2021/11/11 更新

写真a

アズマ シュンイチ
東 俊一
AZUMA Shun-ichi
所属
大学院工学研究科 機械システム工学専攻 機械知能学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 機械・航空宇宙工学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(工学) ( 2005年9月   東京工業大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 制御工学

  2. ネットワークシステム

研究分野 1

  1. ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学  / 制御工学

経歴 4

  1. 名古屋大学   大学院工学研究科   教授

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 京都大学   大学院情報学研究科   准教授

    2011年6月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 京都大学   大学院情報学研究科   助教

    2007年4月 - 2011年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 京都大学   大学院情報学研究科   助手

    2005年9月 - 2007年3月

学歴 2

  1. 東京工業大学   大学院情報理工学研究科   情報環境学専攻

    2002年4月 - 2004年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 東京工業大学   大学院理工学研究科   制御工学専攻

    1999年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. IEEE

  2. 計測自動制御学会

  3. システム制御情報学会

  4. 電子情報通信学会

  5. 日本機械学会

  6. 日本鉄鋼協会

▼全件表示

委員歴 113

  1. Joint symposium AROB-ISBC-SWARM 2022   Program Committee Member  

    2022年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  2. 22nd IFAC World Congress   Local Arrangement Co-Chair  

    2021年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  3. 計測自動制御学会 中部支部 制御理論研究委員会   委員  

    2021年 - 現在   

  4. 日本鉄鋼協会 一般表彰ワーキンググループ   委員  

    2021年 - 現在   

  5. 15th International Symposium on Distributed Autonomous Robotic Systems   Program Co-Chair  

    2021年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  6. SICE Annual Conference 2021   Organized /Invited Session Chair  

    2021年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  7. 第65回 システム制御情報学会 研究発表講演会   組織委員会委員  

    2021年   

  8. 計測自動制御学会 システム・情報部門 知能分子ロボティクス調査研究会   主査・副主査  

    2020年 - 2021年   

  9. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   Guest Editor of Special Section on Mathematical Systems Science and its Applications  

    2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  10. SICE Annual Conference 2020   Program Committee Member  

    2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  11. システム制御情報学会   代議員  

    2020年   

  12. 第64回 システム制御情報学会 研究発表講演会   組織委員会委員  

    2020年   

  13. 日本機械学会 東海支部   庶務幹事  

    2020年   

  14. 日本鉄鋼協会 一般表彰ワーキンググループ   委員  

    2020年   

  15. システム制御情報学会 代議員及び役員候補者推薦委員会   委員  

    2020年   

  16. IEEE Transactions on Automatic Control   Associate Editor  

    2019年 - 現在   

  17. 計測自動制御学会 制御部門 真なるダイナミクスの追究による次世代システム制御理論調査研究会   委員  

    2019年 - 現在   

  18. 日本機械学会 東海支部   第68期,第69期商議員  

    2019年 - 2021年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  19. 日本鉄鋼協会 計測・制御・システム工学部会 計測制御システム研究審議ワーキンググループ   委員  

    2019年 - 2021年   

  20. 日本機械学会 2020年度年次大会 実行委員会   副実行委員長  

    2019年 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  21. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   Guest Associate Editor of Special Section on Mathematical Systems Science and its Applications  

    2019年   

  22. 3rd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics 2019   Program Committee Member  

    2019年   

  23. システム制御情報学会   代議員  

    2019年   

  24. 第63回 システム制御情報学会 研究発表講演会   組織委員会委員  

    2019年   

  25. International Journal of Control, Automation and Systems   Associate Editor  

    2018年 - 現在   

  26. 電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ 高信頼制御通信研究専門委員会   副委員長  

    2018年 - 現在   

  27. 計測自動制御学会 制御部門 IoT時代に向けたイベントベースト制御調査研究会   委員  

    2018年 - 2020年   

  28. 計測自動制御学会 制御部門 超スマート社会調査研究会   委員  

    2018年 - 2020年   

  29. システム制御情報学会   理事  

    2018年 - 2019年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  30. Asian Journal of Control   Guest Associate Editor  

    2018年 - 2019年   

  31. 計測自動制御学会 学会賞委員会   委員  

    2018年 - 2019年   

  32. 電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ 学術奨励賞選定委員会   投票委員  

    2018年 - 2019年   

  33. 第61回 自動制御連合講演会   実行委員長  

    2018年   

  34. システム制御情報学会   代議員  

    2018年   

  35. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   Guest Associate Editor of Special Section on Mathematical Systems Science and its Applications  

    2018年   

  36. SICE Annual Conference 2018   Program Vice Chair  

    2018年   

  37. 14th International Symposium on Distributed Autonomous Robotic Systems   Program Committee Member  

    2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  38. IFAC Conference on Analysis and Design of Hybrid Systems 2018   Program Committee Member  

    2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  39. 23rd International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems   Program Committee Member  

    2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  40. 7th IFAC Workshop on Distributed Estimation and Control in Networked Systems   Program Committee Member  

    2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  41. 57th IEEE Conference on Decision and Control   Program Committee Member  

    2018年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  42. 第62回 システム制御情報学会 研究発表講演会   組織委員会委員  

    2018年   

  43. 日本機械学会 東海学生会   顧問  

    2018年   

  44. Nonlinear Analysis: Hybrid Systems   Associate Editor  

    2017年 - 現在   

  45. 計測自動制御学会   代議員  

    2017年 - 2020年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  46. Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA)   Guest Co-Editor  

    2017年   

  47. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   Guest Associate Editor of Special Section on Mathematical Systems Science and its Applications  

    2017年   

  48. 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics 2017   Program Committee Member  

    2017年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  49. 計測自動制御学会 システム・情報部門 分子ロボティクス調査研究委員会   副主査  

    2017年   

  50. IEEE Control Systems Letters   Associate Editor  

    2016年 - 2019年   

  51. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   Guest Associate Editor of Special Section on Reliable Communication and Control  

    2016年   

  52. 4th IEEE International Conference on Cyber-Physical Systems, Networks, and Applications   Program Co-Chair  

    2016年   

  53. 6th IFAC Workshop on Distributed Estimation and Control in Networked Systems   Program Co-Chair  

    2016年   

  54. IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   Guest Associate Editor of Special Section on Mathematical Systems Science and its Applications  

    2016年   

  55. 6th IFAC Workshop on Distributed Estimation and Control in Networked Systems   National Organizing Committee Member  

    2016年   

  56. 6th IFAC Workshop on Distributed Estimation and Control in Networked Systems   Best Student Paper Award Committee Member  

    2016年   

  57. 第60回 システム制御情報学会 研究発表講演会   実行委員  

    2016年   

  58. 第59回 自動制御連合講演会   プログラム委員  

    2016年   

  59. 13th International Symposium on Distributed Autonomous Robotic Systems   Program Committee Member  

    2016年   

  60. 20th ACM International Conference on Hybrid Systems: Computation and Control   Program Committee Member  

    2016年   

  61. IFAC Technical Committee 1.5 on Networked Systems   Committee Member  

    2015年 - 現在   

  62. 計測自動制御学会 制御部門 学術委員会   幹事  

    2015年 - 2020年   

  63. システム制御情報学会 学術情報普及委員会   委員  

    2015年 - 2018年   

  64. 計測自動制御学会 制御部門 ネットワーク上の制御と信号処理調査研究委員会   副主査  

    2015年 - 2017年   

  65. 電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ 高信頼制御通信研究専門委員会   委員  

    2015年 - 2017年   

  66. システム制御情報学会 論文賞・産業技術賞選考委員会   委員  

    2015年 - 2016年   

  67. 54th IEEE Conference on Decision and Control   IEEE CSS Kansai Chapter Local Committee Member  

    2015年   

  68. 第59回 システム制御情報学会 研究発表講演会   実行委員  

    2015年   

  69. SICE International Symposium on Control Systems 2015   Program Committee Member  

    2015年   

  70. 19th ACM International Conference on Hybrid Systems: Computation and Control   Program Committee Member  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  71. IFAC Conference on Analysis and Design of Hybrid Systems 2015   Program Committee Member  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  72. 1st International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics 2015   Program Committee Member  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  73. 3rd IEEE International Conference on Cyber-Physical Systems, Networks, and Applications   Program Committee Member  

    2015年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  74. Automatica   Associate Editor  

    2014年 - 現在   

  75. IEEE RAS Technical Committee on Multi-Robot Systems   Committee Member  

    2014年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  76. システム制御情報学会 編集委員会   委員  

    2014年 - 2015年   

  77. 14th International Conference on Control, Automation and Systems   Program Committee Member  

    2014年   

  78. 第58回 システム制御情報学会 研究発表講演会   実行委員  

    2014年   

  79. 第57回 自動制御連合講演会   プログラム委員  

    2014年   

  80. 18th International Conference on Hybrid Systems: Computation and Control   Program Committee Member  

    2014年   

  81. 1st Workshop on Self-Organization in Swarm of Robots: from Molecular Robots to Mobile Agents   Program Committee Member  

    2014年   

  82. IEEE Transactions on Control of Network Systems   Associate Editor  

    2013年 - 2019年   

  83. 日本鉄鋼協会 計測・制御・システム工学部会 制御フォーラム   委員  

    2013年 - 2018年   

  84. 計測自動制御学会 制御部門 制御理論部会   委員  

    2013年 - 2014年   

  85. IEEE Control Systems Society, Japan Chapter   Treasurer  

    2012年 - 2013年   

  86. 計測自動制御学会 関西支部 物理と情報をつなぐ次世代システム制御研究会   委員  

    2012年 - 2013年   

  87. システム制御情報学会 奨励賞選考委員会   委員  

    2012年 - 2013年   

  88. 計測自動制御学会 制御部門 社会基盤システムにおける分散意思決定のためのシステム制御調査研究会   委員  

    2012年 - 2013年   

  89. IFAC Conference on Analysis and Design of Hybrid Systems 2012   Program Committee Member  

    2012年   

  90. 第12回 計測自動制御学会 制御部門大会   実行委員  

    2012年   

  91. 第55回 自動制御連合講演会   実行委員  

    2012年   

  92. IEEE Control Systems Society   Conference Editorial Board, Associate Editor  

    2011年 - 現在   

  93. 電子情報通信学会 基礎境界ソサイエティ システム数理と応用研究会   専門委員  

    2011年 - 現在   

  94. 計測自動制御学会 関西支部 シンポジウム委員会   庶務委員  

    2011年 - 2013年   

  95. 日本鉄鋼協会 計測・制御・システム工学部会 計測制御システム分野における産学若手交流フォーラム   座長  

    2011年 - 2012年   

  96. システム制御情報学会 学会誌   ゲストエディタ  

    2011年 - 2012年   

  97. 計測自動制御学会 関西支部 ICTを操る次世代システム制御技術・理論研究会   幹事  

    2011年 - 2012年   

  98. 第54回 システム制御情報学会 研究発表講演会   実行委員  

    2010年   

  99. 計測自動制御学会 学会誌   ゲストエディタ  

    2009年 - 2010年   

  100. 第53回 システム制御情報学会 研究発表講演会   実行委員  

    2009年   

  101. システム制御情報学会 電子情報委員会   委員  

    2008年 - 2009年   

  102. システム制御情報学会 論文賞・産業技術賞選考委員会   委員  

    2008年 - 2009年   

  103. 11th International Conference on Hybrid Systems: Computation and Control   Program Committee Member  

    2008年   

  104. 第52回 システム制御情報学会 研究発表講演会   実行委員  

    2008年   

  105. 第8回 計測自動制御学会 制御部門大会   実行委員  

    2008年   

  106. SICE Annual Conference 2008   Program Committee Member  

    2008年   

  107. Workshop on Uncertain Dynamical Systems 2008   Organizing Committee Member  

    2008年   

  108. システム制御情報学会 編集委員会   委員  

    2007年 - 2009年   

  109. 計測自動制御学会 制御部門 制御理論部会   委員  

    2007年 - 2008年   

  110. 計測自動制御学会 制御部門 フォーメーション制御調査研究会   委員  

    2007年 - 2008年   

  111. SICE Annual Conference 2007   Program Committee Member  

    2007年   

  112. 第51回 システム制御情報学会 研究発表講演会   実行委員  

    2007年   

  113. システム制御情報学会 編集委員会   校正担当委員  

    2006年 - 2007年   

▼全件表示

受賞 4

  1. 2020年度日本機械学会東海支部功労賞

    2020年3月   日本機械学会東海支部  

  2. IJCAS Academic Activity Award 2018

    2018年12月   International Journal of Control, Automation and Systems  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:大韓民国

  3. 2016年度 計測自動制御学会 学会賞 論文賞

    2016年9月   計測自動制御学会   ブーリアンネットワークのネットワーク構造とダイナミクス多様性

    吉田,東,杉江

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  4. 2016年度 計測自動制御学会 学会賞 著述賞

    2016年9月   計測自動制御学会   マルチエージェントシステムの制御 (システム制御工学シリーズ22),コロナ社 (2015)

    東,永原,石井,林,桜間,畑中

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

 

論文 220

  1. Structural Equilibrium Control of Network Systems 査読有り

    IEEE Transactions on Automatic Control     2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TAC.2021.3103907

    Scopus

  2. 対称なノードダイナミクスを有するブーリアンネットワークの構造的単安定性 査読有り

    高倉,東,有泉,浅井

    システム制御情報学会論文誌     2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Performance Measure of Hierarchical Structures for Multi-Agent Systems, 査読有り 国際共著

    A. Raza, M. Iqbal, J. Moon, and S. Azuma

    International Journal of Control, Automation and Systems     2022年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. Analysis and Design of Aggregate Demand Response Systems Based on Controllability 査読有り

    K. Sato and S. Azuma

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E104.A 巻 ( 6 ) 頁: 940 - 948   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.2020EAP1093

  5. Prediction governors: Optimal solutions and application to electric power balancing control 査読有り

    Yuki Minami, Shun-ichi Azuma

    IET Control Theory & Applications   15 巻 ( 10 ) 頁: 1375 - 1388   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Control of Vehicular Traffic at an Intersection Using a Cyber-Physical Multi-Agent Framework 査読有り 国際共著

    Md Abdus Samad Kamal; Chee Pin Tan; Tomohisa Hayakawa; Shun-Ichi Azuma; Jun-Ichi Imura

    IEEE Transactions on Industrial Informatics   17 巻 ( 9 ) 頁: 6230 - 6240   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TII.2021.3051961

  7. Majority Determination in Binary-valued Communication Networks 査読有り

      8 巻 ( 2 ) 頁: 838 - 846   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IEEE Transactions on Control of Network Systems  

    DOI: 10.1109/TCNS.2020.3038839

    Scopus

  8. Data-driven Sparse Event-triggered Control of Unknown Systems 査読有り

    I. Banno, S. Azuma, R. Ariizumi, and T. Asai

    2021 American Control Conference     頁: 3383 - 3388   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  9. Port-Controlled Hamiltonian Approach for Robust Control of Snake Robots 査読有り

