2021/04/30 更新

写真a

コヅカ タカヒロ
狐塚 貴博
KOZUKA Takahiro
所属
大学院教育発達科学研究科 心理発達科学専攻 精神発達臨床科学 准教授
大学院担当
大学院教育発達科学研究科
学部担当
教育学部 人間発達科学科
職名
准教授
外部リンク

学位 1

  1. 博士(教育学) ( 2014年1月   東北大学 ) 

研究キーワード 10

  1. ブリーフセラピー

  2. 家族心理学

  3. 家族療法

  4. 災害時心理支援

  5. 臨床心理学

  6. 家族心理学

  7. 家族療法

  8. ブリーフセラピー

  9. 災害時心理支援

  10. 臨床心理学

研究分野 1

  1. 人文・社会 / 臨床心理学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 家族関係と子どもの適応

経歴 4

  1. 名古屋大学大学院   教育発達科学研究科   准教授

    2018年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 放送大学   栃木学習センター   客員准教授

    2016年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 作新学院大学   人間文化学部   准教授

    2014年4月 - 2018年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    2010年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 東北大学大学院   教育学研究科 総合教育科学専攻 博士後期課程

    - 2014年1月

所属学協会 7

  1. 日本家族心理学会

  2. 日本ブリーフセラピー協会

  3. 日本心理学会

  4. 日本カウンセリング学会

  5. 日本心理臨床学会

  6. 日本トラウマティック・ストレス学会

  7. 日本家族研究・家族療法学会

▼全件表示

委員歴 6

  1. 第四管区海上保安本部   メンタルアドバイザー  

    2018年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  2. 日本家族心理学会   常任理事・編集委員  

    2016年10月 - 2019年4月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 第二管区海上保安部本部   心の健康対策アドバイザー  

    2014年7月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  4. 日本ブリーフセラピー協会   理事  

    2013年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本ブリーフセラピー協会   編集委員  

    2013年4月 - 2016年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  6. 日本家族心理学会   常任理事・家族心理学研究編集委員委員長  

    2019年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

 

論文 8

  1. Family Structure and Adolescent Eating Disorder Tendencies 査読有り

    Kozuka Takahiro, Utsumi Atsushi, Wakashima Koubun, Shimizu Keisuke

    International Journal of Brief Therapy and Family Science   11 巻 ( 1 ) 頁: 26 - 41   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本ブリーフセラピー協会  

    The current study examined (a) the current status of eating problems (eating disorder tendencies: EDT) in Japanese adolescents and (b) the association between adolescent EDT and a family structure consisting of three dyadic subsystems (marital, father-adolescent, and mother-adolescent). Participants were 663 high school and university students (341 males and 322 females) in Japan who completed a self-report questionnaire. Survey results revealed that 19 out of 341 males (5.57%) and 53 out of 322 females (16.46%), or 72 out of 663 participants (10.86%) in the entire sample, were categorized as having EDT according to the EAT-26. The male-to-female ratio of participants with EDT was 1 to 2.8. Many of the female adolescents with lower EAT-26 scores had a highly cohesive family structure with a balance of power in all dyads. The current findings suggested that adolescent eating problems are related to an unbalanced family structure. The clinical implications of these findings for family therapy are discussed.

    DOI: 10.35783/ijbf.11.1_26

    CiNii Article

  2. Case study on rebuilding the marital relationship of an elderly couple facing a psychological crisis 査読有り

    Yu Kyung-Ran, Kozuka Takahiro, Yashiro Takenori

    International Journal of Brief Therapy and Family Science   10 巻 ( 2 ) 頁: 22 - 28   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本ブリーフセラピー協会  

    The processes of interviewing a woman in her 60s, who was attending a hospital and diagnosed with anxiety and delusional disorder, and her husband, is reported. The wife suspected her husband in his 70s of infidelity. Five joint interviews were conducted with the couple. The woman was a housewife since her retirement. When she was at home alone, she became anxious because she suspected her husband could be having an affair and questioned him in detail about his past relationships with women. The husband denied having any illicit relationships, which did not convince her, and they often quarreled as a result. The therapist focused on the communication patterns between the husband and the wife and intended to change the communication patterns and develop a new style of communication. Consequently, the wife gradually became calm, and her suspicions about her husband's infidelity decreased. Moreover, she came to take the attitude of a mother trusted by her children, and the therapy concluded. This article discusses the process of interviews and presents suggestions for interviews with senior couples in clinical settings.

