2022/09/22 更新

写真a

ハギオ タケシ
萩尾 健史
HAGIO Takeshi
所属
未来社会創造機構 マテリアルイノベーション研究所 環境マテリアル研究部門 助教
大学院担当
大学院工学研究科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2016年3月   北海道大学 ) 

研究キーワード 3

  1. 吸着材

  2. 分離膜

  3. 分離

研究分野 3

  1. 環境・農学 / 環境材料、リサイクル技術  / リサイクル技術

  2. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作  / 分離工学

  3. その他 / その他  / 材料工学

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 省エネルギー分離材料・技術の開発

経歴 5

  1. 名古屋大学   未来社会創造機構 マテリアルイノベーション研究所   助教

    2018年10月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 名古屋大学   大学院工学研究科 化学システム工学専攻 材料化学   助教

    2017年4月 - 現在

  3. 名古屋大学   未来社会創造機構 モビリティ領域   助教

    2017年4月 - 2018年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋工業大学   特任助教

    2015年11月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 日本ガイシ株式会社   研究開発本部

    2009年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 1

  1. 北海道大学   工学研究科   材料科学専攻

    2012年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 5

  1. 公益社団法人 日本セラミックス協会

    2019年10月 - 現在

  2. 一般社団法人 日本ゼオライト学会

    2019年8月 - 現在

  3. 一般社団法人 資源・素材学会

    2019年3月 - 現在

  4. 公益社団法人 応用物理学会

    2008年6月 - 現在

  5. 公益社団法人 日本金属学会

    2008年5月 - 現在

委員歴 1

  1. 一般社団法人資源・素材学会   関西支部中部地区幹事  

    2019年5月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 2

  1. 第30回日本MRS年次大会 奨励賞

    2021年1月   一般社団法人日本MRS   有機溶媒脱水用の新規なミクロポーラスタングステン酸分離膜

    萩尾健史

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  2. Outstanding Presentation Award

    2019年11月   Organization Committee of International Conference on Materials and Systems for Sustainability   Removal of Antibiotics Using Magnetic BEA Zeolite Prepared by Dry-Gel Conversion

    Takaaki Sakashita, Supinya Nijpanich, Masatake Hiraiwa, Takeshi Hagio, Yuki Kamimoto, Ryoichi Ichino

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 50

  1. A tri-layer floating photocatalyst/adsorbent for the removal of organic compounds from wastewater: Layer-by-layer deposition of silicalite-1 and titania on hollow glass microspheres 査読有り 国際共著 国際誌

    Environmental Technology and Innovation   26 巻   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Environmental Technology and Innovation  

    Removal of organic compounds from wastewater is necessary to ensure that aquatic organisms are not adversely affected. In the past, it had been shown that zeolite-based systems provide good opportunities for wastewater treatment; however, most of the zeolite systems reported thus far face the disadvantages of sinking in water and saturated adsorption site. Therefore, in the current study, we attempted to develop zeolite-based composite systems with good floatability, adsorption capacity, and photocatalytic activity. In addition, our aim was to ensure that these composites could be easily separated from the treated water. Thus, a tri-layer floating photocatalyst/adsorbent was prepared via the layer-by-layer deposition of silicalite-1, a pure silica MFI-type zeolite (PSZ), and TiO2 on hollow glass microspheres (HGMs). A thin layer of silicalite-1 was crystallized on the dense walls of HGMs to fabricate floating adsorbents (PSZ-HGMs). Subsequently, a layer of TiO2 was deposited on PSZ-HGM surfaces using the sol–gel method to develop photocatalytic composites (TiO2/PSZ-HGMs). A good PSZ coverage and attachment were achieved on HGM surfaces by adding HGMs to an alkali solution containing tetrapropylammonium hydroxide and tetraethyl orthosilicate, followed by hydrothermal synthesis at 180 °C for 40 h. Subsequent deposition of TiO2 was effective in homogeneously covering the PSZ surface without clogging the zeolite pores. The wastewater treatment capacity of the synthesized materials was verified using methylene blue (MB). It was found that TiO2/PSZ-HGMs, which exhibited both photocatalytic and adsorption activities, acted synergistically with UV-C irradiation to drastically degrade MB concentration by ∼98% within 2 h. Therefore, these materials may be considered to have high potential in wastewater-treatment processes.

    DOI: 10.1016/j.eti.2021.102242

    Scopus

  2. Development of novel nanoporous hexagonal tungsten oxide membrane for separation of water/acetic acid mixtures via pervaporation 査読有り 国際誌

    Kunishi Hiroto, Hagio Takeshi, Wada Shintaro, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    JOURNAL OF MEMBRANE SCIENCE   620 巻   2021年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Membrane Science  

    A novel nanoporous hexagonal tungsten oxide (NP-h-WO3) membrane was developed for separating water/acetic acid (H2O/AcOH) mixtures. The nanopores on the c-plane of h-WO3 are larger than H2O molecules and smaller than AcOH molecules and thus should allow for their effective separation. Moreover, h-WO3 exhibits high stability in acids (pH < 4). Therefore, c-axis-aligned NP-h-WO3 membranes are promising for the separation of H2O/AcOH mixtures. Given this background, we report, for the first time, the synthesis of c-plane-aligned dense NP-h-WO3 membranes on porous ceramic supports via the hydrothermal method using a precursor solution containing AcOH. The presence of AcOH and the concentration of Na2WO4 in the precursor solution are the key factors affecting crystal growth and alignment along the c-plane. A high Na2WO4 concentration is necessary for obtaining membranes with a high degree of c-plane alignment. Thus, dense, c-plane-aligned NP-h-WO3 membranes could be fabricated by precoating the support with amorphous WO3 seeds and subsequent hydrothermal synthesis in a precursor solution of Na2O/WO3/AcOH/H2O (1/1/0.88/201) at 180 °C for 24 h. The fabricated membranes exhibited a maximum separation factor of 42.6 during the pervaporation of a H2O/AcOH mixture (10/90 (w/w)) at 80 °C. Thus, these NP-h-WO3 membranes are highly suited for H2O/AcOH separation.

    DOI: 10.1016/j.memsci.2020.118860

    Web of Science

    Scopus

  3. Oxidation evolutions of soot surface and pore properties with different O-2-NO2 mixtures and temperatures 査読有り 国際共著 国際誌

    Ma Yongzhi, Zhao Pengcheng, Fang Mingming, Hagio Takeshi, Li Xinling

    FULLERENES NANOTUBES AND CARBON NANOSTRUCTURES   30 巻 ( 10 ) 頁: 1066 - 1074   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Fullerenes Nanotubes and Carbon Nanostructures  

    Soot oxidation evolutions at various oxidation degrees under different O2-NO2 mixtures and temperatures were performed. Results indicated that the internal burning-out process represented by shell-like particles at 500 °C independent on NO2 concentration, while the development of hollow shells for the soot was suppressed with increasing the temperature. A tendency with soot toward a less ordered arrangement with short and defective graphene layers after oxidizing at 500 °C was also observed, which was suppressed with added NO2 and increasing temperature. Many carbon oxygen functionalities produced at 40% oxidation and the intensity of the peak gradually increased as the increase of the oxidation degree, while the increase of the peak intensity became less sensitive with added NO2 and increasing temperature. Abundant micropores and mesopores formed inside the particles during the soot oxidation process depending on oxidizer and temperature, micropores (smaller than 2 nm) were extensively generated at the early stages of the oxidation while mesopores increased sharply after 20% oxidation. The trends were correspondent to the oxidation modes with different oxidizer and temperature. The correlationship observation suggested that soot oxidation behavior was dependent on competing rates of reaction kinetics versus mass transport of oxidizer according to the oxidation evolution of surface and pore.

    DOI: 10.1080/1536383X.2022.2072831

    Web of Science

    Scopus

  4. Facile synthesis of amine-functionalized three-dimensional graphene composites for CO<inf>2</inf> capture 査読有り 国際共著 国際誌

    Sun H., Zhang Q., Hagio T., Ryoichi I., Kong L., Li L.

    Surfaces and Interfaces   33 巻   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Surfaces and Interfaces  

    Excessive emissions of carbon dioxide (CO2) cause the greenhouse effect. CO2 capture and storage has been recognized as an important solution for reducing carbon dioxide emissions and coping with global warming. The synthesis of porous materials for effective CO2 adsorption is considered to be one of the most possible methods for CO2 capture and storage at present, however, achieving selective and efficient CO2 adsorption and conversion is still quite a challenge. Herein, a series of three-dimensional graphene-based materials (3D GBMs) were synthesized by alkali metal involved method, which showed high specific surface area (477.56 m2 g−1–792.96 m2 g−1) and abundant micropore and mesopore surface structures. We demonstrated that introducing N-containing or O-containing functional groups into the carbon framework can create more surface microporous structures and active adsorption sites, and significantly enhance the CO2 adsorption performance of 3D GBMs. Furthermore, it was found that the simultaneously introduction of the two kinds of functional groups into 3D GBMs could further increase the adsorption capacity of CO2 (from 2.06 mmol g−1 to 4.79 mmol g−1). All the above results indicate the treated 3D GBMs could have a great potential as efficient adsorbent in CO2 capture and storage.

    DOI: 10.1016/j.surfin.2022.102256

    Scopus

  5. Effect of Zn-Mg interlayer on the corrosion resistance of multilayer Zn-based coating fabricated by physical vapor deposition process 査読有り 国際共著 国際誌

    Park J.H., Ko K.P., Hagio T., Ichino R., Lee M.H.

