2022/07/25 更新

写真a

タムラ タカヒロ
田村 高廣
Tamura, Takahiro
所属
医学部附属病院 麻酔科 講師
大学院担当
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 博士(医学) ( 2017年4月   名古屋大学 ) 

研究キーワード 2

  1. 麻酔科学

  2. 集中治療医学

研究分野 1

  1. ライフサイエンス / 麻酔科学

経歴 9

  1. 名古屋大学医学部附属病院   麻酔科   講師

    2020年4月 - 現在

  2. University of Pittsburgh Medical Center   Department of Anesthesiology and perioperative Medicine   Clinical research fellow

    2019年9月 - 2020年4月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  3. 名古屋大学医学部附属病院   麻酔科   講師

    2019年4月 - 2019年8月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 名古屋大学医学部附属病院   麻酔科   病院講師

    2018年7月 - 2019年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 名古屋大学附属病院   麻酔科   病院助教

    2016年11月 - 2018年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 名古屋第一赤十字病院   麻酔科   医員

    2012年4月 - 2016年10月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 名古屋大学附属病院   心臓外科   医員

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 石切生喜病院   心臓血管外科   医員

    2009年4月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 公立陶生病院   初期臨床研修

    2007年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 名古屋大学   医学系研究科   麻酔・蘇生医学

    - 2015年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 関西医科大学   医学部

    - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 4

  1. 日本麻酔科学会

  2. American Society of Anesthesiologist

  3. 日本心臓血管麻酔学会

  4. 日本集中治療学会

委員歴 5

  1. 日本麻酔科学会   循環 ワーキンググループ  

    2018年1月 - 2018年12月   

  2. 日本心臓血管麻酔学会   学術委員会 血液凝固部会  

    2021年1月 - 現在   

  3. 日本麻酔科学会   サテライトメンバー  

    2019年1月 - 現在   

  4. 日本心臓血管麻酔学会   評議員  

    2022年6月 - 現在   

  5. 日本心臓血管麻酔学会   専門医試験問題作成委員  

    2022年1月 - 現在   

 

論文 46

  1. Successful treatment of myocardial infarction by aortic sinus thrombosis 査読有り

    Tamura T, Iwasaki H, Ikuta T, Fujii H, Okuda H, Nishimura S, Shimizu Y

    Annals of Thoracic Surgery     2011年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2011.03.135

  2. 術後覚醒遅延から臨床的用水塞栓症の発症が判明した1症例 査読有り

    田村 高廣, 小出 紗里奈, 土師 初美, 後藤 衣津子, 北尾 岳, 横田 修一

    日本臨床麻酔学会誌     2014年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2199/jjsca.34.834

  3. A randomized controlled trial comparing paravertebral block via the surgical field with thoracic epidural block using ropivacaine for post-thoracotomy pain relief

    Tamura Takahiro, Mori Shoichi, Mori Atsushi, Ando Masahiko, Yokota Shuichi, Shibata Yasuyuki, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF ANESTHESIA   31 巻 ( 2 ) 頁: 263 - 270   2017年4月

  4. Transesophageal Echocardiograms of a Left Atrial Rhabdomyosarcoma 査読有り

    Tamura Takahiro

    ANNALS OF THORACIC SURGERY   103 巻 ( 6 ) 頁: E555 - E555   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.athoracsur.2017.01.035

    Web of Science

    PubMed

  5. Mitral Valve Repair in Infective Endocarditis during Pregnancy 査読有り

    Tamura Takahiro, Yokota Shuichi

    ANNALS OF CARDIAC ANAESTHESIA   21 巻 ( 2 ) 頁: 189 - 191   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4103/aca.ACA_165_17

    Web of Science

    PubMed

  6. Smaller effect of propofol than sevoflurane anesthesia on dopamine turnover induced by methamphetamine and nomifensine in the rat striatum: an in vivo microdialysis study.

