2022/03/28 更新

写真a

ヤマモト マサヨシ
山本 真義
YAMAMOTO Masayoshi
所属
未来材料・システム研究所 附属未来エレクトロニクス集積研究センター システム応用部 教授
大学院担当
大学院工学研究科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2004年3月   山口大学 ) 

研究キーワード 2

  1. パワーエレクトロニクス

  2. パワーエレクトロニクス

研究分野 1

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電力工学  / パワーエレクトロニクス

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 次世代航空機の電動化に関する研究

経歴 5

  1. 名古屋大学   未来材料・システム研究所 未来エレクトロニクス集積研究センター システム応用部    教授

    2017年5月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   未来材料・システム研究所 未来エレクトロニクス集積研究センター システム応用部    客員准教授

    2016年12月 - 2017年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 島根大学   総合理工学部   准教授

    2011年4月 - 2017年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 島根大学   総合理工学部   講師

    2006年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. サンケン電気株式会社

    2004年4月 - 2006年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 山口大学   理工学研究科

    - 2003年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 18

  1. 自動車技術会

  2. パワーエレクトロニクス学会

  3. 電子情報通信学会

  4. 電気学会

  5. IEEE

  6. 新材料半導体パワーデバイスとその利用に関する技術協同研究委員会

  7. 新材料パワー半導体の変換器応用に関する技術協同研究委員会

  8. 平成26年電子・情報・システム部門大会実行委員会

  9. 平成26年電子・情報・システム部門大会委員会

  10. 平成28・29年度学会活動推進員〔中国支部〕

  11. 平成26・27年度学会活動推進員〔中国支部〕 ・電気学会

  12. 平成24年全国大会実行委員会

  13. 島根県パワーエレクトロニクス研究会

  14. 商用電源にインターフェイスされる電力変換システム技術調査専門委員会・電気学会

  15. 交流電源インターフェイス用コンバータ技術調査専門委員会 ・電気学会

  16. 交流電源にインタフェースされるパワーエレクトロニクス回路技術調査専門委員会

  17. 中国支部役員会・電気学会

  18. ワイヤレス電力伝送システムにおける電力変換技術協同研究委員会

▼全件表示

委員歴 18

  1. 論文委員会(D6グループ)   委員  

    2020年1月 - 現在   

  2. 選挙管理委員会   委員  

    2019年10月 - 2021年6月   

  3. 総務会議   委員 東海 総務担当  

    2019年5月 - 2020年6月   

  4. 電動車両のパワーコントロールユニットの高性能化に関する協同研究委員会   委員  

    2019年4月 - 2021年3月   

  5. ICEMS2020実行委員会   委員  

    2019年4月 - 2021年3月   

  6. 広報委員会   委員  

    2018年6月 - 2019年5月   

  7. 編修専門第3部会   委員  

    2018年5月 - 2020年6月   

  8. 東海支部役員会   総務企画幹事  

    2018年5月 - 2020年6月   

  9. SiCとGaNと共に発展するパワーエレクトロニクスにおけるシステムインテグレーション技術調査   委員  

    2018年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. 交流電源にインタフェースされる電力変換回路および制御技術調査専門委員会   幹事  

    2018年4月 - 2020年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. 平成30・31年度学会活動推進員〔東海支部〕   総務企画幹事  

    2018年4月 - 2020年3月   

  12. 日本学術振興会 産学協力研究委員会   副委員長  

    2016年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  13. 平成28・29年度学会活動推進員〔中国支部〕   推進員(学校)  

    2016年 - 2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    平成28・29年度学会活動推進員〔中国支部〕

  14. IPEC2018組織委員会   委員  

    2015年12月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  15. IPEC2018組織委員会   委員  

    2015年 - 2019年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    IPEC2018組織委員会

  16. 自動車用パワーエレクトロニクスの新展開調査専門委員会   委員  

    2015年 - 2017年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    自動車用パワーエレクトロニクスの新展開調査専門委員会

  17. 新材料パワー半導体の変換器応用に関する技術協同研究委員会   委員長  

    2015年 - 2017年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    新材料パワー半導体の変換器応用に関する技術協同研究委員会

  18. 電気学会半導体電力変換技術委員会   1号委員  

    2014年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

受賞 3

  1. 優秀論文発表賞

    2022年2月   電気学会 半導体電力変換研究会   直流ブラシモータにおけるスパイクサージ の分析と解析モデルの提案

    片桐高大

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. 電気学会優秀論文発表賞

    2022年1月   電気学会  

    塩山 知

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  3. 第16回WPT研コンテスト 優秀賞

    2020年11月   WPT研究会   電界&磁界ハイブリッド結合!!反射波も利用できる 走れ!オメガ・ヴィークル

    蔵本 大樹、大矢 根蒼、大野 広道、山本 真義様

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 68

  1. A simple gate driver design for GaN-based switching devices with improved surge voltage and switching loss at 1 MHz operation 国際共著 国際誌

    Jodo Shota, Iwaki Toshihiro, Uchiyama Kosuke, Islam Md. Zahidul, Kataoka Kensuke, Hayakasa Yuki, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi, Niitsu Kiichi

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   60 巻 ( SA )   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  2. Effect of Tunnel Pits Radius Variation on the Electric Characteristics of Aluminum Electrolytic Capacitor 査読有り 国際誌

    Mukaiyama Daisaku, Yamamoto Masayoshi

    IEICE TRANSACTIONS ON ELECTRONICS   E104C 巻 ( 1 ) 頁: 22 - 33   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1587/transele.2020ECP5009

    Web of Science

  3. Effects of Secondary Leakage Inductance on the LLC Resonant Converter 査読有り 国際共著 国際誌

    Noah Mostafa, Shirakawa Tomohide, Umetani Kazuhiro, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi, Hiraki Eiji

    IEEE TRANSACTIONS ON POWER ELECTRONICS   35 巻 ( 1 ) 頁: 835 - 852   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/TPEL.2019.2911093

    Web of Science

  4. Current and Voltage Hybrid Source Gate Driver for Maximizing the Switching Capability of SiC MOSFETs 査読有り 国際誌

    Ishido Ryosuke, Okawauchi Yuta, Nakahara Ken, Shirai Shinya, Yamamoto Masayoshi

    2020 IEEE WORKSHOP ON WIDE BANDGAP POWER DEVICES AND APPLICATIONS IN ASIA (WIPDA ASIA)     2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/WiPDAAsia49671.2020.9360286

    Web of Science

  5. Dielectric Characteristics Analysis of Aluminum Electrolytic Capacitors Based on Linear Response Function 査読有り 国際誌

    Mukaiyama Daisaku, Yamamoto Masayoshi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   166 巻 ( 16 ) 頁: E554 - E563   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1149/2.0551916jes

    Web of Science

  6. Improved core loss calculation method considering the non-uniform distribution of magnetic flux density in powder cores 査読有り 国際共著 国際誌

    Ishikura Yuki, Imaoka Jun, Noah Mostafa, Yamamoto Masayoshi

    IET POWER ELECTRONICS   12 巻 ( 6 ) 頁: 1393 - 1399   2019年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1049/iet-pel.2018.5362

    Web of Science

  7. A Current Sharing Method Utilizing Single Balancing Transformer for a Multiphase LLC Resonant Converter With Integrated Magnetics 査読有り 国際共著 国際誌

    Noah Mostafa, Endo Shun, Ishibashi Hiroki, Nanamori Kimihiro, Imaoka Jun, Umetani Kazuhiro, Yamamoto Masayoshi

    IEEE JOURNAL OF EMERGING AND SELECTED TOPICS IN POWER ELECTRONICS   6 巻 ( 2 ) 頁: 977 - 992   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/JESTPE.2017.2777508

    Web of Science

  8. A Magnetic Design Method Considering DC-Biased Magnetization for Integrated Magnetic Components Used in Multiphase Boost Converters 査読有り 国際共著 国際誌

