2021/04/06 更新

写真a

オカ ヤスヨシ
岡 泰由
OKA Yasuyoshi
所属
環境医学研究所 生体適応・防御研究部門 講師
大学院医学系研究科
職名
講師

学位 1

  1. 博士 (学術) ( 2011年9月   長崎大学 ) 

所属学協会 3

  1. 日本プロテオーム学会

  2. 日本分子生物学会

  3. 日本環境変異原学会

 

論文 22

  1. Digenic mutations in ALDH2 and ADH5 impair formaldehyde clearance and cause a multisystem disorder, AMeD syndrome 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Hamada Motoharu, Nakazawa Yuka, Muramatsu Hideki, Okuno Yusuke, Higasa Koichiro, Shimada Mayuko, Takeshima Honoka, Hanada Katsuhiro, Hirano Taichi, Kawakita Toshiro, Sakaguchi Hirotoshi, Ichimura Takuya, Ozono Shuichi, Yuge Kotaro, Watanabe Yoriko, Kotani Yuko, Yamane Mutsumi, Kasugai Yumiko, Tanaka Miyako, Suganami Takayoshi, Nakada Shinichiro, Mitsutake Norisato, Hara Yuichiro, Kato Kohji, Mizuno Seiji, Miyake Noriko, Kawai Yosuke, Tokunaga Katsushi, Nagasaki Masao, Kito Seiji, Isoyama Keiichi, Onodera Masafumi, Kaneko Hideo, Matsumoto Naomichi, Matsuda Fumihiko, Matsuo Keitaro, Takahashi Yoshiyuki, Mashimo Tomoji, Kojima Seiji, Ogi Tomoo

    SCIENCE ADVANCES   6 巻 ( 51 )   2020年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.abd7197

    Web of Science

  2. A novel missense variant in CUL3 shows altered binding ability to BTB-adaptor proteins leading to diverse phenotypes of CUL3-related disorders 査読有り

    Kato Kohji, Miya Fuyuki, Oka Yasuyoshi, Mizuno Seiji, Saitoh Shinji

    JOURNAL OF HUMAN GENETICS     2020年10月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s10038-020-00868-9

    Web of Science

  3. Biallelic VPS35L pathogenic variants cause 3C/Ritscher-Schinzel-like syndrome through dysfunction of retriever complex 査読有り

    Kato Kohji, Oka Yasuyoshi, Muramatsu Hideki, Vasilev Filipp F., Otomo Takanobu, Oishi Hisashi, Kawano Yoshihiko, Kidokoro Hiroyuki, Nakazawa Yuka, Ogi Tomoo, Takahashi Yoshiyuki, Saitoh Shinji

    JOURNAL OF MEDICAL GENETICS   57 巻 ( 4 ) 頁: 245 - 253   2020年4月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/jmedgenet-2019-106213

    Web of Science

  4. Ubiquitination of DNA Damage-Stalled RNAPII Promotes Transcription-Coupled Repair 査読有り

    Nakazawa Yuka, Hara Yuichiro, Oka Yasuyoshi, Komine Okiru, van den Heuvel Diana, Guo Chaowan, Daigaku Yasukazu, Isono Mayu, He Yuxi, Shimada Mayuko, Kato Kana, Jia Nan, Hashimoto Satoru, Kotani Yuko, Miyoshi Yuka, Tanaka Miyako, Sobue Akira, Mitsutake Norisato, Suganami Takayoshi, Masuda Akio, Ohno Kinji, Nakada Shinichiro, Mashimo Tomoji, Yamanaka Koji, Luijsterburg Martijn S., Ogi Tomoo

    CELL   180 巻 ( 6 ) 頁: 1228 - +   2020年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2020.02.010

    Web of Science

  5. TRAIP is a PCNA-binding ubiquitin ligase that protects genome stability after replication stress 査読有り

    Hoffmann Saskia, Smedegaard Stine, Nakamura Kyosuke, Mortuza Gulnahar B., Raschle Markus, Ibanez de Opakua Alain, Oka Yasuyoshi, Feng Yunpeng, Blanco Francisco J., Mann Matthias, Montoya Guillermo, Groth Anja, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels

