2021/06/07 更新

写真a

モリタ ヤスヒロ
森田 康広
MORITA Yasuhiro
所属
アジアサテライトキャンパス学院 国内教育部門 特任准教授
大学院担当
大学院生命農学研究科
大学院生命農学研究科
職名
特任准教授

学位 1

  1. 博士(獣医学) ( 2016年9月   山口大学 ) 

 

論文 18

  1. Gene-expression profile and postpartum transition of bovine endometrial side population cells 査読有り 国際誌

    Tatebayashi Ryoki, Nakamura Sho, Minabe Shiori, Furusawa Tadashi, Abe Ryoya, Kajisa Miki, Morita Yasuhiro, Ohkura Satoshi, Kimura Koji, Matsuyama Shuichi

    BIOLOGY OF REPRODUCTION   104 巻 ( 4 ) 頁: 850 - 860   2021年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biology of Reproduction  

    DOI: 10.1093/biolre/ioab004

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Nutritional condition in the dry period is related to the incidence of postpartum subclinical endometritis in dairy cattle

    Taniguchi Asako, Nishikawa Tatsuya, Morita Yasuhiro

    ANIMAL BIOSCIENCE   34 巻 ( 4 ) 頁: 539 - 545   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Animal Bioscience  

    DOI: 10.5713/ajas.20.0198

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Neurokinin 3 receptor-selective agonist, senktide, decreases core temperature in Japanese Black cattle

    Nakamura S., Miwa M., Morita Y., Ohkura S., Yamamura T., Wakabayashi Y., Matsuyama S.

    DOMESTIC ANIMAL ENDOCRINOLOGY   74 巻   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Domestic Animal Endocrinology  

    DOI: 10.1016/j.domaniend.2020.106522

    Web of Science

    Scopus

  4. Seasonal changes in the reproductive performance in local cows receiving artificial insemination in the Pursat province of Cambodia 査読有り 国際共著 国際誌

    Tep Bengthay, Morita Yasuhiro, Matsuyama Shuichi, Ohkura Satoshi, Inoue Naoko, Tsukamura Hiroko, Uenoyama Yoshihisa, Pheng Vutha

    ASIAN-AUSTRALASIAN JOURNAL OF ANIMAL SCIENCES   33 巻 ( 12 ) 頁: 1922 - 1929   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Asian-Australasian Journal of Animal Sciences  

    DOI: 10.5713/ajas.19.0893

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. Facilitatory and inhibitory role of central amylin administration in the regulation of the gonadotropin-releasing hormone pulse generator activity in goats 査読有り 国際誌

    Kitagawa Yuri, Sasaki Takuya, Suzumura Reika, Morishima Ai, Tatebayashi Ryoki, Assadullah, Ieda Nahoko, Morita Yasuhiro, Matsuyama Shuichi, Inoue Naoko, Uenoyama Yoshihisa, Tsukamura Hiroko, Ohkura Satoshi

    NEUROSCIENCE LETTERS   736 巻   頁: 135276 - 135276   2020年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuroscience Letters  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2020.135276

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Peripheral administration of SB223412, a selective neurokinin-3 receptor antagonist, suppresses pulsatile luteinizing hormone secretion by acting on the gonadotropin-releasing hormone pulse generator in estrogen-treated ovariectomized female goats.

    Sasaki T, Sonoda T, Tatebayashi R, Kitagawa Y, Oishi S, Yamamoto K, Fujii N, Inoue N, Uenoyama Y, Tsukamura H, Maeda KI, Matsuda F, Morita Y, Matsuyama S, Ohkura S

