2024/03/22 更新

写真a

ササノ リョウヘイ
笹野 遼平
SASANO Ryohei
所属
大学院情報学研究科 附属価値創造研究センター 准教授
大学院担当
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 コンピュータ科学科
職名
准教授

学位 1

  1. 博士(情報理工学) ( 2009年3月   東京大学 ) 

経歴 2

  1. 東京工業大学   助教

    2010年12月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 京都大学   研究員

    2009年4月 - 2010年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 東京大学   大学院情報理工学系研究科   電子情報学専攻

    2004年4月 - 2009年3月

  2. 東京大学   工学部   電子情報工学科

    2000年4月 - 2004年3月

受賞 8

  1. 論文賞

    2024年3月   言語処理学会   定義文を用いた文埋め込み構成法

    塚越駿, 笹野遼平, 武田浩一

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  2. 論文賞

    2023年3月   言語処理学会   マスクされた単語埋め込みと2段階クラスタリングを用いた動詞の意味フレーム推定

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  3. 最優秀論文賞

    2018年3月   言語処理学会   大規模コーパスに基づく日本語二重目的語構文の基本語順の分析

    笹野遼平, 奥村学

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  4. 最優秀論文賞

    2015年3月   言語処理学会   日本語文章に対する述語項構造アノテーション仕様の考察

    松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  5. 論文賞

    2015年3月   言語処理学会   日本語形態素解析における未知語処理の一手法 –既知語から派生した表記と未知オノマトペの処理–

    笹野遼平, 黒橋禎夫, 奥村学

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  6. 委員特別賞

    2023年3月   言語処理学会第29回年次大会 大会委員会   日本語話者の項省略判断に関するアノテーションとモデリング

    石月由紀子, 栗林樹生, 松林優一郎, 笹野遼平, 乾健太郎

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  7. 最優秀賞

    2014年3月   言語処理学会   劣モジュラ最大化アルゴリズムを用いた文抽出と文圧縮に基づくクエリ指向要約

    森田一, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

  8. 全国大会優秀賞

    2014年3月   人工知能学会   言語モデルT5を用いたTwitterからのスポーツ速報生成

    大鹿雅史, 山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞 

▼全件表示

 

論文 73

  1. Verifying Claims About Metaphors with Large-Scale Automatic Metaphor Identification 査読有り

    Kotaro Aono, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics (NAACL 2024)     2024年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  2. Sentence Representations via Gaussian Embedding 査読有り

    Shohei Yoda, Hayato Tsukagoshi, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the 18th Conference of the European Chapter of the Association for Computational Linguistics (EACL 2024)     2024年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  3. Transformer-based Live Update Generation for Soccer Matches from Microblog Posts 査読有り

    Masashi Oshika, Kosuke Yamada, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the 2023 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2023)     頁: 10100 - 10106   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  4. Semantic Frame Induction with Deep Metric Learning 査読有り

    Kosuke Yamada, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Processing of the 17th Conference of the European Chapter of the Association for Computational Linguistics (EACL 2023)     頁: 1833 - 1845   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  5. Cross-Modal Similarity-Based Curriculum Learning for Image Captioning 査読有り

    Hongkuan Zhang, Saku Sugawara, Akiko Aizawa, Lei Zhou, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the 2022 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2022)     頁: 7599 - 7606   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  6. Transformer-based Lexically Constrained Headline Generation 査読有り

    Kosuke Yamada, Yuta Hitomi, Hideaki Tamori, Ryohei Sasano, Naoaki Okazaki, Kentaro Inui, Koichi Takeda

    In Proceedings of the 2021 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2021)     頁: 4085 - 4090   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  7. Semantic Frame Induction using Masked Word Embeddings and Two-Step Clustering 査読有り

    Kosuke Yamada, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the Joint Conference of the 59th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 11th International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP 2021)     頁: 811 - 816   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  8. DefSent: Sentence Embeddings using Definition Sentences 査読有り

    Hayato Tsukagoshi, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the Joint Conference of the 59th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics and the 11th International Joint Conference on Natural Language Processing (ACL-IJCNLP 2021)     頁: 411 - 418   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  9. Investigating Word-Class Distributions in Word Vector Spaces 査読有り

    Ryohei Sasano, Anna Korhonen

    In Proceedings of the 58th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2020)     頁: 3657 - 3666   2020年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  10. Distinguishing Japanese Non-standard Usages from Standard Ones 査読有り

    Tatsuya Aoki, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 2017 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2017)   ( -standard Usages from Standard Ones ) 頁: 2313 - 2318   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  11. Controlling Output Length in Neural Encoder-Decoders 査読有り

