2021/10/20 更新

写真a

アサイ タツヤ
浅井 竜也
ASAI Tatsuya
所属
大学院環境学研究科 都市環境学専攻 建築構造システム 助教
大学院担当
大学院環境学研究科
学部担当
工学部 環境土木・建築学科
職名
助教
外部リンク

学位 3

  1. 博士(工学) ( 2017年9月   東京大学 ) 

  2. 修士(工学) ( 2012年9月   東京大学 ) 

  3. 修士(工学) ( 2008年3月   東京大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 建築構造

  2. 耐震工学

  3. 鉄筋コンクリート構造

  4. 耐津波工学

研究分野 1

  1. 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

経歴 2

  1. 前田建設工業株式会社

    2012年10月 - 2014年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 東海旅客鉄道株式会社

    2008年4月 - 2009年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 4

  1. 東京大学   工学系研究科   建築学専攻

    2014年10月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 博士課程

  2. 東京大学   工学系研究科   建築学専攻

    2010年10月 - 2012年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 修士課程

  3. 東京大学   工学系研究科   社会基盤学専攻

    2006年4月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

    備考: 修士課程

  4. 東京大学   工学部   社会基盤学科

    2002年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本建築学会   会員

  2. 日本コンクリート工学会   会員

  3. 日本地震工学会   会員

  4. 土木学会   会員

  5. American Society of Civil Engineers   Associate member

  6. American Concrete Institute

▼全件表示

委員歴 7

  1. 日本建築学会 津波荷重小委員会   幹事  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 日本建築学会 荷重運営委員会   委員  

    2018年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 基準整備促進事業S30「鉄筋コンクリート造の限界耐力計算における応答変位の算定精度向上に向けた 建築物の振動減衰性状の評価方法の検討」に関する調査委員会   協力委員  

    2018年4月 - 2021年3月   

  4. ASCE/SEI 7 Tsunami Loads and Effects Subcommittee   Associate member  

    2018年4月 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本コンクリート工学会 文献調査委員会   委員  

    2018年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 日本地震工学会 各種構造物の津波荷重の体系化に関する研究委員会   委員  

    2015年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 土木学会 津波作用に関する研究レビューおよび活用研究小委員会   委員  

    2018年7月 - 2021年6月   

▼全件表示

受賞 3

  1. 2016年度コンクリート工学年次大会 年次論文奨励賞

    2016年7月   日本コンクリート工学会   津波漂流物の衝突衝撃外力による建築物の弾性応答評価

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 2015年日本地震工学会大会 優秀発表賞

    2015年11月   日本地震工学会   建築物に作用する津波漂流物衝突時の衝撃外力

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 2006年度土木学会全国大会 年次学術講演会優秀講演者

    2006年12月   土木学会   河川の整備状況が住民の都市河川環境に対する評価構造に及ぼす影響

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 11

  1. A physical model of tsunami inundation and wave pressures for an idealized coastal industrial site

    Kihara Naoto, Arikawa Taro, Asai Tatsuya, Hasebe Masanobu, Ikeya Tsuyoshi, Inoue Shunsaku, Kaida Hideki, Matsutomi Hideo, Nakano Yoshiaki, Okuda Yasuo, Okuno Shunya, Ooie Takayuki, Shigihara Yoshinori, Shoji Gaku, Tateno Tomokazu, Tsurudome Chiaki, Watanabe Masashi

    COASTAL ENGINEERING   169 巻   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Coastal Engineering  

    A series of physical model experiments of tsunami inundation over an idealized industrial site located in a coastal area were performed in this study. Two types of tsunami-like waves with markedly different characteristics were generated. The first was a single long wave and the second was a long wave with soliton fission (undular bore). This study measured the water surface elevation and velocity, as well as the pressures at several heights for some building and tank models that were installed over the coastal area. An experimental benchmark dataset for the tsunami inundations and impacts over a complex topography were produced. This investigation shows that a wide spatial variance of the maximum inundation depth was observed. This was caused by the effects of the surrounding structures, especially the blocking effects due to the structures. The location where the effects occurred depends on the blocking fraction as well as the Froude number of inflows. This study also investigates the relationship between the pressures and neighboring flow profiles. It was determined that under the inundation flow condition without soliton fissions and wave breaking, the maximum pressures can be predicted by the Asakura-type model from the neighboring flow profiles. On the other hand, for the bore condition, the Cross-type model is more appropriate for predicting the maximum pressures. The log-normal standard deviations of the differences between the measured maximum pressures and the predicted pressures are also shown. This information can be useful when performing a probabilistic damage analysis or analyzing the fragility of buildings.

