2022/07/24 更新

写真a

オカベ カズト
岡部 一登
OKABE Kazuto
所属
大学院医学系研究科 総合医学専攻 頭頸部・感覚器外科学 助教
大学院担当
大学院医学系研究科
学部担当
医学部 医学科
職名
助教

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2009年3月   名古屋大学 ) 

経歴 6

  1. 名古屋大学   顎顔面外科学   助教

    2021年7月 - 現在

  2. 名古屋大学医学部附属病院   歯科口腔外科   助教

    2017年4月 - 2021年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 豊田厚生病院   歯科口腔外科   医長

    2012年4月 - 2017年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 豊田厚生病院   歯科口腔外科   医員

    2009年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 愛知県がんセンター   麻酔科   研修医

    2004年4月 - 2004年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋大学医学部附属病院   歯科口腔外科   研修医

    2003年5月 - 2005年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   細胞情報医学

    - 2009年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 九州大学   歯学部   歯学科

    - 2003年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 6

  1. 日本口腔外科学会   認定医・専門医

  2. 日本口腔科学会   認定医・指導医

  3. 有病者歯科医療学会   認定医・専門医

  4. 日本顎顔面インプラント学会

  5. 口腔腫瘍学会

  6. 口腔インプラント学会

▼全件表示

 

論文 25

  1. Langerhans cell histiocytosis of single-system multifocal bone, including the mandible, in a 22-month-old child: A case report

    Sakai Kiyoshi, Yamamoto Noriyuki, Yamaguchi Satoshi, Okabe Kazuto, Koma Yoshiro, Hibi Hideharu

    ORAL SCIENCE INTERNATIONAL     2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1002/osi2.1147

    Web of Science

  2. Efficacy of semi-solidification of enteral nutrients for postoperative nutritional management with a nasogastric tube 査読有り

    Kazuto Okabe, Ryuji Kaneko, Takamasa Kawai, Yuya Ohta, Go Ohara, Hideharu Hibi

    Nagoya Journal of Medical Science   84 巻 ( 2 ) 頁: 366 - 373   2022年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  3. 後天性von Willebrand症候群の抜歯経験 査読有り

    澤木廉,岡部一登,坂口晃平,坂倉寛紀,兼子隆次,日比英晴

    日本口腔外科学会雑誌   67 巻 ( 7 ) 頁: 459 - 463   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  4. 上顎洞底挙上術後20年以上経過した無歯顎症例 査読有り

    岡部一登,上嶋伸知,木下一彦,日比英晴

    日本顎顔面インプラント学会誌   19 巻 ( 4 ) 頁: 293-299   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  5. The effect of macrophages on an atmospheric pressure plasma-treated titanium membrane with bone marrow stem cells in a model of guided bone regeneration. 査読有り

    Toyama N, Tsuchiya S, Kamio H, Okabe K, Kuroda K, Okido M, Hibi H

    Journal of materials science. Materials in medicine   31 巻 ( 8 ) 頁: 70   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10856-020-06412-7

    PubMed

  6. Chondroitin-4-sulfate transferase-1 depletion inhibits formation of a proteoglycan-rich layer and alters immunotolerance of bone marrow mesenchymal stem cells on titanium oxide surfaces. 査読有り

    Kamio H, Tsuchiya S, Kuroda K, Okido M, Okabe K, Ohta Y, Toyama N, Hibi H

    Acta biomaterialia     2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.actbio.2020.07.034

    PubMed

  7. Oral self-injury associated with septicaemia in a case of Cornelia de Lange syndrome 査読有り

    Kazuto Okabe, Ryuji Kaneko, Takamasa Kawai, Fumiya Kano, Yuya Ohta, Hideharu Hibi

    Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   32 巻 ( 2 ) 頁: 136-139   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.ajoms.2019.10.003

  8. 先天性無フィブリノゲン血症患者の抜歯術における周術期管理を行った1例 査読有り

    岡部一登,土屋周平,酒井 陽,松下嘉泰,杉本圭佑,日比英晴

    日本口腔外科学会雑誌   65 巻 ( 8 ) 頁: 507-512   2019年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  9. 静脈内鎮静法を用いて多数歯抜歯を行った異型ポルフィリン症の1例 査読有り

    若山博隆,夫 才成,藤尾正人,安藤友二,岡部一登,日比英晴

    日本口腔外科学会雑誌   65 巻 ( 8 ) 頁: 519-522   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  10. Design of a Randomized Controlled Clinical Study of tissue-engineered osteogenic materials using bone marrow-derived mesenchymal cells for Maxillomandibular bone defects in Japan: the TEOM study protocol. 査読有り

    Shimizu S, Tsuchiya S, Hirakawa A, Kato K, Ando M, Mizuno M, Osugi M, Okabe K, Katagiri W, Hibi H

