2021/03/31 更新

写真a

イワイ カズマサ
岩井 一正
IWAI Kazumasa
所属
宇宙地球環境研究所 基盤研究部門 太陽圏研究部 准教授
大学院理学研究科
職名
准教授
連絡先
メールアドレス
プロフィール
名古屋大学 宇宙地球環境研究所 太陽圏研究部 准教授。福井県武生市出身。2012年、東北大学大学院理学研究科博士後期課程終了。博士(理学)。国立天文台野辺山太陽電波観測所、情報通信研究機構、米国国立電波天文台を経て2017年4月より現職。専門は、太陽圏物理学、電波天文学。特に電波観測を用いた太陽圏の観測的研究や宇宙天気予報に関する研究をしている。また次世代電波望遠鏡の開発研究も推進している。
外部リンク

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2012年3月   東北大学 ) 

研究キーワード 8

  1. 太陽風,太陽,宇宙天気,宇宙空間,電波望遠鏡, デジタル機器

  2. 電波望遠鏡

  3. 宇宙空間

  4. 宇宙天気

  5. 太陽風

  6. 太陽

  7. データ同化

  8. デジタル機器

研究分野 3

  1. 自然科学一般 / 宇宙惑星科学

  2. 自然科学一般 / 天文学

  3. 社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学

経歴 4

  1. 名古屋大学 宇宙地球環境研究所   太陽圏研究部   准教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 米国国立電波天文台   客員研究員

    2017年1月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 情報通信研究機構   電磁波研究所   日本学術振興会特別研究員

    2015年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 国立天文台   野辺山太陽電波観測所   研究員

    2012年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東北大学   理学研究科   地球物理学専攻

    2007年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東北大学   理学部

    2003年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 地球電磁気・地球惑星圏学会

  2. 国際天文学連合

      詳細を見る

  3. 日本天文学会

      詳細を見る

  4. 日本地球惑星科学連合

      詳細を見る

委員歴 3

  1. 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター   専門調査員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

    researchmap

  2. 日本天文学会   天文月報編集委員  

    2019年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

    researchmap

  3. 国立天文台 研究交流委員会   研究交流委員  

    2018年7月 - 現在   

受賞 4

  1. 大林奨励賞

    2020年11月   地球電磁気・地球惑星圏学会   先進的電波観測装置の開発に基づく太陽大気および太陽圏の研究

    岩井一正

     詳細を見る

  2. 泉萩会奨励賞

    2020年10月   泉萩会 -東北大学理学部物理系同窓会-   地上電波観測に基づく太陽の大気構造およびエネルギー解放過程の研究

    岩井一正

     詳細を見る

  3. 学生発表賞(オーロラメダル)

    2012年5月   地球電磁気・地球惑星圏学会   太陽電波Type-Iバーストのスペクトル微細構造

    岩井一正

     詳細を見る

  4. 学生発表賞(オーロラメダル)

    2009年5月   地球電磁気・地球惑星圏学会   太陽電波観測用広帯域偏波スペクトル計の開発

    岩井一正

     詳細を見る

 

論文 31

  1. BepiColombo Science Investigations During Cruise and Flybys at the Earth, Venus and Mercury

    Mangano Valeria, Dosa Melinda, Franz Markus, Milillo Anna, Oliveira Joana S., Lee Yeon Joo, McKenna-Lawlor Susan, Grassi Davide, Heyner Daniel, Kozyrev Alexander S., Peron Roberto, Helbert Joern, Besse Sebastien, de la Fuente Sara, Montagnon Elsa, Zender Joe, Volwerk Martin, Chaufray Jean-Yves, Slavin James A., Krueger Harald, Maturilli Alessandro, Cornet Thomas, Iwai Kazumasa, Miyoshi Yoshizumi, Lucente Marco, Massetti Stefano, Schmidt Carl A., Dong Chuanfei, Quarati Francesco, Hirai Takayuki, Varsani Ali, Belyaev Denis, Zhong Jun, Kilpua Emilia K. J., Jackson Bernard V., Odstrcil Dusan, Plaschke Ferdinand, Vainio Rami, Jarvinen Riku, Ivanovski Stavro Lambrov, Madar Akos, Erdos Geza, Plainaki Christina, Alberti Tommaso, Aizawa Sae, Benkhoff Johannes, Murakami Go, Quemerais Eric, Hiesinger Harald, Mitrofanov Igor G., Iess Luciano, Santoli Francesco, Orsini Stefano, Lichtenegger Herbert, Laky Gunther, Barabash Stas, Moissl Richard, Huovelin Juhani, Kasaba Yasumasa, Saito Yoshifumi, Kobayashi Masanori, Baumjohann Wolfgang

    SPACE SCIENCE REVIEWS   217 巻 ( 1 )   2021年2月

  2. Validation of coronal mass ejection arrival-time forecasts by magnetohydrodynamic simulations based on interplanetary scintillation observations

    Iwai Kazumasa, Shiota Daikou, Tokumaru Munetoshi, Fujiki Ken'ichi, Den Mitsue, Kubo Yuki

    EARTH PLANETS AND SPACE   73 巻 ( 1 )   2021年1月

  3. Estimating the Temperature and Density of a Spicule from 100 GHz Data Obtained with ALMA 査読有り

    Shimojo Masumi, Kawate Tomoko, Okamoto Takenori J., Yokoyama Takaaki, Narukagel Noriyuki, Sakao Taro, Iwai Kazumasa, Fleishman Gregory D., Shibatas Gazunari

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   888 巻 ( 2 )   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/2041-8213/ab62a5

    Web of Science

    researchmap

  4. Spectral Structures of Type II Solar Radio Bursts and Solar Energetic Particles 査読有り 国際共著 国際誌

    Iwai Kazumasa, Yashiro Seiji, Nitta Nariaki V, Kubo Yuki

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   888 巻 ( 1 )   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/ab57ff

