2021/04/26 更新

写真a

ニシタニ ナオコ
西谷 直子
NISHITANI Naoko
所属
大学院医学系研究科 総合保健学専攻 看護科学 教授
医学部(保健学科)
大学院医学系研究科
職名
教授

学位 1

  1. 看護学博士 ( 名古屋大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 地域

  2. 公衆衛生看護

  3. 地域

  4. 公衆衛生看護

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学  / 公衆衛生看護学

  2. ライフサイエンス / 高齢者看護学、地域看護学

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   看護学専攻

    2005年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学系研究科   看護学専攻

    2002年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 14

  1. 日本産業衛生学会   代議員、地方会理事

    1998年7月 - 現在

  2. 日本産業看護学会   評議員、倫理委員

    2012年12月 - 現在

  3. 日本公衆衛生学会

    2010年5月 - 現在

  4. 日本地域看護学会

    2010年7月 - 現在

  5. 東海公衆衛生学会

    2004年4月 - 現在

  6. 日本肥満学会

    2008年4月 - 現在

  7. 日本睡眠学会

    2010年7月 - 現在

  8. 日本公衆衛生学会

  9. 日本地域看護学会

  10. 日本産業看護学会

  11. 日本産業衛生学会

  12. 日本睡眠学会

  13. 日本肥満学会

  14. 東海公衆衛生学会

▼全件表示

委員歴 13

  1. 日本産業衛生学会東海地方会 地方会ニュース編集委員会   副編集委員長  

    2017年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  2. 日本産業衛生学会東海地方会 地方会ニュース編集委員会   副編集委員長  

    2017年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. 日本産業衛生学会東海地方会 地方会ニュース編集委員会   編集長  

    2015年6月 - 2017年6月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  4. 日本産業衛生学会東海地方会 地方会ニュース編集委員会   編集長  

    2015年6月 - 2017年6月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  5. 日本産業衛生学会東海地方会 地方会ニュース編集委員会   副編集委員長  

    2013年6月 - 2015年5月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  6. 日本産業看護学会   倫理委員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  7. 日本産業看護学会   倫理委員  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  8. 日本産業看護学会   評議員  

    2012年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  9. 日本産業看護学会   評議員  

    2012年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  10. 日本産業衛生学会   代議員  

    2008年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  11. 日本産業衛生学会   代議員  

    2008年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  12. 日本産業衛生学会東海地方会   理事  

    2007年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  13. 日本産業衛生学会東海地方会   理事  

    2007年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 1

  1. 最優秀演題賞

    2015年5月   日本産業衛生学会  

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 19

  1. Insomnia affects future development of depression in workers: a 6-year cohort study 査読有り

    Nishitani Naoko, Kawasaki Yurika, Sakakibara Hisataka

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   81 巻 ( 4 ) 頁: 637 - 645   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nagoya Journal of Medical Science  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.4.637

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. 小規模事業場におけるストレスチェック制度への取り組み状況と課題 査読有り