    BMC oral health   19 巻 ( 1 ) 頁: 69   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12903-019-0753-1

    PubMed

  11. 免疫組織化学的検討により診断された上顎骨歯原性角化嚢胞の1例 査読有り

    宇佐見一公,兼子隆次,河合孝真,岡部一登,水野 肇,日比英晴

    有病者歯科医療   28 巻 ( 1 ) 頁: 18-24   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  12. 再発後に顕在化したG-CSF・PTHrP産生舌癌の1例 査読有り

    兼子隆次,河合孝真,岡部一登

    日本口腔腫瘍学会誌   31 巻 ( 1 ) 頁: 17-23   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  13. 下顎歯肉癌の手術中に重篤な心筋虚血を生じた1例 査読有り

    河合孝真,兼子隆次,岡部一登,宇佐見一公,望月大督

    日本口腔外科学会雑誌   64 巻 ( 12 ) 頁: 720-725   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  14. Ophthalmoplegia considered to be Tolosa-Hunt syndrome: A case report 査読有り

    Okabe Kazuto, Kaneko Ryuji, Kawai Takamasa, Mochizuki Daisuke, Tsuchiya Shuhei, HIbi Hideharu

    JOURNAL OF ORAL AND MAXILLOFACIAL SURGERY MEDICINE AND PATHOLOGY   30 巻 ( 5 ) 頁: 461-465   2018年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajoms.2018.04.001

    Web of Science

  15. Kaempferol-immobilized titanium dioxide promotes formation of new bone: effects of loading methods on bone marrow stromal cell differentiation in vivo and in vitro

    Tsuchiya Shuhei, Sugimoto Keisuke, Kamio Hisanobu, Okabe Kazuto, Kuroda Kensuke, Okido Masazumi, Hibi Hideharu

    INTERNATIONAL JOURNAL OF NANOMEDICINE   13 巻   頁: 1665 - 1676   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/IJN.S150786

    Web of Science

    PubMed

  16. Third molar pericoronitis in neutropenia

    Kano Fumiya, Ichimura Norihisa, Wakayama Yukiko, Okabe Kazuto, Sakakura Hiroki, Hibi Hideharu

    IDCASES   13 巻   頁: e00419   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.idcr.2018.e00419

    Web of Science

    PubMed

  17. 高齢者の歯肉癌術後に投与した抗菌薬が契機となって発症したClostridium difficle感染症の1例. 査読有り

    兼子隆次,河合孝真,岡部一登.

    歯科薬物療法   34 巻 ( 3 ) 頁: 126-131   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  18. 下顎智歯周囲炎を契機に診断された歯肉壊死を伴う急性前骨髄球性白血病の1例. 査読有り

    岡部一登, 兼子隆次, 上田 実.

    有病者歯科医療   22 巻 ( 2 ) 頁: 119-126   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  19. ターミナルステージの口腔癌に対するプレガバリンの鎮痛効果に関する検討. 査読有り

    兼子隆次, 川口拓郎, 遠矢東剛, 岡部一登, 上田 実.

    歯科薬物療法学会   31 巻 ( 3 ) 頁: 101-107   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. 緩和ケア病棟における終末期口腔癌患者の臨床的検討. 査読有り

    兼子隆次, 岡部一登, 小崎英雄, 川口拓郎, 上田 実.

    Hospital Dentistry & Oral-Maxillofacial Surgery   24 巻 ( 2 ) 頁: 167-173   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Stem cells from human exfoliated deciduous teeth (SHED) enhance wound healing and the possibility of novel cell therapy 査読有り

    Nishino Yudai, Yamada Yoichi, Ebisawa Katsumi, Nakamura Sayaka, Okabe Kazuto, Umemura Eri, Hara Kenji, Ueda Minoru

    CYTOTHERAPY   13 巻 ( 5 ) 頁: 598 - 605   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/14653249.2010.542462

  22. Human Deciduous Teeth Dental Pulp Cells With Basic Fibroblast Growth Factor Enhance Wound Healing of Skin Defect 査読有り

    20110300

    JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   22 巻 ( 2 ) 頁: 438 - 442   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SCS.0b013e318207b507

  23. Bone Regeneration with Self-Assembling Peptide Nanofiber Scaffolds in Tissue Engineering for Osseointegration of Dental Implants 査読有り

    Kohgo Tomoyuki, Yamada Yoichi, Ito Kenji, Yajima Akihiro, Yoshimi Ryoko, Okabe Kazuto, Baba Shunsuke, Ueda Minoru

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PERIODONTICS & RESTORATIVE DENTISTRY   31 巻 ( 4 ) 頁: E9 - E16   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Self-Assembling Peptide Nanofiber Scaffolds, Platelet-Rich Plasma, and Mesenchymal Stem Cells for Injectable Bone Regeneration With Tissue Engineering 査読有り