    DOI: 10.35783/ijbf.10.2_22

    CiNii Article

  3. 家族の問題対処行動と家族構造との関連について

    森川 夏乃, 狐塚 貴博

    愛知教育大学教育臨床総合センター紀要   ( 8 ) 頁: [10] - [17]   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:愛知教育大学教育臨床総合センター  

    本研究では,家族の問題対処行動のパターンを測定する尺度を作成し,家族構造との関連について検討を行うことを目的とした。高校生・大学生653人を対象として,家族の対処行動パターンを尋ねる尺度と家族構造測定尺度を実施し,分析を行った。その結果,家族の対処行動パターンについて尋ねる尺度は,「協調・具体的解決」,「対立・強制」,「子ども主導」,「落胆・回避」,「受容・見守り」の5つの下位尺度から成る尺度が作成された。そして,家族構造を説明変数,家族の対処行動パターン尺度の下位尺度を目的変数として重回帰分析を行ったところ,母子結びつき,父母結びつき,母親から子どもへの勢力が主に影響していることが示された。

    CiNii Article

  4. 公認心理師時代におけるブリーフセラピーの貢献 招待有り

    板倉憲政, 狐塚貴博, 野口修司, 森川夏乃, 駒場優子

    Interactional Mind Ⅺ 58-88 2019年   11 巻   頁: 58 - 88   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  5. The Development of the Revised Version of Solution Building Inventory Japanese version 査読有り

    Takagi Gen, Wakashima Koubun, Kozuka Takahiro, Yu Kyung-ran, Sato Kohei

    International Journal of Brief Therapy and Family Science   9 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 7   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:特定非営利活動法人 日本ブリーフセラピー協会  

    Solution Building Inventory, developed by Smock et al. (2010), was to assess how focus on solution in daily life, and was 14-items, 5-point Likert scale. The purpose of this study was to develop the revised version of Solution Building Inventory Japanese version (SBI-R) and to examine reliability and validity of SBI-R. A total of 800 peoples completed SBI-R, DHS, and LOT-R. As a result, exploratory factor analysis found that SBI-R had one factor structure and was consisted 14-item. Confirmatory factor analysis had an acceptable fit to one factor model. The Cronbach's alpha of SBI was .92 and internal consistency. Moreover, SBI-R was positively correlated with DHS and LOT-R. These results indicated that SBI-R had good reliability and validity as a measure of Solution Building concept.

    DOI: 10.35783/ijbf.9.1_1

    CiNii Article

  6. 青年期の家族構造と子どもの問題行動に関する予備的研究

    狐塚 貴博, 屋代 剛典, 熊倉 志乃, 原田 智穂, 須永 夏海, 小森 正伸

    作大論集 = Sakushin Gakuin University Bulletin   ( 8 ) 頁: 77 - 94   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:作新学院大学  

    CiNii Article

  7. 危機支援におけるリソースの活用 : 東日本大震災における被災者支援活動の実践から (特集 日本コミュニティ心理学会第19回大会) 招待有り

    狐塚 貴博, 熊倉 志乃

    コミュニティ心理学研究 = Japanese journal of community psychology   21 巻 ( 1 ) 頁: 37 - 40   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本コミュニティ心理学会  

    CiNii Article

  8. ブリーフセラピーを習得するために必要なこと

    狐塚貴博, 板倉憲政, 伊藤 優, 岩本脩平, 戸田さやか, 熊倉志乃, 若島孔文

    Interactional Mind Ⅹ     頁: 106 - 126   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

書籍等出版物 14

  1. Thoburn John W., Sexton Thomas L.(著)若島孔文・野口修司(監訳) 家族心理学: 理論・研究・実践

    狐塚貴博( 担当: 共訳 ,  範囲: システミックなレンズを通して見る)

    遠見書房, 7-12.  2019年9月  ( ISBN:9784866160948

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  2. 大野 博之, 奇 恵英, 斎藤 富由起, 守谷 賢二(編)公認心理師のための臨床心理学 : 基礎から実践までの臨床心理学概論

    狐塚 貴博( 担当: 分担執筆 ,  範囲: ブリーフセラピー)

    福村出版, 87-91.  2019年8月  ( ISBN:9784571240744

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

    CiNii Books

  3. 松本真理子・永田雅子(編) 公認心理師基礎用語集 : よくわかる国試対策キーワード

    狐塚貴博他( 担当: 分担執筆)

    遠見書房, 68-70., 114-115., 116-117.  2019年7月  ( ISBN:9784866160900

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  4. 窪田由紀・森田美弥子・氏家達夫(監)河野荘子・金子一史・清河幸子(編) こころの危機への心理学的アプローチ:個人・コミュニティ・社会の観点から

    狐塚貴博( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 東北地方太平洋沖地震による心理的危機)

    金剛出版, 175-189.  2019年6月  ( ISBN:9784772417020

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  5. 日本家族心理学会(編) 家族心理学ハンドブック

    狐塚 貴博( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 家族アセスメント)

    金子書房, 416-421.  2019年1月  ( ISBN:9784760824212

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  6. 日本家族心理学会(編) 福祉分野に生かす個と家族を支える心理臨床

    狐塚貴博, 若島孔文, 長谷川啓三( 担当: 分担執筆 ,  範囲: システム論を再考する)