    斉藤 政彦, 中元 健吾, 和田 晴美, 西谷 直子, 山本 楯

    産業衛生学雑誌   61 巻 ( 1 ) 頁: 1-8   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>【目的】平成27年12月に施行された改正労働安全衛生法によって、従業員数50人以上の事業場に労働者に対するストレスチェックの実施が義務化された。それ未満の事業場では努力義務に留まっている。労働者の半数以上が50人未満の小規模事業場で働いている本邦の現状から、この制度が有効に機能するためには、小規模事業場への普及が課題である。小規模事業場におけるメンタルヘルス対策、およびストレスチェックへの取り組み状況と関連要因を明らかにし、今後の推進に向けた示唆を得ることを目的に、アンケート調査を行った。</p><p>【方法】愛知県内の30人以上50人未満の事業場に対して、ストレスチェックへの取り組み状況と実施上の問題点に関してアンケート調査を行った。結果を、単独の企業(単独群)と、より大きな企業の支社・支店・営業所(支所群)に分けて比較した。さらに、メンタルヘルス推進担当者(担当者)の有無別で比較検討を行った。</p><p>【結果】単独群は290事業場で、支所群は331事業場であった。単独群で、担当者有りは55事業場、無しは235事業場で、支所群では、担当者有りが102事業場、無しが229事業場であった。支所群では、単独群に比較して、担当者のいる割合が高く、メンタルヘルスに対する取り組みが前向きで、特にストレスチェックに関しては、半数近い事業場で既に実施されていた。また、単独群、支所群ともに、担当者のいる事業場で、より積極的にメンタルヘルス対策に取り組まれており、ストレスチェックへの姿勢も前向きであった。50人未満の事業場にも実施が義務となった場合に必要なものは、という問いに対して、いずれも人材がトップで、単独群では続いて予算だったが、支所群では専門家が続いた。</p><p>【結論】小規模事業場では、支所群に比較して単独群で、メンタルヘルス対策およびストレスチェックへの取り組みが遅れていた。ただし、担当者のいる事業場では、いない事業場より、進んでいた。よって、小規模事業場においては、メンタルヘルス推進担当者の選任を促すことが、職場におけるメンタルヘルス対策を促進し、ストレスチェックに対する前向きな取り組みにつながると、期待された。</p>

    DOI: 10.1539/sangyoeisei.2018-011-E

    CiNii Article

  3. Insomnia and depression: risk factors for development of depression in male Japanese workers during 2011–2013 査読有り

    Naoko Nishitani, Yurika Kawasaki, Hisataka Sakakibara

    International Journal of Public Health   63 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 55   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    Objectives: This 3-year cohort study was conducted to investigate the relation between insomnia and development of depression in male workers, and to clarify the association between the severity of insomnia and the onset of depression. Methods: Self-administered questionnaire surveys on depression and insomnia were conducted on male workers for 3 years. Depression was assessed with the Center for Epidemiologic Studies Depression Scale (CES-D), and insomnia was examined using the Athens Insomnia Scale (AIS). The analysis was done with 840 men who had no depression at baseline. Results: Depression symptoms were newly found in 113 men during this study. Cox regression analyses showed that people with insomnia (AIS score of ≥ 1) at baseline had about a 7 times greater risk for onset of depression. Furthermore, compared with those with AIS score of 0 (no insomnia), people with AIS score of 1–3 had a 5.2-fold greater risk of depression and those with a score of 4 or higher indicated about tenfold greater risk. Conclusions: A new finding was that the risk for onset of depression increased with the severity of insomnia.

    DOI: 10.1007/s00038-017-1043-9

    Scopus

    PubMed

  4. Insomnia and depression: risk factors for development of depression in male Japanese workers during 2011–2013

    Nishitani N.

    International Journal of Public Health   63 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 55   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Public Health  

    DOI: 10.1007/s00038-017-1043-9

    Scopus

  5. Insomnia and depression: risk factors for development of depression in male Japanese workers during 2011-2013 査読有り

    Naoko Nishitani, Yurika Kawasaki, Hisataka Sakakibara,

    Int J Public Health   63 巻 ( 1 ) 頁: 49-55   2018年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Insomnia and depression: risk factors for development of depression in male Japanese workers during 2011-2013

    Nishitani Naoko, Kawasaki Yurika, Sakakibara Hisataka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PUBLIC HEALTH   63 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 55   2018年1月

  7. Insomnia and depression: risk factors for development of depression in male Japanese workers during 2011-2013.

    Nishitani N, Kawasaki Y, Sakakibara H

    International journal of public health   63 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 55   2018年1月

     詳細を見る

  8. ブルーカラー、ホワイトカラーの男性における抑うつと関連する要因 査読有り

    川崎ゆりか、西谷直子、榊原久孝

    産業衛生学雑誌   57 巻 ( 4 ) 頁: 130-139   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. Association of psychological stress response of fatigue with white blood cell count in male daytime workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    Industrial Health   52 巻 ( 6 ) 頁: 531-534   2014年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Short sleeping time and job stress in Japanese white-collar workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara, Izumi Akiyama

    The Open Sleep Journal   6 巻   頁: 104-109   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Association between body mass index and high-sensitivity C-reactive protein in male Japanese 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