    The Journal of reproduction and development   66 巻 ( 4 ) 頁: 351 - 357   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    <p> Accumulating evidence suggests that KNDy neurons located in the hypothalamic arcuate nucleus (ARC), which are reported to express kisspeptin, neurokinin B, and dynorphin A, are indispensable for the gonadotropin-releasing hormone (GnRH) pulse generation that results in rhythmic GnRH secretion. The aims of the present study were to investigate the effects of peripheral administration of the neurokinin 3 receptor (NK3R/TACR3, a receptor for neurokinin B) antagonist, SB223412, on GnRH pulse-generating activity and pulsatile luteinizing hormone (LH) secretion in ovariectomized Shiba goats treated with luteal phase levels of estrogen. The NK3R antagonist was infused intravenously for 4 h {0.16 or 1.6 mg/(kg body weight [BW]·4 h)} during which multiple unit activity (MUA) in the ARC was recorded, an electrophysiological technique commonly employed to monitor GnRH pulse generator activity. In a separate experiment, the NK3R antagonist (40 or 200 mg/[kg BW·day]) was administered orally for 7 days to determine whether the NK3R antagonist could modulate pulsatile LH secretion when administered via the oral route. Intravenous infusion of the NK3R antagonist significantly increased the interval of episodic bursts of MUA compared with that of the controls. Oral administration of the antagonist for 7 days also significantly prolonged the interpulse interval of LH pulses. The results of this study demonstrate that peripheral administration of an NK3R antagonist suppresses pulsatile LH secretion by acting on the GnRH pulse generator, suggesting that NK3R antagonist administration could be used to modulate reproductive functions in ruminants.</p>

    DOI: 10.1262/jrd.2019-145

    Scopus

    PubMed

  7. Establishment of long-term chronic recording technique of in vivo ovarian parenchymal temperature in Japanese Black cows.

    Morita Y, Ozaki R, Mukaiyama A, Sasaki T, Tatebayashi R, Morishima A, Kitagawa Y, Suzumura R, Abe R, Tsukamura H, Matsuyama S, Ohkura S

    The Journal of reproduction and development   66 巻 ( 3 ) 頁: 271 - 275   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Reproduction and Development  

    <p> The reproductive performance of cattle can be suppressed by heat stress. Reproductive organ temperature, especially ovarian temperature, may affect follicle development and ovulation. The establishment of a technique for long-term measurement of ovarian temperature could prove useful in understanding the mechanisms underlying the temperature-dependent changes in follicular development and subsequent ovulation in cows. Here we report a novel method facilitating long-term and continuous recording of ovarian parenchymal temperature in cows. The method revealed that the ovarian temperature in the luteal phase was constantly maintained lower than the vaginal temperature, and that the diurnal temperature variation in the ovary was significantly greater than that in the vagina, suggesting that the ovaries may require a lower temperature than other organs to maintain their functions. This novel method could be used for the further understanding of ovarian functions during estrous cycles in cows.</p>

    DOI: 10.1262/jrd.2019-097

    Scopus

    PubMed

  8. ウシ子宮内膜side population(SP)細胞の遺伝子発現解析と分娩後におけるSP細胞割合の推移

    舘林 亮輝, 松山 秀一, 中村 翔, 美辺 詩織, 古澤 軌, 阿部 良哉, 加治佐 実希, 森田 康広, 大蔵 聡, 木村 康二

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   113 巻 ( 0 ) 頁: AW1 - 4-AW1-4   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>経産牛の受胎性低下は,分娩後の子宮内膜再生時に生じる不具合が一因である可能性が考えられるが,その詳細なメカニズムは未だ明らかでない。ヒトにおいては,月経周期毎に起こる子宮内膜更新に子宮内膜の間葉系幹細胞が関与することが示唆されており,ウシの分娩後の子宮内膜修復においても子宮内膜幹細胞が関与する可能性が考えられる。そこで本研究では,組織幹細胞の集団として考えられているside population(SP)細胞がウシ子宮内膜にも存在することを示すとともに,ウシ子宮内膜SP細胞の特性および分娩後の動態を明らかにすることを目的とした。食肉センター由来のウシ子宮から単離した子宮内膜細胞をHoechst33342で染色し,フローサイトメトリー解析を行った結果,子宮内膜細胞にSP細胞が含まれることが明らかとなった。次に,ウシ子宮内膜SP細胞(n=3)とSP細胞以外の細胞(main population, MP細胞)(n=3)をセルソーターにより分取し,遺伝子発現をRNA-seqにより解析した。その結果,SP細胞とMP細胞では遺伝子発現パターンが異なることが示された。さらに,SP細胞とMP細胞間の発現変動遺伝子(FDR<0.05)についてGOおよびKEGGパスウェイ解析(p<0.05)を行ったところ,MP細胞と比較してSP細胞で高発現であった遺伝子には,核酸代謝,血管発達といった機能や幹細胞の自己複製や分化のシグナル経路に関与する遺伝子が多く含まれており,幹細胞マーカーの遺伝子も含まれていた。また,分娩後10,30,50,100日目にバイオプシーによってウシの子宮内膜組織を採取し(n=8),子宮内膜細胞に対するSP細胞の割合を算出した結果,子宮内膜細胞に対するSP細胞の割合は,分娩後10日目で最も低く,その後徐々に増加した。以上の結果より,ウシ子宮内膜に存在するSP細胞は幹細胞/前駆細胞様な遺伝子発現パターンを示し,分娩後に子宮内膜細胞に分化,増殖することで子宮修復に寄与する可能性が示された。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.113.0_AW1-4