    金子書房, 156-164.  2018年8月  ( ISBN:9784760832675

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  7. 災害時の心理支援 松本真理子・永田雅子(編) 公認心理師基礎用語集 よくわかる国試対策キーワード

    野口修司, 狐塚貴博( 担当: 共著)

    遠見書房, 126-129.  2018年 

  8. 家族・集団・文化 松本真理子・永田雅子(編) 公認心理師基礎用語集 よくわかる国試対策キーワード

    狐塚貴博, 兪 幜蘭( 担当: 共著)

    遠見書房, 68-70.  2018年 

  9. グループ・アプローチとシステム論的アプローチ 松本真理子・永田雅子(編) 公認心理師基礎用語集 よくわかる国試対策キーワード

    狐塚貴博, 板倉憲政( 担当: 共著)

    遠見書房, 109-110.  2018年 

  10. 長谷川啓三・花田里欧子・佐藤宏平(編) 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談

    若島孔文, 兪 幜蘭, 狐塚貴博( 担当: 分担執筆 ,  範囲: いじめ)

    遠見書房, 59-70.  2017年4月  ( ISBN:9784866160283

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  11. 子どものこころと学校臨床(第13号)学校トラウマへの支援―SCができること

    狐塚貴博, 若島孔文( 担当: 共著)

    遠見書房, 26-33.  2015年 

  12. 行政職員への心理支援の必要性 長谷川啓三・若島孔文(編) 大震災からの心の回復―リサーチ・シックスとPTG

    若島孔文、狐塚貴博( 担当: 共著)

    新曜社, 20-41.  2015年 

  13. 行政職員・派遣職員のストレスの特徴とカウンセリング支援 長谷川啓三・若島孔文(編) 大震災からの心の回復―リサーチ・シックスとPTG

    野口修司, 狐塚貴博( 担当: 共著)

    新曜社, 42-62.  2015年 

  14. いじめ 長谷川啓三・花田里欧子・佐藤宏平(編) 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談 中学校・高等学校編

    若島孔文, 兪 幜蘭, 狐塚貴博( 担当: 共著)

    遠見書房, 59-70  2014年 

▼全件表示

MISC 30

  1. 家族の力を尊重する: 寺井論文へのコメント

    狐塚貴博  

    岐阜大学心理教育発達研究 ( 19 ) 頁: 41 - 43   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  2. 公認心理師時代におけるブリーフセラピーの貢献 招待有り

    板倉憲政, 狐塚貴博, 野口修司, 森川夏乃, 駒場優子  

    Interactional Mind Ⅺ 58-88 2019年11 巻   頁: 58-88   2019年1月

  3. システム論を再考する

    狐塚貴博, 若島孔文, 長谷川啓三  

    家族心理学年報 ( 36 ) 頁: 156-164   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  4. この本読むべし : 自薦式ブックレビュー(16)相互理解を深めるために[竹田伸也著『マイナス思考と上手につきあう認知療法トレーニング・ブック : 心の柔軟体操でつらい気持ちと折り合う力をつける』 窪田由紀編『学校における自殺予防教育のすすめ方 : だれにでもこころが苦しいときがあるから』] 招待有り

    狐塚 貴博  

    子どもの心と学校臨床 = Japanese journal of school counseling ( 18 ) 頁: 140 - 142   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:遠見書房  

    CiNii Article

  5. ブリーフセラピーを習得するために必要なこと

    狐塚貴博, 板倉憲政, 伊藤 優, 岩本脩平, 戸田さやか, 熊倉志乃, 若島孔文  

    Interactional Mind Ⅹ   頁: 106-126   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  6. 青年のストレスと関連する家族関係についての研究

    狐塚 貴博  

    作新学院大学・作新学院大学女子短期大学部教職実践センター研究紀要 ( 2 ) 頁: 3-12   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  7. 自治体職員の惨事ストレスに対するメンタルサポート : 初期支援、そして中・長期的な取り組みを振り返る (特集 東日本大震災(15)被災者へのこころのケア)

    狐塚 貴博, 野口 修司, 若島 孔文  

    消防科学と情報 ( 119 ) 頁: 17-21   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  8. 自治体職員のメンタルサポート (特集 3・11と自治体職員) 招待有り

    若島 孔文, 狐塚 貴博, 野口 修司  

    ガバナンス ( 155 ) 頁: 28-30   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  9. 特集1 短期療法の基礎研究 若島孔文(著) 葛藤的会話場面における「回避的コミュニケーション」の生起メカニズムに関する研究-ディスクオリフィケーションが生起する状況の解明に向けて-

    狐塚 貴博, 堀江 桃  

    Interactional Mind Ⅶ   頁: 8-13   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  10. Family structure and ownership of a dog. 査読有り

    Zhang, X., Kozuka, T., & Wakashima. K.  

