2022/07/05 更新

写真a

イマエダ ミホ
今枝 美穂
IMAEDA Miho
所属
医学部附属病院 化学療法部 病院助教
職名
病院助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2017年3月   名古屋大学 ) 

 

論文 7

  1. Contribution of copy number variations to the risk of severe eating disorders

    Kushima Itaru, Imaeda Miho, Tanaka Satoshi, Kato Hidekazu, Oya-Ito Tomoko, Nakatochi Masahiro, Aleksic Branko, Ozaki Norio

    PSYCHIATRY AND CLINICAL NEUROSCIENCES     2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Psychiatry and Clinical Neurosciences  

    Aim: Eating disorders (EDs) are complex, multifactorial psychiatric conditions. Previous studies identified pathogenic copy number variations associated with NDDs (NDD-CNVs) in ED patients. However, no statistical evidence for an association between NDD-CNVs and EDs has been demonstrated. Therefore, we examined whether NDD-CNVs confer risk for EDs. Methods: Using array comparative genomic hybridization (aCGH), we conducted a high-resolution CNV analysis of 71 severe female ED patients and 1045 female controls. According to the American College of Medical Genetics guidelines, we identified NDD-CNVs or pathogenic/likely pathogenic CNVs in NDD-linked loci. Gene set analysis was performed to examine the involvement of synaptic dysfunction in EDs. Clinical data were retrospectively examined for ED patients with NDD-CNVs. Results: Of the samples analyzed with aCGH, 70 severe ED patients (98.6%) and 1036 controls (99.1%) passed our quality control filtering. We obtained 189 and 2539 rare CNVs from patients and controls, respectively. NDD-CNVs were identified in 10.0% (7/70) of patients and 2.3% (24/1036) of controls. Statistical analysis revealed a significant association between NDD-CNVs and EDs (odds ratio = 4.69, P = 0.0023). NDD-CNVs in ED patients included 45,X and deletions at KATNAL2, DIP2A, PTPRT, RBFOX1, CNTN4, MACROD2, and FAM92B. Four of these genes were related to synaptic function. In gene set analysis, we observed a nominally significant enrichment of rare exonic CNVs in synaptic signaling in ED patients (odds ratio = 2.55, P = 0.0254). Conclusion: Our study provides the first preliminary evidence that NDD-CNVs may confer risk for severe EDs. The pathophysiology may involve synaptic dysfunction.

    DOI: 10.1111/pcn.13430

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Cross-Disorder Analysis of Genic and Regulatory Copy Number Variations in Bipolar Disorder, Schizophrenia, and Autism Spectrum Disorder.

    Kushima I, Nakatochi M, Aleksic B, Okada T, Kimura H, Kato H, Morikawa M, Inada T, Ishizuka K, Torii Y, Nakamura Y, Tanaka S, Imaeda M, Takahashi N, Yamamoto M, Iwamoto K, Nawa Y, Ogawa N, Iritani S, Hayashi Y, Lo T, Otgonbayar G, Furuta S, Iwata N, Ikeda M, Saito T, Ninomiya K, Okochi T, Hashimoto R, Yamamori H, Yasuda Y, Fujimoto M, Miura K, Itokawa M, Arai M, Miyashita M, Toriumi K, Ohi K, Shioiri T, Kitaichi K, Someya T, Watanabe Y, Egawa J, Takahashi T, Suzuki M, Sasaki T, Tochigi M, Nishimura F, Yamasue H, Kuwabara H, Wakuda T, Kato TA, Kanba S, Horikawa H, Usami M, Kodaira M, Watanabe K, Yoshikawa T, Toyota T, Yokoyama S, Munesue T, Kimura R, Funabiki Y, Kosaka H, Jung M, Kasai K, Ikegame T, Jinde S, Numata S, Kinoshita M, Kato T, Kakiuchi C, Yamakawa K, Suzuki T, Hashimoto N, Ishikawa S, Yamagata B, Nio S, Murai T, Son S, Kunii Y, Yabe H, Inagaki M, Goto YI, Okumura Y, Ito T, Arioka Y, Mori D, Ozaki N

    Biological psychiatry     2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.biopsych.2022.04.003

    PubMed

  3. Decline of Plasma Concentrations of Interleukin-18 in Severely Malnourished Patients with Anorexia Nervosa: Exploratory Analysis. 査読有り

    Tanaka S, Oya-Ito T, Murakami Y, Saito K, Furuta S, Yu Y, Imaeda M, Kunimoto S, Ozaki N

    Nutrients   11 巻 ( 3 )   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu11030540

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: https://res.mdpi.com/d_attachment/nutrients/nutrients-11-00540/article_deploy/nutrients-11-00540.pdf

