2022/05/31 更新

写真a

ヤマシタ マコト
山下 誠
YAMASHITA Makoto
所属
大学院工学研究科 有機・高分子化学専攻 有機化学 教授
大学院担当
大学院工学研究科
学部担当
工学部 化学生命工学科
職名
教授
連絡先
メールアドレス

学位 1

  1. 博士(理学) ( 2002年3月   広島大学 ) 

研究キーワード 4

  1. 石油化学

  2. 均一系触媒

  3. 有機金属化学

  4. 有機典型元素化学

研究分野 2

  1. ライフサイエンス / 生物有機化学  / 有機元素化学、有機金属化学、均一系触媒化学、石油化学

  2. ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学  / 有機元素化学、有機金属化学、均一系触媒化学、石油化学

現在の研究課題とSDGs 2

  1. 化石資源の有効利用を目指した触媒開発

  2. 新奇典型元素化合物の合成と特性の解明

経歴 10

  1. 京都大学   非常勤講師

    2015年10月 - 2016年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  2. 中央大学   理工学部   教授

    2015年4月 - 2016年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  3. 立教大学   非常勤講師

    2013年4月 - 2014年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  4. 中央大学   理工学部   准教授

    2011年4月 - 2015年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  5. 東京大学   工学系研究科   講師

    2008年7月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  6. 東京工業大学   非常勤講師

    2008年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  7. 東京大学   工学系研究科   助教授

    2007年4月 - 2008年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  8. 東京大学   工学系研究科   助手

    2004年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  9. 日本学術振興会特別研究員PD

    2003年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  10. 日本学術振興会特別研究員DC2,PD

    2001年4月 - 2003年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

学歴 2

  1. 広島大学   理学研究科   化学

    - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  2. 広島大学   理学部   化学科

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

所属学協会 12

  1. 日本化学会

    2016年4月 - 現在

  2. 有機合成化学協会   有機合成化学協会関東支部幹事

    2016年4月 - 2017年3月

  3. アメリカ化学会

    2012年4月 - 2014年3月

  4. 高分子学会

  5. 錯体化学会

  6. 近畿化学協会

  7. 石油学会

  8. 英国王立化学会   Chem. Soc. Rev. Advisory Board

    2016年12月 - 2020年11月

  9. 触媒学会

  10. 基礎有機化学会

  11. 応用物理学会

  12. 炭素材料学会

▼全件表示

受賞 13

  1. 日本学術振興会賞

    2020年2月   日本学術振興会   高反応性ホウ素化合物の創製とその特異な反応性の解明

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  2. 特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰

    2015年8月   日本学術振興会  

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  3. Thieme Chemistry Journal Award 2015

    2015年1月   Thieme  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  4. 長瀬研究振興賞

    2012年6月   長瀬科学技術振興財団   石炭抽出混合物を用いた有機合成化学不要の超格安有機デバイス作成法開発

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  5. 三井化学研究企画賞

    2010年12月   有機合成化学協会   ホウ素を鍵元素とする配位子群を用いた炭化水素変換反応触媒の開発

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  6. Banyu Chemist Award 2010

    2010年11月   万有生命科学財団   新規アニオン性ホウ素求核種の創製と応用

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  7. 東京大学グローバルCOE若手海外レクチャーシップ賞

    2010年10月   東京大学GCOE「理工連携による化学イノベーション」   Chemsitry of Boryl Anion: Nucleophilic Boron Reagents

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  8. 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2009年4月   文部科学省   新規ホウ素求核種ボリルアニオンの研究

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  9. 日本化学会進歩賞

    2009年3月   日本化学会   求核的ボリルアニオン類の創製とその特性

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  10. 日本化学会第87春季年会「第22回若い世代の特別講演会」講演賞

    2008年3月   日本化学会   ボリルアニオンの合成、構造、反応性と応用

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  11. 武田薬品工業研究企画賞

    2005年12月   有機合成化学協会   新しいアニオン性ホウ素求核種リチウムボラニドを用いた含ホウ素化合物の系統的合成とその応用

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  12. 井上研究奨励賞

    2005年2月   井上科学振興財団   超原子価5配位炭素およびホウ素化合物の合成と構造

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  13. 第15回基礎有機化学連合討論会ポスター賞

    2000年9月   第15回基礎有機化学連合討論会実行委員会   剛直な構造を持つ新規3座配位子系における超原子価5配位炭素、ホウ素種(10-C-5, 10-B-5)の生成とその構造

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

▼全件表示

 

論文 110

  1. A Tetraorganyl-Alumaborane with An Al-B sigma-Bond and Two Adjacent Lewis-Acidic Centers

    Kurumada Satoshi, Yamashita Makoto

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   144 巻 ( 10 ) 頁: 4327 - 4332   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1021/jacs.2c01580

    Web of Science

  2. Isomerization of a cis-(2-Borylalkenyl)Gold Complex via a Retro-1,2-Metalate Shift: Cleavage of a C-C/C-Si Bond trans to a C-Au Bond 査読有り 国際共著

    Suzuki Akane, Wu Linlin, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   60 巻 ( 38 ) 頁: 21007 - 21013   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202108530

    Web of Science

  3. Mechanistic study on the reaction of pinB-BMes(2) with alkynes based on experimental investigation and DFT calculations: gradual change of mechanism depending on the substituent

    Wu Linlin, Kojima Chiemi, Lee Ka-Ho, Morisako Shogo, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    CHEMICAL SCIENCE   12 巻 ( 28 ) 頁: 9806 - 9815   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    DOI: 10.1039/d1sc02863d

    Web of Science

  4. Characteristic Reactions of Nucleophilic Aluminum Anion

    Yamashita Makoto

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   79 巻 ( 5 ) 頁: 457 - 464   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    Web of Science

  5. Synthesis and Reduction of a Cyclic (Alkyl)(amino)bromoborane to Generate a Thermally Labile Cyclic (Alkyl)(amino)boryl Anion 査読有り

    Kisu Haruki, Kosai Tomoyuki, Iwamoto Takeaki, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY LETTERS   50 巻 ( 2 ) 頁: 293 - 296   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.200749

    Web of Science

  6. Nucleophilic reactivity of the gold atom in a diarylborylgold(i) complex toward polar multiple bonds 査読有り

    Suzuki Akane, Guo Xueying, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    CHEMICAL SCIENCE   12 巻 ( 3 ) 頁: 917 - 928   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/d0sc05478j

    Web of Science

  7. Electrophilic Substitution of Anionic Aluminabenzene via Sequential Reactions with Electrophile and Base

    Kuno Masaki, Suzuki Katsunori, Nakamura Taichi, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   39 巻 ( 23 ) 頁: 4139 - 4142   2020年12月

  8. Ameta-Selective C-H Alumination of Mono-Substituted Benzene by Using An Alkyl-Substituted Al Anion through Hydride-Eliminating SNAr Reaction 査読有り

    Kurumada Satoshi, Sugita Kengo, Nakano Ryo, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   59 巻 ( 46 ) 頁: 20381 - 20384   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.202009138

    Web of Science

  9. CNC-pincer iron complexes containing a bis(N-heterocyclic carbene) Amido ligand: Synthesis and application to catalytic hydrogenation of alkenes 査読有り

    Taniguchi Wakano, Ito Jun-ichi, Yamashita Makoto

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   923 巻   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2020.121436

    Web of Science

  10. One-Electron Reduction of Ti(IV) Complex by Dialkylaluminum(I) Anion Giving the Ti(III) Species 査読有り

    Sugita Kengo, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   39 巻 ( 11 ) 頁: 2125 - 2129   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.0c00177

    Web of Science

  11. Formation of a Dinuclear Rh(I)(-)/Rh(I)(+) Complex Exhibiting MMCT Absorption from Dianionic Diborane(4) through C-H Bond Cleavage

    Akiyama Seiji, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY LETTERS   49 巻 ( 6 ) 頁: 721 - 723   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.200182

    Web of Science

  12. An Alumanylyttrium Complex with an Absorption due to a Transition from the Al-Y Bond to an Unoccupied d-Orbital

    Sugita Kengo, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   26 巻 ( 20 ) 頁: 4520 - 4523   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.202000752

    Web of Science

  13. Copper Complexes Bearing a Dianionic Diborane(4) Ligand: Synthesis and Evaluation of the Donor Property

    Akiyama Seiji, Ikemoto Satoru, Muratsugu Satoshi, Tada Mizuki, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   39 巻 ( 4 ) 頁: 500 - 504   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.0c00027

    Web of Science

  14. Cycloaddition of Dialkylalumanyl Anion toward Unsaturated Hydrocarbons in (1+2) and (1+4) Modes

    Sugita Kengo, Nakano Ryo, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   26 巻 ( 10 ) 頁: 2174 - 2177   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201905830

    Web of Science

  15. Formation of BCBH/BCBCl Four-Membered Rings by Complexation of Boron- and Nitrogen-Substituted Acetylene with Hydro-/Chloroboranes

    Kobayashi Akemi, Suzuki Katsunori, Kitamura Ryo, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   39 巻 ( 3 ) 頁: 383 - 387   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.9b00876

    Web of Science

  16. An alkyl-substituted aluminium anion with strong basicity and nucleophilicity

    Kurumada Satoshi, Takamori Shuhei, Yamashita Makoto

    NATURE CHEMISTRY   12 巻 ( 1 ) 頁: 36 - 39   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41557-019-0365-z

    Web of Science

  17. Synthesis of A Pincer-Ir-V Complex with A Base-Free Alumanyl Ligand and Its Application toward the Dehydrogenation of Alkanes

    Morisako Shogo, Watanabe Seiya, Ikemoto Satoru, Muratsugu Satoshi, Tada Mizuki, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 巻 ( 42 ) 頁: 15031 - 15035   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201909009

    Web of Science

  18. Reactivity of a Tetra(o-tolyl)diborane(4) Dianion as a Diarylboryl Anion Equivalent

    Akiyama Seiji, Yamada Kaito, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 巻 ( 34 ) 頁: 11806 - 11810   2019年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201907400

    Web of Science

  19. 9-Aza-10-boraanthracene Stabilized by Coordination of an N-Heterocyclic Carbene and Its Methylated Cation: Synthesis, Structure, and Electronic Properties

    Ishikawa Yutaro, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   38 巻 ( 13 ) 頁: 2597 - 2601   2019年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.9b00310

    Web of Science

  20. A Monomeric Stannabenzene: Synthesis, Structure, and Electronic Properties

    Kaiya Canon, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 巻 ( 23 ) 頁: 7749 - 7752   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201902639

    Web of Science

  21. Synthesis of a hydrogen-bridged tetraborane(6): a substituent effect of a diaminoboryl group toward the B-B multiple bond character

    Yagi Atsumi, Kisu Haruki, Yamashita Makoto

    DALTON TRANSACTIONS   48 巻 ( 17 ) 頁: 5496 - 5499   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c9dt01117j

    Web of Science

  22. Chlorine-Substituted 9,10-Dihydro-9-aza-10-boraanthracene as a Precursor for Various Boron- and Nitrogen-Containing pi-Conjugated Compounds

    Ishikawa Yutaro, Suzuki Katsunori, Hayashi Kohei, Nema Shin-ya, Yamashita Makoto

    ORGANIC LETTERS   21 巻 ( 6 ) 頁: 1722-1725   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.9b00278

    Web of Science

  23. Chlorine-Substituted Germabenzene: Generation and Application as a Precursor for Aryl-Substituted Germabenzenes

    Kaiya Canon, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   38 巻 ( 3 ) 頁: 610-613   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.8b00938

    Web of Science

  24. Reactivity of Highly Lewis-Acidic Diborane(4) toward C equivalent to N and N=N Bonds: Uncatalyzed Addition and N=N Bond-Cleavage Reactions

    Katsuma Yuhei, Wu Linlin, Lin Zhenyang, Akiyama Seiji, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   58 巻 ( 1 ) 頁: 317-321   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201812692

    Web of Science

  25. Characteristic Reactivity of Highly Lewis-Acidic Aryl-Substituted Diborane(4) toward Multiple Bonds

    Yamashita Makoto

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   76 巻 ( 11 ) 頁: 1223-1231   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  26. Planar and Bent BN-Embedded p-Quinodimethanes Synthesized by Transmetalation of Bis(trimethylsilyl)-1,4-dihydropyrazines with Chloroborane

    Noguchi Mao, Suzuki Katsunori, Kobayashi Jun, Yurino Taiga, Tsurugi Hayato, Mashima Kazushi, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   37 巻 ( 12 ) 頁: 1833-1836   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.8b00294

    Web of Science

  27. Dimerization of boryl- and amino-substituted acetylenes by B2C2 four-membered ring formation

    Kitamura Ryo, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 46 ) 頁: 5819-5822   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc02122h

    Web of Science

  28. Reaction of B-2(o-tol)(4) with CO and Isocyanides: Cleavage of the C O Triple Bond and Direct C-H Borylations

    Katsuma Yuhei, Tsukahara Nana, Wu Linlin, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   57 巻 ( 21 ) 頁: 6109-6114   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201800878

    Web of Science

  29. Synthesis and Application of Pyrrole-Based PNP-Ir Complexes to Catalytic Transfer Dehydrogenation of Cyclooctane

    Nakayama Shin, Morisako Shogo, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   37 巻 ( 8 ) 頁: 1304-1313   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.8b00072

    Web of Science

  30. A zwitterionic aluminabenzene-alkylzirconium complex having half-zirconocene structure: synthesis and application for additive-free ethylene polymerization

    Nakamura Taichi, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   54 巻 ( 33 ) 頁: 4180-4183   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c8cc02186d

    Web of Science

  31. Reactivity of highly Lewis acidic diborane(4) towards pyridine and isocyanide: formation of boraalkene-pyridine complex and ortho-functionalized pyridine derivatives

    Katsuma Yuhei, Asakawa Hiroki, Yamashita Makoto

    CHEMICAL SCIENCE   9 巻 ( 5 ) 頁: 1301-1310   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7sc04759b

    Web of Science

  32. Anionic indabenzene: synthesis and characterization

    Nakamura Taichi, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   53 巻 ( 99 ) 頁: 13260-13263   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c7cc08397a

    Web of Science

  33. Aluminabenzene-Rh and -Ir Complexes: Synthesis, Structure, and Application toward Catalytic C-H Borylation

    Nakamura Taichi, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 巻 ( 49 ) 頁: 17763-17766   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b11127

    Web of Science

  34. A Highly Active PBP-Iridium Catalyst for the Dehydrogenation of Dimethylamine-Borane: Catalytic Performance and Mechanism

    Kwan Enrique Huang, Ogawa Hayato, Yamashita Makoto

    CHEMCATCHEM   9 巻 ( 13 ) 頁: 2457-2462   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/cctc.201700384

    Web of Science

  35. Two-electron Reduction of Diboryldiphosphene: Formation of Intramolecular Charge-transfer Complex of Dianionic B-=P-P=B- Species 査読有り

    Asami Shun-suke, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY LETTERS   46 巻 ( 5 ) 頁: 686 - 689   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.170106

    Web of Science

  36. Cleaving Dihydrogen with Tetra(o-tolyl)diborane(4) 査読有り

    Tsukahara Nana, Asakawa Hiroki, Lee Ka-Ho, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   139 巻 ( 7 ) 頁: 2593 - 2596   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.7b00924

    Web of Science

  37. Isolation and Characterization of Radical Anions Derived from a Boryl-Substituted Diphosphene 査読有り

    Asami Shun-suke, Ishida Shintaro, Iwamoto Takeaki, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56 巻 ( 6 ) 頁: 1658 - 1662   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201611762

    Web of Science

  38. An Isolable Bismabenzene: Synthesis, Structure, and Reactivity 査読有り

    Ishii Takuya, Suzuki Katsunori, Nakamura Taichi, Yamashita Makoto

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   138 巻 ( 39 ) 頁: 12787-12790   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b08714

    Web of Science

  39. A Boryl-Substituted Diphosphene: Synthesis, Structure, and Reaction with n-Butyllithium To Form a Stabilized Adduct by p-p Interaction 査読有り

    Asami Shun-suke, Okamoto Masafumi, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   55 巻 ( 41 ) 頁: 12827-12831   2016年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201607995

    Web of Science

  40. A Potassium Diboryllithate: Synthesis, Bonding Properties, and the Deprotonation of Benzene 査読有り

    Ohsato Takuto, Okuno Yuri, Ishida Shintaro, Iwamoto Takeaki, Lee Ka-Ho, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   55 巻 ( 38 ) 頁: 11426-11430   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201605005

    Web of Science

  41. Ring Contraction of a Pinacolatoboryl Group To Form a 1,2-Oxaboretane Ring: Reaction of Unsymmetrical Diborane(4) with 2,6-Dimethylphenyl Isocyanide 査読有り

    Katsuma Yuhei, Asakawa Hiroki, Lee Ka-Ho, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   35 巻 ( 15 ) 頁: 2563-2566   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.6b00468