    JOURNAL OF CELL BIOLOGY   212 巻 ( 1 ) 頁: 63 - 75   2016年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1083/jcb.201506071

    Web of Science

  6. Ubiquitin-like protein UBL5 promotes the functional integrity of the Fanconi anemia pathway 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels

    EMBO JOURNAL   34 巻 ( 10 ) 頁: 1385 - 1398   2015年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/embj.201490376

    Web of Science

  7. Proteomics reveals dynamic assembly of repair complexes during bypass of DNA cross-links 査読有り

    Raeschle Markus, Smeenk Godelieve, Hansen Rebecca K., Temu Tikira, Oka Yasuyoshi, Hein Marco Y., Nagaraj Nagarjuna, Long David T., Walter Johannes C., Hofmann Kay, Storchova Zuzana, Cox Juergen, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels, Mann Matthias

    SCIENCE   348 巻 ( 6234 )   2015年5月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/science.1253671

    Web of Science

  8. Ubiquitin-SUMO Circuitry Controls Activated Fanconi Anemia ID Complex Dosage in Response to DNA Damage 査読有り

    Gibbs-Seymour Ian, Oka Yasuyoshi, Rajendra Eeson, Weinert Brian T., Passmore Lori A., Patel Ketan J., Olsen Jesper V., Choudhary Chunaram, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels

    MOLECULAR CELL   57 巻 ( 1 ) 頁: 150 - 164   2015年1月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.molcel.2014.12.001

    Web of Science

  9. TRIP12 and UBR5 Suppress Spreading of Chromatin Ubiquitylation at Damaged Chromosomes (vol 150, pg 697, 2012) 査読有り

    Gudjonsson Thorkell, Altmeyer Matthias, Savic Velibor, Toledo Luis, Dinant Christoffel, Grofte Merete, Bartkova Jirina, Poulsen Maria, Oka Yasuyoshi, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels, Neumann Beate, Heriche Jean-Karim, Shearer Robert, Saunders Darren, Bartek Jiri, Lukas Jiri, Lukas Claudia

    CELL   159 巻 ( 6 ) 頁: 1476 - 1477   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2014.11.027

    Web of Science

  10. UBL5 is essential for pre-mRNA splicing and sister chromatid cohesion in human cells (vol 15, pg 956, 2014) 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Varmark Hanne, Vitting-Seerup Kristoffer, Beli Petra, Waage Johannes, Hakobyan Anna, Mistrik Martin, Choudhary Chunaram, Rohde Mikkel, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels

    EMBO REPORTS   15 巻 ( 12 ) 頁: 1330 - 1330   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  11. UBL5 is essential for pre-mRNA splicing and sister chromatid cohesion in human cells (vol 15, pg 956, 2014) 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Varmark Hanne, Vitting-Seerup Kristoffer, Beli Petra, Waage Johannes, Hakobyan Anna, Mistrik Martin, Choudhary Chunaram, Rohde Mikkel, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels

    EMBO REPORTS   15 巻 ( 12 ) 頁: 1330 - 1330   2014年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  12. UBL5 is essential for pre-mRNA splicing and sister chromatid cohesion in human cells 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Varmark Hanne, Vitting-Seerup Kristoffer, Beli Petra, Waage Johannes, Hakobyan Anna, Mistrik Martin, Choudhary Chunaram, Rohde Mikkel, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels

    EMBO REPORTS   15 巻 ( 9 ) 頁: 956 - 964   2014年9月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.15252/embr.201438679

    Web of Science

  13. TRIP12 and UBR5 Suppress Spreading of Chromatin Ubiquitylation at Damaged Chromosomes 査読有り

    Gudjonsson Thorkell, Altmeyer Matthias, Savic Velibor, Toledo Luis, Dinant Christoffel, Grofte Merete, Bartkova Jirina, Poulsen Maria, Oka Yasuyoshi, Bekker-Jensen Simon, Mailand Niels, Neumann Beate, Heriche Jean-Karim, Shearer Robert, Saunders Darren, Bartek Jiri, Lukas Jiri, Lukas Claudia

