  72. [2+2] Cycloaddition of etheno-fused diporphyrins 国際会議

    宮川 和弥, 福井 識人, 忍久保 洋

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    開催地:大阪国際交流センター   国名:日本国  

  73. 窒素架橋されたナフタレンモノイミド二量体の合成とその凝集誘起発光 国際会議

    田島 慶太, 福井 識人, 忍久保 洋

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    開催地:大阪国際交流センター   国名:日本国  

  74. ヘテロ原子挿入型ペリレンビスイミド類縁体の合成と物性 国際会議

    早川咲穂, 福井 識人, 忍久保 洋

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    開催地:大阪国際交流センター   国名:日本国  

  75. ヘテロ原子挿入型ペリレンビスイミド類縁体の合成と物性 国際会議

    早川咲穂, 福井 識人, 忍久保 洋

    第13回分子科学討論会2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  76. 近赤外吸収を示すC70部分骨格の合成と物性 国際会議

    田中 佑宜, 福井 識人, 忍久保 洋

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    開催地:大阪国際交流センター   国名:日本国  

  77. Synthesis of meso-Alkyl Norcorroles and Conversion to 5-Oxaporphyrins(2.0.1.0) 国際会議

    劉 思雨, 福井 識人, 忍久保 洋

    第51回構造有機化学若手の会 夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    開催地:京都竹の郷温泉 ホテル京都エミナース   国名:日本国  

  78. 窒素架橋されたナフタレンモノイミド二量体の合成とその凝集誘起発光 国際会議

    田島 慶太, 福井 識人, 忍久保 洋

    第51回構造有機化学若手の会 夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    開催地:京都竹の郷温泉 ホテル京都エミナース   国名:日本国  

  79. Synthesis of Hydroxyisooxophlorins by Oxidative Degradation of meso-Hydroxyporphyrins 国際会議

    瀧口 あさひ, 福井 識人, 忍久保 洋

    第51回構造有機化学若手の会 夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    開催地:京都竹の郷温泉 ホテル京都エミナース   国名:日本国  

  80. Stability and association behavior of a norcorrole Ni(II) complex with 3,5-di-tert-butylphenyl groups at meso positions 国際会議

    鵜飼 修作, 野澤 遼, 福井 識人, 忍久保 洋

    第51回構造有機化学若手の会 夏の学校 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    開催地:京都竹の郷温泉 ホテル京都エミナース   国名:日本国  

  81. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出 国際会議

    福井 識人

    第3回集合有機分子機能研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    開催地:WASHU BLUE RESORT 風籠   国名:日本国  

  82. Synthesis of meso-Alkyl-Substituted Norcorrole Ni Complexes and Conversion to 5-Oxaporphyrins(2.0.1.0) 国際会議

    劉 思雨, 福井 識人, 忍久保 洋

    The 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:札幌コンベンションセンター   国名:日本国  

  83. Synthesis of Hydroxyisooxophlorins by Oxidative Degradation of meso-Hydroxyporphyrins 国際会議

    瀧口 あさひ, 福井 識人, 忍久保 洋

    The 18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:札幌コンベンションセンター   国名:日本国  

  84. 5,15-Dithiaporphyrin S,S-Tetraoxide as a Highly Electron-Deficient Porphyrinic Ligand 国際会議

    八木 篤実, 山下 大輔, 福井 識人, 池上 崇久, 忍久保 洋

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium "Toward Advanced Functions from New pi-Skeletons" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  85. [2+2] Cycloaddition of etheno-fused diporphyrins 国際会議

    宮川 和弥, 福井 識人, 忍久保 洋

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium "Toward Advanced Functions from New pi-Skeletons" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  86. Synthesis and Aggregation-Induced Emission of Nitrogen-Bridged Naphthalene Monoimide Dimers 国際会議

    田島 慶太, 福井 識人, 忍久保 洋

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium "Toward Advanced Functions from New pi-Skeletons" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  87. Synthesis of Hydroxyisooxophlorins by Oxidative Degradation of meso-Hydroxyporphyrins 国際会議

    瀧口 あさひ, 福井 識人, 忍久保 洋

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium "Toward Advanced Functions from New pi-Skeletons" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  88. Synthesis of meso-Alkyl-Substituted Norcorrole Ni Complexes and Conversion to 5-Oxaporphyrins(2.0.1.0) 国際会議

    劉 思雨, 福井 識人, 忍久保 洋

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium "Toward Advanced Functions from New pi-Skeletons" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  89. Stability and association behavior of a norcorrole Ni(II) complex with 3,5-di-tert-butylphenyl groups at meso positions 国際会議

