2022/09/16 更新

写真a

オオヤマ シンタロウ
大山 慎太郎
OYAMA Shintaro
所属
未来社会創造機構 予防早期医療創成センター 准教授
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
准教授

学位 2

  1. 博士(医学) ( 2017年3月   名古屋大学 ) 

  2. Medical Doctor (Clinician) ( 2007年4月   Nagoya University ) 

研究分野 7

  1. ナノテク・材料 / 光工学、光量子科学

  2. ライフサイエンス / 整形外科学

  3. ライフサイエンス / 医用システム

  4. 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

  5. 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション  / ヒューマンマシンインターフェース

  6. 情報通信 / 生命、健康、医療情報学  / 医療情報学

  7. ライフサイエンス / 整形外科学

▼全件表示

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 奥三河メディカルバレープロジェクト

  2. スマートホスピタル構想

経歴 8

  1. 琉球大学   医学部先端医学研究センター MDx   准教授

    2022年8月

  2. 名古屋大学   予防早期医療創成センター   准教授

    2022年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   情報基盤センター 情報基盤ネットワーク研究部門/情報基盤   特任助教

    2018年4月 - 現在

  4. 名古屋大学   医学部附属病院 メディカルITセンター   特任助教

    2018年4月 - 2022年3月

  5. 理化学研究所 光量子工学研究領域 画像情報処理研究センター   客員研究員

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 特定国立研究開発法人理化学研究所   光量子工学研究領域 画像情報処理研究チーム   客員研究員

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学   医学部附属病院 メディカルITセンター   特任助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 特定国立研究開発法人理化学研究所   画像情報処理研究チーム   JRA

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   総合医学

    2013年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 医療情報学会

    2017年 - 現在

  2. 日本運動器疼痛学会

    2014年4月 - 現在

  3. 日本手外科学会

    2011年4月 - 現在

  4. 日本整形外科学会

    2009年4月 - 現在

受賞 1

  1. 優秀 web presentation 賞

    2020年9月   日本CAOS学会 日本最小侵襲整形外科学会   近赤外線分光画像の機械学習による重要組織分離

    大山 慎太郎

 

論文 96

  1. スマートホスピタル構想における汎用型多目的ロボットの活用 招待有り 査読有り

    大山 慎太郎, 山下 佳子, 小倉 環, 藤原 友莉子, 高椋 大寛, 白鳥 義宗

    情報処理   63 巻 ( 5 ) 頁: 1 - 32   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.20729/00217574

  2. 疼痛診療のオラリティ情報を評価するシステム 査読有り

    大山 慎太郎, 岩月 克之, 平田 仁

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   13 巻 ( 4 ) 頁: S57 - S57   2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    J-GLOBAL

  3. Smart hospital infrastructure: geomagnetic in-hospital medical worker tracking. 国際誌

    Yamashita K, Oyama S, Otani T, Yamashita S, Furukawa T, Kobayashi D, Sato K, Sugano A, Funada C, Mori K, Ishiguro N, Shiratori Y

    Journal of the American Medical Informatics Association : JAMIA   28 巻 ( 3 ) 頁: 477 - 486   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the American Medical Informatics Association  

    Purpose: Location visualization is essential for locating people/objects, improving efficiency, and preventing accidents. In hospitals, Wi-Fi, Bluetooth low energy (BLE) Beacon, indoor messaging system, and similar methods have generally been used for tracking, with Wi-Fi and BLE being the most common. Recently, nurses are increasingly using mobile devices, such as smartphones and tablets, while shifting. The accuracy when using Wi-Fi or BLE may be affected by interference or multipath propagation. In this research, we evaluated the positioning accuracy of geomagnetic indoor positioning in hospitals. Materials and Methods: We compared the position measurement accuracy of a geomagnetic method alone, Wi-Fi alone, BLE beacons alone, geomagnetic plus Wi-Fi, and geomagnetic plus BLE in a general inpatient ward, using a geomagnetic positioning algorithm by GiPStech. The existing Wi-Fi infrastructure was used, and 20 additional BLE beacons were installed. Our first experiment compared these methods' accuracy for 8 test routes, while the second experiment verified a combined geomagnetic/BLE beacon method using 3 routes based on actual daily activities. Results: The experimental results demonstrated that the most accurate method was geomagnetic/BLE, followed by geomagnetic/Wi-Fi, and then geomagnetic alone. Discussion: The geomagnetic method's positioning accuracy varied widely, but combining it with BLE beacons reduced the average position error to approximately 1.2 m, and the positioning accuracy could be improved further. We believe this could effectively target humans (patients) where errors of up to 3 m can generally be tolerated. Conclusion: In conjunction with BLE beacons, geomagnetic positioning could be sufficiently effective for many in-hospital localization tasks.

    DOI: 10.1093/jamia/ocaa204

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Experimental pilot study for augmented reality-enhanced elbow arthroscopy. 国際誌

    Yamamoto M, Oyama S, Otsuka S, Murakami Y, Yokota H, Hirata H

    Scientific reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 4650 - 4650   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    The purpose of this study was to develop and evaluate a novel elbow arthroscopy system with superimposed bone and nerve visualization using preoperative computed tomography (CT) and magnetic resonance imaging (MRI) data. We obtained bone and nerve segmentation data by CT and MRI, respectively, of the elbow of a healthy human volunteer and cadaveric Japanese monkey. A life size 3-dimensional (3D) model of human organs and frame was constructed using a stereo-lithographic 3D printer. Elbow arthroscopy was performed using the elbow of a cadaveric Japanese monkey. The augmented reality (AR) range of error during rotation of arthroscopy was examined at 20 mm scope–object distances. We successfully performed AR arthroscopy using the life-size 3D elbow model and the elbow of the cadaveric Japanese monkey by making anteromedial and posterior portals. The target registration error was 1.63 ± 0.49 mm (range 1–2.7 mm) with respect to the rotation angle of the lens cylinder from 40° to − 40°. We attained reasonable accuracy and demonstrated the operation of the designed system. Given the multiple applications of AR-enhanced arthroscopic visualization, it has the potential to be a next-generation technology for arthroscopy. This technique will contribute to the reduction of serious complications associated with elbow arthroscopy.

    DOI: 10.1038/s41598-021-84062-7

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Development Of A Machine Learning Combination With Deep Learning For Diagnosing Idiopathic Pulmonary Fibrosis In Chronic Interstitial Lung Disease

    Furukawa Taiki, Oyama Shintaro, Yokota Hideo, Kondoh Yasuhiro, Shiratori Yoshimune, Hasegawa Yoshinori

    EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL   56 巻   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1183/13993003.congress-2020.808

    Web of Science

  6. 近赤外線カメラを利用した血管及び神経の術中画像分離

    大山 慎太郎, 森下 壮一郎, 横田 秀夫, 平田 仁

    日本手外科学会雑誌   34 巻 ( 5 ) 頁: 898 - 901   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

    筆者らは手術中に肉眼で区別することが困難な状況の血管及び神経等重要組織の把握に役に立つ,近赤外線光カメラを使用した非蛍光での組織分離手法を開発した.本手法は近赤外光の組織における散乱・吸収特性に基づき,生体組織の上からハロゲン光を照射し,生体組織で吸収・反射されて戻ってくる近赤外スペクトルを画像として計測し,独立成分分析を基にした画像解析を行う事で重要組織を判別する手法である.ニホンザルより採取した腋窩組織における神経血管束の画像分離を行い,3名の手外科医に対する正解率の変化を調査した結果,提案手法における神経血管束走行の把握に関する一定の診断貢献効果が認められた.(著者抄録)

    添付ファイル: 手の外科論文.pdf

    J-GLOBAL

  7. 新しい医療技術 近赤外光・テラヘルツ光を用いた新しい体外診断法

    大山 慎太郎, 平田 仁

    整形・災害外科   60 巻 ( 13 ) 頁: 1611 - 1616   2017年12月

  8. Biomechanical Reconstruction Using the Tacit Learning System: Intuitive Control of Prosthetic Hand Rotation. 査読有り 国際誌

    Oyama S, Shimoda S, Alnajjar FS, Iwatsuki K, Hoshiyama M, Tanaka H, Hirata H

    Frontiers in neurorobotics   10 巻   頁: 19 - 19   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Neurorobotics  

    Background: For mechanically reconstructing human biomechanical function, intuitive proportional control, and robustness to unexpected situations are required. Particularly, creating a functional hand prosthesis is a typical challenge in the reconstruction of lost biomechanical function. Nevertheless, currently available control algorithms are in the development phase. The most advanced algorithms for controlling multifunctional prosthesis are machine learning and pattern recognition of myoelectric signals. Despite the increase in computational speed, these methods cannot avoid the requirement of user consciousness and classified separation errors. “Tacit Learning System” is a simple but novel adaptive control strategy that can self-adapt its posture to environment changes. We introduced the strategy in the prosthesis rotation control to achieve compensatory reduction, as well as evaluated the system and its effects on the user. Methods: We conducted a non-randomized study involving eight prosthesis users to perform a bar relocation task with/without Tacit Learning System support. Hand piece and body motions were recorded continuously with goniometers, videos, and a motion-capture system. Findings: Reduction in the participants’ upper extremity rotatory compensation motion was monitored during the relocation task in all participants. The estimated profile of total body energy consumption improved in five out of six participants. Interpretation: Our system rapidly accomplished nearly natural motion without unexpected errors. The Tacit Learning System not only adapts human motions but also enhances the human ability to adapt to the system quickly, while the system amplifies compensation generated by the residual limb. The concept can be extended to various situations for reconstructing lost functions that can be compensated.

    DOI: 10.3389/fnbot.2016.00019

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. 特集 間質性肺炎 徹底討論!-鳥からは逃げられない過敏性肺炎,放置してよいのかILA Ⅳ.最近の話題 間質性肺炎のAI診断

    古川大記, 古川大記, 古川大記, 古川大記, 大山慎太郎, 大山慎太郎

    呼吸器ジャーナル   69 巻 ( 3 ) 頁: 450 - 457   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社 医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1437200484

    CiNii Research

    J-GLOBAL

  10. Author Correction: Experimental pilot study for augmented reality-enhanced elbow arthroscopy. 国際誌

    Yamamoto M, Oyama S, Otsuka S, Murakami Y, Yokota H, Hirata H

    Scientific reports   11 巻 ( 1 ) 頁: 10708 - 10708   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    An amendment to this paper has been published and can be accessed via a link at the top of the paper.

    DOI: 10.1038/s41598-021-90073-1

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-021-84062-7

  11. スマートホスピタルのプラットフォーム スマートホスピタル Hospital as a Service

    大山 慎太郎, 大塚 孝信, 山下 佳子, 山下 暁士, 白鳥 義宗, 藤原 道隆

    医療機器学   91 巻 ( 2 ) 頁: 141 - 141   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本医療機器学会  

  12. 統合診療データを用いたAIによるアウトカム予測と診療サマリ生成に向けた検討

    古川大記, 三沢翔太郎, 大山慎太郎, 佐藤菊枝, 狩野竜示, 鑓水大和, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  13. 地域診療データ基盤のためのデータ収集プラットフォーム構築

    佐藤菊枝, 小林大介, 小林大介, 山下暁士, 大山慎太郎, 古川大記, 白鳥義宗

    日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集   25th 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  14. 当院におけるGS1コード・RFIDの活用と課題

    山下暁士, 山下佳子, 大山慎太郎, 友澤洋史, 阿磨由美子, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  15. 整形外科医とマイクロサージャリーの現状

    建部将広, 平田仁, 山本美知郎, 栗本秀, 岩月克之, 米田英正, 大山慎太郎, 中川泰伸, 徳武克浩, 仲野隆彦, 佐伯将臣

    日本整形外科学会雑誌   95 巻 ( 2 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  16. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大におけるDPCデータを用いた受療状況分析

    佐藤菊枝, 小林大介, 小林大介, 山下暁士, 大山慎太郎, 古川大記, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  17. 5G/IoT時代を見据えた,山間部・へき地における遠隔リハビリテーションの実証

    半田裕, 安形司, 野村政嘉, 夏目賢治, 加倉美和, 伸井勝, 米田英正, 大山慎太郎, 佐伯将臣, 下田真吾, 金田賢, 小林由幸, 平田仁

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  18. AI-MAILsで行う現場ニーズに基づいた医療Dx

    大山慎太郎

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  19. IoTを用いた手指衛生モニタリングシステムのフィードバックと感染予防への効果

    出野義則, 出野義則, 山下芳範, 室井洋子, 松山千夏, 飛田征男, 坂本祐二, 山下佳子, 大山慎太郎, 重見博子, 岩崎博道

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  20. バイオプリンティング技術の開発動向 3Dプリンタ向け新規人工骨材の開発

    渡邉政樹, 辻村有紀, 山澤建二, 横田秀夫, 大山慎太郎

    Bio Industry   38 巻 ( 10 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  21. バイアスレスな色彩心理指標を活用した病院職員の個性の特徴化

    大山慎太郎, 山下佳子, 濱口和久, 早川達也, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  22. スマートホスピタル構想~医療Society5.0におけるDx研究~

    大山慎太郎, 大山慎太郎, 古川大記, 古川大記, 山下暁士, 山下暁士, 原武史, 原武史

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  23. スマートホスピタル~Hospital as a Service~

    大山慎太郎, 大山慎太郎, 大塚孝信, 山下佳子, 山下暁士, 白鳥義宗, 藤原道隆

    医療機器学   91 巻 ( 2 )   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  24. Radio Frequency Identifier(RFID)を用いた人工関節インプラント使用実績自動登録システムの検証

    山下暁士, 山下暁士, 大山慎太郎, 山下佳子, 平岩秀樹, 関泰輔, 友澤洋史, 阿磨由美子, 石塚真哉, 竹上靖彦, 今釜史郎, 白鳥義宗

    日本人工関節学会プログラム・抄録集   51st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  25. IoT屋内位置測位技術を活用した手指衛生モニタリング

    山下佳子, 大山慎太郎, 坂本祐二, 友澤洋史, 出野義則, 山下暁士, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   41st 巻   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  26. IoTデバイスを活用した位置測位技術は看護師の職場リスクを低減できるか

    山下 佳子, 大山 慎太郎, 舩田 千秋, 山下 暁士, 佐藤 菊枝, 古川 大記, 菅野 亜紀, 小林 大介, 友澤 洋史, 坂本 祐二, 出野 義則, 白鳥 義宗

    医療情報学連合大会論文集   40回 巻   頁: 598 - 601   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