    Imaoka Jun, Okamoto Kenkichiro, Kimura Shota, Noah Mostafa, Martinez Wilmar, Yamamoto Masayoshi, Shoyama Masahito

    IEEE TRANSACTIONS ON POWER ELECTRONICS   33 巻 ( 4 ) 頁: 3346 - 3362   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/TPEL.2017.2707385

    Web of Science

  9. Total volume evaluation of high-power density non-isolated DC-DC converters with integrated magnetics for electric vehicles 査読有り 国際共著 国際誌

    Martinez Wilmar, Cortes Camilo, Yamamoto Masayoshi, Imaoka Jun, Umetani Kazuhiro

    IET POWER ELECTRONICS   10 巻 ( 14 ) 頁: 2010 - 2020   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1049/iet-pel.2017.0157

    Web of Science

  10. Transformer with Adjustable Path-Core Type Inductance for Use in GaN-HEMT LLC Resonant Converter

    Ou Tengfei, Noah Mostafa, Tsuruya Mamoru, Namiki Seiji, Morita Koichi, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi

    IEEJ JOURNAL OF INDUSTRY APPLICATIONS   11 巻 ( 1 ) 頁: 41 - 48   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会  

    A novel magnetic structure for use in LLC resonant converters is proposed in this paper. It is known as a Path-core type Resonant Inductance Adjustable (PRIA) transformer, which is a type of transformer with adjustable resonant inductance. In the proposed transformer, the resonant inductance and magnetizing inductance can be designed separately; therefore, it becomes less challenging to realize the required resonant frequency. Moreover, the magnetizing inductance is not affected by any variation in the resonant inductance. The proposed PRIA transformer is found to improve the efficiency of the LLC converters. In this paper, the design of a resonant inductance of a PRIA transformer is presented. In addition, the application of PRIA transformers to a 1-MHz LLC resonant converter and 1 kW1.4-MHz LLC resonant converter is presented.

    DOI: 10.1541/ieejjia.21002488

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Research

  11. Time-Shifted Control of Self-Synchronous Rectifier for MHz Wireless Power Transfer Systems

    Sasaki M., Sakuno K., Yamamoto M.

    IEEE International Symposium on Industrial Electronics   2021-June 巻   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Industrial Electronics  

    Recently wireless power transfer systems via resonant magnetic coupling (MRC-WPT) is the promising wireless power supply method to mobile applications. 13.56MHz highly resonant wireless power receivers experience high rectifier losses when using Schottky diodes and can fail to meet the thermal limit requirements for many products such as laptops. Therefore, the synchronous rectification is one of the effective solutions. However, the increased occupancy of the control signal propagation delay in switching cycle, tend to make the introduction of the synchronous rectification difficult. This novel synchronous rectifier can operate under any propagation delay of gate drivers. The analysis successfully verified the operating principle and clarified the usefulness of the proposed control for MHz WPT systems.

    DOI: 10.1109/ISIE45552.2021.9576180

    Scopus

  12. 産業機械の電動化に向けたマルチ入力モジュラーDC/DCコンバータの協調制御

    朴 青云, 垣坂 資, 今岡 淳, 山本 真義, 甲野藤 正明

    電気学会論文誌D(産業応用部門誌)   141 巻 ( 4 ) 頁: 304 - 312   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会  

    A cooperative control scheme for a power conversion system having several energy sources and modular dc/dc converters is proposed in this paper. The proposed cooperative control approach has the advantage of realizing constant dynamic characteristics even when the different input voltages fluctuate or when the output power of each input voltage source is limited. The effectiveness of the proposed cooperative control method is verified via simulation and experiment.

    DOI: 10.1541/ieejias.141.304

    Scopus

    CiNii Research

  13. ヘリカル共振器の活用による電界共鳴ワイヤレス給電の伝送効率の向上

    大矢根 蒼, 山本 真義

    電子情報通信学会論文誌B 通信   J104-B 巻 ( 3 ) 頁: 309 - 311   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    無線電力伝送の一種である電界共鳴ワイヤレス給電方式は,長距離における伝送効率が低い.そこで本報告では,Q値が高いヘリカル共振器の利用によって高い伝送効率を実現する方式を提案する.27.12MHzにおいて提案方式と従来方式の特性を比較し,伝送効率が最大69.4%向上することを確認した.

    DOI: 10.14923/transcomj.2020gwl0001

    CiNii Research

  14. パワーコンバータにおける電力磁気部品の電力損失算出法

    石倉 祐樹, 細谷 達也, 山本 真義

    電気学会論文誌. A   141 巻 ( 1 ) 頁: 69 - 75   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会  

    This paper reports a power loss calculation method for magnetic components in power converters. The differences in B-H loop areas are analyzed and discussed in case of sinusoidal waveform and square wave voltage excitation. Relying on the output results, iron loss calculation method based on square wave excitation is proposed. Experimental results show that the proposed iron loss calculation method is accurate compared with the traditional method using Steinmetz’s equation. In addition, the proposed method reduces the calculation procedure compared with the method using Steinmetz’s equation. The proposed iron loss calculation method is very practical and beneficial for converter designers.

    DOI: 10.1541/ieejfms.141.69

    Scopus

    CiNii Research

  15. Bidirectional Converter with Multi-stage FETs Featuring Voltage Balance Control Function Using Variable Capacitors

    Ishikura Yuki, Hosotani Tatsuya, Yamamoto Masayoshi

    IEEJ JOURNAL OF INDUSTRY APPLICATIONS   10 巻 ( 1 ) 頁: 100 - 106   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1541/ieejjia.19003873

    Web of Science

  16. Reversed Configuration Boost Converter to Reduce Effective CM Capacitance

    Sasaki M., Imaoka J., Yamamoto M.

    2021 IEEE International Future Energy Electronics Conference, IFEEC 2021     2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:2021 IEEE International Future Energy Electronics Conference, IFEEC 2021  

    More and more wide band gap power devices are used in switching converters to achieve high power density and high efficiency. However,those devices increase electromagnetic interference (EMI),especially common mode (CM) noise propagates through parasitic capacitance. A noise filter is a popular way to decrease EMI. But a filter decreases the power density of the converter because of the bulk components. Therefore,a noise reduction method with small increase in volume and weight is necessary. In this paper,a novel but simple circuit configuration for high power application to reduce CM noise is investigated in simulation and experiment.

    DOI: 10.1109/IFEEC53238.2021.9662002

    Scopus

  17. Magnetic Design Method for Multi-Material Inductor to Flatten Efficiency Curve of Power Converters within Wide Load Ranges 招待有り 査読有り

    Ishikura Y, Imaoka J., Noah M., Aoki T, Ito K, Yamamoto M

    IEEE Transactions on Magnetics   56 巻 ( 10 ) 頁: 1 - 8   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

  18. Magnetic Design Method for Multi-Material Inductor to Flatten Efficiency Curve of Power Converters Within Wide Load Ranges 査読有り 国際共著 国際誌

    Ishikura Yuki, Imaoka Jun, Noah Mostafa, Aoki Tatsuya, Ito Koichiro, Yamamoto Masayoshi

    IEEE TRANSACTIONS ON MAGNETICS   56 巻 ( 10 )   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IEEE Transactions on Magnetics  

    This article proposes a novel magnetic design method for multi-material inductor which combines multiple powder cores with different magnetic characteristics. The purpose of this work is to flatten the power conversion efficiency curve over wide load ranges of power converters using the multi-material inductor. For the purpose of simplicity, the multi-material inductor which consists of two powder cores with different characteristics is taken as an example. A design method of multi-material inductor is proposed and demonstrated with a modeling method considering the non-linear relative permeability. The experimental results show that the multi-material inductor using two powder cores can improve the power conversion efficiency of the bidirectional converter over wide load ranges compared with other two single-material inductors. The proposed inductor succeeded to flatten the efficiency curve of the converter and realize a higher power conversion efficiency at the full-load condition. The validity and effectiveness of the proposed magnetic design method are confirmed from theoretical analysis and experimental results.