    International Journal of Brief Therapy and Family Science4 巻 ( 1 ) 頁: 11-18   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  11. Longitudinal Study of the Stress Responses of Local Government Workers Who Have Been Impacted by a Natural Disaster. 査読有り

    Wakashima, K., Kobayashi, T., Kozuka, T., Noguchi , S.,Ikuta, M., Ambo, H, & Hasegawa, K.  

    International Journal of Brief Therapy and Family Science4 巻 ( 2 ) 頁: 69-94   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  12. 認知行動療法では扱えないこと

    狐塚 貴博  

    Interactional Mind Ⅵ   頁: 73-79   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  13. 電話相談

    狐塚 貴博, 小林 智  

    Interactional Mind Ⅴ   頁: 33-38   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  14. 東日本大震災に関わる石巻市役所職員に関する健康調査報告(1)

    若島孔文, 狐塚貴博, 野口修司, 小林 智, 長谷川啓三  

    東日本大震災 PTG 心理支援機構 報告書   頁: 1-77   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  15. ブリーフセラピーに基づくスリー・ステップス・モデルの提案

    若島孔文, 野口修司, 狐塚貴博, 吉田克彦  

    Interactional Mind Ⅴ   頁: 73-79   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  16. 行政職員への支援

    若島孔文, 狐塚貴博, 野口修司, 小林 智  

    Interactional Mind Ⅴ   頁: 39-43   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  17. An Attempt to Reconsider the Essence of Brief and Family Therapy 査読有り

    Kozuka, T., Asai, K., Hiraizumi, T., Usami, T., Wakashima, K. & Hasegawa, K.  

    International Journal of Brief Therapy and Family Science1 巻 ( 1 ) 頁: 88-92   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  18. 東日本大震災における長期的支援プランの構築とその効果に関する研究

    長谷川 啓三, 野口 修司, 狐塚貴博, 板倉憲政, 平泉拓, 浅井継悟, 佐藤恵子, 若島孔文, 花田里欧子  

    財団法人明治安田こころの健康財団研究助成論文集 ( 47 ) 頁: 56-64   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    CiNii Article

  19. 認知症家族介護者の抑うつ症状と家族構造の変化との関連-累積的家族関係の観点からの検討-

    平泉 拓, 狐塚貴博, 野口修司, 板倉憲政, 若島孔文, 長谷川啓三  

    Interactional Mind Ⅳ   頁: 35-40   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  20. ナラティブに基づく累積的家族関係

    宇佐美貴章, 狐塚貴博, 平泉 拓, 森川夏乃, 古山杏加里, 若島孔文  

    Interactional Mind Ⅳ   頁: 22-28   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  21. Examining Family Transition with the Current Narratives. International Journal of Brief Therapy and Family Science, 査読有り

    Usami, T., Kozuka, T., Hiraizumi, T., Morikawa, N., Furuyama, A., & Wakashima, K.  

    International Journal of Brief Therapy and Family Science1 巻 ( 2 ) 頁: 111-116   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  22. Simultaneous and Cumulative Family Relationship: Examining with ICHIGEKI. 査読有り

    Wakashima, K., Kozuka, T., Itakura, N., & Usami, T.  

    International Journal of Brief Therapy and Family Science1 巻 ( 2 ) 頁: 104-110   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  23. A Study of Examining the Effect of both Self-determinative behaviors and Family Relationship History to the Current Basic Psychological Needs of Child: Comparison between China, Korea and Japan. 査読有り

    Wakashima, K., Noguchi, N., Usami, T., Yu, K., Zhang, Z., Nagayama, Y., Asai, K., Nakajima, N., Hiraizumi, T., Furuyama, A., Morikawa, N., Sato, M., Shimizu, A., & Kozuka, T.   

    International Journal of Brief Therapy and Family Science1 巻 ( 2 ) 頁: 98-103   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  24. Correlates of Family Structure Transition with Depression in Family Caregivers of Dementia. 査読有り

    Hiraizumi, T., Kozuka, T., Noguchi, S., Itakura, N., Wakashima, K., & Hasegawa, K.  

    International Journal of Brief Therapy and Family Science1 巻 ( 2 ) 頁: 123-128   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  25. 臨床心理士指定大学院における実習体験に関する考察-修士課程在学層と初任層のふり返りに焦点を当てて-

    小林 智, 望月このみ, 板倉憲政, 松本宏明, 宇佐美貴章, 加藤高広, 狐塚貴博, 若島孔文  

    東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要 ( 8 ) 頁: 113-127   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  26. 子どもの生活における自己決定の実態調査-日本と韓国の比較を通して-

    若島孔文, 花田里欧子, 駒場優子, 齋藤暢一郎, 末崎裕康, 狐塚貴博, 小林 智, 宇佐美貴明  

    東北大学大学院教育学研究科子ども学研究プロジェクト 平成21年度教育学研究科長裁量経費企画研究 報告書   頁: 1-94   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  27. 家族構造が子どもの自己決定に与える影響に関する研究

