2021/03/31 更新

写真a

シミズ ユウキ
清水 優樹
SHIMIZU Yuuki
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態内科学 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
助教

学位 2

  1. 医学博士 ( 2013年3月   名古屋大学 ) 

  2. 医学士 ( 2001年3月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 9

  1. 血管生物学

  2. 血管新生

  3. 脂肪組織由来間葉系前駆細胞

  4. 時間生物学

  5. 心保護効果

  6. 再生医療

  7. リンパ管新生

  8. ミトコンドリア

  9. トランスレーショナルリサーチ

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 循環器内科学  / Cardiology

経歴 3

  1. 名古屋大学大学院医学系研究科   循環器内科学   助教

    2020年4月 - 現在

  2. 名古屋大学医学部附属病院   循環器内科   病院助教

    2017年4月 - 2020年3月

  3. エモリー大学医学部   外科学・胸部外科   博士研究員

    2014年4月 - 2017年3月

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2013年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部   医学科

    - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 11

  1. 日本内科学会

  2. 日本循環器学会

  3. 米国心臓協会

  4. 基礎心臓血管病学会

  5. 日本再生医療学会

  6. 時間生物学会

  7. 日本下肢救済・足病学会

  8. 欧州心臓病学会

  9. 日本血管生物医学会

  10. 日本リンパ学会

  11. 国際心臓研究学会

▼全件表示

委員歴 1

  1. 日本循環器学会   予防委員会  

    2020年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

受賞 6

  1. ATVB Travel Award for Young Investigators

    2016年11月   ATVB  

  2. AHA scientific session 2015 Best of Basic Science Abstract

    2015年11月  

  3. BCVS abstract travel grant 2015

    2015年11月   BCVS  

  4. 米国心臓協会 博士研究員フェローシップ

    2015年7月   米国心臓協会  

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  5. 海外留学研究助成

    2014年4月   万有財団  

  6. 日本循環器学会 東海支部 国際交流助成

    2011年11月   日本循環器学会  

▼全件表示

 

論文 28

  1. No influence on tumor growth by intramuscular injection of adipose-derived regenerative cells: safety evaluation of therapeutic angiogenesis with cell therapy 査読有り

    Suzuki Junya, Shimizu Yuuki, Tsuzuki Kazuhito, Pu Zhongyue, Narita Shingo, Yamaguchi Shukuro, Katagiri Takeshi, Iwata Etsuo, Masutomi Tomohiro, Fujikawa Yusuke, Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   320 巻 ( 1 ) 頁: H447 - H457   2021年1月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00564.2020

    Web of Science

    PubMed

  2. Therapeutic angiogenesis using autologous adipose-derived regenerative cells in patients with critical limb ischaemia in Japan: a clinical pilot study. 査読有り

    Katagiri T, Kondo K, Shibata R, Hayashida R, Shintani S, Yamaguchi S, Shimizu Y, Unno K, Kikuchi R, Kodama A, Takanari K, Kamei Y, Komori K, Murohara T

    SCIENTIFIC REPORTS   29 巻 ( 10(1) ) 頁: 16045   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. Rationale and Design of Therapeutic Angiogenesis by Cell Transplantation Using Adipose-Derived Regenerative Cells in Patients With Critical Limb Ischemia ― TACT-ADRC Multicenter Trial ― 査読有り

    Yuuki Shimizu, Kazuhisa Kondo, Yoshihiro Fukumoto, Masayuki Takamura, Teruo Inoue, Tokuichiro Nagata, Yoshihiro J. Akashi, Yoshihiro Yamada, Koichiro Kuwahara, Yoshio Kobayashi, Rei Shibata, Toyoaki Murohara

    CIRCULATION REPORTS   2 巻 ( 9 ) 頁: 531 - 535   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Circulation Society  

    DOI: 10.1253/circrep.cr-20-0055

  4. Role of DJ-1 in Modulating Glycative Stress in Heart Failure 査読有り

    Shimizu Y, Nicholson CK, Polavarapu R, Pantner Y, Husain A, Naqvi N, Chin LS, Li L, Calvert JW.