    Web of Science

  42. Direct and Base-Catalyzed Diboration of Alkynes Using the Unsymmetrical Diborane(4), pinB-BMes(2) 査読有り

    Kojima Chiemi, Lee Ka-Ho, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   138 巻 ( 20 ) 頁: 6662-6669   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b03686

    Web of Science

  43. A Qualitative Analysis of a "Bora-Brook Rearrangement": The Ambident Reactivity of Boryl-Substituted Alkoxide Including the Carbon-to-Oxygen Migration of a Boryl Group 査読有り

    Kisu Haruki, Sakaino Hirotoshi, Ito Fumihiro, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   138 巻 ( 10 ) 頁: 3548-3552   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/jacs.6b00283

    Web of Science

  44. The Organometallic Chemistry of Boron-Containing Pincer Ligands based on Diazaboroles and Carboranes 査読有り

    Yamashita Makoto

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   89 巻 ( 3 ) 頁: 269-281   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20150355

    Web of Science

  45. A long-tethered (P-B-P)-pincer ligand: synthesis, complexation, and application to catalytic dehydrogenation of alkanes 査読有り

    Kwan Enrique Huang, Kawai Yasushi Jack, Kamakura Sei, Yamashita Makoto

    DALTON TRANSACTIONS   45 巻 ( 40 ) 頁: 15931-15941   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c6dt02075e

    Web of Science

  46. Synthesis of Pincer Iridium Complexes Bearing a Boron Atom and Pr-i-Substituted Phosphorus Atoms: Application to Catalytic Transfer Dehydrogenation of Alkanes 査読有り

    Tanoue Keita, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   34 巻 ( 16 ) 頁: 4011-4017   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.5b00376

    Web of Science

  47. An Isolable Anionic Gallabenzene: Synthesis and Characterization 査読有り

    Nakamura Taichi, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   34 巻 ( 10 ) 頁: 1806-1808   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.5b00310

    Web of Science

  48. Lowering the Reduction Potential of a Boron Compound by Means of the Substituent Effect of the Boryl Group: One-Electron Reduction of an Unsymmetrical Diborane(4) 査読有り

    Asakawa Hiroki, Lee Ka-Ho, Furukawa Ko, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   21 巻 ( 11 ) 頁: 4267-4271   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.201406609

    Web of Science

  49. Aluminabenzene-Zirconium Complexes: Intramolecular Coordination of Chloride to Aluminum 査読有り

    Nakamura Taichi, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   34 巻 ( 5 ) 頁: 813-816   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.organomet.5b00073

    Web of Science

  50. Rhombic Cyclobutadiene with a Boryl/Amino-Substitution Pattern: Boryl Group Migration Induced by Reaction with Water 査読有り

    Onuma Kaoru, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    ORGANIC LETTERS   17 巻 ( 5 ) 頁: 1212-1215   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/acs.orglett.5b00163

    Web of Science

  51. Dimesitylboryl- and Amino-substituted Acetylene Having Butatriene-type Resonance Contribution 査読有り

    Onuma Kaoru, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY LETTERS   44 巻 ( 3 ) 頁: 405-407   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.141063

    Web of Science

  52. Boryl Anions 査読有り

    Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    SYNTHESIS AND APPLICATION OF ORGANOBORON COMPOUNDS   49 巻   頁: 1-37   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/978-3-319-13054-5_1

    Web of Science

  53. Synthesis, Structure, and Bonding Properties of Ruthenium Complexes Possessing a Boron-Based PBP Pincer Ligand and Their Application for Catalytic Hydrogenation 査読有り

    Miyada Takuma, Kwan Enrique Huang, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   33 巻 ( 23 ) 頁: 6760-6770   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om500585j

    Web of Science

  54. An Anionic Aluminabenzene Bearing Aromatic and Ambiphilic Contributions 査読有り

    Nakamura Taichi, Suzuki Katsunori, Yamashita Makoto

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   136 巻 ( 26 ) 頁: 9276-9279   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja504771d

    Web of Science

  55. Facile scission of isonitrile carbon-nitrogen triple bond using a diborane(4) reagent 査読有り

    Asakawa Hiroki, Lee Ka-Ho, Lin Zhenyang, Yamashita Makoto

    NATURE COMMUNICATIONS   5 巻   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/ncomms5245

    Web of Science

  56. Assessing the Bronsted Basicity of Diaminoboryl Anions: Reactivity toward Methylated Benzenes and Dihydrogen 査読有り

    Dettenrieder Nicole, Aramaki Yoshitaka, Wolf Benjamin M., Maichle-Moessmer Caecilia, Zhao Xiaoxi, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko, Anwander Reiner

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   53 巻 ( 24 ) 頁: 6259-6262   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201402175

    Web of Science

  57. Trial for anti-Markovnikov Hydration of 1-Decene Using Platinum Complexes Bearing a PBP Pincer Ligand, Inducing Alkene Isomerization and Decomposition of PBP Ligand 査読有り

    Ogawa Hayato, Yamashita Makoto

    CHEMISTRY LETTERS   43 巻 ( 5 ) 頁: 664-666   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.131208

    Web of Science

  58. Study on Photocatalytic Organic Reactions Using Photocatalytic Microreactors 査読有り

    Shimaoka Kento, Kuwahara Shota, Yamashita Makoto, Katayama Kenji

    ANALYTICAL SCIENCES   30 巻 ( 5 ) 頁: 619-621   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  59. Oxygenation of a Ruthenium Complex Bearing a PBP-Pincer Ligand Inducing the Formation of a Boronato Ligand with a Weak Ru-O Bond 査読有り

    Miyada Takuma, Yamashita Makoto

    ORGANOMETALLICS   32 巻 ( 19 ) 頁: 5281-5284   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om400915x

    Web of Science

  60. Oxidative Addition of a Strained C-C Bond onto Electron-Rich Rhodium(I) at Room Temperature 査読有り

    Masuda Yusuke, Hasegawa Maki, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko, Ishida Naoki, Murakami Masahiro

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   135 巻 ( 19 ) 頁: 7142-7145   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja403461f

    Web of Science

  61. Preparation of Organic Light-Emitting Diode Using Coal Tar Pitch, a Low-Cost Material, for Printable Devices 査読有り

    Yamaoka Miki, Asami Shun-suke, Funaki Nayuta, Kimura Sho, Liao Yingjie, Fukuda Takeshi, Yamashita Makoto

    PLOS ONE   8 巻 ( 5 )   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0062903

    Web of Science

  62. Platinum complexes bearing a boron-based PBP pincer ligand: synthesis, structure, and application as a catalyst for hydrosilylation of 1-decene 査読有り

    Ogawa Hayato, Yamashita Makoto

    DALTON TRANSACTIONS   42 巻 ( 3 ) 頁: 625-629   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c2dt31892j

    Web of Science

  63. Synthesis and Characterization of B-Heterocyclic pi-Radical and Its Reactivity as a Boryl Radical 査読有り

    Aramaki Yoshitaka, Orniya Hideki, Yamashita Makoto, Nakabayashi Koji, Ohkoshi Shin-ichi, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   134 巻 ( 49 ) 頁: 19989-19992   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja3094372

    Web of Science

  64. Tandem Hydroformylation/Hydrogenation of Alkenes to Normal Alcohols Using Rh/Ru Dual Catalyst or Ru Single Component Catalyst 査読有り

    Takahashi Kohei, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   134 巻 ( 45 ) 頁: 18746-18757   2012年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja307998h

    Web of Science

  65. Syntheses and Thermolysis of Arylpalladium Hydroxide Complexes: Implications for C(sp(2))-OH Bond-Forming Reductive Elimination To Generate Phenol Derivatives 査読有り

    Hayashi Yumi, Wada Shinji, Yamashita Makoto, Nozald Kyoko

    ORGANOMETALLICS   31 巻 ( 3 ) 頁: 1073-1081   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om201142s

    Web of Science

  66. Isolation of a PBP-Pincer Rhodium Complex Stabilized by an Intermolecular C?H s Coordination as the Fourth Ligand 査読有り

    Hasegawa Maki, Segawa Yasutomo, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   51 巻 ( 28 ) 頁: 6956-6960   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201201916

    Web of Science

  67. Ruthenium/C5Me5/Bisphosphine- or Bisphosphite-Based Catalysts for normal-Selective Hydroformylation 査読有り

    Takahashi Kohei, Yamashita Makoto, Tanaka Yoshiyuki, Nozaki Kyoko

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   51 巻 ( 18 ) 頁: 4383-4387   2012年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201108396

    Web of Science

  68. Mechanistic Studies on the Reversible Hydrogenation of Carbon Dioxide Catalyzed by an Ir-PNP Complex 査読有り

    Tanaka Ryo, Yamashita Makoto, Chung Lung Wa, Morokuma Keiji, Nozaki Kyoko

    ORGANOMETALLICS   30 巻 ( 24 ) 頁: 6742-6750   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om2010172

    Web of Science

  69. Creation of Nucleophilic Boryl Anions and Their Properties 査読有り

    Yamashita Makoto

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   84 巻 ( 10 ) 頁: 983-999   2011年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.20110123

    Web of Science

  70. One-Pot Carboboration of Alkynes Using Lithium Borylcyanocuprate and the Subsequent Suzuki-Miyaura Cross-Coupling of the Resulting Tetrasubstituted Alkenylborane 査読有り

    Okuno Yuri, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    EUROPEAN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY   ( 20-21 ) 頁: 3951-3958   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ejoc.201100373

    Web of Science

  71. A catalytic synthesis of dialkylamines from alkylamines using neopentyl-substituted PNP pincer-iridium complex 査読有り

    Yamashita Makoto, Moroe Yoshiki, Yano Toshiyuki, Nozaki Kyoko

    INORGANICA CHIMICA ACTA   369 巻 ( 1 ) 頁: 15-18   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ica.2010.08.034

    Web of Science

  72. Syntheses and properties of triborane(5)s possessing bulky diamino substituents on terminal boron atoms 査読有り

    Hayashi Yumi, Segawa Yasutomo, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    CHEMICAL COMMUNICATIONS   47 巻 ( 20 ) 頁: 5888-5890   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c1cc11334h

    Web of Science

  73. Borylcyanocuprate in a One-Pot Carboboration by a Sequential Reaction with an Electron-Deficient Alkyne and an Organic Carbon Electrophile 査読有り

    Okuno Yuri, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   50 巻 ( 4 ) 頁: 920-923   2011年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201005667

    Web of Science

  74. Boryltrihydroborate: Synthesis, Structure, and Reactivity as a Reductant in Ionic, Organometallic, and Radical Reactions 査読有り

    Nozaki Kyoko, Aramaki Yoshitaka, Yamashita Makoto, Ueng Shau-Hua, Malacria Max, Lacote Emmanuel, Curran Dennis P.

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   132 巻 ( 33 ) 頁: 11449-11451   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja105277u

    Web of Science

  75. Boryl Anion: Syntheses and Properties of Novel Borylmetals 査読有り

    Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF SYNTHETIC ORGANIC CHEMISTRY JAPAN   68 巻 ( 4 ) 頁: 359-369   2010年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  76. High-Yielding Tandem Hydroformylation/Hydrogenation of a Terminal Olefin to Produce a Linear Alcohol Using a Rh/Ru Dual Catalyst System 査読有り

    Takahashi Kohei, Yamashita Makoto, Ichihara Takeo, Nakano Koji, Nozaki Kyoko

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   49 巻 ( 26 ) 頁: 4488-4490   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.201001327

    Web of Science

  77. Reduction of base-stabilized difluoroboranes to induce rearrangement reactions 査読有り

    Yamashita Makoto, Aramaki Yoshitaka, Nozaki Kyoko

    NEW JOURNAL OF CHEMISTRY   34 巻 ( 8 ) 頁: 1774-1782   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1039/c0nj00363h

    Web of Science

  78. Diphenylphosphino- or Dicyclohexylphosphino-Tethered Boryl Pincer Ligands: Syntheses of PBP Iridium(III) Complexes and Their Conversion to Iridium-Ethylene Complexes 査読有り

    Segawa Yasutomo, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    ORGANOMETALLICS   28 巻 ( 21 ) 頁: 6234-6242   2009年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om9006455

    Web of Science

  79. Catalytic Hydrogenation of Carbon Dioxide Using Ir(III)-Pincer Complexes 査読有り

    Tanaka Ryo, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   131 巻 ( 40 ) 頁: 14168-+   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja903574e

    Web of Science

  80. Group-4 Transition-Metal Boryl Complexes: Syntheses, Structures, Boron-Metal Bonding Properties, and Application as a Polymerization Catalyst 査読有り

    Terabayashi Tomomi, Kajiwara Takashi, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   131 巻 ( 40 ) 頁: 14162-+   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja905950g

    Web of Science

  81. Syntheses of PBP Pincer Iridium Complexes: A Supporting Boryl Ligand 査読有り

    Segawa Yasutomo, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   131 巻 ( 26 ) 頁: 9201-+   2009年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja9037092

    Web of Science

  82. Neopentyl-substituted PNP-pincer Ligand: Complexation with Iridium to Form an Iridacycle via Alkyl C-H Activation 査読有り

    Yano Toshiyuki, Moroe Yoshiki, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    CHEMISTRY LETTERS   37 巻 ( 12 ) 頁: 1300-1301   2008年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2008.1300

    Web of Science

  83. Chemistry of Boryllithium: Synthesis, Structure, and Reactivity 査読有り

    Segawa Yasutomo, Suzuki Yuta, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   130 巻 ( 47 ) 頁: 16069-16079   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja8057919

    Web of Science

  84. Recent Developments of Boryl Anions: Boron Analogues of Carbanion 査読有り

    Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN   81 巻 ( 11 ) 頁: 1377-1392   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/bcsj.81.1377

    Web of Science

  85. Syntheses of Ester-Substituted Norbornyl Palladium Complexes Ligated with (Bu3P)-Bu-t: Studies on the Insertion of exo- and endo-Monomers in the Ester-Substituted Norbornene Polymerization 査読有り

    Takamiya Ikuko, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    ORGANOMETALLICS   27 巻 ( 20 ) 頁: 5347-5352   2008年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om800566j

    Web of Science

  86. Polymerization of norbornene with a pendent sulfonyl fluoride group catalyzed by palladium complex bearing (BU3P)-B-t ligand 査読有り

    Takamiya Ikuko, Yamashita Makoto, Murotan Eisuke, Morizawa Yoshitomi, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY   46 巻 ( 15 ) 頁: 5133-5141   2008年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pola.22841

    Web of Science

  87. Crystal structure of boryllithium with two THF molecules and DFT analysis of its property as a boryl anion 査読有り

    Yamashita Makoto, Suzuki Yuta, Segawa Yasutomo, Nozaki Kyoko

    CHEMISTRY LETTERS   37 巻 ( 7 ) 頁: 802-803   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2008.802

    Web of Science

  88. Boryllithium: A novel boron nucleophile and its application in the synthesis of borylmetal complexes 査読有り

    Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    PURE AND APPLIED CHEMISTRY   80 巻 ( 5 ) 頁: 1187-1194   2008年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1351/pac200880051187

    Web of Science

  89. Carbonylative polymerization of oxetanes initiated by acetyl cobalt complexes 査読有り

    Permana Yessi, Nakano Koji, Yamashita Makoto, Watanabe Daisuke, Nozaki Kyoko

    CHEMISTRY-AN ASIAN JOURNAL   3 巻 ( 4 ) 頁: 710-718   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/asia.200700339

    Web of Science

  90. Syntheses, structures, and reactivities of borylcopper and -zinc compounds: 1,4-silaboration of an alpha,beta-unsaturated ketone to form a gamma-siloxyallylborane 査読有り

    Kajiwara Takashi, Terabayashi Tomomi, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   47 巻 ( 35 ) 頁: 6606-6610   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200801728

    Web of Science

  91. Synthesis, structure of borylmagnesium, and its reaction with benzaldehyde to form benzoylborane 査読有り

    Yamashita Makoto, Suzuki Yuta, Segawa Yasutomo, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   129 巻 ( 31 ) 頁: 9570-+   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja073037t

    Web of Science

  92. Boryl anion attacks transition-metal chlorides to form boryl complexes: Syntheses, spectroscopic, and structural studies on group 11 borylmetal complexes 査読有り

    Segawa Yasutomo, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   46 巻 ( 35 ) 頁: 6710-6713   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/anie.200702369

    Web of Science

  93. Boryllithium: Isolation, characterization, and reactivity as a boryl anion 査読有り

    Segawa Yasutomo, Yamashita Makoto, Nozaki Kyoko

    SCIENCE   314 巻 ( 5796 ) 頁: 113-115   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1131914

    Web of Science

  94. Syntheses and structures of bulky monophosphine-ligated methylpalladium complexes: Application to homo- and copolymerization of norbornene and/or methoxycarbonylnorbornene 査読有り

    Yamashita Makoto, Takamiya Ikuko, Jin Koichiro, Nozaki Kyoko

    ORGANOMETALLICS   25 巻 ( 19 ) 頁: 4588-4595   2006年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/om060347w

    Web of Science

  95. Organometallic chemistry of amidate complexes. Accelerating effect of bidentate ligands on the reductive elimination of N-aryl amidates from palladium(II) 査読有り

    Fujita Ken-ichi, Yamashita Makoto, Puschmann Florian, Alvarez-Falcon Miguel Martinez, Incarvito Christopher D., Hartwig John F.

