2021/07/29 更新

写真a

オガタ アイカ
緒方 藍歌
OGATA Aika
所属
大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 特任研究部門 特任講師
職名
特任講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2014年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 6

  1. 炎症

  2. 間葉系幹細胞

  3. 心臓血管

  4. 大動脈瘤

  5. マクロファージ

  6. エクソソーム

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 心臓血管外科学

経歴 3

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科附属医学教育研究支援センター   特任講師

    2020年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院医学系研究科附属医学教育研究支援センター   特任助教

    2018年4月 - 2020年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院医学系研究科附属医学教育研究支援センター   研究員

    2014年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   機能構築医学専攻

    2011年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 鈴鹿医療科学大学   大学院保健衛生学研究科   医療画像情報学専攻

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 3

  1. 日本炎症・再生医学会

  2. 日本循環器学会

  3. 日本再生医療学会

 

論文 31

  1. Long term efficacy and fate of a right ventricular outflow tract replacement using an elastomeric cardiac patch consisting of caprolactone and D,L-lactide copolymers. 査読有り

    Fujimoto KL, Yamawaki-Ogata A, Uto K, Usui A, Narita Y, Ebara M

    Acta biomaterialia   123 巻   頁: 222 - 229   2021年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Acta Biomaterialia  

    DOI: 10.1016/j.actbio.2021.01.022

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Performance of a Biodegradable Composite with Hydroxyapatite as a Scaffold in Pulp Tissue Repair. 査読有り

    Okamoto M, Matsumoto S, Sugiyama A, Kanie K, Watanabe M, Huang H, Ali M, Ito Y, Miura J, Hirose Y, Uto K, Ebara M, Kato R, Yamawaki-Ogata A, Narita Y, Kawabata S, Takahashi Y, Hayashi M

    Polymers   12 巻 ( 4 )   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/polym12040937

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Hydrogen water alleviates obliterative airway disease in mice. 査読有り

    Ozeki N, Yamawaki-Ogata A, Narita Y, Mii S, Ushida K, Ito M, Hirano SI, Kurokawa R, Ohno K, Usui A

    General thoracic and cardiovascular surgery   68 巻 ( 2 ) 頁: 158-163   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11748-019-01195-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. The oral administration of colchicine prevents the progression of aortic aneurysm 査読有り

    Okawa H., Yamawaki-Ogata A., Narita Y., Munakata H., Hashizume R., Usui A.

    EUROPEAN HEART JOURNAL   40 巻   頁: 1882-1882   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  5. Montelukast, a Cysteinyl Leukotriene Receptor 1 Antagonist, Induces M2 Macrophage Polarization and Inhibits Murine Aortic Aneurysm Formation. 査読有り

    Kawai Y, Narita Y, Yamawaki-Ogata A, Usui A, Komori K

    BioMed research international   2019 巻   頁: 9104680   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2019/9104680

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. The oral administration of clarithromycin prevents the progression and rupture of aortic aneurysm. 査読有り

    Uchida W, Narita Y, Yamawaki-Ogata A, Tokuda Y, Mutsuga M, Lee Fujimoto K, Abe T, Oshima H, Usui A

    Journal of vascular surgery   68 巻 ( 6S ) 頁: 82S-92S.e2   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jvs.2017.12.047

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. The Possibility of Clarithromycin for the Treatment of Type B Aortic Dissection. 査読有り

    Uchida Wataru, Yamawaki-Ogata Aika, Hideki Ito, Sachie Tarazawa, Tokuda Yoshiyuki, Mutsuga Masato, Fujimoto Kazuro L., Yuji Narita, Usui Akihiko

    CIRCULATION   138 巻   頁: .   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  8. Evaluation of the Bactericidal and Fungicidal Activities of Poly([2-(methacryloyloxy)ethyl]trimethyl Ammonium Chloride)(Poly (METAC))-Based Materials. 査読有り

    Shiga T, Mori H, Uemura K, Moriuchi R, Dohra H, Yamawaki-Ogata A, Narita Y, Saito A, Kotsuchibashi Y

    Polymers   10 巻 ( 9 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/polym10090947

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. <Editors' Choice> Effects of exosomes derived from the induced pluripotent stem cells on skin wound healing. 査読有り

      80 巻 ( 2 ) 頁: 141-153   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.80.2.141

    Web of Science

    PubMed

  10. Bone marrow-derived mesenchymal stromal cells regress aortic aneurysm via the NF-kB, Smad3 and Akt signaling pathways. 査読有り

    Yamawaki-Ogata A, Oshima H, Usui A, Narita Y

    Cytotherapy   19 巻 ( 10 ) 頁: 1167-1175   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jcyt.2017.07.010

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Isolation and characterisation of peripheral blood-derived feline mesenchymal stem cells. 査読有り

    Sato K, Yamawaki-Ogata A, Kanemoto I, Usui A, Narita Y

    Veterinary journal (London, England : 1997)   216 巻   頁: 183-8   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tvjl.2016.08.009

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  12. Exosomes Obtained from Mesenchymal Stem Cells as a Novel Therapeutic Tool for Aortic Aneurysm 査読有り

    Yamawaki-ogata A., Kosakai M., Usui A., Narita Y.