    Web of Science

    researchmap

  5. Coordinated Interplanetary Scintillation Observations in Japan and Russia for Coronal Mass Ejection Events in Early September 2017 査読有り

    Tokumaru Munetoshi, Fujiki Ken'ichi, Iwai Kazumasa, Tyul'bashev Sergey, Chashei Igor

    SOLAR PHYSICS   294 巻 ( 7 )   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11207-019-1487-6

    Web of Science

    researchmap

  6. Development of a coronal mass ejection arrival time forecasting system using interplanetary scintillation observations 査読有り

    Iwai Kazumasa, Shiota Daikou, Tokumaru Munetoshi, Fujiki Ken'ichi, Den Mitsue, Kubo Yuki

    EARTH PLANETS AND SPACE   71 巻   2019年4月

     詳細を見る

  7. Comparative Study of Microwave Polar Brightening, Coronal Holes, and Solar Wind over the Solar Poles 査読有り

    Fujiki Ken'ichi, Shibasaki Kiyoto, Yashiro Seiji, Tokumaru Munetoshi, Iwai Kazumasa, Masuda Satoshi

    SOLAR PHYSICS   294 巻 ( 3 )   2019年3月

  8. Solar Polar Brightening and Radius at 100 and 230GHz Observed by ALMA 査読有り

    Selhorst Caius L., Simoes Paulo J. A., Brajsa Roman, Valio Adriana, Gimenez de Castro C. G., Costa Joaquim E. R., Menezes Fabian, Pierre Rozelot Jean, Hales Antonio S., Iwai Kazumasa, White Stephen

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   871 巻 ( 1 )   2019年1月

  9. Detection of Propagating Fast Sausage Waves through Detailed Analysis of a Zebra-pattern Fine Structure in a Solar Radio Burst 査読有り

    Kaneda K., Misawa H., Iwai K., Masuda S., Tsuchiya F., Katoh Y., Obara T.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   855 巻 ( 2 )   2018年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/2041-8213/aab2a5

    Web of Science

    Scopus

    researchmap

  10. Solar ALMA Observations: Constraining the Chromosphere above Sunspots 査読有り

    Loukitcheva Maria A., Iwai Kazumasa, Solanki Sami K., White Stephen M., Shimojo Masumi

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   850 巻 ( 1 )   2017年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/aa91cc

    Web of Science

    researchmap

  11. Variation of the Solar Microwave Spectrum in the Last Half Century 査読有り

    Shimojo Masumi, Iwai Kazumasa, Asai Ayumi, Nozawa Satoshi, Minamidani Tetsuhiro, Saito Masao

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   848 巻 ( 1 )   2017年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/aa8c75

    Web of Science

    researchmap

  12. OCTAD-S: digital fast Fourier transform spectrometers by FPGA 査読有り

    Iwai Kazumasa, Kubo Yuki, Ishibashi Hiromitsu, Naoi Takahiro, Harada Kenichi, Ema Kenji, Hayashi Yoshinori, Chikahiro Yuichi

    EARTH PLANETS AND SPACE   69 巻   頁: 95   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-017-0681-8

    Web of Science

    arXiv

    researchmap

  13. Observing the Sun with the Atacama Large Millimeter/submillimeter Array (ALMA): High-Resolution Interferometric Imaging 査読有り

    Shimojo M., Bastian T. S., Hales A. S., White S. M., Iwai K., Hills R. E., Hirota A., Phillips N. M., Sawada T., Yagoubov P., Siringo G., Asayama S., Sugimoto M., Brajsa R., Skokic I., Barta M., Kim S., de Gregorio-Monsalvo I., Corder S. A., Hudson H. S., Wedemeyer S., Gary D. E., De Pontieu B., Loukitcheva M., Fleishman G. D., Chen B., Kobelski A., Yan Y.

    SOLAR PHYSICS   292 巻 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11207-017-1095-2

    Web of Science

    researchmap

  14. Observing the Sun with the Atacama Large Millimeter/submillimeter Array (ALMA): Fast-Scan Single-Dish Mapping 査読有り

    S. M. White, K. Iwai, N. M. Phillips, R. E. Hills, A. Hirota, P. Yagoubov, G. Siringo, M. Shimojo, T. S. Bastian, A. S. Hales, T. Sawada, S. Asayama, M. Sugimoto, R. G. Marson, W. Kawasaki, E. Muller, T. Nakazato, K. Sugimoto, R. Brajsa, I. Skokic, M. Barta, S. Kim, A. J. Remijan, I. de Gregorio, S. A. Corder, H. S. Hudson, M. Loukitcheva, B. Chen, B. De Pontieu, G. D. Fleishmann, D. E. Gary, A. Kobelski, S. Wedemeyer, Y. Yan

    SOLAR PHYSICS   292 巻 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The Atacama Large Millimeter/submillimeter Array (ALMA) radio telescope has commenced science observations of the Sun starting in late 2016. Since the Sun is much larger than the field of view of individual ALMA dishes, the ALMA interferometer is unable to measure the background level of solar emission when observing the solar disk. The absolute temperature scale is a critical measurement for much of ALMA solar science, including the understanding of energy transfer through the solar atmosphere, the properties of prominences, and the study of shock heating in the chromosphere. In order to provide an absolute temperature scale, ALMA solar observing will take advantage of the remarkable fast-scanning capabilities of the ALMA 12 m dishes to make single-dish maps of the full Sun. This article reports on the results of an extensive commissioning effort to optimize the mapping procedure, and it describes the nature of the resulting data. Amplitude calibration is discussed in detail: a path that uses the two loads in the ALMA calibration system as well as sky measurements is described and applied to commissioning data. Inspection of a large number of single-dish datasets shows significant variation in the resulting temperatures, and based on the temperature distributions, we derive quiet-Sun values at disk center of 7300 K at lambda = 3 mm and 5900 K at lambda = 1.3 mm. These values have statistical uncertainties of about 100 K, but systematic uncertainties in the temperature scale that may be significantly larger. Example images are presented from two periods with very different levels of solar activity. At a resolution of about 25 '', the 1.3 mm wavelength images show temperatures on the disk that vary over about a 2000 K range. Active regions and plages are among the hotter features, while a large sunspot umbra shows up as a depression, and filament channels are relatively cool. Prominences above the solar limb are a common feature of the single-dish images.