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   9 巻 ( e014691 )   2020年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. Protein Kinase N Promotes Stress-Induced Cardiac Dysfunction Through Phosphorylation of Myocardin-Related Transcription Factor A and Disruption of its Interaction with Actin. 査読有り

    Sakaguchi T, Takefuji M, Wettschureck N, Hamaguchi T, Amano M, Kato K, Tsuda T, Eguchi S, Ishihama S, Mori Y, Yura Y, Yoshida T, Unno K, Okumura T, Ishii H, Shimizu Y, Bando YK, Ohashi K, Ouchi N, Enomoto A, Offermanns S, Kaibuchi K, Murohara T.

    CIRCULATION   140 巻 ( 21 ) 頁: 1737 - 1752.   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  6. Cardiomyocytes capture stem cell-derived, anti-apoptotic microRNA-214 via clathrin-mediated endocytosis in acute myocardial infarction. 査読有り

    Eguchi S, Takefuji M, Sakaguchi T, Ishihama S, Mori Y, Tsuda T, Takikawa T, Yoshida T, Ohashi K, Shimizu Y, Hayashida R, Kondo K, Bando YK, Ouchi N, Murohara T.

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   294 巻 ( 31 ) 頁: 11665 - 11674   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  7. Impact of Lymphangiogenesis on Cardiac Remodeling Following Ischemia and Reperfusion Injury. 査読有り

    Shimizu Y, Polavarapu R, Eskla KL, Pantner Y, Nicholson CK, Ishii M, Brunnhoelzl D, Mauria R, Husain A, Naqvi N, Murohara T, Calvert JW.

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   7 巻 ( 19 ) 頁: e009565   2018年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  8. Hydrogen sulfide regulates cardiac mitochondrial biogenesis via the activation of AMPK. 査読有り

    Shimizu Y, Polavarapu R, Eskla KL, Nicholson CK, Koczor CA, Wang R, Lewis W, Shiva S, Lefer DJ, Calvert JW.

    JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   116 巻   頁: 29-40   2018年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2018.01.011.

  9. Diallyl Trisulfide Augments Ischemia-Induced Angiogenesis via an Endothelial Nitric Oxide Synthase-Dependent Mechanism 査読有り

    Hayashida Ryo, Kondo Kazuhisa, Morita Sumio, Unno Kazumasa, Shintani Satoshi, Shimizu Yuuki, Calvert John W., Shibata Rei, Murohara Toyoaki

    CIRCULATION JOURNAL   81 巻 ( 6 ) 頁: 870 - 878   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-16-1097

    Web of Science

    PubMed

  10. Exercise training provides cardioprotection by activating and coupling endothelial nitric oxide synthase via a β3-adrenergic receptor-AMP-activated protein kinase signaling pathway. 査読有り

    Barr LA, Lambert JP, Shimizu Y, Barouch LA, Naqvi N, Calvert JW.

    MEDICAL GAS RESEARCH   7 巻 ( 1 ) 頁: 1-8   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  11. Re-Cycling KATP Channels for Cardioprotection 招待有り 査読有り

    Shimizu Y, Calvert JW.

    AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   310 巻 ( 11 ) 頁: H1381-2   2016年6月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1152/ajpheart.00309.2016.

  12. DJ-1 protects the heart against ischemia-reperfusion injury by regulating mitochondrial fission 査読有り

    Shimizu Y, Lambert JP, Nicholson CK, Kim JJ, Wolfson DW, Cho HC, Husain A, Naqvi N, Chin LS, Li L, Calvert JW.

    JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY   97 巻   頁: 56-66   2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.yjmcc.2016.04.008.

  13. Sodium Sulfide Attenuates Ischemic-Induced Heart Failure by Enhancing Proteasomal Function in an Nrf2-Dependent Manner. 査読有り

    Shimizu Y, Nicholson CK, Lambert JP, Barr LA, Kuek N, Herszenhaut D, Tan L, Murohara T, Hansen JM, Husain A, Naqvi N, Calvert JW.

    CIRCULATION HEART FAILURE     2016年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/CIRCHEARTFAILURE.115.002368.

  14. Adipose-Derived Regenerative Cells for Cardiovascular Regeneration - A Novel Therapy for the Cardiac Conduction System. 招待有り 査読有り

    Shimizu Y, Calvert JW, Murohara T.

    CIRCULATION JOURNAL   79 巻 ( 12 ) 頁: 2555-6   2015年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1253/circj.CJ-15-1106.

