2021/03/31 更新

写真a

タカギ ヒロシ
髙木 博史
TAKAGI Hiroshi
所属
医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科 助教
職名
助教

研究キーワード 2

  1. 内分泌学

  2. 糖尿病学

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

経歴 1

  1. 名古屋大学医学部附属病院 糖尿病・内分泌内科   助教

    2017年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科

    - 2014年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 名古屋大学   医学部

    - 2005年

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 7

  1. 日本内科学会

  2. 日本内分泌学会

  3. 日本間脳下垂体腫瘍学会

  4. 日本神経内分泌学会

  5. 日本糖尿病学会

  6. 日本肥満学会

  7. 日本神経科学会

▼全件表示

 

論文 24

  1. Deficiency of WFS1 leads to the impairment of AVP secretion under dehydration in male mice.

    Kurimoto J, Takagi H, Miyata T, Hodai Y, Kawaguchi Y, Hagiwara D, Suga H, Kobayashi T, Sugiyama M, Onoue T, Ito Y, Iwama S, Banno R, Tanabe K, Tanizawa Y, Arima H

    Pituitary     2021年3月

     詳細を見る

  2. Arginine vasopressin-Venus reporter mice as a tool for studying magnocellular arginine vasopressin neurons.

    Hagiwara D, Tochiya M, Azuma Y, Tsumura T, Hodai Y, Kawaguchi Y, Miyata T, Kobayashi T, Sugiyama M, Onoue T, Takagi H, Ito Y, Iwama S, Suga H, Banno R, Arima H

    Peptides   139 巻   頁: 170517   2021年2月

  3. High-fat Feeding Causes Inflammation and Insulin Resistance in the Ventral Tegmental Area in Mice.

    Mizoguchi A, Banno R, Sun R, Yaginuma H, Taki K, Kobayashi T, Sugiyama M, Tsunekawa T, Onoue T, Takagi H, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Suga H, Arima H

    Neuroscience   461 巻   頁: 72 - 79   2021年2月

  4. Dietary sodium chloride attenuates increased β-cell mass to cause glucose intolerance in mice under a high-fat diet.

    Taki K, Takagi H, Hirose T, Sun R, Yaginuma H, Mizoguchi A, Kobayashi T, Sugiyama M, Tsunekawa T, Onoue T, Hagiwara D, Ito Y, Iwama S, Suga H, Banno R, Sakano D, Kume S, Arima H

    PloS one   16 巻 ( 3 ) 頁: e0248065   2021年

  5. Endoplasmic reticulum chaperone BiP/GRP78 knockdown leads to autophagy and cell death of arginine vasopressin neurons in mice

    Kawaguchi Yohei, Hagiwara Daisuke, Miyata Takashi, Hodai Yuichi, Kurimoto Junki, Takagi Hiroshi, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Grinevich Valery, Arima Hiroshi

    SCIENTIFIC REPORTS   10 巻 ( 1 )   2020年11月

  6. Degradation of Mutant Protein Aggregates within the Endoplasmic Reticulum of Vasopressin Neurons

    Miyata Takashi, Hagiwara Daisuke, Hodai Yuichi, Miwata Tsutomu, Kawaguchi Yohei, Kurimoto Junki, Ozaki Hajime, Mitsumoto Kazuki, Takagi Hiroshi, Suga Hidetaka, Kobayashi Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Banno Ryoichi, Matsumoto Mami, Kawakami Natsuko, Ohno Nobuhiko, Sakamoto Hirotaka, Arima Hiroshi

    ISCIENCE   23 巻 ( 10 )   2020年10月

  7. Generation of four induced pluripotent stem cell lines (FHUi003-A, FHUi003-B, FHUi004-A and FHUi004-B) from two affected individuals of a familial neurohypophyseal diabetes insipidus family

    Yoshida Satoru, Okura Hanayuki, Suga Hidetaka, Soen Mika, Kawaguchi Yohei, Kurimoto Junki, Miyata Takashi, Takagi Hiroshi, Arima Hiroshi, Fujikawa Tatsuya, Otsuka Fumio, Matsuyama Akifumi

    STEM CELL RESEARCH   48 巻   2020年10月

  8. The regulation of glucose metabolism by astrocytes in diet induced obesity mice

    Sugiyama M., Banno R., Sun R., Yaginuma H., Taki K., Takagi H., Ito Y., Yamanaka K., Arima H.