    DOI: 10.1007/s11207-017-1123-2

    Web of Science

    researchmap

  15. ALMA Discovery of Solar Umbral Brightness Enhancement at lambda=3 mm 査読有り 国際共著 国際誌

    Iwai Kazumasa, Loukitcheva Maria, Shimojo Masumi, Solanki Sami K., White Stephen M.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   841 巻 ( 2 ) 頁: L20   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/2041-8213/aa71b5

    Web of Science

    arXiv

    researchmap

  16. Polarization Characteristics of Zebra Patterns in Type IV Solar Radio Bursts 査読有り

    Kaneda K., Misawa H., Iwai K., Tsuchiya F., Obara T., Katoh Y., Masuda S.

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   842 巻 ( 1 )   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/aa74c1

    Web of Science

    researchmap

  17. The First ALMA Observation of a Solar Plasmoid Ejection from an X-Ray Bright Point 査読有り 国際共著 国際誌

    Shimojo Masumi, Hudson Hugh S., White Stephen M., Bastian Timothy S., Iwai Kazumasa

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   841 巻 ( 1 )   2017年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/2041-8213/aa70e3

    Web of Science

    researchmap

  18. The Brightness Temperature of the Quiet Solar Chromosphere at 2.6 mm 査読有り 国際共著 国際誌

    Kazumasa Iwai, Masumi Shimojo, Shinichiro Asayama, Tetsuhiro Minamidani, Stephen White, Timothy Bastian, Masao Saito

    SOLAR PHYSICS   292 巻 ( 1 ) 頁: 22   2017年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SPRINGER  

    The absolute brightness temperature of the Sun at millimeter wavelengths is an important diagnostic of the solar chromosphere. Because the Sun is so bright, measurement of this property usually involves the operation of telescopes under extreme conditions and requires a rigorous performance assessment of the telescope. In this study, we establish solar observation and calibration techniques at 2.6 mm wavelength for the Nobeyama 45 m telescope and accurately derive the absolute solar brightness temperature. We tune the superconductor-insulator-superconductor (SIS) receiver by inducing different bias voltages onto the SIS mixer to prevent saturation. Then, we examine the linearity of the receiver system by comparing outputs derived from different tuning conditions. Furthermore, we measure the lunar filled beam efficiency of the telescope using the New Moon, and then derive the absolute brightness temperature of the Sun. The derived solar brightness temperature is 7700 +/- 310 K at 115 GHz. The telescope beam pattern is modeled as a summation of three Gaussian functions and derived using the solar limb. The real shape of the Sun is determined via deconvolution of the beam pattern from the observed map. Such well-calibrated single-dish observations are important for high-resolution chromospheric studies because they provide the absolute temperature scale that is lacking from interferometer observations.

    DOI: 10.1007/s11207-016-1044-5

    Web of Science

    arXiv

    researchmap

  19. Microwave observations of a large-scale coronal wave with the Nobeyama radioheliograph 査読有り

    A. Warmuth, K. Shibasaki, K. Iwai, G. Mann

    ASTRONOMY & ASTROPHYSICS   593 巻   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:EDP SCIENCES S A  

    Context. Large-scale globally propagating waves in the solar corona have been studied extensively, mainly using extreme ultraviolet (EUV) observations. In a few events, corresponding wave signatures have been detected in microwave radioheliograms provided by the Nobeyama radioheliograph (NoRH). Several aspects of these observations seem to contradict the conclusions drawn from EUV observations.
    Aims. We investigate whether the microwave observations of global waves are consistent with previous findings.
    Methods. We revisited the wave of 1997 Sep. 24, which is still the best-defined event in microwaves. We obtained radioheliograms at 17 and 34 GHz from NoRH and studied the morphology, kinematics, perturbation profile evolution, and emission mechanism of the propagating microwave signatures.
    Results. We find that the NoRH wave signatures are morphologically consistent with both the associated coronal wave as observed by SOHO/EIT and the Moreton wave seen in H alpha. The NoRH wave is clearly decelerating, which is typically found for large-amplitude coronal waves associated with Moreton waves, and its kinematical curve is consistent with the EIT wavefronts. The perturbation profile shows a pronounced decrease in amplitude. Based on the derivation of the spectral index of the excess microwave emission, we conclude that the NoRH wave is due to optically thick free-free bremsstrahlung from the chromosphere.
    Conclusions. The wavefronts seen in microwave radioheliograms are chromospheric signatures of coronal waves, and their characteristics support the interpretation of coronal waves as large-amplitude fast-mode MHD waves or shocks.