    Taharabaru S, Satomoto M, Tamura T, Adachi YU

    Experimental animals   67 巻 ( 2 ) 頁: 147 - 153   2018年5月

     詳細を見る

  7. Spread of Quadratus Lumborum Block to the Paravertebral Space Via Intramuscular Injection: A Volunteer Study 査読有り

    Tamura Takahiro, Kitamura Kana, Yokota Shuichi, Ito Shigeki, Shibata Yasuyuki, Nishiwaki Kimitoshi

    REGIONAL ANESTHESIA AND PAIN MEDICINE   43 巻 ( 4 ) 頁: 372 - 377   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/AAP.0000000000000735

    Web of Science

    PubMed

  8. Reply to Drs El-Boghdadly and Elsharkawy

    Tamura Takahiro, Kitamura Kana, Yokota Shuichi, Ito Shigeki, Shibata Yasuyuki, Adachi Yushi U., Nishiwaki Kimitoshi

    REGIONAL ANESTHESIA AND PAIN MEDICINE   43 巻 ( 5 ) 頁: 558 - 559   2018年7月

     詳細を見る

  9. Ultrasonographic Images of the Brachiocephalic Artery in Front of the Trachea. 査読有り

    Tamura T

    Asian journal of anesthesiology   56 巻 ( 3 ) 頁: 123 - 124   2018年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.6859/aja.201809_56(3).0007

    PubMed

  10. Local anesthetic spread into the paravertebral space with two types of quadratus lumborum blocks: a crossover volunteer study 査読有り

    Tamura Takahiro, Yokota Shuichi, Ito Shigeki, Shibata Yasuyuki, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF ANESTHESIA   33 巻 ( 1 ) 頁: 26 - 32   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00540-018-2578-5

    Web of Science

    PubMed

  11. Fibrinogen levels measured by the dry hematology method are lower than those measured by the Clauss method under a high concentration of heparin.

    Suzuki S, Tamura T, Hasegawa K, Maeda S, Mori R, Kainuma M, Adachi Y, Nishiwaki K

    Nagoya J Med Sci   81 巻 ( 2 ) 頁: 259 - 267   2019年

  12. Comparison between rectus sheath block with 0.25% ropivacaine and local anesthetic infiltration with 0.5% ropivacaine for laparoscopic inguinal hernia repair in children 査読有り

    Tamura T, Kaneko K, Yokota S, Kitao T, Ando M, Kubo Y, Nishiwaki K

    Nagoya J Med Sci     頁: in press   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.3.341.

  13. 大量出血症例に対する血液製剤の適正な使用のガイドライン 招待有り

    宮田茂樹, 板倉敦夫, 上田裕一, 碓氷章彦, 大北裕, 大西佳彦, 香取信之, 久志本成樹, 佐々木啓明, 志水秀行, 西村邦宏, 西脇公俊, 松下正, 小川覚, 紀野修一, 久保隆彦, 齋藤伸行, 田中裕史, 田村高廣, 中井陸運, 藤井聡, 前田琢磨, 前田平生, 牧野真太郎, 松永茂剛

    日本輸血細胞治療学会誌   61 巻 ( 1 ) 頁: 21 - 92   2019年

  14. Incidence of reexpansion pulmonary edema in minimally invasive cardiac surgery. 査読有り

    TamuraT, Ito T, Yokota S, Ito S, Kubo Y, Ando M, Nishiwaki K.

    Nagoya J Med Sci     頁: in press   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18999/nagjms.81.4.647.

  15. Predicting results of fibrinogen and platelet levels by TEG6s during cardiopulmonary bypass: A pilot study 査読有り

    Tamura Takahiro

    JOURNAL OF CLINICAL ANESTHESIA   58 巻   頁: 59 - 60   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jclinane.2019.05.012

    Web of Science

    PubMed

  16. A Drainage System to Decrease Volatile Anesthetic Leakage for the Several Types of Oxygenators During Cardiopulmonary Bypass 査読有り

    Tamura Takahiro, Mori Atsushi, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF CARDIOTHORACIC AND VASCULAR ANESTHESIA   33 巻 ( 9 ) 頁: 2610 - 2612   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1053/j.jvca.2019.05.022

    Web of Science

    PubMed

  17. Prolonged neuromuscular blockade by non-depolarizing neuromuscular blocking agents

    Higashi Michiko, Tamura Takahiro, Adachi Yushi U.

    JA CLINICAL REPORTS   5 巻 ( 1 ) 頁: 33   2019年5月

  18. A triple-blinded randomized trial comparing spinal morphine with posterior quadratus lumborum block after cesarean section 査読有り

    Tamura T, Yokota S, Ando M, Kubo Y, Nishiwaki K

    Int J Obstet Anesth     頁: in press   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijoa.2019.06.008.

