2021/03/31 更新

写真a

タナカ イチダイ
田中 一大
TANAKA Ichidai
所属
医学部附属病院 呼吸器内科 病院助教
職名
病院助教

学位 1

  1. 医学博士 ( 2014年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 5

  1. メカノバイオロジー

  2. メタボローム解析

  3. プロテオソーム解析

  4. 悪性中皮腫

  5. 肺癌

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 呼吸器内科学

現在の研究課題とSDGs 3

  1. PhaseⅠ+Ⅱ study for malignant mesothelioma using CDDP+PEM+BEV

  2. Mechano-biology in lung cancer and malignant mesothelioma

  3. Metabolite profiling in lung adenocarcinoma

所属学協会 7

  1. 日本肺癌学会

  2. AACR

  3. 日本臨床腫瘍学会

  4. 日本内科学会

  5. 日本呼吸器学会

  6. 日本呼吸器内視鏡学会

  7. 日本癌学会

▼全件表示

受賞 1

  1. 名大内科学研究奨励賞

    2013年7月   名古屋大学  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

 

論文 29

  1. LIM-domain protein AJUBA suppresses malignant mesothelioma cell proliferation via Hippo signaling cascade 査読有り 国際誌

    Tanaka I., Osada H., Fujii M., Fukatsu A., Hida T., Horio Y., Kondo Y., Sato A., Hasegawa Y., Tsujimura T., Sekido Y.

    ONCOGENE   34 巻 ( 1 ) 頁: 73 - 83   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncogene  

    DOI: 10.1038/onc.2013.528

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  2. Primary Prophylaxis Indication for Docetaxel Induced Febrile Neutropenia in Elderly Patients with Non-Small Cell Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Matsui Akira, Morise Masahiro, Tanaka Ichidai, Ozone Sachiko, Matsuzawa Reiko, Koyama Junji, Hase Tetsunari, Hashimoto Naozumi, Sato Mitsuo, Hasegawa Yoshinori

    CANCER INVESTIGATION   38 巻 ( 7 ) 頁: 424 - 430   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Investigation  

    DOI: 10.1080/07357907.2020.1793350

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  3. Plasma-Derived Extracellular Vesicles Convey Protein Signatures That Reflect Pathophysiology in Lung and Pancreatic Adenocarcinomas 査読有り 国際共著 国際誌

    Fahrmann Johannes F., Mao Xiangying, Irajizad Ehsan, Katayama Hiroyuki, Capello Michela, Tanaka Ichidai, Kato Taketo, Wistuba Ignacio I., Maitra Anirban, Ostrin Edwin J., Hanash Samir M., Vykoukal Jody

    CANCERS   12 巻 ( 5 )   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancers  

    DOI: 10.3390/cancers12051147

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  4. Potential Benefits of Bevacizumab Combined With Platinum-Based Chemotherapy in Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer Patients With EGFR Mutation 査読有り 国際誌

    Tanaka Ichidai, Morise Masahiro, Miyazawa Ayako, Kodama Yuta, Tamiya Yutaro, Gen Soei, Matsui Akira, Hase Tetsunari, Hashimoto Naozumi, Sato Mitsuo, Hasegawa Yoshinori

    CLINICAL LUNG CANCER   21 巻 ( 3 ) 頁: 273 - +   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Lung Cancer  

    DOI: 10.1016/j.cllc.2020.01.011

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  5. UHRF1, a Regulator of Methylation, as a Diagnostic and Prognostic Marker for Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Goto Daiki, Komeda Kazuki, Uwatoko Natsuki, Nakashima Moeka, Koike Mayu, Kawai Kaho, Kodama Yuta, Miyazawa Ayako, Tanaka Ichidai, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hasegawa Yoshinori, Kawabe Tsutomu, Sato Mitsuo

    CANCER INVESTIGATION   38 巻 ( 4 ) 頁: 240 - 249   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Investigation  

    DOI: 10.1080/07357907.2020.1747483

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  6. Serum CRP Decrease Has Predictive Value for LongTerm Disease Control by PD-1/ PD-L1 Inhibitors in Patients with NSCLC 査読有り 国際誌

    Matsuzawa R., Morise M., Tanaka I., Koyama J., Kimura T., Kondoh Y., Hase T., Sakamoto K., Hashimoto N., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   14 巻 ( 10 ) 頁: S716 - S716   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  7. Impact of Combined Evaluation Using Tumor Volume and Metastatic Nodal Extent in Stage III NSCLC Treated with CRT 査読有り 国際誌