    DOI: 10.1051/0004-6361/201628591

    Web of Science

    researchmap

  20. CORONAL MAGNETIC FIELDS DERIVED FROM SIMULTANEOUS MICROWAVE AND EUV OBSERVATIONS AND COMPARISON WITH THE POTENTIAL FIELD MODEL 査読有り

    Shun Miyawaki, Kazumasa Iwai, Kiyoto Shibasaki, Daikou Shiota, Satoshi Nozawa

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   818 巻 ( 1 )   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    We estimated the accuracy of coronal magnetic fields derived from radio observations by comparing them to potential field calculations and the differential emission measure measurements using EUV observations. We derived line-of-sight components of the coronal magnetic field from polarization observations of the thermal bremsstrahlung in the NOAA active region 11150, observed around 3:00 UT on 2011 February 3 using the Nobeyama Radioheliograph at 17 GHz. Because the thermal bremsstrahlung intensity at 17 GHz includes both chromospheric and coronal components, we extracted only the coronal component by measuring the coronal emission measure in EUV observations. In addition, we derived only the radio polarization component of the corona by selecting the region of coronal loops and weak magnetic field strength in the chromosphere along the line of sight. The upper limits of the coronal longitudinal magnetic fields were determined as 100-210 G. We also calculated the coronal longitudinal magnetic fields from the potential field extrapolation using the photospheric magnetic field obtained from the Helioseismic and Magnetic Imager. However, the calculated potential fields were certainly smaller than the observed coronal longitudinal magnetic field. This discrepancy between the potential and the observed magnetic field strengths can be explained consistently by two reasons:. (1) the underestimation of the coronal emission measure resulting from the limitation of the temperature range of the EUV observations, and (2) the underestimation of the coronal magnetic field resulting from the potential field assumption.

    DOI: 10.3847/0004-637X/818/1/8

    Web of Science

    researchmap

  21. Chromospheric Sunspots in the Millimeter Range as Observed by the Nobeyama Radioheliograph 査読有り

    Iwai Kazumasa, Koshiishi, Hideki, Shibasaki, Kiyoto, Nozawa, Satoshi, Miyawaki, Shun; Yoneya, Takuro

    The Astrophysical Journal   816 巻 ( 2 ) 頁: 91   2016年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/0004-637X/816/2/91

    arXiv

  22. FREQUENCY DEPENDENCE OF POLARIZATION OF ZEBRA PATTERN IN TYPE-IV SOLAR RADIO BURSTS 査読有り

    Kazutaka Kaneda, H. Misawa, K. Iwai, F. Tsuchiya, T. Obara

    ASTROPHYSICAL JOURNAL LETTERS   808 巻 ( 2 )   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    We investigated the polarization characteristics of a zebra pattern (ZP) in a type-IV solar radio burst observed with AMATERAS on 2011 June 21 for the purpose of evaluating the generation processes of ZPs. Analyzing highly resolved spectral and polarization data revealed the frequency dependence of the degree of circular polarization and the delay between two polarized components for the first time. The degree of circular polarization was 50%-70% right-handed and it varied little as a function of frequency. Cross-correlation analysis determined that the left-handed circularly polarized component was delayed by 50-70 ms relative to the right-handed component over the entire frequency range of the ZP and this delay increased with the frequency. We examined the obtained polarization characteristics by using pre-existing ZP models and concluded that the ZP was generated by the double-plasma-resonance process. Our results suggest that the ZP emission was originally generated in a completely polarized state in the O-mode and was partly converted into the X-mode near the source. Subsequently, the difference between the group velocities of the O-mode and X-mode caused the temporal delay.

    DOI: 10.1088/2041-8205/808/2/L45

    Web of Science

    researchmap

  23. SOLAR MICRO-TYPE III BURST STORMS AND LONG DIPOLAR MAGNETIC FIELD IN THE OUTER CORONA 査読有り

    A. Morioka, Y. Miyoshi, K. Iwai, Y. Kasaba, S. Masuda, H. Misawa, T. Obara

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   808 巻 ( 2 )   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    Solar micro-type III radio bursts are elements of the so-called type III storms and are characterized by short-lived, continuous, and weak emissions. Their frequency of occurrence with respect to radiation power is quite different from that of ordinary type III bursts, suggesting that the generation process is not flare-related, but due to some recurrent acceleration processes around the active region. We examine the relationship of micro-type III radio bursts with coronal streamers. We also explore the propagation channel of bursts in the outer corona, the acceleration process, and the escape route of electron beams. It is observationally confirmed that micro-type III bursts occur near the edge of coronal streamers. The magnetic field line of the escaping electron beams is tracked on the basis of the frequency drift rate of micro-type III bursts and the electron density distribution model. The results demonstrate that electron beams are trapped along closed dipolar field lines in the outer coronal region, which arise from the interface region between the active region and the coronal hole. A 22 year statistical study reveals that the apex altitude of the magnetic loop ranges from 15 to 50 R-S. The distribution of the apex altitude has a sharp upper limit around 50 RS suggesting that an unknown but universal condition regulates the upper boundary of the streamer dipolar field.

    DOI: 10.1088/0004-637X/808/2/191

    Web of Science

    researchmap

  24. Observation of Sunspot Brightness Temperature with the Nobeyama 45 m Telescope 査読有り

    Iwai Kazumasa, Shimojo, Masumi

    The Astrophysical Journal   804 巻 ( 1 ) 頁: 48   2015年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0004-637X/804/1/48

    arXiv

  25. Coronal magnetic field and the plasma beta determined from radio and multiple satellite observations 招待有り 査読有り

    Iwai Kazumasa, Shibasaki, K., Nozawa, S., Takahashi, T., Sawada, S., Kitagawa, J., Miyawaki, S. and Kashiwagi, H.

    Earth Planets and Space   66 巻   頁: 149   2014年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40623-014-0149-z

    arXiv

  26. Spectral Structures and Their Generation Mechanisms for Solar Radio Type-I Bursts 査読有り

    Iwai Kazumasa, Miyoshi, Y., Masuda, S., Tsuchiya, F., Morioka, A., and Misawa, H.