    J-GLOBAL

  27. 看護行動におけるプレゼンティズムリスク分析とIoTセンシング可能性の検証

    山下 佳子, 大山 慎太郎, 舩田 千秋, 山下 暁士, 佐藤 菊枝, 古川 大記, 菅野 亜紀, 小林 大介, 坂本 祐二, 出野 義則, 白鳥 義宗

    医療情報学連合大会論文集   40回 巻   頁: 924 - 926   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

    J-GLOBAL

  28. スマートホスピタル構想におけるIoTによる医療従事者支援の取り組み

    大山 慎太郎, 山下 佳子, 山下 暁士, 舩田 千秋, 佐藤 菊枝, 菅野 亜紀, 小林 大介, 白鳥 義宗

    日本医療マネジメント学会雑誌   21 巻 ( Suppl. ) 頁: 354 - 354   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(NPO)日本医療マネジメント学会  

  29. 深層学習を用いた間質性肺炎の高精度予後予測アルゴリズム

    古川 大記, 大山 慎太郎, 近藤 康博, 馬場 智尚, 小倉 高志, 長谷川 好規, 白鳥 義宗

    日本呼吸器学会誌   9 巻 ( 増刊 ) 頁: 117 - 117   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

  30. Development of a Deep Learning Model for Accurate Predicting Interstitial Lung Disease Prognosis

    Furukawa T., Oyama S., Kondoh Y., Baba T., Ogura T., Hasegawa Y., Shiratori Y.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   201 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  31. Electroencephalographic Functional Connectivity With the Tacit Learning System Prosthetic Hand: A Case Series Using Motor Imagery. 査読有り 国際誌

    Iwatsuki K, Hoshiyama M, Oyama S, Yoneda H, Shimoda S, Hirata H

    Frontiers in synaptic neuroscience   12 巻   頁: 7 - 7   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Synaptic Neuroscience  

    We previously created a prosthetic hand with a tacit learning system (TLS) that automatically supports the control of forearm pronosupination. This myoelectric prosthetic hand enables sensory feedback and flexible motor output, which allows users to move efficiently with minimal burden. In this study, we investigated whether electroencephalography can be used to analyze the influence of the auxiliary function of the TLS on brain function. Three male participants who had sustained below-elbow amputations and were myoelectric prosthesis users performed a series of physical movement trials with the TLS inactivated and activated. Trials were video recorded and a sequence of videos was prepared to represent each individual’s own use while the system was inactivated and activated. In a subsequent motor imagery phase during which electroencephalography (EEG) signals were collected, each participant was asked to watch both videos of themself while actively imagining the physical movement depicted. Differences in mean cortical current and amplitude envelope correlation (AEC) values between supplementary motor areas (SMA) and each vertex were calculated. For all participants, there were differences in the mean cortical current generated by the motor imagery tasks when the TLS inactivated and activated conditions were compared. The AEC values were higher during the movement imagery task with TLS activation, although their distribution on the cortex varied between the three individuals. In both S1 and other brain areas, AEC values increased in conditions with the TLS activated. Evidence from this case series indicates that, in addition to motor control, TLS may change sensory stimulus recognition.

    DOI: 10.3389/fnsyn.2020.00007

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  32. 転倒転落リスク状態看護計画立案ルール 効果の検討

    舩田千秋, 水谷浩行, 大山慎太郎, 白鳥義宗

    日本医療情報学会看護学術大会論文集   21st 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  33. 臨床工学・機器管理 入院患者位置情報測位とバイタル収集における電波環境の課題

    小倉環, 松田祐晴, 遠藤哲夫, 安形司, 半田裕, 大山慎太郎

    病院設備   62 巻 ( 5 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  34. 看護師プレゼンティズム予防のためのIoTセンサデバイスを活用した行動解析とリスク分析

    大山慎太郎, 山下佳子, 井上創造, PAURA Lago, 武田紳吾, 出野義則, 山下暁士, 舩田千秋, 佐藤菊枝, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  35. 当院における第2期ロボット搬送システム実証実験

    山下暁士, 山村秀弥, 宮城英毅, 大山慎太郎, 舩田千秋, 佐藤菊江, 菅野亜紀, 小林大介, 白鳥義宗

    日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集   24th (Web) 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  36. 機械学習を用いた複合性局所疼痛症候群(CRPS)の重症度評価技術の開発

    大山慎太郎, 岩月克之, 平田仁

    Bio Industry   37 巻 ( 7 )   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  37. 深層学習を用いた間質性肺炎の高精度予後予測アルゴリズム

    古川大記, 大山慎太郎, 近藤康博, 馬場智尚, 小倉高志, 長谷川好規, 白鳥義宗

    日本呼吸器学会誌(Web)   9 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  38. 現場ニーズに基づいた汎用Bluetoothリストデバイスによる患者バイタル・位置測位システムの構築とその実証

    小倉環, 松田祐晴, 遠藤哲夫, 安形司, 半田裕, 大山慎太郎, 石島透, 兼平健太郎, 藤溪一毅, 小原大祐, 平田仁

    医療情報学連合大会プログラム・抄録集   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  39. 現場ニーズに基づいた汎用Bluetoothリストデバイスによる患者バイタル・位置測位システムの構築とその実証

    小倉環, 松田祐晴, 遠藤哲夫, 安形司, 半田裕, 大山慎太郎, 石島透, 兼平健太郎, 藤溪一毅, 小原大祐, 平田仁

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  40. 疾患領域からみた受療状況とアクセシビリティ評価

    佐藤菊枝, 小林大介, 小林大介, 山下暁士, 大山慎太郎, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会プログラム・抄録集   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  41. 疾患領域からみた受療状況とアクセシビリティ評価

    佐藤菊枝, 小林大介, 小林大介, 山下暁士, 大山慎太郎, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  42. 看護師プレゼンティズム予防のためのIoTセンサデバイスを活用した行動解析とリスク分析

    大山慎太郎, 山下佳子, 井上創造, LAGO Paura, 武田紳吾, 出野義則, 山下暁士, 舩田千秋, 佐藤菊枝, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会プログラム・抄録集   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  43. Bluetoothによる位置情報とウェアラブルデバイスを利用した医療安全とPatient Exerienceの向上

    半田裕, 安形司, 夏目賢治, 大山慎太郎, 小倉環, 藤渓一毅, 増間智昭, 平田仁

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  44. RFIDを用いた手術材料使用実績自動登録システムの実証実験

    山下暁士, 大山慎太郎, 山下佳子, 佐藤菊枝, 菅野亜紀, 舩田千秋, 小林大介, 阿磨由美子, 友澤洋史, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  45. RFIDを用いた手術材料使用実績自動登録システムの実証実験

    山下暁士, 大山慎太郎, 山下佳子, 佐藤菊枝, 菅野亜紀, 舩田千秋, 小林大介, 阿磨由美子, 友澤洋史, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会プログラム・抄録集   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  46. IoTデバイスを活用した位置測位技術は看護師の職場リスクを低減できるか

    山下佳子, 大山慎太郎, 舩田千秋, 山下暁士, 佐藤菊枝, 古川大記, 菅野亜紀, 小林大介, 小林大介, 友澤洋史, 坂本祐二, 出野義則, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  47. Bluetoothによる位置情報とウェアラブルデバイスを利用した医療安全とPatient Experienceの向上

    半田裕, 安形司, 夏目賢治, 平田仁, 大山慎太郎, 小倉環, 藤溪一毅, 増間智昭

    医療情報学連合大会プログラム・抄録集   40th 巻   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  48. 手術材料マスターの運用管理に関する検討

    山下 暁士, 白鳥 義宗, 舩田 千秋, 大山 慎太郎, 小林 大介, 佐藤 菊江, 菅野 亜紀, 古川 大記, 堤 英樹

    医療情報学連合大会論文集   39回 巻   頁: 864 - 866   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

    J-GLOBAL

  49. リン酸三カルシウムによる3Dプリンター人工骨作製システム (特集 医療・ヘルスケアを支える高機能材料)

    横田 秀夫, 山澤 建二, 辻村 有紀, 渡邉 政樹, 大山 慎太郎

    工業材料   67 巻 ( 10 ) 頁: 42 - 47   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Books

    J-GLOBAL

  50. Use of in-Hospital Geomagnetic Fingerprinting Localization. 国際誌

    Yamashita K, Oyama S, Otani T, Yamashita S, Furukawa T, Kobayashi D, Sato K, Sugano A, Funada C, Mori K, Shiratori Y

    Studies in health technology and informatics   264 巻   頁: 2007 - 2008   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Studies in Health Technology and Informatics  

    Recently, visualizing location of people and things in a hospital has become an issue particularly for improving work efficiency and incident prevention. Although radio frequency waves such as Wi-Fi and Bluetooth are commonly used in indoor positioning, they have several limitations owing to their physical characteristics. We proposed in-hospital hybrid positioning technique, involving a combination of radio waves and geomagnetic fingerprinting techniques. We compared accuracy of proposed technique with that of Wi-Fi- and BLE-based techniques.

    DOI: 10.3233/SHTI190758

    Scopus

    PubMed

  51. 骨置換型人工骨を目指したインクジェット式3Dプリンターによる成型と評価 (特集 医療用3Dプリンタの活用動向)

    横田 秀夫, 山澤 建二, 渡邉 政樹, 辻村 有紀, 大山 慎太郎

    月刊Pharm Stage   19 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 46   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Books

    J-GLOBAL

  52. LPWA通信を用いた可搬型医療機器管理システムの提案と実装

    坂元 律矛, 大塚 孝信, 大山 慎太郎

      2019 巻 ( 1 ) 頁: 653 - 654   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    現在,医療機関では多くの可搬型医療機器を保守管理している.可搬型医療機器は, その特性上, 移動先が変化し, かつ定期的な保守点検が求められる. しかし,多くの医療機器を有するような大規模病院での場所の把握や保守管理は大きな負担となっている. そのため, 安価かつ効率的な医療機器管理システムが求められている.本研究では低消費電力であるLPWA通信を利用することで, 外部電源不要な医療機器の位置情報と動作情報を管理するシステムを実装する. さらに, 医療機器に手を加えることなく動作状況を把握するための電流センサ, 機器の位置情報を取得するためにW-Fiを利用することで,可搬型医療機器管理可能なデバイスを実装した.

    CiNii Books

  53. Evaluation of the brain function for the myoelectric hand prosthesis with tacit learning system

    Iwatsuki K.

    Biosystems and Biorobotics   21 巻   頁: 248-251   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-030-01845-0_49

    Scopus

  54. Magnetoencephalographic evaluation for the myoelectric hand prosthesis with tacit learning system. 査読有り 国際誌

    Iwatsuki K, Hoshiyama M, Oyama S, Shimoda S, Hirata H

    NeuroRehabilitation   44 巻 ( 1 ) 頁: 19 - 23   2019年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:NeuroRehabilitation  

    BACKGROUND: The effect of tacit learning systems (TLSs) on brain plasticity are as of yet unknown. We developed a myoelectric hand prosthesis equipped with a TLS to auto-regulate forearm rotation in response to upper extremity movement patterns. OBJECTIVE: To evaluate the effects of tacit learning on the central nervous system during a prosthesis control exercise. METHODS: The experienced prosthetic user performed a series of simple mechanical tasks with the TLS inactivated (the baseline condition) and then with it activated (the enhanced, experimental condition). The process was video recorded. Subsequently, the participant viewed video recordings of each condition (baseline and experimental) during magnetoencephalography and electroencephalography recordings. RESULTS: Stronger connections between the motor area and other cortical areas were observed, as indicated by a significant increase in coherence values. CONCLUSIONS: Integration and interoperability may underlie tacit learning and promote motor function-related adaptive neuroplasticity.

    DOI: 10.3233/NRE-182514

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  55. Development of a Machine Learning Combination with Deep Learning for Diagnosing Idiopathic Pulmonary Fibrosis in Interstitial Lung Disease

    Furukawa T., Oyama S., Yokota H., Kondoh Y., Hasegawa Y.

    AMERICAN JOURNAL OF RESPIRATORY AND CRITICAL CARE MEDICINE   199 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  56. 脳卒中の医療提供体制における患者受療分析-DPCデータからみるt-PA静注療法の地域格差の状況-

    佐藤菊枝, 小林大介, 小林大介, 菅野亜紀, 山下暁士, 大山慎太郎, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   39th 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  57. 大学院研究科としての手外科

    建部将広, 平田仁, 山本美知郎, 栗本秀, 岩月克之, 石井久雄, 米田英正, 中川泰伸, 徳武克浩, 大山慎太郎

    日本形成外科学会基礎学術集会プログラム・抄録集   28th 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  58. 手術材料マスターの運用管理に関する検討

    山下暁士, 白鳥義宗, 舩田千秋, 大山慎太郎, 小林大介, 佐藤菊江, 菅野亜紀, 古川大記, 堤英樹

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   39th 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  59. 深層学習を用いた機械学習による特発性肺線維症診断アルゴリズム

    古川大記, 古川大記, 大山慎太郎, 大山慎太郎, 横田秀夫, 近藤康博, 長谷川好規

    日本呼吸器学会誌(Web)   8 巻   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  60. Use of in-Hospital Geomagnetic Fingerprinting Localization

    Yamashita Keiko, Oyama Shintaro, Otani Tomohiro, Yamashita Satoshi, Furukawa Taiki, Kobayashi Daisuke, Sato Kikue, Sugano Aki, Funada Chiaki, Mori Kensaku, Shiratori Yoshimune

    MEDINFO 2019: HEALTH AND WELLBEING E-NETWORKS FOR ALL   264 巻   頁: 2007 - 2008   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3233/SHT1190758

    Web of Science

  61. インクジェット式3Dプリンターによる骨置換型人工骨の成形と評価

    横田秀夫, 山澤建二, 渡邉政樹, 渡邉政樹, 辻村有紀, 大山慎太郎

    Bio Industry   36 巻 ( 4 )   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  62. 誌上シンポジウム 骨関節外科への3Dプリンティングの応用 3Dプリンティング技術の上肢手術への応用

    大山 慎太郎, 平田 仁

    臨床整形外科   53 巻 ( 2 ) 頁: 121 - 129   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社医学書院  

    DOI: 10.11477/mf.1408201017

    CiNii Research

  63. 骨関節外科への3Dプリンティングの応用 3Dプリンティング技術の上肢手術への応用

    大山 慎太郎, 平田 仁

    臨床整形外科   53 巻 ( 2 ) 頁: 121 - 129   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)医学書院  