    Yoshimi Ryoko, Yamada Yoichi, Ito Kenji, Nakamura Sayaka, Abe Akihiro, Nagasaka Tetsuro, Okabe Kazuto, Kohgo Tomoyuki, Baba Shunsuke, Ueda Minoru

    JOURNAL OF CRANIOFACIAL SURGERY   20 巻 ( 5 ) 頁: 1523 - 1530   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/SCS.0b013e3181b09b7e

  25. Injectable soft-tissue augmentation by tissue engineering and regenerative medicine with human mesenchymal stromal cells, platelet-rich plasma and hyaluronic acid scaffolds 査読有り

    Okabe Kazuto, Yamada Yoichi, Ito Kenji, Kohgo Tomoyuki, Yoshimi Ryoko, Ueda Minoru

    CYTOTHERAPY   11 巻 ( 3 ) 頁: 307 - 316   2009年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/14653240902824773

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. Infected bone substitute after the bone augmentation in the maxilla: A case report

    Kazuto Okabe, Akira Sayo, Yuya Ohta, Go Ohara, Noriyuki Yamamoto, Hideharu Hibi( 担当: 共著)

    Japanese Stomatological Society  2021年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  2. Evaluation of the effect of polaprezinc against oral mucositis associated with concurrent chemoradiotherapy

    Kazuto Okabe, Ryuji Kaneko, Kazutada Usami, Takamasa Kawai, Fumiya Kano, Hideharu Hibi( 担当: 共著)

    Japanese Stomatological Society  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  3. 再生医療とインプラント

    上田実他( 担当: 分担執筆)

    クインテッセンス出版株式会社  2007年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

講演・口頭発表等 72

  1. 硬化性歯原性癌の1例

    江幡凌,岡部一登,山本憲幸,河合孝真,宮坂紗季,日比英晴

    第47回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2022年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛知県名古屋市   国名:日本国  

  2. 創外固定法が奏効した下顎骨骨折の1例

    井村美孔,佐藤康太郎,江幡凌,神道紀依,佐世曉,岡部一登,日比英晴

    第47回日本口腔外科学会中部支部学術集会  2022年5月21日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛知県名古屋市   国名:日本国  

  3. ヒト歯髄幹細胞由来細胞外小胞が放射線性顎骨壊死に与える効果

    小原豪,岡部一登,宋しん蔓,渡邊純奈,外山直人,太田優也,小間義朗,日比英晴

    第76回日本口腔科学会学術集会  2022年4月22日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡県福岡市   国名:日本国  

  4. 顎骨再建後にインプラント体の周囲に再発した下顎歯肉癌の1例

    佐世曉,岡部一登,上嶋信知,外山直人,日比英晴

    第25回日本顎顔面インプラント学会  2021年12月11日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋市   国名:日本国  

  5. エミシズマブ投与中のインヒビター保有先天性血友病A患者に対し抜歯術を施行した一例

    太田優也,岡部一登,椙村有紀子,佐世 暁,浦田悠輔,日比英晴

    第66回日本口腔外科学会総会・学術大会  2021年11月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉  

  6. p53変異頭頸部扁平上皮癌に対するTRAILと温熱療法を併用した治療法

    小原 豪,岡部一登,太田優也,山本憲幸,外山直人,浦田悠輔,日比英晴

    第66回日本口腔外科学会総会・学術大会  2021年11月12日 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月 - 2021年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

  7. Fam20B depletion inhibits formation of proteoglycan-rich layer and alters calcification ability of bone marrow mesenchymal stem cells on titanium oxide surfaces

    Song Xinman, Kazuto Okabe, Hisanobu Kamio, Yuya Ohta, Go Ohara, Naoto Toyama, Hideharu Hibi

    第75回日本口腔科学会学術集会  2021年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  8. 温熱療法を併用したTRAILの頭頸部扁平上皮癌に対する抗腫瘍効果

    小原 豪,岡部一登,太田優也,山本憲幸,日比英晴

    第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会  2021年 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月 - 2021年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  9. 広範囲顎骨支持型装置の周囲に下顎歯肉癌が再発した1例

    佐世暁,岡部一登,日比英晴

    第24回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. 後天性血友病A患者に生じた頬部蜂窩織炎の1例

    太田優也,岡部一登,坂倉寛紀,山本憲幸,山口聡,日比英晴

    第63回日本口腔科学会中部地方部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  11. 汎発性帯状疱疹を併発した不完全型Ramsay-Hunt症候群の1例 国際会議

    宮坂紗季,岡部一登,酒井陽,若山有紀子,大森正裕,坂口晃平,日比英晴

    第63回日本口腔科学会中部地方部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月 - 2020年11月

    記述言語:日本語  

    国名:日本国  

  12. 骨再生についてのわれわれの取り組みの変遷 招待有り

    岡部一登,藤尾正人,酒井陽,椙村有紀子,坂口晃平,渡邊純奈,日比英晴

    第50回日本口腔インプラント学会記念学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  13. 骨造成後の骨補填材に感染が波及した1例