    The Astrophysical Journal   789 巻 ( 1 ) 頁: 4   2014年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0004-637X/789/1/4

    arXiv

  27. GENERATION MECHANISM OF THE SLOWLY DRIFTING NARROWBAND STRUCTURE IN THE TYPE IV SOLAR RADIO BURSTS OBSERVED BY AMATERAS 査読有り

    Y. Katoh, K. Iwai, Y. Nishimura, A. Kumamoto, H. Misawa, F. Tsuchiya, T. Ono

    ASTROPHYSICAL JOURNAL   787 巻 ( 1 )   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IOP PUBLISHING LTD  

    We investigate the type IV burst event observed by AMATERAS on 2011 June 7, and reveal that the main component of the burst was emitted from the plasmoid eruption identified in the EUV images of the Solar Dynamics Observatory (SDO)/AIA. We show that a slowly drifting narrowband structure (SDNS) appeared in the burst's spectra. Using statistical analysis, we reveal that the SDNS appeared for a duration of tens to hundreds of milliseconds and had a typical bandwidth of 3 MHz. To explain the mechanism generating the SDNS, we propose wave-wave coupling between Langmuir waves and whistler-mode chorus emissions generated in a post-flare loop, which were inferred from the similarities in the plasma environments of a post-flare loop and the equatorial region of Earth's inner magnetosphere. We assume that a chorus element with a rising tone is generated at the top of a post-flare loop. Using the magnetic field and plasma density models, we quantitatively estimate the expected duration of radio emissions generated from coupling between Langmuir waves and chorus emissions during their propagation in the post-flare loop, and we find that the observed duration and bandwidth properties of the SDNS are consistently explained by the proposed generation mechanism. While observations in the terrestrial magnetosphere show that the chorus emissions are a group of large-amplitude wave elements generated naturally and intermittently, the mechanism proposed in the present study can explain both the intermittency and the frequency drift in the observed spectra.

    DOI: 10.1088/0004-637X/787/1/45

    Web of Science

    researchmap

  28. Measurements of Coronal and Chromospheric Magnetic Fields using Polarization Observations by the Nobeyama Radioheliograph 査読有り

    Iwai Kazumasa, Shibasaki, K.

    Publications of the Astronomical Society of Japan   65 巻 ( SP1 ) 頁: S14   2013年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pasj/65.sp1.S14

  29. Peak Flux Distributions of Solar Radio Type-I Bursts from Highly Resolved Spectral Observations 査読有り

    Iwai Kazumasa, Masuda, S., Miyoshi, Y.,Tsuchiya, F., Morioka, A., and Misawa, H.

    The Astrophysical Journal Letters   768 巻   頁: L2   2013年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/2041-8205/768/1/L2

  30. Solar Radio Type-I Noise Storm Modulated by Coronal Mass Ejections 査読有り

    Iwai Kazumasa, Miyoshi, Y., Masuda, S., Shimojo, M., Shiota, D., Inoue, S., Tsuchiya, F., Morioka, A., and Misawa, H.

    The Astrophysical Journal   744 巻 ( 2 ) 頁: 167   2012年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1088/0004-637X/744/2/167

  31. IPRT/AMATERAS: A New Metric Spectrum Observation System for Solar Radio Bursts 査読有り

    Iwai Kazumasa, Tsuchiya, F. Morioka, A. and Misawa, H.

    Solar Physics   277 巻 ( 2 ) 頁: 447–457   2012年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11207-011-9919-y

▼全件表示

MISC 7

  1. Database of Solar Radio Bursts Observed by Solar Radio Spectro-polarimeter AMATERAS 査読有り

    Tsuchiya, F, H. Misawa, T. Obara, K. Iwai, K. Kaneda, S. Matsumoto, A. Kumamoto, Y. Katoh, M. Yagi, B. Cecconi  

    Planetary Radio Emission 8   頁: 445 - 453   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)  

    DOI: 10.1553/PRE8s445

    researchmap

  2. An FFT Circuit for a Spectrometer of a Radio Telescope using the Nested RNS including the Constant Division. 査読有り

    Hiroki Nakahara,Hiroyuki Nakanishi,Kazumasa Iwai,Tsutomu Sasao  

    SIGARCH Computer Architecture News44 巻 ( 4 ) 頁: 44-49   2016年

  3. An FFT Circuit Using Nested RNS in a Digital Spectrometer for a Radio Telescope 査読有り

    岩井 一正  

    2016 IEEE 46TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MULTIPLE-VALUED LOGIC (ISMVL 2016)   頁: 60-65   2016年

  4. An RNS FFT Circuit Using LUT Cascades Based on a Modulo EVMDD. 査読有り

    Hiroki Nakahara,Tsutomu Sasao,Hiroyuki Nakanishi,Kazumasa Iwai  

    2015 IEEE International Symposium on Multiple-Valued Logic, Waterloo, ON, Canada, May 18-20, 2015   頁: 97-102   2015年

  5. An AWF Digital Spectrometer for a Radio Telescope 査読有り

    Nakahara Hiroki, Nakanishi Hiroyuki, Iwai Kazumasa  

    2014 INTERNATIONAL CONFERENCE ON RECONFIGURABLE COMPUTING AND FPGAS (RECONFIG)   2014年

  6. A HIGH-SPEED FFT BASED ON A SIX-STEP ALGORITHM: APPLIED TO A RADIO TELESCOPE FOR A SOLAR RADIO BURST 査読有り

    Nakahara Hiroki, Iwai Kazumasa, Nakanishi Hiroyuki  

    PROCEEDINGS OF THE 2013 INTERNATIONAL CONFERENCE ON FIELD-PROGRAMMABLE TECHNOLOGY (FPT)   頁: 430-433   2013年

  7. Survey of Accelerated Particles in a Solar Active Region Using Hinode/XRT and Ground-Based Type-I Radio Burst Observations

    Kazumasa Iwai, Hiroaki Misawa, Fuminori Tsuchiya, Akira Morioka, Satoshi Masuda, Yoshizumi Miyoshi  

    HINODE-3: THE 3RD HINODE SCIENCE MEETING454 巻   頁: 249 - 252   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:ASTRONOMICAL SOC PACIFIC  

    The relationships between solar radio type-I bursts and soft X-ray activities were investigated using Hinode/XRT and a ground-based radio telescope belonging to Tohoku University. Although a type-I burst is thought to be generated by high energy non-thermal electrons in the solar corona, the counterpart of this radio burst in X-rays or EUV have yet to be identified. In this study, we found some small scale soft X-ray activities on the XRT images around the onset time of the type-I burst when 10 percent of the soft X-ray flux enhancement around the onset time of the radio burst is defined as a burst-related activity. However, the causal relationship between the observed soft X-ray activities and the onset of the type-I burst are unclear, and more simultaneous observations of radio bursts and X-rays are needed to investigate the coronal counterpart of the type-I burst.