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   128 巻 ( 28 ) 頁: 9044-9045   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja062333n

    Web of Science

  96. Syntheses and characterizations of methylpalladium complexes bearing a biphenyl-based bulky phosphine ligand: Weak interactions suggested by NBO and QTAIM analyses 査読有り

    Yamashita Makoto, Takamiya Ikuko, Jin Koichiro, Nozaki Kyoko

    JOURNAL OF ORGANOMETALLIC CHEMISTRY   691 巻 ( 14 ) 頁: 3189-3195   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jorganchem.2006.02.001

    Web of Science

  97. Alternating copolymerization of fluoroalkenes with carbon monoxide 査読有り

    Fujita T, Nakano K, Yamashita M, Nozaki K

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   128 巻 ( 6 ) 頁: 1968-1975   2006年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja055862k

    Web of Science

  98. Fixation of both O-2 and CO2 from air by a crystalline palladium complex bearing N-heterocyclic carbene ligands 査読有り

    Yamashita M, Goto K, Kawashima T

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   127 巻 ( 20 ) 頁: 7294-7295   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja051054h

    Web of Science

  99. Synthesis and structure of a germylene bearing a 1,8-dimethoxyanthracene ligand 査読有り

    Yamashita M, Murakami H, Unrin-In T, Kawachi A, Akiba K, Yamamoto Y

    CHEMISTRY LETTERS   34 巻 ( 5 ) 頁: 690-691   2005年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1246/cl.2005.690

    Web of Science

  100. Syntheses and structures of hypervalent pentacoordinate carbon and boron compounds bearing an anthracene skeleton - Elucidation of hypervalent interaction based on X-ray analysis and DFT calculation 査読有り

    Yamashita M, Yamamoto Y, Akiba KY, Hashizume D, Iwasaki F, Takagi N, Nagase S

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   127 巻 ( 12 ) 頁: 4354-4371   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  101. An efficient Pd(II)-based catalyst system for carboxylation of aromatic C-H bond by addition of a phosphenium salt 査読有り

    Sakakibara K, Yamashita M, Nozaki K

    TETRAHEDRON LETTERS   46 巻 ( 6 ) 頁: 959-962   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tetlets.2004.12.027

    Web of Science

  102. Extended hypervalent 5c-6e interactions: Linear alignment of five C-Z---O---Z-C (Z = S, Se) atoms in anthraquinone and anthracene systems 査読有り

    Nakanishi W, Hayashi S, Furuta T, Itoh N, Nishina Y, Yamashita M, Yamamoto Y

    PHOSPHORUS SULFUR AND SILICON AND THE RELATED ELEMENTS   180 巻 ( 5-6 ) 頁: 1351-1355   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10426500590912321

    Web of Science

  103. Synthesis, structure, and reductive elimination chemistry of three-coordinate arylpalladium amido complexes 査読有り

    Yamashita M, Hartwig JF

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   126 巻 ( 17 ) 頁: 5344-5345   2004年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja0315107

    Web of Science

  104. Trans influence on the rate of reductive elimination. Reductive elimination of amines from isomeric arylpalladium amides with unsymmetrical coordination spheres 査読有り

    Yamashita M, Vicario JVC, Hartwig JF

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   125 巻 ( 52 ) 頁: 16347-16360   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1021/ja037425g

    Web of Science

  105. Synthesis of a new potential tridentate anthracene ligand bearing deprotectable methoxymethoxy (OMOM) group at 1,8-positions: Attempt to synthesize anionic hypervalent carbon compounds 査読有り

    Yamashita M, Mita Y, Yamamoto Y, Akiba KY

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   9 巻 ( 15 ) 頁: 3655-3659   2003年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/chem.200204354

    Web of Science

  106. Synthesis of a novel potential tridentate anthracene ligand, 1,8-bis(dimethylamino)-9-bromoanthracene, and its application as chelate ligand for synthesis of the corresponding boron and palladium compounds 査読有り

    Yamashita M, Kamura K, Yamamoto Y, Akiba K

    CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   8 巻 ( 13 ) 頁: 2976-2979   2002年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  107. Synthesis and application of new tridentate anthracene ligands bearing donative phosphorus(III) atoms at 1,8-positions 査読有り

    Watanabe K, Yamashita M, Yamamoto Y, Akiba K

    PHOSPHORUS SULFUR AND SILICON AND THE RELATED ELEMENTS   177 巻 ( 8-9 ) 頁: 2047-2048   2002年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/10426500290094341

    Web of Science

  108. Synthesis of a new tridentate anthracene ligand bearing (i-Pr)(2)P group at 1,8-positions: Facile bond switch on tetracoordinate boron atom 査読有り

    Yamashita M, Watanabe K, Yamamoto Y, Akiba KY

    CHEMISTRY LETTERS   ( 11 ) 頁: 1104-1105   2001年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  109. Synthesis of a versatile tridentate anthracene ligand and its application for the synthesis of hypervalent pentacoordinate boron compounds (10-B-5) 査読有り

    Yamashita M, Yamamoto Y, Akiba K, Nagase S

    ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   39 巻 ( 22 ) 頁: 4055-4058   2000年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  110. Synthesis and isolation of stable hypervalent carbon compound (10-C-5) bearing a 1,8-dimethoxyanthracene ligand 査読有り

    Akiba K, Yamashita M, Yamamoto Y, Nagase S

    JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY   121 巻 ( 45 ) 頁: 10644-10645   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物 2

  1. Boryl Anions In Synthesis and Application of Organoboron Compounds

    Yamashita, M., Nozaki, K.( 担当: 分担執筆)

    Springer International Publishing  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  2. Hydroformylation, Other Hydrocarbonylations, and Oxidative Alkoxycarbonylation In Comprehensive Organometallic Chemistry III

    Yamashita, M., Nozaki, K.( 担当: 分担執筆)

    Elsevier  2006年12月  ( ISBN:008044590X

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:事典・辞書

講演・口頭発表等 311

  1. グアニジン配位部位を有するピンサーRh/Ru錯体の合成とその反応性

    武笠 真之介・中野 遼・山下 誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月21日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  2. ヒドロキノン置換N-ヘテロ環状カルベン配位子を有するマンガン錯体の合成

    菅野 由稀・伊藤 淳一・山下 誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月20日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  3. ピンサーRu触媒によるメタンを炭素源としたアルケンの⼀炭素増炭反応

    徳弘 圭・中野 遼・山下 誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月20日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  4. 炭素置換Alアニオンの反応性

    車田怜史・杉田健吾・中野遼・山下誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月19日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  5. 塩基安定化中性オキソボラン

    山梨 遼太朗・中野 遼・山下 誠

    日本化学会 第101春季年会(2021)  2021年3月19日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  6. 炭素置換Alアニオンの反応性

    車田怜史・杉田健吾・中野遼・山下誠

    第47回有機典型元素化学討論会  2020年12月3日  有機典型元素化学討論会実行委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  7. 炭素置換Alアニオンを用いた13族元素間に結合を有する化合物の合成

    車田怜史・山下誠

    第10回CSJ化学フェスタ(2020)  2020年10月20日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  8. 非常識な典型元素化合物:ただのルイス酸じゃないぞ! 招待有り

    山下 誠

    第10回CSJ化学フェスタ(2020)化学フェスタ第10回記念企画~化学版 関ケ原の合戦~  2020年10月20日  日本化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  9. Synthesis and properties of Alkyl-substituted Alumanyl Anion 招待有り 国際会議

    Makoto Yamashita

    Main Group Seminar Series  2020年6月3日  RSC Main Group Chemistry Interest Group

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  10. アルキル置換Alアニオンの合成と反応性 招待有り

    山下 誠

    第1回ケムステバーチャルシンポジウム  2020年5月1日  Chem-Station

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン  

  11. ホウ素窒素置換アセチレンとチタノセン/ジルコノセン誘導体との反応

    小林明弥・鈴木克規・山下誠

    第46回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  12. ホウ素、窒素置換アセチレンとチタノセン誘導体との反応

    小林明弥・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第100回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  13. Reactivity of Alkyl-substituted Al Anion toward Unsaturated Hydrocarbons and Early Metal Complexes

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  14. Synthesis and Property of Alkyl-Substituted Al Anion

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  15. ジアリールボリル金錯体へのアルキンの挿入反応および続く異性化

    鈴木あかね・山下誠

    日本化学会第100回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  16. ビス(オキサゾリニル)メタニド配位子を有する後周期金属錯体の合成および反応

    山梨 遼太朗・山下誠

    日本化学会第100回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  17. N-ヘテロ環状カルベンを有するCNCピンサー鉄錯体の合成とアルケンの触媒的水素化反応への応用

    谷口わか乃・伊藤淳一・山下誠

    日本化学会第100回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  18. ヒドロキノン置換型N-ヘテロ環状カルベン配位子を有する新規Fe錯体の合成

    浅賀 一義・大橋 謙一・伊藤 淳一・山下 誠

    日本化学会第100回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  19. ビス(ジアリール)ボリルメチルアニオンの構造と反応性

    秋山世治・山下誠

    日本化学会第100回年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  20. 炭素置換Alアニオンを用いた芳香族炭化水素の脱プロトン化

    車田怜史・杉田健吾・山下誠

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  21. 炭素置換Alアニオンを用いた芳香族炭化水素の脱プロトン化

    車田怜史・杉田健吾・山下誠

    第46回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  22. ヒドロキノン置換型N-ヘテロ環状カルベン配位子を有する新規鉄錯体の合成

    浅賀 一義・伊藤 淳一・山下 誠

    第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  23. ジアリールボリル金属錯体の合成・構造・反応性

    鈴木あかね・山下誠

    第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  24. 幾何拘束型アルミナベンゼンージルコニウム錯体の合成と構造

    久野真揮・鈴木克規・山下誠

    第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  25. 中性B-O二重結合種の合成と性質

    中野遼・山下誠

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  26. Synthesis of NHC-Based CNC-Pincer Fe Complex and Its Application to Catalytic Hydrogenation of Alkenes 国際会議

    7th Asian Conference of Coordination Chemistry (ACCC7) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:マレーシア  

  27. Ligation Behavior of a Pyridine-Tethered Cyclic Guanidine to Late Transition Metals 国際会議

    7th Asian Conference of Coordination Chemistry (ACCC7) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:マレーシア  

  28. Reaction of Alumanylpotassium toward Early Metal Complexes 国際会議

    7th Asian Conference of Coordination Chemistry (ACCC7) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:マレーシア  

  29. Reactivity of Anionic Aluminabenzene: Substitution at 4-Position and Synthesis of Dianionic Bi(aluminabenzene) 国際会議

    18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  30. ホウ素窒素置換アセチレンの反応:有機ホウ素化合物との錯形成および[2+2]二量化反応

    小林明弥・鈴木克規・北村亮・山下誠

    第30回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  31. 炭素置換6電子系Alアニオンと第3族および4族金属錯体との反応

    杉田健悟・山下誠

    第69回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  32. ジアリールボリル金属錯体の合成・構造・反応性

    鈴木あかね・山下誠

    第69回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  33. N-ヘテロ環状カルベンを有するCNCピンサー鉄錯体の合成とアルケンの触媒的水素化反応への応用

    谷口わか乃・伊藤淳一・山下誠

    第36回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  34. アルキル置換アルマニルアニオンと不飽和化合物との反応性の解明

    杉田健悟・山下誠

    第36回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  35. N-ヘテロ環状カルベンを有するCNCピンサー鉄錯体の合成とアルケンの触媒的水素化反応への応用

    谷口わか乃・伊藤淳一・山下誠

    第66回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  36. 炭素置換6電子系Alニオンと不飽和化合物との反応性の解明

    杉田健悟・山下誠

    第66回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  37. Synthesis and Characterization of Germanium-, Tin-, and Lead-Incorporated Benzenes 国際会議

    International Conference on the Coordination and Organometallic Chemistry of Germanium, Tin, and Lead (ICCOC-GTL-16) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  38. Synthesis of NHC-Based CNC-Pincer Fe Complex and Its Application to Catalytic Hydrogenation of Alkenes 国際会議

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium"Toward Advanced Functions from New pi-skelton" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  39. Reaction of Bismabenzene with Electrophile and Nucleophile 国際会議

    18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  40. Synthesis and Derivatization of Chlorine-substituted 9,10-Dihydro-9-aza-10-bora-anthracene 国際会議

    18th International Symposium on Novel Aromatic Compounds (ISNA-18) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  41. Synthesis of Heavy Group 14 Element-Incorporated Benzenes 国際会議

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium"Toward Advanced Functions from New pi-skelton" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  42. Reactions of Boryl- and Amino-substituted Acetylene toward Hydro-/Chloro-boranes 国際会議

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium"Toward Advanced Functions from New pi-skelton" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  43. Reactivity of Alkyl-substituted Aluminium Anion 国際会議

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium"Toward Advanced Functions from New pi-skelton" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  44. Reactivity of Alumanylpotassium toward Early Metal Complexes 国際会議

    ITbM-GTR Pre-ISNA Symposium"Toward Advanced Functions from New pi-skelton" 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  45. 塩素置換9-アザ-10-ボラアントラセンの合成とその誘導化

    石川祐太朗・根間慎也・林晃平・鈴木克規・山下誠

    第45回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  46. ホウ素窒素置換アセチレンと有機ホウ素化合物の反応

    小林 明弥・北村 亮・鈴木 克規・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  47. バナジル錯体による超臨界メタンの酸素酸化

    山田海人・中野遼・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  48. ジアニオン性ビ(アルミナベンゼン)の合成と構造

    久野真揮・鈴木克規・仲村太智・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  49. テトラアリールジボラン(4)ジアニオンの反応性

    秋山世治・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  50. ビ(ビスマベンゼン)の合成、構造および物性

    難波叶帆・石井拓弥・鈴木克規・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  51. アルキルアミノハロボランの合成及び還元反応

    木須遥規・小齋智之・岩本武明・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  52. N-ヘテロ環カルベンにより安定化されたアザボラアントラセンの合成、構造および反応

    石川祐太朗・鈴木克規・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  53. 単離可能なスタンナベンゼンの合成及び構造

    海谷河音・鈴木克規・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  54. テトラNHCマクロサイクル配位子を有する後周期金属錯体の合成および構造

    小森彩香・伊藤淳一・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  55. P-Al-Pピンサー型Ir錯体の合成と触媒反応への応用

    森迫 祥吾・渡邉 聖也・山下 誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  56. テトラアリールジボラン(4)と酸素置換11族金属錯体との反応

    鈴木あかね・山下誠

    日本化学会 第99春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  57. 環状アルキルアミノボリルアニオンの合成研究

    木須遥規・小齋智之・岩本武明・山下誠

    第45回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  58. プルンバベンゼニルアニオンの合成

    海谷河音・鈴木克規・山下誠

    第45回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  59. Chirality Switch of NCN-Pincer Rh Complexes Containing Secondary Amino Ligands 国際会議

    Jun-ichi Ito, Siti Rokiah, Hisao Nishiyama

    The 18th Japan-Korea Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  60. 求核的2配位アルミニウムアニオンの反応性

    車田怜史・高森修平・山下誠

    第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  61. ビスマベンゼンにおける求電子置換反応の解明

    難波叶帆・石井拓弥・鈴木克規・山下誠

    第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  62. 多重結合性ホウ素化合物の合成と反応性

    森迫 祥吾・Shang Rong・山本 陽介・ 松井 啓史・中野 雅由・山下 誠

    第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  63. マクロサイクル骨格を有するポリN-ヘテロ環状カルベン錯体の合成および構造

    小森彩香・伊藤淳一・山下誠

    第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  64. ジボラン(4)ジアニオンの合成と反応

    秋山世治・山下誠

    第49回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  65. Group 9 Complexes Bearing A P-Al-P Pincer Ligand 国際会議

    Shogo Morisako, Seiya Watanabe, Makoto Yamashita

    The 18th Japan-Korea Joint Symposium on Organometallic and Coordination Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  66. 14族元素上に様々な置換基を持つ高周期14族元素含有ベンゼンの合成

    海谷河音・鈴木克規・山下誠

    第22回ケイ素化学協会シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  67. ボリルリチウムを用いた直鎖状ホウ素化合物の合成と性質

    八木篤実・木須遥規・山下誠

    第29回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  68. ジボラン(4)ジアニオンおよびその遷移金属錯体の合成と構造

    秋山世治・山下誠

    第29回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  69. アニオン性アルミナベンゼンと求電子剤の反応

    久野真揮、鈴木克規、仲村太智、山下誠

    第29回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  70. 無置換9,10-ジヒドロ-9-アザ-10-ボラアントラセンの合成、構造および反応性