  15. Hydrogen sulfide attenuates high fat diet-induced cardiac dysfunction via the suppression of endoplasmic reticulum stress 査読有り

      46 巻   頁: 145 - 156   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  16. Cardiac Myocyte-Derived Follistatin-Like 1 Prevents Renal Injury in a Subtotal Nephrectomy Model 査読有り

    Satoko Hayakawa, Koji Ohashi, Rei Shibata, Yoshiyuki Kataoka, Megumi Miyabe, Takashi Enomoto, Yusuke Joki, Yuuki Shimizu, Takahiro Kambara, Yusuke Uemura, Daisuke Yuasa, Hayato Ogawa, Kazuhiro Matsuo, Mizuho Hiramatsu-Ito, Maurice J. B. van den Hoff, Kenneth Walsh, Toyoaki Murohara, Noriyuki Ouchi

      26 巻 ( 3 ) 頁: 636 - 646   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  17. Therapeutic angiogenesis by autologous adipose-derived regenerative cells: comparison with bone marrow mononuclear cells 査読有り

    Changning Hao, Satoshi Shintani, Yuuki Shimizu, Kazuhisa Kondo, Masakazu Ishii, Hongxian Wu, Toyoaki Murohara

      307 巻 ( 6 ) 頁: 869 - 879   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  18. Vildagliptin Stimulates Endothelial Cell Network Formation and Ischemia-induced Revascularization via an Endothelial Nitric-oxide Synthase-dependent Mechanism 査読有り

    Masakazu Ishii, Rei Shibata, Kazuhisa Kondo, Takahiro Kambara, Yuuki Shimizu, Tohru Tanigawa, Yasuko K. Bando, Masahiro Nishimura, Noriyuki Ouchi, Toyoaki Murohara

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   289 巻 ( 39 ) 頁: 27235 - 27245   2014年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  19. Multilayered adipose-derived regenerative cell sheets created by a novel magnetite tissue engineering method for myocardial infarction 査読有り

    Masakazu Ishii, Rei Shibata, Yuuki Shimizu, Takashi Yamamoto, Kazuhisa Kondo, Yoko Inoue, Noriyuki Ouchi, Tohru Tanigawa, Noriyoshi Kanemura, Akira Ito, Hiroyuki Honda, Toyoaki Murohara

    INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY   175 巻 ( 3 ) 頁: 545 - 553   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  20. Neuron-derived Neurotrophic Factor Functions as a Novel Modulator That Enhances Endothelial Cell Function and Revascularization Processes 査読有り

    Koji Ohashi, Takashi Enomoto, Yusuke Joki, Rei Shibata, Yasuhiro Ogura, Yoshiyuki Kataoka, Yuuki Shimizu, Takahiro Kambara, Yusuke Uemura, Daisuke Yuasa, Kazuhiro Matsuo, Satoko Hayakawa, Mizuho Hiramatsu-Ito, Toyoaki Murohara, Noriyuki Ouchi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   289 巻 ( 20 ) 頁: 14132 - 14144   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  21. Analogy of entrainment (respiratory modulation) of heartbeats in cheyne-stokes respiration in heart failure and respiratory sinus arrhythmia: Its physiological significance 査読有り

    Fumihiko Yasuma, Tamotsu Tanahashi, Jun Ichiro Hayano, Yuuki Shimizu, Toyoaki Murohara

    Respiration and Circulation   61 巻   頁: 944 - 950   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  22. Adiponectin-Mediated Modulation of Lymphatic Vessel Formation and Lymphedema 査読有り

    Yuuki Shimizu, Rei Shibata, Masakazu Ishii, Koji Ohashi, Takahiro Kambara, Yusuke Uemura, Daisuke Yuasa, Yoshiyuki Kataoka, Shinji Kihara, Toyoaki Murohara, Noriyuki Ouchi

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   2 巻 ( 5 ) 頁: e000438   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  23. Preoperative Management of Deteriorating Mitral Regurgitation and Heart Failure with Continuous Positive Airway Pressure 査読有り

    Fumihiko Yasuma, Tamotsu Tanahashi, Toshimitsu Mori, Yuuki Shimizu, Toyoaki Murohara