    TISSUE ENGINEERING PART A   21 巻   頁: S211-S212   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  13. Skin-derived precursor cells promote wound healing in diabetic mice. 査読有り

    Sato H, Ebisawa K, Takanari K, Yagi S, Toriyama K, Yamawaki-Ogata A, Kamei Y

    Annals of plastic surgery   74 巻 ( 1 ) 頁: 114-20   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SAP.0000000000000342

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Mesenchymal stem cells for treatment of aortic aneurysms. 査読有り

    Yamawaki-Ogata A, Hashizume R, Fu XM, Usui A, Narita Y

    World journal of stem cells   6 巻 ( 3 ) 頁: 278-87   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4252/wjsc.v6.i3.278

    PubMed

  15. Therapeutic potential of bone marrow-derived mesenchymal stem cells in formed aortic aneurysms of a mouse model. 査読有り

    Yamawaki-Ogata A, Fu X, Hashizume R, Fujimoto KL, Araki Y, Oshima H, Narita Y, Usui A

    European journal of cardio-thoracic surgery : official journal of the European Association for Cardio-thoracic Surgery   45 巻 ( 5 ) 頁: e156-65   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejcts/ezu018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Intravenous administration of mesenchymal stem cells prevents angiotensin II-induced aortic aneurysm formation in apolipoprotein E-deficient mouse. 査読有り

    Fu XM, Yamawaki-Ogata A, Oshima H, Ueda Y, Usui A, Narita Y

    Journal of translational medicine   11 巻 ( 1 ) 頁: 175   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1479-5876-11-175

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. Prevention of arterial graft spasm in rats using a vasodilator-eluting biodegradable nano-scaled fibre. 査読有り

    Yagami K, Yamawaki-Ogata A, Satake M, Kaneko H, Oshima H, Usui A, Ueda Y, Narita Y

    Interactive cardiovascular and thoracic surgery   17 巻 ( 1 ) 頁: 16-22   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/icvts/ivt092

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  18. Long-term results of tissue-engineered small-caliber vascular grafts in a rat carotid arterial replacement model. 査読有り

    Kuwabara F, Narita Y, Yamawaki-Ogata A, Satake M, Kaneko H, Oshima H, Usui A, Ueda Y

    Journal of artificial organs : the official journal of the Japanese Society for Artificial Organs   15 巻 ( 4 ) 頁: 399-405   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10047-012-0652-6

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  19. Development of novel statin releasing biodegradable nano-scaled fiber for bone tissue engineering 査読有り

    Wadagaki R., Mizuno D., Yamawaki-Ogata A., Fu X., Satake M., Kaneko H., Ueda M., Narita Y.

    JOURNAL OF TISSUE ENGINEERING AND REGENERATIVE MEDICINE   6 巻   頁: 329-329   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  20. Possibility of cell therapy for aortic aneurysm 査読有り

    Yamawaki-Ogata A., Fu X., Hashizume R., Oshima H., Usui A., Narita Y.

    JOURNAL OF TISSUE ENGINEERING AND REGENERATIVE MEDICINE   6 巻   頁: 149-149   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. PS-106-2 動脈グラフと攣縮予防のための血管拡張薬徐放生体吸収性ナノファイバーの開発(PS-106 心血管 基礎,ポスターセッション,第112回日本外科学会定期学術集会) 査読有り

    八神 啓, 成田 裕司, 緒方 藍歌, 佐竹 真, 兼子 博章, 大島 英揮, 碓氷 章彦, 上田 裕一

    日本外科学会雑誌   113 巻 ( 2 ) 頁: .   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  22. Effect of GDF-5 and BMP-2 on the expression of tendo/ligamentogenesis-related markers in human PDL-derived cells. 査読有り

    Inoue M, Ebisawa K, Itaya T, Sugito T, Yamawaki-Ogata A, Sumita Y, Wadagaki R, Narita Y, Agata H, Kagami H, Ueda M

    Oral diseases   18 巻 ( 2 ) 頁: 206-12   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1601-0825.2011.01871.x

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  23. Novel small-caliber vascular grafts with trimeric Peptide for acceleration of endothelialization. 査読有り

    Kuwabara F, Narita Y, Yamawaki-Ogata A, Kanie K, Kato R, Satake M, Kaneko H, Oshima H, Usui A, Ueda Y

    The Annals of thoracic surgery   93 巻 ( 1 ) 頁: 156-63; discussion 163   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2011.07.055

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Mesenchymal stem cells attenuate angiotensin II-induced aortic aneurysm growth in apolipoprotein E-deficient mice. 査読有り

    Hashizume R, Yamawaki-Ogata A, Ueda Y, Wagner WR, Narita Y

    Journal of vascular surgery   54 巻 ( 6 ) 頁: 1743-52   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jvs.2011.06.109

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. Osteogenic induction of bone marrow-derived stromal cells on simvastatin-releasing, biodegradable, nano- to microscale fiber scaffolds. 査読有り

    Wadagaki R, Mizuno D, Yamawaki-Ogata A, Satake M, Kaneko H, Hagiwara S, Yamamoto N, Narita Y, Hibi H, Ueda M

    Annals of biomedical engineering   39 巻 ( 7 ) 頁: 1872-81   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10439-011-0327-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. Biodegradable nanofibers in cardiovascular medicine: Drug delivery application 査読有り

    Mutsuga M.

    Nanomedicine and the Cardiovascular System     頁: 345-369   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  27. A doxycycline loaded, controlled-release, biodegradable fiber for the treatment of aortic aneurysms. 査読有り

    Yamawaki-Ogata A, Hashizume R, Satake M, Kaneko H, Mizutani S, Moritan T, Ueda Y, Narita Y

    Biomaterials   31 巻 ( 36 ) 頁: 9554-64   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.biomaterials.2010.08.069

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Effects of Extracellular Matrix on Differentiation of Human Bone Marrow-Derived Mesenchymal Stem Cells into Smooth Muscle Cell Lineage: Utility for Cardiovascular Tissue Engineering 査読有り

    Shuichi Suzuki, Yuji Narita, Aika Yamawaki, Yosuke Murase, Makoto Satake, Masato Mutsuga, Hideki Okamoto, Hideaki Kagami, Minoru Ueda, Yuichi Ueda

    CELLS TISSUES ORGANS   191 巻 ( 4 ) 頁: 269 - 280   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:KARGER  