    Tamiya Y., Morise M., Matsuzawa R., Tanaka I., Okada T., Iwano S., Hase T., Hashimoto N., Sato M., Itoh Y., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   14 巻 ( 10 ) 頁: S909 - S910   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  8. UHRF1 as a Potential Therapeutic Target for KRAS Mutated Non-Small Cell Lung Cancer 査読有り 国際誌

    Goto D., Kizuki M., Uwatoko N., Kawai K., Koike M., Nakashima M., Miyazawa A., Tanaka I., Hase T., Morise M., Hasegawa Y., Minna J., Sato M.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   14 巻 ( 10 ) 頁: S692 - S692   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  9. CADM1 associates with Hippo pathway core kinases; membranous co-expression of CADM1 and LATS2 in lung tumors predicts good prognosis 査読有り 国際誌

    Ito Takeshi, Nakamura Atsuko, Tanaka Ichidai, Tsuboi Yumi, Morikawa Teppei, Nakajima Jun, Takai Daiya, Fukayama Masashi, Sekido Yoshitaka, Niki Toshiro, Matsubara Daisuke, Murakami Yoshinori

    CANCER SCIENCE   110 巻 ( 7 ) 頁: 2284 - 2295   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14040

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  10. Potential for afatinib as an optimal treatment for advanced non-small cell lung carcinoma in patients with uncommon EGFR mutations 査読有り 国際誌

    Tanaka Ichidai, Morise Masahiro, Kodama Yuta, Matsui Akira, Ozawa Naoya, Ozone Sachiko, Goto Daiki, Miyazawa Ayako, Hase Tetsunari, Hashimoto Naozumi, Sato Mitsuo, Hasegawa Yoshinori

    LUNG CANCER   127 巻   頁: 169 - 171   2019年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lung Cancer  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2018.11.018

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  11. The Subunit eIF2 ss of Translation- Initiation Factor EIF2 Is a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer

    Sato Mitsuo, Tanaka Ichidai, Goto Daiki, Kato Toshio, Kakumu Tomohiko, Miyazawa Ayako, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sekido Yoshitaka, Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   109 巻   頁: 1181-1181   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. Mechanobiology of Lung Cancer Cells: Regulation of PD-L1 Expression by Matrix Stiffness

    Miyazawa A., Ito S., Asano S., Tanaka I., Sato M., Kondo M., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   13 巻 ( 10 ) 頁: S518-S518   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  13. eIF2 beta, A Subunit of Translation-Initiation Factor EIF2, as a Potential Therapeutic Target for Non-Small Cell Lung Cancer

    Goto D., Tanaka I., Sato M., Kato T., Miyazawa A., Hase T., Morise M., Sekido Y., Girard L., Minna J., Byers L., Heymach J., Coombes K., Kondo M., Hasegawa Y.

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   13 巻 ( 10 ) 頁: S516 - S517   2018年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  14. eIF2 beta, a subunit of translation-initiation factor EIF2, is a potential therapeutic target for non-small cell lung cancer 査読有り 国際誌

    Tanaka Ichidai, Sato Mitsuo, Kato Toshio, Goto Daiki, Kakumu Tomohiko, Miyazawa Ayako, Yogo Naoyuki, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Sekido Yoshitaka, Girard Luc, Minna John D., Byers Lauren A., Heymach John V., Coombes Kevin R., Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    CANCER SCIENCE   109 巻 ( 6 ) 頁: 1843 - 1852   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.13602

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  15. A phase II trial of Ifosfamide combination with recommended supportive therapy for recurrent SCLC in second-line and heavily treated setting 査読有り 国際誌

    Tanaka Ichidai, Kawada Kenji, Morise Masahiro, Hase Tetsunari, Hayashi Hiroaki, Sokai Akihiko, Fukatsu Asuki, Kondo Masashi, Nomura Fumio, Hasegawa Yoshinori

    CANCER CHEMOTHERAPY AND PHARMACOLOGY   81 巻 ( 2 ) 頁: 339 - 345   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Chemotherapy and Pharmacology  

    DOI: 10.1007/s00280-017-3497-0

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  16. Regulation of PD-L1 expression by matrix stiffness in lung cancer cells 査読有り 国際誌

    Miyazawa Ayako, Ito Satoru, Asano Shuichi, Tanaka Ichidai, Sato Mitsuo, Kondo Masashi, Hasegawa Yoshinori

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   495 巻 ( 3 ) 頁: 2344 - 2349   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.12.115

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  17. An EGFR-mutated Lung Adenocarcinoma Undergoing Squamous Cell Carcinoma Transformation Exhibited a Durable Response to Afatinib 査読有り 国際誌

    Sato Mitsuo, Matsui Akira, Shimoyama Yoshie, Omote Norihito, Morise Masahiro, Hase Tetsunari, Tanaka Ichidai, Suzuki Kojiro, Hasegawa Yoshinori