    Y. Imagawa, R. Ariizumi, T. Asai, and S. Azuma

    4th International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics     頁: 535 - 546   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  10. Head Trajectory Tracking Control of a Snake-like Robot with Prismatic Joints 査読有り

    K. Harada, R. Ariizumi, M. Tanaka, T. Asai, and S. Azuma

    4th International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics     頁: 547 - 555   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  11. Consensus Control of Multi-hopping-rover Systems 査読有り

    S. Takekuma, S. Azuma, R. Ariizumi, and T. Asai

    4th International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics     頁: 610 - 619   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  12. Data-driven Estimation of Finite-time Controllability Gramians 査読有り

    I. Banno, S. Azuma, T. Asai, R. Ariizumi, and J. Imura

    SICE Annual Conference 2021     頁: 663 - 667   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  13. Data-driven Estimation and Maximization of Controllability Gramians 査読有り

    I. Banno, S. Azuma, T. Asai, R. Ariizumi, and J. Imura

    60th IEEE Conference on Decision and Control     2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  14. Structural Bistability Analysis of Flower-shaped and Chain-shaped Boolean Networks 査読有り

    S. Azuma, T. Kure, and T. Sugie

    IEEE/ACM Transactions on Computational Biology and Bioinformatics   17 巻 ( 6 ) 頁: 2098 - 2106   2020年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TCBB.2019.2917196

  15. Tamper-resistant controller using neural network and time-varying quantization 査読有り 国際共著

    Xu Fangyuan, Ariizumi Ryo, Azuma Shun-ichi, Asai Toru

    ARTIFICIAL LIFE AND ROBOTICS   25 巻 ( 4 ) 頁: 596 - 602   2020年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Artificial Life and Robotics  

    DOI: 10.1007/s10015-020-00647-x

    Web of Science

    Scopus

  16. Multi-Robot Control Inspired by Bacterial Chemotaxis: Coverage and Rendezvous via Networking of Chemotaxis Controllers 査読有り

    S. Izumi, S. Azuma, T. sugie

    IEEE Access   8 巻   頁: 124172 - 124184   2020年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2020.3006096

  17. Chemotaxis-Inspired Control for Multi-Agent Coordination: Formation Control by Two Types of Chemotaxis Controllers 査読有り

    Izumi Shinsaku, Azuma Shun-ichi

    NEW GENERATION COMPUTING   38 巻 ( 2 ) 頁: 303 - 324   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00354-020-00093-0

    Web of Science

    Scopus

  18. Robust network structures for conserving total activity in Boolean networks 査読有り

    S. Azuma

    Control Theory and Technology   18 巻 ( 2 ) 頁: 143 - 147   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11768-020-9202-6

    Scopus

  19. Pseudo-perturbation-based broadcast control of multi-agent systems 査読有り 国際共著

    Ito Yuji, Kamal Md Abdus Samad, Yoshimura Takayoshi, Azuma Shun-ichi

    AUTOMATICA   113 巻   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.automatica.2019.108769

    Web of Science

    Scopus

  20. Analysis and Design of Multi-Agent Systems in Spatial Frequency Domain: Application to Distributed Spatial Filtering in Sensor Networks 査読有り

    S. Izumi, S. Azuma, and T. Sugie

    IEEE Access   8 巻   頁: 34909 - 34918   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ACCESS.2020.2974243

    Scopus

  21. 車両の交差に必要なリニア信号機の最小構成 査読有り

    犬塚 康介, 東 俊一, 丸田 一郎, 有泉 亮, 浅井 徹

    システム制御情報学会論文誌   33 巻 ( 2 ) 頁: 49 - 56   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    <p>Recent years, a new type of traffic lights, called the <i>linear traffic lights</i>, has been proposed. The linear traffic lights, which are placed at an intersection, monitor the traffic status of the crossing roads and control the traffic flow around the intersection. This paper considers the minimum configuration of the linear traffic lights to guarantee non-stopping crossing without collision at the intersection of one-way roads.</p>

    DOI: 10.5687/iscie.33.49

    CiNii Article

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/iscie/33/2/33_49/_pdf/-char/ja

  22. 設備診断のための初期状態・入力・パラメータ同時推定手法

    浅井 徹, 山川 雅文, 奥田 真由, 津田 和呂, 金子 修, 岸 真友, 東 俊一, 有泉 亮

    鉄と鋼   106 巻 ( 2 ) 頁: 80 - 90   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

    DOI: 10.2355/tetsutohagane.TETSU-2019-061

  23. Detection of Defaulting Participants of Demand Response Based on Sparse Reconstruction 査読有り

    S. Azuma, D. Sato, K. Kobayashi, and N. Yamaguchi

    IEEE Transactions on Smart Grid   11 巻 ( 1 ) 頁: 368 - 378   2020年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TSG.2019.2922435

  24. LMI-based Stability Analysis and Controller Design for Periodic Linear Time-varying Systems 査読有り

    M. Sakai, T. Asai, R. Ariizumi, and S. Azuma

    59th IEEE Conference on Decision and Control     頁: 4640 - 4645   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  25. Detection of Defaulting Participants with Time-varying Failure Rates in Demand Response 査読有り 国際共著

    F. Xu, S. Azuma, K. Kobayashi, N. Yamaguchi, R. Ariizumi, and T. Asai

    IFAC World Congress 2020     頁: 13511 - 13515   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  26. Reduction in the Amount of Data for Data-driven Passivity Estimation 査読有り

    K. Iijima, M. Tanemura, S. Azuma, and Y. Chida

    2020 IEEE Conference on Control Technology and Applications     頁: 134 - 139   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  27. An LMI-based Stability Analysis of Periodic Linear Time-varying Systems: For General Cases Involving Higher Harmonic Frequencies 招待有り 査読有り

    M. Sakai, T. Asai, R. Ariizumi, and S. Azuma

    SICE Annual Conference 2020     頁: 1236 - 1240   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  28. Parameter Dependent Model Based on Linkages for State, Parameter and Input Estimation Method 査読有り

    M. Yamakawa, T. Asai, R. Ariizumi, and S. Azuma

    SICE Annual Conference 2020     頁: 1696 - 1701   2020年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  29. Structural Equilibrium Control of Network Systems 査読有り

    S. Azuma

    59th IEEE Conference on Decision and Control     頁: 1116 - 1121   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  30. Novel Control Approaches for Demand Response With Real-Time Pricing Using Parallel and Distributed Consensus-Based ADMM 査読有り 国際共著

    Dinh Hoa Nguyen, Azuma Shun-Ichi, Sugie Toshiharu

    IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRIAL ELECTRONICS   66 巻 ( 10 ) 頁: 7935 - 7945   2019年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIE.2018.2881938

    Web of Science

  31. Coordination of Connected Vehicles on Merging Roads Using Pseudo-perturbation-based Broadcast Control 査読有り

    Y. Ito, M.A.S Kamal, T. Yoshimura, and Azuma

    IEEE Transactions on Intelligent Transportation Systems   20 巻 ( 9 ) 頁: 3496 - 3512   2019年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TITS.2018.287

  32. Multi-agent Coordination via Distributed Pattern Matching 査読有り

    K. Sakurama, S. Azuma, and T. Sugie

    IEEE Transactions on Automatic Control   64 巻 ( 8 ) 頁: 3210 - 3225   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TAC.2018.2885491

  33. Design and Value Evaluation of Demand Response Based on Model Predictive Control 査読有り

    K. Miyazaki, K. Kobayashi, S. Azuma, N. Yamaguchi, and Y. Yamashita

    IEEE Transactions on Industrial Informatics   15 巻 ( 8 ) 頁: 4809 - 4818   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TII.2019.2920373

    その他リンク: https://www.mendeley.com/catalogue/a9ca56f4-d3e1-3ed0-8d27-9baf49bde1aa/

  34. Cactus-Expandable Graphs 査読有り

    Azuma Shun-ichi, Kure Toshimitsu, Yoshida Takahiro, Sugie Toshiharu

    IEEE TRANSACTIONS ON CONTROL OF NETWORK SYSTEMS   6 巻 ( 2 ) 頁: 775-788   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TCNS.2018.2875355

    Web of Science

  35. Structural Oscillatority Analysis of Boolean Networks 査読有り

    Azuma Shun-ichi, Yoshida Takahiro, Sugie Toshiharu

    IEEE TRANSACTIONS ON CONTROL OF NETWORK SYSTEMS   6 巻 ( 2 ) 頁: 464 - 473   2019年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TCNS.2018.2838521

    Web of Science

  36. Efficient Data-Driven Estimation of Passivity Properties 査読有り

    M. Tanemura and Azuma

    IEEE Control Systems Letters   3 巻 ( 2 ) 頁: 398 - 403   2019年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/LCSYS.2018.2887241

  37. Secure Real-Time Control Through Fog Computation 査読有り

    Sato Kazuhiro, Azuma Shun-ichi

    IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRIAL INFORMATICS   15 巻 ( 2 ) 頁: 1017 - 1026   2019年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TII.2018.2880745

    Web of Science

  38. Data-driven Output Channel Design for Maximizing Passivity Index 査読有り

    M. Tanemura and S. Azuma

    58th IEEE Conference on Decision and Control     頁: 6646 - 6650   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  39. Circular and Concentric Formation of Kinematic Unicycles 査読有り 国際共著

    T. Ngo, J. Leth, S. Azuma, and M. Iqbal

    2019 International Conference on Robotics and Automation     頁: 41 - 45   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  40. MIMO Model Matching for Reference Models with Time-varying Parameter 査読有り 国際共著

    H. Sun, T. Asai, R. Ariizumi, and S. Azuma

    12th Asian Control Conference     頁: 185 - 190   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  41. Closed-loop Data-driven Estimation on Passivity Property 査読有り

    M. Tanemura and S. Azuma

    2019 IEEE Conference on Control Technology and Applications     頁: 630 - 634   2019年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  42. Tamper-resistant Controller Using Neural Network for Time-varying Quantized Control 査読有り 国際共著

    F. Xu, R. Ariizumi, S. Azuma, and T. Asai

    3rd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics     頁: 31 - 35   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  43. Majority Determination on Binary-valued Communication Networks 査読有り

    S. Azuma and M. Nagahara

    58th IEEE Conference on Decision and Control     頁: 885 - 889   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  44. ARモデルと行列ランク最小化によるグラフ信号の修復 査読有り

    芋田, 東,杉江

    計測自動制御学会論文集   54 巻 ( 10 ) 頁: 737 - 744   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/sicetr.54.737

  45. Optimal Random Dither Quantizers for Positive Systems 査読有り

    R. Morita, S. Azuma, and T. Sugie

    Asian Journal of Control   20 巻 ( 6 ) 頁: 2314 - 2317   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asjc.1744

  46. Real-Time Pricing by Data Fusion on Networks

    Izumi Shinsaku, Azuma Shun-ichi

    IEEE TRANSACTIONS ON INDUSTRIAL INFORMATICS   14 巻 ( 3 ) 頁: 1175 - 1185   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TII.2017.2776251

    Web of Science

  47. Multi-Agent Coordination to High-Dimensional Target Subspaces 査読有り

    Sakurama Kazunori, Azuma Shun-ichi, Sugie Toshiharu

    IEEE TRANSACTIONS ON CONTROL OF NETWORK SYSTEMS   5 巻 ( 1 ) 頁: 345 - 358   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TCNS.2016.2609638

    Web of Science

  48. Design Theory of Distributed Controllers via Gradient-flow Approach 査読有り

    K. Sakurama, S. Azuma, and T. Sugie

    Emerging Applications of Control and System Theory     頁: 313--326   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/978-3-319-67068-3_23

  49. Model Predictive-based Demand Response in Energy Management Systems 査読有り

    K. Miyazaki, K. Kobayashi, S. Azuma, N. Yamaguchi, and Y. Yamashita

    23rd International Symposium on Artificial Life and Robotics     頁: 815 - 818   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  50. A Group Control of the Movable Antennas for Maximizing Received Signal Level in the Radar Surveillance System 査読有り

    Y. Fujishima and S. Azuma

    2018 SICE International Symposium on Control Systems     頁: Fr11-1   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  51. A Resource Sharing Model in a Power Packet Distribution Network 査読有り

    H. Ando, R. Takahashi, S. Azuma, M. Hasegawa, T. Yokoyama, and T. Hikihara

    2018 International Power Electronics Conference     頁: 3665 - 3669   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  52. On Pseudo-perturbation-based Broadcast Control of Multi-agent Systems 査読有り 国際共著

    Y. Ito, M.A.S. Kamal, T. Yoshimura, and S. Azuma

    2018 American Control Conference     頁: 2887 - 2882   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  53. Multi-vehicle Coordination on Merging Roads Based on Pseudo-perturbation-based Broadcast Control 査読有り 国際共著

    Y. Ito, M.A.S. Kamal, T. Yoshimura, and S. Azuma

    2018 American Control Conference     頁: 4008 - 4013   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  54. MPC-based Design of Demand Response Programs in Energy Management Systems 査読有り

    K. Miyazaki, K. Kobayashi, S. Azuma, N. Yamaguchi, and Y. Yamashita

    33rd International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications     頁: 620 - 622   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  55. Broadcast Control of Radar Surveillance System 査読有り

    Y. Fujishima and S. Azuma

    SICE Annual Conference 2018     頁: 83 - 88   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  56. Multiple Extrema Seeking by Robots Using Response Surface Method 査読有り

    S. Nishigame, R. Ariizumi, S. Azuma, and T. Asai

    SICE Annual Conference 2018     頁: 1763 - 1766   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  57. A Parallelized Method for Discrete-time Models with Dependence on Calculation Order 査読有り

    K. Sata, A. Matsunaga, S. Azuma, and A. Ohata

    5th IFAC Workshop on Engine and Powertrain Control, Simulation and Modeling     頁: 41 - 45   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  58. Structured Matrix Rank Minimization Approach to Restoration of Graph Signals 査読有り

    N. Imoda, S. Azuma, and T. Sugie

    2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics     頁: 287 - 290   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  59. Formation shape control with distance and area constraints 査読有り

    B.D.O. Anderson, Z. Sun, T. Sugie, S. Azuma, and K. Sakurama

    IFAC Journal of Systems and Control   1 巻   頁: 2 - 12   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  60. ネットワーク化単調システムの安定性解析 査読有り

    井上,東,杉江

    計測自動制御学会論文集   53 巻 ( 9 ) 頁: 493 - 500   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/sicetr.53.493

  61. Power processing for advanced power distribution and control

    R. Takahashi, S. Azuma, M. Hasegawa, H. Ando, and T. Hikihara

    IEICE Transactions on Communications   E100B 巻 ( 6 ) 頁: 941 - 947   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transcom.2016EBN0005

    Scopus

  62. Controllability analysis of aggregate demand response system in multiple price-change situation

    K. Sato and S. Azuma

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E100A 巻 ( 2 ) 頁: 376 - 384   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.E100.A.376

    Scopus

  63. Structural monostability of activation-inhibition boolean networks

    Azuma S.