    Yuta Kikuchi, Graham Neubig, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 2016 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2016)     頁: 1328 - 1338   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  12. A Corpus-Based Analysis of Canonical Word Order of Japanese Double Object Constructions 査読有り

    Ryohei Sasano, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 54th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2016)     頁: 2236 - 2244   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  13. Context-Dependent Automatic Response Generation Using Statistical Machine Translation Techniques 査読有り

    Andrew Shin, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics - Human Language Technologies (NAACL-HLT 2015)     頁: 1345 - 1350   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  14. Automatic Knowledge Acquisition for Case Alternation between the Passive and Active Voices in Japanese 査読有り

    Ryohei Sasano, Daisuke Kawahara, Sadao Kurohashi, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 2013 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2013)     頁: 1213 - 1223   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  15. Subtree Extractive Summarization via Submodular Maximization 査読有り

    Hajime Morita, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 51st Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics (ACL 2013)     頁: 1023 - 1032   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  16. A Probabilistic Model for Associative Anaphora Resolution 査読有り

    Ryohei Sasano, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the 2009 Conference on Empirical Methods in Natural Language Processing (EMNLP 2009)     頁: 1455 - 1464   2009年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  17. The Effect of Corpus Size on Case Frame Acquisition for Discourse Analysis 査読有り

    Ryohei Sasano, Daisuke Kawahara, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the North American Chapter of the Association for Computational Linguistics - Human Language Technologies (NAACL-HLT 2009)     頁: 521 - 529   2009年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  18. WikiSplit++: Easy Data Refinement for Split and Rephrase 査読有り

    Hayato Tsukagoshi, Tsutomu Hirao, Makoto Morishita, Katsuki Chousa, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the 2024 Joint International Conference on Computational Linguistics, Language Resources and Evaluation (LREC-COLING 2024)     2024年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  19. To Drop or Not to Drop? Predicting Argument Ellipsis Judgments: A Case Study in Japanese 査読有り

    Yukiko Ishizuki, Tatsuki Kuribayashi, Yuichiroh Matsubayashi, Ryohei Sasano, Kentaro Inui

    In Proceedings of the 2024 Joint International Conference on Computational Linguistics, Language Resources and Evaluation (LREC-COLING 2024)     2024年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  20. Inference Discrepancy Based Curriculum Learning for Neural Machine Translation 査読有り

    Lei Zhou, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    IEICE Transactions on Information and Systems   E107-D 巻 ( 1 ) 頁: 135 - 143   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. 深層距離学習を用いた動詞の意味フレーム推定 査読有り

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    自然言語処理   30 巻 ( 4 ) 頁: 1130 - 1150   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Argument Clustering with Deep Metric Learning for Semantic Frame Induction 査読有り

    Kosuke Yamada, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Findings of the Association for Computational Linguistics: ACL 2023     頁: 9356 - 9364   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  23. Building a Buzzer-quiz Answering System 査読有り

    Naoya Sugiura, Kosuke Yamada, Ryohei Sasano, Koichi Takeda, Katsuhiko Toyama

    In Proceedings of ACL 2023 Student Research Workshop (ACL-SRW 2023)     頁: 194 - 199   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  24. Realistic Citation Count Prediction Task for Newly Published Papers, 査読有り

    Jun Hirako, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Findings of the Association for Computational Linguistics: EACL 2023     頁: 1131 - 1141   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  25. 定義文を用いた文埋め込み構成法 査読有り

    塚越駿, 笹野遼平, 武田浩一

    自然言語処理   30 巻 ( 1 ) 頁: 125 - 155   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  26. Automating Interlingual Homograph Recognition with Parallel Sentences 査読有り

    Yi Han, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Findings of the Association for Computational Linguistics: AACL-IJCNLP 2022     2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  27. Leveraging Three Types of Embeddings from Masked Language Models in Idiom Token Classification 査読有り

    Ryosuke Takahashi, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the 11th Joint Conference on Lexical and Computational Semantics (*SEM 2022)     2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  28. Comparison and Combination of Sentence Embeddings Derived from Different Supervision Signals 査読有り

    Hayato Tsukagoshi, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the 11th Joint Conference on Lexical and Computational Semantics (*SEM 2022)     2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  29. Cross-lingual Linking of Automatically Constructed Frames and FrameNet 査読有り

    Ryohei Sasano

    In Proceedings of the 13th International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC 2022)     2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  30. マスクされた単語埋め込みと2段階クラスタリングを用いた動詞の意味フレーム推定 査読有り

