2021/11/12 更新

写真a

オノ ヒロタカ
小野 廣隆
ONO Hirotaka
所属
大学院情報学研究科 数理情報学専攻 数理情報基礎論 教授
大学院担当
大学院情報学研究科
学部担当
情報学部 自然情報学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス
外部リンク

学位 1

  1. 博士(情報学) ( 2002年3月   京都大学 ) 

研究キーワード 30

  1. 局所情報

  2. 安定性

  3. 列挙アルゴリズム

  4. 分解可能関数

  5. 分子計算

  6. データ解析

  7. データ構造

  8. データ圧縮

  9. データマイニング

  10. ゲノム情報

  11. グラフ探索

  12. オンラインアルゴリズム

  13. エントロピー

  14. 巨大分散システム

  15. 組合せ最適化

  16. 接尾辞配列

  17. ランダムウォー

  18. Web検索

  19. 高度な検索・比較

  20. 頻出集合

  21. 進化ネットワーク

  22. 論理関数

  23. 自己安定システム

  24. 統計力学的手法

  25. 確率的解析

  26. 確率的手法

  27. 知識獲得

  28. 省スペース

  29. 文字列検索

  30. 情報検索

研究分野 4

  1. 情報通信 / 情報ネットワーク

  2. 情報通信 / エンタテインメント、ゲーム情報学

  3. 情報通信 / 数理情報学

  4. 情報通信 / 情報学基礎論

現在の研究課題とSDGs 1

  1. 資源有効活用と個人効用の向上のための最適化計算技術の開発

経歴 6

  1. 名古屋大学   情報学研究科   教授

    2017年4月 - 現在

  2. 九州大学   大学院経済学研究院   准教授

    2010年9月 - 2017年3月

  3. King's College London   King's College London   Senior Visiting Researcher

    2010年2月 - 2010年9月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  4. 九州大学   大学院システム情報科学研究院   助教

    2007年4月 - 2010年8月

  5. 九州大学   大学院システム情報科学研究院   助手

    2002年4月 - 2007年3月

  6. 日本学術振興会   特別研究員(DC2)

    1999年1月 - 2002年3月

▼全件表示

学歴 3

  1. 京都大学   情報学研究科   数理工学専攻

    1999年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 京都大学   工学部   数理工学科

    1993年4月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  3. 京都大学   大学院工学研究科   数理工学専攻

    1997年4月 - 1999年3月

所属学協会 3

  1. 電子情報通信学会

    2014年 - 現在

  2. 日本オペレーションズ・リサーチ学会

    1998年 - 現在

  3. 情報処理学会

    1996年6月 - 現在

受賞 1

  1. 優秀研究賞

    2020年9月   情報科学ワークショップ   L(p, 1) ラベリングのための固定パラメータアルゴリズム

    川井 一馬, 土中 哲秀, 小野 廣隆

 

論文 181

  1. Fairness norm through social networks: a simulation approach

    Rifki O., Ono H.

    Computational Social Networks   8 巻 ( 1 )   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Computational Social Networks  

    Recently there has been an increased interest in adopting game-theoretic models to social norms. Most of these approaches are generally lacking a structure linking the local level of the ‘norm’ interaction to its global ‘social’ nature. Although numerous studies examined local-interaction games, where the emphasis is placed on neighborhood relations, regarding social network as a whole unique entity seems to be quite limited. In this paper, we conduct a series of simulation experiments to examine the effects that a network topology could have on the speed of emergence of the social norm. The emphasis is placed on the fairness norm in the ultimatum game context, by considering three network type models (Barabási–Albert, Watts–Strogatz and Erdős–Rényi) and several intrinsic topological properties.

    DOI: 10.1186/s40649-021-00100-4

    Scopus

  2. コンピュテーション研究会 近況報告

    増澤 利光, 小野 廣隆, 安藤 映, 大下 福仁

    情報・システムソサイエティ誌   26 巻 ( 2 ) 頁: 10 - 11   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人電子情報通信学会  

    DOI: 10.1587/ieiceissjournal.26.2_10

    CiNii Article

  3. Parameterized Complexity of (A, ℓ) -Path Packing

    Belmonte R., Hanaka T., Kanzaki M., Kiyomi M., Kobayashi Y., Kobayashi Y., Lampis M., Ono H., Otachi Y.

    Algorithmica     2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Algorithmica  

    Given a graph G= (V, E) , A⊆ V, and integers k and ℓ, the (A, ℓ) -Path Packing problem asks to find k vertex-disjoint paths of length exactly ℓ that have endpoints in A and internal points in V\ A. We study the parameterized complexity of this problem with parameters |A|, ℓ, k, treewidth, pathwidth, and their combinations. We present sharp complexity contrasts with respect to these parameters. Among other results, we show that the problem is polynomial-time solvable when ℓ≤ 3 , while it is NP-complete for constant ℓ≥ 4. We also show that the problem is W[1]-hard parameterized by pathwidth+ | A| , while it is fixed-parameter tractable parameterized by treewidth+ ℓ. Additionally, we study a variant called Short A-Path Packing that asks to find k vertex-disjoint paths of length at mostℓ. We show that all our positive results on the exact-length version can be translated to this version and show the hardness of the cases where |A| or ℓ is a constant.

    DOI: 10.1007/s00453-021-00875-y

    Scopus

  4. The computational complexity of the gear placement problem 査読有り

    HAMA Vitor Mitsuo FUKUSHIGUE, KANAZAWA Shogo, HU Yannan, IMAHORI Shinji, ONO Hirotaka, YAGIURA Mutsunori

    Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing   14 巻 ( 5 ) 頁: JAMDSM0069 - JAMDSM0069   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本機械学会  

    <p>In this paper, we analyze the complexity of the gear placement problem (GPP). In the GPP, we are given a rectangular plane, called a gearbox, on which a torque generator source and a set of gears, called target gears, are placed. The task is to find a placement of a set of gears called sub-gears, to connect every target gear to the torque generator source so that every target gear rotates in a given direction. The objective is to minimize the number of sub-gears to be used. We prove that the GPP is NP-hard by giving a reduction from the Hamiltonian path problem on 3-regular planar graphs, which is known to be NP-complete, to the GPP. We also present an upper bound for the number of sub-gears to be placed.</p>

    DOI: 10.1299/jamdsm.2020jamdsm0069

    Web of Science

    Scopus

    CiNii Article

  5. Hedonic seat arrangement problems

    Bodlaender H.L., Hanaka T., Jaffke L., Ono H., Otachi Y., van der Zanden T.C.

    Proceedings of the International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, AAMAS   2020-May 巻   頁: 1777 - 1779   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Proceedings of the International Joint Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems, AAMAS  

    In this paper, we study a variant of hedonic games, called Seat Arrangement. The model is defined by a bijection from agents with preferences to vertices in a graph. The utility of an agent depends on the neighbors in the graph. In this paper, we study the price of stability and fairness in Seat Arrangement, and the computational complexity and the parameterized complexity of finding certain “good” seat arrangements, say Maximum Welfare Arrangement, Maximin Utility Arrangement, Stable Arrangement, and Envy-free Arrangement.

    Scopus

  6. Graph Orientation with Edge Modifications 査読有り 国際共著

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Ono H., Sandhya T.P.

    International Journal of Foundations of Computer Science   32 巻 ( 02 ) 頁: 209 - 233   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Foundations of Computer Science  

    The goal of an outdegree-constrained edge-modification problem is to find a spanning subgraph or supergraph H of an input undirected graph G such that either: (Type I) the number of edges in H is minimized or maximized and H can be oriented to satisfy some specified constraints on the vertices' resulting outdegrees; or: (Type II) among all subgraphs or supergraphs of G that can be constructed by deleting or inserting a fixed number of edges, H admits an orientation optimizing some objective involving the vertices' outdegrees. This paper introduces eight new outdegree-constrained edge-modification problems related to load balancing called (Type I) MIN-DEL-MAX, MIN-INS-MIN, MAX-INS-MAX, and MAX-DEL-MIN and (Type II) p-DEL-MAX, p-INS-MIN, p-INS-MAX, and p-DEL-MIN. In each of the eight problems, the input is a graph and the goal is to delete or insert edges so that the resulting graph has an orientation in which the maximum outdegree (taken over all vertices) is small or the minimum outdegree is large. We first present a framework that provides algorithms for solving all eight problems in polynomial time on unweighted graphs. Next we investigate the inapproximability of the edge-weighted versions of the problems, and design polynomial-time algorithms for six of the problems on edge-weighted trees.

    DOI: 10.1142/s012905412150012x

    Web of Science

    Scopus

  7. Computing L(p, 1)-Labeling with Combined Parameters 査読有り

    Hanaka T., Kawai K., Ono H.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12635 LNCS 巻   頁: 208 - 220   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    Given a graph, an L(p, 1)-labeling of the graph is an assignment f from the vertex set to the set of nonnegative integers such that for any pair of vertices (u, v), | f(u) - f(v) | ≥ p if u and v are adjacent, and f(u) ≠ f(v) if u and v are at distance 2. The L(p, 1)-labeling problem is to minimize the span of f (i.e., maxu∈V(f(u) ) - minu∈V(f(u) ) + 1 ). It is known to be NP-hard even for graphs of maximum degree 3 or graphs with tree-width 2, whereas it is fixed-parameter tractable with respect to vertex cover number. Since the vertex cover number is a kind of the strongest parameter, there is a large gap between tractability and intractability from the viewpoint of parameterization. To fill up the gap, in this paper, we propose new fixed-parameter algorithms for L(p, 1)-Labeling by the twin cover number plus the maximum clique size and by the tree-width plus the maximum degree. These algorithms reduce the gap in terms of several combinations of parameters.

    DOI: 10.1007/978-3-030-68211-8_17

    Scopus

  8. Computing the Winner of 2-Player TANHINMIN 査読有り

    KIYA Hironori, OHTO Katsuki, ONO Hirotaka

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   104 巻 ( 9 ) 頁: 1134 - 1141   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人 電子情報通信学会  

    <p>DAIHINMIN, which means Grand Pauper, is a popular playing-card game in Japan. TANHINMIN is a simplified variant of DAIHINMIN, which was proposed by Nishino in 2007 in order to investigate the mathematical properties of DAIHINMIN. In this paper, we consider a 2-player generalized TANHINMIN, where the deck size is arbitrary <i>n</i>. We present a linear-time algorithm that determines which player has a winning strategy after all cards are distributed to the players.</p>

    DOI: 10.1587/transfun.2020DMP0026

    Scopus

    CiNii Article

  9. Graph orientation with splits 査読有り 国際共著

    Asahiro Y., Jansson J., Miyano E., Nikpey H., Ono H.

    Theoretical Computer Science   844 巻   頁: 16 - 25   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Theoretical Computer Science  

    The Minimum Maximum Outdegree Problem (MMO) is to assign a direction to every edge in an input undirected, edge-weighted graph so that the maximum weighted outdegree taken over all vertices becomes as small as possible. In this paper, we introduce a new variant of MMO called the p-Split Minimum Maximum Outdegree Problem (p-Split-MMO) in which one is allowed to perform a sequence of p split operations on the vertices before orienting the edges, for some specified non-negative integer p, and study its computational complexity.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2020.07.013

    Web of Science

    Scopus

  10. Exact algorithms for the repetition-bounded longest common subsequence problem 査読有り 国際共著

    Asahiro Y., Jansson J., Lin G., Miyano E., Ono H., Utashima T.

    Theoretical Computer Science   838 巻   頁: 238 - 249   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Theoretical Computer Science  

    In this paper, we study exact, exponential-time algorithms for a variant of the classic LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem called the REPETITION-BOUNDED LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem (or RBLCS, for short): Let an alphabet S be a finite set of symbols and an occurrence constraint Cocc be a function Cocc:S→N, assigning an upper bound on the number of occurrences of each symbol in S. Given two sequences X and Y over the alphabet S and an occurrence constraint Cocc, the goal of RBLCS is to find a longest common subsequence of X and Y such that each symbol s∈S appears at most Cocc(s) times in the obtained subsequence. The special case where Cocc(s)=1 for every symbol s∈S is known as the REPETITION-FREE LONGEST COMMON SUBSEQUENCE problem (RFLCS) and has been studied previously; e.g., in [1], Adi et al. presented a simple (exponential-time) exact algorithm for RFLCS. However, they did not analyze its time complexity in detail, and to the best of our knowledge, there are no previous results on the running times of any exact algorithms for this problem. Without loss of generality, we will assume that |X|≤|Y| and |X|=n. In this paper, we first propose a simpler algorithm for RFLCS based on the strategy used in [1] and show explicitly that its running time is O(1.44225n). Next, we provide a dynamic programming (DP) based algorithm for RBLCS and prove that its running time is O(1.44225n) for any occurrence constraint Cocc, and even less in certain special cases. In particular, for RFLCS, our DP-based algorithm runs in O(1.41422n) time, which is faster than the previous one. Furthermore, we prove NP-hardness and APX-hardness results for RBLCS on restricted instances.

    DOI: 10.1016/j.tcs.2020.07.042

    Web of Science

    Scopus

  11. Independent Set Reconfiguration Parameterized by Modular-Width 査読有り

    Belmonte R., Hanaka T., Lampis M., Ono H., Otachi Y.

    Algorithmica   82 巻 ( 9 ) 頁: 2586 - 2605   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Algorithmica  

    Independent Set Reconfiguration is one of the most well-studied problems in the setting of combinatorial reconfiguration. It is known that the problem is PSPACE-complete even for graphs of bounded bandwidth. This fact rules out the tractability of parameterizations by most well-studied structural parameters as most of them generalize bandwidth. In this paper, we study the parameterization by modular-width, which is not comparable with bandwidth. We show that the problem parameterized by modular-width is fixed-parameter tractable under all previously studied rules TAR, TJ, and TS. The result under TAR resolves an open problem posed by Bonsma (J Graph Theory 83(2):164–195, 2016).

