2021/03/28 更新

写真a

オガワ ミツタカ
小川 光貴
OGAWA Mitsutaka
所属
糖鎖生命コア研究所(名大) 統合生命医科学糖鎖研究センター細胞・個体制御部門 助教
職名
助教
外部リンク

学位 1

  1. 博士(バイオサイエンス) ( 2013年3月   長浜バイオ大学 ) 

研究キーワード 7

  1. Notch

  2. O-GlcNAc修飾

  3. 質量分析

  4. 血管内皮

  5. 翻訳後修飾

  6. 糖鎖生物学

  7. シグナル伝達

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 機能生物化学

  2. ライフサイエンス / 医化学

経歴 4

  1. 名古屋大学   医学系研究科   助教

    2017年7月 - 現在

  2. 日本学術振興会   (受入機関 名古屋大学)   特別研究員 (PD)

    2016年4月 - 2017年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 名古屋大学   医学系研究科   研究員

    2014年4月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 長浜バイオ大学   バイオサイエンス学部   特別任命助手

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 長浜バイオ大学   バイオサイエンス研究科 博士課程 後期課程

    2010年4月 - 2013年3月

  2. 長浜バイオ大学   バイオサイエンス学部   バイオサイエンス学科

    - 2008年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. The Society for Glycobiology

  2. 日本生化学会

  3. 日本糖質学会

  4. 日本分子生物学会

委員歴 1

  1. Trends in Glycoscience and Glycotechnology   GLYCOTOPIC REPORTERS  

    2019年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 3

  1. 奨励賞

    2017年10月   糖鎖科学中部拠点   新しい細胞外 O-GlcNAc修飾の分子機能

    小川 光貴

  2. 奨励賞

    2015年1月   糖鎖科学中部拠点   アダムズ-オリバー症候群に関連するEOGT遺伝子変異はER型O-GlcNAc修飾の欠損を引き起こす

    小川 光貴

  3. 鈴木紘一メモリアル賞

    2013年10月   日本生化学会   EOGTの酵素化学的性質とアダムズ-オリバー症候群の関連性

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 24

  1. Bioinformatics and Functional Analyses Implicate Potential Roles for EOGT and L-fringe in Pancreatic Cancers. 国際誌

    Rashu Barua, Kazuyuki Mizuno, Yuko Tashima, Mitsutaka Ogawa, Hideyuki Takeuchi, Ayumu Taguchi, Tetsuya Okajima

    Molecules (Basel, Switzerland)   26 巻 ( 4 )   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Notch signaling receptors, ligands, and their downstream target genes are dysregulated in pancreatic ductal adenocarcinoma (PDAC), suggesting a role of Notch signaling in pancreatic tumor development and progression. However, dysregulation of Notch signaling by post-translational modification of Notch receptors remains poorly understood. Here, we analyzed the Notch-modifying glycosyltransferase involved in the regulation of the ligand-dependent Notch signaling pathway. Bioinformatic analysis revealed that the expression of epidermal growth factor (EGF) domain-specific O-linked N-acetylglucosamine (EOGT) and Lunatic fringe (LFNG) positively correlates with a subset of Notch signaling genes in PDAC. The lack of EOGT or LFNG expression inhibited the proliferation and migration of Panc-1 cells, as observed by the inhibition of Notch activation. EOGT expression is significantly increased in the basal subtype, and low expression of both EOGT and LFNG predicts better overall survival in PDAC patients. These results imply potential roles for EOGT- and LFNG-dependent Notch signaling in PDAC.

    DOI: 10.3390/molecules26040882

    PubMed

  2. Glycoproteomic analysis identifies cryptdin-related sequence 1 as O-glycosylated protein modified with α1,2-fucose in the small intestine 査読有り 国際誌

    Hiroki Hashiguchi, Yohei Tsukamoto, Mitsutaka Ogawa, Yuko Tashima, Hideyuki Takeuchi, Masanao Nakamura, Hiroki Kawashima, Mitsuhiro Fujishiro, Tetsuya Okajima

    Archives of Biochemistry and Biophysics   695 巻   頁: 108653 - 108653   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier BV  

    DOI: 10.1016/j.abb.2020.108653

    PubMed

  3. N-glycans on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT) facilitate EOGT maturation and peripheral endoplasmic reticulum localization. 査読有り 国際誌

    Sayad Md Didarul Alam, Yohei Tsukamoto, Mitsutaka Ogawa, Yuya Senoo, Kazutaka Ikeda, Yuko Tashima, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    The Journal of biological chemistry     2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Epidermal growth factor (EGF) domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT) is an endoplasmic reticulum (ER)-resident protein that modifies EGF repeats of Notch receptors and thereby regulates Delta-like ligand-mediated Notch signaling. Several EOGT mutations that may affect putative N-glycosylation consensus sites are recorded in the cancer database, but the presence and function of N-glycans in EOGT have not yet been characterized. Here, we identified N-glycosylation sites in mouse EOGT and elucidated their molecular functions. Three predicted N-glycosylation consensus sequences on EOGT are highly conserved among mammalian species. Within these sites, we found that Asn-263 and Asn-354, but not Asn-493, are modified with N-glycans. Lectin blotting, endoglycosidase H digestion, and MS analyses revealed that both residues are modified with oligomannose N-glycans. Loss of an individual N-glycan on EOGT did not affect its ER localization, enzyme activity, and ability to O-GlcNAcylate Notch1 in HEK293T cells. However, simultaneous substitution of both N-glycosylation sites affected both EOGT maturation and expression levels without an apparent change in enzymatic activity, suggesting that N-glycosylation at a single site is sufficient for EOGT maturation and expression. Accordingly, a decrease in O-GlcNAc stoichiometry was observed in Notch1 co-expressed with an N263Q/N354Q variant compared with wildtype EOGT. Moreover, the N263Q/N354Q variant exhibited altered subcellular distribution within the ER in HEK293T cells, indicating that N-glycosylation of EOGT is required for its ER localization at the cell periphery. These results suggest critical roles of N-glycans in sustaining O-GlcNAc transferase function both by maintaining EOGT levels and by ensuring its proper subcellular localization in the ER.