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    自然言語処理   30 巻 ( 1 )   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  31. Research impact analysis of international funding agencies in the realm of allergy and immunology 査読有り

    Takeya Adachi, Yasushi Ogawa, Tamami Fukushi, Kei Ito, Amane Koizumi, Masashi Shirabe, Masako Toriya, Jun Hirako, Takenori Inomata, Katsunori Masaki, Ryohei Sasano, Sakura Sato, Keigo Kainuma, Masaki Futamura, Keiko Kan-o, Yosuke Kurashima, Saeko Nakajima, Masafumi Sakashita, Hideaki Morita, Aikichi Iwamoto, Sankei Nishima, Mayumi Tamari, Hajime Iizuka

    Allergy     2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  32. Self-Guided Curriculum Learning for Neural Machine Translation 査読有り

    Lei Zhou, Liang Ding, Kevin Duh, Shinji Watanabe, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of the 18th International Conference on Spoken Language Translation (IWSLT 2021)     頁: 206 - 214   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  33. Verb Sense Clustering Using Contextualized Word Representations for Semantic Frame Induction 査読有り

    Kosuke Yamada, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Findings of the Association for Computational Linguistics: ACL-IJCNLP 2021     頁: 4353 - 5362   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  34. Driving Behavior Aware Caption Generation for Egocentric Driving Videos Using In-Vehicle Sensors 査読有り

    Hongkuan Zhang, Koichi Takeda, Ryohei Sasano, Yusuke Adachi, Kento Ohtani

    In Proceedings of the 2021 IEEE Intelligent Vehicles Symposium Workshops (IV Workshops)     2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  35. Sequential Span Classification with Neural Semi-Markov CRFs for Biomedical Abstracts 査読有り

    Kosuke Yamada, Tsutomu Hirao, Ryohei Sasano, Koichi Takeda, Masaaki Nagata

    In Findings of the Association for Computational Linguistics: EMNLP 2020     頁: 871 - 877   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  36. 「いいね」「シェア」をした投稿のテキスト情報を利用したSNSユーザの性格推定 査読有り

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    人工知能学会論文誌   35 巻 ( 4 ) 頁: B-K22_1 - 12   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  37. Development of a Medical Incident Report Corpus with Intention and Factuality Annotation 査読有り

    Hongkuan Zhang, Ryohei Sasano, Koichi Takeda, Zoie Shui-Yee Wong

    In Proceedings of the 12th International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC 2020)     頁: 4580 - 4586   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  38. Incorporating Textual Information on User Behavior for Personality Prediction 査読有り

    Kosuke Yamada, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    In Proceedings of ACL 2019 Student Research Workshop (ACL-SRW 2019)     頁: 177 - 182   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  39. ソーシャルメディアにおける単語の一般的ではない用法の検出 査読有り

    青木竜哉, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    自然言語処理   26 巻 ( 2 ) 頁: 381 - 406   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  40. 職業ごとの行動に関する知識の収集 査読有り

    馬緤美穂, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会論文誌データベース(TOD)   11 巻 ( 3 ) 頁: 12 - 22   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  41. An Empirical Study on Fine-Grained Named Entity Recognition 査読有り

    Khai Mai, Thai-Hoang Pham, Minh Trung Nguyen, Nguyen Tuan Duc, Danushka Bollegala, Ryohei Sasano, Satoshi Sekine

    In Proceedings of the 27th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2018)     頁: 711 - 722   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  42. 大規模コーパスに基づく日本語二重目的語構文の基本語順の分析 査読有り

    笹野遼平, 奥村学

    自然言語処理   24 巻 ( 5 ) 頁: 687 - 704   2017年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  43. Real-Time Tweet Selection for TV News Programs 査読有り

    Soichiro Hirota, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 2017 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 17)     頁: 299 - 305   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  44. Extended Named Entity Recognition API and Its Applications in Language Education 査読有り

    Tuan Duc Nguyen, Khai Mai, Thai-Hoang Pham, Minh Trung Nguyen, Truc-Vien T. Nguyen, Takashi Eguchi, Ryohei Sasano, Satoshi Sekine

    In Proceedings of 55th Annual Meeting of the Association for Computational Linguistics: System Demonstrations (ACL 2017 Demo)     頁: 37 - 42   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  45. Webページ推薦システムにおけるユーザ指向型スニペット生成 査読有り

    渡邉亮彦, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    人工知能学会論文誌   31 巻 ( 5 ) 頁: C-G41_1 - 12   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  46. Acquiring Activities of People Engaged in Certain Occupations 査読有り