  9. 暑熱ストレス下におけるウシの排卵不全メカニズムの解明

    向山 晃永, 館林 亮輝, 北川 悠梨, 阿部 良哉, 鈴村 玲香, 松山 秀一, 大蔵 聡, 森田 康広

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   113 巻 ( 0 ) 頁: P - 10-P-10   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】ウシにおいて,ホルモン製剤を用いた排卵誘起処置の夏季における成功率低下が知られているが,暑熱環境がどのように排卵に影響を与えているか正確にはまだ解明されていない。本研究では,暑熱環境下において排卵誘起処置を受けたウシにおける性腺刺激ホルモン(LH,FSH),およびプロジェステロン(P<sub>4</sub>)の分泌動態と卵巣構造物の変化を観察し,暑熱ストレスが排卵プロセスに及ぼす影響を検証した。【方法】夏季(暑熱条件)および春季あるいは秋季(対照条件)において,排卵同期化処置を施した黒毛和種経産牛(n = 6)を用い1週間行った。プロスタグランジン(PG)F2α製剤の投与日をDay 0とし,Day 6まで卵胞動態を超音波画像診断装置により1日1回観察した。また,Day 2の性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)製剤の投与後のDay 3からは4時間ごとに24時間排卵の有無を観察した。PGF2α製剤投与5日前の黄体期と発情期のDay 1,および排卵期のDay 2に各10時間および7時間連続で採血を行い,血漿中のLH, FSH濃度を測定した。血漿P<sub>4</sub>濃度はPGF2α製剤投与後4時間からDay 0からDay 6まで1日1回測定した。【結果】 LH,FSHのパルス状分泌動態および,サージ状分泌のタイミングは各条件で差はなかったが,LHの総分泌量は暑熱条件下で有意に多かった(AUC, 4285.4 μg/ml·[min] <i>vs</i> 3003.7 μg/ml·[min], p<0.05)。血漿P<sub>4</sub>濃度は両条件で排卵前の減少,排卵後の増加に差はなかった。また,暑熱条件下の排卵率は対照条件下よりも低かった(16.7% <i>vs </i>41.7%)。本研究において,暑熱条件下でも下垂体はLH, FSHの自律的な分泌を維持していること,外因性のGnRH製剤投与にも反応し,LHをサージ状に分泌することが示された。以上より,黒毛和種牛における夏季の排卵不全の原因は,卵巣における卵胞周囲の局所的な変化に起因することが示唆された。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.113.0_P-10