    石川祐太朗・根間慎也・林晃平・鈴木克規・山下誠

    第29回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  71. ビスマベンゼンと求電子剤との反応

    難波叶帆・石井拓弥・鈴木克規・山下誠

    第29回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  72. Chirality Switch of NCN-Pincer Rh Complexes Containing Secondary Amino Ligands 国際会議

    Jun-ichi Ito, Siti Rokiah, Hisao Nishiyama

    43rd International Conference on Coordination Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  73. Reactivity of Bismabenzene 国際会議

    Yasuho Nanba, Takuya Ishii, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS) Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  74. Reactions of Anionic Aluminabenzene with Electrophiles 国際会議

    Masaki Kuno, Katsunori Suzuki, Taichi Nakamura, Makoto Yamashita

    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS) Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  75. Synthesis and Property of Nucleophilic Al anion 国際会議

    Satoshi Kurumada, Shuhei Takamori, Makoto Yamashita

    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS) Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  76. Synthesis and Properties of Boryl-Substituted Multiple Boron-Boron Bond by Using Boryllithium 国際会議

    Atsumi Yagi, Haruki Kisu, Makoto Yamashita

    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS) Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  77. Synthesis and Reactivity of Diborane(4) Dianion 国際会議

    Seiji Akiyama, Makoto Yamashita

    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS) Science 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  78. 求核的アルミニウムアニオンR2Al-の合成と性質

    車田怜史・高森修平・山下誠

    第113回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  79. Synthesis of Germabenzenes Having Various Aryl Groups by Reaction of in-situ Generated Chlorogermabenzene 国際会議

    Canon Kaiya, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  80. Reversible B2C2 Four-Membered Ring Formmation by Dimerization of Boryl- and Amino-Substituted Acetylenes 国際会議

    Katsunori Suzuki, Ryo Kitamura, Makoto Yamashita

    The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-15) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  81. ビスマベンゼンと求電子剤の反応

    難波叶帆・石井拓弥・鈴木克規・山下誠

    第113回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  82. マクロサイクル骨格を有するポリN-ヘテロ環状カルベン配位子の合成および構造

    小森彩香・伊藤淳一・山下誠

    第113回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  83. 求電子剤と塩基によるアニオン性アルミナベンゼンの段階的置換反応

    久野真揮・鈴木克規・仲村太智・山下誠

    第113回有機合成シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  84. Synthesis and Structure of 9,10-Dihydro-9-aza-10-boraanthracene 国際会議

    Yutaro Ishikawa, Shin-ya Nema, Kohei Hayashi, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    The 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS-16) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  85. Reactivity of Diborane(4) Dianion 国際会議

    Seiji Akiyama, Makoto Yamashita

    16th Boron Chemistry Meeting in the Americas (BORAM XVI) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:アメリカ合衆国  

  86. ジアルキルアルマニルアニオンの合成と性質

    車田怜史, 高森修平, 山下誠

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  87. 求電子剤との反応を経由するアニオン性アルミナベンゼンの置換反応

    久野真揮, 鈴木克規, 仲村太智, 山下誠

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  88. 多環式芳香族炭化水素が置換したゲルマベンゼンの合成と性質

    海谷河音, 鈴木克規, 山下誠

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  89. ボリルリチウムを用いた直鎖ホウ素化合物の合成と性質

    八木篤実, 木須遥規, 山下誠

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  90. テトラアリールジボラン(4)ジアニオンおよびその銅錯体の合成と性質

    秋山世治, 山下誠

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  91. 無置換9,10-ジヒドロ-9-アザ-10-ボラアントラセン の合成および構造

    石川祐太朗, 根間慎也, 林晃平, 鈴木克規, 山下誠

    日本化学会 第98春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部 船橋キャンパス   国名:日本国  

  92. クロロ置換ゲルマシクロヘキサジエンの反応を用いたゲルマベンゼン誘導体の合成と性質

    海谷河音, 鈴木克規, 山下誠

    第44回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  93. ジボランジアニオン(4)の反応性

    秋山世治, 山下誠

    第44回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  94. テトラアルキルジアルマンの合成と性質

    車田怜史, 高森修平, 山下誠

    第44回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  95. 9-アザ-10-ボラアントラセンオリゴマーの合成、構造および光物性

    石川祐太朗, 根間慎也, 林晃平, 鈴木克規, 山下誠

    第44回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  96. ボリルリチウムを用いたジハロジボラン(4)の合成と性質

    八木篤実, 木須遥規, 山下誠

    第44回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京工業大学 大岡山キャンパス   国名:日本国  

  97. アルミナベンゼン-ジルコニウム錯体の合成、構造およびエチレン重合活性

    仲村太智, 鈴木克規, 山下誠

    第48回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岐阜大学   国名:日本国  

  98. B2(o-tol)4によるCO三重結合切断反応

    勝間雄平, 塚原菜那, 山下誠

    ITbM/IGER Chemistry Workshop 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学ITbM   国名:日本国  

  99. B2(o-tol)4によるCO三重結合切断反応

    勝間雄平, 塚原菜那, 山下誠

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス   国名:日本国  

  100. 嵩高いシリル基で安定化された塩素置換ゲルマベンゼンの合成とその変換反応

    海谷河音, 仲村太智, 鈴木克規, 山下誠

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス   国名:日本国  

  101. BN含有π共役系分子を前駆体としたBNドープグラファイトの合成と物性評価

    小林純, 鈴木克規, 菅原義之, 山下誠

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス   国名:日本国  

  102. 中性アルミナベンゼン-ルイス塩基付加体の合成と構造

    仲村太智, 鈴木克規, 山下誠

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス   国名:日本国  

  103. 官能基変換可能なアミノ基とボリン酸部位を持つ9-アザ-10-ボラアントラセンの合成と誘導化

    石川祐太朗, 根間慎也, 林晃平, 鈴木克規, 山下誠

    第28回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学伊都キャンパス   国名:日本国  

  104. Synthesis and Property of BN-doped Carbon Materials Using BN Containing π-Conjugated Compounds as Precursors 国際会議

    Jun Kobayashi, Katsunori Suzuki, Yoshiyuki Sugahara, Makoto Yamashita

    International ERATO Itami Molecular Nanocarbon Symposium 2017 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya University   国名:日本国  

  105. Reaction of Lewis Acidic Diborane(4) with Nitrogen-Containing Heterocycles inthe Presence of Isocyanide 国際会議

    Yuhei Katsuma, Hiroki Asakawa, Makoto Yamashita

    16th International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON-16) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chinese University of Hong Kong   国名:中華人民共和国  

  106. Synthesis of BCN Graphite Using BN-Containing π-Conjugated Systems as a Precursor 国際会議

    Jun Kobayashi, Katsunori Suzuki, Yoshiyuki Sugahara, Makoto Yamashita

    16th International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON-16) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chinese University of Hong Kong   国名:中華人民共和国  

  107. PNPピンサーIrまたはRh錯体を触媒としたアルカンの脱水素化反応

    中山 真, 山下 誠

    第6回JACI/GSCシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム   国名:日本国  

  108. BN含有π共役系化合物を前駆体としたBCNグラファイトの合成と物性評価

    小林純, 鈴木克規, 菅原義之, 山下誠

    第6回JACI/GSCシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム   国名:日本国  

  109. イソシアニド存在下でのルイス酸性ジボラン(4)と含窒素複素環の反応

    勝間雄平, 浅川博祈, 山下誠

    第6回JACI/GSCシンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム   国名:日本国  

  110. Synthesis and Catalytic Activity of Aluminabenzene-Rh and -Ir Complexes 国際会議

    Taichi Nakamura, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    12th International Conference on Herero Atom Chemistry (ICHAC-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:カナダ  

  111. Synthesis of BCN Graphite Using BN-Containing π-Conjugated Systems as Precursors 国際会議

    Jun Kobayashi, Katsunori Suzuki, Yoshiyuki Sugahara, Makoto Yamashita

    12th International Conference on Herero Atom Chemistry (ICHAC-12) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of British Columbia (UBC)   国名:カナダ  

  112. Reaction of Lewis Acidic Diborane(4) with Nitrogen-Containing Heterocycles inthe Presence of Isocyanide 国際会議

    Yuhei Katsuma, Hiroki Asakawa, Makoto Yamashita

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of British Columbia (UBC)   国名:カナダ  

  113. BN含有π共役系分子を前駆体としたBCNグラファイトの合成と物性評価

    小林純・鈴木克規・菅原義之・山下誠

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  114. ホウ素および窒素上が官能基変換可能な9-アザ-10-ボラアントラセンの合成および反応

    石川祐太朗・根間慎也・林晃平・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  115. テトラアリールジボラン(4)と水素分子の反応機構解析

    塚原菜那・浅川博祈・山下誠・Lee Ka-Ho・Lin Zhenyang

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  116. ジボリルジホスフェンジアニオンの合成・構造・反応性

    浅見俊介・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  117. ホウ素、窒素置換アセチレンの合成と二量体形成反応

    北村亮・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第97春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  118. テトラアリールジボン(4)による水素分子直接切断反応

    塚原菜那・浅川博祈・山下誠・Lee Ka-Ho・Lin Zhenyang

    第43回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市民会館 宮城県仙台市   国名:日本国  

  119. BN含有π共役系を前駆体としたBNドープグラファイトの合成

    小林純・鈴木克規・菅原義之・山下誠

    第43回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市民会館 宮城県仙台市   国名:日本国  

  120. ホウ素、窒素置換シクロブタジエンと求電子剤の反応

    北村亮・小沼郁・鈴木克規・山下誠

    第43回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台市民会館 宮城県仙台市   国名:日本国  

  121. BN含有π共役系を前駆体としたBCN系炭素材料の合成

    小林 純・鈴木 克規・菅原 義之・山下 誠

    日本化学会秋季事業第6回CSJ化学フェスタ2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  122. 豊かな社会を目指して元素を精密に操る合成化学

    山下 誠

    日本化学会秋季事業第6回CSJ化学フェスタ2016  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  123. テトラピロリルジボラン(4)の合成と反応性

    浅沼 秀治・山下 誠

    日本化学会秋季事業第6回CSJ化学フェスタ2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  124. イソシアニド存在下での含窒素複素環化合物と非対称ジボラン(4)との反応

    勝間 雄平・浅川 博祈・山下 誠

    日本化学会秋季事業第6回CSJ化学フェスタ2016  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  125. PNPピンサーIrおよびRh錯体を用いたアルカンの触媒的脱水素化反応

    中山 真・山下 誠

    日本化学会秋季事業第6回CSJ化学フェスタ2016  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  126. PNPピンサーIrおよびRh錯体の合成とアルカン脱水素化触媒としての応用

    中山 真, 山下 誠

    錯体化学会第66回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡大学七隈キャンパス 福岡   国名:日本国  

  127. アルミニウム含有P-Al-PピンサーIr錯体の合成と性質

    渡邉聖也, 山下誠

    錯体化学会第66回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡大学七隈キャンパス 福岡   国名:日本国  

  128. イソシアニド存在下での非対称ジボランと含窒素複素環化合物の反応

    勝間雄平, 浅川博祈, 山下 誠

    第27回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:広島国際会議場 広島   国名:日本国  

  129. テトラアリールジボラン(o-tol)2B-B(o-tol)2 の反応性

    塚原菜那, 浅川博祈, 山下誠

    第27回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  130. テトラピロリルジボラン(4)の合成と反応性

    浅沼秀治, 山下 誠

    第27回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:広島国際会議場 広島   国名:日本国  

  131. Convenient Synthesis of New Tetraaryldiborane(4) and Its Reduction. 国際会議

    Nana Tsukahara, Hiroki Asakawa, Makoto Yamashita

    XXVII International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne Convention and Exhibition Centre, Melbourne, Australia   国名:オーストラリア連邦  

  132. Dehydrogenation of Alkanes Catalyzed by Long-Tethered (P-B-P)-Pincer Iridium Complexes. 国際会議

    Enrique H. KWAN, Yasushi Jack KAWAI, Sei KAMAKURA, Hayato OGAWA, Makoto YAMASHITA

    XXVII International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne Convention and Exhibition Centre, Melbourne, Australia   国名:オーストラリア連邦  

  133. Synthesis and Application of Pyrrole-Based P-N-P Pincer Ir Complexes as Catalyst for Dehydrogenation of Alkane. 国際会議

    Shin Nakayama, Makoto Yamashita

    XXVII International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne Convention and Exhibition Centre, Melbourne, Australia   国名:オーストラリア連邦  

  134. Ortho-functionalization of nitrogen-containing heterocycle by using unsymmetrical diborane(4) and isocyanide. 国際会議

    Yuhei KATSUMA, Hiroki Asakawa, Makoto Yamashita

    XXVII International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne Convention and Exhibition Centre, Melbourne, Australia   国名:オーストラリア連邦  

  135. Synthesis and Property of Aluminabenzene -Rh and -Ir Complexes. 国際会議

    Taichi Nakamura, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    XXVII International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Melbourne Convention and Exhibition Centre, Melbourne, Australia   国名:オーストラリア連邦  

  136. Dehydrogenation of Alkanes Catalyzed by New Long-Tethered PBP-Pincer Iridium Complexes: Ligand Design and Catalytic Performance.

    Enrique Huang Kwan, Yasushi Jack Kawai, Sei Kamakura, Hayato Ogawa, Makoto Yamashita

    ISHC-XX 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: Kyoto Terrsa. KYOTO   国名:日本国  

  137. Synthesis of PNP-Ir Complexes and Their Application as Catalyst for Dehydrogenation of Alkanes.

    Shin Nakayama Makoto Yamashita

    ISHC-XX 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kyoto Terrsa. KYOTO   国名:日本国  

  138. アルミナベンゼン-RhおよびIr錯体の合成と性質

    仲村太智・鈴木克規・山下誠

    第11回有機元素化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学化学研究所   国名:日本国  

  139. iPrまたはtBuが置換したPNPピンサーIr錯体の合成とアルカン脱水素化触媒として の応用

    中山真、山下 誠

    第11回有機元素化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学化学研究所   国名:日本国  

  140. 非対称ジボラン(4)の反応による含窒素複素環化合物のオルト位官能基化反応

    勝間雄平、浅川博祈、山下誠

    第11回有機元素化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学化学研究所   国名:日本国  

  141. 有機ケイ素還元剤を用いたBN含有含有π共役系分子の合成

    小林純 ・鈴木克規・山下誠

    第11回有機元素化学セミナー  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都大学化学研究所   国名:日本国  

  142. テトラアリールジボラン(4)の簡便合成とその反応性

    塚原菜那・浅川博祈・山下誠 

    第71回有機合成化学協会関東支部シンポジウム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学小金井キャンパス 東京   国名:日本国  

  143. 非対称ジボラン(4)を用いた含窒素複素化合物のオルト位官能基化反応

    勝間雄平・浅川博祈・山下誠

    第71回有機合成化学協会関東支部シンポジウム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学小金井キャンパス 東京   国名:日本国  

  144. テトラアリールジボラン(4)の簡便合成と還元反応

    塚原菜那・浅川博祈・山下誠

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  145. 炭素繊維製造中間原料のアルキル化と続くマイクロ波による脱水および生成物の物性評価

    山﨑露菜・藤本翔・山形憲一・福田武司・山下誠

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  146. Long-Tethered P-B-P Ligands: Synthesis, Complexation and Catalysis

    KWAN HUANG, Enrique; KAWAI, Jack Yasushi; KAMAKURA, Sei; OGAWA, Hayato; YAMASHITA, Makoto

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  147. ピロール骨格を有するPNP ピンサーIr 錯体のアルカン脱水素化触媒としての応用

    中山真・山下誠

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  148. 高周期13 族元素含有ベンゼンの合成と性質

    仲村太智・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  149. ホウ素置換ホスフィノホスフィドの合成と性質

    浅見俊介・岡本匡史・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  150. 非対称ジボラン(4)とイソシアニドの反応による含窒素複素環化合物のオルト位官能基化反応

    勝間雄平・浅川博祈・山下誠

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  151. ビスムタベンゼンの反応

    石井拓弥・仲村太智・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  152. ボリルリチウムを用いた新規非対称ジボランの合成と性質

    木須遥規・山下誠

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  153. ボリルアニオンによる炭化水素の脱プロトン化

    大里拓人・奥野友里・石田真太郎・岩本武明・山下誠・野崎京子

    日本化学会第96春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:同志社大学京田辺キャンパス 京都   国名:日本国  

  154. Synthesis of 9-aza-10-boraanthracene bearing transformable boron-chlorine bond synthesis of 9-aza-10-boraanthra- cene bearing transformable boron-chlo- rine bonds. 国際会議

    K. Suzuki, K. Hayashi, S. Nema, M. Yamashita.

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  155. Long-tethered P-B-P ligand: Synthesis, complexation, and catalysis. 国際会議

    E. Kwan Huang, Y. Kawai, S. Kamakura, M. Yamashita.

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  156. Basicity of non-solvated boryl anion: Deprotonation of benzene. 国際会議

    Takuto Osato, Yuri Okuno, Shintaro Ishida, Takeaki Iwamoto, Makoto Yamashita, Kyoko Nozaki.

