2021/03/29 更新

写真a

ワタナベ タカヒロ
渡辺 崇広
WATANABE Takahiro
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 微生物・免疫学 助教
職名
助教
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2016年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 口腔外科学

  2. ウイルス学

  3. 腫瘍ウイルス学

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 外科系歯学

  2. ライフサイエンス / ウイルス学

経歴 6

  1. 名古屋大学   大学院医学系研究科微生物免疫学講座ウイルス学   助手

    2017年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 愛知学院大学   歯学部微生物学講座   客員助教

    2017年1月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   大学院医学系研究科微生物免疫学講座ウイルス学   博士研究員

    2016年4月 - 2017年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 藤田保健衛生大学   医学部歯科口腔外科   客員助手

    2013年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 藤田保健衛生大学   医学部歯科口腔外科   助手

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 浜松医療センター   臨床研修歯科医師

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 1

  1. 名古屋大学   医学系研究科   ウイルス学

    - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 日本ウイルス学会

  2. 日本有病者歯科医療学会   専門医

  3. 日本口腔外科学会   認定医

  4. 日本癌学会

  5. 日本臨床ウイルス学会

受賞 1

  1. 優秀ポスター発表賞

    2017年10月   第62回日本口腔外科学会総会学術大会  

    渡辺 崇広

 

論文 26

  1. Anti-tumor effect of IL2-expressing HSV amplicon vector and oncolytic virus HF10 査読有り 国際誌

    Esaki Shinichi, Goshima Fumi, Takano Gaku, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCER SCIENCE   112 巻   頁: 394 - 394   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  2. Role of Epstein-Barr Virus C Promoter Deletion in Diffuse Large B Cell Lymphoma 査読有り 国際共著 国際誌

    Mabuchi Seiyo, Hijioka Fumiya, Watanabe Takahiro, Yanagi Yusuke, Okuno Yusuke, Al Masud H. M. Abdullah, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCERS   13 巻 ( 3 ) 頁: 561 - 561   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers13030561

    Web of Science

    Scopus

  3. RNAseq analysis identifies involvement of EBNA2 in PD-L1 induction during Epstein-Barr virus infection of primary B cells 査読有り 国際誌

    Yanagi Y.

    Virology   557 巻   頁: 44 - 54   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Virology  

    DOI: 10.1016/j.virol.2021.02.004

    Scopus

  4. Direct Evidence of Abortive Lytic Infection-Mediated Establishment of Epstein-Barr Virus Latency During B-Cell Infection 査読有り 国際誌

    Inagaki Tomoki, Sato Yoshitaka, Ito Jumpei, Takaki Mitsuaki, Okuno Yusuke, Yaguchi Masahiro, Al Masud H. M. Abdullah, Watanabe Takahiro, Sato Kei, Iwami Shingo, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    FRONTIERS IN MICROBIOLOGY   11 巻   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Microbiology  

    DOI: 10.3389/fmicb.2020.575255

    Web of Science

    Scopus

  5. Oncolytic activity of HF10 in head and neck squamous cell carcinomas 査読有り 国際誌

    Esaki Shinichi, Goshima Fumi, Ozaki Haruka, Takano Gaku, Hatano Yoshimi, Kawakita Daisuke, Ijichi Kei, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Iwata Hiromitsu, Shibamoto Yuta, Murakami Shingo, Nishiyama Yukihiro, Kimura Hiroshi

    CANCER GENE THERAPY   27 巻 ( 7-8 ) 頁: 585 - 598   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Gene Therapy  

    DOI: 10.1038/s41417-019-0129-3

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Antitumor activity of cyclin-dependent kinase inhibitor alsterpaullone in Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disorders 査読有り 国際誌

    Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Al Masud H. M. Abdullah, Takayama Masahiro, Matsuda Hiroki, Hara Yuya, Yanagi Yusuke, Yoshida Masahiro, Goshima Fumi, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCER SCIENCE   111 巻 ( 1 ) 頁: 279 - 287   2020年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14241