    DOI: 10.1109/TMAG.2020.3014592

    Web of Science

    Scopus

  19. Output Power Pulsation Suppressed with an Activity Smoothen Buck-Boost Converter to Achieve Electrolytic Capacitor-less AC/DC Converter

    Ou T., Namiki S., Tsuruya M., Noah M., Morita K., Mukaiyama D., Imaoka J., Yamamoto M.

    12th AEIT International Annual Conference, AEIT 2020     2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:12th AEIT International Annual Conference, AEIT 2020  

    An Activity Smoothen Circuit with bidirectional Buck-Boost Converter (AS-BBC) was approached to smoothen the output power of a power factor correction (PFC) converter, which is an AC/DC converter, without using any electrolytic capacitors in this paper. In order to smoothen the output pulsation current of the PFC converter, electrolytic capacitors have been used generally, since electrolytic capacitors have a large magnitude capacity. However, there is a lifespan to electrolytic capacitors. On the other hand, film capacitors have a semi-permanent lifespan with so much less magnitude capacity than electrolytic capacitors. A way of using the AS-BBC to make a small capacitor work like a large capacitor as a smoothing capacitor to handle the output power is presented in this paper. Approximately 47% of the pulsation output is suppressed with a 4.4μ F film capacitor with the AS-BBC. Since there is no electrolytic capacitor adapted, a semi-permanent lifespan PFC converter is achieved successfully.

    DOI: 10.23919/AEIT50178.2020.9241166

    Scopus

  20. Temperature Dependency Modeling, Simulation and Experimental Validations of DC Superimposition Characteristics for Gapped-Ferrite Inductor Including Saturation Region

    Imaoka J., Aoki T., Shigematsu K., Yamamoto M.

    IEEE International Symposium on Industrial Electronics   2020-June 巻   頁: 1466 - 1473   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IEEE International Symposium on Industrial Electronics  

    To realize the early development of power converters, research on the front-loading design in which the efficiency, control characteristics, converter size, thermal management, and Electromagnetic Compatibility (EMC) are carefully considered before making a prototype, has been attracting. To carefully design and predict these design factors before prototyping, making accurate models of active/passive components operated on simulation of the multi-physical domain such as thermal, magnetic, and electrical is indispensable. This is because these characteristics of active/passive components on power converters are affected by each other. In this background, this paper proposes a nonlinear relative permeability modeling method with a temperature dependency of gapped-ferrite cores. The temperature dependency of the effective relative permeability of the gapped-ferrite core is investigated under core temperature within-50°C-+ 150°C. As features of the proposed modeling method and simulation model, a simple mathematical equation and lookup tables are utilized for simple implementation to the simulator. The validity of the proposed modeling method is confirmed by both simulation and experimental tests under operating conditions including the magnetic saturation regions.

    DOI: 10.1109/ISIE45063.2020.9152521

    Scopus

  21. Technical Trend of Power Electronics Systems for Automotive Applications 招待有り 査読有り

    Yamamoto M., Kakisaka T, Imaoka J

    Japanese Journal of Applied Physics   59 巻 ( SG ) 頁: 0805-1 - 0805-13   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  22. 多段FET駆動技術を用いた双方向コンバータ 招待有り 査読有り

    石倉祐樹 ,細谷達也, 山本 真義

    電子情報通信学会論文誌 B   J103-B 巻 ( No.4 ) 頁: .154 - 161   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

  23. Technical trend of power electronics systems for automotive applications 査読有り 国際誌

    Yamamoto Masayoshi, Kakisaka Tasuku, Imaoka Jun

    JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS   59 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Japanese Journal of Applied Physics  

    Wide-bandgap semiconductor devices, such as gallium nitride and silicon carbide devices, have attracted great interest in the automotive application area. However, wide-bandgap semiconductor devices are still too expensive to apply in the power electronics system in automotive applications. In this application, the series-connected active power semiconductor device method using low voltage rating power semiconductor devices of power conversion systems is an effective solution for the cost and efficiency problems. However, there exists no discussion about the voltage imbalance phenomenon for series-connected active power semiconductor devices. In this paper, the voltage imbalance phenomenon is analyzed and evaluated using simulation and an experimental setup in the case of a hard-switching DC-DC converter and a soft-switching one suitable for automotive applications.

    DOI: 10.35848/1347-4065/ab75b9

    Web of Science

    Scopus

  24. 多段FET駆動技術を用いた双方向コンバータ

    石倉 祐樹, 細谷 達也, 山本 真義

      J103-B 巻 ( 4 ) 頁: 154 - 161   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    実用的で高効率な双方向コンバータを開発することを目的に,多段FET駆動技術を用いた双方向コンバータを提案する.本技術では,変圧器や高耐圧プロセスICを必要とせず,グランドレベルの異なる複数のFETを一つの制御電源で駆動できる.本コンバータを構成するバランスキャパシタは,FETのオフ期間に加わるドレイン電圧を平均化する効果がある.実際に設計する前に,コンバータの電力損失を見積もるコンバータ性能指標FOM(Figure of merit)を用いて,4石のSi-FETを用いた提案構成を1石のSiC-FETを用いた構成と比較することにより,電力損失が低減できる可能性を示す.解析では,バランスキャパシタが有する電圧平均化機能の効果を明確にし,バランスキャパシタがある場合は,ない場合と比較してより低耐圧のFETが使用できることを示す.コンバータの等価回路を用いて,駆動回路の動作原理と設計手順を示し,設計手順に基づいて実際にコンバータを設計する.実験では,コンバータの電力動作機構の解析と設計手順の妥当性を確認する.電力変換特性では,出力170Wから1000Wにおいて,電力変換効率98%以上,最高99.2%を達成し,提案コンバータの有効性と実用性を明らかにした.

    DOI: 10.14923/transcomj.2019jbp3022

    CiNii Research

  25. バリアブルキャパシタによる電圧バランス制御機能を備えた多段FET双方向コンバータ

    石倉 祐樹, 細谷 達也, 山本 真義

    電気学会論文誌D(産業応用部門誌)   140 巻 ( 3 ) 頁: 168 - 174   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会  

    This paper presents a bidirectional converter with multi-stage FETs featuring voltage balance control function using variable capacitors. The proposed converter is constructed using low-voltage Si-FETs in a series connection, and it improves the voltage balance between the drain-source voltages of the series connected FETs in the OFF period. Using the converter figure of merit (FOM), which can estimate the converter losses from the specifications of the FETs, the effectiveness of the proposed converter is compared to that of a converter using SiC-FETs. The factors of the voltage unbalance are analytically clarified using the equivalent circuit. The principle of voltage balance control function using the variable capacitor is discussed. The experimental results show that the proposed converter can achieve a maximum power conversion efficiency of 99.2%.

    DOI: 10.1541/ieejias.140.168

    Scopus

    CiNii Research

  26. Voltage Balancing Control Method Using Variable Capacitors with Simple Turn-on Adjusting Function for Multi-Stage FET Bidirectional Converter

    Ishikura Y., Hosotani T., Noah M., Imaoka J., Yamamoto M.

    Conference Proceedings - IEEE Applied Power Electronics Conference and Exposition - APEC   2020-March 巻   頁: 2944 - 2949   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Conference Proceedings - IEEE Applied Power Electronics Conference and Exposition - APEC  

    This paper proposes a voltage balancing control method using variable capacitors with simple turn-on adjusting function for multi-stage FET bidirectional converter. The proposed voltage balancing control circuit is composed of a feedback circuit using photocouplers and a delay circuit using variable capacitors with turn-on adjusting diodes. The proposed voltage balancing circuit can reduce the drain-source voltage unbalance which occur during the turn-on and turn-off period of series-connected FETs. The theoretical discussion includes analyzing the unbalanced drain-source voltage in seriesconnected FETs using a simplified converter. Also, the principal of the proposed voltage balancing control method is clarified. The experimental results show that the proposed voltage balancing control method can reduce the drain-source voltage difference Δvds of series-connected FETs from 36 V to 11 V (69% reduction in Δvds) during the turn-off and from 22 V to 11 V (50% reduction in Δvds) during the turn-on period. The multistage FET bidirectional converter can achieve a maximum power conversion efficiency of 99.2%.