    DOI: 10.1074/jbc.RA119.012280

    PubMed

  4. Glycosylation on Specific Notch EGF Repeats by OFUT1 and Fringe Regulates <i>Drosophila</i> Notch Signaling 招待有り 査読有り 国際誌

    Mitsutaka Ogawa

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   32 巻 ( 186 ) 頁: E79 - E79   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Forum: Carbohydrates Coming of Age  

    DOI: 10.4052/tigg.1976.6e

  5. A new type of O-glucose modification by POGLUT2 and POGLUT3 controls Notch signaling and trafficking 招待有り 査読有り 国際誌

    Trends in Glycoscience and Glycotechnology   31 巻 ( 179 ) 頁: E53 - E54   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4052/tigg.1952.6E

  6. Structure and function of extracellular O-GlcNAc. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Okajima T

    Current opinion in structural biology   56 巻   頁: 72 - 77   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sbi.2018.12.002

    PubMed

  7. A Blood-retina Barrier Permeability Assay in Young Mice Using Sulfo-NHS-LC-biotin Perfusion 査読有り 国際誌

    Entzu Wan, Mitsutaka Ogawa, Tetsuya Okajima

    bio-101     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.3064

  8. Dissection and Whole Mount Staining of Retina from Neonatal Mice 査読有り 国際誌

    Mitsutaka Ogawa, Tetsuya Okajima

    Bio-protocol Bio101     2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.3034

  9. Structural Divergence in <i>O</i>-GlcNAc Glycans Displayed on Epidermal Growth Factor-like Repeats of Mammalian Notch1. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Senoo Y, Ikeda K, Takeuchi H, Okajima T

    Molecules (Basel, Switzerland)   23 巻 ( 7 )   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules23071745

    PubMed

  10. Isolation of Murine Brain and Lung Microvascular Endothelial Cells. 査読有り 国際誌

    Ailing Zhang, Shogo Sawaguchi, Entzu Wan, Mitsutaka Ogawa, Tetsuya Okajima

    Bio-protocol Bio101   e2984 巻   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.2984

  11. O-GlcNAc on NOTCH1 EGF repeats regulates ligand-induced Notch signaling and vascular development in mammals. 査読有り 国際誌

    Sawaguchi S, Varshney S, Ogawa M, Sakaidani Y, Yagi H, Takeshita K, Murohara T, Kato K, Sundaram S, Stanley P, Okajima T

    eLife   6 巻   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7554/eLife.24419

    PubMed

  12. Notch受容体上のO結合型糖鎖と先天性疾患

    小川光貴, 岡島徹也

    生化学   89 巻   頁: 613-619   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Notchシグナルは,細胞間相互作用をつかさどるシグナル伝達経路の一つで,細胞の運命決定に重要な役割を持つ.Notchシグナルの破綻は先天性疾患だけではなく,悪性腫瘍の悪性化など多くの疾患に関連することが知られており,Notchシグナルの制御機序を理解することは,我々にとって急務な課題である.ところで,Notch受容体とリガンドとの結合性,あるいは,Notch受容体自身の細胞膜への輸送はO型糖鎖やその糖転移酵素によって制御されていることがわかってきた.生体内の数多くのタンパク質が糖鎖修飾を受けるが,これほど糖鎖によってタンパク質の機能が制御されている分子も珍しい.そこで本稿では,Notch受容体のO型糖鎖によるNotchシグナルの制御機序とその破綻が引き起こす先天性疾患,特に,最近発見された細胞外O-GlcNAc修飾について紹介したい

    DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2017.890613

    Scopus

  13. Protocol for Notch-ligand Binding Assays Using Dynabeads. 査読有り 国際誌

    Shogo Sawaguchi, Mitsutaka Ogawa, Tetsuya Okajima

    BioProtcol   7 巻 ( e21769 )   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21769/BioProtoc.2582

  14. Neogenin, Defined as a GD3-associated Molecule by Enzyme-mediated Activation of Radical Sources, Confers Malignant Properties via Intracytoplasmic Domain in Melanoma Cells. 査読有り 国際誌

    Kaneko K, Ohkawa Y, Hashimoto N, Ohmi Y, Kotani N, Honke K, Ogawa M, Okajima T, Furukawa K, Furukawa K

    The Journal of biological chemistry   291 巻 ( 32 ) 頁: 16630 - 16643   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M115.708834