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  157. Base catalyzed bora-Brook rearrangement: the effects of solvent polarity, the backbone of boryl group, and counter cation of base toward reaction rate. 国際会議

    Haruki Kisu, Makoto Yamashita, Fumihiro Ito, Hirotoshi Sakaino, Kyouko Nozaki

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:日本国  

  158. Regioselective diboration using unsymmetrical diborane(4) in the absence of transition metal catalyst . 国際会議

    Chiemi Kojima, Makoto Yamashita

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:日本国  

  159. Synthesis of boron- and nitrogen-containing conjugated systems by reaction of bis(silyl)pyrazines with haloboranes. 国際会議

    Mao Noguchi, Taiga Yurino, Hayato Tsurugi, Kazushi Mashima, Katsunori Suzuki, Makoto, Yamashita

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  160. Synthesis and properties of alumina- and galla-benzenes 国際会議

    Taichi Nakamura, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  161. ynthesis, structure, photophysical property, and one-electron reduction of boryl-substituted diphosphene. 国際会議

    Shunsuke ASAMI, Masafumi OKAMOTO, Katsunori SUZUKI, Makoto YAMASHITA

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  162. Synthesis of phospha-, stiba-, and bismutha-benzenes via transmetallation of the 2,5-bis(silyl)-1-alumina-2,4-cyclohexadiene. 国際会議

    Takuya Ishii, Taichi Nakamura,Katsunori Suzuki,Makoto Yamashita

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:日本国  

  163. Synthesis, structure and property of Ir and Rh complexes bearing an iPr-substituted PBP ligand. 国際会議

    Keita Tanoue, Makoto Yamashita

    The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(The Pacifichem)2015 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hawaii Convention Center Honolulu, Hawaii   国名:アメリカ合衆国  

  164. ホウ素置換ジホスフェンとn-BuLiの反応

    浅見 俊介・山下 誠

    第42回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学野依記念学術交流館 愛知県名古屋市   国名:日本国  

  165. ボリルリチウムを用いた新規非対称ジボラン化合物の合成

    木須遥規・山下誠

    第42回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学野依記念学術交流館 愛知県名古屋市   国名:日本国  

  166. アニオン性インダベンゼンの合成と性質

    仲村太智・鈴木克規・山下誠

    第42回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学野依記念学術交流館 愛知県名古屋市   国名:日本国  

  167. Long-Tethered P-B-P Ligands: Synthesis, Complexation and Catalysis.

    Enrique KWAN H, Yasushi KAWAI, Sei KAMAKURA, Makoto Yamashita

    The 8th International Forum on Chemistry of Functional Organic Chemicals  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:The University of Tokyo TOKYO   国名:日本国  

  168. Synthesis and Structures of Anionic Aluminabenzene and Their Zirconium Complexes.

    Taichi Nakamura, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    The 8th International Forum on Chemistry of Functional Organic Chemicals  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:The University of Tokyo TOKYO   国名:日本国  

  169. Synthesis of Anionic Aluminabenzene and Their Zirconium Complexes.

    Taichi Nakamura, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    Stimulating Meeting for Young Researchers in Chemistry on Stimuli-responsive Chemical Species 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  170. 高周期15 族ヘテロベンゼンの合成と構造

    石井拓弥・仲村太智・鈴木克規・山下 誠

    第26回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学 愛媛県松山市   国名:日本国  

  171. 非対称ジボラン(4)を用いたピリジンのオルト位C-H 結合切断反応

    勝間雄平・浅川博祈・山下 誠

    第26回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛大学 愛媛県松山市   国名:日本国  

  172. 溶媒和の無いボリルアニオンの発生とその塩基性

    大里拓人・奥野友里・石田真太郎・岩本武明・山下 誠・野崎京子

    第26回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛大学 愛媛県松山市   国名:日本国  

  173. ビスシリルピラジンとハロボランの反応によるホウ素、窒素含有共役系の合成およびその物性

    野口真緒・百合野大雅・劔 隼人・真島和志・鈴木克規・山下 誠

    第26回基礎有機化学討論会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:愛媛大学 愛媛県松山市   国名:日本国  

  174. iPr基が置換したPBP配位子を有するIr及びRh錯体の合成、構造、反応

    田上景太・山下誠

    錯体化学会第65回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良女子大学 奈良県奈良市   国名:日本国  

  175. アルミナベンゼンとガラベンゼンの合成と性質

    仲村太智・鈴木克規・山下誠

    第32回有機合成化学セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:ニューウェルシティ湯河原 静岡県熱海市   国名:日本国  

  176. アルミナベンゼンとガラベンゼンおよびそのZr錯体の合成と性質

    仲村太智・鈴木克規・山下誠

    第62回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:関西大学千里山キャンパス 大阪府吹田市   国名:日本国  

  177. Synthesis and Structure of Aluminabenzene-Zirconium Complexes. 国際会議

    Taichi NAKAMURA, Katsunori SUZUKI, Makoto YAMASHITA.

    5th Asian Conference on Coordination Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:The University of Hong Kong, Hong Kong   国名:ホンコン(香港)特別行政区  

  178. SYNTHESIS AND PROPERTIES OF REACTIVE DIBORANE(4) COMPOUNDS. 国際会議

    Makoto YAMASHITA

    11th International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-11th) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Caen Basse-Normandie Caeny, Normandy, France   国名:フランス共和国  

  179. Syntheses and Properties of diboryldiphosphene and diboryldiphosphene radical anion 国際会議

    Shun-suke Asami, Masafumi Okamoto, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    11th International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-11th) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:University of Caen Basse-Normandie Caeny, Normandy, France   国名:フランス共和国  

  180. SYNTHESIS AND PROPERTIES OF GROUP 13 ELEMENT-INCORPORATED BENZENES. 国際会議

    Taichi NAKAMURA, Katsunori SUZUKI, Makoto YAMASHITA.

    11th International Conference on Heteroatom Chemistry (ICHAC-11th) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Caen Basse-Normandie Caeny, Normandy, France   国名:フランス共和国  

  181. Syntheses and Properties of diboryldiphosphene and diboryldiphosphene radical anion.

    Shun-suke Asami, Masafumi Okamoto, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  182. Synthesis and Properties of Reactive Diborane(4) Compounds.

    Makoto Yamashita

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:日本国  

  183. Bora-Brook rearrangement reaction and the effects of solvent polarity, the backbone of boryl group, and counter cation of base.

    Haruki Kisu, Makoto Yamashita, Fumihiro Ito, Hirotoshi Sakaino, Kyoko Nozaki

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  184. Regioselective diboration using unsymmetrical diborane(4) in the absence of transition metal catalyst.

    Chiemi Kojima, Makoto Yamashita

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  185. Synthesis and properties of group 13 element-incorporated benzenes.

    Taichi Nakamura, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  186. 1,5-ビスシリル-1,4-ジインのヒドロアルミニウム化によるヘテラベンゼンの合成

    石井拓弥、仲村太智、鈴木克規、山下 誠

    第69回有機合成化学協会関東支部シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学常盤台キャンパス(横浜市保土ヶ谷区)   国名:日本国  

  187. ビスシリルピラジンとハロボランの反応によるホウ素、窒素含有共役系の合成、構造およびその物性

    野口真緒、百合野大雅、劒 隼人、真島和志、鈴木克規、山下 誠

    第69回有機合成化学協会関東支部シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜国立大学常盤台キャンパス(横浜市保土ヶ谷区)   国名:日本国  

  188. アルミナベンゼン-ジルコニウム錯体の合成と構造

    仲村太智・鈴木克規・山下誠

    日本化学会 第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  189. 1,5-ビスシリル1,4-ジインのヒドロアルミニウム化を経由した含15族高周期ベンゼンの合成

    石井拓弥・仲村太智・鈴木克規・山下誠

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  190. アルキル化石炭ピッチの溶液および固体物性のアルキル鎖依存性

    藤本翔・福田武司・山形憲一・山下誠

    日本化学会 第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  191. 非対称diborane(4)化合物pinB-BMes2の反応性とその高い電子受容性の起源

    浅川博祈・山下誠・古川貢・Lin Zhenyang・Lee Ka Ho 山下 誠

    日本化学会 第95春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  192. ビスシリルピラジンとハロボランの反応によるホウ素、窒素含有共役系の合成

    野口真緒・百合野大雅・劒隼人・真島和志・鈴木克規・山下誠

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  193. ホウ素、窒素置換シクロブタジエンの反応

    小沼郁・鈴木克規・山下誠

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  194. 溶媒和の無いボリルアニオンの反応性

    大里拓人・奥野友里・石田真太郎・岩本武明・山下誠・野崎京子

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  195. 遷移金属非存在下でのアルキンのジボリル化反応における位置選択性制御

    小島千絵美・山下誠

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  196. Bora-Brook 転位における対カチオン効果

    木須遥規・山下誠・伊東史裕・境野裕健・野崎京子

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  197. ジボリルジホスフェンの合成・構造・反応性

    浅見 俊介・岡本 匡史・鈴木 克規・山下 誠 

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  198. i-Pr基置換PBP配位子を有するIr錯体による触媒的アルカン脱水素移動反応

    田上景太・山下誠

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  199. 側鎖の長いP-B-P ピンサー配位子を有するIr錯体を用いたアルカンの脱水素化反応

    河合泰志・鎌倉聖・山下誠

    日本化学会 第95春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本大学 理工学部船橋キャンパス 千葉   国名:日本国  

  200. Grignard反応剤を用いた不融化石炭ピッチのアルキル化による可溶化と溶液および固体物性解明

    藤本 翔,福田 武司,山形 憲一,山下 誠

    第41回 炭素材料学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大野城まどかぴあ 福岡   国名:日本国  

  201. 1,5-ビスシリル1,4-ジインのヒドロアルミニウム化を経由したホスフィニンの合成

    石井拓弥・仲村太智・鈴木克規・山下誠

    第41回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇部市文化会館ホール 山口   国名:日本国  

  202. ホウ素置換アルコキシドのbora-Brook転位と速度論解析

    木須遥規・山下誠・伊藤史裕・境野裕健・野崎京子

    第41回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇部市文化会館ホール 山口   国名:日本国  

  203. ホウ素置換ジホスフェンの合成・構造・反応性

    浅見 俊介・岡本 匡史・鈴木 克規・山下 誠

    第41回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宇部市文化会館ホール 山口   国名:日本国  

  204. Synthesis and Application of Ir Complexes Bearing an iPr-substituted PBP Ligand.

    Keita Tanoue, Makoto Yamashita.

    the Conference on C-C Bond Cleavage (CCCC)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Katsura Hall KYOTO Univ. KYOTO   国名:日本国  

  205. Synthesis of Long-Tethered P-B-P Ir complex Having a Boron-Containing Ligand and Its Application to Catalysic Dehydrogenation of Alkane.

    Yasushi Kawai, Sei Kamakura, Makoto Yamashita.

    the Conference on C-C Bond Cleavage (CCCC)  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Katsura Hall KYOTO Univ. KYOTO   国名:日本国  

  206. 溶媒和のないボリルアニオンによるベンゼンの脱プロトン化

    大里拓人・奥野友里・石田真太郎・岩本武明・山下 誠・野崎京子

    日本化学会秋季事業第4回CSJ化学フェスタ2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  207. 非対称diborane(4)を用いたアルキンの直接ジボリル化反応における位置選択性制御

    小島千絵美・山下 誠 

    日本化学会秋季事業第4回CSJ化学フェスタ2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  208. 1,4-ジインのヒドロアルミニウム化を用いたホスファベンゼンの効率的合成法の開発

    石井 拓弥・鈴木 克規・山下 誠

    日本化学会秋季事業第4回CSJ化学フェスタ2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  209. ボラベンゼンの反応性を鍵としたホウ素ー窒素含有共役系化合物の合成研究

    野口真緒・鈴木克規・山下 誠

    日本化学会秋季事業第4回CSJ化学フェスタ2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    国名:日本国  

  210. ホウ素置換アルコキシドのbora-Brook転位反応

    木須遥規・山下 誠・伊東史裕・境野裕健・野崎京子

    日本化学会秋季事業第4回CSJ化学フェスタ2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  211. 溶媒和の無いボリルアニオンの合成と性質

    大里拓人・奥野友里・石田真太郎・岩本武明・山下誠・野崎京子

    第61回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学医学部 百年講堂(福岡県福岡市)   国名:日本国  

  212. iPr基が置換したPBP配位子を有するIr錯体の合成・構造・アルカン脱水素化反応に対する触媒活性

    田上景太・山下誠

    第61回有機金属化学討論会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学医学部 百年講堂(福岡県福岡市)   国名:日本国  

  213. アニオン性アルミナベンゼン配位子を持つZr錯体の合成

    仲村太智, 鈴木 克規, 山下 誠

    錯体化学会第64回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:中央大学後楽園キャンパス 東京   国名:日本国  

  214. Grignard反応剤を用いたアルキル化による不融化石炭ピッチの可溶化と固体および溶液物性解明

    藤本 翔、福田 武司、山形 憲一、山下 誠

    第75回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:北海道大学札幌キャンパス   国名:日本国  

  215. 非対称ジボランを用いたアルキンのジボリル化反応

    小島千絵美、山下誠

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学川内北キャンパス 宮城県仙台市   国名:日本国  

  216. アニオン性アルミナベンゼンの合成、構造解析およびその反応性

    仲村太智, 鈴木 克規, 山下 誠

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学川内北キャンパス 宮城県仙台市   国名:日本国  

  217. 窒素ホウ素置換シクロブタジエンの合成と構造

    小沼郁、鈴木克規、山下誠

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学川内北キャンパス 宮城県仙台市   国名:日本国  

  218. 非対称ジボラン(4)の1電子還元によるアニオンラジカルの合成と性質

    浅川 博祈、山下誠、Lee Ka Ho、Lin Ahenyang,古川貢

    第25回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学川内北キャンパス 宮城県仙台市   国名:日本国  

  219. Synthesis and Reactivity of Unsymmetrical Diborane(4) Compound. 国際会議

    Hiroki Asakawa, Ka Ho Lee, Zhenyang Lin, Ko Furukawa, Makoto Yamashita

    the International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON XV) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Czech Technical Univ.,Prague, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  220. Diboration of Alkynes in the Absence of Transition Metals. 国際会議

    Chiemi KOJIMA, M. Yamashita.

    the International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON XV) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Czech Technical Univ.,Prague, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  221. SYNTHESIS AND STRUCTURE OF B,N-SUBSTITUTED CYCLOBUTADIENE. 国際会議

    Kaoru Onuma, Katsunori Suzuki, M. Yamashita.

    the International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON XV) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Czech Technical Univ.,Prague, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  222. Generation of Boryl Anion in Saturated Hydrocarbon Using Ternary Reducing Agent. 国際会議

    T. OSATO, Y. OKUNO, S. ISHIDA, T. IWAMOTO, M. Yamashita, K.NOZAKI.

    the International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON XV) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Czech Technical Univ.,Prague, Czech Republic   国名:日本国  

  223. Synthesis, Structure, and Photophysical Properties of Chloro- Substituted 9-Aza-10-boraanthracene Derivative. 国際会議

    Shin-ya NEMA, Katsunori SUZUKI, M. Yamashita.

    the International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON XV) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Czech Technical Univ.,Prague, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  224. Bora-Brook Rearrangement in Ambident Boryl-substituted Alkoxide: Migration of A Boryl Group from Carbon Atom to Oxigen Atom. 国際会議

    Haruki Kisu, Makoto Yamashita, Fumihiro Ito, Hirotoshi Sakaino, Kyoko Nozaki.

    the International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON XV) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Czech Technical Univ.,Prague, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  225. Synthesis of B,N Containing π Conjugated Compounds Containing Borabenzene. 国際会議

    Mao NOGUCHI, Katsunori SUZUKI, Makoto YAMASHITA.

    the International Meeting on Boron Chemistry (IMEBORON XV) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Czech Technical Univ.,Prague, Czech Republic   国名:チェコ共和国  

  226. Synthesis of π-conjugated compounds using the transformation of 9-bora-10-azaanthracene and borabenzene-Lewis base adducts. 国際会議

    K. Suzuki, S. Nema, M. Noguchi, M. Yamashita.

    248th ACS National Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco, California   国名:アメリカ合衆国  

  227. Development of synthetic method for heterabenzenes using anti-hydroalumination of 1. 4-diyne. 国際会議

    T. Ishii, T. Nakamura, K. Suzuki, M. Yamashita.

    248th ACS National Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地: San Francisco, California   国名:アメリカ合衆国  

  228. Synthesis, Characterization, and Reactions of Aluminabenzene. 国際会議

    T. Nakamura, K. Suzuki, M. Yamashita.

    248th ACS National Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, California   国名:アメリカ合衆国  