    DOI: 10.1109/APEC39645.2020.9124221

    Scopus

  27. A simple gate driver design for GaN-based switching devices with improved surge voltage and switching loss at 1-MHz operation 招待有り 査読有り

    Shota Jodo, Toshihiro Iwaki, Kosuke Uchiyama, Md. Islam, Kensuke Kataoka, Yuki Hayasaka, Jun Imaoka, Masayoshi Yamamoto, Kiichi Niitsu

    Japanese Journal of Applied Physics   No. 60 巻 ( SADD02 ) 頁: SAAD02-1 - SAAD02   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  28. Comparison of switching performance between GaN and SiC MOSFET via 13.56MHz Half-bridge Inverter

    Xiong Yi, Oyane Aoi, Ou Tengfei, Thilak Senanayake, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi

    2020 IEEE 29TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL ELECTRONICS (ISIE)     頁: 672 - 676   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  29. Analysis of Common Mode Noise Reduction Mechanism in A Shielded Inductor

    Sasaki Mamoru, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi, Nakano Akira, Fuse Koji

    2020 IEEE 29TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL ELECTRONICS (ISIE)     頁: 660 - 665   2020年

     詳細を見る

  30. Temperature Dependency Modeling, Simulation and Experimental Validations of DC Superimposition Characteristics for Gapped-Ferrite Inductor Including Saturation Region

    Imaoka Jun, Aoki Tatsuya, Shigematsu Koichi, Yamamoto Masayoshi

    2020 IEEE 29TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL ELECTRONICS (ISIE)     頁: 1466 - 1473   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  31. Voltage Balancing Control Method Using Variable Capacitors with Simple Turn-on Adjusting Function for Multi-Stage FET Bidirectional Converter

    Ishikura Yuki, Hosotani Tatsuya, Noah Mostafa, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi

    2020 THIRTY-FIFTH ANNUAL IEEE APPLIED POWER ELECTRONICS CONFERENCE AND EXPOSITION (APEC 2020)     頁: 2944 - 2949   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  32. 多段FET 双方向コンバータを備えた エネルギーマネジメント蓄電システム

    石倉 祐樹, 細谷 達也, 山本 真義

    パワーエレクトロニクス学会誌   46 巻 ( 0 ) 頁: 44 - 50   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:パワーエレクトロニクス学会  

    DOI: 10.5416/jipe.46.44

    CiNii Research

  33. Modeling, Magnetic Design, Simulation Methods, and Experimental Evaluation of Various Powder Cores Used in Power Converters Considering Their DC Superimposition Characteristics 査読有り 国際誌

    Imaoka Jun, Okamoto Kenkichiro, Shoyama Masahito, Ishikura Yuki, Noah Mostafa, Yamamoto Masayoshi

    IEEE TRANSACTIONS ON POWER ELECTRONICS   34 巻 ( 9 ) 頁: 9033 - 9051   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:IEEE Transactions on Power Electronics  

    Powder cores have been gaining much attention as one of the attractive magnetic cores used in power converters due to their superior features such as high saturation flux density and their capability to suppress fringing flux due to the distributed airgaps. However, powder cores have a unique feature that the relative permeability of the magnetic core varies depending on the magnetic field intensity. The comprehensive modeling of variable relative permeability, design method of powder cores, and computer simulation methods are not well discussed in the relevant literature. This paper proposes a novel modeling, magnetic design method, and simulation technique considering dc superimposition characteristics of powder cores. The modeling method relies on a simple novel model equation representing the behavior of the variable relative permeability under the dc current superimposition condition, which is helpful to evaluate the performance of powder cores and to properly design various magnetic components. In this evaluation, five different magnetic powder cores are used to show the accuracy and properness of the proposed method. Theoretical analysis has been presented and the effectiveness of the proposed methods has been evaluated through simulation and experimental tests.

    DOI: 10.1109/TPEL.2018.2886044

    Web of Science

    Scopus

  34. 東海支部における地域貢献活動紹介

    山本 真義

    電気学会誌   139 巻 ( 4 ) 頁: 244 - 244   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会  

    <p>はじめに</p><p>電気学会東海支部としては,学術講演会,講習会,見学会,サイエンスセミナーなどの諸行事を開催し,学会活動の一層のオープン化を目指している。今回はそういった地域貢</p>

    DOI: 10.1541/ieejjournal.139.244

    CiNii Research

  35. Comparative Evaluation of Electrical and Calorimetric Methods to Estimate Core Loss in Powder Cores

    Ishikura Yuki, Imaoka Jun, Noah Mostafa, Yamamoto Masayoshi

    IEEJ JOURNAL OF INDUSTRY APPLICATIONS   8 巻 ( 3 ) 頁: 386 - 393   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1541/ieejjia.8.386

    Web of Science

  36. Magnetic Design Method for Multi-Material Powder Core Inductor to Improve Efficiency of Bidirectional DC/DC Converter within Wide Load Range

    Imaoka J., Ishikura Y., Ito K., Aoki T., Noah M., Yamamoto M.

    2019 10TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON POWER ELECTRONICS AND ECCE ASIA (ICPE 2019 - ECCE ASIA)     2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  37. Effects of Secondary Leakage Inductance on the LLC Resonant Converter-Part II: Frequency Control Bandwidth with respect to Load Variation

    Noah Mostafa, Shirakawa Tomohide, Umetani Kazuhiro, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi, Hiraki Eiji

    THIRTY-FOURTH ANNUAL IEEE APPLIED POWER ELECTRONICS CONFERENCE AND EXPOSITION (APEC 2019)     頁: 1408 - 1414   2019年

     詳細を見る

  38. Effects of Secondary Leakage Inductance on the LLC Resonant Converter-Part I: Transformer Voltage Gain and Efficiency

    Noah Mostafa, Shirakawa Tomohide, Umetani Kazuhiro, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi, Hiraki Eiji

    THIRTY-FOURTH ANNUAL IEEE APPLIED POWER ELECTRONICS CONFERENCE AND EXPOSITION (APEC 2019)     頁: 780 - 786   2019年

     詳細を見る

  39. Comprehensive Analysis of Coupled Inductors with Powder Cores Used in Interleaved Converter: Measurement, Modeling, Design Methods, and Experimental Evaluation

    Aoki Tatsuya, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi, Yoshimoto Kosuke

    2019 IEEE 13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON POWER ELECTRONICS AND DRIVE SYSTEMS (PEDS)     2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  40. Study on the Imbalanced Voltage of Series-connected Active Power Semiconductor Devices in Power Conversion Systems

    Zhang Hongjing, Imaoka Jun, Noah Mostafa, Ishikura Yuki, Yamamoto Masayoshi

    2019 IEEE WORKSHOP ON WIDE BANDGAP POWER DEVICES AND APPLICATIONS IN ASIA (WIPDA ASIA 2019)     2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  41. Effect of inductor parasitic resistances on the voltage gain of high step-up DC-DC converters for electric vehicle applications

    Martinez Wilmer, Cortes Camilo, Yamamoto Masayoshi, Imaoka Jun

    IET POWER ELECTRONICS   11 巻 ( 10 )   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1049/iet-pel.2017.0361

    Web of Science

  42. Oscillation analysis and current peak reduction in paralleled SiC MOSFETs

    Nanamori Kimihiro, Sugihara Yusuke, Yamamoto Masayoshi

    IET CIRCUITS DEVICES & SYSTEMS   12 巻 ( 4 )   2018年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1049/iet-cds.2017.0255

    Web of Science

  43. Lagrangian dynamics model and practical implementation of an integrated transformer in multi-phase LLC resonant converter

    Noah Mostafa, Umetani Kazuhiro, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi

    IET POWER ELECTRONICS   11 巻 ( 2 ) 頁: 339 - 347   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1049/iet-pel.2017.0485

    Web of Science

  44. Winding orientation method to minimise the secondary leakage of a gapped transformer utilised in LLC resonant converter

    Noah M., Umetani K., Yamamoto M., Imaoka J.

