2021/10/22 更新

写真a

カワジリ ヨシアキ
川尻 喜章
KAWAJIRI Yoshiaki
所属
大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻 先進プロセス工学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 マテリアル工学科
職名
教授

学位 1

  1. Ph.D. ( 2007年7月   カーネギーメロン大学, 米国 ) 

研究キーワード 10

  1. モデリング

  2. 統計

  3. データサイエンス

  4. クロマトグラフィー

  5. 吸着プロセス

  6. 分離工学

  7. 化学工学

  8. プロセスシステム工学

  9. 二酸化炭素回収

  10. ベイズ推定

研究分野 2

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

  2. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 反応工学、プロセスシステム工学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. クロマトグラフィーによる医薬品連続精製

  2. 二酸化炭素吸着回収

経歴 7

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構マテリアルイノベーション研究所   教授

    2018年11月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科物質プロセス工学専攻   教授

    2017年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. ジョージア工科大学   化学生体分子工学科   Adjunct Professor

    2017年6月 - 現在

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  4. ジョージア工科大学   化学生体分子工学科   准教授

    2015年7月 - 2017年5月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  5. ジョージア工科大学   化学生体分子工学科   助教授

    2008年9月 - 2015年6月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  6. マックスプランク複雑システム動特性研究所   研究員

    2007年10月 - 2008年8月

      詳細を見る

    国名:ドイツ連邦共和国

  7. オルガノ株式会社   総合研究所

    1999年4月 - 2003年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 3

  1. カーネギーメロン大学

    - 2007年8月

      詳細を見る

    国名: アメリカ合衆国

  2. 関西大学   工学研究科   化学工学専攻

    - 1999年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 関西大学   工学部   化学工学科

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本吸着学会

  2. 化学工学会

  3. International Adsorption Society

  4. American Institute of Chemical Engineers

  5. 分離技術会

  6. 日本統計学会

▼全件表示

委員歴 13

  1. 日本吸着学会   評議員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 環境省   低濃度二酸化炭素回収システムによる炭素循環モデル構築実証に係る検討会 有識者委員  

    2019年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  3. 新化学技術推進協会(JACI)   グリーンサステイナブルケミストリー(GSC)Innovation Platform 分離工学ワーキングユニット 委員  

    2019年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  4. International Adsorption Society   Board of Directors  

    2019年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  5. 日本工学アカデミー   正会員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. 経済産業省 カーボンリサイクル室    ロードマップ委員  

    2019年3月 - 2021年8月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  7. Journal of Advanced Manufacturing and Procesing, AIChE   Editorial Board Member  

    2018年10月 - 現在   

  8. 日本学術会議:情報科学との融合による新化学創成小委員会   委員  

    2018年9月 - 2020年7月   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  9. 化学工学会AI・IoT委員会   委員  

    2018年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  10. Lund大学(スウェーデン)   Opponent for Ph.D. Defense  

    2018年5月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  11. ジョージア工科大学   Speciality Separations Centerセンター長  

    2016年7月 - 2017年5月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  12. ラッペーンランタ工科大学、フィンランド   Ph.D. Thesis pre-examiner  

    2013年9月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  13. 全米科学財団(National Science Foundation)   Small Business Innovation Research (SBIR) 研究資金申請審査委員  

    2012年9月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

受賞 6

  1. 日本吸着学会 奨励賞

    2019年11月   日本吸着学会   火力発電所排ガス、および大気中からの二酸化炭素吸着分離:プロセスモデリングと最適化

    川尻 喜章

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. SIS部会研究奨励賞

    2017年10月   化学工学会   ベイズ推定と逐次モンテカルロ法を使ったCO2吸着プロセスモデルの不確定性定量化とロバスト性評価

    Jayashree Kalyanaraman, Matthew Realff

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. Model-Based Innovation Prize Runners-up Award

    2013年11月   Process Systems Enterprise Ltd.  

    Jason Bentley, 川尻 喜章

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞 

  4. Computing and Systems Technology (CAST) Division David Smith, Jr. Graduate Publication Award

    2012年   American Institute of Chemical Engineers (AIChE)  

    川尻 喜章

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  5. Creating Energy Options Award

    2011年   ジョージア工科大学  

    川尻 喜章

  6. Postdoctoral Research Fellowship

    2007年10月   アレキサンダー・フォン・フンボルト財団  

    川尻 喜章

▼全件表示

 

論文 83

  1. Uncertainty quantification for chromatography model parameters by Bayesian inference using sequential Monte Carlo method 査読有り

    Yota Yamamoto, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    Chemical Engineering Research and Design   175 巻   頁: 223 - 237   2021年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Many model-based optimization methods have been proposed for chromatographic processes to ensure product quality and efficiency, but uncertainty of model parameters should be considered to assure robust design and operation. In this study, we developed a sequential Monte Carlo (SMC) parameter estimation method for chromatographic processes to estimate the parameter uncertainty rigorously within a reasonable amount of computation time. As an example, separation of glucose and fructose is considered. Through the example using artificial data, we confirmed that SMC can perform estimations more efficiently than the existing method, Markov chain Monte Carlo. Furthermore, through the example using lab-scale experimental data, we confirm that the time and effort for the sample analysis to identify the concentration of each component can be eliminated. We also examined the relationship between the number of cores and computation time for parallel implementation of SMC.

    DOI: 10.1016/j.cherd.2021.09.003

    Scopus

  2. Process development for advanced simulated moving bed (ASMB) chromatography by parameter refinement using pilot plant experimental data 査読有り

    Hideki Harada, Kensuke Suzuki, Kohei Sato, Kazuo Okada, Masaki Tsuruta, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    Separation and Purification Technology     2021年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.seppur.2021.119932

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.seppur.2021.119932

  3. Utilization of operation data for parameter estimation of simulated moving bed chromatography 招待有り 査読有り

    Kensuke Suzuki, Hideki Harada, Kohei Sato, Kazuo Okada, Masaki Tsuruta, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    Journal of Advanced Manufacturing and Processing     頁: e10103   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者  

    DOI: 10.1002/amp2.10103

    DOI: 10.1002/amp2.10103

  4. Integration of material and process design for kinetic adsorption separation 査読有り 国際共著

    Trisha Sen, Yoshiaki Kawajiri, Matthew J. Realff

    Industrial and Engineering Chemistry Research   60 巻 ( 6 ) 頁: 2536 - 2546   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Kinetic adsorption separation exploits differences in diffusion behavior of different adsorbates in materials and enables selection of the faster over the slower components despite possibly unfavorable equilibrium loading amounts. The aims of this article are to explore the material property space that leads to effective kinetic adsorption separation and to test the predictive value of the current ideal kinetic selectivity metric. This metric is the product of equilibrium selectivity and square root of their diffusivity ratio. Throughout our analysis, we use the Maxwell-Stefan diffusion formulation which has been shown to capture transient crystal diffusion characteristics with greater accuracy than a Fickian description. The study is conducted in two parts. Optimized purity-recovery pareto curves are generated for three-step PSA cycles for four Langmuir isotherms that have no equilibrium selectivity (=1), with varying diffusivity ratio and crystal radius. This highlighted the role of crystal radius and isotherm shape in bed performance objectives and not just the diffusivity ratio. A surrogateassisted illumination (SAIL) algorithm based on single crystal uptake simulations was used to cover a wider range of equilibrium selectivities in a fraction of the time taken for full PSA simulations. We conclude that for similar diffusivities and equilibrium selectivity, steeper isotherms show better kinetic separation performance, in agreement with the existing literature. In addition, the size of the crystal also strongly impacts optimal performance, whereas the diffusivity ratio was found to have a weaker than expected impact. Therefore, using the ideal kinetic selectivity metric mentioned earlier could, in certain cases, be inadequate for comparison of materials for kinetic separation of a target gas mixture. In addition, the combination of SAIL and the single crystal uptake model was successfully able to replicate observations made using full PSA cycle optimizations showing how a multifidelity modeling approach can be used to screen materials for kinetic adsorption separation design.

    DOI: 10.1021/acs.iecr.0c05138

    Scopus

  5. Model-based optimization strategies for chromatographic processes: a review 招待有り 査読有り

    Adsorption   27 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 26   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10450-020-00251-2

    Scopus

  6. Analysis of energetics and economics of sub-ambient hybrid post-combustion carbon dioxide capture 査読有り 国際共著

    Stephen J.A. DeWitt, Rohan Awati, Héctor Octavio Rubiera Landa, Jongwoo Park, Yoshiaki Kawajiri, David S. Sholl, Matthew J. Realff, Ryan P. Lively

    AIChE Journal     2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Adsorption of CO2 from post-combustion flue gas is one of the leading candidates for globally impactful carbon capture systems. This work focused on understanding the opportunities and limitations of sub-ambient CO2 capture processes utilizing a multistage separation process. A hybrid process design using a combination of pressure-driven separation of CO2 from flue gas (e.g., adsorption- or membrane-based separation) followed by CO2-rich product liquefaction to produce high-purity (>99%) CO2 at pipeline conditions is considered. The operating pressure of the separation unit is a key cost parameter and also an important process variable that regulates the available heat removal necessary to reach the sub-ambient operating conditions. The economic viability of applying pressure swing adsorption (PSA) processes using fiber sorbent contactors with internal heat management was found to be most influenced by the productivity of the adsorption system, with productivities as high as 0.015 (Formula presented.) /kgsorb−1 sec−1 being required to reduce costs of capture below $60/ton CO2 captured. This analysis was carried out using a simplified two-bed process, and thus there is opportunity for further cost reduction with exploration of more complex cycle designs. Three exemplar fiber sorbents (MIL-101(Cr), UiO-66, and zeolite 13X) were considered for application in the sub-ambient process of PSA unit. Among the considered sorbents, zeolite 13X fiber composites were found to perform better at ambient temperatures as compared to sub-ambient. MIL-101(Cr) and UiO-66 fiber composites had improved purity, recovery, and productivity at colder temperatures reducing costs of capture as low as $61/ton CO2. Future economic improvement could be achieved by reducing the required operating pressure of the PSA unit and pushing the Pareto frontier closer to the final pipeline requirement via a combination of PSA cycle design and material selection.

    DOI: 10.1002/aic.17403

    Scopus

  7. Bayesian design of experiments for adsorption isotherm modeling 査読有り 国際共著

    Jayashree Kalyanaraman, Yoshiaki Kawajiri, Matthew J. Realff

    Computers and Chemical Engineering   135 巻   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 In this study, a Bayesian approach is demonstrated to identify parameters in adsorption isotherm models. First, we demonstrate the data fusion with Bayesian analysis for which we use CO2 sorption on UiO-66 sorbents. This material has been studied by different groups to report CO2 adsorption data in the NIST database under different conditions. We unify the data in two different ways depending upon the assumption around the error distribution of the data. In the first case study, all the data are assumed to have a common error distribution regardless of the source, and in the second approach, the error distributions of data from different sources are distinguished from each other. We apply a Bayesian approach to perform an optimal experimental design to minimize the uncertainty in adsorption isotherm parameters.