    INTERNAL MEDICINE   57 巻 ( 23 ) 頁: 3429 - 3432   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>Squamous cell carcinoma (SCC) transformation has been identified as a mechanism of resistance to first-generation epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitors (<i>EGFR</i>-TKIs), gefitinib or erlotinib, in <i>EGFR</i>-mutated lung cancer. However, whether second- or third-generation TKIs can overcome resistance due to SCC transformation remains unclear. We herein report an <i>EGFR</i>-mutated lung adenocarcinoma undergoing transformation into SCC that exhibited a durable response to afatinib, which is a second-generation irreversible <i>EGFR</i>-TKI. We suggest that afatinib can be considered as a treatment option for <i>EGFR</i>-mutated tumor undergoing SCC transformation, particularly in the absence of a <i>T790M</i> mutation. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0999-18

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  18. A phase II trial of Ifosfamide combination with recommended supportive therapy for recurrent SCLC in second-line and heavily treated setting 査読有り

    Ichidai Tanaka Kenji Kawada Masahiro Morise Tetsunari Hase Hiroaki Hayashi Akihiko Sokai Asuki Fukatsu Masashi Kondo Fumio Nomura Yoshinori Hasegawa

    Cancer Chemotherapy and Pharmacology     2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1007/s00280-017-3497-0

  19. Plasma-derived extracellular vesicle proteins as a source of biomarkers for lung adenocarcinoma 査読有り 国際共著 国際誌

    Vykoukal Jody, Sun Nan, Aguilar-Bonavides Clemente, Katayama Hiroyuki, Tanaka Ichidai, Fahrmann Johannes F., Capello Michela, Fujimoto Junya, Aguilar Mitzi, Wistuba Ignacio I., Taguchi Ayumu, Ostrin Edwin J., Hanash Samir M.

    ONCOTARGET   8 巻 ( 56 ) 頁: 95466 - 95480   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncotarget  

    DOI: 10.18632/oncotarget.20748

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  20. Predictive and Prognostic Molecular Biomarkers for Response to Neoadjuvant Chemoradiation in Rectal Cancer 査読有り 国際誌

    Dayde Delphine, Tanaka Ichidai, Jain Rekha, Tai Mei Chee, Taguchi Ayumu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES   18 巻 ( 3 )   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms18030573

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  21. Role of CPS1 in Cell Growth, Metabolism, and Prognosis in LKB1-Inactivated Lung Adenocarcinoma 査読有り 国際共著 国際誌

    Celiktas Muge, Tanaka Ichidai, Tripathi Satyendra Chandra, Fahrmann Johannes F., Aguilar-Bonavides Clemente, Villalobos Pamela, Delgado Oliver, Dhillon Dilsher, Dennison Jennifer B., Ostrin Edwin J., Wang Hong, Behrens Carmen, Do Kim-Anh, Gazdar Adi F., Hanash Samir M., Taguchi Ayumu

    JNCI-JOURNAL OF THE NATIONAL CANCER INSTITUTE   109 巻 ( 3 ) 頁: 1 - 9   2017年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the National Cancer Institute  

    DOI: 10.1093/jnci/djw231

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  22. 【特集】呼吸器科医に役立つ最先端のメカノバイオロジー研究 2)各論:3.肺癌・悪性中皮腫のメカノバイオロジーとYAP/TAZの役割 査読有り

    田中 一大

    呼吸臨床   1 巻 ( 2 )   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:COSMIC  

    生体を構成する細胞は,さまざまな物理的刺激(メカニカルストレス)に応答して,増殖・分化・形態形成を制御する。近年,物理的刺激が感知された後の応答分子として,Hippoシグナル経路およびその標的因子である転写共役因子YAP/TAZが同定された。Hippoシグナル経路・YAP/TAZは,発生過程で臓器サイズを決定する重要な役割を担う一方で,腫瘍の悪性化にも深く関連している。肺癌においては,YAP/TAZが細胞外基質の硬度に応答して細胞増殖に寄与している可能性が高い。それに対し,悪性中皮腫においてはHippoシグナル経路の破綻が基軸となり,YAPの恒常的活性化を引き起こしている。YAP/TAZの活性化は,細胞外基質の再構築にも関与し腫瘍進展を促進している。