    ELECTRONICS LETTERS   54 巻 ( 3 )   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1049/el.2017.4013

    Web of Science

  45. A Novel Transformer Structure Used in a 1.4 MHz LLC Resonant Converter with GaNFETs

    Ou Tengfei, Noah Mostafa, Morita Koichi, Tsuruya Mamoru, Namiki Seiji, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi

    2018 IEEE INTERNATIONAL POWER ELECTRONICS AND APPLICATION CONFERENCE AND EXPOSITION (PEAC)     頁: 1562 - 1566   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  46. Modeling, Magnetic Design, and Simulation Methods Considering DC Superimposition Characteristic of Powder Cores Used in Power Converters

    Imaoka Jun, Okamoto Kenkichiro, Shoyama Masahito, Ishikura Yuki, Noah Mostafa, Yamamoto Masayoshi

    2018 INTERNATIONAL POWER ELECTRONICS CONFERENCE (IPEC-NIIGATA 2018 -ECCE ASIA)     頁: 1095 - 1102   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  47. Magnetic Design and Experimental Evaluation of a Commercially Available Single Integrated Transformer in Three-Phase LLC Resonant Converter

    Noah Mostafa, Kimura Shota, Imaoka Jun, Martinez Wilmar, Endo Shun, Yamamoto Masayoshi, Umetani Kazuhiro

    IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRY APPLICATIONS   54 巻 ( 6 ) 頁: 6190 - 6204   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/TIA.2018.2856631

    Web of Science

  48. Fundamental Experiment of 3-phase Electric Resonant Coupling Wireless Power Transfer

    Hattori Fumiya, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi, Masuda Mitsuru

    2018 7TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON RENEWABLE ENERGY RESEARCH AND APPLICATIONS (ICRERA)     頁: 1417 - 1422   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  49. Experimental Evaluation of Inverter System Consisting of 4-parallel GaN Devices Unit

    Ohnuma Yoshiya, Miyawaki Satoshi, Hattori Fumiya, Yamamoto Masayoshi

    2018 INTERNATIONAL POWER ELECTRONICS CONFERENCE (IPEC-NIIGATA 2018 -ECCE ASIA)     頁: 2738 - 2742   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  50. Core Loss Evaluation in Powder Cores: A Comparative Comparison between Electrical and Calorimetric Methods

    Ishikura Yuki, Imaoka Jun, Noah Mostafa, Yamamoto Masayoshi

    2018 INTERNATIONAL POWER ELECTRONICS CONFERENCE (IPEC-NIIGATA 2018 -ECCE ASIA)     頁: 1087 - 1094   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  51. Multiple Exciting Voltage Control for Maximization of Multi-hop Wireless Power Transfer Efficiency

    Sasaki Masato, Yamamoto Masayoshi

    2018 INTERNATIONAL POWER ELECTRONICS CONFERENCE (IPEC-NIIGATA 2018 -ECCE ASIA)     頁: 3344 - 3348   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  52. Parasitic Inductance Design Considerations to Suppress Gate Voltage Oscillation of Fast Switching Power Semiconductor Devices

    Sugihara Yusuke, Nanamori Kimihiro, Yamamoto Masayoshi, Kanazawa Yasuki

    2018 INTERNATIONAL POWER ELECTRONICS CONFERENCE (IPEC-NIIGATA 2018 -ECCE ASIA)     頁: 2789 - 2795   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  53. 昇圧型DC-DCコンバータにおける高い速応性とロバスト性を有する新制御手法の提案

    川上 太知, 原田 敏和, 山本 真義, 梅谷 和弘

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   138 巻 ( 4 ) 頁: 395 - 404   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 電気学会  

    DOI: 10.1541/ieejeiss.138.395

    CiNii Research

  54. Review of Current Balance Mechanism in Multiphase LLC Resonant Converters

    Noah Mostafa, Imaoka Jun, Ishikura Yuki, Umetani Kazuhiro, Yamamoto Masayoshi

    2018 IEEE 27TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INDUSTRIAL ELECTRONICS (ISIE)     頁: 1030 - 1036   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  55. Mathematical analysis of GaN high electron mobility transistor false turn-on phenomenon

    Iwaki T., Ishiwaki S., Sawada T., Yamamoto M.

    ELECTRONICS LETTERS   53 巻 ( 19 )   2017年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1049/el.2017.2225

    Web of Science

  56. A Lagrangian Dynamics Model of Integrated Transformer Incorporated in a Multi-phase LLC Resonant Converter

    Noah Mostafa, Umetani Kazuhiro, Endo Shun, Ishibashi Hiraki, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi

    2017 IEEE ENERGY CONVERSION CONGRESS AND EXPOSITION (ECCE)     頁: 3781 - 3787   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  57. Modeling and Design of Interleaved Multi-phase DC-DC Converter with 2-phase Coupled Inductor Cell for High Power Density

    Kimura Shota, Nanamori Kimihiro, Yamamoto Masayoshi

    2017 IEEE 6TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON RENEWABLE ENERGY RESEARCH AND APPLICATIONS (ICRERA)     頁: 416 - 422   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  58. Analytical Investigation on Design Instruction to Avoid Oscillatory False Triggering of Fast Switching SiC-MOSFETs

    Sugihara Yusuke, Nanamori Kimihiro, Ishiwaki Seiya, Hayashi Yuma, Aikawa Kyota, Umetani Kazuhiro, Hiraki Eiji, Yamamoto Masayoshi

    2017 IEEE ENERGY CONVERSION CONGRESS AND EXPOSITION (ECCE)     頁: 5113 - 5118   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  59. Analytical Investigation of Interleaved DC-DC Converter using Closed-Coupled Inductor with Phase Drive Control

    Ebisumoto Daigoro, Kimura Shota, Nanamori Kimihiro, Noah Mostafa, Ishihara Masataka, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi

    2017 IEEE INTERNATIONAL TELECOMMUNICATIONS ENERGY CONFERENCE (INTELEC)     頁: 526 - 529   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  60. Analysis of False Turn-On Phenomenon of GaN HEMT with Parasitic Inductances for Propose Novel Design Method Focusing on Peak Gate Voltage

    Ishiwaki Seiya, Iwaki Toshihiro, Sugihara Yusuke, Nanamori Kimihiro, Yamamoto Masayoshi

    2017 IEEE ENERGY CONVERSION CONGRESS AND EXPOSITION (ECCE)     頁: 1395 - 1401   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  61. An Mathematical Analysis of False Turn-On Phenomenon of GaN HEMT

    Iwaki Toshihiro, Sawada Takashi, Yamamoto Masayoshi

    2017 IEEE CPMT SYMPOSIUM JAPAN (ICSJ)     頁: 189 - 190   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  62. An Investigation into a Slight-Variation of the Transformer Effective Permeability in LLC Resonant Converter

    Noah Mostafa, Endo Shun, Kimura Shota, Yamamoto Masayoshi, Imaoka Jun, Umetani Kazuhiro, Hiraki Eiji

    2017 19TH EUROPEAN CONFERENCE ON POWER ELECTRONICS AND APPLICATIONS (EPE'17 ECCE EUROPE)     2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    Web of Science

  63. An Analysis of False Turn-On Phenomenon of GaN HEMT with Parasitic Components

    Iwaki Toshihiro, Ishiwaki Seiya, Sawada Takashi, Yamamoto Masayoshi

    2017 IEEE INTERNATIONAL TELECOMMUNICATIONS ENERGY CONFERENCE (INTELEC)     頁: 347 - 350   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  64. Allowable Power Analysis and Comparison of High Power Density DC-DC Converters with Integrated Magnetic Components