    Background: Bone marrow-derived mesenchymal stem cells (MSCs) can differentiate into various types of cell, and the extracellular matrix (ECM) is acknowledged to be important for the regulation of cell functions. In this study, we demonstrated the effects of ECMs on the differentiation of human bone marrow-derived MSCs into a smooth muscle cell (SMC) lineage. Methods: Human MSCs (hMSCs) were cultured on dishes coated with 3 types of ECM including laminin (LM), collagen type IV (Col-IV) and fibronectin for 7 days, and simultaneously cultured on a noncoated dish as a control. Cell numbers of these cultured hMSCs were counted, and their expression of SMC-specific genes and proteins was evaluated. hMSCs were then seeded on LM-coated biodegradable sheets and implanted into rat subcutaneous space. After 2 weeks of implantation, these tissues were evaluated. Results: The number of hMSCs was significantly increased by culture on Col-IV-coated dishes. The expression of SMC-specific genes and proteins (alpha-smooth muscle actin, ASMA; h1-calponin, CALP) in hMSC was significantly upregulated from culture on LM-coated dishes. LM-coated sheets showed
    [GRAPHICS]
    .
    a significantly increased expression of ASMA and CALP protein in vivo. Moreover, a fully differentiated marker (SM2) was expressed in the in vivo implanted hMSCs in the course of 2 weeks on the LM-coated sheet. Conclusion: These results suggest that the signal transduction of the cell-matrix interaction for the differentiation of hMSCs into SMCs was activated when cultured with LM. LM-coated materials may thus be useful for cardiovascular tissue engineering. Copyright (C) 2009 S. Karger AG, Basel

    DOI: 10.1159/000260061

    Web of Science

    PubMed

  29. Institutional report - Congenital development of novel drug-eluting biodegradable nano-fiber for prevention of postoperative pulmonary venous obstruction 査読有り

    Masato Mutsuga, Yuji Narita, Aika Yamawaki, Makoto Satake, Hiroaki Kaneko, Akihiko Usui, Yuichi Ueda

    Interactive Cardiovascular and Thoracic Surgery   8 巻 ( 4 ) 頁: 402 - 406   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Pulmonary venous obstruction (PVO) after correction of total anomalous pulmonary venous connection (TAPVC) frequently occurs due to intimal-hyperplasia and the required re-operation. We have developed a novel sustained-release drug delivery system, using Tacrolimuseluting biodegradable nano-fiber (TEBN). It consists of nano-scale fiber composed of biodegradable polymer and Tacrolimus. This study evaluated the effects of TEBN for prevention of venous anastomotic stricture in a rat model to apply to PVO operation. Tacrolimus was incorporated into poly (L-lactide-co-glycolide). The venous stricture model was made by rat inferior vena cava anastomosis. The IVC anastomosis was covered with TEBN with 1.0 wt% Tacrolimus (n=12) or without TEBN as a control (n=12), and evaluated histologically at 1, 2, and 4 weeks after operation. The ratio of intimal area was significantly reduced in the TEBN group compared with the control group (ratio
    1 week: 0.43 ± 0.26 vs. 0.07 ± 0.04, P=0.04, 2 weeks: 0.39 ± 0.19 vs. 0.05 ± 0.02, P=0.01, 4 weeks: 0.31±0.15 vs. 0.09 ± 0.04, P=0.03, control vs. TEBN, respectively). Histological findings showed endothelialization along the inner surface of the vein even in TEBN. The TEBN reduced intimal hyperplasia and preserved endothelialization even in a venous stricture. These results suggested that this strategy might be useful for prevention of recurrent PVO after TAPVC correction. © 2009 Published by European Association for Cardio-Thoracic Surgery. All rights reserved.

    DOI: 10.1510/icvts.2008.192831

    Scopus

    PubMed

  30. A new strategy for prevention of anastomotic stricture using tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber 査読有り

    Masato Mutsuga, Yuji Narita, Aika Yamawaki, Makoto Satake, Hiroaki Kaneko, Yoshihiro Suematsu, Akihiko Usui, Yuichi Ueda

    JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   137 巻 ( 3 ) 頁: 703 - 709   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MOSBY-ELSEVIER  

    Objective: We developed a novel sustained drug-eluting device using tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber to prevent anastomotic stricture and evaluated the effects in a rat abdominal aortic anastomosis model.
    Methods: In vitro and in vivo tacrolimus release tests for tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber were performed to confirm its sustained release. To verify the prevention of anastomotic stricture, tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber was placed around the end-to-end anastomosis of abdominal aorta in rats. Five rats were allocated to the following 5 groups: ( 1) control without tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber, ( 2) 5 mg of nanofiber only ( 0 wt% of tacrolimus), ( 3) 5 mg of tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber containing 0.04 wt% of tacrolimus, ( 4) 5 mg of tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber containing 0.1 wt% of tacrolimus, and ( 5) 5 mg of tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber containing 1.0 wt% of tacrolimus. Morphometric and histologic analyses including immunohistochemistry were performed in each of the groups 2 weeks after the operation.
    Results: The tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber gradually released tacrolimus for at least 1 month in vitro and in vivo. The ratio of intimal area was significantly reduced in the 1.0 wt% tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber group compared with the other groups (0.26, 0.24, 0.25, 0.21, and 0.08 in control, 0 wt%, 0.04 wt%, 0.1 wt%, and 1.0 wt%, respectively, P <. 05). The cells, which constitute intimal hyperplasia, were positive for smooth muscle actin and SMemb, and factor VIII revealed that endothelial cells covered the surface of the aortic lumen even in the 1.0 wt% tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber group in immunohistochemistry.
    Conclusion: Tacrolimus-eluting biodegradable nanofiber reduced neointimal hyperplasia and preserved endothelialization. This device may be useful in the prevention of anastomotic stricture.