    DIABETOLOGIA   63 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S266 - S266   2020年9月

     詳細を見る

  9. Protein tyrosine phosphatase 1B deficiency enhances leptin action to improve glucose homeostasis in IDDM treatment with leptin

    Ito Y., Banno R., Sun R., Yaginuma H., Taki K., Sugiyama M., Tsunekawa T., Takagi H., Arima H.

    DIABETOLOGIA   63 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S12 - S12   2020年9月

     詳細を見る

  10. Peripheral combination treatment of leptin and SGLT2 inhibitor improved glucose metabolism in insulin-dependent diabetes mice

    Yaginuma H., Banno R., Sun R., Taki K., Sugiyama M., Tsunekawa T., Takagi H., Ito Y., Arima H.

    DIABETOLOGIA   63 巻 ( SUPPL 1 ) 頁: S259 - S260   2020年9月

     詳細を見る

  11. Hypothalamic glial cells isolated by MACS reveal that microglia and astrocytes induce hypothalamic inflammation via different processes under high-fat diet conditions

    Sugiyama Mariko, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Komine Okiru, Yamanaka Koji, Arima Hiroshi

    NEUROCHEMISTRY INTERNATIONAL   136 巻   2020年6月

  12. Anti-thyroid antibodies and thyroid echo pattern at baseline as risk factors for thyroid dysfunction induced by anti-programmed cell death-1 antibodies: a prospective study

    Okada Norio, Iwama Shintaro, Okuji Takayuki, Kobayashi Tomoko, Yasuda Yoshinori, Wada Eri, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Kanda Mitsuro, Yokota Kenji, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Nagino Masato, Kodera Yasuhiro, Fujishiro Mitsuhiro, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    BRITISH JOURNAL OF CANCER   122 巻 ( 6 ) 頁: 771 - 777   2020年3月

  13. Dipeptidyl peptidase-4 inhibitor anagliptin reduces fasting apolipoprotein B-48 levels in patients with type 2 diabetes: A randomized controlled

    Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Wada Eri, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Okada Norio, Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Seino Yusuke, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Hamada Yoji, Ando Masahiko, Yamamori Etsuko, Arima Hiroshi

    PLOS ONE   15 巻 ( 1 )   2020年1月

  14. Hypothalamic Contribution to Pituitary Functions Is Recapitulated In Vitro Using 3D-Cultured Human iPS Cells

    Kasai Takatoshi, Suga Hidetaka, Sakakibara Mayu, Ozone Chikafumi, Matsumoto Ryusaku, Kano Mayuko, Mitsumoto Kazuki, Ogawa Koichiro, Kodani Yu, Nagasaki Hiroshi, Inoshita Naoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Takahashi Jun, Arima Hiroshi

    CELL REPORTS   30 巻 ( 1 ) 頁: 18 - +   2020年1月

  15. Flash glucose monitoring helps achieve better glycemic control than conventional self-monitoring of blood glucose in non-insulin-treated type 2 diabetes: a randomized controlled trial

    Wada Eri, Onoue Takeshi, Kobayashi Tomoko, Handa Tomoko, Hayase Ayaka, Ito Masaaki, Furukawa Mariko, Okuji Takayuki, Okada Norio, Iwama Shintaro, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Kuwatsuka Yachiyo, Ando Masahiko, Goto Motomitsu, Arima Hiroshi

    BMJ OPEN DIABETES RESEARCH & CARE   8 巻 ( 1 )   2020年1月

  16. Pituitary dysfunction induced by immune checkpoint inhibitors is associated with better overall survival in both malignant melanoma and non-small cell lung carcinoma: a prospective study