    若島孔文, 花田里欧子, 駒場優子, 齋藤暢一郎, 末崎裕康, 狐塚貴博, 小林 智, 宇佐美貴明  

    財団法人明治安田こころの健康財団 研究助成論文集 ( 46 ) 頁: 114-122   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  28. 犯罪被害者への支援の歴史―基本的な考え方とその心理的支援― 査読有り

    末崎裕康, 若島孔文, 狐塚貴博  

    心療内科12 巻 ( 2 ) 頁: 127-132   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  29. 家族構造の測定における構成因子に関する研究

    狐塚貴博, 野口修司, 閏間理絵, 石橋曜子, 若島孔文  

    立正大学臨床心理学研究 ( 6 ) 頁: 19-32   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  30. 児童虐待研究の現状(Ⅰ)―リスク要因に焦点を当てて―

    石橋曜子, 鏡 元, 野口修司, 狐塚貴博, 若島孔文  

    立正大学臨床心理学研究 ( 5 ) 頁: 15-26   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

講演・口頭発表等 51

  1. 震災支援活動におけるボランティア学生の心理的成長

    川野真帆, 狐塚貴博

    日本心理臨学会第39回大会プログラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  2. 対人場面におけるマイクロスリップの機能に関する検討

    水野加奈, 板倉憲政, 狐塚貴博

    日本家族心理学会第37回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. エピジェネティクスから見た家族心理学と心理療法

    若島孔文, 狐塚貴博, 板倉憲政, 高木 源

    日本ブリーフセラピー協会第10回学術会議プログラム, p.18.  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  4. 高校生の親子関係についての質的研究-両親の子へのかかわりにおける質的変遷に着目して-

    原田智穂, 狐塚貴博, 兪 幜蘭

    日本カウンセリング学会第51回大会発表論文集, 106.  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  5. ビデオ・セッションを用いた短期療法・森田療法の見立てと介入 自主シンポジウム

    狐塚 貴博

    日本カウンセリング学会第51回大会発表論文集, 28.  2018年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  6. ビデオ・セッションを用いた心理面接の学習-ブリーフセラピーの側面から- 自主シンポジウム2-24(話題提供)

    狐塚 貴博

    日本心理臨床学会第36回大会プログラム, 113.  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  7. 肯定的関係の構築に関連するコミュニケーション・パターンの研究―教師と保護者間で取り交わされる連絡帳の分析から―

    熊倉志乃, 狐塚貴博

    日本家族心理学会第34回大会(作新学院大学)プログラム・発表論文集, 72-73.  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  8. 青年期における家族構造と子どもの問題行動との関連―中学生からみる家族関係、現実と理想との差異に着目して―

    原田智穂, 須永夏海, 狐塚貴博

    日本家族心理学会第34回大会(作新学院大学)プログラム・発表論文集, 98.  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. 妻が夫に望む時期的なニーズと夫婦関係満足度との関連―家族ライフサイクルの視点からー

    屋代剛典, 狐塚貴博

    日本家族心理学会第34回大会(作新学院大学)プログラム・発表論文集, 104.  2017年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. 対人関係における過去の愛着と現在の母親イメージとの関連 国際会議

    和氣絵美, 狐塚貴博, 河野雄二

    日本ブリーフセラピー協会第8回学術会議発表論文集, 50. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  11. ビデオ・セッションを通じたブリーフセラピーの学習 自主シンポジウムS-D3(話題提供) 国際会議

    狐塚 貴博

    日本カウンセリング学会第49回大会発表論文集, 57. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  12. 抽象度の高い悪循環を描く―職場のストレス問題に対するブリーフセラピーの事例から― 国際会議

    粒良知加, 熊倉志乃, 狐塚貴博, 堀江 桃, 河野雄二

    日本ブリーフセラピー協会第8回学術会議発表論文集, 57. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. 思春期の家族構造と子どもの外在的・内在的問題行動との関連 国際会議

    堀江 桃, 狐塚貴博

    日本ブリーフセラピー協会第8回学術会議発表論文集, 49. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. 子どもの問題行動に対する家族内役割の変化―家族ライフサイクルにおけるステージ移行の観点から― 国際会議

    屋代剛典, 君嶋志保美, 狐塚貴博, 熊倉志乃, 海老沼李奈

    日本ブリーフセラピー協会第8回学術会議発表論文集, 58. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 青年期における家族内役割の変化と独立意識の関連 国際会議

    山田佑美, 狐塚貴博, 河野雄二

    日本ブリーフセラピー協会第8回学術会議発表論文集, 51. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. 学習支援を求める母親に対する解決構築の有効性 国際会議

    山田佑美, 和氣絵美, 堀江 桃, 狐塚貴博

    日本ブリーフセラピー協会第7回学術会議発表論文集, 16. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. 組織(企業・学校・病院など)のシステムのあり方や性質を利用したブリーフセラピーやシステミックなアプローチについて考える 自主シンポジウム(話題提供) 国際会議

    狐塚 貴博

    日本家族心理学会第32回大会(山形大学)プログラム・発表論文集, 46-47. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  18. 子どもの問題行動に対する夫婦間提携の有効性 国際会議

    堀江 桃, 山田佑美, 和氣絵美, 狐塚貴博

    日本ブリーフセラピー協会第7回学術会議, 17. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. Psychological support for Residents in temporary housing by using the effective solution - focused approach.