    整形外科治療に関連して使用する器具は術具,インプラント,装具,シミュレーションや説明用の模型など多岐にわたる.近年,これらの製作に3Dプリンターによる高速造形が大きな影響を及ぼしており,特に上肢治療で使用される器具において重要視される要素として,軽量性,精緻性,高いカスタマイズ性があり,近年の機器や材料の進歩により3Dプリンティングでそのような要件を満たす機器が安価に作成可能となってきた.3Dプリンティング器具の周術期における主な用途としては患者説明・術前プランニング・手術支援や術具・インプラント・術後装具や義肢が挙げられる.特に上肢手術における3Dプリンティングの応用についての最新の知見を紹介し,将来の展望について述べる.(著者抄録)

    J-GLOBAL

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2018&ichushi_jid=J01554&link_issn=&doc_id=20180131110007&doc_link_id=10.11477%2Fmf.1408201017&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11477%2Fmf.1408201017&type=%88%E3%8F%91.jp_%83I%81%5B%83%8B%83A%83N%83Z%83X&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00024_2.gif

  64. 高い強度,精密な加工能,優れた骨置換性を並立する人工骨の開発

    辻村有紀, 大山慎太郎, 大山慎太郎, 渡邉政樹, 山澤建二, 横田秀夫

    光量子工学研究 第6回 理研シンポジウム 平成30年     2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  65. 肘関節鏡下手術における関節鏡操作の定量分析

    大塚嵩斗, 大塚嵩斗, 山本美知郎, 大山慎太郎, 大山慎太郎, 大山慎太郎, 平田仁, 溝口博, 横田秀夫

    光量子工学研究 第6回 理研シンポジウム 平成30年     2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  66. 地磁気を利用した病院内位置測位手法の検証

    山下佳子, 大山慎太郎, 大谷智洋, 山下暁士, 小林大介, 小林大介, 佐藤菊枝, 舩田千秋, 森健策, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   38th 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  67. 当院における標準マスター導入の状況

    水谷浩行, 山下暁士, 堤英樹, 伊藤暁人, 木寅信秀, 北岡義国, 小林大介, 大山慎太郎, 舩田千秋, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   38th 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  68. 拡張現実増強型鏡視下人工肘関節置換術の開発

    YAMAMOTO Michiro, 大塚嵩斗, 大山慎太郎, 横田秀夫, 平田仁

    日本肘関節学会雑誌(Web)   26 巻 ( 1 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  69. 病院情報システムのマスターデータを統合的に管理する試み

    山下暁士, 水谷浩行, 堤英樹, 伊藤暁人, 林久博, 福田雄希, 小林大介, 大山慎太郎, 舩田千秋, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   38th 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  70. Augmented Realityを活用した肘関節鏡の開発

    山本美知郎, 大山慎太郎, 横田秀夫, 平田仁

    日本肘関節学会雑誌(Web)   25 巻 ( 1 )   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  71. マスターを統合的に管理する試み

    山下暁士, 水谷浩行, 堤英樹, 伊藤暁人, 林久博, 福田雄希, 小林大介, 大山慎太郎, 舩田千秋, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会プログラム・抄録集   38th 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  72. 近赤外分光法を利用した血管・神経組織の術中判別

    大山慎太郎, 大山慎太郎, 森下壮一郎, 横田秀夫, 曽我公平, 平田仁

    応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM)   64th 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  73. 当院のオーダー時エラーチェックに関する検討

    山下佳子, 山下暁士, 舩田千秋, 小林大介, 大山慎太郎, 西村紀美子, 朝田委津子, 小久保隆, 池田武, 久保田昌平, 山本聖子, 井上裕太, 佐藤淳一, 小林正幸, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   37th 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  74. 肘関節鏡の鏡筒の回転に追従するAR手術ナビゲーションシステムの開発

    大塚 嵩斗, 大山 慎太郎, 山本 美知郎, 平田 仁, 溝口 博, 横田 秀夫

    日本VR医学会学術大会プログラム・抄録集   2017 巻 ( 0 ) 頁: 16 - 17   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本VR医学会  

    DOI: 10.24764/jsmvr.2017.0_16

    CiNii Research

  75. モンテカルロシミュレーションによる追跡率とpaired-t検定結果の関連性の解析

    山下暁士, 酒井忠博, 酒井忠博, 舩田千秋, 小林大介, 大山慎太郎, 山下佳子, 佐藤淳一, 朝田委津子, 平岩秀樹, 濱田恭, 大野洋平, 宮本健太郎, 土谷早穂, 白鳥義宗

    医療情報学連合大会論文集(CD-ROM)   37th 巻   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  76. 拡張現実を利用した肘関節鏡手術

    俵 丈展, 山本 美知郎, 大山 慎太郎, 村上 幸己, 岩月 克之, 平田 仁, 横田 秀夫

    日本コンピュータ外科学会誌   18 巻 ( 4 ) 頁: 328 - 328   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

    J-GLOBAL

  77. 近赤外線分光法を利用した重要組織の画像分離

    大山慎太郎, 森下壮一郎, 横田秀夫

    光量子工学研究-若手・中堅研究者から見た光量子工学の展開 第4回 理研シンポジウム 平成28年     2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  78. Tacit learningシステムを応用した自己学習型電動義手

    岩月 克之, 大山 慎太郎, Alnajjar Fady, 下田 真吾, 栗本 秀, 山本 美知郎, 石黒 直樹, 平田 仁

    日本整形外科学会雑誌   89 巻 ( 2 ) 頁: S23 - S23   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

  79. 遊離深下腹壁動脈穿通枝皮弁(DIEP flap)で再建を行った前腕・手部挫滅損傷

    三矢 聡, 羽賀 貴博, 大山 慎太郎, 宮津 優, 仲野 隆彦, 山内 一平

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   58 巻 ( 1 ) 頁: 139 - 140   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    DOI: 10.11359/chubu.2015.139

    CiNii Research

  80. 外傷性橈骨神経麻痺に合併した肘関節後外側回旋不安定性の1例

    村山 敦彦, 矢崎 尚哉, 大山 慎太郎, 矢島 弘毅, 水野 直樹, 渡邉 健太郎

    整形外科   64 巻 ( 7 ) 頁: 625 - 627   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j00764.2013274347

    CiNii Research

  81. 指切断後疼痛症候群に対しプレガバリン(PGL)及びトラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン(TmH/AAP)が有効であった症例

    大山 慎太郎, 矢島 弘毅

    Journal of Musculoskeletal Pain Research   4 巻 ( 2 ) 頁: 81 - 81   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

  82. 橈骨遠位端骨折に対する遠位および近位設置型掌側ロッキングプレートの術後矯正損失と合併症頻度の差に関する検討

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 米田 英正, 石黒 直樹

    日本整形外科学会雑誌   86 巻 ( 3 ) 頁: S557 - S557   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

  83. 上腕骨骨折を伴った肩甲骨頚部骨折に対し観血的治療を行った1例

    熊谷 寛明, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 米田 英正, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 143 - 144   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  84. 上腕骨骨折を伴った肩甲骨頚部骨折に対し観血的治療を行った1例

    熊谷 寛明, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 米田 英正, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 巻 ( 1 ) 頁: 143 - 144   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    DOI: 10.11359/chubu.2012.143

    CiNii Research

  85. 高齢者の非定型的大腿骨骨幹部骨折の3例

    日比野 卓哉, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   55 巻 ( 6 ) 頁: 1337 - 1338   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    DOI: 10.11359/chubu.2012.1337

    CiNii Research

  86. 橈骨遠位端骨折に対する AcuMed 社製 AcuLoc Plate^【○!R】 と Synthes 社製 Distal Radius Plate 2.4 System Extra-Articular Plate の比較

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢崎 尚哉, 熊谷 寛明, 米田 英正

    骨折   33 巻 ( 2 ) 頁: 285 - 288   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Research

  87. 当院における高齢者の多発外傷の実態と予後に関する検討

    日比野 卓哉, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 巻 ( 3 ) 頁: 457-458   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  88. 橈骨遠位端骨折に対するAcuMed社製AcuLoc PlateとSynthes社製Distal Radius Plate 2.4 System Extra-Articular Plateの比較

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢崎 尚哉, 熊谷 寛明, 米田 英正

    骨折   33 巻 ( 2 ) 頁: 285 - 288   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    【目的】橈骨遠位端骨折に対する掌側ロッキングプレートの治療成績と使用プレートの特徴を検討した。【対象】2007年11月〜2010年1月までに治療し、8週以上追跡した137手関節で、平均年齢は60歳であった。114手関節にAcuLoc Plateを、23手関節にDRP-EA Plateを使用した。【方法】各プレートごとの関節可動域と日本手外科学会手関節機能評価、合併症の有無、X線評価による矯正損失を調査した。【結果】日本手外科学会手関節機能評価ではAcuLoc群でexcellent 107関節、good 7関節で、DRP-EA群で全例excellentであった。両群とも矯正損失はなかった。【結論】AcuLocは遠位設置型でDRP-EAは近位設置型であるが、いずれも多軸型のロッキング機構を有しており汎用性は高いと思われた。しかし小柄な女性や骨質の状態によっては使い分ける必要がある。(著者抄録)

  89. 小児足関節triplane骨折の4例

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 熊谷 寛明, 米田 英正

    整形外科   62 巻 ( 4 ) 頁: 321 - 325   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:南江堂  

    DOI: 10.15106/j00764.2011186409

    CiNii Research

  90. 小児足関節triplane骨折の4例

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 熊谷 寛明, 米田 英正

    整形外科   62 巻 ( 4 ) 頁: 321 - 325   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)南江堂  

    小児脛骨のtriplane骨折4例を経験した。男2例・女2例、年齢は12〜14歳で、2 fragments・関節内骨折型が2例、2 fragments・関節外骨折型が2例であった。受傷原因はテニス、滑り台での転倒、自転車での転倒、走り幅跳びで、治療は手術が3例、ギプスが1例であった。以下に2例を報告する。症例1(13歳女)はテニス中に受傷した2 fragments・関節内骨折型のtriplane骨折で、徒手整復で容易に整復されたが不安定性が強く、脊椎麻酔下に小皮切りを加え、骨把持鉗子で整復位を保持して中空ねじ1本で圧着・固定した。術後5週間は短下肢ギプス固定し、その後部分荷重を開始して7週で全荷重可能となった。術後13週で抜釘し、受傷15週時点で軽度の可動域制限を認めたものの機能障害は認めなかった。症例4(14歳男)は走り幅跳びの着地時に受傷した2 fragments・関節内骨折型のtriplane骨折で、4週間の短下肢ギプス固定後に免荷でROM訓練を開始し、8週から部分荷重を開始して12週で全荷重可能となった。受傷後20週経過時点でROM制限はなく、機能障害は認めなかった。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00764&link_issn=&doc_id=20110329300005&doc_link_id=issn%3D0030-5901%26volume%3D62%26issue%3D4%26spage%3D321&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0030-5901%26volume%3D62%26issue%3D4%26spage%3D321&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  91. 小児化膿性閉鎖筋膿瘍の1例

    大澤 郁介, 渡邉 健太郎, 水里 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 巻 ( 2 ) 頁: 269-270   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  92. 小児化膿性閉鎖筋膿瘍の1例

    大澤 郁介, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 巻 ( 2 ) 頁: 269 - 270   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    DOI: 10.11359/chubu.2011.269

    CiNii Research

  93. 当院における高齢者の多発外傷の実態と予後に関する検討

    日比野 卓哉, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   54 巻 ( 3 ) 頁: 457 - 458   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:中部日本整形外科災害外科学会  

    DOI: 10.11359/chubu.2011.457

    CiNii Research

  94. 橈骨遠位端骨折に対するシンセス社製掌側ロッキングプレートDRP-EAの使用経験 ロッキングスクリューの至適挿入に対する工夫について

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 日比野 卓哉, 呉 愛玲

    東海整形外科外傷研究会誌   23 巻   頁: 103 - 107   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:東海整形外科外傷研究会  

    2008年8月〜2010年1月に橈骨遠位端骨折に対してシンセス社製ロッキングプレートDRP-EAを用いて手術を施行した23例(32〜86歳・平均63歳)24手関節の治療成績について検討した。その結果、骨折型はAO分類A2;1関節・A3;4関節・B2;1関節・C1;6関節・C2;7関節・C3;5関節で、追跡期間は27〜392日・平均123日であった。ガイドブロック使用群10手関節、非使用群14手関節で、両群間の患者背景と術者の経験年数に差はなかった。臨床成績は手関節に外傷の既往や障害のあった症例と両側例を除いた20例では、日本手の外科学会手関節機能評価および斎藤の評価のいずれにおいても全例Excellentであった。全スクリュー本数の正中率と橈側側および尺側側スクリューの正中率はガイドブロック使用・非使用両群間に有意差を認めなかった。以上より、ガイドブロック使用により経験年数の少ない医師、或いは手の外科非専門医の正中率が向上する傾向がみられた。

  95. 橈骨遠位端骨折に対するAcuMed社製AcuLoc PlateとSynthes社製Distal Radius Plate 2.4 System Extra-Articular Plateの治療成績の比較

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 佐々木 宏, 矢崎 尚哉, 熊谷 寛明, 米田 英正

    骨折   32 巻 ( Suppl. ) 頁: S74 - S74   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

  96. 小児足関節Triplane骨折の4症例

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 太田 英之, 米田 英正

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌   53 巻 ( 春季学会 ) 頁: 179 - 179   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

▼全件表示

書籍等出版物 6

  1. 3Dプリンタ用 新規材料開発

    大山 慎太郎, 山澤 建二, 渡邉 政樹, 辻村 有紀, 横田 秀夫( 担当: 共著 ,  範囲: 3Dプリンタ向け新規人工骨材の開発 -結合剤噴射法(Binder Jetting)による 人工骨造形を行うαTCP材料-)

    NTS出版  2021年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  2. 月刊バイオインダストリー

    大山慎太郎, 岩月克之, 平田仁( 担当: 共著 ,  範囲: 機械学習を用いた複合性局所疼痛症候群(CRPS)の重症度評価技術の開発)

    シーエムシー出版  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  3. 3Dプリンタ用材料開発と造形物の高精度化

    渡邉政樹, 大山慎太郎, 辻村有紀, 山澤建二, 横田秀夫( 担当: 共著 ,  範囲: 第11章 各産業分野における3Dプリンタの活用事例 インクジェット式3Dプリンターによる骨置換型人工骨の成形)

    技術情報協会  2020年5月  ( ISBN:9784861047930

     詳細を見る

    総ページ数:469p   記述言語:日本語

    CiNii Books

  4. テクノロジー・ロードマップ2020-2029 ICT融合新産業編

    緒方 真一, 大山慎太郎, 他( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第五章 ICTと医療・介護 5-2.スマートホスピタル)

    日経BP出版  2020年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  5. テクノロジー・ロードマップ : 2019-2028

    大山 慎太郎( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第二章 医療 スマートホスピタル)

    日経BP社  2018年11月  ( ISBN:9784296100729

     詳細を見る

    総ページ数:冊   記述言語:日本語

    CiNii Books

  6. Evaluation of the brain function for the myoelectric hand prosthesis with tacit learning system

    Iwatsuki K., Oyama S., Hoshiyama M., Shimoda S., Hirata H.( 担当: 単著)

    Biosystems and Biorobotics  2018年  ( ISBN:978-3-030-01844-3

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    We developed a myoelectric hand prosthesis equipped with the tacit learning system (TLS) to auto-regulate forearm rotation in response to upper extremity movement patterns. We evaluated the tacit learning effects on the central nervous system during a prosthesis control exercise. The experienced prosthetic user performed a series of simple mechanical tasks with the system inactivated (the baseline, normal condition) and then with it activated (the enhanced, experimental condition). The process was video recorded. Video 1 documents the ordinary TLS-inactive condition while Video 2 documents the TLS-active condition. Subsequently, the participant viewed each video under experimental conditions during magnetoencephalography and electroencephalography recording. The connections between the motor area and the other cortical areas were observed with a significant increase in the coherence value. Results suggest integration and interoperability as the process undergirding tacit learning promotes motor function related adaptive neuroplasticity.