    IEEE Transactions on Control of Network Systems   4 巻 ( 2 ) 頁: 179 - 190   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TCNS.2015.2485440

    Scopus

  64. A Sufficient Condition for Cactus-expandability of Graphs 査読有り

    Azuma Shun-ichi, Kure Toshimitsu, Sugie Toshiharu

    2017 IEEE 56TH ANNUAL CONFERENCE ON DECISION AND CONTROL (CDC)     頁: 4394 - 4397   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  65. Traffic Control at Intersection with Linear Traffic Lights 査読有り

    Maruta Ichiro, Yoshikawa Tetsuya, Azuma Shun-ichi, Sugie Toshiharu

    IECON 2017 - 43RD ANNUAL CONFERENCE OF THE IEEE INDUSTRIAL ELECTRONICS SOCIETY     頁: 2923 - 2928   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  66. Privacy input design for concealing transient output of linear SISO systems 査読有り

    Sato Kazuhiro, Azuma Shun-ichi

    2017 IEEE 56TH ANNUAL CONFERENCE ON DECISION AND CONTROL (CDC)     頁: 3986 - 3991   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  67. Distance-based rigid formation control with signed area constraints 査読有り 国際共著

    Anderson Brian D. O., Sun Zhiyong, Sugie Toshiharu, Azuma Shun-ichi, Sakurama Kazunori

    2017 IEEE 56TH ANNUAL CONFERENCE ON DECISION AND CONTROL (CDC)     頁: 2830 - 2835   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  68. Design of consumer groups including uncontrollable consumers 査読有り

    Sato Kazuhiro, Azuma Shun-ichi

    2017 56TH ANNUAL CONFERENCE OF THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS OF JAPAN (SICE)     頁: 310 - 312   2017年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  69. Delta-sigma conversion for graph signals 査読有り

    Imoda N., Azuma S., Kitao T., Sugie T.

    IFAC PAPERSONLINE   50 巻 ( 1 ) 頁: 9303 - 9307   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2017.08.1177

    Web of Science

  70. All stabilizing and concealing Gaussian type controllers for linear scalar systems

    Sato K.

    2016 IEEE 55th Conference on Decision and Control, CDC 2016     頁: 2861-2866   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/CDC.2016.7798695

    Scopus

  71. Structural bistability analysis of Boolean networks 査読有り

    S. Azuma, T. Kure, and T. Sugie

    2016 IEEE 55th Conference on Decision and Control, CDC 2016     頁: 4833 - 4836   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2016.7799007

    Scopus

  72. On a relation between graph signal processing and multi-agent consensus 査読有り

    Izumi S.

    2016 IEEE 55th Conference on Decision and Control, CDC 2016     頁: 957 - 961   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2016.7798391

    Scopus

  73. Controllability of aggregate demand response systems for real-time pricing 査読有り

    K. Sato and S. Azuma

    Proceedings - 4th IEEE International Conference on Cyber-Physical Systems, Networks, and Applications, CPSNA 2016     頁: 33 - 34   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CPSNA.2016.15

    Scopus

  74. Power Regulation with Predictive Dynamic Quantizer in Power Packet Dispatching System

    R. Takahashi, S. Azuma, and T. Hikihara

    IEEE Transactions on Industrial Electronics   63 巻 ( 12 ) 頁: 7653 - 7661   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TIE.2016.2591898

    Scopus

  75. A Packet-Based Energy Management System for Multi-Legged Walking Robots 査読有り

    Y. Kojima, S. Azuma, T. Kitao, I Maruta, and T. Sugie

    2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications     頁: 80 - 81   2016年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  76. A Simulation Study of An Algorithm for Distributing Power Packets in A Network 査読有り

    H. Ando, S. Azuma, and R. Takahashi

    2016 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications     頁: 86   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  77. Stabilization by controller networks

    S. Izumi, S. Azuma, and T. Sugie

    Systems and Control Letters   94 巻   頁: 77 - 83   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sysconle.2016.05.014

    Scopus

  78. A Study of Numerical Error Caused by Parallelizing Complicated Continuous-Time Models with Dependence on Calculation Order 査読有り

    K. Sata, S. Azuma, and A. Ohata

    35th Chinese Control Conference     頁: 8932 - 8937   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  79. Performance Analysis of Chemotaxis Controllers: Which has Better Chemotaxis Controller, Escherichia coli or Paramecium caudatum?

    S. Azuma, K. Owaki, N. Shinohara, and T. Sugie

    IEEE/ACM Transactions on Computational Biology and Bioinformatics   13 巻 ( 4 ) 頁: 730 - 741   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/TCBB.2015.2474397

    Scopus

  80. 量子化観測を伴う移動ロボットシステムのランデブー制御:ディザを用いた制御と性能解析 査読有り

    井上,東,杉江

    システム制御情報学会論文誌   29 巻 ( 7 ) 頁: 311 - 317   2016年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5687/iscie.29.311

  81. A Parallelized Method for Continuous-Time Models with Dependence on Calculation Order 査読有り

    K. Sata, S. Azuma, and A. Ohata

    8th IFAC International Symposium on Advances in Automotive Control     頁: 8932 - 8937   2016年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  82. ランダマイズド制御 招待有り 査読有り

    東 俊一

    システム/制御/情報   60 巻 ( 5 ) 頁: 181-186   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  83. Model-Free Position Control of Solar Farms Maximizing Power Generation 査読有り 国際共著

    T. Kitao, S. Azuma, L. Mostefai, I. Maruta, and T. Sugie

    SICE International Symposium on Control Systems 2016     頁: 2A2-4   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  84. Broadcast Control of Markovian Multi-agent Systems 査読有り

    S. Azuma, I. Baba, and T. Sugie

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   9 巻 ( 2 ) 頁: 103 - 112   2016年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/jcmsi.9.103

  85. A Parallelized Method for Continuous-Time Models with Dependence on Calculation Order

    Sata K.

    IFAC-PapersOnLine   49 巻 ( 11 ) 頁: 685-690   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2016.08.099

    Scopus

  86. Identification of continuous-time Hammerstein systems by simultaneous perturbation stochastic approximation

    M.A. Ahmad, S. Azuma, and T. Sugie

    Expert Systems with Applications   43 巻   頁: 51 - 58   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.eswa.2015.08.041

    Scopus

  87. Consensus Dynamics in Switching Networks for Distributing Power Packets 査読有り

    Ando H.

    IFAC-PapersOnLine   49 巻 ( 22 ) 頁: 351 - 354   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1016/j.ifacol.2016.10.422

    Scopus

  88. Designability of multi-attractor Boolean networks with a fixed network structure

    Azuma S.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E99A 巻 ( 1 ) 頁: 423 - 425   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1587/transfun.E99.A.423

    Scopus

  89. All Concealing Gaussian Type Controllers for Linear Systems 査読有り

    K. Sato and S. Azuma

    55th IEEE Conference on Decision and Control     頁: 2861 - 2866   2016年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  90. Noise-shaping A/D Conversion of Graph Signals 査読有り

    N. Imoda, S. Azuma, T. Kitao, and T. Sugie

    22nd International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems     頁: 575 - 576   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  91. Feedback modification of predicted demand information for power balancing control 査読有り

    [1] Y. Minami and S. Azuma

    34th Chinese Control Conference and SICE Annual Conference 2015     頁: 1059 - 1062   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/SICE.2015.7285302

    Scopus

  92. A controller design method for unidentifiable linear SISO systems 査読有り

    K. Sato and S. Azuma

    2015 10th Asian Control Conference: Emerging Control Techniques for a Sustainable World, ASCC 2015     頁: 54 - 59   2015年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ASCC.2015.7244502

    Scopus

  93. Performance analysis of demand data modification mechanism for power balancing control

    Y. Minami and S. Azuma

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E98A 巻 ( 7 ) 頁: 1562 - 1564   2015年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1587/transfun.E98.A.1562

    Scopus

  94. Distributed controllers for multi-agent coordination via gradient-flow approach

    K. Sakurama, S. Azuma, and T. Sugie

    IEEE Transactions on Automatic Control   60 巻 ( 6 ) 頁: 1471 - 1485   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1109/TAC.2014.2374951

    Scopus

  95. ブーリアンネットワークのネットワーク構造とダイナミクス多様性 査読有り

    吉田 卓弘, 東 俊一, 杉江 俊治

    計測自動制御学会論文集   51 巻 ( 3 ) 頁: 155 - 161   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.9746/sicetr.51.155

    J-GLOBAL

  96. Prediction governors: Optimal solutions and application to electric power balancing control 査読有り

    Y. Minami and S. Azuma

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   54rd IEEE Conference on Decision and Control,CDC 2015 巻   頁: 1126 - 1129   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2015.7402362

    Scopus

  97. Distributed control of networked multi-agent systems for high-dimensional coordination 査読有り

    Sakurama K.

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   54rd IEEE Conference on Decision and Control,CDC 2015 巻   頁: 5613 - 5616   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2015.7403099

    Scopus

  98. Structural oscillatority analysis of Boolean networks 査読有り

    S. Azuma, T. Yoshida, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   54rd IEEE Conference on Decision and Control,CDC 2015 巻   頁: 2865 - 2868   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2015.7402651

    Scopus

  99. Numerical studies of aggregate demand response by real-time pricing 査読有り

    K. Sato and S. Azuma

    Proceedings of the IASTED International Conference on Modelling, Identification and Control     頁: 131 - 138   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.2316/P.2015.826-007

    Scopus

  100. Distributed hybrid controllers for multi-agent mass games by a variable number of player agents

    S. Izumi, S. Azuma, and T. Sugie

    Asian Journal of Control   17 巻 ( 3 ) 頁: 762 - 774   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asjc.930

    Scopus

  101. Simultaneous perturbation stochastic approximation with norm-limited update vector

    Tanaka Y.

    Asian Journal of Control   17 巻 ( 6 ) 頁: 2083 - 2090   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asjc.1153

    Scopus

  102. Randomized automated demand response for real-time pricing 査読有り

    S. Azuma, T. Nakamoto, S. Izumi, T. Kitao, and I. Maruta

    2015 IEEE Power and Energy Society Innovative Smart Grid Technologies Conference, ISGT 2015     頁: Paper No. ISGT2015-000083   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ISGT.2015.7131807

    Scopus

  103. Controllability Analysis of an Aggregate Demand Response System

    K.Sato , S. Azuma

    Mathematical Problems in Engineering   2015 巻   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2015/487173

    Scopus

  104. Structural Bistability of Boolean Networks: A Necessary and Sufficient Condition for 8-shaped Boolean Networks 査読有り

    T. Kure, S. Azuma, and T. Sugie

    1st International Symposium on Swarm Behavior and Bio-Inspired Robotics     頁: 379 - 380   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  105. Hardware Implementation of Lottery Controllers for Real-time Pricing 査読有り

    T. Kitao, I. Maruta, and S. Azuma

    International Symposium on Artificial Life and Robotics     頁: 405 - 408   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  106. Model-free Design of Real-time Pricing Using Simultaneous Perturbation Stochastic Approximation 査読有り 国際共著

    M.A. Ahmad, S. Azuma, and T. Sugie

    SICE International Symposium on Control Systems 2015     頁: Paper No. 613-2   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  107. A Design Method for Confidential Control Systems 査読有り

    K. Sato and S. Azuma

    34th Chinese Control Conference and SICE Annual Conference 2015     頁: 512   2015年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  108. Coverage control inspired by bacterial chemotaxis 査読有り

    S. Izumi, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Symposium on Reliable Distributed Systems     頁: 34 - 39   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/SRDSW.2014.11

    Scopus

  109. ブロードキャスト信号によるマルチエージェントシステムの制御 招待有り 査読有り

    東 俊一

    計測と制御   53 巻 ( 12 ) 頁: 1093-1098   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  110. Performance analysis of model-free PID tuning of MIMO systems based on simultaneous perturbation stochastic approximation

    Ahmad M.

    Expert Systems with Applications   41 巻 ( 14 ) 頁: 6361 - 6370   2014年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.eswa.2014.03.055

    Scopus

  111. Switching Controller Design for Hybrid Electric Vehicles 査読有り

    Mohd Ashraf Bin Ahmad, 東 俊一, 馬場 一郎, 杉江 俊治

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   7 巻 ( 5 ) 頁: 273 - 282   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/jcmsi.7.273

    J-GLOBAL

  112. Multi-agent consensus under a communication-broadcast mixed environment

    Azuma S.

    International Journal of Control   87 巻 ( 6 ) 頁: 1103 - 1116   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00207179.2013.868608

    Scopus

  113. Model predictive control for optimally scheduling intermittent androgen suppression of prostate cancer

    Hirata Y.

    Methods   67 巻 ( 3 ) 頁: 278 - 281   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ymeth.2014.03.018

    Scopus

  114. Modeling and Design of Real-Time Pricing Systems Based on Markov Decision Processes 査読有り

    小林 孝一, 丸田 一郎, 櫻間 一德, 東 俊一

    Applied Mathematics   5 巻 ( 10 ) 頁: 1485 - 1495   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  115. 一定距離型の確率的移動によるブロードキャスト制御 査読有り

    田中 洋輔,東 俊一,杉江 俊治

    計測自動制御学会論文集   50 巻 ( 2 ) 頁: 139 - 146   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/sicetr.50.139

    J-GLOBAL

  116. Discrete abstraction of stochastic nonlinear systems

    Azuma S.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E97-A 巻 ( 2 ) 頁: 452 - 458   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.E97.A.452

    Scopus

  117. Structural monostability of activation-inhibition Boolean networks 査読有り

    S. Azuma, T. Yoshida, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   2015-February 巻 ( February ) 頁: 1521 - 1526   2014年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2014.7039615

    Scopus

  118. Broadcast control of multi-agent systems with quantized measurements

    Tanaka Y.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E96-A 巻 ( 3 ) 頁: 830 - 839   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.E97.A.830

    Scopus

  119. A model-free approach for maximizing power production of wind farm using multi-resolution Simultaneous Perturbation Stochastic Approximation

    Ahmad M.

    Energies   7 巻 ( 9 ) 頁: 5624 - 5646   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/en7095624

    Scopus

  120. Identification of continuous-time Hammerstein models using Simultaneous Perturbation Stochastic Approximation 査読有り 国際共著

    M.A. Ahmad, S. Azuma, and T. Sugie

    International Conference on Control, Automation and Systems     頁: 1107 - 1111   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ICCAS.2014.6987545

    Scopus

  121. Real-time pricing based on networked estimators 査読有り

    S. Izumi, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   2015-February 巻 ( February ) 頁: 2441 - 2446   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2014.7039761

    Scopus

  122. マルチエージェントシステムの制御-V 被覆制御 招待有り 査読有り

    東 俊一

    システム/制御/情報   58 巻 ( 1 ) 頁: 36-44   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  123. A Model-free Approach to Wind Farm Control Using Simultaneous Perturbation Stochastic Approximation 査読有り 国際共著

    M.A. Ahmad, S. Azuma, and T. Sugie

    21st International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems     頁: 1352 - 1355   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  124. Stability Analysis of Boolean Networks with Partial Information 査読有り

    S. Azuma, T. Yoshida, and T. Sugie

    21st International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems     頁: 1395 - 1397   2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  125. Model free tuning of variable state of charge target of hybrid electric vehicles 査読有り 国際共著

    Ahmad M.