    渡邊純奈,岡部一登,酒井陽,藤尾正人,椙村有紀子,坂口晃平,佐世曉,日比英晴

    第50回日本口腔インプラント学会記念学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  14. シリコーンアレルギー患者における周術期管理の経験

    坂口晃平,岡部一登,佐藤康太郎,澤木廉,日比英晴

    第29回日本有病者歯科医療学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. インプラント撤去窩に填入された骨補填材に感染が波及した1例

    佐世暁,岡部一登,日比英晴

    第23回日本顎顔面インプラント学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月 - 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. 大気圧プラズマ処理したチタンがマクロファージの極性変化と骨形成に与える影響

    外山直人,土屋周平,黒田健介,藤尾正人,岡部一登,荻須宏太,神尾尚伸,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. TNF-α刺激歯根膜由来間葉系幹細胞の頭頸部扁平上皮癌に対する抗腫瘍効果

    小原豪,土屋周平,太田優也,神尾尚伸,岡部一登,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. オッセオインテグレーションを構成するコンドロイチン4硫酸の機能解析

    神尾尚伸,土屋周平,黒田健介,藤尾正人,岡部一登,荻須宏太,外山直人,太田優也,日比英晴

    第64回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. TNF-α刺激歯髄由来間葉系幹細胞はTRAILを介して口腔扁平上皮癌を抑制する 国際会議

    太田優也,土屋周平,神尾尚伸,岡部一登,日比英晴

    第43回日本頭頸部癌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 伸展刺激下で得た細胞培養上清における骨形成・血管新生能の検討

    荻須宏太,藤尾正人,土屋周平,岡部一登,外山直人,日比英晴

    第73回日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  21. 糖尿病を合併する口腔癌患者の術後に半固形化低糖質経腸栄養剤を用いて血糖および栄養管理を行った2 例

    兼子隆次,河合孝真,宇佐美一公,岡部一登,日比英晴

    第73回日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  22. 後天性von Willebrand症候群患者における抜歯経験

    赤坂廉,岡部一登,坂口晃平,日比英晴

    第28回有病者歯科医療学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  23. Effects of Mesenchymal Stem Cell-derived Exosomes for Rat BRONJ Model 国際会議

    Watanabe J, Sakai K, Okabe K, Sugimura Y, Sakaguchi K, Tsuruta T, Hibi H

    The 96th General Session and exhibition of the IADR 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. 経管栄養における半固形化投与法の検討

    岡部一登,兼子隆次,河合孝真,日比英晴

    第38回日本歯科薬物療法学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  25. インヒビター保有血友病A患者におけるバイパス療法下の抜歯経験

    岡部一登,佐藤康太郎,日比英晴

    第27回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. ビスホスホネート関連顎骨壊死に対する間葉系幹細胞由来エクソソームを用いた治療の可能性

    渡邊純奈, 酒井 陽, 岡部一登, 若山有紀子, 坂口晃平, 鶴田剛士, 日比英晴

    第72回日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  27. チタン表面の大気圧プラズマ処理がマクロファージの挙動におよぼす影響の検討

    外山直人,土屋周平,原憲史,藤尾正人,岡部一登,佐世暁,荻須宏太,神尾尚伸,日比英晴

    第63回日本口腔外科学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  28. 間葉系幹細胞由来エクソソームを用いたBRONJに対する治療の有効性の検討

    渡邊純奈,酒井陽,岡部一登,椙村有紀子,坂口晃平,鶴田剛士,中道瑛司,日比英晴

    第63回日本口腔外科学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. 顎矯正手術後に原因特定困難な呼吸障害が生じた1例~口腔外科医の対応について~

    坂倉寛紀,下島千明,藤尾正人,岡部一登,山口聡,西川雅也,日比英晴

    第63回日本口腔外科学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  30. A study on the cases of soft tissue sarcoma in oral and maxillofacial region 国際会議

    Kaneko R, Okabe K, Kawai T.

    23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. 周術期に冠動脈の血行再建術を施行した2例.

    岡部一登,兼子隆次,河合孝真

    第26回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  32. 他家骨髄由来間葉系細胞の移植による骨再生の検討

    渡邊純奈,片桐渉,大杉将嗣,酒井陽,岡部一登,椙村有紀子,坂口晃平,鶴田剛士,外山直人,日比英晴

    日本口腔インプラント学会第38回中部支部学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  33. 顎下部に発生した滑膜肉腫の1例. 国際会議

    兼子隆次,岡部一登,河合孝真,山本憲幸,日比英晴.

    第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. 顔面外傷を契機に発見されたびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の1例.

    石黒貴之,兼子隆次,望月大督,河合孝真,岡部一登.