  10. 分娩後のウシ子宮内膜における老化細胞の蓄積レベルの変化

    加治佐 実希, 舘林 亮輝, 阿部 良哉, 森田 康広, 大蔵 聡, 松山 秀一

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   113 巻 ( 0 ) 頁: P - 72-P-72   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】経産牛の受胎率は未経産牛と比較して低く,その一因として分娩後の子宮修復過程において何らかの不具合が生じている可能性が考えられる。マウスでは,妊娠時の子宮において不可逆的に細胞周期を停止した細胞である老化細胞が出現し,分娩後,除去されほとんどが消失する。さらに,分娩後に老化細胞が除去されずに蓄積した場合には,その後の妊娠率が低下することが示されている。老化細胞は,様々なサイトカインやプロテアーゼ等を分泌して周囲組織の炎症や腫瘍化を促進するため,老化細胞の蓄積は周囲組織に悪影響を与えると考えられる。これらのことから,ウシにおいても妊娠の経過に伴い子宮内膜に老化細胞が蓄積し,分娩後における老化細胞の除去不良が受胎率を低下させる一因となっている可能性が考えられる。そこで,本研究ではまず,分娩後のウシ子宮内膜における老化細胞の蓄積状況を明らかにすることを目的とした。【方法】正常分娩した黒毛和種雌牛4頭を用いた。分娩日を0日として分娩後10,30,50,80日目に子宮内膜組織をバイオプシーによって採取し,SA-β-gal染色によって老化細胞を検出した。各切片で任意の区画(352×264 µm)の総細胞に対する老化細胞の割合を算出した。【結果及び考察】本実験で供試した4頭全ての分娩後の子宮内膜組織においてSA-β-gal陽性細胞の存在が確認された。さらに,子宮内膜細胞におけるSA-β-gal陽性細胞の割合は分娩後10日目で53.4%と最も高く,その後,分娩後30日目で23.1%,50日目で4.2%,80日目で2.3%と日数を経るにつれて低下していた。以上の結果から,ウシにおいても胎盤形態の異なるマウスやヒトと同様に妊娠子宮で老化細胞が出現し,分娩後に老化細胞が消失すると考えられた。マウスでは,マクロファージが分娩後の子宮内膜における老化細胞除去に関与することが示されていることから,現在,ウシにおいても同様の老化細胞除去機構が存在するのか検討をすすめている。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.113.0_P-72

  11. メチルグリオキサールがウシ子宮内膜細胞に及ぼす影響

    阿部 良哉, 舘林 亮輝, 加治佐 実希, 森田 康広, 大蔵 聡, 松山 秀一

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   113 巻 ( 0 ) 頁: P - 69-P-69   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】受胎率低下が問題となっているホルスタイン経産牛では,泌乳に伴うエネルギー収支の不足分を補うべく給与されている穀物主体の飼料が糖の過剰摂取を引き起こし,最終糖化産物(AGEs)の産生が亢進されている可能性がある。また,AGEsの前駆物質であるメチルグリオキサール(MGO)は,グルコースよりもAGEsの形成を促進する作用があり,さらにそれ自身も酵素の不活性化や細胞毒性を示し,直接,細胞機能に影響を及ぼす。我々はこれまでに,ホルスタイン経産牛(TMR給与)における血中MGO濃度が,黒毛和種経産牛(粗飼料給与)と比較して有意に高いことを示している。ヒトにおいては,AGEsの蓄積が生殖機能に対して抑制的な作用を及ぼすことが示されていることから,我々は,分娩後の乳牛では穀物主体の飼料によって増加する血中MGOが子宮の機能低下を引き起こし,受胎率が低下している可能性があると考えた。そこで本研究では,MGOがウシ子宮内膜細胞に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。【方法】食肉センター由来のウシ子宮から子宮内膜細胞を単離した。8ウェルチャンバーに4.0×10⁴cells/wellとなるように細胞(P2)を播種し,24時間培養後,MGO(0, 0.1, 1 mM)を添加した。MGO添加後2, 6時間で細胞を回収し,蛍光プローブを用いて活性酸素種(ROS)の産生量を測定した。また,MGO添加後6, 12, 24時間で細胞を回収し,SA-β-gal染色によって老化細胞の割合を算出した。【結果・考察】子宮内膜細胞において,MGO(1 mM)添加によりROS産生量が増加し,添加後6時間のROS産生量は対照群と比較して有意に高かった(P < 0.05)。子宮内膜細胞に対する老化細胞の割合は,MGO(1 mM)添加後6, 12, 24時間で増加する傾向が見られた。以上の結果から,ウシ子宮内膜細胞においてMGOはROS産生を亢進し,細胞老化を誘導する可能性が考えられた。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.113.0_P-69