    鵜飼 修作, 野澤 遼, 福井 識人, 忍久保 洋

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium "Toward Advanced Functions from New pi-Skeletons" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  90. Synthesis and Properties of Heteroatom-inserted Perylene Bisimide Analogues 国際会議

    早川咲穂, 福井 識人, 忍久保 洋

    The 80th Okazaki Conference, Chirality-induced spin selectivity and its related phenomena 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    開催地:Institute for Molecular Science   国名:日本国  

  91. 平面性の高いジアリールアミン縮環ポルフィリンおよびその安定ラジカルカチオン種の合成 国際会議

    福井識人・依光英樹・大須賀篤弘

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    開催地:同志社大学   国名:日本国  

  92. 曲面π共役系を有する三重縮環ポルフィリン多量体の合成と物性 国際会議

    福井識人・依光英樹・大須賀篤弘

    第36回有機合成若手セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    開催地:京都薬科大学   国名:日本国  

  93. Highly Planar Diarylamine-fused Porphyrins and Their Stable Radical Cations 国際会議

    Norihito Fukui, Hideki Yorimitsu, Atsuhiro Osuka

    Ninth International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines (ICPP-9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    開催地:Nanjing, China   国名:日本国  

  94. メゾ位に電子求引性置換基を有するポルフィリンの位置選択的な酸化的縮環反応 国際会議

    福井識人・依光英樹・大須賀篤弘

    第十一回有機元素化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    開催地:京都大学   国名:日本国  

  95. ジフェニルアミン縮環ポルフィリンの合成と物性 国際会議

    福井識人

    千葉大学テニュアトラック教員主催セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    開催地:千葉大学   国名:日本国  

  96. Synthesis and Conversion of meso,β-Oligohaloporphyrins 国際会議

    Norihito Fukui, Hideki Yorimitsu, Atsuhiro Osuka

    The 10th Organoelement Chemistry Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    開催地:Kyoto University, Kyoto, Japan   国名:日本国  

  97. Synthesis and properties of nitrogen-embedded porphyrins 国際会議

    Norihito Fukui, Hideki Yorimitsu, Atsuhiro Osuka

    The Sixteenth International Conference on the Science and Application of Nanotubes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    国名:日本国  

  98. meso-β-ハロゲン化ポルフィリンの合成と変換 国際会議

    福井識人・依光英樹・大須賀篤弘

    日本化学会第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    開催地:日本大学   国名:日本国  

  99. フェノキサジン縮環ポルフィリンの合成と物性 国際会議

    福井識人・依光英樹・大須賀篤弘

    錯体化学会第65回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    開催地:奈良女子大学   国名:日本国  

  100. 有効に共役したデヒドロパープリン二量体の合成とその物性 国際会議

    福井識人・依光英樹・大須賀篤弘

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    開催地:名古屋大学(愛知県)   国名:日本国  

  101. メゾアミノポルフィリンの縮環反応 国際会議

    福井識人・徳地澄人・依光英樹・大須賀篤弘

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    開催地:立命館大学 びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  102. 有効に共役したデヒドロパープリン二量体の合成とその物性 国際会議

    福井識人・依光英樹・大須賀篤弘

    第九回有機元素セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    開催地:京都大学(京都府)   国名:日本国  

  103. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出 招待有り

    福井識人

    有機化学学生ウェビナー  2020年8月2日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  104. 分子骨格内部の変換を指針とした新規π電子系化合物の創出

    福井 識人

    第3回集合有機分子機能研究会  2019年8月2日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 8

  1. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2021年4月 - 2022年3月

    研究奨励助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  2. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2021年3月 - 2022年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  3. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2020年12月 - 2021年11月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  4. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2020年11月 - 2022年3月

    マツダ研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  5. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2020年10月 - 2021年9月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  6. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2020年9月 - 2021年8月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2250000円