    DOI: 10.1016/j.jtcvs.2008.11.017

    Web of Science

    PubMed

  31. Effects of transforming growth factor-beta 1 and ascorbic acid on differentiation of human bone-marrow-derived mesenchymal stem cells into smooth muscle cell lineage 査読有り

    Yuji Narita, Aika Yamawaki, Hideaki Kagami, Minoru Ueda, Yuichi Ueda

    CELL AND TISSUE RESEARCH   333 巻 ( 3 ) 頁: 449 - 459   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    Bone-marrow-derived mesenchymal stem cells (MSCs) can differentiate into a variety of cell types including smooth muscle cells (SMCs). We have attempted to demonstrate that, following treatment with transforming growth factor-beta 1 (TGF-beta 1) and ascorbic acid (AA), human bone-marrow-derived MSCs differentiate into the SMC lineage for use in tissue engineering. Quantitative polymerase chain reaction for SMC-specific gene (alpha smooth muscle actin, h1-calponin, and SM22 alpha) expression was performed on MSCs, which were cultured with various concentrations of TGF-beta 1 or AA. TGF-beta 1 had a tendency to up-regulate the expression of SMC-specific genes in a dose-dependent manner. The expression of SM22 alpha was significantly up-regulated by 30 mu M AA. We also investigated the additive effect of TGF-beta 1 and AA for differentiation into SMCs and compared this effect with that of other factors including platelet-derived growth factor BB (PDGF-BB). In addition to SMC-specific gene expression, SMC-specific proteins increased by two to four times when TGF-beta 1 and AA were used together compared with their administration alone. PDGF did not increase the expression of SMC-specific markers. MSCs cultured with TGF-beta 1 and AA did not differentiate into osteoblasts and adipocytes. These results suggest that a combination of TGF-beta 1 and AA is useful for the differentiation of MSCs into SMCs for use in tissue engineering.

    DOI: 10.1007/s00441-008-0654-0

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

科研費 19

  1. 生体吸収性ポリマーと機能性ペプチドの複合化による再生型癒着防止人工心膜の開発

    研究課題/研究課題番号:21K08820  2021年4月 - 2024年3月

    緒方 藍歌

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  2. 抗菌性ポリマーを利用した感染制御性人工血管の開発

    研究課題/研究課題番号:20K21630  2020年7月 - 2022年3月

    挑戦的研究(萌芽)

    碓氷 章彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    人工物を留置する手術では、術後感染が発症すると難治化しやすく、基本的にはその人工物を除去しなければ治癒しない。そのため、安定した抗菌作用を持った人工血管の開発が望まれている。本研究では、Poly[2-(methacryloyloxy) ethyl] trimethylammo-nium chloride) を基材とした長期安定的な抗菌作用を有する新規人工血管の創出を試みる。ポリマーの構造デザイン検討、細胞毒性試験や血液適合性、物性試験などを行ったのち、人工血管置換術による感染制御性などについて評価する。

  3. 心筋梗塞後急性炎症に対する炎症制御因子介入による心筋サルベージ療法

    研究課題/研究課題番号:20K09145  2020年4月 - 2023年3月

    藤本 和朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    広範囲心筋梗塞では、壊死心筋の激しい炎症の後、線維化組織に置換され心腔拡大や収縮障害、最終的に重症心不全を引き起こす。梗塞部位では、集積した炎症性マクロファージ (M1MF)による過剰な炎症状態と、抗炎症性マクロファージ (M2MF)による血管新生・線維化組織の誘導が観察されるが、炎症/抗炎症バランスが改善されず梗塞後リモデリングが進行して心機能がさらに低下する。本研究では、心筋梗塞後急性炎症に対する抗炎症作用・組織修復に関わるProgranulin(PGRN)およびSecretory leukocyte proteinase inhibitor (SLPI)による心筋サルベージ療法を試みる。

  4. 骨再生マテリアル創出のための『ペプチド-高分子』コンビナトリアル探索研究

    研究課題/研究課題番号:20K05227  2020年4月 - 2023年3月

    蟹江 慧

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、細胞の増殖・分化をコントロール(細胞選択性)する、骨再生マテリアルに適した材料開発を最終目標とする。医療材料表面で表したい細胞選択性は、土台である高分子材料と機能性分子(ペプチド)の組合せによる総合的な効果で決まると考えられる。しかし、高分子材料やペプチドは種類や配合比、濃度だけでも無数に考えられ、総当たりで設計していては非効率である。本研究では、高分子材料とペプチドの物性値計測をし、情報処理解析技術やコンビナトリアル技術を用い、ハイブリッド骨再生マテリアルの創出を目指す。

  5. 生体吸収性・良操作性・骨再生能を持つ多機能骨髄止血材の開発

    研究課題/研究課題番号:20K09124  2020年4月 - 2023年3月

    伊藤 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    骨切開を伴う手術では骨切断面から多くの出血を伴うため、一般的にはボーンワックスで骨切断面にパッキングする止血法が用いられている。しかしボーンワックスは非分解・非吸収性で、残存による骨癒合・治癒阻害や術後感染等の合併症、骨癒合・再生の遅延を助長する可能性がある。従って、新たな骨髄止血材料の開発は多くの患者に有益である。申請者らは、独自技術で開発したポリカプロラクトン(PCL)をベースとした生体吸収性ポリマーと骨再生誘導ペプチドによる新規骨髄止血材料を創出してきた。本研究では、材料の質的向上を図るため、各設計条件を見直す基礎研究を行い、前臨床研究も含めた動物実験にて有用性を検証する。