    第41回日本口腔外科学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  35. 経管栄養管理における半固形化投与の検討.

    岡部一登,兼子隆次,河合孝真,南部和也,石黒貴之

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  36. 当科における口腔内異物の臨床的検討.

    南部和也,兼子隆次,石黒貴之,岡部一登,藤本雄大

    第40回日本口腔外科学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  37. 歯肉がんの術後に発症したClostridium difficile感染症の一例.

    兼子隆次,岡部一登,河合孝真

    第35回日本歯科薬物療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. 手術中に重篤な冠動脈疾患を合併したため再建法を変更した下顎歯肉癌の1例.

    河合孝真,兼子隆次,岡部一登,石黒貴之

    第60回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  39. 敗血症性ショックへの関連が疑われた口腔粘膜損傷の1例.

    岡部一登、兼子隆次、川口拓郎、南部和也、石黒貴之、上田実.

    第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. 転移後に白血球増加を呈した G-CSF 産生舌癌の一例.

    兼子隆次,岡部一登,川口拓郎,上田実

    第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  41. 大量γグロブリン療法が奏効した尋常性天疱瘡の1例.

    岡部一登、兼子隆次、川口拓郎、南部和也、上田実

    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. 頭頸部癌の治療による口腔粘膜障害に対する取り組み −亜鉛を含む栄養補助と口腔ケアの見直しを行った結果-.

    吉野佐知子、岡部一登、池内美江佳、小野晴美、勝野知子

    第62回日本農村医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. 緩和ケア病棟における当院口腔癌患者の臨床的検討.

    兼子隆次、岡部一登、川口拓郎、南部和也、上田実

    第58回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  44. 口腔癌の化学療法に合併する口内炎と血清亜鉛値の関係について.

    岡部一登、兼子隆次、遠矢東剛、川口拓郎、上田実.

    第57回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  45. 口腔進行癌に対する放射線併用超選択的動注化学療法の検討.

    兼子隆次、岡部一登、小崎英雄、山本憲幸、上田実

    第36回日本頭頸部癌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. 口腔インプラントの埋入を契機に発症したTolosa-Hunt症候群の1例.

    兼子隆次、岡部一登、遠矢東剛、川口拓郎、上田実

    第57回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. 口腔癌のターミナルステージにおける新規鎮痛補助薬の使用経験.

    兼子隆次、岡部一登、小崎英雄

    第32回日本歯科薬物療法学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. 口腔癌に対する逆行性超選択的動注法を用いた放射線化学療法の臨床的検討.

    兼子隆次、岡部一登、岩本哲也、小崎英雄、山本憲幸、上田実

    第56回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. 当科における緩和ケア病棟の運用.

    小崎英雄、兼子隆次、岡部一登、岩本哲也、柴原弘明、上田実

    第36回日本口腔外科学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. A clinical evaluration of oral cancer treated with chemoradiotherapy using superselective intra-arterial infusion via superficial temporal artery. 国際会議

    Kaneko R, Okabe K, Iwamoto T, Kosaki H, Ueda M.

    9th Asian Congress on Oral & Maxillofacial Surgery 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. 顎顔面骨骨折における病的骨折の臨床的検討.

    岡部一登、兼子隆次、岩本哲也、小崎英雄、上田実

    第35回日本口腔外科学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. ビスフォスフォネート系薬剤に関連した顎骨骨髄炎・骨髄壊死に関する臨床的検討.

    兼子隆次、小澤亮太郎、岡部一登、岩本哲也

    第58回日本農村医学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. ビスフォスフォネート製剤に関連して発生したと思われる顎骨骨髄炎の臨床的検討.

    岩本哲也、岡部一登、小澤亮太郎、兼子隆次

    第34回日本口腔外科学会中部地方会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. 舌癌術後に狭小化した下顎骨を骨延長術にて再建した2例.

    兼子隆次、岩本哲也、岡部一登、小澤亮太郎

    第54回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. 乳歯歯髄幹細胞による皮膚創傷治癒効果の検討.

    西野雄大、山田陽一、伊藤憲治、中村さやか、岡部一登、高後友之、吉見涼子、原憲史、梅村恵理、上田実

    第54回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. The novel innovations of aesthetic treatment with tissue-engineering and regenerative medicine technology by injectable tissue-engineered bone, or papilla. 国際会議

    Yamada Y, Ito K, Kohgo T, Okabe K, Yoshimi R, Hibi H, Ueda M.

    The 23th annual meeting of The Academy of osseointegration 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. The novel osteotome sinus floor elevation by tissue-engineered bone. 国際会議

    Nakamura S, Yamada Y, Ito K, Kohgo T, Yoshimi R, Okabe K, Hibi H, Ueda M.