      7 巻 ( 4 ) 頁: 297-300   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. Relationship between poor sleep and future development of depressive symptoms in a 2-year cohort study of male Japanese workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    The Open Sleep Journal   5 巻   頁: 19-24   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. Characteristics of short sleeping time and eating behaviors related to obesity 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara, Izumi Akiyama

      6 巻 ( 2 ) 頁: 103-109   2012年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Job stress factors, stress response, and social support in association with insomnia of Japanese male workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    Industrial Health   48 巻 ( 2 ) 頁: 178-184   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. White blood cell count and sleep difficulty examined by the Athens Insomnia Scale in shift workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    The Open Sleep Journal   3 巻   頁: 1-5   2010年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Eating behavior related to obesity and job stress in male Japanese workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara, Izumi Akiyama

    Nutrition   25 巻 ( 1 ) 頁: 45-50   2009年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  17. Relationship of BMI increase to eating behavior and job stress in a 2-year cohort study of non-obese male Japanese workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    Obesity Research & Clinical Practice   1 巻 ( 3 ) 頁: 179-185   2007年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. Subjective poor sleep and white blood cell count in male Japanese workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    Industrial Health   45 巻 ( 2 ) 頁: 296-300   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. Relationship of obesity to job stress and eating behavior in male Japanese workers 査読有り

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    International Journal of Obesity   30 巻 ( 3 ) 頁: 528-533   2006年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. 精神科・睡眠障害と職場ストレスの抑うつ発症リスク

    榊原久孝、西谷直子( 担当: 共著)

    科学評論社  2020年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

MISC 1

  1. Insomnia and depression: risk factors for development of depression in male Japanese workers during 2011–2013 査読有り

    Naoko Nishitani, Yurika Kawasaki, Hisataka Sakakibara  

    International Journal of Public Health63 巻 ( 1 ) 頁: 49 - 55   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer International Publishing  

    Objectives: This 3-year cohort study was conducted to investigate the relation between insomnia and development of depression in male workers, and to clarify the association between the severity of insomnia and the onset of depression. Methods: Self-administered questionnaire surveys on depression and insomnia were conducted on male workers for 3 years. Depression was assessed with the Center for Epidemiologic Studies Depression Scale (CES-D), and insomnia was examined using the Athens Insomnia Scale (AIS). The analysis was done with 840 men who had no depression at baseline. Results: Depression symptoms were newly found in 113 men during this study. Cox regression analyses showed that people with insomnia (AIS score of ≥ 1) at baseline had about a 7 times greater risk for onset of depression. Furthermore, compared with those with AIS score of 0 (no insomnia), people with AIS score of 1–3 had a 5.2-fold greater risk of depression and those with a score of 4 or higher indicated about tenfold greater risk. Conclusions: A new finding was that the risk for onset of depression increased with the severity of insomnia.

    DOI: 10.1007/s00038-017-1043-9

    Scopus

講演・口頭発表等 37

  1. 将来の抑うつ発症に影響する不眠のリスク

    西谷直子 川崎ゆりか 榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. 抑うつ者の不眠症状に着目した個別保健指導の効果

    川崎ゆりか 伊藤和子 西谷直子 榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. 睡眠時間と体重増加の関連

    西谷直子、川崎ゆりか、榊原久孝

    東海公衆衛生学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. 縦断調査結果による不眠の程度と精神的健康度

    西谷直子、川崎ゆりか、榊原久孝

    日本睡眠学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. 不眠の程度別での2年間における心身の健康状態

    西谷直子、川崎ゆりか、榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  6. 肥満のリスクに影響する睡眠の質

    西谷直子、川崎ゆりか、榊原久孝

    日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. 睡眠状況と身体的健康度、生活習慣との関連

    西谷直子、川崎ゆりか、榊原久孝

    日本睡眠学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. Relationship between short sleeping time and eating behaviors related to obesity 国際会議

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara, Izumi Akiyama

    The 8th Asia-Oceania Conference on Obesity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. 不眠と将来の抑うつ発症との関係