    Kimura Shota, Nanamori Kimihiro, Kawakami Taichi, Imaoka Jun, Yamamoto Masayoshi

    IEEJ JOURNAL OF INDUSTRY APPLICATIONS   6 巻 ( 6 ) 頁: 463 - 472   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1541/ieejjia.6.463

    Web of Science

  65. A Novel LLC Resonant DC-DC Converter with Integrated Transformer

    Kimura Shota, Nanamori Kimihiro, Noah Mostafa, Yamamoto Masayoshi

    2017 IEEE INTERNATIONAL TELECOMMUNICATIONS ENERGY CONFERENCE (INTELEC)     頁: 506 - 510   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  66. Power Flow Interactive Sharing between Two DC Nanogrids Photovoltaic Local Branch Dynamic System at Island Operation

    Bauomy Maged F., Gamal Haytham, Shaltout Adel A., Noah Mostafa, Yamamoto Masayoshi

    2017 19TH EUROPEAN CONFERENCE ON POWER ELECTRONICS AND APPLICATIONS (EPE'17 ECCE EUROPE)     2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

    Web of Science

  67. Magnetic Structure of Close-Coupled Inductors to Improve the Thermal Handling Capability in Interleaved DC-DC Converter

    Chuong Thai Hoang, Kimura Shota, Ebisumoto Daigoro, Noah Mostafa, Ishihara Masataka, Yamamoto Masayoshi, Imaoka Jun, Martinez Wilmar

    2017 IEEE ENERGY CONVERSION CONGRESS AND EXPOSITION (ECCE)     頁: 205 - 210   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  68. パワー半導体応用における誤点弧メカニズム解析

    山本 真義

    マイクロエレクトロニクスシンポジウム論文集   27 巻 ( 0 ) 頁: 15 - 16   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 エレクトロニクス実装学会  

    DOI: 10.11486/mes.27.0_15

    CiNii Research

▼全件表示

書籍等出版物 13

  1. フォルクスワーゲン「ID.3」徹底分解

    山本真義( 担当: 共著)

    日経BP  2022年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  2. パワー半導体SiC/GaNの課題... 高速スイッチングによるサージと 対策回路への研究

    山本真義( 担当: 共著)

    CQ出版株式会社  2022年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  3. 電動車向け次世代パワー半導体の最新動向と今後の予測

    山本真義( 担当: 共著)

    技術情報協会  2022年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  4. 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発

    山本真義( 担当: 共著)

    技術情報協会  2022年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  5. 次世代パワー半導体の開発動向と応用展開EV・HEV用モータと、高出力化に向けた関連材料の開発

    山本真義( 担当: 共著)

    技術情報協会  2021年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  6. テクノロジー・ロードマップ 2022-2031 全産業編

    山本真義( 担当: 共著)

    日経BP  2021年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. JRCM NEWS

    山本真義( 担当: 共著)

    一般財団法人 金属材料研究開発センター  2021年8月 

     詳細を見る

    総ページ数:6   担当ページ:1   記述言語:日本語

  8. 次世代ジェット旅客機

    山本真義( 担当: 単著)

    日刊興業新聞  2021年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:28   担当ページ:1   記述言語:日本語

  9. 自動車電動化の潮流

    山本真義( 担当: 単著)

    日刊工業新聞  2021年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:36   担当ページ:1   記述言語:日本語

  10. 次世代パワー半導体の開発と空飛ぶクルマへの適用

    山本真義( 担当: 単著)

    空飛ぶクルマ  2020年10月 

     詳細を見る

    総ページ数:350   担当ページ:20   記述言語:日本語

  11. xEV における SiC/GaN 応用パワーエレクトロニクスの EMC 対策技術

    山本真義( 担当: 単著)

    月刊 車載テクノロジー  2020年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:500   担当ページ:6   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  12. 超高速GaNパワー半導体応用におけるノイズ発生 メカニズムと高速スイッチングに起因するノイズの効果的な抑制法

    山本真義( 担当: 単著)

    工業材料  2020年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:450   担当ページ:7   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  13. 次世代自動車用パワー半導体と周辺機器・部材の分解解説と技術動向

    山本真義( 担当: 単著)

    クリーンテクノロジー  2020年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:450   担当ページ:7   著書種別:教科書・概説・概論

▼全件表示

講演・口頭発表等 47

  1. 日米欧中の電気自動車(EV)戦略と2030年の電気自動車予想像 招待有り

    山本真義

    弁理士会講演会  2022年2月19日  弁理士会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. 航空機電動化に向けた高電力密度インバータ設計手法の各リスト実証 招待有り

    山本真義

    知の拠点あいち公開セミナー  2022年2月17日  知の拠点重点研究プロジェクト統括部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 2030年の次世代自動車像とそれを支える電動化テクノロジー

    山本真義

    第4回未来のクルマTechnology  2022年2月16日  株式会社JTBコミュニケーションデザイン

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. 宏光MINI EV(中国・五菱)の分解解説ならびに2030年の電気自動車予想像と広島県自動車関連企業の執るべき戦略 招待有り

    山本真義

    広島市ものづくり支援化  2022年2月1日  広島市 経済観光局産業振興部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 日米欧中の電気自動車(EV)戦略と各自動車メーカが求めるEV用材料・素材・パワーエレクトロニクス応用技術最前線 招待有り

    山本真義

    山口県産業戦略部オンラインセミナー  2022年1月20日  山口県 産業戦略部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 宏光MINI EVセミナー

    山本真義

    宏光MINI EVセミナー  2021年12月14日  一般社団法人日本能率協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:愛知県名古屋市   国名:日本国  

  7. 次世代自動車2030年ロードマップとそれを支える次世代パワー半導体実装基板技術 招待有り

    山本真義

    IMSIオープンフォーラム2021  2021年12月9日  一般社団法人電子実装工学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 次世代自動車2030年ロードマップとそれを支える次世代パワー半導体実装基板技術 招待有り 国際会議

    山本真義

    接合学会国際会議  2021年12月9日  一般社団法人電子実装工学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 車載用パワーエレクトロニクス技術最新動向とSiC/GaN適用の事例と可能性に関する議論 招待有り

    山本真義

    NEDIAパワーエレクトロニクス講座  2021年12月3日  財団法人 日本電子デバイス産業協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. 宏光MINI EVセミナー

    山本真義

    宏光MINI EVセミナー  2021年11月30日  一般社団法人日本能率協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:愛知県名古屋市   国名:日本国  

  11. 主要国における電気自動車の開発動向と我が国が執るべき カーボンニュートラルに向けた電気自動車の市場戦略 招待有り

    山本真義

    パワーエレクトロニクス学会  2021年11月20日  パワーエレクトロニクス学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. 電動車・パワコン・家電民生機器におけるECM対策技術最前線と各応用パワーエレクトロニクス機器分解解説 〜テスラ・モデル3、ジャガー・I-Pace、ポルシェ・タイカン、ファーウェイ製パワコンを中心に〜 招待有り

    山本真義

    テクノフェア  2021年11月15日  北川工業

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. 日米欧中の電気自動車(EV)戦略と2030年の電気自動車予想像 招待有り

    山本真義

    日本弁理士会講演会  2021年11月12日  日本弁理士会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. EV用パワーエレクトロニクス機器の最新技術・市場動向と次世代EVに求められるパワエレ実装技術 招待有り

    山本真義

    福岡大学半導体実装研究所講演会  2021年11月11日  福岡大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:福岡県福岡市   国名:日本国  

  15. SiC/GaN Hybrid Soft Switching Inverter for Electric Vehicle Applications 国際会議

    2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    国名:日本国  

  16. EV用車載パワーエレクトロニクスシステム最新動向と次世代EVに求められるパワエレ実装技術 招待有り

    山本真義

    電子機器のトータルソリューション展  2021年10月28日  日本貿易振興機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京ビッグサイト   国名:日本国  