    DOI: 10.1007/978-3-030-01845-0_49

    Scopus

▼全件表示

MISC 100

  1. 切断指(肢)の機能再建-どこにゴールを設定するか(手指) 骨爪床温存の観点から考える玉井分類Zone 3以遠の切断指に対する再接着を軸とした治療戦略

    徳武 克浩, 建部 将広, 岩瀬 紘章, 佐伯 総太, 大山 慎太郎, 仲野 隆彦, 奥井 伸幸, 熊谷 宏明, 太田 英之, 三矢 聡, 平田 仁  

    日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集48回 巻   頁: 251 - 251   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本マイクロサージャリー学会  

    J-GLOBAL

  2. ロボット制御技術を用いた神経刺激装置は末梢神経内胎子由来神経幹細胞移植によって再支配された脱神経筋の高度制御を可能とする

    徳武 克浩, 竹内 大, 佐伯 総太, 浅見 雄太, 栗本 秀, 建部 将広, 山本 美知郎, 岩月 克之, 米田 英正, 大山 慎太郎, 村山 敦彦, 藤田 明子, 長谷川 泰久, 平田 仁  

    末梢神経32 巻 ( 2 ) 頁: 233 - 233   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本末梢神経学会  

    J-GLOBAL

  3. 総合診療データを用いたAIによるアウトカム予測と診療サマリ生成に向けた検討

    古川 大記, 三沢 翔太郎, 大山 慎太郎, 佐藤 菊枝, 狩野 竜示, 鑓水 大和, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 785 - 790   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  4. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大におけるDPCデータを用いた受療状況分析

    佐藤 菊枝, 小林 大介, 山下 暁士, 大山 慎太郎, 古川 大記, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 570 - 572   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  5. 東海国立大学機構が実現しようとしているSociety5.0

    白鳥 義宗, 大山 慎太郎, 山下 暁士, 佐藤 菊枝, 小林 大介, 舩田 千秋, 古川 大記, 菅野 亜紀, 森 龍太郎, 矢部 大介  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 113 - 115   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  6. 次世代型病院における電波利用 IoTを用いた手指衛生モニタリングシステムのフィードバックと感染予防への効果

    出野 義則, 山下 芳範, 室井 洋子, 松山 千夏, 飛田 征男, 坂本 祐二, 山下 佳子, 大山 慎太郎, 重見 博子, 岩崎 博道  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 283 - 288   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  7. 次世代型病院における電波利用 電波を利用したIoTセンシング技術による看護行動測定とプレゼンティズム分析

    山下 佳子, 大山 慎太郎, 鈴木 輝彦, 坂本 祐二, 出野 義則, 山下 暁士, 赤川 里美, 藤井 晃子, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 296 - 299   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  8. 当院におけるGS1コード・RFIDの活用と課題

    山下 暁士, 山下 佳子, 大山 慎太郎, 友澤 洋史, 阿磨 由美子, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 150 - 150   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  9. 5G/IoT時代を見据えた、山間部・へき地における遠隔リハビリテーションの実証

    半田 裕, 安形 司, 野村 政嘉, 夏目 賢治, 加倉 美和, 伸井 勝, 米田 英正, 大山 慎太郎, 佐伯 将臣, 下田 真吾, 金田 賢, 小林 由幸, 平田 仁  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 870 - 873   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  10. バイアスレスな色彩心理指標を活用した病院職員の個性の特徴化

    大山 慎太郎, 山下 佳子, 濱口 和久, 早川 達也, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 1164 - 1166   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  11. データ二次利用に向けた医療機関側の取り組みとその将来展望 東海国立大学機構での取り組みを例に

    山下 暁士, 諸橋 朱美, 朝田 委津子, 大山 慎太郎, 山下 佳子, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 117 - 117   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  12. IoT屋内位置測位技術を活用した手指衛生モニタリング

    山下 佳子, 大山 慎太郎, 坂本 祐二, 友澤 洋史, 出野 義則, 山下 暁士, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集41回 巻   頁: 884 - 886   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  13. プレゼンティーズムと運動器疼痛

    佐伯 将臣, 大山 慎太郎, 米田 英正, 平田 仁  

    Journal of Musculoskeletal Pain Research13 巻 ( 4 ) 頁: S93 - S93   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    J-GLOBAL

  14. 上肢疼痛関連疾患とうつ・関節内炎症との関連についての検討

    建部 将広, 平田 仁, 山本 美知郎, 栗本 秀, 岩月 克之, 米田 英正, 徳武 克浩, 大山 慎太郎  

    Journal of Musculoskeletal Pain Research13 巻 ( 4 ) 頁: S69 - S69   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    J-GLOBAL

  15. 腕神経叢に発生したschwannomaに対する腫瘍核出術は安全か?

    栗本 秀, 建部 将広, 山本 美知郎, 岩月 克之, 米田 英正, 徳武 克浩, 佐伯 将臣, 大山 慎太郎, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌38 巻 ( 1 ) 頁: O32 - 13   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  16. 圧力による静電容量の変化を検出できるデバイスを用いた経時的ピンチ力計の開発

    加藤 友規, 米田 英正, 大山 慎太郎, 藤原 武史, 浅沼 将大, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌38 巻 ( 1 ) 頁: P29 - 01   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  17. ロボット制御技術を用いた神経刺激装置は末梢神経内胎子由来神経幹細胞移植によって再支配された脱神経筋の高度制御を可能とする

    徳武克浩, 竹内大, 佐伯総太, 浅見雄太, 栗本秀, 建部将広, 山本美知郎, 岩月克之, 米田英正, 大山慎太郎, 村山敦彦, 藤田明子, 長谷川泰久, 平田仁  

    日本末梢神経学会学術集会プログラム・抄録32nd 巻   2021年

     詳細を見る

  18. スマートホスピタル構想におけるIoTによる医療従事者支援の取り組み

    大山 慎太郎, 山下 佳子, 山下 暁士, 舩田 千秋, 佐藤 菊枝, 菅野 亜紀, 小林 大介, 白鳥 義宗  

    日本医療マネジメント学会雑誌21 巻 ( Suppl. ) 頁: 354 - 354   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(NPO)日本医療マネジメント学会  

    J-GLOBAL

  19. 深層学習を用いた間質性肺炎の高精度予後予測アルゴリズム

    古川 大記, 大山 慎太郎, 近藤 康博, 馬場 智尚, 小倉 高志, 長谷川 好規, 白鳥 義宗  

    日本呼吸器学会誌9 巻 ( 増刊 ) 頁: 117 - 117   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

  20. RFIDを用いた整形外科インプラント自動読み取りシステム

    山下 暁士, 大山 慎太郎, 山下 佳子, 大澤 郁介, 関 泰輔, 石塚 真哉, 平岩 秀樹  

    日本整形外科学会雑誌94 巻 ( 3 ) 頁: S1255 - S1255   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

  21. 手根管開放術前後における脳機能変化

    岩月 克之, 寶珠山 稔, 篠原 孝明, 吉田 彬人, 大山 慎太郎, 米田 英正, 石井 久雄, 栗本 秀, 山本 美知郎, 建部 将広, 平田 仁  

    日本整形外科学会雑誌94 巻 ( 3 ) 頁: S1077 - S1077   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

  22. 尺骨神経皮下前方移動術により治療した尺骨神経内ガングリオン

    栗本 秀, 澤田 英良, 佐伯 将臣, 徳武 克浩, 三竹 辰徳, 大山 慎太郎, 米田 英正, 中川 泰伸, 石井 久雄, 岩月 克之, 山本 美知郎, 建部 将広, 平田 仁  

    末梢神経30 巻 ( 2 ) 頁: 345 - 345   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本末梢神経学会  

    J-GLOBAL

  23. 遠隔診療とIoT「Hospital(Healthcare)as a Service:HaaS」

    大山 慎太郎, 白鳥 義宗, 平田 仁  

    日本頭痛学会誌46 巻 ( 2 ) 頁: 402 - 402   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本頭痛学会  

  24. 手術材料マスターの運用管理に関する検討

    山下 暁士, 白鳥 義宗, 舩田 千秋, 大山 慎太郎, 小林 大介, 佐藤 菊江, 菅野 亜紀, 古川 大記, 堤 英樹  

    医療情報学連合大会論文集39回 巻   頁: 425 - 425   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  25. 脳卒中の医療提供体制における患者受療分析 DPCデータからみるt-PA静注療法の地域格差の状況

    佐藤 菊枝, 小林 大介, 菅野 亜紀, 山下 暁士, 西村 紀美子, 大山 慎太郎, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集39回 巻   頁: 450 - 450   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  26. 上肢挫滅損傷の治療決定におけるスコアリングシステムの有用性メタアナリシス解析

    米田 英正, 岩月 克之, 山本 美知郎, 栗本 秀, 大西 哲朗, 石井 久雄, 大山 慎太郎, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌36 巻 ( 1 ) 頁: O55 - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  27. 筋電義手使用者の人工知能回内外制御に対するニューロリハビリテーション的評価

    岩月 克之, 大山 慎太郎, 寶珠山 稔, 下田 真吾, 栗本 秀, 山本 美知郎, 建部 将広, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌36 巻 ( 1 ) 頁: O53 - 1   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  28. 母指以外の手指MP関節ロッキングには手術が必要か

    宮津 優, 西塚 隆伸, 中尾 悦宏, 中村 蓼吾, 大山 慎太郎, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌36 巻 ( 1 ) 頁: P44 - 4   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  29. 手関節疾患に対するHand10およびHand20の妥当性検討

    栗本 秀, 中川 泰伸, 大山 慎太郎, 石井 久雄, 米田 英正, 大西 哲朗, 岩月 克行, 山本 美知郎, 建部 将広, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌36 巻 ( 1 ) 頁: P42 - 2   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  30. インプラント使用患者に対するMRI撮影について メーカー調査

    岩月 克之, 米田 英正, 大西 哲朗, 中川 泰伸, 大山 慎太郎, 石井 久雄, 栗本 秀, 山本 美知郎, 建部 将広, 平田 仁  

    日本整形外科学会雑誌93 巻 ( 3 ) 頁: S1247 - S1247   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

  31. 上肢挫滅損傷の治療決定におけるmangled extremity severity scoreの有用性 メタアナリシスを用いた検討

    米田 英正, 藤原 祐樹, 山本 美知郎, 岩月 克之, 栗本 秀, 建部 将広, 石井 久雄, 大西 哲朗, 中川 泰伸, 大山 慎太郎, 平田 仁  

    日本整形外科学会雑誌93 巻 ( 2 ) 頁: S140 - S140   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

  32. 間質性肺炎 診断と予後 深層学習を用いた機械学習による特発性肺線維症診断アルゴリズム

    古川 大記, 大山 慎太郎, 横田 秀夫, 近藤 康博, 長谷川 好規  

    日本呼吸器学会誌8 巻 ( 増刊 ) 頁: 167 - 167   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本呼吸器学会  

  33. 肘周辺変形治癒骨折に対する治療 関節運動軸を利用したコンピュータシミュレーション 陳旧性Monteggia病変の治療

    建部 将広, 平田 仁, 山本 美知郎, 栗本 秀, 岩月 克之, 大西 哲朗, 石井 久雄, 米田 英正, 中川 泰伸, 大山 慎太郎  

    日本整形外科学会雑誌93 巻 ( 2 ) 頁: S440 - S440   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

    J-GLOBAL

  34. 拡張現実で増強した肘関節鏡検査法の開発(Development of augmented reality-enhanced elbow arthroscopy)

    山本 美知郎, 大塚 嵩斗, 大山 慎太郎, 横田 秀夫, 平田 仁  

    日本肘関節学会雑誌26 巻 ( 1 ) 頁: S14 - S14   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本肘関節学会  

  35. 肘関節鏡トレーニングにおける経験者と初心者のスコープの軌道に関する研究

    山本 美知郎, 大塚 嵩斗, 大山 慎太郎, 横田 秀夫, 建部 将広, 平田 仁  

    日本肘関節学会雑誌26 巻 ( 1 ) 頁: S53 - S53   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肘関節学会  

  36. IoTにより手指衛生剤使用量モニタリング法は代替可能か

    大山慎太郎, 坂本祐二, 舩田千秋, 山下佳子, 山下暁士, 佐藤菊枝, 菅野亜紀, 古川大記, 小林大介, 小林大介, 白鳥義宗  

    日本医療情報学会春季学術大会プログラム・抄録集23rd 巻   2019年

     詳細を見る

  37. 両側特発性手根管症候群女性の上肢機能障害は疼痛強度と握力に関連する

    吉田 彬人, 栗本 秀, 岩月 克之, 建部 将広, 山本 美知郎, 大西 哲朗, 石井 久雄, 中川 泰伸, 大山 慎太郎, 丹羽 智史, 松井 泰行, 富田 紗依子, 西川 貴久子, 平田 仁  