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   7 巻 ( PART 1 ) 頁: 789 - 793   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3182/20130904-4-JP-2042.00066

    Scopus

  126. Stabilization by controller networks 査読有り

    S. Izumi, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the American Control Conference     頁: 2276 - 2281   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  127. Design and experimental verification of power packet generation system for power packet dispatching system 査読有り

    R. Takahashi, S. Azuma, K. Tashiro, and T. Hikihara

    2013 American Control Conference     頁: 4299 - 4304   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  128. ハイブリッド自動車の燃費最適化制御器設計:同時摂動最適化によるモデルフリーアプローチ 招待有り 査読有り

    馬場,東,杉江

    計測自動制御学会論文集   49 巻 ( 9 ) 頁: 887 - 894   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  129. r-近傍通信に基づくロボットマスゲーム 招待有り 査読有り

    泉,東,杉江

    計測自動制御学会論文集   49 巻 ( 7 ) 頁: 720 - 726   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  130. 分散型電力ネットワークのマルチキャスト制御 査読有り

    竹上智己;東俊一;杉江俊治

    計測自動制御学会論文集   49 巻 ( 5 ) 頁: 529 - 536   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/sicetr.49.529

    J-GLOBAL

  131. Dynamic quantization of nonaffine nonlinear systems

    Azuma S.

    IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences   E96-A 巻 ( 10 ) 頁: 1993 - 1998   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/transfun.E96.A.1993

    Scopus

  132. Broadcast control of multi-agent systems

    Azuma S.

    Automatica   49 巻 ( 8 ) 頁: 2307 - 2316   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.automatica.2013.04.022

    Scopus

  133. An MDP approach to modeling and control of real-time pricing systems 査読有り

    K. Kobayashi, I. Maruta, K. Sakurama, and S. Azuma

    Proceedings of the SICE Annual Conference     頁: 595 - 600   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  134. Performance analysis of chemotaxis controllers 査読有り

    S. Azuma, K. Owaki, N. Shinohara, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 1411 - 1416   2013年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2013.6760080

    Scopus

  135. Optimal distributed controllers based on gradient-flow method for multi-agent coordination 査読有り

    K. Sakurama, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 2133 - 2138   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2013.6760197

    Scopus

  136. Halftone Control of Distributed Generation Networks 招待有り 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   6 巻 ( 1 ) 頁: 14 - 20   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  137. Performance Analysis of Random Dither Quantizers in Feedback Control Systems 招待有り 査読有り

    R. Morita, S. Azuma, and T. Sugie

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   6 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 27   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  138. Parameterization of all distributed controllers based on gradient-flow method for networked multi-agent systems 査読有り

    K. Sakurama, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 5465 - 5470   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2012.6426835

    Scopus

  139. Multi-agent consensus under communication-broadcast mixed environment 査読有り

    S. Azuma, Y. Tanaka, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 94 - 99   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2012.6426830

    Scopus

  140. Broadcast control of group of Markov chains 査読有り

    S. Azuma, I. Baba, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 2059 - 2064   2012年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2012.6427084

    Scopus

  141. 牧羊犬制御のモデル化 招待有り 査読有り

    東,田淵,杉江

    計測自動制御学会論文集   48 巻 ( 12 ) 頁: 882 - 888   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  142. Robotic mass games by distributed hybrid controllers 査読有り

    Izumi S.

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)     頁: 339 - 343   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3182/20120606-3-NL-3011.00043

    Scopus

  143. Stochastic source seeking by mobile robots

    Azuma S.

    IEEE Transactions on Automatic Control   57 巻 ( 9 ) 頁: 2308 - 2321   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TAC.2012.2186927

    Scopus

  144. Optimal Decentralized Sigma-Delta Modulators for Quantized Feedback Control 査読有り

    MINAMI Yuki, AZUMA Shun-ichi, SUGIE Toshiharu

    Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE (Web)   3 巻 ( 3 ) 頁: 386 - 404   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1587/nolta.3.386

    J-GLOBAL

  145. マルチエージェントシステムにおけるすべての勾配型分散制御器のパラメータ表現 査読有り

    桜間 一徳,東 俊一,杉江 俊治

    計測自動制御学会論文集   48 巻 ( 6 ) 頁: 311 - 317   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.9746/sicetr.48.311

    J-GLOBAL

  146. 量子化信号による制御 招待有り 査読有り

    東俊一

    システム/制御/情報   56 巻 ( 6 ) 頁: 302-305   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  147. Distributed Function Calculation in Switching Topology Networks 招待有り 査読有り

    M.A. Ahmad, S. Azuma, and T. Sugie

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   5 巻 ( 6 ) 頁: 342 - 348   2012年6月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  148. Fault-tolerant Control for LPV Systems Based on Fault Compensator 招待有り 査読有り

    J. Park, S. Azuma, and T. Sugie

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   5 巻 ( 5 ) 頁: 311 - 318   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  149. Dynamic quantization of nonlinear control systems

    Azuma S.

    IEEE Transactions on Automatic Control   57 巻 ( 4 ) 頁: 875 - 888   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TAC.2011.2167824

    Scopus

  150. 分散制御によるロボットマスゲーム 招待有り 査読有り

    東,泉,杉江

    システム制御情報学会論文誌   25 巻 ( 4 ) 頁: 94 - 100   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  151. 分散的パターン選択によるマルチエージェントシステムのフォーメーション制御 招待有り 査読有り

    桜間,東,杉江

    システム制御情報学会論文誌   25 巻 ( 3 ) 頁: 45 - 53   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  152. Inverse halftoning using super-resolution image processing

    Minami Y.

    IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering   7 巻 ( 2 ) 頁: 208 - 213   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tee.21717

    Scopus

  153. Fault-tolerant control for LPV systems based on fault compensator 査読有り 国際共著

    J. Park, S. Azuma, and T. Sugie

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   18 巻 ( PART 1 ) 頁: 5314 - 5319   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3182/20110828-6-IT-1002.00130

    Scopus

  154. Broadcast control of multi-agent systems 査読有り

    S. Azuma, R. Yoshimura, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 3590 - 3595   2011年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2011.6160216

    Scopus

  155. Performance analysis of random dither quantizers in feedback control systems 査読有り

    R. Morita, S. Azuma, and T. Sugie

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   18 巻 ( PART 1 ) 頁: 11296 - 11301   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3182/20110828-6-IT-1002.03430

    Scopus

  156. ゆらぎによる安定性能改善の仮説に基づいた実証実験 招待有り 査読有り

    牛田,篠原, 東,丸田,杉江

    システム制御情報学会論文誌   24 巻 ( 12 ) 頁: 281 - 286   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  157. Graphical Design Software for Dynamic Quantizers in Control Systems 招待有り 査読有り

    R. Morita, S. Azuma, Y. Minami, and T. Sugie

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   4 巻 ( 5 ) 頁: 372 - 379   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  158. マルチレート制御系の動的量子化 招待有り 査読有り

    森田,東,杉江

    システム制御情報学会論文誌   24 巻 ( 5 ) 頁: 109 - 118   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  159. Optimal dynamic quantizers for feedback control with discrete-level actuators: Unified solution and experimental evaluation

    Azuma S.

    Journal of Dynamic Systems, Measurement and Control, Transactions of the ASME   133 巻 ( 2 )   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1115/1.4002952

    Scopus

  160. Halftone Control of Distributed Generation Networks 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications     頁: 128 - 131   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  161. ODQLab: A graphical software tool to design dynamic quantizers for discrete-valued input control 査読有り

    R. Morita, Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE International Conference on Control Applications     頁: 1356 - 1361   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CCA.2010.5611134

    Scopus

  162. Nonholonomic source seeking in switching random fields 査読有り 国際共著

    S. Azuma, M. Selman Sakar, and G.J. Pappas

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 6337 - 6342   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2010.5717650

    Scopus

  163. Discrete abstraction of stochastic nonlinear systems: A bisimulation function approach 査読有り 国際共著

    S. Azuma and G.J. Pappas

    Proceedings of the 2010 American Control Conference, ACC 2010     頁: 1035 - 1040   2010年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  164. Discussion on: "Stability analysis of finite-level quantized discrete-time linear control systems"

    Azuma S.

    European Journal of Control   16 巻 ( 3 ) 頁: 272 - 274   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  165. 変調器のモデルベースド設計によるDC/ACインバータの高効率化 招待有り 査読有り

    東,吉村,杉江

    計測自動制御学会論文集   46 巻 ( 8 ) 頁: 493 - 500   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  166. Stability analysis of optimally quantised LFT-feedback systems

    Azuma S.

    International Journal of Control   83 巻 ( 6 ) 頁: 1125 - 1135   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/00207171003614831

    Scopus

  167. Optimal feedback quantizers for n-dimensional systems with discrete-valued input

    Minami Y.

    Nonlinear Analysis: Hybrid Systems   4 巻 ( 2 ) 頁: 345 - 356   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nahs.2009.06.006

    Scopus

  168. Discussion on: "Stability analysis of finite-level quantized discrete-time linear control systems" 査読有り

    S.-I. Azuma

    European Journal of Control   16 巻 ( 3 ) 頁: 272-274   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  169. Dynamic quantization for control

    Sugie T.

    Lecture Notes in Control and Information Sciences   398 巻   頁: 115-124   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-540-93918-4_11

    Scopus

  170. Lebesgue piecewise affine approximation of nonlinear systems

    Azuma S.

    Nonlinear Analysis: Hybrid Systems   4 巻 ( 1 ) 頁: 92 - 102   2010年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.nahs.2009.08.003

    Scopus

  171. An inverse halftoning algorithm based on super-resolution image reconstruction 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the SICE Annual Conference     頁: 1110 - 1113   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  172. Discrete abstraction of stochastic nonlinear systems: A bisimulation function approach 査読有り

    S.-I. Azuma; G.J. Pappas

    Proceedings of the 2010 American Control Conference, ACC 2010     頁: 1035-1040   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  173. An analytical solution to dynamic quantization problem of nonlinear control systems 査読有り

    S. Azuma and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 3914 - 3919   2009年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2009.5400881

    Scopus

  174. Dynamic quantizers for SIMO control systems with unstable zeros: A multirate-sampling based approach 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    ICCAS-SICE 2009 - ICROS-SICE International Joint Conference 2009, Proceedings     頁: 4388 - 4392   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  175. Optimal decentralized dynamic quantizers for discrete-valued input control: A closed form solution and experimental evaluation 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the American Control Conference     頁: 4367 - 4372   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ACC.2009.5160297

    Scopus

  176. Multi-pendulum synchronization using constrained agreement protocols 査読有り 国際共著

    R. Chipalkatty, M. Egerstedt, and S. Azuma

    2009 2nd International Conference on Robot Communication and Coordination, RoboComm 2009     頁: Paper No. 5834   2009年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  177. 非線形システムに対するモデルマッチング量子化 招待有り 査読有り

    東,杉江

    計測自動制御学会論文集   45 巻 ( 7 ) 頁: 356 - 360   2009年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  178. Multirate-sampling Dynamic Quantizers for Non-minimum Phase Linear Control Systems 招待有り 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration   2 巻 ( 4 ) 頁: 229 - 235   2009年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  179. Dynamic quantizers for SIMO control systems with unstable zeros: A multirate-sampling based approach 査読有り

    Y. Minami; S.-I. Azuma; T. Sugie

    ICCAS-SICE 2009 - ICROS-SICE International Joint Conference 2009, Proceedings     頁: 4388-4392   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  180. Multi-Pendulum Synchronization Using Constrained Agreement Protocols 査読有り

    Rahul Chipalkatty, Magnus Egerstedt, Shun-ichi Azuma

    Second International Conference on Robot Communication and Coordination, Paper No. 5834     頁: .   2009年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  181. Stability analysis of quantized feedback systems including optimal dynamic quantizers 査読有り

    S. Azuma and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 3392 - 3397   2008年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2008.4738662

    Scopus

  182. Controllability analysis of biosystems based on piecewise-affine systems approach

    Azuma S.

    IEEE Transactions on Automatic Control   53 巻 ( SPECIAL ISSUE ) 頁: 139 - 152   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TAC.2007.911316

    Scopus

  183. Optimal dynamic quantizers for 2D systems with discrete-valued input and its application to generati 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    17th IFAC World Congress   17 巻 ( 1 PART 1 ) 頁: 12498 - 12503   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.3182/20080706-5-KR-1001.1836

    Scopus

  184. 制御のための動的量子化器開発ソフトウェアと実験検証 招待有り 査読有り

    東,森田,南,杉江

    システム制御情報学会論文誌   21 巻 ( 12 ) 頁: 408 - 416   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  185. Synthesis of optimal dynamic quantizers for discrete-valued input control

    Azuma S.

    IEEE Transactions on Automatic Control   53 巻 ( 9 ) 頁: 2064 - 2075   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TAC.2008.929400

    Scopus

  186. Optimal design of decentralized dynamic quantizers for control with discrete-valued signals

    Minami Y.

    Proceedings - International Conference on Informatics Education and Research for Knowledge-Circulating Society, ICKS 2008     頁: 165-168   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/ICKS.2008.21

    Scopus

  187. Optimal dynamic quantizers for discrete-valued input control

    Azuma S.

    Automatica   44 巻 ( 2 ) 頁: 396 - 406   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.automatica.2007.06.012

    Scopus

  188. 離散値入力型2Dシステムのための最適動的量子化器と2値ハーフトーン画像生成への応用 招待有り 査読有り

    南,東,杉江

    計測自動制御学会論文集   44 巻 ( 1 ) 頁: 52 - 60   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  189. Optimal Dynamic Quantizers for 2D Systems with Discrete-Valued Input and Its Application to Generation of Binary Halftone Images 査読有り

    Yuki Minami, Shun-ichi Azuma, Toshiharu Sugie

    17th IFAC World Congress, pp. 12498--12503     頁: .   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  190. Linear programming based optimal dynamic quantizer synthesis for discrete-valued input control 査読有り

    S. Azuma and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 2253 - 2258   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2007.4434007

    Scopus

  191. Discrete-valued input control of crane systems using optimal dynamic quantizers 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the SICE Annual Conference     頁: 1228 - 1235   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/SICE.2007.4421172

    Scopus

  192. On-line optimization of switched-mode systems: Algorithms and convergence properties 査読有り

    Y. Wardi, X.C. Ding, M. Egerstedt, and S. Azuma

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 5005 - 5010   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2007.4434056

    Scopus

  193. On-line optimization of switched-mode hybrid dynamical systems 査読有り 国際共著

    Y. Wardi, X.C. Ding, and S. Azuma

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4416 LNCS 巻   頁: 771 - 774   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  194. An optimal dynamic quantizer for feedback control with discrete-valued signal constraints 査読有り

    Y. Minami, S. Azuma, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 2259 - 2264   2007年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2007.4434167

    Scopus

  195. An optimal dynamic quantization scheme for control with discrete-valued input 査読有り

    S. Azuma and T. Sugie

    Proceedings of the American Control Conference     頁: 3578 - 3581   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/ACC.2007.4282140

    Scopus

  196. 離散値入力型制御のための最適動的量子化器の安定性 招待有り 査読有り

    東,杉江

    計測自動制御学会論文集   43 巻 ( 12 ) 頁: 1136 - 1143   2007年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  197. Polynomial-time probabilistic observability analysis of sampled-data piecewise affine systems 査読有り

    Azuma S.