    Web of Science

    PubMed

  15. Intracellular and extracellular O-linked N-acetylglucosamine in the nervous system. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Sawaguchi S, Kamemura K, Okajima T

    Experimental neurology   274 巻 ( Pt B ) 頁: 166 - 174   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.expneurol.2015.08.009

    Web of Science

    PubMed

  16. N-acetylglucosamine modification in the lumen of the endoplasmic reticulum. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Sawaguchi S, Furukawa K, Okajima T

    Biochimica et biophysica acta   1850 巻 ( 6 ) 頁: 1319 - 1324   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2015.03.003

    PubMed

  17. Impaired O-linked N-acetylglucosaminylation in the endoplasmic reticulum by mutated epidermal growth factor (EGF) domain-specific O-linked N-acetylglucosamine transferase found in Adams-Oliver syndrome. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Sawaguchi S, Kawai T, Nadano D, Matsuda T, Yagi H, Kato K, Furukawa K, Okajima T

    The Journal of biological chemistry   290 巻 ( 4 ) 頁: 2137 - 49   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M114.598821

    PubMed

  18. Extracellular O-linked β-N-acetylglucosamine: Its biology and relationship to human disease. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Furukawa K, Okajima T

    World journal of biological chemistry   5 巻 ( 2 ) 頁: 224 - 230   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4331/wjbc.v5.i2.224

    PubMed

  19. GTDC2 modifies O-mannosylated α-dystroglycan in the endoplasmic reticulum to generate N-acetyl glucosamine epitopes reactive with CTD110.6 antibody. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Nakamura N, Nakayama Y, Kurosaka A, Manya H, Kanagawa M, Endo T, Furukawa K, Okajima T

    Biochemical and biophysical research communications   440 巻 ( 1 ) 頁: 88 - 93   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2013.09.022

    Web of Science

    PubMed

  20. Requirement of decreased O-GlcNAc glycosylation of Mef2D for its recruitment to the myogenin promoter. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Sakakibara Y, Kamemura K

    Biochemical and biophysical research communications   433 巻 ( 4 ) 頁: 558 - 562   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2013.03.033

    Scopus

    PubMed

  21. Depression of mitochondrial metabolism by downregulation of cytoplasmic deacetylase, HDAC6. 査読有り 国際誌

    Kamemura K, Ogawa M, Ohkubo S, Ohtsuka Y, Shitara Y, Komiya T, Maeda S, Ito A, Yoshida M

    FEBS letters   586 巻 ( 9 ) 頁: 1379 - 1383   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.febslet.2012.03.060

    Web of Science

    PubMed

  22. Terminal differentiation program of skeletal myogenesis is negatively regulated by O-GlcNAc glycosylation. 査読有り 国際誌

    Ogawa M, Mizofuchi H, Kobayashi Y, Tsuzuki G, Yamamoto M, Wada S, Kamemura K

    Biochimica et biophysica acta   1820 巻 ( 1 ) 頁: 24 - 32   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2011.10.011

    Web of Science

    PubMed

  23. 細胞分化をコントロールする翻訳後修飾:O-GlcNAc

    小川光貴, 亀村和生

    生化学   84 巻 ( 4 ) 頁: 275-278   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    核・細胞質・ミトコンドリアタンパク質には,Ser/Thr残基側鎖水酸基を介して1分子のN-アセチルグルコサミンが付加する翻訳後修飾が起こる(O-GlcNAc 修飾,図1)1).発見当初,O-GlcNAc 修飾の標的としてSp1などの転写因子や核膜孔複合体タンパク質が同定されたのを契機に続々とO-GlcNAc 修飾タンパク質がリストアップされ,現在ではその数は1,000に上る1).最近,名古屋大の岡島徹也らにより,Notch 受容体など細胞膜タンパク質の細胞外ドメインにもO-GlcNAc 構造の糖修飾が見出されているが2),これは小胞体で行われる分泌系タンパク質への糖修飾であり,核・細胞質・ミトコンドリアタンパク質のO-GlcNAc 修飾とは修飾・代謝のメカニズムや生理機能が本質的に異なると考えられる.本稿では,核・細胞質・ミトコンドリアタンパク質のO-GlcNAc 修飾について述べる.

    CiNii Article

  24. [O-GlcNAc glycosylation as a controller of differentiation]. 査読有り 国際誌

    Kamemura K, Ogawa M

    Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society   84 巻 ( 4 ) 頁: 275 - 278   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

▼全件表示

MISC 5

  1. Notch受容体上のO結合型糖鎖と先天性疾患 査読有り 国際誌

    小川光貴, 岡島徹也  

    生化学89 巻 ( 5 ) 頁: 613 - 619   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

    Notchシグナルは,細胞間相互作用をつかさどるシグナル伝達経路の一つで,細胞の運命決定に重要な役割を持つ.Notchシグナルの破綻は先天性疾患だけではなく,悪性腫瘍の悪性化など多くの疾患に関連することが知られており,Notchシグナルの制御機序を理解することは,我々にとって急務な課題である.ところで,Notch受容体とリガンドとの結合性,あるいは,Notch受容体自身の細胞膜への輸送はO型糖鎖やその糖転移酵素によって制御されていることがわかってきた.生体内の数多くのタンパク質が糖鎖修飾を受けるが,これほど糖鎖によってタンパク質の機能が制御されている分子も珍しい.そこで本稿では,Notch受容体のO型糖鎖によるNotchシグナルの制御機序とその破綻が引き起こす先天性疾患,特に,最近発見された細胞外O-GlcNAc修飾について紹介したい