    DOI: 10.24557/kokyurinsho.1.e00020

    CiNii Article

  23. Loss of YAP1 defines neuroendocrine differentiation of lung tumors 査読有り 国際誌

    Ito Takeshi, Matsubara Daisuke, Tanaka Ichidai, Makiya Kanae, Tanei Zen-ichi, Kumagai Yuki, Shiu Shu-Jen, Nakaoka Hiroki J., Ishikawa Shumpei, Isagawa Takayuki, Morikawa Teppei, Shinozaki-Ushiku Aya, Goto Yasushi, Nakano Tomoyuki, Tsuchiya Takehiro, Tsubochi Hiroyoshi, Komura Daisuke, Aburatani Hiroyuki, Dobashi Yoh, Nakajima Jun, Endo Shunsuke, Fukayama Masashi, Sekido Yoshitaka, Niki Toshiro, Murakami Yoshinori

    CANCER SCIENCE   107 巻 ( 10 ) 頁: 1527 - 1538   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.13013

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  24. Activation of Yes-Associated Protein in Low-Grade Meningiomas Is Regulated by Merlin, Cell Density, and Extracellular Matrix Stiffness 査読有り 国際誌

    Tanahashi Kuniaki, Natsume Atsushi, Ohka Fumiharu, Motomura Kazuya, Alim Adiljan, Tanaka Ichidai, Senga Takeshi, Harada Ichiro, Fukuyama Ryuichi, Sumiyoshi Naoyuki, Sekido Yoshitaka, Wakabayashi Toshihiko

    JOURNAL OF NEUROPATHOLOGY AND EXPERIMENTAL NEUROLOGY   74 巻 ( 7 ) 頁: 704 - 709   2015年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuropathology and Experimental Neurology  

    DOI: 10.1097/NEN.0000000000000211

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  25. RASSF3 downregulation increases malignant phenotypes of non-small cell lung cancer 査読有り 国際誌

    Fukatsu Asuki, Ishiguro Futoshi, Tanaka Ichidai, Kudo Takumi, Nakagawa Kentaro, Shinjo Keiko, Kondo Yutaka, Fujii Makiko, Hasegawa Yoshinori, Tomizawa Kenji, Mitsudomi Tetsuya, Osada Hirotaka, Hata Yutaka, Sekido Yoshitaka

    LUNG CANCER   83 巻 ( 1 ) 頁: 23 - 29   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lung Cancer  

    DOI: 10.1016/j.lungcan.2013.10.014

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  26. DYSREGULATION OF HIPPO TUMOR-SUPPRESSIVE PATHWAY IN MALIGNANT MESOTHELIOMA 査読有り 国際誌

    Sekido Yoshitaka, Tanaka Ichidai, Fujii Makiko, Osada Hirotaka

    JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY   8 巻   頁: S1045 - S1046   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  27. YAP induces malignant mesothelioma cell proliferation by upregulating transcription of cell cycle-promoting genes 査読有り 国際誌

    Mizuno T., Murakami H., Fujii M., Ishiguro F., Tanaka I., Kondo Y., Akatsuka S., Toyokuni S., Yokoi K., Osada H., Sekido Y.

    ONCOGENE   31 巻 ( 49 ) 頁: 5117 - 5122   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncogene  

    DOI: 10.1038/onc.2012.5

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  28. Convergent signaling in the regulation of connective tissue growth factor in malignant mesothelioma TGF beta signaling and defects in the Hippo signaling cascade 査読有り 国際誌

    Fujii Makiko, Nakanishi Hayao, Toyoda Takeshi, Tanaka Ichidai, Kondo Yutaka, Osada Hirotaka, Sekido Yoshitaka

    CELL CYCLE   11 巻 ( 18 ) 頁: 3373 - 3379   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell Cycle  

    DOI: 10.4161/cc.21397

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  29. Interstitial Pneumonia and Nodular Regenerative Hyperplasia of the Liver as Initial Manifestations of Polyarteritis Nodosa 査読有り 国際誌

    Tanaka Ichidai, Imaizumi Kazuyoshi, Hashimoto Izumi, Asai Naoya, Yokoi Toyoharu, Matsuno Tadakatsu, Hasegawa Yoshinori

    INTERNAL MEDICINE   51 巻 ( 6 ) 頁: 635 - 638   2012年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    A 65-year-old man was admitted to our hospital because of progressive dyspnea. A laboratory examination and high-resolution computed tomography (HRCT) revealed that he had interstitial pneumonia (IP) with liver dysfunction. Myeloperoxidase-ANCA (MPO-ANCA) was negative. Although his respiratory condition had become stable after initiation of steroid therapy, liver dysfunction had worsened with progressive portal hypertension. He died of hepatic insufficiency about three years after the first medical examination.<br> Autopsy showed that he had vasculitis of medium and small blood vessels of the spleen, lungs, and liver. The final diagnosis was classical polyarteritis nodosa (PAN). Microscopically, non-specific interstitial pneumonia was identified in the autopsied lung. The pathological findings of the liver were consistent with nodular regenerative hyperplasia (NRH). We report a case of PAN with IP and NRH preceding findings of systemic vasculitis.<br>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.51.5638