    Itakura, N., Wakashima, K., & Kozuka, T.

    Solution Focused Brief Therapy Association 2014 Conference, Santa Fe, New Mexico, November 5-8. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  20. 抑うつを主訴とする男性の対処パターンに着目したブリーフセラピー―システミックセラピーにおける個人療法の視点から― 国際会議

    狐塚貴博, 堀江 桃

    日本ブリーフセラピー協会第6回学術会議プログラム, 23. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. A Study of Family Structure Relevant to Adolescent’s Stress Process.

    狐塚 貴博

    The 7th Conference of International Academy of Family Psychology. Program & Abstract, 214. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. 青年の摂食障害傾向と家族構造との関連 国際会議

    狐塚 貴博

    日本ブリーフセラピー協会第4回学術会議プログラム,7. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. 東日本大震災心理・社会的支援-多角的な支援を知る- 自主シンポジウム(企画・話題提供) 国際会議

    狐塚 貴博

    日本心理臨床学会第31回大会(愛知学院大学)プログラム, 118. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  24. 東日本大震災復興支援に関する会員校からの活動報告 招待有り 国際会議

    狐塚貴博, 野口修司

    日本臨床心理士養成大学院協議会第11回大会年次総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  25. 三世代家族構造に関する研究 -母親から子どもの勢力に着目して- 国際会議

    浅井継悟, 小林 智, 佐藤未央, 張 新荷, 狐塚貴博, 若島孔文

    日本ブリーフセラピー協会第3回学術会議プログラム, 13. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. 愛犬の飼育による家族構造の変化に関する研究 国際会議

    張 新荷, 狐塚貴博, 若島孔文, 浅井継悟, 小林 智, 佐藤未央

    日本ブリーフセラピー協会第3回学術会議プログラム 13.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  27. Father-child cohesion and two types of family communication in adolescence: Direct communication and mediated communication.

    Kozuka, T., Wakashima, K., Usami, T., & Kobayashi, T.

    The 2nd Regional Symposium of CIFA (Consortium of Institute on Family in Asia Region), November 25-28th, 2010, Tokyo, JAPAN. (Poster presentation), 48. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  28. 短期に終結した事例から短期・家族療法のエッセンスを再考する試み  国際会議

    狐塚貴博, 浅井継悟, 平泉 拓, 宇佐美貴章, 若島孔文, 長谷川啓三

    日本ブリーフセラピー協会第2回学術会議プログラム, 3. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. ナラティブに基づく累積的家族関係―Family Relationship History Graphからの検討― 国際会議

    宇佐美貴章, 狐塚貴博, 平泉 拓, 森川夏乃, 古山杏加里, 若島孔文

    日本ブリーフセラピー協会第2回学術会議プログラム, 7. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. 認知症家族介護者の精神的健康と家族構造の変動の関連―累積的家族関係の観点から― 国際会議

    平泉 拓, 狐塚貴博, 野口修司, 板倉憲政, 若島孔文, 長谷川啓三

    日本ブリーフセラピー協会第2回学術会議プログラム, 8. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  31. 家族研究を現場に還元するには?!―一般的な知見と特殊な知見の融合について考える―(話題提供) 国際会議

    狐塚 貴博

    日本家族研究・家族療法学会第27回大会 家族療法研究, 27(1), p.64. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  32. 愛犬のトラブル解消のための家族心理学(企画・話題提供) 国際会議

    狐塚 貴博

    日本心理学会第74回大会(大阪大学)発表論文集, WS(37). 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  33. A comparative study of attitude of self-determination of children in Japan and Korea.

    Kamiya, T., Kato, M., Wakashima, K., Kozuka, T., Kobayashi, T., Kurita, Y., Kim, H., Han, C., Eunjoo, L., & Tanaka, M.

    The 2nd Regional Symposium of CIFA (Consortium of Institute on Family in Asia Region), November 25-28th, 2010, Tokyo, JAPAN. (Poster presentation), 46. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. Predicators for parent-child cohesion: Examining from three-generational family relationship.

    Usami,T., Wakashima,K., Kozuka,T., Itakura,N. & Ikuta,M.

    20th Anniversary Conference, International Academy of Family Psychology, May 13-16, 2010 Callaway Gardens, Pine Mountain, Georgia USA. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. A study examinig the association between both past and the current family relationships and child's family related stress in late adolescence.