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  7. Epstein-Barr Virus BBRF2 Is Required for Maximum Infectivity 査読有り 国際誌

    Al Masud H. M. Abdullah, Yanagi Yusuke, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki

    MICROORGANISMS   7 巻 ( 12 )   2019年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Microorganisms  

    DOI: 10.3390/microorganisms7120705

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  8. The BOLF1 gene is necessary for effective Epstein-Barr viral infectivity

    Al Masud H. M. Abdullah, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Goshima Fumi, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki

    VIROLOGY   531 巻   頁: 114-125   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virol.2019.02.015

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  9. Initial Characterization of the Epstein-Barr Virus BSRF1 Gene Product

    Yanagi Yusuke, Al Masud H. M. Abdullah, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Goshima Fumi, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki

    VIRUSES-BASEL   11 巻 ( 3 )   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/v11030285

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Defective Epstein-Barr virus in chronic active infection and haematological malignancy

    Okuno Yusuke, Murata Takayuki, Sato Yoshitaka, Muramatsu Hideki, Ito Yoshinori, Watanabe Takahiro, Okuno Tatsuya, Murakami Norihiro, Yoshida Kenichi, Sawada Akihisa, Inoue Masami, Kawa Keisei, Seto Masao, Ohshima Koichi, Shiraishi Yuichi, Chiba Kenichi, Tanaka Hiroko, Miyano Satoru, Narita Yohei, Yoshida Masahiro, Goshima Fumi, Kawada Jun-Ichi, Nishida Tetsuya, Kiyoi Hitoshi, Kato Seiichi, Nakamura Shigeo, Morishima Satoko, Yoshikawa Tetsushi, Fujiwara Shigeyoshi, Shimizu Norio, Isobe Yasushi, Noguchi Masaaki, Kikuta Atsushi, Iwatsuki Keiji, Takahashi Yoshiyuki, Kojima Seiji, Ogawa Seishi, Kimura Hiroshi

    NATURE MICROBIOLOGY   4 巻 ( 3 ) 頁: 404-413   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41564-018-0334-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. Publisher Correction: Defective Epstein-Barr virus in chronic active infection and haematological malignancy.

    Okuno Y, Murata T, Sato Y, Muramatsu H, Ito Y, Watanabe T, Okuno T, Murakami N, Yoshida K, Sawada A, Inoue M, Kawa K, Seto M, Ohshima K, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S, Narita Y, Yoshida M, Goshima F, Kawada JI, Nishida T, Kiyoi H, Kato S, Nakamura S, Morishima S, Yoshikawa T, Fujiwara S, Shimizu N, Isobe Y, Noguchi M, Kikuta A, Iwatsuki K, Takahashi Y, Kojima S, Ogawa S, Kimura H

    Nature microbiology   4 巻 ( 3 ) 頁: 544   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41564-019-0387-8

    Scopus

    PubMed

  12. Oncolytic activity of HF10 for head and neck squamous cell carcinomas

    Esaki Shinichi, Goshima Fumi, Takano Gaku, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 275-275   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  13. Oncolytic effect of HF10 for breast cancer lung metastasis

    Goshima Fumi, Esaki Shinichi, Takano Gaku, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1038-1038   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  14. Oncolytic activity of HF10 for head and neck squamous cell carcinomas 国際誌

    Esaki Shinichi, Goshima Fumi, Takano Gaku, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Murata Takayuki, Kimura Hiroshi

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 275-275   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  15. The Presence of Defective Epstein-Barr Virus (EBV) Infection in Patients with EBV-Associated Hematological Malignancy