    DOI: 10.1007/s00453-020-00700-y

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00453-020-00700-y/fulltext.html

  12. Parameterized complexity of independent set reconfiguration problems 査読有り 国際共著

    Ito T., Kamiński M., Ono H., Suzuki A., Uehara R., Yamanaka K.

    Discrete Applied Mathematics   283 巻   頁: 336 - 345   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Discrete Applied Mathematics  

    Suppose that we are given two independent sets I0 and Ir of a graph such that |I0|=|Ir|, and imagine that a token is placed on each vertex in I0. Then, the TOKEN JUMPING problem is to determine whether there exists a sequence of independent sets which transforms I0 into Ir so that each independent set in the sequence results from the previous one by moving exactly one token to another vertex. Therefore, all independent sets in the sequence must be of the same cardinality. This problem is PSPACE-complete even for planar graphs with maximum degree three. In this paper, we first show that the problem is W[1]-hard when parameterized only by the number of tokens. We then give an FPT algorithm for general graphs when parameterized by both the number of tokens and the maximum degree. Our FPT algorithm can be modified so that it finds an actual sequence of independent sets between I0 and Ir with the minimum number of token movements. We finally show that one of the results for TOKEN JUMPING can be extended to a more generalized reconfiguration problem for independent sets, called TOKEN ADDITION AND REMOVAL.

    DOI: 10.1016/j.dam.2020.01.022

    Web of Science

    Scopus

  13. Parameterized Complexity of (A,l)-Path Packing 査読有り 国際共著

    Belmonte R., Hanaka T., Kanzaki M., Kiyomi M., Kobayashi Y., Kobayashi Y., Lampis M., Ono H., Otachi Y.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12126 LNCS 巻   頁: 43 - 55   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    Given a graph G = (V, E), (Formula Presented), and integers k and ℓ, the (A, ℓ)-Path Packing problem asks to find k vertex-disjoint paths of length ℓ that have endpoints in A and internal points in V \ A. We study the parameterized complexity of this problem with parameters |A|, ℓ, k, treewidth, pathwidth, and their combinations. We present sharp complexity contrasts with respect to these parameters. Among other results, we show that the problem is polynomial-time solvable when ℓ ≤ 3, while it is NP-complete for constant ℓ ≥ 4. We also show that the problem is W[1]-hard parameterized by pathwidth+|A|, while it is fixed-parameter tractable parameterized by treewidth + ℓ.

    DOI: 10.1007/978-3-030-48966-3_4

    Scopus

  14. Hedonic Seat Arrangement Problems. 査読有り 国際誌

    Hans L. Bodlaender, Tesshu Hanaka, Lars Jaffke, Hirotaka Ono, Yota Otachi, Tom C. van der Zanden

    AAMAS '20: Proceedings of the 19th International Conference on Autonomous Agents and MultiAgent Systems     頁: 1777 - 1779   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    その他リンク: https://dblp.uni-trier.de/conf/atal/2020

  15. Parameterized complexity of safe set 査読有り 国際共著

    Belmonte R., Hanaka T., Katsikarelis I., Lampis M., Ono H., Otachi Y.

    Journal of Graph Algorithms and Applications   24 巻 ( 3 ) 頁: 215 - 245   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Graph Algorithms and Applications  

    In this paper we study the problem of finding a small safe set S in a graph G, i.e., a non-empty set of vertices such that no connected component of G[S] is adjacent to a larger component in G − S. We enhance our understanding of the problem from the viewpoint of parameterized complexity by showing that (1) the problem is W[2]-hard when parameterized by the pathwidth pw and cannot be solved in time no(pw) unless the ETH is false, (2) it admits no polynomial kernel parameterized by the vertex cover number vc unless PH = Σp but (3) it is fixed-parameter tractable (FPT) when parameterized by3,the neighborhood diversity nd, and (4) it can be solved in time nf(cw) for some double exponential function f where cw is the clique-width. We also present (5) a faster fixed-parameter algorithm when parameterized by the solution size.

    DOI: 10.7155/jgaa.00528

    Scopus

  16. Space-Efficient Algorithms for Longest Increasing Subsequence 査読有り 国際共著

    Kiyomi M., Ono H., Otachi Y., Schweitzer P., Tarui J.

    Theory of Computing Systems   64 巻 ( 3 ) 頁: 522 - 541   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Theory of Computing Systems  

    Given a sequence of integers, we want to find a longest increasing subsequence of the sequence. It is known that this problem can be solved in O(nlog n) time and space. Our goal in this paper is to reduce the space consumption while keeping the time complexity small. For n≤s≤n, we present algorithms that use O(slog n) bits and O(1s⋅n2⋅logn) time for computing the length of a longest increasing subsequence, and O(1s⋅n2⋅log2n) time for finding an actual subsequence. We also show that the time complexity of our algorithms is optimal up to polylogarithmic factors in the framework of sequential access algorithms with the prescribed amount of space.

    DOI: 10.1007/s00224-018-09908-6

    Web of Science

    Scopus

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1007/s00224-018-09908-6/fulltext.html

  17. Two-Player Competitive Diffusion Game: Graph Classes and the Existence of a Nash Equilibrium 査読有り

    Fukuzono N., Hanaka T., Kiya H., Ono H., Yamaguchi R.

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   12011 LNCS 巻   頁: 627 - 635   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)  

    The competitive diffusion game is a game-theoretic model of information spreading on a graph proposed by Alon et al. (2010). In the model, a player chooses an initial vertex of the graph, from which information by the player spreads through the edges connected with the initial vertex. If a vertex that is not yet influenced by any information receives information by a player, it is influenced by the information and it diffuses it to adjacent vertices. A vertex that simultaneously receives two or more types of information does not diffuse any type of information from then on. The objective of a player is to maximize the number of vertices influenced by the player’s information. In this paper, we investigate the existence of a pure Nash equilibrium of the two-player competitive diffusion game on chordal and its related graphs. We show that a pure Nash equilibrium always exists on block graphs, split graphs and interval graphs, all of which are well-known subclasses of chordal graphs. On the other hand, we show that there is an instance with no pure Nash equilibrium on (strongly) chordal graphs; the boundary of the existence of a pure Nash equilibrium is found.

    DOI: 10.1007/978-3-030-38919-2_52

    Scopus

  18. A faster parameterized algorithm for PSEUDOFOREST DELETION 査読有り

    Bodlaender Hans L., Ono Hirotaka, Otachi Yota

    DISCRETE APPLIED MATHEMATICS   236 巻   頁: 42-56   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dam.2017.10.018

    Web of Science

  19. Finding environmentally critical transmission sectors, transactions, and paths in global supply chain networks 査読有り

    Hanaka Tesshu, Kagawa Shigemi, Ono Hirotaka, Kanemoto Keiichiro

    ENERGY ECONOMICS   68 巻   頁: 44-52   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eneco.2017.09.012

    Web of Science

  20. 圧縮アルゴリズムに基づく超大規模データからの組合せ構造抽出

    小野 廣隆

    旭硝子財団助成研究成果報告 Reports of research assisted by the Asahi Glass Foundation     頁: 1-8   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  21. Subexponential fixed-parameter algorithms for partial vector domination 査読有り

    Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    DISCRETE OPTIMIZATION   22 巻   頁: 111-121   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.disopt.2016.01.003

    Web of Science

  22. The complexity of dominating set reconfiguration 査読有り

    Haddadan Arash, Ito Takehiro, Mouawad Amer E., Nishimura Naomi, Ono Hirotaka, Suzuki Akira, Tebbal Youcef

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   651 巻   頁: 37-49   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2016.08.016

    Web of Science

  23. On the Maximum Weight Minimal Separator (コンピュテーション)

    土中 哲秀, Bodlaender Hans L., Zanden T. C. van der, 小野 廣隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116 巻 ( 116 ) 頁: 81-87   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  24. 情報の窓 2015年秋季シンポジウムルポ(第74回)

    小野 廣隆

    オペレーションズ・リサーチ   61 巻 ( 2 ) 頁: 109-111   2016年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  25. Degree-Constrained Graph Orientation: Maximum Satisfaction and Minimum Violation 査読有り

    Asahiro Yuichi, Jansson Jesper, Miyano Eiji, Ono Hirotaka

    THEORY OF COMPUTING SYSTEMS   58 巻 ( 1 ) 頁: 60-93   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00224-014-9565-5

    Web of Science

  26. Linear-time algorithm for sliding tokens on trees 査読有り

    Demaine Erik D., Demaine Martin L., Fox-Epstein Eli, Hoang Duc A., Ito Takehiro, Ono Hirotaka, Otachic Yota, Uehara Ryuhei, Yamada Takeshi

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   600 巻   頁: 132-142   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2015.07.037

    Web of Science

  27. 2-H-2 IFRS導入の影響に関するCFOアンケート結果からの安定クラスタ抽出(経営)

    大迫 俊輔, 小野 廣隆, 小津 稚加子

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2015 巻   頁: 252-253   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  28. 1-G-3 産業連関ネットワーク解析のための疎化処理と閾値の関係について(公共)

    土中 哲秀, 小野 廣隆

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2015 巻   頁: 130-131   2015年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  29. Approximability of minimum certificate dispersal with tree structures 査読有り

    Izumi Taisuke, Izumi Tomoko, Ono Hirotaka, Wada Koichi

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   591 巻   頁: 5-14   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2015.01.007

    Web of Science

  30. The searchlight problem for road networks 査読有り

    Dereniowski Dariusz, Ono Hirotaka, Suzuki Ichiro, Wrona Lukasz, Yamashita Masafumi, Zylinski Pawel

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   591 巻   頁: 28-59   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2015.04.026

    Web of Science

  31. On the approximability and hardness of minimum topic connected overlay and its special instances (vol 429, pg 144, 2012) 査読有り

    Hosoda Jun, Hromkovic Juraj, Izumi Taisuke, Ono Hirotaka, Steinova Monika, Wada Koichi

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   562 巻   頁: 660-661   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2014.11.001

    Web of Science

  32. PATTERN FORMATION BY OBLIVIOUS ASYNCHRONOUS MOBILE ROBOTS 査読有り

    Fujinaga Nao, Yamauchi Yukiko, Ono Hirotaka, Kijima Shuji, Yamashita Masafumi

    SIAM JOURNAL ON COMPUTING   44 巻 ( 3 ) 頁: 740-785   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1137/140958682

    Web of Science

  33. Finding All Longest Common Segments in Protein Structures Efficiently 査読有り

    Ng Yen Kaow, Yin Linzhi, Ono Hirotaka, Li Shuai Cheng

    IEEE-ACM TRANSACTIONS ON COMPUTATIONAL BIOLOGY AND BIOINFORMATICS   12 巻 ( 3 ) 頁: 644-655   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TCBB.2014.2372782

    Web of Science

  34. Reconfiguration of Cliques in a Graph 査読有り

    Ito Takehiro, Ono Hirotaka, Otachi Yota

    THEORY AND APPLICATIONS OF MODELS OF COMPUTATION (TAMC 2015)   9076 巻   頁: 212-223   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-17142-5_19

    Web of Science

  35. Subgraph Domatic Problem and Writing Capacity of Memory Devices with Restricted State Transitions 査読有り

    Wadayama Tadashi, Izumi Taisuke, Ono Hirotaka

    2015 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON INFORMATION THEORY (ISIT)     頁: 1307-1311   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  36. 次数制約のあるグラフ有向化問題の計算複雑さについて (回路とシステム)

    朝廣 雄一, ジャンソン ジェスパー, 宮野 英次, 小野 廣隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 巻 ( 312 ) 頁: 105-112   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    無向グラフに対するオリエンテーション(グラフ有向化)とは,各辺に対して向き付けを行うことである.オリエンテーションによる結果として得られる有向グラフにおいて,各頂点の出次数が事前に指定された下界あるいは上界を満たす場合に,それを次数制約オリエンテーションと呼ぶ.本稿では,次数制約オリエンテーションを求める問題の一種である,2つのお互いに関連するMIN W-LIGHT問題とMAX W-HEAVY問題について考える.任意の固定された非負整数Wに対して,MIN W-LIGHT(またはMAX W-HEAVY)問題は,入力された無向グラフGのオリエンテーションのうち,出次数W以下(またはWP以上)の頂点数を最小化(または最大化)するものを発見することを目的とする.これらの問題の計算複雑さはWの値によって変化する.本稿では,これらの問題の計算複雑さ(主に近似可能性)に関するいくつかの結果を示す.

    CiNii Article

  37. 次数制約のあるグラフ有向化問題の計算複雑さについて (システム数理と応用)

    朝廣 雄一, ジャンソン ジェスパー, 宮野 英次, 小野 廣隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   114 巻 ( 313 ) 頁: 105-112   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    無向グラフに対するオリエンテーション(グラフ有向化)とは,各辺に対して向き付けを行うことである.オリエンテーションによる結果として得られる有向グラフにおいて,各頂点の出次数が事前に指定された下界あるいは上界を満たす場合に,それを次数制約オリエンテーションと呼ぶ.本稿では,次数制約オリエンテーションを求める問題の一種である,2つのお互いに関連するMIN W-LIGHT問題とMAX W-HEAVY問題について考える.任意の固定された非負整数Wに対して,MIN W-LIGHT(またはMAX W-HEAVY)問題は,入力された無向グラフGのオリエンテーションのうち,出次数W以下(またはWP以上)の頂点数を最小化(または最大化)するものを発見することを目的とする.これらの問題の計算複雑さはWの値によって変化する.本稿では,これらの問題の計算複雑さ(主に近似可能性)に関するいくつかの結果を示す.