    Journal of Musculoskeletal Pain Research10 巻 ( 3 ) 頁: S71 - S71   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本運動器疼痛学会  

    J-GLOBAL

  38. 病院情報システムのマスターデータを統合的に管理する試み

    山下 暁士, 水谷 浩行, 堤 英樹, 伊藤 暁人, 林 久博, 福田 雄希, 小林 大介, 大山 慎太郎, 舩田 千秋, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集38回 巻   頁: 308 - 310   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

  39. 病院内位置測位手法の検討

    山下 佳子, 大山 慎太郎, 大谷 智洋, 白鳥 義宗, 森 健策  

    電子情報通信学会技術研究報告(MI), MICT2018-47118 巻 ( 285 ) 頁: 41-44   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  40. 当院における標準マスター導入の状況

    水谷 浩行, 山下 暁士, 堤 英樹, 伊藤 暁人, 木寅 信秀, 北岡 義国, 小林 大介, 大山 慎太郎, 舩田 千秋, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集38回 巻   頁: 1078 - 1080   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

    J-GLOBAL

  41. 地磁気を利用した病院内位置測位手法の検証

    山下 佳子, 大山 慎太郎, 大谷 智洋, 山下 暁士, 小林 大介, 佐藤 菊枝, 舩田 千秋, 森 健策, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集38回 巻   頁: 836 - 840   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

    J-GLOBAL

  42. クリニカルパスの管理におけるエクセルパスの有用性

    山下 佳子, 大山 慎太郎, 朝田 委津子, 佐藤 菊枝, 舩田 千秋, 山下 暁士, 小林 大介, 曾根 三千彦, 白鳥 義宗  

    日本クリニカルパス学会誌20 巻 ( 3 ) 頁: 409 - 409   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本クリニカルパス学会  

    J-GLOBAL

  43. 病院総合情報システム更新における広報誌による広報活動とクリニカルラダーとの相関性について

    山下 佳子, 舩田 千秋, 杉浦 裕子, 佐野 ありさ, 大山 慎太郎, 山下 暁士, 小林 大介, 白鳥 義宗  

    日本医療情報学会看護学術大会論文集19回 巻   頁: 179 - 180   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本医療情報学会看護部会  

    名古屋大学医学部附属病院の病院総合情報システム更新についての広報誌による広報活動とクリニカルラダーとの関係について、看護部所属の看護師1010名を対象に質問紙調査を実施した。788名から有効回答が得られた。病院総合情報システム更新に際して、広報誌を発刊し、周知を行っていた。勤続年数から推測されるクリニカルラダーのレベルに合わせて分類し、クリニカルラダーレベルの高い看護師ほど広報誌を「読んだことがある」割合が高く、クリニカルラダーレベルの高さと周知度の高さに相関があることが明らかになった。その一方で、クリニカルラダーレベルが低い看護師は広報誌を「まったく知らない」と回答する割合が高かった。それぞれのクリニカルラダーレベルに沿った内容を広報誌に掲載することによって周知度が高くなるのではないかと推測され、今後は周知を広げる方法とその効果についての検討が必要であると考えられた。

  44. 愛知県下における重度手指外傷救急搬送システム構築への取り組み

    石井 久雄, 建部 将広, 原 龍哉, 大山 慎太郎, 西塚 隆伸, 山本 美知郎, 栗本 秀, 岩月 克之, 大西 哲朗, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌35 巻 ( 1 ) 頁: S511 - S511   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  45. 神経内ガングリオンを伴った肘部管症候群の治療経験

    栗本 秀, 大山 慎太郎, 岩月 克之, 大西 哲朗, 西塚 隆伸, 中野 智則, 石井 久雄, 山本 美知郎, 建部 将広, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌35 巻 ( 1 ) 頁: S368 - S368   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  46. 手に発生したdysplasia epiphysealis hemimelicaの6例

    大西 哲朗, 西塚 隆伸, 山本 美知郎, 原 龍哉, 栗本 秀, 岩月 克之, 中野 智則, 大山 慎太郎, 建部 将広, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌35 巻 ( 1 ) 頁: S669 - S669   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  47. Augmented Realityを活用した肘関節鏡の開発

    山本 美知郎, 大山 慎太郎, 横田 秀夫, 平田 仁  

    日本肘関節学会雑誌25 巻 ( 1 ) 頁: S125 - S125   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本肘関節学会  

  48. 愛知県下における手指外傷救急搬送システム構築への取り組み

    石井 久雄, 建部 将広, 原 龍哉, 大山 慎太郎, 山本 美知郎, 栗本 秀, 岩月 克之, 大西 哲朗, 西塚 隆伸, 中野 智則, 平田 仁  

    日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集44回 巻   頁: 108 - 108   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本マイクロサージャリー学会  

    J-GLOBAL

  49. モンテカルロシミュレーションによる追跡率とpaired-t検定結果の関連性の解析

    山下 暁士, 酒井 忠博, 舩田 千秋, 小林 大介, 大山 慎太郎, 山下 佳子, 佐藤 淳一, 朝田 委津子, 平岩 秀樹, 濱田 恭, 大野 洋平, 宮本 健太郎, 土谷 早穂, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集37回 巻   頁: 865 - 867   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

    J-GLOBAL

  50. 当院のオーダー時エラーチェックに関する検討

    山下 佳子, 山下 暁士, 舩田 千秋, 小林 大介, 大山 慎太郎, 西村 紀美子, 朝田 委津子, 小久保 隆, 池田 武, 久保田 昌平, 山本 聖子, 井上 裕太, 佐藤 淳一, 小林 正幸, 白鳥 義宗  

    医療情報学連合大会論文集37回 巻   頁: 1155 - 1159   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本医療情報学会  

    J-GLOBAL

  51. 肘関節鏡の鏡筒の回転に追従するAR手術ナビゲーションシステムの開発

    大塚 嵩斗, 大山 慎太郎, 山本 美知郎, 平田 仁, 溝口 博, 横田 秀夫  

    第17回日本VR医学会学術大会(JSMVR2017)17th 巻   頁: OP2-2(1) - OP2-2(2)   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    J-GLOBAL

  52. 運動器イメージング Augmented realityを併用する肘関節鏡手術の開発

    山本 美知郎, 俵 丈展, 大山 慎太郎, 村上 幸己, 横田 秀夫, 平田 仁  

    日本整形外科学会雑誌91 巻 ( 8 ) 頁: S1475 - S1475   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

  53. 肘・前腕・手関節における生体力学的アプローチ 肘関節鏡手術におけるAugmented Reality simulationの開発

    山本 美知郎, 俵 丈展, 大山 慎太郎, 横田 秀夫, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌34 巻 ( 1 ) 頁: S118 - S118   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  54. 近赤外線カメラを利用した血管及び神経の術中画像分離

    大山 慎太郎, 森下 壮一郎, 横田 秀夫, 平田 仁  

    日本手外科学会雑誌34 巻 ( 1 ) 頁: S676 - S676   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

  55. マイクロサージャリーにおける近赤外線イメージサポートの可能性

    大山 慎太郎, 横田 秀夫, 金子 和弘, 曽我 公平, 平田 仁  

    日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集42回 巻   頁: 164 - 164   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本マイクロサージャリー学会  

    J-GLOBAL

  56. 手-骨盤架橋創外固定を用いた上肢挫滅損傷に対する腹部有茎皮弁の固定法

    三矢 聡, 宮津 優, 仲野 隆彦, 羽賀 貴博, 山内 一平, 大山 慎太郎, 水野 正昇  

    日本創外固定・骨延長学会雑誌26 巻   頁: 244 - 244   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本創外固定・骨延長学会  

  57. 遊離深下腹壁動脈穿通枝皮弁(DIEP flap)で再建を行った前腕・手部挫滅損傷

    三矢 聡, 羽賀 貴博, 大山 慎太郎, 宮津 優, 仲野 隆彦, 山内 一平  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌58 巻 ( 1 ) 頁: 139 - 140   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    症例1(23歳男性)。機械に左手を巻き込まれ受傷、所見では左手degloving injuryで、全指の高度挫滅損傷ほか環・小指に血行はなかった。対処として緊急手術にて環・小指は切断され、母・示・中指は再接着した。更に受傷1週間で手背の広範軟骨組織欠損に対し遊離深下腹壁動脈穿通皮弁(DIEP flap)を用いて再建を行った。その際、腹部より9×15cmのDIEP flapをPerforator 3本を含め腹直筋温存で採取、橈骨動脈と深下腹壁動脈を端側吻合すると共に、橈骨静脈と深下部静脈、橈側皮静脈と浅下腹壁静脈を端々吻合して受傷6ヵ月後にMP関節固定と皮弁形成を行った。以後、手術から1年経過で拇指によるピンチ可能となり、上肢機能はHand 20が44点、DASHが22点であった。症例2(61歳男性)。ローラーに右腕を巻き込まれ受傷となった。所見では右前腕中央部不全断裂、肘関節脱臼、中手骨骨折などが認められ、前腕遠位には血行がなかった。以後、緊急手術で再接着術を施行、橈骨・尺骨はともに2cmの骨短縮、ロッキングプレートにて固定が行われた。更に正中神経・尺骨神経は有連続損傷で、断裂の橈骨動脈・尺骨動脈・橈骨皮静脈を端々吻合すると共に、断裂した伸筋群も縫合した。そして受傷2週間後にDIEP flapによる軟骨組織再建を行い、受傷3ヵ月目に手関節拘縮に対し関節を拡大、関節受動を行った。その結果、受傷1年経過で上肢機能はHand 20が75点、DASHが51点であった。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2015&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20150324120065&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2015.139&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2015.139&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  58. 遊離深下腹壁動脈穿通枝皮弁(DIEP flap)を用いて再建を行った前腕・手部挫滅損傷

    三矢 聡, 羽賀 貴博, 大山 慎太郎, 宮津 優, 仲野 隆彦, 山内 一平  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌57 巻 ( 秋季学会 ) 頁: 99 - 99   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  59. Tacit learningを用いた自己学習型義手の開発

    岩月 克之, 大山 慎太郎, Alnajjar Fady, 下田 真吾, 山本 美知郎, 石黒 直樹, 平田 仁  

    日本整形外科学会雑誌88 巻 ( 8 ) 頁: S1494 - S1494   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

  60. 変形性肘関節症に対する術前シミュレーションの効果と信頼性検証

    山本 美知郎, 村上 幸巳, 岩月 克之, 米田 英正, 原 龍哉, 大山 慎太郎, 栗本 秀, 平田 仁  

    日本整形外科学会雑誌88 巻 ( 8 ) 頁: S1664 - S1664   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本整形外科学会  

  61. 大腿骨顆部骨折(Hoffa骨折)に対してスクリューを用いて観血的治療を施行した1例

    山本 和樹, 尾池 彬嗣, 仲野 隆彦, 山内 一平, 羽賀 貴博, 宮津 優, 大山 慎太郎, 山田 知史, 水野 正昇  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 936 - 936   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  62. 急速破壊型股関節症(rapidly destructive coxarthrosis)に対して、人工股関節置換術を施行した1例

    尾池 彬嗣, 山本 和樹, 仲野 隆彦, 山内 一平, 羽賀 貴博, 宮津 優, 大山 慎太郎, 山田 知史, 水野 正昇  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌57 巻 ( 4 ) 頁: 937 - 938   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  63. Taylor spatial frameを利用したlocal damage controlのための前腕粉砕骨折に対する局所麻酔下創外固定

    三矢 聡, 仲野 隆彦, 宮津 優, 大山 慎太郎  

    日本手外科学会雑誌30 巻 ( 6 ) 頁: 945 - 947   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本手外科学会  

    前腕粉砕骨折に対して,local damage controlのためにベッドサイドで局所麻酔下にK-wireを4本刺入し,Taylor spatial frameを装着して骨折部の牽引と安定化を行った.コンピューターシミュレーションを行い,ストラットを伸縮させることにより整復し,軟部組織の状態が改善するまで待機した.腫脹も早期に軽減し,二期的にプレート固定を行った.軟部組織の合併症や感染などもなく骨癒合が得られた.ワイヤー4本によるリング型創外固定は低侵襲で固定性も良く,またTaylor spatial frameはコンピューターシミュレーションによる変形矯正が可能であり,軟部組織の損傷回避のためのlocal damage controlに有用であった.(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J05655&link_issn=&doc_id=20140512210027&doc_link_id=J-04000120&url=https%3A%2F%2Fwww.jssh.jp%2Fjssh_manager%2Fmylist%2FRenkei.do%3Fkey%3DJ-04000120&type=%93%FA%96%7B%8E%E8%8AO%89%C8%8Aw%89%EF%8EG%8E%8F&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00019_2.gif

  64. Taylor spatial frameでbone transportを行った後PERI-LOCでMIPOを行った軟部組織欠損を伴う下腿開放骨折

    三矢 聡, 羽賀 貴博, 宮津 優, 仲野 隆彦, 山内 一平, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌57 巻 ( 2 ) 頁: 427 - 428   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    症例は53歳男性で、重量物が落下して左下肢を受傷し、当センター救急搬送となった。精査の結果、感染と軟部組織欠損を伴う左脛・腓骨骨幹部開放骨折と診断し、感染部切除とTaylor spatial frameによるbone transportを行い、軟部組織が安定した後、PERI-LOC plateを用いてMIPOを施行した。受傷後2年で骨癒合が得られ、最終観察時には松葉杖歩行が可能となった。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20140519120099&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2014.427&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2014.427&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  65. 下腿関節内骨折に踵骨用ロッキングメッシュプレートを用いた治療経験

    宮津 優, 羽賀 貴博, 仲野 隆彦, 山内 一平, 大山 慎太郎, 三矢 聡  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌57 巻 ( 2 ) 頁: 425 - 426   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    脛骨プラトー骨折、脛骨pilon骨折、足関節骨折の部分関節内骨折に対し踵骨用ロッキングメッシュプレートを用いて治療を行った7例について検討した。男性6例、女性1例で、平均年齢は42.7歳、平均観察期間は11.3ヵ月であった。その結果、CT検査で術前術後の関節内最大step offとgapは全例で改善し、また全例で骨癒合が得られた。臨床評価では脛骨プラトー骨折の2例でHohl&Luckの評価基準で解剖学的・機能的評価ともexcellentであった。足関節骨折の5例ではBurwellの評価基準で客観的評価は全例good、主観的評価はgoodが4例、fairが1例であった。術後合併症として足関節の1例で術後3ヵ月で創部感染を生じたが、抜釘と抗菌薬投与にて感染は鎮静化した。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2014&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20140519120098&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2014.425&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2014.425&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  66. Bashir法を利用した皮弁採取部の縮小・閉鎖法 Kirschner wireを使用した皮膚牽引による創閉鎖法