    西谷直子、川崎ゆりか、榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  10. 動脈硬化危険因子と高感度CRPとの関連性

    西谷直子、榊原久孝

    東海公衆衛生学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. Association between BMI and high-sensitivity C-reactive protein 国際会議

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    Asia-Pacific Diabetes and Obesity Study Group symposium 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 睡眠時間に関係する職場ストレスの年代別での結果

    西谷直子、榊原久孝、秋山泉

    日本産業衛生学会東海地方会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 炎症反応(白血球数)に関連のある心理的ストレス反応

    西谷直子、榊原久孝

    産業医・産業看護全国協議会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. 高感度CRPとBMIとの関係

    西谷直子、榊原久孝

    日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 睡眠時間と生活習慣、職場ストレスとの関係

    西谷直子、榊原久孝、秋山泉

    日本睡眠学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. ホワイトカラーにおける短時間睡眠と生活習慣、職場ストレスとの関係

    西谷直子、榊原久孝、秋山泉

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. 睡眠時間と肥満及び食行動との関連

    西谷直子、榊原久孝、秋山泉

    日本産業衛生学会東海地方会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. Relationship between insomnia and future development of depression 国際会議

    Naoko Nishitani, Hisataka Sakakibara

    World sleep 2011 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  19. 短時間睡眠に関係する食行動の特徴

    西谷直子、榊原久孝、秋山泉

    日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 2年間の結果による不眠と抑うつとの関連

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 不眠と関係する職場ストレス

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 不眠と職場ストレスとの関係-不眠と仕事のストレス要因、ストレス反応、社会的支援とのかかわり-

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会東海地方会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 肥満と職場ストレスとの関係

    西谷直子、榊原久孝、秋山泉

    日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. 非肥満者の体重増加に関する要因

    西谷直子、榊原久孝

    東海公衆衛生学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. 勤務形態別での睡眠状態と白血球数との関係

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 肥満に関連する職場ストレス

    西谷直子、榊原久孝、秋山泉

    日本産業衛生学会東海地方会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. BMI増加に関係する食行動と職場ストレス

    西谷直子、榊原久孝

    日本肥満学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. 非肥満男性従業員の2年間におけるBMI増加と食行動、職場ストレスとの関係

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会東海地方会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. 事業場で働く人の睡眠状態と炎症反応との関係

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 自覚的睡眠不足感と白血球数との関係

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会東海地方会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. ある製造事業場における男性労働者の肥満と職場ストレス、食行動との関連

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会東海地方会学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 男性労働者における肥満と食行動および職場ストレスとの関連について

    西谷直子、榊原久孝

    日本産業衛生学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. 抑うつ者の不眠症状に着目した個別保健指導の効果 国際会議

    川崎ゆりか, 伊藤和子, 西谷直子, 榊原久孝

    日本産業衛生学会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  34. 将来の抑うつ発症に影響する不眠のリスク 国際会議

    西谷直子, 川崎ゆりか, 榊原久孝

    日本産業衛生学会  2019年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. 睡眠時間と体重増加の関連 国際会議

    西谷直子, 川崎ゆりか, 榊原久孝

    東海公衆衛生学会学術大会  2018年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  36. 縦断調査結果による不眠の程度と精神的健康度 国際会議

    西谷直子, 川崎ゆりか, 榊原久孝

    日本睡眠学会  2017年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  37. 不眠の程度別での2年間における心身の健康状態 国際会議

    西谷直子, 川崎ゆりか, 榊原久孝

    日本産業衛生学会  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 生活習慣病予防-睡眠状態と炎症反応の指標との関係-

    2006年 - 2007年

    医学研究・健康増進活動等助成事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 生活習慣病予防~肥満における食行動と職場ストレスの関連から~ 

    2002年 - 2003年

    医学研究・健康増進活動等助成事業 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 9

  1. 認知症発症に対する懸念や恐怖をもつ中高年者を支援するシステムの構築

    2019年4月 - 現在

    科学研究費補助金 

    星野純子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  2. 認知症発症に対する懸念や恐怖をもつ中高年者を支援するシステムの構築