  229. Solubilization of infusibilized coal-tar-pitch through alkylation by using Grignard reagent. 国際会議

    S. Fujimoto, T. Fukuda, K. Yamagata, M. Yamashita.

    248th ACS National Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, California   国名:アメリカ合衆国  

  230. Synthesis and property of Ir complexes bearing an iPr-substituted PBP ligand. 国際会議

    K. Tanoue, M. Yamashita.

    248th ACS National Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, California   国名:アメリカ合衆国  

  231. Boryl-substituted diphosphene:Synthesis, structure, and physical properties. 国際会議

    S. Asami, M. Okamoto, K. Suzuki, M. Yamashita.

    248th ACS National Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco, California   国名:アメリカ合衆国  

  232. Synthesis, Structure, and Catalytic Activity of Ir Complexes Bearing an iPr-Substituted PBP Ligand for Transfer Dehydrogenation of Alkanes. 国際会議

    Keita Tanoue, Makoto Yamashita.

    the XXVI International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Royton Sapporo, Japan   国名:日本国  

  233. Generation of Boryl Anion in Saturated Hydrocarbon Using Ternary Reducing Agent. 国際会議

    Takuto Osato, Yuri Okuno, Shintaro Ishida, Takeaki Iwamoto, Makoto Yamashita, Kyoko Nozaki.

    the XXVI International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Royton Sapporo, Japan   国名:日本国  

  234. Synthesis of Anionic Aluminabenzene Bearing Aromatic and Ambiphilic Resonance Contribution . 国際会議

    Taichi Nakamura, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita.

    the XXVI International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Royton Sapporo, Japan   国名:日本国  

  235. Reactivity of Unsymmetrical Diborane(4) Compound. 国際会議

    Hiroki Asakawa, Ka Ho Lee, Zhenyang Lin, Ko Furukawa, Makoto Yamashita

    the XXVI International Conference on Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Royton Sapporo, Japan   国名:日本国  

  236. Solubilization of infusibilized coal-tar-pitch by alkylation with Grignard reagent.

    Sho FUJIMOTO, Takeshi FUKUDA, Ken-ichi YAMAGATA, Makoto YAMASHITA

    NIMS Conference 2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba International Congress Center, Ibaraki   国名:日本国  

  237. Controllability of Emission Wavelength of Emissive Molecule Separated from Coal Tar Pitch. 国際会議

    Takeshi Fukuda, Tomoaki Inoue, Ken-ichi Yamagata, Makoto Yamashita

    Carbon2014 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月 - 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:International Convention Center, Jeju, KOREA   国名:大韓民国  

  238. 反応剤を用いたアルキル化による不融化石炭ピッチの可溶化と固体および溶液物性解明

    藤本 翔・福田 武司・山形 憲一・山下 誠

    第3回 JACI/GSC シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム 東京   国名:日本国  

  239. 側鎖の長いP-B-P ピンサーIr 錯体の合成

    河合 泰志・鎌倉 聖・山下 誠

    第3回 JACI/GSC シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京国際フォーラム 東京   国名:日本国  

  240. 遷移金属非存在下での末端アルキンのジボリル化反応

    小島千絵美、山下誠

    第67回有機合成化学協会関東支部シンポジウム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学   国名:日本国  

  241. ホウ素および窒素置換基を有するシクロブタジエンの合成と構造

    小沼郁・鈴木克規・山下誠

    第67回有機合成化学協会関東支部シンポジウム  

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶應義塾大学   国名:日本国  

  242. ホウ素および窒素置換基を有するシクロブタジエンの合成

    小沼郁・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  243. 新規非対称diborane(4)を用いた三重結合切断反応と機構解析 

    浅川博祈・山下誠

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  244. 遷移金属非存在下での末端アルキンのジボリル化反応 

    小島千絵美・山下誠

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  245. 三成分系還元剤を用いた飽和炭化水素溶液中でのボリルアニオン発生

    大里拓人・奥野友里・山下誠・野崎京子

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  246. アニオン性アルミナベンゼンの反応性

    仲村太智・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  247. 側鎖の長いP-B-PピンサーIr錯体の合成 

    河合泰志・鎌倉聖・山下誠

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  248. Grignard反応剤を用いたアルキル化による不融化石炭ピッチの可溶化と固体および液体物性評価

    藤本翔・福田武司・山形憲一・山下誠

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  249. ハロゲン置換9-アザ-10-ボラアントラセンの合成、構造および 光物性

    根間慎也・鈴木克規・山下誠

    日本化学会第94春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学 東山キャンパス   国名:日本国  

  250. 窒素置換アセチレン:push-pull共役系の新規ビルディングブロック

    小沼 郁, 鈴木 克規, 山下 誠

    第40回有機典型元素化学討論会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:近畿大学   国名:日本国  

  251. アニオン性アルミナベンゼンの合成、構造およびその反応性

    仲村太智, 鈴木 克規, 山下 誠

    第40回有機典型元素化学討論会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学   国名:日本国  

  252. 非対称ジボラン(4)と一酸化炭素およびイソニトリルの反応

    浅川 博祈・山下 誠

    第40回有機典型元素化学討論会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:近畿大学   国名:日本国  

  253. ハロゲン置換9-アザ-10-ボラアントラセン誘導体の合成

    根間慎也・鈴木克規・山下 誠

    第40回有機典型元素化学討論会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:近畿大学   国名:日本国  

  254. 側鎖の長いPBPピンサーIr錯体の合成

    河合 泰志, 鎌倉 聖, 山下 誠

    錯体化学会第63回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:琉球大学   国名:日本国  

  255. 窒素およびホウ素置換基をもったpush-pull型π系化合物の合成

    小沼 郁, 鈴木 克規, 山下 誠

    日本化学会秋季事業第3回CSJ化学フェスタ 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  256. 石炭ピッチおよびその誘導体の固体および溶液物性解明

    藤本翔・福田武司・山形憲一・山下誠

    日本化学会秋季事業第3回CSJ化学フェスタ 2013  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  257. 新規非対称ジボランの合成とCOおよびCN三重結合との反応性

    浅川 博祈・山下 誠 

    日本化学会秋季事業第3回CSJ化学フェスタ 2013  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  258. 1,4-アザボリン骨格を有するπ共役系化合物の合成

    根間慎也・鈴木克規・山下 誠

    日本化学会秋季事業第3回CSJ化学フェスタ 2013  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  259. アニオン性アルミナベンゼンの合成

    仲村太智・鈴木克規・山下 誠 

    日本化学会秋季事業第3回CSJ化学フェスタ 2013  

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  260. ホウ素置換ホスフィドおよびジホスフェンの合成と性質

    浅見 俊介・岡本 匡史・鈴木 克規・山下 誠

    日本化学会秋季事業第3回CSJ化学フェスタ 2013 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀 東京   国名:日本国  

  261. Synthesis of N,B-Substituted Push-Pull Type π Systems. 国際会議

    Kaoru Onuma, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    EUROBORON6 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Radziejowice, Poland   国名:ポーランド共和国  

  262. Synthesis and Property of a Mesityl-Substituted Unsymmetrical Diborane(4). 国際会議

    H. Asakawa, M. Yamashita

    EUROBORON6 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Radziejowice, Poland   国名:ポーランド共和国  

  263. SYNTHESES AND PROPERTIES OF BORYL-SUBSTITUTED PHOSPHORUS COMPOUNDS. 国際会議

    Shunsuke ASAMI, Makoto Yamashita

    EUROBORON6 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Radziejowice, Poland   国名:ポーランド共和国  

  264. SYNTHESIS OF p-CONJUGATED FRAMEWORK BASED ON 1,4-AZABORINE SKELETON. 国際会議

    Shin-ya Nema, katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    EUROBORON6 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Radziejowice, Poland   国名:ポーランド共和国  

  265. 電子的に非対称なジボラン(4)によるイソニトリルのCN三重結合切断反応

    浅川 博祈・山下 誠

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:学習院大学目白キャンパス 東京   国名:日本国  

  266. アルカンの末端選択的酸化触媒としての応用へ向けた分子認識部位を 持つ金属オキソ錯体の合成と性質

    嶋田紘介・山下誠

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:学習院大学目白キャンパス 東京   国名:日本国  

  267. アニオン性アルミナベンゼン:合成と構造解析

    仲村太智, 鈴木 克規, 山下 誠

    第24回基礎有機化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:学習院大学目白キャンパス 東京   国名:日本国  

  268. Comparative Study on Photophysical Properties of Air-Blown Coal Tar Pitches vs. Graphene Derivatives. 国際会議

    Sho Fujimoto, Takeshi Fukuda, Makoto Yamashita

    The 15th Asian Chemical Congress (15ACC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Resorts World Sentosa, Sentosa Island, Singapore   国名:シンガポール共和国  

  269. SYNTHETIC APPROACH TO ALUMINABENZENE 国際会議

    Taichi Nakamura, Katsunori Suzuki, Makoto Yamashita

    The 15th Asian Chemical Congress (15ACC) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Resorts World Sentosa, Sentosa Island, Singapore   国名:シンガポール共和国  

  270. Catalytic Hydrosilylation of Alkene Using Platinum Complexes Bearing a PBP Pincer Ligand. 国際会議

    Hayato Ogawa, Makoto Yamashit

    OMCOS 17 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月 - 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:the Lincoln center, Fort collins, CO, USA   国名:アメリカ合衆国  

  271. Synthesis and Properties of Calix[4]arene Derivative Bearing Four n-Hexyl Groups for Recognition of n-Alkane toward Catalyst for Selective Oxidation of Alkane at Terminal Position. 国際会議

    Kousuke Shimada, Makoto Yamashita

    OMCOS 17 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月 - 2013年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:the Lincoln center, Fort collins, CO, USA   国名:アメリカ合衆国  

  272. Syntheses and Properties of Late-Metal Complexes Bearing a Boron-Based Pincer Ligand, "Heterobimetallic Compounds and their Chemistry" 国際会議

    Makoto YAMASHITA

    245th ACS National Meeting 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:245th ACS National Meeting, New Orleans, LA, USA   国名:アメリカ合衆国  

  273. PBPピンサー配位子を有するRu錯体の合成と反応性

    宮田 卓真・山下 誠

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  274. アルカン認識部位を持つcalix[4]arene誘導体の合成と性質

    嶋田 紘介・山下 誠

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  275. シクロペンタジエノン配位子を有する一元系Ru触媒を用いた末端アルケンの直鎖選択的ヒドロホルミル化/水素化による直鎖アルコール合成

    高橋 講平・山下 誠・野崎 京子

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  276. Rh/Ru混合触媒系を用いた末端アルケンの直鎖選択的ヒドロホルミル化/水素化による直鎖アルコール合成と速度論解析による反応機構研究

    高橋 講平・山下 誠・野崎 京子

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  277. ホウ素置換ホスフィンの合成と性質

    浅見 俊介・岡本 匡史・鈴木 克規・山下 誠

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  278. 新規非対称diborane(4)化合物の合成と性質

    浅川 博祈・山下 誠

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  279. 含ホウ素複素環πラジカルの合成とボリルラジカルとしての反応性

    荒巻 吉孝・大宮 秀貴・山下 誠・中林 耕二・大越 慎一・野崎 京子

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  280. PBPピンサー型配位子を有する白金錯体を用いたアルケンのヒドロシリル化反応

    小川 隼人・山下 誠

    日本化学会第93春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:立命館大学びわこ・くさつキャンパス   国名:日本国  

  281. 含ホウ素多座配位子を有する金属錯体の構造と機能

    山下 誠

    分子研研究会「金属錯体機能の根源を探る~分子構造とその変化様式の探求最前 線」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:分子科学研究所 愛知県   国名:日本国  

  282. 特徴的な多座配位子を有する後周期遷移金属錯体の合成と性質および触媒機能

    山下 誠

    高分子・ハイブリッド材料研究センター(PHyM)若手フォーラム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東北大学多元物質科学研究所   国名:日本国  

  283. Excitation-Emission Matrix Spectrum of Coal Tar Pitch Solution Separated by Soxhlet Extractor 国際会議

    S. Kimura,T. Fukuda, N. Kamata, M. Yamashita

    10th International Conference in Nano-Molecular Electronics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Awaji Yumebutai International Conference Center, Awaji   国名:日本国  

  284. ホウ素置換ホスフィンの合成と性質

    浅見 俊介・岡本 匡史・鈴木 克規・山下 誠

    第39回有機典型元素化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岩手大学 盛岡   国名:日本国  

  285. Syntheses, Properties, and Catalytic Performance of Late-Transition Metal Complexes Bearing A Characteristic Multidentate Ligand

    Yamashita, M.

    8th RIKEN International Symposium Frontiers of Organometallic Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Suzuki Umetaro Hall, RIKEN   国名:日本国  

  286. Organic Light-Emitting Diode Using Coal-Pitch as Emitting Layer 国際会議

    T. Fukuda, M. Yamaoka, S. Asami, N. Funaki, S. Kimura, Z. Honda, N. Kamata, M. Yamashita

    International Union of Materials Research Societies - International Conference on Electronic Materials 2012 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Pacifico Yokohama,Yokohama, JAPAN   国名:日本国  

  287. PBPピンサー型配位子を有する白金錯体の合成と性質

    小川 隼人・山下 誠

    錯体化学会第62回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:富山大学五福キャンパス 富山県   国名:日本国  

  288. Syntheses and Properties of Late Transition Metal Complexes Bearing a PBP-Pincer Ligand

    Makoto Yamashita

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  289. PBPピンサーRu錯体の合成と性質

    宮田 卓真・山下 誠

    錯体化学会第62回討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:錯体化学会第62回討論会 富山大学五福キャンパス 富山県   国名:日本国  

  290. 新規含ホウ素複素環ラジカルの合成と性質

    荒巻 吉孝・大宮 秀貴・山下 誠・中林 耕二・大越 慎一・野崎 京子

    第23回基礎有機化学討論会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都テルサ 京都    国名:日本国  

  291. 三次元PLスペクトルを利用した石炭ピッチ溶液の分離状態評価

    木村 翔,福田武司,浅見俊介,鎌田憲彦,山下 誠

    第73回応用物理学会秋季学術講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:愛媛大学, 松山   国名:日本国  

  292. Separation Technique of Coal Pitch by Using Organic Solvent for Organic Light-Emitting Diode 国際会議

    Takeshi Fukuda, Miki Yamaoka, Shun-suke Asami, Nayuta Funaki, Sho Kimura, Zentaro Honda, Norihiko Kamata, Makoto Yamashita

    The 2012 International Conference on Flexible and Printed Electronics 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:The University of Tokyo, Tokyo   国名:日本国  

  293. Syntheses and Properties of Transition Metal Complexes Bearing a Boron-Based PBP Pincer Ligand :Effect of Boron Atom 国際会議

    Makoto Yamashita

    XXV International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC25) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Lisbon, Portugal   国名:ポルトガル共和国  

  294. Tandem Hydroformylation/Hydrogenation of Terminal Alkenes to n-Alcohol Using a Rh/Ru Dual Catalyst System 国際会議

    Kohei Takahashi, Makoto Yamashita, Kyoko Nozaki

    XXV International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC25) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lisbon, Portugal   国名:ポルトガル共和国  

  295. Syntheses and Properties of Platinum Complexes Bearing a PBP-Pincer Ligand 国際会議

    Hayato Ogawa, Makoto Yamashita

    XXV International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC25) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lisbon, Portugal   国名:ポルトガル共和国  

  296. Synthesis and Properties of Potassium Diaminodihydroborate with Two Tethers 国際会議

    Takuma Miyada, Makoto Yamashita

    XXV International Conference on Organometallic Chemistry (ICOMC25) 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Lisbon, Portugal   国名:ポルトガル共和国  

  297. クロマトグラフィで分離した石炭ピッチを用いた有機EL 

    木村 翔・山岡 美貴・浅見 俊介・福田 武司・本多 善太郎・鎌田 憲彦・山下 誠

    有機エレクトロニクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:NTT武蔵野研究開発センター, Tokyo, Japan   国名:日本国  

  298. Bora-Brook Rearrangement: Migration of Boryl Group from Carbon to Anionic Oxygen Atom 国際会議

    M. Yamashita

    The 10th International Conference on Heteroatom Chemistry 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Uji, Kyoto   国名:日本国  

  299. Reaction of Boryllithium with Boron Electrophile: Construction of Boron-Boron Bond by Nucleophilic Borylation Method

    M. Yamashita

    The 3rd Tsukuba International Mini-symposium on Hybridization between Main Group Element Chemistry and π-Electron Chemistry - ICHAC-10 Pre-symposium in Tsukuba 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:University of Tsukuba, Ibaraki, Japan   国名:日本国  

  300. PBPピンサー型配位子を有する白金錯体の合成と性質

    小川 隼人・山下 誠

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶応大学日吉キャンパス 神奈川   国名:日本国  

  301. 石炭ピッチを用いた有機EL素子の作成と性能評価

    浅見 俊介・山下 誠・山岡 美貴・木村 翔・福田 武司

    日本化学会第92春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶応大学日吉キャンパス 神奈川   国名:日本国  