    Corrosion Science   202 巻   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Corrosion Science  

    A novel Zn/Zn-Mg/Zn multilayer coating is prepared on steel plate by PVD. The effect of the multilayer structure comprising Zn-Mg interlayer on the corrosion resistance is discussed. The corrosion resistance is evaluated by the salt spray test, and the corrosion progression is analyzed by electrochemical impedance spectroscopy and corrosion products observation. Eluted Mg ions from the Zn-Mg interlayer form a porous Mg corrosion product layer that permeates chlorine ions, assists the coating transform to Zn5(OH)8Cl2·H2O phase. Improved corrosion resistance of the coating can be explained by the rapid increasement of the impedance by the formation of the protective Zn5(OH)8Cl2·H2O phase.

    DOI: 10.1016/j.corsci.2022.110330

    Scopus

  6. Electrodeposition of Amorphous Molybdenum Oxide on Iron-Group Element Based Plating and its Novel Application as a Corrosion Protective Coating 査読有り 国際共著 国際誌

    Park Jae-Hyeok, Hagio Takeshi, Nijpanich Supinya, Chanlek Narong, Chaiprapa Jitrin, Songsiriritthigul Chomphunuch, Songsiriritthigul Prayoon, Ichino Ryoichi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   169 巻 ( 7 )   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of the Electrochemical Society  

    The corrosion resistance of materials composed of metal is an essential property for preventing material deterioration caused by corrosion. In this study, we demonstrate that corrosion resistance can be significantly improved through the electrodeposition of molybdenum oxide onto a metal plating containing iron-group elements. Mo oxide can be electrodeposited using a simple plating bath, low current density, and short deposition time, exhibiting a fascinating metallic gloss appearance. GI-XRD and XPS analyses revealed that amorphous Mo oxide adhered to the substrate by a seed layer partially reduced to metallic Mo by the iron-group element in the substrate, based on the principle of "induced co-deposition."A Mo oxide coating with a thickness of approximately 100 nm decreases the corrosion current density of Ni-W plating by approximately 5 times and the passivation current density by approximately 10 times in a 3 mass% NaCl solution. Mo oxide coatings represent an attractive strategy for improving the corrosion resistance of various metal materials containing iron-group elements.

    DOI: 10.1149/1945-7111/ac7e78

    Web of Science

    Scopus

  7. Impedance Characteristics of Monolayer and Bilayer Graphene Films with Biofilm Formation and Growth. 査読有り 国際共著 国際誌

    Nakagawa R, Saito K, Kanematsu H, Miura H, Ishihara M, Barry DM, Kogo T, Ogawa A, Hirai N, Hagio T, Ichino R, Ban M, Yoshitake M, Zimmermann S

    Sensors (Basel, Switzerland)   22 巻 ( 9 )   2022年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Sensors  

    Biofilms are the result of bacterial activity. When the number of bacteria (attached to materials’ surfaces) reaches a certain threshold value, then the bacteria simultaneously excrete organic polymers (EPS: extracellular polymeric substances). These sticky polymers encase and protect the bacteria. They are called biofilms and contain about 80% water. Other components of biofilm include polymeric carbon compounds such as polysaccharides and bacteria. It is well-known that biofilms cause various medical and hygiene problems. Therefore, it is important to have a sensor that can detect biofilms to solve such problems. Graphene is a single-atom-thick sheet in which carbon atoms are connected in a hexagonal shape like a honeycomb. Carbon compounds generally bond easily to graphene. Therefore, it is highly possible that graphene could serve as a sensor to monitor biofilm formation and growth. In our previous study, monolayer graphene was prepared on a glass substrate by the chemical vapor deposition (CVD) method. Its biofilm forming ability was compared with that of graphite. As a result, the CVD graphene film had the higher sensitivity for biofilm formation. However, the monolayer graphene has a mechanical disadvantage when used as a biofilm sensor. Therefore, for this new research project, we prepared bilayer graphene with high mechanical strength by using the CVD process on copper substrates. For these specimens, we measured the capacitance component of the specimens’ impedance. In addition, we have included a discussion about the possibility of applying them as future sensors for monitoring biofilm formation and growth.

    DOI: 10.3390/s22093548

    Scopus

    PubMed

  8. Simultaneous reduction and sequestration of hexavalent chromium by magnetic β-Cyclodextrin stabilized Fe<sub>3</sub>S<sub>4</sub>. 査読有り 国際共著 国際誌

    Kong L, Yan R, Liu M, Xu J, Hagio T, Ichino R, Li L, Cao X

      431 巻   頁: 128592   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jhazmat.2022.128592

    Scopus

    PubMed

  9. Magnetic Adsorbents for Wastewater Treatment: Advancements in Their Synthesis Methods 査読有り 国際共著 国際誌

    Phouthavong V., Yan R., Nijpanich S., Hagio T., Ichino R., Kong L., Li L.

    Materials   15 巻 ( 3 )   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

    The remediation of water streams, polluted by various substances, is important for realizing a sustainable future. Magnetic adsorbents are promising materials for wastewater treatment. Although numerous techniques have been developed for the preparation of magnetic adsorbents, with effective adsorption performance, reviews that focus on the synthesis methods of magnetic adsorbents for wastewater treatment and their material structures have not been reported. In this review, advancements in the synthesis methods of magnetic adsorbents for the removal of substances from water streams has been comprehensively summarized and discussed. Generally, the synthesis methods are categorized into five groups, as follows: direct use of magnetic particles as adsorbents, attachment of pre-prepared adsorbents and pre-prepared magnetic particles, synthesis of magnetic particles on pre-prepared adsorbents, synthesis of adsorbents on preprepared magnetic particles, and co-synthesis of adsorbents and magnetic particles. The main improvements in the advanced methods involved making the conventional synthesis a less energy intensive, more efficient, and simpler process, while maintaining or increasing the adsorption performance. The key challenges, such as the enhancement of the adsorption performance of materials and the design of sophisticated material structures, are discussed as well.

    DOI: 10.3390/ma15031053

    Scopus

  10. 光触媒を用いたダイヤモンドのアミノ基修飾と銅基質に対する高分散複合化技術 査読有り

    加藤 華月, 石田 直哉, 鈴木 孝宗, 藤本 憲次郎, 萩尾 健史, 市野 良一, 近藤 剛史, 湯浅 真, 上塚 洋, 藤嶋 昭, 寺島 千晶

    表面技術   72 巻 ( 12 ) 頁: 701 - 703   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 表面技術協会  

    <p>We strove to produce a microdiamond(MD)- copper composite by electroplating. Unfortunately, copper is naturally non-wetting with MD because of their chemical incompatibility. We achieved modification of the amino group for the MD surface using a photocatalytic treatment, followed by electroplating of the copper. Results demonstrated that the MD - copper composite material assisted by photocatalysis markedly improved their interfacial affinity and thermal conductivity.</p>

    DOI: 10.4139/sfj.72.701

    CiNii Research

  11. Synthesis of 3D graphene-based materials and their applications for removing dyes and heavy metals 査読有り 国際共著 国際誌

    Sun Hefei, Lin Yan, Takeshi Hagio, Wang Xinze, Wu Deyi, Tian Yanqin

    ENVIRONMENTAL SCIENCE AND POLLUTION RESEARCH   28 巻 ( 38 ) 頁: 52625 - 52650   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11356-021-15649-w

    Web of Science

    PubMed

  12. Preparation of amino group functionalized diamond using photocatalyst and thermal conductivity of diamond/copper composite by electroplating 査読有り 国際誌

    Ishida Naoya, Kato Kazuki, Suzuki Norihiro, Fujimoto Kenjiro, Hagio Takeshi, Ichino Ryoichi, Kondo Takeshi, Yuasa Makoto, Uetsuka Hiroshi, Fujishima Akira, Terashima Chiaki

    DIAMOND AND RELATED MATERIALS   118 巻   頁: 108509   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Diamond and Related Materials  

    We focused on a micro diamond (MD) particle with the highest thermal conductivity among existing materials and aimed to make a MD/copper composite material by electroplating. However, copper is naturally non-wetting with MD due to its chemical incompatibility, leading to weak interfacial bonding and high thermal resistance. We improved the wettability between MD and copper functionalized by the amino group on the MD using a photocatalytic reaction. The functionalization of the diamond surface by amino groups was achieved by treating the MDs in a 3-aminopropyltrimethoxysilane-containing solution. The amino group functionalized MD was dispersed in the electroplating bath, where copper was deposited on the MD. As a result, the composite material of amino group functionalized MD assisted by photocatalyst and copper improved their interfacial affinity and exhibited the high thermal conductivity of 595 W/m K.

    DOI: 10.1016/j.diamond.2021.108509

    Web of Science

    Scopus

  13. Evenly distribution of amorphous iron sulfides on reconstructed Mg-Al hydrotalcites for improving Cr(VI) removal efficiency 査読有り 国際共著 国際誌

    Yan Ruixin, Feng Xiuping, Kong Long, Wan Qun, Zheng Weilin, Hagio Takeshi, Ichino Ryoichi, Cao Xinde, Li Liang

    CHEMICAL ENGINEERING JOURNAL   417 巻   頁: 129228   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemical Engineering Journal  

    Hexavalent Chromium (Cr(VI)) in water is a public health concern and has been a challenging research subject in environmental field for many years. Herein, a novel composite material consisting of amorphous iron sulfides supported on hydrotalcites (FeS/HTs) was synthesized by “calcination-reconstruction-calcination” process, which enables homogeneous distribution of iron and sulfur on the surface of hydrotalcites (HT). The composite (mass ratio of FeS/HT was 1/2) could effectively remove over 98% of Cr(VI) within 10 min. A pseudo-second-order kinetic model and a Langmuir isotherm model were well fitted the sorption data with a maximum removal capacity of 206.2 mg/g. The superior adsorption capacity of FeS/HTs could be attributed to the combination of the advantages of abundant adsorption sites on HT and powerful reduction properties of iron sulfides. X-ray diffraction (XRD) and X-ray photoelectron spectroscopy (XPS) analysis suggested the adsorbed Cr(VI) on the surface and interlayer of FeS/HTs had been reduced to Cr(III) by reductant iron and sulfur. This study demonstrated that FeS/HTs has potential application prospects in Cr(VI) removal.