  7. 硫黄挿入型ペリレンビスイミドの有機薄膜太陽電池向け塗布型光変換前駆体としての利用

    2020年4月 - 2021年3月

    研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1500000円

  8. 有機薄膜太陽電池への応用を指向した 湾曲構造を有するn型有機半導体材料の開発

    2018年9月 - 2019年8月

    一般研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 14

  1. 硫黄脱離反応によりn型有機半導体へと変化する可溶性前駆体の開発

    2022年4月 - 2024年3月

    有機合成化学協会  三井化学 研究企画賞 

  2. 狭いHOMO-LUMOギャップと安定性を兼ね備えた芳香族炭化水素の創出

    研究課題/研究課題番号:22K14663  2022年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    福井 識人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    構造的・電子的に新規な芳香族炭化水素の創出は機能性π共役分子の創製に重要である。とりわけ、狭いHOMO-LUMOギャップ(HLギャップ)を有する芳香族炭化水素の創出は、電子の授受の両方に優れた電子材料や近赤外領域で応答する色素の創製につながる。しかし、狭いHLギャップを示す既存分子の多くは反応性が高く、これらを安定に取り扱うには嵩高い周辺置換基による保護を必要とする。本提案では、この“狭いHLギャップと安定性の両立”という挑戦的課題を、近年申請者が見出した『異種電子構造の調和』という視点を実現する分子設計指針の確立によって克服することを目指す。

  3. 狭バンドギャップと安定性を兼ね備えた芳香族炭化水素の創出

    2021年11月 - 2022年10月

    日東学術振興財団  研究助成 

  4. 狭バンドギャップと安定性を兼ね備えた芳香族炭化水素の創出と両極性有機半導体としての応用

    2021年10月 - 2022年9月

    三菱財団  第52回若手助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4000000円

  5. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2021年4月 - 2022年3月

    中部電気利用基礎研究振興財団 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:890000円

  6. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2021年4月 - 2022年3月

    東燃ゼネラル研究奨励・奨学会 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  7. 狭バンドギャップと安定性を兼ね備えた芳香族炭化水素の創出

    2021年4月 - 2022年3月

    豊田理化学研究所  豊田理研スカラー 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:1000000円

  8. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2021年4月 - 2022年3月

    東京化成化学振興財団 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1000000円

  9. 硫黄の脱離を分子設計の鍵とするn型有機半導体の可溶性前駆体の開発と有機薄膜太陽電池への応用

    2021年3月 - 2022年3月

    松籟科学技術振興財団 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. π共役分子の内部を探索空間とする未来材料の創製

    研究課題/研究課題番号:21466714  2021年 - 2024年

    戦略的な研究開発の推進 戦略的創造研究推進事業 さきがけ 

    福井 識人

      詳細を見る

    本研究では有機分子が多元素複合系であるという視点のもと、「骨格内部の変換」という独自の分子設計戦略の一般化を通じて物質探索空間の拡大を狙います。具体的にはπ共役分子に着目し、その骨格内部を未踏の物質探索空間と定めます。そして、分子変換法の確立と構造多様性の拡張を2本柱として研究を推進します。これにより、従来の周辺修飾法とは異なる機能創発指針を確立することで、未来材料の創製へとつなげます。

  11. 先端計測技術を用いた高密度共役分子集積体の物性解明

    研究課題/研究課題番号:20H05867  2020年11月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)  学術変革領域研究(A)

    竹延 大志, 熊井 玲児, 関 修平, 福井 識人, 熊井 玲児, 関 修平, 福井 識人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:300000円