    CiNii Article

  38. 次数制約のあるグラフ有向化問題の計算複雑さについて

    朝廣雄一, ジャンソンジェスパー, 宮野英次, 小野廣隆

    研究報告アルゴリズム(AL)   2014 巻 ( 19 ) 頁: 1-8   2014年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    無向グラフに対するオリエンテーション (グラフ有向化) とは,各辺に対して向き付けを行うことである.オリエンテーションによる結果として得られる有向グラフにおいて,各頂点の出次数が事前に指定された下界あるいは上界を満たす場合に,それを次数制約オリエンテーションと呼ぶ.本稿では,次数制約オリエンテーションを求める問題の一種である,2 つのお互いに関連する Min W-Light 問題と Max W-Heavy 問題について考える.任意の固定された非負整数 W に対して,Min W-Light (または Max W-Heavy) 問題は,入力された無向グラフ G のオリエンテーションのうち,出次数 W 以下 (または W 以上) の頂点数を最小化 (または最大化) するものを発見することを目的とする.これらの問題の計算複雑さは W の値によって変化する.本稿では,これらの問題の計算複雑さ (主に近似可能性) に関するいくつかの結果を示す.

    CiNii Article

  39. Base-object location problems for base-monotone regions 査読有り

    Chun Jinhee, Horiyama Takashi, Ito Takehiro, Kaothanthong Natsuda, Ono Hirotaka, Otachi Yota, Tokuyama Takeshi, Uehara Ryuhei, Uno Takeaki

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   555 巻   頁: 71-84   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2013.11.030

    Web of Science

  40. 2-C-3 最大辺支配問題に対する固定パラメータアルゴリズム(離散最適化(4))

    土中 哲秀, 小野 廣隆

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2014 巻   頁: 198-199   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  41. 1-H-10 IFRS導入の影響に関するCFOアンケートの因子分析(OR一般)

    大迫 俊輔, 小野 廣隆, 小津 稚加子

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2014 巻   頁: 158-159   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  42. Reconfiguration of list L(2,1)-labelings in a graph 査読有り

    Ito Takehiro, Kawamura Kazuto, Ono Hirotaka, Zhou Xiao

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   544 巻   頁: 84-97   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2014.04.011

    Web of Science

  43. Approximating the path-distance-width for AT-free graphs and graphs in related classes 査読有り

    Otachi Yota, Saitoh Toshiki, Yamanaka Katsuhisa, Kijima Shuji, Okamoto Yoshio, Ono Hirotaka, Uno Yushi, Yamazaki Koichi

    DISCRETE APPLIED MATHEMATICS   168 巻   頁: 69-77   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dam.2012.11.015

    Web of Science

  44. Robustness Analysis of Evolutionary Algorithms to Portfolio Optimization Against Errors in Asset Means 査読有り

    Rifki Omar, Ono Hirotaka

    OPERATIONS RESEARCH PROCEEDINGS 2013     頁: 369-375   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-07001-8_50

    Web of Science

  45. Depth-First Search Using O(n) Bits 査読有り

    Asano Tetsuo, Izumi Taisuke, Kiyomi Masashi, Konagaya Matsuo, Ono Hirotaka, Otachi Yota, Schweitzer Pascal, Tarui Jun, Uehara Ryuhei

    ALGORITHMS AND COMPUTATION, ISAAC 2014   8889 巻   頁: 553-564   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-13075-0_44

    Web of Science

  46. (Total) Vector Domination for Graphs with Bounded Branchwidth 査読有り

    Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    LATIN 2014: THEORETICAL INFORMATICS   8392 巻   頁: 238-249   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  47. Fixed-Parameter Tractability of Token Jumping on Planar Graphs 査読有り

    Ito Takehiro, Kaminski Marcin, Ono Hirotaka

    ALGORITHMS AND COMPUTATION, ISAAC 2014   8889 巻   頁: 208-219   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-13075-0_17

    Web of Science

  48. Polynomial-Time Algorithm for Sliding Tokens on Trees 査読有り

    Demaine Erik D., Demaine Martin L., Fox-Epstein Eli, Hoang Duc A., Ito Takehiro, Ono Hirotaka, Otachi Yota, Uehara Ryuhei, Yamada Takeshi

    ALGORITHMS AND COMPUTATION, ISAAC 2014   8889 巻   頁: 389-400   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-13075-0_31

    Web of Science

  49. Approximability of Latin Square Completion-Type Puzzles 査読有り

    Haraguchi Kazuya, Ono Hirotaka

    FUN WITH ALGORITHMS   8496 巻   頁: 218-229   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  50. On the Parameterized Complexity for Token Jumping on Graphs 査読有り

    Ito Takehiro, Kaminski Marcin, Ono Hirotaka, Suzuki Akira, Uehara Ryuhei, Yamanaka Katsuhisa

    THEORY AND APPLICATIONS OF MODELS OF COMPUTATION (TAMC 2014)   8402 巻   頁: 341-351   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  51. 次数制約のあるグラフ有向化問題の近似について (Theoretical Foundations of Computing)

    朝廣 雄一, ジャンソン ジェスパー, 宮野 英次, 小野 廣隆

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 巻 ( 371 ) 頁: 123-130   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    無向グラフに対するオリエンテーション(グラフ有向化)とは,グラフ中の各辺に対して向き付けを行うことである.結果として得られる有向グラフにおいて,各頂点の出次数が事前に指定された下界あるいは上界を満たす場合に,そのオリエンテーションを次数制約オリエンテーションと呼ぶ.そのようなオリエンテーションに対して多くの研究がなされており,色々な特徴づけが知られている.本稿では,[3]において研究された,2つのお互いに関連する次の最適化問題について考える.任意の固定された非負整数Wに対して,MAX W-LIGHT(またはMIN W-HEAVY)問題は,入力された無向グラフGのオリエンテーションのうち,出次数W以下(またはW以上)の頂点数を最大化(または最小化)するものを発見することを目的とする.これらの問題の計算複雑さはWの値によって変化する.本稿では,これらの問題の多項式時間での近似可能性に関するいくつかの結果を示す.

    CiNii Article

  52. グラフの独立点集合遷移問題に対するアルゴリズム

    Demaine Erik D., Demaine Martin L., 伊藤 健洋, 小野 廣隆, 上原 隆平

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113 巻 ( 371 ) 頁: 7-14   2013年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    グラフGに対し,|I_b|=|I_r|であるような2つの独立点集合I_bとI_rが与えられたとする.また,Gにおいて,I_bに含まれる各点にはトークンが置かれているとする.スライディングトークン問題とは,I_bからI_rへのGの独立点集合の系列が存在するか判定する問題である.ただし,系列に含まれる各独立点集合は,その1つ前の独立点集合から,ただ1つのトークンをGの辺に沿ってスライドさせることで得られなければならない.この問題は,理想グラフに対してPSPACE完全であることが知られている.本論文では,理想グラフのいくつかの部分クラスに対して,この問題がO(n)時間で解けることを示す.ここで,nはグラフの点数である.また,これらのグラフに対しては,実際にI_bからI_rへ遷移させる最短の系列を多項式時間で見つけることができる.

    CiNii Article

  53. Optimal approximability of bookmark assignments 査読有り

    Asahiro Yuichi, Miyano Eiji, Murata Toshihide, Ono Hirotaka

    DISCRETE APPLIED MATHEMATICS   161 巻 ( 16-17 ) 頁: 2361-2366   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dam.2013.05.018

    Web of Science

  54. A Linear Time Algorithm for L(2,1)-Labeling of Trees 査読有り

    Hasunuma Toru, Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    ALGORITHMICA   66 巻 ( 3 ) 頁: 654-681   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00453-012-9657-z

    Web of Science

  55. BLOCKSUM is NP-Complete 査読有り

    Haraguchi Kazuya, Ono Hirotaka

    IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E96D 巻 ( 3 ) 頁: 481-488   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transinf.E96.D.481

    Web of Science

  56. Route-Enabling Graph Orientation Problems 査読有り

    Ito Takehiro, Miyamoto Yuichiro, Ono Hirotaka, Tamaki Hisao, Uehara Ryuhei

    ALGORITHMICA   65 巻 ( 2 ) 頁: 317-338   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00453-011-9589-z

    Web of Science

  57. 太陽熱と非常時対応可能なコージェネレーションによる熱利用システムの導入事例 : 尼崎D.C.グランスクエア (特集 集合住宅の省エネルギー) -- (集合住宅における省エネへの取組み)

    府川 一郎, 中條 広隆, 小野 建

    IBEC   33 巻 ( 5 ) 頁: 40-43   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  58. ポートフォリオ最適化のための進化アルゴリズム感応度測定。

    Rifki Omar, 小野 廣隆

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2013 巻 ( 0 ) 頁: 181-182   2013年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Mean-Variance Portfolio optimization is highly sensitive to errors in assets means, when solved by Quadratic Programming (QP). We propose a simulation-based evaluation method for the sensitivity, applied to QP and the Evolutionary Algorithms (EA): Genetic Algorithm, Evolution Strategy, Particle Swarm Optimization and Differential Evolution. Comparisons between variants of EAs and QP are made based on assessing the performance, under multiple perturbed runs, of several 'optimal' portfolios. Computational experiments show that many individuals of EAs population outperform QP optimal solution.

    CiNii Article

  59. COALESCING RANDOM WALKS AND VOTING ON CONNECTED GRAPHS 査読有り

    Cooper Colin, Elsaesser Robert, Ono Hirotaka, Radzik Tomasz

    SIAM JOURNAL ON DISCRETE MATHEMATICS   27 巻 ( 4 ) 頁: 1748-1758   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1137/120900368

    Web of Science

  60. On space complexity of self-stabilizing leader election in mediated population protocol 査読有り

    Mizoguchi Ryu, Ono Hirotaka, Kijima Shuji, Yamashita Masafumi

    DISTRIBUTED COMPUTING   25 巻 ( 6 ) 頁: 451-460   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00446-012-0173-9

    Web of Science

  61. RA-002 文字列圧縮を用いたネットワークセキュリティにおけるインシデント検出(アルゴリズムと応用(2),A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    衛藤 公希, 小野 廣隆, 山下 雅史, 竹内 純一

    情報科学技術フォーラム講演論文集   11 巻 ( 1 ) 頁: 9-16   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  62. Deductive Inference for the Interiors and Exteriors of Horn Theories 査読有り

    Makino Kazuhisa, Ono Hirotaka

    ACM TRANSACTIONS ON COMPUTATIONAL LOGIC   13 巻 ( 3 )   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1145/2287718.2287723

    Web of Science

  63. ランダムグラフ上の多種ランダムウォークの全訪問時間 (アルゴリズムと計算理論の新展開)

    穂坂 祐輔, 山内 由紀子, 来嶋 秀治, 小野 廣隆, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1799 巻   頁: 130-136   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  64. On the base-line location problem for the maximum weight region decomposable into base-monotone shapes (アルゴリズムと計算理論の新展開 : RIMS研究集会報告集)

    堀山 貴史, 伊藤 健洋, 小野 廣隆, 大舘 陽太, 上原 隆平, 宇野 毅明

    数理解析研究所講究録   1799 巻   頁: 123-129   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  65. The (p, q)-total labeling problem for trees 査読有り

    Hasunuma Toru, Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    DISCRETE MATHEMATICS   312 巻 ( 8 ) 頁: 1407-1420   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.disc.2012.01.007

    Web of Science

  66. 基単調図形に分割可能な最大重み領域を得る基線の配置問題

    堀山 貴史, 伊藤 健洋, ガオタントン ナスダ, 小野 廣隆, 大舘 陽太, 徳山 豪, 上原 隆平, 宇野 毅明

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   112 巻 ( 21 ) 頁: 37-43   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文では,ピクセルグリッドから最大重み領域を切り出す問題を扱う.ただし,切り出された領域は,基線に対して基単調図形に分割できなければならない.n×nピクセルグリッドと基線が与えられたとき,この問題はO(n^3)時間で解けることが知られている.これに対し本論文では,ピクセルグリッドのみが与えられたとき,k本の基線を最適に配置することはNP困難であることを示す.さらに,この配置問題に対し,O(n^3)時間の2倍近似アルゴリズムを与える。また,多項式時間で求解できるいくつかのケースや問題の変種も示す.

    CiNii Article

  67. On the approximability and hardness of minimum topic connected overlay and its special instances 査読有り

    Hosoda Jun, Hromkovic Juraj, Izumi Taisuke, Ono Hirotaka, Steinova Monika, Wada Koichi

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   429 巻   頁: 144-154   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2011.12.033

    Web of Science

  68. 木ネットワークにおける証明書分散問題の近似可能性について

    泉泰介, 泉朋子, 小野廣隆, 和田幸一

    第74回全国大会講演論文集   2012 巻 ( 1 ) 頁: 269-270   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    証明書分散問題は,与えられた通信要求をセキュアに実現するために各計算機が保有しなければいけない証明書の枚数を最小化する組み合わせ最適化問題である.本研究では,通信要求グラフ,および証明書グラフが木の場合における証明書分散問題の計算困難性について論じる.通信要求グラフが木の場合,その最大次数によって計算困難さが変化すること,および証明書グラフが木の場合は多項式時間で最適解を求めることが可能であることを示す.

    CiNii Article

  69. On the complexity of minimum topic-connected overlay problems

    和田幸一 , JurajHromkovic , 泉泰介 , 小野廣隆 , SteinovaMonika

    全国大会講演論文集   2012 巻 ( 1 ) 頁: 267-269   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the context of designing a scalable overlay network to support decentralized topic-based pub/sub communication, the Minimum Topic-Connected Overlay problem(Min-TCO, for short) has been investigated:Given a set of t topics and a collection of n users together with the lists of topics they are intersted in, the aim is to collect these users to a network by a minimum number of edges such that every graph induced by users intersted in a common topic is connected.In this paper, we consider the complexity of Min-TCO.