    Miho Matsunagi, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 14th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI 2016)     頁: 327 - 339   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  47. Learning from Numerous Untailored Summaries 査読有り

    Yuta Kikuchi, Akihiko Watanabe, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 14th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI 2016)     頁: 206 - 219   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  48. Collecting Microblog Posts Implicitly Related to an Announcement Post 査読有り

    Yuma Tsukamoto, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 2015 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 15)     頁: 195 - 202   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  49. Context Representation with Word Embeddings for WSD 査読有り

    Hiromu Sugawara, Hiroya Takamura, Ryohei Sasano, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 2015 Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (PACLING 2015)     頁: 149 - 155   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  50. 受身・使役形と能動形間の格交替に関する語彙知識の自動獲得 査読有り

    笹野遼平, 河原大輔, 黒橋禎夫, 奥村学

    自然言語処理   21 巻 ( 6 ) 頁: 1207 - 1233   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  51. 日本語形態素解析における未知語処理の一手法 –既知語から派生した表記と未知オノマトペの処理– 査読有り

    笹野遼平, 黒橋禎夫, 奥村学

    自然言語処理   21 巻 ( 6 ) 頁: 1183 - 1205   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  52. Generating Personalized Snippets for Web Page Recommender Systems 査読有り

    Akihiko Watanabe, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 2014 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 14)     頁: 218 - 225   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  53. 日本語文章に対する述語項構造アノテーション仕様の考察 査読有り

    松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎

    自然言語処理   21 巻 ( 2 ) 頁: 333 - 378   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  54. テキストコーパスを用いた漢字詳細読みの自動生成 査読有り

    川崎博章, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会論文誌   4 巻 ( 12 ) 頁: 2481 - 2491   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  55. Generating Live Sports Updates from Twitter by Finding Good Reporters 査読有り

    Mitsumasa Kubo, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 2013 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 13)     頁: 527 - 534   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  56. A Simple Approach to Unknown Word Processing in Japanese Morphological Analysis 査読有り

    Ryohei Sasano, Sadao Kurohashi, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 6th International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP 2013)     頁: 162 - 170   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  57. Use of Sound Symbolism in Sentiment Classification 査読有り

    Takuma Igarashi, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    Journal of Natural Language Processing   20 No.2 巻 ( 2 ) 頁: 183 - 200   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  58. TTOKU Summarization Based Systems at NTCIR-10 1CLICK-2 task 査読有り

    Hajime Morita, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 10th NTCIR Conference     頁: 212 - 217   2013年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  59. Generating ``A for Alpha'' When There Are Thousands of Characters 査読有り

    Hiroaki Kawasaki, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 22nd International Conference on Computational Linguistics (COLING 2012)     頁: 1411 - 1424   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  60. The Use of Sound Symbolism in Sentiment Classification 査読有り

    Takuma Igarashi, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 12th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI 2012)     頁: 746 - 752   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  61. 不自然言語処理 –枠に収まらない「リアルな」言語処理–:2.新しい語・崩れた表記の処理

    笹野遼平, 鍜治伸裕

    情報処理学会会誌「情報処理」   53 巻 ( 3 ) 頁: 211 - 216   2012年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  62. 大規模格フレームを用いた識別モデルに基づく日本語ゼロ照応解析 査読有り

    笹野遼平, 黒橋禎夫

    情報処理学会論文誌   52 巻 ( 12 ) 頁: 3328 - 3337   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  63. A Discriminative Approach to Japanese Zero Anaphora Resolution with Large-scale Lexicalized Case Frames 査読有り

    Ryohei Sasano, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the 5th International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP 2011)     頁: 758 - 766   2011年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  64. The Effect of Corpus Size on Case Frame Acquisition for Predicate-Argument Structure Analysis 査読有り

    Ryohei Sasano, Daisuke Kawahara, Sadao Kurohashi

    IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems   E93-D 巻 ( 6 ) 頁: 1361 - 1368   2010年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  65. 大域的情報を用いた日本語固有表現認識 査読有り

    笹野遼平,黒橋禎夫

    情報処理学会論文誌   49 巻 ( 11 ) 頁: 3765 - 3776   2008年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  66. 自動獲得した名詞関係辞書に基づく共参照解析の高度化 査読有り

    笹野遼平,黒橋禎夫

    自然言語処理   15 巻 ( 5 ) 頁: 99 - 118   2008年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  67. A Fully-Lexicalized Probabilistic Model for Japanese Zero Anaphora Resolution 査読有り