    Wakashima,K., Usami,T., Kozuka,T., Itakura,N. & Noguchi,S.

    20th Anniversary Conference, International Academy of Family Psychology, May 13-16, 2010 Callaway Gardens, Pine Mountain, Georgia USA. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 家族療法の臨床と研究(話題提供) 国際会議

    狐塚 貴博

    日本心理学会第73回大会発表論文集, WS, p.35. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    国名:日本国  

  37. 効率的家族構造測定尺度の開発―ICHIGEKIの作成― 国際会議

    狐塚貴博, 野口修司, 山本喜則, 若島孔文

    日本ブリーフセラピー協会第1回学術会議プログラム, 9. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 「ICHIGEKI」を用いた多世代家族構造とライフヒストリーの研究 国際会議

    若島孔文, 狐塚貴博, 板倉憲政, 宇佐美貴章

    日本ブリーフセラピー協会第1回学術会議プログラム, 10. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 家族構造測定尺度 ―ICHIGEKI― の開発に向けて(Ⅱ) 国際会議

    野口修司, 狐塚貴博, 若島孔文

    日本カウンセリング学会第41回大会プログラム, カウンセリング研究, 41, 増刊号, 35.  

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  40. 技法の違いがクライエントの感情状態へ及ぼす影響 国際会議

    末崎裕康, 野口修司, 狐塚貴博, 若島孔文

    第25回日本家族研究・家族療法抄録集 家族療法研究, 25(1), 46. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. コミュニケーション・パターンによる関係性の類型と変化― 人間コミュニケーションの語用論の視点から― 国際会議

    狐塚貴博, 野口修司, 末崎裕康, 若島孔文

    第25回日本家族研究・家族療法抄録集 家族療法研究, 25(1), 45. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 家族構造と社会的勢力に関する研究(2)―大学生・高校生・中学生間の比較― 国際会議

    野口修司, 狐塚貴博, 末崎裕康, 若島孔文

    第25回日本家族研究・家族療法抄録集 家族療法研究, 25(1), 47. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  43. 短期家族療法において窓口を誰にするか 国際会議

    狐塚貴博, 野口修司, 若島孔文

    日本家族心理学会第25回大会プログラム・抄録集, 88-89. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 家族療法における問題のとらえ方について 国際会議

    野口修司. 狐塚貴博, 若島孔文

    日本家族心理学会第25回大会プログラム・抄録集, 112-113. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 家族構造測定尺度 ―ICHIGEKI― の開発に向けて(Ⅰ) 国際会議

    狐塚貴博, 野口修司, 若島孔文 

    日本カウンセリング学会第41回大会プログラム, カウンセリング研究, 41, 増刊号, 35. 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. 青年期における家族役割の変容プロセスに関する研究-児童期から青年期への移行に関する青年の語りに着目して-

    原田智穂, 狐塚貴博, 兪 キョン蘭

    日本家族心理学会第36回大会プログラム・発表論文集, 101.  2019年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  47. 短期療法における介入への“ブリッジ”について考える ―どうしてクライエントは、その介入課題を受け入れてくれるのか?―

    狐塚 貴博

    日本家族心理学会第36回大会プログラム・発表論文集, 116-117.  2019年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  48. 障害児・者のきょうだいの心理的適応ー家族内役割に着目してー

    清水渓介, 板倉憲政, 狐塚 貴博

    日本家族心理学会第36回大会プログラム・発表論文集, 103.  2019年9月21日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  49. 災害、事件、事故後の学校における子どもの心理支援に関する研究―デルファイ法を用いたガイドライン作成の試み3 災害と事件事故の共通の対応

    冨永良喜, 窪田由紀, 小林朋子, 狐塚貴博, 樋渡孝徳, 山下陽平

    第18回日本トラウマティック・ストレス学会 プログラム・抄録集, 116.  2019年6月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  50. 災害、事件、事故後の学校における子どもの心理支援に関する研究―デルファイ法を用いたガイドライン作成の試み1 調査の概要と合意形成過程

    窪田由紀, 冨永良喜, 小林朋子, 狐塚貴博, 樋渡孝徳, 山下陽平

    第18回日本トラウマティック・ストレス学会 プログラム・抄録集, 115.  2019年6月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  51. 災害、事件、事故後の学校における子どもの心理支援に関する研究―デルファイ法を用いたガイドライン作成の試み2 基本的な考え方」について

    小林朋子, 窪田由紀, 冨永良喜, 狐塚貴博, 樋渡孝徳, 山下陽平

    第18回日本トラウマティック・ストレス学会 プログラム・抄録集, 115.  2019年6月15日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