    CiNii Article

  70. 木ネットワークにおける証明書分散問題の近似可能性について

    泉泰介 , 泉朋子 , 小野廣隆 , 和田幸一

    全国大会講演論文集   2012 巻 ( 1 ) 頁: 269-271   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    証明書分散問題は,与えられた通信要求をセキュアに実現するために各計算機が保有しなければいけない証明書の枚数を最小化する組み合わせ最適化問題である.本研究では,通信要求グラフ,および証明書グラフが木の場合における証明書分散問題の計算困難性について論じる.通信要求グラフが木の場合,その最大次数によって計算困難さが変化すること,および証明書グラフが木の場合は多項式時間で最適解を求めることが可能であることを示す.

    CiNii Article

  71. On the complexity of minimum topic-connected overlay problems

    和田幸一, JurajHromkovic, 泉泰介, 小野廣隆, SteinovaMonika

    第74回全国大会講演論文集   2012 巻 ( 1 ) 頁: 267-268   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    In the context of designing a scalable overlay network to support decentralized topic-based pub/sub communication, the Minimum Topic-Connected Overlay problem(Min-TCO, for short) has been investigated:Given a set of t topics and a collection of n users together with the lists of topics they are intersted in, the aim is to collect these users to a network by a minimum number of edges such that every graph induced by users intersted in a common topic is connected.In this paper, we consider the complexity of Min-TCO.

    CiNii Article

  72. 多種ランダムウォークの全訪問時間の上下界

    穂坂 祐輔, 山内 由紀子, 来嶋 秀治, 小野 廣隆, 山下 雅史

    研究報告アルゴリズム(AL)   2012 巻 ( 9 ) 頁: 1-7   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ランダムウォークはインターネットのような巨大なネットワークの探索に有効な手段である.全訪問時間はグラフ上のランダムウォークの重要な指標の一つであり数多くの研究がされている.ネットワークの探索において複数のクローラを使うほうが 1 台のクローラで探索をするよりも速くネットワーク全体を探索できることは明らかである.Alon ら (2011) は k 個のトークンを使う多重ランダムウォークが完全グラフやランダムグラフなどの特定のグラフにおいて 1 台のものよりも k 倍速く全探索できることを示したが,同時にサイクルやパスなどのグラフでは log k 倍にしか高速化できないことも示してる.本研究では k 個のトークンが独立に個々の遷移確率行列に従って遷移する k トークンの多種ランダムウォークを提案する.また単一トークンのランダムウォークにおける Matthews の不等式のように,多種ランダムウォークにおいて全訪問時間の上下界を到達時間から与える不等式を導く.さらに導出した上下界の式が,完全グラフや完全二部グラフ,ランダムグラフにおいてタイトになることを示す.Random walk is a powerful tool for searching a network, especially for a very large network such as the Internet. The cover time is an important measure of a random walk on a finite graph, and has been studied well. For the purpose of searching a network, it is clear that multiple crawlers cover a network faster than a single crawler. Alon et al. (2011) showed that a multiple random walk by k crawlers covers a network k times faster than a single random walk in certain graphs such as complete graphs, random graphs, etc., while the speeding up ratio is limited only to log k times in other graphs such as cycles and paths. This paper investigates a multiplex random walk by k tokens, in which k tokens randomly walks on a graph independently according to an individual transition probability. For the cover time of a multiplex random walk, we present new inequalities similar to celebrated Matthews' inequalities for a single random walk, that provide upper and lower bounds of the cover time by its hitting times. We also show that the bounds are tight in certain graphs, namely complete graphs, bipartite complete graphs, and random graphs.

    CiNii Article

  73. An Extension of Matthews' Bound to Multiplex Random Walks 査読有り

    Hosaka Yusuke, Yamauchi Yukiko, Kijima Shuji, Ono Hirotaka, Yamashita Masafumi

    2012 IEEE 26TH INTERNATIONAL PARALLEL AND DISTRIBUTED PROCESSING SYMPOSIUM WORKSHOPS & PHD FORUM (IPDPSW)     頁: 872-877   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/IPDPSW.2012.107

    Web of Science

  74. 次数上下界制約付きグラフ向き付けにおけるペナルティ最小化

    朝廣 雄一, JANSSON Jesper, 宮野 英次, 小野 廣隆

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   111 巻 ( 360 ) 頁: 37-44   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  75. Approximation algorithms for the graph orientation minimizing the maximum weighted outdegree 査読有り

    Asahiro Yuichi, Jansson Jesper, Miyano Eiji, Ono Hirotaka, Zenmyo Kouhei

    JOURNAL OF COMBINATORIAL OPTIMIZATION   22 巻 ( 1 ) 頁: 78-96   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10878-009-9276-z

    Web of Science

  76. 非同期匿名ロボットによる最適マッチングを用いたパターン形成アルゴリズム (計算機科学とアルゴリズムの数理的基礎とその応用)

    藤永 直, 小野 廣隆, 来嶋 秀治, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1744 巻   頁: 197-200   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  77. Approximating the path-distance-width for κ-cocompmability graphs (計算機科学とアルゴリズムの数理的基礎とその応用--RIMS研究集会報告集)

    大舘 陽太, 斎藤 寿樹, 山中 克久, 来嶋 秀治, 岡本 吉央, 小野 廣隆, 宇野 裕之, 山崎 浩一

    数理解析研究所講究録   1744 巻   頁: 60-66   2011年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  78. マッチングを用いたパターン形成アルゴリズム

    藤永 直, 小野 廣隆, 来嶋 秀治, 山下 雅史

    研究報告アルゴリズム(AL)   2011 巻 ( 4 ) 頁: 1-6   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文では,パターン形成問題と呼ばれる,非同期的に動くロボット群を幾何的な配置に並ばせる問題を考察する.ここでは,各ロボットは各自固有の座標系に従って,他のロボットの配置と目的の配置を観測するできるものとする.n 点の座標からなる集合の対 A,B の間のマッチングを求めるアルゴリズム "clockwise matching" を構成し,"clockwise matching" によって任意のパターン形成問題を解くことができることを示す.A geometric pattern formation problem by autonomous mobile robots is investigated in this paper. In the "embedded pattern formation problem" disscussed in this paper, the target pattern is assumed to be visible from the robots via their own (local) coordinate system. We show that our matching algorithm "clockwise matching" which calculates the matching between a pair of patterns A and B both comprising of n coordinates, solves any embedded pattern formation problem.

    CiNii Article

  79. Graph classes and the complexity of the graph orientation minimizing the maximum weighted outdegree

    Asahiro Yuichi, Miyano Eiji, Ono Hirotaka, 小野 廣隆

    Discrete Applied Mathematics   159 巻 ( 7 ) 頁: 498-508   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  80. Graph classes and the complexity of the graph orientation minimizing the maximum weighted outdegree 査読有り

    Asahiro Yuichi, Miyano Eiji, Ono Hirotaka

    DISCRETE APPLIED MATHEMATICS   159 巻 ( 7 ) 頁: 498-508   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dam.2010.11.003

    Web of Science

  81. GRAPH ORIENTATION TO MAXIMIZE THE MINIMUM WEIGHTED OUTDEGREE 査読有り

    Asahiro Yuichi, Jansson Jesper, Miyano Eiji, Ono Hirotaka

    INTERNATIONAL JOURNAL OF FOUNDATIONS OF COMPUTER SCIENCE   22 巻 ( 3 ) 頁: 583-601   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0129054111008246

    Web of Science

  82. DS-1-6 MPPモデルにおけるリーダー選挙問題の容量複雑性(DS-1.COMP学生シンポジウム,シンポジウムセッション)

    溝口 隆, 小野 廣隆, 来嶋 秀治, 山下 雅史

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2011 巻 ( 1 ) 頁: "S-11"-"S-12"   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  83. Broadcastings and digit tilings on three-dimensional torus networks 査読有り

    Okazaki Ryotaro, Ono Hirotaka, Sadahiro Taizo, Yamashita Masafumi

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   412 巻 ( 4-5 ) 頁: 307-319   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2010.09.028

    Web of Science

  84. グラフトポロジーを利用した高速ランダムウォークの設計

    小野 廣隆

    旭硝子財団助成研究成果報告     頁: 1-5   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  85. The (2,1)-Total Labeling Number of Outerplanar Graphs Is at Most Delta+2 査読有り

    Hasunuma Toru, Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    COMBINATORIAL ALGORITHMS   6460 巻   頁: 103-+   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  86. On the Approximability of Minimum Topic Connected Overlay and Its Special Instances 査読有り

    Hosoda Jun, Hromkovic Juraj, Izumi Taisuke, Ono Hirotaka, Steinova Monika, Wada Koichi

    MATHEMATICAL FOUNDATIONS OF COMPUTER SCIENCE 2011   6907 巻   頁: 376-387   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  87. Approximability of the Path-Distance-Width for AT-free Graphs 査読有り

    Otachi Yota, Saitoh Toshiki, Yamanaka Katsuhisa, Kijima Shuji, Okamoto Yoshio, Ono Hirotaka, Uno Yushi, Yamazaki Koichi

    GRAPH-THEORETIC CONCEPTS IN COMPUTER SCIENCE   6986 巻   頁: 271-+   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  88. 最大支配問題

    宮野 英次, 小野 廣隆

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   110 巻 ( 325 ) 頁: 53-60   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    グラフにおける頂点/辺支配集合問題の新しい亜種について考える.ある頂点はその頂点自身と隣接点を支配すると言い,同様にある辺はその辺自身と隣接する辺を支配すると言う.グラフG=(V,E)と正整数kが与えられたとき,k-頂点(k-辺)支配問題(それぞれ以下k-MaxVD, k-MaxEDと呼ぶ)は高々サイズkの頂点の部分集合D_V&subE;V(D_E&subE;E)の中で,支配する頂点集合(また辺集合)のサイズを最大化するものを求める問題である.本論文では,まずこの問題に対して単純な貪欲アルゴリズムがk-MaxVD, k-MaxEDいずれに対しても近似比(1-1/e)を達成することを示す.次にP≠NPの条件下で,k-MaxVEに対してこの近似比が多項式時間アルゴリズムの最善であることを示す.さらにP≠NPの条件下で,k-MaxEDに対して1303/1304よりも良い近似比の多項式時間アルゴリズムが存在しないことを示す.一方,kがグラフの最小最大マッチングのサイズを超えないという条件下では,k-MaxEDに対して近似比3/4の多項式時間アルゴリズムが存在することを示す.

    CiNii Article

  89. 自己安定リーダー選挙MPPにおける領域複雑度の上下界について

    溝口 隆, 小野 廣隆, 来嶋 秀治, 山下 雅史

    研究報告アルゴリズム(AL)   2010 巻 ( 4 ) 頁: 1-5   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文は,自己安定リーダー選挙メディエイテッドポピュレーションプロトコル (SS-LE MPP) の領域複雑度に関する研究結果である.Cai,Izumi and Wada (2009) は n エージェントに対する自己安定リーダー選挙ポピュレーションプロトコル (SS-LE PP) は少なくとも n 個のエージェント状態を必要とすることを示した.さらに n エージェントに対する SS-LE MPP のうちエージェント状態数が n であるプロトコルを与えた.MPP は Chatzigiannakis,Michail and Spirakis (2009) によって紹介された.MPP は分散ネットワークモデルの 1 つで,各エージェント間に局所的なメモリを追加した PP の拡張モデルである.一般的に MPP は PP よりも計算能力が高いことが知られている.一方で SS-LE のエージェント状態に対する空間複雑度の減少可能性については知られていない.本稿では,n エージェントの SS-LE MPP のうちエージェント状態数が n-1 であり,各エージェント間に 1 ビットのメモリが与えられたプロトコルを与える.This paper investigates the space complexity of a self stabilizing leader election in a mediated population protocol (SS-LE MPP). Cai, Izumi and Wada (2009) showed that SS-LE in a population protocol (SS-LE PP) for n agents requires at least n agent-states, and gave a SS-LE PP with n agent-states for n agents. MPP is a model of distributed computation, introduced by Chatzigiannakis, Michail and Spirakis (2009) as an extension of PP allowing an extra memory on every agents pair. While they showed that MPP is stronger than PP in general, it was not known if a MPP can really reduce the space complexity of SS-LE with respect to agent-states. We in this paper give a SS-LE MPP with n - 1 agent-states and a single bit memory on every agents pair for n agents.

    CiNii Article

  90. 木の(<i>p</i>, <i>q</i>)-全ラベリング問題

    蓮沼 徹, 石井 利昌, 小野 廣隆, 宇野 裕之

    研究報告アルゴリズム(AL)   2010 巻 ( 2 ) 頁: 1-8   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    グラフ G の k-(p,q)-全ラベリングとは,G の節点と辺への 0 から k までの整数値の割当てであり,節点とそれに接続する辺の間では少なくとも p,隣接する 2 節点間または 2 辺間では少なくとも q の差があるもののことをいう.G の (p, q)-全ラベリング数 λTp;q(G) は,k がとりうる値の最小値として定義される.G の (p, q)-全ラベリング問題とは,ラベリング数 λTp;q(G) を求める問題である.本研究では,いくつかのグラフクラスのグラフの (p, q)-全ラベリング数に対して新しい上界と下界を与える.とくに,グラフが木の場合にはタイトな上界と下界を与える.また,グラフが木で p≦3q/2 の場合に (p, q)-全ラベリング問題を解く線形時間アルゴリズムを与え,さらに最大次数が 4 以上という仮定が加わった場合,λTp;q(T) を実現する木Tを完全に特徴づけられることも示す.この結果は,(p; q)-全ラベリング問題の一般化である L (p; q)-ラベリング問題が q が p の約数でないすべての (p; q) の組に対し NP 困難であることと対照的である.A (p,q)-total labeling of a graph G is an assignment f from the vertex set V(G) and the edge set E(G) to the set of nonnegative integers such that |f(x)-f(y)| ≧ p if x is a vertex and y is an edge incident to x, and |f(x)-f(y)| ≧ q if x and y are a pair of adjacent vertices or a pair of adjacent edges, for all x and y in V(G) ∪ E(G). A k-(p,q)-total labeling is a (p,q)-total labeling f:V(G) ∪ E(G) → {0,...,k}, and the (p,q)-total labeling problem asks the minimum k, which we denote by λTp,q(G), among all possible assignments. In this paper, we first give new upper and lower bounds on λTp,q(G) for some classes of graphs G, in particular, tight bounds on λTp,q(T) for trees T. We then show that if p ≦ 3q/2, the problem for trees T is linearly solvable, and give a complete characterization of trees achieving λTp,q(T) if in addition Δ ≧ 4 holds, where Δ is the maximum degree of T. It is contrasting to the fact that the L(p,q)-labeling problem, which is a generalization of the (p,q)-total labeling problem, is NP-hard for any two positive integers p and q such that q is not a divisor of p.