    DOI: 10.14952/SEIKAGAKU.2017.890613

    Scopus

  2. Extracellular O-GlcNAc is required for retinal vascular development and Dll4-Notch signaling 国際誌

    Mitsutaka Ogawa, Shweta Varshney, Shogo Sawaguchi, Yuta Sakaidani, Hirokazu Yagi, Kyosuke Takeshita, Toyoaki Murohara, Koichi Kato, Pamela Stanley, Tetsuya Okajima  

    GLYCOBIOLOGY26 巻 ( 12 ) 頁: 1426 - 1427   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  3. Extracellular O-Glcnacylation 査読有り 国際誌

    Mitsutaka Ogawa, Koichi Furukawa, Tetsuya Okajima  

    Glycoscience: Biology and Medicine   頁: 1221 - 1226   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer Japan  

    O-linked β-N-acetylglucosamine (O-GlcNAc) attachment to extracellular protein domains is a recently identified type of O-glycosylation found in epidermal growth factor (EGF) repeat-containing proteins such as Notch receptors. This O-GlcNAc modification occurs in the secretory pathway by the action of the endoplasmic reticulum-resident O-GlcNAc transferase EOGT. In Drosophila, Dumpy, a membrane-tethered apical extracellular protein, was identified as a major O-GlcNAcylated protein in the cuticle. Moreover, O-GlcNAcylation by EOGT contributes to developmental processes that involve epithelial cell–matrix interaction. In mammals, extracellular O-GlcNAc was detected in TSP1, Hspg2, Nell1, Lama5, Pamr1, and Notch receptors. Further, mutations in EOGT were identified in patients with Adams–Oliver syndrome. However, the role of O-GlcNAc in the pathogenesis of Adams–Oliver syndrome and the effect of extracellular O-GlcNAc on protein function are not elucidated thus far. Considering a number of extracellular and transmembrane proteins potentially O-GlcNAcylated by EOGT, additional biological and biochemical studies are necessary to address the molecular basis of the contribution of extracellular O-GlcNAc to the pathogenesis of Adams–Oliver syndrome.

    DOI: 10.1007/978-4-431-54841-6_86

    Scopus

  4. Impaired O-GlcNAc Modification in the Endoplasmic Reticulum by Mutated EOGT Associated with Adams-Oliver Syndrome 国際誌

    Mitsutaka Ogawa, Takami Kawai, Daita Nadano, Tsukasa Matsuda, Hirokazu Yagi, Koichi Kato, Koichi Furukawa, Tetsuya Tetsuya  

    GLYCOBIOLOGY24 巻 ( 11 ) 頁: 1204 - 1205   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    Web of Science

  5. 細胞分化をコントロールする翻訳後修飾:O-GlcNAc 査読有り 国際誌

    小川光貴, 亀村和生  

    生化学84 巻 ( 4 ) 頁: 275 - 278   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    核・細胞質・ミトコンドリアタンパク質には,Ser/Thr残基側鎖水酸基を介して1分子のN-アセチルグルコサミンが付加する翻訳後修飾が起こる(O-GlcNAc 修飾,図1)1).発見当初,O-GlcNAc 修飾の標的としてSp1などの転写因子や核膜孔複合体タンパク質が同定されたのを契機に続々とO-GlcNAc 修飾タンパク質がリストアップされ,現在ではその数は1,000に上る1).最近,名古屋大の岡島徹也らにより,Notch 受容体など細胞膜タンパク質の細胞外ドメインにもO-GlcNAc 構造の糖修飾が見出されているが2),これは小胞体で行われる分泌系タンパク質への糖修飾であり,核・細胞質・ミトコンドリアタンパク質のO-GlcNAc 修飾とは修飾・代謝のメカニズムや生理機能が本質的に異なると考えられる.本稿では,核・細胞質・ミトコンドリアタンパク質のO-GlcNAc 修飾について述べる.

    CiNii Article

講演・口頭発表等 39

  1. 3’-Sialyllactose on Notch: NOTCH1 functions as a scafold of O-linked, 3′-sialyllactosylated glycans

    Yohei Tsukamoto, Kazuhiro Aoki, Yoshiki Narimatsu, Yusuke Urata, Wataru Saiki, Mitsutaka Ogawa, Henrik Clausen, Michael Tiemeyer, Tetsuya Okajima, Hideyuki Takeuchi

    Virtual 2020 Society of Glycobiology Annual Meeting  2020年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月9日 - 2020年11月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  2. N-glycans on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT) facilitate EOGT maturation and peripheral endoplasmic reticulum localization.