    DOI: 10.1016/j.cej.2021.129228

    Web of Science

    Scopus

  14. Electroplating of copper/microdiamond composites and the effect of diamond surface functionalization 査読有り 国際誌

    Naruse Yuto, Park Jae-Hyeok, Hagio Tkeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi, Bessho Takeshi

    FUNCTIONAL MATERIALS LETTERS   14 巻 ( 05 )   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Functional Materials Letters  

    Compositing diamonds with high thermally conductive metals, such as copper, have attracted much attention in recent years. In this study, we prepared copper/diamond composites by electroplating and investigated the effect of the surface functionalization of diamond on the interfacial adhesion of copper and diamond in the composite. Oxygen-containing groups were introduced on the diamond surface by a hydrothermal treatment and amino groups were further introduced using a silane coupling agent. Surface functionalization of diamond with both these groups led to drastically increased wettability against the copper sulfate solution and improved the interfacial adhesion of copper and diamond in the composite. Compared with that of the plating based on pristine diamond, the thermal conductivity of the platings based on diamond functionalized with oxygen-containing groups and amino groups increased by 42 and 31 W m-1 K-1, respectively. Thus, diamond surface functionalization effectively improved the adhesion at the copper/diamond interface in electroplated copper/diamond composites.

    DOI: 10.1142/S1793604721510231

    Web of Science

    Scopus

  15. Effect of SiC formation temperature on improvement in thermal conductivity of electrodeposited SiC-coated diamond/Cu composite plating 査読有り 国際誌

    Naruse Yuto, Park Jae-Hyeok, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Bessho Takeshi, Ryoichi Ichino

    COMPOSITE INTERFACES     2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Composite Interfaces  

    Diamond/Cu composites are considered promising heat spreader materials; however, improving the interfacial adhesion between diamond and Cu is a challenge in manufacturing these composites. We focused on the surface modification of diamonds and previously reported that the formation of a SiC on the diamond surface effectively enhances the diamond/Cu interfacial adhesion, as well as thermal conductivity. In this study, the optimum treatment temperature to form SiC on diamond to apply to SiC-coated diamond/Cu composite platings for improving the interfacial adhesion and thermal conductivity is investigated. The formation of SiC on the diamond surface was greatly affected by the treatment temperature, and the coverage of the SiC coating on the diamonds increased with treatment temperature. The formation of a more uniform SiC coating contributed to improved interfacial adhesion between the diamond and electrodeposited Cu matrix. The thermal conductivity of the SiC-coated diamond/Cu composite plating generally increased with an increase in temperature; however, excessive heat treatment at 1450°C decreased the thermal conductivity. The composite platings using SiC-coated diamond prepared at 1400°C showed a maximum thermal conductivity of 454 Wm−1K−1, which was higher than that of pure Cu platings (373 Wm−1K−1) and pristine diamond/Cu composite platings (375 Wm−1K−1).

    DOI: 10.1080/09276440.2021.1937856

    Web of Science

    Scopus

  16. Nano ferric oxide adsorbents with self-acidification effect for efficient adsorption of Sb(V) 査読有り 国際共著 国際誌

    Feng X., Yan R., Zhang Q., Wan Q., Hagio T., Ichino R., Kong L., Cao X., Li L.

    Chemosphere   272 巻   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2021.129933

    Scopus

  17. The effect of bath pH on electrodeposition and corrosion properties of ternary Fe-W-Zn alloy platings 査読有り 国際誌

    Park Jae-Hyeok, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    JOURNAL OF SOLID STATE ELECTROCHEMISTRY   25 巻 ( 6 ) 頁: 1901 - 1913   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Solid State Electrochemistry  

    As a new trial to improve the corrosion resistance of the Fe-W alloy platings, Fe-W alloys incorporating a small amount of Zn, namely novel ternary Fe-W-Zn alloy platings, are prepared by constant current electrolysis using citrate-ammonia baths. In this study, the effects of bath pH on elemental composition, morphology, plating structure, and corrosion resistance of the electrodeposited ternary alloy platings are investigated. The W content of the electrodeposited alloys showed a maximum of 31.5 at.% at pH 8.0 and an inverse correlation was observed between the W content and current efficiency in the investigated pH range. The Zn content tended to decrease with increasing bath pH, and the structure of alloy platings gradually refined along with the increase in the amount of Zn incorporated into the Fe-W alloy. Potentiodynamic polarization test results reveal fine granular structured ternary Fe-W-Zn alloy prepared at pH 8.0, containing approximately 1.6 at.% of Zn, which showed distinctly enhanced corrosion resistance in a 1 M H2SO4 solution compared to binary Fe-W alloy and ternary alloys prepared at pH 6.0, 7.0, and 9.0. It has been found that the bath pH has a great influence on the elemental composition of the ternary alloys, which significantly affects the plating structure and corrosion resistance of the alloy platings.

    DOI: 10.1007/s10008-021-04964-4

    Web of Science

    Scopus

  18. Band Gap Engineering toward Wavelength Tunable CsPbBr3 Nanocrystals for Achieving Rec. 2020 Displays 査読有り 国際共著 国際誌

    Zhang Qinggang, Sun Xiaochuan, Zheng Weilin, Wan Qun, Liu Mingming, Liao Xinrong, Hagio Takeshi, Ichino Ryoichi, Kong Long, Wang Huamiao, Li Liang

    CHEMISTRY OF MATERIALS   33 巻 ( 10 ) 頁: 3575 - 3584   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemistry of Materials  

    For next-generation high-definition displays, the newly recommendation 2020 (Rec. 2020) standard calls for the emission wavelength of green emitters to be kept at 525-535 nm with narrow emission line width below 25 nm. All-inorganic lead halide perovskite CsPbBr3 nanocrystals (NCs) with sharp emission seem as the prefect one to match the call, however, it is a great challenge to tune their emission wavelength to the target window of 525-535 nm because of the intrinsic band gap of CsPbBr3. Herein, we report a facile strategy to prepare CsPbBr3 NCs with finely tunable emissions in the narrow range of 525-535 nm by establishing a CsPbBr3-Cs4PbBr6:Na Type II structure. The doping of the Na ions is the key factor to construct the Type II structure, which induces the formation of the Cs4PbBr6:Na phase and builds CsPbBr3-Cs4PbBr6:Na Type II structure, leading to the tunable emission wavelength of CsPbBr3 NCs. The as-synthesized CsPbBr3 NCs exhibit an ideal emission at 525-535 nm with a narrow emission line width of 23 nm and a high photoluminescence quantum yield (PLQY) of 85%. As a green downconverter, an ultrapure green backlight covers 97% of the Rec. 2020 standard in the CIE 1931 color space, representing the "greenest"backlight up to now.

    DOI: 10.1021/acs.chemmater.1c00145

    Web of Science

    Scopus

  19. Progress in modifications of 3D graphene-based adsorbents for environmental applications 査読有り 国際共著 国際誌

    Lin Y., Tian Y., Sun H., Hagio T.

    Chemosphere   270 巻   2021年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2020.129420

    Scopus

  20. Facile Hydrothermal Synthesis of EAB-Type Zeolite under Static Synthesis Conditions 査読有り 国際共著 国際誌

    Hagio Takeshi, Park Jae-Hyeok, Lin Yan, Tian Yanqin, Hu Yun Hang, Li Xinling, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    CRYSTAL RESEARCH AND TECHNOLOGY   56 巻 ( 4 ) 頁: 2000163   2021年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Crystal Research and Technology  

    Conventionally, EAB-type zeolites are crystallized by hydrothermal synthesis for many days under agitational synthesis conditions such as rotation or stirring. In the present study, EAB-type zeolite is obtained by hydrothermal synthesis within 12 h under static synthesis conditions for the first time. The effects of crystallization temperature, aging of the precursor sol, and addition of seed crystals are investigated. The results reveal that EAB-type zeolite can be obtained when using a precursor sol with short aging time followed by hydrothermal synthesis in a very narrow temperature range 110 °C−120 °C under static synthesis condition. Addition of seed crystals is found to suppress the formation of SOD-type zeolite, the primary phase at high hydrothermal synthesis temperatures, while it does not increase the crystallization rate of EAB-type zeolite. Furthermore, the crystallization behavior at 120 °C is examined by varying the synthesis time. EAB-type zeolite with invariably twinned plate-like morphology starts to crystallize between synthesis time of 3 to 6 h at 120 °C under the static synthesis condition.

    DOI: 10.1002/crat.202000163

    Web of Science

    Scopus

  21. Synthesis of C-plane oriented hexagonal tungsten oxide membranes on tubular substrates and their acetic acid/water separation performances 査読有り 国際共著 国際誌

    Kunishi H., Wada S., Kamimoto Y., Ichino R., Lin Y., Kong L., Li L., Hagio T.

    Membranes   11 巻 ( 1 ) 頁: 1 - 17   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/membranes11010038

    Web of Science

    Scopus

  22. Electrodeposition of nano-diamond/copper composite platings: Improved interfacial adhesion between diamond and copper via formation of silicon carbide on diamond surface 査読有り 国際誌

    Hagio Takeshi, Park Jae-Hyeok, Naruse Yuto, Goto Yasuki, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi, Bessho Takeshi

    Surface and Coatings Technology   403 巻   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surfcoat.2020.126322

    Web of Science

    Scopus

  23. Electrodeposition of Ni-W/CNT Composite Plating and Its Potential as Coating for PEMFC Bipolar Plate 査読有り 国際誌

    COATINGS   10 巻 ( 11 ) 頁: 1 - 14   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Coatings  

    In this study, Ni-W/carbon nanotube (CNT) composite platings are electrodeposited onto steel plate as a possible coating material for the polymer electrolyte membrane fuel cell (PEMFC) bipolar plate, which requires high corrosion resistance under acidic environment and low contact resistance. The dispersibility of CNT in the plating bath is improved by surface modification of CNT through hydrothermal treatment in mixed acid solution. The change in electrodeposition behavior of Ni-W plating by CNT addition is investigated by cathodic polarization measurement. The corrosion resistance under acidic environment is evaluated using 0.5M H2 SO4 solution and contact resistance of the composite platings is measured and compared with Ni and Ni-W plating. The surface modification of CNT through hydrothermal treatment is found to increase the CNT content in the Ni-W/CNT composite plating up to 0.33 mass.% and sufficient incorporation of hydrothermally treated CNT in Ni-W plating results in low contact resistance and enhanced corrosion resistance than pristine Ni-W plating.