    Ryohei Sasano, Daisuke Kawahara, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the 22nd International Conference on Computational Linguistics (COLING 2008)     頁: 769 - 776   2008年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  68. Japanese Named Entity Recognition Using Structural Natural Language Processing 査読有り

    Ryohei Sasano, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the 3rd International Joint Conference on Natural Language Processing (IJCNLP 2008)     頁: 607 - 612   2008年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  69. Improving Coreference Resolution Using Bridging Reference Resolution and Automatically Acquired Synonyms 査読有り

    Ryohei Sasano, Daisuke Kawahara, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the 6th Discourse Anaphora and Anaphor Resolution Colloquium (DAARC 2007)     頁: 125 - 136   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  70. 名詞格フレーム辞書の自動構築とそれを用いた名詞句の関係解析 査読有り

    笹野遼平,河原大輔,黒橋禎夫

    自然言語処理   12 巻 ( 3 ) 頁: 129 - 144   2005年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  71. Text Understanding for Conversational Agent 査読有り

    Daisuke Kawahara, Ryohei Sasano, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the 1st International Workshop on Intelligent Media Technology for Communicative Intelligence (IMTfCI 2004)     頁: 68 - 71   2004年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  72. Automatic Construction of Nominal Case Frames and its Application to Indirect Anaphora Resolution 査読有り

    Ryohei Sasano, Daisuke Kawahara, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the 20th International Conference on Computational Linguistics (COLING 2004)   ( inal Case Frames and its Application to Indirect Anaphora Resolution ) 頁: 1201 - 1207   2004年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  73. Toward Text Understanding: Integrating Relevance-tagged Corpus and Automatically Constructed Case Frames 査読有り

    Daisuke Kawahara, Ryohei Sasano, Sadao Kurohashi

    In Proceedings of the 4th International Conference on Language Resources and Evaluation (LREC 2004)     頁: 1833 - 1836   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 人工知能学大事典『意味役割付与』

    笹野 遼平( 担当: 分担執筆)

    共立出版  2017年7月  ( ISBN:978-4320124202

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

  2. 文脈解析 -述語項構造・照応・談話構造の解析-

    笹野 遼平, 飯田 龍( 担当: 共著)

    コロナ社  2017年6月  ( ISBN:978-4339027600

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 81

  1. 単語難易度を考慮した反復的な翻訳文の平易化

    大鹿雅史, 森下睦, 平尾努, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第30回年次大会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  2. 大規模言語モデルに含まれる社会集団間の感情の抽出

    田中邦朋, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第30回年次大会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  3. 自動生成したNLIデータを用いた教師なし文埋め込みの改良

    佐藤蒼馬, 塚越駿, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第30回年次大会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  4. 日本語文埋め込みの文書検索性能と検索補助付き生成での評価

    矢野千紘, 塚越駿, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第30回年次大会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  5. サーベイ論文で引用すべき論文の推薦

    柴克樹, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第30回年次大会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

  6. 大規模なメタファー自動推定結果に基づくメタファーに関する仮説の検証

    青野広太郎, 笹野遼平, 武田浩一

    情報処理学会 第258回自然言語処理研究会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

  7. 深層距離学習を用いた意味フレーム構築におけるフレーム要素知識の獲得

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    第37回人工知能学会全国大会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

  8. 言語モデルT5を用いたTwitterからのスポーツ速報生成

    大鹿雅史, 山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    第37回人工知能学会全国大会  2023年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年6月

  9. 論文テキストを用いた化合物探索の漸進的効率化

    塚越駿, 岩田和樹, 花田博幸, 笹野遼平, 竹内一郎, 魚住信之, 有澤美枝子

    情報処理学会 第256回自然言語処理研究会  2023年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年5月

  10. クロスモーダル類似度に基づくカリキュラム学習による画像キャプション生

    張宏寛, 菅原朔, 相澤彰子, 周雷, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  11. 論文の階層構造を活用した被引用数予測

    平子潤, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  12. 深層距離学習を用いた動詞の意味フレーム推定

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  13. 深層距離学習を用いた日本語動詞の意味フレーム推定

    矢野千紘, 山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  14. 早押しクイズ解答システムの構築と各時点での正答率推定

    杉浦尚弥, 山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  15. ガウス埋め込みに基づく文表現生成

    陽田祥平, 塚越駿, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  16. 事前学習済み言語モデルを用いた問診データからのパーキンソン病患者の検出

    早津藍一郎, 笹野遼平, 武田浩一

    電子情報通信学会 言語理解とコミュニケーション研究会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  17. 早押しクイズ解答システムの構築と各時点での正答率推定