    INTERNAL MEDICINE   52 巻 ( 15 ) 頁: 1709 - 1713   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  24. Therapeutic Impact of Follistatin-Like 1 on Myocardial Ischemic Injury in Preclinical Models 査読有り

    Yasuhiro Ogura, Noriyuki Ouchi, Koji Ohashi, Rei Shibata, Yoshiyuki Kataoka, Takahiro Kambara, Tetsutaro Kito, Sonomi Maruyama, Daisuke Yuasa, Kazuhiro Matsuo, Takashi Enomoto, Yusuke Uemura, Megumi Miyabe, Masakazu Ishii, Takashi Yamamoto, Yuuki Shimizu, Kenneth Walsh, Toyoaki Murohara

    CIRCULATION   126 巻 ( 14 ) 頁: 1728   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  25. Therapeutic Lymphangiogenesis With Implantation of Adipose-Derived Regenerative Cells 査読有り

    Yuuki Shimizu, Rei Shibata, Satoshi Shintani, Masakazu Ishii, Toyoaki Murohara

    JOURNAL OF THE AMERICAN HEART ASSOCIATION   1 巻 ( 4 ) 頁: e000877   2012年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  26. CTRP9 Protein Protects against Myocardial Injury following Ischemia-Reperfusion through AMP-activated Protein Kinase (AMPK)-dependent Mechanism 査読有り

    Takahiro Kambara, Koji Ohashi, Rei Shibata, Yasuhiro Ogura, Sonomi Maruyama, Takashi Enomoto, Yusuke Uemura, Yuuki Shimizu, Daisuke Yuasa, Kazuhiro Matsuo, Megumi Miyabe, Yoshiyuki Kataoka, Toyoaki Murohara, Noriyuki Ouchi

    JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   287 巻 ( 23 ) 頁: 18965 - 18973   2012年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  27. Optical Coherence Tomography Images of a Coronary Artery Aneurysm in an Infarct-Related Artery 6 Months After Bare-Metal Stent Implantation 査読有り

    Daiji Yoshikawa, Hideki Ishii, Yutaka Aoyama, Hitoshi Ichimiya, Yuuki Shimizu, Satoshi Isobe, Satoshi Shintani, Yasuko Kureishi-Bando, Toyoaki Murohara

    JACC-CARDIOVASCULAR INTERVENTIONS   3 巻 ( 12 ) 頁: 1300 - 1302   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  28. Evidence for the Therapeutic Potential of Ex Vivo Expanded Human Endothelial Progenitor Cells Using Autologous Serum 査読有り

    Takanori Shumiya, Rei Shibata, Yuuki Shimizu, Masakazu Ishii, Ryuji Kubota, Satoshi Shintani, Toyoaki Murohara

    CIRCULATION JOURNAL   74 巻 ( 5 ) 頁: 1006 - 1013   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

書籍等出版物 13

  1. 疾患モデルの作成と利用―循環器疾患

    清水優樹 都築一仁 室原豊明( 担当: 共著 ,  範囲: 下肢虚血モデル)

    エル・アイ・シー出版社  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  2. 透析患者PADの最前線

    都築一仁, 清水優樹, 柴田玲, 室原豊明( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 再生医療(2)脂肪組織由来間葉系前駆細胞移植)

    臨床透析  2020年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  3. 動脈硬化 UPDATE

    清水優樹, 室原豊明( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 脂肪組織由来間葉系前駆細胞移植による血管再生療法)

    医学のあゆみ  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  4. 体性幹細胞を用いた血管新生療法

    近藤和久, 林田竜, 清水優樹, 柴田玲, 室原豊明( 担当: 分担執筆)

    メディカルレビュー社  2017年 

     詳細を見る

    記述言語:英語

  5. 血管新生研究の最先端 血管再生療法

    清水優樹, 室原豊明( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 細胞治療)

    医薬ジャーナル社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  6. 特集:末梢動脈疾患(PAD)~増加する動脈硬化性疾患、適切な診断と治療法~

    清水優樹, 室原豊明( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 末梢動脈疾患における血管再生療法)

    南江堂  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  7. 入門 血管新生学

    清水優樹, 室原豊明( 範囲: 血管再生療法)

    メディカルレビュー社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  8. 増刊号『脂質異常症』 -基礎・臨床研究の最新知見-