    DOI: 10.3390/coatings10111095

    Web of Science

    Scopus

  24. Surface-microporous graphene for CO2 adsorption 査読有り 国際誌

    Tian Yanqin, Lin Yan, Hagio Takeshi, Hu Yun Hang

    CATALYSIS TODAY   356 巻   頁: 514 - 518   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cattod.2020.06.002

    Web of Science

    Scopus

  25. Electrodeposition of a Novel Ternary Fe-W-Zn Alloy: Tuning Corrosion Properties of Fe-W Based Alloys by Zn Addition 査読有り 国際誌

    Park Jae-Hyeok, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    JOURNAL OF THE ELECTROCHEMICAL SOCIETY   167 巻 ( 13 )   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1149/1945-7111/abbe59

    Web of Science

    Scopus

  26. Rapid determination of iron concentration in wastewater using color band formation 査読有り 国際誌

    Imai Ryota, Kamimoto Yuki, Hagio Takeshi, Jung Yong-Jun, Ichino Ryoichi

    SN APPLIED SCIENCES   2 巻 ( 9 )   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SN Applied Sciences  

    High concentrations of iron ions in water bodies cause odour and discolouration due to their precipitation. The total iron ion concentration is generally analysed on-site by forming coloured compounds and measuring colour intensity with spectrophotometric or visual analysis. In this work, we developed a detection tube as an alternative simple analytical method, where the total iron ion concentration is measured not by colour but by an objective parameter called the colour band length (CBL). Tiron was selected as the colouring agent since it oxidises divalent iron ions into a trivalent state and reacts with trivalent iron ions to form a 3:1 anion complex in alkaline media, giving a red colour. The coloured solution penetrates the detection tube by capillarity, and the colour band is formed by the entrapment of the hydrophobic ion pair of iron-tiron complex and quaternary ammonium ions of the adsorbent filled in the tube. The CBL was found to correlate well with the total iron ion concentration quantitatively under the optimized measurement condition, and 5 to 40 mg-FeL−1 solutions could be measured with good objectivity and precision.

    DOI: 10.1007/s42452-020-03331-8

    Web of Science

    Scopus

  27. Improvement in corrosion resistance of ternary Zn-Fe-Mo plating by additional Mo-oxide coating 査読有り 国際共著 国際誌

    Park Jae-Hyeok, Kosugi Daichi, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi, Lee Myeong-Hoon

    Surface and Coatings Technology   389 巻   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surfcoat.2020.125567

    Web of Science

    Scopus

  28. Enhancement of corrosion resistance by lamination of Mg film on Zn-55Al-1.6Si-coated steel by physical vapor deposition 査読有り 国際共著 国際誌

    Park Jae-Hyeok, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi, Lee Myeong-Hoon

    Surface and Coatings Technology   387 巻   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.surfcoat.2020.125537

    Web of Science

    Scopus

  29. Development of Synthetic Magnetic Zeolite Adsorbents and Application to Ammonium Ion Removal 査読有り 国際共著 国際誌

    Kamimoto Yuki, Hagio Takeshi, Jung Yong-Jun, Ichino Ryoichi, Gil Kyungik

    KSCE JOURNAL OF CIVIL ENGINEERING     2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12205-020-2185-5

    Web of Science

  30. Magnetic BEA-type zeolites: preparation by dry-gel conversion method and assessment of dye removal performance 査読有り 国際共著 国際誌

    Phouthavong Vanpaseuth, Hiraiwa Masatake, Hagio Takeshi, Nijpanich Supinya, Chounlamany Vanseng, Nishihama Tatsuo, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    JOURNAL OF MATERIAL CYCLES AND WASTE MANAGEMENT   22 巻 ( 2 ) 頁: 375-382   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10163-020-00994-8

    Web of Science

  31. Electrochemical behavior of tungsten carbide-cobalt alloy using molten hydroxide as electrolyte under low temperature 査読有り 国際共著 国際誌

    Kamimoto Yuki, Kasuga Ren, Takeshita Kyohei, Hagio Takeshi, Kuroda Kensuke, Ichino Ryoichi, Deevanhxay Phengxay

    JOURNAL OF MATERIAL CYCLES AND WASTE MANAGEMENT   22 巻 ( 2 ) 頁: 348-353   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10163-019-00962-x

    Web of Science

  32. Nickel-carbon composite plating using a Watts nickel electroplating bath 国際共著 国際誌

    Kamimoto Yuki, Okura Shintaro, Hagio Takeshi, Wada Tatsuya, Tanaka Hidekazu, Hara Hideki, Deevanhxay Phengxay, Ichino Ryoichi

    SN APPLIED SCIENCES   2 巻 ( 2 )   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SN Applied Sciences  

    Metal–carbon composite platings have potential applications in various fields. We previously reported the preparation of nickel–nanocarbon composite platings using a Wood’s bath. The maximum carbon content was 1.2 mass%, but the maximum current efficiency of plating was 12%. The present study focuses on improving the current efficiency of the electroplating process used to prepare nickel–carbon black composites in a Watts bath contained carbon black. The microstructure and carbon content in the nickel plating were evaluated. The current efficiency was greater than 90%, but the carbon content of the composite plating layer was approximately 0.6 mass%. The incorporation of carbon black particles into the plating layer was influenced by the adsorption of particles onto the cathode surface, the supply of particles to the surface, and the electrodeposition rate. The carbon content in the plating layer was highest near the cathode surface and decreased with increasing thickness of the plating layer. The grain size of electrodeposits with carbon black was larger than that of deposits without carbon black. The space between grains was increased with increasing grain size. The corrosion resistance was diminished, indicating that the boundary was the originating point of corrosion.

    DOI: 10.1007/s42452-020-1991-1

    Web of Science

    Scopus

  33. Investigation on Strontium Adsorption Selectivity of Hydrothermally Synthesized Layered Sodium Titanates 査読有り 国際誌

    Kunishi Hiroto, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    SCIENCE OF ADVANCED MATERIALS   12 巻 ( 2 ) 頁: 186 - 190   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/sam.2020.3624

    Web of Science

  34. Floating Adsorbent for Organic Removal Fabricated Through Crystallization of Silicalite-1 on Hollow Glass Microspheres 査読有り 国際誌

    Nijpanich Supinya, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    SCIENCE OF ADVANCED MATERIALS   12 巻 ( 2 ) 頁: 173 - 179   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/sam.2020.3622

    Web of Science

  35. Development of magnesium-iron layered double hydroxide and application to nitrate removal 国際共著 国際誌

    Kamimoto Yuki, Okamoto Naoki, Hagio Takeshi, Yong-Jun Jung, Deevanhxay Phengxay, Ichino Ryoichi

    SN APPLIED SCIENCES   1 巻 ( 11 )   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SN Applied Sciences  

    Nitrate is an important ion in agriculture and industry although it is known to cause eutrophication and affect human health. Removal of nitrogen by physicochemical treatment such as sedimentation and membrane separation remains difficult. The selectivity of commercial adsorbents for nitrate is among the lowest for anions, because the selectivity of an adsorbent as an ion exchange resin is based on the valence of the ion. Layered double hydroxide acts as an anion adsorbent, and the target anion adsorbs in the interlayer of cations. In this study, we focused on nitrate adsorption by magnesium-iron layered double hydroxide. The results indicate that the magnesium to iron ratio controlled the interlayer distance. The interlayer distance increased as the magnesium to iron ratio increased. The maximum adsorption capacity for nitrate of 1.80 mmol/g suggests the optimum magnesium to iron ratio is 3. The interlayer distance for a magnesium to iron ratio of 3 is similar in size to that of nitrate. The phosphate inhibition of nitrate adsorption suggests the formation of phosphate compounds on the adsorbent’s surface.

    DOI: 10.1007/s42452-019-1240-7

    Web of Science

    Scopus

  36. Synthesis of MOR Zeolite/Magnetite Composite via Seed Assisted Method 査読有り 国際共著 国際誌

    Hagio Takeshi, Nijpanich Supinya, Kunishi Hiroto, Yamaoka Keiichi, Phouthavong Vanpaseuth, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi, Iwai Kazuhiko

    JOURNAL OF NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY   19 巻 ( 10 ) 頁: 6841-6848   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/jnn.2019.17123

    Web of Science

  37. Preparation of a floating photocatalyst via electroless Ni-P-TiO2 composite plating on polypropylene balls for wastewater treatment 査読有り 国際誌

    Nijpanich Supinya, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    Journal of Water and Environment Technology   17 巻 ( 3 ) 頁: 131-140 - 140   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2965/jwet.18-039

    Scopus

  38. Electrodeposition of rare-earth elements from neodymium magnets using molten salt electrolysis 査読有り 国際誌

    Kamimoto Y., Itoh T., Yoshimura G., Kuroda K., Hagio T., Ichino R.