    杉浦尚弥, 山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  18. 深層距離学習を用いた日本語動詞の意味フレーム推定

    矢野千紘, 山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  19. 深層距離学習を用いた動詞の意味フレーム推定

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  20. 論文の階層構造を活用した被引用数予測

    平子潤, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  21. ガウス埋め込みに基づく文表現生成

    陽田祥平, 塚越駿, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  22. 日本語話者の項省略判断に関するアノテーションとモデリング

    石月由紀子, 栗林樹生, 松林優一郎, 笹野遼平, 乾健太郎

    言語処理学会 第29回年次大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

  23. 直近1年の動向を考慮した最新論文のインパクト予測

    平子潤, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第28回年次大会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  24. Automatic Interlingual Homograph Recognition with Context Features

    Yi Han, Ryohei Sasano, Koichi Takeda

    2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  25. 自然言語推論と再現器を用いたSplit and Rephrase における生成文の品質向上

    塚越駿, 平尾努, 森下睦, 帖佐克己, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第28回年次大会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  26. 再現性と検定 ―なぜ検定を行うか― 招待有り

    笹野遼平

    言語処理学会第28回年次大会ワークショップ「NLPにおける再現性」  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  27. 精神疾患の診断補助のための自伝的記憶の詳細度による分類

    大柳慶悟, 武田浩一, 笹野遼平, ハルフォード デイビッド, 高野慶輔

    情報処理学会 第250回自然言語処理研究会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  28. マスクされた単語の埋め込みと2段階クラスタリングを用いた動詞の意味フレーム推定

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第27回年次大会   2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  29. 静的な単語埋め込みによるカタカナ語を対象としたBERTの語彙拡張

    平子潤, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第27回年次大会   2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  30. 定義文を用いた文埋め込み構成法

    塚越駿, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第27回年次大会   2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  31. 集合知を用いた大規模意味的フレーム知識の構築

    小原京子, 河原大輔, 笹野遼平, 関根聡

    言語処理学会 第27回年次大会   2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

  32. 文脈化単語埋め込みを用いた慣用句判定

    高橋良輔, 笹野遼平, 武田浩一

    情報処理学会 第245回自然言語処理研究会   2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

  33. フレーム知識の自動獲得に向けた文脈化単語埋め込みの有用性の検証

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    情報処理学会 第244回自然言語処理研究会   2020年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

  34. ニューラルセミマルコフCRFによる論文アブストラクトの構造解析

    山田康輔, 平尾努, 笹野遼平, 武田浩一, 永田昌明

    言語処理学会 第26回年次大会   2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  35. 自動構築された格フレームと日本語FrameNetの対応付け

    大柳慶悟, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第26回年次大会   2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  36. レシピテキストからの調理時間推定

    岡崎真治, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第26回年次大会   2020年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

  37. SNSにおける類似行動性を用いたユーザの性格推定

    山田康輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第25回年次大会   2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  38. 格要素の典型性と連想性に基づいた換喩判定

    高橋良輔, 笹野遼平, 武田浩一

    言語処理学会 第25回年次大会   2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  39. 自動構築した日本語格フレームと英語FrameNetの対応付け

    笹野遼平

    言語処理学会 第25回年次大会   2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

  40. Judging CEFR Levels of English Learner's Essays Based on Error-type Identification and Text Quality Measures

    Masanori Hayashi, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    In Proceedings of the 18th International Conference on Computational Linguistics and Intelligent Text Processing   2017年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

  41. 数値予報マップからの天気予報コメントの自動生成

    村上聡一朗, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第23回年次大会   2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  42. 付与根拠箇所推定に基づく特許文書へのFターム付与

    榊原隆文, 笹野遼平, 高村大也, 目黒光司, 奥村学

    言語処理学会 第23回年次大会   2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  43. ソーシャルメディアにおける俗語の検出

    青木竜哉, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第23回年次大会   2017年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

  44. Encoder-Decoder モデルにおける出力長制御

    菊池悠太, Graham Neubig, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会 第227回自然言語処理研究会   2016年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  45. 誤り傾向と文の容認性に着目した英作文のレベル判定

    林正頼, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会 第227回自然言語処理研究会   2016年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

  46. レビューを対象とした単一文書要約

    小池将郎, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第22回年次大会   2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  47. 要約長,文長,文数制約付きニュース記事要約

    田中駿, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第22回年次大会   2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  48. 打者成績からのイニング速報の自動生成

    村上聡一朗, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第22回年次大会   2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