    Sayad Md. Didarul Alam, Yohei Tsukamoto, Mitsutaka Ogawa, Yuya Senoo, Kazutaka Ikeda, Yuko Tashima, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    Virtual 2020 Society of Glycobiology Annual Meeting  2020年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月9日 - 2020年11月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  3. Comprehensive O-GlcNAc glycoproteomics on NOTCH1 EGF repeats refined the sequons for O-GlcNAcylation and uncovered unique Lewis X epitopes in mammals

    Mitsutaka Ogawa, Yohei Tsukamoto, Kenntarou Yogi, Yuya Senoo, Kazutaka Ikeda, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    Virtual 2020 Society of Glycobiology Annual Meeting  2020年11月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月9日 - 2020年11月12日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  4. 細胞外O-GlcNAc修飾はEGFドメインの安定性とNotch1のトラフィッキングへの寄与する

    小川 光貴, 田嶌 優子, 坂口 大和, 竹内 英之, 岡島 徹也

    第93回日本生化学会大会  2020年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日 - 2020年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  5. 血液凝固第XII因子の活性化抑制における糖鎖修飾の役割

    中村 澄香, 小川 光貴, 竹内 英之, 岡島 徹也, 有森 貴夫, 高木 淳一, 相川 京子

    第93回日本生化学会大会  2020年9月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月14日 - 2020年9月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  6. N-glycans on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT) facilitate EOGT maturation and peripheral endoplasmic reticulum localization.

    GlycoT2020  2020年6月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月21日 - 2020年6月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  7. N-glycans on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase facilitate protein maturation and peripheral endoplasmic reticulum localization

    Sayad Md. Didarul Alam, Yohei Tsukamoto, Mitsutaka Ogawa, Yuya Senoo, Kazutaka Ikeda, Yuko Tashima, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    第 84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2020年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  8. 細胞外 O-GlcNAc 修飾は EGF ドメインの安定性と Notch1 のトラフィッキングへの寄与する

    小川光貴, 田嶌優子, 坂口大和, 竹内英之, 岡島徹也

    第 84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2020年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  9. Regulation of transport of Delta-like1 homolog from endoplasmic reticulum mediated by O-glycans

    Yuko Tashima, Wakako Goto, YuyaSenoo, Yohei Tsukamoto, Kazutaka Ikeda, Mitsutaka Ogawa, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    第 84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2020年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  10. Notch 受容体上の O-結合型糖鎖修飾の質量分析計を用いた網羅的解析

    塚本庸平, 青木一弘, 成松由規, 浦田悠輔, 齊木颯, 小川光貴, Tiemeyer, Henrik Clausen, 岡島徹也, 竹内英之

    第 84回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2020年5月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月23日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  11. Delta-like 1 homolog の細胞膜発現の制御機構の解析

    田嶌優子, 後藤和佳子, 妹尾勇弥, 塚本庸平, 池田和貴, 小川光貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第38回日本糖質学会年会  2019年8月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  12. 血液凝固第 XII 因子の活性化における EGF 様ドメインの O-結合型糖鎖修飾 の役割

    中村澄香, 小川光貴, 竹内英之, 岡島徹也, 有森貴夫, 高木淳一, 相川京子

    第38回日本糖質学会年会  2019年8月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  13. 細胞外O-GlcNAcの修飾に関わるEOGT変異マウスの表現型解析

    澤口 翔伍, 小川 光貴, 矢木 宏和, 加藤 晃一, 岡島 徹也

    2017年度生命科学系学会合同年次大会  2017年12月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  14. 構造学的なアプローチによる 細胞外 O-GlcNAc 修飾の分子機能解析

    小川光貴, 矢木宏和, 田嶌優子, 妹尾勇弥, 池田和貴, 加藤晃一, 竹内英之, 岡島徹也

    第 38 回日本糖質学会年会  2019年8月20日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  15. 新しい細胞外O-GlcNAc修飾の分子機能 招待有り

    小川光貴, 古川鋼一, 岡島徹也

    2017年度生命科学系学会合同年次大会  2017年12月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  16. 哺乳動物Notch1の上皮成長因子様リピートを修飾するO-GlcNAc糖鎖の構造多様性

    小川 光貴, 妹尾 勇弥, 池田 和貴, 竹内 英之, 岡島 徹也

    第37回日本糖質学会年会  2018年8月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  17. グライコプロテオミクスにより明らかになったNotch1 受容体上の O-GlcNAc glycan の糖鎖構造多様性 招待有り

    小川光貴, 岡島徹也

    質量分析インフォマティクス研究会・第4回ワークショップ  2019年3月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  18. グライコプロテオミクスにより明らかになった Notch1受容体上のO-GlcNAc glycanの糖鎖構造多様性 招待有り

    小川光貴, 岡島徹也

    第16回 日本糖鎖科学コンソーシアム シンポジウム  2018年11月27日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  19. Structure and function of extracellular O-GlcNAc 国際会議

    Tetsuya Okajima, Mitsutaka Ogawa

    10th ACGG Conference  2018年11月18日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  20. Roles of N-Glycans on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT)-catalyzed Notch1 O-GlcNAcylation and Notch signaling

    Sayad Md. Didarul Alam, Mitsutaka Ogawa, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    日本生化学会中部支部第82回例会・シンポジウム  2018年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

  21. Roles of N-Glycans on EGF domain-specific O-GlcNAc transferase (EOGT)-catalyzed Notch1 O-GlcNAcylation and Notch signaling

    Sayad Md. Didarul Alam, Mitsutaka Ogawa, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    第15回若手の力フォーラム 糖鎖科学中部拠点  2018年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  22. O-GlcNAc は Notch 受容体 EGF20 の安定性を増強する