    研究課題/研究課題番号:19K11275  2019年4月 - 2023年3月

    星野 純子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、国外でも検討が始まっている認知症発症に対する懸念や恐怖といった感情 “Dementia Worry” (以下、DWとする)をもつ中高年者を支援するシステムを構築することを目的とする。具体的には、中高年者の認知症発症についての感情とその背景を詳細なインタビューを通じて明らかにする。次に、明らかになった感情(DW)の有訴率とそれに関連する要因について、郵送法による質問紙調査から明らかにする。そして、その解析結果をもとに、科学的根拠に基づいた認知症発症の脅威をもつ中高年者を支援するシステムを構築する。
    本研究は、認知症発症に対する懸念や恐怖といった感情 “Dementia Worry” (以下、DWとする)をもつ中高年者を支援するシステムを構築することを目的とする。具体的には、中高年者の認知症発症についての感情とその背景をインタビューを通じて明らかにするとともに、明らかになった感情(DW)の有訴率とそれに関連する要因について、質問紙調査から明らかにすることを予定している。
    本年度は、中高年者の認知症発症についての感情(懸念、不安、恐怖など)、なぜそのように感じるのか、感情による健康や行動への影響などを明らかにするための面接調査の準備を行った。面接調査は40歳以上の中高年者を対象とし、研究内容を理解し、文書による同意を得た者を研究協力者とする。面接調査の内容は、「あなたは認知症発症についてどのような感情を持っていますか。あなたは、なぜ、そのように感じるのですか。」、「あなたは、そのような認知症発症についての感情のために、今の健康状態(心配となる症状)や行動に影響がありますか。」等とし、対象に事前に同意を得て録音およびメモを取ることを予定している。現在までに、所属機関の倫理審査を受け、研究実施の承認を得ている。また、調査の指針となる「面接調査実施マニュアル(インタビューガイドを含む)」の作成等の準備を行った。しかし、COVID-19の感染拡大予防のため、対象者への調査は実施していない。
    新型コロナウィルス感染症の感染拡大予防のため、地域で暮らす中高年者を対象とした面接調査は実施できない。
    新型コロナウィルス感染症の状況が落ち着き次第、面接調査を実施する予定である。面接調査実施後は、分析を行い、中高年者の認知症発症についての感情などを明らかにする。また、面接調査の結果に基づき第2段階として予定している質問紙調査の準備を行う。

  3. 睡眠に対する介入による抑うつ発症リスクの低減に及ぼす効果の検証

    研究課題/研究課題番号:16K12322  2016年4月 - 2020年3月

    西谷 直子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    保健指導を実施し、1年後、2年後の結果が得られた105名の男性労働者について抑うつはCES-D、不眠に関してはアテネ不眠尺度(AIS)を用い評価した。睡眠状態をアセスメントし良い睡眠のためのアドバイスを行った。その結果、1年目はAIS(4点以上)、CES-D(20点以上)の高得点者が有意に減少した。2年目はCES-Dはほぼ変化なし、AISは微増した。
    2011年から2017年までのコホート研究では、男性の日勤労働者で抑うつ発症と不眠との関連について調査した。1,332名を解析し、不眠による抑うつ発症リスクは1.64倍であった。また不眠の程度が強い程、将来の抑うつ発症のリスクは高かった。
    働く人において、不眠傾向や抑うつ傾向にある人に、睡眠に着目して保健指導を実施することで、不眠や抑うつの程度がどのように変化するのかについて調べた。また不眠と抑うつとの関連性を調査した。その結果、抑うつや不眠の傾向の強い人には保健指導の頻度を増すなどアプローチの必要性が示された。また、縦断的に調査した結果から、不眠が強い程、将来の抑うつ発症に対してリスクが高いことがわかった。この結果は、労働者にとって睡眠をよりよく保つことで、将来の抑うつ症状を予防することができると考えられた。

  4. 睡眠に対する介入による抑うつ発症リスクの低減に及ぼす効果の検証

    2016年 - 2019年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西谷直子

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  5. 睡眠に対する介入による抑うつ発症リスクの低減に及ぼす効果の検証