    Systems and Control Letters   56 巻 ( 11-12 ) 頁: 685 - 694   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.sysconle.2007.06.005

    Scopus

  198. Polynomial-time probabilistic controllability analysis of discrete-time piecewise affine systems 査読有り

    Azuma S.

    IEEE Transactions on Automatic Control   52 巻 ( 11 ) 頁: 2029 - 2046   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1109/TAC.2007.908308

    Scopus

  199. 離散値入力型フィードバック制御における最適動的量子化器 招待有り 査読有り

    南,東,杉江

    計測自動制御学会論文集   43 巻 ( 3 ) 頁: 227 - 233   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  200. 離散値入力型制御における最適動的量子化器 招待有り 査読有り

    東,杉江

    システム制御情報学会論文誌   20 巻 ( 3 ) 頁: 122 - 129   2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  201. On-line optimization of switched-mode hybrid dynamical systems 査読有り

    Y. Wardi; X.C. Ding; S.-I. Azuma

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   4416 LNCS 巻   頁: 771-774   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  202. Polynomial-time randomized algorithm for controllability analysis of piecewise affine systems

    Azuma S.

    IFAC Proceedings Volumes (IFAC-PapersOnline)   5 巻 ( PART 1 ) 頁: 620-625   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

  203. Lebesgue piecewise affine approximation of nonlinear systems and its application to hybrid system modeling of biosystems 査読有り

    S. Azuma, J. Imura, and T. Sugie

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control     頁: 2128 - 2133   2006年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  204. Optimal timing control of switched linear systems based on partial information 査読有り

    Egerstedt M.

    Nonlinear Analysis, Theory, Methods and Applications   65 巻 ( 9 ) 頁: 1736 - 1750   2006年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.na.2005.07.045

    Scopus

  205. Output-based optimal timing control of switched systems 査読有り 国際共著

    S. Azuma, M. Egerstedt, and Y. Wardi

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   3927 LNCS 巻   頁: 64 - 78   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1007/11730637_8

    Scopus

  206. Synthesis of optimal controllers for piecewise affine systems with sampled-data switching 査読有り

    Azuma S.

    Automatica   42 巻 ( 5 ) 頁: 697 - 710   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.automatica.2005.12.023

    Scopus

  207. Role Assignment in Multi-agent Coordination 招待有り 査読有り

    M. Ji, S. Azuma, and M. Egerstedt

    International Journal of Assistive Robotics and Mechatronics   7 巻 ( 1 ) 頁: 32 - 40   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  208. Probabilistic Controllability Analysis of Piecewise Affine Systems 査読有り

    Shun-ichi Azuma, Jun-ichi Imura

    2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications, pp. 267--270     頁: 267 - 270   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  209. Polynomial-Time Randomized Algorithm for Controllability Analysis of Piecewise Affine Systems 査読有り

    Shun-ichi Azuma, Jun-ichi Imura

    5th IFAC Symposium on Robust Control Design     2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  210. Probabilistic Approach to Controllable State Set Problem of Hybrid Systems and Its Application to Luminescence Bacterium 査読有り

    Shun-ichi Azuma, Eriko Yanagisawa, Jun-ichi Imura

    17th International Symposium on Mathematical Theory of Networks and Systems, pp. 375--380     頁: 375 - 380   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  211. Polynomial-time probabilistic observability analysis of sampled-data piecewise affine systems 査読有り

    S. Azuma and J. Imura

    Proceedings of the 44th IEEE Conference on Decision and Control, and the European Control Conference, CDC-ECC '05   2005 巻   頁: 6644 - 6649   2005年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1109/CDC.2005.1583229

    Scopus

  212. Probabilistic controllability analysis of hybrid systems and its application to luminescence bacterium vibrio fischeri 査読有り

    E. Yanagisawa, S. Azuma, and J. Imura

    Proceedings of the SICE Annual Conference     頁: 3449 - 3453   2005年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  213. Controllability Analysis for Gene Regulation Networks and Its Application to Luminescence Bacterium 査読有り

    E. Yanagisawa, S. Azuma, and J. Imura

    Algebraic Biology 2005 -- Computer Algebra in Biology     頁: 51 - 60   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  214. A probabilistic approach to controllability/reachability analysis of hybrid systems 査読有り

    S. Azuma and J. Imura

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   1 巻   頁: 485 - 490   2004年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  215. Probabilistic controllability analysis of sampled-data/discrete-time piecewise affine systems 査読有り

    S. Azuma and J. Imura

    Proceedings of the American Control Conference   3 巻   頁: 2528 - 2533   2004年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  216. サンプル値/離散時間区分的アファインシステムの確率的可制御性解析 招待有り 査読有り

    東,井村

    計測自動制御学会論文集   40 巻 ( 7 ) 頁: 703 - 712   2004年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  217. Optimal Control of Sampled-Data Piecewise Affine Systems and Its Application to CPU Processing Control 査読有り

    S. Azuma and J. Imura

    Proceedings of the IEEE Conference on Decision and Control   1 巻   頁: 161 - 166   2003年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Scopus

  218. サンプル値区分的アファインシステムの最適制御とCPUの高速・省電力化制御への応用 招待有り 査読有り

    東,井村

    計測自動制御学会論文集   39 巻 ( 10 ) 頁: 933 - 941   2003年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  219. サンプル値区分的アファインシステムの可制御性 招待有り 査読有り

    東,井村

    計測自動制御学会論文集   39 巻 ( 5 ) 頁: 469 - 478   2003年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  220. Controllability of Sampled-data Piecewise Affine Systems 査読有り

    S. Azuma and J. Imura

    IFAC Conference on Analysis and Design of Hybrid Systems     頁: 129 - 134   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

書籍等出版物 7

  1. 次世代電力システム設計論:再生可能エネルギーを活かす予測と制御の調和

    井村 順一 編著、原 辰次 編著( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 4.5節 デマンドレスポンスの実施診断)

    オーム社  2019年11月  ( ISBN:978-4-274-50753-3

     詳細を見る

    総ページ数:440   担当ページ:7   記述言語:日本語

  2. 分子ロボティクス概論 ~分子のデザインでシステムをつくる

    分子ロボティクス研究会 (著), 村田 智 (編集)( 範囲: 化学反応ネットワークの設計)

    CBI学会出版  2019年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:312   担当ページ:2   記述言語:日本語

  3. Emerging Applications of Control and Systems Theory 国際共著

    R. Tempo, S. Yurkovich, and P. Misra (Eds.)( 範囲: Design Theory of Distributed Controllers via Gradient-flow Approach)

    Springer  2018年2月  ( ISBN:978-3319670676

     詳細を見る

    総ページ数:418   担当ページ:9   記述言語:英語 著書種別:学術書

  4. 倒立振子で学ぶ制御工学

    川田 昌克, 東 俊一, 市原 裕之, 浦久保 孝光, 大塚 敏之, 甲斐 健也, 國松 禎明, 澤田 賢治, 永原 正章, 南 裕樹( 担当: 共著)

    森北出版  2017年  ( ISBN:9784627792210

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  5. 6th IFAC Workshop on Distributed Estimation and Control in Networked Systems (NECSYS 2016) : Tokyo, Japan 8-9 September 2016

    ( 担当: 共著)

    Elsevier  2017年  ( ISBN:9781510832336

     詳細を見る

    記述言語:英語

    CiNii Books

  6. マルチエージェントシステムの制御

    東 俊一, 永原 正章, 石井 秀明, 林 直樹, 桜間 一徳, 畑中 健志( 担当: 共著)

    コロナ社  2015年  ( ISBN:9784339033229

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  7. ハイブリッドシステムの制御

    井村 順一, 東 俊一, 増淵 泉( 担当: 共著)

    コロナ社  2014年  ( ISBN:9784339033205

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

▼全件表示

MISC 19

  1. ハイブリッドシステム:連続と離散をつなぐシステム科学

    東,小林  

    電子情報通信学会誌105 巻 ( 2 )   2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  2. 電力のパケット化と制御

    東,高橋  

    計測と制御60 巻 ( 1 ) 頁: 39 - 46   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  3. Pythonによるマルチエージェントシステムの解析と制御

    永原,東  

    システム/制御/情報65 巻 ( 7 )   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  4. 不確実な予測情報で精密なシステム制御を実現する技術

    南,東  

    月刊JETI69 巻 ( 6 ) 頁: 49 - 52   2021年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語  

  5. 微生物の走化性をつかさどる制御器の性能解析

    東  

    計測と制御58 巻 ( 4 ) 頁: 258 - 263   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  6. デマンドレスポンスの実施診断:スパース再構成による契約量未達参加者の検出

    東  

      13 巻 ( 3 ) 頁: 231 - 238   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  7. Pseudo-perturbation-based Broadcast Control of Multi-agent Systems

    Y. Ito, M.A.S Kamal, T. Yoshimura, and S. Azuma  

    arXiv   頁: 1805.07846   2018年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

  8. ネットワークシステムの構造的安定性解析:21世紀のロバスト制御に向けて

    東  

    計測と制御55 巻 ( 11 ) 頁: 930 - 935   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  9. ランダマイズド制御

    東  

    システム/制御/情報60 巻 ( 5 ) 頁: 181 - 186   2016年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  10. ブロードキャスト信号によるマルチエージェントシステムの制御

    東  

    計測と制御53 巻 ( 12 ) 頁: 1093 - 1098   2014年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  11. マルチエージェントシステムの制御-V 被覆制御

    東  

    システム/制御/情報58 巻 ( 1 ) 頁: 36 - 44   2014年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  12. マルチエージェントシステムの制御-導入と準備

    東,永原  

    システム/制御/情報57 巻 ( 5 ) 頁: 207 - 210   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  13. 量子化信号による制御

    東  

    システム/制御/情報56 巻 ( 6 ) 頁: 302 - 305   2012年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  14. 離散値入力型制御系の実践的設計法:動的量子化器を用いたアプローチ

    東  

    システム/制御/情報55 巻 ( 11 ) 頁: 465 - 472   2011年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  15. ハーフトーン画像処理:画像の量子化による情報圧縮

    南,東,杉江  

    計測と制御49 巻 ( 11 ) 頁: 808 - 813   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  16. 量子化制御:物理と情報をつなぐ新技術

    杉江,東  

    計測と制御49 巻 ( 11 ) 頁: 771 - 775   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  17. 離散値入力フィードバック制御のための動的量子化器

    東  

    計測と制御49 巻 ( 11 ) 頁: 795 - 800   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  18. ハイブリッドシステムの制御-III 解析手法

    岩谷,東  

    システム/制御/情報51 巻 ( 9 ) 頁: 417 - 423   2007年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  19. ハイブリッドシステムの制御-I 総論

    井村,東  

    システム/制御/情報51 巻 ( 5 ) 頁: 230 - 237   2007年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等 97

  1. 可制御性グラミアンのデータ駆動型感度解析

    坂野 幾海 ,東 俊一 ,有泉 亮 ,浅井 徹,井村 順一 (東京工業大学)

    第64回 自動制御連合講演会  2021年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  2. コンセンサスネットワークにおけるフィードバック頂点集合の特徴付け

    杉山 大輝 ,東 俊一 ,有泉 亮 ,浅井 徹

    第64回 自動制御連合講演会  2021年11月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  3. 古典的条件づけ素子からなるネットワークとその学習

    髙倉 大 ,東 俊一 ,有泉 亮 ,浅井 徹

    第64回 自動制御連合講演会  2021年11月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  4. あるクラスの合意ネットワークに対してパラメータ推定が可能であるためのネットワーク構造に基づく必要条件

    山川 雅文 ,浅井 徹 ,有泉 亮 ,東  俊一

    第64回 自動制御連合講演会  2021年11月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  5. 雑音環境下における可制御性グラミアンの高精度データ駆動推定

    辻啓太郎,東俊一,坂野幾海,有泉亮,浅井徹,井村順一(東京工業大学)

    第5回分子ロボティクス年次大会  2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  6. 出力可制御性グラミアンのデータ駆動型最大化

    坂野幾海,東俊一,有泉亮,浅井徹,井村順一(東京工業大学)

    第5回分子ロボティクス年次大会  2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  7. 古典的条件づけ素子からなるネットワークとその学習

    髙倉大,東俊一,有泉亮,浅井徹

    第5回分子ロボティクス年次大会  2021年11月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  8. 雑音環境下における可制御性グラミアンの高精度データ駆動推定

    辻啓太郎,東俊一,坂野幾海,有泉亮,浅井徹,井村順一(東京工業大学)

    SICE中部支部シンポジウム&若手研究発表会 2021  2021年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  9. 未知環境におけるマルチエージェントシステムによる空間重要度の推定

    池⽥淳志,東俊⼀,有泉亮,浅井徹

    SICE中部支部シンポジウム&若手研究発表会 2021  2021年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  10. マルチホッピングローバーシステムの合意制御:確率収束性の証明

    武隈俊太郎,東俊一,有泉亮,浅井徹

    SICE中部支部シンポジウム&若手研究発表会 2021  2021年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  11. 2車線交通環境における追い越し制御

    松原宏和,東 俊一,有泉 亮,浅井 徹

    SICE中部支部シンポジウム&若手研究発表会 2021  2021年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  12. 出力可制御性グラミアンのデータ駆動型最大化

    坂野幾海,東俊一,有泉亮,浅井徹,井村順一(東京工業大学)

    SICE中部支部シンポジウム&若手研究発表会 2021  2021年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  13. コンセンサスネットワークにおけるフィードバック頂点集合の特徴付け

    杉山大輝,東 俊一,有泉 亮,浅井 徹

    SICE中部支部シンポジウム&若手研究発表会 2021  2021年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  14. 古典的条件づけ素子からなるネットワークとその学習

    高倉大,東 俊一,有泉 亮,浅井 徹

    SICE中部支部シンポジウム&若手研究発表会 2021  2021年10月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  15. Control of Multi-agent Systems with Python 招待有り 国際会議

    Tutorial of SICE Annual Conference 2021  2021年9月7日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:online   国名:日本国  

  16. 経路積分に基づく直接方策改善法による強化学習における温度パラメータの自動調整

    中野 裕康,有泉 亮,浅井 徹,東 俊一

    第65回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’21)  2021年5月28日  一般社団法人システム制御情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  17. 受動関節を有するヘビ型ロボットの経路追従制御および受動関節の制御