    CiNii Article

  91. A-028 ある種の不完全情報渋滞ゲームの近似的ナッシュ遷移の収束性(A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング,一般論文)

    山田 陽介, 小野 廣隆, 来嶋 秀治, 山下 雅史

    情報科学技術フォーラム講演論文集   9 巻 ( 1 ) 頁: 231-232   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  92. A-022 圧縮された接尾辞配列を用いた近似文字列照合(A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング,一般論文)

    田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    情報科学技術フォーラム講演論文集   9 巻 ( 1 ) 頁: 205-206   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  93. A-023 接尾辞木に対する二分木化と簡潔データ構造による圧縮(A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング,一般論文)

    馬場 雅大, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    情報科学技術フォーラム講演論文集   9 巻 ( 1 ) 頁: 207-208   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  94. 高速復元可能な接尾辞配列圧縮法

    田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会論文誌. D, 情報・システム = The IEICE transactions on information and systems (Japanese edition)   93 巻 ( 8 ) 頁: 1567-1575   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大規模文字列データに対する高速な文字列検索は接尾辞配列(SA)を用いて実現できるが,SAには多くの容量が必要になってしまう.SAを圧縮する様々な方法が提案されているが,本論文では出現頻度の高いフレーズの検索が既存の圧縮法に比べて高速な圧縮法を提案する.提案手法では,SAをブロックに分割し,そのブロック内でソートを行い,差分をとったものを保存し,検索時は差分からソート後のSAを取り戻し,区間内をすべて逐次的に検索する.これで検索フレーズのすべての出現位置を得ることができる.実験により,特に検索フレーズの頻度が高い場合,多くの入力データで提案手法の性能が既存の方法より優れていることを示す.

    CiNii Article

  95. Local move connectedness of domino tilings with diagonal impurities 査読有り

    Nakano Fuminiko, Ono Hirotaka, Sadahiro Taizo

    DISCRETE MATHEMATICS   310 巻 ( 13-14 ) 頁: 1918-1931   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.disc.2010.02.015

    Web of Science

  96. Approximability and inapproximability of the minimum certificate dispersal problem 査読有り

    Izumi Tomoko, Izumi Taisuke, Ono Hirotaka, Wada Koichi

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   411 巻 ( 31-33 ) 頁: 2773-2783   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2010.03.029

    Web of Science

  97. 全二分木の簡潔な表現 (アルゴリズムと計算機科学の数理的基盤とその応用)

    馬場 雅大, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1691 巻   頁: 155-161   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  98. Multiple Random WalkのCover Timeについて (アルゴリズムと計算機科学の数理的基盤とその応用)

    穂坂 祐輔, 小野 廣隆, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1691 巻   頁: 85-90   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  99. 任意のカバー時間を持つ木の構成法 (アルゴリズムと計算機科学の数理的基盤とその応用)

    野中 良哲, 小野 廣隆, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1691 巻   頁: 91-95   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  100. 不完全情報渋滞ゲームの近似的ナッシュ遷移の収束性 (アルゴリズムと計算機科学の数理的基盤とその応用)

    山田 陽介, 小野 廣隆, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1691 巻   頁: 148-154   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  101. THE SPACE COMPLEXITY OF LEADER ELECTION IN ANONYMOUS NETWORKS 査読有り

    Ando Ei, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF FOUNDATIONS OF COMPUTER SCIENCE   21 巻 ( 3 ) 頁: 427-440   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1142/S0129054110007349

    Web of Science

  102. The hitting and cover times of Metropolis walks

    Nonaka Yoshiaki, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi, 小野 廣隆

    Theoretical Computer Science   411 巻 ( 16 ) 頁: 1889-1894   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  103. The hitting and cover times of Metropolis walks 査読有り

    Nonaka Yoshiaki, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   411 巻 ( 16-18 ) 頁: 1889-1894   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2010.01.032

    Web of Science

  104. 全二分木の簡潔な表現

    馬場 雅大, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    研究報告アルゴリズム(AL)   2010 巻 ( 1 ) 頁: 1-8   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大規模なデータを効率よく扱うために圧縮されたデータ上で高速な操作を行える簡潔データ構造が提案されてきた.本稿ではパトリシアトライなどに使われる全二分木に焦点を当てる.提案する全二分木の簡潔表現のサイズは n+o(n) ビットであり,右の子へ巡回するといった操作を定数時間で行うことができる.また接尾辞木 (ST) を全二分木に変換することで圧縮可能であることを示す.To take large-scale data efficiently, succinct data structures that support highspeed operations on compressed data have been developed. In this paper, we focus on full binary trees which are used as patricia tries. We propose for a succinct data structure whose size is n+o(n) bits. This representation enables constant time operations such as traversing from a internal node to its right child node. Then, we show that a suffix tree (ST) is compressible by converting it to a full binary tree.

    CiNii Article

  105. 高頻度なフレーズの検索が高速な索引

    田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    研究報告アルゴリズム(AL)   2010 巻 ( 1 ) 頁: 1-6   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大規模データに対する高速な文字列検索は接尾辞配列 (SA) を用いて実現できるが,SA には多くの容量が必要になってしまう.SA を圧縮する様々な方法が提案されているが,提案手法は,SA と転置インデックスを組み合わせることで,出現頻度の高いフレーズの検索が既存の索引に比べ高速な索引を実現する.最終的には実験により,以前提案した別手法5) と似た性能で,ある程度検索時間を調整可能であることを示す.String pattern matching for large-scale data is efficiently achieved by suffix array (SA), but SA requires a large space. Therefore, various methods to compress SA have been proposed. In this paper, we combine SA and Inverted index. As a result, performance of the proposed method is better than existing ones when searching frequent phrases. Experiments show that the proposed method is similar to one which is proposed by us in other times, and able to control search time at some level.

    CiNii Article

  106. The (p, q)-total Labeling Problem for Trees 査読有り

    Hasunuma Toru, Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    ALGORITHMS AND COMPUTATION, PT 2   6507 巻   頁: 49-+   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  107. Pattern Formation through Optimum Matching by Oblivious CORDA Robots 査読有り

    Fujinaga Nao, Ono Hirotaka, Kijima Shuji, Yamashita Masafumi

    PRINCIPLES OF DISTRIBUTED SYSTEMS   6490 巻   頁: 1-15   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  108. Upper and Lower Bounds of Space Complexity of Self-Stabilizing Leader Election in Mediated Population Protocol 査読有り

    Mizoguchi Ryu, Ono Hirotaka, Kijima Shuji, Yamashita Masafumi

    PRINCIPLES OF DISTRIBUTED SYSTEMS   6490 巻   頁: 491-503   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  109. 木のL(2, 1)-ラベリングに対する線形時間アルゴリズム

    蓮沼 徹, 石井 利昌, 小野 廣隆, 宇野 裕之

    研究報告アルゴリズム(AL)   2009 巻 ( 7 ) 頁: 1-8   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    グラフの k-L(2, 1) -ラベリングとは,頂点への 0 から k までの整数値の割り当てであり,隣接頂点間では少なくとも 2,距離 2 の頂点間では少なくとも 1 の差があるもののことを言う.L(2, 1) -ラベリング問題とは,グラフに対する k-L(2, 1) ラベリングの中で最小の k を求めるものである.この問題は,木幅が 2 のグラフに対してでも NP 困難であることが知られている.一方,多項式時間アルゴリズムは,路や閉路,木といった限られたクラスにしか知られておらず,木に対するアルゴリズムの計算量も 10 年以上 O(Δ4.5n) 時間であった (ただし,Δ はグラフの最大次数,n は木の頂点数).この計算量は最近になって O(min{n1.75, Δ1.5n}) 時間へと改善されたが,線形時間で解けるかどうかは未解決であった.本論文では,これを解決する木の L(2, 1) -ラベリングに対する線形時間アルゴリズムを提案する.An L(2, 1)-labeling of a graph G is an assignment f from the vertex set V(G) to the set of nonnegative integers such that |f (x)− f (y)| ≥ 2 if x and y are adjacent and |f (x)− f (y)| ≥ 1 if x and y are at distance 2, for all x and y in V(G). A k-L(2, 1)-labeling is an L(2, 1)-labeling f : V(G) → {0, . . . , k}, and the L(2, 1)-labeling problem asks the minimum k, which we denote by λ(G), among all possible assignments. It is known that this problem is NP-hard even for graphs of treewidth 2, and tree is one of very few classes for which the problem is polynomially solvable. The running time of the best known algorithm for trees had been O(Δ4.5n) for more than a decade, and an O(min{n1.75, Δ1.5n})-time algorithm has appeared recently, where Δ is the maximum degree of T and n = |V(T)|, however, it has been open if it is solvable in linear time. In this paper, we finally settle this problem for L(2, 1)-labeling of trees by establishing a linear time algorithm.

    CiNii Article

  110. 1-D-4 経路長を短くする一方通行決定(離散・組合せ最適化(2))

    伊藤 健洋, 上原 隆平, 小野 廣隆, 玉木 久夫, 宮本 裕一郎

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2009 巻   頁: 78-79   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  111. An O(n(1.75)) algorithm for L(2,1)-labeling of trees 査読有り

    Hasunuma Toru, Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    THEORETICAL COMPUTER SCIENCE   410 巻 ( 38-40 ) 頁: 3702-3710   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tcs.2009.04.025

    Web of Science

  112. RA-007 高速復元可能な接尾辞配列圧縮法(モデル・アルゴリズム・プログラミング,査読付き論文)

    田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    情報科学技術フォーラム講演論文集   8 巻 ( 1 ) 頁: 43-50   2009年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  113. メトロポリスウォークの到達時間及び全訪問時間に関するタイトな上界

    野中 良哲, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   109 巻 ( 54 ) 頁: 9-12   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  114. グラフの最小出次数最大化問題

    朝廣 雄一, Jesper Jansson, 宮野 英次, 小野 廣隆

    研究報告アルゴリズム(AL)   2009 巻 ( 7 ) 頁: 1-8   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    MAXMINO という無向グラフの向き付け問題の一種について考える.無向枝重みつきグラフの向き付けを与えることにより,重み付き出次数を定義する (枝重みは正整数であるとする).この問題は,グラフ中の最小重み付き出次数を最大化する問題である.本研究ではまず,MAXMINO は枝重みを {1 , 2} に限定し,かつ各頂点の (重みなし) 次数が高々 3,さらにグラフが平面二部であるような場合でも強 NP 困難であり,P= NP でない限り,任意の定数 E > 0 に対して多項式時間では 2 - E 近似不可能であることを示す.次にすべての枝重みが 1 である場合には,多項式時間で解くことができることを示す.これにより,枝重みが wmin よりも大きい枝数が O (log n)であるときにも,多項式時間で解くことができる.さらに,この手法により MAXMINO に対する単純な wmax / wmin 近似多項式時間アルゴリズムを得ることができる (wmax,wmin はそれぞれ枝重みの最大値,最小値).最後に,入力グラフがカクタスである場合にも MAXMINO は多項式時間で解くことができることを示す.We study a new variant of the graph orientation problem called MAXMINO where the input is an undirected, edge-weighted graph and the objective is to assign a direction to each edge so that the minimum weighted outdegree (taken over all vertices in the resulting directed graph) is maximized. All edge weights are assumed to be positive integers. First, we prove that MAXMINO is strongly NP-hard and cannot be approximated within a ratio of 2 - E for any constant E > 0 in polynomial time unless P=NP, even if all edge weights belong to {1, 2}, every vertex has degree at most three, and the input graph is bipartite or planar. Next, we show how to solve MAXMINO exactly in polynomial time for the special case in which all edge weights are equal to 1. This technique gives us a simple polynomial-time wmax / wmin -approximation algorithm for MAXMINO where wmax and wmin denote the maximum and minimum weights among all the input edges. Furthermore, we also observe that this approach yields an exact algorithm for the general case of MAXMINO whose running time is polynomial whenever the number of edges having weight larger than wmin is at most logarithmic in the number of vertices. Finally, we show that MAXMINO is solvable in polynomial time if the input is a cactus graph.