    DOI: 10.1016/j.compchemeng.2020.106774

    Scopus

  8. How Well Do Approximate Models of Adsorption-Based CO2 Capture Processes Predict Results of Detailed Process Models? 査読有り 国際共著

    Industrial and Engineering Chemistry Research   59 巻 ( 15 ) 頁: 7097 - 7108   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.iecr.9b05363

    Scopus

  9. Hierarchical Bayesian estimation for adsorption isotherm parameter determination 査読有り 国際共著

    Chunkai Shih, Jongwoo Park, David S. Sholl, Matthew J. Realff, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    Chemical Engineering Science   214 巻   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2019 Elsevier Ltd Estimation of isotherm model parameters from experimental data is necessary in adsorption process modeling. To facilitate isotherm modeling, databases that store experimental data exist. Nevertheless, data inconsistency among different researchers must be resolved to find a single set of isotherm parameters from multiple data sets. Herein, we propose a hierarchical Bayesian estimation method to quantify the discrepancy by a multiplicative factor while simultaneously obtaining the probability distributions of a single set of isotherm parameters. This approach also allows us to identify outliers, which are data sets that are not in agreement with other sets. The proposed approach is demonstrated for the case of CO2 adsorption in the metal-organic framework UiO-66.

    DOI: 10.1016/j.ces.2019.115435

    Scopus

  10. Efficient Evaluation of Vacuum Pressure-Swing Cycle Performance using Surrogate-based, Multi-objective Optimization Algorithm 査読有り 国際共著

    Rubiera, Landa H.O. Kawajiri, Yoshiaki Realff, Matthew Realff

    Computer Aided Chemical Engineering: 30th European Symposium on Computer Aided Process Engineering   48 巻   頁: 1801 - 1806   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  11. Design for dynamic operation - A review and new perspectives for an increasingly dynamic plant operating environment 招待有り 査読有り 国際共著

    Swartz Christopher L. E, Kawajiri Yoshiaki

    COMPUTERS & CHEMICAL ENGINEERING   128 巻   頁: 329 - 339   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compchemeng.2019.06.002

    Web of Science

  12. Application of critical path method to stochastic processes with historical operation data 査読有り

    Takakura Yuya, Yajima Tomoyuki, Kawajiri Yoshiaki, Hashizume Susumu

    CHEMICAL ENGINEERING RESEARCH & DESIGN   149 巻   頁: 195 - 208   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

    DOI: 10.1016/j.cherd.2019.06.027

    Web of Science

  13. Process integration for simulated moving bed reactor for the production of glycol ether acetate 査読有り 国際共著

    Tie Shan, Sreedhar Balamurali, Donaldson Megan, Frank Timothy, Schultz Alfred K, Bommarius Andreas, Kawajiri Yoshiaki

    CHEMICAL ENGINEERING AND PROCESSING-PROCESS INTENSIFICATION   140 巻   頁: 1 - 10   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cep.2019.04.008

    Web of Science

  14. Experimental evaluation of simulated moving bed reactor for transesterification reaction synthesis of glycol ether ester 査読有り 国際共著

    Tie Shan, Sreedhar Balamurali, Donaldson Megan, Frank Timothy, Schultz Alfred K, Bommarius Andreas S, Kawajiri Yoshiaki

    ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY   25 巻 ( 4 ) 頁: 795-807   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10450-019-00048-y

  15. Adsorption Process Intensification through Structured Packing: A Modeling Study Using Zeolite 13X and a Mixture of Propylene and Propane in Hollow-Fiber and Packed Beds 査読有り 国際共著

    Sen Trisha, Kawajiri Yoshiaki, Realff Matthew J

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   58 巻 ( 15 ) 頁: 5750-5767   2019年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.iecr.8b02189

  16. Development of Phase-Change-Based Thermally Modulated Fiber Sorbents 査読有り 国際共著

    DeWitt Stephen J. A, Landa Hector, Octavio Rubiera, Kawajiri Yoshiaki, Realff Matthew, Lively Ryan P

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   58 巻 ( 15 ) 頁: 5768-5776   2019年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.iecr.8b04361

  17. Design for dynamic operation - A review and new perspectives for a dynamic manufacturing environment 招待有り 査読有り 国際共著

    Christopher L.E. Swartz Yoshiaki Kawajiri

    Proceedings of Process Systems Engineering 2018     頁: .   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  18. Unification of an empirical and a physically-based approach to crystallization monitoring 査読有り 国際共著

    Youngjo Kim Kayla C. Dean Yoshiaki Kawajiri Ronald W. Rousseau Martha A. Grover

    Proceedings of American Control Conference 2018     頁: .   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  19. Transesterification of propylene glycol methyl ether by reactive simulated moving bed chromatography using homogeneous catalyst 査読有り 国際共著

    Oh Jungmin, Sreedhar Balamurali, Donaldson Megan E., Frank Timothy C., Schultz Alfred K., Bommarius Andreas S., Kawajiri Yoshiaki

    ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY   24 巻 ( 3 ) 頁: 309-324   2018年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10450-018-9941-6

    Web of Science

  20. A concurrent approach for process design and multicomponent adsorption modeling with local isotherms 査読有り 国際共著

    Siwei Guo, Pranav Vengsarkar, Jason Bentley, Mike Weber, Gaurav Agrawal, Catherine Dorsi, Yoshiaki Kawajiri

    Chemical Engineering Science   171 巻   頁: 426-439   2017年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2017 Elsevier Ltd An iterative approach is proposed to predict the optimal concentration profiles in an adsorption process and to simultaneously obtain parameters for a multicomponent isotherm by selecting representative liquid compositions for experimental measurements. The proposed approach was demonstrated for xylene adsorption on zeolite 13X that has undergone a barium ion exchange. Breakthrough experiments were performed at liquid compositions predicted by the process model, which was refined in an iterative manner with the experimental data. Robustness of the isotherm parameters for model uncertainty and variations in the process design were also analyzed.

    DOI: 10.1016/j.ces.2017.05.043

  21. Pumping liquid metal at high temperatures up to 1,673 kelvin 査読有り

    C. Amy, D. Budenstein, M. Bagepalli, D. England, F. DeAngelis, G. Wilk, C. Jarrett, C. Kelsall, J. Hirschey, H. Wen, A. Chavan, B. Gilleland, C. Yuan, W. C. Chueh, K. H. Sandhage, Y. Kawajiri, A. Henry

      550 巻 ( 7675 ) 頁: 199 - +   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nature24054

    Web of Science

  22. Using MC plots for control of paracetamol crystallization 査読有り

    Griffin Daniel J., Kawajiri Yoshiaki, Rousseau Ronald W., Grover Martha A.

    CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE   164 巻   頁: 344-360   2017年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ces.2017.01.065

    Web of Science

  23. Modeling of Nucleation and Growth Kinetics for Unseeded Batch Cooling Crystallization 査読有り

    Li Huayu, Kawajiri Yoshiaki, Grover Martha A., Rousseau Ronald W.

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   56 巻 ( 14 ) 頁: 4060-4073   2017年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.iecr.6b04914

    Web of Science

  24. Systems Design and Economic Analysis of Direct Air Capture of CO2 through Temperature Vacuum Swing Adsorption Using MIL-101(Cr)-PEI-800 and mmen-Mg-2(dobpdc) MOF Adsorbents 査読有り

    Sinha Anshuman, Darunte Lalit A., Jones Christopher W., Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   56 巻 ( 3 ) 頁: 750-764   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.iecr.6b03887

    Web of Science

  25. Optimal Design of Integrated SMB-Crystallization Hybrid Separation Process Using a Binary Solvent 査読有り

    Sreedhar Balamurali, Shen Baochun, Li Huayu, Rousseau Ronald, Kawajiri Yoshiaki

    ORGANIC PROCESS RESEARCH & DEVELOPMENT   21 巻 ( 1 ) 頁: 31-43   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.oprd.6b00294

    Web of Science

  26. Model-based design and experimental validation of simulated moving bed reactor for production of glycol ether ester 査読有り

    Tie Shan, Sreedhar Balamurali, Agrawal Gaurav, Oh Jungmin, Donaldson Megan, Frank Timothy, Schultz Alfred, Bommarius Andreas, Kawajiri Yoshiaki

    CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL   301 巻   頁: 188-199   2016年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cej.2016.04.062

    Web of Science

  27. Transesterification of propylene glycol methyl ether in chromatographic reactors using anion exchange resin as a catalyst 査読有り

    Oh Jungmin, Sreedhar Balamurali, Donaldson Megan E., Frank Timothy C., Schultz Alfred K., Bommarius Andreas S., Kawajiri Yoshiaki

    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A   1466 巻   頁: 84-95   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chroma.2016.08.072

    Web of Science

  28. Uncertainty Quantification via Bayesian Inference Using Sequential Monte Carlo Methods for CO2 Adsorption Process 査読有り

    Kalyanaraman Jayashree, Kawajiri Yoshiaki, Lively Ryan P., Realff Matthew J.

    AICHE JOURNAL   62 巻 ( 9 ) 頁: 3352-3368   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/aic.15381

    Web of Science

  29. Data-Driven Modeling and Dynamic Programming Applied to Batch Cooling Crystallization 査読有り

    Daniel J. Griffin, Martha A. Grover, Yoshiaki Kawajiri, Ronald W. Rousseau

    Industrial and Engineering Chemistry Research   55 巻 ( 5 ) 頁: 1361-1372   2016年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2016 American Chemical Society. In this article, we demonstrate a model-based approach for controlling the average size of crystals produced by batch cooling crystallization. The method is distinguished most notably in the modeling strategy. Rather than developing a crystallization model within the population-balance framework, as is usually done, we apply a machine-learning technique to identify an empirical model from measurement data. The model is low-dimensional and can therefore be discretized and used with dynamic programming to obtain optimal control policies for producing crystals of targeted average sizes in prespecified batch run times. Experimental results are reported that demonstrate the use of the identified policies to produce crystals of the desired average sizes in the specified run times.

    DOI: 10.1021/acs.iecr.5b03635

  30. Reaction Kinetics of Concentrated-Acid Hydrolysis for Cellulose and Hemicellulose and Effect of Crystallinity 査読有り

    Kanchanalai Pakkapol, Temani Gaurav, Kawajiri Yoshiaki, Realff Matthew J.

    BIORESOURCES   11 巻 ( 1 ) 頁: 1672-1689   2016年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  31. Critical limitations on the efficiency of two-step thermochemical cycles 査読有り

    Jarrett Colby, Chueh William, Yuan Cansheng, Kawajiri Yoshiaki, Sandhage Kenneth H., Henry Asegun

    SOLAR ENERGY   123 巻   頁: 57-73   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.solener.2015.09.036

    Web of Science

  32. A new solar fuels reactor using a liquid metal heat transfer fluid: modeling and sensitivity analysis 査読有り

    Cansheng Yuan, Colby Jarett, William Chueh,, Yoshiaki Kawajiri, Asegun Henry

    Journal of Thermal Engineering   4 巻 ( 4 ) 頁: 837 - 852   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  33. Mass-count plots for crystal size control 査読有り

    Griffin Daniel J., Grover Martha A., Kawajiri Yoshiaki, Rousseau Ronald W.

    CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE   137 巻   頁: 338-351   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ces.2015.06.048

    Web of Science

  34. A new solar fuels reactor concept based on a liquid metal heat transfer fluid: Reactor design and efficiency estimation 査読有り

    Yuan Cansheng, Jarrett Colby, Chueh William, Kawajiri Yoshiaki, Henry Asegun

    SOLAR ENERGY   122 巻   頁: 547-561   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.solener.2015.08.019

    Web of Science

  35. Bayesian estimation of parametric uncertainties, quantification and reduction using optimal design of experiments for CO2 adsorption on amine sorbents 査読有り

    Kalyanaraman Jayashree, Fan Yanfang, Labreche Ying, Lively Ryan P., Kawajiri Yoshiaki, Realff Matthew J.

    COMPUTERS & CHEMICAL ENGINEERING   81 巻   頁: 376-388   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compchemeng.2015.04.028

    Web of Science

  36. Full Superstructure for Multiobjective Optimization of Multicolumn Chromatography for Ternary Separations 査読有り

    Agrawal Gaurav, Kawajiri Yoshiaki

    CHEMICAL ENGINEERING & TECHNOLOGY   38 巻 ( 9 ) 頁: 1677-1682   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ceat.201500104

    Web of Science

  37. CO2 Sorption Performance of Composite Polymer/Aminosilica Hollow Fiber Sorbents: An Experimental and Modeling Study 査読有り

    Fan Yanfang, Kalyanaraman Jayashree, Labreche Ying, Rezaei Fateme, Lively Ryan P., Realff Matthew J., Koros William J., Jones Christopher W., Kawajiri Yoshiaki

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   54 巻 ( 6 ) 頁: 1783-1795   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ie504603h

    Web of Science

  38. Modeling and experimental validation of carbon dioxide sorption on hollow fibers loaded with silica-supported poly(ethylenimine) 査読有り

    Kalyanaraman Jayashree, Fan Yanfang, Lively Ryan P., Koros William J., Jones Christopher W., Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL   259 巻   頁: 737-751   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cej.2014.08.023

    Web of Science

  39. Conversion improvement for catalytic synthesis of propylene glycol methyl ether acetate by reactive chromatography: Experiments and parameter estimation 査読有り

    Oh Jungmin, Agrawal Gaurav, Sreedhar Balamurali, Donaldson Megan E., Schultz Alfred K., Frank Timothy C., Bommarius Andreas S., Kawajiri Yoshiaki

    CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL   259 巻   頁: 397-409   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cej.2014.08.008

    Web of Science

  40. Optimization and Technoeconomic Analysis of Rapid Temperature Swing Adsorption Process for Carbon Capture from Coal-Fired Power Plant

    Subramanian Swernath, Katherine Searcy, Fateme Rezaei, Ying Labreche, Ryan P. Lively, Matthew J. Realff, Yoshiaki Kawajiri

    Computer Aided Chemical Engineering   36 巻   頁: 253-278   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2015 Elsevier B.V. Greenhouse gas emissions from coal-fired power plants are expected to increase over the next 20 years as international demand for energy continues to grow. A rapid temperature swing adsorption (RTSA) process employing polymeric hollow fiber contactors loaded with sorbent particles has been demonstrated experimentally as a novel and efficient process for postcombustion CO < inf > 2 < /inf > capture. One of the advantages of the process is the rapid heat and mass transfer enabled by the hollow fibers. This feature can achieve efficient heat integration by recycling spent hot and cold water. In this chapter, a dynamic optimization strategy was employed to find the optimal operating conditions of a hollow fiber RTSA process. In the optimization problem, dynamic heat integration is performed to minimize the utility cost for hot and cold water while maintaining sufficient CO < inf > 2 < /inf > throughput. The optimal operation was evaluated by a detailed technoeconomic analysis for a plant capacity of 550 MW.

    DOI: 10.1016/B978-0-444-63472-6.00010-0

    Scopus

  41. Feedback Control of Multicomponent Salt Crystallization 査読有り

    Griffin Daniel J., Kawajiri Yoshiaki, Grover Martha A., Rousseau Ronald W.

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   15 巻 ( 1 ) 頁: 305-317   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cg501368y

    Web of Science

  42. Controlled crystallization of salts from nuclear waste solutions 査読有り

    Daniel Griffin, Martha Grover, Yoshiaki Kawajiri, Ronald Rousseau

    Proceedings of Annual Waste Management 2015     頁: .   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  43. Optimization of two-stage cooling profile in unseeded batch crystallization 査読有り

    King Jared C., Li Huayu, Grover Martha A., Kawajiri Yoshiaki, Rousseau Ronald W.

    IFAC PAPERSONLINE   48 巻 ( 8 ) 頁: 297-302   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2015.08.197

    Web of Science

  44. Dynamic Modelling and Optimal Design of the Solid-Phase Reactive Chromatographic Separation System for Biomass Saccharification via Acid Hydrolysis 査読有り

    Kanchanalai Pakkapol, Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    12TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PROCESS SYSTEMS ENGINEERING (PSE) AND 25TH EUROPEAN SYMPOSIUM ON COMPUTER AIDED PROCESS ENGINEERING (ESCAPE), PT A   37 巻   頁: 929-934   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  45. COMBINING ATR-FTIR AND FBRM FOR FEEDBACK ON CRYSTAL SIZE 査読有り

    Griffin Daniel J., Grover Martha A., Kawajiri Yoshiaki, Rousseau Ronald W.

    2015 AMERICAN CONTROL CONFERENCE (ACC)     頁: 4308-4313   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  46. Dynamic Modelling and Optimal Design of the Solid-Phase Reactive Chromatographic Separation System for Biomass Saccharification via Acid Hydrolysis

    Kanchanalai Pakkapol, Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    12TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PROCESS SYSTEMS ENGINEERING (PSE) AND 25TH EUROPEAN SYMPOSIUM ON COMPUTER AIDED PROCESS ENGINEERING (ESCAPE), PT A   37 巻   頁: 929-934   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  47. Simulated moving bed chromatography designs for lanthanide and actinide separations using Reillex HPQ (TM) resin 査読有り

    Sreedhar Balamurali, Hobbs David T., Kawajiri Yoshiaki

    SEPARATION AND PURIFICATION TECHNOLOGY   136 巻   頁: 50-57   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.seppur.2014.08.006

    Web of Science

  48. Solid-Phase Reactive Chromatographic Separation System: Optimization-Based Design and Its Potential Application to Biomass Saccharification via Acid Hydrolysis 査読有り

    Kanchanalai Pakkapol, Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   53 巻 ( 41 ) 頁: 15946-15961   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ie501945j

    Web of Science

  49. Evaluation of tertiary pyridine resin for the separation of lanthanides by simulated moving-bed chromatography 査読有り

    Sreedhar Balamurali, Suzuki Tatsuya, Hobbs David T., Kawajiri Yoshiaki

    JOURNAL OF SEPARATION SCIENCE   37 巻 ( 20 ) 頁: 2892-2899   2014年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/jssc.201400516

    Web of Science

  50. Optimization of reactive simulated moving bed systems with modulation of feed concentration for production of glycol ether ester 査読有り

    Agrawal Gaurav, Oh Jungmin, Sreedhar Balamurali, Tie Shan, Donaldson Megan E., Frank Timothy C., Schultz Alfred K., Bommarius Andreas S., Kawajiri Yoshiaki

    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A   1360 巻   頁: 196-208   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chroma.2014.07.080

    Web of Science

  51. Multi-column chromatographic process development using simulated moving bed superstructure and simultaneous optimization - Model correction framework 査読有り

    Sreedhar Balamurali, Kawajiri Yoshiaki

    CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE   116 巻   頁: 428-441   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ces.2014.05.004

    Web of Science

  52. Robust multicomponent IR-to-concentration model regression 査読有り

    Griffin Daniel J., Grover Martha A., Kawajiri Yoshiaki, Rousseau Ronald W.

    CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE   116 巻   頁: 77-90   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ces.2014.04.013

    Web of Science

  53. Systematic optimization and experimental validation of ternary simulated moving bed chromatography systems 査読有り

    Agrawal Gaurav, Sreedhar Balamurali, Kawajiri Yoshiaki

    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A   1356 巻   頁: 82-95   2014年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chroma.2014.06.028

    Web of Science

  54. Experimental Validation of Optimized Model-Based Startup Acceleration Strategies for Simulated Moving Bed Chromatography 査読有り

    Bentley Jason, Li Suzhou, Kawajiri Yoshiaki

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   53 巻 ( 30 ) 頁: 12063-12076   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ie500714p

    Web of Science

  55. Modeling of rapid temperature swing adsorption using hollow fiber sorbents 査読有り

    Rezaei Fateme, Subramanian Swernath, Kalyanaraman Jayashree, Lively Ryan P., Kawajiri Yoshiaki, Realff Matthew J.

    CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE   113 巻   頁: 62-76   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ces.2014.04.002

    Web of Science

  56. Application of an Empirical FBRM Model to Estimate Crystal Size Distributions in Batch Crystallization 査読有り

    Li Huayu, Kawajiri Yoshiaki, Grover Martha A., Rousseau Ronald W.

    CRYSTAL GROWTH & DESIGN   14 巻 ( 2 ) 頁: 607-616   2014年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/cg401484d

    Web of Science

  57. Optimization and heat integration of hollow fiber based thermal swing adsorption process for CO2 capture from flue gas 査読有り

    Swernath Subramanian, Rezaei Fateme, Kalyanaraman Jayashree, Lively Ryan. P., Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    PROCEEDINGS OF THE 8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON FOUNDATIONS OF COMPUTER-AIDED PROCESS DESIGN   34 巻   頁: 633-638   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  58. Bayesian Estimation, Uncertainty Propagation and Design of Experiments for CO2 Adsorption on Amine Sorbents 査読有り

    Kalyanaraman Jayashree, Kawajiri Yoshiaki, Realff Matthew J.

    PROCEEDINGS OF THE 8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON FOUNDATIONS OF COMPUTER-AIDED PROCESS DESIGN   34 巻   頁: 345-350   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  59. A methodology for monitoring concentrations of complex waste solutions

    Daniel Griffin, Martha Grover, Yoshiaki Kawajiri, Ronald Rousseau

    Proceedings of Annual Waste Management (WM) Conference     頁: .   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  60. Optimization and heat integration of hollow fiber based thermal swing adsorption process for CO2 capture from flue gas 査読有り

    Swernath Subramanian, Rezaei Fateme, Kalyanaraman Jayashree, Lively Ryan. P., Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    PROCEEDINGS OF THE 8TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON FOUNDATIONS OF COMPUTER-AIDED PROCESS DESIGN   34 巻   頁: 633-638   2014年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  61. Cost and Energy Savings Using an Optimal Design of Reverse Osmosis Membrane Pretreatment for Dilute Bioethanol Purification 査読有り

    Kanchanalai Pakkapol, Lively Ryan P., Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   52 巻 ( 32 ) 頁: 11132-11141   2013年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ie302952p

    Web of Science

  62. Simultaneous modeling and optimization of nonlinear simulated moving bed chromatography by the prediction-correction method 査読有り

    Bentley Jason, Sloan Charlotte, Kawajiri Yoshiaki

    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A   1280 巻   頁: 51-63   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chroma.2013.01.026

    Web of Science

  63. Prediction-Correction Method for Optimization of Simulated Moving Bed Chromatography 査読有り

    Bentley Jason, Kawajiri Yoshiaki

    AICHE JOURNAL   59 巻 ( 3 ) 頁: 736-746   2013年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/aic.13856

    Web of Science

  64. Development of an empirical method relating crystal size distributions and FBRM measurements 査読有り

    Li Huayu, Grover Martha A., Kawajiri Yoshiaki, Rousseau Ronald W.