  19. Measuring suction pressure via a scavenging system 査読有り

    Tamura T

    J Anesth     頁: in press   2019年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  20. Heparin concentration in cell salvage during heparinization: a pilot study. 査読有り

    Tamura T, Waters JH, Nishiwaki K.

    Nagoya J Med Sci     頁: in press   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  21. Prompt Prediction of Fibrinogen Concentration during Cardiopulmonary Bypass: A Pilot Study. 査読有り

    Tamura T,Imaizumi T, Kubo Y,Waters JH, Nishiwaki K.

    Nagoya J Med Sci.   82 巻 ( 4 ) 頁: in press   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  22. Coagulation ability when separating from cardiopulmonary bypass with and without fresh frozen plasma: a pilot study 査読有り

    Tamura T, Yokota S, Ito T, Ando M, Kubo Y, Waters JH, Nishiwaki K

    Gen Thorac Cardiovasc Surg     頁: in press   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  23. Desflurane and Sevoflurane Concentrations in Blood Passing Through the Oxygenator During Cardiopulmonary Bypass: A Randomized Prospective Pilot Study 査読有り

    Tamura T, Mori A, Ishii A, Ando M, Kubo Y, Nishiwaki K

    J Anesth     頁: in press   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  24. Coagulation ability when separating from cardiopulmonary bypass with and without fresh frozen plasma: a pilot study

    Tamura Takahiro, Yokota Shuichi, Ito Toshiaki, Ando Masahiko, Kubo Yoko, Waters Jonathan H., Nishiwaki Kimitoshi

    GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY   68 巻 ( 12 ) 頁: 1361 - 1368   2020年12月

  25. Desflurane and sevoflurane concentrations in blood passing through the oxygenator during cardiopulmonary bypass: a randomized prospective pilot study

    Tamura Takahiro, Mori Atsushi, Ishii Akira, Ando Masahiko, Kubo Yoko, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF ANESTHESIA   34 巻 ( 6 ) 頁: 904 - 911   2020年12月

  26. Pregabalin-induced hypoglycemia in a dialysis patient

    Masaki Hanayo, Tamura Takahiro, Adachi Yushi Ueda, Satomoto Maiko

    KOREAN JOURNAL OF ANESTHESIOLOGY   73 巻 ( 6 ) 頁: 570 - 571   2020年12月

  27. Prompt prediction of fibrinogen concentration during cardiopulmonary bypass: a pilot study

    Tamura Takahiro, Imaizumi Takahiro, Kubo Yoko, Waters Jonathan H., Nishiwaki Kimitoshi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 4 ) 頁: 623 - 630   2020年11月

  28. Aspiration of massive free air from a large bore intravenous catheter sheath: A case report.

    Tamura T, Takakura M, Adachi YU, Satomoto M

    Radiology case reports   15 巻 ( 10 ) 頁: 1777 - 1780   2020年10月

     詳細を見る

  29. Fatal airway obstruction due to a ball-valve clot with identical signs of tension pneumothorax

    Munakata H, Higashi M, Tamura T, Adachi YU

    Acute Crit Care   35 巻 ( 4 ) 頁: 298 - 301   2020年

     詳細を見る

  30. Heparin concentration in cell salvage during heparinization: a pilot study

    Tamura Takahiro, Waters Jonathan H., Nishiwaki Kimitosi

    NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE   82 巻 ( 3 ) 頁: 449 - 455   2020年8月

  31. Additional Discussion from Anesthesiologists.

    Tamura T

    The Annals of thoracic surgery     2021年2月

  32. Pregabalin-induced hypoglycemia in a dialysis patient 査読有り

    Tamura Takahiro, Adachi Yushi Ueda, Satomoto Maiko

    KOREAN JOURNAL OF ANESTHESIOLOGY   73 巻   頁: 570 - 571   2021年2月

  33. JM-1232(-) and propofol, a new combination of hypnotics with short-acting and non-cumulative preferable properties 査読有り

    Taharabaru S, Tamura T, Higashi M, Matsuda N, Satomoto M, Adachi YU, Sato BA, Okuda M

    Exp Anim   70 巻 ( 1 ) 頁: 101 - 107   2021年

  34. Reply to the letter

    Tamura Takahiro, Mori Atsushi, Nishiwaki Kimitoshi

    JOURNAL OF ANESTHESIA   35 巻 ( 1 ) 頁: 164 - 164   2021年2月

  35. Certified Registered Nurse Anesthetist and Anesthesiologist Assistant Education Programs in the United States 査読有り

    Tamura T, Sakai T, Henker RA, O'Donnell JM

    Nagoya J Med Sci   83 巻 ( 3 ) 頁: 609 - 626   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