    CiNii Article

  115. 連続確率分布枝重み付きDAGに対する最長路長さ分布の計算 (理論計算機科学の深化と応用)

    安藤 映, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1649 巻   頁: 252-259   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  116. 2点連結な直並列グラフ上の高速なランダムウォーク (理論計算機科学の深化と応用)

    穂坂 祐輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1649 巻   頁: 203-209   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  117. Metropolis Walkのcover timeにおけるタイトな上界 (理論計算機科学の深化と応用)

    野中 良哲, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1649 巻   頁: 160-164   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  118. DS-1-8 Computing the Exact Distribution Function of the Longest Path Length in Directed Acyclic Graphs with Exponentially Distributed Edge Lengths

    安藤 映, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2009 巻 ( 1 ) 頁: "S-35"-"S-36"   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  119. 証明書分散問題の近似可能性について

    泉 朋子, 泉 泰介, 小野 廣隆, 和田 幸一

    研究報告アルゴリズム(AL)   2009 巻 ( 18 ) 頁: 49-56   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    証明書分散問題(Minimum Certificate Dispersal Problem, MCD)とは,グラフGと要求集合Rが与えられたときに,Rに含まれるすべての要求を満たすよう各ノードにGの辺を割り当て,各ノードに割り当てられる辺の総数を最小化する問題である.要求とはグラフG上の異なる2つのノードの順序対で表され,要求(u, v)を満たすにはノードu, vに割り当てる辺の和集合にGにおけるuからvへの経路が含まれる必要がある.MCDは与えられるグラフが強連結の場合においてもNP-困難であることが既に示されている.本研究では,MCDの近似可能性について議論する.まず,強連結グラフにおいてMCDの近似率の下界がOmega(log n)(nはGのノード数)であることを示し,さらに任意のグラフにおけるMCDに対する多項式時間O(log n)-近似アルゴリズムが構成可能であることを示す.また,既存研究において多項式時間2-近似アルゴリズムであると評価されていたアルゴリズムが,無向グラフを入力とするMCDに対しては多項式時間3/2-近似アルゴリズムであることを示す.Assume that G is a graph and that R is a set of requests which is represented by a reachable ordered pair of nodes in G. The problem discussed in this paper requires us to assign edges to each node such that all requests in R are satisfied and the total number of edges all nodes have is minimized for a given G and R. To satisfy a request (u, v), a set of assigned edges to u and v must contain a path from u to v in G. This problem is called the Minimum Certificate Dispersal problem (MCD) and is NP-hard even if the input graph is restricted to a strongly connected one. In this paper, we consider approximability of MCD. We clarify an optimal approximability / inapproximability bound in terms of order: we prove the approximation ratio of MCD for strongly connected graphs is Omega (log n) and MCD has a polynomial time approximation algorithm whose factor is O(log n) (n is the number of nodes in G). In addition, we prove that when a given graph is restricted to an undirected graph, the MCD algorithm proposed in [11] guarantees 3/2 approximation ratio.

    CiNii Article

  120. Drawing Borders Efficiently

    Iwama Kazuo, Miyano Eiji, Ono Hirotaka, 岩間 一雄, 宮野 英次, 小野 廣隆

    Theory of Computing Systems   44 巻 ( 2 ) 頁: 230-244   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    A spreadsheet, especially MS Excel, is probably one of the most popular software applications for personal-computer users and gives us convenient and user-friendly tools for drawing tables. Using spreadsheets, we often wish to draw several vertical and horizontal black lines on selective gridlines to enhance the readability of our spreadsheet. Such situations we frequently encounter are formulated as the Border Drawing Problem (BDP). Given a layout of black line segments, we study how to draw it efficiently from an algorithmic view point, by using a set of border styles and investigate its complexity. (i) We first define a formal model based on MS Excel, under which the drawability and the efficiency of border styles are discussed, and then (ii) show that unfortunately the problem is -hard for the set of the Excel border styles and for any reasonable subset of the styles. Moreover, in order to provide potentially more efficient drawing, (iii) we propose a new compact set of border styles and show a necessary and sufficient condition of its drawability.

    CiNii Article

  121. Drawing Borders Efficiently 査読有り

    Iwama Kazuo, Miyano Eiji, Ono Hirotaka

    THEORY OF COMPUTING SYSTEMS   44 巻 ( 2 ) 頁: 230-244   2009年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00224-008-9117-y

    Web of Science

  122. 頻出属性検出階層型ストリームアルゴリズム

    溝口 隆, 山下 雅史, 小野 廣隆

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2009 巻 ( 0 ) 頁: 62-62   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    通信ネットワークをノードとエッジと情報源を使って表す.ここで,ノード間の接続は多段階層化されており,根を最上位として,高さiのノード全体を第i層とする.データは情報源から最下位層のノードに対して与えられ,上位層に対しての一方向のみに送られる.ただし,各上位層のあるノードが単位時間当たり受け取ることができる情報の量は最下位層のあるノードが単位時間当たり受け取ることができる量と同じであるとする.本研究はこのような条件と各ノードのメモリを制限した場合に,情報源から得られた全てのデータの中で頻出したデータを最上位のノードが検出するためのストリームアルゴリズムの設計と解析である.

    CiNii Article

  123. Computing the Exact Distribution Function of the Stochastic Longest Path Length in a DAG 査読有り

    Ando Ei, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    THEORY AND APPLICATIONS OF MODELS OF COMPUTATION   5532 巻   頁: 98-107   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  124. Relationship between Approximability and Request Structures in the Minimum Certificate Dispersal Problem 査読有り

    Izumi Tomoko, Izumi Taisuke, Ono Hirotaka, Wada Koichi

    COMPUTING AND COMBINATORICS, PROCEEDINGS   5609 巻   頁: 56-+   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  125. A Linear Time Algorithm for L(2,1)-Labeling of Trees 査読有り

    Hasunuma Toru, Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    ALGORITHMS - ESA 2009, PROCEEDINGS   5757 巻   頁: 35-+   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  126. 高速復元可能な接尾辞配列圧縮法

    田中 洋輔, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2009 巻 ( 0 ) 頁: 58-58   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    大規模データに対する高速な文字列検索は接尾辞配列 (SA) を用いて実現できるが, SAには多くの容量が必要になってしまう. SAを圧縮する様々な方法が提案されているが, 本論文では出現頻度の高いフレーズの検索が既存の圧縮法に比べて性能が良いような圧縮方法を提案する. 提案手法では, SAを大きさSのブロックに分割し, そのブロック内でソートを行い, 差分を取ったものを保存し, 検索時は差分からソート後のSAを取り戻し, 区間S内を全て逐次的に検索する. 最終的には実験により特に検索フレーズの頻度が高い場合, 多くの入力データで提案手法の性能が既存の方法より優れていることを示す.

    CiNii Article

  127. 全二分木の簡潔な表現

    馬場 雅大, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2009 巻 ( 0 ) 頁: 59-59   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    検索などに用いる順序木にはLOUDS, BP, DFUDSなどの簡潔表現が提案されている。これらはノード数nの順序木を表現する情報理論的下限2n-Θ(lgn)ビットにかなり近いものである。これらにo(n)ビットの補助データ構造を追加することで定数時間操作をサポートすることができる。簡潔表現としては他にTree Covering(TC)というのも存在する。本発表では順序木の中でもPaCB木などで用いられる全二分木に焦点を当て、これに対する簡潔データ構造を提案する。このデータ構造はDFUDSを基本としてTCを応用している。サイズはn+o(n)ビットとなり全二分木の情報理論的下限に近くなっている。

    CiNii Article

  128. 不完全情報渋滞ゲームの近似的ナッシュ遷移の収束性

    山田 陽介, 小野 廣隆, 山下 雅史

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2009 巻 ( 0 ) 頁: 61-61   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ChienとSinclairは, 非協力対称渋滞ゲームにおける分散的なローカルダイナミクスによって, プレイヤー数n, プレイヤーの遷移への動機を制限する係数α, 辺の遅延関数の増加を制限する係数εの多項式回数以下の遷移ステップ数で近似的ナッシュ均衡状態を実現できることを示した.本論文は, その結果を拡張し, 分散的なコスト計算において個々のプレイヤーが他のプレイヤーの戦略についてある種の不完全な情報しか持たない場合にも同様の遷移回数によって必ず遷移を収束させることができる場合があるということを示し, そのために必要十分な条件について考察する.

    CiNii Article

  129. Graph Orientation to Maximize the Minimum Weighted Outdegree 査読有り

    Asahiro Yuichi, Jansson Jesper, Miyano Eiji, Ono Hirotaka

    2009 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PARALLEL & DISTRIBUTED PROCESSING, VOLS 1-5     頁: 1113-+   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  130. How to Design a Linear Cover Time Random Walk on a Finite Graph 査読有り

    Nonaka Yoshiaki, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    STOCHASTIC ALGORITHMS: FOUNDATIONS AND APPLICATIONS, PROCEEDINGS   5792 巻   頁: 104-+   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  131. A Generic Algorithm for Approximately Solving Stochastic Graph Optimization Problems 査読有り

    Ando Ei, Ono Hirotaka, Yamashita Masafumi

    STOCHASTIC ALGORITHMS: FOUNDATIONS AND APPLICATIONS, PROCEEDINGS   5792 巻   頁: 89-103   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  132. Speeding Up Local-Search Type Algorithms for Designing DNA Sequences under Thermodynamical Constraints 査読有り

    Kawashimo Suguru, Ng Yen Kaow, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    DNA COMPUTING   5347 巻   頁: 168-178   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  133. Route-Enabling Graph Orientation Problems 査読有り

    Ito Takehiro, Miyamoto Yuichiro, Ono Hirotaka, Tamaki Hisao, Uehara Ryuhei

    ALGORITHMS AND COMPUTATION, PROCEEDINGS   5878 巻   頁: 403-+   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  134. 2-F-11 An O(n log^2 n)-Time Algorithm for L(2,1)-Labeling of Trees

    蓮沼 徹, 石井 利昌, 小野 廣隆, 宇野 裕之

    日本オペレーションズ・リサーチ学会秋季研究発表会アブストラクト集   2008 巻   頁: 308-309   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  135. RA-002 木のL(2,1)-ラベリングのためのO(n log^2 n)時間アルゴリズム(モデル・アルゴリズム・プログラミング,査読付き論文)

    蓮沼 徹, 石井 利昌, 小野 廣隆, 宇野 裕之

    情報科学技術フォーラム講演論文集   7 巻 ( 1 ) 頁: 5-6   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  136. 近傍ハッシュ法によるエラー許容頻出パターン列挙

    橋本 英樹, 小野 廣隆, 宇野 毅明, 漆原 秀子, 柳浦睦憲

    情報処理学会研究報告バイオ情報学(BIO)   2008 巻 ( 58 ) 頁: 63-66   2008年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ゲノム配列から,ある機能発現に関わる遺伝子を発見したいという要望がある.このような遺伝子は対象となるゲノム配列集合においてエラーを含んだ形で頻出する配列パターンの形をとることがしばしばある.本研究では,エラーを含む文字列集合から,ある長さの頻出部分文字列パターンを高速に全列挙するアルゴリズムを提案する.エラーの影響から通常のパターン列挙と異なり,入力文字列には現れないパターンも列挙の対象となる.提案手法ではパターン頻出性の必要条件を利用して最小限の候補パターンをハッシュ格納することにより,高速な全列挙を実現する.We propose a practically fast algorithm that enumerates all m-length substring patterns appearing in at least θ sequences among a given set of string sequences, where at most k errors are allowed for each appearance. The problem of enumerating such substring patterns is derived from the genome science, where frequent substring patterns allowing errors are candidates of a gene related to a certain function. From this context, some pattern should be enumerated even if it does not appear in any sequence, because it may match a sufficient number of sequences by allowing errors. In order to prevent overlooking such potential patterns, we propose a hash-based enumeration algorithm. The algorithm stores not only a substring pattern appearing in a sequence but also its neighboring patterns. By using several techniques/conditions to exclude non-frequent patterns, our algorithm achieves an efficient enumeration of frequent substring patterns allowing errors.

    CiNii Article

  137. 最小重み負荷分散枝被覆について

    原田 雄大, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    情報処理学会研究報告アルゴリズム(AL)   2008 巻 ( 49 ) 頁: 33-40   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    無向グラフ G=(V E)に対し,V の全ての点を被覆するような枝集合のことを枝被覆と呼ぶ.最小の枝被覆はスターグラフの集合の形をとり,また多項式時間で得られることが知られている.以前著者らは,負荷分散枝被覆問題,すなわち枝被覆が与えるスターグラフの中心頂点の次数が均等化されたような枝被覆を求める問題を考え,これを求める O(n1/2m log△)時間アルゴリズムを提案している.本論文では,枝に重みが付加されたグラフに対し最小重みの負荷分散枝被覆を求める問題について考える.最適解に対する特徴づけとしてある性質を持ったパス構造の存在性の形で与え,それに基づいた O(n3m)時間アルゴリズムを与える.For an undirected graph G = (V, E), an edge cover is defined as a set of edges that covers all vertices of V. It is known that a minimum edge cover can be found in polynomial time and forms a collection of star graphs. Previously, the authors of this paper consider the problem of finding a balanced edge cover where the degrees of star center vertices are balanced, and present an O(n1/2m log△)-time polynomial time algorithm, where n, m and A are the number of vertices, the number of edges and the maximum degree of vertices, respectively. In this paper, for an edge-weighted graph, we consider the problem of finding a minimum weight balanced edge cover, that is, a balanced edge cover in which the total weights of edges is minimized. By characterizing the optimality as the existence of a certain path structure, we develop an O(n3m)-time algorithm.

    CiNii Article

  138. グラフ上の線形 Cover Time ランダムウォーク実現の必要条件

    野中 良哲, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   108 巻 ( 29 ) 頁: 33-35   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    有限グラフ上のランダムウォークとは,グラフ上に置かれた粒子が,その隣接点へとある確率にしたがってランダムに遷移するモデルである.ランダムウォークの速さの指標として,cover timeがある.これはある頂点を出発した粒子が,全ての頂点を訪問するために要する遷移数の期待値である.本研究の目的は,グラフが与えられたときよりcover timeの小さなランダムウォークを設計することである.本発表では,n頂点からなるグラフに対してcover timeがO(n)であるランダムウォークを設計可能であるための必要条件を示す.