    三矢 聡, 宮津 優, 羽賀 貴博, 仲野 隆彦, 山内 一平, 大山 慎太郎  

    日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集40周年記念 巻   頁: 158 - 158   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本マイクロサージャリー学会  

    J-GLOBAL

  67. LCP cable systemによる大腿骨インプラント周囲骨折の治療経験

    呉 愛玲, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 奥井 伸幸, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 佐々木 梨恵, 日比野 卓哉, 竹内 智洋, 徳武 克浩, 村山 敦彦, 加藤 友規, 米田 英正, 大山 慎太郎  

    東海整形外科外傷研究会誌26 巻   頁: 100 - 103   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海整形外科外傷研究会  

    大腿骨インプラント周囲骨折に対しLCP cable systemによる観血的骨接合術を行った5例の治療成績について検討した。男性1例、女性4例で、平均年齢は71.2歳、術後経過観察期間は平均14ヵ月であった。使用プレートはLCP curved broadプレートが2例、LCP Distal Femurプレート(LCP-DF)が3例、LCP broadプレートが1例であった。その結果、4例は良好な骨癒合が得られた。一方、LCP-DFを用いた1例は免荷が守れずワイヤーの断裂によりプレートが脱転し、偽関節となった。

  68. Taylor spatial frameでbone transportを行った後PERI-LOCでMIPOを行った軟部組織欠損を伴う下腿開放骨折

    三矢 聡, 羽賀 貴博, 宮津 優, 仲野 隆彦, 山内 一平, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌56 巻 ( 秋季学会 ) 頁: 181 - 181   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  69. プレートによる脛骨遠位端骨折の治療経験 ロッキングプレートとノンロッキングプレートの比較

    村山 敦彦, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 呉 愛玲, 佐々木 梨恵, 日比野 卓哉, 竹内 智洋, 徳武 克浩, 加藤 友規, 矢崎 尚哉, 米田 英正, 大山 慎太郎  

    東海整形外科外傷研究会誌26 巻   頁: 20 - 24   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海整形外科外傷研究会  

    プレート固定を行った脛骨遠位端骨折22例を対象に、ロッキングプレート使用11例(男5例、女6例、平均54.5歳;A群)とノンロッキングプレート使用11例(男9例、女2例、平均45.6歳;B群)で成績を比較した。関節内骨折はB群に多かったが、粉砕の強い多骨片関節内骨折はA群4例、B群5例と同等であった。プレートはA群が内側8例、前方1例、前外側2例、B群はそれぞれ10例、1例、0例であった。全例骨癒合が得られ、癒合期間はA群平均11.5週、B群11.3週で有意差はなかった。免荷期間はA群5.5週、B群8.8週と有意差を認め、A群では外傷性クモ膜下出血合併例が12週免荷、B群では脛骨プラトー骨折合併例が24週免荷であったが、これらを除いても有意差があった。術後合併症は皮膚壊死をA群1例、B群3例に認めた。Burwellの評価基準では殆どがanatomicalまたはgoodで、両群間に差はなかった。

  70. 外傷性橈骨神経麻痺に合併した肘関節後外側回旋不安定性の1例

    村山 敦彦, 矢崎 尚哉, 大山 慎太郎, 矢島 弘毅, 水野 直樹, 渡邉 健太郎  

    整形外科64 巻 ( 7 ) 頁: 625 - 627   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)南江堂  

    症例は68歳男性で、自動車運転中にガードレールに衝突し搬送された。前腕近位部に開放創を認め、創洗浄およびデブリードマンを行い入院となった。右手関節背屈と中手指節(MP)関節伸展は不能で、下垂手が認められた。肘関節は屈曲110°、伸展-45°で、前腕は回内70°、回外0°といずれも可動域(ROM)制限が認められた。前腕近位正中に10cm挫創、その橈側に1cmの挫創が認められた。単純X線では肘関節周囲、手関節、上腕に骨折は認めなかった。開放創を伴う右橈骨神経麻痺であるため橈骨神経の状態を直視下に確認した。内反ストレスで肘関節の不安定性を認めlateral pivot shiftテスト(PLRIテスト)が陽性であった。後外側回旋不安定性(PLRI)と診断し、外側支持機構の修復を行った。外側上顆の靱帯付着部にステイタックアンカーを2本挿入し、靱帯と伸筋群を一塊として縫着した。術直後から肘関節装具を用い屈曲90°で伸展制限を行い、それ以上の屈曲は積極的にすすめた。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2013&ichushi_jid=J00764&link_issn=&doc_id=20130625370007&doc_link_id=issn%3D0030-5901%26volume%3D64%26issue%3D7%26spage%3D625&url=http%3A%2F%2Fwww.pieronline.jp%2Fopenurl%3Fissn%3D0030-5901%26volume%3D64%26issue%3D7%26spage%3D625&type=PierOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00005_2.gif

  71. 上腕骨遠位骨幹部骨折(遠位1/3)の手術的治療の検討

    米田 英正, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 呉 愛玲, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 徳武 克浩  

    骨折35 巻 ( Suppl. ) 頁: S146 - S146   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    J-GLOBAL

  72. 小児の前腕骨急性塑性変形の治療経験

    加藤 友規, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 奥井 伸幸, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 佐々木 梨恵, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 徳武 克浩, 村山 敦彦  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌56 巻 ( 3 ) 頁: 778 - 778   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  73. 指切断後疼痛症候群に対しプレガバリン(PGL)およびトラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン(TmH/AAP)が有効であった症例

    大山 慎太郎, 矢島 弘毅, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 佐々木 梨恵, 竹内 智洋, 徳武 克浩, 村山 敦彦, 加藤 友規  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌55 巻 ( 6 ) 頁: 1446 - 1446   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  74. 高齢者の非定型的大腿骨骨幹部骨折の3例

    日比野 卓哉, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌55 巻 ( 6 ) 頁: 1337 - 1338   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    症例1(65歳女性)。アレンドロネートを3ヵ月内服していた。振り向いた際に転倒し、右大腿骨骨幹部骨折を受傷した。X線像にて外側皮質の肥厚、横骨折、内側皮質のスパイクなどの特徴的な所見が認められた。髄内釘にて固定し、6ヵ月後に骨癒合が得られた。だが、その後、段差で転倒し、左大腿骨骨幹部骨折を受傷、前回の受傷と同様のX線像所見を認め、髄内定にて固定し、1年後に骨癒合が認められた。症例2(76歳女性)。3年6ヵ月のリセドロネート内服後、2年10ヵ月アレンドロネートを内服していた。転倒した際に左大腿骨幹部骨折を受傷し、症例1と同様の画像所見が認められた。髄内釘にて固定し、6ヵ月後に骨癒合が得られた。症例3(80歳女性)。アレンドロネートを4年5ヵ月内服していたが、途中休薬期間が2年2ヵ月あった。今回、机につかまろうとして転倒し、右大腿骨骨幹部骨折を受傷した。症例1、2と同様の画像所見を認め、髄内釘にて固定し、6ヵ月後に骨癒合が得られたが、1年9ヵ月後に誘因なく左大腿部痛が出現した。X線にて左大腿骨の外側皮質の肥厚を認め、5ヵ月後には外側皮質に不全骨折が認められた。そこで、逆行性髄内釘にて固定し、術後6ヵ月で骨癒合が得られた。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2012&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20130115040045&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2012.1337&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2012.1337&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  75. 大腿骨骨幹部骨折再手術例の検討

    竹内 智洋, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎, 徳武 克浩, 村山 敦彦, 服部 順和, 中川 泰伸  

    東海整形外科外傷研究会誌25 巻   頁: 58 - 62   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海整形外科外傷研究会  

    大腿骨骨幹部骨折に対する髄内釘治療後の偽関節例7例8肢(全例男、平均年齢37歳)を対象として追加手術内容を調査し、偽関節発生要因と再手術時の適切な術式適応を検討した。初回手術から再手術までの待機期間は平均348日であった。再手術の内訳は、髄内釘入れ替え6肢、骨移植1肢、両者併用1肢であった。7肢で髄内釘周囲の骨透亮像を認め、髄内釘が骨内で動き、骨折部に対し前後左右方向への剪断力が働いていることが示唆された。髄内釘入れ替え例では追加リーミングと2mm以上太い径の髄内釘への変更を行い、多方向からの横止め螺子固定を行った。6肢で骨癒合が確認され、骨癒合までの期間は平均147日であった。

    J-GLOBAL

  76. 失神発作の既往を持ち、脊髄くも膜下麻酔施行後に心停止を来たした1例

    竹内 智洋, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 佐々木 梨恵, 大山 慎太郎, 徳武 克浩, 村山 敦彦, 加藤 友規, 服部 順和, 島田 智明  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌55 巻 ( 4 ) 頁: 937 - 937   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  77. 大腿骨Gamma 3 Long Nail Distal Targeting Systemの使用経験

    熊谷 寛明, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 米田 英正, 呉 愛玲, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 徳武 克浩, 服部 順和  

    骨折34 巻 ( Suppl. ) 頁: S123 - S123   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

    J-GLOBAL

  78. 骨性mallet fingerに対する石黒(変)法による治療経験

    呉 愛玲, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 徳武 克浩, 村山 敦彦  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌55 巻 ( 3 ) 頁: 680 - 680   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  79. 高齢者の非定型的大腿骨骨幹部骨折の3例

    日比野 卓哉, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌55 巻 ( 春季学会 ) 頁: 232 - 232   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  80. 外傷性橈骨神経麻痺を合併した肘関節後外側回旋不安定症の1例

    村山 敦彦, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 徳武 克浩  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌55 巻 ( 2 ) 頁: 445 - 445   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  81. 上腕骨骨折を伴った肩甲骨頸部骨折に対し観血的治療を行った1例

    熊谷 寛明, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 米田 英正, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌55 巻 ( 1 ) 頁: 143 - 144   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    19歳男。交通事故により左上腕骨骨幹部骨折、転位を伴う肩甲骨外科頸骨折を負った。肩甲骨外科頸骨折は牽引による整復を図り、整復不能の場合は手術加療を行う予定とし、まず、上腕骨骨幹部骨折に対して髄内釘による骨接合術を行った。肩関節への侵襲を避けるために髄内釘を逆行性に挿入し、術後左上肢をzero positionとして介達牽引を行うも、肩甲骨骨折部の整復位が得られなかったため、上肢を外転する挙上位後方アプローチを用いて肩甲骨骨折部を整復した後、ロッキングTプレートにて固定した。術後6ヵ月時点で上腕骨、肩甲骨とも骨癒合が確認され、術後1年時点で肩関節の挙上に左右差はなく、内外旋とも良好な可動域を得た。

  82. ビスホスホネートに起因すると思われた非定型的大腿骨骨幹部骨折の3例

    日比野 卓哉, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 徳武 克浩, 村山 敦彦, 服部 順和  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌54 巻 ( 6 ) 頁: 1325 - 1325   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    J-GLOBAL

  83. ONI transcondylar plateによる上腕骨遠位端骨折の治療経験

    中川 泰伸, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大澤 郁介, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 伊東 知子, 徳武 克浩  

    東海整形外科外傷研究会誌24 巻   頁: 90 - 94   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海整形外科外傷研究会  

    上腕骨遠位端骨折で粉砕の比較的少ない症例にONI transcondylar plate(以下ONI plate)による治療を施行した症例のうち術後3ヵ月以上観察しえた18例の治療成績を報告した。男性3例、女性15例、手術時年齢21〜95歳(平均79歳)、骨折型(AO分類)はA2型が14例、C1型が3例、C2型が1例であった。手術では全例、外側のONI plate固定に加えて内側の固定を行い、内側固定法の内訳は、中空螺子15例、鋼線締結1例、ONI medial plate 1例、AO1/3円プレート1例であった。治療成績は、最終観察時のJOAスコアが平均90点(73〜97点)、肘関節可動域は屈曲が平均126°、伸展が-17°であった。骨癒合は15例(83%)で得られ、他の3例中2例は通院を自己中断したため最終的な癒合の確認ができず、残りの1例は最終観察時の術後9ヵ月でも癒合が得られていなかったことから偽関節と判定した。代表例として、偽関節例を含む2例を提示した。

  84. 肘関節周辺の軟部組織欠損に対する皮弁術の経験

    大澤 郁介, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 伊東 知子, 徳武 克浩  

    東海整形外科外傷研究会誌24 巻   頁: 122 - 125   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海整形外科外傷研究会  

    2001〜2010年に標題の皮弁術を行った10例の成績を報告した。男性9例、女性1例、受傷時年齢は11〜68歳であった。軟部組織欠損の内訳は、機械等の直達外力による欠損が5例、巻き込み等によるデグロービング損傷が3例、交通事故で地面との摩擦による欠損が2例であった。合併損傷として6例に同側上肢の開放骨折を認め、また尺骨神経損傷を2例、正中・尺骨神経損傷を1例、正中・尺骨神経損傷+上腕動脈断裂を1例、正中神経損傷+上腕動脈断裂を1例に認めた。使用した皮弁は遊離皮弁が5例、有茎皮弁が5例であり、遊離皮弁の内訳は広背筋皮弁4例、鼠径皮弁1例、有茎皮弁の内訳は胸部皮弁2例、腹部皮弁1例、広背筋皮弁2例であった。術後観察期間は24〜268週で、皮弁は最終的に全例で生着した。合併症として術後感染を2例、皮弁の部分壊死を1例に認めたが、いずれも保存的治療で改善した。最終的な肘関節可動域は屈曲が平均123°、伸展が-16°、回内57°、回外64°であり、JOAスコアは平均83点(47〜93点)であった。代表例2例を提示した。

  85. 観血的内固定術を行った自閉症小児の大腿骨骨幹部骨折の1例

    呉 愛玲, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 徳武 克浩  

    骨折33 巻 ( Suppl. ) 頁: S265 - S265   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

  86. 診断補助ツールとしてのiPadを用いた術中3DCT画像の活用

    徳武 克浩, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 村山 敦彦  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌54 巻 ( 4 ) 頁: 889 - 890   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  87. 髄内釘固定を行った大腿骨骨幹部骨折における遷延癒合の発生原因の検討