    CHEMICAL ENGINEERING SCIENCE   89 巻   頁: 142-151   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ces.2012.10.031

    Web of Science

  65. Thermally moderated hollow fiber sorbent modules in rapidly cycled pressure swing adsorption mode for hydrogen purification 査読有り

    Lively Ryan P., Bessho Naoki, Bhandari Dhaval A., Kawajiri Yoshiaki, Koros William J.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF HYDROGEN ENERGY   37 巻 ( 20 ) 頁: 15227-15240   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijhydene.2012.07.110

    Web of Science

  66. Comparison of various ternary simulated moving bed separation schemes by multi-objective optimization 査読有り

    Agrawal Gaurav, Kawajiri Yoshiaki

    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A   1238 巻   頁: 105-113   2012年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chroma.2012.03.064

    Web of Science

  67. Optimization of ternary simulated moving bed separation by superstructure formulation 査読有り

    Gaurav Agrawal, Yoshiaki Kawajiri

    Proceedings of Foundations of Computer-Aided Process Operation (FOCAPO)     頁: .   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  68. Optimal Process Configurations of Bioethanol Dehydration for Different Ethanol Inlet Concentrations and Throughputs 査読有り

    Kanchanalai Pakkapol, Realff Matthew J., Kawajiri Yoshiaki

    11TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PROCESS SYSTEMS ENGINEERING, PTS A AND B   31 巻   頁: 425-429   2012年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  69. Optimization of startup and shutdown operation of simulated moving bed chromatographic processes 査読有り

    Li Suzhou, Kawajiri Yoshiaki, Raisch Joerg, Seidel-Morgenstern Andreas

    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A   1218 巻 ( 25 ) 頁: 3876-3889   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chroma.2011.04.051

    Web of Science

  70. Optimizing the separation of gaseous enantiomers by simulated moving bed and pressure swing adsorption 査読有り

    Bentley Jason, Huang Qinglin, Kawajiri Yoshiaki, Eic Mladen, Seidel-Morgenstern Andres

    ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY   17 巻 ( 1 ) 頁: 159-170   2011年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10450-010-9299-x

    Web of Science

  71. Optimization of simulated moving bed chromatography with fractionation and feedback incorporating an enrichment step 査読有り

    Li Suzhou, Kawajiri Yoshiaki, Raisch Joerg, Seidel-Morgenstern Andreas

    21ST EUROPEAN SYMPOSIUM ON COMPUTER AIDED PROCESS ENGINEERING   29 巻   頁: 818-822   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  72. Optimal startup operation of simulated moving bed chromatographic processes 査読有り

    Suzhou Li, Yoshiaki Kawajiri, Jörg Raisch, Jörg Raisch, Andreas Seidel-Morgenstern, Andreas Seidel-Morgenstern

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   9 巻   頁: 733-738   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    SMB represents one of the widely established periodic adsorption processes and its periodic and nonlinear dynamics presents a significant challenge to the formulation and solution of the optimal startup issue. A multistage startup concept allowing to adjust operating conditions stage-wise is proposed. The startup problem is then formulated aiming at driving the system towards the reference cyclic steady state (CSS) in an optimum manner. A tailored decomposition algorithm is developed to tackle the resulting optimization problem and guarantee numerical tractability. The feasibility of the solution approach is demonstrated on a binary separation with nonlinear competitive isotherms. It is found that the new startup policy dramatically reduces transient time and desorbent consumption. The startup performance in terms of product concentration and purity is also evaluated quantitatively. © 2009 IFAC.

    DOI: 10.3182/20100705-3-BE-2011.0056

    Scopus

  73. Optimization of simulated moving bed chromatography with fractionation and feedback: Part II. Fractionation of both outlets 査読有り

    Li Suzhou, Kawajiri Yoshiaki, Raisch Joerg, Seidel-Morgenstern Andreas

    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A   1217 巻 ( 33 ) 頁: 5349-5357   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chroma.2010.06.032

    Web of Science

  74. Interactive Multiobjective Optimization of Superstructure SMB Processes 査読有り

    Hakanen Jussi, Kawajiri Yoshiaki, Biegler Lorenz T., Miettinen Kaisa

    MULTIOBJECTIVE PROGRAMMING AND GOAL PROGRAMMING: THEORETICAL RESULTS AND PRACTICAL APPLICATIONS   618 巻   頁: 221-+   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  75. Comparison of configurations of a four-column simulated moving bed process by multi-objective optimization 査読有り

    Kawajiri Yoshiaki, Biegler Lorenz T.

    ADSORPTION-JOURNAL OF THE INTERNATIONAL ADSORPTION SOCIETY   14 巻 ( 2-3 ) 頁: 433-442   2008年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10450-007-9074-9

    Web of Science

  76. Large scale optimization strategies for zone configuration of simulated moving beds 招待有り 査読有り

    Kawajiri Yoshiaki, Biegler Lorenz T.

    COMPUTERS & CHEMICAL ENGINEERING   32 巻 ( 1-2 ) 頁: 135-144   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.compchemeng.2007.04.009

    Web of Science

  77. Interactive multi-objective optimization for simulated moving bed processes 査読有り

    Hakanen Jussi, Kawajiri Yoshiaki, Miettinen Kaisa, Biegler Lorenz T.

    CONTROL AND CYBERNETICS   36 巻 ( 2 ) 頁: 283-302   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  78. Nonlinear programming superstructure for optimal dynamic operations of simulated moving bed processes 査読有り

    Kawajiri Yoshiaki, Biegler Lorenz T.

    INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH   45 巻 ( 25 ) 頁: 8503-8513   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ie0601192

    Web of Science

  79. Large scale nonlinear optimization for asymmetric operation and design of Simulated Moving Beds 査読有り

    Kawajiri Yoshiaki, Biegler Lorenz T.

    JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY A   1133 巻 ( 1-2 ) 頁: 226-240   2006年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chroma.2006.08.037

    Web of Science

  80. Large-scale optimization strategies for zone configuration of simulated moving beds 査読有り

    Kawajiri Yoshiaki, Biegler Lorenz T.

    16TH EUROPEAN SYMPOSIUM ON COMPUTER AIDED PROCESS ENGINEERING AND 9TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PROCESS SYSTEMS ENGINEERING   21 巻   頁: 131-136   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  81. Sucrose recovery from affination syrup by chromatographic separation

    Naoko Suzuki, Yoshiaki Kawajiri, Nobuyuki Matsuura, Akira Suzuki, Yasuo Saito

    International Sugar Journal   104 巻   頁: 221-227   2002年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    A system for the recovery of sucrose from affination syrup has been developed. The system consists of membrane filtration, softening using a spent NaCl stream, and Organo's New Simulated Moving Bed Chromatography, which is capable of separating three components. With the expected purity and recovery of sucrose with this system of 92-97% and 90-93%, respectively, this system will be a promising alternative for sugar refineries which seek improvements.

  82. Robustness of decoupling control of cstr with uncertain dynamics

    Eiji Nakanishi, Yoshiaki Kawajiri

    Technology Reports of Kansai University   41 巻   頁: 89-104   1999年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    The robustness of three kinds of PID decoupling control systems of CSTR with uncertain dynamics is investigated. It has been found that within 5K or 5% of concentration of setpoint change in temperature or concentration of reactant of CSTR, each control system is robust enough for there to be less than 10% modeling errors in frequency factor and heat of reaction. Among the modeling errors in kinetic parameters, that of activation energy gives the most significant effect on the robustness of a control system of CSTR. Computer simulations have shown that a PID linearizing control system is much less robust against modeling error in activation energy compared to the other two PID decoupling control systems.

  83. Linearizing control of CSTR and its robust stabilization by H-infinity controller 査読有り

    Eiji Nakanishi, Yoshiaki Kawajiri, Yoshihiro Hashimoto

    Journal of Chemical Engineering of Japan   31 巻 ( 5 ) 頁: 780-786   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物 1

  1. Ullman's Encyclopedia of Industrial Chemistry

    Economou, Ioannisg Pistikopoulous, Efstratios N. Liu, Jen-Pei Kawajiri, Yoshiaki Gernaey, Krist V. Woodley, John M. Jimenez-gonzalez, Concepcio Banares-Alcantara, Rene( 担当: 共著 ,  範囲: Process Systems Engineering , 9 . Domain Engineering)

    Wiley-VCH Verlag GmbH  2012年 

MISC 3

  1. 火力発電所排ガス、および大気中からの二酸化炭素吸着分離:プロセスモデリングと最適化 招待有り

    川尻喜章  

    Adsorption News34 巻 ( 2 ) 頁: 3-7   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語  

  2. 分離プロセスのモデリング、設計、運転のためのデータ活用 招待有り

    川尻喜章  

    分離技術48 巻 ( 2 ) 頁: 52-61   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  3. 中空糸型吸着剤による二酸化炭素回収プロセスの設計と経済性評価 招待有り

    川尻喜章  

    Adsorption News30 巻 ( 4 ) 頁: 5-9   2017年2月

講演・口頭発表等 155

  1. Pressure swing adsorption process using flexible metal-organic frameworks with hysteretic isotherms 国際会議

    Yuya Takakuraa Saeki Sugimoto Junpei Fujiki Hiroshi Kajiro Tomoyuki Yajima Yoshiaki Kawajiri

    PCCC-6 - The 6th Post Combustion Capture Conference from IEAGHG  2021年10月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Online  

  2. ゲート型MOF吸着剤を用いた二酸化炭素分離回収プロセスのモデル化およびパラメータ推定

    杉本冴生 髙倉有矢 上代洋 藤木淳平 矢嶌智之 川尻喜章

    第34回日本吸着学会研究発表会  2021年10月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  3. 疑似移動層クロマトグラフィ分離プロセスのsuperstructureを用いたモデリングと運転最適化

    関下紘介 鈴木健介 矢嶌智之 川尻喜章

    化学工学会第52回秋季大会  2021年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. Bayesian approaches for adsorption isotherm and process modeling 招待有り 国際会議

    Yoshiaki Kawajiri

    International Adsorption Society Webinar Series  2021年6月14日  International Adsorption Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Online  

    その他リンク: https://www.youtube.com/watch?v=pS-gHHSlO1Y

  5. 液化天然ガス排冷熱を利用した二酸化炭素吸着プロセスの開発

    桑原雪乃 徳永貴也 森山達也 小泉匡永 水野志穂 萩野卓朗 日下心平 松田亮太郎 矢嶌智之 川尻喜章

    化学工学会第86年会  2021年3月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  6. 化学×情報⼈材育成のための新しい産学協⼒ 招待有り

    川尻喜章

    関⻄化学⼯業協会 理事会講演会  2021年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  7. 燃焼排ガス、および大気中からの二酸化炭素吸着分離: プロセスモデリングと経済性評価 招待有り

    川尻喜章

    化学工学会CCUS研究会セミナー 「CO2分離回収プロセスのモデル化・コスト評価」  2020年12月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  8. Modeling Isotherms and Parameter Estimation for Pressure Swing Adsorption Process Using Metal-Organic Frameworks 国際会議