  6. クラリスロマイシンとモンテルカストによる大動脈瘤治療と閉塞性肺疾患との逆説解明

    研究課題/研究課題番号:19K09265  2019年4月 - 2022年3月

    成田 裕司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    小径大動脈瘤や大動脈瘤手術後の残存病変、慢性期B型大動脈解離(B型解離)などに対する積極的な予防治療法は確立されていない。我々は、クラリスロマイシン(CAM)とモンテルカスト(Mont)が、動物実験で大動脈瘤発症・瘤径拡大を抑制することを明らかにした。一方、CAMとMontは慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対して用いられるが、COPDは大動脈瘤の罹患率、破裂等のリスクファクターである。本研究では、CAMとMont両剤併用による大動脈瘤への作用を動物実験で明らかにする。また、後ろ向き臨床研究で単剤または両剤を投与されたCOPD患者を追跡し、大動脈瘤・慢性B型解離に対する瘤拡大抑制効果を検討する。
    小径大動脈瘤や大動脈瘤手術後の残存病変、慢性期B型大動脈解離(B型解離)などに対しては血圧コントロールを中心とした保存的治療法が施行されているが、積極的な予防治療法は確立されていない。我々は、先行研究で抗生剤のクラリスロマイシン(CAM)およびロイコトリエン阻害薬のモンテルカスト(Mont)が、それぞれ動物実験において抗炎症作用を介し大動脈瘤発症・瘤径拡大を抑制することを明らかにした。一方、CAMとMontは慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対してしばしば使われる治療薬であるが、COPDは大動脈瘤の罹患率、破裂や死亡のリスクファクターであることが知られている。本研究では、CAMとMontに対する、大動脈瘤予防効果とCOPDの大動脈瘤促進効果のパラドックスを解明するため、動物実験でCAMとMont両剤併用が大動脈瘤に対しどのように作用するかを、病態生理を含め明らかにする。さらに、臨床研究でレトロスペクティブに単剤あるいは両剤を長期投与されたCOPD患者を追跡し、大動脈瘤・慢性B型解離に対する薬剤の拡大抑制効果を検討する。
    本年度では、細胞レベルにおいてCAM, Montがどのような作用を及ぼすを調べるため、我々は、in vitroにて炎症性マクロファージの培養培地にCAMまたはMontの単剤または両剤を添加した時の遺伝子発現変化を調べた。control群としてどちらも添加しないマクロファージを用いた。添加して12時間後にRNAを抽出し定量RT-PCRを行った。MCP-1, TNF-α, MMP-9遺伝子発現では、単剤、両剤で差は見られなかったが、IL-1β遺伝子発現量は、control群 0.82 ± 0.13、CAM群 0.76 ± 0.31、Mont群 0.65 ± 0.07、CAM+Mont群 0.54 ± 0.25 となり、単剤よりも両剤添加で発現量低下傾向がみられた。
    当初の計画では、大動脈瘤モデルマウスを用いたin vivo実験を行う予定だったが、事前に細胞レベルで効果差があるかどうかを明らかにする必要があると考え、本年度はin vitroで事前検討を主体に行ったため、やや遅れていると評価した。
    in vitroでの事前検討で、単剤よりも両剤で炎症を抑制する可能性が示唆されたことから、当初計画である、大動脈瘤モデルマウスを用いたin vivo検討を予定通りに進める。すなわち、大動脈瘤モデルに CAMとMontを経口投与し、瘤径拡大・瘤破裂を抑制できるかを検討する。 効果が得られなかった場合は、投与濃度や評価時期・項目を見直し再検討する。また、大動脈解離モデルでの両剤服用時の有用性評価も行う。

  7. 補助人工心臓ドライブライン感染制御等のための抗菌ポリマーを用いた部材の開発

    研究課題/研究課題番号:19K09240  2019年4月 - 2022年3月

    寺澤 幸枝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    植込型補助人工心臓は、駆動電源確保のための「ドライブライン」が皮膚を貫通して存在し、常に感染のリスクを包含している。人工臓器感染は難治性で、心不全患者においては致命的となることも少なくない。長期にわたっていかに感染を制御できるかが、患者の予後を大きく左右する。しかし現状のドライブライン管理に確立した方法はない。本研究では、殺菌性や化学的安定性を有するpoly([2-(methacryloyloxy)ethyl]trimethylammonium chlorideを基材とした長期安定的な抗菌作用を有する新規感染制御材料の創出を試み、動物実験での基礎的検討を主体にドライブライン管理材料を開発する。
    植込型補助人工心臓は、重症心不全患者の生命予後を劇的に改善する強力なデバイスだが、駆動電源確保のための「ドライブライン」が皮膚を貫通して存在し、常に感染のリスクを包含している。 一般的に人工臓器感染は難治性で、心不全患者においては致命的となることも少なくない。また、 心臓移植待機期間が 1000 日を超える本邦において、いかに感染を制御できるかが、患者の予後 を大きく左右することに疑う余地はない。しかし現状のドライブライン管理に確立した方法はない。
    研究代表者らは、殺菌性や化学的安定性を有する Poly[2-(methacryloyloxy) ethyl] trimethylammo- nium chloride; Poly(METAC) を用い、高分子一次構造制御により形状を可変し、濃度依存的かつ 形状状態により抗菌性に違いがあることを報告した。本研究では、Poly(METAC)を基材とした長期安定的な抗菌作用を有する新規感染制御材料の創出を試みる。
    これまでに、メチシリン耐性無しまたは有り黄色ブドウ球菌に対し、Poly(METAC) の固形培地または液体培地で濃度依存性に抗菌作用を示すことがわかった。次にpoly(METAC)のフリーラジカル共重合を行い、固形からゲル状への形状加工を行い、メチシリン耐性無しまたは有り黄色ブドウ球菌や大腸菌、カンジダ、出芽酵母に対する抗菌性を調べたところ、抗菌性を示す最低濃度は370μg/mL、最高濃度は 10,000 μg/mL であることが判明した。このことから、Poly(METAC) は形状を変化させても抗菌性を有することが分かった。
    当初の研究計画どおりにすすんでいるため、おおむね順調に進展していると判断した
    フィルム状や糸状への加工成形の試みと共重合や架橋構造の違いによる抗菌性の効果、生体適合性について検討する。
    Poly(METAC)は水溶性の無色固体である。ドレッシング材として加工成形していく際に、架橋構造の有無が抗菌性に影響を与えることから、架橋構造を有するフィルム状や糸状に成形し検討を進める。また、架橋構造の違いによる抗菌性効果の差を調べるため、アルギン酸/poly(METAC)フィルムは、内包型と架橋型の 2 群で抗菌性を、緑膿菌や MRSAを用いて in vitro にて比較検討する。生体適合性試験として、ヒト細胞を用いて細胞毒性試験を行う。