    16th Annual Scientific Meeting of European Association for Osseointegration 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  58. Simultaneous implant placement and bone regeneration using tissue-engineered bone. 国際会議

    Ito K, Yamada Y, Baba S, Kohgo T, Okabe K, Yoshimi R, Nakamura S, Hibi H, Ueda M.

    16th Annual Scientific Meeting of European Association for Osseointegration 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  59. アンチエイジング時代に向けた再生医療の歯科医療への展開 審美的機能回復に向けて.

    山田陽一、日比英晴、八島明弘、伊藤憲治、高後友之、吉見涼子、岡部一登、馬場俊輔、上田実

    第52回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  60. Novel aesthetic regeneration treatment by injectable tissue-engineered bone and papilla. 国際会議

    Yamada Y, Kohgo T, Okabe K, Yoshimi R, Nakamura S, Ito K, Hibi H, Baba S, Ueda M.

    16th Annual Scientific Meeting of European Association for Osseointegration 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. Bone regeneration for dental implants using tissue-engineered bone with self-assembling peptide nanofiber 3-dimensional (3D) scaffolds. 国際会議

    Kohgo T, Yamada Y, Ito K, Yajima A, Baba S, Okabe K, Yoshimi R, Hibi H, Ueda M.

    89th Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition, American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  62. The development of dentistry applying regenerative medicine for anti-aging era - clinical application for aesthetic functional improvement to practical use. 国際会議

    Yamada Y, Hibi H, Yajima A, Ito A, Kohgo T, Yoshimi R, Okabe K, Baba S, Ueda M.

    89th Annual Meeting, Scientific Sessions and Exhibition, American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  63. 高度歯槽骨萎縮症例に対する歯槽骨、歯間乳頭再生医療による審美的改善 臨床応用から実用化に向けて.

    山田陽一、吉見涼子、高後友之、岡部一登、伊藤憲治、八島明弘、日比英晴、上田実

    第61回日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  64. 再生医学的手法を用いた軟組織再生に対する実験的研究.

    岡部一登、山田陽一、伊藤憲治、吉見涼子、高後友之、八島明弘、日比英晴、上田実

    第52回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  65. ナノテクノロジーによる新規3次元マトリックスの再生医学的骨再生法への応用.

    吉見涼子、山田陽一、伊藤憲治、高後友之、岡部一登、八島明弘、日比英晴、上田実

    第52回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  66. 未分化間葉系細胞とナノテクノロジック3次元マトリックスを用いた骨再生法の検討.

    高後友之、山田陽一、伊藤憲治、八島明弘、馬場俊輔、岡部一登、吉見涼子、日比英晴、上田実

    第52回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  67. 歯槽骨再生医療の臨床結果とその経過 アンチエイジング医療の歯科医療への展開.

    山田陽一、高後友之、吉見涼子、岡部一登、伊藤憲治、八島明弘、日比英晴、上田実

    第51回日本口腔外科学会総会・学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  68. The application of tissue-engineered bone with self-assembling peptide nanofiber scaffolds for bone regeneration in dental implants. 国際会議

    Kohgo T, Yamada Y, Hibi H, Yajima A, Ito K, Okabe K, Yoshimi R, Ueda M.

    15th Annual Scientific Meeting of European Association for Osseointegration 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. The various clinical application of injectable tissue-engineered bone - Application for dental implants, periodontitis, distraction osteogenesis and residual alveolar cleft. 国際会議

    Yamada Y, Hibi H, Yajima A, Kohgo T, Ito K, Yoshimi R, Okabe K, Baba S, Ueda M.

    84th IADR General Session & Exhibition 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  70. The novel sinus floor elevation method with tissue-engineered bone (T.E.B.) - comparison between sinus lift with T.E.B. by minimal invasive surgery. 国際会議

    Yamada Y, Hibi H, Yajima A, Ito K, Kohgo T, Yoshimi R, Okabe K, Ueda M.

    Astra World Congress 2006 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  71. 骨再生 アンチエイジング骨再生医療の臨床応用の実際.

    山田陽一、日比英晴、八島明弘、伊藤憲治、高後友之、岡部一登、吉見涼子、各務秀明、藤内祝、上田実

    第60回日本口腔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  72. Fam20B depletion inhibits formation of proteoglycan-rich layer and alters calcification ability of bone marrow mesenchymal stem cells on titanium oxide surfaces

    Song X, Okabe K, Kamio T, Ota Y, Ohara G, Toyama N, Hibi H

    75th Annual Meeting of Japanese Stomatological Society  2021年5月13日 

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 1

  1. 骨髄由来間葉系細胞による顎骨再生療法の評価と臨床展開

    2017年7月 - 2020年3月

    再生医療実用化研究事業 

    土屋周平

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

科研費 3

  1. 可変培養環境下で合目的に調製した細胞外小胞によるカスケード的骨再生法の開発

    研究課題/研究課題番号:19H03851  2019年4月 - 2024年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    日比 英晴, 黒田 健介, 岡部 一登, 酒井 陽, 藤尾 正人, 興戸 正純, 土屋 周平