    Yuya Takakura, Saeki Sugimoto, Hiroshi Kajiro, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  9. Modeling of nucleation, growth, and dissolution kinetics of paracetamol from ethanol solution for unseeded batch cooling crystallization with temperature cycling strategy 国際共著 国際会議

    Youngjo Kim, Ronald Rousseau, Yoshiaki Kawajiri, Martha Grover

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  10. Parameter Estimation from Operation Data for Simulated Moving Bed Chromatography 国際会議

    Kensuke Suzuki, Hideki Harada, Kohei Sato, Kazuo Okada, Masaki Tsuruta, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:アメリカ合衆国  

  11. Modeling and estimating kinetic parameters for CO2 methanation based on experimental results in a fixed bed reactor 国際会議

    Toshiki Tsuboi, Shoya Yasuda, Hiroshi Machida, Koyo Norinaga, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    Asian Symposium on Process Systems Engineering (PSE Asia) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  12. Bayesian approaches for chemical process modeling 招待有り 国際会議

    Yoshiaki Kawajiri

    Asian Symposium on Process Systems Engineering (PSE Asia) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:アメリカ合衆国  

  13. Uncertainty Quantification for Estimating Molecular Weight Distribution by Gel Permeation Chromatography 国際会議

    Kosuke Wakita, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    Asian Symposium on Process Systems Engineering (PSE Asia) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  14. Parameter Estimation by Bayesian Inference Using Monte Carlo Sampling for Liquid Chromatography Process Model 国際会議

    Yota Yamamoto, Tomoyuki Yajima, Yoshiaki Kawajiri

    Asian Symposium on Process Systems Engineering (PSE Asia) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  15. ゲル浸透クロマトグラフィーによる分子量分布推定の不確実性定量化

    脇田耕輔 矢嶌智之 川尻喜章

    化学工学会 第51会秋季大会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  16. 化学プロセスモデリングにおけるデータサイエンス技術の活用 招待有り

    川尻喜章

    表面技術協会 第142回講演大会   2020年9月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  17. データサイエンス手法を用いた化学プロセスモデリング 招待有り 国際会議

    川尻 喜章

    第 53 回 化学工学の進歩講習会「最新情報技術活用によるプロセス産業スマート化 AI,IoT,MI の基礎から最前線まで -」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  18. Data utilization for chemical process development 招待有り

    Yoshiaki Kawajiri

    東京大学大学院化学システム工学専攻 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. データサイエンス手法を使った化学プロセスモデリング 招待有り 国際会議

    川尻 喜章

    INCHEM TOKYO 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    開催地:東京都    国名:日本国  

  20. 液体クロマトグラフィープロセスモデルのためのマルコフ連鎖モンテカルロ法によるパラメータ推定手法 国際会議

    山本 陽多*,袁 子テイ,矢嶌 智之, 川尻 喜章

    第 33 回 日本吸着学会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  21. 擬似移動層クロマトグラフィー運転データからのモデルパラメータ推定 国際会議

    鈴木健介*,原田秀喜,佐藤 康平,岡田 一夫,鶴田正樹,矢嶌 智之, 川尻 喜章

    第 33 回 日本吸着学会研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  22. 火力発電所排ガス、および大気中からの二酸化炭素吸着分離:プロセスモデリングと最適化 招待有り

    川尻 喜章

    33回日本吸着学会研究発表会  2019年11月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  23. Integrating Material and Process Design for Kinetic Separation 国際会議

    Trisha Sen, Yoshiaki Kawajiri, Matthew Realff

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Orlando, FL, USA   国名:アメリカ合衆国  

  24. Bayesian Estimation of Vapor-Liquid Equilibrium Model Parameters by MCMC Method

    Yosuke Shimizu*,Yoshiaki Kawajiri and Tomoyuki Yajima

    Asian Pacific Confederation of Chemical Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    開催地:Sapporo, Japan   国名:日本国  

  25. Bayesian Approach for Adsorption Process Modeling

    Yuki Isobe,Yota Yamamoto,Kensuke Suzuki,Tomoyuki Yajima and Yoshiaki Kawajiri*

    Fundamentals of Adsorption 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    開催地:Cairns, Australia   国名:日本国  

  26. Integration of Material and Process Design for Kinetic Separation

    Trisha Sen*,Yoshiaki Kawajiri and Matthew Realff

    Fundamentals of Adsorption 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    開催地:Cairs, Australia   国名:日本国  

  27. Hierarchical Bayesian estimation for isotherm parameter determination

    Chunkai Shih,Jongwoo Park,David Sholl,Matthew Realff,Tomoyuki Yajima and Yoshiaki Kawajiri*

    Japan Adsorption 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    開催地:Chiba, Japan   国名:日本国  

  28. データサイエンス⼿法を⽤いた化学プロセス開発:晶析および吸着分離プロセスへの応⽤ 招待有り

    川尻喜章

    株式会社クレハ 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  29. 米国の大学での採用・就職および産学連携の状況について 招待有り

    川尻喜章

    新化学技術推進協会(JACI)平成30年度第5回企画運営会議 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  30. 二酸化炭素分離プロセス開発と経済性評価 招待有り

    川尻喜章

    経済産業省 カーボンリサイクル研究開発ロードマップ検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    開催地:経済産業省 東京都   国名:日本国  

  31. 米国における工学系人材の就職・キャリア開発  招待有り

    川尻喜章

    八大学工学系連合会 工学系大学院生の就職・採用活動を考える  高度工学系人材育成のために 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学 東京都   国名:日本国  

  32. Aromatics/Alkanes Separation: Simulated Moving Bed Process Model Development By a Concurrent Approach and Its Validation in a Mini-Plant

    S. Guo,S. Yang,K. C. Jayachandrababu,P. Vengsarkar,Y. Kawajiri and S. Nair*

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    開催地:Pittsburgh, PA, USA   国名:日本国  

  33. Comparison of Adsorptive Separation Performance of a Hollow Fiber Bed and a Packed Bed: A Modeling Study Using Zeolite 13X and a Mixture of Propylene and Propane

    T. Sen*,Y. Kawajiri and M. Realff

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    開催地:Pittsburgh, PA, USA   国名:日本国  

  34. Hierarchical Bayesian Estimation for Adsorption Isotherm Parameter Determination and Applications to?CO2 Capture

    C. Shii*,J. Park,D. Sholl,M. Realff,T. Yajima and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    開催地:Pittsburgh, PA, USA   国名:日本国  

  35. 多孔性材料を使ったサイクル式吸着プロセスによる連続分離操作と工業的応用

    川尻喜章

    日本学術振興会「ナノ多孔性材料とその産業応用」に関する先導的研究開発委員会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  36. 展望講演 二酸化炭素吸着プロセス開発と経済性評価:米国ジョージア工科大学での共同研究事例 招待有り

    川尻喜章

    化学工学会 第50回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  37. 擬似移動層クロマトグラフィー分離装置における運転データからのモデルパラメータ推定

    原田秀喜,佐藤康平,岡田一夫,鶴田正樹,矢嶌智之 and 川尻喜章

    化学工学会 第50回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  38. マルコフ連鎖モンテカルロ(MCMC)法を用いた吸着プロセスのパラメータ推定

    磯部祐輝,矢嶌智之 and 川尻喜章

    化学工学会 第50回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学   国名:日本国  

  39. データ科学手法を援用したプロセス開発 招待有り

    川尻喜章

    スマートエンジニアリングTOKYO 産学官マッチングフォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  40. Direct Air Capture of CO2 in enclosed environments: Design under uncertainty and Techno-economic analysis

    A. Sinha*,H. Thakkar,F. Rezaei,Y. Kawajiri and M. Realff

    Process Systems Engineering (PSE) 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    開催地:San Diego, CA, USA   国名:日本国  

  41. Design for dynamic operation - A review and new perspectives for a dynamic manufacturing environment 招待有り 国際会議

    Christopher L.E. Swartz Yoshiaki Kawajiri

    Process Systems Engineering 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. Model-based optimization for multi-column chromatography 招待有り 国際会議

    Yoshiaki Kawajiri

    Lund University 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    国名:日本国  

  43. 化学プロセス開発におけるデータ活用

    川尻喜章

    材料バックキャストテクノロジーシンポジウム: 未来を拓くものづくり 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  44. データサイエンス手法を援用した化学プロセス開発の新展開

    川尻喜章

    インフォマティクスと連携したモノづくりと計測技術 日本金属学会東海支部・日本鉄鋼協会東海支部学術討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  45. Simulated Moving Bed Reactor for Enhancing the Productivities of Equilibrium Limited Reactions 国際会議

    B. Sreedhar*,M. E. Donaldson,T. C. Frank,J. Oh,S. Tie,A. S. Bommarius and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    開催地:Minneapolis, MN, USA   国名:アメリカ合衆国  

  46. Application of Polynomial Chaos Expansion for Uncertainty Quantification in Temperature Vacuum Swing Adsorption Model for Direct Air Capture of CO2 国際会議

    A. Sinha*,Y. Kawajiri and M. Realff

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    開催地:Minneapolis, MN, USA   国名:アメリカ合衆国  

  47. Process Flow Sheet Optimization and Techno-Economic Assessment of Post-Combustion CO2 Capture Using Heat Integrated, Sub-Ambient PSA 国際会議

    R. Awati*,D. Sholl,R. P. Lively,Y. Kawajiri,M. J. Realff,H. O. R. Landa and S. J. A. DeWitt

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    開催地:Minneapolis, MN, USA   国名:アメリカ合衆国  

  48. An Experimental Validation of the Concurrent Approach for Simultaneous Isotherm Determination and Process Design for Simulated Moving Bed (SMB) System 国際会議

    S. Guo* and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    開催地:Minneapolis, MN, USA   国名:アメリカ合衆国  

  49. Sub-Ambient Pressure-Swing Adsorption for Enhanced Post-Combustion Carbon Dioxide Capture Via Phase-Change Materials Application 国際会議

    H. O. R. Landa*,S. J. A. DeWitt,M. J. Realff,R. P. Lively and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    開催地:Minneapolis, MN, USA   国名:アメリカ合衆国  

  50. An Experimental Validation of the Concurrent Approach for Simultaneous Isotherm Determination and Process Design for Simulated Moving Bed (SMB) System

    S. Guo* and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Minneapolis, MN, USA  

  51. Thermal Modulation in High-Capacity Pressure-Swing Adsorption Via Incorporation of Microencapsulated Phase-Change Material

    Stephen J.A. DeWitt*, Héctor Octavio Rubiera Landa, Eli Carter, Jongwoo Park, Krista S. Walton, David S. Sholl, Yoshiaki Kawajiri, Matthew J. Realff, Ryan P. Lively

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  52. ベイズ推定と逐次モンテカルロ法を使った CO 2 2 吸着プロセスモ デルの不確定性定量化とロバスト性評価

    川尻 喜章

    化学工学会第49回秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  53. Analysis of hybrid SMB-crystallization process using a binary solvent 国際会議

    B. Sreedhar*,B. Shen,H. Li,R. W. Rousseau and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Boston, MA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  54. Model-based Design and Operation of Simulated Moving Bed Reactor for the Production of Glycol Ether Acetate: Esterification vs. Transesterification 国際会議