  302. Cp型配位子を有するRu錯体と二座リン配位子を用いた直鎖選択的ヒドロホルミル化触媒

    高橋 講平・山下 誠・田中 善幸・野崎 京子

    日本化学会第92春季年会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶応大学日吉キャンパス 神奈川   国名:日本国  

  303. Bora-Brook転位反応のアニオン性中間体と求電子剤との反応

    伊東 史裕・境野 裕健・山下 誠・野崎 京子

    日本化学会第92春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:慶応大学日吉キャンパス 神奈川   国名:日本国  

  304. 石炭ピッチを発光層に用いた有機EL

    木村 翔,山岡美貴,福田武司,本多善太郎,鎌田憲彦,浅見俊介,山下 誠

    2012年春季 第59回 応用物理学関係連合講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:早稲田大学, 東京   国名:日本国  

  305. Nucleophilic Boron Reagent, Boryl Anions: Syntheses, Properties, and Applications 国際会議

    Makoto YAMASHITA

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:台湾  

  306. Nucleophilic Boron Reagent, Boryl Anions: Syntheses, Properties, and Applications 国際会議

    Makoto YAMASHITA

    5th China-Japan Joint Symposium on Functional Supramolecular Architectures 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Beijing   国名:中華人民共和国  

  307. ネオペンチル置換PCPピンサー型配位子を有するイリジウム錯体の合成と炭化水素の脱水素化反応へ向けた応用

    谷口 諒・山下 誠・野崎 京子

    第61回錯体化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山理科大学 岡山   国名:日本国  

  308. Syntheses and properties of transition metal complexes bearing a boron-based PBP-pincer ligand 国際会議

    Makoto YAMASHITA

    IME Boron XIV 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Naiagarafalls, Ontario, Canada   国名:カナダ  

  309. Synthesis and Properties of Lithium Boryltrihydroborate 国際会議

    Yoshitaka Aramaki, Makoto Yamashita, Shau-Hua Ueng, Max Maracria, Emmanuel Lacote, Dennis P. Curran, Kyoko Nozaki

    IME Boron XIV 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Naiagarafalls, Ontario, Canada   国名:カナダ  

  310. Rational Design of Ru-Catallysts for normal-Selective Hydroformylation and Tandem Hydroformylation/Hydrogenation (合理的にデザインしたRu触媒による直鎖選択的ヒドロホルミル化とタンデム型ヒドロホルミル化/水素化)

    高橋 講平・山下 誠・田中 善幸・野崎 京子

    第58回有機金属化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学千種キャンパス 愛知   国名:日本国  

  311. Syntheses and properties of transition metal complexes bearing a boron-based PBP-pincer ligand 国際会議

    Makoto YAMASHITA

    43rd IUPAC World Chemistry Congress  

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月 - 2011年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Puerto Rico Convention Center. San Juan   国名:プエルトリコ  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題 20

  1. 二面性を持つアルミニウム化学種:アルマニルアニオンを用いた異種金属間化合物の合成

    2019年10月 - 2020年9月

    第29回自然科学系学術研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  2. 超臨界メタンを基質兼媒質とした均一系・不均一系触媒プロセスの開発

    2017年10月 - 2023年3月

    CREST 

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    本研究では、超臨界メタンを基質兼媒質として均一系・不均一系の触媒を反応させ、従来プロセスでは達成できなかった低温運転、高選択性のメタン転化反応プロセスの開拓を目指す。通常の均一系触媒反応における気液間での平衡が存在する条件や、不均一系触媒反応における気体フロー条件では反応速度が遅いが、超臨界メタンを利用することで基質濃度の上昇とこれに伴う反応速度の向上が期待できることが本研究の最も際立った特徴である。また本研究では超臨界メタン中での均一系触媒の振る舞いをNMRにより直接観測することで、触媒の構造活性相関を解明し、触媒構造改変による触媒活性及び選択性の向上を目指す。合わせて不均一系触媒表面の反応の解析を各種手法を駆使して行う。また、超臨界状態のON/OFFを加圧・減圧により制御して均一系触媒を分離する手法を確立できれば、固体触媒を凌駕するレベルで実プロセスを構築できる可能性がある。主に標的とする反応はメタンの酸化的脱水素カップリングによる高級アルカンへの転化、メタンの酸化反応によるメタノールの選択的合成、である。具体的に検討する研究項目は以下の6種を設定した。
    A. バッチ反応による均一系触媒と超臨界メタンの反応の生成物解析
    B. フロー反応による不均一系触媒と超臨界メタンの反応の生成物解析
    C. 新規触媒ライブラリの構築
    D. 高圧NMR測定を用いた超臨界メタンの素反応解析
    E. 超臨界メタンの反応後の固体触媒表面解析
    F. メタン超臨界状態の可逆制御と連続バッチプロセスの開発:圧力可変容器との組み合わせ

  3. 超臨界メタンを基質兼媒質とした均一系触媒プロセス開発

    2016年10月 - 2017年3月

    CREST 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  4. 多元素協働触媒による分子変換手法の創出

    2014年10月 - 2020年3月

    CREST 

    中尾 佳亮

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  5. 石炭ピッチを用いた有機デバイス構築法開発

    2014年7月 - 2016年3月

    企業からの受託研究 

  6. 高反応性diborane(4)化合物によるメタルフリー多重結合切断反応:ホウ素置換基の効果解明へ向けて

    2014年4月 - 2017年3月

    若手継続グラント 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  7. 有機元素化学における含ホウ素新奇化合物群の創製と応用

    2013年4月 - 2016年3月

    学術研究振興資金 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  8. ボリン酸類を中心とした含ホウ素有機化合物の製法検討及びそれらの新規用途探索

    2013年3月 - 2015年3月

    企業からの受託研究 

  9. ホウ素-遷移金属錯体触媒の開発

    2012年4月 - 2015年3月

    東レ科学技術研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  10. 石炭抽出混合物を用いた有機合成化学不要の超格安有機デバイス作成法開発

    2012年4月 - 2013年3月

    研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  11. 含ホウ素熱安定性多座配位子を有する金属錯体を用いた次世代型石油化学プロセスの開発

    2012年4月 - 2013年3月

    研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  12. 含ホウ素配位子を鍵とする熱的に安定な錯体触媒の創製と脱石油化時代へ向けた次世代石油化学プロセスの確立を目指した反応開発

    2011年4月 - 2013年3月

    平成23年度研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  13. 精密設計多座配位子を有する熱安定性均一系錯体触媒の創製:次世代石油化学プロセスへ向けて

    2011年4月 - 2013年3月

    平成23年度研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  14. ホウ素を鍵元素とする配位子群を用いた炭化水素変換反応触媒の開発

    2010年11月 - 2011年10月

    三井化学研究企画賞 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  15. 求核的ホウ素化を利用したオリゴアジン類の合成とn型半導体への応用

    2010年4月 - 2011年3月

    研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  16. 低原子価ホウ素化合物「ボリレン」の合成と触媒化学への応用

    2008年11月 - 2009年10月

    基礎科学研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  17. 低原子価ホウ素化学種「塩基安定化ボリレン」の合成と配位子としての応用

    2008年4月 - 2009年3月

    2008年度若手研究助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  18. 新規含ホウ素配位子を用いた飽和炭化水素変換触媒の開発研究

    2008年4月 - 2009年3月

    研究奨励助成 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  19. アニオン性ホウ素求核種ボリルリチウムの多様化と超電子供与性配位子としての応用

    2007年4月 - 2008年3月

    2007年度倉田奨励金 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  20. 新しいアニオン性ホウ素求核種リチウムボラニドを用いた含ホウ素化合物の系統的合成とその応用

    2004年12月 - 2005年11月

    有機合成化学協会研究企画賞 

    山下 誠

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示

科研費 16

  1. テトラアリールアンモニウム塩の一般的合成法の開拓

    研究課題/研究課題番号:21K18955  2021年7月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  挑戦的研究(萌芽)

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6500000円 ( 直接経費:5000000円 、 間接経費:1500000円 )

    本研究は有機化学における新しい化学種テトラアリールアンモニウム塩の一般的合成法の確立を目指した合成手法開拓研究である。得られる分子は高反応性アニオン種の対カチオンとしての利用が期待されるだけでなく、その対称性の高い構造を活かして超分子化学や触媒化学などにも利用可能だと考えられる。実際に合成手法を開拓する際には、構造有機化学・光化学・有機金属化学の最先端の知見を活用することでその目的を達成する計画である。

  2. 低酸化数13族元素化合物の空軌道と充填軌道の同時活用;新奇反応と新奇光電子物性

    研究課題/研究課題番号:21H01915  2021年4月 - 2024年3月

    科学研究費補助金  基盤(A)

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

  3. 反応空間を有する酸素置換Alアニオン種の合成と応用

    研究課題/研究課題番号:20F20337  2020年11月 - 2023年3月

    科学研究費助成事業  特別研究員奨励費

    山下 誠, FENG GENFENG

      詳細を見る

    担当区分:その他 

    配分額:2300000円 ( 直接経費:2300000円 )

    本研究では、大きな反応空間を有するAlアニオンを合成し、その性質を探る。研究全体としては、そのAlアニオンの合成の検討、これを用いるAl-9族金属結合を持つ錯体の合成と性質の解明、Al置換ランタノイドおよびアクチノイド化合物の創製と小分子との反応を各項目に分け、これらに順次着手する。
    研究実施計画に記載した項目のうち、現在までにかさ高いジシラノールをAl原子上へ導入した環状ハロアルマンの合成を達成、その結晶構造解析により構造を明らかとしている。この環状ハロアルマンは使用したジエチルエーテル溶媒分子もAl原子上に配位しており、還元電位が負に大きくなっていると考えられるが、現在はその還元条件を種々検討している。また、これと並行して単純なジアミンがAl原子上に置換した環状ハロアルマンの合成を行った。アミンの窒素原子上にアリール基が置換した誘導体については環状ハロアルマンの合成を容易に達成することが可能であり、さらにそのNa/Kによる還元により対カチオンにK+を有するAlアニオンを合成可能であることを見いだしている。特筆すべきは、従来合成されてきているAlアニオン誘導体と比較して、このジアミン置換Alアニオンは大量合成が可能であり、グラムスケールで生成物を得ることが容易なことである。これを活かして様々な反応への応用を検討すべきだと考えている。また、窒素原子上にかさ高いアダマンチル基を有する環状ハロアルマンの合成を行い、その還元反応により対応するAlアニオンを得る検討を現在行っている。この誘導体は前述のアリール基が置換したジアミノAlアニオンよりも窒素原子の塩基性が高いため、Al原子のルイス酸性が低下していると予測しており、このルイス酸性の違いが反応性の違いに与える影響を探る予定である。また、従来のAlアニオンの大半はアリール基が対カチオンのK+と相互作用していたが、アルキル置換誘導体が対アニオンのK+と相互作用する様式についても解明する必要があると考えている。
    研究実施計画に記載したジシラノール置換Alアニオンの合成へあと一歩のところまで来ており、この項目は順調に進捗していると考えられる。また、これと並列してジアミン置換Alアニオンが大量に合成できることもわかった。こちらについては様々な応用に使用できると考えられるため、予想以上の進捗であると言えるだろう。
    今後はジシラノール置換のAlアニオンの合成検討を継続すると共に、得られるAlアニオンのAl原子周りの空間を活かした反応を開拓する。具体的にはかさ高い求電子剤とAlの結合を形成する求核反応や、様々な配位子を有する金属錯体の遷移金属中心とAl原子間での新たな結合形成反応、などを想定している。また、新たに得られたジアミノ置換Alアニオンについては大量合成が可能なため、有機合成化学に対して直接応用可能な新規反応の開拓を目指す。

  4. 空軌道の徹底活用を通した高反応性ホウ素化合物の創製

    研究課題/研究課題番号:17H01191  2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:44720000円 ( 直接経費:34400000円 、 間接経費:10320000円 )

    環状アルミニウム化合物から、求核的なアルミニウムアニオンの合成を行い、これの反応性の系統的な解明を行った。また、新規ボリルアニオンの合成検討・ボリルアニオンを用いた典型元素多重結合化合物の合成を行った。新規な高反応性のジボラン(4)として(o-tol)2B-B(o-tol)2を合成、これが水素・一酸化炭素・N=N二重結合と反応すること、またDFT計算を用いたそれらの反応機構に関する解明を行った。いずれの反応も13族元素の空軌道を徹底活用することで達成できる珍しい反応形式であり、研究計画の目的を十分達成したと考えている。
    求核性のアルミニウムアニオンの発見は、含アルミニウム化合物の合成の幅を大きく広げることにつながるため、周辺分野への影響は大きい。ホウ素置換基の効果を系統的に解明してきたことで、物質化学におけるホウ素置換基の活用法に対して新規な視点を与えることもできると言えよう。新規ジボラン(4)の反応性は結合切断という面で大きな進歩となっており、典型元素のみから構成される今後の分子触媒の確立へ向けた一歩となるだろう。

  5. ホウ素置換基の効果の精密解明: 空軌道のもたらす新奇な反応性

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    平成26年度は研究計画に示した項目のうち、(1)-(a)ボリルアニオンの炭化水素溶液の大量調製法確立、(1)-(d)ホウ素置換典型元素化合物群の合成と性質の解明、(2)-(a)非対称diborane(4)と一酸化炭素・イソニトリルとの反応の詳細解析、に加えて、(1)-(c)ボリルアニオンと水素分子の反応における反応機構解明、(1)-(a)追加項目:ボリルアニオン炭化水素溶液の特異な反応性の解明、(2)-(b)の一部:非対称diborane(4)とアルキンの反応、(2)-(c)の一部:非対称diborane(4)の電子受容性解明、について研究を行った。
     (1)-(a)では炭化水素中での混合ボリルアニオン塩の調製条件の確立を行い、これが最強の塩基としてベンゼンおよびビシクロ[4.1.0]ヘプタンを脱プロトン化することがわかった。論文作成中。(1)-(c)では反応機構をDFT計算により解明し、論文発表した。(1)-(d)ではホウ素置換ジホスフェンの合成を行い、これの1電子還元によるラジカルアニオン塩の合成を達成した。論文作成中。
     (2)-(a)では非対称diborane(4)とCOおよびイソニトリルの反応機構をDFT計算により解明し、論文発表した。また、イソニトリルとの反応においてピリジンを共存させると、ピリジンのオルト位が官能基化されることも判明している。(2)-(b)では非対称diborane(4)と末端および内部アルキンが無触媒で反応し、末端アルキンの場合には反応条件を変えることにより主生成物の作り分けができることを明らかにした。(2)-(c)では非対称diborane(4)の電気化学測定を行うと共に、1電子還元によるラジカルの単離を行い、その高い電子受容性の起源がB-B間での二面角に依存したLUMO準位であることをDFT計算により明らかとした。

  6. ピッチ系炭素繊維原料の可溶化と物性制御:ボトムアップバルク化学手法の確立へ向けて

    2014年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金 

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    平成26年度は(1)熱処理温度を変えた不融化ピッチライブラリの調製、(2)不融化ピッチのアルキル化反応による可溶化と物性解明、の二点について研究を行った。
     (1)では紡糸処理を行った石炭ピッチを管状電気炉により空気を流通させながら加熱する温度を200-400℃で50℃ずつ変化させて不融化ピッチを調製した。得られた不融化ピッチを元素分析、XPS、IRにより分析したところ、加熱温度が高い方が酸素含有量が多く、含有酸素の多くはカルボニル基であることがわかった。しかし350℃以上で加熱した場合は重量の減少が見られ、一部の炭素成分が酸化して二酸化炭素になることが示唆された。一方、加熱前の粒子サイズと不融化ピッチの性質の間に相関は見られなかった。
     (2)では不融化ピッチの塩化メチレン不溶分に対してアルキル化を行ったが、350℃以上で加熱した不融化ピッチに対してはアルキル化がほとんど進行しなかった。これはカルボニル基が多く導入されて溶解度が下がったためだと考えている。一方、300℃で1.5時間焼成した不融化ピッチの塩化メチレン不溶分に対して1-hexyl,2-ethylhexyl,1-dodecyl,p-dodecyloxyphenyl基を導入したアルキル化ピッチを調製した。いずれにおいても不融化ピッチに比べて溶解度の向上が見られ、IRによりカルボニル基の減少とOH基の増大を観測した。吸収・蛍光スペクトルでは長波長シフトが観測された。GPCによる分子量測定を行ったところ、より高温で焼成したアルキル化ピッチの方が分子量が増加していた。アルキル化ピッチをAr雰囲気下、300℃で焼成したところ、IRスペクトルにおいて水酸基の減少が観測されると共に、TG-DTAにて水分子の脱離によると考えられる重量減少も確認された。アルキル化ピッチのXRD測定により、これらがrGOやgraphiteに比べて少し長い層間距離を持つこと、アルキル基が長くなるほど層間距離が大きくなることがわかった。