    米田 英正, 渡邉 健太郎, 服部 順和, 水野 直樹, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 呉 愛玲, 大山 慎太郎, 竹内 智洋  

    骨折33 巻 ( Suppl. ) 頁: S232 - S232   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

  88. 橈骨遠位端骨折に対する AcuMed 社製 AcuLoc Plate^【○!R】 と Synthes 社製 Distal Radius Plate 2.4 System Extra-Articular Plate の比較

    大山 慎太郎, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢崎 尚哉, 熊谷 寛明, 米田 英正  

    骨折33 巻 ( 2 ) 頁: 285 - 288   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Books

  89. 一過性大腿骨頭萎縮症の2例

    筧 裕香子, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大澤 郁介, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 伊東 知子, 徳武 克浩  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌54 巻 ( 3 ) 頁: 619 - 619   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  90. 髄内釘による骨接合を行った脛骨骨幹部骨折の遷延癒合症例の検討

    竹内 智洋, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大澤 郁介, 大山 慎太郎, 中川 泰伸, 伊東 知子, 徳武 克浩, 筧 裕香子, 服部 順和  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌54 巻 ( 3 ) 頁: 625 - 625   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  91. 当院における高齢者の多発外傷の実態と予後に関する検討

    日比野 卓哉, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌54 巻 ( 3 ) 頁: 457 - 458   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    過去5年間の65歳以上の高齢多発外傷症例37例の実態と予後について検討した。受傷原因は交通事故が最も多かった。死亡数は9例で、Injury Severity Score(ISS)が高いほど死亡数は増加したが、ISS低値でも死亡を認めた。骨盤骨折合併は9例で、うち4例が死亡していた。骨盤輪の安定型、不安定型ともに生存例、死亡例両方を認めた。死亡例は全て血行動態が不安定であった。経カテーテル的血管造影を施行したのは2例で、1例で動脈塞栓術を施行したが死亡した。骨盤骨折を合併する多発外傷に対しては、経カテーテル的動脈塞栓術を積極的に施行すべきと考えられた。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20110622160013&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2011.457&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2011.457&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  92. 小児化膿性閉鎖筋膿瘍の1例

    大澤 郁介, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌54 巻 ( 2 ) 頁: 269 - 270   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    10歳男児。患者は誘因なく左大腿痛が出現し、翌日よりは発熱を認めたため、第3病日目に著者らの施設にある小児科へ受診となった。だが、血液検査で炎症反応の高値を認め、化膿性股関節炎が疑われ、整形外科へ紹介となった。初診時、左股関節の屈曲と内旋制限が認められたが、局所の熱感や腫脹はなく、単純X線でも異常はみられなかった。しかし、帰宅後、疼痛が増強し、第7病日目の再診時には左股関節は外旋位を呈し、血液検査では炎症反応の上昇が認められた。そして入院後、第8病日目のMRIではT2強調画像にて左内閉鎖筋の腫大と信号強度異常がみられ、造影CTでは嚢状の境界明瞭な膿瘍が確認された。以上より、本症例は化膿性閉鎖筋膿瘍と診断され、CEZ投与を開始したところ、炎症反応は改善し、内旋制限も消失した。以後、第17病日目よりCFDNを追加し、第20病日目には抗生剤の投与を終了、患者は第26病日目に軽快退院となった。目下、発症より5ヵ月経過で疼痛や可動域制限、再発は認められいない。尚、入院時の血液培養と尿培養では起因菌は同定されなかった。

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2011&ichushi_jid=J00831&link_issn=&doc_id=20110506100024&doc_link_id=10.11359%2Fchubu.2011.269&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.11359%2Fchubu.2011.269&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_2.gif

  93. 観血的内固定術を行った自閉症小児の大腿骨骨幹部骨折の1例

    呉 愛玲, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 日比野 卓哉, 大澤 郁介, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 伊東 知子, 徳武 克浩  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌54 巻 ( 2 ) 頁: 417 - 417   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  94. 観血的に治療したPreiser病2例の経験

    伊東 知子, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大澤 郁介, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 徳武 克浩  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌53 巻 ( 6 ) 頁: 1437 - 1438   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  95. 同側大腿骨・下腿骨骨折(floating knee)症例の治療経験

    呉 愛玲, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 太田 英之, 米田 英正, 日比野 卓哉, 大澤 郁介, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 服部 順和  

    東海整形外科外傷研究会誌23 巻   頁: 50 - 55   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:東海整形外科外傷研究会  

    1999年1月〜2009年1月に治療した同側大腿骨・下腿骨骨折(floating knee)症例9例(男性6例、女性3例、12〜64歳・平均32歳)を対象に治療成績について検討した。その結果、受傷原因は1例を除き交通事故による高エネルギー外傷であり、合併損傷として四肢多発骨折4例、頭部外傷3例、顔面骨折1例で、Injury Severity Scoreは平均15.4(10〜34)であった。治療は7例には一期的に両骨とも観血的内固定術を行い、2例には創外固定を行ったが、うち1例は脛骨が遷延治癒となり受傷117日目に観血的内固定術に変更した。術後平均1年9ヵ月(9ヵ月〜7.5年)の経過観察により、臨床機能成績は良好群5例(Excellent;4例・Good;1例)、不良群4例(Acceptable;1例・Poor;3例)であった。以上より、大腿骨・脛骨共に髄内釘固定術を行った症例は良好な成績であり、成績不良の最大因子はGustilo type IIIの開放骨折であった。

  96. 当院における高齢者の多発外傷の実態と予後に関する検討

    日比野 卓哉, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌53 巻 ( 秋季学会 ) 頁: 189 - 189   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  97. 小児化膿性閉鎖筋膿瘍の1例

    大澤 郁介, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌53 巻 ( 秋季学会 ) 頁: 66 - 66   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  98. LIPUSを併用した四肢新鮮骨折の治療経験

    竹内 智洋, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 大山 慎太郎, 服部 順和  

    骨折32 巻 ( Suppl. ) 頁: S247 - S247   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本骨折治療学会  

  99. 中指MP関節ロッキングの1例

    徳武 克浩, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大澤 郁介, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 中川 泰伸, 伊東 知子  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌53 巻 ( 4 ) 頁: 977 - 977   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

  100. 外傷性両側股関節前方脱臼の1例

    中川 泰伸, 渡邉 健太郎, 水野 直樹, 矢島 弘毅, 矢崎 尚哉, 佐々木 宏, 熊谷 寛明, 太田 英之, 米田 英正, 呉 愛玲, 日比野 卓哉, 大澤 郁介, 大山 慎太郎, 竹内 智洋, 服部 順和  

    中部日本整形外科災害外科学会雑誌53 巻 ( 3 ) 頁: 717 - 717   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)中部日本整形外科災害外科学会  

    J-GLOBAL

▼全件表示

講演・口頭発表等 1

  1. スマートホスピタル構想におけるIoTによる医療従事者支援の取り組み

    大山 慎太郎, 山下 佳子, 山下 暁士, 舩田 千秋, 佐藤 菊枝, 菅野 亜紀, 小林 大介, 白鳥 義宗

    日本医療マネジメント学会雑誌  2020年10月  (NPO)日本医療マネジメント学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

科研費 7

  1. 感覚情報処理系の解析を含めた手指巧緻運動障害の定量化と未病早期検出技術の開発

    研究課題/研究課題番号:21H03288  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    米田 英正, 長谷川 良平, 岩月 克之, 大山 慎太郎, 佐伯 将臣

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    巧緻運動時の筋活動,感覚入力のフィードバック機構,動作に付随する眼球運動を4つのオリジナルタスクを用いて解析し,感覚入力から運動出力までを包括的に俯瞰可能な巧緻運動の定量化指標を開発する。特に手指運動時の感覚運動統合(sensorimotor integration)や手と目の協調(hand-eye coordination),事象関連電位などの所見を利用した定量手法を開発する。研究の後半には,定量化タスクを用いた地域集団での大規模調査を行う。タスク定量値,縦断的検診解析結果に対して機械学習を用い相関性の探索を行い,手指運動機能の定量的評価値を未病状態のスクリーニング手法としての応用を目指す。

  2. 外来診療における慢性疼痛とオラリティ

    研究課題/研究課題番号:19KT0027  2019年7月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    大山 慎太郎, 白鳥 義宗, 菅野 亜紀, 佐藤 菊枝, 山下 暁士, 平田 仁, 舩田 千秋, 岩月 克之, 古川 大記, 白鳥 義宗, 菅野 亜紀, 佐藤 菊枝, 山下 暁士, 平田 仁, 舩田 千秋, 岩月 克之, 古川 大記

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    現在、“痛み”を詳細に可視化する技術がなく、熟練の医療人は巧みな会話を通して患者の痛みを聴取し認知行動療法的な癒しを与えるが、一方患者の焦りや不安を増幅させ、心因性要素を更に複雑化させて慢性痛を悪化させる外来もある。本研究は自然言語処理技術を利用し以下の3点を明らかにする過程で医師のオラリティの体系化を行いナラティブメディシンの診療学習ツールを開発する。
    1. 外来でのオラリティは患者の慢性疼痛(の心因性修飾)をどこまで改善可能か。
    2. 医師のオラリティ技能(癒し⇔カオス)はどういうパラメータで定量評価可能か。
    3. 効果的な外来技術を習得するためのどういったトレーニングツールが開発可能か。
    今年度は昨年度に引き続きシステムの開発、病院内手続きの継続を行った。新型コロナウイルス感染症のために実験計画を大きく変更することが余儀なくされた。大きな点として、研究検証の場としての外来診察室はマスクの装着が必須となり、また加えて患者、医療従事者ともにアクリル板バイザーを装着するため、音声がくぐもってしまう、表情を取得することが非常に困難となるなど必要な特徴量を取得する技術的手法に大きな変更が必要となった点。また感染症対策のため院内で行う研究の実施方法に大幅な変更を要したため倫理委員会手続きも含めてその対応を以下のように行った。
    ・去年度に開発を行い、実験で予定していた動画から表情クラス・体温・脈の取得は取りやめる方向とした。代わりに視線をパラメータ(5種類の特徴量)として取得する実験的な開発を追加した。
    ・依然バイタルセンサーによる脈・体温取得は行う方向であり、感染対策のためアルコールによる繰り返し消毒による耐薬品性が問題ないか検証を行い、簡単なコーティングにより対応することとした。また運用性に関しても問題が少ない方法に変更した。
    ・またマスクやアクリル板のために音声がくぐもってしまい、話者識別能が低下したため、自動話者識別はあきらめ、手動によるラベリングに切り替えた。変わらずインテント分析は行う予定であり、3つの新しいインテント分析プラットフォームへの対応を拡大した。
    今後倫理申請は研究の大幅な承認を確定してから変更を行う方針である。実際の患者での実験は来年度に延期することとなった。
    主な理由として新型コロナウイルス感染症のために実験計画を大きく変更することが余儀なくされたことが挙げられる。実験自体もさることながら、疼痛変化に大きく関連するパラメータとして表情クラスと想定していたが、マスクやバイザーの装着を行うためこの取得が困難となった。実際の患者さんでデータを取得するのは1人1回しか難しいため、完全にスキームを決定してから取得したく、ここのパラメータの変更に大きく時間を要した。
    新型コロナウイルス感染症の状況次第ではあるが、研究グループ内、もしくは学生ボランティアを使った研究に切り替えられる部分は切り替えていく。特に音声からのインテント認識精度はマスクを外した状況とマスクをつけた状況でc-index 0.9を目指す。しかしながら研究の対象として実際の慢性疼痛があることは代替できないため、なんとか実施できるよう学内審査を通過させていく予定である。今後倫理申請は研究の大幅な承認を確定してから変更を行う方針である。実際の患者での実験は来年度に延期することとなった。今後倫理申請は研究の大幅な承認を確定してから変更を行う方針である。実際の患者での実験は来年度に延期することとなった。

  3. Augmented Reality(AR)を用いた次世代型関節鏡システムの開発

    研究課題/研究課題番号:19K09547  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    山本 美知郎, 横田 秀夫, 建部 将広, 栗本 秀, 平田 仁, 大山 慎太郎, 横田 秀夫, 建部 将広, 栗本 秀, 平田 仁, 大山 慎太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本法で開発された関節鏡は世界中で広く使用されるようになり整形外科手術において標準的な治療となっている。膝や肩、更に股関節などの大関節から肘や手指の小関節に至るまで関節鏡視下手術が行われているが、肘関節鏡視下手術においては今なお合併症が多い。肘関節鏡ARを実臨床で活用し、より安全な手技に変えることが本研究の目的である。術前画像データをコンピュータ上で再構成し、関節鏡画面に重畳表示させる関節鏡ARは現時点でのfirst in-human studyであり、最も合併症率の高い肘関節鏡手術から開始し、他の関節にも応用する。本研究から次世代型関節鏡の開発を加速する。
    整形外科手術においてARを用いた治療は人工関節や脊椎手術など一部では国内でも既に実施されている。本研究においてはARの精度を記録するために、肘関節鏡モニターと別途のモニターを設置しAR表示を行う。術者はARモニターを必要な時に参照し、必要のないときはAR無しの従来のモニターを用いて関節鏡治療を行う。術中のARは術中エコーなどと同様の補助的なシステムであり、ARによる重畳表示自体には侵襲性は無い。上記の理由により本研究は観察研究として2020年3月に名古屋大学の倫理委員会で承認を得た。
    これまでの予備実験では肘関節を90度屈曲位で固定した状態でAR関節鏡を行っている。実際の臨床例では肘関節を屈曲位から伸展位まで動かしながら鏡視することがある。肘関節の屈伸に伴う神経の位置情報の変化を複数肢位で撮影したMRIから推定する研究を理化学研究所の横田リーダーらと開始している。
    いままでに行ってきた実体モデルを用いた予備実験とニホンザルの肘関節を用いたAR肘関節鏡の実証実験の成果がScientific Reportsに2021年1月掲載された。これを受けて名古屋大学はプレスリリースを行った。日本経済新聞社から取材を受け、成果の一部は3月19日版の日経産業新聞に掲載された。
    現在のAR肘関節鏡の性能は位置追跡装置マイクロントラッカーによって規定されている。マーカーの認識や情報の入力速度など、改善の余地がある。プレスリリースしたことにより企業からの問い合わせが来ている。ウエブ会議などが予定されているが、AR肘関節鏡システムが、汎用性高く、簡単に使用できる様にするためにはアカデミアに加えて企業との共同研究が必要と考えている。製品化を含めた具体的な出口戦略を念頭において研究を進めている。
    倫理委員会の承認を得たことで臨床研究が可能になった。安全に配慮した臨床研究を行うために、肘関節の屈伸に伴う神経の移動に関する研究を行っている。具体的には健常ボランティアの肘関節MRIを伸展位と屈曲位で撮影した。伸展位における肘関節周囲の神経の情報を理化学研究所が開発したVCADのVoTracerを用いて屈曲位とした際の変化をシミュレーションする。神経の動きは関節の動きに同期させて、上腕骨内上顆前方へのスライド情報を組み合わせたアルゴリズムを作成する。正確にシミュレーションできているかを屈曲位で撮影した肘関節MRI画像で検証する。
    本研究は観察研究であり、ARは必要なときのみ参照し、不要な場面では通常の手術のみ行うことも可能である。実際の臨床例で関節鏡と鉗子にマーカーを取り付けて、頭上のライトに位置追跡装置のマイクロントラッカーを設置して、リアルタイムに位置情報を捉えることが出来るかの実証実験を行った。位置追跡装置の視野角度の問題があり、一部でマーカーの認識が出来なくなる状況を認めた。滅菌したマーカーを既成の関節鏡や鉗子に取り付けるための工具も作成している。
    変形性肘関節症や肘関節炎、または上腕骨外側上顆炎などで肘関節鏡手術を行う場面も多い。安全に肘関節鏡AR手術を行うための準備が整いつつある。現在は理化学研究所の画像解析チームといわば手作りでAR肘関節鏡を行っているが、今後は本システムの製品化も視野に入れて企業との共同研究も検討している。位置情報の入力速度やマーカーの認識範囲などは位置追跡装置の性能に依存しているが、より高精度でユーザーの負担が少ないシステムを作る必要がある。
    予備実験の成果がScientific Reportsに掲載され、名古屋大学からプレスリリースしたことで、企業からの問い合わせが来ている。企業とのウエブ会議もいくつか予定されている。名古屋大学の一部の限られた状況でしか使用できないシステムでは無く、汎用性が高く使いやすいシステムの開発が求められる。そのためには企業との共同研究が重要である。より具体的な出口戦略を念頭に入れながら臨床例での成果を出す予定である。