  36. 体外循環の病態生理 体外循環の基礎と合併症 招待有り 査読有り

    田村高廣

    日本体外循環技術医学会 教育セミナーテキスト   ( 37 ) 頁: 45 - 51   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  37. Comparison between the effects of normal saline with and without heparin for the prevention and management of arterial catheter occlusion: a triple-blinded randomized trial 招待有り 査読有り

    Tamura T, Kobayashi E, Kawaguchi M, Matsuoka Y, Fujii A, Ando M, Kubo Y, Imaizumi T, Miyagawa Y, Inagaki T, and Nishiwaki K

    J Anesth   35 巻   頁: 536 - 542   2021年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

    DOI: https://doi.org/10.1007/s00540-021-02949-1

  38. Comparative Analgesic Efficacies of Ropivacaine and Bupivacaine for Postoperative Rectus Sheath Block in Paediatric Abdominal Surgery: A Meta-Analysis of Randomized Controlled Trial and Retrospective Cohort Studies 査読有り

    Winnie L, Kao YH, Liao CC, Tamura T, Chang ML, Hsieh KY

    Pain Res Manag   5535730 巻   2021年

  39. 神経ブロックを併用した人工股関節置換術後に腓骨神経麻痺を呈し診断に苦慮した1例 招待有り 査読有り

    絹川 友章, 田村 高廣, 竹上 靖彦, 関 泰輔, 西脇 公俊

    日本ペインクリニック学会誌   28 巻 ( 9 ) 頁: 194 - 198   2021年

  40. The equilibrated blood sevoflurane concentrations show a rapid decrease after switching from ventilation for the human lung to cardiopulmonary bypass 招待有り

    Tamura T, Mori A, Ishii A, Nishiwaki K

    Nagoya J Med Sci   84 巻   頁: 163 - 168   2022年

  41. Autotransfusion of vaginally shed blood as a novel therapy in obstetric hemorrhage: a case series 査読有り

    Phillips JM, Tamura T, Waters JH, Larkin J, and Sakamoto S

    TRANSFUSION   in press 巻   2022年

     詳細を見る

  42. Incidence rate of chronic pain after 1.5-2 years of thoracotomy between paravertebral block versus epidural block: a cohort study 招待有り 査読有り

    Mori R, Tamura T, Yokota S, Usami S, Ando M, Kubo Y, and Nishiwaki K

    Nagoya J Med Sci   in press 巻   2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  43. Incidence of intraoperative anaphylaxis caused by blood products: A 12-year single-center, retrospective study 査読有り

    Amano Y, Tamura T, Fujii T, Nishiwaki K

        2022年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  44. Safe sedation management using volatile anesthetics during cardiopulmonary bypass 査読有り

    Tamura T, Mori A, Nishiwaki K

    J Anesth     2022年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者  

  45. Fibcare® shows correlation with fibrinogen levels by the Clauss method during cardiopulmonary bypass 査読有り

    Yamada A, Tamura T, Imaizumi T, Kubo Y, Nishiwaki K.

    Nagoya J Med Sci     2023年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  46. ARDS clinical practice guideline 2021 査読有り

    ARDS clinical practice guideline 2021 - team

    Respiratory Investigation     2022年

▼全件表示

書籍等出版物 3

  1. 『大量出血症例に対する血液製剤の適正な使用のガイドライン』について—最適な輸血療法を検討するための“敲き台”

    田村高廣( 担当: 分担執筆 ,  範囲: LiSa 徹底分析シリーズ 出血治療戦術 )

    MEDICAL SCIENCES INTERNATIONAL  2020年11月 

  2. 臨床麻酔科学書 2章 生理学 2.10 造血能と凝固系

    田村高廣( 範囲: 2章 生理学 2.10 造血能と凝固系)

    中山書店  2022年 

  3. 抗血栓療法患者における緊急手術時の管理について

    田村高廣( 担当: 分担執筆)

    先端医学社  2022年 

講演・口頭発表等 38

  1. NPPVを中心とした呼吸管理の意義とその効果

    田村高廣、市原 利彦, 佐々木 通雄, 堀 昭彦, 六鹿 雅登, 上田 裕一

    日本心臓血管外科学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  2. 高度低左心機能の虚血性心筋症に対するSAVE手術・僧帽弁形成術後の僧帽弁置換術・左室形成再々手術の経験

    田村高廣、市原 利彦, 佐々木 通雄, 堀 昭彦, 六鹿 雅登, 上田 裕一

    日本外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  3. NPPVは心大血管術後の呼吸管理の何に有効か?