    S. Tie*,B. Sreedhar,J. Oh,M. Dolandson,A. Schultz,T. Frank,A. S. Bommarius and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    開催地:Philadelphia, PA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  55. Process Systems Engineering for Sustainable Chemicals and Materials 国際会議

    Y. Kawajiri

    Challenge for next generation materials research in National University of Singapore and Nagoya Univerisity 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:National University of Singapore, Singapore   国名:アメリカ合衆国  

  56. Systems Design and Techno-Economic Study of MOFs and Zeolites for CO 2 capture from Air through Temperature Vacuum Swing Adsorption 国際会議

    A. Sinha*,Y. Kawajiri and M. Realff

    Gordon-Kenan Research Seminar 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    開催地:New London, NH, USA   国名:アメリカ合衆国  

  57. Adsorption and Desorption Performance of Polymeric/Supported Amine Hollow Fibers in CO2 Capture RTSA Process 国際会議

    F. Rezaei*,R. P. Lively,D. S. Sholl,C. W. Jones,W. J. Koros,Y. Kawajiri and M. J. Realff

    11th International Symposium on the Fundamentals of Adsorption (FOA11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Baltimore, MD   国名:アメリカ合衆国  

  58. Optimization Based Design and Experimental Validation of Simulated Moving Bed Chromatography Systems for Ternary Separation 国際会議

    G. Agwaral* and Y. Kawajiri

    11th International Symposium on the Fundamentals of Adsorption (FOA11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Baltimore, MD   国名:アメリカ合衆国  

  59. Continuous enzymatic reactive crystallization of ?-lactam antibiotics 国際会議

    M. A. McDonald*,A. S. Bommarius,M. A. Grover,Y. Kawajiri and R. Rousseau

    Center for Pharmaceutical Development Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    開催地:Atlanta, GA USA   国名:日本国  

  60. Process Integration for Simulated Moving Bed Reactor for Production of Glycol Ether Acetate 国際会議

    S. Tie*,B. Sreedhar,M. Donaldson,T. C. Frank,A. Bommarius and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  61. Tailoring the Crystal Size Distribution By Controlling the Crystallization Trajectory in Mass-Count Space 国際会議

    D. J. Griffin,M. A. Grover*,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  62. Combining PAT with Data Visualization and Machine Learning to Understand and Control Batch Cooling Crystallization 国際会議

    D. J. Griffin*,M. A. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  63. Concurrent Approach for Isotherm Determination and Process Design of Multicomponent Adsorption Systems 国際会議

    S. Guo*,P. Vengsarkar,J. A. Bentley and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  64. Using FBRM for Online Monitoring of Particle Size in Radioactive Tank Waste 国際会議

    T. J. Kernick,M. Grover*,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  65. Applying phase-change materials (PCM) to enhance the performance of carbon dioxide adsorption using hollow fibers 国際会議

    H. O. R. Landa*,M. J. Realff,R. P. Lively and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  66. Transesterification of Propylene Glycol Methyl Ether Using Heterogeneous and Homogeneous Catalyst in Simulated Moving Bed Reactor 国際会議

    J. Oh*,B. Sreedhar,M. Donaldson,A. Shultz,T. C. Frank,A. Bommarius and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  67. Model-Based Comparison of Novel Hollow-Fibre Sorbent Adsorber to Packed Bed Process for Dilute Gas Streams 国際会議

    T. Sen*,H. O. R. Landa,J. Kalyanaraman,Y. Kawajiri and M. Realff

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  68. Systems Design and Economic Analysis of Direct Air Capture of CO2 through Temperature Vacuum Swing Adsorption on Metal Organic Frameworks 国際会議

    A. Sinha*,L. A. Darunte,C. W. Jones,Y. Kawajiri and M. J. Realff

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    開催地:San Francisco   国名:アメリカ合衆国  

  69. A Concurrent Approach for Isotherm Determination and Design of Simulated Moving Bed Process for Multicomponent Systems 国際会議

    P. Vengsarkar*,S. Guo,J. A. Bentley and Y. Kawajiri

    29th International Symposium on Preparative and Process Chromatography, Ion Exchange, Adsorption Processes, & Related Separation Techniques 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    開催地:Philadelphia   国名:アメリカ合衆国  

  70. Generalized Perturbation Method to Determine Multicomponent Isotherm for Saturated Systems 国際会議

    P. V. Siwei Guo*, Jason Bentley, Yoshiaki Kawajiri

    29th International Symposium on Preparative and Process Chromatography, Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    開催地:Philadelphia   国名:アメリカ合衆国  

  71. Process Integration for Simulated Moving Bed Reactor for Production of Glycol Ether Acetate 国際会議

    S. Tie*,B. Sreedhar,G. Agrawal,J. Oh,M. Donaldson,T. Frank,A. Bommarius and Y. Kawajiri

    12th International Conference on the Fundamentals of Adsorption 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    開催地:Friedrichshafen/Lake Constance, Germany   国名:アメリカ合衆国  

  72. A concurrent approach for isotherm determination and adsorption process design for multicomponent systems 国際会議

    S. Guo,P. Vengsarkar,J. A. Bentley and Y. Kawajiri*

    12th International Conference on the Fundamentals of Adsorption 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    開催地:Friedrichshafen/Lake Constance, Germany   国名:アメリカ合衆国  

  73. Reactive Chromatography for the Synthesis of Propylene Glycol Methyl Ether Acetate by Esterification and Transesterification 国際会議

    J. Oh*,S. Tie,B. Sreedhar,M. Donaldson,A. Shultz,T. Frank,A. Bommarius and Y. Kawajiri

    12th International Conference on the Fundamentals of Adsorption 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    開催地:Friedrichshafen/Lake Constance, Germany   国名:アメリカ合衆国  

  74. Optimal Operation of Simulated Moving Bed Reactor: Model Correction and Parameter Estimation 国際会議

    S. Tie*,B. Sreedhar,G. Agrawal,J. Oh,M. E. Donaldson,A. Shultz,T. C. Frank,A. Bommarius and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:Salt Lake City, UT, USA   国名:アメリカ合衆国  

  75. Mass-Count Framework for Crystal Size Control 国際会議

    D. Griffin*,M. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:Salt Lake City, UT, USA   国名:アメリカ合衆国  

  76. Bayesian Inference of Complex Chemical Process Using Reduced Order Modeling 国際会議

    J. Kalyanaraman,Y. Kawajiri and M. J. Realff*

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:Salt Lake City, UT, USA   国名:アメリカ合衆国  

  77. Modeling and Economic Assessment of Rapid Thermal Vacuum Swing Adsorption of CO2 in Hollow Fiber Adsorbents 国際会議

    J. Kalyanaraman,R. Lively,M. Realff and Y. Kawajiri*

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:Salt Lake City, UT, USA   国名:アメリカ合衆国  

  78. Modeling and Design of Reactive Chromatography for the Synthesis of Propylene Glycol Methyl Ether Acetate with Anion Exchange Resin 国際会議

    J. Oh*,S. Tie,G. Agrawal,B. Sreedhar,M. E. Donaldson,A. Schultz,T. C. Frank,A. S. Bommarius and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:Salt Lake City, UT, USA   国名:アメリカ合衆国  

  79. Esterification and Transesterification of Propylene Glycol Methyl Ether Using Heterogeneous Catalyst in Simulated Moving Bed Reactor 国際会議

    J. Oh*,S. Tie,G. Agrawal,B. Sreedhar,M. E. Donaldson,A. Schultz,T. C. Frank,A. S. Bommarius and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:Salt Lake City, UT, USA   国名:アメリカ合衆国  

  80. Systems Design and Analysis of Direct Air Capture (DAC) of CO2 Via Temperature Vacuum Swing Adsorption 国際会議

    A. Sinha*,Y. Kawajiri and M. J. Realff

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    開催地:Salt Lake City, UT, USA   国名:アメリカ合衆国  

  81. Dynamic Optimization of Chemical Processes 招待有り 国際会議

    Y. Kawajiri

    4th Summer School of the IMPRS for Advanced Methods in Process and Systems Engineering Magdeburg 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Max Planck Institute for Dynamics of Complex Technical Systems, Magdeburg, Germany   国名:日本国  

  82. Crystallization processes development: crystal size monitoring and isomer separation 招待有り 国際会議

    Y. Kawajiri and A. S. Bommarius

    Crystallization processes development: crystal size monitoring and isomer separation  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:The Dow Chemical Company, Midland, MI, USA   国名:日本国  

  83. Model-based Deterministic Approach for Optimizing Design and Operation of Simulated Moving Bed Reactor 国際会議

    S. Tie*,B. Sreedhar,G. Agrawal,J. Oh,M. Donaldson,A. Schultz,T. Frank,A. Bommarius and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshop on Preparative and Process Chromatography (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    開催地:Philadelphia, PA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  84. Combining ATR-FTIR and FBRM Feedback: Mass-Count Plots for Crystal Size Control 国際会議

    D. J. Griffin*,M. A. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    Americal Control Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    開催地:Chicago, IL, USA   国名:アメリカ合衆国  

  85. Esterification and Transesterification for Propylene Glycol Methyl Ether Acetate by Reactive Chromatography Systems 国際会議

    J. Oh*,S. Tie,M. Donaldson,A. Schultz,T. Frank,A. Bommarius and Y. Kawajiri

    US-Korea Conference on Science, Technology, and Entrepreneurship 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  86. Design and Optimization of an Integrated SMB-crystallization Process using a Binary Solvent 国際会議

    B. Sreedhar,H. Li,B. Shen,R. Rousseau and Y. Kawajiri*

    International Symposium, Exhibit & Workshop on Preparative and Process Chromatography 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    開催地:Philadelphia, PA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  87. Process modeling, design, and optimization for sustainable separation processes 招待有り 国際会議

    Y. Kawajiri

    Process modeling, design, and optimization for sustainable separation processes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Texas A&M University, College Station, TX, USA   国名:日本国  

  88. Optimization of a two-stage cooling profile in unseeded batch crystallization 国際会議

    J. C. King,H. Li,M. A. Grover*,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    International Symposium on Advanced Control of Chemical Processes 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    開催地:British Columbia, Canada   国名:アメリカ合衆国  

  89. 二酸化炭素分離回収のための温度スイング吸着プロセスのモデリング、設計、及び経済性評価 招待有り 国際会議

    川尻喜章

    二酸化炭素分離回収のための温度スイング吸着プロセスのモデリング、設計、及び経済性評価 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:地球環境産業技術研究機(RITE)京都府木津川市   国名:日本国  

  90. 擬似移動層クロマトグラフィーのモデリング、設計、最適化 招待有り 国際会議

    川尻喜章

    擬似移動層クロマトグラフィーのモデリング、設計、最適化 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:株式会社ワイエムシィ、京都府京都市   国名:日本国  

  91. アメリカにおける化学工学分野での研究及び教育の現状 招待有り 国際会議

    川尻喜章

    アメリカにおける化学工学分野での研究及び教育の現状 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:関西大学、大阪府吹田市   国名:日本国  

  92. Controlled Crystallization of Salt From Nuclear Waste Solutions 国際会議

    D. J. Griffin*,M. A. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    Waste Management 2015 (WM2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    開催地:Phoenix, AZ, USA   国名:アメリカ合衆国  