    清水優樹, 室原豊明( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 再生治療の現状と課題)

    日本臨床社  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  9. 動脈硬化の再生医療の現状と展望

    清水優樹, 新谷 理, 泉 雄介, 小椋康弘, 室原豊明( 担当: 分担執筆)

    Parma Medica  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  10. 血管・心筋再生はどこまできたか

    柴田玲, 清水優樹, 室原豊明( 担当: 分担執筆)

    メディカルレビュー  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  11. 重症虚血肢の診断と血管再生療法の適応について考える

    柴田玲, 清水優樹, 室原豊明( 担当: 分担執筆)

    メジカルビュー社  2011年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

  12. 細胞移植による血管再生療法と今後の課題

    室原豊明, 新谷 理, 小椋康弘, 清水優樹

    細胞工学  2010年 

  13. 血管再生療法は重症虚血肢を救えるか

    室原豊明, 新谷 理, 小椋康弘, 清水優樹

    メディカルレビュー社  2010年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語

▼全件表示

講演・口頭発表等 20

  1. シンポジウム36 「下肢血管再生治療の最前線」

    清水優樹, 柴田玲, 室原豊明

    第20回日本再生医療学会総会  2021年3月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  2. シンポジウム 心血管病における組織リンパ管の役割とその治療応用

    清水優樹

    第44回日本リンパ学会総会 シンポジウム1  2020年9月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  3. 合同シンポジウム2 虚血部血管新生におけるリンパ管新生の役割 招待有り

    清水優樹

    第52回日本動脈硬化学会総会・学術集会  2020年7月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  4. シンポジウム ISHR会長特別企画 招待有り

    清水 優樹

    ISHR  2019年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  5. シンポジウム1 血管新生機構の解明と再生医療 招待有り

    清水 優樹

    JVBMO  2019年12月14日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  6. シンポジウム 再生医学・医療 招待有り

    清水 優樹

    第51回日本臨床分子形態学会総会・学術集会  2019年9月20日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  7. シンポジウム リンパ管増生と心筋リモデリング 招待有り

    清水 優樹

    第5回 日本心筋症研究会  2019年7月13日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  8. シンポジウム 再生医療の最前線 招待有り

    清水 優樹

    第17回 日本フットケア学会年次学術集会  2019年2月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  9. 海外留学セミナー 招待有り 国際会議

    清水 優樹

    第81回 日本循環器学会学術集会  2017年3月18日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  10. Therapeutic lymphangiogenesis ameliorates cardiac dysfunction in the setting of ischemic-induced heart failure 国際共著 国際会議

    Yuuki Shimizu, Rohini Polavarapu, Toyoaki Murohara, John W. Calvert

    AHA scientific session  2016年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:New Orleans  

  11. Hydrogen Sulfide Promotes Mitochondrial Biogenesis Through the Regulation of AMP-activated Protein Kinase 国際共著 国際会議

    Yuuki Shimizu, Rohini Polavarapu, John Calvert

    BCVS Scientific Sessions  2016年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Phoenix  

  12. DJ-1 Gene Therapy Opposes the Development of Ischemic Heart Failure 国際共著 国際会議

    Yuuki Shimizu: Di Sha, Lih-Shen Chin, Lian Li, John W. Calvert

    2016年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Phoenix  

  13. DJ-1/Park7 Protects the Heart Against Ischemia-Reperfusion Injury through the modulation of SUMOylation 国際共著 国際会議

    Yuuki Shimizu, Larry Barr, Travis Fields, John W. Calvert

    AHA scientific session  2015年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Orlando  

  14. Adiponectin stimulates lymphangiogenesis and ameliorates secondary lymphedema 国際会議

    Yuuki Shimizu, Rei Shibata, Koji Ohashi, Masakazu Ishii, Satoshi Shintani, Toyoaki Murohara, Noriyuki Ouchi

    AHA scientific session  2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  15. Adipose-derived regenerative cells implantation alleviates lymphedema via augmentation of VEGF-C mediated M2 macrophage mobilization 国際会議

    Yuuki Shimizu, Satoshi Shintani, Rei Shibata, Masakazu Ishii, Hao Chang-ning, Ryo Hayashida, Toyoaki Murohara