  4. 究極のスマート材料としての3Dプリント人工骨の最適設計の実現

    研究課題/研究課題番号:19K09588  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大山 慎太郎, 横田 秀夫, 山澤 建二, 平田 仁

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    手術で使用される人工骨材料は技術向上により骨置換性や骨導入性能等の材料性能が向上し
    たが、依然強度と骨置換性が良好な自家骨を完全に代替する材料ではない。
    提案者は人工骨材料の3Dプリント技術を開発しており、動物実験で3Dプリンター人工骨の良好な骨置換性及び安全性を確認している。現在プリンター自体の造形性能や造形物強度は高いが、目標とする自在な内部構造を作成し狙った強度を実現するためのシミュレーションや機構、また病態に応じた生体内での置換と残存構造を制御することで最適な強度を両立できる設計手法は未だ確立したものはない。この技術の洗練と実用化を目指すことが目的である。
    今年度の研究はオンサイトでの実験が困難であったため、主に昨年度までの動物実験の結果を解析し、3Dプリント精度を向上させるためのハードウェアの仕様策定、およびソフトウェアの改善、知財化や事業化に向けてのパートナー探索を行った。
    現在使用しているプリンターは造形精度は問題ないが、インク(液剤)が1種類しか利用できなく、また着弾の状態も作業エリア外からの撮影のみとなり、Z軸方向からの映像情報がないため、性能改善のための情報が不十分であった。そこでこれまでの研究成果を踏まえたプロトタイプの作成を目指し、仕様策定を行った。ハードウェアは基本的な基材であるエチドロン酸に加えて、印刷時に複数の種類のインク(液剤)を混在させることで、複雑な特性を付与可能とするべく、4ヘッド仕様で検討した。またヘッド動作に関してもX軸だけでなく数mm単位でのY軸調整がそれぞれ可能とし、液滴の状態をカメラで監視可能とする仕様で検討を進めた。これらに仕様より液滴が構造孔を構成するためのインクと、周囲を硬化させるためや足場材料としての性能を改善させるためなど細かくわけるだけでなく、インク間の物理的科学的な干渉を最小限にすることが可能となり、またカメラ画像によりインクが硬化の過程でどのように着弾し浸透するかの過程を実際の作成時に可視化することが可能となった。最終年度は共同研究者や企業の出資の下、このような仕様で研究成果を搭載したプロトタイプを作成する予定であり、その過程で造形実験を進めていき、予定していた物理化学特性が実現可能かを検証する研究計画である。
    今年度はこれらの過程で特許出願1件、出版3件、口頭発表2件を行った。現在、上記出資企業と技術移転についても協議中である。
    今年度は人工骨のさらなる構造バリエーションを増やしたうえで、動物実験を行い生体吸収特性やin vivo強度特性の計測を行い、シミュレーションのためのデータを増やしていく予定であったが、新型コロナウイルス感染症のため、客員研究員である研究代表者が名古屋から予定していた動物実験に訪埼することが困難となった。そのため構造バリエーションによる生体吸収特性の検討はこれまでの動物実験結果からのシミュレーションで行い、構造物理的なシミュレーションを中心とした検討を基に、最終年度予定していた時期ハードウェアプロトタイプ・ソフトウェアの作成を前倒しして進めている。結果として順番が入れ替わる形となるが、プロトタイプを作成しながら、予定している機械構造強度がシミュレーション通り得られるかどうかの検討を進めるとともに、新型コロナウイルス感染症の落ち着きが得られた段階で埋植実験の再開も検討する予定である。
    今後はこれまでの研究結果を踏まえたプロトタイプ作成を進めていきながら、プロトタイプにおける製造実験を行っていく予定である。また搭載されるカメラ画像により液剤の界面での特性をより細かく解析可能とする予定である。この解析を加えることで、より製造物の特性付けが根拠だって可能となる予定であり、造形シミュレーションをより詳細に条件設定して行う予定である。
    最終年度は共同研究者や企業の出資の下、このような仕様で研究成果を搭載したプロトタイプを作成する予定であり、その過程で造形実験を進めていき、予定していた物理化学特性が実現可能かを検証する研究計画であり、また企業との共同研究や実用化研究の競争資金提案を増やしていき、実装につなげていく予定である。

  5. 脳機能解析を応用した疼痛評価システムの開発

    研究課題/研究課題番号:19K09647  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    岩月 克之, 下田 真吾, 寳珠山 稔, 栗本 秀, 平田 仁, 大山 慎太郎, 下田 真吾, 寳珠山 稔, 栗本 秀, 平田 仁, 大山 慎太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    神経障害性疼痛中枢性感作の病態を解明し、臨床データ、患者立脚型機能評価等を脳機能解析と組み合わせ、客観的な重症度評価を行う。さらに発展させ、一般病院で使用している機器で測定可能なパラメータを利用することにより、臨床の汎用性が生まれる。本研究の目的は、疼痛の種類・重症度別にパターン化可能な客観的指標の解析を行い、最終的には一般病院に還元可能な疼痛評価法およびそのシステムを構築することである。本研究により信頼性の高い疼痛研究の手法が確立でき、病態解明、臨床評価、治療効果判定までが可能となり、疼痛分野における研究を飛躍的に向上できる。
    複合性局所疼痛症候群(CRPS)の慢性疼痛を脳磁計で解析した。判定指標を使用し、21名のCRPSを有する患者を対象者とした。安静閉眼状態で60秒間の脳磁場記録を行った。脳活動計測は脳磁計を用い、サンプリング周波数5,000 Hz、記録周波数帯域1~1,000 Hzとした。
    1)脳活動計測時に疼痛が強くなかった群(VASが30未満、14計測)と中等度以上の疼痛(VASが30以上、27計測)における電流密度分布の群間比較(t-test, false discovery rate, FDR)
    2)疼痛関連脳領域における平均電流密度と疼痛指標の相関(Pearson’s correlation coefficient, FDR)
    3)2)で有意な相関が得られた脳領域と他の疼痛関連領域とのneural connectivityとVASとの相関(Pearson’s correlation coefficient, FDR)を計算した。Neural connectivityにはorthogonalizationを行ったamplitude envelope correlation(AEC)を用いた。FDRによるq値が0.05以下を有意とした。
    脳活動計測時におけるVASが30未満30以上の2群間の比較では、疼痛指標の低い群で電流密度が有意に高い領域が得られた。領域には、後頭葉から側頭葉下面におよぶ領域、楔前部周辺、右半球島皮質、左帯状回前部などが含まれた。疼痛関連脳領域における平均電流密度と疼痛指標の相関は、大脳皮質領域を疼痛関連領域として大脳半球7領域(左右14領域)を選び、各領域内の平均電流密度と疼痛指標の相関を計算した。皮質14領域のうち疼痛指標と有意な相関が認められたのは右側二次感覚野(SII)のみであった。右二次感覚野とのAECがVASと有意な相関を示したのは右楔前部のみであった。
    COVID-19の影響で年度前半は患者登録ができず、非常に苦労したが、最近は患者登録が少しずつ再開できている。
    COVID-19の情勢に注意しながら、患者登録を引き続き継続していくとともに、今までのデータを解析していく。

  6. 分散型制御による麻痺治療を実現するサイバネティクス技術開発

    研究課題/研究課題番号:18H04063  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    平田 仁, 高須 正規, 下田 真吾, 岡田 洋平, 林部 充宏, 建部 将広, 長谷川 泰久, 栗本 秀, 大山 慎太郎, 山本 美知郎, 岩月 克之

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    脊髄損傷や筋萎縮性側索硬化症などの外傷・疾患では脳機能が正常に維持される中で広範な神経原性筋萎縮が進行し、生命維持が困難な高度な障害へと発展していく。本研究は、このような難治性麻痺状況に対して、(1)末梢神経幹内神経幹細胞移植による麻痺筋近傍での脊髄様構造の神経節誘導、(2)新たに開発をする複数制御可能な埋め込み型電気刺激装置、(3)脳の制御信号を予測し、暗黙知による制御を可能とする人工知能、という独自に開発した3つの基盤技術を適用して、自立した生活が可能なレベルの機能回復を実現するサイバネティクス技術を開発している。
    神経障害や加齢により低下した身体能力を、人工的センサーやアクチュエーターによる代償ではなく、再生医療技術により患者自らの神経・筋機能を復活・増強して機能回復させる。そのため、情報処理と制御系のみを工学技術に依存するためエネルギーの大半が摂取する食物から得られる。さらにこの技術は、歩行や把持動作などの運動機能を回復させるだけでなく、嚥下や呼吸、腸の蠕動運動といった自律神経系の支配が強く、生命維持の根幹に関わる機能を回復させることもできる。

  7. 地域連携クリティカルパスを用いた標準的癌診療工程プロセスとその最適化

    研究課題/研究課題番号:17K09233  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    白鳥 義宗, 清水 雅仁, 舩田 千秋, 山下 暁士, 小林 大介, 大山 慎太郎, 佐藤 菊枝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    再発率が高く、ハイリスク・グループが明確に決まっている肝がんを例に取り、肝炎・肝がんの地域連携クリティカルパスの効果的な利用によって中間アウトカムや最終アウトカムを改善するかどうかについて検討を行った。地域連携クリティカルパス利用群(パス群)、専門医による院内経過観察群(院内群)、地域連携クリティカルパス非利用紹介群(紹介群)の3群を比較した。腹部超音波検査の回数において、パス群、院内群では大きな差異は認めないが、紹介群においては著しい低値を示していた。腫瘍の最大径は3群間で違いが認められ、初診からの生存率は紹介群が有意に低下していた。
    地域連携クリティカルパスの効果的な利用によって中間アウトカムや最終アウトカムを改善するかどうかを検討した。地域連携クリティカルパスにより、専門医でなくても専門医と同等のアウトカムを導き出せれば、地域医療の均てん化に貢献できると考えているが、今回の結果は肝がん患者において初診からの生存率が専門医でなくても専門医と同等となることがわかった。クリティカルパス法によって医療の質の向上・医療の効率化・医療の標準化を実現し、がんに代表されるような治療困難な疾患に対する地域での取り組みにおいて最適な予防・治療の方策を提示し得る結果と思われた。

▼全件表示

産業財産権 7

  1. 運動の変化を考慮した状況への適応能力評価装置

    森 健策, 小田 昌宏, 大山 慎太郎, 伊勢崎 隆司, 渡部 智樹

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:特願2020-194548  出願日:2020年11月

  2. 判別装置、学習装置、方法、プログラム、学習済みモデルおよび記憶媒体

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:特願16/877,678  出願日:2020年5月

  3. 間質性肺炎を機械学習を利用して自動診断するプログラム

    古川 大記, 大山 慎太郎, 長谷川 好規, 横田 秀夫, 白鳥 義宗

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:特願2019-094757  出願日:2019年5月

    公開番号:特開2020-188872  公開日:2020年11月

  4. 人工骨

    横田秀夫, 山澤建二, 辻村有紀, 大山慎太郎, 渡邉政樹

     詳細を見る

    出願人:理化学研究所

    出願番号:特願2020-184087  出願日:2021年1月

  5. 運動模倣能力評価装置

    森 健策, 小田 昌宏, 大山 慎太郎, 伊勢崎 隆司

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:特願2020-194538  出願日:2020年11月

  6. 関節手術支援装置、超音波プローブおよび関節手術システム

    平田 仁, 大山 慎太郎, 新実 信夫, 森 雅人

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:特願2020-095277  出願日:2020年6月

    権利者:東海国立大学機構

  7. 前腕回旋自律制御型筋電義手

    平田 仁, 岩月 克之, 大山 慎太郎, 下田 真吾, 山本 貴史, 宮川 拓也

     詳細を見る

    出願人:東海国立大学機構

    出願番号:特願2013-200268  出願日:2013年9月

    公開番号:特開2015-065996  公開日:2015年4月

    特許番号/登録番号:特許6315543  登録日:2018年4月 

    権利者:東海国立大学機構

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 医療情報学

    2017年4月 - 現在

  2. 整形外科学

    2017年4月 - 現在 東海国立大学機構)

  3. 手の外科学

    2017年4月 - 現在 東海国立大学機構)

 

社会貢献活動 1

  1. 奥三河メディカルバレー

    役割:講師, 企画

    2018年10月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 研究者, 企業, 行政機関

    種別:セミナー・ワークショップ