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Okuji Takayuki, Ito Masaaki, Onoue Takeshi, Goto Motomitsu, Sugiyama Mariko, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Fujimoto Yasushi, Hibi Hideharu, Sone Michihiko, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL FOR IMMUNOTHERAPY OF CANCER   8 巻 ( 2 )   2020年

  17. Diagnosis of central diabetes insipidus using a vasopressin radioimmunoassay during hypertonic saline infusion

    Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Handa Tomoko, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Takahashi Kunihiko, Matsui Shigeyuki, Arima Hiroshi

    ENDOCRINE JOURNAL   67 巻 ( 3 ) 頁: 267 - 274   2020年

  18. Diagnosis and treatment of autoimmune and IgG4-related hypophysitis: clinical guidelines of the Japan Endocrine Society

    Takagi Hiroshi, Iwama Shintaro, Sugimura Yoshihisa, Takahashi Yutaka, Oki Yutaka, Akamizu Takashi, Arima Hiroshi

    ENDOCRINE JOURNAL   67 巻 ( 4 ) 頁: 373 - 378   2020年

  19. GABA(B) Receptor Signaling in the Mesolimbic System Suppresses Binge-like Consumption of a High-Fat Diet

    Tsunekawa Taku, Banno Ryoichi, Yaginuma Hiroshi, Taki Keigo, Mizoguchi Akira, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Bettler Bernhard, Arima Hiroshi

    ISCIENCE   20 巻   頁: 337 - +   2019年10月

  20. Improved methods for the differentiation of hypothalamic vasopressin neurons using mouse induced pluripotent stem cells

    Mitsumoto Kazuki, Suga Hidetaka, Sakakibara Mayu, Soen Mika, Yamada Tomiko, Ozaki Hajime, Nagai Takashi, Kano Mayuko, Kasai Takatoshi, Ozone Chikafumi, Ogawa Koichiro, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    STEM CELL RESEARCH   40 巻   2019年10月

  21. Tanycyte-Like Cells Derived From Mouse Embryonic Stem Culture Show Hypothalamic Neural Stem/Progenitor Cell Functions

    Kano Mayuko, Suga Hidetaka, Ishihara Takeshi, Sakakibara Mayu, Soen Mika, Yamada Tomiko, Ozaki Hajime, Mitsumoto Kazuki, Kasai Takatoshi, Sugiyama Mariko, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    ENDOCRINOLOGY   160 巻 ( 7 ) 頁: 1701 - 1718   2019年7月

  22. Chemical chaperone 4-phenylbutylate reduces mutant protein accumulation in the endoplasmic reticulum of arginine vasopressin neurons in a mouse model for familial neurohypophysial diabetes insipidus

    Tochiya Masayoshi, Hagiwara Daisuke, Azuma Yoshinori, Miyata Takashi, Morishita Yoshiaki, Suga Hidetaka, Onoue Takeshi, Tsunekawa Taku, Takagi Hiroshi, Ito Yoshihiro, Iwama Shintaro, Goto Motomitsu, Banno Ryoichi, Arima Hiroshi

    NEUROSCIENCE LETTERS   682 巻   頁: 50-55   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2018.06.013

    Web of Science

    PubMed

  23. Patients With Antithyroid Antibodies Are Prone To Develop Destructive Thyroiditis by Nivolumab: A Prospective Study

    Kobayashi Tomoko, Iwama Shintaro, Yasuda Yoshinori, Okada Norio, Tsunekawa Taku, Onoue Takeshi, Takagi Hiroshi, Hagiwara Daisuke, Ito Yoshihiro, Morishita Yoshiaki, Goto Motomitsu, Suga Hidetaka, Banno Ryoichi, Yokota Kenji, Hase Tetsunari, Morise Masahiro, Hashimoto Naozumi, Ando Masahiko, Kiyoi Hitoshi, Gotoh Momokazu, Ando Yuichi, Akiyama Masashi, Hasegawa Yoshinori, Arima Hiroshi