    小川光貴, 坂口大和, 矢木宏和, 加藤晃一, 竹内英之, 岡島徹也

    日本生化学会中部支部第82回例会・シンポジウム  2018年5月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  23. O-GlcNAc は Notch 受容体 EGF20 の安定性を増強する

    小川光貴, 坂口大和, 竹内英之, 岡島徹也

    第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2019年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  24. Notch受容体糖鎖情報トラジェクトリーの理解に向けた細胞外O-GlcNAc修飾の構造機能解析 招待有り

    岡島 徹也, 竹内 英之, 小川 光貴

    第91回日本生化学会大会  2018年9月24日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  25. Notch受容体糖鎖による生体機能の精密制御機構の理解を目指したグライコプロテオミクス研究

    岡島徹也, 小川光貴, 竹内英之

    第9回 名古屋大学医学系研究科・生理学研究所合同シンポジウム  2019年9月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  26. NOTCH受容体リガンドDelta-like 1 homologの細胞膜発現の制御機構についての解析

    田嶌優子, 後藤和佳子, 妹尾勇弥, 塚本庸平, 池田和貴, 小川光貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2019年5月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  27. Notch1のEGFリピート上のO-GlcNAc glycanの構造的相違

    小川光貴, 妹尾勇弥, 池田和貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第8回生理研・名古屋大学医学部合同シンポジウム  2018年9月29日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  28. Notch1のEGFリピート上のO-GlcNAc glycanの構造的相違

    小川光貴, 妹尾勇弥, 池田和貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第3回 名大医薬系3部局交流シンポジウム  2018年11月30日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  29. Notch1のEGFリピート上のO-GlcNAc glycanの構造的相違

    小川 光貴, 妹尾 勇弥, 池田 和貴, 竹内 英之, 岡島 徹也

    第15回若手の力フォーラム 糖鎖科学中部拠点  2018年9月6日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  30. Notch1 受容体上のO-GlcNAc glycan は細胞外環境に応答する

    小川光貴, 与儀賢太朗, 妹尾勇弥, 池田和貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第92回日本生化学会大会  2019年9月18日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  31. Notch1 受容体上のO-GlcNAc glycan は細胞外環境に応答する

    与儀賢太朗, 小川光貴, 妹尾勇弥, 池田和貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2019年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  32. Notch1 受容体上のO-GlcNAc glycan は細胞外環境に応答する

    与儀賢太朗, 小川光貴, 妹尾勇弥, 池田和貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  33. Notch 受容体上のO-結合型糖鎖修飾の質量分析計を用いた網羅的解析

    塚本庸平, 妹尾勇弥, 浦田悠輔, 齊木颯, 小川光貴, 池田和貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2019年5月23日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  34. Notch 受容体上の O-結合型糖鎖修飾の質量分析計を用いた網羅的解析

    塚本庸平, 浦田悠輔, 齊木颯, 小川光貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第38回日本糖質学会年会  2019年8月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  35. Notch 受容体上の O- 結合型糖鎖修飾の質量分析計を用いた網羅的解析

    塚本庸平, 妹尾勇弥, 浦田悠輔, 齊木颯, 小川光貴, 池田和貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第92回日本生化学会大会  2019年9月19日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  36. Identification of fucose-containing novel O-GlcNAc glycan

    Mitsutaka Ogawa, Kentarou Yogi, Yuya Senoo, Kazutaka Ikeda, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  37. Effect of N-glycan on ER localized O-GlcNAc transferase (EOGT) and O-GlcNAcylation on Notch1 extracellular domains

    Sayad Md. Didarul Alam, Mitsutaka Ogawa, Yuko Tashima, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    第38回日本糖質学会年会  2019年8月21日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  38. Effect of N-glycan on EOGT and O-GlcNAcylation on Notch extracellular domains

    Sayad Md. Didarul Alam, Mitsutaka Ogawa, Hideyuki Takeuchi, Tetsuya Okajima

    第83回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム  2019年5月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  39. Delta-like1 homologのO型糖鎖修飾による細胞膜発現制御機構の解析

    田嶌優子, 後藤和佳子, 妹尾勇弥, 塚本 庸平, 池田和貴, 小川光貴, 竹内英之, 岡島徹也

    第42回日本分子生物学会年会  2019年12月4日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 7

  1. がん細胞の運命を決める糖鎖スイッチの機能解析

    2019年10月 - 2021年03月

    武田科学振興財団 2019年度医学系研究助成 (がん領域・基礎)  武田科学振興財団 2019年度医学系研究助成 (がん領域・基礎)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:2000000円

  2. 悪性腫瘍の運命決定プログラミングを制御しうる糖鎖スイッチ

    2019年10月 - 2020年03月

    愛知県がん研究振興会 第44回がんその他の悪性新生物研究助成  愛知県がん研究振興会 第44回がんその他の悪性新生物研究助成

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:500000円

  3. がん細胞の運命を決める細胞増殖・分化転換の糖鎖スイッチの解明

    2019年04月 - 2020年03月

    公益財団法人 がん研究振興財団 がん研究助成金 (課題: A)  公益財団法人 がん研究振興財団 がん研究助成金 (課題: A)

      詳細を見る

    資金種別:産学連携による資金

    配分額:1000000円

  4. がん細胞の運命を決める細胞増殖・分化転換の糖鎖スイッチの解明

    2019年04月 - 2020年03月

    堀科学芸術振興財団 第28回研究費助成事業 第4部(医学の部)   堀科学芸術振興財団 第28回研究費助成事業 第4部(医学の部)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