    CELL   150 巻 ( 4 ) 頁: 697 - 709   2012年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cell.2012.06.039

    Web of Science

  14. Live-Cell Imaging Visualizes Frequent Mitotic Skipping During Senescence-Like Growth Arrest in Mammary Carcinoma Cells Exposed to Ionizing Radiation 査読有り

    Suzuki Masatoshi, Yamauchi Motohiro, Oka Yasuyoshi, Suzuki Keiji, Yamashita Shunichi

    INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS   83 巻 ( 2 ) 頁: E241 - E250   2012年6月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ijrobp.2011.12.003

    Web of Science

  15. Mode of ATM-dependent suppression of chromosome translocation 査読有り

    Yamauchi Motohiro, Suzuki Keiji, Oka Yasuyoshi, Suzuki Masatoshi, Kondo Hisayoshi, Yamashita Shunichi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   416 巻 ( 1-2 ) 頁: 111 - 118   2011年12月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.11.006

    Web of Science

  16. Persistence and Dynamics of DNA Damage Signal Amplification Determined by Microcolony Formation and Live-cell Imaging 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Yamauchi Motohiro, Suzuki Masatoshi, Yamashita Shunichi, Suzuki Keiji

    JOURNAL OF RADIATION RESEARCH   52 巻 ( 6 ) 頁: 766 - 774   2011年11月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1269/jrr.10164

    Web of Science

  17. Recruitment of the cohesin loading factor NIPBL to DNA double-strand breaks depends on MDC1, RNF168 and HP1 gamma in human cells 査読有り

    Oka Yasuyoshi, Suzuki Keiji, Yamauchi Motohiro, Mitsutake Norisato, Yamashita Shunichi

    BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS   411 巻 ( 4 ) 頁: 762 - 767   2011年8月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2011.07.021

    Web of Science

  18. Creating localized DNA double-strand breaks with microirradiation 査読有り

    Suzuki Keiji, Yamauchi Motohiro, Oka Yasuyoshi, Suzuki Masatoshi, Yamashita Shunichi

    NATURE PROTOCOLS   6 巻 ( 2 ) 頁: 134 - 139   2011年2月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nprot.2010.183

    Web of Science

  19. A novel and simple micro-irradiation technique for creating localized DNA double-strand breaks 査読有り

    Suzuki Keiji, Yamauchi Motohiro, Oka Yasuyoshi, Suzuki Masatoshi, Yamashita Shunichi

    NUCLEIC ACIDS RESEARCH   38 巻 ( 12 )   2010年7月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/nar/gkq226

    Web of Science

  20. Higher-Order Chromatin Structure and Nontargeted Effects 査読有り

    Suzuki Keiji, Yamauchi Motohiro, Oka Yasuyoshi, Yamashita Shunichi

    RADIATION HEALTH RISK SCIENCES     頁: 123 - 126   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  21. Paracrine Interactions Between Normal, but Not Cancer, Epithelial and Normal Mesenchymal Cells Attenuate Radiation-Induced DNA Damage 査読有り

    Saenko Vladimir A., Nakazawa Yuka, Rogounovitch Tatiana I., Suzuki Keiji, Mitsutake Norisato, Matsuse Michiko, Oka Yasuyoshi, Yamashita Shunichi

    RADIATION HEALTH RISK SCIENCES     頁: 294 - +   2009年

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  22. Growth of persistent foci of DNA damage checkpoint factors is essential for amplification of G1 checkpoint signaling 査読有り

    Yamauchi Motohiro, Oka Yasuyoshi, Yamamoto Masashi, Niimura Koichi, Uchida Motoyuki, Kodama Seiji, Watanabe Masami, Sekine Ichiro, Yamashita Shunichi, Suzuki Keiji