  93. Controlled Crystallization of Salt From Nuclear Waste Solutions 国際会議

    D. J. Griffin*,M. A. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    Waste Management 2015 (WM2015) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    開催地:Phoenix, AZ, USA   国名:日本国  

  94. A New High Efficiency Solar Fuels Reactor Concept Based on a Liquid Metal Heat Transfer Fluid: Modeling and Efficiency Estimation 国際会議

    C. Yuan*,Y. Kawajiri and A. Henry

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  95. Model-Free Control of Fractional Crystallization 国際会議

    D. Griffin*,M. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  96. Modeling of Diffusion Resistance of CO2 Adsorption on Poly(ethyleneimine) Impregnated Hollow Fiber Adsorbents 国際会議

    J. Kalyanaraman*,Y. Fan,R. Lively,W. J. Koros,C. W. Jones,Y. Kawajiri and M. J. Realff

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  97. Bayesian Approach for Optimal Experimental Design of Thermo Gravimetric Analysis of CO2 on Amine Sorbents 国際会議

    J. Kalyanaraman*,M. Realff and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  98. Analysis of Crystallization Kinetics Based on CSD Estimates from PAT Tools 国際会議

    H. Li*,R. W. Rousseau,Y. Kawajiri and M. Grover

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  99. Evaluation of Esterification and Transesterification Reactions for Propylene Glycol Methyl Ether Acetate in Reactive Chromatography Systems 国際会議

    J. Oh*,S. Tie,G. Agrawal*,B. Sreedhar,M. Donaldson,A. Schultz,T. C. Frank,A. S. Bommarius and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:日本国  

  100. Multi-column chromatography: challenges and opportunities 国際会議

    B. Sreedhar,J. Bentley,G. Agrawal and Y. Kawajiri*

    15th International Symposium on Preparative and Industrial Chromatography and Allied Techniques 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Basel, Switzerland   国名:スイス連邦  

  101. Systematic modeling and design for sustainable separation processes 招待有り 国際会議

    Y. Kawajiri

    Systematic modeling and design for sustainable separation processes  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Lappeenranta University of Technology, Lappeenranta, Finland   国名:日本国  

  102. An empirical model of FBRM data and its application to estimate crystallization kinetics 国際会議

    H. Li*,M. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    19th International Symposium on Industrial Crystallization (ISIC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    開催地:Toulouse, France   国名:アメリカ合衆国  

  103. Supersaturation Control during Fractional Crystallization 国際会議

    D. J. Griffin*,M. A. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    19th International Symposium on Industrial Crystallization (ISIC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    開催地:Toulouse, France   国名:アメリカ合衆国  

  104. Simulated moving bed chromatography for separating nuclear waste. 国際会議

    B. Sreedhar*,D. T. Hobbs and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    開催地:Boston, MA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  105. Modeling and optimization based design of reactive simulated moving bed systems for equilibrium-limited reactions 国際会議

    G. Agrawal*,J. Oh,B. Sreedhar,M. Donaldson,T. C. Frank,A. Shultz,A. S. Bommarius and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    開催地:Boston, MA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  106. An emipricial FBRM model for monitoring crystal size distribution and population balance modeling in batch cooling crystallization 国際会議

    H. Li,Y. Kawajiri*,M. Grover and R. Rousseau

    Joint Congress of Asian Crystallization Technology Symposium-2014 (ACTS-2014) and 11th International Workshop on Crystal Growth of Organic Materials (CGOM11) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    開催地:Nara, Japan   国名:アメリカ合衆国  

  107. Simulated Moving Bed Chromatography as a Potential Tool for Efficient Separations of Minor Actinides and Lanthanides 国際会議

    B. Sreedhar*,T. Suzuki,D. T. Hobbs and Y. Kawajiri

    38th Actinide Separations Conference  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    開催地:Albuquerque, NM, USA   国名:アメリカ合衆国  

  108. Post-Combustion CO2 Capture using Polymer Supported Amine Hollow Fibers in Rapid Temperature Swing Adsorption 国際会議

    C. W. Jones*,W. J. Koros,Y. Kawajiri,M. J. Realff,R. P. Lively,D. S. Sholl,F. Rezaei,Y. Fan,Y. Labreche,S. Swernath and G. Chen

    the Annual Meeting and Workshop for the Research Coordination Network on Carbon Capture Utilization and Storage 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    開催地:New York, NY, USA   国名:アメリカ合衆国  

  109. New Dehydration and Pretreatment Process for Ethanol Production from Biomass 国際会議

    P. Kanchanalai*,R. P. Lively,M. J. Realff and Y. Kawajiri*

    UGA and Georgia Tech Biofuels Summit 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    開催地:Lawrenceville, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  110. Development of Reactive Chromatography Systems for Equilibrium-Limited Reactions 国際会議

    J. Oh*,G. Agwaral,M. Donaldson,T. Frank,A. Bommarius and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    開催地:San Francisco, CA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  111. Using ATR-FTIR to Track the Crystallization of Multiple Solutes 国際会議

    D. Griffin*,M. A. Grover,Y. Kawajiri and R. W. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    開催地:San Francisco, CA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  112. Solid Phase Reactive Simulated Moving Bed Chromatographic Separation System for Biofuel and Biochemical Production 国際会議

    P. Kanchanalai*,M. J. Realff and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    開催地:San Francisco, CA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  113. Estimation of Kinetic Parameters From in-Situ Measurements During Batch Cooling Crystallization 国際会議

    H. Li*,Y. Kawajiri,M. A. Grover and R. W. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    開催地:San Francisco, CA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  114. Parameter Estimation of Crystallization Kinetics Based On a Staggered Numerical Discretization Method of Population Balance Equation 国際会議

    H. Li*,Y. Kawajiri,M. A. Grover and R. W. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    開催地:San Francisco, CA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  115. Modeling, isotherm determination, and simulation of nonlinear chromatography using ChromWorks software 国際会議

    R. Erwin*,B. Shen,J. Yun and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    開催地:Boston, MA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  116. Systematic Modeling and Start-up Acceleration of Simulated Moving Bed Chromatography by Model-based Optimization 国際会議

    J. Bentley,S. Li and Y. Kawajiri*

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    開催地:Boston, MA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  117. Development of an Empirical Method relating Crystal Size Distribution and FBRM Measurements 国際会議

    H. Li,Y. Kawajiri,M. Grover* and R. Rousseau

    Mettler Toledo Users Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    開催地:Durham, NC, USA   国名:アメリカ合衆国  

  118. Mathematical Modeling of RTSA Using Polymeric/Supported Amine Hollow Fibers-Single Fiber Model 国際会議

    F. Rezaei*,R. P. Lively,D. S. Sholl,C. W. Jones,W. J. Koros,Y. Kawajiri and M. Realff

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    開催地:Pittsburgh, PA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  119. Prediction-correction method for optimization of nonlinear SMB separations 国際会議

    J. Bentley* and Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    開催地:Pittsburgh, PA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  120. Model mismatch resolution and optimization for simulated moving bed and continuous chromatographic processes 国際会議

    J. Bentley,B. Sreedhar and Y. Kawajiri*

    International Symposium on Preparative and Industrial Chromatography and Allied Techniques (SPICA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    開催地:Brussels, Belgium   国名:アメリカ合衆国  

  121. Optimal binary separation using simulated moving bed superstructure 国際会議

    B. Sreedhar* and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    開催地:Boston, MA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  122. Separation of minor actinides and lanthanides using simulated moving bed chromatography 国際会議

    B. Sreedhar*,D. T. Hobbs and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    開催地:Boston, MA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  123. Comparison of various ternary simulated moving bed schemes by nonlinear programming 国際会議

    G. Agrawal and Y. Kawajiri*

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    開催地:Boston, MA, USA   国名:日本国  

  124. Simulated moving bed chromatography design for continuous separation of minor actinides and lanthanides 国際会議

    B. Sreedhar*,D. T. Hobbs and Y. Kawajiri

    36th Annual Actinide Separations Conference 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    開催地:Chattanooga, TN, USA   国名:アメリカ合衆国  

  125. Prediction-correction method for optimization of simulated moving bed chromatography 国際会議

    J. Bentley and Y. Kawajiri*

    The 6th Pacific Basin conference on Adsorption Science and Technology (PBAST 6) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    開催地:Taipei, Taiwan   国名:アメリカ合衆国  

  126. Interpretation of FBRM data at high crystal density 国際会議

    H. Li*,Y. Kawajiri,M. Grover and R. R. Rousseau

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    開催地:Minneapolis, MN, USA   国名:アメリカ合衆国  

  127. Optimization of Ternary Simulated Moving Bed Separation by Nonlinear Programming 国際会議

    G. Agrawal and Y. Kawajiri*

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Minneapolis, MN, USA   国名:日本国  

  128. Rapid Process Development for Simulated Moving Bed Chromatography Utilizing Transient Experimental Data 国際会議

    J. Bentley* and Y. Kawajiri

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    開催地:Boston, MA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  129. Efficient Start-up and Shut-Down Strategies for Simulated Moving Beds by Dynamic Optimization 国際会議

    S. Li,Y. Kawajiri*,J. Raisch and A. Seidel-Morgenstern

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:Salt Lake City, UT   国名:アメリカ合衆国  

  130. Optimization of Enantiomeric Gas Separation by Simulated Moving Bed Chromatography and Pressure Swing Adsorption 国際会議

    J. Bentley,Q. Huang,Y. Kawajiri*,M. Eic and A. Seidel-Morgenstern

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    開催地:Salt Lake City, UT   国名:アメリカ合衆国  

  131. Optimization of startup and shutdown operation of simulated moving bed chromatographic processes 国際会議

    S. Li*,Y. Kawajiri,J. Raisch and A. Seidel-Morgenstern

    13th Symposium on Preparative and Industrial Chromatography and Allied Techniques (SPICA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:Stockholm, Sweden   国名:アメリカ合衆国  

  132. Evaluate potential of simulated moving bed chromatography with fractionation and feedback: effects of column number and distribution 国際会議

    S. Li*,Y. Kawajiri,J. Raisch and A. Seidel-Morgenstern

    13th Symposium on Preparative and Industrial Chromatography and Allied Techniques (SPICA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    開催地:Stockholm, Sweden   国名:アメリカ合衆国  

  133. Optimization of FF-SMB with enrichment step and optimal startup operation 国際会議

    S. Li,Y. Kawajiri*,J. Raisch and A. Seidel-Morgenstern

    the 10th International Conference on Fundamentals of Adsorption 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Awaji, Japan   国名:日本国  

  134. Optimizing the separation of gaseous enantiomers by simulated moving bed and pressure swing adsorption 国際会議

    J. Bentley,Q. Huang,Y. Kawajiri*,M. Eic and A. Seidel-Morgenstern

    the 10th International Conference on Fundamentals of Adsorption (FOA10) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    開催地:Awaji, Japan   国名:アメリカ合衆国  

  135. Modeling and Optimal Design of Simulated Moving Bed Chromatography 国際会議

    Y. Kawajiri*

    Center for Pharmaceutical Manufacturing and Formulation 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    開催地:Atlanta, GA   国名:アメリカ合衆国  