    榊原 和則,有泉 亮,東 俊一,浅井 徹

    第65回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’21)  2021年5月28日  一般社団法人システム制御情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  18. 固定された速度を有するビークル群の合意制御

    杉山 大輝,東 俊一,有泉 亮,浅井 徹

    第65回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’21)  2021年5月27日  一般社団法人システム制御情報学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  19. リカッチ方程式のデータ駆動型解法における可解条件

    坂野,東,有泉,浅井

    第8回制御部門マルチシンポジウム  2021年3月4日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  20. 周期的線形時変システムに対する時不変状態フィードバック安定化制御器のLMIに基づく設計法

    堺,浅井,有泉,東

    第8回制御部門マルチシンポジウム  2021年3月4日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  21. 参加者のグループ化に基づくデマンドレスポンスの実施診断

    許,東,小林,山口,有泉,浅井

    第8回制御部門マルチシンポジウム  2021年3月2日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  22. 入力の更新周期を制限した閉ループ内のサブシステムに対するデータ駆動受動性推定手法 国際共著

    種村,東,白井,畑中

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月22日  計測自動制御学会(幹事学会),システム制御情報学会,日本機械学会,化学工学会,精密工学会,電気学会,日本航空宇宙学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  23. Detection of Defaulting Participant in Demand Response Based on Evaluation of Default Possibility 国際共著

    2020年11月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  24. 未知システムに対する確率的スパースイベントトリガード制御

    坂野,東,有泉,浅井

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月21日  計測自動制御学会(幹事学会),システム制御情報学会,日本機械学会,化学工学会,精密工学会,電気学会,日本航空宇宙学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  25. ブロックスパース最適化による最大休止制御

    岩田,東,有泉,浅井

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月21日  計測自動制御学会(幹事学会),システム制御情報学会,日本機械学会,化学工学会,精密工学会,電気学会,日本航空宇宙学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  26. フィードバック制御システムにおける一般化ランダムディザ量子化器の性能解析

    多賀,東,有泉,浅井

    第63回自動制御連合講演会  2020年11月21日  計測自動制御学会(幹事学会),システム制御情報学会,日本機械学会,化学工学会,精密工学会,電気学会,日本航空宇宙学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  27. ブロックスパース最適化に基づく多入力系に対する最大休止制御

    岩田,東,有泉,浅井

    SICE中部支部シンポジウム & 若手研究発表会2020  2020年11月16日  計測自動制御学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  28. 未知システムに対する確率的スパースイベントトリガード制御

    坂野,東,有泉,浅井

    SICE中部支部シンポジウム & 若手研究発表会2020  2020年11月16日  計測自動制御学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  29. デマンドレスポンスの実施診断:ブロックスパース性と未達可能性を活用した異常診断 国際共著

    許,東,有泉,浅井

    SICE中部支部シンポジウム & 若手研究発表会2020  2020年11月16日  計測自動制御学会中部支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン   国名:日本国  

  30. Structural Stability Analysis of Boolean Networks 招待有り 国際会議

    Shunichi Azuma

    Prestigious TELI seminar series of Beijing Institute of Technology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:中華人民共和国  

  31. データ駆動型受動性推定における収束性の改善

    飯島,種村,東,千田

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月5日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  32. 油圧シリンダ系のモデリングと解析 ~等速運動の安定性~

    高村,浅井,西田,玉瀬,森田,有泉,東

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月5日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  33. 未知システムに対するデータ駆動型イベントトリガード制御

    坂野,東,有泉,浅井

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月5日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  34. 蛇腹式空気圧アクチュエータとその位置決め制御

    中村,浅井,有泉,東

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月4日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  35. Filtered-DXHSアルゴリズムによる制振制御系の安定性解析

    古澤,浅井,有泉,東

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月4日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  36. 直動関節をもつヘビ型ロボットの頭部軌道追従制御

    原田,有泉,田中,浅井,東

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月4日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  37. 周期的線形時変システムに対する周期時変状態フィードバック安定化制御器のLMIに基づく設計法

    堺,浅井,有泉,東

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月3日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  38. デマンドレスポンスの実施診断:ブロックスパース性を利用した時変未達率を有する異常参加者の検出 国際共著

    許,東,小林,山口,有泉,浅井

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月3日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  39. Necessary Condition on Model Matching for Time Varying Parameter Dependent MIMO Reference Models 国際共著

    H. Sun, T. Asai, R. Ariizumi, and S. Azuma

    第7回制御部門マルチシンポジウム  2020年3月3日  公益社団法人 計測自動制御学会 制御部門

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:徳島大学   国名:日本国  

    その他リンク: http://mscs2020.sice-ctrl.jp/

  40. マルチエージェントシステムの制御:IoT時代の制御理論 招待有り

    東 俊一

    日本鉄鋼協会 制御技術教育講座  2020年2月6日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  41. ネットワークシステムの構造的安定性 招待有り

    東 俊一

    京都大学ウイルス再生研究所理論生物学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学ウイルス再生研2号館 (旧ウイルス研本館)1階セミナー室(104)   国名:日本国  

  42. ネットワークシステムの構造的安定性 招待有り

    東 俊一

    真なるダイナミクスの追求による次世代システム制御理論調査研 究委員会第1 回講演会「次世代システム制御理論への挑戦」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京理科大学神楽坂キャンパス 3号館2階321教室   国名:日本国  

  43. 電力パケットネットワークにおける動的システムの制御 招待有り

    東 俊一

    ,2019 年電子情報通信学会総合大会チュートリ アルセッション「エネルギーの通信」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:早稲田大学 西早稲田キャンパス   国名:日本国  

  44. 制御工学 招待有り

    東 俊一

    機械学会東海支部第139 回講習会「四力+制御」にもう一度チャレンジし基礎力を高める講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋大学 ベンチャービジネスホール(VBL)   国名:日本国  

  45. マルチエージェントシステムのブロードキャスト制御:確率的制御器による大規模システムの機能発現 招待有り

    東 俊一

    計測自動制御学会システムインテグレーション部門スワームシステム部会講演会  2018年11月26日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:小樽商科大学札幌サテライト   国名:日本国  

  46. マルチエージェントシステムの制御:IoT 時代の制御理論 招待有り

    東 俊一

    トヨタ自動車株式会社 群体数理技術検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:ミッドランドスクエア   国名:日本国  

  47. 21世紀のシステム制御工学 招待有り

    東 俊一

    第56回東山会関西支部講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪コロナホテル   国名:日本国  

  48. マルチエージェントシステムの制御:IoT時代の制御理論 招待有り

    東 俊一

    先端知能機械情報学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京大学 大学院情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻   国名:日本国  

  49. マルチエージェントシステムの制御 招待有り

    東 俊一

    電子情報通信学会2017年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京都市大学 世田谷キャンパス   国名:日本国  

  50. 量子化制御 招待有り

    東 俊一

    第4回制御部門マルチシンポジウム ワークショップ「IoTのための制御と信号処理」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山大学津島キャンパス   国名:日本国  

  51. ディーゼルエンジン吸排気系制御のためのパワー収支に基づくタービン回転数のモデリング

    中村 敏之, 浅井 徹, 白井 隼人, 仲田 勇人, 早川 義一, 有泉 亮, 東 俊一

    自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  52. モデル予測型デマンドレスポンスの価値評価

    宮崎 公大, 小林 孝一, 東 俊一, 山口 順之, 山下 裕

    自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  53. フィードフォワード系のための最適なスパースモジュレータ

    Wang Hao, 東 俊一, 浅井 徹, 有泉 亮

    自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  54. マルチエージェントシステムの制御:IoT時代の制御理論 招待有り

    東 俊一

    システム制御研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:村田機械株式会社   国名:日本国  

  55. マルチエージェントシステムの制御:IoT時代の制御理論 招待有り

    東 俊一

    第25回計測自動制御学会中国支部学術講演会 チュートリアル講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:広島大学   国名:日本国  

  56. 量子化制御 招待有り

    東 俊一

    2016年高信頼制御通信研究会チュートリアルイベント 「IoT 時代の制御通信塾:物理と情報をつなぐ新技術」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:メルパルク京都   国名:日本国  

  57. 被覆制御 招待有り

    東 俊一

    SICEセミナー「マルチエージェントシステムの制御:IoT時代の制御理論」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北陸先端科学技術大学院大学 東京サテライト   国名:日本国  

  58. 量子化観測を伴う移動ロボットシステムのランデブー制御 : ディザを用いた制御と性能解析

    井上 大輔, 東 俊一, 杉江 俊治

    システム制御情報学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  59. マルチエージェントシステムのブロードキャスト制御:確率的制御器による大規模システムの機能発現 招待有り

    東 俊一

    日本鉄鋼協会 計測・制御・システム工学部会シンポジウム 「オペ操業支援のための最先端制御技術」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸国際会館   国名:日本国  

  60. グラフ信号のΔΣ変換

    芋田 総之, 東 俊一, 北尾 太市, 杉江 俊治

    システム制御情報学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    CiNii Article

  61. 被覆制御 招待有り 国際会議

    東 俊一

    第3回計測自動制御学会 制御部門マルチシンポジウム ワークショップ1 マルチエージェントシステムの制御― IoT/CPS 時代の制御理論 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:南山大学名古屋キャンパス   国名:日本国  

  62. マルチエージェントディスプレイ 招待有り

    東 俊一

    京都大学デザインスクール産学交流イベント 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都大学デザインイノベーション拠点   国名:日本国  

  63. ネットワーク化単調システムの安定性解析

    井上 大輔, 東 俊一, 杉江 俊治

    自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    <p>本研究では,単調システムと呼ばれるクラスのシステムが,ネットワークで相互に接続されたときの安定性を解析する.筆者らは,カクタスグラフと呼ばれる構造を取り上げ,結合システムが大域的漸近安定平衡点をもつための十分条件を与えた.得られた結果を用いることで,遺伝子制御ネットワークなどの安定性を解析できるようになると期待される.</p>

    CiNii Article

  64. 消費電力量の変化の不変性に基づいた電力需要モデリング

    佐藤 一宏, 東 俊一

    自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    <p>我々は大規模な需要家集団の消費電力量の変化に不変性が存在することを見い出した。本論文は、その不変性に基づき電力需要の数学モデルを構築する。</p>

    CiNii Article

  65. カクタスブーリアンネットワークの構造的双安定性

    久禮 俊晃, 東 俊一, 杉江 俊治

    自動制御連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    <p>カクタス構造を持つブーリアンネットワークが、個々のダイナミクスによらず双安定となる構造の必要十分条件を導いた.</p>

    CiNii Article

  66. マルチエージェントシステムの制御:(4) 被覆制御 招待有り

    東 俊一

    電子情報通信学会2014年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東北大学 川内北キャンパス   国名:日本国  

  67. Broadcast Control of Multi-Agent Systems: A Key Technology for Cyber-Physical Systems 招待有り 国際会議

    東 俊一

    3rd IEEE International Conference on Cyber-Physical Systems, Networks, and Applications 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  68. 制御工学と生物システム 招待有り

    東 俊一

    大阪大学・生命機能数理モデル検討会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪大学 吹田キャンパス   国名:日本国  

  69. 大腸菌とゾウリムシ,どちらが優れた走化性制御器を持つのか? 招待有り 国際会議

    東 俊一

    第2回制御部門マルチシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  70. 21pm3-PM026 遺伝子ネットワークのネットワーク構造とダイナミクス多様性

    吉田 卓弘, 東 俊一, 杉江 俊治

    一般社団法人日本機械学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

    Gene regulatory networks are known to be specified by the combination of the network structure and the component dynamics, and it is important to clarify how the whole dynamics depends on the network structure or on the component dynamics. In this paper, we disclose the relationship between the network structure and the variety of the whole dynamics. In particular, we consider here Boolean networks and present an upper bound of the variety of dynamics, characterized by the network topology.

    CiNii Article

  71. リアルタイムプライシングの設計原理:II 抽選型自動デマンドレスポンス 招待有り

    東 俊一

    電子情報通信学会2014年ソサイエティ大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島大学 常三島キャンパス   国名:日本国  

  72. Which has a better chemotaxis controller, E. coli or Paramecium? 招待有り

    東 俊一

    Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  73. マルチエージェントシステムのブロードキャスト制御 招待有り

    東 俊一

    「制御工学」先端・先進研究交流会:先端研究紹介と応用への将来展望 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:トヨタ自動車株式会社 東富士研究所   国名:日本国  

  74. マルチエージェントシステムのブロードキャスト制御: 確率的制御器による大規模システムの機能発現 招待有り

    東 俊一

    第57回システム制御情報学会研究発表講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫県民会館   国名:日本国  

  75. Broadcast Control of Multi-Agent Systems 招待有り 国際会議

    東 俊一

    Joint CSS-Graduate School of Informatics, Kyoto U. Workshop on Systems and Control 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kyoto University   国名:日本国  

  76. 量子化制御:物理と情報をつなぐ新技術 招待有り

    東 俊一

    富士通研究所 研究交流会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:富士通株式会社 本店・川崎工場   国名:日本国  

  77. 最近のチャレンジ (ラウンドテーブルディスカッション) 招待有り

    東 俊一

    第41回制御理論シンポジウム「制御理論研究者の夢と未来」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:IPC生産性国際交流センター   国名:日本国  

  78. 量子化制御 II:動的量子化器の設計

    東 俊一

    京都大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻「応用ハイブリッドシステム工学」講義 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:京都大学 桂キャンパス   国名:日本国  

  79. 量子化制御 I:量子化制御の基礎

    東 俊一

    京都大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻「応用ハイブリッドシステム工学」講義 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:京都大学 桂キャンパス   国名:日本国  

  80. 量子化制御:物理システムと情報システムをつなぐ技術 招待有り

    東 俊一

    住友金属工業株式会社 懇話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:住友金属工業 総合技術研究所   国名:日本国  

  81. 量子化制御理論による生物システムの解析:大腸菌の走化性を例にして 招待有り

    東 俊一

    2012年 電子情報通信学会 総合大会 依頼シンポジウム「数理的手法を用いたバイオロジー」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山大学   国名:日本国  

  82. 量子化制御:物理と情報をつなぐ新技術 招待有り

    東 俊一

    2011年度 第3回 高信頼制御通信研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:奈良県新公会堂   国名:日本国  

  83. Broadcast Control of Multi-Agent Systems 招待有り 国際会議

    S. Azuma

    Symposium on Developments in Control Theory towards Glocal Control: In Honor of Shinji Hara on the Occasion of His 60th Birthday 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. 量子化制御:物理と情報をつなぐ新技術 招待有り

    東 俊一

    「制御工学」先端・先進研究交流会 ―先端研究紹介と応用への将来展望― 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:トヨタ自動車株式会社 東富士研究所   国名:日本国  

  85. 量子化制御:物理と情報をつなぐ新技術 招待有り

    東 俊一

    日本学術振興会 プロセスシステム工学第143委員会 平成23年度第3回研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:キャンパス・イノベーションセンター東京   国名:日本国  