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    劣悪な培養環境に細胞をさらして応答させて得た細胞外小胞により,再生の場にまず抗炎症性環境を導き,つぎに血管内皮前駆細胞を動員して血管網を構築し,さらに骨形成性細胞を動員し,段階的,効率的に骨再生させる方法を新たに創造する.本法により,血管吻合を要する遊離骨移植が適応になるような広範囲区域欠損でも,細胞移植なしの顎骨再建ができると目論む.我々が今まで独自に取り組んできた一連の研究内容が補完でき,組織再生についての知見が体系化できれば,本法は骨以外の組織にも展開する途が開ける.
    われわれは骨髄由来間葉系幹細胞培養上清を利用した組織再生に取り組み,培養細胞はさまざまな刺激を加えることで骨形成・血管新生に関連する成長因子が多く産生することがわかってきた.本年度の研究目的は伸展刺激により細胞培養上清の骨形成・血管新生能がどう影響されるかを明らかにすることであった.細胞種はヒト骨髄由来間葉系幹細胞およびヒト歯根膜由来線維芽細胞とし,伸展刺激は培養細胞伸展システムを用いて加え,任意の伸展率と周期を設定した.24 時間培養後の細胞および培養上清を回収し,骨形成・血管新生関連因子の発現を遺伝子,タンパクレベルで評価した.またヒト骨芽細胞・ヒト臍帯静脈内皮細胞を使用して上清の石灰化能・管腔形成能についても評価した.さらにマウスの頭蓋骨欠損モデルを用いてアテロコラーゲンスポンジを担体として上清を適用し一定期間後の骨形成・血管新生について組織学的,X線学的に評価した.その結果,いずれの細胞種でも伸展刺激により骨形成・血管新生関連遺伝子の発現が上昇し,関連因子の含有量も増加しており,骨形成・血管新生能は向上していた.頭蓋骨欠損モデルではいずれの細胞種でも伸展刺激により骨形成・血管新生が促進されることを確認した.伸展刺激を加えることで,培養上清の骨形成・血管新生能が向上し,その投与により骨形成・血管新生が促進されることが示された.劣悪な培養環境にさらされた細胞は,生きのびようと反応し生成した物質を含んだ細胞外小胞を放出することを利用して,組織再生に適した合目的な細胞外小胞を調製することができると考える.この細胞外小胞を組織欠損部に適用することにより,動員した内在性の幹・前駆細胞を集積させて組織を再生させる方法を検討することが可能であり,生体内に潜在する組織再生能力を特別な装置なしで高め,引き出すことができるはずであり,本課題の最終目標は十分に実現し得ると確信する.
    得られた研究結果を学会で発表することができた.また論文にまとめ投稿中である.
    劣悪な培養環境にさらされた細胞は,生きのびようと反応し生成した物質を含んだ細胞外小胞を放出する.これを検証し,組織再生に適した合目的な細胞外小胞を調製する.この細胞外小胞を組織欠損部に適用することにより,動員した内在性の幹・前駆細胞を集積させて組織を再生させる方法を検討する.大規模の再生には,血管網構築を先行させ,つぎに目的組織を形成させるのが合理的である.この流れは生体内ではカスケード的に制御されている.これを模倣し,目的別に最適化調製した細胞外小胞を適時適所に適用することが検討できる.本課題は骨を対象にし,カスケード的な組織再生を図り,顎骨再建までを目論む.
    いまでも骨延長法によれば移植なしで大規模な顎骨再建が可能である.生体内に潜在する組織再生能力を特別な装置なしで高め,引き出すことができるはずであり,本課題の最終目標は十分に実現し得ると考える.

  2. エクソソームによる放射線性顎骨壊死の治療法開発と機序解明

    研究課題/研究課題番号:19K10264  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    岡部 一登, 酒井 陽