    田村高廣、市原利彦, 佐々木通雄, 江田匡仁, 上田裕一

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  4. 意識障害と脊髄損傷を合併した外傷性胸部大動脈損傷の管理と手術適応の考察

    田村高廣、市原 利彦, 井原 努

    日本臨床外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  5. 高度低心機能を呈した僧帽弁閉鎖不全に対するoverlapping法とpapillary muscle approximationによる僧帽弁形成術の1例

    田村高廣、市原 利彦, 佐々木 通雄, 井原 努, 上田 裕一, 田中 啓介

    日本外科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  6. IABP依存の重症心不全に対する外科的治療 内科的治療限界症例への外科治療の役割

    田村高廣、市原 利彦, 佐々木 通雄, 井原 努, 田中 啓介, 上田 裕一

    日本心臓血管外科学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  7. 僧房弁形成術後早期に溶血性貧血を来し、僧房弁置換術を施行した一例

    田村高廣、生田剛士、藤井弘史、清水幸宏

    第186回 近畿外科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  8. Bentall術後19年目に菌血症から大動脈基部仮性瘤を発症し再Bentall手術を施行した1例

    田村高廣、碓氷 章彦, 藤田 山, 岡田 典隆, 吉住 朋, 高野橋 暁, 野中 利通, 寺澤 幸枝, 徳田 順之, 六鹿 雅登, 成田 裕司, 荒木 善盛, 大島 英揮, 上田 裕一

    日本心臓血管外科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  9. 術中に心停止を来たし、術後に冠攣縮性狭心症が判明した1症例

    田村高廣、小栗 幸一, 土師 初美, 横田 修一

    日本臨床麻酔学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  10. 術後一過性心房細動に対する危険因子の検討

    田村高廣、碓氷章彦, 桑原史明, 徳田順之, 岡田正穂, 荒木善盛, 鈴木秀一, 成田裕司, 大島英揮, 上田裕一

    日本胸部外科学会定期学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  11. 術後覚醒遅延を来たし、臨床的羊水塞栓症の発症が判明した1症例

    田村高廣、北尾 岳, 冨田 貴子, 栗原 理恵子, 後藤 衣津子, 土師 初美, 横田 修一

    日本臨床麻酔学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  12. 開胸肺切除術における、硬膜外麻酔と術野挿入型傍脊椎ブロックの術後鎮痛効果 – 前向きランダム化比較試験 -

    田村高廣、小出 沙里奈、村瀬 洋敏、柴田 藜、北尾 岳、横田 修一

    日本麻酔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Epidural anesthesia could be superior to paravertebral block via the surgical field in post-thoracotomy pain relief 国際会議

    Anesthesiology 2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  14. 肺癌に対する開胸肺切除術後、1年半以上経過した症例の慢性疼痛の発生状況

    田村高廣、成田沙里奈, 柴田藜, 中嶋麻里, 横田修一, 西脇公俊

    日本麻酔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  15. 肺動脈カテーテルによる肺動脈損傷のため、閉胸時に肺出血を来し救命できなかった一症例

    田村高廣、北尾 岳, 横田 修一

    日本心臓血管麻酔学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  16. Ultrasound-guided Quadratus Lumborum Type 2 Block Without Dissemination Into the Paravertebral Space 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  17. 臨床的羊水塞栓症の集中治療管理中、子宮感染から危機的出血を来した1症例

    田村高廣、横田修一

    日本集中治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  18. 妊娠経過中に感染性心内膜炎を発症し、僧房弁形成術が施行された1症例

    田村高廣、横田修一

    日本集中治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. A Randomized Controlled Trial Comparing Rectus Sheath Block With Local Anesthesia Infiltration for Hernia Repair 国際会議

    Takahiro Tamura, Kenitiro Kaneko, Shuichi Yokota, Masahiko Ando, Kimitoshi Nishiwaki

    Anesthesiology 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  20. A Crossover Healthy Volunteers Study of Quadratus Lumborum Block to Detect the Paravertebral Space Dissemination 国際会議

    Takahiro Tamura, Shuichi Yokota, Shigeki Ito, Yasuyuki Shibata, Kimitoshi Nishiwaki

    Anesthesiology 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  21. 腰方形筋ブロックは腹部全体に鎮痛効果部位を持つか? 2つの健常成人ボランティア臨床試験から

    田村 高廣、横田 修一、伊藤 茂樹、柴田 康之、西脇 公俊

    第65 回 日本麻酔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. 腰方形筋ブロック再考; 腰方形筋ブロックは腹部全体に効果があるのか?