  17. 日米欧中の電気自動車(EV戦略と各自動車メーカのEV用パワーエレクトロニクス応用技術最前線 招待有り

    山本真義

    日本弁理士会講演会  2021年10月21日  日本弁理士会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  18. 世界標準化される電気自動車用パワーエレクトロニクスの技術動向と車載用磁性材料へ の期待に関する講演)

    山本真義

    日本ボンド磁性材料協会(JABM)講演会  2021年9月17日  日本ボンド磁性材料協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. EV用車載パワーエレクトロニクスシステム最新動向と次世代EVに求められるパワエレ実装技術 招待有り

    山本真義

    カーエレクトロニクス研究会  2021年9月15日  エレクトロニクス実装学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  20. 日米欧中のEV用パワー半導体戦略と各自動車メーカの EV用パワーエレクトロニクス応用技術最前線 招待有り

    山本真義

    NE先端テクノロジーフォーラム  2021年9月10日  日経エレクトロニクス

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  21. パワーコントロールユニット(PCU)における高出力密度を実現する各要素技術と動向 招待有り

    山本真義

    産業応用部門大会シンポジウムセッション講演  2021年8月27日  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  22. 超高速GaNパワー半導体応用におけるノイズ発生メカニズムと 高速スイッチングに起因するノイズの効果的な抑制法 招待有り

    山本真義

    応用物理学会 先進パワー半導体分科会  2021年7月30日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋大学   国名:日本国  

  23. 次世代自動車におけるパワーエレクトロニクス機器の1kV化技術動向とそこに求められるワイドバンドギャップパワー半導体応用技術

    山本真義

    ワイドバンドギャップ学会講演会  2021年7月16日  ワイドギャップ半導体学会研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  24. 次世代自動車に要求されるSiC/GaNパワーデバイス実装・接合技術と欧米メーカ(テスラ・ジャガー等)のインバータ実装技術紹介 招待有り

    山本真義

    日本溶接協会はんだ・微細接合部会シンポジウム  2021年7月5日  日本溶接協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  25. I-Pace(ジャガー)用インバータの概要と実装手法

    山本真義

    テクノフロンティアセミナー  2021年7月1日  一般社団法人日本能率協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  26. 北米・欧州・日本の各EV分解から読み解くパワー半導体とそのモジュール・システム 技術最新動向とパワー半導体応用設計思想 招待有り

    山本真義

    パワーデバイス用シリコン および関連半導体材料に関する研究会  2021年6月24日  一般財団法人ファインセラミックスセンター

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:オンライン  

  27. 3 I-PACE(ジャガー)・モデル3(テスラ)のインバータ分解から読み解く 車載用熱対策技術最前線とその技術動向 招待有り

    山本真義

    テクノフロンティアセミナー  2021年6月10日  一般社団法人日本能率協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  28. 各自動車メーカ最新モデル分解から読み解く車載用パワーエレクトロニクス技術 最前線 ~I-PACE(ジャガー)・モデル3(テスラ)・MIRAI(トヨタ)~ 招待有り

    山本真義

    テクノフロンティアセミナー  2021年6月18日  一般社団法人日本能率協会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  29. モデル3(テスラ)用SiCバッテリ充電器における 最新ノイズ対策技術とSiC/GaN時代のノイズ対策技術動向 招待有り

    山本真義

    テクノフロンティアセミナー  2021年7月7日  一般社団法人日本能率協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月 - 2021年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  30. 電気自動車向けパワーエレクトロニクス機器の各国における研究開発状況と今後の技術動向 招待有り 国際共著 国際会議

    山本真義

    日本電気学会:岩崎コンファレンス  2021年5月20日  日本電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  31. EVにおけるPCU及びパワーモジュールの実装・組立技術の開発動向

    山本真義

    ジャパンマーケティングサーベイ  2021年3月30日  ジャパンマーケティングサーベイ

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  32. 名古屋大学におけるGan半導体による電力変換等の研究について

    山本真義

    電源部品事業委員会 JEITA  2021年3月23日  電子情報技術産業協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  33. MHzワイヤレス給電を実現する高周波パワー半導体スイッチング技術とその応用事例

    山本真義

    WPT研究会  2021年3月22日  WPTシステム研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  34. 先進モビリティとパワーエレクトロ二クス技術の進化 招待有り

    山本真義

    応用物理学会春季学術講演会  2021年3月17日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  35. 航空機電動化に向けた高電力密度インバータ設計手法の確立と実証

    山本真義

    知の拠点公開セミナー  2021年3月15日  知の拠点あいち

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:愛知県長久手市 知の拠点あいち   国名:日本国  

  36. Teslaモデル3分解から読み解く車載応用における技術トレンド 招待有り

    山本真義

    自動車問題研究会   2021年2月16日  自動車問題研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:愛知県名古屋市 フォーイン2階多目的ホール   国名:日本国  

  37. 電動車両技術の最新動向

    山本真義

    自動車技術会シンポジウム  2021年2月12日  自動車技術会電気動力技術部門委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  38. 次世代パワーエレクトロニクスを革新する高周波・大容量対応パワーマグネティックス応用技術 〜次世代自動車用磁気部品応用技術を例に〜

    山本真義

    マグネティックスによるパワーエレクトロニクスの革新と協創  2021年1月20日  電気学会マグネティックス技術委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  39. 次世代パワー半導体が切り開くモビリティ・インフラ用電力機器の将来と市場可能性

    山本真義

    オンライン  2020年12月18日  中部電力

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  40. 次世代バワー半導体の開発と空飛ぶクルマへの適用

    山本真義

    テクノフロンティアセミナー  2020年12月3日  産業能率協会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  41. パワエレ技術の最新動向

    山本真義

    愛知県モノづくり技術者のための パワエレセミナー  2020年12月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  42. 自動車におけるパワーエレクトロ二クス技術が果たす役割と展望 招待有り

    山本真義

    応用物理学会  2020年11月28日  応用物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  43. テスラ・モデル3の分解から読み解くテスラモーターズ社が考えるパワー半導体応用戦略とそこから予測する次世代自動車像

    山本真義

    電動車両のPCUの高性能化に関する共同研究委員会  2020年11月13日  電動車両のPCUの高性能化に関する共同研究委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  44. テスラ・モデル3分解から読み解くパワー半導体応用戦略とそこから予測する次世代自動車

    山本真義

    EVEX EV-PHV普及活用技術展  2020年11月6日  エヌプラス

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:東京都   国名:日本国  

  45. 車載応用におけるパワー半導体の熱設計・信頼性技術最前線~テスラ・モデル3分解~読み解くパワー半導体パッケージ戦力~

    山本真義

    ネプコンジャパン  2020年10月22日  リードエグジビションジャパン

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:愛知県名古屋市   国名:日本国  

  46. テスラ「モデル3」徹底分解セミナー ~分解したらここまで分かる、テスラが示す未来のクルマ~

    山本真義

    日経BP講演会 テスラ分解  2020年9月18日  日経BP

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  47. 航空機電動化

    山本真義

    ÉCLAIRコンソーシアム  2020年9月14日  JAXA

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

▼全件表示

その他研究活動 1

  1. ⾮接触受電装置および⾮接触給電システム

    2020年10月
    -
    現在

     詳細を見る

    特許出願 特願2021- 19679
    発明者 大矢根 蒼、山本 真義

共同研究・競争的資金等の研究課題 27

  1. ウイルス不活化機能をもつ個人装用型送気服および送気フェイスシールド

    2021年4月 - 2022年4月

    受託研究費

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3600000円 ( 直接経費:3600000円 )

  2. GaNパワーデバイス 革新的な省CO2実現のための部材や素材の社会実装・普及展開加速化事業

    2020年10月 - 2022年3月

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:29952000円 ( 直接経費:26133000円 、 間接経費:3819000円 )