    JOURNAL OF MATERIAL CYCLES AND WASTE MANAGEMENT   20 巻 ( 4 ) 頁: 1918-1922   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10163-017-0682-5

    Web of Science

  39. Development of Metal-Carbon Black Composite Plating with Wood's Bath 査読有り 国際共著 国際誌

    Kamimoto Yuki, Ohkura Shintaro, Tanaka Hidekazu, Hara Hideki, Hagio Takeshi, Deevanhxay Phengxay, Ichino Ryoichi

    NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY LETTERS   10 巻 ( 5-6 ) 頁: 805-808 - 808   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/nnl.2018.2641

    Web of Science

  40. Seed-Assisted Synthesis of Magnetic Faujasite-Type Zeolite and Its Adsorption Performance 査読有り 国際誌

    Hagio Takeshi, Kunishi Hiroto, Yamaoka Keiichi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY LETTERS   10 巻 ( 5-6 ) 頁: 862-867 - 867   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/nnl.2018.2640

    Web of Science

  41. Synthesis of Magnetic Activated Carbon Based on a Magnetite/Butyl Glycidyl Ether-Diluted Bisphenol A/Diethylenetriamine Epoxy Resin System 査読有り 国際誌

    Nijpanich Supinya, Morihashi Ryo, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    NANOSCIENCE AND NANOTECHNOLOGY LETTERS   10 巻 ( 5-6 ) 頁: 843-848 - 848   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1166/nnl.2018.2643

    Web of Science

  42. Electrodeposition of Copper/Carbonous Nanomaterial Composite Coatings for Heat-Dissipation Materials 査読有り 国際誌

    Goto Yasuki, Kamebuchi Yota, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi, Bessho Takeshi

    COATINGS   8 巻 ( 1 )   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/coatings8010005

    Web of Science

  43. Effect of the Addition of Molybdenum on the Structure and Corrosion Resistance of Zinc-Iron Plating 査読有り 国際誌

    Kosugi Daichi, Hagio Takeshi, Kamimoto Yuki, Ichino Ryoichi

    COATINGS   7 巻 ( 12 )   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/coatings7120235

    Web of Science

  44. Phosphorus removal and magnetic separation using magnetic schwertmannite 査読有り 国際共著 国際誌

    Kamimoto Yuki, Yamauchi Kazushige, Hagio Takeshi, Ichino Ryoichi, Min Kyung Sok, Kwon Koo Ho, Kim Ye Jin, Jung Yong Jun

    DESALINATION AND WATER TREATMENT   63 巻   頁: 463-468   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5004/dwt.2017.11452

    Web of Science

  45. Thermoelectric properties of crystal aligned higher manganese silicide fabricated by solidification under magnetic field 査読有り 国際誌

    K. Yamauchi, T. Hagio, T. Mitsuo, T. Itoh and K. Iwai

    Japanese Journal of Applied Physics   54 巻 ( 11 )   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.7567/JJAP.54.117102

    Scopus

  46. Electrochemical leaching of tungsten from hard metal alloy using molten sodium hydroxide 査読有り 国際誌

    Y. Kamimoto, M. Kamiya, R. Kasuga, T. Hagio, K. Kuroda and R. Ichino

    Materials Transactions   56 巻 ( 5 ) 頁: 733 - 737   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/matertrans.M2014316

    Scopus

  47. Beta tricalcium phosphate ceramics with controlled crystal orientation fabricated by application of external magnetic field during the slip casting process 査読有り 国際誌

    T. Hagio, K. Yamauchi, T. Kohama, T. Matsuzaki, K. Iwai

    Materials Science and Engineering C   33 巻 ( 5 ) 頁: 2967 - 2970   2013年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.msec.2013.03.024

    Scopus

  48. Difference in bioactivity, initial cell attachment and cell morphology observed on the surface of hydroxyapatite ceramics with controlled orientation 査読有り 国際誌

    Hagio Takeshi, Tanase Tomohiko, Akiyama Jun, Iwai Kazuhiko, Asai Shigeo

    Materials Transactions   50 巻 ( 4 ) 頁: 734 - 739   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2320/matertrans.MBW200836

    Scopus

  49. Different properties exhibited on the two typical crystal faces of hydroxyapatite in a simulated body environment 査読有り 国際誌

    Hagio Takeshi, Tanase Tomohiko, Akiyama Jun, Umino Masanori, Iwai Kazuhiko, Asai Shigeo

    Journal of Physics: Conference Series   156 巻   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/1742-6596/156/1/012004

    Scopus

  50. Formation and biological affinity evaluation of crystallographically aligned hydroxyapatite 査読有り 国際誌

    Hagio Takeshi, Tanase Tomohiko, Akiyama Jun, Iwai Kazuhiko, Asai Shigeo

    JOURNAL OF THE CERAMIC SOCIETY OF JAPAN   116 巻 ( 1349 ) 頁: 79 - 82   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

MISC 3

  1. 溶融塩電解による超硬合金からのCo回収

    神本 祐樹, 春日 錬, 萩尾 健史, 市野 良一  

    溶融塩および高温化学 = Molten salts60 巻 ( 3 ) 頁: 89-94   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

  2. 大面積DDRゼオライト膜の開発 (特集 第29回テクノフェスタ) 招待有り

    谷島 健二, 萩尾 健史, 新野 真紀子  

    FCレポート33 巻 ( 2 ) 頁: 58-61   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  3. 大面積DDR型ゼオライト膜の開発 招待有り

    谷島 健二, 萩尾 健史, 宮原 誠  

    ゼオライト31 巻 ( 4 ) 頁: 125-130   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.20731/zeoraito.31.4.125

講演・口頭発表等 109

  1. 有機溶媒脱水用の新規なミクロポーラスタングステン酸分離膜

    萩尾健史, 國司寛人, 神本祐樹, 市野良一

    第30回 日本MRS年次大会  2020年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. Separation and Purification Using Microporous Materials 招待有り 国際会議

    T. Hagio, S. Nijpanich, H. Kunishi, T. Sakashita, Y. Kamimoto, R. Ichino

    Materials Research Meeting 2019 (MRM2019)  2019年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  3. Application of Crystalline Microporous Materials for Molecular Separation 招待有り 国際会議

    T. Hagio, S. Nijpanich, H. Kunishi, M. Hiraiwa, T. Nishihama, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The International Conference on Advanced and Applied Petroleum, Petrochemicals, and Polymers 2018 (ICAPPP2018)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  4. Crystalline Microporous Materials for Separation and Purification 招待有り 国際会議

    T. Hagio, H. Kunishi, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 7th International Conference on Microelectrics and Plasma Technology (ICMAP2018)  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Incheon   国名:大韓民国  

  5. ミクロ多孔体から成る表面の形成とそのアプリケーション 招待有り

    萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    平成29年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2017年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  6. 新規な六方晶型酸化タングステン膜によるガス分離の可能性調査

    萩尾健史, 和田慎太郎, 國司寛人, 山田 雄太, 市野良一

    化学工学会第87年会  2022年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸, オンライン   国名:日本国  

  7. Magnetic BEA-type Zeolite Synthesized via Dry-Gel Conversion Method: Studies on Its Synthesis Conditions and Antibiotics Adsorption Performance 国際共著 国際会議

    V. Phouthavong, T. Hagio, S. Nijpanich, M. Hiraiwa, T. Srihirunthanon, N. Chantanurak, R. Rujiravanit, L. Kong, L. Li, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 3R International Scientific Conference on Material Cycles and Waste Management 2022 (3RINCs2022)  2022年3月17日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok, Online   国名:タイ王国  

  8. 各種金属材料表面とインフルエンザH3N2に対する抵抗性

    兼松秀行, 小川亜希子, 幸後健, 田村斗真, 河合里紗, 平井信充, 中嶋絵里, 射本康夫, 萩尾健史, 市野良一

    表面技術協会第145回講演大会  2022年3月9日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. カーボンニュートラルの実現に向けて分離膜が果たす役割 招待有り

    萩尾健史

    2021年度 未来の化学工学を創る会講演会「多角的な視点での低炭素・循環型社会の実現に向けて」  2022年1月24日  公益社団法人 化学工学会東海支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:名古屋, オンライン   国名:日本国  

  10. Synthesis and Characterization of Floatable Photocatalyst / adsorbent for Wastewater Treatment 招待有り 国際共著 国際会議

    S. Nijpanich, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    Materials Research Meeting 2021 (MRM2021)  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yokohama, Online   国名:日本国  

  11. Dehydration of Organic Solvents via Application of Microporous Inorganic Membranes 招待有り 国際会議

    T. Hagio, H. Kunishi, S. Wada, Y. Kamimoto, R. Ichino

    Materials Research Meeting 2021 (MRM2021)  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Yokohama, Online   国名:日本国  

  12. 電析三元系Fe-W-Zn合金めっきの腐食特性: 浴pH、めっき構造および元素組成の影響

    Park JaeHyeok, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第31回 日本MRS年次大会  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜, オンライン   国名:日本国  

  13. ゼオライト被覆した浮遊材料の水処理への利用 招待有り 国際共著

    萩尾健史, 村瀬慶哉, Nichpanich Supinya, Phouthavong Vanpaseuth, Park JaeHyeok, 和田慎太郎, 神本祐樹, 市野良一

    第31回 日本MRS年次大会  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:横浜, オンライン   国名:日本国  

  14. カーボンナノチューブ含有Ni-W合金めっきの耐食性

    山城拓也, Park JaeHyeok, 岩崎誠二, 和田達哉, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第31回 日本MRS年次大会  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜, オンライン   国名:日本国  

  15. チタン酸ナトリウムを用いためっき排水からの亜鉛除去

    鈴木響, Phouthavong Vanpaseuth, 西濱達郎, 國司寛人, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第31回 日本MRS年次大会  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜, オンライン   国名:日本国  

  16. 多孔質円筒型支持体の内壁に形成した六方晶酸化タングステン膜のガス透過特性 国際共著

    和田慎太郎, 國司寛人, Kong Long, Li Liang, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第31回 日本MRS年次大会  2021年12月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜, オンライン   国名:日本国  