    CiNii Article

  139. 辺上を移動するロボット1台による最適な多角形探索 (理論計算機科学の深化 : 新たな計算世界観を求めて)

    深見 浩和, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1599 巻   頁: 182-188   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  140. 局所探索法による熱力学的DNA配列設計の改良 (理論計算機科学の深化 : 新たな計算世界観を求めて)

    川下 優, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1599 巻   頁: 27-34   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  141. 重み付きグラフ上の枝被覆に対する次数均等化と重み最小化 (理論計算機科学の深化 : 新たな計算世界観を求めて)

    原田 雄太, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1599 巻   頁: 57-64   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  142. グラフ上の線形Cover Timeランダムウォーク実現の必要条件 (理論計算機科学の深化 : 新たな計算世界観を求めて)

    野中 良哲, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1599 巻   頁: 73-78   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  143. 局所的な次数情報を用いた無向グラフの探索 (理論計算機科学の深化 : 新たな計算世界観を求めて)

    来見田 裕一, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1599 巻   頁: 127-132   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  144. 3点系統樹を入力とした系統樹構築の近似アルゴリズムの近似比とその解析 (理論計算機科学の深化 : 新たな計算世界観を求めて)

    前村 一哉, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1599 巻   頁: 141-147   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  145. 確率的な枝重みをもつ有向非巡回グラフにおける最長路長さの分布関数の解析的な計算に関する考察 (理論計算機科学の深化 : 新たな計算世界観を求めて)

    安藤 映, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    数理解析研究所講究録   1599 巻   頁: 170-175   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  146. 最大出次数最小化問題の各種グラフクラスに対する計算複雑さ

    朝廣雄一, 小野 廣隆, 宮野 英次

    情報処理学会研究報告アルゴリズム(AL)   2008 巻 ( 24 ) 頁: 43-50   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    辺重みつき無向グラフが与えられ,辺の向き付けを求める問題 MMO を考える.MMO の目的は重みつき出次数の最大値を最小化することである.MMO は木に対してはΡ,平面二部グラフに対しては強 ΝΡ- 困難,一般のグラフに対してはNP- 困難であることが,過去の研究により知られている.しかし,これらのグラフクラス間には隔たりがあり,困難さの境界が厳密でない本稿の目的は,MMO の困難さの境界を明らかにすることであり,カクタス(木はカクタスの部分クラス)に対しては Ρ,多重辺を持つ外平面グラフや直並列グラフに対しては弱ΝΡ- 困難,平面グラフと二部グラフに対しては強ΝΡ- 困難であることを示す.Given an undirected graph with edge weights, we are asked to find an orientation, i.e., an assignment of a direction to each edge, so as to minimize the weighted maximum outdegree in the resulted directed graph. The problem is called MMO. As previous studies, it is shown that MMO is in Ρfor trees, weak .ΝΡ- hard for planar bipartite graphs, and strong ΝΡ- hard for general graphs. There are still gaps between those graph classes. The objective of this paper is to show tight thresholds of complexity: We show that MMO is (i) in Ρ for cactuses, (ii) weakly ΝΡ- hard for multi outerplanar graphs and series-parallel graphs, and also (iii) strongly ΝΡ-hard for planar graphs and bipartite graphs.

    CiNii Article

  147. DS-1-10 Approximating Distribution of Optimization Problems with Normally Distributed Edge Weights by Approximate Counting

    安藤 映, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2008 巻 ( 1 ) 頁: "S-19"-"S-20"   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  148. メトロポリス・ヘイスティングアルゴリズムに基づくO(n2)到達時間ランダムウォーク

    野中 良哲, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2008 巻 ( 0 ) 頁: 178-178   2008年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    グラフ上のランダムウォークにおいて,隣接頂点への遷移確率をメトロポリス・ヘイスティングアルゴリズムに基づいて定義することで,到達時間がO(n^2)となるランダムウォークを実現することが出来る.ここで,nはグラフの頂点数でる.また,到達時間とはある頂点を出発し,別のある頂点へ達するまでに要する遷移数の期待値である.

    CiNii Article

  149. Dynamic neighborhood searches for thermodynamically designing DNA sequence 査読有り

    Kawashimo Suguru, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    DNA COMPUTING   4848 巻   頁: 130-+   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  150. A Counting-Based Approximation the Distribution Function of the Longest Path Length in Directed Acyclic Graphs

    安藤 映, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    情報科学技術フォーラム講演論文集     頁: 7-8   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  151. The Balanced Edge Cover Problem 査読有り

    Harada Yuta, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    ALGORITHMS AND COMPUTATION, PROCEEDINGS   5369 巻   頁: 246-257   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  152. An O(n<(1.75)) algorithm for L(2,1)-labeling of trees 査読有り

    Hasunuma Toru, Ishii Toshimasa, Ono Hirotaka, Uno Yushi

    ALGORITHM THEORY - SWAT 2008   5124 巻   頁: 185-+   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  153. The space complexity of the leader election in anonymous networks 査読有り

    Ando Ei, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    2008 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PARALLEL & DISTRIBUTED PROCESSING, VOLS 1-8     頁: 103-110   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  154. Deductive Inference for the Interiors and Exteriors of Horn Theories 査読有り

    Makino Kazuhisa, Ono Hirotaka

    ALGORITHMS AND COMPUTATION, PROCEEDINGS   5369 巻   頁: 390-+   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  155. 混合ドミノタイリングの連結性

    小野 廣隆, 貞廣 泰造

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   107 巻 ( 258 ) 頁: 19-24   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    正方-八方格子の双対グラフ上の単連結部分グラフにおける完全マッチングについて,局所変形連結性の観点から研究する.これらのグラフは二部性を持たずある意味で不純物を含んでいるため,従来の研究で使われてきた高さ関数を用いた手法を利用することは出来ない.本研究では組合せ的手法を用いて,連結性を保証する最小の局所変形集合を与える:すなわち,これらのグラフ上の任意の完全マッチング同士が,二辺だけを動かす局所変形を繰り返すことにより移りあうことを示す.この結果から完全マッチング全体を状態集合とする簡易なマルコフ連鎖を構成でき,またその定常状態を一様とすることができる.計算シミュレーションでは顕著な統計的性質が観測された.

    CiNii Article

  156. ホーン理論の内包・外包に対する演繹推論

    牧野 和久, 小野 廣隆

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   107 巻 ( 127 ) 頁: 33-39   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    本論文ではホーン知識ベースの内包・外包に対する演繹推論について考える.知識ベースの内包・外包はその安定性を測るものとして,Makino, Ibaraki [11]により提案された.本論文ではホーン関数(式表現)の内包に対する演繹推論を行う線形時間アルゴリズムを与え,外包に対する演繹推論がco-NP完全であることを示す.またホーン知識がモデル表現で与えられた場合,演繹推論は内包・外包共に計算困難であることを示す.外包のホーン包絡に関しては,モデル表現においては線形時間で解くことができる一方,式表現においてはco-NP完全となることを示す.また各計算困難なクラスにおいて,多項式時間で解ける部分クラスについても議論する.

    CiNii Article

  157. 負荷分散枝被覆問題に対する最適性とアルゴリズム

    原田 雄太, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   107 巻 ( 73 ) 頁: 43-50   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    無向グラフG=(V,E)において,全ての頂点が少なくとも1つの枝に接しているような枝の集合を枝被覆と呼ぶ.特に最小枝被覆は多項式時間で得られ,またスターグラフの集合により構成されることが知られている.本研究では,各スターの枝数が均等になるような枝被覆を求める負荷分散枝被覆問題を扱う.この問題の応用例として,センサーネットワークの構造最適化などが挙げられる.この目的達成のために,被覆枝における次数に関する狭義単調増加凸関数の和の最小化問題として問題を定式化し,その最適性がある種の交互パスの非存在として特徴付けられることを示す.またこの特徴付けを利用し,最適な枝被覆が最小枝被覆であること,被覆枝における次数列の辞書順が最小となること,最大次数が最小化されることを示す.さらに,この特徴を基にしたO(|V||E|)時間のアルゴリズムを提案する.

    CiNii Article

  158. ブックマーク問題の近似について

    朝廣 雄一, 宮野 英次, 小野 廣隆, 村田 俊英

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   107 巻 ( 73 ) 頁: 1-6   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    ハイパーリンクの集合Eで連結されたウェブページの集合Vを表した根付き有向非巡回グラフG=(V,E)を考える.それぞれのノードvは,ユーザがノードvを閲覧するアクセス頻度を持っている.アクセスコストは,根ノードrからあるノードvに到達するためのステップ数の期待値で定義される.ブックマークは,グラフGの根ノードrに付加するショートカットリンクであり,アクセスコストを小さくする効果がある.ブックマーク問題は,アクセスコストを最も改善するようなブックマーク集合を求める問題である.本稿では,ブックマーク問題に対する(1-1/e)近似アルゴリズムを示す.またNP&subE;DTIME(N^<o(loglogN)>)を満たさない場合には,(1-1/e)よりも良い近似比を持つ多項式時間のアルゴリズムは存在しないことを示す.ここで,Nは入力サイズを表している.

    CiNii Article

  159. $k$-Set Agreement を解く故障検知器(計算機科学の理論とその応用)

    坂田 敦, 小野 廣隆, 定兼 邦彦[他]

    数理解析研究所講究録   1554 巻   頁: 269-275   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  160. 負荷分散枝被覆問題に対する最適性とアルゴリズム(計算機科学の理論とその応用)

    原田 雄太, 小野 廣隆, 定兼 邦彦[他]

    数理解析研究所講究録   1554 巻   頁: 101-108   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  161. 境界上を移動可能なロボット2台による多角形探索(計算機科学の理論とその応用)

    深見 浩和, 小野 廣隆, 定兼 邦彦[他]

    数理解析研究所講究録   1554 巻   頁: 139-144   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  162. 確率的枝重みを持つグラフ上での最小全域木コストの近似見積り法に関する考察(計算機科学の理論とその応用)

    安藤 映, 小野 廣隆, 定兼 邦彦[他]

    数理解析研究所講究録   1554 巻   頁: 202-209   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  163. ボトムアップ手法を用いた系統樹構築の近似アルゴリズム(計算機科学の理論とその応用)

    前村 一哉, 小野 廣隆, 定兼 邦彦[他]

    数理解析研究所講究録   1554 巻   頁: 238-242   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  164. 部分文字列の高速復元に適した圧縮データ構造に関する研究(計算機科学の理論とその応用)

    後藤 隆元, 小野 廣隆, 定兼 邦彦[他]

    数理解析研究所講究録   1554 巻   頁: 243-249   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  165. 局所探索法に基づくDNA 配列設計手法(計算機科学の理論とその応用)

    川下 優, 小野 廣隆, 定兼 邦彦[他]

    数理解析研究所講究録   1554 巻   頁: 250-257   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  166. センサーネットワークにおける省電力高信頼なデータ伝送(計算機科学の理論とその応用)

    佐薙 光樹, 小野 廣隆, 定兼 邦彦[他]

    数理解析研究所講究録   1554 巻   頁: 264-268   2007年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  167. Graph orientation algorithms to minimize the maximum outdegree 査読有り

    Asahiro Yuichi, Miyano Eiji, Ono Hirotaka, Zenmyo Kouhei

    INTERNATIONAL JOURNAL OF FOUNDATIONS OF COMPUTER SCIENCE   18 巻 ( 2 ) 頁: 197-215   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  168. k-集合合意問題を解く故障検知器

    坂田 敦, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   106 巻 ( 566 ) 頁: 1-6   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    故障検知器は分散システムにおいて各プロセスごとに備わった他のプロセスの故障状況を教えるオラクルである.故障が起きる際には非可解とされている問題に対して,どの程度の故障検知能力を有する故障検知器が備わればそれが可解となるかが広く研究されている.特に,問題を解くために必要十分な最弱の故障検知器が重要である.本稿では重要な分散問題の1つである合意問題を一般化したk-集合合意問題を解く故障検知器を考察する.合意問題に対する最弱の故障検知器であるクラス(Ω,Σ)を拡張したクラス(k-Ω,Σ)と(Ω,Σ_k)を定義し,プロセスの故障数が任意の環境下でこれらの検知器を用いてk-集合合意問題を解けることを示す.また,関連研究において同様にk-集合合意問題を解くと示されている故障検知器との強弱関係の比較を行う.

    CiNii Article

  169. 移動物体回収問題

    朝廣 雄一, 小野 廣隆, 宮野 英次, 山下 雅史

    電子情報通信学会誌 = THE JOURNAL OF THE INSTITUTE OF ELECTRONICS, INFOMATION AND COMMUNICATION ENGINEERS   90 巻 ( 3 ) 頁: 245-247   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  170. スケールフリーグラフにおける次数情報を用いた頂点探索

    来見田 裕一, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2007 巻 ( 0 ) 頁: 95-95   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  171. Approximation algorithms for the graph orientation minimizing the maximum weighted outdegree 査読有り

    Asahiro Yuichi, Jansson Jesper, Miyano Eiji, Ono Hirotaka, Zenmyo Kouhei

    ALGORITHMIC ASPECTS IN INFORMATION AND MANAGEMENT, PROCEEDINGS   4508 巻   頁: 167-+   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  172. 3点系統樹を入力とした系統樹構築の近似アルゴリズムの近似比

    前村 一哉, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2007 巻 ( 0 ) 頁: 85-85   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  173. 局所探索法に基づく熱力学的DNA配列設計

    川下 優, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電気関係学会九州支部連合大会講演論文集   2007 巻 ( 0 ) 頁: 93-93   2007年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    CiNii Article

  174. On approximation of bookmark assignments 査読有り

    Asahiro Yuichi, Miyano Eiji, Murata Toshihide, Ono Hirotaka

    MATHEMATICAL FOUNDATIONS OF COMPUTER SCIENCE 2007, PROCEEDINGS   4708 巻   頁: 115-+   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  175. Drawing borders efficiently 査読有り

    Iwama Kazuo, Miyano Eiji, Ono Hirotaka

    FUN WITH ALGORITHMS, PROCEEDINGS   4475 巻   頁: 213-+   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  176. How to collect balls moving in the Euclidean plane 査読有り

    Asahiro Yuichi, Horiyama Takashi, Makino Kazuhisa, Ono Hirotaka, Sakuma Toshinori, Yamashita Masafumi

    DISCRETE APPLIED MATHEMATICS   154 巻 ( 16 ) 頁: 2247-2262   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dam.2006.04.020

    Web of Science

  177. 動的近傍操作を用いたDNA塩基配列設計

    川下 優, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   106 巻 ( 63 ) 頁: 47-54   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    近年,DNA塩基配列集合を利用したナノコンピューティング・ナノテクノロジーが注目されている.これらの技術に用いられる塩基配列集合は,利用目的に応じた制約を満たす必要がある.いくつかの制約は組合せ的であるので,本論文では塩基配列集合問題を組合せ最適化問題と捉える.さらに,他の制約より組合せ的なオーバーラップ指標に着目し,局所探索法に基づくアルゴリズムを提案する.このアルゴリズムでは組合せ的制約を局所探索法で充足させるために,可変近傍探索法・可変深度探索近傍法と呼ばれる動的近傍操作を採用する.計算機実験において,提案手法は同様の制約を満たす他の手法と同等以上の配列集合の設計に成功した.