    2012年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Los Angeles  

  16. A Novel Therapeutic Strategy for Secondary Lymphedema by Adipose-Derived Regenerative Cells 国際会議

    Yuuki Shimizu, Satoshi Shintani, Rei Shibata, Masakazu Ishii, Hao Changning, Toyoaki Murohara

    2012年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

  17. 再生医療研究の最先端 招待有り

    清水優樹 新谷理 室原豊明

    第41回 日本心脈管作動物質学会  2012年2月10日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:秋田  

  18. Implantation of adipose-derived regenerative cells enhances lymphangiogenesis and improves secondary lymphedema 国際会議

    Yuuki Shimizu, Satoshi Shintani, Rei Shibata, Yusuke Izumi, Yasuhiro Ogura, Masakazu Ishii, Toyoaki Murohara

    AHA scientific session  2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  19. M2 macrophages contribute to postnatal lymphangiogenesis as lymphatic endothelial cell progenitors. 国際会議

    Yuuki Shimizu, Satoshi Shintani, Rei Shibata, Yusuke Izumi, Yasuhiro Ogura, Masakazu Ishii, Toyoaki Murohara

    2011年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Orlando  

  20. Therapeutic lymphangiogenesis with implantation of adipose-derived regenerative cells 国際会議

    Yuuki Shimizu, Satoshi Shintani, Rei Shibata, Yusuke Izumi, Yasuhiro Ogura, Masakazu Ishii, Toyoaki Murohara

    2011年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

その他研究活動 3

  1. 日本血管生物医学会 評議員

    2020年4月
    -
    現在

  2. 国際心臓研究学会 (ISHR) 日本部会 若手活性化プロジェクトメンバー(U45SWG)

    2019年3月
    -
    現在

  3. ヒト皮下脂肪由来間葉系前駆細胞を用いた重症虚血肢に対する血管新生療法

    2015年11月
    -
    現在

     詳細を見る

    全国8施設共同臨床研究(jRCTb040190118) 統轄機関

科研費 2

  1. 難治性心臓病を標的とした新規リンパ管新生療法の開発研究

    研究課題/研究課題番号:19K17519  2019年4月 - 2022年3月

    若手研究

    清水 優樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    課題1として、心臓リンパ管の生理学的状況下および心不全発症過程での役割の解明に取り組む。まずは、生理学的条件下の心臓におけるリンパ管の機能解析を行ったのちに、心筋炎後心不全発症過程において誘導される内因性リンパ管新生の観察と、その機能解析を機能阻害実験などにより検討する。最後に、心不全に対する治療的リンパ管新生の開発を予定する。
    課題2として、虚血耐性現象における新規心保護機序としての心臓リンパ管の役割の解明に取り組む。まずは虚血耐性現象により誘導されるリンパ管再構築の検討および、虚血耐性現象によるリンパ管再構築機序の検討をする。さらに、リンパ管新生調節によるIPC調節効果を検証する。
    (課題1)心臓リンパ管の生理学的状況下および心不全発症過程での役割の解明
    生理学的条件下の心臓におけるリンパ管の機能解析に取り組んだ。野生型マウス(雄; 10~12週齢)を麻酔下に開胸して、心尖部にエバンスブルーを注入して左室心筋より同色素がドレナージされる過程で、リンパ管の走行を検出・同定し心臓から集約される集合リンパ管を結紮することにより心臓のリンパ管系システム機能不全を誘導した。心臓リンパ管系機能不全に陥った際の心臓構造および機能における変化(結紮前、結紮後7日目、14日目、28日目、56日目)を経時的に観察し、線維化評価(Masson Trichrome染色)を行った。また、その際の心臓リンパ管の形態的・数的変化を評価する目的で免疫染色(LYVE1およびPodoplaninでリンパ管を同定)をそれぞれ施行した。心臓リンパ管機能不全は、左室心外膜側のリンパ管の拡張変化を伴い、また、一部は繊維化形成所見が認められた。
    <BR>
    (課題2)虚血耐性現象により誘導されるリンパ管再構築の検討
    マウスLangendorff灌流モデルを用いてEx vivoでの検証を行った。 Ischemic preconditioning (IPC)作成protocolは、既存の報告にしたがって、5分間の灌流停止と5分間の再灌流を3回繰り返し行う。引き続いて45分の灌流停止と15分の再灌流を行い、虚血再灌流(I/R)モデルの作成に取り掛かった。現在引き続き安定した同モデル確立を目指している段階である。
    課題2に関して、モデル確立が手技的に予想以上に困難であり、その後の実験が遅れている。本プロジェクト全体として、現時点では、まずは課題1を中心に進めて行く。
    (課題1)心臓リンパ管の生理学的状況下および心不全発症過程での役割の解明
    本年度の計画として、引き続きマウスサンプルサイズを増やして、心エコーなどによる心機能に及ぼす影響を評価する。その後、病態モデルでの評価に取り掛かる。心筋炎モデル作成後に心臓リンパ管システム機能を阻害する。さらには病態心での炎症、浮腫、心機能および心臓リンパ管の関連を免疫染色、ウエスタンブロットおよびqPCRを用いて評価する。最後に、心不全発症過程において内因性のリンパ管再生を、今度は“薬物的に”阻害(VFGFR3阻害薬、VEGF-C中和抗体投与)することにより、局所炎症および心筋浮腫に及ぼす影響を評価し、心臓リモデリングへの影響を同様に検証する。
    <BR>
    (課題2)虚血耐性現象により誘導されるリンパ管再構築の検討
    リンパ管内皮細胞(LEC)を用いたvitro実験で検証を行う。細胞膜表面の受容体などはendocytosisおよびexocytosisによっても密度が調節されており、最近の報告からはIPCもこのメカニズムにて細胞膜表面上のKATP Channelをリサイクルしていることが示唆されている。そこで、今回はIPCがリンパ管新生を促進する一つの機序として「リンパ管内皮細胞(LEC)細胞膜表面上のVEGFR3密度を、IPCのendocytosisおよびexocytosisの機序により調整し、リンパ管形成能が調節されるか否か」を検証する。