  17. ヨウ素を用いた金回収プロセス開発の検討

    坂本光志朗, 萩尾健史, 市野良一

    資源・素材学会関西支部 第18回若手研究者・学生のための研究発表会  2021年12月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  18. Selective recovery of palladium with continuous counter-current foam separation from hydrochloric acid solutions 国際会議

    T. Kinoshita, Y. Ishigaki, M. Aiba, Y. Kamimoto, T. Hagio, R. Ichino, M. Hattori, M. Ozawa

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2021 (ICMaSS2021)  2021年11月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya, Online   国名:日本国  

  19. CVDグラフェンの抗菌性・抗ウイルス性・抗バイオフィルム性の評価

    兼松秀行, 河合里紗, 橋本良介, 平井信充, 三浦英和, 石原正統, 伴雅人, 萩尾健史, 市野良一

    表面技術協会第144回講演大会  2021年9月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. Development of Biofilm Detection Sensor using Graphene Film 国際会議

    R. Nakagawa, H. Miura, M. Ishihara, M. Ban, T. Hagio, R. Ichino, H. Kanematsu

    INTERFINISH2020 20th World Congress  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Online   国名:日本国  

  21. Characterization and Performance of Diamond / Copper Composite Platings using Diamonds modified by Molecular Adhesives 国際会議

    T. Hagio, J.H. Park, Y. Naruse, R. Nakagawa, Y. Kamimoto, M. Mizuno, K. Osuka, N. Kimura, T. Bessho, R. Ichino

    INTERFINISH2020 20th World Congress  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Online   国名:日本国  

  22. Magnetic Zeolites prepared by Dry-Gel Conversion Method and Their Possibilities for Environmental Remediation Applications 国際共著 国際会議

    V. Phouthavong, S. Nijpanich, T. Hagio, M. Hiraiwa, J.H. Park, T. Srihirunthanon, N. Chantanurak, K. Duangkhai, R. Rujiravanit, Y. Kamimoto, R. Ichino

    INTERFINISH2020 20th World Congress  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Online   国名:日本国  

  23. Removal of Organic Pollutants in Wastewater by Utilization of TiO2-deposited Zeolite-coated Porous Glass 国際共著 国際会議

    K. Murase, S. Nijpanich, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    INTERFINISH2020 20th World Congress  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Online   国名:日本国  

  24. Increase in Water Permeability of Hexagonal Tungsten Oxide Membranes for Dehydration of Acetic Acid / Water Mixtures by Improvement of Seeding Method 国際共著 国際会議

    S. Wada, H. Kunishi, L. Kong, L. Li, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    INTERFINISH2020 20th World Congress  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya, Online   国名:日本国  

  25. Development of Bacterial Cellulose Composites Incorporated with Chabazite and Green Coffee Bean Extract for Wound Dressing Application 国際共著 国際会議

    K. Duangkhai, R. Rujiravanit, T. Hagio

    The 27th PPC Symposium on Petroleum, Petrochemicals, and Polymers and The 12th Research Symposium on Petrochemical and Materials Technology (PPC and Petromat Symposium 2021)  2021年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok, Online   国名:タイ王国  

  26. How can We Separate Molecules using Microporous Membranes? 招待有り 国際共著 国際会議

    T. Hagio, H. Kunishi, T. Sakashita, S. Wada, X. Li, L. Kong, L. Li, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 27th PPC Symposium on Petroleum, Petrochemicals, and Polymers and The 12th Research Symposium on Petrochemical and Materials Technology (PPC and Petromat Symposium 2021)  2021年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:Bangkok, Online   国名:タイ王国  

  27. Rapid Hydrothermal of DDR-type Zeolite Membrane Synthesis from Agricultural Waste Rice Husk for CO2 / CH4 Gas Separation 国際共著 国際会議

    Kholik, T. Wasanapiarnpong, T. Hagio, U. Suriyapraphadilok

    The 27th PPC Symposium on Petroleum, Petrochemicals, and Polymers and The 12th Research Symposium on Petrochemical and Materials Technology (PPC and Petromat Symposium 2021)  2021年7月1日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok, Online   国名:タイ王国  

  28. 高効率分離機能を有する水質浄化材料 招待有り

    神本祐樹, 萩尾健史, 市野良一

    第30回 日本MRS年次大会  2020年12月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  29. 多孔質支持体上へのc面配向ミクロポーラス酸化タングステン膜の形成とその分子分離特性

    和田慎太郎, 國司寛人, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    令和2年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2020年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  30. 高骨伝導性•抗菌性•抗炎症性を同時付与したチタンインプラントの作製と評価

    黒田涼太, 黒田健介, 萩尾健史

    令和2年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2020年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  31. SiC成膜ダイヤモンドの利用によるダイヤモンド複合電解銅めっきの熱伝導率向上

    成瀬優斗, PARK Jae-Hyeok, 後藤泰輝, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一, 別所毅

    令和2年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2020年11月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  32. Cu/Diamond Interfacial Adhesion Improved By Using Amino Group Modified Diamonds to Electroplating of Cu/Diamond Composite 国際会議

    Y. Naruse, Y. Goto, J.H. Park, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino, T. Bessho

    PRiME2020  2020年10月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Online  

  33. ダイヤモンド表⾯へのアミノ基修飾によるダイヤモンド/銅複合めっき内の界⾯接着状態の改善

    成瀬優斗, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良⼀, 別所毅

    一般社団法人表面技術協会 第142回講演大会  2020年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  34. 電気めっき法によるグラフェン分散銅めっき皮膜の作製

    嵐勇策, 成瀬優斗, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良⼀, 別所毅

    一般社団法人表面技術協会 第142回講演大会  2020年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  35. Fe-W 合⾦めっき皮膜へのZn 導入による耐⾷性向上の検討

    PARK Jae-Hyeok, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良⼀

    一般社団法人表面技術協会 第142回講演大会  2020年9月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  36. 廃水からの亜鉛除去用磁性層状チタン酸ナトリウム吸着材の合成と評価

    市野良一, 西濱達郎, 國司寛人, 萩尾健史, 神本祐樹

    学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト (6大学連携プロジェクト) 第4回公開討論会  2020年3月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  37. ドライゲルコンバージョン法を用いた磁性ゼオライト吸着材の開発

    萩尾健史, Supinya Nijpanich, 坂下崇高, 神本祐樹, 市野良一

    学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト (6大学連携プロジェクト) 第4回公開討論会  2020年3月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  38. 医療・農業系廃水処理への磁性ゼオライトの適用可能性

    萩尾健史, 山岡啓一, 平岩将武, Vanpaseuth Phouthavong, Supinya Nijpanich, 國司寛人, 神本祐樹, 市野良一, 岩井一彦

    第29回日本MRS年次大会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 有機酸を用いた酸化タングステンの形態制御

    國司寛人, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第29回日本MRS年次大会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. カチオン交換材料としてのマグネタイトを担持したLTAゼオライト

    萩尾健史, 後藤貴充 淺野誠, 山岡啓一, 國司寛人, 神本祐樹, 市野良一, 岩井一彦

    第29回日本MRS年次大会  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. Removal of antibiotics using magnetic BEA zeolite prepared by dry-gel conversion 国際会議

    T. Sakashita, S. Nijpanich, M. Hiraiwa, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019 (ICMaSS2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  42. Recovery of phosphorus using magnetic layered double hydroxide 国際会議

    Y. Yamashita, K. Uedera, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2019 (ICMaSS2019)  2019年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  43. 非水系溶媒を利用したアルミニウムの無電解めっき

    朴載爀, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第51回溶融塩化学討論会  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. チタニア担持ゼオライト膜を表面に形成した中空硝子球による廃水中有機物質の除去

    萩尾健史, Supinya Nijpanich, 神本祐樹, 市野良一

    2019年度資源・素材関係学協会合同秋季大会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. Ni-Wめっき中への複合化に対するカーボンナノチューブの水熱処理影響

    和田達哉, 大倉槙太郎, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    一般社団法人表面技術協会 第140回講演⼤会  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. Enhancement of corrosion resistance by lamination of Mg film on Zn-55Al-1.6Si-coated steel by physical vapor deposition 国際会議

    J.H. Park, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino, Myeong-Hoon Lee

    The 12th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering (AEPSE 2019)  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Busan   国名:大韓民国  

  47. Fabrication of Diamond/Copper Composite Platings with Improved Interfacial Bonding via Diamond Surface Modification 国際会議

    T. Hagio, J.H. Park, Y. Goto, Y. Naruse, T. Bessho, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 12th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering (AEPSE 2019)  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Busan   国名:大韓民国  

  48. Improvement on corrosion resistance of ternary Zn-Fe-Mo plating by additional Mo oxide coating 国際会議

    J.H. Park, D. Kosugi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino, Myeong-Hoon Lee

    The 12th Asian-European International Conference on Plasma Surface Engineering (AEPSE 2019)  2019年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Busan   国名:大韓民国  

  49. Improvement on Bonding Interface through Diamond Surface Graphitization in Copper/Diamond Composite Platings Prepared by Electodeposition 国際会議

    R. Ichino, Y. Goto, Y. Naruse, T. Hagio, Y. Kamimoto, T. Bessho

    International Conference on Materials Research and Nanotechnology 2019 (ICMRN-2019)  2019年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Rome   国名:イタリア共和国  

  50. ドライゲルコンバージョン法による環境浄化用磁性ゼオライトの合成

    萩尾健史, 平岩将武, Supinya Nijpanich, 西濱達郎, 神本祐樹, 市野良一

    学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト (6大学連携プロジェクト) 第3回公開討論会  2019年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  51. ヘキサゴナル酸化タングステンの形態制御とその光触媒活性

    國司寛人, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト (6大学連携プロジェクト) 第3回公開討論会  2019年3月5日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:横浜   国名:日本国  