    田村 高廣、横田 修一、柴田 康之、西脇 公俊

    日本ペインクリニック学会第52回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. 新鮮凍結血漿の投与タイミングの差異による、血液凝固能への影響の研究:前向きランダム化比較試験 国際会議

    田村 高廣、西脇 公俊

    日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  24. MICS 415症例における再膨張性肺水腫に関する後方視的研究:予防策を講じていなくても発生例は無い 国際会議

    田村 高廣、西脇 公俊

    日本心臓血管麻酔学会第23回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. The Difference Of Coagulation Function By Administering Ffp Before Or After Separating From Cardiopulmonary Bypass 国際会議

    Takahiro Tamura, Toshiaki Ito, Shuichi Yokota, Masahiko Ando, Kimitoshi Nisiwaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  26. A Randomized Trial Comparing Spinal Morphine With Transversus Abdominis Plane Block After Cesarean Section 国際会議

    Takahiro Tamura, Shuichi Yokota, Masahiko Ando, Kimitoshi Nisiwaki

    Anesthsiology 2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  27. 開腹手術における区域麻酔としては,脊柱起立筋面ブロックのほうが腰方形筋ブロックよりも有効である

    田村高廣

    日本臨床麻酔学会 Pro&Con 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  28. MICSにおける再膨張性肺水腫の発生率に関する後方視的研究

    田村高廣、伊藤敏明、開正宏、横田修一、西脇公俊

    第46回日本集中治療医学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  29. The difference of coagulation function by administering FFP before or after separating from cardiopulmonary bypass 国際会議

    Tamura T, Nishiwaki K.

    Society of Cardiovascular Anesthesiologists 41st annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago   国名:アメリカ合衆国  

  30. Successful management of minimally invasive cardiac surgery without re-expansion pulmonary edema 国際会議

    Tamura T, Nishiwaki K.

    Society of Cardiovascular Anesthesiologists 41st annual meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago   国名:アメリカ合衆国  

  31. 血液凝固能を詳しく知る事で止血戦略は変わるか?-麻酔科医、外科医の観点から 招待有り

    田村高廣

    第66回 日本麻酔科学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月 - 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    国名:日本国  

  32. Successful Drainage System To Decrease Volatile Anesthetic Leakage During Cardiopulmonary Bypass. 国際会議

    Takahiro Tamura, Atsushi Mori, Kimitoshi Nishiwaki

    Anesthesiology 2019 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  33. 大会長企画7 「大量出血症例に対する血液製剤の適正な使用ガイドラインを考える」 抗線溶薬の使用、Massive transfusion protocolの運用について

    田村高廣

    日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    国名:日本国  

  34. 新たなスタート 血液粘弾性検査のこれから

    田村 高廣

    第25回 日本心臓血管麻酔学会  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  35. A Case Series of Cell Salvage of Vaginally Shed Blood Following Obstetric Hemorrhage

    Takahiro Tamura, Jaclyn Phillips, Sara Sakamoto, Jacob Larkin, Jonathan Waters

    Anesthesiology 2020  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

  36. 吸入麻酔×人工心肺 招待有り

    田村 高廣

    JaSECT 東海地方会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  37. 体外循環の病態生理 体外循環の基礎と合併症 招待有り

    田村 高廣

    JaSECT 全国集会  2021年4月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年4月

    会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  38. CPB セミナー 吸入麻酔×CPB 基本的背景と麻酔器からの接続 招待有り

    田村 高廣

    第26回 日本心臓血管麻酔学会  2021年9月 

     詳細を見る

    会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

▼全件表示

科研費 2

  1. 揮発性麻酔薬の心臓外科手術における患者予後改善効果

    2021年4月 - 2025年12月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 

    田村 高廣

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:5000000円

  2. プロポフォールによる細胞障害とカルシニューリン

    研究課題/研究課題番号:21K08990  2021年 - 2024年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者