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    放射線治療は頭頸部がんに対して高い治療効果を有するが、口腔粘膜炎や口腔乾燥等の有害事象を必発する。特に晩期に発症する顎骨壊死は摂食障害や発音障害、審美障害をもたらし、著しくQOLを低下させる。しかしながら、顎骨壊死に対する治療法は未だ確立されておらず、放射線治療を推し進める上で解決しなければならない問題となっている。昨今、治療困難であった重篤な疾患に対して、間葉系幹細胞を由来とするエクソソームによる治療効果が注目されている。本研究では、さらに高い再生能力を持つ歯髄幹細胞を由来とするエクソソームに着目した放射線性顎骨壊死の新規治療法を開発し、発症機序の解明を図る。
    頭頸部がんの組織型は放射線治療の効果が高いとされる扁平上皮癌が90%を占める.そのため,放射線治療は機能温存の観点から手術療法とともに頭頸部がんに対する治療法の中心を担う.しかしながら,放射線治療による有害事象は不可逆的なものが存在し,その中でも顎骨壊死(ORN)は著しく患者のQOLを低下させるにもかかわらず,治療法は確立しておらず,対応に苦慮することが多い.本研究の目的は,ヒト歯髄幹細胞(DPSCs)由来エクソソーム を用いた放射線治療によるORNの治療法を開発し,発症機序を解明することである.
    ORNの発症機序として,骨髄内の間葉系幹細胞(MSCs)の機能低下に着目した.前年度までに放射線照射することにより,MSCsの遊走能,増殖能,分化能が低下することを確認した.DPSCsの培養上清から超遠心法によりエクソソームの安定した獲得を確立し,アポトーシス抑制や血管新生,抗炎症作用に関与する関連遺伝子を同定した.
    今年度はラットORNモデルの作製に時間を費やした.当初,予定していた手法では安定したモデルの確立に至らず,共同研究者と相談し,放射線照射の条件検討をやり直した.当初設定していた照射線量を減少させ,照射回数も複数回から単回とすることで現在のORNモデルを確立した.
    次年度はDPSCs由来エクソソームとの共培養による放射線照射したMSCsの多分化能,細胞増殖能,細胞遊走能,関連遺伝子の発現量の変化を評価する.また作製したラットORNモデルにDPSCs由来エクソソームを投与することによる抜歯窩の治癒状態を評価する.これらのin viroおよびin vivo実験の結果をもって,マイクロアレイを用いたDPSCs由来エクソソーム中のmiRNAプロファイリングを実施し,ORN発症機序に関連するmiRNAを探索する.
    前年度までに放射線照射したラット MSCsの遊走能,増殖能,分化能のいずれもが低下していることを確認した.またDPSCsの培養上清から超遠心法によるエクソソームの分離法を確立した.透過型電子顕微鏡により粒径は約100nmであり,ウエスタンブロット法で特異的表面抗原であるCD63,CD81,CD9の発現を確認している.定量RT-PCR法ではアポトーシス抑制や血管新生,抗炎症作用に関与する関連遺伝子を同定した.
    今年度はラットORNモデルの作製に時間を費やした.前年度は過去の報告を参考に作製していたが,安定したモデルの確立に至らなかった.そこで,共同研究者に相談して放射線照射の条件検討をやり直し,現在のモデルの確立に繋がった.途中,コロナ禍,動物実験施設の移転の影響で動物の搬入,飼育を中断せざるを得ない状況となり,大幅に遅延が生じた.
    放射線照射の条件変更に伴い,in vitro実験の結果についても再検討を余儀なくされた.
    前年度でも課題であったラット ORNモデルが概ね確立したため,当初予定していた実験を進めていく.そして,DPSCs由来エクソソーム の有効性をin vitro実験およびin vivo実験で示すことができれば,マイクロアレイにより網羅的に解析し,発症機序の解明に着手する.

  3. 歯髄幹細胞由来エクソソームを用いたビスホスホネート関連顎骨壊死の治療法の開発

    研究課題/研究課題番号:17H06755  2017年8月 - 2019年3月

    岡部 一登

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:2730000円 ( 直接経費:2100000円 、 間接経費:630000円 )

    本研究は、ヒト歯髄幹細胞(DPSCs)から単離したエクソソームを用いて難治性疾患であるビスホスホネート製剤関連顎骨壊死(BRONJ)の発症機序を解明し、治療法を確立することが目的である。ビスホスホネート製剤を投与した動物では、抜歯すると粘膜や顎骨は治癒せず、BRONJを発症する。しかしながら、抜歯前にDPSCsから単離したエクソソームを投与することで正常な治癒を促すことが可能であった。投与したエクソソームを網羅的に解析した結果、発症機序としてビスホスホネート製剤による宿主の細胞老化が一因となっている可能性が示唆された。
    BRONJは摂食障害や発音障害、審美障害をもたらし、著しくQOLを低下させる。その発症は2003年に報告されて久しいが、未だ発症機序は不明である。そのため、予防法や治療法が確立されておらず、現状ではBRONJに苦しむ患者は増加の一途をたどる。本研究では、DPSCsから単離したエクソソームの投与によりBRONJの発症を抑制した。閉塞感の漂っていたBRONJへの予防法や治療法へ一石を投じることになり、更なるエクソソームの解析により関連遺伝子を特定することで発症機序の解明や創薬へと引き継がれると考えられる。

産業財産権 1

  1. 歯周軟組織再生用組成物及びその製造方法

    山田陽一,上田実,岡部一登,高後友之

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人名古屋大学

    出願番号:特願2008-514378   出願日:2007年4月

    特許番号/登録番号:特許第5263826号  登録日:2013年5月 

    出願国:国内