  52. Adsorption Selectivity against Zinc of Amine Modified Mesoporous Silica with Different Pore Size 国際会議

    T. Nishihama, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 3R International Scientific Conference on Material Cycles and Waste Management 2019 (3RINCs2019)  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月 - 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  53. Preparation of Magnetic BEA-type Zeolite via Dry-Gel Conversion Method 国際会議

    V. Phouthavong, T. Hagio, V. Chounlamany, M. Hiraiwa, S. Nijpanich, T. Nishihama, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 3R International Scientific Conference on Material Cycles and Waste Management 2019 (3RINCs2019)  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月 - 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  54. Electrochemical Behavior of Tungsten Carbide-Cobalt alloy using Molten Hydroxide under Low Temperature Condition 国際会議

    P. Deevanhxay, Y. Kamimoto, R. Kasuga, K. Takeshita, T. Hagio, R. Ichino

    The 3R International Scientific Conference on Material Cycles and Waste Management 2019 (3RINCs2019)  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月 - 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  55. Investigation on Formation of Methane Hydrate at Moderate Conditions for Energy Storage 国際会議

    Y. Takeuchi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino, K. Phomkeona

    The 3R International Scientific Conference on Material Cycles and Waste Management 2019 (3RINCs2019)  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月 - 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  56. Cation Exchange Selectivity of Layered Sodium Titanates in Multi-cation Systems 国際会議

    H. Kunishi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    Pure and Applied Chemistry International Conference 2019 (PACCON2019)  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  57. Synthesis of Floating Adsorbent for Organic Molecules via Crystallization of Silicalite-1 on Hollow Glass Bubbles 国際会議

    S. Nijpanich, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    Pure and Applied Chemistry International Conference 2019 (PACCON2019)  2019年2月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  58. Effects of CuO – MnO2 Addition on Structure and Catalytic Properties of Three Way Catalysts 国際共著 国際会議

    D.T. Nguyen, T.L. Nguyen, S. Nijpanich, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The Fourth Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Vientiane   国名:ラオス人民民主共和国  

  59. Development of metal-carbon black composite plating by wet process 国際会議

    P. Deevanhxay, Y. Kamimoto, S. Okura, T. Hagio, T. Wada, R. Ichino

    The Fourth Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Vientiane   国名:ラオス人民民主共和国  

  60. Preparation of Ni-P-TiO2 Composite Layer-coated Polypropylene Hollow Balls via Electroless Plating Method for Using as a Floating Photocatalyst in Wastewater Remediation 国際会議

    S. Nijpanich, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The Fourth Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Vientiane   国名:ラオス人民民主共和国  

  61. Possibility studies of rice husk as a silica source for preparation of MFI zeolite particles 国際会議

    V. Phouthavong, S. Nijpanich, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The Fourth Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Vientiane   国名:ラオス人民民主共和国  

  62. Energy storage by formation of methane hydrate 国際会議

    K. Phomkeona, Y. Takeuchi, S. Motoshima, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The Fourth Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Vientiane   国名:ラオス人民民主共和国  

  63. 低温溶融塩中におけるアルミニウムの電解挙動

    山口祥, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    平成30年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2018年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  64. Improvement of corrosion resistance of hot dip Zn-55Al plated steel sheet by Mg films prepared by PVD sputtering process

    2018年12月3日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. 電解法による放熱用ナノダイヤモンド複合銅めっき皮膜の作製

    後藤泰輝, 萩尾健史, 亀淵陽太, 神本祐樹, 市野良一

    第39回日本熱物性シンポジウム  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  66. Cation Exchange Selectivity of Layered Sodium Titanate in Multi-cation Systems 国際会議

    H. Kunishi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 15th International symposium on Persistent Toxic Substances (ISPTS2018)  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Basel   国名:スイス連邦  

  67. Nickel-Nanocarbon Materials by Electroysis 国際会議

    Y. Kamimoto, S. Okura, T. Hagio, T. Wada, R. Ichino

    Asia Pacific Interfinish Congress 2018 (APAC Interfinish 2018)  2018年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月 - 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Shanghai   国名:中華人民共和国  

  68. ドライゲルコンバージョン法による磁性体複合ゼオライトの合成

    平岩政武, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第28回学生による材料フォーラム  2018年10月31日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  69. How can we separate mixtures of molecules using zeolite membranes? 国際会議

    T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    Symposium on Biomimetic Materials Processing 2018 (BMMP2018)  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  70. Cation exchange performance of sodium titanates in single- and multi-metal systems 国際会議

    H. Kunishi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 3rd International Symposium on Creation of Life Innovation Materials for Interdisciplinary and International Researcher Development (iLIM-3)  2018年9月25日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo   国名:日本国  

  71. Simple Analysis for Iron by Color Band Formation 国際会議

    R. Imai, Y. Kamimoto, T. Hagio, R. Ichino

    Water and Environment Technology Conference 2018 (WET2018)  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. Preparation of a Floating Photocatalyst via Electroless Ni-P-TiO2 Composite Plating on Polypropylene Balls for Wastewater Treatment 国際会議

    S. Nijpanich, Y. Kamimoto, T. Hagio, R. Ichino

    Water and Environment Technology Conference 2018 (WET2018)  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Synthesis of Layered Double Hydroxide/Magnetite Composite Adsorbent for Phosphorus Recovery 国際共著 国際会議

    K. Uedera, T. Hagio, R. Harada, P. Deevanhxay, Y. Kamimoto, R. Ichino

    Water and Environment Technology Conference 2018 (WET2018)  2018年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  74. Preparation and characterization of magnetic activated carbon derived from a magnetite-epoxy resin system

    2018年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  75. 磁性付与したハイドロタルサイトによるリン酸回収

    市野良一, 原田梨沙, 上寺啓太, 萩尾健史, 神本祐樹

    学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト (6大学連携プロジェクト) 第2回公開討論会  2018年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  76. 層状チタン酸ナトリウム吸着材の合成とその有害カチオン除去特性

    萩尾健史, 神本祐樹, 國司寛人, 市野良一

    学際・国際的高度人材育成ライフイノベーションマテリアル創製共同研究プロジェクト (6大学連携プロジェクト) 第2回公開討論会  2018年3月30日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:大阪   国名:日本国  

  77. Synthesis and Evaluation of Magnetic Layered Double Hydroxide for Recovery of Phosphoric Acid 国際会議

    K. Uedera, Y. Kamimoto, T. Hagio, R. Ichino

    The Third Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  78. Preparation of zeolite/magnetic material composite by dry gel conversion 国際会議

    M. Hiraiwa, Y. Kamimoto, T. Hagio, R. Ichino

    The Third Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  79. Preparation of magnetic activated carbon based on the magnetic particle-embedded epoxy resin for Wastewater Treatment 国際会議

    S. Nijpanich, R. Morihashi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The Third Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  80. Recycling of rare metals using molten salt electrolysis 国際会議

    Y. Kamimoto, T. Hagio, R. Ichino

    The Third Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  81. Molecular Separation using Zeolite Membranes 国際会議

    T. Hagio, H. Kunishi, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The Third Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2018年2月27日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  82. 溶融NaOH-KOH 共晶塩を用いた超硬合金の電解リサイクルにおける電解温度の影響

    竹下恭平, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第14回若手研究者・学生のための研究発表会  2017年12月15日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  83. 着色帯形成法による排水中鉄イオンの簡易定量

    今井涼太, 神本祐樹, 萩尾健史, 市野良一

    平成29年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2017年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  84. チタン酸ナトリウム吸着材によるめっき排水中の亜鉛除去の検討

    國司寛人, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    平成29年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2017年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  85. 低圧でのメタンハイドレート生成におけるガラスビーズへの表面処理の影響

    竹内優斗, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    平成29年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2017年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  86. ナノダイヤモンド複合電解銅めっき皮膜の作製

    後藤泰輝, 亀淵陽太, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    平成29年度表面技術若手研究者・技術者研究交流発表会  2017年12月4日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  87. 溶融水酸化物中でのタングステンのアノード溶解への温度および浴中タングステン濃度の影響

    竹下恭平, 春日錬, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第49 回溶融塩化学討論会  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月 - 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:吹田   国名:日本国  

  88. Synthesis of sodium titanate with high Sr2+ adsorption capacity 国際会議

    H. Kunishi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    2017 workshop on Biomimetic Materials and Energy-saving Materials (2017BMEM)  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Shanghai   国名:中華人民共和国  

  89. 着色帯形成を利用した鉄イオンの簡易定量

    今井涼太, 神本祐樹, 萩尾健史, 市野良一

    第27回学生による材料フォーラム  2017年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  90. 水熱法による高吸着容量示すチタン酸ナトリウムの合成

    國司寛人, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    軽金属学会東海支部特別講演会およびポスター講演会  2017年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  91. リン酸除去を目的とした磁性層状含水酸化物

    上寺啓太, 神本祐樹, 萩尾健史, 市野良一

    軽金属学会東海支部特別講演会およびポスター講演会  2017年11月16日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋   国名:日本国  

  92. Development of Metal-Carbonous Nanomaterials Composite Plating by Wet Process 招待有り 国際会議

    R. Ichino, S. Okura, T. Hagio, Y. Kamimoto

    The 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing (HyMaP2017)  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Busan   国名:大韓民国  

  93. Electrodeposition of Copper / Carbonous Nanomaterial Composite Coating for Heat Dissipation Materials 国際会議

    Y. Goto, Y. Kamebuchi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino, T. Bessho

    The 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing (HyMaP2017)  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Busan   国名:大韓民国  

  94. Effect of Molybdenum Addition on Structure and Corrosion Resistance of Zinc-Iron Plating 国際会議

    D. Kosugi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing (HyMaP2017)  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Busan   国名:大韓民国  

  95. Synthesis of Magnetite Incorporated Epoxy Resin-Derived Magnetic Activated Carbon 国際会議

    S. Nijpanich, R. Morihashi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing (HyMaP2017)  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Busan   国名:大韓民国  