  5. 糖転移酵素EOGTが制御するシグナル伝達経路の解析

    2019年04月 - 2020年03月

    日本科学協会 2019年度 笹川科学研究助成 (学術研究部門)   日本科学協会 2019年度 笹川科学研究助成 (学術研究部門)

      詳細を見る

    資金種別:産学連携による資金

    配分額:750000円

  6. がん細胞の運命を決める細胞増殖・分化転換の糖鎖スイッチの解明

    2019年04月 - 2020年03月

    日比野基金 2019年度 日比野基金 医学研究助成  日比野基金 2019年度 日比野基金 医学研究助成

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:500000円

  7. ヘキソサミン生合成経路に着目した Notch シグナル活性化薬のスクリーニング系の構築および、Notchシグナル活性化薬の開発

    2016年04月 - 2017年03月

    横山臨床薬理研究助成基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 5

  1. 血管内皮におけるNotchシグナル精密制御の基盤となる非典型糖鎖修飾の統合的解析

    研究課題/研究課題番号:19H03416  2019年04月 - 2022年03月

    基盤研究(B)  基盤研究(B)

    岡島 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    Notch1糖鎖レポーターマウスを用いて、脳血管内皮とその他の細胞におけるNotch1糖鎖構造の比較分析をすることで、血管内皮で特徴的な構造を示す糖鎖修飾を明らかにする。そして、特徴的な糖鎖構造に関連した糖転移酵素遺伝子のゲノム編集により、糖鎖により規定されるNotchシグナル強度を明らかにする。さらに、糖転移酵素遺伝子の欠損マウスを用いて、糖鎖依存的なNotchシグナル強度制御の生物学的意義を明らかにする。さらに、ストレス時や老化におけるNotch受容体の糖鎖構造の変化に関するデータを基に、Notch受容体糖鎖の時間的変化と機能変化の関連性を明らかにする。
    (1) Notch受容体の非典型糖鎖の包括的構造解析(担当:岡島・竹内・小川)
    前年度において、Notch1の細胞外ドメインをHEK293T細胞に発現させ、FLAG抗体を用いて精製した後に、プロテアーゼ消化産物のOrbitrapFusionを用いた質量分析をすることで、O-GlcNAc糖鎖分析に成功し、この手法を、Hela、Caco2、MCF-7に適用することで、Notch1糖ペプチドの前駆イオンとフラグメントイオンの全プロファイルを作成した。その結果、フコースを含む新規のO-GlcNAc糖鎖の存在を示唆するデータが得られており、Notchシグナルの精密制御に関わる候補の1つとして考えられた。本年度も引き続き、質量分析による定性・定量分析システムを用いて、新規糖鎖構造の決定と合成に関与するフコース転移酵素を同定することを予定している。
    (2) Notch受容体糖鎖の生体内情報の分析を実現する手法の確立(担当:岡島)
    前年度までに、非典型糖鎖の包括的構造解析をマウスレベルで解析するために、Notch1糖鎖レポーターコンストラクトを有するトランスジェニックマウスを作製した。トランスジーンの確認をゲノムPCRによって実施した。今年度も引き続き、このマウスを血管内皮特異的にCreを発現するTie2-Creマウスと交配し、さらに、Rosa26-CAGG-LSL-rtTA3マウスと交配させ、Cre陽性の血管内皮において遺伝子組換えが生じ、テトラサイクリン制御性トランス活性化因子(rtTA3)の遺伝子発現が誘導され、テトラサイクリン誘導体のドキシサイクリン(Dox)投与時に、FLAG-Notch1が発現誘導されることを確認する。
    Notch1の構造解析とNotchレポーターマウスの実験について、想定されていない問題も生じておらず、今後の研究計画が順調に進展することが見込めるため。
    上記の研究計画を継続するのに加えて、本年度は新たに、Notch受容体糖鎖によるNotchシグナル強度の制御機構の解析を進める。脳血管内皮に発現する特徴的な糖鎖構造によって媒介されるNotchシグナル強度を明らかにするために、同定された糖鎖構造に対応する糖転移酵素遺伝子について、レンチウイルスを用いたゲノム編集を行う。糖鎖構造を改変した細胞株における糖鎖構造変化の確認と同時に、定常時とリガンド刺激時におけるHES1やHEY1などのNotchシグナル標的遺伝子の発現レベルを測定し、Canonical経路の活性化を定量的に評価し、Notch受容体糖鎖の多様性とNotchシグナル強度の相関性を明らかにする。

  2. 細胞外環境を感知してNotchシグナルの強弱を制御しうる翻訳後修飾の解析

    研究課題/研究課題番号:16J00004  2017年04月 - 2020年03月

    文部科学省  特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    小川 光貴

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  3. 細胞外環境を感知してNotchシグナルの強弱を制御しうる翻訳後修飾の解析