  49. 大規模コーパスに基づく日本語二重目的語構文の基本語順に関する考察

    笹野遼平, 奥村学

    日本言語学会 第151回大会   2015年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

  50. 職業ごとの行動に関する知識の収集

    馬緤美穂, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会 第222回自然言語処理研究会   2015年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

  51. テレビ番組をより楽しむための実時間ツイート選択システム

    廣田壮一郎, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第21回年次大会   2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  52. 施設配置問題に基づく同一料理のレシピ集合からの基本手順の抽出

    瀧本洋喜, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第21回年次大会   2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  53. 単語の分散表現を用いた語義曖昧性解消

    菅原拓夢, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第21回年次大会   2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  54. Fターム概念ベクトルを用いた特許検索システムの改良

    目黒光司, 笹野遼平, 榊原隆文, 菊池悠太, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第21回年次大会   2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  55. 日本語書き言葉を対象とした人間の自然な省略検出の分析

    飯田龍, 橋本力, 鳥澤健太郎, 黒橋禎夫, 乾健太郎, 宮尾祐介, 柴田知秀, 笹野遼平

    言語処理学会 第21回年次大会   2015年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

  56. 複数のソーシャルメディアアカウントの関連付け防止システムの構築

    木原裕二, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会 第216回自然言語処理研究会   2014年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

  57. 小説における本文とあらすじ文の対応付け

    立見英士, 笹野遼平, 高村大也

    言語処理学会 第20回年次大会   2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  58. Context-Dependent Automatic Response Generation Using Statistical Machine Translation Techniques

    Andrew Shin, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura, Manabu Okumura

    言語処理学会 第20回年次大会   2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  59. Webページ推薦システムにおけるユーザ指向型スニペット生成

    渡邉亮彦, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第20回年次大会   2014年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

  60. マイクロブログ上の告知投稿に対する非明示的な関連投稿の収集

    塚本悠馬, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会 第214回自然言語処理研究会   2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  61. 日本語述語項構造アノテーションに関わる諸問題の分析

    松林優一郎, 飯田龍, 笹野遼平, 横野光, 松吉俊, 藤田篤, 宮尾祐介, 乾健太郎

    情報処理学会 第214回自然言語処理研究会   2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

  62. 方言コーパス収集システムの構築

    廣田壮一郎, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    第27回人工知能学会全国大会, 2B1–3   2013年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

  63. 劣モジュラ最大化アルゴリズムを用いた文抽出と文圧縮に基づくクエリ指向要約

    森田一, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第19回年次大会   2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  64. “良い実況者” に着目した Twitter からのスポーツ速報生成

    久保光証, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第19回年次大会   2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  65. 構文・述語項構造解析システムKNPの解析の流れと特徴

    笹野遼平, 河原大輔, 黒橋禎夫, 奥村学

    言語処理学会 第19回年次大会   2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  66. 発話に対する引用表現の自動生成

    上垣外英剛, 笹野遼平, 高村大也

    言語処理学会 第19回年次大会   2013年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

  67. リムる・ドヤる・ポジる・パフェる –Webを用いたカタカナ動詞の言い換え・語源の獲得–

    鈴木雄登, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会 第209回自然言語処理研究会   2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  68. 隣接するツイート間の関係を考慮したマイクロブログのトピック推定

    中村直哉, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    情報処理学会 第209回自然言語処理研究会   2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

  69. 日本語ゼロ照応関係に対する特徴分類とそのアノテーション

    飯田龍, 笹野遼平

    テキストアノテーションワークショップ・コンテスト   2012年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

  70. 大規模語彙的知識に基づく受身形と能動形の表層格の対応付け

    笹野遼平, 河原大輔, 黒橋禎夫, 奥村学

    情報処理学会 第207回自然言語処理研究会   2012年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

  71. テキストコーパスを用いた漢字詳細読みの自動生成

    川崎博章, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第18回年次大会   2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  72. オノマトペの音象徴を利用した評判分析

    五十嵐沢馬, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    言語処理学会 第18回年次大会   2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

  73. テキストコーパスを用いた漢字詳細読みの自動生成

    川崎博章, 笹野遼平, 高村大也, 奥村学

    電子情報通信学会 第59回福祉情報工学研究会   2011年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

  74. Web上の多彩な言語表現バリエーションに対応した頑健な形態素解析

    勝木健太, 笹野遼平, 河原大輔, 黒橋禎夫

    言語処理学会 第17回年次大会   2011年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

  75. 小規模タグ付きコーパスと自動獲得した大規模語彙知識を用いた識別モデルに基づくゼロ照応解析

    笹野遼平, 黒橋禎夫

    情報処理学会 第198回自然言語処理研究会   2010年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