  7. 低配位ホウ素アニオンの配位子特性に基づく 感応性金属錯体の創製と触媒機能

    2012年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    山下誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    (1) 低配位ホウ素アニオン配位子ライブラリの構築:iPr基が置換したPBP配位子前駆体および側鎖の長いPBP配位子前駆体の合成経路を確立し、これらとIrとの錯形成に成功した。これらのIr錯体をアルカンの脱水素化に適用したところ、低いながらもアルカンの脱水素化活性を確認した。現在は計算化学における反応機構解析を行いながら論文発表へ向けた詰めを行っている。これらの研究成果は研究項目(3)の「感応性金属錯体を用いた触媒反応開発」における成果であるとも言える。
    (2) 低配位ホウ素アニオン配位子を有する感応性金属錯体ライブラリの構築:(2-3) Ru錯体の合成と性質の解明:PBP配位子を有するRu錯体を系統的に合成することでライブラリを作製し、そのうち一つの錯体がアルデヒド類に対する高い水素化活性を示すことを明らかにした。これらの結果は1報の論文として発表した。
    (4) 非対称diborane(4)化合物の合成と反応性の解明
    25年度中に新規な非対称diborane(4)化合物であるpinB-BMes2が一酸化炭素およびイソニトリルと反応することを見いだしていたが、DFT計算によりこの反応は多数の転位反応を経由することを新しく見いだした。通常は遷移金属を用いないと穏和な条件で三重結合を切断できないが、本研究では典型元素化合物のみでそれが達成された点が意義深い。また、非対称diborane(4)が異常に高い電子受容能を持つことを電気化学測定により明らかにすると共に、対応する一電子還元体であるラジカルアニオンの単離にも成功した。この高い電子受容能はBpin基がπアクセプター性の置換基としてMes2B基に作用することでLUMOエネルギーの低下を誘発していることをDFT計算により明らかにした。この結果は論文2報として発表した。

  8. 熱安定性多座配位子を有する低配位型触媒活性種の発生と応用

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  新学術領域研究

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    平成24年度は以下の2種類の結果が得られた。
    1.PBPピンサー配位子を有するPt錯体を用いたアルケンのヒドロシリル化反応の開発および新規配位子前駆体としてのジヒドロボラートの合成
    昨年度の成果として得られたPBP-PtCl錯体をHSiEt_3および1-deceneと加熱することにより、ヒドロシリル化反応が進行して、トリメチルシリルデカンが得られることを発見した。反応機構を解析するため、ヒドリド錯体PBP-PtHを合成、単離して触媒反応に用いたところ、これを経由していないことがわかったため、典型的なChalk-Harrod型の機構で進行していることが明らかになった。一方で、このヒドリド錯体を二酸化炭素と反応させると、瞬時に反応して対応するPBP-Ptホルマト錯体に変換されることを見いだした。
    また、PBP配位子前駆体として用いているヒドロボランに対してTHF中で水素化カリウムを作用させることで、ホウ素上に水素が2つ結合したジヒドロボラート型の化合物を合成、単離することに成功した。この化合物は結晶中でカリウム原子がジヒドロボラート部位とベンゾ縮環部位を架橋して、無限構造をとっていることが明らかになった。
    2.Ru錯体触媒のみを用いたアルケンの直鎖選択的ヒドロホルミル化-水素化反応の開発
    独自に合成したシクロペンタジエノンRu錯体に対してXantphos配位子を加えて、プロペンまたは1-デセンを合成ガスと反応させたところ、直鎖選択的ヒドロホルミル化反応が進行して直鎖アルデヒドが生成すると共に、このアルデヒドが水素化された直鎖アルコールが最高73%の収率で得られた。また、昨年度の成果として既報のRh-Xantphos/二核Ruの二元系触媒を用いたアルケンの直鎖選択的ヒドロホルミル化-水素化反応における反応速度論解析を行い、ヒドロホルミル化段階の反応速度はアルケン濃度に対して一次、水素化段階の反応速度はアルデヒド濃度に対して0次であることを明らかにした。

  9. 石炭改質混合物を用いた太陽電池デバイスの新規作成法の探索

    2011年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金 

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    石炭の改質混合物(石炭ピッチ)を有機ELデバイスの発光層として利用可能なことが明らかになった。透明電極であるITO基盤にPEDOT/PSSを塗布、その後スピンコート法により石炭ピッチの溶液を塗布、電極を蒸着してデバイスを作成して、素子のEL特性を評価した。用いる有機溶媒により、EL特性が変化することを明らかにしたとともに、有機化学の分離技術であるPTLC法を用いても同様にEL特性の制御が可能であった。

  10. 低原子価ホウ素化合物を基盤とした有機化学および触媒化学

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

    山下 誠

      詳細を見る

    本研究では、(1)ボリルアニオンの化学の開拓、特に第2周期p-ブロック元素とホウ素との結合生成に関する検討およびこれらにより得られる生成物の有機合成化学への応用、(2)ホウ素中心ラジカルおよび低酸化数ホウ素化学種ボリレンの合成の試みと光活性化ボリルラジカル生成の確認、(3)含ホウ素多座配位子を有する遷移金属錯体の合成と性質の解明およびこれらの触媒化学への応用検討、の3項目に関して研究を行った。

  11. ボリルアニオンを基軸としたホウ素-前周期金属結合の創成と新規重合触媒としての応用

    2008年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

  12. 多座配位子系における炭素配位子の協奏効果を用いた炭化水素変換反応触媒の開発

    2007年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    今年度の最も大きな成果として、ネオペンチル基置換PNP配位子を有するイリジウム錯体(0.1mol%)を塩基(0.4mol%)共存下、200℃でアルキルアミンと反応させることによって、ジアルキルアミンが非常に効率良く生成することを見いだした。特にアルキル基がオクチル基の場合においては、収率86%、触媒回転数860で反応が進行し、副生成物であるトリアルキルアミンはわずか0.6%が観測されたのみであった。この反応はこれまでに報告されているジアルキルアミンの合成に比べて最も触媒活性が高く、PNP配位子を有する金属錯体触媒の熱的安定性という特徴が大きく反映された結果となっている。また、アルキルアミンとしてシクロヘキシルアミンを用いた場合はジアルキルアミンの収率が69%と若干低下したものの、トリアルキルアミンの副生は全く観測されなかった。反応の触媒サイクルにおいては、アミンのN-H結合が低配位型のイリジウム錯体へと酸化的付加する段階が鍵であると考えており、かさ高いジアルキルアミンがイリジウムと反応するのが遅いために、先に述べた高い選択性が得られているものと言える。また、生成してくるジアルキルアミンは、柔軟剤等に使用されるカチオン系界面活性剤(時ステアリルアンモニウムクロリド)の合成などに対して応用が可能である。

  13. ボリルリチウムを基軸とした新しいホウ素-金属結合の創成と新規重合触媒としての応用

    2007年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

    山下誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    今年度はこれまでに、ボリルアニオン等価体であるボリルマグネシウム、ボリル銅、ボリル亜鉛をそれぞれ調整することに成功し、これら全てはX線結晶構造解析を行うことにも成功した。それぞれ最も特徴的な反応として、ボリルマグネシウムはベンズアルデヒドとの反応において、これまでに合成されたことのないベンゾイルボランを与えることを見いだした。また、ボリル銅及び亜鉛はα,β-不飽和エノンと反応して、対応する共役付加体を与えることがわかった。この反応における金属エノラート中間体をケイ素反応試剤で捕捉することによって、分子内にアリルボランとシリルエノールエーテルを有するγ-シロキシアリルボランを得ることにも成功した。また、今年度の最も大きな成果として、ボリルリチウムとチタンテトライソプロポキシドとの反応によって、ボリルチタントリイソプロポキシド錯体の合成に成功した。この錯体はボリルチタンの初めての合成例である。その結晶構造中でホウ素-チタン距離はそれぞれの原子の共有結合半径の和よりも長く、ホウ素-チタン結合のイオン性が高いことが明らかになった。また、チタン-酸素間距離はかなり短く、pπ-dπ相互作用の存在が示唆された。このように、今年度はホウ素原子と様々な金属間の結合を新しく作り出すことに成功した。

  14. 新規アニオン性ホウ素求核種ボラニドの創製と反応、配位子としての応用

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    昨年度はボリルリチウムの構造と反応性に関して新たな知見を得た。溶媒にTHFを使用して発生させたボリルリチウムの単結晶についてX線結晶構造解析を行ったところ、2分子のTHFがLi原子に配位した構造が得られてきた。単離したこの結晶をTHF-d_8に溶解させたところ、先のDME配位の結晶を溶解させたときと全く同じNMRスペクトルが得られてきた。この溶液の低温NMR測定を行ったところ、11B NMRにおいてシグナルの高磁場シフトを観測し、との変化が可逆であることもわかった。この現象を理解するために計算化学によってボリルリチウムにTHFが配位した構造の11B NMR化学シフト計算を行ったところ、THFの個数が少ないほど高磁場にシフトするという傾向が得られた。現在のところこの高磁場シフトは11B核の化学シフト異方性に由来するものだと考えており、今後は固体高分解能NMRの測定を通じてさらに詳細を明らかにする。一方で、ボリルリチウムと各種有機化合物の反応性に関して系統的に調べた。カルボニル化合物との反応においては、ボリルリチウムは対応する炭素求核種と同様の反応性を示し、ボリルカルボニル化合物等が得られてきた。これらの化合物中でボリル基は非常に電子供与性が高いことも明らかになった。さらにボリルリチウムを用いて、遷移金属塩化物錯体に対して求核的にボリル配位子を導入することで、新たなボリル錯体合成法を確立することにも成功した。

  15. 5配位窒素化合物の単離及び機能性カチオンの構築へ向けた新規アンモニウム塩の合成

    2003年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金 

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    電子的に非対称な摂動を与えたDPPF誘導体を2座のホスフィン配位子として有する不安定なパラジウムアリールアミド錯体を合成し、低温NMRによる還元的脱離反応速度の解析を通じて、還元的脱離反応に対する配位子の電子的摂動に対するトランス影響を明らかにすることができた。4配位パラジウムアリールアミド錯体において、配位子が電子不足な場合は反応が加速されるという事実は過去の事例と傾向が一致したが、アミド配位子のトランス位に電子求引性基が存在するとき反応は加速され、その程度はアリール配位子のトランス位にある電子求引基に比べて大幅に大きいものとなることを明らかとした。
    また、3配位パラジウムアリールハライド錯体を原料として用い、C-N結合生成反応における次段階の中間体に相当する3配位パラジウムアリールアミド錯体を合成、構造決定した。これらの錯体においてはホスフィン配位子がアミド配位子のトランス位に位置しており、トランス影響を反映した構造となっていた。また、いくつかの錯体はこれまで3配位パラジウム錯体において観測されていた分子内C-H agostic相互作用を有しておらず、純粋な3配位錯体として考えることができる。これらの錯体は加熱することにより還元的脱離反応を起こして対応するアリールアミンを与え、その収率は非常に高かった。速度測定の結果により還元的脱離反応が3配位錯体から直接進行すること、かさ高いホスフィン配位子が反応を加速すること、同じアリール基とアミド基をもつ対応する4配位錯体に比べて非常に早く反応が進行することを明らかとした。
    m-テルフェニル骨格を窒素上に有する新規なbowl型カルベン配位子を合成した。合成した配位子をPd[P(o-tol)_3]_2との配位子交換によりPd上に導入することで、直線2配位型Pd(0)錯体を得た。この錯体は室温、固体状態で空気中の酸素および二酸化炭素と連続的に反応し、これらの気体分子を1分子ずつ取り込むことでPd(II)-peroxocarbonate錯体へと変化した。

  16. アントラセン骨格を用いた新規平面性3座配位子の合成と不安定化学種単離への応用

    2001年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金 

    山下 誠

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    新規3座配位子である1,8-dimethoxy-9-bromoanthraceneを合成し、9-位をリチオ化後、種々の置換基を有するホウ素原子を導入して、エックス線解析によって構造を検討した。種々の誘導体間での比較の結果、ホウ素原子上の置換基の電子求引性が増大すると、1,8-位の酸素原子と9-位のホウ素原子の距離が近くなることが分かり、酸素配位子と中心ホウ素の間に求引的な相互作用があることを確認した。また興味深いことに、ハロゲンを置換基とする場合(BF2, BC12)のX線構造はBF2体では5配位、BC12体では4配位と大きく変わることが明らかになった。この結果についてDFT計算を行ってその原因を解明した。またカテコール誘導体に対して、エックス線による精密電子密度解析を行い、そのAIM解析結果をDFT計算の結果と比較したところ、非常に良い相関を示し、酸素配位子と中心ホウ素の間に求引的な相互作用があることが確認できた。また、1,8-位に窒素原子を有する新規3座配位子である1,8-bis(dimethylamino)-9-bromoanthraceneの合成にも成功し、そのホウ素誘導体およびパラジウム誘導体のエックス線解析に成功した。さらに、1,8-位が酸素アニオンとなりうる新規3座配位子の合成にも成功し、中心に炭素を導入することができた。その炭素誘導体のエックス線解析も行ったが、アニオンと対カチオンとの相互作用のために中心炭素は4配位であることがわかった。

▼全件表示

産業財産権 9

  1. 有機電子デバイス及びその製造方法

    福田武司,菱沼賢智,山下誠,山形憲一

     詳細を見る

    出願番号:2016-034062  出願日:2016年2月

    出願国:国内  

  2. 可溶化炭素材の製造方法

    山下誠,藤本翔,福田武司,山形憲一

     詳細を見る

    出願番号:2015-171990  出願日:2014年2月

    出願国:国内  

  3. 有機EL素子およびその製造方法

    山下誠,福田武司

     詳細を見る

    出願番号:2012-039202  出願日:2012年2月

    公開番号:2013-175600 

    出願国:国内  

  4. アルデヒドの製造方法及びアルコールの製造方法

    田中善幸,山下誠,野崎京子

     詳細を見る

    出願番号:2011-228100  出願日:2011年10月

    公開番号:2012-188413  公開日:2012年10月

    出願国:国内  

  5. ビニル系モノマー重合用触媒組成物および該組成物を用いたビニル系モノマーの重合へ の使用

    野崎京子,山下誠,井田大嗣,魚住俊也

     詳細を見る

    出願番号:2011-113568  出願日:2011年5月

    公開番号:2011-170912  公開日:2011年9月

    出願国:国内  

  6. アルコールの製造方法

    田中善幸,山下誠,野崎京子

     詳細を見る

    出願番号:2009-150069  出願日:2009年6月

    公開番号:2010-215604  公開日:2010年9月

    出願国:国内  

  7. フルオロスルホニル基を有するノルボルネン重合体の製造方法、スルホン酸基を有する重 合体および該重合体を用いた燃料電池用電解質膜

    室谷英介,山下誠,野崎京子

     詳細を見る

    出願番号:2006-269306  出願日:2006年6月

    公開番号:2008-88247  公開日:2008年4月

    出願国:国内  

  8. ビニル系モノマー重合用担持型触媒組成物および該組成物を用いたビニル系モノマーの 重合への使用

    野崎京子,山下誠,井田大嗣,魚住俊也

     詳細を見る

    出願番号:2005-59697  出願日:2005年3月

    公開番号:2006-241326  公開日:2006年9月

    出願国:国内  

  9. ビニル系モノマー重合用触媒組成物および該組成物を用いたビニル系モノマーの重合への使用

    野崎京子,山下誠,井田大嗣,魚住俊也

     詳細を見る

    出願番号:2005-059697  出願日:2005年3月

    公開番号:2006-241325  公開日:2006年9月

    出願国:国内  

▼全件表示

 

担当経験のある科目 (本学) 16

  1. 有機金属化学

    2021

  2. 有機分析化学

    2021

  3. 有機化学セミナー1B

    2017

  4. 有機化学セミナー1A

    2017

  5. 有機・高分子化学基礎論

    2017

  6. 有機化学1および演習

    2017

  7. 有機化学セミナー1C

    2017

  8. 有機化学セミナー2E

    2017

  9. 有機化学セミナー2D

    2017

  10. 有機化学セミナー2C

    2017

  11. 有機化学セミナー2B

    2017

  12. 有機化学セミナー2A

    2017

  13. 有機化学特別実験及び演習Ⅱ

    2017

  14. 有機化学特別実験及び演習Ⅰ

    2017

  15. 有機金属化学

    2017

  16. 有機化学セミナー1D

    2017

▼全件表示

担当経験のある科目 (本学以外) 10

  1. 2019年4月 - 2020年3月 Hiroshima University)

  2. 2019年4月 - 2020年3月 Kyushu University)

  3. 2019年4月 - 2020年3月 Kyoto University)

  4. 2019年4月 - 2020年3月 Rikkyo University)

  5. 2018年4月 - 2019年3月 Nara Women's University)

  6. 2017年4月 - 2018年3月 The University of Tokyo)

  7. 2016年4月 - 2017年3月 Chuo University)

  8. 2015年4月 - 2016年3月 Kyoto University)

  9. 2013年4月 - 2014年3月 Rikkyo University)

  10. 2008年4月 - 2009年3月 Tokyo Institute of Technology)

▼全件表示