  86. 量子化制御:物理と情報をつなぐ新技術 招待有り

    東 俊一

    パイオニア賞受賞記念講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:琉球大学 千原キャンパス   国名:日本国  

  87. 量子化制御:物理と情報をつなぐ新技術 招待有り

    東 俊一

    IEEE Circuits and Systems Society, Kansai Chapter 技術講演会 ハイブリッドシステムとその応用 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:大阪大学 豊中キャンパス   国名:日本国  

  88. 量子化制御:物理と情報をつなぐ新技術 招待有り

    東 俊一

    計測自動制御学会 中国支部 講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:岡山県立大学   国名:日本国  

  89. 量子化制御 II:動的量子化器の設計 招待有り

    東 俊一

    京都大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻「応用ハイブリッドシステム工学」講義 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学 桂キャンパス   国名:日本国  

  90. 量子化制御 I:量子化制御の基礎 招待有り

    東 俊一

    京都大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻「応用ハイブリッドシステム工学」講義 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都大学 桂キャンパス   国名:日本国  

  91. 量子化制御:動的量子化器によるアプローチ 招待有り

    東 俊一

    計測自動制御学会 北陸支部 講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北陸先端科学技術大学院大学   国名:日本国  

  92. ハイブリッドシステム:制御工学の視点から 招待有り

    東 俊一

    第三回ハイブリッドシステムワークショップ(合原研究室主催) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京大学 生産技術研究所   国名:日本国  

  93. 離散値入力型制御のための動的量子化器:最適設計とその応用 招待有り

    東 俊一

    RACOT研究会(計測自動制御学会 九州支部 制御理論と応用に関する研究会) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州工業大学天神サテライトキャンパスkyutechプラザ   国名:日本国  

  94. 粗い信号で精密な制御:動的量子化器の最適化からのアプローチ 招待有り

    東 俊一

    Advanced Theory and Application of Control Systems 2008 (ATACS2008) 特別講演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:国立オリンピック記念青少年総合センター   国名:日本国  

  95. Optimal Dynamic Quantizers for Discrete-Valued Input Control 招待有り 国際会議

    東 俊一

    Global COE Workshop on Networked Control Systems 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Kyoto Univ.   国名:日本国  

  96. 離散値入力型制御における最適動的量子化器 招待有り

    東 俊一

    計測自動制御学会 中部支部 第3回 制御理論ワーキングセミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:名古屋工業大学   国名:日本国  

  97. Closed-Loop Data-Driven Estimation on Passivity Property

    Tanemura Masaya, Azuma Shun-ichi

    2019 3RD IEEE CONFERENCE ON CONTROL TECHNOLOGY AND APPLICATIONS (IEEE CCTA 2019)  2019年 

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. リアルタイムプライシングの設計原理

    2013年4月 - 2015年3月

    東 俊一

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    電力価格をリアルタイムに変動させ、電力の需給バランスを改善することを「リアルタイムプライシング」といいます。本研究では、リアルタイムプライシングが需給バランスを観測量、電力料金を制御入力とするフィードバック制御であることに着目し、フィードバック制御理論に基づくリアルタイムプラインシングの設計原理を確立します。特に、リアルタイムプライシングの理想的なシナリオを動的システムの集合としてモデル化することを目指します。

科研費 16

  1. デマンドレスポンスの実施診断:性能10倍への挑戦とオンデマンド情報取得学の創成

    研究課題/研究課題番号:21H04558  2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

    東 俊一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:34970000円 ( 直接経費:26900000円 、 間接経費:8070000円 )

    スマートグリッドにおいて全てのスマートメーターを検針することなく、必要な時に一部のセンサから価値ある少数のデータを集める手法の確立により、検針回数を従来の1/10に削減することを目指す。多数センサが接続されたIoT推定において、単純なビッグデータ取得から、オンデマンドの情報取得へのパラダイムシフトを加速する。

  2. 分子デバイス統合によるミニマル人工脳の構築とその社会的イノベーション

    研究課題/研究課題番号:20H05969  2020年11月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  学術変革領域研究(A)

    豊田 太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    「分子サイバネティクス」においてミニマル人工脳を構築するため,感覚・回路・展開の機能をもつ3種のリポソーム(人工細胞と呼ぶ)を特定の順序に並べた配列(SPAユニットと呼ぶ)を多数つくり,それらに様々な分子刺激を印加して応答を自動記録できる実験システムを開発する.さらに,理論・シミュレーション研究として,SPAユニットのモデルを構築し,それを多数結合した大規模な人工脳のもつ学習能力の数理的検討を行う.そして,ミニマル人工脳創成の倫理的・法的・社会的影響(ELSI)についての科学技術社会論的研究に取り組む.

  3. 数理モデルを融合したスーパーバイザ型人工知能

    研究課題/研究課題番号:19K21970  2019年6月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    東 俊一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    近年,深層学習に大きな注目が集められ,人工知能の研究が爆発的な勢いで行われている.しかしながら,人工知能によって導き出された答えがいかに正しくても,現状ではその理由を説明できないと言われており,このことが実用化への障害になることもある.そこで,本研究では,人工知能の安全性と安心感を実現する方法の開発へ挑戦する.特に,人工知能(予測器)に,数理モデルに基づくスーパーバイザと呼ばれる装置を取り付け,人工知能を管理する枠組みの開発を目指す.

  4. 不確かなネットワーク内に存在するシステムの同定

    研究課題/研究課題番号:17H03281  2017年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    杉江 俊治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  5. 絶対安定化ネットワ ーク構造の設計: IoT 時代の新技術

    研究課題/研究課題番号:17H03280  2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    東 俊一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 


    複数の動的システムの相互作用によって,大域的な機能を発現するシステムを「ネットワーク化制御システム」という.制御工学の分野では,センサネットワーク,スマートグリッド,ビークルの自動運転などへの関心の高まりを背景に,今世紀に入って,ネットワーク化制御システムが主要な研究対象に成長してきている.一般に,ネットワーク化制御システムは,構成要素の特性に相当する「要素ダイナミクス」と,つながりに対応する「ネットワーク構造」の組だと考えられる.このとき,システムの規模が大きくなるに従って,個々の構成要素の情報を得るのが困難になることが知られている.それゆえ,「構成要素が未知だったとしても,システム全体の安定動作を100%保証するネットワーク構造(つながり)は何か?」が重要な問いとなる.本応募課題では,絶対安定化ネットワーク構造の設計理論を確立することを目的としている.

  6. マルチエージェントディスプレイ

    研究課題/研究課題番号:16K14283  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    東 俊一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  7. 生化学反応ネットワークのトポロジベースト制御

    研究課題/研究課題番号:15H00814  2015年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  8. 超解像制御:アクチュエータとセンサの限界を超える制御

    研究課題/研究課題番号:25249058  2013年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  9. 分子デバイスで実現可能な確率制御器のモデル化と解析設計手法の確立

    研究課題/研究課題番号:25104515  2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  10. マルチエージェントシステムに対するブロードキャスト制御技術の確立

    研究課題/研究課題番号:24686051  2012年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:13260000円 ( 直接経費:10200000円 、 間接経費:3060000円 )

  11. 不完全観測情報に基づく制御系設計

    研究課題/研究課題番号:23656270  2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  12. 超解像制御とソフトスペック制御-超低解像度信号による高機能システムの実現-

    研究課題/研究課題番号:21360202  2009年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  13. 非線形性・不確かさ・むだ時間を含むシステムの量子化制御

    研究課題/研究課題番号:21760329  2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  14. 射影に基づく連続時間システムの同定

    研究課題/研究課題番号:20656070  2008年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  研究成果公開促進費 (研究成果公開発表)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

  15. ハイブリッドシステムの確率的最適制御

    研究課題/研究課題番号:18760320  2006年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  16. 超省力制御システムの設計論-オンライン最適化に基づく離散・飽和型制御の活用-

    研究課題/研究課題番号:17360197  2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

▼全件表示

産業財産権 7

  1. ビークルユニット,ビークル,ビークルの制御方法,及びプログラム

    荒木,藤島,高木,東

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-130591  出願日:2020年7月

    出願国:国内  

  2. 複数のビークルの移動制御方法,移動制御装置,移動制御システム,プログラム及び記録媒体

    藤島,高木,東

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-203241  出願日:2019年11月

    出願国:国内  

  3. 複数のビークルの移動制御方法,移動制御装置,移動制御システム,プログラム及び記録媒体

    藤島,高木,東

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-203242  出願日:2019年11月

    出願国:国内  

  4. 制御システム及び制御プログラム

    東,清水

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-120848  出願日:2019年6月

    出願国:国内  

  5. 複数のビークルの移動制御方法,移動制御装置,移動制御システム,プログラム及び記録媒体

    藤島,高木,東

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-191310  出願日:2018年10月

    出願国:国内  

  6. 需要家診断方法および需要家診断装置

    東,佐藤

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-061811  出願日:2018年3月

    出願国:国内  

  7. 位置標定システム,および位置標定方法

    藤島,東

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-199677  出願日:2017年10月

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 56

  1. 制御工学第1及び演習

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    【目的】周波数領域における制御系の解析と設計の基礎を学ぶ.

    【達成目標】本講座を習得することにより,受講者は以下の点の考え方を理解できるようになる.
    1.伝達関数,ブロック線図による動的システムの表現.
    2.インパルス応答,ステップ応答,周波数応答.
    3.制御系の安定性,過度特性,定常特性

    •バックグラウンドとなる科目
    数学1及び演習,数学2及び演習,複素関数論

    •授業内容
    【内容】
    1.伝達関数とブロック線図による制御系のモデリング
    2.特性の解析
    3.周波数応答
    4.安定性と安定余裕
    5.制御系設計

    【授業時間外の課題】
    毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み理解しておくこと.
    また,それに対応する箇所の(教科書の)演習問題を解くこと.

    •教科書
    杉江,藤田:フィードバック制御入門 (システム制御工学シリーズ),コロナ社

    •参考書
    片山:フィードバック制御の基礎,朝倉書店

    •評価方法と基準
    期末試験と演習の結果から評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は「欠席」とする.試験と演習では教科書の内容と同レベルの知識の理解度を問い,60%以上の理解度を合格の必要条件とする.

  2. システム制御セミナー1B

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  3. システム制御セミナー1C

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  4. システム制御セミナー1D

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  5. システム制御セミナー2A

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  6. システム制御セミナー2B

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  7. システム制御セミナー2C

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  8. システム制御セミナー2D

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  9. システム制御セミナー2E

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  10. システム制御特別実験及び演習B

    2020

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    システム数理に関する書籍を輪読し,システム制御の研究を実施するための基礎を獲得する.本講座により,受講者は数理的な基礎知識を得るとともに,説明能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に書籍の事前学習が必要である.

    •教科書
    教科書は開始時までに指定する.

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    本講座での発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.なお,本講座は全員参加の輪読形式で実施されるため,特別な理由なく欠席することは認めない.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  11. システム制御特別実験及び演習A

    2020

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    システム数理に関する書籍を輪読し,システム制御の研究を実施するための基礎を獲得する.本講座により,受講者は数理的な基礎知識を得るとともに,説明能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に書籍の事前学習が必要である.

    •教科書
    教科書は開始時までに指定する.

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    本講座での発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.なお,本講座は全員参加の輪読形式で実施されるため,特別な理由なく欠席することは認めない.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  12. システム制御セミナー1A

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  13. システム制御特別実験及び演習B

    2020

  14. 動的システム論

    2020

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    【目的】
    非線形システムの安定性解析の基礎を習得する.

    【達成目標】 本講座の履修により受講者には以下が望まれる.
     1.動的システム(特に非線形システム)の安定性の概念を理解する.
     2.リアプノフの安定性定理を理解する.
     3.非線形システムを線形近似して安定性を判別する方法を理解する.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第2及び演習

    •授業内容
    【内容】
    1.非線形システムとその振舞い 
    2.安定性の概念 
    3.リアプノフの安定性定理 
    4.線形近似システムに基づく安定性解析

    【授業時間外の課題】
    毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み,理解しておくこと.
    また,講義中に実施した演習問題を再度,自分で解くこと.

    •教科書
    井村,システム制御のための安定論 (システム制御工学シリーズ),コロナ社

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    試験で評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は「欠席」とする.試験では教科書の記載事項と同レベルの知識の理解度を問うが,合格の目安は,3つの達成目標のうち,項目1を含む2項目以上の理解とする.

  15. 基礎セミナーA

    2019

     詳細を見る

    ●本授業の目的およびねらい

    本授業科目は,初年次生を大学教育へ導入し,自立した学習能力を身につけるとともに,文・理に共通した基礎的学力や技能を養うために,多面的な知的トレーニングによって,コモンベーシックとしての読み,書き,話す能力のかん養を図るとともに,真理探究の方法と面白さを学ぶことが目的である。
     このような目的のもと,本クラスでは,大学の数学を理解するにあたっての基本である「集合」と「論理」について輪読形式での習得を行う.これを通じて,数学の基礎知識の習得に加え,他の人に説明する能力の獲得を目指す.

    ●履修条件あるいは関連する科目等

    指定の教科書を持参すること.各参加者に,教科書の担当部分をあらかじめ割り当てるが,その部分を(他の参加者へ説明できるレベルを目安に)事前に学習してくること(本セミナーは輪読形式のため,担当者の準備が不十分な場合,当該回が成立しない).

    ●授業内容

    教科書の輪読を行う.各参加者に教科書の担当部分をあらかじめ割り当て,担当部分を他の参加者へ説明する.また,質疑への応答を行う.

    【予定】
    1)ガイダンスと自己紹介
    2)数学の理論体系
    3)数学の論理と日常の言葉
    4)集合
    5)命題論理
    6)述語論理

    ●成績評価の方法

    各回の出席,発表,討論への参加を総合的に評価する.3回以上セミナーを欠席した場合は「F」となる.また,担当者が特別な理由なく欠席した場合も「F」となる(輪読形式で実施するため,担当者不在の場合,当該回が成り立たないため)

    ●教科書

    中島 匠一,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版

    ●参考書

    なし.

  16. 制御工学第1及び演習

    2019

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    【目的】周波数領域における制御系の解析と設計の基礎を学ぶ.

    【達成目標】本講座を習得することにより,受講者は以下の点の考え方を理解できるようになる.
    1.伝達関数,ブロック線図による動的システムの表現.
    2.インパルス応答,ステップ応答,周波数応答.
    3.制御系の安定性,過度特性,定常特性

    •バックグラウンドとなる科目
    数学1及び演習,数学2及び演習,複素関数論

    •授業内容
    【内容】
    1.伝達関数とブロック線図による制御系のモデリング
    2.特性の解析
    3.周波数応答
    4.安定性と安定余裕
    5.制御系設計

    【授業時間外の課題】
    毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み理解しておくこと.
    また,それに対応する箇所の(教科書の)演習問題を解くこと.

    •教科書
    杉江,藤田:フィードバック制御入門 (システム制御工学シリーズ),コロナ社

    •参考書
    片山:フィードバック制御の基礎,朝倉書店

    •評価方法と基準
    期末試験と演習の結果から評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は「欠席」とする.試験と演習では教科書の内容と同レベルの知識の理解度を問い,60%以上の理解度を合格の必要条件とする.