  8. 大動脈瘤に対する新規バイオ医薬の開発

    研究課題/研究課題番号:19H03737  2019年4月 - 2022年3月

    碓氷 章彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    大動脈瘤に対する人工血管置換術は侵襲が大きく、新たな低侵襲な治療法の開発が望まれる。我々は、これまでに間葉系幹細胞(MSC)静脈内投与による大動脈瘤治療の有効性を示してきた。治癒メカニズムにはMSCのパラクライン作用が示唆され、MSC産生因子の中に抗炎症作用・組織修復に関わる因子としてProgranulin(PGRN)およびSLPIを同定し、それらによる大動脈瘤治療効果の可能性を見出した。
    本研究は、リコンビナントタンパクPGRN, SLPI投与による効果検証を行ったのち、合成ペプチド医薬として大動脈瘤治療の検討を行い、ペプチド医薬としての有効性を明らかにする。

  9. 間葉系幹細胞分泌分子による心臓移植後の新しい免疫寛容誘導の開発

    研究課題/研究課題番号:17K10728  2017年4月 - 2021年3月

    藤本 和朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    現在の移植治療では、同種異系である臓器、細胞を使用するため、拒絶反応が生じる。そのため、この拒絶反応をコントロールするために免疫抑制剤が必要である。近年の免疫抑制剤開発によって、より安全で、より選択的(移植反応の主要なエフェクター細胞はリンパ球T細胞である)な効果の高い免疫抑制が可能となってきた。しかし、現在でもなおその非特異的免疫抑制作用による重症感染症、悪性腫瘍の発生は、解決すべき大きな課題である。研究代表者らは、免疫抑制能・抗炎症作用をもつ間葉系幹細胞(MSC)による抗炎症作用などを介した大動脈瘤治療効果を示してきた。MSCが産生する分泌分子には、抗炎症作用・免疫寛容・ 組織修復を担う因子、エクソソーム(MSC-exo)、progranulin (PGRN), Secretory Leukocyte Peptidase Inhibitor (SLPI)が含まれていることを同定した。これまでのIn vitro検討で、炎症性マクロファージに対してMSC-exoおよびSLPIがより炎症を抑制することが分かった。次にin vivo検討で、異所性心移植モデルに対し MSC-exo またはSLPI を投与し、拒絶反応がどれくらい抑制できるかその効果について検討した。
    急性拒絶反応モデルとして 、Brown Norway 雄ラットをドナーとし、Lewis 雄ラットをレシピエントとした。ドナーラットを前胸部開胸し、ヘパリン化(1000U/kg IV)の後、上大静脈と 下大静脈を結紮、大動脈、肺動脈を離断する。左右上下肺静脈は左房で結紮し離断、心臓を 摘出したのち、0°C生食に保存した。レシピエントラットは正中より開腹し、後腹膜を開け下行大動 脈と下大静脈を鈍的に剥離した。ドナー心の大動脈を下行大動脈に、肺動脈を下大静脈に吻合したが、 移植心の再灌流、拍動が確認できなかった。
    急性拒絶反応モデル作成に取り組んだが、良好なモデル確立に時間を要したため、やや遅れていると判断した。
    引き続き急性拒絶反応モデル作成に取り組む。モデルを確立したのち、MSC-exo またはリコンビナントタンパクSLPI を投与し、拒絶反応がどれくらい抑制できるか、その効果について検討する。

  10. 骨親和性ペプチドを付与した、生体適合性骨髄止血材料の開発

    研究課題/研究課題番号:17K10729  2017年4月 - 2021年3月

    伊藤 英樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    骨切開を伴う手術では骨切断面から多くの出血を伴うため、ボーンワックスで骨切断面にパッキングすることによる物理的な止血法が用いられている。心臓手術 の胸骨正中切開においてもボーンワックスが用いられるが、ボーンワックスは非分解・吸収性であるため、残存による骨癒合阻害や術後感染等の合併症を助長す る可能性がある。さらに骨癒合・再生の遅延は術後の社会復帰を妨げ、患者のQOLに著しく影響を及ぼす。従って、新たな骨切断面に用いる止血材料の開発は多 くの患者に有益である。本研究では、生体温度領域柔軟性を持つ生体吸収性材料を用い、早期骨再生を誘導する新たな止血材料の創出を試みる。
    In vivo検討として、コントロール(sham)群、ボーンワックス群、P-(CL-DLLA)群、ペプチド含有P-(CL-DLLA)群の4群による比較検討を行った。ウサギ胸骨正中切開モデルを作成し、骨切断面を0.2gの各止血材料で止血した。2週間後に屠殺し、胸骨を採取してCT撮影したのち、CT撮影でのX線レントゲン画像から胸骨切断面の間隙エリアの測定、力学的強度測定を行った。間隙エリアは、sham群10.5%、ボーンワックス群26.4%。P-(CL-DLLA)群10.9%、ペプチド含有P-(CL-DLLA)群9.3%だった。ボーンワックス群は他群に比べ最も間隙エリアが大きかった(P<0.001)。力学的強度測定では、sham群145.9N、ボーンワックス群67.8N、P-(CL-DLLA)群101.7N、ペプチド含有P-(CL-DLLA)群160.8Nとなり、ボーンワックス群は他群に比べて有意に低かった。また、ペプチド含有P-(CL-DLLA)群はボーンワックス群およびP-(CL-DLLA)群に比べ有意に高かった(ペプチド含有P-(CL-DLLA)群 vs ボーンワックス群 P<0.001, ペプチド含有P-(CL-DLLA)群 vs P-(CL-DLLA)群 P<0.05)。
    当初の計画通り進んでいるため、おおむね順調に進展していると判断した。
    胸骨の組織学的評価(HE染色)を行う。また、前臨床研究としてイヌもしくはブタなど大動物を用い、胸骨正中切開における止血および骨再生について評価する。 計画通りに進まない時の対応として、骨再生に関する検討で有効性が低い場合には、ペプチド探索同定にフィードバックし、骨芽細胞接着や分化能がより高いペプチドをPIASPAC法にて再考する。また、In vivoにおいては経時的評価時期を4週以上にするなど可変して再考する。