    DNA REPAIR   7 巻 ( 3 ) 頁: 405 - 417   2008年3月

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dnarep.2007.11.011

    Web of Science

▼全件表示

科研費 5

  1. DNA損傷部位特異的に集積する転写共役修復因子群を同定・評価する新規技術の開発

    研究課題/研究課題番号:19H04266  2019年4月 - 2022年3月

    橋本 悟

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    RNA合成酵素が転写伸長中にDNA損傷と衝突した際に生じていると考えられている、バックトラッキング(DNA損傷部位から転写と逆方向にRNA合成酵素がスライドする現象)の観察が可能となる新しい実験系を開発する。この実験系を用いて、転写と共役したDNA修復異常を来す各種疾患群の病態メカニズム解明を目指す。
    紫外線によって生じるDNA損傷を修復する機構にヌクレオチド除去修復(NER)が存在する。NERにはゲノム全体を修復する全ゲノム修復(GGR)と、転写伸長中のRNAポリメラーゼII(PolII)がDNA損傷を認識して遺伝子領域だけの修復行う転写共役修復(TCR)とに分けられる。GGRの分子メカニズムは概ね理解されているが、TCRのそれは不明な点が未だ多い。その原因として、生細胞内においてDNA損傷とPolIIが衝突する、ゲノム上における部位特異的な現象を詳細に評価できる実験系が存在しないためである。本研究では、ゲノム上の特定の部位におけるDNA損傷とPolIIの衝突を評価できる実験系の開発を主たる目的とし、併せてNERの異常によって生じる疾患群の病態解明を目指す。
    本年度は、既存技術であるクロマチン免疫沈降法(ChIP)とスロットブロットを融合し、PolIIとDNA損傷の相互作用を解析する手法を確立した。この技術を用いて、現在開発中である新規技術を用いてゲノム上における時間・空間的に制御可能なDNA損傷を誘導できるシステムの検証を行う準備が整った。
    新規技術開発と並行して、各種NER因子を欠損させたHeLa細胞を用いたChIP解析を行い、紫外線照射後におけるPolIIの挙動を確認した。さらに、NERの異常によって生じるTrichothiodystrophy(TTD)のモデルマウス由来の皮膚ケラチノサイトを用いたRNAseq解析を行い、TTDにおける表皮の異常(魚鱗癬)がコレステロールダイナミクスに関連する遺伝子発現異常と相関する事を明らかにした。
    既存技術の融合によって、研究目的である新規技術の開発に必要な評価系を確立する事が可能になったため。
    今後は、新規技術を用いた新しい実験系の条件検討を行う。具体的には、特異的DNA損傷の導入条件を、導入後のDNA損傷の細胞内分布および量を経時的に観察することによって行う。また細胞内に導入した特異的DNA損傷を含む複合体の抽出に挑戦する。またGGRとTCRの二重欠損細胞の作成も予備的にすすめる。