  4. Regional decrease in gray matter volume is related to body dissatisfaction in anorexia nervosa 査読有り

    Kohmura Kunihiro, Adachi Yasunori, Tanaka Satoshi, Katayama Hiroto, Imaeda Miho, Kawano Naoko, Nishioka Kazuo, Ando Masahiko, Iidaka Tetsuya, Ozaki Norio

    Psychiatry Research Neuroimaging   267 巻   頁: 51-58   2017年9月

     詳細を見る

  5. Risk factors for elevated liver enzymes during refeeding of severely malnourished patients with eating disorders: a retrospective cohort study 査読有り

    Miho Imaeda, Satoshi Tanaka, Hiroshige Fujishiro, Saki Kato, Masatoshi Ishigami, Naoko Kawano, Hiroto Katayama, Kunihiro Kohmura, Masahiko Ando, Kazuo Nishioka, Norio Ozaki

    Journal of Eating Disorders   4 巻   頁: 37   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40337-016-0127-x

    その他リンク: https://jeatdisord.biomedcentral.com/track/pdf/10.1186/s40337-016-0127-x

  6. Association of Beck Depression Inventory Score and Temperament and Character Inventory-125 in patients with eating disorders and severe malnutrition 査読有り

    Satoshi Tanaka, Keizo Yoshida, Hiroto Katayama, Kunihiro Kohmura, Naoko Kawano, Miho Imaeda, Saki Kato, Masahiko Ando, Branko Aleksic, Kazuo Nishioka, Norio Ozaki

      3 巻   頁: 36   2015年11月

  7. Social insecurity in relation to orbitofrontal activity in patients with eating disorders: a near-infrared spectroscopy study 査読有り

    Hiroto Katayama, Kunihiro Kohmura, Satoshi Tanaka, Miho Imaeda, Naoko Kawano, Yukihiro Noda, Kazuo Nishioka, Masahiko Ando, Branko Aleksic, Tetsuya Iidaka, Norio Ozaki

    BMC Psychiatry   14 巻   頁: 173   2014年6月

▼全件表示

講演・口頭発表等 10

  1. 進行期レビー小体型認知症の難治性疼痛などの非運動症状に対して修正型電気けいれん療法が奏功した一例

    岩田邦幸, 関口裕孝, 近藤怜苑, 西山扶, 今枝美穂, 藤城弘樹, 尾崎紀夫

    第179回東海精神神経学会  2021年1月17日  東海精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 薬物療法に難渋した精神病性うつ病に対して修正型電気けいれん療法が著効した一例

    齋藤翔子, 西山扶, 今枝美穂, 尾崎紀夫

    第179回東海精神神経学会  2021年1月17日  東海精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 高用量ヒドロモルフォン塩酸塩徐放錠からメサドンへのスイッチングが難治性がん疼痛に対して有効であった一例

    渡邉美菜子, 新保暁子, 杉下美保子, 宮崎雅之, 宮嶋真理, 立石祐子, 原万里子, 今枝美穂, 楊承叡, 向山宣昭, 藤本保志, 安藤雄一, 山田清文

    第25回日本緩和医療学会学術大会  2020年8月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  4. 重度の低体重を示す神経性やせ症患者における二次性カルニチン欠乏の検討

    今枝美穂, 田中聡, 伊藤(大矢)友子, 藤垣英嗣, 齋藤邦明, 尾崎紀夫

    第23回日本摂食障害学会学術集会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    開催地:国立精神神経医療研究センター  

  5. 抗がん剤治療中に急性リチウム中毒を発症し、血液透析によって意識障害が改善した双極性障害患者の一例

    今枝美穂, 木村宏之, 徳倉達也, 杉下美保子, 新保暁子, 宮崎雅之, 宮嶋真理, 原万里子, 上原圭介, 安藤雄一, 尾崎紀夫

    第32回日本サイコオンコロジー学会総会  2019年10月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  6. がん入院患者におけるせん妄発症とインシデント(転倒、チューブ類自己抜去)の関連

    今枝美穂, 足立康則, 木村宏之, 徳倉達也, 小笠原一能, 杉下美保子, 加藤博史, 齊藤名歩, 原万里子, 宮嶋真理, 安藤雄一, 尾崎紀夫

    第31回日本総合病院精神医学会  2018年11月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月 - 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  7. 極度の低体重を示す摂食障害入院患者の臨床的特徴ーEDI-2とBDIを用いた検討

    今枝美穂

    第58回日本児童青年期精神医学会総会  2017年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    開催地:東大寺総合文化センター  

  8. 極度の低栄養を伴う摂食障害入院患者の再栄養療法中に生じる肝酵素上昇に関与する要因とその臨床的意義

    今枝美穂, 田中聡, 藤城弘樹, 加藤咲, 石上雅敏, 河野直子, 片山寛人, 幸村州洋, 安藤昌彦, 西岡和郎, 尾崎紀夫

    第113回日本精神神経学会学術総会  2017年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    開催地:名古屋国際会議場  