  11. 心筋梗塞後リモデリングを抑制するクラリスロマイシン徐放性生体吸収性シートの開発

    研究課題/研究課題番号:17K10727  2017年4月 - 2019年3月

    大島 英揮

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    昨年度は、クラリスロマイシン徐放性生体吸収性シート:5%CAM-PCLシートを作成し、クラリスロマイシンの溶出試験をin-vitroで行うと同時にパイロット試験としてラッ ト梗塞心臓への植込み試験も施行した。 植込み試験は、ラット心臓を用いて前下行枝を結紮して前壁梗塞を作成した。直ちに直径5mmの円状PCLシートを心筋梗塞部のパッチ状に縫着した。その結果、心エコーによる心機能評価では、(sham群 vs 0%CAM-PCLパッチ群 vs 5%CAM-PCLパッチ群) LVEF: 42% vs 41.5% vs 40.5% at 3wks, 35% vs 38% vs 44% at 6wks、と他群に比して5%CAM-PCL群で良好であった。また、左室リモデリングの指標としての左室拡張末期容積(LVEDV)を測定す ると、sham群 0.35ml vs 0% CAM-PCL群 0.37ml vs 5% CAM-PCL群 0.32ml at 6wks と5% CAM-PCL群でリモデリングは抑制されていた。 組織学的評価においても、5% CAM-PCL群ではパッチ逢着部に繊維化組織に加えて残存心筋細胞を一定量認めており(他群では認めなかった)、5% CAM-PCLシートを逢着することによって心筋虚血による心筋壊死が一部抑制され、左室リモデリングが抑制されたと考えられた。
    上記実績をもとに、10% CAM-PCLシートを作成し、同様のモデルを用いて心筋梗塞部に直径5mmの円状10% CAM-PCLパッチを移植する手術を施行した。術後3週間後の心エコー検査では、5% CAM-PCLパッチと同様に左室リモデリング抑制効果を認めた。これまでの実験からクラリスロマイシン徐放性生体吸収性シート移植による心筋梗塞後リモデリングの抑制効果を示す所見が得られた。

  12. 心筋梗塞に対するエクソソーム投与による心筋再生誘導の検討

    研究課題/研究課題番号:16K10624  2016年4月 - 2020年3月

    寺澤 幸枝

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    心筋再生誘導を試みるために用いるエクソソームの性質を調べるため、各細胞(間葉系幹細胞:MSC, 線維芽細胞:FB, 心筋細胞:CM, iPS由来心筋細胞:iCM)由来のエクソソームを解析した。MSCエクソソーム内には、286種のタンパクが同定され、サイトカイン等が含まれていた。526種の miRNAを同定し、MSC, CM, iCM由来エクソソームには心筋細胞アポトーシス抑制因子miR-146, miR-210, 血管新生因子miR-126, miR-132がより多く発現していた。しかしエクソソーム産生量が少なく、心筋梗塞モデルに投与するには、より回収効率の良い培養方法の確立が課題となった。
    エクソソームの性質(膜表面タンパクや包括するmiRNA, mRNA, prtoteinなど)はホスト細胞に依存するため、細胞の種類によって治療効果が異なることが予想される。多くの論文で様々な疾患に対する治療効果が明らかとなっているMSCに加え、線維芽細胞や心筋細胞由来のエクソソームを用いて各性質を比較検討することは、治療に最適なエクソソームを見出すための重要な基礎検討課題であると考える。本研究で得られた成果は、由来細胞により治療効果に差異が生ずる可能性がある。これまでに報告がない本成果は、学術的意義を有すると考える。

  13. ダウン症候群の核型正常化による合併症の予防および治療法確立に向けた研究

    研究課題/研究課題番号:16K09964  2016年4月 - 2019年3月

    橋詰 令太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    Down症候群は、21番染色体の数的過剰により多彩な合併症を発症する。本研究は、体細胞から、過剰染色体を後天的に消去する基盤技術の確立を目指した。核型修正作用が報告されているZSCAN4蛋白質の強制発現は、有意な染色体消去率を示さなかった。他方、単一の21番染色体のみを認識するCRISPR/Cas9システムを構築し、トリソミー21-iPS細胞を対象に染色体の複数箇所切断を行い、標的染色体の消去を試みた。結果、5%以上10%以下の頻度で過剰染色体が消去され、核型を正常化させることに成功した。本技術は、過剰染色体を後天的に消去する基盤技術として将来的な発展が見込めるものと判断される。
    細胞内にある複数の相同染色体のうち、単一の染色体をCRISPR/Cas9システムを用いてアレル特異的に切断することにより、標的染色体を細胞内から消去可能であることを示した点は、学術的意義があると判断される。オフターゲット、Cas9蛋白の抗原性、DNAの変異誘導と蓄積、デリバリー法等、臨床応用には複数の解決すべき課題が複数あるも、これまで染色体の消去が困難ないし不可能であった背景に照らし合わせれば、本原理は過剰染色体を後天的に消去する基盤技術として臨床的展開が見込める技術と判断され、人口の0.1%弱の人がDown症候群を有する事実に鑑みれば、十分に社会的意義のある成果といえる。

  14. 幹細胞由来ペプチドを用いた革新的大動脈瘤治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:15H04937  2015年4月 - 2019年3月