  2. DNA損傷応答蛋白質の網羅的インタラクトーム解析

    研究課題/研究課題番号:18K11639  2018年4月 - 2021年3月

    黒谷 賢一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    DNA損傷応答 (DNA damage response, DDR)はゲノムの安定化に極めて重要な反応である。DDR蛋白質の細胞内での機能を理解するためには、蛋白質-蛋白質間の相互作用 (Protein-protein interaction, PPI)ネットワークを詳細に知る必要がある。本研究では、精密質量分析装置を利用した、ヒト細胞におけるDDR蛋白質の網羅的インタラクトーム解析を実施する。新規のDDR蛋白質の同定ならびにその機能解析を実施することで、DDRの理解を深めることを目的とする。
    2019年度は、インタラクトーム解析を生理的条件下で実施するために、ゲノム編集技術を利用し、標的遺伝子のC末端領域にタグ遺伝子配列と薬剤選択遺伝子配列の導入を行った。その結果、ゲノム編集後に細胞内で比較的高コピー数の蛋白質 (蛍光顕微鏡にてmCloverのシグナルで判断)を発現する遺伝子を複数見出した。 ゲノム編集により、mClover配列とともにStrep配列を挿入しており、Strep-Tactinシステムを用いて、標的蛋白質を濃縮するための条件検討を行った。しかしながら、精密質量分析装置を用いた網羅的インタラクトーム解析に十分な標的蛋白質の量を回収することができなかった。解析に必要な十分な標的蛋白質量を確保するためには、解析細胞数の増量、もしくはStrep-Tactinシステムによるプルダウン効率の上昇が必要であると考えられる。
    網羅的インタラクトーム解析を内在性蛋白質に対して実施するために、ゲノム編集技術を利用した、mClover、Strep、薬剤耐性遺伝子の導入を実施した。その結果、複数の標的遺伝子に対するゲノム編集をDNA/蛋白質レベルで確認することができた。標的遺伝子に対するゲノム編集が確認された細胞に対して、Strep-Tactinシステムを用いたプルダウン法を実施したが、精密質量分析装置を用いた網羅的インタラクトーム解析に十分な標的蛋白質量を確保することができなかった。標的遺伝子の細胞内での発現量が低い場合においても、網羅的インタラクトーム解析に必要十分な蛋白質量を確保するための条件検討を実施する必要性が出たため。
    2020年度は、ゲノム編集が確認された細胞から蛋白質を抽出し、精密質量分析装置を用いた網羅的インタラクトーム解析に十分な標的蛋白質量を確保するための条件検討を実施する。Strep-Tactinシステムを用いたプルダウン法の効率を上げるため、現状のStrep配列1個からタンデムに2個並べたコンストラクトを作製する。また、解析細胞数についても条件検討を行う。外来遺伝子を細胞へ導入し発現させた蛋白質に対しても、インタラクトーム解析の実施準備を行う。網羅的インタラクトーム解析に必要な蛋白質を安定して回収することが可能となった後に、精密質量分析のためのサンプル調整について条件検討を実施する。DDR蛋白質のインタラクトーム解析により、新規蛋白質-蛋白質間相互作用、ならびに機能未知の蛋白質との相互作用が検出された際には、分子生物学的手法を用いた解析を実施する。具体的には、標的蛋白質に対する抗体を用いた免疫沈降法により、質量分析装置で得られた実験結果の確認を行う。また、機能未知蛋白質の細胞内で役割を検討するため、siRNA法ならびにゲノム編集技術により機能喪失させた細胞を作製し、DDRへの関与の有無を検討する。

  3. プロテオーム解析によるDNA損傷応答システムの破綻により生じる疾患発症因子の同定

    研究課題/研究課題番号:18H03372  2018年4月 - 2021年3月

    岡 泰由

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    DNA損傷応答 (DNA damage response, DDR)システムの破綻によって、ヒトでは様々な病態を示す遺伝性疾患を発症することが知られているが、依然として、疾患発症原因が不明なものが多く残されている。昨今の大規模ゲノム解析研究から、健常人のゲノムにも数多くの遺伝子変異が存在することが明らかにされてきた。エクソーム解析を行ったとしても、疾患原因遺伝子変異の絞り込みが困難なため、確定診断に至るのは20-30%程度といわれている。本研究の目的は、ゲノム解析結果とプロテオーム解析データを統合することで、ゲノム解析のみでは候補遺伝子を絞り込むことができなかった、DDRシステムの破綻によって発症した遺伝性疾患の発症因子を特定し、DDRシステムと多様な病態を示す遺伝性疾患との関連性を明らかにすることである。
    エクソーム解析のみでは候補遺伝子変異の絞り込みには至らなかった、DDRシステムの破綻によって発症することが知られているゼッケル症候群疑いと診断された患者由来の不死化血球系細胞について、プロテオーム解析を実施した。その結果、核酸代謝関連酵素の蛋白質発現が健常人由来細胞と比較して顕著に低下していること、当該蛋白質が細胞内で相互作用している因子の発現量が低下していることが明らかとなった。エクソーム解析では、当該遺伝子の病的変異の同定には至らなかったため、全ゲノム解析ならびにRNA-seq解析を実施した。その結果、当該遺伝子イントロン深部に疾患発症に関連することが予想される変異を同定し、その領域を含んだ異常スプライシング産物が患者細胞特異的に合成されていることを見出した。
    これまでに、エクソーム解析のみでは候補遺伝子変異の絞り込みには至らなかった、DDRシステムの破綻によって発症したことが疑われる症例について、プロテオーム解析により疾患発症の原因となり得る候補因子を絞り込み、疾患発症関連因子の蛋白質発現低下に加えて、細胞内で疾患発症関連因子と複合体を形成することで安定化している蛋白質についても発現量の低下を検出することができている。さらに、全ゲノム解析とRNA-seq解析により、当該遺伝子のイントロン深部に病的変異を見出し、異常スプライシング産物が患者細胞において合成されていることを明らかとしたため。
    プロテオーム解析により絞り込みに成功した症例については、患者細胞において、核酸代謝酵素機能低下の有無を、分子生物学的実験手法を用いて明らかにする。エクソーム解析のみでは候補遺伝子変異の絞り込みには至らなかった、DDRシステムの破綻によって発症したことが疑われる症例について、引き続きプロテオーム解析を実施する。DDRシステムの破綻によって発症したことが疑われる症例の追加収集を行う。