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 大気・室内環境関連疾患 予防と対策の手引き 2019

    長谷川好規、佐藤光夫、森瀬昌宏、田中一大( 担当: 共著)

    一般社団法人 日本呼吸器学会  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. Interstitial pneumonia and nodular regenerative hyperplasia of the liver as initial manifestations of polyarteritis nodosa

    Tanaka I.( 担当: 共著)

    Internal Medicine  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    Scopus

講演・口頭発表等 16

  1. SRGN triggered aggressive and immunosuppressive phenotype in TTF-1 negative lung adenocarcinomas 国際共著

    Ichidai tanaka

    2020年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月27日

    記述言語:英語  

    国名:日本国  

  2. Potential benefits of bevacizumab plus platinum-based chemotherapy in advanced non-small-cell lung cancer patients with EGFR mutation

    Ichidai tanaka

    2020年9月23日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月23日 - 2020年9月27日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  3. eIF2b is a Potential Therapeutic Target for Nonsmall Cell Lung Cancer 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月29日 - 2018年12月3日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. A LIM protein ajuba suppresses malignant mesothelioma cell proliferation via Hippo signaling cascade. 国際会議

    Ichidai Tanaka, Hirotaka Osada, Makiko Fujii and Yoshitaka Sekido

    AACR 104th Annual Meeting 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  5. Interstitial Pneumonia and Nodular Regenerative Hyperplasia of the Liver as Initial Manifestations of Polyarteritis Nodosa 国際会議

    Tanaka Ichidai, Imaizumi Kazuyoshi, Hashimoto Izumi, Asai Naoya, Yokoi Toyoharu, Matsuno Tadakatsu, Hasegawa Yoshinori

    The Japanese Society of Internal Medicine 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    A 65-year-old man was admitted to our hospital because of progressive dyspnea. A laboratory examination and high-resolution computed tomography (HRCT) revealed that he had interstitial pneumonia (IP) with liver dysfunction. Myeloperoxidase-ANCA (MPO-ANCA) was negative. Although his respiratory condition had become stable after initiation of steroid therapy, liver dysfunction had worsened with progressive portal hypertension. He died of hepatic insufficiency about three years after the first medical examination.<br> Autopsy showed that he had vasculitis of medium and small blood vessels of the spleen, lungs, and liver. The final diagnosis was classical polyarteritis nodosa (PAN). Microscopically, non-specific interstitial pneumonia was identified in the autopsied lung. The pathological findings of the liver were consistent with nodular regenerative hyperplasia (NRH). We report a case of PAN with IP and NRH preceding findings of systemic vasculitis.<br>

    CiNii Article

  6. P11-4 当院でEBUS-TBNAを施行し,偽陰性診断であった5症例の検討(EBUS2,ポスター11,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 国際会議

    麻生 裕紀, 村田 直彦, 高嶋 浩司, 岡地 祥太郎, 丸山 英一, 深津 明日樹, 木村 元宏, 梶川 茂久, 進藤 有一郎, 森瀬 昌宏, 犬飼 朗博, 今井 直幸, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 長谷川 好規, 橋本 泉, 今泉 和良, 魚津 桜子, 田中 一大, 青山 大輔, 伊藤 亮太, 小林 大介

    気管支学  2012年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  7. O24-4 EBUS-GS下生検に通常鉗子生検を追加することの有用性の検討(EBUS1,一般口演24,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 国際会議

    今井 直幸, 深津 明日樹, 高嶋 浩司, 木村 元宏, 梶川 茂久, 丸山 英一, 岡地 祥太郎, 橋本 直純, 進藤 有一郎, 森瀬 昌宏, 犬飼 朗博, 今泉 和良, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 長谷川 好規, 橋本 泉, 魚津 桜子, 青山 大輔, 田中 一大, 小林 大介, 伊藤 亮太, 村田 直彦

    気管支学  2012年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  8. 6.EBUS-TBNAが診断に有用であった子宮頸癌肺転移の1例(第40回 日本呼吸器内視鏡学会中部支部会) 国際会議

    橋本 泉, 橋本 直純, 佐藤 光夫, 近藤 征史, 今泉 和良, 長谷川 好規, 今井 直幸, 犬飼 朗博, 岩木 舞, 下方 智也, 森瀬 昌宏, 小川 知美, 山下 良, 田中 一大

    気管支学  2011年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  9. O27-2 当院での気管支内視鏡検査における鉗子洗浄検査結果の解析(気管支鏡検査2,一般口演27,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 国際会議