    DOI: 10.1016/j.coastaleng.2021.103970

    Web of Science

    Scopus

  2. 抵抗機構に基づくRC柱部材の理論的な降伏変形評価法 査読有り

    趙波,日比野陽,浅井竜也,勅使川原正臣

    コンクリート工学年次論文集   43 巻 ( 2 ) 頁: 85-90   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Impact of Drying on Structural Performance of Reinforced Concrete Beam with Slab 査読有り

    Pranjal Satya, Tatsuya Asai, Masaomi Teshigawara, Yo Hibino, Ippei Maruyama

    Materials MDPI   14 巻 ( 8 )   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: https://doi.org/10.3390/ma14081887

  4. EXPERIMENTAL STUDY TO EVALUATE YIELDING POINT OF A REINFORCED CONCRETE BEAM WITH SLAB 査読有り

    Pranjal SATYA, Tatsuya ASAI, Masaomi TESHIGAWARA, Ippei MARUYAMA

    Proceedings of the Japan Concrete Institute   42 巻 ( 2 ) 頁: 217-222   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. 詳細な変形性状計測に基づくRC造曲げ柱部材の高精度変形評価に関する研究 査読有り

    浅井竜也,勅使川原正臣

    コンクリート工学年次論文集   42 巻 ( 2 ) 頁: 145-150   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. RC造柱部材の降伏時変形の算定精度向上に関する研究 査読有り

    浅井竜也,勅使川原正臣

    コンクリート工学年次論文集   41 巻 ( 2 ) 頁: 139-144   2019年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. RC造建物の地震時損傷評価における加速度センサーの配置に関する研究 査読有り

    陳辰,浅井竜也,勅使川原正臣

    コンクリート工学年次論文集   41 巻 ( 2 ) 頁: 841-846   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. 壁式RC構造の5層建物モデル立体架構実験に基づく損傷防止性能に関する研究 査読有り

    浅井竜也,勅使川原正臣,神谷隆,太田勤

    コンクリート工学年次論文集   40 巻 ( 2 ) 頁: 877-882   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 津波漂流物の衝突衝撃外力による建築物の弾性応答評価 査読有り

    浅井竜也,松川和人,崔琥,中埜良昭

    コンクリート工学年次論文集   38 巻 ( 2 ) 頁: 973-978   2016年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. 2011年東北地方太平洋沖地震による建築物等の被害調査に基づく津波荷重の評価: 比較的単純な工作物および建築物の被害調査結果に基づく検討 査読有り

    浅井竜也,舘野公一,中埜良昭,福山洋,藤間功司,芳賀勇治,菅野忠,岡田恒男

    構造工学論文集   58B 巻   頁: 97-104   2012年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Characteristics of riverbed configuration affected by river-crossing structures 査読有り

    Chibana Takeyoshi, Harada Daisuke, Yamashita Kimiko, Asai Tatsuya

    KSCE Journal of Civil Engineering   6 巻 ( 2 ) 頁: 223-227   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 7

  1. DETAILED EVALUATION OF YIELD DISPLACEMENT OF REINFORCED CONCRETE COLUMN 国際会議

    Tatsuya Asai, Masaomi Teshigawara

    17th World Conference on Earthquake Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月 - 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. パネルディスカッション(構造) 陸上建物の津波荷重に関する研究の現状 -ASCE 7-16 Chapter 6の概要-

    浅井竜也

    2021年度日本建築学会大会  日本建築学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  3. Study on seismic damage control of wall-type RC structure based on horizontal force loading test of a 1/2 scale 5-story 3D specimen 国際会議

    M. Teshigawara, T. Ohta, K. Kusunoki, S. Tajiri , E. Inai , H. Fukuyama , T. Asai

    The 17th World Conference on Earthquake Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  4. EXPERIMENTAL STUDY ON YIELD DISPLACEMENT OF A RC BEAM WITH SLAB SPECIMEN USING HIGH STRENGTH REBARS 国際会議

    P. Satya , T. Asai , M. Teshigawara , H. Sasano , I. Maruyama

    The 17th World Conference on Earthquake Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. Tsunami resilient designs of vertical evacuation buildings in Japan and the USA

    Tatsuya Asai, Gary K. Chock, Yoshiaki Nakano, Ian N. Robertson

    Proceedings of the International Offshore and Polar Engineering Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    Scopus

  6. Simplified Response Estimation Method of Buildings due to Tsunami-Driven Ship Impact Loads 国際会議

    ASAI Tatsuya, MATSUKAWA Kazuto, CHOI Ho , NAKANO Yoshiaki

    16th World Conference on Earthquake Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Santiago, Chile   国名:チリ共和国  

  7. Tsunami Load Evaluation Based on Field Investigations of the 2011 Great East Japan Earthquake 国際会議

    Asai Tatsuya, Matsukawa Kazuto, Choi Ho, Nakano Yoshiaki

    15th World Conference on Earthquake Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lisbon, Portugal   国名:ポルトガル共和国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 3

  1. 津波来襲時における船舶の漂流挙動時刻歴の可視化とその分析

    2019年4月 - 2020年3月

    前田記念工学振興財団  研究助成 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 津波漂流物衝突時の衝撃外力が作用する建築物の応答評価に関する研究

    2017年12月 - 2018年12月

    LIXIL住生活財団  若手研究助成(学生) 

    浅井 竜也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  3. 建築物に作用する津波荷重評価に関する研究

    2015年4月 - 2016年3月

    大林財団  奨励研究助成 

    浅井 竜也

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 3

  1. RC造連層耐震壁の高精度降伏変形評価

    研究課題/研究課題番号:21K14289  2021年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. RC造建築物の室内乾燥による力学特性変化の実証

    研究課題/研究課題番号:19H00791  2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  3. 津波漂流物衝突時の衝撃外力が作用する建築物の応答評価に関する研究

    研究課題/研究課題番号:17J03727  2017年4月 - 2018年3月

    科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    浅井 竜也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者