  76. 大規模コーパスからの名詞格フレーム構築

    河野洋志, 笹野遼平, 黒橋禎夫

    言語処理学会 第16回年次大会   2010年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

  77. 分布類似度を用いた大規模格フレームの自動構築

    濱田慧, 笹野遼平, 柴田知秀, 河原大輔, 黒橋禎夫

    言語処理学会 第14回年次大会   2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

  78. コーパスサイズの拡大および用例の汎化による格フレームのカバレッジの改善

    笹野遼平, 河原大輔, 黒橋禎夫

    言語処理学会 第14回年次大会   2008年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

  79. 形態素解析における連濁および反復形オノマトペの自動認識

    笹野遼平, 黒橋禎夫

    言語処理学会 第13回年次大会   2007年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

  80. 自動獲得した知識に基づく統合的な照応解析

    笹野遼平, 河原大輔, 黒橋禎夫

    言語処理学会 第12回年次大会   2006年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

  81. 名詞格フレーム辞書の自動構築とそれを用いた名詞句の関係解析

    笹野遼平, 河原大輔, 黒橋禎夫

    言語処理学会 第10回年次大会   2004年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年3月

▼全件表示

科研費 3

  1. 計算知と人知の融合による汎用言語理解基盤の構築

    研究課題/研究課題番号:21H04901  2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(A)

    河原 大輔, 鈴木 潤, 笹野 遼平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:12480000円 ( 直接経費:9600000円 、 間接経費:2880000円 )

    BERTに代表される事前学習付き深層ニューラルネットワーク「計算知」によって、様々な自然言語理解タスクの精度が向上した。しかし、計算知はテキスト中の単語共起のみに基づいており、計算機が「真に言語を理解すること」および「出力の理由を説明すること」が実現できていない。そのため、計算知を実応用で用いるにはコストとリスクが高いという大きな問題がある。本研究では、これまで人間が知識を記述してきた「人知」を計算知に統合することによって、人間の脳のような汎用言語理解基盤を創出する。

  2. 文脈化単語埋め込みを用いた意味フレームの自動構築

    研究課題/研究課題番号:21K12012  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    笹野 遼平

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    本研究では、文脈を考慮した単語ベクトル表現(文脈化単語埋め込み)が、人が常識として持つ経験的知識をどの程度捉えているかを明らかにすることを目的とし、日本語と英語を対象に、文脈化単語埋め込みを用いた、大規模コーパスからの意味フレームの自動構築に取り組む。さらに、自動構築したフレーム知識を、人手で整備された知識フレームと対応付けることで、人にとって理解しやすく、かつ、単語埋め込み技術と親和性の高いフレーム知識の構築を目指す。

  3. From Reports to Knowledge for Patient Safety Improvement through Advancements in Artificial Intelligence

    研究課題/研究課題番号:18H03336  2018年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    ウォン スイー, 林 邦好, 笹野 遼平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1219036円 ( 直接経費:937720円 、 間接経費:281316円 )

    We have successfully completed task 1 (annotation guideline development and validation), created annotated data, developed NER models, and explored the next generation patient safety system design. Additionally, we have also published our ongoing findings to various reputable international conferences and journals.including a newly accepted JAMIA publication. Our AI patient safety research also gained local and international attentions. Dr Shin Ushiro communicated our ongoing project outcomes as an example project at Australian College of Health Service Management (ACHSM, Brisbane) on Mar 3 and WHO Global Patient Safety Network Webinar Series on Mar 5.
    This fiscal year the research team completed the validation of medication error annotation method (Task 1) and developed named entity recognition (NER) model framework for incident reports learning (Task 2). Our team validated the proposed annotation guideline for incident reports and created annotated incident reports data for NER model training and validation. We evaluated multiple NER program settings that are suitable for incident report learning, and carried out extensive experiments to enhance model performance. We made a draft design of the prototype NER system (Task 3) by incorporating the NER model prediction as interactive outputs to aid incident reporting. These activities fulfilled the original project progress and plans.
    Using our validated annotation method, we have created additional annotated data using incident report from JQ. Led by Dr Sasano, our team explored the appropriate NER models and evaluated the model performance. In the next fiscal year, we will develop the prototype NER system for patient safety and evaluate the performance of the system. To communicate our outcome with a wider community, we will continue the current efforts in connecting with the local and global patient safety and AI communities (including WHO patient safety). We will also write up research reports as conference/journal papers to document the key research outcomes. We hope our research would make significant impact to the local and global patient safety practice.