    今井 直幸, 楠瀬 公章, 近藤 征史, 橋本 泉, 今泉 和良, 長谷川 好規, 田中 一大, 小川 知美, 青山 大輔, 橋本 直純, 犬飼 朗博, 森瀬 昌宏, 岩木 舞, 山下 良

    気管支学  2011年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  10. O25-2 気管支鏡検査時の鎮静術におけるミダゾラム標準投与法確立へのアプローチ(気管支鏡検査/麻酔・前処置,一般口演25,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 国際会議

    小川 知美, 橋本 泉, 橋本 直純, 近藤 征史, 今泉 和良, 長谷川 好規, 進藤 有一郎, 今井 直幸, 犬飼 朗博, 小栗 知世, 楠瀬 公章, 山下 良, 田中 一大, 岩木 舞

    気管支学  2011年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  11. O12-3 肺内の腫瘤性病変に対するEBUS-TBNAあるいはTBNA穿刺生検時における発熱性合併症(EBUS/EUS,一般口演12,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 国際会議

    小栗 知世, 橋本 直純, 近藤 征史, 今泉 和良, 長谷川 好規, 今井 直幸, 犬飼 朗博, 山下 良, 田中 一大, 楠瀬 公章, 小川 知美, 岩木 舞, 橋本 泉

    気管支学  2011年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  12. O10-3 当院における肺末梢病変に対するEBUS-GS検査結果の解析(EBUS-GS,一般口演10,第34回日本呼吸器内視鏡学会学術集会) 国際会議

    田中 一大, 近藤 征史, 今泉 和良, 長谷川 好規, 小川 知美, 今井 直幸, 犬飼 朗博, 青山 大輔, 楠瀬 公章, 山下 良, 岩木 舞, 橋本 直純

    気管支学  2011年  特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  13. 8.局所麻酔下胸腔鏡が診断に有用であった肺扁平上皮癌の1例(第36回日本呼吸器内視鏡学会中部支部会) 国際会議

    林 浩昭, 祖開 暁彦, 伊藤 亮太, 加藤 理紗, 田中 一大, 横山 俊彦, 野村 史郎, 酒井 秀造

    特定非営利活動法人 日本呼吸器内視鏡学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  14. 3.PETにて術前より異なる性格の腫瘍と予想された同時多発肺癌の1例(第93回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動) 国際会議

    渡部 俊也, 石黒 太志, 森 正一, 林 浩昭, 租開 暁彦, 加藤 理紗, 伊藤 亮太, 田中 一大, 横山 俊彦, 野村 史郎, 酒井 秀造

    日本肺癌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  15. 26.EGFR FISH法とGefitinibの効果に関する検討(第92回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動) 国際会議

    濱田 努, 伊藤 亮太, 田中 一大, 小川 知美, 横山 俊彦, 野村 史郎, 酒井 秀造, 伊藤 雅文

    日本肺癌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  16. 29. 当院での化学療法におけるリスクマネージメントの試み(第90回 日本肺癌学会中部支部会,支部活動) 国際会議

    小川 知美, 田中一大, 伊奈 孝一郎, 濱田 努, 楠瀬 公章, 小川 紫都, 野村 史郎, 酒井 秀造

    日本肺癌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月20日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

▼全件表示

科研費 5

  1. 悪性中皮腫におけるオキシトシン受容体を標的とした新規治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:20H03689  2020年04月 - 2023年03月

    田中 一大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    悪性中皮腫は希少な腫瘍であるが極めて予後不良であり、新規治療法の開発が切望されている。研究代表者はこれまでの解析で、約40%の悪性中皮腫において著しく高発現している受容体に着眼し、独立した予後予測因子であることを発見した。さらにin vitro の解析で、同遺伝子をノックダウンすると、中皮腫細胞株の増殖が有意に抑制されることを見出した。これらの結果を基軸に、本研究では1)悪性中皮腫における同受容体下流の細胞内シグナル経路の解明、2)同受容体阻害剤の抗腫瘍効果の検証、3)さらに悪性中皮腫の組織検体を用いて免疫染色を施行し、同受容体を標的とした治療対象を選出するプロトコルの最適化を行う。

  2. 部分的上皮間葉細胞転換(ハイブリッドEMT)の安定化因子を標的とする肺癌治療

    研究課題/研究課題番号:19K22617  2019年06月 - 2021年03月

    挑戦的研究(萌芽)