  12. シバヤギにおけるGnRHパルス発生中枢の制御に関わるセロトニン受容体サブタイプの検討

    鈴村 玲香, 森田 康広, 松山 秀一, 佐々木 拓弥, 北川 悠梨, 井上 直子, 上野山 賀久, 束村 博子, 大蔵 聡

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   113 巻 ( 0 ) 頁: P - 4-P-4   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】パルス状の性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)分泌は,視床下部弓状核(ARC)に存在するGnRHパルス発生中枢により制御される。縫線核のセロトニン(5HT)ニューロンはARCに投射しており,5HTがGnRHパルス発生中枢を制御する可能性がある。先行研究により,5HTの脳室内投与がヤギのGnRHパルス発生中枢活動を促進すること,ヤギ視床下部内側基底部において5HT 受容体である5HT<sub>2C</sub>型受容体(5HT<sub>2C</sub>)mRNAが発現すること,5HT<sub>2C</sub>作動薬の脳室内投与がGnRHパルス発生中枢活動を促進する傾向にあることが明らかとなった。本研究では,ヤギ視床下部における5HT<sub>2C</sub> mRNA発現の組織学的検索,および5HT<sub>2B/2C</sub>型受容体拮抗薬(SB206553 [SB])前投与による5HT作用の阻害実験により,GnRHパルス発生中枢の制御に関わる5HT受容体を検討した。【方法】卵巣除去シバヤギ(N=3)の頭部を常法により灌流固定して脳切片(50 µm)を作製し,5HT<sub>2C</sub>特異的なRNAプローブを用いて<i>in situ</i> hybridizationを行った。また,ARC 近傍における神経活動の一過性上昇(MUAボレー)をGnRHパルス発生中枢活動の指標とし,卵巣除去シバヤギ(N=5)側脳室内にSB(1 µmol/ml)または蒸留水(1 ml)を前投与し,その2分後に5HT(0.5 µmol/400 µl)を投与した。5HT投与は各個体の平均MUAボレー間隔の1/2の時間に行い,MUAボレー間隔に及ぼす効果を評価した。【結果および考察】ヤギARCに5HT<sub>2C </sub>mRNA発現細胞の局在がみとめられた。また,SBおよび蒸留水前投与群において5HT投与はMUAボレー間隔を短縮し,GnRHパルス発生中枢活動が促進された。本研究により,ARCに局在する5HT<sub>2C</sub>発現細胞が5HTのGnRHパルス発生中枢活動の促進効果の一部を仲介する可能性,および5HT<sub>2C</sub>以外の5HT受容体も5HTの促進効果に関与することが考えられた。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.113.0_P-4

  13. Diagnostic efficacy of imaging and biopsy methods for peritoneal mesothelioma in a calf 査読有り

    Morita Yasuhiro, Sugiyama Sadamu, Tsuka Takeshi, Okamoto Yoshiharu, Morita Takehito, Sunden Yuji, Takeuchi Takashi

    BMC VETERINARY RESEARCH   15 巻 ( 1 ) 頁: 461   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   出版者・発行元:BMC Veterinary Research  

    DOI: 10.1186/s12917-019-2195-z

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  14. Peripheral administration of kappa-opioid receptor antagonist stimulates gonadotropin-releasing hormone pulse generator activity in ovariectomized, estrogen-treated female goats

    Sasaki T., Ito D., Sonoda T., Morita Y., Wakabayashi Y., Yamamura T., Okamura H., Oishi S., Noguchi T., Fujii N., Uenoyama Y., Tsukamura H., Maeda K. I, Matsuda F., Ohkura S.

    DOMESTIC ANIMAL ENDOCRINOLOGY   68 巻   頁: 83 - 91   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Domestic Animal Endocrinology  