    JOURNAL OF THE ENDOCRINE SOCIETY   2 巻 ( 3 ) 頁: 241-251   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1210/js.2017-00432

    Web of Science

    PubMed

  24. NMDA receptor antagonist prevents cell death in the hippocampal dentate gyrus induced by hyponatremia accompanying adrenal insufficiency in rats

    Izumida Hisakazu, Takagi Hiroshi, Fujisawa Haruki, Iwata Naoko, Nakashima Kohtaro, Takeuchi Seiji, Iwama Shintaro, Namba Takashi, Komatu Yukio, Kaibuchi Kozo, Oiso Yutaka, Arima Hiroshi, Sugimura Yoshihisa

    EXPERIMENTAL NEUROLOGY   287 巻 ( Pt 1 ) 頁: 65-74   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.expneurol.2016.08.007

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. 経口抗利尿ホルモン薬の臨床

    有馬 寛( 担当: 共著)

    最新医学  2017年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. 妊娠分娩時の中枢性尿崩症の診断と治療

    有馬 寛( 担当: 共著)

    科学評論社  2017年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

科研費 2

  1. 塩分過剰摂取が高脂肪食による肥満症発症を助長する機序の解明

    研究課題/研究課題番号:19K20180  2019年04月 - 2021年03月

    若手研究

    高木 博史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    世界的に内臓脂肪蓄積を基盤とするメタボリック症候群が蔓延する中、その対策は喫緊の課題である。内臓脂肪蓄積を抑制するための食事療法の基盤はカロリー制限であるが、日常臨床における奏効率は十分とは言い難い。研究代表者は内臓脂肪蓄積を促進する食事由来の因子として塩分過剰摂取に着目した。本研究においては、塩分過剰摂取が内臓脂肪蓄積を促進し、臓器障害を進展させるという仮説を検証する。塩分過剰摂取によってメタボリック症候群が増悪する機序を解明し、塩分の摂取量の適正化による内臓脂肪蓄積と臓器障害進展の抑制という新たな観点からの肥満症の予防・治療法への応用展開を目指す。
    本研究は、食塩過剰摂取が内臓脂肪蓄積を促進し、臓器障害や代謝障害を進展させるという仮説を検証し、その機序を解明することを目的としている。
    C57/BL6雄マウスに対し、高脂肪食あるいは、高脂肪食に食塩濃度を2%、4%となるように調合した高脂肪+高塩分食を給餌し、両群を比較した。高脂肪食+高塩分食(食塩濃度2%)の群では、20~22週で高脂肪食群との体重差が消失したが、精巣周囲脂肪量が有意に多く、腹部CTでも内臓脂肪量の増加を認めた。高脂肪+高塩分食(食塩濃度4%)の群では、高脂肪食群と比較して体重が有意に低いにも関わらず、精巣周囲脂肪量は有意に多かった。一方で、普通食と普通食+高塩分食(食塩濃度4%)を比較した場合は、両者に体重と精巣周囲脂肪量の差は認められなかった。以上の検討により、高脂肪食に食塩過剰摂取が伴うと、精巣周囲脂肪に代表される内臓脂肪蓄積が促進する可能性が示唆された。精巣周囲脂肪における炎症性サイトカイン発現を比較したところ、高脂肪食と高脂肪食+高塩分食群において、単位当たりの発現量に有意な差を認めなかった。他臓器への影響を検討した結果、高脂肪+高塩分食群においては、肝重量は有意に低く、脂肪滴含有量が有意に低下していた。さらに興味深いことに高脂肪+高塩分食群においては、高脂肪食群と比較して耐糖能が悪化し、インスリン分泌不全を認め、膵島の数と面積が有意に低下していた。この結果から、高脂肪食によって誘導される膵島の増殖が食塩過剰摂取によって抑制されている可能性が示唆された。