    佐藤 光夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    上皮間葉細胞転換(EMT)は癌細胞が上皮系から間葉系へ転換し悪性度を増強する現象である。これまではEMTを完了した細胞の悪性度が最も高いとされてきた。しかし、応募者の準備データは部分的なEMT細胞の方が完全なEMT細胞に比べ悪性形質が高いことを示唆する。また、部分的EMTを安定化する未知の因子の存在が推測され、これは癌の悪性形質を決定する有望な治療標的の可能性がある。以上より、本研究は肺癌治療標的として期待される部分的EMTの“安定化因子”の発見およびそれらを標的とする創薬を目的とする。方法として、応募者開発の正常気管支上皮細胞モデル(HBEC)を用いた機能的なスクリーニングなどを実施する。
    上皮間葉細胞転換(epithelial to mesenchymal transition, EMT)は癌細胞が上皮系から間葉系へ転換し悪性度を増強する現象である。これまでは、完全にEMTを完了した細胞の悪性度が最も高いと信じられてきた。しかし、最近の報告と応募者の準備データは予想に反し、部分的なEMT細胞、すなわちハイブリッドEMTの方が完全なEMT細胞に比べ癌幹細胞性質などの悪性形質が高いと示唆する。また、ハイブリッドEMTを安定化する未知の因子の存在が推測され、これは癌の悪性形質を決定している有望な治療標的の可能性がある。本研究は肺癌治療標的として期待されるハイブリッドEMTの“安定化因子”の発見を目的とする。2019年度はEMT安定化因子候補である遺伝子A(論文未発表にてAとする)の肺癌細胞における機能を評価した。複数の肺癌細胞株を使用し、RNA干渉によって遺伝子Aノックダウンを実施した。遺伝子ノックダウンの効率をウエスタンブロットで評価した。癌細胞の増殖を足場依存性および足場非依存性条件の両者において評価した。足場非依存性増殖能は軟寒天中のコロニー形成にて評価した。我々はある肺癌細胞株において、遺伝子Aノックダウン足場依存性増殖にはほとんど影響がなく、足場非依存性増殖能を強く抑制する結果を得た。足場非依存性増殖は細胞が細胞外のマトリックス等への接着を失った状態での増殖である。正常細胞は足場非依存性の状態では通常、細胞死に至る。対照的に癌細胞は足場非依存性増殖能を獲得していることが多く、その能力は浸潤能や転移能と深く関係しており、癌細胞の重要な悪性形質の一つである。したがって、我々の結果は遺伝子Aが肺癌の有望な治療標的となりうることを示唆した。今後は、足場非依存性増殖能を別のアッセイ系で評価し結果の確認を実施する。確認された場合は、遺伝子Aノックダウンによる足場非依存性増殖の抑制機序を明らかとする。
    2019年度はEMT安定化因子候補である遺伝子A(論文未発表にてAとする)の肺癌細胞における機能を評価した。複数の肺癌細胞株を使用し、RNA干渉によって遺伝子Aノックダウンを実施した。遺伝子ノックダウンの効率をウエスタンブロットで評価した。癌細胞の増殖を足場依存性および足場非依存性条件の両者において評価した。足場非依存性増殖能は軟寒天中のコロニー形成にて評価した。我々はある肺癌細胞株において、遺伝子Aノックダウン足場依存性増殖にはほとんど影響がなく、足場非依存性増殖能を強く抑制する結果を得た。今後は、足場非依存性増殖能を別のアッセイ系で評価し結果の確認を実施する。確認された場合は、遺伝子Aノックダウンによる足場非依存性増殖の抑制機序を明らかとする。また、遺伝子Aを含む候補遺伝子ならびにEMT関連遺伝子のタンパク発現をウエスタンブロットによって肺癌細胞パネルを使用して実施予定である。そのために、肺癌細胞パネルからのタンパク、RNA、DNAの抽出をほぼ完了した。2020年度も継続して実施する。
    肺癌の治療標的としての可能性を持つ遺伝子Aの機能評価を軸に研究を推進する。具体的には、複数のEMT状態の異なる肺癌細胞における遺伝子Aのがん促進作用を評価する。これによって、遺伝子Aの機能がEMT状態依存性であるかどうかを明らかとする。また、遺伝子Aノックダウンによる足場非依存性増殖能の抑制作用の機序を明らかとしていく。さらに、in vivo実験を追加し、遺伝子A標的治療の臨床応用への可能性も評価する。