    研究課題/研究課題番号:16J00004  2016年04月 - 2019年03月

    文部科学省 特別研究員奨励費   文部科学省 特別研究員奨励費

      詳細を見る

    担当区分:その他  資金種別:競争的資金

    Notch 受容体上の細胞外 O-GlcNAc 修飾は、細胞外環境を感知して Notch シグナル強弱の調節機構を制御し、血管の発生を司る翻訳後修飾であるという仮説を実証することが本研究の目的である。本研究目的を実証するには、大きく分けて3つの研究課題を実施する必要性がある。課題A: 細胞外 O-GlcNAc 修飾が血管の発生や機能維持を制御しているのかを遺伝子欠損マウスを用いて生物学的に解析する必要性がある。課題B: 細胞外 O-GlcNAc 修飾による Notch シグナルの調節機構を遺伝学的な解析と生化学的な解析で解明する必要性がある。課題C: グルコサミン投与による Notch 受容体上の細胞外 O-GlcNAc 修飾の増減が Notch シグナルや血管の発生、血管の機能維持機構をどのように制御しているかを生化学・組織学的な解析で明らかにする必要性がある。本年度は課題B及び課題Cについて実施した。下記に本研究で得られた研究成果を示す。
    課題B: 昨年度、細胞を用いたリガンド結合実験より、EOGTはDelta-like 1 (DLL1)、もしくはDLL4を介したNotch1との相互作用とNotchシグナルの活性化を制御することを明らかにした。そこで本年度は、O-GlcNAc 修飾がどのようにNotch1受容体とリガンドとの相互作用を制御しているかを明らかにする為に、質量分析装置を用いてNotch1受容体上の O-GlcNAc修飾サイトの同定を試みた。その結果、少なくとも mouse Notch1 EGF1-36には7個の O-GlcNAc修飾サイトが存在することを見出した。また、O-GlcNAc glycanの構造が各EGFドメインにより異なることが分かった。
    課題C: グルコサミン投与による Notch 受容体上の細胞外 O-GlcNAc 修飾の増減が Notch シグナルに与える影響を調べる為に、Notchシグナル プロモーターアッセイとリガンド結合実験を実施した。その結果、グルコサミン投与により Notchシグナルとリガンド結合能が亢進していることを見出した。
    昨年度、細胞を用いたリガンド結合実験より、EOGTはDelta-like 1 (DLL1)、もしくはDLL4を介したNotch1との相互作用とNotchシグナルの活性化を制御することを明らかにした。そこで本年度は、O-GlcNAc 修飾がどのようにNotch1受容体とリガンドとの相互作用を制御しているかを明らかにする為に、質量分析装置を用いてNotch1受容体上の O-GlcNAc修飾サイトの同定を試みた。その結果、少なくとも mouse Notch1 EGF1-36には7個の O-GlcNAc修飾サイトが存在することを見出した。また、O-GlcNAc glycanの構造が各EGFドメインにより異なることが分かった。また、グルコサミン投与による Notch 受容体上の細胞外 O-GlcNAc 修飾の増減が Notch シグナルに与える影響を調べる為に、Notchシグナル プロモーターアッセイとリガンド結合実験を実施した。その結果、グルコサミン投与により Notchシグナルとリガンド結合能が亢進していることを見出した。
    これらの研究成果の一部をeLifeに筆頭共著者として発表した(*Sawaguchi, *Varshney, *Ogawa et al., eLife, 2017 (*equal contribution))。
    当該年度末に応募資格を喪失することにより、終了年度となる為、記載しない。

  4. Notchシグナルとヘキソサミン経路を介した血液脳関門の制御

    研究課題/研究課題番号:15K15064  2015年04月 - 2018年03月

    文部科学省 挑戦的萌芽研究  文部科学省 挑戦的萌芽研究

    岡島 徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    細胞外O-GlcNAc はO-GlcNAc 転移酵素EOGTにより触媒され、EOGTによるNotch受容体のO-GlcNAc修飾がDLL4を介したNotchシグナルを制御する。本研究では、Notchシグナル精密制御の血液脳関門に代表される血管バリア機能における役割を検討した。Eogt欠損マウスの解析より、ビオチン誘導体の血管外漏出とフィブロネクチンの沈着が認められた。また、血管内皮特異的Eogt欠損マウスでも同様な結果が得られた。N-カドヘリンに加えて、タイトジャンクション構成因子の発現低下が認められ、EOGT依存的なNotchシグナルを介する血管バリア機能の新たな制御機構の存在が示唆された。

  5. 異なる2種類の先天性疾患で発見されたNotch1変異体の分子機能異常の解析

    研究課題/研究課題番号:15K18502  2015年04月 - 2017年03月

    文部科学省 科学研究費補助金(若手研究(B))  文部科学省 科学研究費補助金(若手研究(B))

    小川 光貴

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    NOTCH1 が先天性疾患 アダムズ-オリバー症候群(AOS) の原因遺伝子であることが報告されたが、AOS型 NOTCH1 遺伝子変異体の分子機能異常解析については行われていなかった。そこで本研究では、AOS型 NOTCH1 遺伝子変異体の分子機能異常を明らかにすることに主眼を置いて研究を進めた。その結果、AOS型 NOTCH1 遺伝子変異体はリガンドである DLL4 との結合性に異常が認められることが分かった。この結果から、アダムズ-オリバー症候群はDLL4-NOTCH1 シグナル異常症である可能性が示された。

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 基礎医学セミナー

    2020

  2. 生物の化学

    2020

  3. 基礎セミナーA

    2020

  4. ベーシックトレーニング

    2020