    DOI: 10.1016/j.domaniend.2018.12.011

    Web of Science

    Scopus

  15. パルス状GnRH分泌制御機構におけるカルシトニン受容体の役割

    北川 悠梨, 大蔵 聡, 佐々木 拓弥, 森島 愛, 舘林 亮輝, 森田 康広, 松山 秀一, 井上 直子, 上野山 賀久, 束村 博子

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   112 巻 ( 0 ) 頁: P - 6-P-6   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)のパルス状分泌は性腺刺激ホルモンの分泌を促進し,哺乳類の性腺機能制御に必要不可欠である。視床下部弓状核に局在するキスペプチン(Kp)ニューロンは,GnRHニューロンを刺激し,GnRH分泌を促進するため,GnRHパルス発生中枢の本体であると考えられている。当研究グループの先行研究より,ラットKpニューロンに促進性のGqタンパク質共役型受容体であるカルシトニン受容体(CTR)の発現が明らかとなったが,その役割は不明である。本研究では,GnRHパルス発生中枢制御におけるCTRシグナリングの役割を検討した。【材料と方法】多ニューロン発火活動(MUA)記録用電極を留置した卵巣除去シバヤギ(n=6)を用いた。CTRアゴニストであるアミリン(1.5または15 nmol)を側脳室内に投与し,GnRHのパルス状分泌と同期するMUAの一過性上昇(MUAボレー)の間隔を指標として,GnRHパルス発生中枢活動への影響を調べた。また,in situ hybridization(ISH)法により,ヤギ視床下部におけるCTR mRNA発現を調べた。さらに,二重ISH法により,ヤギKpニューロンにおけるCTR発現を検討した。【結果と考察】アミリンの側脳室内投与直後にMUAボレー間隔が有意に短縮し,その後MUAボレー間隔が延長した。このことから,アミリン−CTRシグナリングはGnRHパルス発生中枢の活動を促進および抑制の二相性に制御することが示唆された。また,CTR mRNAは弓状核,室傍核,視索前野など視床下部に広く発現しており,弓状核の一部のKpニューロンにCTR mRNA発現が認められた。以上より,GnRHパルス発生中枢の促進は,Kpニューロンに発現するCTRを介した作用であることが考えられた。また,弓状核以外にも多数のCTR遺伝子発現を認めたことから,GnRHパルス発生中枢の抑制は,Kpニューロンに抑制性に働く介在ニューロンに発現するCTRを介した間接作用であることが示唆された。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.112.0_P-6

  16. ニューロキニンB受容体作動薬投与が夏季のウシ体温に及ぼす影響

    中村 翔, 三輪 雅史, 森田 康広, 山村 崇, 若林 嘉浩, 大蔵 聡, 松山 秀一

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   112 巻 ( 0 ) 頁: P - 7-P-7   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】夏季の暑熱ストレスはウシの体温上昇を引き起こし,繁殖能力に悪影響を及ぼす。本研究では,夏季の高温多湿な条件下においてニューロキニンB受容体作動薬(senktide)の体温低下作用が発揮されるか明らかにすることを目的に行った。さらに,繁殖成績と密接に関わると考えられる卵巣の温度に関してもsenktideの効果を検討した。【方法】実験には発情同期化した黒毛和種4頭を用い,発情3日後に頚静脈にカテーテルを留置し,4日後以降の連続した3日間において体表温および膣温を10分間隔で測定した。体表温は尾根部に装着した温度センサにより測定し,膣温は温度ロガーを埋め込んだblank-CIDRを膣内に留置により測定した。卵巣温は記録端子を卵巣実質に刺し込んで留置することで記録した。体温変化の解析には投与前1時間の平均体温を基準値とし,投与期間4時間における基準値からの体温変化を投与群間で比較した。投与期間中はsenktideとその溶媒(0.04 N NaHCO<sub>3</sub>)は静脈内持続投与を行い,性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)製剤については投与開始から1時間間隔のスポット投与を4回実施した。【結果】Senktide投与によって腟温の低下が認められ,投与期間におけるsenktide投与群の平均変化量も溶媒およびGnRH投与群と比較して有意に低い値を示した。また,体表温についてもsenktide投与群の平均変化量は他の2群よりも低い値を示し,溶媒投与群と比べて有意に低い値を示した。一方で,卵巣温の平均変化量はsenktide投与群において低い傾向にあったものの他群との間に有意な差は認められなかった。以上の結果から,senktideによるNKB-NKB受容体経路の活性化は,夏季におけるウシの体表温および腟温を低下させる上で有効であることが示唆された。Senktideの投与は性腺刺激ホルモン分泌を亢進するだけでなく体温低下も誘起可能であるため,暑熱による繁殖成績の悪化に対し有効な対処療法となることが期待される。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.112.0_P-7

  17. シバヤギのパルス状GnRH分泌制御メカニズムにおけるセロトニンの役割

    佐々木 拓弥, 上野山 賀久, 束村 博子, 大蔵 聡, 森島 愛, 中西 真莉菜, 鈴村 玲香, 舘林 亮輝, 北川 悠梨, 森田 康広, 松山 秀一, 井上 直子