    Okuno Yusuke, Murata Takayuki, Sato Yoshitaka, Muramatsu Hideki, Ito Yoshinori, Watanabe Takahiro, Okuno Tatsuya, Murakami Norihiro, Yoshida Kenichi, Sawada Akihisa, Inoue Masami, Kawa Keisei, Seto Masao, Ohshima Koichi, Shiraishi Yuichi, Chiba Kenichi, Tanaka Hiroko, Miyano Satoru, Narita Yohei, Yoshida Masahiro, Goshima Fumi, Kawada Junichi, Nishida Tetsuya, Kiyoi Hitoshi, Kato Seiichi, Nakamura Shigeo, Morishima Satoko, Fujiwara Shigeyoshi, Shimizu Norio, Isobe Yasushi, Noguchi Masaaki, Kikuta Atsushi, Iwatsuki Keiji, Takahashi Yoshiyuki, Kojima Seiji, Ogawa Seishi, Kimura Hiroshi

    BLOOD   132 巻   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1182/blood-2018-99-113801

    Web of Science

  16. Antitumor effects of duvelisib on Epstein-Barr virus-associated lymphoma cells.

    Kawada JI, Ando S, Torii Y, Watanabe T, Sato Y, Ito Y, Kimura H

    Cancer medicine     2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cam4.1311

    PubMed

  17. Epstein-Barr Virus BKRF4 Gene Product Is Required for Efficient Progeny Production. 査読有り

    Masud HMAA, Watanabe T, Yoshida M, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Journal of virology   91 巻 ( 23 )   2017年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.00975-17

    PubMed

  18. The Epstein-Barr Virus BRRF1 Gene Is Dispensable for Viral Replication in HEK293 cells and Transformation. 査読有り

    Yoshida M, Watanabe T, Narita Y, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Scientific reports   7 巻 ( 1 ) 頁: 6044   2017年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-06413-7

    PubMed

  19. The C-Terminus of Epstein-Barr Virus BRRF2 Is Required for its Proper Localization and Efficient Virus Production. 査読有り

    Watanabe T, Sakaida K, Yoshida M, Masud HM, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Frontiers in microbiology   8 巻   頁: 125   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2017.00125

    PubMed

  20. Characterization of a Suppressive Cis-acting Element in the Epstein-Barr Virus LMP1 Promoter. 査読有り

    Yoshida M, Murata T, Ashio K, Narita Y, Watanabe T, Masud HMAA, Sato Y, Goshima F, Kimura H

    Frontiers in microbiology   8 巻   頁: 2302   2017年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fmicb.2017.02302

    PubMed

  21. Tofacitinib induces G1 cell-cycle arrest and inhibits tumor growth in Epstein-Barr virus-associated T and natural killer cell lymphoma cells. 査読有り

    Ando S, Kawada JI, Watanabe T, Suzuki M, Sato Y, Torii Y, Asai M, Goshima F, Murata T, Shimizu N, Ito Y, Kimura H

    Oncotarget   7 巻 ( 47 ) 頁: 76793-76805   2016年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18632/oncotarget.12529

    PubMed

  22. Induction of Epstein-Barr Virus Oncoprotein LMP1 by Transcription Factors AP-2 and Early B Cell Factor. 査読有り

    Murata T, Noda C, Narita Y, Watanabe T, Yoshida M, Ashio K, Sato Y, Goshima F, Kanda T, Yoshiyama H, Tsurumi T, Kimura H

    Journal of virology   90 巻 ( 8 ) 頁: 3873-3889   2016年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.03227-15

    PubMed

  23. The Epstein-Barr virus BRRF2 gene product is involved in viral progeny production. 査読有り

    Watanabe T, Tsuruoka M, Narita Y, Katsuya R, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Virology   484 巻   頁: 33-40   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virol.2015.05.010

    PubMed

  24. The Epstein-Barr Virus BDLF4 Gene Is Required for Efficient Expression of Viral Late Lytic Genes. 査読有り

    Watanabe T, Narita Y, Yoshida M, Sato Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Journal of virology   89 巻 ( 19 ) 頁: 10120-10124   2015年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/JVI.01604-15

    PubMed

  25. Roles of Epstein-Barr virus BGLF3.5 gene and two upstream open reading frames in lytic viral replication in HEK293 cells. 査読有り