  4. DNA二本鎖切断修復機構に関与する機能未知の小頭症新規責任因子の分子機能解析

    研究課題/研究課題番号:17H01877  2017年4月 - 2020年3月

    中沢 由華

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    我々は、DNA修復機構の障害により発症する遺伝性疾患のうち、共通する病態の1つである小頭症に着目して既存症例の解析を行った結果、いくつかの疾患原因遺伝子変異の同定に至った。疾患モデルマウスを作製して解析を行っても、期待された表現型を示さないことが多いため、DNA損傷負荷をかけるために2重変異マウスを作製して解析を進めた。この結果、小頭症や神経変性を発症するメカニズムとして、DNA損傷により転写が阻害される事が原因であるとの新たな知見を得た。RNAポリメラーゼはDNA損傷箇所で停止するとユビキチン化修飾を受けるが、これが障害されることで、コケイン症候群やその関連疾患を発症すると考えられた。
    DNA 損傷応答・DNA 修復機構の先天的な異常により、ゲノムが不安定化することで発症する様々な遺伝性疾患が知られている。これらの疾患では小頭症を示す症例が多く、鑑別診断が重要である。今回、収集した症例のゲノム解析などから、いくつかのDNA修復機構に新規の疾患原因変異を同定した。モデルマウスの解析から、コケイン症候群などで観察される小頭症と神経変性を説明可能な転写と共役したDNA修復機構の分子メカニズムの詳細が明らかにされた。

  5. DNA二本鎖間の架橋修復を指標とした新規の小頭症原因遺伝子変異の探索

    研究課題/研究課題番号:16K21084  2016年4月 - 2019年3月

    岡 泰由

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究の目的は、ゲノムの安定化維持機構の破綻により発症する遺伝性疾患患者から、新規の疾患発症関連遺伝子を同定することである。ゲノム安定化維持機構の破綻によって発症した遺伝性疾患患者の主徴の一つとして小頭症が知られている。そこで、先天性小頭症患者の次世代ゲノム解析を実施した結果、DNA二本鎖間架橋の原因となり得るアルデヒドの代謝関連酵素に変異を見出した。
    ゲノム安定化維持機構に異常を持った劣性遺伝性疾患の臨床像として小頭症を呈する患者群に着目し、ICL修復との関連性から新規の原因遺伝子変異を探すというアプローチは前例がなく、斬新である。本研究では、ゲノムの不安定化により発症した新規の劣性遺伝性疾患の発症原因となる候補遺伝子変異を同定しており、小頭症発症の詳細な分子メカニズムの解明に繋がることが期待される。

産業財産権 1

  1. 造血不全、発育遅滞、高発がん性、精神機能障害のモデル動物

    荻朋男/岡泰由

     詳細を見る

    出願番号:特願2020-166756号  出願日:2020年10月

    出願国:国内  

 

担当経験のある科目 (本学) 2

  1. 基盤医科学実習ベーシックトレーニング

    2020

     詳細を見る

    ヒト細胞を用いたDNA修復蛋白質の局在化の検討

  2. 自然環境と人間

    2020