  96. Seed Assisted Synthesis of Magnetic FAU-Type Zeolite and Its Adsorption Performance 国際会議

    T. Hagio, H. Kunishi, K. Yamaoka, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 4th International Symposium on Hybrid Materials and Processing (HyMaP2017)  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Busan   国名:大韓民国  

  97. ステンレス代替Niめっきに関する研究

    谷本広輔, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  98. 溶融塩電解法によるネオジム磁石からの希土類金属の回収

    脇田真樹, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    第48回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会  2017年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜   国名:日本国  

  99. Synthesis of Magnetic FAU-type Zeolite using Seed Assisted Method and Its Adsorption Properties 国際会議

    T. Hagio, K. Yamaoka, Y. Kamimoto, R. Ichino

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2017 (ICMass2017)  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  100. Electrolytic leaching of Rare Earth Element from Neodymium Magnet Using Molten Salt 国際会議

    M. Wakita, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    International Conference on Materials and Systems for Sustainability 2017 (ICMass2017)  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月 - 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  101. Ferric ion detection using color band formation method 国際会議

    Y. Kamimoto, R. Imai, T. Hagio, R. Ichino

    The 14th International symposium on Persistent Toxic Substances (ISPTS2017)  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  102. Selective synthesis of high adsorption capacity sodium titanate for treatment of wastewater containing toxic cation 国際会議

    H. Kunishi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 14th International symposium on Persistent Toxic Substances (ISPTS2017)  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  103. Investigation on adsorption performance of magnetic activated carbon synthesized from magnetite-embedded epoxy resin 国際会議

    S. Nijpanich, R. Morihashi, T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The 14th International symposium on Persistent Toxic Substances (ISPTS2017)  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya   国名:日本国  

  104. Zn-FeめっきへのMo添加による耐食性向上の検討

    小杉大智, 萩尾健史, 神本祐樹, 市野良一

    一般社団法人表面技術協会 第136回講演大会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢   国名:日本国  

  105. 磁性Mg-Fe系層状複水酸化物による有害陰イオンの除去

    上寺啓太, 神本祐樹, 萩尾健史, 市野良一

    第28回 廃棄物資源循環学会 研究発表会  2017年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  106. Synthesized Magnetic Adsorbents for Treatment of Wastewater 国際会議

    Y. Kamimoto, T. Hagio, R. Ichino

    The Second Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2017年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  107. Application of Zeolites for Removal and Separation Processes 国際会議

    T. Hagio, K. Yamaoka, H. Kunishi, M. Hiraiwa, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The Second Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2017年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  108. Effect of beads addition on methane hydrate formation for methane storage 国際会議

    Y. Takeuchi. T. Hagio, Y. Kamimoto, R. Ichino

    The Second Seminar on JSPS Core-to-Core Program (B. Asia-Africa Science Platforms)  2017年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Bangkok   国名:タイ王国  

  109. Synthesized Magnetic Activated Carbon from Thermoset Resin 国際会議

    Y. Kamimoto, R. Morihashi, T. Hagio, R. Ichino

    International Conference on Frontiers in Materials Processing, Applications, Research & Technology (FiMPART'17)  2017年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Bordeaux   国名:フランス共和国  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 2

  1. 未来環境エネルギー研究開発イノベーション拠点 国際共著

    研究課題番号:JPMJSC18H1  2019年4月 - 現在

    国立研究開発法人科学技術振興機構  戦略的国際共同研究プログラム 

    萩尾 健史

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    直接経費:4000000円 )

  2. ドライゲルコンバージョン法を用いた磁性ゼオライト吸着材の開発 国際共著

    2018年9月 - 2021年3月

    文部科学省  学際・国際的高度人材育成ライプイノベーション マテリアル創製共同研究プロジェクト 

    萩尾 健史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    直接経費:900000円 )

科研費 2

  1. グリーン水素精製に向けた新規配向性ナノポーラスWO3膜の開拓

    研究課題/研究課題番号:22K14529  2022年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    萩尾 健史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    水素は次世代を担うクリーンエネルギー資源であり、中でも光触媒などを利用した水を出発源とするグリーン水素製造は重要な位置を占める。しかし、水素の製造過程では他のガス成分も副生するため、省エネルギーな分離・精製技術が必要となる。分子をサイズによって篩い分ける分離膜は次世代の省エネルギー分離・精製技術として期待されている。本研究では、水蒸気や酸素・大気共存下で水素が高度に分離可能な新規の結晶配向ナノポーラスWO3分離膜を提案し、その開発およびガス透過・分離メカニズムの解明を試みる。

  2. Nano Pore WO3分離膜の開発およびその膜形成メカニズムの解明

    研究課題/研究課題番号:19K15336  2019年4月 - 2021年3月

    科学研究費助成事業  若手研究

    萩尾 健史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    沸点の差を利用して混合ガスや混合溶媒の分離・精製を行う蒸留法は、産業活動による消費エネルギーの半分程度を消費する。近年、ナノサイズの細孔(ナノ細孔)を有するゼオライト等の材料を膜状に形成して分子をサイズによって分離する分離膜が蒸留法に代わる省エネルギー技術として期待されるが、耐酸性が不十分等の課題がある。そこで、耐酸性が高く、ナノ細孔を有する酸化タングステン(Nano Pore WO3)に着目した。本研究では、Nano Pore WO3の膜形成に適した合成条件を明らかにすることで分子の分離が可能なNano Pore WO3分離膜の開発を行う。更に、その膜形成のメカニズムを解明することを試みる。
    六方晶酸化タングステン(Nano Pore WO3)は分子サイズの細孔を有し、耐酸性も高いため、気体/気体や液体/液体、特に酸性溶液からの脱水に有望な膜材料である。しかし、Nano Pore WO3の分離膜は未だ報告例がない。本研究では、Nano Pore WO3膜の合成方法を検討し、主に酢酸脱水膜としての可能性を調査した結果、分子をサイズで分ける分離膜として機能することを明らかにした。また、水/酢酸混合溶液から水を選択的に抜くことができ、pH<0の同溶液内で500時間以上浸漬しても分離性能を発現すると分かった。
    溶媒の分離・精製には蒸留法が適用されるが、沸点差を利用する蒸留法は、産業活動で消費されるエネルギーの50%近くを消費する。近年、ナノ細孔を利用して分子をサイズによって分離する分離膜が開発され、蒸留法に代わる省エネルギー技術として期待されるが、膜材料の耐酸性等の性質が不十分といった課題が残されており、現状の産業利用は限定的であった。今回の分子をサイズで分けることが可能で、耐酸性も高い新たな膜材料の開拓は更なる産業利用や新規用途の開拓のために重要である。

 

担当経験のある科目 (本学) 69

  1. 卒業研究A

    2021

  2. 卒業研究B

    2021

  3. マテリアル工学概論

    2021

  4. 先端マテリアル工学概論1

    2021

  5. 学生実験2

    2021

  6. 化学実験

    2021

  7. 先端物理化学演習1

    2021

  8. 先端物理化学演習2

    2021

  9. 卒業研究B

    2020

  10. 卒業研究A

    2020

  11. 先端マテリアル工学概論1

    2020

  12. マテリアル工学概論

    2020

  13. 学生実験2

    2020

  14. 化学実験

    2020

  15. 先端物理化学演習2

    2020

  16. 先端物理化学演習1

    2020

  17. 材料化学セミナー2E

    2020

  18. 材料化学セミナー2C

    2020

  19. 材料化学特別実験及び演習2

    2020

  20. 材料化学特別実験及び演習1

    2020

  21. 材料化学セミナー1D

    2020

  22. 材料化学セミナー1C

    2020

  23. 材料化学セミナー1B

    2020

  24. 材料化学セミナー1A

    2020

  25. 材料化学セミナー2E

    2019

  26. 材料化学セミナー2D

    2019

  27. 材料化学セミナー2C

    2019

  28. 材料化学セミナー2A

    2019

  29. 材料化学特別実験及び演習2

    2019

  30. 材料化学特別実験及び演習1

    2019

  31. 材料化学セミナー1D

    2019

  32. 材料化学セミナー1C

    2019

  33. 材料化学セミナー1B

    2019

  34. 材料化学セミナー1A

    2019

  35. 化学実験

    2019

  36. 卒業研究B

    2019

  37. 卒業研究A

    2019

  38. 先端マテリアル工学概論1

    2019

  39. マテリアル工学概論

    2019

  40. 学生実験2

    2019

  41. 材料化学セミナー1A

    2018

  42. 卒業研究B

    2018

  43. 卒業研究A

    2018

  44. 先端マテリアル工学概論1

    2018

  45. マテリアル工学概論

    2018

  46. 材料工学実験及び演習1

    2018

  47. 化学実験

    2018

  48. 材料化学セミナー2D

    2018

  49. 材料化学セミナー2C

    2018

  50. 材料化学セミナー2B

    2018

  51. 材料化学セミナー2A

    2018

  52. 材料化学特別実験及び演習2

    2018

  53. 材料化学特別実験及び演習1

    2018

  54. 材料化学セミナー1D

    2018

  55. 材料化学セミナー1C

    2018

  56. 材料化学セミナー1B

    2018

  57. 材料化学セミナー1A

    2017

  58. 卒業研究B

    2017

  59. 卒業研究A

    2017

  60. 先端マテリアル工学概論1

    2017

  61. マテリアル工学概論

    2017

  62. 材料工学実験及び演習1

    2017

  63. 材料化学セミナー2B

    2017

  64. 材料化学セミナー2A

    2017

  65. 材料化学特別実験及び演習2

    2017

  66. 材料化学特別実験及び演習1

    2017

  67. 材料化学セミナー1D

    2017

  68. 材料化学セミナー1C

    2017

  69. 材料化学セミナー1B

    2017

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 1

  1. 環境経営論

    2021年4月 - 現在 大同大学)

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国