2021/04/02 更新

写真a

クリモト ミチヒロ
栗本 路弘
KURIMOTO Michihiro
所属
医学部附属病院 脳神経外科 病院助教
職名
病院助教

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 脳神経外科学  / 小児神経外科

 

論文 7

  1. Rapid sensitive analysis of IDH1 mutation in lower-grade gliomas by automated genetic typing involving a quenching probe 招待有り 査読有り

    Michihiro Kurimoto , Hiromichi Suzuki , Kosuke Aoki , Fumiharu Ohka , Goro Kondo , Kazuya Motomura , Kentaro Iijima , Akane Yamamichi , Melissa Ranjit , Toshihiko Wakabayashi , Shinya Kimura , Atsushi Natsume

    Cancer Investigation   34 巻 ( 1 ) 頁: 5 - 12   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    DOI: 10.3109/07357907.2015.1084001

  2. Ependymoma-like tumor with mesenchymal differentiation harboring C11orf95-NCOA1/2 or -RELA fusion: A hitherto unclassified tumor related to ependymoma

    Tomomasa Ran, Arai Yasuhito, Kawabata-Iwakawa Reika, Fukuoka Kohei, Nakano Yoshiko, Hama Natsuko, Nakata Satoshi, Suzuki Nozomi, Ishi Yukitomo, Tanaka Shinya, Takahashi Jun A., Yuba Yoshiaki, Shiota Mitsutaka, Natsume Atsushi, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Aoki Mikiko, Nabeshima Kazuki, Enomoto Toshiyuki, Inoue Tooru, Fujimura Junya, Kondo Akihide, Yao Takashi, Okura Naoki, Hirose Takanori, Sasaki Atsushi, Nishiyama Masahiko, Ichimura Koichi, Shibata Tatsuhiro, Hirato Junko, Yokoo Hideaki, Nobusawa Sumihito

    BRAIN PATHOLOGY     2021年2月

     詳細を見る

  3. Postoperative stroke and neurological outcomes in the early phase after revascularization surgeries for moyamoya disease: an age-stratified comparative analysis

    Araki Yoshio, Yokoyama Kinya, Uda Kenji, Kanamori Fumiaki, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Mamiya Takashi, Nishihori Masahiro, Izumi Takashi, Sumitomo Masaki, Okamoto Sho, Matsui Kota, Emoto Ryo, Wakabayashi Toshihiko, Matsui Shigeyuki, Natsume Atsushi

    NEUROSURGICAL REVIEW     2021年1月

  4. INFANTILE HEMISPHERIC BRAIN TUMOR WITH A GOPC-ROS1 FUSION GENE: A CASE REPORT

    Taniguchi Rieko, Natsume Atsushi, Kawashima Nozomu, Tanioka Shinji, Muramatsu Hideki, Hamada Motoharu, Ichikawa Daisuke, Imaya Masayuki, Narita Kotaro, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Aoki Kosuke, Ohka Fumiharu, Hirato Junko, Wakabayashi Toshihiko, Takahashi Yoshiyuki

    NEURO-ONCOLOGY   22 巻   頁: 377 - 377   2020年12月

     詳細を見る

  5. POSTOPERATIVE MANAGEMENT OF PEDIATRIC MOYAMOYA DISEASE

    Muraoka S., Araki Y., Kondo G., Kurimoto M., Uda K., Ota S., Okamoto S., Wakabayashi T.

    INTERNATIONAL JOURNAL OF STROKE   13 巻   頁: 77 - 77   2018年10月

     詳細を見る

  6. Postoperative Cerebral Infarction Risk Factors and Postoperative Management of Pediatric Patients with Moyamoya Disease

    Muraoka Shinsuke, Araki Yoshio, Kondo Goro, Kurimoto Michihiro, Shiba Yoshiki, Uda Kenji, Ota Shinji, Okamoto Sho, Wakabayashi Toshihiko

    WORLD NEUROSURGERY   113 巻   頁: E190 - E199   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.wneu.2018.01.212

    Web of Science

    PubMed

  7. A novel all-in-one intraoperative genotyping system for IDH1-mutant glioma

    Ohka Fumiharu, Yamamichi Akane, Kurimoto Michihiro, Motomura Kazuya, Tanahashi Kuniaki, Suzuki Hiromichi, Aoki Kosuke, Deguchi Shoichi, Chalise Lushun, Hirano Masaki, Kato Akira, Nishimura Yusuke, Hara Masahito, Kato Yukinari, Wakabayashi Toshihiko, Natsume Atsushi

    BRAIN TUMOR PATHOLOGY   34 巻 ( 2 ) 頁: 91 - 97   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10014-017-0281-0

    Web of Science

    PubMed

▼全件表示

科研費 2

  1. 微量DNA捕捉ナノワイヤと迅速SNP検出装置を用いた脳腫瘍リキッドバイオプシー

    研究課題/研究課題番号:20K17927  2020年04月 - 2024年03月

    若手研究

    栗本 路弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

    血液検体由来のDNAに対するサンガーシークエンスを併用し、脳腫瘍の病型診断に必要な情報を網羅する。これらすべてに同じ腫瘍組織における通常シークエンスの結果を照合、また実際に術中解析を施行し病理診断と合わせて検証する。さらに診断的価値が高い遺伝子変異に対して強制発現細胞株を樹立し、条件検討を行った後に迅速診断技術を開発する。同時にナノワイヤでの髄液あるいは尿からのリキッドバイオプシー検体からDNA採取をし、遺伝子変異の検出を行う。以上の解析を組み合わせて脳腫瘍における超短時間オールインワン術中遺伝子変異診断技術の完成とする。

  2. 正電荷ナノワイヤと高感度SNP検出装置による脳腫瘍リキッドバイオプシー遺伝子診断

    研究課題/研究課題番号:17H06742  2017年08月 - 2019年03月

    栗本 路弘

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    世界的に脳腫瘍の次世代ゲノム解析が進められ、予後予測や組織分類に有用な遺伝子変異が示唆された。今後の課題は個々の腫瘍での解析とそれに基づく層別化医療である。そこでsingle nucleotide polymorphism (SNP)を90分で検出できる装置を用いて、IDH1R132Hが高精度で検出できることを実証した。極めて鋭敏であるため、髄液中に浮遊するIDH1R132Hも検出できることを見出した。最終的には本学工学部が開発したナノワイヤで微量のcell-free DNAを捕捉し、血清もしくは尿中診断にまた本手法は他のバイオマーカー遺伝子変異にも応用できることを確認した。
    世界的に脳腫瘍の次世代ゲノム解析が進められ、予後予測や組織分類に有用な遺伝子変異が示唆された。今後の課題は個々の腫瘍での解析とそれに基づく層別化医療である。そこでsingle nucleotide polymorphism (SNP)を90分で検出できる装置を用いて、IDH1R132Hが高精度で検出できることを実証した。極めて鋭敏であるため、髄液中に浮遊するIDH1R132Hも検出できることを見出した。最終的には本学工学部が開発したナノワイヤで微量のcell-free DNAを捕捉し、血清もしくは尿中診断にまた本手法は他のバイオマーカー遺伝子変異にも応用できることを確認した。