    碓氷 章彦

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    大動脈瘤に対する人工血管置換術は侵襲が大きく、新たな低侵襲治療法の開発が望まれる。これまでに抗炎症作用を持つ間葉系幹細胞(MSC)による大動脈瘤径縮小効果を報告した。本研究では、MSC産生因子の中から抗炎症作用を持つタンパクprogranulin (PGRN)とSecretory Leukocyte proteinase inhibitor (SLPI)を同定した。これらタンパクを大動脈瘤モデルマウスに投与することにより、大動脈瘤進展抑制を認め、治療に有用であることを明らかにした。また、これらタンパクのアミノ酸配列をリファレンスに設計したペプチドは、in vitroにて抗炎症性効果を認めた。
    これまでに間葉系幹細胞による大動脈瘤縮小効果を報告してきたが、幹細胞療法は投与した細胞の安全性を担保する必要があり、臨床応用へのハードルが高い。それに比べ、MSC産生因子から合成するペプチドによる治療は、投与幹細胞に起因する問題(腫瘍化や異所性形質転換)を回避することができる。また、合成ペプチドは抗原性がないため安全性は確保できると考える。本研究では、MSC産生因子から同定したタンパクPGRNとSLPIが大動脈瘤治療に有効であることを確認した。また、このタンパクのアミノ酸配列をリファレンスとしたペプチドも抗炎症作用を認めている。従って、本研究で得られた成果は学術的・社会的意義があると考える。

  15. 間葉系幹細胞由来エクソソームによる大動脈瘤治療の臨床応用を目指した研究

    2015年

    公益財団法人 武田科学振興財団  2015年度医学系研究奨励 

    緒方 藍歌

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  16. 心筋梗塞部に心筋再生を誘導し心機能を改善させる新しい張力反応性弾力生体材料の開発

    研究課題/研究課題番号:26462086  2014年4月 - 2018年3月

    藤本 和朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    心筋梗塞後に起こる心臓拡大を抑制して心臓機能を保持するために生体材料を研究した。厚生労働省が認可した人体への使用可能な化合物のなかから生体吸収材料を合成した。その組成の割合を変化させることで材料の持つ物質的な特性が大きく変化することを確認できた。その中から人間の心臓に適していると思われる特性もつ生体吸収材料を合成できた。生体適合性はラットの心臓に移植して非常に良好なことが確認できた。

  17. 間葉系幹細胞による大動脈瘤治療の臨床応用を目指した研究

    研究課題/研究課題番号:26713043  2014年4月 - 2018年3月

    緒方 藍歌

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:23920000円 ( 直接経費:18400000円 、 間接経費:5520000円 )

    大動脈瘤に対する人工血管置換術は、瘤破裂の予防効果は絶大だが、手術侵襲が大きいため、新たな低侵襲治療法の開発が望まれている。我々は、間葉系幹細胞が有する抗炎症作用・免疫寛容に着目し、骨髄由来間葉系幹細胞の静脈内投与による大動脈瘤治療効果を示してきた。本研究では、超音波診断装置を用いた同一個体の継時的評価を行い、瘤径縮小効果があることが示された。また、治癒メカニズムの解明として、NF-kB, STAT, Smad3, Aktリン酸化シグナル伝達経路の関与、MSCエクソソーム静脈内投与による大動脈瘤縮小効果、MSC培養上清中に大動脈瘤形成抑制に働くとされるmicroRNAsの存在を明らかにした。
    高齢者・メタボリック症候群人口の増加を背景に、大動脈瘤罹患患者数は年々増加している。65歳以上の6-9%に腹部大動脈瘤が形成されているとの報告がある。標準的な治療法は人工血管置換術で、瘤破裂の予防効果は絶大だが、特に上行・弓部や胸腹部大動脈の人工血管置換術は、非常に手術侵襲が大きく、手術死亡率・合併症発症率も高い。従って、大動脈瘤治療の低侵襲化は国民的課題である。本研究では、成人の骨髄などに存在する間葉系幹細胞を利用し、静脈内投与することにより、抗炎症作用等を介した大動脈瘤径の拡大抑制効果が得られたことを明らかにした。この成果は、大動脈瘤に対する間葉系幹細胞治療の可能性を示した。

  18. 温度応答性ポリマーを用いた心室中隔穿孔修復術の開発

    研究課題/研究課題番号:25462135  2013年4月 - 2017年3月

    大島 英揮

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    心筋梗塞後心室中隔穿孔をより確実にパッチ修復するために温度応答性ポリマーを用いた手術法を開発した。中隔穿孔を生じた梗塞心筋は非常に脆弱で有りパッチを縫合しても断裂する可能性が高い。本研究では梗塞心筋に温度応答性ポリマーを注入することによってその脆弱性を改善し縫合に耐えうる組織強度を回復させた。in-vitro試験では、ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)(PNIPAM)ポリマーを注入することによって3倍の組織強度が得られることが判明し、ラット梗塞心筋へ同ポリマーを注入しePTFEパッチを縫合すると縫合ラインでの経時的な組織の菲薄化や断裂損傷が抑制された。

  19. 大動脈瘤に対する幹細胞静脈投与療法の可能性

    研究課題/研究課題番号:25462161  2013年4月 - 2016年3月

    成田 裕司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    大動脈瘤に対する治療の基本は、破裂を予防するための人工血管置換術である。しかし、時にこの治療法は侵襲が大きく、臨床現場においてリスクの高い患者への手術を躊躇する場合がある。我々は治療の低侵襲化を期待して、大動脈瘤に対する幹細胞療法(大動脈リーバースリモデリング療法)の開発を行ってきた。本研究では、この治療法の最適化を試みた。
    骨髄由来間葉系幹細胞の静脈内投与は大動脈瘤発症を予防した。また、大動脈瘤の治療効果も発揮したが2週間でその効力が減退した。細胞源は脂肪由来幹細胞や,皮膚線維芽細胞より、骨髄由来間葉系幹細胞の方が効果的であった。同種間葉系幹細胞を用いた治療でも、一定の効果を発揮した。

▼全件表示

産業財産権 1

  1. 骨髄止血剤

    緒方 藍歌

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-066904  出願日:2017年3月

 

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 医用材料工学

    大阪ハイテクノロジー専門学校)