    本研究は,A01・A02・A04班により高密化・集積化された高密度共役分子集積体に対して様々な物性測定を行い,π共役を超える新しい分子間共役である“X”-conjugationを検証・確立する。具体的には,Only One計測評価技術と化学的な知見を組み合わせ,新物質の超高速定量評価とスクリーニングを目指す。蓄積した情報はA01・A02班にフィードバックし,機能開拓に適した集合体を実現する。併せて,領域内共通装置を核とした高密度共役物性評価支援拠点をA04班と形成し,領域内共同研究を通して,構造・光・伝導・熱・磁気特性を最適化し,“X”-conjugationの本質を解き明かす。
    本研究は,A01・A02・A04班により高密化・集積化された高密度共役分子集積体に対して様々な物性測定を行い,新しい分子間共役である“X”-conjugationを検証・確立する。2021年度は,基礎物性解明と期間後半を見据えた「高次複合解析法」の基盤確立に取り組んだ。以下に,2021年度の成果を示す。
    光電子素子形成・評価(竹延・福井) 1) キャリア伝導・光・熱・磁気物性の解明:領域内で合成された物質の評価を行った。特に、福井はA01班忍久保と関との共同研究により、積層ノルコロール三量体のπ平面間に電子が非局在化することを明らかにした。加えて,竹延は歪みによる構造変調と伝導・発光特性を両立する高次複合的な測定技術を原子層材料に適用し、室温における電場による切り替えが可能な円偏光発光に成功した。 2) 電気化学・電気二重層トランジスタを用いた超高密度キャリア蓄積:側鎖密度を制御した高分子材料において、熱により電解質が高分子内を移動し、熱起電力を生じることを見出した。
    環境制御下超微細構造評価(熊井):放射光X線回折による高密度共役の可視化のための、領域内で合成された物質における電子密度分布解析を検討した。具体的には、昨年度に引き続きノルコロール誘導体の電子密度分布の解析と可視化を試みた。良質な結晶を用いることで電子密度分布解析に必要な回折データ測定が可能なことが明らかになった。
    超高スループット電子伝導・スピン輸送複合評価(関): 昨年度に引き続き、高次複合解析法に向けた測定装置・技術の設計・開発を行った。並行して、ピレンをビルディングブロックとする大気安定アニオン・ジアニオン、およびトルキセノントリイミドを用いたn型半導体の合成と評価に成功した。A01班忍久保、福井との共同研究により、溶液中積層ノルコロールの自己集合体についてその光電気伝導度性を定量評価した。
    2021年度は、竹延・福井が打ち出す戦略のもと,竹延・熊井・関がOnly One計測評価技術を活かした基礎物性解明と期間後半を見据えた「高次複合解析法」の基盤確立を目標としていた。以下に,各研究項目の進捗状況を示す。
    光電子素子形成・評価(竹延・福井)
    1) キャリア伝導・光・熱・磁気物性の解明:伝導・光・熱・磁気物性の評価を目標としており、2021年度は、これまでの技術を活かした基礎物性解明だけではなく、昨年度開発した「高次複合解析法」である歪みによる構造変調と伝導・発光特性を両立させた新たな測定技術を、原子層材料に適用し、歪んだ原子層材料に強電場を印加した際に実現する室温にいて電場による切り替えが可能な円偏光発光に成功した。期間後半を見据えた「高次複合解析法」が早くも成果につながり、当初の計画以上に進展したと言える。2) 電気化学・電気二重層トランジスタを用いた超高密度キャリア蓄積:高密度なキャリア蓄積は竹延が得意とするところであり、電気化学的に安定な高分子への導入は当初の予定通りであり、順調に展開している。
    環境制御下超微細構造評価(熊井):本研究課題の最終目標の一つである高密度共役の可視化に不可欠である電子密度分布解析に必要な回折データ測定が可能なことが明らかになった。研究期間後半に期待していた成果が得られており、当初の計画以上に進展したと言える。
    超高スループット電子伝導・スピン輸送複合評価(関): 高次複合解析法の設計・開発が予定通りに進んでいる。並行して、これまでの技術を用いた成果も順調に得られている。
    A01・A02・A04班により高密化・集積化された高密度共役分子集積体に対する様々な物性測定により得られた成果があがっている。加えて、領域発足後に新たに開発した「高次複合解析法」による成果が早くもあがり始め、当初の計画以上に進展している。今後も、当初の研究計画に従って推進する。

  12. ヘテロ元素の挿入を分子設計の鍵とした新規湾曲π共役分子の創出

    研究課題/研究課題番号:20K15257  2020年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究  若手研究

    福井 識人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    湾曲したπ共役分子は三次元的なπ電子の広がりや高い溶解性などの特徴的な性質を示す。これらの特性は機能性有機材料創出の観点から重要であるが、機能発現には置換基の導入による電子状態の制御が必要となる。一方、ヘテロ元素を骨格に組み込めば、周辺置換基に頼らずとも電子状態を調節できる。しかし現在、ヘテロ元素含有湾曲π共役分子の設計は「既存の湾曲分子の炭素をヘテロ元素へ置換する」という戦略に依存している。これに対して本研究では、湾曲π共役分子の新たな設計指針の構築を狙い、「平面π共役分子へのヘテロ元素の挿入」という指針を掲げ、新規機能性分子の創出を目指す。
    特異な物性を示すπ共役分子の創出は機能性有機材料創出の観点から重要である。本研究では「分子骨格内部への元素の挿入」という独自の視点を掲げ、構造的・電子的に新規な湾曲π共役分子の創出を行った。具体的には、(1)硫黄挿入型ペリレンビスイミドの創出と有機半導体作製用の可溶性前駆体としての活用や(2)炭素挿入型ペリレンビスイミドの開発を実施した。加えて、本研究の過程で偶然にも大気化で動作する新たなn型有機半導体材料の創出にも成功した。
    本成果は「元素の挿入」という独自の分子設計指針が新物質創出に効果的であることを実証している。これは分子設計という材料開発の根本原理における新たな物質探索空間の拡張を意味している。ここに学術的な意義がある。
    加えて本研究を通して開発した「硫黄挿入型ペリレンビスイミド」は、プラスチックなどのフレキシブル基盤上に有機半導体薄膜を作製する基盤技術となり得る。これはウェアラブルデバイスの実装の鍵であり、将来的なスマート社会の実現にも貢献しうる技術である。ここに社会的な意義がある。