    Watanabe T, Fuse K, Takano T, Narita Y, Goshima F, Kimura H, Murata T

    Virology   483 巻   頁: 44-53   2015年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.virol.2015.04.007

    PubMed

  26. A Herpesvirus Specific Motif of Epstein-Barr Virus DNA Polymerase Is Required for the Efficient Lytic Genome Synthesis. 査読有り

    Narita Y, Sugimoto A, Kawashima D, Watanabe T, Kanda T, Kimura H, Tsurumi T, Murata T

    Scientific reports   5 巻   頁: 11767   2015年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep11767

    PubMed

▼全件表示

MISC 2

  1. S-like-phase cyclin-dependent kinases stabilize the Epstein-Barr virus BDLF4 protein to temporally control late gene transcription 査読有り

    Sato Y, Watanabe T, Suzuki C, Abe Y, Abdullah Al Masud H.M, Inagaki T, Yoshida M, Suzuki T, Goshima F, Adachi J, Tomonaga T, Murata T, Kimura H.  

    Journal of Virology93 巻 ( 8 )   2019年

     詳細を見る

  2. The heat shock protein 90 inhibitor BIIB021 suppresses the growth of T and natural killer cell lymphomas 査読有り

    Suzuki M, Takeda T, Nakagawa H, Iwata S, Watanabe T, Siddiquey M.N.A, Goshima F, Murata T, Kawada J.-I, Ito Y, Kojima S, Kimura H.  

    Frontiers in Microbiology6 巻 ( APR )   2015年

     詳細を見る

講演・口頭発表等 3

  1. 新型コロナウイルスの最新知見から 歯科における対応を考える 招待有り

    名東区歯科医師会学術講演会  2021年3月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月25日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ウェブ開催  

  2. 新型コロナウイルスについて −ウイルス学と歯科臨床の両方の視点で− 招待有り

    愛知県歯科医学大会  2021年2月21日  (公社) 愛知県歯科衛生士会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月21日

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:愛知県歯科医師会館およびWeb開催  

  3. 診療室における感染予防の 基本と実際 招待有り

    R2年度“卒後1~3年のための研修会”  2021年1月10日  公益社団法人 愛知県歯科衛生士会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月10日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:愛知県歯科医師会館およびWeb開催  

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. Epstein-Barrウイルスが有する核酸認識受容体を介した自然免疫応答からの回避機構の解析

    2021

    堀科学芸術振興財団 

  2. EBウイルスにより細胞老化制御機構の解明

    2020

    共済団 医学研究奨励助成金 

  3. 遺伝子変異型EBVの造腫瘍性において果たす意義を解明する

    2019 - 現在

    北村記念血液疾患研究基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 網羅的プロテオーム解析で解くEBウイルス発癌の分子機構

    2019 - 現在

    第44回がんその他の悪性新生物研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  5. ヒト化マウスモデルを用いた EBV 関連リンパ増殖症に対する新たな標的治療の評価

    2018年04月 - 2019年03月

    那須基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  6. 平成30年度 海外学会等参加費用援助 (International Conference on EBV & KSHV 2018)

    2018

    第24回日本医学会総会記念医学振興基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. ヒト化マウスを用いたEpstein-Barr ウイルス感染症の病態解析

    2016年10月 - 2018年03月

    GSKジャパン研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 2

  1. ヒト化マウスモデルを用いたEBV関連リンパ増殖症の病態解析と新たな標的治療の評価

    2018年04月 - 現在

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  2. 遺伝子改変EBウイルスとヒト化マウスを用いたリンパ増殖性疾患の発症病理の解析

    2016年10月 - 2018年03月

    科学研究費補助金 

産業財産権 1

  1. Cyclin dependent kinase(CDK)阻害剤によるEpstein-Barrウイルスのウイルス産生抑制

    佐藤好隆、木村宏、渡辺崇広

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-250093  出願日:2017年12月26日

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. ウイルス学総論4

    2020

  2. ウイルス学総論6

    2020

  3. ウイルス学実習

    2020