    2016年 - 2019年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 睡眠障害と職業性ストレスの抑うつ発症リスクに関する製造業従業員の縦断調査

    研究課題/研究課題番号:15K08771  2015年4月 - 2020年3月

    榊原 久孝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    60歳未満の男性日勤労働者を対象に、2011年から2017年まで、不眠(アテネ不眠尺度)とうつ症状(CES-D)などを調査し、不眠とうつ症状発症との関連を検討した。不眠あり(AIS 6 点以上)群では、うつ症状発症リスクはHR 4.97(95% CI 2.97-8.33)と高いことが示された。AIS 1-3点群では HR 2.14(95% CI 1.32-3.45)、AIS 4-5点群ではHR 3.93(95% CI 2.40-6.42)と、不眠の程度が強いほど、その後のうつ症状発症リスクが高くなることが示された。職場のうつ病対策として、睡眠障害にも注意を向ける重要性が示された。
    本調査は、これまで調査がまれな職場労働者を対象に、睡眠障害の存在が将来のうつ症状発症のリスクを高めることを示すとともに、不眠症状の程度が強いほど将来のうつ症状発症リスクが高くなることを示した、国際的にも意義のある研究である。将来のうつ症状発症リスクは、不眠症状の程度が強いほどは高く、軽い不眠症状でもリスクが高まり、注意を要する。また、職場のうつ病対策として、労働者の不眠症状や睡眠障害にも注意を向け、その改善に努めることが、うつ病発症予防にも繋がる可能性を示唆した。

  7. 睡眠障害と職業性ストレスの抑うつ発症リスクに関する製造業従業員の縦断調査

    2015年 - 2018年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    榊原久孝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  8. 睡眠障害と職業性ストレスの抑うつ発症リスクに関する製造業従業員の縦断調査

    2015年 - 2018年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  9. 睡眠障害とうつ病、職業性ストレスに関する製造業従業員の3年間の縦断調査

    2011年 - 2014年

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    榊原久孝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 13

  1. 公衆衛生看護学

    2018

  2. 公衆衛生看護活動論Ⅰ

    2018

  3. 公衆衛生看護学実習

    2018

  4. ヘルスプロモーション概論

    2018

  5. 保健医療研究法概論

    2018

  6. 基礎セミナーA

    2019

  7. 公衆衛生看護学

    2019

  8. 公衆衛生看護活動論Ⅰ

    2019

  9. 公衆衛生看護学実習

    2019

  10. ヘルスプロモーション概論

    2019

  11. 保健医療研究法概論

    2019

  12. 看護学研究方法論

    2019

  13. 地域看護学特論

    2019

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 13

  1. 看護学研究方法論

    名古屋大学)

  2. 地域包括ケア開発看護学特論Ⅰ

    名古屋大学)

  3. 地域包括ケア開発看護学実習

    名古屋大学)

  4. 地域包括ケア開発看護学セミナー

    名古屋大学)

  5. 公衆衛生看護活動論Ⅱ

    名古屋大学)

  6. 公衆衛生看護活動論Ⅰ

    名古屋大学)

  7. 公衆衛生看護学実習

    名古屋大学)

  8. 公衆衛生看護学

    名古屋大学)

  9. 保健医療研究法概論

    名古屋大学)

  10. ヘルスプロモーション概論

    名古屋大学)

  11. 地域看護学特論

    名古屋大学)

  12. 基礎セミナーA

    名古屋大学)

  13. 特別研究

    名古屋大学)

▼全件表示

 

社会貢献活動 2

  1. 愛知産業保健総合支援センター 相談員

    役割:講師, 企画, 調査担当

    2013年7月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:その他

  2. 愛知産業保健総合支援センター 相談員

    役割:講師, 企画, 調査担当

    2013年7月 - 現在

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:その他

学術貢献活動 2

  1. 愛知産業保健総合支援センター 調査研究委員

    2008年 - 2018年

  2. 愛知産業保健総合支援センター 調査研究委員

    2008年 - 2018年

     詳細を見る

    種別:学術調査