    今後は、これらの病態形成に関わる因子を同定するとともに、食塩摂取制限の有用性を明らかにし、食塩摂取量の適正化による栄養指導や新しい概念の薬物療法に繋げ、メタボリック症候群に対する有効な治療法の確立を目指す。
    高脂肪食で肥満を呈しやすく、食塩負荷で高血圧を呈しにくいとされるC57/BL6雄マウスを用い、①普通食、②普通食+高塩分食、③高脂肪食、④高脂肪+高塩分食に分け、体重変化、摂餌量を比較した。その結果、高脂肪+高塩分食群においては、高脂肪食群と比較して体重増加が抑制されるにも関わらず内臓脂肪量が増加する結果を得た。代謝ケージを用いて、酸素消費量、エネルギー消費量、活動量を比較する方針であったが、代謝ケージの故障により計画通り検討を進めることが困難であった。内臓脂肪、皮下脂肪、褐色脂肪組織における遺伝子発現を検討し、4群における脂肪組織での遺伝子発現の差異を解析した。また、高脂肪+高塩分食群では、高脂肪食群と比較して、肝重量が低下し、脂肪滴も減少していた。膵においては、膵島の数、面積が有意に低下していた。これらの解析から、高脂肪+高塩分食による諸臓器への影響をさらに検討することができると考える。普通食群と普通食+高塩分食群の比較においては、両群の体重、精巣周囲脂肪量などに有意差は認めなかった。高脂肪食+高塩分食で観察された病態の形成機序の解析、治療法の探索については今後の課題である。
    これまでの検討により、高脂肪食に食塩過剰摂取が伴うことによって、内臓脂肪の蓄積の促進、インスリン分泌不全による耐糖能の悪化、膵島の数、面積の低下といった病態形成作用が示唆された。一方で、肝重量、肝脂肪滴の解析からは脂肪肝への進展は抑制されており、食塩過剰摂取による悪影響は臓器によって異なることが示唆された。今後はこのような病態を形成する機序を明らかにしたい。そのために、営巣周囲脂肪の組織学的、免疫学的解析を詳細に行いたい。また諸臓器への影響は多面的であることから、免疫応答や自立神経系による調整の関与を視野に入れて解析を進めたいと考えている。また、食塩摂取量が増加すると体重増加は抑制されることが示された。この機序としてエネルギー消費の増大やエネルギー吸収の抑制といった観点で解析を進める。さらに、治療法の確立を視野に入れ、減塩による諸臓器への影響を評価し、既存の薬剤を用いて、内臓脂肪量増加、耐糖能悪化を抑制するための治療法の探索を進める。

  2. 塩分過剰摂取が視床下部炎症を介して肥満を助長する機序の解明

    研究課題/研究課題番号:17K17803  2017年04月 - 2019年03月

    高木 博史

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3510000円 ( 直接経費:2700000円 、 間接経費:810000円 )

    食塩過剰摂取が肥満や糖代謝に及ぼす影響についての結論は定まっていない。マウスに高脂肪・高塩分食を与えた群は、通常の高脂肪食を与えた群に比較して、体重増加が緩徐であったが、内臓脂肪量が増加した。肥満の病態において視床下部に炎症が生じることが知られているが、両群の視床下部弓状核における炎症性サイトカインの遺伝子発現には差は認められなかった。糖代謝への影響を検討した結果、高脂肪高塩分食群においては、高脂肪食群と比較してインスリン分泌が低下し耐糖能が悪化した。
    食塩過剰摂取が肥満や糖尿病の危険因子となるかについては結論が定まっていない。本研究によりマウスにおいて高脂肪食に食塩過剰摂取が加わると、体重増加は抑制されるものの内臓脂肪量が増加し、耐糖能悪化、インスリン分泌不全を来たすことが見出された。その機序として視床下部炎症や中枢神経系を介した代謝制御の関与については今後も検討する必要がある。

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 内分泌・代謝

    2018

  2. 現代医療と生命科学

    2018