    Web of Science

    researchmap

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 多方向電波観測装置の開発による太陽嵐の物理機構の解明

    2020年10月 - 現在

    大幸財団   自然科学研究助成 

    岩井一正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4000000円 ( 直接経費:4000000円 )

科研費 6

  1. 先端情報通信技術を用いた宇宙災害予測:宇宙版気象レーダーへの挑戦

    研究課題/研究課題番号:19K22028  2019年6月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    岩井 一正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

    情報通信衛星に代表されるように、我々の生活基盤は近年急速に宇宙空間に進出している。この宇宙空間では太陽の爆発現象に伴う爆風が「太陽嵐」となって地球に到達し、人類の宇宙活動に深刻な影響が生じる。この太陽嵐を地球近傍に到達する前に予報することが本研究の目的である。そこで本研究では太陽嵐が電波を散乱しやすいという性質を利用し、地上電波観測から地球に接近中の太陽嵐を検出し早期予報を実現する。特に、一度に多数の方向を観測できる「デジタルフェーズドアレイ」の信号処理装置を開発し、研究代表者らが運用する電波望遠鏡に搭載することで、太陽嵐の広がりや接近速度を導出し、正確な到来予報を可能にする。
    本計画では、宇宙空間において太陽が原因で発生する災害の早期予報を目的とした「宇宙気象レーダー装置」の開発を行っている。情報通信衛星、宇宙ステーション、民間による宇宙旅行など、我々の生活基盤は近年急速に宇宙空間に進出している。太陽ではフレアと呼ばれる爆発現象が頻発し、その爆風が「太陽嵐」となって地球に到達する。このとき宇宙空間では地上でいうゲリラ豪雨のような激しい環境変動が発生し、衛星障害など人類の宇宙活動に深刻な影響が生じる。太陽フレアの発生は事前の予知が難しく、地球に到来する直前に、ようやく予報が可能となる。太陽嵐はまさに「宇宙版のゲリラ豪雨」と言える。この太陽嵐を地球近傍に到達する前に予報することが本研究の目的である。太陽嵐は希薄な電離した大気の塊のため電波を散乱する。そのため、天体観測中に太陽嵐が天体と地球の間を通過すると、散乱によって電波強度が激しく変動する。本研究ではこの散乱現象を地上電波観測で捉えることで、予報を実現する。
    計画初年度にあたる本年度は、気象レーダーで用いられるデジタルフェーズドアレイを参考に、汎用デジタルボードに多数の信号を並列解析する回路を実装した装置を低コストに開発するための開発研究を行った。特にデジタル回路に実装するアルゴリズムの検討と、意図した方向にビームを形成するためにアルゴリズムに与える設定パラメータの検討を行った。この結果、同時に4方向を観測できるデジタルビームフォーム装置の開発に成功した。本装置を用いると、1回の太陽嵐の観測時間を1/4に短縮でき、太陽嵐到来までに多数のスキャンが可能となるため、時事刻々と近づいてくる太陽嵐の表面の時間変動(=接近速度)が導出できる。更にデータを即時解析できる本装置のデータを日本の宇宙天気予報システムに組み込むことで、その精度向上に寄与し、人工衛星の運用効率の向上などの波及効果が期待出来る。
    計画初年度にあたる本年度は、気象レーダーで用いられるデジタルフェーズドアレイを参考に、汎用デジタルボードに多数の信号を並列解析する回路を実装した装置を低コストに開発するための開発研究を行った。特に多数の入力信号をフーリエ変換し、相関処理を行い、遅延テーブルを乗算し、合成することで、合成ビームを形成する一連の処理を高速かつ並列に行うデジタル回路をFPGA上に実装し、正常に動作させることに成功した。このデジタル演算アルゴリズムの開発は本研究の中核をなすものであり、初年度に完了したことは大きな進捗である。
    一方で、新型コロナウイルスの影響で、年度内に納品予定だった装置の一部が納品できなくなり、年度内に予算が執行できない事態となった。しかし、これらの装置は令和2年度の前半に全て納入される目処が立ち、実験に大きな影響は与えない。
    以上より、本研究計画はおおむね順調に進展していると言える。
    初年度に開発した装置を、応募者が率いるグループが保有する電波望遠鏡に搭載し、電波観測による実験を行う。特に同時に4方向の天体を観測可能にするデジタルマルチビームフォーミング技術の確立を目指し実験を行う。この機能を活用することで太陽嵐到来までに複数のスキャンが可能となるため、時事刻々と近づいてくる太陽嵐の表面の時間変動(=接近速度)が導出できる。並行して、ビームフォームの効率を向上させるためのデジタル回路の再検討を実施する。
    これらの開発・初期観測結果をまとめ、論文にする。またその論文を国際研究集会などで発表する。更に関連する分野の将来計画に対して提言を行う。