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   112 巻 ( 0 ) 頁: OR2 - 1-OR2-1   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】視床下部弓状核のキスペプチンニューロンは,卵胞発育を制御する性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)パルスジェネレーターであると考えられている。これまで,GnRH分泌制御におけるセロトニン(5-HT)の役割は黄体形成ホルモン分泌を指標として報告されてきたが,5-HTがGnRHパルスを促進的または抑制的に制御するかは明らかとなっていない。我々はラット弓状核キスペプチンニューロンに促進性のGタンパク質共役型受容体である5-HT2C受容体遺伝子が発現していることを明らかにした(未発表)。本研究では,GnRHパルスジェネレーター活動の制御における5-HTの役割を解明することを目的とし,シバヤギを用いて5-HTおよび5-HT2C受容体作動薬の脳室内投与がGnRHパルスジェネレーター活動におよぼす影響を検討した。【方法】多ニューロン発火活動(MUA)記録用電極を弓状核キスペプチンニューロン近傍に留置した卵巣除去シバヤギ(n=4)を用いた。本実験では,MUAの一過性の上昇(MUAボレー)をGnRHパルスジェネレーター活動の指標とした。一定間隔で発生するMUAボレーを確認したのち,各個体の実験開始前の平均MUAボレー間隔の1/2に相当する時間に5-HT(0.5または5 µmol)または溶媒の側脳室内投与を行い,MUAボレー発生におよぼす効果を検討した。また,同様の手法により5-HT2C受容体作動薬(0.5または5 µmol)の側脳室内投与を行った。【結果および考察】5-HTの脳室内投与により,投与後にMUAボレーが誘起された。投与から次のMUAボレーが発生するまでの時間は用量依存的に短縮した。また,5-HT2C受容体作動薬の脳室内投与により,投与後にMUAボレーが誘起され,投与から次のMUAボレーが発生するまでの時間が短縮する傾向が認められた。以上より,5-HTはGnRHパルスジェネレーターの活動を促進し,その促進作用は5-HT2C受容体を介する可能性が示された。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.112.0_OR2-1

  18. ウシ子宮内膜side population細胞における幹細胞マーカーの発現解析

    舘林 亮輝, 中村 翔, 美辺 詩織, 古澤 軌, 阿部 良哉, 森田 康広, 大蔵 聡, 木村 康二, 松山 秀一

    日本繁殖生物学会 講演要旨集   112 巻 ( 0 ) 頁: P - 79-P-79   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本繁殖生物学会  

    <p>【目的】ウシの子宮内膜は分娩時の胎盤剥離とともに大きく損傷する一方で,速やかに再生されることにより再び受胎可能な状態となる。この子宮内膜の再生時に生じる不具合が受胎性の低下を引き起こすと考えられるが,ウシの分娩後における子宮内膜再生メカニズムは未だ明らかでない。子宮は中胚葉由来の組織であり,ヒトの月経周期毎に起こる子宮内膜更新には子宮内膜の間葉系幹細胞が関与することが示唆されている。我々は,組織幹細胞の集団として考えられているside population細胞(SP細胞)がウシ子宮内膜間質細胞に存在することを明らかにしており,ウシの分娩後においても子宮内膜の間葉系幹細胞が子宮内膜再生に寄与する可能性が考えられた。本研究では,ウシ子宮内膜SP細胞が幹細胞の特徴を有することを確認するため,SP細胞およびmain population細胞(MP細胞)における幹細胞マーカー遺伝子の発現量を比較,検討した。【方法】食肉センター由来のウシ子宮(n=4)からコラゲナーゼ処理により子宮内膜間質細胞を単離した。Hoechst33342にて染色後,フローサイトメトリー解析により蛍光強度の低い領域に突出した細胞集団として確認した細胞のうち,ABCG2の阻害剤であるベラパミル存在下で消失した細胞をSP細胞として同定した。また,蛍光強度が高い主要な細胞集団をMP細胞として,セルソーターにより各細胞をそれぞれ分取した。各々の細胞でRNAを抽出し,qRT-PCR法を用いて,間葉系幹細胞マーカー遺伝子である<i>MCAM</i>および<i>ABCG2</i>のmRNA発現量を測定した。【結果】今回採取した子宮内膜間質細胞におけるSP細胞の割合は,2.13±0.43%であった。SP細胞における<i>MCAM </i>mRNA発現量は,MP細胞と比較して有意に高かった(P<0.05)。また,<i>ABCG2</i> mRNA遺伝子発現量についてはSP細胞で高い傾向にあった(P=0.053)。これらの結果から,SP細胞の遺伝子発現は間葉系幹細胞としての特徴を持つことが示唆された。</p>

    DOI: 10.14882/jrds.112.0_P-79

▼全件表示