  3. 低CO2エミッション航空機実現に向けた推進用高出力密度電気モータシステムの研究開発

    2019年11月 - 2021年7月

    受託研究費

    山本真義

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:17270000円 ( 直接経費:13387000円 、 間接経費:733000円 )

  4. 未来のあるべき社会・ライフスタイルを創造する技術イノベーション事業

    2019年4月 - 2022年3月

    受託共同研究費

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:36922000円 ( 直接経費:34459000円 、 間接経費:2463000円 )

  5. 高速スイッチング回路基盤技術の開発

    2018年11月 - 2022年3月

    受託研究費

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:81975000円 ( 直接経費:74019000円 、 間接経費:7956000円 )

  6. 車両向けパワーエレクトロニクス技術の伝授

    2022年1月 - 2023年3月

    受託事業費

    山本真義

      詳細を見る

    資金種別:産学連携による資金

    配分額:1346000円

  7. 車載向け高周波 絶縁インダクタの研究

    2021年11月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3261000円 ( 直接経費:3076000円 、 間接経費:185000円 )

  8. 次世代LED用電源技術の共同研究

    2021年11月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2120000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:120000円 )

  9. 長距離・大電力のワイヤレス電力伝送技術の研究

    2021年10月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:1166000円 ( 直接経費:1100000円 、 間接経費:66000円 )

  10. SiCを適用した昇圧DC/DCコンバータのノイズ対策技術の研究

    2021年4月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2120000円 ( 直接経費:2000000円 、 間接経費:120000円 )

  11. 電磁波制御技術に関する研究

    2021年4月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:2077000円 ( 直接経費:1966000円 、 間接経費:111000円 )

  12. パワーエレクトロニクス技術、パワーコンディショナー及び交流

    2020年11月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:385000円 ( 直接経費:385000円 )

  13. ツイスト熱電対のノイズ対策についての研究

    2020年10月 - 2022年3月

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:814000円 ( 直接経費:800000円 、 間接経費:14000円 )

  14. 次世代自動車電動部品向け新規高機能性薄物シート連続製造技術

    2020年8月 - 2022年3月

    補助金等

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:1321000円 ( 直接経費:1321000円 )

  15. ワイドバンドギャップ半導体を用いた電動システムにおけるノイズ対策の研究

    2020年6月 - 2021年12月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    資金種別:その他

    配分額:6997000円 ( 直接経費:6703000円 、 間接経費:294000円 )

  16. インバータ回路におけるシャント抵抗を用いたソフトスイッチング

    2020年6月 - 2021年3月

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:1338000円 ( 直接経費:1269000円 、 間接経費:69000円 )

  17. GaNを適用したLLC共振絶縁DC/DCコンバータのノイズ対策技術の研究

    2020年5月 - 2021年3月

    山本真義

      詳細を見る

    資金種別:その他

    配分額:1607000円 ( 直接経費:1538000円 、 間接経費:69000円 )

  18. 航空機電動化に向けた高電力密度インバータ設計手法の確立と実証

    2020年4月 - 2022年3月

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:21994000円 ( 直接経費:21271000円 、 間接経費:599000円 )

  19. ブラシモータ装置の電磁ノイズ解析技術

    2020年4月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:1630000円 ( 直接経費:1538000円 、 間接経費:92000円 )

  20. 省エネルギー社会の実現に資する次世代半導体研究開発

    2020年4月 - 2021年3月

    山本真義

      詳細を見る

    配分額:52250000円 ( 直接経費:50000000円 、 間接経費:2250000円 )

  21. 小型・軽量・高効率・低EMC電源を実現する電源基板設計技術

    2020年2月 - 2021年3月

    山本真義

      詳細を見る

    資金種別:その他

    配分額:124000円 ( 直接経費:113000円 、 間接経費:11000円 )

  22. エネルギーマネジメント展開に関する共同研究

    2019年4月 - 現在

    山本真義

      詳細を見る

    資金種別:産学連携による資金

    配分額:256000円 ( 直接経費:256000円 )

  23. 次世代自動車の車内快適性に関する包括的共同研究

    2019年4月 - 2021年3月

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:産学連携による資金

    配分額:100000円 ( 直接経費:100000円 )

  24. GaNパワーエレクトロニクスに関する研究

    2018年10月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:800000円 ( 直接経費:614000円 、 間接経費:186000円 )

  25. GaNパワーエレクトロニクスに関する研究

    2018年10月 - 2021年3月

    山本真義

      詳細を見る

    資金種別:その他

    配分額:815000円 ( 直接経費:769000円 、 間接経費:46000円 )

  26. 高出力インバータ回路の開発

    2018年4月 - 2021年3月

    山本真義

      詳細を見る

    配分額:804000円 ( 直接経費:769000円 、 間接経費:35000円 )

  27. 新磁性材料インダクタコアの応用検討

    2017年10月 - 2022年3月

    共同研究

    山本真義

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:その他

    配分額:2341000円 ( 直接経費:2112000円 、 間接経費:229000円 )

▼全件表示

科研費 1

  1. トンネル用LED照明装置

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    トンネル用LED照明装置の高効率化、低ノイズ化を実現する

 

担当経験のある科目 (本学) 11

  1. 電気回路論及び演習

    2020

  2. 電気工学特別実験及び演習

    2020

  3. パワーエレクトロニクス応用特論

    2020

  4. パワーエレクトロニクスセミナー1D

    2020

  5. パワーエレクトロニクスセミナー1C

    2020

  6. パワーエレクトロニクスセミナー2E

    2020

  7. パワーエレクトロニクスセミナー2C

    2020

  8. パワーエレクトロニクスセミナー2B

    2020

  9. パワーエレクトロニクスセミナー2A

    2020

  10. パワーエレクトロニクス

    2020

  11. G30パワーエレクトロニクス

    2020

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 特別講義 2030年の次世代電気自動車像とそこで使われるパワーエレクトロニクス応用技術最前線

    2021年12月 岡山大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

 

社会貢献活動 3

  1. 2030年の自動車像を予測する ~電気自動車の世界市場展開と新材料半導体~

    役割:講師

    名古屋大学  サイエンスフェスティバル2021  2021年11月

  2. 次世代パワー半導体が切り開く次世代自動車・航空機・宇宙探査機の世界

    役割:講師

    名古屋大学  アカデミックナイト  2020年11月

  3. 電気は空へ~電動バイクや電動航空機、宇宙用ロケットや月面探査車の最前線~

    役割:講師

    名古屋大学  サイエンスフェスティバル2020  2020年9月

メディア報道 12

  1. フォルクスワーゲン「ID.3」徹底分解 新聞・雑誌

    日経BP  2022年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  2. パワー半導体の高性能化と小型化で、EVの航続距離を伸ばすことができる

    読売新聞  2022年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  3. パワー半導体SiC/GaNの課題... 高速スイッチングによるサージと 対策回路への研究 新聞・雑誌

    CQ出版株式会社  トランジスタ技術 2月号  2022年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  4. 次世代EV/HEV用モータの高出力化と関連材料の開発 新聞・雑誌

    株式会社技術情報協会  2022年1月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  5. 中国の「50万円EV」を分解  機能割り切り格安を実現 新聞・雑誌

    日本経済新聞  2021年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  6. 次世代パワー半導体の開発動向と応用展開EV・HEV用モータと、高出力化に向けた関連材料の開発

    株式会社エヌ・ティー・エス  2021年12月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  7. 次世代自動車2030年ロードマップ 新聞・雑誌

    電波新聞  2021年11月

  8. 日本の鉄は赤船に乗るか? ~中国48万円EVの衝撃~ 会誌・広報誌

    JRCM NEWS  2021年8月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  9. 航空機産業を支える実力企業 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  2021年5月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  10. MIRAIのみらい テレビ・ラジオ番組

    ZIP-FM  STORY OF MOBILITY  2021年3月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  11. 自動車電動化の潮流 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

  12. 半導体産業EVに不可欠なパワーデバイスの 現状と将来 新聞・雑誌

    日刊工業新聞  2021年2月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

▼全件表示