科研費 4

  1. 相談者ニーズに沿った包括的効果尺度を用いた効果的な心理療法のモデル化に関する研究

    研究課題/研究課題番号:18K02141  2018年4月 - 2021年3月

    佐藤 宏平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究の目的は、①心理療法の効果を包括的に捉える尺度の開発、②心理療法場面のコミュニケーション分析による実効性の高い心理療法が有する共通要素の抽出を通じて、より効果的で効率的な心理療法のモデルを提示するとともに、モデル化した心理療法を③実際の対人援助場面で適用することによりその効果を実証的に検討することである。
    2年目となる今年度は、心理療法場面のコミュニケーション分析をを通じて、効率的な心理療法のモデルを提示するため、平成30年度開始の面接に加え、既に終結を迎えたブリーフセラピーの事例から、短期的に終結に至った事例(録画済み)のプロトコル分析のためのプロトコル作成を行った。尚、プロトコルの作成にあたり、当初計画では、業者等による音声データのテキスト化を計画していたが、音声テキスト化のソフトを活用することで、人件費の節減に努めた。
    また、心理面接における、セラピストとクライエントの顔の動きや表情の同調性が治療同盟の形成にどのような影響を与えるのかを検討した。具体的には、セラピストとクライエントの顔の動きや表情の同調性が治療同盟の形成にどのような影響を与えるのかについて実験的な検討を試みた。
    その結果、セラピストと実験参加者との「幸福」「恐れ」に関する表情の同調性が、治療同盟の形成に影響するとが示された。
    2年目となる今年度は、より効果的で効率的な心理療法のモデルを提示するため、心理療法場面のコミュニケーション分析により実効性の高い心理療法が有する共通要素の抽出を行った。
    具体的には、セラピストとクライエントの顔の動きや表情の同調性が治療同盟の形成にどのような影響を与えるのかについて実験的な検討を試みた。
    その結果、セラピストと実験参加者との「幸福」「恐れ」に関する表情の同調性が、治療同盟の形成に影響するとが示された。
    したがって、今年度に予定していた研究目的はある程度達成されていることから、概ね順調に進展しているものと思われる。
    面接場面のビデオ分析を通じて効果的な心理療法の効果的コミュニケーションについて検討するため、面接場面のコミュニケーション分析を通して、クライエントの問題解決にとって、効果的な心理療法を進行させるコミュニケーションをターゲットとする。さらに、効果測定尺度による面接の効果測定を行う。

  2. 相談者ニーズに沿った包括的効果尺度を用いた効果的な心理療法のモデル化に関する研究

    2018年4月 - 2020年3月

    独立行政法人日本学術振興会  独立行政法人日本学術振興会 基盤研究(C) 

    佐藤宏平

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 災害,事件・事故による学校危機への包括的心理支援モデルの構築とガイドラインの作成

    研究課題/研究課題番号:17H02643  2017年4月 - 2020年3月

    窪田 由紀

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    学校における緊急支援のガイドライン作成のため、デルファイ法を用いて災害、事件・事故後の支援に一定以上の経験を持つ専門家の合意形成を行った。先行研究及び専門家の討議に基づく56項目について、第1回調査の有効回答者107名(81.0%)の合意平均得点は10点尺度で5.66(SD=2.14)~8.72(SD=0.56)の範囲で9項目が基準に達しなかった。自由記述内容を反映して項目修正を行ったところ、第2回調査(有効回答者104名,97.2%)の平均得点は7.31(SD=1.48)~8.90((SD=0.30)となり全項目が基準を満たした。合意の程度に応じてコメントを補いガイドラインとして冊子化した。
    これまで専門家の間でも合意が十分でなかった学校危機への心理支援について、デルファイ法を用いて合意形成を図った。全56項目は基本的な考え方、災害、事件・事故への共通した対応、事件・事後へ特化した対応、災害に特化した対応について、予防・準備・直後対応・中長期対応という時間的経過に即したものであり、本研究によって、学校危機への包括的な心理支援のモデルと実践に際してのガイドラインを提示することができたことは、学術的にも社会的にも意義がある。

  4. 災害,事件・事故による学校危機への包括的心理支援モデルの構築とガイドラインの作成

    2017年4月 - 2019年3月

    独立行政法人日本学術振興会  独立行政法人日本学術振興会 基盤研究(B) 

    窪田由紀

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

 

担当経験のある科目 (本学以外) 9

  1. 教育相談論

    2020年4月 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:その他  国名:日本国

  2. 健康・医療心理学

    2018年4月 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  3. 人間発達科学入門

    2018年4月 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

  4. 心理危機マネジメント実習

    2018年4月 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  5. 事例研究

    2018年4月 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  6. 心理学

    2018年4月 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

  7. 家族心理学

    2018年4月 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  8. 臨床心理学概論

    2018年4月 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

  9. 生徒指導論

    2014年4月 - 現在 作新学院大学)

     詳細を見る

    科目区分:その他  国名:日本国

▼全件表示

 

社会貢献活動 1

  1. 家族心理学研究編集長

    役割:編集長

    一般社団法人日本家族心理学会  家族心理学研究  2019年5月 - 現在