  13. ヘテロ元素置換ポルフィリンの光線力学的療法による癌治療への利用

    研究課題/研究課題番号:19KK0138  2019年10月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))  国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    忍久保 洋, 三宅 由寛, Shin Jiyoung, 福井 識人, 三宅 由寛, Shin Jiyoung, 福井 識人

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    光線力学療法(Photodynamic Therapy = PDT)とは、光励起による一重項酸素発生に基づく癌治療であり、低侵襲癌治療法として注目される。しかし、深部癌を治療するには生体透過性の高い近赤外光で励起できる増感剤を開発する必要がある。そこで本研究では、日本ー韓国ーフランスの三国間で国際共同研究を行い、ヘテロ元素を含む新規ポルフィリン誘導体を用いて高活性近赤外PDT光増感剤を開発することを目指す。
    ヘムタンパク質のヘムを人工ヘムに置き換えることで、ヘムタンパク質の活性を向上させる研究が注目されている。人工ヘムとして、ヘテロポルフィリンなどの構造改変したポルフィリンを用いると、大きな電子的影響によりヘムタンパク質の機能に大きな変調をもたらすことが期待できる。本研究では、緑膿菌に存在するヘム獲得タンパク質 HasAに着目し、これに人工ヘムとして酸素を導入したカチオン性ポルフィリン類縁体である5-オキサポルフィリニウムカチオンをHasAに再構成させることを試みた。まず、オキサポルフィリニウムカチオンに種々の金属塩を作用させることで、対応する金属錯体を良好な収率で得ることができた。種々の金属錯体のHasAへの取り込みを検討したところ、オキサポルフィリニウムの中心金属としてコバルトを用いたときに効率的に再構成が起こることを見いだした。再構成の過程で、コバルト中心は3価へと酸化されることをNMR、ESR、および吸収スペクトル測定から明らかにした。興味深いことに、この再構成HasAは、緑膿菌の増殖阻害効果を示した。コバルトオキサポルフィリニウムカチオンによる阻害活性は、通常の中性コバルトポルフィリンをHasAに再構成させたものよりも高かった。さらにこの増殖阻害法は、多剤耐性緑膿菌に対しても有効であった。 また、得られた金属オキサポルフィリニウムの光線力学療法における活性についても調査を進めている。
    一方、昨年合成に成功した糖鎖をもつジアザポルフィリンは、ヒトの乳がん細胞を用いた実験により、従来のジアザポルフィリンよりも光線力学療法における活性が高いことがわかった。この結果から、ジアザポルフィリンが光線力学療法における光増感剤として有望であることが明らかになった。
    日本側での合成実験は順調に進行しており、今年度は新たにチアポルフィリニウムカチオンやアザポルフィリニウムカチオンの合成を達成した。フランス側、韓国側に日本側から若手研究者を派遣できなかったが、PDT活性評価実験や光物性評価も進んでおり、成果が得られつつある。
    これまでの研究によって、糖鎖で修飾されたジアザポルフィリンなどが優れたPDT活性を示すことが判明した。そこで、今後は高い活性が得られた化合物については魚を用いたin vivo での活性評価を行う。今年度中に研究協力者をフランスに派遣して、これらの実験を行う。

  14. 新規合成戦略の開発を基軸とした機能性π拡張ポルフィリンの創出

    2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  特別研究員(DC1) 

    福井 識人

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2800000円

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 17

  1. 有機化学セミナー2E

    2020

  2. 有機化学セミナー2D

    2020

  3. 有機化学セミナー2B

    2020

  4. 有機化学セミナー2A

    2020

  5. 有機化学セミナー1C

    2020

  6. 有機化学セミナー1B

    2020

  7. 有機化学セミナー1A

    2020

  8. 化学生命工学実験2

    2020

  9. 卒業研究B

    2020

  10. 卒業研究A

    2020

  11. 化学生命工学実験3

    2020

  12. 有機化学2及び演習

    2019

  13. 化学生命工学実験2

    2019

  14. 化学生命工学実験3

    2019

  15. 有機化学2及び演習

    2018

  16. 化学生命工学実験3

    2018

  17. 化学生命工学実験2

    2018

▼全件表示