    CiNii Article

  178. 隠れマルコフモデルを用いたDNA配列設計

    前村 一哉, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 山下 雅史

    電子情報通信学会技術研究報告. COMP, コンピュテーション   106 巻 ( 63 ) 頁: 39-46   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DNAコンピューティングとは,DNA同士の反応過程を計算として見なした新しい計算パラダイムである.DNAコンピューティングでは,計算に使用するDNA分子の塩基配列を設計することが重要な研究テーマのひとつとなっている.DNA分子が意図したように反応するには,様々な制約をできるだけ満たす配列を準備する必要がある.このため従来様々な塩基配列の設計手法が研究されてきたが,本研究では隠れマルコフモデルを用いた配列設計を提案する.隠れマルコフモデルはマルコフ過程を利用した確率モデルである.本論文では,試験的な配列設計として行った,DNAのもつ最小自由エネルギーが小さい配列の設計の実験と結果について述べる.

    CiNii Article

  179. DNA sequence design by dynamic neighborhood searches 査読有り

    Kawashimo Suguru, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    DNA COMPUTING   4287 巻   頁: 157-+   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  180. Forest search: A paradigm for faster exploration of scale-free networks 査読有り

    Kurumida Yuichi, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    PARALLEL AND DISTRIBUTED PROCESSING AND APPLICATIONS   4330 巻   頁: 39-+   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  181. A probabilistic model of the DNA conformational change 査読有り

    Shiozaki Masashi, Ono Hirotaka, Sadakane Kunihiko, Yamashita Masafumi

    DNA COMPUTING   4287 巻   頁: 274-+   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

MISC 14

  1. 王将グラフ上での順次交換による色付きドロップ整列の計算量

    岡田 優斗, 木谷 裕紀, 大舘 陽太, 小野 廣隆  

    情報処理学会ゲーム情報学研究会 研究報告2021-GI-46 巻 ( 14 ) 頁: 1 - 8   2021年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  2. 個人の性格特性を考慮したソーシャルネットワーク分析

    岩田知旺, 土中哲秀, 小野廣隆  

    日本OR学会第48回中部支部研究発表会   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

  3. パスドミニアリングの必勝判定

    吉渡叶, 木谷裕紀, 小野廣隆  

    日本OR学会第48回中部支部研究発表会   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  4. 自動車運搬船における貨物積載プランニングの席割問題に対する数理モデリング

    鵜川知哉, 竹田陽, 三國寛佳, 胡艶楠, 小野廣隆, 柳浦睦憲  

    日本OR学会第48回中部支部研究発表会   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  5. Hedonic Seat Arrangement Problems 招待有り

    2021年 電子情報通信学会 総合大会予稿集   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  6. 七並べのグラフ的一般化と必勝判定

    木谷裕紀, 末續鴻輝, 小野廣隆  

    2021年 電子情報通信学会 総合大会予稿集   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  7. 一般化費用分配関数の下での容量制約付きネットワーク設計ゲーム

    廣瀬暁之, 土中哲秀, 小野廣隆  

    2021年 電子情報通信学会 総合大会予稿集   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  8. 七並べのグラフ的一般化

    木谷 裕紀, 末續 鴻輝, 小野 廣隆  

    2020年度 冬のLAシンポジウム   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  9. 重み付き木に対する例外付き準平等分割の計算量

    伊藤 雅士, 宮崎 修一, 中嶋 晋作, 小野 廣隆, 大舘 陽太  

    2020年度 冬のLAシンポジウム   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  10. L(p,1)-ラベリング問題に対する固定パラメータアルゴリズム

    川井一馬, 土中哲秀, 小野廣隆  

    信学技報, COMP2020-24120 巻 ( 276 ) 頁: 30 - 32   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  11. 一般化費用分配モデル下での容量制約付きネットワーク設計ゲーム

    廣瀬暁之, 土中哲秀, 小野廣隆  

    信学技報, COMP2020-21120 巻 ( 276 ) 頁: 24 - 27   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  12. Capacitated Network Design Games on a Generalized Fair Allocation Model

    廣瀬暁之, 土中哲秀, 小野廣隆  

    第16回情報科学ワークショップ   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  13. L(p, 1) ラベリングのための固定パラメータアルゴリズム

    川井一馬, 土中哲秀, 小野廣隆  

    第16回情報科学ワークショップ   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  14. 重み付き木の準平等分割の計算量

    伊藤雅士, 小野廣隆  

    日本オペレーションズ・リサーチ学会第47回中部支部研究発表会   2020年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 2

  1. ペア支配集合の頂点被覆によるパラメータ化アルゴリズム

    宇田 冴輝, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    日本オペレーションズ・リサーチ学会 九州支部 若手OR研究交流会 2020  2020年11月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  2. 一般化費用分配モデル下での容量制約付きネットワーク設計ゲーム

    廣瀬 暁之, 土中 哲秀, 小野 廣隆

    日本オペレーションズ・リサーチ学会 九州支部 若手OR研究交流会 2020  2020年11月28日 

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

科研費 6

  1. 最適化計算型クエリーのためのプリプロセッシングアルゴリズム論

    研究課題/研究課題番号:21K19765  2021年7月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    小野 廣隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6110000円 ( 直接経費:4700000円 、 間接経費:1410000円 )

  2. アルゴリズム基礎理論の追究・発展 国際共著

    研究課題/研究課題番号:20H05967  2020年11月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 学術変革領域研究(A)  学術変革領域研究(A)

    牧野 和久, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 河村 彰星, 玉置 卓, 瀧本 英二, 渋谷 哲朗, 小野 廣隆, 定兼 邦彦, 河村 彰星, 玉置 卓, 瀧本 英二, 渋谷 哲朗

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:260000円 ( 直接経費:200000円 、 間接経費:60000円 )

    本研究では,現在の高度情報化社会を駆動する「アルゴリズム」の基礎理論をさらに追及し,展開させること目的とする.P vs NP問題に代表されるように,アルゴリズム分野において未解決に残された部分は数多く存在する.一方,情報学,工学,農学,医学など多様な応用分野では,それぞれに特化したアルゴリズムが開発されている.それらアルゴリズムを飛躍的に進化させるためには,基礎理論の革新が必要不可欠な現状にある.
    本研究では,データ構造効率化法,離散構造解析法を行うこと,また,他の計画班と密接に連携を行うことで,アルゴリズム理論の革新を行う.

  3. 消費行動分析・効率性分析・サプライチェーン分析を統合した二酸化炭素排出評価

    研究課題/研究課題番号:20H00081  2020年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    加河 茂美, 小野 廣隆, 藤井 秀道, 稗貫 峻一, 後藤 美香, 永島 史弥, 馬奈木 俊介, 近藤 康之, 南齋 規介, 小野 廣隆, 藤井 秀道, 稗貫 峻一, 後藤 美香, 永島 史弥, 馬奈木 俊介, 近藤 康之, 南齋 規介

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    第一の課題では、自動車の動的離散選択モデルの推定を行い、需要政策が自動車の最終需要に付随するライフサイクルCO2排出量に与える影響を推計し、需要政策が温暖化緩和に果たす役割を定量的に明らかにする。第二の研究課題では、日本の自動車製造に不可欠な金属14部門に着目したサプライチェーンDEAを行い、金属生産の技術効率・サプライチェーン効率の向上が自動車の最終需要に付随するCO2排出量に与える影響を分析する。第三の研究課題では、第一と第二の課題で明らかになる自動車需要政策に伴う最終需要変化と金属部門の効率性向上に伴う投入変化を考慮したサプライチェーンネットワーク分析を行う。

  4. 準無限スケジューリング問題の分析と応用

    研究課題/研究課題番号:17K19960  2017年6月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    河村 彰星, 小野 廣隆, 小林 佑輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    本研究は、多くの者や資源を時間的・空間的にバランスよく配置したり万遍なく行き渡らせたりするための戦略や、それを行うことの困難さについて、理論的保証を念頭に、様々な状況設定に対して分析しようとするものである。本年度の主な論文発表等は以下の通り。
    拡散競争ゲームはネットワーク上を複数の情報等が拡散する様子をゲームとしてモデル化したもので、各プレイヤーの目的は自らの持つ情報をネットワーク構造を介してできるだけ多くのノードに拡散することである。このゲームの挙動は対象とするネットワークの構造に依存し、2人ゲームであってもサイクル構造のためプレイヤーの行動が循環し純粋ナッシュ均衡が存在するとは限らない。本年度の研究ではサイクル構造が限定される強弦グラフであっても純粋ナッシュ均衡が存在しない例が存在すること、より制限された区間グラフなどでは必ず純粋ナッシュ均衡が存在することを示した。
    通常の組合せ最適化問題では解を一つ求めることが目的であるが、実社会においては解を適切に変化させながら維持することが必要とされる場面が数多く存在する。この状況のモデル化として、組合せ最適化問題における解同士の遷移可能性の研究が近年盛んに行われている。本年度の研究では、マッチングの遷移可能性の判定や最短遷移長の計算について、アルゴリズムの設計および計算複雑度の解析を行った。
    なお、当初は年度内に行う計画としていた研究討論会は、渡航制限等の状況により開催困難となったため、次年度に機会を見て行うこととした。

  5. 局所探索型計算のパラメータ化計算量理論

    研究課題/研究課題番号:17H01698  2017年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    小野 廣隆, 柳浦 睦憲

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:9620000円 ( 直接経費:7400000円 、 間接経費:2220000円 )

    遺伝的アルゴリズム,タブー探索,アニーリングといった計算困難な組合せ最適化問題に対するメタ解法(メタ戦略)は,設計が比較的簡単であり,また実用的には十分な近似精度が得られることが知られている反面,理論的な精度の保障に成功している例は限られている.このためメタ解法の高速化や高精度化に関する研究には職人芸的なものが多いのが現状である.本研究はこれらメタ解法に共通する基本操作である局所探索・局所変形に対し新たにパラメータ化計算の視点を導入し,アルゴリズム設計論・性能分析論を構築する.メタ戦略の高速化・高精度化の非自明性の一つは,局所探索・局所変形の「性能」は近傍系の大きさに依存し,近傍の大きさと探索のための計算量はトレードオフの関係にある.このトレードオフ関係をパラメータ化計算の観点から分析し,局所探索型アルゴリズムのための新たなアルゴリズム設計論・計算論を展開する.
    <BR>
    前年度は有向グラフにおける最適化問題のパラメータ化計算量解明,グラフの擬森化のパラメータ化計算量, 最長増加部分列に対する領域効率のよいアルゴリズム(部分列長がパラメータ)について研究を行い,それぞれの派生問題に対し固定パラメータアルゴリズムの設計可能性や,実際の設計を行ったが,H30年度はこれらを局所探索に展開すべく,グラフ分割問題(ヘドニックゲームを含む),グラフラベリング問題等に対する局所探索に関する計算量に関して考察した.特にグラフ分割(ヘドニックゲーム)のある典型モデルは,次数がある定数以下であったとしてもPLS完全であることがわかるなどの結果が得られた.特にヘドニックゲームなどのエージェント型最適化問題の各エージェントの行動は局所探索アルゴリズムの動作とみなすこともできるため,これらの問題に対する近傍複雑度の研究に次年度以降重点を置くことを考えている.

  6. Combinatorial Optimization

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学以外) 2

  1. 微分積分学II

    2017年10月 - 現在

  2. 微分積分学I

    2017年4月 - 現在

 

社会貢献活動 1

  1. 『数学セミナー』での記事掲載

    役割:寄稿

    日本評論社  2020年10月

学術貢献活動 11

  1. 電子情報通信学会コンピュテーション研究会 副委員長

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    2020年5月 - 2022年4月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  2. The Ninth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR2021), Program Committee

    役割:企画立案・運営等

    2021年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  3. 第33回 RAMP数理最適化シンポジウム・プログラム委員(セッションオーガナイザー)

    役割:企画立案・運営等, パネル司会・セッションチェア等

    日本オペレーションズ・リサーチ学会  2021年 - 2021年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  4. The 23rd Thailand-Japan Conference on Discrete and Computational Geometry, Graphs, and Games (TJCDCG3 2020+1), Program Committee

    役割:企画立案・運営等

    2021年 - 2021年9月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  5. 日本オペレーションズリサーチ学会中部支部 運営委員

    役割:企画立案・運営等

    2020年3月 - 2022年2月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

  6. 12th International Conference on Algorithms and Complexity, CIAC2021, program committee

    役割:企画立案・運営等

    2020年 - 2021年5月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  7. The Thirty-Fifth AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-21), Program committee

    役割:企画立案・運営等

    2020年 - 2021年2月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  8. The 23rd IEEE International Conference on Computational Science and Engineering (CSE 2020) ,Program Committee

    役割:企画立案・運営等

    2020年 - 2021年1月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  9. 18th IEEE International Symposium on Parallel and Distributed Processing with Applications, ISPA2020, program comittee

    役割:企画立案・運営等

    2020年 - 2020年12月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  10. The 23rd International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems, PRIMA 2020, program committee

    役割:企画立案・運営等

    2020年 - 2020年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

  11. The Eighth International Symposium on Computing and Networking, CANDAR2020, program committee

    役割:企画立案・運営等

    2020年 - 2020年11月

     詳細を見る

    種別:大会・シンポジウム等 

▼全件表示