  3. ドライバー癌遺伝子により誘導される細胞老化 (OIS) を利用した肺癌治療の開発

    研究課題/研究課題番号:18H02819  2018年04月 - 2021年03月

    佐藤 光夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    【本課題の目的】肺癌のドライバー癌遺伝子の一つ変異KRASは腺癌の20%程度に認められるが、その標的治療の開発は未成功である。これは変異KRASの癌化シグナルの薬物的な遮断が困難なためである。応募者は正常気管支モデルであるHBEC実験系を確立し(Sato, Cancer Res 2006)、さらに、変異KRASをHBECに導入すると悪性度の増強にもかかわらず細胞分裂を停止する現象を発見した(Sato, Mol Cancer Res 2013)。これは正常細胞が癌化を防御する機構の一つ癌遺伝子誘導細胞老化(oncogene-induced senescence; OIS)である。以上より、応募者は変異KRAS肺癌の新たな治療として変異KRASシグナルの遮断ではなく、OISを活用する治療を着想した。その実現のために、まず、HBECを用いて、OIS抑制作用を表現型とする機能的なプールshRNAスクリーニングを実施し、複数の標的候補を特定した。特に、肺癌細胞株が高発現する遺伝子Xは小分子化合物による治療標的となる可能性があるため、学内創薬産学協同研究センター(ラクオリア創薬株式会社)化合物スクリーニングを予定した(機密保持契約締結済み)。本研究はこれらの研究を発展させ、変異KRASならびに変異EGFRやALK遺伝子によるOIS誘導治療の開発を目的とする。
    <BR>
    【2019年度の成果】
    これまでに、複数の化合物ライブラリーを使用したハイスループットスクリーニング(HTS)を実施した。初期に同定したヒット化合物の活性が再現できなかったため、化合物選択基準の見直しを行い、ヒット化合物を選び直した。ヒット化合物の再現性、選択性、構造活性相関(Structure-Activity Relationship: SAR)解析の結果に基づき、数個のシーズ化合物に絞り込んだ。
    これまでに、複数の化合物ライブラリーを使用したハイスループットスクリーニング(HTS)を実施した。初期に同定したヒット化合物の活性が再現できなかったため、化合物選択基準の見直しを行い、ヒット化合物を選び直した。ヒット化合物の再現性、選択性、構造活性相関(Structure-Activity Relationship: SAR)解析の結果に基づき、数個のシーズ化合物に絞り込んだ。ヒット化合物の再現性ができなかったことなどにより当初の計画よりやや遅れている。
    これまでの研究成果に基づいて2020年度は以下を計画する。①SARの結果に基づいて新規化合物(リード化合物)を合成する。②リード化合物および遺伝子X産物との結晶構造解析を外部委託に実施する。③新規化合物に対して評価・解析およびデザイン・合成のステップを繰り返し実施し、さらに薬効の優れるリード化合物を合成する。④前記と併行して、遺伝子Xノックアウト肺癌細胞クローンを用いて、遺伝子X阻害の癌細胞の増殖抑制機序の解明を継続して実施する。⑤2020年度までに合成されるリード化合物に対して、各種非臨床試験(薬理、毒性、薬物動態試験など)に必要な予備的試験を実施する。具体的には、複数の化合物の薬効(XenograftやPDXモデル)、薬物動態(経口吸収率、血中半減期、代謝・排出経路、代謝物)、短期毒性(心血管作用、中枢作用、病理)、物性(溶解性、固体安定性)を評価する。以上の結果に基づいて、2020年度末までにリード化合物の基本特許申請を目標とする。

  4. LKB1が不活化した肺癌における腫瘍進展のメカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:18K15949  2018年04月 - 2020年03月

    若手研究

    田中 一大

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    腫瘍抑制遺伝子であるLKB1が不活化した非小細胞肺癌は、進行が早く極めて予後が悪い。同腫瘍の進展メカニズムを解明するため、肺癌細胞株及び肺癌組織のmRNA・タンパク質の発現レベルを網羅的に解析した。その結果、LKB1が不活化した肺癌では、分泌タンパク質であるSMOC1が高発現していることを発見した。SMOC1は、成長過程で骨や眼の形成を促進する因子である。SMOC1の機能解析を行い、癌細胞の移動能の促進及び腫瘍血管の新生に関わっていることを新たに突き止めた。さらに、SMOC1が高発現している肺癌患者は予後が極めて悪く、独立した予後予測因子になりうることも算出した。
    腫瘍抑制遺伝子であるLKB1は非小細胞肺癌 の約20%において不活化変異をきたしており、腫瘍の進展が早く極めて予後が悪い。本研究では、LKB1が不活化した肺癌の特徴を分子レベルで解明することを目指し、研究の成果としてSMOC1という分泌タンパクの高発現が、腫瘍の増殖・進展に寄与していることを発見した。今後は本研究を基盤に、予後の悪いLKB1が不活化した肺癌に対し、SMOC1を標的とした新たな治療戦略の構築を目指すことが可能である。

  5. 肺腺癌、悪性中皮腫におけるCADM1 によるHippo pathway 制御機構の解明

    2013年01月 - 2014年12月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    松原 大祐

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者