  17. システム制御セミナー2D

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  18. システム制御セミナー2E

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  19. システム制御セミナー2C

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  20. システム制御セミナー1C

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  21. システム制御特別実験及び演習B

    2019

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    システム数理に関する書籍を輪読し,システム制御の研究を実施するための基礎を獲得する.本講座により,受講者は数理的な基礎知識を得るとともに,説明能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に書籍の事前学習が必要である.

    •教科書
    教科書は開始時までに指定する.

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    本講座での発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.なお,本講座は全員参加の輪読形式で実施されるため,特別な理由なく欠席することは認めない.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  22. システム制御特別実験及び演習A

    2019

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    システム数理に関する書籍を輪読し,システム制御の研究を実施するための基礎を獲得する.本講座により,受講者は数理的な基礎知識を得るとともに,説明能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に書籍の事前学習が必要である.

    •教科書
    教科書は開始時までに指定する.

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    本講座での発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.なお,本講座は全員参加の輪読形式で実施されるため,特別な理由なく欠席することは認めない.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  23. システム制御セミナー1B

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  24. システム制御セミナー1A

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  25. 制御工学特論

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    【目的】マルチエージェントシステムとは,複数のエージェントの局所的な相互作用をもとに大域的な機能を発現するシステムのことである.本講義では,マルチエージェントシステムのダイナミクスを解析・設計することを目的とし,マルチエージェントシステムの数理モデリング,解析方法,制御方法の基礎を講述する.

    【達成目標】本講座を習得することにより,受講者は,マルチエージェントシステムのモデル構築と合意制御,被覆制御の設計が行えるようになる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    【内容】
    1. マルチエージェントシステムとは
    2. 動的システムの安定性
    3. 代数的グラフ理論
    4. 合意制御
    5. 被覆制御

    【授業時間外の課題】
    毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み,理解しておくこと.
    また,それに対応する箇所の(教科書の)演習問題を解くこと.

    •教科書
    東,永原,石井,林,桜間,畑中,マルチエージェントシステムの制御 (システム制御工学シリーズ22),コロナ社,2015

    •参考書
    [1] M. Mesbahi and M. Egerstedt, Graph Theoretic Methods for Multiagent Networks, Princeton University Press, 2010
    [2] F. Bullo, J. Cortes, and S. Martinez, Distributed Control of Robotic Networks: A Mathematical Approach to Motion Coordination Algorithms, Princeton University Press, Princeton, 2009

    •評価方法と基準
    試験で評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は,「欠席」とする.試験では教科書の記載事項と同レベルの知識の理解度を問い,60%以上の理解度を合格とする.

  26. 動的システム論

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    【目的】
    非線形システムの安定性解析の基礎を習得する.

    【達成目標】 本講座の履修により受講者には以下が望まれる.
     1.動的システム(特に非線形システム)の安定性の概念を理解する.
     2.リアプノフの安定性定理を理解する.
     3.非線形システムを線形近似して安定性を判別する方法を理解する.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第2及び演習

    •授業内容
    【内容】
    1.非線形システムとその振舞い 
    2.安定性の概念 
    3.リアプノフの安定性定理 
    4.線形近似システムに基づく安定性解析

    【授業時間外の課題】
    毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み,理解しておくこと.
    また,講義中に実施した演習問題を再度,自分で解くこと.

    •教科書
    井村,システム制御のための安定論 (システム制御工学シリーズ),コロナ社

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    試験で評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は「欠席」とする.試験では教科書の記載事項と同レベルの知識の理解度を問うが,合格の目安は,3つの達成目標のうち,項目1を含む2項目以上の理解とする.

  27. システム制御セミナー1D

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  28. システム制御セミナー2A

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  29. システム制御セミナー2B

    2019

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  30. 基礎セミナーA

    2018

     詳細を見る

    ●本授業の目的およびねらい

    本授業科目は,初年次生を大学教育へ導入し,自立した学習能力を身につけるとともに,文・理に共通した基礎的学力や技能を養うために,多面的な知的トレーニングによって,コモンベーシックとしての読み,書き,話す能力のかん養を図るとともに,真理探究の方法と面白さを学ぶことが目的である。
     このような目的のもと,本クラスでは,大学の数学を理解するにあたっての基本である「集合」と「論理」について輪読形式での習得を行う.これを通じて,数学の基礎知識の習得に加え,他の人に説明する能力の獲得を目指す.

    ●履修条件あるいは関連する科目等

    指定の教科書を持参すること.各参加者に,教科書の担当部分をあらかじめ割り当てるが,その部分を(他の参加者へ説明できるレベルを目安に)事前に学習してくること(本セミナーは輪読形式のため,担当者の準備が不十分な場合,当該回が成立しない).

    ●授業内容

    教科書の輪読を行う.各参加者に教科書の担当部分をあらかじめ割り当て,担当部分を他の参加者へ説明する.また,質疑への応答を行う.

    【予定】
    1)ガイダンスと自己紹介
    2)数学の理論体系
    3)数学の論理と日常の言葉
    4)集合
    5)命題論理
    6)述語論理

    ●成績評価の方法

    各回の出席,発表,討論への参加を総合的に評価する.3回以上セミナーを欠席した場合は「F」となる.また,担当者が特別な理由なく欠席した場合も「F」となる(輪読形式で実施するため,担当者不在の場合,当該回が成り立たないため)

    ●教科書

    中島 匠一,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版

    ●参考書

    なし.

  31. 制御工学第1及び演習

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    【目的】周波数領域における制御系の解析と設計の基礎を学ぶ.

    【達成目標】本講座を習得することにより,受講者は以下の点の考え方を理解できるようになる.
    1.伝達関数,ブロック線図による動的システムの表現.
    2.インパルス応答,ステップ応答,周波数応答.
    3.制御系の安定性,過度特性,定常特性

    •バックグラウンドとなる科目
    数学1及び演習,数学2及び演習,複素関数論

    •授業内容
    【内容】
    1.伝達関数とブロック線図による制御系のモデリング
    2.特性の解析
    3.周波数応答
    4.安定性と安定余裕
    5.制御系設計

    【授業時間外の課題】
    毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み理解しておくこと.
    また,それに対応する箇所の(教科書の)演習問題を解くこと.

    •教科書
    杉江,藤田:フィードバック制御入門 (システム制御工学シリーズ),コロナ社

    •参考書
    片山:フィードバック制御の基礎,朝倉書店

    •評価方法と基準
    期末試験と演習の結果から評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は「欠席」とする.試験と演習では教科書の内容と同レベルの知識の理解度を問い,60%以上の理解度を合格の必要条件とする.

  32. システム制御特別実験及び演習A

    2018

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    システム数理に関する書籍を輪読し,システム制御の研究を実施するための基礎を獲得する.本講座により,受講者は数理的な基礎知識を得るとともに,説明能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に書籍の事前学習が必要である.

    •教科書
    教科書は開始時までに指定する.

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    本講座での発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.なお,本講座は全員参加の輪読形式で実施されるため,特別な理由なく欠席することは認めない.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  33. システム制御セミナー2E

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  34. システム制御セミナー2D

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  35. システム制御セミナー2C

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  36. システム制御セミナー2B

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  37. システム制御セミナー2A

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  38. システム制御セミナー1D

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  39. システム制御セミナー1C

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  40. システム制御セミナー1B

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  41. システム制御セミナー1A

    2018

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  42. システム制御特別実験及び演習B

    2018

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    システム数理に関する書籍を輪読し,システム制御の研究を実施するための基礎を獲得する.本講座により,受講者は数理的な基礎知識を得るとともに,説明能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に書籍の事前学習が必要である.

    •教科書
    教科書は開始時までに指定する.

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    本講座での発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.なお,本講座は全員参加の輪読形式で実施されるため,特別な理由なく欠席することは認めない.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  43. 基礎セミナーA

    2017

     詳細を見る

    ●本授業の目的およびねらい

    本授業科目は,初年次生を大学教育へ導入し,自立した学習能力を身につけるとともに,文・理に共通した基礎的学力や技能を養うために,多面的な知的トレーニングによって,コモンベーシックとしての読み,書き,話す能力のかん養を図るとともに,真理探究の方法と面白さを学ぶことが目的である。
     このような目的のもと,本クラスでは,大学の数学を理解するにあたっての基本である「集合」と「論理」について輪読形式での習得を行う.これを通じて,数学の基礎知識の習得に加え,他の人に説明する能力の獲得を目指す.

    ●履修条件あるいは関連する科目等

    指定の教科書を持参すること.各参加者に,教科書の担当部分をあらかじめ割り当てるが,その部分を(他の参加者へ説明できるレベルを目安に)事前に学習してくること(本セミナーは輪読形式のため,担当者の準備が不十分な場合,当該回が成立しない).

    ●授業内容

    教科書の輪読を行う.各参加者に教科書の担当部分をあらかじめ割り当て,担当部分を他の参加者へ説明する.また,質疑への応答を行う.

    【予定】
    1)ガイダンスと自己紹介
    2)数学の理論体系
    3)数学の論理と日常の言葉
    4)集合
    5)命題論理
    6)述語論理

    ●成績評価の方法

    各回の出席,発表,討論への参加を総合的に評価する.3回以上セミナーを欠席した場合は「F」となる.また,担当者が特別な理由なく欠席した場合も「F」となる(輪読形式で実施するため,担当者不在の場合,当該回が成り立たないため)

    ●教科書

    中島 匠一,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版

    ●参考書

    なし.

  44. 制御工学第1及び演習

    2017

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    【目的】周波数領域における制御系の解析と設計の基礎を学ぶ.

    【達成目標】本講座を習得することにより,受講者は以下の点の考え方を理解できるようになる.
    1.伝達関数,ブロック線図による動的システムの表現.
    2.インパルス応答,ステップ応答,周波数応答.
    3.制御系の安定性,過度特性,定常特性

    •バックグラウンドとなる科目
    数学1及び演習,数学2及び演習,複素関数論

    •授業内容
    【内容】
    1.伝達関数とブロック線図による制御系のモデリング
    2.特性の解析
    3.周波数応答
    4.安定性と安定余裕
    5.制御系設計

    【授業時間外の課題】
    毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み理解しておくこと.
    また,それに対応する箇所の(教科書の)演習問題を解くこと.

    •教科書
    杉江,藤田:フィードバック制御入門 (システム制御工学シリーズ),コロナ社

    •参考書
    片山:フィードバック制御の基礎,朝倉書店

    •評価方法と基準
    期末試験と演習の結果から評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は「欠席」とする.試験と演習では教科書の内容と同レベルの知識の理解度を問い,60%以上の理解度を合格の必要条件とする.

  45. 制御工学特論

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    【目的】マルチエージェントシステムとは,複数のエージェントの局所的な相互作用をもとに大域的な機能を発現するシステムのことである.本講義では,マルチエージェントシステムのダイナミクスを解析・設計することを目的とし,マルチエージェントシステムの数理モデリング,解析方法,制御方法の基礎を講述する.

    【達成目標】本講座を習得することにより,受講者は,マルチエージェントシステムのモデル構築と合意制御,被覆制御の設計が行えるようになる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    【内容】
    1. マルチエージェントシステムとは
    2. 動的システムの安定性
    3. 代数的グラフ理論
    4. 合意制御
    5. 被覆制御

    【授業時間外の課題】
    毎回の授業の後に教科書の対応箇所をよく読み,理解しておくこと.
    また,それに対応する箇所の(教科書の)演習問題を解くこと.

    •教科書
    東,永原,石井,林,桜間,畑中,マルチエージェントシステムの制御 (システム制御工学シリーズ22),コロナ社,2015

    •参考書
    [1] M. Mesbahi and M. Egerstedt, Graph Theoretic Methods for Multiagent Networks, Princeton University Press, 2010
    [2] F. Bullo, J. Cortes, and S. Martinez, Distributed Control of Robotic Networks: A Mathematical Approach to Motion Coordination Algorithms, Princeton University Press, Princeton, 2009

    •評価方法と基準
    試験で評価する.試験を受験した場合は,S,A,B,C,Fのいずれかを評点とし,欠席の場合は,「欠席」とする.試験では教科書の記載事項と同レベルの知識の理解度を問い,60%以上の理解度を合格とする.

  46. システム制御特別実験及び演習B

    2017

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    システム数理に関する書籍を輪読し,システム制御の研究を実施するための基礎を獲得する.本講座により,受講者は数理的な基礎知識を得るとともに,説明能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に書籍の事前学習が必要である.

    •教科書
    教科書は開始時までに指定する.

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    本講座での発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.なお,本講座は全員参加の輪読形式で実施されるため,特別な理由なく欠席することは認めない.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  47. システム制御セミナー2E

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  48. システム制御セミナー2D

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  49. システム制御セミナー2C

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  50. システム制御セミナー2B

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  51. システム制御セミナー2A

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  52. システム制御セミナー1D

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  53. システム制御セミナー1C

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  54. システム制御セミナー1B

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  55. システム制御特別実験及び演習A

    2017

     詳細を見る


    •本講座の目的およびねらい
    システム数理に関する書籍を輪読し,システム制御の研究を実施するための基礎を獲得する.本講座により,受講者は数理的な基礎知識を得るとともに,説明能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に書籍の事前学習が必要である.

    •教科書
    教科書は開始時までに指定する.

    •参考書
    (1) 中島,集合・写像・論理―数学の基本を学ぶ,共立出版
    (2) 田島,イプシロン-デルタ(数学ワンポイント双書 20),共立出版

    •評価方法と基準
    本講座での発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.なお,本講座は全員参加の輪読形式で実施されるため,特別な理由なく欠席することは認めない.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

  56. システム制御セミナー1A

    2017

     詳細を見る

    •本講座の目的およびねらい
    システム制御に関する研究動向の調査および未解決問題の解決を目指す.本講座により,受講者はシステム制御の最先端の理論と技術の知識を得るとともに,研究能力を獲得できる.

    •バックグラウンドとなる科目
    微分積分学I,II,線形代数I,II,制御工学第1及び演習,制御工学第2及び演習,動的システム論

    •授業内容
    受講者持ち回りの口頭発表と全受講者を交えた討議を実施する.授業時間外に調査および研究の実施が必要である.

    •教科書
    教科書は特に指定しないが,セミナー時に発表者の資料を配付する.

    •参考書
    システム制御関係の学術雑誌(たとえば,IEEE Transactions,Automatica)に掲載されている論文など.

    •評価方法と基準
    セミナー時の発表を基にS,A,B,C,Fで評価する.この際,口頭発表の準備を十分に行い、かつ、積極的に討議を行えていることを合格の基準とする.また,4分の1以上欠席した場合は,「欠席」とする.公休の扱いについては,機械システム工学専攻の修士課程中間発表の基準に準ずる.

    •履修条件・注意事項
    履修条件はない.

    •質問への対応
    セミナー時に受け付ける.

▼全件表示