    researchmap

  2. 次世代フェーズドアレイ電波望遠鏡の開発による太陽嵐伝搬過程の解明

    研究課題/研究課題番号:18H01266  2018年4月 - 現在

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    岩井 一正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    太陽面爆発「フレア」では太陽大気の一部が吹き飛ばされ(CME)、太陽から吹き出す風「太陽風」に乗って地球にも到来し、地球周辺環境に深刻な影響を与える。本研究ではCMEが電波天体と地球との間を通過する際に、電波天体からの電波が散乱される現象を観測し、CMEの伝搬過程を解明することを目的としている。そして、その観測の超高性能化を実現するために、デジタルフェーズドアレイ技術を用いた電波の多方向同時観測装置の開発を行っている。
    本研究では計画初年度に当たる昨年度、多数のアンテナからの電波入力信号をデジタル化し、リアルタイムに解析することで、任意の方向に複数のビームを作るリアルタイム受信機の設計及び開発を行った。その結果、当初の目的を達成しうる試作機の設計に成功した。本年度は、この設計に基づきFPGAとAD変換器を用いたデジタルボードによる試作機の開発を行った。その結果、当初の目標性能を達成できる信号処理装置が完成した。本装置は従来のデジタルフェーズドアレイ装置に比べて小型で、かつ極めて安価であり、量産によって超高性能なフェーズドアレイ観測ができる可能性がある。現在、本装置の開発結果を論文にまとめている。
    並行して、本装置を搭載可能な小型のアンテナを開発し、デジタルフェーズドアレイ装置を搭載することで、フェーズドアレイ観測による天体検出の実証実験を行うための小型アンテナの設計を行った。その結果、適当な大きさのアンテナ形状が有限要素法を用いた電磁界シミュレーションによって導出され、数個の候補に絞ることができた。
    本年度は、多数のアンテナからの電波入力信号をデジタル化し、リアルタイムに解析することで、任意の方向に複数のビームを作るリアルタイム受信機の開発を行った。その結果、FPGAとAD変換器を用いて本研究専用に開発したデジタルボードを用いて、当初の目標性能を達成できる信号処理装置が完成した。本装置は従来のデジタルフェーズドアレイ装置に比べて小型で、かつ極めて安価であり、量産によって超高性能なフェーズドアレイ観測ができる可能性がある。現在、本装置の開発結果を論文にまとめている。本装置の開発は本研究課題の要となるもので、当初の性能を実現できたことは重要な進展である。
    並行して、本装置を搭載可能な小型のアンテナを開発し、デジタルフェーズドアレイ装置を搭載することで、フェーズドアレイ観測による天体検出の実証実験を行うための小型アンテナの設計を行った。その結果、適当な大きさのアンテナ形状が有限要素法を用いた電磁界シミュレーションによって導出され、数個の候補に絞ることができた。
    以上より、本研究は当初の予定通りおおむね順調に進展していると言える。
    昨年度までに完成したデジタルフェーズドアレイプロトタイプ装置を用いた実験を進める。並行してこれまでに設計したアンテナシステムを完成させ、プロトタイプ装置を搭載することで、天体観測の実験を実施する。実験では、システムの較正やビームの指向が正しく行えるかを確認する。これらの結果を用いることで、遠方天体を観測中にCMEが天体と地球の間を通過した場合に観測される電波の散乱現象、惑星間空間シンチレーション(IPS)現象が正しく観測できることを実証する。特に本研究では、検出した天体の位置から観測時刻におけるCMEの位置と伝搬方向を導出し、IPSの「散乱スペクトル」からCMEの速度を、「散乱の振幅」からCMEの平均密度という物理量を導出する。そのため、合成ビームの位置の決定精度、時間分解能と時刻決定精度、および受信電力の安定性を評価し、観測結果を正しく評価できるようにする。
    これらと並行して、本装置の開発結果をまとめて論文とし、査読付き国際雑誌に投稿する。

    researchmap

  3. 電波観測を用いたデータ同化型太陽嵐到来予測モデルの構築

    研究課題/研究課題番号:18H04442  2018年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)  新学術領域研究(研究領域提案型)

    岩井 一正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    通信衛星に代表されるように、我々の生活基盤は、宇宙空間の環境に依存している。そのため、太陽活動に起因する擾乱(太陽嵐)の地球周辺への到来予測が重要である。本研究では応募者らが電波観測する宇宙空間を伝搬中の太陽嵐の情報を、電磁流体シミュレーションと連結する「データ同化型宇宙天気モデル」を開発することで、太陽起因の擾乱現象の地球への到来予報精度を向上させることを目的として以下の研究を行った。
    計画初年度には、応募者らが電波観測する宇宙空間を伝搬中の太陽嵐の情報を電磁流体シミュレーションと連結する「データ同化型宇宙天気モデル」を開発を行い、完成させることに成功した。本モデルをまとめた論文が今年度に出版された。
    また、本年度は過去の太陽嵐イベントに対して、本モデルで擬似的に予報を行い、電波観測データを同化することでどのように予報精度が向上するか、性能評価を行った。まず、過去に観測された太陽嵐のイベントリストから地球に向かって放出されたイベントを抽出した予報対象イベントリストを作り、次にそのリストのイベントに対して、電波観測データを同化しないモデルと、本研究で開発した電波観測データを同化するモデルで擬似的に予報を行い、それぞれのモデルの予報到達時間を実際の太陽嵐の到達時間と比較することで、電波観測データが予報結果に与える影響を調査した。その結果、現在最大で10時間以上にもなる太陽嵐到達予報時刻の誤差を5時間以下まで向上できることを明らかにした。本結果を論文にまとめて、現在査読付き国際誌に投稿中である。
    並行して、情報通信研究機構の宇宙天気予報センターにて本モデルでリアルタイムに予報を行いその結果を発信するシステムを構築した。今後、人工衛星事業者など宇宙天気予報情報を必要とする多くの利用者に役立てられることが期待される。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。
    令和元年度が最終年度であるため、記入しない。

    researchmap

  4. 超高速並列デジタル分光計による太陽電波微細バースト研究

    研究課題/研究課題番号:16K17813  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    岩井 一正