  2. 心血管病におけるリンパ管新生療法の展開研究

    研究課題/研究課題番号:17H06745  2017年8月 - 2019年3月

    清水 優樹

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    我が国でも乳がんをはじめとした術後のリンパ浮腫で悩まされる患者の存在は多く、これら癌に対しての手術療法の拡大やその後の生命予後の延長と共に、今後はさらに多くの方がリンパ浮腫を発症することが予想される。
    リンパ浮腫に対する対策は現在のところリンパマッサージや弾性ストッキングなどの理学療法が中心であり、有効な根本的治療は存在していない。
    従って、本研究の目的は、マウスリンパ浮腫モデルを用いて、難治性リンパ浮腫に対する新規リンパ管新生療法の開発とその分子メカニズムを明らかにすることであり、本助成期間においては「硫化水素を用いたリンパ浮腫に対する治療的リンパ管新生」に着目して、その可能性を明らかにした。
    心血管病に対してリンパ管新生を調節することを標的とした、いわゆる「治療的リンパ管新生」研究を進めていく事により、これまで有効な治療法が存在しなかった難治性心血管病に対する別の角度からの病態の解明と理解(学術的意義)、および新たなアプローチによる新規治療法の開発につながる(社会的意義)。
    本研究により、「硫化水素を用いたリンパ浮腫に対する治療的リンパ管新生」を小動物(哺乳類)において検証し、トランスレーショナルリサーチとしての成果を得ることができた。今後は本研究を発展させ、大型動物での検証、臨床導入への応用などが期待される。

 

担当経験のある科目 (本学) 4

  1. 臨床実習2

    2020

  2. 日本内科学会 内科救急・ICLS講習会

    2020

  3. 臨床実習1

    2020

  4. チュートリアル

    2017

 

社会貢献活動 2

  1. 日本内科学会救急ICLS講習会(JMECC)インストラクター

    役割:講師

    2019年11月 - 現在

  2. ICLSインストラクター

    役割:講師

    2019年11月 - 現在

メディア報道 1

  1. 幹細胞でリンパ管再生 ーリンパ浮腫治療へ道筋ー 新聞・雑誌

    中日新聞朝刊   3面  2012年7月

     詳細を見る

    執筆者:本人 

学術貢献活動 1

  1. 厚生労働省難治性血管炎に関する調査研究 大型血管炎臨床分科会協力者

    役割:学術調査立案・実施

    2020年8月 - 現在

     詳細を見る

    種別:学術調査