  136. A Systematic Method to Find Optimal Number of Columns and Zone Configurations of Simulated Moving Bed Processes 国際会議

    Y. Kawajiri

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    開催地:Nashville, TN   国名:アメリカ合衆国  

  137. Systematic design of simulated moving bed chromatography 招待有り 国際会議

    Y. Kawajiri

    AMPAC Fine Chemicals Roundtable Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    開催地:Atlanta, GA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  138. Performance Optimization of SMB Chromatography with Double Fractionation and Feedback of Outlet Streams 国際会議

    S. Li,Y. Kawajiri*,J. Raisch and A. Seidel-Morgenstern

    International Symposium, Exhibit & Workshops on Preparative and Process Chromatography Ion Exchange, Adsorption Processes & Related Separation Techniques (PREP) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    開催地:Philadelphia, PA   国名:アメリカ合衆国  

  139. Simulated moving bed chromatography with fractionation and feedback: principle and performance optimization 国際会議

    S. Li*,Y. Kawajiri,J. Raisch and A. Seidel-Morgenstern

    5th Pacific Basin Conference on Adsorption Science and Technology (PBAST 5) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    開催地:Singapore   国名:アメリカ合衆国  

  140. Optimal Dynamic Operation of Simulated Moving Bed Processes in Chemical Engineering 国際会議

    Y. Kawajiri*

    SIAM Conference on Computational Science and Engineering 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    開催地:Miami, FL   国名:アメリカ合衆国  

  141. Parameter Estimation of Preferential Crystallization Using a Detailed Mathematical Model 国際会議

    Y. Kawajiri*,I. Angelov,G. Ziomek,M. P. Elsner and A. Seidel-Morgenstern

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    開催地:Philadelphia, PA   国名:アメリカ合衆国  

  142. Theoretical investigation of separation of a ternary mixture by Simulated Moving Bed Chromatography 国際会議

    J. Nowak*,Y. Kawajiri,D. Antos and A. Seidel-Morgenstern

    Symposium on Preparative and Industrial Chromatography and Allied Techniques (SPICA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    開催地:Zurich, Switzerland   国名:アメリカ合衆国  

  143. Optimization of 8-zone simulated moving bed chromatography for ternary separation with recycle stream enrichment 国際会議

    Y. Kawajiri* and A. Seidel-Morgenstern

    Symposium on Preparative and Industrial Chromatography and Allied Techniques (SPICA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    開催地:Zurich, Switzerland   国名:アメリカ合衆国  

  144. Optimization of Preferential Crystallization: Toward Safe and Efficient Pharmaceutical Manufacturing 国際会議

    Y. Kawajiri*,M. P. Elsner and A. Seidel-Morgenstern

    Humboldt Foundation Network Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    開催地:Berlin, Germany   国名:アメリカ合衆国  

  145. Analysis, optimisation, and control strategies of different operation modes for preferential crystallization 国際会議

    M. P. Elsner*,G. Ziomek,Y. Kawajiri,I. Angelov,J. Raisch and A. Seidel-Morgenstern

    Gemeinsame Sitzung der ProcessNet-Fachausschusse "Trocknungstechnik" und "Kristallisation" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    開催地:Halle, Germany   国名:アメリカ合衆国  

  146. Interactive Multiobjective Optimization of Superstructure SMB Processes 国際会議

    J. Hakanen*,Y. Kawajiri,K. Miettinen and L. T. Biegler

    2nd Conference on Optimization Methods & Software and 6th EUROPT Workshop on Advances in Continuous Optimization 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    開催地:Prague, Czech Republic   国名:アメリカ合衆国  

  147. Comparison of configurations of simulated moving bed processes by multi-objective optimization 国際会議

    Y. Kawajiri* and L. T. Biegler

    Second International Conference on Continuous Optimization + Modeling and Optimization: Theory and Applications (ICCOPT-MOPTA) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    開催地:Hamilton, Canada   国名:アメリカ合衆国  

  148. A Family of Optimization Models for Binary SMB Separations 国際会議

    Y. Kawajiri and L. T. Biegler

    9th International Conference on Fundamentals of Adsorption (FOA9) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    開催地:Giardini Naxos, Sicily, Italy   国名:アメリカ合衆国  

  149. Large-Scale Nonlinear Programming for Optimal Design of Simulated Moving Bed Processes 国際会議

    Y. Kawajiri* and L. T. Biegler

    INFORMS Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    開催地:Pittsburgh, PA   国名:アメリカ合衆国  

  150. Full Cycle Optimization of Simulated Moving Bed Processes 国際会議

    Y. Kawajiri* and L. T. Biegler

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    開催地:San Francisco, CA   国名:アメリカ合衆国  

  151. Interactive Multi-objective Optimization for Simulated Moving Bed Processes 国際会議

    J. Hakanen*,Y. Kawajiri,L. T. Biegler and K. Miettinen

    7th International Conference devoted to Multi-objective Programming and Goal Programming 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    開催地:Loire Valley (City of Tours), France   国名:アメリカ合衆国  

  152. Optimization Strategies for Simulated Moving Bed and PowerFeed Processes 国際会議

    Y. Kawajiri* and L. T. Biegler

    AIChE Annual Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    開催地:Cincinnati, OH   国名:アメリカ合衆国  

  153. 擬似移動層方式クロマト分離装置の運転方式に関する検討

    川尻喜章* and 谷川弘治

    化学工学会秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年8月

    開催地:神戸   国名:アメリカ合衆国  

  154. H∞制御によるCSTRのロバスト制御

    川尻喜章* and 中西英二

    化学工学会関西支部富山大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年7月

    開催地:富山   国名:アメリカ合衆国  

  155. ゲル浸透クロマトグラフィーによる分子量分布推定の不確実性定量化

    脇田耕輔 矢嶌智之 川尻喜章

    化学工学会 第51会秋季大会  2020年9月25日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 吸着式 CO2 分離回収における LNG 未利用冷熱の活用

    2020年6月 - 2021年3月

    先導研究プログラム   エネルギー・環境新技術先導研究プログラム

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:12017000円

科研費 2

  1. ベイズ推定・実験計画による化学プロセスモデリングと二酸化炭素吸着分離での実証

    研究課題/研究課題番号:21H01703  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    川尻 喜章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    化学プロセスを設計し運転するため、数式モデルを計算機に実装し、その性能を予測することが行われる。この数式モデルを作るためには、多くの実験を行うだけでなく、経験と経験を持った研究者の判断に頼ることが多い。この過程をシステマティックに行い効率的にするため、本研究ではベイズ統計技術を応用する。更には、二酸化炭素吸着分離を例に取り、モデルの信頼性を高めるために最も効率的な実験方法を見出す。

  2. データサイエンス手法を活用したプロセス強化:反応クロマトグラフィーのモデリング

    研究課題/研究課題番号:18H01776   2018年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    川尻 喜章

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17290000円 ( 直接経費:13300000円 、 間接経費:3990000円 )

産業財産権 9

  1. 二酸化炭素の分離・回収システム

    青木 修一、小泉 匡永、伊藤 大吾、川尻 喜章

     詳細を見る

    出願人:東邦ガス、東海国立大学機構

    出願日:2020年3月

    公開番号:2021-159816  公開日:2021年10月

    出願国:国内   取得国:国内

  2. Xylene separation process

    Michael W. Wewber, Yoshiaki Kawajiri, Michael Salciccioli, John R. Porter, Gaurav Agrawal, Dana L. Pillod, Siwei Guo, Jason Bentley

     詳細を見る

    出願番号:62/339,286  出願日:2017年5月

    出願国:外国  

  3. Incorporation of microencapsulated phase change materials into wet-spin dry jet polymeric fibers for heat

    Stephen DeWitt, Yoshiaki Kawajiri, Ryan Lively, Matthew Realff, Hector Rubiera

     詳細を見る

    出願番号:62/422,923  出願日:2016年11月

    出願国:外国  

  4. Simulated moving bed separation process

    Michael W. Weber, Siwei Guo, Yoshiaki Kawajiri, Jason Bentley, Gaurav Agrawal, Michael Salciccioli, Dana L. Pilliod

     詳細を見る

    出願番号:PCT/US2017/017209  出願日:2016年3月

    出願国:外国  

  5. Xylene separation process

    John D. Ou, Jeevan S. Abichandani, Yoshiaki Kawajiri, Siwei Guo

     詳細を見る

    出願番号:PCT/US2015/067701  出願日:2015年12月

    公開番号:WO2016133589 A1  公開日:2016年8月

    出願国:外国  

  6. Process for operating a simulated moving bed reactor

    Yoshiaki Kawajiri, Gaurav Agrawal, Andreas Bommarius, Jungmin oh, Balamurali Sreedhar

     詳細を見る

    出願番号:PCT/US2015/034175  出願日:2015年6月

    公開番号:WO2015187931 A1  公開日:2016年12月

    出願国:外国  

  7. Process for equilibrium-limited reactions

    Yoshiaki Kawajiri, Andreas Bommarius, Timothy Frank, Megan Donaldson, Jungmin Oh, Gaurav Agrawal

     詳細を見る

    出願番号:PCT/US2014/036602  出願日:2014年5月

    公開番号:WO2014179706 A3  公開日:2014年12月

    出願国:外国  

  8. Methods and controllers for simulated moving bed chromatography for multicomponent separation

    Yoshiaki Kawajiri, Matthew Realff

     詳細を見る

    出願番号:US 14/228,634  出願日:2014年3月

    公開番号:US9534262 B2  公開日:2017年1月

    出願国:外国  

  9. Methods and controllers for simulated moving bed chromatography for multicomponent separation

    Gaurav Agrawal, Yoshiaki Kawajiri

     詳細を見る

    出願番号:PCT/US2012/059776  出願日:2012年11月

    公開番号:WO2013055932 A1  公開日:2013年4月

    出願国:外国  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 13

  1. システム工学入門

    2020

  2. 自動車化学システム2

    2020

  3. 先端プロセス情報工学

    2020

  4. システム工学入門

    2019

  5. 先端プロセス情報工学

    2019

  6. 自動車化学システム2

    2018

  7. 拡散操作

    2018

  8. システム制御

    2018

  9. システム工学入門

    2018

  10. 拡散操作

    2017

  11. システム制御

    2017

  12. 先端プロセス情報工学

    2017

  13. 自動車化学システム2

    2017

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 化学システム工学特別講義Ⅳ

    2019年4月 - 2020年3月 東京大学)

 

社会貢献活動 4

  1. 東京大学大学院工学研究科 化学システム工学専攻 非常勤講師 (化学シス テム工学特別講義Ⅳ)

    役割:講師

    2019年11月

  2. 平成30年度第5回企画運営会議

    役割:講師

    新化学技術推進協会(JACI)  2019年2月

     詳細を見る

    対象: 企業

    種別:講演会

    米国の大学での採用・就職および産学連携の状況について

  3. 工学系大学院生の就職・採用活動を考える  高度工学系人材育成のために

    役割:パネリスト, 講師

    八大学工学系連合会   2018年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:講演会

    米国における工学系人材の就職・キャリア開発

  4. 講師

    役割:講師

    マックスプランク研究所  4th Summer School of the IMPRS for Advanced Methods in Process and Systems Engineering Magdeburg  2015年9月