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本課題ではアナログデジタル変換器と、高速で信号を処理できるFPGAを組み合わせることで、入力信号をリアルタイムでデジタル化し高速フーリエ変換する「デジタル分光計」を開発た。その結果、時間分解能、周波数分解能だけでなく、実効ダイナミックレンジ、高調波特性、安定性などにおいても従来型の一般的な周波数解析装置に比べ高い性能を持つ装置の開発に成功し、この結果をまとめて論文として出版した。本装置を情報通信研究機構の保有する太陽電波望遠鏡に搭載し、太陽電波の連続観測を行った。その結果、多数の太陽電波バーストのスペクトル微細構造を検出することに成功した。
    本研究で開発したデジタル分光計を搭載した太陽電波望遠鏡は、世界で最も高分解に太陽電波バーストのスペクトル観測が可能となった。本装置を用いて太陽観測を行った結果、太陽電波バースト中に既存装置では分解不可能だった多数のスペクトル微細構造がることを同定した。これらの科学成果は学術的に非常にインパクトが高く、結果が査読誌に掲載された。
    開発したデジタル分光計は共同開発企業が製品として販売し、電波天文学はもとより、信号を高速処理する必要のある広い分野で応用が広がっている。

    researchmap

  5. 電波観測を用いたリアルタイム宇宙天気予報システムの構築

    研究課題/研究課題番号:15J09524  2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    岩井 一正

      詳細を見る

    太陽の大気コロナでは、フレアに代表される爆発現象や、コロナ質量放出(以下CME)と呼ばれるプラズマ雲の放出現象が発生する。その過程では、強い電波放射(太陽電波バースト)が発生する。粒子の伝搬速度よりも電波の伝搬速度は速いため、電波バーストの検出は宇宙天気災害の有効な予報手段となる。
    山川望遠鏡は受け入れ研究機関であるNICTが新たに開発した太陽電波望遠鏡である。観測周波数帯域は70MHz - 9GHzであり、フレアに起因する太陽電波バーストの発生周波数帯域をほぼ全てカバーできる。本望遠鏡にはFPGAを用いた最新鋭のデジタル分光計OCTAD-Sが搭載され、観測する全帯域で8msの時間分解能で連続観測が可能である。本年度はこの新型分光計の性能評価および査読論文への投稿を行った。論文は現在査読中である。論文化と並行して山川望遠鏡を用いた太陽電波バーストの定常観測を行った。その結果、多数の電波バーストの受信に成功した。特に2016年4月18日に発生した太陽フレアに伴う電波バーストは、NICTが毎日行っている宇宙天気予報の直前に発生した。そのため関連する太陽フレアによって発生した高エネルギー粒子の地球への到来を、電波バーストの情報から到来前に予測し、予報発令に反映させることに成功した。この予報成功は本研究の重要な目的の達成を意味する。今後は電波バーストの自動認識システムを付加することで、粒子の到来前予測の例を増やすことが課題である。
    この他、山川望遠鏡と相補的な情報が得られるミリ波・サブミリ波の太陽観測を実現するために野辺山45m望遠鏡による太陽観測実験を行い、高度高度な較正手法を開発した。この技術を応用して日米欧の国際協力で建設された大型ミリ波・サブミリ波電波干渉計ALMAによる太陽観測国際チームに参画し、ALMAを用いた世界初の太陽観測実験を成功させることに大きく貢献した。

    researchmap

  6. 太陽電波Type-Iに関する粒子加速過程の研究

    研究課題/研究課題番号:09J03264  2009年 - 2011年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費  特別研究員奨励費

    岩井 一正

      詳細を見る

    太陽から最も頻繁に放射される電波バーストの一つにType-Iがある。この現象は他の太陽電波現象に比べて強度の弱い太陽電波現象である。Type-Iはコロナ中で高エネルギーに加速された電子から放射されると考えられているが、その電子を高エネルギーに加速する過程はいまだ明らかになっていない。これら高エネルギー粒子の生成過程は、太陽コロナの物理を議論する上で極めて重要であるとともに、未知の加速課程の発見につながる可能性がある。そこで本研究では微弱な太陽電波バーストType-Iを発生させる高エネルギー電子の加速過程を解明することを目的とし、地上電波観測を中心とした研究活動を行ってきた。その結果、本年度に以下の成果が得られた。
    1:観測システムの連続運用・データアーカイブ化
    本研究では微弱な電波強度で微細なスペクトル構造を伴い放射されるType-Iバーストを効果的に観測するための電波観測装置(IPRT/mmTERAS)を開発した。連続運用フェーズに移行した本年度は、全自動運用システムの開発・観測データのアーカイブ化・データ公開システムの構築と装置論文の執筆を行った。その結果、全自動での運用およびデータアーカイブ化に成功した。また観測データは観測日中にWebから公開することが可能となった。
    2:超微細Type-Iバーストの発見
    Type-Iには継続時間1秒未満の微細なスペクトル構造が多数含まれていることが知られている。本研究ではType-Iの微細なスペクトル構造に注目し、Type-Iの高分解スペクトル観測を行い、そのデータの解析を行った。その結果Type-Iには今まで連続成分とみなされた電波成分にも多量の微細バーストが含まれていることを発見した。加えてType-Iバースト成分の統計的特徴に注目し、電波強度の発生頻度解析を行った。その結果、バースト成分の電波強度は幕状分布し、その指数は-2から-3と通常のType-III電波バーストやフレア現象よりスペクトルが急峻であることが示唆された。

    researchmap

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 3

  1. 物理学実験

    2019

  2. 宇宙地球電波科学

    2019

  3. 先端物理学特論

    2019

担当経験のある科目 (本学以外) 3

  1. 物理学実験

    2019年 名古屋大学 理学部)

     詳細を見る

  2. 宇宙地球電波科学

    2018年 - 現在 名古屋大学)

     詳細を見る

  3. 先端物理学特論

    2017年 - 現在 名古屋大学 理学部)

     詳細を見る