  9. 極度の低体重を示す摂食障害入院患者の肝機能異常についてー再栄養療法中に生じるALT値異常に関与する要因とその臨床的意義

    今枝美穂, 加藤咲, 田中聡, 藤城弘樹, 平田陽子, 河野直子, 石上雅敏, 安藤昌彦, 西岡和郎, 尾崎紀夫

    第19回日本摂食障害学会学術集会  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    開催地:パピヨン24  

  10. 摂食障害患者の肝機能異常に関与する要因と予後に関する考察

    今枝美穂, 加藤咲, 平田陽子, 片山寛人, 幸村州洋, 河野直子, 田中聡, 西岡和郎, 尾崎紀夫

    第18回日本摂食障害学会学術集会  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    開催地:大阪国際会議場  

▼全件表示

科研費 2

  1. 神経性やせ症AN・回避制限型食物摂取症ARFIDの病態解明と新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:20K07942  2020年4月 - 2023年3月

    田中 聡

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    臨床症状・脳の認知機能・血液中の各種の物質・アンケート調査などについて摂食障害(神経性やせ症、回避制限型食物摂取症)の患者さんからデータをいただき、これまでに蓄積したデータと合わせて、細かな診断ごとの比較や健常の方との比較と共に、治療が進んで回復する前後で比較を行います。他の予算によりデータが得られている、MRIなどの脳画像・腸内細菌の分布・遺伝子データなどとも合わせて解析します。これにより、今はまだよくわかっていない摂食障害の医学的メカニズムを明らかにし、現在行われている治療法よりも優れた治療法の開発を目指します。

  2. 重度の低体重を示す神経性やせ症患者における二次性カルニチン欠乏の検討

    研究課題/研究課題番号:19K17087  2019年4月 - 2022年3月

    若手研究

    今枝 美穂

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    神経性やせ症(AN)は女性に好発する難治性疾患であり、未だ十分な病態理解や標準的な治療法の開発には至っていない。再栄養に伴って発生する肝障害がしばしば臨床的な問題となるが、その病態理解は未だ不十分である。
    低栄養で枯渇しがちなカルニチンの欠乏により肝障害が生じるとの知見があり、低体重が続くAN患者においてもカルニチン欠乏と肝機能への影響が想定される。本研究ではAN患者におけるカルニチン欠乏の有無を同定し、そのリスク因子を再栄養開始からの前向き研究により探索する。更にカルニチン欠乏と肝障害や体重増加不良等の治療経過との関連を明確化し、肝障害発症の病態理解と新規治療法の導入に役立てることを目指す。
    神経性やせ症(AN)は女性に好発する難治性疾患であり、未だ十分な病態理解や標準的な治療法の開発には至っていない。再栄養に伴って発生する肝障害がしばしば臨床的な問題となるが、その病態理解は未だ不十分である。
    低栄養で枯渇しがちなカルニチンの欠乏により肝障害が生じるとの知見があり、低体重が続くAN患者においてもカルニチン欠乏と肝機能への影響が想定される。本研究ではAN患者におけるカルニチン欠乏の有無を同定し、そのリスク因子を再栄養開始からの前向き研究により探索する。さらにカルニチン欠乏と肝障害や体重増加不良等、治療経過中に生じるイベントとの関連を明確化し、肝障害発生の病態理解と新規治療法の導入に役立てることを目指す。
    本年度は患者群(AN群)29名、健常群(C群)12名に関して、凍結血漿検体(両群)から血中遊離カルニチン濃度を測定し、群間比較を行なった。更にAN群では採血時のBMI、血液生化学データ、臨床経過等について調査し、統計的に解析しカルニチン欠乏と関連する因子を探索した。
    その結果、重度の低体重を示すAN患者では健常群に比して血中遊離カルニチンの低下がみられた。AN患者の血中遊離カルニチン低下は、低アルブミン血症と関連した。また血中遊離カルニチンの低下は、肝障害の発生・体重増加不良・体重増加開始の遅れなど、再栄養療法中のネガティブイベントとの関連は認めなかった。この結果については国内の専門学会にて発表を行っている(第23回日本摂食障害学会学術集会, 2019)。
    まだサンプル数は不十分であり、今回の解析では患者群と健常群のサンプル数の差が大きかったため、次年度は引き続きサンプル数を増やしていく。更に体組成分析器による体重、体組成の変化に関するデータも増やしていく。
    予定していたサンプリング数(特に健常群)に達しなかったため。
    患者群、健常者群ともにサンプリングを進め、データの追加を行う予定である。